青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「起し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

走り~ ~走る 走る~ 起~ ~起き 起き~ ~起こった ~起こる 起こる~ ~起し
起し~
~起した 起した~ ~起す 起す~ ~起っ 起っ~ ~起った 起った~ 起つ~ ~起つた

「起し~」 3725, 40ppm, 2893位

▼ 起し~ (2445, 65.6%)

50 いた 31 いる 26 見ると 22 いるの 20 みると 19 ゐた 17 ゐる 12 いたの, くれ 10 しまった, ゐるの, 彼の 8 しまったの 7 みたが, やると, 居る 6 くださるな, 自分の

5 [12件] いたが, いて, いるに, くる, くれたの, くれるの, 下さい, 二人で, 今度は, 來る, 私の, 聞いた所

4 [12件] います, いるので, いるよう, いる者, くれと, しまって, それが, 彼は, 来て, 死んだ, 置いて, 腰を

3 [34件] いらっしゃい, いるから, いるが, いるところ, おいて, きた, きて, くるの, くれた, これを, しまう, しまうの, しまつ, それを, みました, やりました, やる, ゐたの, ゐるに, 下され何故か, 両手を, 云った, 何か, 倒れたの, 半身を, 多くの, 居た, 故郷に, 早々に, 様子を, 湯を, 私に, 行くの, 雨戸を

2 [135件] ある, いたところ, いるだけ, いると, いるん, おらぬ, お梶, お絹, くること, くるよう, くれました, くれませんか, くれよ, くれるなと, くれるはず, くれん, これに, しまいます, そこに, そのぬかるみ, その下, その儘引くり, それに, ちょうだい, なにあの, みた, みて, みても, みよう, もらって, やった, やって, やつて, やるまで, やろう, やろうと, ゆくから, ゐること, ゐるところ, ゐるので, ゐるやう, ゐるん, フライに, ブッ倒れた, 一と, 一方の, 一歩一歩と, 上げようと, 上げるの, 上京を, 下さっては, 両方の, 人間の, 介抱する, 伊藤侯の, 來た, 傍に, 兎も, 切開手術の, 卒倒し, 口の, 呉れ, 呉れるな, 嚔一つした, 国持ちの大名に, 夜の, 夜も, 夜中に, 天下を, 家の, 寝こんで, 小僧が, 居りました, 幾度と, 床の, 引っくり, 彼女の, 怒鳴つたが, 急に, 感慨に, 我に, 投機などに, 散歩した, 方々を, 日毎に, 杉苗を, 来い, 来いよ, 来た, 来たの, 来る, 来ると, 来給え, 柄頭を, 歯ブラシや, 死に瀕, 死ぬの, 死んだの, 死去し, 水を, 滿人, 無理に, 畠を, 目算も, 眺めると, 眼の, 眼を, 着物を, 石の, 私は, 私を, 窓に, 窓の, 立つて, 聞いて, 自ら此不安から, 蜀へ, 行った, 衣服を, 見た, 見たん, 見て, 見ても, 見ました, 見る, 訊ねると, 足を, 近所の, 進んで, 遠洋万里の, 酒を, 響き渡つた, 頻りに大隈攻撃, 飛び込んで, 首実検し

1 [1685件 抜粋] ああしろ, あぐらを, あげるから, あたりを, あっけなく死ん, あらゆる文章, あるが, ある勤, いい放った, いきなり手, いけない, いたから, いたせい, いたね, いたもん, いた郭, いった, いつまでも, いないという, いぶかしげ, いますな, いるうち, いるかという, いるだろうか, いるほどの, いるらしい, いる孫恪, いる批評家, いる様子, いる現状, いる自分, いる音, いわゆるパルク, うそうそと, おいで, おかねば, おくれよ, おりました, おりまた, おれは, お呉れ, お滝, お進げ, お雪ちゃんを, かかるスクーリン上, かすかな, きまさ, くうくう笑った, くるに, くれえ, くれたこと, くれたわけ, くれた男, くれなきゃ私, くれますしかも, くれるだらう, くれれば, くんな, こい, こう答えました, ここに, こちらにね, この事, この出来事, この娘, この時, これからは, これは, ころげまわって, さつきザポロージェ人と, さも真実, しかも禮物, しまいただいま, しまうだろう, しまえば, しまったら相手, しまつて, しまひなさる, しまへ, じいっと眼, じつと, すべてが, すみませんでした, そうして隼, そして, そっと子供, そのま, そのノート, その前, その場, その席, その後ろ姿, その批評心, その時, その眉間, その胸ぐら, その話, その面, それからは, それなら仕方, それより, ただ一言, だが彼, ちょぼんと, ついに最後, つれ來る, できるだけ詳細, とりあえず仮死, どういう方向, どちらが, なほ哀切の, はじけ飛んだという, ひたすら専念, ひどい目, ひッくり, ふわりと, ほかへ, ほんとにあじきなく, ますます邪魔, またブラブラ, まわった, みたいもの, みたけれど, みたり, みようと, みる必要, むこう側, もう一度兄, もつと, もらうから, もらひたいの, やさしくし, やったり, やっとの, やはり汚名, やらないの, やり, やり手が, やる者, やろうかしら, よく関八州, より既に三年, わたし以外の, ゐたと, ゐたらしい, ゐます, ゐるが, ゐるそれ, ゐるもの, ゐるシエクスピイア, ゐる無名, アグラを, インキ壺を, ケツを, サホ彦の, ジョン, センチに, テンピの, ハツと, ブルジョア, ボケた, ライン河に, ルミ子を, 一そう大声を, 一声自分の, 一層近く砂山, 一方には, 一生懸命石榴口を, 一緒に, 万事彼の, 三人の, 上げますから, 下さい構, 下すつて, 不審な, 不機嫌だ, 世に傲, 両刀を, 中身を, 乗しかかった, 了つてゐ, 争って, 事細かに, 二人の, 二階から, 云ひける, 亜米利加問題と, 交換手を, 人事不省の, 人様にも, 今夜の, 今度の, 今更の, 仏智慧を, 他に, 代官所を, 伊豆の, 休養室で, 何だか気, 何の, 何向も, 作事小屋へ, 侮らなかった, 俺は, 倒れて, 倫陀病院に, 傍らを, 僕の, 元の, 先生が, 入鹿, 全身の, 公然私, 其の耳, 其最高点は, 其調和を, 再びそこ, 再び目, 出しちまえ, 出家し, 分らなくなる, 前へか, 加勢なんぞ, 勉強した, 勝手気儘に, 北九州鉱業会社の, 十中十まで, 半分は, 単線の, 厠へ, 去ると, 又歩き出した, 反対運動の, 口を, 可笑しく思う, 叱りつけてる様子, 合掌の, 吾, 呑みま, 周囲を, 呶鳴りつけた, 咄嗟に, 商売の, 喪服を, 四ツん, 団長が, 国会の, 国治の, 土間に, 坐った, 塾を, 壇上へ, 声を, 夢中に, 大きな声, 大に, 大刀を, 大声に, 大爆音, 大騒ぎいたしました, 太い息, 失敗した, 奥で, 奧方に, 女房に, 妻を, 姉川の, 婚約中の, 子供たちと, 宇宙に, 客たちの, 宮城を, 家へ, 宿直の, 密かに, 寝所へ, 小さく切った, 小桶, 尼は, 居ずまひ, 居ますけれども, 居りますが, 居るの, 居れば, 岩かげに, 岩石を, 左の, 巨人の, 布団から, 帰すより, 平野を, 底を, 庭の, 廣くもない, 廻る中, 引付けたらしく, 張扇を, 当面の, 彼を, 彼等に, 往来で, 待ち向, 後手に, 御覧な, 微笑せざる, 心配さう, 忽ち寄手, 思いも, 思わずあたり, 急死しました, 悄然と, 愁然たる, 感泣し, 我れ, 房一に, 手出しを, 折々継ぎ足さなけれ, 持ちながら, 按摩の, 捻向く気勢, 探偵小説界を, 撰択集を, 攻めて, 散歩, 敵の, 文化の, 旅の, 日本に, 日本髪に, 早寢, 昔取ったる, 晩二人だけで, 曝すなどとは, 服に, 朝夕二度宛客の, 朝餉の, 机に, 村を, 来たという, 来たらしい様子, 来ない人間, 来ますから, 来るよう, 東京へ, 松蔭大藏が, 柳眉を, 桃色に, 椅子に, 横に, 機嫌を, 次の間の, 此処を, 此方に, 歩いた, 歩くやう, 死するとも, 死ぬつもり, 死んだ人, 殊にバイブル, 母に, 毎日体操を, 比較的薄, 水腫が, 氷河を, 没した, 治まるはず, 泣きながら, 洛内を, 流罪に, 涙で, 深い息, 済みません, 満山の, 漸く下, 激しく心, 炉辺再, 無理な, 無電を, 燃えて, 爆彈を, 片手を, 物も, 犬の, 狐色に, 狹い, 玉兎幾度か, 琵琶湖の, 甲府まで, 畑を, 病院を, 癲癇を, 皆んなに, 盤を, 直腸カタルという, 相撲が, 看護や, 眼がと, 矢代の, 硬くな, 神経衰弱に, 私たちを, 種々お世話, 穴を, 突然棺桶, 窓越しに, 立った, 立つ, 立止れ, 端坐した, 第六天, 細目に, 経験ある, 緑肥に, 罠に, 置かねば, 義雄の, 考へてや, 聞いた, 肩を, 背のびを, 背向に, 脚下の, 膝に, 臍まがり, 自分たちの, 自分らの, 自殺した, 自身出迎えに, 舞ひ込んだ, 花嫁を, 苦しんで, 荊州を, 菩提を, 葡萄酒を, 薄黒い, 虎ヶ岡へ, 蟹でも, 行く事情, 行ったらしい, 裏口の, 見えるの, 見せて, 見たが, 見たらどう, 見た作者, 見ましょう, 見りゃ松ッ, 見るやう, 見ろ, 親の, 言って, 訊ねました, 詠歎の, 詰問する, 誅せられその, 諸方に, 責めて, 貰いたいね, 貰い夜警, 賑やかな, 走りかけた, 蹴込を, 身体じゅうを, 身辺整理悪筆を, 軍法会議に, 轟然と, 近来の, 退らんと, 逃げようと, 通る花, 進め, 道標の, 遣ろう, 還り戦わんという, 部落へ, 酔眼を, 金切り声で, 金槌を, 鉢の, 錠口の, 長椅子に, 門の, 間も, 降りこの, 随分御新造様方, 雪隠の, 震災版を, 青い炎, 靜かな, 頓死した, 頭を, 顔の, 飛びだすよう, 飜然と, 馬乗りに, 驀し, 高松城へ, 鮟鱇の, 麗人を, 黒い淵

▼ 起し~ (102, 2.7%)

7 来て 6 行って 4 行った 3 いった, 来た, 来たの 2 かかった, かかる, かかると, きた, なると, 來た, 來る, 来る, 来ると, 行くと

1 [56件] かかったが, かかった私服, きた時, きて, した, して, とりかかります, なったの, なった時, なつた, なりましたか, なりますので, なるじぶん, なる位, なる御, まいりました時, やられた, やると, ゆくぞ, 來て, 來るだらう, 出たところ, 参りました, 參ります, 往った, 往って, 怪物の, 来たもの, 来た下女, 来ないでも, 来ないので, 来ましたので, 来るかも, 来るそう, 来るとは, 来るの, 来るので, 来るやう, 煩わされ乱彩ぶり, 行かうと, 行かれて, 行きたる, 行きましたが, 行きますから, 行く, 行くが, 行くの, 行こうかと, 行ったの, 行ったん, 行っちゃ, 行ってたらこんな, 行つ, 行つて来るだ, 行つて見付け, 行つて見付けた

▼ 起したり~ (83, 2.2%)

12 して 7 した 2 き, しちゃ, すると, するの, 倒したり, 湯を

1 [52件] お互, したあと, したが, したら不承不承, した有名, した象山, した馴れた今日此, してね, してるのよ, します, し体, する, するが, するくらいの, すること, するね, するばかり, する事, それが, つぐため, どういふ, わがまま言っ, アンナ・リヴォーヴナには, ノモンハン事変なども, バタバタし, モスクワへ, ヱヂプト遠征で, 下痢を, 不眠症を, 不調和を, 取捨てたり, 喧嘩を, 寝苦しき一夜, 或ひ, 敷いたり, 時には何, 村役人を, 毀れ物を, 氣が, 泡を, 火燵の, 税金を, 羨しがる, 虐待し, 衝突し, 詐欺を, 調べたり, 貨物列車に, 鍋を, 陸に, 面白半分, 革命騒ぎを

▼ 起しながら~ (60, 1.6%)

2 座敷中を, 苦い顔

1 [56件] あたりを, あとから, いつも, おほらかな, この室, じっと女, それによ, つっ立った, とにかく名前, びっくりし, またあて, まるで甘え, やや顫, トム公を, 二千米一千米わが, 云った, 人々を, 今日お, 低声微吟, 何か, 何故おれ一人赦免, 僕の, 加留多と, 原っぱの, 叔父さんに, 向き直った, 垣根の, 壊れかかった表, 夜具を, 大きく動い, 小気味よげ, 少し宛, 山の手の, 息せき切って, 摘み取って, 早や, 次第に彼, 物珍しさ, 猛烈に, 白く掛つた雪, 私も, 窓の, 義雄に, 胸に, 自分の, 莊之助に, 見歩いた, 言つた, 試しに, 話した, 軽く小突いた, 近所の, 門の, 阿波太夫, 隣りの, 駈けて

▼ 起しては~ (59, 1.6%)

2 いかん, いけないと, いけないよ, どうだ, ならぬ, ならぬと, なりません, 首実検する

1 [43件] いけない, いけないいい, いけないん, いけねえ何, おりました, くれまいか, たまるまい, ついて, ならずまた, ならない, ならないぞ, ならないと, ならないやう, ならぬという, ならぬよい, ならんから, なりませぬぢ, なりませんさ, なるまいと, なんにも, またそれ, みな仇事, よくない, ゐたが, 中腰にな, 係の, 呉れない, 困って, 困るがね, 後々が, 成りません, 斉興公の, 気の毒だ, 父に対する, 現實暴露, 申訳ない, 病気の, 空しく遊び, 繩で, 苦い経験, 見ましたが, 豊志賀, 身体へ

▼ 起しても~ (52, 1.4%)

8 起きませんでした 2 泊めては

1 [42件] あるいはなぐっ, あんたは, い, いいか, いいでしょう, いいの, いいはず, いい気, それは, ちつとも, どうもならない, シナは, 七蔵は, 仕方が, 他より, 充分に, 其を, 半分しか, 半眼に, 困るからと, 大したこと, 容易に, 市に, 得脱の, 手遅れには, 新聞で, 死んだよう, 相手が, 眉ひとつ動かさず, 眼を, 私はを, 考えなかったり, 若い主人, 護摩を, 起きない, 起きないん, 起きないんで, 起きようとは, 起きられないほど, 進ぜるが, 醒めなかった, 陽性でした

▼ 起し易い~ (22, 0.6%)

2 と幾度

1 [20件] からである, ことにも, ということ, というの, のだ, ので或, ばかりでなく, ものだ, ものな, もんだ, やうに, タチで, 云わば, 女だ, 形を, 意型である, 所から, 生き物であった, 肺炎では, 錯誤といふ

▼ 起しそう~ (17, 0.5%)

2 になった, もない

1 [13件] だった, だったが, である, で三千子, で危険, な妙, な房主, な気勢, な顔, にし, になってる, になりました, に顔

▼ 起しその~ (16, 0.4%)

1 [16件] どさくさ紛れに, ドサクサに, 上また, 上想像しうる, 事件の, 六十歳を, 土を, 徳に, 心持で, 日の, 瓶の, 痙攣中に, 結果は, 腰の, 諫を, 都度ヒロの

▼ 起し~ (16, 0.4%)

5 しないかと 2 せぬかと 1 いたしません, したもの, しない, しないか, しなかったので, しまいか, しまいかという, せんて, 正しくは

▼ 起しちゃ~ (15, 0.4%)

2 いけない, いけないよ

1 [11件] いかん, いけませんぜ, いけませんって, いけませんねえ, いなかったあれ, ならんと, アいけ, ア厭だ, 出前が, 尚いけない, 親不孝に

▼ 起しまた~ (13, 0.3%)

1 [13件] ある時, この校, しずめる力, それが, もし幸い, 再分裂, 刺戟的な, 南北の, 圧力を, 彼らの, 昔の, 氏が, 飜訳書に

▼ 起しそれ~ (11, 0.3%)

2 がまた 1 が互にどう, が止る, が空中分解, と共に都市, にはさしも, よりアフリカ, を恥ぢ, を懐, を最後

▼ 起し~ (10, 0.3%)

2 て, て済みません 1 ていらつ, てご, てしまうでしょう, ては悪い, て差上げよう, にかかった

▼ 起し~ (10, 0.3%)

1 あへず, した, しないで, しなかった, しまいと, せずに, せず暗い, できようという, 立てず, 立てず拝み討ち

▼ 起し~ (9, 0.2%)

6 うな 1 うもない女, う書き, へしなけれ

▼ 起しちや~ (9, 0.2%)

2 いけないよ 1 あいけません, いけませんつて, どうだ, ならねえ, ならねえよ, ならねエ, なりませんよ

▼ 起しそして~ (7, 0.2%)

1 おれは, その恐ろしい, 又毎年, 各人が, 妙な, 見得, 長恨歌に

▼ 起したる~ (7, 0.2%)

1 がごとく, ことに少壮, に際しハリス, よつて, 小松殿の, 感動なりとかや, 既にいとあはれ

▼ 起しつつ~ (7, 0.2%)

1 あるかの, あるごとくむくむく, きらんと, 悠久に, 椅子の, 涯てしも, 遠くなっ

▼ 起しやすい~ (7, 0.2%)

1 かという事, という危険, ように, 取り返しの, 摩擦から, 症状に, 遠目の

▼ 起し或は~ (7, 0.2%)

2 故ら 1 盛んに, 穢れたる行, 簡約し, 車掌に, 鳴動によ

▼ 起してから~ (6, 0.2%)

1 こんに, トンと, 五年目の, 人手も, 仮令五分間, 何度取上げ

▼ 起しこの~ (5, 0.1%)

1 久しき間, 人々が, 機会に, 頃から, 願ひ

▼ 起しよう~ (5, 0.1%)

1 がありません, がない, といふ, とは思はない, もない

▼ 起し~ (5, 0.1%)

1 の事, の兄, の父, の魂, は日本

▼ 起しさうに~ (4, 0.1%)

1 したが, なつたぢ, なつた練吉, なりながら

▼ 起しさえ~ (4, 0.1%)

3 しなければ 1 すれば

▼ 起しする~ (4, 0.1%)

1 といふ, のが, んです, 気が

▼ 起し~ (4, 0.1%)

1 ときは, ような, 唄, 物語を

▼ 起し正坐~ (4, 0.1%)

4 し西

▼ 起し遂に~ (4, 0.1%)

1 テオドシウス帝, 図, 沈めり, 貞の

▼ 起しかつ~ (3, 0.1%)

2 これを 1 二葉亭をも

▼ 起しこれ~ (3, 0.1%)

1 が准許, に鞭, は官

▼ 起しさうな~ (3, 0.1%)

2 氣の 1 気の

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 あるが, したもの, 天に

▼ 起しながらも~ (3, 0.1%)

1 その頁, 伴作の, 懸命の

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 して, つたのかも, 見つけて

▼ 起し乍ら~ (3, 0.1%)

1 そんな事, 書いたもの, 素早く胸

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 のため, の為, の生

▼ 起し全焼~ (3, 0.1%)

3 しました

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 に道徳, 真面目な, 蜈蚣の

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 はで, へ, へと

▼ 起し自分~ (3, 0.1%)

1 の直, の身の上, も年数

▼ 起し~ (3, 0.1%)

1 に咬まれた, の尸灰, を尋ね

▼ 起しある~ (2, 0.1%)

1 人人は, 機智的な

▼ 起しいま~ (2, 0.1%)

2 まで十年間

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 師匠様を, 心を

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 かつた, かつたくら

▼ 起しがち~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 起しさかん~ (2, 0.1%)

1 に南京豆, に噴煙

▼ 起しさも~ (2, 0.1%)

1 勇ましい顔, 日本の

▼ 起ししなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばいけません, ばならない

▼ 起しそれから~ (2, 0.1%)

1 又もや苦しい, 酒壷も

▼ 起したりと~ (2, 0.1%)

2 いふを

▼ 起したりは~ (2, 0.1%)

1 しない, できないよう

▼ 起してか~ (2, 0.1%)

1 はるが, 子供は

▼ 起してね~ (2, 0.1%)

1 まあこれ, 横頬を

▼ 起してはと~ (2, 0.1%)

1 ふかくみずから, 思って

▼ 起してまで~ (2, 0.1%)

1 ボロン, 責任者を

▼ 起してまでも~ (2, 0.1%)

1 これを, その持參人

▼ 起してを~ (2, 0.1%)

1 りました, ります

▼ 起しでも~ (2, 0.1%)

1 したよう, すること

▼ 起しという~ (2, 0.1%)

1 ところへ, 例が

▼ 起しなすっ~ (2, 0.1%)

1 ちゃあ不可, てこんな

▼ 起しのう~ (2, 0.1%)

2 順平よ

▼ 起しわが~ (2, 0.1%)

1 供なる, 国防は

▼ 起しウイスキイ~ (2, 0.1%)

1 の酔い, の酔ひ

▼ 起し一時~ (2, 0.1%)

1 にでかく, の名聞

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 腕で, 腕拱き

▼ 起し今度~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は私

▼ 起し先づ南面~ (2, 0.1%)

2 の壁上

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 燒しました, 軍蕭関へ

▼ 起し其後~ (2, 0.1%)

2 大いにそれ

▼ 起し初め~ (2, 0.1%)

2

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 その屍体, 誰人でも

▼ 起し囚衣~ (2, 0.1%)

2 を脱がせ

▼ 起し将門~ (2, 0.1%)

1 までが手, を襲

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 から魚, の上流

▼ 起し座敷~ (2, 0.1%)

1 の横, へ連れこんだ

▼ 起し庭さき~ (2, 0.1%)

1 に伴, に伴い入るれ

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 にとつて最後的, をし

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 しく縄, に計画

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 を動かし, を振っ

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 しきを, 政府の

▼ 起し新ら~ (2, 0.1%)

2 たな

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 がある, が足らなかった

▼ 起し日本~ (2, 0.1%)

1 にいる, を破壊

▼ 起し~ (2, 0.1%)

2 も沸

▼ 起し殆ど~ (2, 0.1%)

1 しなやか過ぎる, 山節藻

▼ 起し申した~ (2, 0.1%)

1 って死んだ, のです

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 には建章宮, には比較的

▼ 起し終に~ (2, 0.1%)

1 一切の, 離縁され

▼ 起し翌年~ (2, 0.1%)

1 の八月, 更に是

▼ 起し~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 に口, をすました

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 のめぐり, を張っ

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 のあたり, をかけた

▼ 起し自ら~ (2, 0.1%)

1 制せん, 進んで

▼ 起し説き~ (2, 0.1%)

1 去るくだり, 去る天下

▼ 起し部屋~ (2, 0.1%)

1 の真っ, の隅

▼ 起し電光~ (2, 0.1%)

1 を描く, を発し

▼ 起し~ (2, 0.1%)

1 に乗り, を起す

▼ 起し高熱~ (2, 0.1%)

1 のため, を発せり

▼1* [539件]

起しあらゆることを, 起しあるいはこれを, 起しいかにも坊ちゃんと, 起しいきなり手を, 起しいつもよくやるよう, 起しいと懇ろに, 起しいろいろと問い, 起しいろんな問題を, 起しおじやをこしらえ, 起しおのずから展開発展し, 起しお湯がわく, 起しかけていた, 起しくるしき呼吸を, 起しここに源平, 起しこんな目に, 起しさせてい, 起しさつきお膳, 起しさて自分の, 起しざまに愛吉, 起ししたから, 起ししない方が, 起ししなくても, 起ししましょうか, 起しすべては表現的世界, 起しそっとケープルトンへ, 起しそのまま軽度の, 起しその他種々雑多, 起しそれでパイプに, 起しそれに甚兵衛を, 起しそれ自らが抒情詩, 起しそれ酒かへ肴, 起しそんな大鼾, 起したせゐだと言つて, 起したちうが, 起したちまち戦塵の, 起したりなどするから, 起したりなんぞしては, 起しちやつたつてのよ, 起しちや駄目だよ, 起しって云って, 起しついにとっぷり暮れようと, 起してあつたの, 起してからは少し有名, 起してからも視力や, 起してがないので, 起してさチヨツ, 起してはをりました, 起してべこは, 起してやがる, 起してネおいらを, 起しとくにここ十年間の, 起しとても手を, 起しとに繰り返された声楽上, 起しさつた折の, 起しなければならない, 起しなさらない方が, 起しなさればよい, 起しなすったのです, 起しなぜか激しい, 起しなぞして, 起しなど致し候, 起しなほ多少でも, 起しにかかつた, 起しには来なかった, 起しにわかに侍を, 起しはては犬畜生にも, 起しかっと, 起しびっくりしたよう, 起しまず長押に, 起しまたはこれを, 起しまつげの長い, 起しまでやる覚悟, 起しまのあたり膝を, 起しまるで手の, 起しみじめにも黄忠, 起しむるの概, 起しもう一発の, 起しもう一度船長の, 起しもとの泥合戦, 起し整地を, 起しやがて事治まっ, 起しゆっくり手ヌグイ, 起しちきが, 起しアラスカへ夫妻, 起しイプセンの, 起しウヽと唸り, 起しカンテラに火, 起しゴホンゴホンと二つ, 起しゴム毬などは陶器, 起しサト子の膝, 起しシシド君を起した, 起しシュワイドニッツ南方にあった, 起しジョウはふるえ, 起しソグノ伯領の大, 起しチュトン族の独逸人, 起しツカツカと座舗, 起しテバイを攻む, 起しトチる, 起しトロイアの, 起しハイデッゲル教授の現在, 起しバンドとケンカ, 起しパンヤの枕, 起しポケットからボンボン, 起しラウジッツに出, 起しロシアがどう, 起しロシヤにおいてはボルシェヴィキ革命, 起しローマ教会から聖者, 起し一人娘をやる, 起し一人窃に戸, 起し一口気を吹き, 起し一度は引付け, 起し一息に扉, 起し一手は大河内, 起し一挙に四方, 起し一方には極端, 起し一昨日昇に誘引, 起し一時劇壇の注目, 起し一生煩う誠に, 起し一貫した論理, 起し一週間前の出来事, 起し七月都を発っ, 起し三月三十日にはゼノバ北方, 起し三箇月も寝込ん, 起し上着の内, 起しに居る, 起し下さいますよう, 起し下層階級者に支持, 起し不動明王を拝む, 起し不吉きわまりなく, 起し不平を釀, 起し且つ痩せて, 起し世の中に善い, 起し世界東西の文明, 起し世間のあまりに, 起し両人協同の内容, 起し両手をこすっ, 起し中毒性の物, 起し中禅寺湖の南, 起し中空に吹き荒ん, 起し中軍の篝, 起しをと, 起し乍ら熱狂して, 起し乍ら着物の塵埃, 起し予定の三分の一余り, 起し争闘を招く, 起し二人で台所, 起し二匹の牡山羊, 起し二番鳥にて食い, 起し二重の盃, 起し二重衝突が起っ, 起し二長瀑を挂, 起し二階の寝室, 起し五十度以南に東風濃霧圏, 起し五四三年に死す, 起し人事不省に陥る, 起しのその, 起し今にも列拱か, 起し今日では樺太屈指, 起し今更のやう, 起し仕方なく動き出すには, 起し以前の悪事, 起し仰向け態に泡, 起し会員数十名に上り, 起し会費を取り, 起しか花やか, 起し何と言つたつ, 起し何となくふさぐと, 起しは小生, 起し候ものも有, 起し健かなる歩みざま, 起し僣越の建白, 起し亀元年和田伊賀守を, 起し兄左近のみか御, 起し兩足を切斷, 起し八九町も隔り, 起し六月十九日に発向, 起し共に善法を, 起し兵乱は国, 起し其処から七千ヴォルト, 起し其終りを愛情, 起し其詩句を以て題, 起し具合はお父さん, 起し兼ねないからな, 起し兼ねまじきものを, 起しの一人, 起し凍死の原因, 起して来る, 起し出家得道したところが, 起し出演いたしませんでしたこと, 起しの, 起しと同様, 起し前半を雑誌, 起し前沢はその, 起しを抜い, 起し劉岱はふい, 起し力一杯ゆすぶって, 起し加茂明神に御, 起し加速装置を最高速度, 起し動乱に及ぶ, 起し勢州とも諜, 起し化物學といふ一科, 起し北上して, 起し医者を救うべき, 起し十一月一日熱田丸船上にて書, 起し十三と云う, 起し十月の末, 起し半ば彼を引きずる, 起し半殺しの目, 起し卒倒するもの, 起し危篤におちいった, 起し即座に電流, 起し又は母君の, 起しを跨, 起し台本を以て女の子, 起し合掌しながら, 起し同じ主君に, 起し同時に全筋肉, 起し向島にそんな, 起し君みずから攻め給わば, 起し呼吸をし, 起し嘗て疑獄を, 起し噴火山のよう, 起し四人の遺子, 起し四名の負傷者, 起し四月十八日レオベンの休戦条約, 起し四辺をみる, 起し四部の妓人, 起し回想記にも雑講, 起し国司も如何, 起し国庁を焼い, 起し国際連盟を脱退, 起しをわけても, 起し土匪の襲来, 起し土地の名所松島, 起し在家に入り, 起しを屠り, 起し基礎が置かれた, 起し壯烈なる剛腸, 起し売上金を強奪, 起しになる, 起し夕狩に鳥ふみ, 起し外国人に対しては非常, 起し多分チーキャブの, 起し多賀ちゃんが御飯, 起し夜昼かけて, 起し大急ぎで食堂, 起し大統領をうごかし, 起し大願成就なさしめたまえと, 起し太く短く世を, 起しにし, 起し夫妻力を協, 起し夫諸共やっつけて, 起し奸計を工み, 起し如何にし, 起しを恣, 起し学会の名, 起し客観的に犯人, 起し宮方御一同, 起し寝かしつけ彼女自身血まみれに, 起し寝台から飛び下りた, 起しを切っ, 起し射つる矢を, 起し将兵たちは家, 起し将来に対して興味, 起し小さな漁船は, 起し小路を跨い, 起し少しく彼に, 起し就中会桑の如き, 起しのほう, 起し尿をとっ, 起し山上山下から襲っ, 起し山林中に墜落, 起し岩城の神, 起し工合よろしからず, 起し工場を経営, 起しの膝, 起し左右から悲痛, 起し左手もて被, 起しが預り, 起し市指定の汲取人, 起しに着け, 起し平安朝の四六文, 起し幽かな溜息, 起し庄左衛門と云, 起し床下からウィスキイ, 起しの信用, 起し当代に於い, 起し当夜三人であったという, 起し彼らをし, 起し彼自身を燒, 起し往時兄をば, 起しち大, 起し従って均衡価格の, 起して突兀, 起し御堂の梁, 起し復讐の熱心, 起し徹夜の机, 起しで赤く, 起し忠孝の道, 起し忠明の髷, 起し忽ち舟を, 起し思わずそこへ, 起し怨恨の種子, 起し悪罵と賞讃, 起し感興の涌く, 起し慶大病院で手術, 起しを知る, 起し我々の故国, 起し我が衆軍を, 起し夜窃に, 起しを開く, 起し手紙を投函, 起しけ起し, 起し拘留されて, 起し按察使紀広純, 起しもどうも, 起し捨台詞一つ残さずに, 起し提灯の光, 起し援軍の佐久間勢, 起し撰択集一本を写しとどめ, 起し改めて悠々と走り去る, 起し故障のある, 起し敬礼も成る, 起し数年にし, 起し数日間も床, 起し文壇の餘勢, 起し新たに成れる, 起し新聞を一つ一つ, 起し新賀と向きあった, 起しが沈んだ, 起し日本橋もこの, 起し来し方に, 起し旧領越後の浪人ども, 起し早く剔出すれ, 起し易くない, 起し昨夜電話で川口, 起し昨日没しました, 起し是非に生老病死, 起し時乱の先駆, 起し時代と作家, 起し時勢止むべからざるを以て, 起し暴動を敢, 起し書きつらねて行け, 起し曾根崎の途中, 起し最後に出, 起し最近江戸へ書物材料, 起し月光の真下, 起し月明りの落ちた, 起し月神チャンドラを従え, 起し東北一町も取りひろげ, 起し松島事件として一世, 起し松明を點, 起しの下, 起し果てはこの地球, 起し枯木が倒れる, 起し校舍の敷地, 起しに手, 起し植物にこの, 起しの実験, 起し次に感情詩社を, 起し歌人の, 起し武備兵糧を充実, 起し武雄さんのため, 起し殊にその傑作, 起し残酷性を斥, 起し殺生的悪具, 起し母上二晩も眠られなかった, 起し毎年その割合, 起し毎日六万遍の念仏, 起し水師の中, 起し水陸にかけて真黒, 起しを降らし, 起し氷峰が曾, 起しに立つ, 起しの水, 起し油断がなりませぬ, 起し沿岸地方に於, 起しを吹き, 起し流石に少し, 起し浅草公園の吾妻座, 起し涙一つこぼさずに, 起し深い堀を, 起し清朝で四庫全書總目, 起し清麻呂によって面責, 起し渺茫たる水平線, 起しを沸かした, 起し満山は暗く, 起し潮水倒立して, 起し激しく心を, 起しれるもの雨, 起し火焔は天, 起しを掛け, 起し炎々たる焔, 起し為憲の軍兵, 起し無用の官吏, 起し炊の, 起し煽りたてて, 起し爆弾を投じ, 起し父母に向, 起し父祖の覇業, 起しして, 起し爾後数ヶ月間は甲論乙駁, 起し肱で, 起し片手でその, 起し牧夫も羊, 起し物質的並に精神的方面, 起し犬健闘して, 起し犯人の計画, 起し狗赤小豆を食, 起し猛烈な腹痛, 起し玄徳を先手, 起し現代の風潮, 起しをめくっ, 起し生真面目に訊ねた, 起し上げぬ方, 起し申さんや, 起し申して参りましょう, 起し申しましては誠に, 起し申しますよ, 起し申し上げたら可いじ, 起し申すもなんで, 起し申そうか, 起し画家の朝山袈裟雄, 起し當事者と爭, 起し癩文学という通俗, 起し発火と同時に, 起し目科とは抑, 起し看護婦に脈, 起しの詩的陶酔, 起しをこすれ, 起し着座を命ずる, 起し着物を着せ, 起し短刀を抜い, 起しを掘っ, 起し砂利場の上, 起しに打ち上げる, 起しの始, 起し福沢西中村等諸先生, 起し秀吉をし, 起し秀夫さんが入口, 起し秩序ある行動, 起しには, 起し空気を作り, 起し突差に敷物, 起しから飛降りる, 起し等しくその解答, 起し細君に心配, 起し結局公爵と親族, 起し給はずばわが, 起し維新當時は木製, 起しを唱え, 起し義旗をひるがえし, 起し肉体のみは常に, 起しをさし入れ, 起し肱掛に片腕, 起し背中いっぱいに刺青, 起しを診る, 起し脳膜炎を併発, 起し腹の中で人, 起し腹立たしげ恨めし, 起し自ずから丁重に, 起し自ら住持となりし, 起し自ら土人達を監督, 起し自ら外形にも緊張感, 起し自ら身心共に健全, 起し自家の戦争, 起し自暴自棄するという, 起し興行禁止を声明, 起し船体は粉砕, 起し船首の昇降梯子, 起し芥川にはまったく, 起し若くは吾が, 起し若しくは成し得るやう, 起し若君尚慶殿, 起し苦笑せざるを, 起し英国の労働運動, 起しの折れた, 起し茶道の規矩, 起し草の根を分け, 起し華やかな登場, 起し著者は安部磯雄, 起し蒼くなって, 起し蔓延させるに, 起しへまいっ, 起し藩主毛利父子を謹慎, 起し藻西が何故, 起し虎豹豺狼毒蛇悪蝎, 起し蛇状の子, 起し蝙蝠傘をちょっと, 起し血統の兄弟, 起しに向, 起し被害者の後, 起し西京とした, 起し西北には黄金, 起し言葉すくなに, 起し詩劇の復興, 起し課税を重く, 起し諸兄を殺し, 起し諸国雲水の旅, 起し貴様をすいこん, 起し貿易によって生活水準, 起しを僂め, 起し身体を支え, 起し身軽にスラスラ, 起し軍功によって同, 起し辛うじて四つ這ひ, 起し近くの泉, 起し遂にこんなになつて, 起し遂に再び立たなかった, 起し過日我らに対し無礼, 起し郷田廉介はた, 起し都委員会と連絡, 起し重い棒か, 起し鉅萬の財, 起し門戸を守る, 起し開始を待つ, 起しがな, 起し防戦につくす, 起し阿佐ヶ谷の篠原病院, 起し塞漏決す, 起しを生ずる, 起し雪隠へはいっ, 起しを降らし, 起し青い焔が, 起し頼朝追討の企, 起しを鳩め, 起しで指図, 起しや手足, 起しきながら, 起し首尾よく茶壺, 起し骸骨を取出し, 起し高地一帯凄愴, 起しを掻きあげ, 起し髪の毛を逆立て, 起し魔界に堕ちたれ, 起し鳴り終る前, 起しがうまく, 起し黄銅武裝と, 起し黒川博士にその