青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「観客~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~
観客~
~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~ 觀~ ~角 角~

「観客~」 1005, 10ppm, 10325位

▼ 観客~ (265, 26.4%)

5 注意を 4 心を, 方を, 眼には, 眼の, 眼を, 頭の, 顔が 3 中に, 人気を, 前で, 好奇心を, 心に, 心の, 目は, 顔は

2 [17件] ように, 前に, 前を, 反感を, 喝采を, 大部分, 拍手を, 方で, 方へ, 気分を, 注意が, 目が, 目の, 眼に, 胸に, 頭に, 頭を

1 [174件] あくびを, うけが, うちには, おのおのの, おも, お世辞, お臀, ぎっしり詰まった, ごとく呼吸, すべては, ために, どぎも, どよみも, どよめきと共に, なかには, なかへ, なだれに, ほうへ, まったく気づかない, まんなかに, やうに, アタマは, エネルギーを, 一ぱいゐる, 一万五千をも, 一人が, 一人だった, 一人であった, 一人として, 一人の, 一人一人の, 一群の, 下駄を, 中から, 中で, 中には, 中へ, 主観と, 九十パーセントぐらいまでは, 予測を, 享楽に, 人気者と, 位置が, 倦怠を, 側からも, 全部が, 全部は, 共感を, 共鳴が, 内の, 内部に, 前面に, 十分訓練された, 卑俗な, 反響という, 反響に, 哄笑の, 問題と, 声, 声援も, 多い映画館, 多くが, 多数と共に, 多数は, 夢を, 大喝采, 大多数, 失笑を, 好劇心, 好尚に, 如く呼吸, 子女や, 官能を, 定型を, 層との, 層も, 幾人かが, 心理状態であったらしい, 心臓を, 恐怖心を, 息が, 想像に, 想像力では, 想像力を, 意識の, 感情が, 感情を, 感激, 感興を, 批難の, 拍手に, 数も, 方々にも, 方が, 期待の, 来る筈, 歓声に, 歓心が, 正面の, 正面定まりなき, 注意の, 注目を, 涙は, 涙を, 涙腺は, 熱狂と共に, 熱狂振りを, 熱狂的歓声裡に, 現実界とは, 理解と, 甘心を, 目から, 目を, 眼中に, 眼前で, 知識の, 種類が, 笑いそのものが, 笑い声だけ, 範囲を, 美しいの, 群集中に, 耳が, 耳に, 耳には, 耳にまで, 耳を, 肺腑に, 胆を, 背後劇場の, 興味は, 興味を, 興奮は, 芸術的直感力に, 血を, 行儀が, 表情は, 視線が, 観劇心理とでも, 観劇慾を, 観賞心理を, 観賞慾も, 観賞眼なりを, 観賞眼を, 言語服装と, 質によ, 質問に, 趣味に, 足が, 足は, 足を, 足音を, 躓きと, 車以外には, 通い慣れた, 邦人中には, 鑑賞力も, 長蛇は, 間には, 間を, 関心を, 雑沓せる, 非常に, 面白げなるべき, 頭には, 頭へは, 頭上に, 頭無数の, 顔, 顔も, 顔を, 駭き, 魂を, 黒山を

▼ 観客~ (176, 17.5%)

2 [11件] この小さな正義, びっくりし, みな酔っ, ようやく元, 一人も, 一斉に, 何の, 居ずまいを, 盛んに, 確かに, 窮屈な

1 [154件] あくびを, いっぱい詰めかけ, おとなしく我慢, おのずから舞台, かなりな, ぎっしり詰め掛け, このくらいに, このシーン, この人物, この小説, この席, この東京, これが, これを, すっかりわれ, そこから, そのオペレット, その夢幻郷, その時代違い, その瞬間, その絵, その騒々しい, それほどの, それゆゑに, それを, そんなこと, たいてい若い, ただむやみ, たぶんこうして, だんだん空中, ちょうど遠く, つんざくよう, とかくに, どっちかと, どっと笑います, なかなか足拍子手拍子, ひき入れられて, ほんとうの, まさに起こらん, また従い, また近づい, まだそこ, みな恐れる, みんな声を, みんな腰を, むしろ伊右衛門, もう全然見物, もう映画どころ, もはや傍観者, やはり生きた, アッと, カメラと, カメラの, ゲラゲラ笑っ, ドンドン詰めかけ, パルチザンの, 一人二人と, 一向平気, 一度に, 一種の, 一部の, 三好が, 与へられるが, 互に, 亮の, 今までに, 今も, 以前に, 伝統を, 体験し, 何だかざわざわ, 何れも, 何事とも, 何等かの, 俄の, 全く過度, 冷然として, 前に, 劇その, 劇場内における, 又戯曲そのもの, 口あん, 各自の, 呼吸を, 喝采した, 多く礼儀, 多少とも, 夢中で, 大体芝居の, 大芝居, 大部分, 如何なる作品, 存在し, 実にうれし, 実際自分, 少くとも, 少し唐突, 常にその, 常に与へられた, 幕毎に, 広い大気, 廊下に, 彼女の, 必ずしも学問, 想像の, 手に, 押しあいへしあいわれ先, 拍手した, 拍手ひとつ送らない, 拍手大, 揺ぐよう, 新劇から, 映画を, 有声に, 期待と, 東京市中に, 案外に, 桟敷にも, 極めて少なかっ, 極めて短い, 沸くに, 湧き立って, 湧き立つた, 満足し, 満足しない, 滅多に, 現在の, 理屈家よりも, 百パーセントの, 皆思索の, 知らず知らずつり, 私の, 稽古の, 空間内を, 笑いながらも, 笑うの, 第四, 精神の, 総立ちに, 脚本よりも, 自ら求めん, 自分の, 自覚しない, 舞台の, 血みどろの, 見出せないほど, 親子という, 語の, 道義的批判を, 金の, 鋭い期待, 露人よりも, 静止し, 頗る悩まされた

▼ 観客~ (89, 8.9%)

5 前に 2 吸い寄せる原動力, 相手に, 退屈させない

1 [78件] あざける心, うつの, おしまいまで, おどろかした, おどろかしたばかり, お芝居, かぎられて, して, しばしば見る, なして, はらはらさせた, ひき寄せる有利, ひっくるめて, もつて, よろこばせた, ゾッとさせる, 一度完全, 中央へ, 倦きさせない, 制限する, 劇の, 動員し, 協同製作者と, 収容し切れない, 吸収し, 吸収しつ, 吸収する, 呼び返す役目, 呼ぶ以上, 呼んだとも, 呼んで, 喜ばせて, 喜ばせるの, 失望させた, 好かぬ, 子供扱いに, 完全な, 対象と, 市民に, 引き寄せるに, 恍惚たらしめる, 恍惚と, 悩ますやう, 掌上に, 数え人, 文字どおり煙に, 楽しませる戯曲, 楽しませ得る程度, 楽に, 泣かせたの, 満足させ, 満足させる, 満足せしめる, 甘く見, 画中人物の, 相手と, 相手の, 眼中に, 笑わせずに, 笑わせたり, 笑わせて, 笑わせる, 背に, 脅かしたり, 苦笑せしめず, 見るの, 見る時, 見降ろしながら, 許さない取締り, 迎えて, 追い出した後, 酔わして, 陶酔させた, 飽かしめざる事, 首肯させる, 驚かしたり, 驚かせり, 魅し去る

▼ 観客~ (86, 8.6%)

2 喜ばれた, 示そうとは

1 [82件] あたえつつ, あること, ある期待, くばる為, この不思議, さのみの, さわらせやがてふたたびすっかり, しなを, すぎないところ, その人物, ただ陶酔と, ちらめきうつりさ, つき, なるだけの, わかつて, アッピールする, ヒッスを, 一礼し, 一種の, 与える印象, 与える情緒, 与える感覚, 与へようとして, 与へること, 与へる魅力, 丸髷の, 云は, 人間の, 伝えるという, 体験させる, 余計な, 働きかける時, 分らすこと, 十分認められず, 受けないという, 受け取らせるの, 受け取られるばかり, 向って, 向つて, 呑込ませる, 呼びかけるの, 大受, 大持てである, 姿を, 媚びその, 少しでも, 広い観覧席, 座を, 当たりました, 得心させる, 得意に, 悪臭を, 愬へる, 招いたやう, 気がつき始めて, 流すよう, 渡しそれ, 燃えうつって, 牡丹燈籠を, 理解させる, 示すもの, 私は, 秋波を, 紹介しよう, 考える暇, 背中を, 自由に, 至るまで, 要求する, 要請する, 見えない場所, 見せ, 見せなければ, 見せる, 見ゆ, 見尽され乍ら, 評判の, 較べて, 迫って, 迷惑を, 送って, 過ぎない

▼ 観客~ (82, 8.2%)

2 ついて, 急ぎ足に, 見て

1 [76件] あたかも鳥, あちらを, あつまって, あんまり悪口, いい見物, いきを, いた, いっぱい並ん, こうした歌劇運動, さもおもしろ, じっと舞台, すっかりかわっ, そのすぐ, そんな事, ただアハハハ, ちっとも拍手, とりも, どっといち, みな褒めそやし, みんなこちらを, やって来たので, ゐて, ウンと, ファンが, 一番多い, 上演の, 上衣を, 争って, 何かの, 円形劇場を, 冷然と, 出現し, 到底行かれぬ, 劇を, 十分は, 多い, 多数に, 少なかった, 少なくない, 席を, 弁当などを, 彼女に, 待ちに, 怪我を, 悲鳴を, 我がちに, 持ち堪えること, 既に気づい, 本当だ, 来ると, 果たして無知, 果たして進歩, 次第にそれ, 此の, 沸く, 減る心配, 潮の, 熱狂し, 爪立ちして, 犇, 示したより, 素直に, 絶えず注意, 総立ちに, 総立ちにな, 自らの, 自分と, 舞台に, 見たいと, 退屈さうな, 酔っぱらい劇団だ, 銘々の, 開幕の, 険しい眼, 非常に, 頭が

▼ 観客~ (79, 7.9%)

3 の一隅 2 がほの暗い, に一番近く, へ向っ

1 [70件] からいきなり, からばかり観, からやにわに, から二人, から庭, から舞台, から飛び出す, が暗がり, が水, が設けられ, で与謝野晶子, で伸子, で同志リャザーノフ, で扇, との区域分明, との錯雑, とをこんな, と舞台, なんかてんで, には今や, には誰, に入った, に向かっ, に押し出し, に暴力団, に目標, に突出, に繋ぎ止める, に起った, に陣取っ, の, のまっただなか, のゆるやか, のドア, のロダンさん, の中央, の交感, の伸子, の前, の反響, の広, の床, の整理, の方, の暗闇, の空間, の笑い声, の緊迫感, の設備, の間, はおそろしく, はざわめく, はそちら, はまるで, は今, は建物, は白々しく, は粗末, は超, へ入る, へ向, へ突き出し, も列柱, も同時に, をこさへ, をねらっ, を必要, を海, を見回し, を離れ

▼ 観客~ (31, 3.1%)

2 亦雪原

1 [29件] おどろかされた, げらげら笑っ, これには, すこしく飽きかかっ, そのよう, なく妖しい縞, はじめて気がついた, ひつくるめ, また, また悪い, みな息を, みな退屈そうな, やや迷惑, 万雷の, 之を以て, 亦こんな, 亦それ, 亦幽霊, 劇の, 同感であったろう, 多かった, 嬉しがっ, 少しく我, 我々の, 持って, 新しい戯曲, 眼を, 重ねて, 開場を

▼ 観客には~ (19, 1.9%)

2 なりたくなかつたので

1 [17件] おもしろいかも, この二つ, この舞台, さっぱり評価, それが, それほどに, だんだん判らなくなっ, なんとなくおもしろい, 一種の, 喜ばれなかった, 学者芸術家政治家が, 実際どうして撮った, 犠牲者の, 狂言の, 相当に, 見えないけれども, 退屈至極な

▼ 観客~ (18, 1.8%)

1 [18件] がこれ, が演劇ファン, といふもの, と新劇, なるもの, に対してはこの, に対して幾分, に愬, の低, の整理, の請求, の開拓, は不幸, は断じて, は極めて, をもつ, を開拓, を限定

▼ 観客~ (15, 1.5%)

2 おなじよう, 一緒に

1 [11件] いっしょに, いへば, して, する商品, なった一人, なり君, なり得ること, なる幸, 人形との, 縁が, 舞台の

▼ 観客から~ (9, 0.9%)

2 かくして 1 かくれて, 喝采せられ, 無法な, 見ては, 見られ見られること, 言えば, 贔屓の

▼ 観客たち~ (9, 0.9%)

1 に暴露, に選ばれた, のこと, の間, の雰囲気, はこの, はほんとに, は最初, を満足

▼ 観客との~ (7, 0.7%)

1 あいだに, こと所謂文芸映画の, 対話, 相対位置に関する, 要求を, 間に, 関係によ

▼ 観客に対して~ (5, 0.5%)

2 責任を 1 不親切だ, 乾杯の, 正面を

▼ 観客である~ (4, 0.4%)

1 ことを, といえるであろう, 一般大衆に対しても, 大衆の

▼ 観客として~ (4, 0.4%)

1 この映画, 予想した, 知識階級を, 自分を

▼ 観客にも~ (4, 0.4%)

1 あんまり長たらしい, なぞらへるわけ, 好くその, 認められるよう

▼ 観客~ (4, 0.4%)

1 低級な, 役者たちの, 役者の, 舞台裏の

▼ 観客~ (4, 0.4%)

1 からもっとも, にはシネマ俳優, に混在, の本職

▼ 観客からは~ (3, 0.3%)

1 余り重んじられ, 判らなかつたで, 見えぬ

▼ 観客~ (3, 0.3%)

1 あつた, いっぱいに, 埋まったスタンド

▼ 観客という~ (3, 0.3%)

2 ものは 1 ことを

▼ 観客一同~ (3, 0.3%)

1 の顔つき, は好奇, を陪審官

▼ 観客諸君~ (3, 0.3%)

1 のご, の注意, は舞台

▼ 観客とを~ (2, 0.2%)

1 あげなければ, 結び付けること

▼ 観客と共に~ (2, 0.2%)

1 ただ酔った, 歩を

▼ 観客なる~ (2, 0.2%)

1 ものが, ものの社会的

▼ 観客にと~ (2, 0.2%)

2 つては

▼ 観客にとっては~ (2, 0.2%)

1 何かしらある, 最も多く

▼ 観客に対しては~ (2, 0.2%)

1 何らかの陶酔, 特に精細

▼ 観客に対する~ (2, 0.2%)

1 新協の, 関係からでも

▼ 観客はど~ (2, 0.2%)

2 つと声

▼ 観客一般~ (2, 0.2%)

1 の文化, の求むる

▼ 観客全部~ (2, 0.2%)

1 の大, の顔色

▼ 観客大衆~ (2, 0.2%)

1 のみずから, の健康

▼ 観客~ (2, 0.2%)

1 の違い, は予定

▼ 観客諸氏~ (2, 0.2%)

1 にむかっ, の胸

▼1* [54件]

観客からの逆作用, 観客ことに婦人の, 観客さえ石の, 観客しか容れなかったよう, 観客そのものがそもそも, 観客たった一人という, 観客たるものは, 観客だけにしか評価されない, 観客だけをどっと笑わせない, 観客であったら何とか騒ぎ出す, 観客といふものは, 観客としてもはいる資格, 観客とは安インキ, 観客なり聴手なりに, 観客においてすらも東宝松竹大映の, 観客にさえ嗤われる, 観客について話した, 観客にとっていちばん肝心の, 観客にとっての生命は, 観客によつて支持され, 観客に対しての上演を, 観客のみならず演劇会社幹部, 観客はわーと, 観客ばかり気に, 観客対しての, 観客までがその場, 観客みずから踊り歌い放縦, 観客そして最後, 観客は無名, 観客をわつと笑, 観客を通じて芝居を, 観客三十六人という芝居, 観客以上に新内, 観客でも万事, 観客全体の黒っぽ, 観客は血, 観客多くして, 観客席中の各自, 観客席六百といふ, 観客心理であります, 観客本位の演劇, 観客はみな鰯, 観客注視の只中, 観客な反省, 観客二万人と, 観客組織について数字的, 観客群衆のどよみ, 観客群集のほう, 観客自身の利害, 観客自身画面の中, 観客諸君安心して, 観客迷惑で実に, 観客は鬨の声, 観客麕集ついに警官出張