青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「起~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~赤く 赤く~ 赤ん坊~ ~走っ 走っ~ ~走った ~走り 走り~ ~走る 走る~
起~
~起き 起き~ ~起こった ~起こる 起こる~ ~起し 起し~ ~起した 起した~ ~起す

「起~」 1085, 12ppm, 9324位

▼ 起~ (71, 6.5%)

3 顔を 2 兄なる, 心の, 男なら, 病に

1 [60件] ある方, お蔭ね, こと, すすめ, その体, ため犠牲が, ほうは, ほか部屋に, ままの, ように, 下男の, 世話は, 世話を, 中の, 亂に, 人達に, 何時起きた, 保健体操が, 先生は, 兵書などを, 奥さんが, 客が, 家は, 床に, 悩みと, 悩みを, 悪い顔, 悪過ぎた, 感傷に, 懐中も, 折から, 方だ, 方に, 時の, 母が, 母親お, 母親が, 水泳場という, 注意を, 浄らかな, 渡を, 点呼午前午後の, 為めに, 状態でも, 病の, 病床と, 目にも, 眼を, 祖母さんが, 秋元の, 組だ, 義父さまが, 老人は, 胸の, 良助と, 苦痛を, 表この, 隙には, 隣家の, 顔へ

▼ 起~ (67, 6.2%)

12 して 3 した, 共にし

1 [49件] いつまでも, えらび各, お叱り, お姉さま, このうえ, しば, すること, するの, するもの, する気, する男, どう処置, なし或, みると, もって, よく承知, 一月ばかり, 上下し, 五つ六つ上下する, 仄起と, 促し精神, 促すこと, 利せて, 励行し, 勧めた, 勧めて, 十ばかり, 呼び迎える暇, 奨励し, 妨ぐることあり, 幌骨の, 思い切る心, 悲しませるもの, 愛したるゆえ左ら, 抱いて, 指して, 挙げて, 擡げた後, 標準として, 殺さんと迄に, 生ずる故, 知つた, 知つて遺書を, 見つめはじめた, 訴えたもの, 誇顔, 迎え泊り掛け, 防ぎて, 驚ろい

▼ 起上っ~ (58, 5.3%)

2 て, てよく, て急い, て見る

1 [50件] てあの, てあやし, ていた, ている, てお, ておやま, てからもぐずぐず, てくる, てしまった, てそこそこ, てその, てまた, てみる, てキチガイ以上, て何度, て内部, て勇気, て又, て取っ, て取乱した, て右, て女中たち, て妹, て始めて, て婆, て室, て寝巻, て居た, て廊下, て彼女, て彼等, て待っ, て戸, て戸棚, て暖, て棕梠箒, て棚, て疲れ, て眼, て細目, て自分, て蚊帳越, て衣兜, て誠に, て誰, て赤い, て身, て隅っこ, て顔, て麓

▼ 起~ (56, 5.2%)

6 つた 2 がつて, って窓, つたが, つて

1 [42件] がって, がつた, がつて少年, がッ, って, ってあぐら, ってタッタ一人, ってブラリ, って何気なし, って入口, って其処ら, って匿, って合掌, って唐紙, って声限り, って奈良原少年, って扉, って手, って手水, って打, って拳, って極り, って氷枕, って沖, って煙草, って燈火, って画, って眼, って組, って耳, って胸倉, って膝, って足踏, って身繕い, って道, って部屋, って鉈豆, って門, って障子, って雪江さん, って電燈, つたので

▼ 起~ (37, 3.4%)

2 あたくし, お姉さま

1 [33件] あいだを, あた, おやめ, このよう, それを, ちょっとの, ときめくよう, どうもあかん, ひとりで, ひろい空, よい朝, ページを, 一種の, 何の, 兄施寧より, 兎角放, 出足に, 勤勉の, 妾を, 幌骨の, 思わぬ方向, 悪事を, 慄っと, 日頃嗜める, 横浜の, 流石に, 疑惑の, 病む薔薇, 自分自身に, 評判が, 誰が, 郊外の, 長崎に

▼ 起上る~ (27, 2.5%)

2 と何, のを, 力も

1 [21件] とあたり, ところだった, とそのまま, とのっそり, と余りに, と夕陽, と大急ぎ, と恐ろしい, と泥, と睨みつけた, と見る, と路地, と重太郎, と防火扉, のだ, ように, をそのまま, 事が, 力が, 気力とても, 腰の

▼ 起上った~ (23, 2.1%)

2 のは

1 [21件] お豊, からである, から私, がやがて, がやその, がよく, が何だか, すると彼, とき雪は, のである, のへ, のを, ばかりの所, 仙太郎は, 大漢子, 小宮山は, 彼等の, 様子で, 百合枝の, 私は, 身体の

▼ 起上ろう~ (22, 2.0%)

8 とする 4 とした 2 とし 1 としてもベッド, として叔母, として悶え, として母親, として老人, とします, とするる, と両手

▼ 起~ (22, 2.0%)

3 で, でて 2 でた

1 [14件] たり余, てそして, てみる, て来ない, て顔洗, でざる中, でし朝冷, でず何, でず午頃, でたの, でつ帰, で給, で蔵書, で表通

▼ 起直っ~ (19, 1.8%)

3

1 [16件] てあたり, ていた, ておりました, て両, て些, て客, て居りました, て布団, て平次, て待構え顔, て懐, て早, て確, て苦し, て見, て顱巻

▼ 起~ (18, 1.7%)

1 [18件] こんな自由, ぞくぞくと, とって, とれば, なって, なりませんか, もしその, 似ず辰刻, 嗽水し, 托り掛かる, 横浜の, 毛巻の, 決して意味, 眠り眠り, 訴えようと, 説明を, 逢ぬ, 鈎り着い

▼ 起~ (18, 1.7%)

2 た, た事, て坐

1 [12件] たけれども, たと, たので, たらお, たり居, て, ている, て何となく, て来, て毎日, て行く, て見

▼ 起上り~ (18, 1.7%)

1 [18件] かけた, がおくれ, しが, し直行, それから正午頃, ちゃんと坐り, つ, て, て脚, ながら, ながらズン, ながら言った, の繪, は起上ッ, ますると, 又おきあ, 頻りと, 食べ度

▼ 起~ (18, 1.7%)

2 つて, つて知らん振, ッて

1 [12件] つたま, つてたしなみ, つてゐた, つて半ば夢の, つて布團にも, つて平次と, つて手近に, つて朝日の, つて腹を, つて言つた, つて部屋の, ッた

▼ 起信論~ (17, 1.6%)

2 の方

1 [15件] でございますから, では無明, では薫習, と申します, によります, のうち, の中, の真如, の終り, の要領, の講義, は論議, をお, を捧げ, を紹介

▼ 起~ (15, 1.4%)

2 の跡

1 [13件] が, と一しょ, と暗い, にはこれ, の帰り, の案内, の話, の迷惑, はそれ, は私, は苦笑, を促し, を待つ

▼ 起上ッ~ (14, 1.3%)

3 て坐 2 たが, て二階, て部屋 1 てそこそこ, てフト立, て不思議そう, て羽織, て邪慳

▼ 起する~ (13, 1.2%)

2 表象の

1 [11件] がごとし, と今, のであった, はさき, ものでござれ, ものを, を覚うる, を覚え, 地點に, 場合にも, 暇は

▼ 起~ (12, 1.1%)

1 [12件] いって, いふよりも, したり, した公共事業, して, 云える, 云ひ, 割無き, 又苦, 密会する, 苦の, 言える者

▼ 起~ (11, 1.0%)

1 [11件] がっかりし, さすがに, それについて, それを, ツイ其気に, 反抗気味に, 妾を, 目を, 築地に, 結いあげて, 胸を

▼ 起~ (11, 1.0%)

1 [11件] たかと, たの, てあたふた, てぽ, て二階, て來, て室, て店, て引ツ摺, て急, て此

▼ 起出し~ (11, 1.0%)

1 [11件] てお, てこの, てしまえ, てみる, て内, て挨拶, て暗い, て机, て来る, て衣服, て見る

▼ 起直り~ (10, 0.9%)

1 ざまの, てい, て故, て痩尽, て見, もせず, 三度ほど, 寝台の, 楊枝箱片手に, 重箱の

▼ 起れる~ (8, 0.7%)

2 例は 1 けだしその後, や問, 事情もっ, 動機に, 後に, 本を

▼ 起~ (8, 0.7%)

1 して, する母体, に於ける, に関する未熟, は事実上, は元始人類, は実に, は欧洲

▼ 起~ (8, 0.7%)

1 が單位一, が更に, として定めた, として支那暦, として次, とす, に非ずし, は亦

▼ 起~ (7, 0.6%)

1 からもう, から無論, つたなか, つた御飯が, つた御飯を, つた朝の, 半日ここに

▼ 起~ (6, 0.6%)

2 あつた 1 もう奥, 僕の, 有明月夜が, 泥棒の

▼ 起には~ (6, 0.6%)

1 やっと分った, 二重の, 問いかえしたい, 気味の, 淡々たるもの, 覗き込も

▼ 起上つて~ (6, 0.6%)

2 透かして 1 ゐたが, 取つて, 大きな伸, 捩らなければ

▼ 起倒流~ (6, 0.6%)

1 では免許, のお, の免許, の奥儀, の腕前, を習っ

▼ 起~ (6, 0.6%)

1 は則, も怪しい, 二句が, 二句の, 共借放, 転々

▼ 起~ (6, 0.6%)

1 したこと, である, のこと, の三角石, の文章, までも取交し

▼ 起出した~ (5, 0.5%)

1 という恰好, といふ恰好, んだ, 樣子, 頃には

▼ 起出す~ (5, 0.5%)

1 かそれ, と其儘上方, のを, 我党の, 時分には

▼ 起抜け~ (5, 0.5%)

1 から自分, に今日様, に雨戸, に顔, に駄夫

▼ 起雲閣~ (5, 0.5%)

1 で紛失, というところ, という旅館, へ登る, を目

▼ 起にも~ (4, 0.4%)

1 そこまでは, 引っ掛かり得る, 自由を, 訪れるもの

▼ 起上りました~ (4, 0.4%)

1 が蝋燭, が血だらけ, が雁字がらめ, のでありまする

▼ 起世因~ (4, 0.4%)

4 本経

▼ 起直った~ (4, 0.4%)

1 お豊, まま二人を, んです, 娘の

▼ 起返っ~ (4, 0.4%)

1 ていた, て帯, て蚊帳, て見

▼ 起~ (3, 0.3%)

3 へる大方逆上性

▼ 起きち~ (3, 0.3%)

2 まふ 1 まへと

▼ 起~ (3, 0.3%)

3 しむ

▼ 起~ (3, 0.3%)

1 づ考へる, づ聴いた, らぬ

▼ 起上がっ~ (3, 0.3%)

1 て, てまるで, て隣

▼ 起上らう~ (3, 0.3%)

1 とした, とする, ともしない

▼ 起~ (3, 0.3%)

1 せること, となっ, に成っ

▼ 起返る~ (3, 0.3%)

1 事が, 母お父さんは, 背中に

▼ 起~ (3, 0.3%)

1 の, をよく, 原造

▼ 起すぐ~ (2, 0.2%)

1 上の, 飲みはじめるちびり

▼ 起すこし~ (2, 0.2%)

1 でもあなた, 宿酔気味すみません

▼ 起せり~ (2, 0.2%)

1 されば, しかも英剛

▼ 起それ~ (2, 0.2%)

1 もよし, を実行

▼ 起たる~ (2, 0.2%)

2 浪の

▼ 起と共に~ (2, 0.2%)

1 二階に, 其留守を

▼ 起ねえ~ (2, 0.2%)

1 すぐに, 強くなっ

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 入浴や, 成何は

▼ 起シテ其保護~ (2, 0.2%)

1 ヲ請願スルヤ, ヲ請願スルヤ有司ハ警吏ヲ派シテ

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 前ニ英ニ, 大革

▼ 起上がる~ (2, 0.2%)

1 大川五左衞門, 始末で

▼ 起上つて窓~ (2, 0.2%)

2 から外

▼ 起上らない~ (2, 0.2%)

1 で寝床, ので男衆はじめ道具方

▼ 起上れ~ (2, 0.2%)

2 ば女房

▼ 起出る~ (2, 0.2%)

1 こと晩きが故, に熱

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 に努められた, を盛ん

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 八月十三日也, 文政癸未

▼ 起将軍~ (2, 0.2%)

1 が口, も王双

▼ 起座し~ (2, 0.2%)

1 あるいは歩行, 折烏帽子を

▼ 起揚ッ~ (2, 0.2%)

1 て枕頭, て梯子段

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 如黛長, 就食

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 に息づい, を繰返し

▼ 起~ (2, 0.2%)

2 のしなやか

▼ 起直り歩け~ (2, 0.2%)

2 ば一緒

▼ 起菩薩~ (2, 0.2%)

1 と明王, の宝前

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 でも誓紙, を振り廻し

▼ 起~ (2, 0.2%)

2 でも誓紙

▼ 起返ります~ (2, 0.2%)

1 けれども毒, けれど毒

▼ 起~ (2, 0.2%)

1 動力発生機であっ, 装置を

▼ 起~ (2, 0.2%)

2 の上

▼1* [303件]

たくしは, 起あるひは, 起あるいは人民流散, 起おとなりの時計, 起おまえはお祖母さん, 起お前かね, 起かけてみた, 起かされて伯父, 起かと思います, 起からの返事, 起きちまひペラ十枚書いて, 起きちやつた, 起きりやうれしい, 起で燃やした, 起ぎだのだげっとも動がれなくなった, 起ぎて又燃やした, 起ぎで片付げろったら, 起ぎろ楢夫夜ぁ明げだ起ぎろ, 起くべき時に, 起けさはにぎやか, 起この朝の, 起こりゃもうすぐに, 起これも老, 起しかも米が, 起しづかな朝景色, 起つかり片づいてから, 起そしてそれから, 起たいでもよい, 起だつたが御飯, 起だつたさうな六時, 起ちかごろよくねむれるやう, 起つた著明な新, 起つて杯を打ち合せ, 起つねにおそし, 起つるなり, 起でさえも渇仰を, 起といふ猛将, 起として眼の, 起との間を, 起とはストライキを, 起んだ, 起なすって頂戴, 起などということまで, 起なんかして, 起はじまりで最初は, 起はやく逃げて, 起て庭中, 起まで一里, 起花の, 起より墨俣まで, 起れるなるべし巓の, 起を以て行われて, 起利くッ, 起キタ時急激ナ動作, 起キテラッシャルノネ鼾ガ聞エテ来ナイワ, 起キテ兵古帯ズルズル引キズリナガラ書店, 起キデ婆サンハ寝坊デ宵ッ張リデアル, 起キノ顔ヲ見, 起キルガソノタメニ寝ソビレテ眼ガ冴エルナンテコトハ一度モナイ, 起キルトキカラ手ノ痺レ加減モ脚, 起キ上ッテ洗面ヲ済マセ, 起キ上ルを意味, 起キ上レズ杖ヲ拾ッテ, 起キ上ロウトシタガ直グニハ起キ上レズ, 起キ出デテ呪文ヲ三度唱ウルコト, 起キ顔ヲ洗ヒ飯ヲタベ, 起コシ其図面ヲ描キ拮据以テ日ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精, 起コシ海内幾千ノ草木, 起サシメテ我州内ノ人民, 起サズ今厳哨シテ消息, 起御征伐ナシケレバ, 起シタ時主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 起シタ時体ノ向, 起シテ軽イ眩暈ヲ感ズル, 起シテ乗ッテ来タノデス, 起シノ直前第五倉通路ニ於テ密航者, 起シ申シ上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, 起スヨウナ習慣ハ少年ノウチカラ彼女等トノ交遊ニヨツテ振リ棄テルヨウニシナケレバナランノダ, 起ス所ノ識トハ, 起チナホル身ヲ震ハスオレダ, 起ッテテープヲ上手ニ痕跡ヲトドメル, 起ツテ躍, 起ツトイエドモソノ規ヲ定, 起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ去ル, 起リタル亞細亞文明ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, 起リタル日清戰爭及ビ滿洲ニ來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, 起リタレバ彼等ノ一隊ハ, 起リ得タカヲ努メテ考エナイヨウニシタ, 起リ教会ヲ清ムルヲ旨義トスルヨリ, 起ルトキ其土地ノ奉行ニテ法ヲ立ントスルモ, 起ルト佐々木ニハ或ル程度察知サレテモ仕方ガナイ, 起ルハ正當ナルト共ニ, 起ル現象ダソウダガ平生デモ一回ノ排尿ニ時間ガカヽリ, 起ル疑惑ハ事業家ノ奮鬪心, 起レル民族主義ガ近世史ノ一大潮流ナリシハ言フノ, 起一雨ほしいなと, 起一風呂あびて, 起た, 起三文の徳, 起上がりながら, 起上がりました續く, 起上つた大漢子, 起上つた水兵は新月, 起上つてそこに卓, 起上つてガラツ八に掴み, 起上つて人力車を呼ばせ, 起上つて先づ電燈をつけ, 起上つて其處らの石, 起上つて密りと, 起上つて彼等に禮, 起上つて扉を開いた, 起上つて敵の頭, 起上つて機嫌よく話し, 起上つて沖を見た, 起上つて玄関の方, 起上つて腹がへつた, 起上つて茫然と寝床, 起上つて道の五六町, 起上つて雨戸を開け, 起上らせつつ足, 起上らせるという力, 起上りがけにこっち, 起上りざま母親はと見れ, 起上りざま鼻を摺りつけん, 起上りしな手を伸ばし, 起上りそれを結び, 起上りどんぐり眼より大きな, 起上りまして四辺, 起上りますと女中, 起上りキョロキョロと四辺, 起上り一聲高く吼えた, 起上り乳母のカミイ, 起上り今度は充分, 起上り候にうつくしき, 起上り兄三藏の膝, 起上り前なるお, 起上り勢よく洗面所, 起上り取付けばお, 起上り合方よろしくあっ, 起上り大刀を舟, 起上り小坊主一つ彫れません, 起上り幽霊に貰った, 起上り戸口のところ, 起上り敷石の上, 起上り新吉の髻, 起上り様に男, 起上り泥だらけの儘家, 起上り火尻座の方, 起上り着のみ着のままで寝た, 起上り砂も拂はず, 起上り舳に突立ツ, 起上り雪洞を点け行っ, 起上り頭を低く, 起上り顔を覗き見たい, 起上る転げるように, 起上れるものです, 起二句に, 起云々の句, 起五時が打つ, 起五月二十一日早曉爲千載不歸之客於是吾等三人之寫眞, 起は廣東人, 起今日は何日, 起今朝はいよ, 起に御, 起仰いで雲, 起位いに思っ, 起るの, 起して, 起の内角, 起倒閂が掛っ, 起候由いづれ天下, 起候義にて時運, 起候者必然之儀, 起先登百尺台波上茫茫看不, 起入浴読んだり, 起入浴読経身辺を整理, 起は四時起, 起処終つて復始まるところ, 起出し二階から飛降りる, 起出し家の中, 起出せば水戸自身, 起出たのは, 起出づれば座敷の外, 起出立中国九州の旅, 起の小路, 起十両ともいう, 起南室晴るの, 起空曰三郎勿起此影耳乃擧手示羅如意復完然, 起可申詰りの, 起可申實に氣, 起名づけて無明, 起もその, 起四時前だつたらうなか, 起四足屈蟠自ずから勢い, 起回らんとせし, 起回りさまに頭, 起地獄だ, 起地震の日々, 起執筆怠け者の忙し, 起堅忍不抜いよいよ窮, 起塔等のこと, 起塩風呂にはいる, 起が明ける, 起雷更向, 起好日さても, 起姿を見る, 起字典にもなし, 起小花さんといふもの, 起小雨ニなつたので, 起も日本警察, 起を明, 起帰庵何と好い, 起幾度繰返し灸治いたし候得共, 起の態度等一, 起御飯を食べ, 起徹夜するつもり, 起念等種々の原因, 起想いだすのも, 起感心仕候, 起懸けから飲める, 起成何などの諸, 起成何事遥向東方拝聖恩, 起手早く掃除し, 起けの散歩, 起掃除も御飯, 起接天者俗以爲異因行祷祭, 起揚り居間へ, 起揚ろうとして仰, 起日記をつけ, 起早立まっしぐらに, 起時代でもパミール以西, 起晴れて端午, 起朝寒火が恋しく, 起朝景色のよろし, 起朝焼がうつくし, 起朝酒九時の下り, 起村濡垂拭兵衛と申します, 起来りて煩, 起来りければ直に, 起梅雨晴どうやら梅雨, 起という二人, 起をなす, 起歩相見へ申候, 起沈静よろしい, 起津寺拝登行乞三時間十時ごろからそろそろ, 起滅す一塵の, 起滅する間に, 起滅盛衰の過程, 起滅等に對, 起滅絶之意, 起激点となりたる, 起の賑やか, 起無情にも眼, 起焼香肌寒, 起父子男女無別, 起生橋を中心, 起を聞く, 起寝番, 起癈散清暑水, 起盥漱する時, 起直った逢いに来た, 起直りけるが鬢, 起直り赤めたる眼を, 起直るとそれでも, 起直れもしなかった, 起直ろうとする, 起を見れ, 起短冊を書かう, 起とか狗背, 起は自, 起す, 起が何とも, 起竭力之兵, 起を, 起を誦し, 起に紋御召, 起するの, 起を剪, 起荒心迫來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 起著物を著せ, 起せられて, 起行きて戸, 起話しても話し, 起誓文を封じ込んだ, 起でしょう, 起諏訪湖畔から小淵沢, 起されたが, 起護国神社の太鼓, 起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 起の娘, 起身心軽快誰も愉快そう, 起身辺整理久しぶりに身心明朗, 起返ったと思う, 起返へるべきもので無い, 起返り又ヨチヨチ, 起通称を弁, 起重車が南北, 起降つてゐる, 起の中, 起雲世民の徒, 起の描写, 起とした, 起香春岳を眺める