青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「走る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

赤い~ ~赤く 赤く~ 赤ん坊~ ~走っ 走っ~ ~走った ~走り 走り~ ~走る
走る~
起~ ~起き 起き~ ~起こった ~起こる 起こる~ ~起し 起し~ ~起した 起した~

「走る~」 2071, 22ppm, 5158位

▼ 走る~ (266, 12.8%)

28 である 21 です 1711 を見 9 であった, を見た 6 だった, を見る 4 でした, を感じた 3 が自然, が見えた, を止め

2 [14件] が嬉しい, だが, だそう, だと, であるから, であるが, でございます, ですか, ですが, でも, はやめ, をどう, を何, を止めた

1 [114件] かはまだ, かもしれない, か了解, か分らない, か彼, か水, か自動車, がごおっ, がさながら, がたまらなく恐ろしく, がつらい, が主, が乾雲丸, が例, が分り, が可笑しい, が唯一, が商売, が堪らなく, が彼女, が敷居, が早い, が海辺, が自慢, が良く, が薄, が見られ, が見られた, が速く, が速くっ, が魚, さえもどかしく, じゃない, だかは, だから, ださうである, だろう, であったが, であります, でしたし, でしょう, ですから, ですって, ですよ, では, と同じ, と追手, は, は一ぺん, は二十日鼠, は人情, は今日, は今雄さん, は其の, は労働者, は却つて舞台, は大変, は損, は畜生, は追いすがり, は重い, は電車, は非常, ほかは, もあっ, もあり, もさら, もみんな, も当然, も御意, も聞えた, も見受けられた, も趣, も道理, よ, よでは, をいましめ, をお, をおぼえ, をおぼえた, をおぼえる, をためらっ, をつき, をできるだけ, をやめ, をやめた, をやめなけれ, を好まなかった, を感じます, を止めなかった, を汐見橋, を源吉, を熱心, を眺め, を禁じえない, を私, を聞いた, を見つめ, を見のがし, を見ました, を見守った, を見送る, を覚え, を覚えた, を認め, を認めた, を誘う, を面白, 人と, 弊を, 流れるの, 笑を, 譬えで, 路なんぞと

▼ 走るよう~ (137, 6.6%)

22 にし 3 な気, な眼, になった, に走っ 2 だ, なこと, な声, な音, になっ, に出, に彼, に思われ, に歩い

1 [85件] だが, だと, です, でそんな, ではらりと, でやはり, で聞い, なかっこう, なすばや, な余裕, な具合, な勢い, な心地, な感じ, な淡白さ, な渓間, な真似, な職場, な苦しい, な車体, な軽い, な電気, な電車, な黒い, に, にあがっ, にいいつけました, にいそいだ, にうごきはじめる, にここ, にすぐ, にその, にそれ, にちゃんと, にながめられた, になり, によく, にわが家, にピアノ, に下る, に二階, に入っ, に前, に動い, に可部町, に吹い, に告げ, に塔, に夜道, に姿, に対岸, に山, に市街自動車, に床, に店, に往, に快い, に急いだ, に感じた, に探し, に早く, に書院, に東山, に止めど, に歩, に歩いた, に歩きだした, に歩きだしました, に歩きました, に瑠璃子, に眼, に聞えました, に走り, に軒下, に近づい, に近寄っ, に逃げだした, に通り, に通る, に進ん, に過ぎ, に食いたい, に馳, に駆け込ん, に高く低く

▼ 走る~ (125, 6.0%)

2 いうから, それが, 見たの, 見る間, 見れば, 足は, 途中で, 間もなく一間あまり跳ね

1 [109件] いうが, いうよりは, いきなりある, いっても, いつか見覚えの, いつの間にか真綿, いわれるあの, いわれ馬体, おかく, お薬園, かならず反対者, かれは, きっと綱, ぐっと又八, これは, ころぶよ, こんどは, さすがに, さらにいち人見事, すぐ田所町, すぐ行かれる, すぐ頭, すると, そこの, そこは, そのあと, そのうしろ, その脂ぎつた肉魂, それだけで, たった二千五百浬, とある横町, どこかの, はためく大, やがて馬車, カーンと, グッと, ゴムマリが, パッと, ヘッドライトの, ポーランドと, マウナ・ロア観測所が, 一人は, 一日たらず, 三次という, 両脚を, 云うの, 云うよりも, 云ふけれ, 云わんよりは, 伜の, 何處からとも, 侍は, 信じ戯曲, 倅の, 倒れて, 先触れを, 共にうごい, 冴えた声, 前夜自殺室に, 勝鬨橋の, 化物は, 叱られるからね, 右が, 同じよう, 向ふから三四人, 問われても, 地面が, 変な, 夜眼にも, 夢中に, 大手門の, 大邸宅, 小林君は, 少し離れ, 役目柄の, 御用の, 思いの, 思って, 思ふかも, 思われたが, 息が, 村道へ, 横町に, 殺されちまうぞ, 水口に, 汀の, 海に, 海浜に, 滝は, 犬が, 直線と, 粋な, 続いて, 美しさ, 耳の, 胸を, 自分も, 船生に, 艇の, 草臥を, 蝶は, 見えたが, 見て取つたの, 見るや, 言ったが, 足を, 追う連中, 道は, 電車は

▼ 走ること~ (122, 5.9%)

7 が出来る 4 ができる 3 では, を止め 2 ができない, になっ, は走る, も, を防ぐ

1 [95件] あるべからず, があつ, がある, ができなくなった, がよく, が出, が出来た, が出来ない, が基礎, が好き, が容易, が退屈, この三ツ, さえあった, だけだ, だろう, といったら, となっ, となつ, なき, なく火傷部, ならずわずか, にかけては自信, にかけても遥か, にしよう, になった, になりました, には慣れ, には馴れ, によってこちら, のため, のない, のみ夢み, の一面, の得意, の疾さ, の競争, はあたかも, はしまい, はその, はできなかった, はできる, はなかっ, はなはだ緩慢, は今日, は出来ない, は出来ますまい, は厭, は商売同様, は困難, は弓, は徒ら, は恰も, は探偵小説, は気, は決して, は無益, は禁止, は自己, は順序, もある, もしつ, もできた, もできなかった, もできます, もできる, もやはり, も一切, も出, も出来た, も動く, も喋る, も炎天, も私, も立, も走る, をしなかった, をやめ, をやめた, を免れ, を必要, を慎, を断念, を本能, を求め, を覚えた, を言, を許された, を許されない, を誡め, を避ける, 暫くあっ, 暫くに, 甚だ早し, 約二丁

▼ 走る~ (39, 1.9%)

7 がしました 3 がし, がした 2 がひくく, して

1 [22件] がやがやと, がバカ, が二分おき, が斷間, が方々, が聞こえた, が近づい, す, と家人, と提灯, など總, に消され, に青白い, のみ, の中, ほども聞えなかった, もある, もする, も聞えなかった, を刻ん, を立て, を聞い

▼ 走る~ (38, 1.8%)

3 いい 2 ごときは, ように, 如き速力, 如く読むこと

1 [27件] これは, ごとき無責任, ごとくその, ごとくで私, ごとく射て, ごとく颯と, その目的, ままに, ままの, よい, ジェット機には, ハネ十時半, 向うには, 商売じゃ, 如きイザル川, 如き放縦, 如き概, 如き観, 如く京城, 如く刻一刻, 如く山, 如く心, 如く江戸, 如く滑らか, 如し故に, 如し結, 実地に

▼ 走るやう~ (38, 1.8%)

6 にし

1 [32件] であつ, なもの, な冷た, な愉快, な気, な氣, な爽快, な生活, な言動, な輕薄さ, な顏, にいそい, になりました, にひどく, にドタバタ, にドルフ, にブレンネル, に下, に十足, に塔, に夜道, に引き返し, に彼, に書きなぐり, に柔, に歩いた, に瑠璃子, に瞼, に行つて, に見えます, に降りた, に馳

▼ 走る~ (35, 1.7%)

94 です 3 だが 2 じゃない, だぜ

1 [15件] じゃろ, だから, だぞ, だと, だな, だね, だもの, だよ, だらう, ですか, ですかね, ですから, ですもの, ですわけなく勝ちました, や

▼ 走るもの~ (29, 1.4%)

2 あり

1 [27件] あり大小, があり, がある, があろう, が溢れた, ころぶもの, じぶん, でこれ, でないと, とすれ, とまた, と推定, のやう, のよう, の様, の義, はありません, はいろいろ, は一瞬間, は以, は到底, は氷, もある, も水中, よりも餘計, をその, を感じ

▼ 走る~ (28, 1.4%)

3 見る 2 知りて, 見つ

1 [21件] えんや, とどむるは, ながめたり, 他意なし, 初めかれ, 制するかの, 彼認め, 怪しみ何故, 望む, 止めよ, 知る, 箭の, 見しに, 見た, 見ても, 見ること一回, 見るより, 見る所, 見逐えども, 覚えしが, 追ひ

▼ 走るという~ (26, 1.3%)

2 ことが, ことは, のは

1 [20件] ことに, ことの, のが, のだ, はずは, ような, わけにも, ラヤード言う, 世にも稀, 事も, 右手の, 形容あり, 意味も, 有様だった, 気には, 珍現象を, 盛況に, 評判が, 風に, 駒の

▼ 走る~ (26, 1.3%)

2 しても, まかせて, 連れて

1 [20件] いたって, きまって, したがって, つづいて, ふさは, まず追い, 不便だ, 任せて, 似ず行歩, 便に, 委せた, 委せながら, 引易へ, 枝から, 獣あり, 至つたのである, 至らば, 至れり四五百年來, 走り得ないで, 走れず歩くこと

▼ 走る自動車~ (26, 1.3%)

8 の中 4 の音

1 [14件] がやつ, が四辺, が走る, が駆ける, と違っ, にとても, の姿, の威厳, の灯, の警笛, の道, やあくどい, や馬車, を呼び止め

▼ 走る汽車~ (23, 1.1%)

3 があった 2 の中, の汽笛, の音

1 [14件] から会釈, があつ, があるだろう, がピイッ, が手, でヨーロッパ, のよう, の上, の時間, の煙, の窓, の響, を後, 即ち地球

▼ 走るほど~ (20, 1.0%)

2 である

1 [18件] いやだ, いやだった, イヤだった, キザな, 人々は, 厭だった, 厭に, 厭悪の, 堪らなく不愉快, 大きれえで, 嫌われながら, 彼は, 愉快な, 慨歎すべき, 憎かった, 気に, 街道の, 遠ざかった

▼ 走る電車~ (19, 0.9%)

3 の響き, はその 2 を見

1 [11件] なの, に乗せられ, に飛び乗った, の中, の前, の突進, の窓, の音, の響, の騒音, は明朗

▼ 走るところ~ (18, 0.9%)

2 がある

1 [16件] が一里十六町, が元, だが, であった, などを重出, に人影, の幌, の樺木科, の清澄, の素敵, はまさしく, へ影身, を一方, を五町, を見せ, を見たくなった

▼ 走るので~ (18, 0.9%)

3 あつた

1 [15件] そのヘッドライト, なかなか追い付きません, はかどりません, ますます不思議, アルプス山圏を, 不思議に, 何事が, 傾斜した, 全然早く, 原の, 川を, 心を, 武蔵野特有の, 芒の, 馬や

▼ 走る~ (15, 0.7%)

1 [15件] などはいくら, など更に, にはそれ, にはほとんど, には人, には山崎, には必ず, によい, に空気, はこれ, は喇叭, は彼ら独特, は狼, は違う, は馬

▼ 走る~ (14, 0.7%)

2 がこわく

1 [12件] いよいよ急, だ, の出来ない, はますます, はまた, もならぬ, も大, を知る, 約十間, 能わず, 飛ぶが, 驚くべし

▼ 走る~ (12, 0.6%)

2 走らないうち, 面白の 1 さら, そのいずれ, つかうが, わからないよう, 分りや, 知つてゐる, 知んね, 走らぬに

▼ 走るから~ (12, 0.6%)

2 であった 1 おばば, そこで大隅学士, であって, ゆれ通し, わしは, 宇宙艦という, 推されて, 汝らは, 車の, 鋼鉄の

▼ 走るその~ (11, 0.5%)

2 あとを 1 まんなかを, 光景を, 名を, 境地を, 熱鬧雜沓の, 足の, 電光の, 電車の, 餅原来尋常の

▼ 走る~ (11, 0.5%)

3 がある 1 あり主人遠く, がかの, に逐, に雲助以外, の了簡方, もしくはフランス, 多かるべし, 多く続い

▼ 走る~ (11, 0.5%)

3 のヘッドライト 2 の間 1 が, の夢, の目, の窓, はいつか, は永久

▼ 走るよりも~ (10, 0.5%)

2 邪魔物の 1 いっそう便利, 人の, 兄の, 動揺が, 急なり, 数倍激烈な, 迅い, 遥かに

▼ 走る~ (10, 0.5%)

2 にし 1 なからだつき, な顔, にさっさと, に思われ, に水の上, に表, に部屋, を見る

▼ 走るとき~ (9, 0.4%)

4 はまるで 1 その不安, はそれに, は松, は楽, は真直

▼ 走る~ (9, 0.4%)

1 あり女, がある, がだんだん, がつとめ, でも思い設けざる, の気配, の白い, の足音, またかの

▼ 走る~ (9, 0.4%)

2 の音 1 と共に, のよう, の小止み, の流れる, の縞, の響, や山腹

▼ 走る~ (9, 0.4%)

2 の上 1 なんてもの, にわが身, のよう, の中, の帆, は竜宮行き, 斯くて

▼ 走るより~ (8, 0.4%)

2 ほかは, 外に 1 まだ増し, 仕方が, 他は, 方法が

▼ 走る~ (8, 0.4%)

1 がもう, では, に自己, はカメロット, へと辿つ, へ吹き, へ走り, へ高々

▼ 走るうち~ (7, 0.3%)

2 に三宅坂上 1 に, にはなんなく, に伸び, に伸子, 両頬

▼ 走るため~ (7, 0.3%)

1 にいつも, にはいささか, にはそれら, にまた, に国, に彼女, の路用金略奪

▼ 走るといふ~ (7, 0.3%)

1 ことは, ことはい, やうな, んだ, 右手の, 必ずしも蕗子, 無限の

▼ 走るのに~ (7, 0.3%)

1 こうして朧月夜, どんなソヴェト, われわれが, 場所を, 客車の, 尾い, 都合が

▼ 走る足音~ (7, 0.3%)

2 がした 1 が向こう, だけ, は家々, をそこ, を聞い

▼ 走る~ (7, 0.3%)

1 すら無し, としては温和, のやう, の影, の足音, の音, を追

▼ 走るかと~ (6, 0.3%)

3 思うと 1 思うよう, 申しますと, 疑はれる

▼ 走るとか~ (6, 0.3%)

3 するが 1 わだかまるとか, 医者へ, 或は鐵

▼ 走るペン~ (6, 0.3%)

4 の音 2 のあと

▼ 走る~ (6, 0.3%)

1 には必ず, に今, に先ず, に先づ生活, に平次, に生命

▼ 走る~ (6, 0.3%)

1 に乗つたら, のあと, のせ, の姿, もどこ, を見つめ

▼ 走るだけの~ (5, 0.2%)

1 ことさ, ものである, 度胸が, 根気も, 芸だった

▼ 走るとは~ (5, 0.2%)

2 このこと 1 云ふも, 塀なり, 女ながらも

▼ 走る~ (5, 0.2%)

2 沙を 1 その装置化, 可なれど, 鴉で

▼ 走る~ (5, 0.2%)

1 がある, が速けれ, の養成, も尽き, を持っ

▼ 走る~ (5, 0.2%)

2 もあり, もある 1 など

▼ 走る自転車~ (5, 0.2%)

3 が走る 2 の輪

▼ 走る~ (5, 0.2%)

1 がだんだん, はやはり, は空, をゆるめる, を止めた

▼ 走る~ (5, 0.2%)

1 とともに聴, にふと, に眼, の冷めた, の聲

▼ 走る~ (4, 0.2%)

1 それが, 蓮の, 角さんの, 高の

▼ 走るたび~ (4, 0.2%)

1 にシャッポ, に妖怪, に棚, に部屋

▼ 走るにつれて~ (4, 0.2%)

1 ぶつかる風, やすは, 彼は, 畑の

▼ 走るには~ (4, 0.2%)

1 そう短気一方, 三百年程か, 不便であった, 車輪は

▼ 走るに従って~ (4, 0.2%)

1 だんだんそれ, 岸上の, 彼も, 白帆も

▼ 走るのみ~ (4, 0.2%)

2 だつた 1 でありました, でも

▼ 走るわけ~ (4, 0.2%)

2 には行かない 1 じゃあない, にはいかん

▼ 走る~ (4, 0.2%)

2 そらいろ 1 が一ヶ年, とが句

▼ 走る列車~ (4, 0.2%)

1 でなく無限軌道, に車掌, の窓, は混み

▼ 走る跫音~ (4, 0.2%)

1 がし, に続い, や彼等, 遠く遠く遠くなり

▼ 走る速力~ (4, 0.2%)

2 が緩む 1 に舞い上る, も非常

▼ 走る~ (4, 0.2%)

2 の両 1 が通じ, の直径

▼ 走る~ (4, 0.2%)

1 その中, の中, の影, を

▼ 走るかの~ (3, 0.1%)

2 ように 1 様に

▼ 走るかも~ (3, 0.1%)

1 しれなかった, 知れない, 知れないの

▼ 走るけれども~ (3, 0.1%)

1 それが, 別段追いかけ, 足が

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 海へ, 白髪小僧も, 認識不足の

▼ 走るだけ~ (3, 0.1%)

1 である, でなくて, 温いの

▼ 走るなどと~ (3, 0.1%)

1 いいなして, そのよう, 伝えられて

▼ 走るほか~ (3, 0.1%)

1 ないであろう, に仕方, はなくなっ

▼ 走るまま~ (3, 0.1%)

1 に委せ, に走っ, に車

▼ 走る~ (3, 0.1%)

2 走るわ 1 よつ

▼ 走るバス~ (3, 0.1%)

1 であるとは, は時に, も空

▼ 走るリズム~ (3, 0.1%)

2 あり 1 であ

▼ 走る二人~ (3, 0.1%)

1 のうち, の者, を追いかけ追いかけ

▼ 走る人力車~ (3, 0.1%)

1 の上, の後, を見

▼ 走る光景~ (3, 0.1%)

1 のやう, を想像, を見

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 猿をでも, 蒸汽は, 鉄道で

▼ 走る帆船~ (3, 0.1%)

2 をみました 1 が無風

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 がし, をみる, を目がけ

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 の心理状態, はボイオーチア, を留めつ

▼ 走る必要~ (3, 0.1%)

1 がなかっ, が起こっ, はなかっ

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 か, ならそん, になった

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 でした, の上, は白い

▼ 走る~ (3, 0.1%)

1 だ, はあんまり, もあれ

▼ 走る~ (3, 0.1%)

2 の上 1 の路

▼ 走る馬車~ (3, 0.1%)

1 の中, の乗心地, はなかっ

▼ 走るあいだ~ (2, 0.1%)

1 に戦袍, もうしろ

▼ 走るかに~ (2, 0.1%)

1 だの, はてしなき見る

▼ 走るさて~ (2, 0.1%)

1 も辛棒, 情けの

▼ 走るじゃ~ (2, 0.1%)

2 ござんせんか

▼ 走るついで~ (2, 0.1%)

2 に蹴とばす

▼ 走るつもり~ (2, 0.1%)

1 かその, のよう

▼ 走るとき両方~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 走ると共に~ (2, 0.1%)

1 世の中を, 横に

▼ 走るなど~ (2, 0.1%)

1 いうこと, 忌は

▼ 走るにも~ (2, 0.1%)

1 みえ人々, 時計の

▼ 走るほどに~ (2, 0.1%)

1 首尾よく, 高かった

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 あり玉村, 苦しからず

▼ 走るもん~ (2, 0.1%)

1 だから, だて

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 両手を, 否や

▼ 走るコース~ (2, 0.1%)

1 は単に, を耻

▼ 走る一個~ (2, 0.1%)

1 の人間, の船夫

▼ 走る一条~ (2, 0.1%)

1 の路, の道路

▼ 走る一滴~ (2, 0.1%)

2 の水玉

▼ 走る乗合自動車~ (2, 0.1%)

1 の如く, の窓

▼ 走る人々~ (2, 0.1%)

1 の上, ばかりをつくる

▼ 走る人影~ (2, 0.1%)

2 がちらつきます

▼ 走る以外~ (2, 0.1%)

1 に逃げられる, に道

▼ 走る傾向~ (2, 0.1%)

1 ありて, がある

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 だ, のない

▼ 走る大通り~ (2, 0.1%)

1 で市内屈指, と緩い

▼ 走る大道~ (2, 0.1%)

1 を見れ, を蹌踉

▼ 走る天井~ (2, 0.1%)

2 からホヤ

▼ 走る太綱~ (2, 0.1%)

2 を睨ん

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 もあれ, や山桜

▼ 走る姿~ (2, 0.1%)

1 それから例, を地上

▼ 走る小さな~ (2, 0.1%)

1 痩せた電車, 電車は

▼ 走る~ (2, 0.1%)

2 の港

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 との間, の底

▼ 走る彼等~ (2, 0.1%)

1 に対する同情, は私

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 からトラック, から吉坊

▼ 走る感じ~ (2, 0.1%)

1 が出ない, だった

▼ 走る方向~ (2, 0.1%)

1 に錯覚, を見上げ

▼ 走る時球~ (2, 0.1%)

2 を第

▼ 走る時間~ (2, 0.1%)

1 で充分, はない

▼ 走る有様~ (2, 0.1%)

1 と聞け, なども似

▼ 走る~ (2, 0.1%)

2 の三角帆

▼ 走る氷雨~ (2, 0.1%)

1 の音, の音聽

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 はあたかも, は人

▼ 走る灰色~ (2, 0.1%)

2 の幻

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 さう, も尾

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 の中, の子

▼ 走る用意~ (2, 0.1%)

1 をし, をと

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 のこら, を眺め

▼ 走る省線電車~ (2, 0.1%)

1 は窓, まで徒歩

▼ 走る瞬間~ (2, 0.1%)

1 がある, はッ

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 の下, の姿

▼ 走る~ (2, 0.1%)

2 の風景

▼ 走る窓外~ (2, 0.1%)

1 をぢ, を見

▼ 走る練習~ (2, 0.1%)

1 をさせた, を始めた

▼ 走る習慣~ (2, 0.1%)

2 があった

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 とがあり, と葉底

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 のどの, もすべて

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 働車, 働車の

▼ 走る草履~ (2, 0.1%)

1 が忙しく, の音

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 が豹, と同

▼ 走る街並~ (2, 0.1%)

2 を眺め

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 のす, の早

▼ 走る運転手~ (2, 0.1%)

2 に睨まれ

▼ 走る選手~ (2, 0.1%)

1 である, のよう

▼ 走る~ (2, 0.1%)

1 は菜の花, 干これ

▼ 走る銀河~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 走る~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ 走る響き~ (2, 0.1%)

1 が一層, をきく

▼ 走る飛脚~ (2, 0.1%)

1 だから, を一人

▼ 走る馬車馬~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 走る驟雨~ (2, 0.1%)

2 のあと

▼1* [502件]

走るあしもとまでが乱れ, 走るあらしのむれ, 走るいくつかの素, 走るうしろ姿を見送る, 走るうちうしろからスミス中尉, 走るうち中心を失っ, 走るや肩, 走るかいとは腹, 走るかということは, 走るかなたには, 走るからなすこしきゅうくつ, 走るくらい好かないお方, 走るくらいのものだ, 走るぐらいの気持は, 走るぐらゐの人並こえた力ぐらゐは, 走るとったら無かっ, 走るこころよさが, 走ること一反二反と液体, 走ること一時間スタルンベルヒに着きし, 走ること三十里その尽く, 走ること三時間にし, 走ること弦を離れし, 走ること数町にし, 走ること矢のごとし, 走ること行燈とラムプ, 走ること遠くを見る, 走ること鏈を離れし, 走ること電車で一時間, 走るこの辺の, 走るこれは蹶, 走るごとに夢, 走るさすが車屋の, 走るさまは, 走るさま力を極めて, 走るさま果はワン, 走るさわやかな微風, 走るじっとして, 走るどうだ, 走るただに山許りか, 走るだけが能である, 走るだけでもその業, 走るだらだらと白けた, 走るちやうどあれ, 走るといったところで, 走るとおりを右, 走るとかいうことは, 走るときわたくしはまるで, 走るとき何と上気, 走るとき敵の副, 走るとき水が船底, 走るとき田舎の修道院, 走るとこを君, 走るところ何物をも貫く, 走るところ頂上火口の赭, 走るとでもいいそう, 走るとのことだつた, 走るともいう, 走るどぜうつかみ, 走る萩が, 走るなかをひたぶる, 走るなどということは, 走るなんぞは朝飯前の, 走るなんてそんなばか, 走るのみで人影も, 走るの間山の尤も, 走るはずはない, 走るばかりでその, 走るほほほと, 走るめくろんぼの, 走るまるで鉄砲玉みたいに, 走るえが, 走るもの医者に駈けつける, 走るもの待機のもの, 走るもの数百人東軍の軍威隆々, 走るもの汽車に似ず, 走るもの蛇に似た, 走るもの蹲まるもの, 走るやがて山の, 走るやつでそれ, 走るやを知らずなに心, 走るよう風は落葉, 走るよと見るほどに, 走るわりに時, 走るんでせう, 走るアイアース彼を殺し, 走るアカイア軍を見たる, 走るアキリュウスパトロクロスの爲, 走るアキリュウス怒りて船, 走るアベック競走男を沢市, 走るアポローン恐惶をかれ, 走るイキが合わない, 走るオートバイの爆音, 走るタクシーをよびとめ, 走るツモリだな, 走るドリアンであること, 走るナイルの白帆, 走るハシケのホイッスル, 走るブリキ製のイヌ, 走るペン先と一枚, 走るマニラの商船, 走るマルのあと, 走るランチの上, 走る一人の小者, 走る一塊の騒音, 走る一式小一郎のその, 走る一條の小, 走る一種の感, 走る一線とどこ, 走る一脈の水線, 走る一語お松の骨, 走る一軒一軒の家, 走る一道の光明, 走る七兵衛の姿, 走る三條藍色の, 走る三隻の潜水艦, 走る三頭立の馬, 走る上信国境の山脈, 走る上野の公園, 走る不気味さと言う, 走るの習い, 走る世の中だからなあ, 走る世界は闇, 走る両側で夏, 走るをのそのそ, 走る中橋のない, 走る中空で鳶, 走る丸木という人物, 走る久慈の流れ, 走る事十間余にし, 走る事妙なり, 走る事数歩懸崖の突端, 走る事数間ようやく追い付き, 走る事矢のごとし, 走る事能はざる, 走るた筋, 走る二の腕から強いて, 走る二條の裂目, 走る二筋のせせらぎ, 走る二間道路が幾本, 走る五色の日本ライン鳥瞰図, 走る人間なんて聞いた, 走る仕入れのもの, 走る仙人の姿, 走る代りに同じ, 走る以上この先, 走るが犬猫牛馬, 走る何んぞこの, 走る作業道路を俯仰, 走るの上, 走る俥夫もざら, 走る候補者の伝令, 走る傾きが見える, 走るはやはり, 走る先生にむかっ, 走る八重の海路, 走る兵車に飛びのり, 走る其の脚の, 走る其向うの後向き, 走る其後追ひ, 走るに間もなく, 走る内地商人とこの, 走る冒険的なたのし, 走る冷たい鉄路を, 走るで弓削法外先生, 走る刀痕のゆえ, 走るがしら, 走るにはなん, 走る列車内のこと, 走る仕立の, 走る前足に物, 走る力感に関係, 走る勇士に呼び叫ぶ, 走る勢いに驚い, 走るれ, 走る北風の悲鳴, 走る区域になっ, 走る十重二十重の心根, 走る午前七時の地下電車, 走る印度洋の風, 走るは辷る, 走る鼠かと, 走る可能性もある, 走る学校の, 走る吹聽人はいふも更, 走る哀れとも滑稽, 走る品川沖の白帆, 走る商人なぞが旧正, 走る器用なるは, 走る図三を出し, 走る国境山脈は三俣山, 走る国道であるが, 走る團栗に異ならずで, 走る土地の勇み, 走る地点こそゴルロフカすべて, 走る地球の此, 走る地響が自分, 走る垂水の水, 走る場合においては単に, 走る壺坂競走大きな紅白, 走るはない, 走る數の, 走るの恐怖, 走る夜叉丸と女勘助, 走る夜汽車の現実, 走る夜駕の灯, 走る大いなる雲を, 走る大きい一匹の, 走る大きな山脈の, 走る大地の草, 走る大型の機関車, 走る天井板を睨みつけ, 走る奇妙な夫婦, 走る奇術師のやう, 走る女中の足, 走る好い事は, 走るの舟, 走る嫌いがあった, 走るが前, 走る子供に追いつい, 走る子等がかげ, 走る存在物を多分, 走る宮路の星, 走るさに, 走る寒々とした, 走る寒狹川の岸, 走る小さい魚の, 走る小刻みな靴音, 走る小船です, 走る小車の力, 走る尻尾を攫み, 走る尾根は角落山, 走るがぼうツ, 走る山脈は東西, 走るの細道, 走る峻嶺を, 走るかな, 走るは電車, 走るれの, 走る巾二尺ばかりの流, 走る市街であった, 走る平屋が走る, 走る幼い時の, 走る幽かに暗き, 走る幾多の地割れ, 走る広い道が, 走るに山の上, 走る度毎に風車, 走る弥次馬は必ずいろいろ, 走る強い選手は, 走るに紆廻つて, 走る彰子の綺麗, 走る影法師を追っかけ, 走るふもの, 走る思いをさせず, 走る性質を持つ, 走る怪しい影, 走る怪しき狗が, 走る怪物の車, 走る恰好が家鴨, 走る悪感はどう, 走る悲しさが, 走る悲しみあるを, 走る感動とともに道子, 走る戦慄を感じ, 走る戦車のこと, 走るだとか, 走る所以である, 走る所謂腰拔文學者の樣, 走るもあるまい, 走る手働四輪車の上, 走るの動き, 走る敵艇のほか何, 走る断層線で中断, 走る新聞くばり, 走る新設の大, 走る方角と反対, 走るさという, 走る時何度も列車, 走る時寒子は頭, 走る時警戒の憲兵, 走る曲者なれば, 走る曳船は港, 走る最大の銀色バス, 走る月影に恐, 走る村道や山道, 走る松明の光り, 走る格律のごとき, 走る梅雨晴れ時夏に入っ, 走るは孤立, 走る極めて速力の, 走る尖よ, 走る様子は真個, 走るな感じ, 走る横丁に飛び込む, 走る樹明君が介抱, 走る樽ひろひあれ, 走る多く見, 走る機関車がある, 走る武生の宿, 走る段々も見えます, 走る気持というもの, 走る水のちゃらちゃらという声がする, 走る水兵の眼, 走る水馬が水流, 走るを逐, 走る江戸名代のあの, 走る汽船は風, 走る汽車クレオンで描け, 走る汽車二十里は煙草, 走る汽車電車のた, 走る汽車風景で, 走る沙魚のため, 走る油目に見すくめられ, 走る油鰭よみがくれ, 走る法衣を着, 走る波動に対して直角, 走る浦塩モスクワ直通列車の万国寝台車, 走る浮世小路の貧し, 走る消防自動車が唸る, 走るに自分, 走る清水のよう, 走る清流のタッチ, 走る渓流の南岸, 走る湾流の一支流, 走る満員電車の壊れた, 走る滝見戻りの俄, 走る潘璋を追って, 走る潜航艇である, 走る潮流よ, 走る潮騒に耳, 走る瀧津瀬など自然, 走るを抜けだし, 走る瀬清み水そこ, 走る火私は吸いとられ, 走るのはて, 走る烈しい動揺, 走るれども, 走る牝馬にまたがり, 走る牧馬の群, 走るは流線型, 走る犯人の姿, 走る狂暴な海風, 走るを見よ, 走る狐兎偃鼠の輩, 走る狭い町筋の, 走る猴これに逢う, 走るのよう, 走る生き物のよう, 走る甲冑武者が走る, 走る男の子を, 走る畏怖の色, 走る疾風の雨, 走る疾魚も須臾, 走るがつい, 走る白い指には, 走る白壁に黒い, 走る白馬だ, 走る盲目なる鉄馬, 走る県道が通る, 走る真直な径, 走るがある, 走る硫黄の火, 走る福砂通と称する, 走るの胸, 走るの日, 走るに森, 走る程いやでいや, 走る程ほかのもの, 走る程先へ, 走る程山田に悪感, 走る程気持ちがだんだん, 走る稲妻を作品, 走る稲妻一軒家の棟, 走る章魚の一種, 走る笠無しの創, 走る箱車の中, 走る箱馬車が通る, 走る純然たる渓流, 走る細かい知識の, 走るとに分かれ, 走る組合長と村長, 走るを見上げました, 走るの白, 走ると京津線, 走る縦横無尽な幾すじ, 走る美しい橙紅色の, 走るの如く, 走る群衆が右往左往, 走るを備えた, 走るた, 走る腕白小僧や或は, 走る自分の指, 走る自我の歴史, 走る自然も人間, 走る至美の水, 走る舊南部領などは當時, 走る舞台監督は自分, 走る花子のこと, 走る花金鼠に幾度, 走る芸妓の裾, 走る茂太郎を後ろ, 走ると仄, 走るの傘, 走る落葉の響, 走る落葉等に交っ, 走る葉脈の左右, 走る蒸汽船と, 走る薬研堀横町及び米沢町, 走る藍色の枠, 走る血潮は燃え立つ, 走る西の海, 走る見当を見破る, 走る覚悟を決めたであろう, 走るにも行くまい, 走る誰か手をあげる, 走る谷筋を縦, 走る谿河の流, 走る豐旗雲の大いなる, 走るによつてあら, 走る貴い指さきは, 走る貴様は臭い, 走る赤い光が, 走る赤兎馬である, 走る足もとが見えた, 走るは普通選挙, 走る身拵えに慌ただしかっ, 走る車トラックかくの如く, 走る車夫の足音, 走る車敷石道を行く, 走る車輪さえつい, 走る軌道は或は, 走る軽便鉄道や出水, 走るを作つて, 走る農民出や炭坑, 走る追手の船, 走るだけ飴色, 走る途上餅の香り, 走る途中東北の方, 走る途中獅が虎, 走る途中空気の分子, 走る途中魏延に待たれ, 走る連山が南北, 走る運動そのものではない, 走る遠藤と長い, 走る遥かな落日, 走る邪魔をしない, 走る郊外電車きわめてこころよし, 走る部分は, 走るの眼, 走るの音, 走る銅線の, 走る鋏立てたり, 走る烈な, 走る鋭い岩山や, 走る鋼鉄で装われた, 走る錨索の上, 走る白山系の, 走る長い形の, 走るにいつか豁然, 走る間オオビュルナンはこんな, 走る間一切のこと, 走る間学士はすべて, 走る間汽車の右手, 走る限りどっちへ行っ, 走る階梯を渉ら, 走る雲足に木立, 走る雲霧を帯, 走る電光ニュウスの片仮名, 走る電気仕掛けの汽車, 走る電線に対してその, 走る電線卓上の湯呑み, 走る電話線から別に, 走る電車それは伊香保, 走る電車線路の柱, 走る電車道が通つて, 走るに似, 走る青い光線, 走る面白さに, 走るの音, 走る音校正の読み合せ, 走る音灯の走る, 走る音皆違う, 走るの中, 走るを, 走るのみぞ, 走る頭顔端正数百群を成す, 走るたくましき駿足, 走る風もろとも唐草銀五郎真一文字, 走る風景の中, 走る馬丁は奇怪, 走る駕籠であった, 走る駝鳥のやう, 走るの音, 走る鬼そがあと, 走る魚形水雷のよう, 走る魚河岸の若い, 走る魚鱗の光, 走るが飛ん, 走る黄金の, 走る黒潮が津輕, 走る鼠子の, 走るに似