青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

覚悟~ ~親 親~ ~親しい 親しい~ ~親しく 親しく~ ~親しみ 親しみ~ ~親分
親分~
~親切 親切~ 親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類 親類~

「親分~」 8735, 90ppm, 1228位

▼ 親分~ (1165, 13.3%)

114 前だ 53 ところへ 21 平次の 20 平次に 18 ところに 17 平次が 14 家へ 10 平次を, 耳に, 顔を 9 ところの, 錢形平次の 7 やうな, 家の 6 お力で, 一の, 手で, 手柄に, 眼で, 眼は, 錢形平次が, 鼻を 5 お耳, やうに, 前で, 前です, 智惠を, 部屋へ 4 事まで, 吉五郎は, 平次は, 平次も, 繩張りだ, 錢形平次に, 鐘五郎は, 鐘五郎を

3 [22件] お力を, お宅, お繩, お膝元, ことだ, すること, ために, ところへも, ような, 処に, 力を, 妾に, 家で, 平次へ, 後を, 方から, 智慧を, 目には, 知恵を, 言ひ, 言ふ, 話を

2 [88件] あとに, いいつけ, お余りもの, お小言, お心持, お目, お言葉, ことばかり, ことを, とこへ, 下に, 世話に, 久蔵という, 二代目を, 云う通り, 仕事を, 仕事振りを, 仰し, 倒した障子, 働きで, 前へ, 勘兵衞は, 半七, 叔母さんに, 名は, 名折れだ, 娘の, 子分衆に, 家を, 岡っ, 平次にまで, 平次ニヤリニヤリ, 床が, 後に, 御世話, 御骨折, 悪口を, 惡口を, 支配だ, 敵は, 文身は, 方が, 方は, 昔を, 智惠で, 死骸を, 氣を, 溝口屋鐘五郎は, 片腕で, 片腕と, 用事で, 男が, 目配せを, 眼鏡は, 石原の, 紙入の, 繩張り内だ, 繩張り内です, 考えを, 考へを, 背中を, 胸は, 良い手柄, 表情の, 見當, 見込みは, 見透しさ, 言つた, 言葉です, 評判などは, 評判は, 話では, 調べに, 身だ, 身を, 酷薄な, 銭形平次に, 錢形平次は, 鐘五郎が, 鑑識も, 頼みなら, 顏にも, 顏を, 顔が, 顔に, 飯田町の, 黒田の, 鼻の

1 [494件] あれだけは, いうこと, いうには, いう通り, いる老松町, いわゆる, いわれるとおり, うちでござん, うちに, おかみさん, おっしゃった通り, おっしゃること, おっしゃる事, おつれさん, お世話に, お仲人, お使い, お供は, お供を, お初が, お助け, お勝手口, お口添, お声がかり, お宿, お察し, お引合わせだ, お役に立つなら, お手先, お手紙, お持ち物, お氣, お蔭だ, お蔭で, お蔭です, お覚え, お話を, お諭し, お頼み, お顔, か, からだを, こと, ことぢや, ことで, ことも, しこたまためた, すがた, その罰, そばには, ためとか, ためなら, ところで, ところは, ところへでも, ところまで, となりの, なんとか組, のされちまう, ほうから, ほうは, まえだ, まえだが, まわりを, めえ, めがねは, もとに, もとへ, ものだ, ものに, ように, アラ捜し, アンリ・アラキから, オメカケ, オメカケに, コロジモを, トットに, ノックで, ハゲ小林という, ハンコが, 一人だった, 一大事とばかり, 一家でした, 一年忌も, 一生の, 一隊が, 三五郎が, 三文植木だ, 下廻りの, 不審が, 与兵衛と, 世話を, 乾児に, 乾兒も, 乾分の, 云いつけで, 仏兵助であります, 仕事の, 仕合せだ, 仕込みで, 仕返しその, 代官松の, 代役は, 仰しゃる通り, 仰しやつ, 作でも, 使いで, 使で, 使ひです, 侠氣に, 信三郎だの, 俺が, 偉力の, 側に, 側へ, 偽物が, 傳次に, 働きだ, 働きどころが, 先に, 先頭で, 八方睨みに, 内で, 処へ, 出馬を, 分まで, 利助は, 前じゃねえ, 前だけは, 前ぢ, 前でござん, 前でも, 前に, 前を, 動静を, 務めぢや, 勝さ四十五六の, 勝だ, 北冥の, 危急, 厄介で, 厄介者で, 友達兄弟分の, 叔母さんの, 叔母さんへは, 口から, 口ぶりから, 口ぶりで, 右の, 右門が, 号令が, 吉五郎で, 吉田磯吉が, 同伴と, 同意を, 名ざし, 名に, 名まえ, 名を, 名前にも, 向うを, 吩咐け, 命で, 命令で, 唐草銀五郎わっ, 問いに, 喉笛を, 城廓と, 声も, 夜明かしは, 大嫌ひな子さら, 大野老, 大金持, 大陽気, 天眼通に, 女ぎらいは玉, 女房の, 女房みたいだ, 好奇心の, 妻が, 姿が, 姿を, 威勢のほどに, 嫡男である, 子分に, 子分の, 子分衆と, 學の, 定公, 実弟だ, 実弟な, 実質的協力者は, 家か, 家から, 家ぢや, 家と, 家なんか, 家に, 家まで, 察した通り, 察しの, 寢起き, 寺で, 対談に, 尾について, 居ること, 展覧会や, 岡っ引きいろは屋文次御用の, 岡部邸より, 岩の, 帰るの, 平次です, 平次にも, 平次みたいな, 平次見たい, 床を, 底の, 引つ込み, 引込思案は, 弥兵衛が, 弥兵衛の, 弥次兵衛から, 強大な, 役に立ちますか, 後妻と, 後楯が, 御厚意, 御自由, 心が, 心の, 心を, 心意気が, 心意氣が, 心持は, 心祝いだった, 心祝だつたさうで, 忠治が, 念願な, 思ひもの, 思案が, 性行を, 怨みに, 恋女お, 恋女房であった, 恨みを, 息のか, 恵みそこ, 情婦に, 意見に, 慧眼を, 慶喜様が, 懐具合も, 懷を, 懷中は, 懷中物を, 懷具合も, 所へ, 所まで, 手から, 手に, 手を, 手下に, 手傳ひならどんな, 手柄が, 手柄だ, 手柄にな, 手紙です, 手紙を, 手許などには, 技倆を, 持物に, 指が, 指図が, 指図で, 指圖で, 指金だ, 捕方の, 探索も, 推理に, 損は, 方じゃ, 方ぢや, 方で, 方に, 方の, 方もね, 方より, 智恵でも, 智恵と, 智恵の, 智惠が, 智慧が, 智慧の, 書きやうがま, 書きよう, 月代を, 有難味を, 来て, 枕もとに, 枕もとへ, 格子へ, 検挙に, 樣子で, 権太何食わぬ, 横の, 正体を, 気に入るわけ, 気の, 気を, 気性としては, 気性は, 氣に, 氣の, 氣も, 法力は, 泥棒を, 注意で, 浄瑠璃を, 潔白な, 為と, 為に, 為を, 無念ばらし, 無表情な, 煙草入を, 爲なら, 爲に, 片腕の, 独り言に, 男振りを, 町内に, 留五郎が, 留守に, 留守の, 留守中は, 留守中も, 畠じゃねえ, 畠ぢや, 番で, 癖だった, 白眼んだ, 盃を, 目さへ, 目は, 眞似, 眼が, 眼の, 知遇に, 立廻った, 笑う顔, 管長猊下に, 総会も, 縄に, 縄張だ, 縄張りを, 縄張内だ, 縛ったお, 縛つたお, 縛つた若, 繩に, 繩にか, 繩内だ, 繩張だ, 繩張りには, 繩張り内は, 繩目は, 罪だ, 羽掻の, 考えで, 考えるよう, 考へで, 耳にでも, 耳には, 耳へ, 肩越しに, 胸が, 胸を, 腑に, 腕に, 腦は, 腰から, 花輪だけが, 若い奥さん, 苦虫を, 草履など, 萬七と, 萬七に, 萬七の, 萬七は, 藤吉は, 號令が, 血を, 袂には, 裏の, 裏口の, 見当違いでした, 見立てじゃ, 見立てぢや, 見立てです, 見舞に, 見込み違ひ, 見込違ひ, 見通しに, 覚えめでたく, 親の, 親類の, 言い付けなすった通り, 言い付けられた通り, 言い付け通り, 言い種が, 言い草じゃ, 言ったとおり, 言つた通りだ, 言つた通り下馬先の, 言つた通り家中の, 言つた通り見事に, 言な, 言ひつけ, 言伝を, 言葉に, 計略が, 許へ, 許を, 話が, 話は, 調べだ, 調べやうを, 請負だ, 請負師という, 讐と, 豊島氏の, 財布で, 財布を, 貫禄で, 責任に, 資を, 賣物ぢ, 賭場防ぎ, 贅澤よ, 趣味が, 足手纒いじゃ, 身の, 身の上だ, 身や, 身分であった, 迎いにね, 迎ひ, 迎へに, 運命を, 道庵先生に, 道庵先生を, 部屋を, 都合次第では, 配下に, 釘抜藤吉はじめ勘弁なら, 銀五郎は, 銭形平次が, 銭形平次の, 銭形平次を, 鋼鉄の, 錢形の, 錢形平次から, 錢形平次で, 錢形平次を, 錢形平次寢亂れた, 鑑定に, 鑑定も, 鑑定通り万次郎と, 鑑定通り鈴ヶ森の, 鑑定違ひでせう, 鑑識は, 鑑識違えだ, 鑑識違ひと言つ, 開堂する, 陣立ては, 電話で, 非業な, 面當てに, 頭を, 額部を, 顏, 顏が, 顏にもか, 顏の, 顏は, 顏へ, 顔を以て, 顔色が, 顔色を, 首へ, 髷です, 黒田には, 鼻へ, 鼻も

▼ 親分~ (704, 8.1%)

19 來て 10 乘り出し 7 来て 6 そんな事, 乘出し 5 來た 4 それを, やつて, 一と, 引受けて, 見張つて

3 [15件] いて, いら, お前に, お神樂, その気, 乗出して, 夫婦連れで, 居て, 御輿を, 手下に, 此處に, 殺されて, 行つ, 錠を, 飛んで

2 [52件] あの大きい, あの綺麗, お出でだ, お出で下され, お出で下すった, お前を, さう言, また滅法, やつき, わざ, 下手人を, 乘り込ん, 乘出しや, 乘出す, 乘込んで, 仲吉を, 何とも, 來る, 出張って, 助けて, 動き出さねえ, 十手を, 嗅ぎ付けたん, 少し訊き, 幻の, 怖いん, 急須に, 手前に, 擧げて, 暗いの, 来た, 歸る, 死んだと, 煙草の, 知らずに, 私の, 縛つて行きました, 脈を, 行くん, 行って, 見えたと, 見えたら, 見えるまで, 見て, 見廻りに, 言ふ, 變な, 負けたら坊主, 通りかかって, 顏を, 風呂場に, 黙って

1 [482件] ああなって, ああ仰し, あつた, あの伜, あの時行, あの清次郎, あの親分, あの離屋, ある寡家, あれだけは, あれを, あんなところ, あんまりわからねえ, いいふらすもん, いい女, いう, いきなりあの, いきなりやって来, いきなりやつ, いた, いた筈, いったの, いつまで, いつまでも, いねえ, いよ, いらっしゃるか, いる, いるわけ, えらべましょうか, おめ, お光, お出でに, お出でにな, お出で下すつた, お出下, お前の, お半, お島, お島さん, お常, お扇, お留守ぢ, お秀, お秋, お訊き下され, かう冗談, がっちりと, こ, こういうこと, ここに, ここへ, こっちに, この俺, この種, この結構, この縁側, この路地, この間から, これも, これを, こんなところ, こんなになっ, さう來, さう言つて來, さう言ふから, さぞ氣, しっかりし, しみじみと, すこし用, するの, ずっと君, ぜひ手, そいつを, そう思う, そう言うだろう, そう言うなら, そこまで, その氣, その犯罪, その紋次郎, それな, それまでに, たうとう, たが, たったひとり, たつた一人, ちよいと, ついて, つかまえて, つと焼香, とる, どうしても一萬兩, どうして縛らない, なしくずしに, なぜ挙げなかった, なぜ擧げなかつた, なにか用, ののしりながら, びつくりする, また腕, また訊き, みんな然るべき, もとの, やたら礼, やったん, やって, やって来た, やって来て, やって来ます今日, やつた, やんなさるの, よく御存じ, よく言, わからないくら, ゐた, ゐちや, イヤな, イヤなら, ウイスキーを, カポネを, カ街道で, サア行かう, サア行こう, サイソクする, 一人子分に, 一千万円献金し, 一度縛っ, 一度縛つて, 一應さう思ふ, 一生懸命で, 一番憎い, 一等コムパートメントに, 一緒なら, 三度ばかり, 三日間私の, 不意に, 世帯染みるの, 世話を, 世間的に, 乗り出しましたぜ, 乗り出すに, 乗出したん, 乗出したんで, 乗出しましたぜ, 乗出しゃ千人力, 乗出すよう, 乘り, 乘り出した, 乘り出す, 乘り出す出さない, 乘出した, 乘出しました, 二人も, 云い渡すと, 井戸の, 亡くなったの, 亡くなつたの, 人を, 人殺しの, 今度は, 今時分こんな, 仙之, 以前私の, 伊三郎の, 休む日, 会って, 似合い相当だ, 住居致し, 何だ, 何とか仲, 何と云おう, 何んと, 何故父親, 何時まで, 來たさうだ, 來ても, 來なさる, 來るだらう, 侍姿で, 俺らを, 先へ, 先刻昌平橋で, 八五郎を, 八畳敷を, 六文銭を, 内儀さんを, 冗談に, 出かけようと, 出しや, 判らなかつた日, 前から, 動き出しゃ百人力, 動き出しや, 南部坂の, 参りまして, 又拔, 又腕, 友田を, 可愛がっ, 各方面, 名ざし, 君を, 味噌を, 呼んだの, 命令を, 唐紙の, 器用な, 国定忠次や, 坊主に, 外へ, 多い, 多勢の, 大きい目, 大声を, 大変な, 大層気の毒, 大層氣, 大釜の, 夫婦づれで, 女に, 女の, 女の子と, 女形にな, 妙な, 姉さんを, 始終言, 嫌な, 子分に, 子分の, 子分を, 子分衆と, 宗次郎の, 宙を, 宿へ, 寝て, 封切りだ, 小田原の, 少しき, 居ないので, 居なさると, 居る間, 川へ, 帰えっ, 帰ってから, 平生ろく, 年を, 幾度も, 座禪を, 引きも, 待って, 後から, 後悔する, 御心配, 御用だ, 御迷惑, 心得て, 怒鳴ると, 怖いんで, 思って, 急に, 患った日, 悪いという, 悪いや, 悪く言われる, 悲観的な, 惡い, 惡いと, 愛想を, 憎くて, 我慢し, 手に, 手を, 手前共の, 手柄に, 打ち開けた言葉, 承知し, 投げ銭で, 折入, 折角い, 折角いふ, 抛つたんぢ, 披い, 押さえつけて, 招待する, 拾って, 持て餘, 指圖を, 捕まった料理店, 掛け合ったらなんとか, 探索の, 掻いて, 揃っちゃ, 擧げた建具屋, 斬れる筈, 旅に, 旅先な, 時節が, 暇で仕, 書きゃア, 書きア, 有無を, 本庁に, 村方へも, 来たという, 来たとき, 来てるな, 来なさった, 来るだろうと, 枕元へ, 案内し, 此紫御殿の, 歸つてから, 歸つてそれから, 殺されたと, 気に入ったん, 氣が, 氣に, 氣を, 江戸に, 河豚を, 泊つていらつ, 泥棒だ, 泥棒の, 浜に, 無茶な, 焼け出されたと, 煙草入れを, 煙草入を, 燒け, 燕女を, 犯人だ, 理解を, 生温け, 留守じゃあ, 留守の, 留置場から, 病気でなきゃ, 病氣でなき, 百両くらい, 目を, 直々の, 直ぐ出かけ, 相手に, 眞つ, 眠ってから, 眼色の, 着て, 睨め廻して, 睨んで, 知って, 知つてなさる, 知らなかつたん, 知識を, 社へ, 神田か, 神輿を, 祭神な, 私と, 立って, 笑いながら, 笛を, 籍を, 糸瓜に, 緊張し, 練太郎夫婦を, 縁側まで, 縛って, 縛つた, 縛つて行つたあの, 縛らないうち, 繩を, 老坂, 考え込むと, 考へた通り, 考へるやう, 聽い, 聽いた, 聽いたら, 聽えなかつた, 聽き出す, 肝膽, 肩いれ, 背負い呉服屋, 背負呉服屋の, 脅かしたり, 腰が, 自分で, 自分の, 自分ひとりを, 花火玉と, 蝮の, 血の道をね, 行くまで, 行つて下さらなき, 行つて下さり, 行つて掻き廻し, 行つて見, 街上で, 裏へ, 褒めて, 要之助君の, 見えた, 見えてるん, 見えましたから, 見えましたので, 見えません, 見たって, 見たつて自害, 見つけたら捉, 見廻つて, 見張って, 見物し, 見透さずに, 親身に, 言う, 言うには, 言った, 言つた, 言つたのは, 言つた通り人形を, 言ひつけなすつた, 言ひます, 言ふから, 訊きたいこと, 訊きなすったが, 訊きなすつたが, 訊くから, 話が, 誘導的に, 誰にも, 誰彼の, 調べに, 請負的に, 豫, 資本を, 賭場の, 起って, 踏込みなすっても, 踏込みなすつて, 踏込んで, 追つ駈けた, 追ひ廻して, 逃げ遲れた, 這入って, 通りか, 逢いたいと, 逢つて下さる, 道人に, 達者な, 酒を, 酔っ払う, 酔つ, 酔ふ, 金三郎と, 金五郎に, 金次を, 銭を, 銭形の, 錢を, 錢形の, 鑑定し, 門口で, 間違いでか, 附いて, 隊員と, 隣りに, 青い顔, 預かつて, 頭痛に, 頼まれたの, 顎十郎の, 顔を, 風邪を, 飛び付くやう, 飛んだ恥, 馬で, 馬鹿を, 馳け, 鳩尾の, 默つて居る, 鼻の

▼ 親分さん~ (620, 7.1%)

17 で, のところ 15 お願, にお 14 御苦勞樣 10 のお 7 大變 6 お助け, にお願い, も御, 聞いて 5 がお, この敵, でせう 4 お勘坊, だよ, ですか, のお力, の前, は, 待つて, 飛んだお, 飛んだ御

3 [18件] あの人, が御, た大変, だそう, とんだお, どうぞお, に申, のお家, の御用, はお, はおいで, はお上, もお, を見込ん, 待って, 恐れ入りました, 有難う御座います, 本當

2 [64件] いろ, お口, お早うございます, お目, お邪魔, が, がお出で, が何, が來, が旅, が来, が蔭, が訊きてえ, この私, この路地, この通り, こんなわけ, こんな娘, こんな時, ご冗談, さぞ差出がましい, すみません, そんな事, た大, ちょいと, ちょうどいい, でございましたか, でござんすか, でしたか, でそれ, でどうぞ, と町役人, どうしましょう, どんなこと, なら私, に, にもお, に來, に助けられ, に打ち明けよう, に逢, に預け, のお蔭, のやう, の事, の信用, の家, の御, の見える, はこちら, はそんな, は御, は御存じ, は此方, は若旦那, へお, へ差上げた, へ渡す, やお, をお, をお呼び, を知らない, 有難う存じます, 見苦しいところ

1 [268件] あつしは, あの, あのま, あの佐, あの女, あの娘, あの玄, あの茶碗, あんなに堅く, あんまりじゃ, あんまりぢ, あんまりぱっとならねえ, あんまりひどい, あんまり殺生, あんまり虐, えと, おみそれ申しました, お助け下さい, お手數, お早, お早う, お早う御座います, お浜, お濱, お狐様, お疑ひ, お皆, お目出, お目出度う, お聽, お蝶, お願ひだ, お願ひで, かえ, からおっしゃっ, から仰し, がいらし, がいらつ, がこの, がさう仰, がそれ, がほんの, がわたし, が一向に, が不動様, が不動樣, が不思議, が久兵衛さん, が始末, が敵討, が昨夜, が相当, が若旦那, が角太郎, が言っ, が調べ, が追手, が逢わぬ, こうイヤ, この通り意気地, こんなところ, こんな物騒, こんな物騷, さえその, じゃあございますまい, じゃありません, じゃア, すぐお願い, その床の間, そんなもん, そんなもんぢ, そんな話, だ, だから, ださうで丁度, ださうで御, ださうで私, ださうで飛んだところ, だって行っ, だと, だ相, だ見込んだ仕事, ちっと叱っ, ちょいお待ち, ちょっと汽車, でいらっしゃいます, でございましたね, でござんしたか, でしたらもう一度, でしょう, です, ですが, では, でよく, で夜分渡し船, で妙, で御, で御座いましたか, で御座いますか, で飛んだお, で飛んだ御, とにかくあれ, ともあらう, ともある, とやらこれ, とやらどうぞ, とんだこと, とんだ御, とんだ御苦労様, とんだ迷惑, と一緒, と二人, と仲, と八五郎親分, と呼ぼう, と来た, と聽, どうかし, どうか助け, どうしたら, どうぞ, どうぞお願い, どうぞこれ, どうぞまア, どうぞ仇, どうぞ金次さん, どんな證據, などはお, なら, ならきつ, ならよく, なら伜, なら是非, なら染吉, なんか御用, におす, にお目にかかり, にお目にかかりたい, にお目にかかりまし, にお話, にご, にすぐ, にそれ, にちよい, になる, にはお, にはとうに, にもお願い, によろしゅう, にわからない, にコレラ, に乗出し, に乘出, に内々, に力, に嘘, に少し, に御, に御願, に悪い, に是非, に来, に渡し, に狙, に申しあげます, に申し上げよう, に申上げ度, に皆んな, に直ぐ, に相談, に私, に笑, に笑われ, に紹介, に見付, に話, に送っ, に逢いたい, に逢つて, のお隣, の処, の外, の思いすごし, の思いやり, の思ひやり, の方, の智恵, の智慧, の物, の門口, の鼻息, はいらっしゃいましょう, はおれ, はさ, はそれ, はとうに, はまだ, はよく, はゐ, は何だか, は女, は玉井はん, は薬, は見通し, は逢, は鑿, へも御, ほんのしばらく, ほんの暫く, まだここ, まだ家, まだ此處, も, もいらっしゃる, もう御, もう死体, もう澤山ぢ, もそんな, も大人気, も御存じ, も来られる, も田中, も聯合組, やられました, やられましたそれ, よ, ようこそお越し, よく氣, を, をお迎え, をつれ, をど, を呼ん, 丁度い, 入らつし, 切れた男, 困つたこと, 堪辨, 変ったこと, 始めてお, 始めてお目にかかります, 実に申し訳, 実は, 少し申し上げたい, 少し酔っ, 少し醉つて, 広い江戸中, 御在宅, 御待ち, 御手數, 御苦勞, 御苦勞さ, 御見, 御覽, 御近所, 怖いこと, 早いお越し, 有難う御座いました, 死んだ者, 気味が悪いわねえ, 決して逃げ, 申します, 相済みません, 相濟, 飛んだこと, 飛んだそさ, 飛んだ無理, 飛んだ者

▼ 親分~ (562, 6.4%)

10 それを, どうしてそれ 6 さすがに 4 さう, そんな事, 本當 3 これを, どうした, どうしたろう, また何ん, 何處へ, 氣が, 見通しだ, 言つたで

2 [54件] あっしの, お一人, お上の, お気の毒, こいつは, そんなこと, どう思います, どう思ひます, どこへ, また自棄, もう御存じ, よく御存じ, 三村屋の, 人相を, 何んにも, 何処へ, 何時まで, 何處から, 向うへ, 喧嘩を, 大きな眼, 大事な, 大喜び, 大概目星は, 孫六が, 店中の, 後から, 御存じで, 御存じない, 新鳥越, 昨夜の, 曲者の, 気が, 江戸中で, 江戸開府以來の, 甲府へ, 留守だ, 疳性で, 目が, 相手に, 相變ら, 知って, 知つてゐなさる, 私の, 脈なんか, 若旦那と, 見て, 見事に, 見透しだ全く, 親分だけの, 部屋の, 野郎で, 錢形の, 鬼の

1 [392件] あした青山へ, あっし達が, あなたさえ, あのお, あの土瓶, あの忠義酒屋, あの時丸吉, あの清水屋, あの船, あの醫者, あれを, あわてて, あんな可愛らしい, あんまり良い, いきなり二人, いきなり殴っ, いずれの, いったい何者, いつまで, いねえかよ, いねえが, いますよ, いませんかい, いらっしゃる, いらつし, いろ, いわっしゃった, おいででござんしょう, お久良, お使, お前な, お前を, お化, お化けとか, お口, お君さん, お常, お松を, お神楽, お神樂, お秀, お縫殺し, お艶, お蝶, お辨さん, お鈴, お隣り, かんかんに, きっと喜ぶ, きつと, こいつを, ここで, この寺, この石, この間から, これから江戸, これも, こんなこと, こんな餌, ごく事務的, ご存じです, さっそく子分, すつかり, せせら笑って, せつかちだから, そいつ等を, そのつもり, その中, その曲者, その点, その道人, その雲助, そりや, そんなことぢ, そんなつまらねえ, そんなにし, そんな物騷, そんな鑑定, たいしたお, たいした人間, たうとう, たしかに真相, ただの, たった一ツ, たった今帰った, たつた一人, だらしが, ちよいと, とうに御存じ, どうかした, どうし, どうしてあの, どうして下手人, どうして系圖, どうしました, どうせ一應, どうなさる, どうなすった, どうにもなる, どう思ふ, どう睨んだ, どう鑑定, どこで, どこに, どんなに捕物, どんな事, ほんとに御存じ, また女, また捨てられ, まだわたくし, まだ其上, まだ姿, まだ来, まだ聞きません, まだ見た, まだ議会, もうこの, もうこの世, もうすこし増し, もうゐなかつた, もう大詰, もう少し物, もう帰んなすった, もう手前, もう散々耻, もう歸, もう聞き込みました, もう解, もぐり込んだの, やはり親分, よくこれ, よっぽど召し上がります, わざとあの, わたしは, わっし, イヤな, ステキに, 一方では, 一本には, 一本の, 一番先に, 三河町の, 下つ, 不承不承に, 不斷, 与之助と, 中, 中坂の, 中肉中背眼光は, 乾児の, 乾児を, 予言者の, 二合半坂の, 二枚の, 交り, 人が, 人情が, 人目を, 今どこに, 今の, 今までに, 以ての外の, 伊三郎を, 何も, 何を, 何んか, 何んで, 何んと, 何んといふ, 何処から, 何時から, 何時までも, 何時縛つた, 先へ, 其稼業の, 其處から, 内か, 内儀を, 冷淡に, 出口の, 出発まえ, 初めてだ, 到頭擧げ, 前の, 力松の, 力松を, 加島屋の, 加賀屋へ, 励声一番, 勝てないん, 北条の, 双手を, 右の, 向島中の, 君を, 困るぢ, 土瓶の, 土蔵破りは, 夜の, 夜半前に, 大したもん, 大した人, 大した人間, 大した眼力, 大丈夫です, 大層君, 天孫の, 天眼通で, 太ツ腹, 奥の, 奧に, 女だらう, 女の子を, 女房持ちでも, 好い男, 好きで, 妙な, 妙に, 娘を, 子分を, 子分衆を, 孫三郎を, 學が, 宜い, 宵から, 家の, 巡り合わせと, 帆村に, 帰って, 平右衛門町, 平右衞門町, 幸ひ, 廊下に, 引つ立てて, 弱つて, 彼女らが, 御存じありません, 御存じぢや, 御存じです, 御用で, 徳松さんの, 心から, 心得たもの, 思つたで, 思ひ込んで, 怠け者で, 怨んで, 怪我が, 恋の, 恐ろしくむづかしい顏, 恐ろしく長生き, 意地が, 感心さ, 慇懃に, 慾が, 戀の, 戻りましたか, 扇屋殺しの, 扉に, 手柄を, 手疵に, 才蔵の, 投げ罠, 揚足を, 数年前から, 斯う, 早くも, 早耳です, 昭和七年衆議院議員を, 昭和十一年に, 是れ, 時々お, 時による, 晝寢などを, 智慧なら貸す, 智慧の, 最初から, 最初つ, 朝田屋の, 本当に真面目, 来てや, 染井右近といふ, 氣の, 江戸に, 江戸へ, 江戸開府以來と, 江戸開府以来と, 決してそんな, 泳がされて, 浅草から, 浴衣の, 深く腕, 源氏です, 無事だった, 無理を, 無精で, 無造作に, 父さんの, 犬が, 犬の, 甘木柳仙の, 男らしい方, 町内の, 畠山重忠役らしい, 番毎こっちの, 番頭の, 疑って, 直ぐ笑, 相手は, 省線の, 眼が, 矢張り親分だけの, 知つてゐた, 知つてゐる, 知つて居た, 知つて居る, 知らないでしょうが, 知らないんで, 知らん顔し, 知りませんか, 私が, 私な, 私に, 笑って, 答えなかった, 納得し, 素直に, 細い眼, 耄碌し, 聴いたん, 聽きやしません, 腹を, 自分で, 自宅へ, 自慢の, 至ってたのもしく, 與之, 色を, 若い人, 若くて, 若松に, 菊五郎であり, 藩隨院長兵衛兄弟分には, 裏の, 見えないやう, 見えんよう, 見かけに, 見ないん, 見当違いを, 見當違, 見透しだ, 見透しだね, 見透しとございッ, 覚えが, 覚えて, 親の, 覺えて, 言いなさるが, 言いましたね, 言うん, 言ひます, 言ふんだ, 言ふんで, 言葉を, 訊ねて, 討死し, 評議一決し, 詮議が, 調子が, 講中の, 豫言者の, 超然として, 越前屋に, 軍師で, 近ごろ火事が, 近頃火事, 逢引なんて, 違ったもの, 酔っちゃ, 醉つ, 長い間, 門弥の, 門彌, 間違ひもなく, 闇の, 頻りに鶏, 顏も, 飛んだ臆病者, 飛んで, 餘つ, 馬の, 鬼でも

▼ 親分~ (504, 5.8%)

17 お願 10 來て, 見て 9 お目, 縛られて 6 話して 5 手柄を, 逢ひ 4 お願いし, なって, 聽い, 言ひつけられた, 頼んで

3 [11件] お目にかかって, 出て, 向って, 御挨拶, 来て, 渡して, 見せるまで, 逢って, 逢つ, 逢はせ, 頼まれたあの

2 [36件] お手紙, お頼みした, さう言, さう言つて, そんな事, なりたいなあ, なること, なれますか, わからないこと, 任せて, 八丁堀まで, 小言を, 引合せて, 教は, 教へて, 文句を, 楯つい, 汗を, 注意され, 渡りを, 用事はねえ, 申上げよう, 盃を, 目出度がられる, 相談し, 約束した, 縛つて貰ふ, 縛られましたが, 見せないうち, 見せ度, 言はせる, 訊いて, 遠慮し, 頼まれたこと, 頼むん, 鼻を

1 [308件] あつと, あんな手紙, いうちょ, いうには, いろ, うんと脅かされたら, おかせられても, おすがり, おすがり申し上げたやう, おびき出されて, お伝え下さい, お報ら, お眼, お知らせし, お知らせした, お縋りする, お話しし, お願いした, お願い申してえ, お骨折り, かう褒められたの, きめちやつた, こ, こう褒められた, この話, さう正面, さう言はず, さからうこと, さらはれ, さわるまいぞ, しかられるからな, したの, しちや, しちや上出來, して, しても, しましても, じかに口, すがって, すがるつもり, すがる外は, すっかり委, そうやられる, そう言っ, そう言われる, たしなめられた丈, ただし平泉, ちがいない, ちがいねえや, ちょいと, ちょっとあやまっ, ちょっと顔, ちよいと, つまらない縮尻, つれて, とっちゃ, どんなに叱られる, なった, なった人, なった積り, なりたいとか, なるじゃろよ, なるため, なると, なるの, なる印, なろうと, なんの用かや, ひとつひきあわせ, ひと通り話し, ふざけるところ, もさう言つて, もしもの, やられて, ゆかりの, よろしくって, わざわざ恥, パチパチと, 一口差し上げなけりゃ, 一応相談, 三月越し塩を, 上げるん, 下手人を, 不首尾だ, 世話を, 乗り替えて, 代って, 任せた方, 任せると, 会いたくも, 会おうと, 会ったもの, 会って, 会わせて, 伺いたいこと, 伺ひたいこと, 似て, 似合いませんよ, 何時まで, 使を, 借りて, 倣った, 先手を, 六つかしいよう, 内緒で, 内證, 出向いて, 出張って, 助けて, 十手を, 取り入って, 取り締られて, 取上げられたの, 叱られさ, 叱られそう, 叱られて, 叱られながら, 叱言, 合せる顔, 向つて馬鹿野郎, 吸わせた, 告げるまでも, 味方し, 呶鳴られ, 喧嘩を, 嘗められるん, 嘘を, 囲まれて, 地獄の, 堅く云われ, 嫌がらせを, 嬲り殺しに, 宜しくつて言つて, 宜しくと, 宜しくとこう, 宜しく言っ, 少しも, 屆けた者が, 届けて, 岡惚れてる, 岡惚れを, 差上げませうさ, 引き合せて, 引渡さう, 引渡すから, 引渡すはず, 引渡す筈, 当てつけた芝居, 当る男, 従いて, 従えば, 御拶挨, 御機嫌, 御注進, 御用なら, 御目, 御相談, 御願い, 怒られました, 恥を, 恩返しなんか, 惚れて, 愛想が, 手數を, 打ってか, 扮した, 扶けられ, 持つと, 捕まったの, 捕まつたの, 教わった通り, 散々嫌がらせを, 斯んな, 是非見, 智慧を, 會つて夢の, 會つて是非, 朝の, 朝ッぱらから, 植木屋を, 楯を, 極って, 止められて, 氣の, 決闘を, 済まねえ, 済まねえし, 済まねえよ, 渡すやう, 渡りも, 濟まねえ, 無理な, 無理を, 物を, 献上する, 用が, 用はねえ, 申しましたが, 申し上げて, 申上げた, 當て, 白痴扱ひ, 皆んな言つて置きたい, 皆んな話し, 盛んに, 相談を, 相違ない, 盾を, 知らせた筈, 知らせなきや, 知らせに, 知らせる, 知らせるやう, 知らせろと, 礼を, 私と, 窮屈な思ひ, 笑はれる, 笑われそう, 笑われるばかり, 箔が, 箔を, 組み敷かれ危ない, 続け, 縛らせて, 縛らせなかつたの, 縛られさうな, 縛られたの, 縛られたん, 縛られました, 繩を, 罪は, 聲を, 聽かしちや村の, 聽く, 腕貸しいた, 苦勞は, 虚仮扱いに, 行き会ったという, 街で, 見せたから, 見せて, 見せましたが, 見せられますか, 見せるまでは, 見付けられました, 見張られて, 見放されちゃ, 見現, 親殺し, 言いつけられた仕事, 言い付かった通り, 言い付けたんで, 言い付けられたの, 言い付けられて, 言はれ, 言はれる, 言ひ, 言ひ付けられ, 言ひ付けられた, 言ひ含められた, 言ふ, 訊いてからと, 訊かれたこと, 訊かれた時, 話さうと, 話しましたね, 話し壮士坊主, 話し度, 話そうと, 誘われて, 調べて, 談判を, 請け負わした, 譲って, 返事し, 追ひ詰められ, 逢いに, 逢ったら申, 逢っちゃ, 逢つたのを, 逢つたら, 逢つてお話が, 逢つてゐる, 逢つて叔父を, 逢は, 逢はせろ, 逢わして, 連れて, 連れられ他, 金を, 間違いなしで, 限って, 面白がらせよう, 預かつ, 預けて, 預けられ石炭, 頼まう, 頼まれた事, 頼みが, 頼みましたよ, 頼むまでも, 頼んだもの, 顔が, 風邪を, 飛んだ良い, 養って, 首ったけな

▼ 親分~ (272, 3.1%)

24 御存じで 7 御存じの, 知って 6 知つて居なさる, 知つて居る 4 それを, 御一緒, 知つての, 聽い, 聽いた 3 この道, 子分も, 御存じです, 知つてゐなさる

2 [25件] お前には, お安く, お蝶, さう, そればかり, そんなこと, そんな事, どうかし, 一緒で, 一緒に, 兄弟分も, 宜い, 御存じでしょう, 御存じない, 御承知, 情事出入りには, 燒が, 知っての, 知つ, 知つて居なさるだらう, 知つて居るだらう, 箍が, 薄々聞い, 見當, 變に

1 [140件] あっしも, あった, あつし程は, あとから, あのお, あり兄弟分, あんなに言, いらっしゃいまし, お役目柄, お心, お気を, お蝶さん, お靜さん, こいつが, この喧嘩, この川越, この頃, これじゃあ, ご一緒, ご存じでしょう, ご存知の, さう思ひますか, さう言, さぞ退屈, すご, すつかり恐れ, そう思います, そう言, その見当, それは, たまには, ぢつ, とんだ掛り合いで, どうぞ, どうです, どうやら手, なければ, もう御新造, やきが, やつて, やはりその道, やりたいさうで荷役, よく御存じぢ, よく知つて, よっぽど気, ゐるん, エライ, グッと, モノが, 一つ信心を, 一度行っ, 一度行つて, 一應調べ, 一緒か, 一緒だ, 一緒ぢや, 乙な, 人が, 人の, 今夜からは, 何か, 何にか, 佛樣の, 來て, 出席する, 口が, 同じです, 喜ばして, 執念ぶ, 大したものぢ, 好いが, 子供付き合いが, 定めて, 少し腐, 少し腐っ, 居るそう, 年を, 引っ掛けられた口, 彦も, 後から, 御参詣, 御存じある, 御存じかと, 御存じだらう, 御役柄, 御自分, 徳蔵の, 心配し, 思いの, 懇意に, 捜しましたが, 散々中てられた, 木遁の, 来て, 此道に, 殺さず六千兩, 殺生が, 気が, 気を, 氣が, 氣に, 清水山の, 無し子分, 焼が, 焼きが, 物好きじゃ, 甘め, 目が, 矢張り, 知つてるだらう, 笑つ, 緑町の, 老後を, 聴いて, 膽を, 良い顏, 菊見です, 行つ, 行つて見ません, 見たこと, 見た筈, 見当が, 見當違, 親分だ, 言いなさるし, 言つたで, 言ひなさる, 言ひました, 訊いて, 調べようは, 貧乏なら, 附き合, 顏くらゐ, 顔を, 飛んだ掛合ひで氣, 首を, 馬鹿馬鹿しいと, 驚きました, 髷は, 麺棒を

▼ 親分~ (210, 2.4%)

17 つれて 10 呼んで 7 伴れ 5 連れて 4 呼びに 3 引張り出したの, 御案内, 見上げました, 迎ひ

2 [15件] お迎えに, 取られた時, 外の, 奥へ, 宥めて, 引つ張つて來, 引張り出して, 怨んでる者, 案内し, 横奪, 殺す隙, 相手に, 知って, 迎へに, 頼って

1 [125件] おびき出さうと, おびき出して, お前が, お前らの, お相手, お迎, お送り申せ, お願, お願いした, くはへ, この教場, さがして, そつと, つれ出すこと, はじめとして, はじめ下関小倉博多別府などの, はじめ江崎満吉友田喜造ド, ひどい目, ふしぎな, もり立て, やり込めたり, よく知ってる, 一と, 三日も, 任せ自分, 入れただけ, 入れて, 凌ぐこと, 助けさ, 助けさえ, 助けて, 助けること, 口説落しました, 呼び返して, 呼ぶと, 呼出さうといふ, 呼出しわけ, 困らせるやう, 困らせるんで, 売りださせたよう, 売り込まねえとも, 安く扱, 小半刻待たせる, 居候に, 引き當, 引っ張り出して, 引つぱり, 引つ張り出して, 引張り出しに, 御存じかな, 思いがけなく迎え, 悪く言, 意気地なし, 抱きかかえて, 持たねば, 持ちやがって, 持って, 持つこと, 持つて, 捨てて, 探りさっき, 控えた個人, 揉みに, 救わなければ, 斬ったこと, 斬って, 斬るなどといふ, 斬る気, 旦那に, 案内する, 検挙した, 此處へ, 殺した中村直考, 殺すこと, 殺すの, 殺す氣, 泊めて, 焦らして, 犬ち, 狙ひ撃ち, 用心棒と, 用心棒などと, 用心棒に, 町外れの, 疑うよう, 疑って, 眞中に, 真ん中に, 眼の, 睨んだ, 知つて居る, 知つて居るなら, 知らないもの, 知らない者, 知らなきゃ奥州松前, 知らねえの, 立てそれで, 立てようと, 締めあげなせえ, 縮尻る, 背負って, 脅かした庭男, 袖に, 見たこと, 見て, 見るより, 見張って, 見張つて, 見捨てて, 見込んで, 見違, 討たすな, 誘つて來て, 誘つて直ぐ, 誘ひ出し, 誘ひ出す餌, 追つかけ, 連れ出さなきや, 間拔けに, 頼み度い, 頼み度いと, 頼むもの, 頼むわけ, 頼んで, 馬鹿扱に

▼ 親分~ (153, 1.8%)

14 一緒に 3 一緒なら, 子分は 2 その一, 來た, 來たら, 八五郎は, 別れて, 呼ばれた男, 東京に, 称されて, 顏を

1 [115件] あっしが, いい犯罪的行為, いっしょじゃ, いっても, いわれる者, おかみの, おかみは, おっか, お前の, お由, お神樂, きいて, きた日, くるて, ぐるなんて, こうして居られる, そうだ, その一まき, そりや, ちがって, なって, なり十手捕縄, なること, なるの, なる上, みえて, ゆつくり話し, よく似, 一緒か, 一緒で無き, 三人で, 乾児との, 乾分は, 二人で, 云えよう, 云おうか, 云ふ, 云われる二人, 今の, 会ってからに, 何か, 俺が, 俺たちの, 兄弟分だ, 八丁堀の, 内儀だけ, 博士とは, 同じである, 同じ名前, 名の, 向ひ, 呼ばれて, 呼ばれては, 呼ぶ声, 唖の, 喜んで, 声を, 女の子の, 姐さんと, 子分じゃ, 子分と, 子分という, 子分との, 子分の, 子分を, 宇野さんが, 安直兄いの, 尊称した, 小菊たちには, 岩吉さんの, 差向, 庄太が, 張り合ふ, 張合ふ, 意見が, 掛け合, 江崎満吉親分, 渡り合つて, 私の, 称する阿諛, 称せられる人々, 立てられたいため, 立てられて, 立てられるには, 立てられるよう, 立てられる気持, 聞いて, 聞えた仏兵助, 親の, 言いましたぜ, 言え, 言ったでは, 言ったの, 言つた誇りに, 言は, 言はさねエ, 言ひました, 言へ, 言われたから, 言われた三十がらみ, 言われるほどの, 話を, 謀議を, 貴方との, 赤尾の, 逢うて, 鉢合せを, 雪さんと, 面と, 頼みたい一心, 頼むイカモノ, 頼む木口勘兵衛尉源丁馬, 顔を, 飮んで, 駒形伝次は

▼ 親分~ (132, 1.5%)

11 早やう 5 願ひ 3 品さんは, 目こぼし, 願ひだ, 願ひで御座います

2 [16件] 品さんが, 孃さんは, 小遣は, 常が, 床を, 怨み申します, 才は, 春が, 町さんが, 目出とう, 粂の, 紋が, 聽きの通りだ, 静さんは, 靜さんは, 願ひ申します

1 [72件] たずねするまでも, のがれなさい, ひとつ, めえ, 上りで, 世辭の, 久し振りでござんすねえ, 互にお上, 内儀の, 出なさいこれ, 助け, 助けを, 勢ちやんは, 品さん, 喧しゅうございました, 喧ましう御座いました, 夏に, 孃さんが, 寒うございます, 察しの, 察し下さいまし, 専を, 小夜は, 小遣が, 帰んなさい, 待たせいたしました, 房の, 手數を, 政が, 政は, 新の, 新は, 早よう, 春坊は, 柳が, 気の毒だ, 氣の, 燗番は, 目に, 目出度う, 眠そう, 秀は, 秋さんが, 筆さへ, 粂を, 糸は, 美乃さんが, 聞きでしょうが, 聞きでせうが, 聞きの, 聞き下さいましわしら, 聴きの, 聽きだらう, 聽き下さい, 菊を, 蓮の, 蝶さんも, 見かけし, 見それ, 言葉までも, 退屈ぢや, 逃げなさい, 逃れに, 道さんが, 鈴が, 鈴は, 鎌は, 願ひします, 願ひだから, 風邪を, 騒がせ申して, 鮒さんは

▼ 親分~ (86, 1.0%)

42 變な 20 變ツ 5 變, 變です 3 變だ 2 縮尻さ 1 掃除より, 機嫌で, 眼鏡違い, 變と, 變よ, 變ツ早く, 變三人目が, 變大, 變近江屋の

▼ 親分あの~ (85, 1.0%)

5 娘が, 娘は 4 女が, 浪人者は

2 [15件] お倉, お絹さん, 主人の, 宗太郎は, 家は, 屋根を, 庇から, 庇に, 手代の, 普賢菩薩は, 男を, 病人の, 石垣の, 話は, 鬼の

1 [37件] あたけの, お嬢さんは, お孃さん, お春, お蔦という, もし親分さん, 一件が, 下手人は, 中を, 人が, 仏様の, 仙公て, 佛樣の, 和尚は, 女は, 娘じゃ, 娘ぢや, 娘に, 娘を, 小屋の, 押入の, 旅の, 時由兵衛を, 時窓の, 朝井玄龍一家の, 板を, 父娘は, 甚三郎が, 神樣の, 綺麗な, 若い武家, 菓子屋の, 野郎ぢや, 野郎勘弁なら, 隠居は, 隱居は, 頃は

▼ 親分~ (80, 0.9%)

8 はもう 5 を縛 4 は何 3 は私 2 の文身, の申す, は, はこの, は世にも, は生き, は親, を助け

1 [44件] から申し上げませう, がお玉, がこども達, が子供達, が悪かっ, が言, が言い兼ねた, が飛び込みましょう, と世帯, には解らない, にも言, に構はず, のやう, のよう, の留守中, はそれ, はそんなに, はつく, はどう, はもうどう, は不思議, は主人, は今, は口惜し, は口惜しい, は口惜しゅう, は大, は少し, は忠義者, は怖かっ, は惡, は敵, は此, は死な, は算盤, は近頃, は途方, は金, もその, も目, も目学問, も目學問, を忘れ, を縛っ

▼ 親分~ (79, 0.9%)

117 つて驚く 4 つて驚きます 3 ぜ, そうで 2 が碁, ということ, な, よ道, 相で, 眼の

1 [39件] うまい手だて, お禮, から, からいざ, からツイ餘計, から知ってる, から言, から言う, から言ッ, が, がやりそこなわなけれ, が今度, が何, が自分, つてこいつは, つてさう思ふ, つてそれね, つてね, つてチツトは, つて人を, つて十手の, つて歌も, つて癪に, つて眼の, つて私の, つて笑ひます, つて繩張り違ひでせう, つて見, つて變な, つて頼まれで, と仲間内, と思った, なんていう, ね, ものお, よつばめ, ッ, 親分が, 隱さず

▼ 親分この~ (71, 0.8%)

7 通りだ 5 通り 3 御恩, 野郎が 2 お二人, 四本の, 塀が, 窓から, 自害は

1 [43件] あつしが, ことに, まま黙っ, 上怪しい, 下手人は, 不景氣, 世の中といふ, 二つになんぞ, 人が, 仏様を, 仕事を, 佛樣を, 傷は, 十年の, 娘っ子を, 娘は, 家の, 小僧の, 小屋で, 庵寺の, 彦兵衛が, 彦兵衞が, 後家の, 御礼は, 御禮, 方は, 暑いのに, 有樣, 犬あきの, 私を, 草鞋の, 落ちは, 褒美は, 話は, 辺じゃ, 辻斬は, 通りツ, 通り丁肩ズラリ, 邊は, 野郎は, 野郎逃げ支度を, 頃妙な, 髮の

▼ 親分これ~ (66, 0.8%)

9 はどう 3 は一体どう 2 には深い, は, はあんまり, は何, は名題, は若旦那

1 [42件] があべこべ, がお, がその, が久米野, が怨まず, が曲者, が本, が順八さん, だけあり, だけで証拠, であっし, であつし, ですか, ですよ, でせう, でみんな, でも疑う, でも疑ふ, でよう, で判つた, で宜, で皆んな, はどこ, はどんな, はひどい, は一体, は一體, は一體何處, は何で, は何ん, は何處, は嘘, は大, は少し, は武藝, は私, は良い, は足跡, は足跡ぢ, や一体, や一體何, 何と判じた

▼ 親分あつし~ (55, 0.6%)

4 はもう 3 には腑 2 はあの

1 [46件] が, がそんな, がやりや, が子, が居なき, が生れ, が盜, でできる, にはどうも, にはまるで, には判らない, には少し, には薩張, には薩張り, には見, には解らない, のことぢ, のところ, の叔母さんだつ, の手紙, の方, の智慧, の身體, はあつし, はあんな, はこの, はどう, はどうして, はよく, は何ん, は入口, は其處, は口惜しい, は怒ります, は氣, は癪, は百, は矢, は知りません, は考へる, は腰, は薄寒く, は賭, は近頃どうか, は遠縁, は隨分氣

▼ 親分~ (52, 0.6%)

4 をなさる 2 うした, から手, か見付かりました, の手紙, も彼, をし, を考え, を考へ

1 [32件] ういふ, うしませう, うする, うです中, か当り, か御用, か証拠, か間違い, がそれ, が解, が解った, だってあの, だってあんなに, だって由兵衛, にか大, にもありません, にもない, にも來, にも来ません, にも言, にも言わねえ, のため, の足し, もそう, を, をそんなに, をやらかし, を搜, を洗いなさる, を笑っ, を見, んで

▼ 親分には~ (51, 0.6%)

2 もう下手人, 下手人の, 前から, 命を, 憎まれますが, 濟ま

1 [39件] あの天国様, いろ, うつかり話せねえ, この間から, これが, こんな話, そういいつけられ, そんな斟酌, むづかしからう, もう佐野松殺し, やはり俺, わかつて, わからないで, 下手人がちやん, 下手人は, 仕事の, 何んにも, 内密で, 内緒だ, 内證, 判つて居た, 別に考, 十分に, 御存じの, 御存じのね, 恩に, 悪いが, 惡いがどうも, 惡いが放つ, 惡いが深, 手前を, 氣の, 甘えたいわ, 親分の, 解らねえが, 言いにくい, 話しても, 違げえ, 頭も

▼ 親分さん私~ (48, 0.5%)

4 はもう, を縛 3 が惡, は私, を縛っ 2 などは古道具屋, は, は銀町

1 [25件] が, が御, などが, のたつた, の伜, の父親, の身上, はたしかに, は先刻, は十年, は大, は小田原名物, は徳利, は悪者, は惡者, は散々, は此處, は殺されかけ, は氣, は決して, は爺さん, は素人衆, もどうしても, を縛つて突出, 本当に困っ

▼ 親分それ~ (47, 0.5%)

53 は本, は本当 2 はお前, はまた

1 [32件] がみんな幽霊, が主人次郎吉, が出ねえ, が見えなく, じゃ, じゃお, じゃみんな申, じゃ大手柄, じゃ姐, じゃ帰りましょう, じゃ手, じゃ物, だから, にゃここ, にド, に寸分, に林, はお前さん, はちがいます, は可哀想ぢ, は大, は縮緬ぢ, は贋物, は違います, は鑑定違い, や何, や本, よりどうして, を本気, を聽, を默つて, を默つて聽

▼ 親分そんな~ (38, 0.4%)

5 事は, 事を 3 事が, 馬鹿な 2 事で, 事より, 金を

1 [16件] ことが, ことまで, ことを, 事ぢや, 出口は, 判じ物みたいな, 怖い眼, 悪戯を, 情けねえ, 情ねえ, 意地の, 理不, 理不尽な, 石を, 親分衆が, 話ぢや

▼ 親分~ (37, 0.4%)

24 なこと 3 な野郎 2 な捕物, な話 1 なの, なもの, な事, な奴, な捕物ぢ, な細工

▼ 親分大変~ (36, 0.4%)

11 なこと 4 なもの, な事 3 だ, だッ

1 [11件] だぜ, でごぜ, ですぜ, ですよ, で猪, と言った, な怪我, な泥, な者, な野郎, 面白そう

▼ 親分子分~ (35, 0.4%)

5 の間柄 4 の盃, の関係 2 で平次, の話, の關係

1 [16件] が手柄, が皆, だつたの, でしょう, というもの, という関係, といっ, と繩張り仁義, には違い, の情誼, の愚劣, の縁, の間, はこう, は自分達, よりも打ち融けた

▼ 親分でも~ (34, 0.4%)

2 二人の, 子分でもねえ

1 [30件] あの娘, あり斬ったはったの, あるの, ある加藤作助君, いなければ, こいつは, ちょいと, ない私, 一年の, 主人を, 女の, 子分でも, 店賃を, 掃除なんか, 時々覗かし, 暗殺に, 歯が, 氣の, 泊って, 無道は, 燭台下暗し, 燭臺下暗し, 相手が, 立ち会って, 立ち會, 縛つて置く, 蜂の, 裁いて, 見立てが, 頼んで

▼ 親分どう~ (34, 0.4%)

3 しましょう, しませう 2 したもの, でした, です

1 [22件] したこと, したと, したので, したもん, したん, して, しました, しましたえ, しましょう私, します, しますえ, しますかね, しますね, しませう父さん, する積り, ですかね, です中, です眼, なすったんで, なるかと, 見たって, 見たつて

▼ 親分から~ (33, 0.4%)

2 お聽きのこ, 借りるとして, 手紙を, 町方御, 見離されるくらい

1 [23件] お世話に, かつちや, こうして残りもの, こちらの, ことづかって, なんの, 乞いうけ, 伝授を, 借りて, 別離に, 前借した, 博徒の, 嚇か, 大層嚇, 大至急, 廻って, 思いがけないこと, 惚れられて, 意見でも, 態, 江崎満吉との, 言いつかった大事, 迎え出ました乾分衆

▼ 親分~ (33, 0.4%)

13 苦勞樣で 2 冗談を, 心配です, 苦勞さまで, 苦勞だ, 苦勞樣 1 冗談で, 冗談でしょう, 冗談ば, 冗談仰し, 助力を, 在宿か, 洗足を, 苦勞で, 贔屓に, 食事中は

▼ 親分~ (32, 0.4%)

2 いろ, 何れは, 厄介な

1 [26件] いやよく, いや御, お神楽, お神樂, さア, そいつは, その子分, それは, わけが, ジゴマの, 丁度い, 丁度宜い, 世話を, 何か, 大變, 姿にも, 娘を, 御苦勞樣, 泥棒の, 珍らしい, 良いところ, 訳が, 逢うて, 重病人でなけれ, 飛んだ御, 高萩村の

▼ 親分~ (32, 0.4%)

4 俺が 3 せう 2 平野謙の

1 [23件] あっしが, あつしが, あつた, いても, いらっしゃいましたか, いらつし, げすか, せうか, せうね, もさう思ふで, カント・デックて, 仏兵助という, 又飛んだ, 君臨し, 善く見る, 嘉納健治といふ, 変な, 子分の, 役に立たないなんて, 昔, 自由党以来の, 請負師の, 飛んだ御

▼ 親分にも~ (32, 0.4%)

3 見せて

1 [29件] お世話に, お気に, お願, しばらくご無沙汰, それは, ないお, よくその, 似合は, 及ぶまいと, 合わせる顔, 大火傷, 手傳は, 打ち明け兼ねて, 敵に, 早いとこ, 本當, 無断で, 申し兼ねましたが, 申し訳が, 知れず数々, 見せたいくら, 見せ度, 見て, 見当は, 見込み違ひ, 話した通り, 話せば, 負けない喧嘩, 頼み寺社

▼ 親分こいつ~ (31, 0.4%)

2 は前代未聞, は底, は狸, は誰, は驚く

1 [21件] あ真正真銘, が大変, が曲者, はあっし, はあんまり, はたつた, はもう, はわけ, は人違, は人違い, は変っ, は江戸開府以來, は珍しい, は矢, は秋草, は繩, は諦め, は間違ひも, は面白い, は餘, を見

▼ 親分~ (31, 0.4%)

9 大變 4 大変 3 大變ツ 2 うとう

1 [13件] あなんで, うとうお, うとうやつ, うとう三輪, うとう出かけました, うとう大, うとう見付かりました, うとう變, どんなもん, 大変お, 大変です, 大変な, 大変ッ

▼ 親分その~ (30, 0.3%)

2 お侍, 娘を, 手拭に, 通り

1 [22件] お谷, もかが気に入らない, もかが氣, 上人さらいは, 前に, 女の, 娘は, 手紙は, 曲者は, 梯子は, 次郎兵衛の, 男を, 百両を, 突き当った野郎, 突當つた野郎は, 節は, 赤い扱帶, 足跡を, 通りだ, 通りです, 面の, 髷切の

▼ 親分~ (30, 0.3%)

2 申して

1 [28件] いって, お届け, お知らせに, この通り, そう言っ, どんな事, みんな打明ける, よろしくな, 一と, 事を, 今使を, 傳言を, 内密で, 手がら顔を, 手紙を, 探索方を, 斬りかけても, 注進を, 猪口を, 献上し, 皆んな打開ける, 相談に, 血道を, 言つてる, 變な, 貸すこと, 身を, 飛んでも

▼ 親分~ (30, 0.3%)

2 のお, の前

1 [26件] いらつし, がいらし, がお出で, が御, が御存じ, が歸, が直, この上, さア, といたしまし, とお, に教, に教え, に見, の乾分衆, の息, の息の, の探しなさる, は御存じ, へよく, へ正, へ正伝寺, をお待ち, を離屋, 丁度良い, 入らつし

▼ 親分あっし~ (29, 0.3%)

3 はもう 2 にはさっぱり, には少し, はあの

1 [20件] が, がいなきゃ, が盗った, じゃありません, にはだんだん, には判らない, には腑, には解らない, にも腑, の字, の腕, の見た, はお嬢さん殺し, はどうせ, は口惜しい, は小梅, は気, は知りません, は遠縁, もそう

▼ 親分さん方~ (29, 0.3%)

8 御苦勞樣 2 こんなところ, 困つたこと, 度々御, 明けまして, 飛んだお

1 [11件] お孃さん, お骨折りでございます, がそんな, が染吉さん, じゃない, と御, に何ん, の顏, は店先, 入らつし, 大變

▼ 親分何ん~ (28, 0.3%)

6 か御用, とかし 2 か手掛り, か用事, だつて 1 かかう, かわかりました, か匂ふん, か又, か文句, でせう, でも訊い, とか言, な證據, にもわかりません

▼ 親分あれ~ (27, 0.3%)

3 を御存じ 2 だ, は, を, を聞きなすった, を聞きなすつ, を見た, を跟 1 が浪江, ですよ, はおら, はおらぢ, はどうも, をお, を使, を使えません, を知つて, を見

▼ 親分もう~ (25, 0.3%)

2 引揚げです

1 [23件] あたしには, お出でだった, お帰り, これ以上は, よろしゅうございます, 一つ面白い, 一人お, 上がっても, 何も, 先き, 夜が, 御存じで, 戻りませうよ, 手拭調べは, 時間が, 歸つて宜, 歸る, 澤山だ, 縛りましょうか, 見当が, 見當, 酉刻半, 酉刻半です

▼ 親分です~ (24, 0.3%)

94 かえ, が 2 か, もの誰が 1 かちょい, かちよい, がその

▼ 親分下手人~ (24, 0.3%)

4 は誰 3 の見 2 と解れ

1 [15件] があるでせう, の當, の目星, の見当, は, はまだ, は一体, は一體誰, は此野郎, は無くなります, は猿, は茂七, は越前屋, は間違, を擧げました

▼ 親分飛んだ~ (23, 0.3%)

3 お手數, お騷がせ, 御苦勞 2 早い足

1 [12件] お騷, ことで, ことに, ことを, ものを, 事に, 宜いところ, 御苦勞樣, 御迷惑, 手數, 縮尻を, 騷ぎを

▼ 親分こんな~ (22, 0.3%)

2 ことだ, わけで, 事だ, 手紙を, 折を, 野郎は 1 お行儀, ことと, ところへ, ものを, わけだ, 危ない芸当, 手古摺ッ, 混がらかつ, 馬鹿気た, 馬鹿氣た

▼ 親分そいつ~ (22, 0.3%)

4 は無理 3 は, は情け 2 はいけねえ, は給金 1 が婆さん, だけはかんべん, はあつし, はわかつ, は何, は可哀想, は少し, は變

▼ 親分ちよい~ (22, 0.3%)

54 と來 2 とお, と待つ 1 とやつ, と出かけ, と御神輿, と御輿, と智慧, と江戸, と行つて, と見, と逢つて

▼ 親分~ (22, 0.3%)

16 なこと 3 なもの 1 な事, な写真, に氣

▼ 親分~ (21, 0.2%)

2 のところ, の集まる

1 [17件] が, がいます, がござる, が争っ, が仰, が請負師, が身内, が集まっ, が駒箱, でないと, と嘉門様, に取り持っ, に挨拶, のもと, は二時, や会社, 飛んだ御

▼ 親分驚いた~ (21, 0.2%)

4 ぜ, ね 3 の驚かねえ 2 ぜ全く, の何, ネ 1 ね草加屋, の何ん, の驚か, の驚かない

▼ 親分~ (20, 0.2%)

2 お上を

1 [18件] あつしの, おかみさんだつて, 佐々木味津三の, 作太が, 兄分に, 兄弟に, 共同水栓で, 姐御, 安直兄いもこちらで, 島抜け法印みたいな, 新吉兄哥に, 旦那が, 棒頭たちが, 法達に, 清吉は, 町役人までも, 秩父の, 統率者が

▼ 親分~ (19, 0.2%)

3 なこと, な捕物, な野郎 2 な事, な噂 1 じゃありません, なの, なもの, な強盗, な心持, な敵討

▼ 親分じゃ~ (18, 0.2%)

3 ありません, ございませんか 2 ありませんか, 心もとないから 1 ないか, なかったが, なくて, ねえか, ねえかな, ねえや, 仕様がねえと, 伺うまでも

▼ 親分~ (17, 0.2%)

2 ア私に

1 [15件] ういつ, うして, うでなくて, うと, う思ふ, う聞く, う聽, う聽いち, う言, う言つて, う言はず, かさねこ伝兵衛, へこの, へ山形, アどうぞ

▼ 親分という~ (17, 0.2%)

3 のは 2 のが, ものが, 人は 1 お人, ことに, 声が, 様子も, 荒神様が, 言葉が, 言葉の, 貫禄の

▼ 親分よく~ (17, 0.2%)

4 いらっしゃいました, お出で下さいました 3 來て 2 御出, 近所の 1 いらつし, 御存じで

▼ 親分らしい~ (17, 0.2%)

4 のが

1 [13件] とこなんて, んだ, 一人は, 三十前後の, 態度を, 注意を, 男と, 男に, 男は, 貫禄を, 送状に, 顔を, 風姿で

▼ 親分~ (17, 0.2%)

3 でございましたか 2 には, のお 1 ありがとうございます, お江戸, では, とかが預, とかが預かっ, とした, どうぞこちら, にはこれ, の上, 御力

▼ 親分良い~ (17, 0.2%)

3 陽氣です 2 ところへ, 天氣です, 新造が, 陽氣ぢや 1 お天氣, 女で, 女は, 娘で, 心持の, 智恵が

▼ 親分~ (16, 0.2%)

4 やありません 2 や埒, や心もとない 1 やこね廻し, やない, やねエ, やコネ, や伺ふ, や危なく, や憚り乍ら, や無い

▼ 親分とも~ (16, 0.2%)

5 あろうもの 3 あらうもの 2 あらう者 1 ある者, あろう者, 夫婦喧嘩も, 思って, 言わず旦那, 頼まれる心安

▼ 親分~ (15, 0.2%)

2 六が, 困つたこと, 殺しが 1 いろいろの, この騷ぎだ, やられたよ, やられましたよ, やりましたぜ, 何にか, 六とか, 困ったこと, 飛んだこと

▼ 親分どこ~ (14, 0.2%)

5 へ行きなさる 31 かに金, から踏み込みやしょう, でそれ, で昼寝, の研屋, を来なすった

▼ 親分何處~ (14, 0.2%)

3 へ行きなさる, へ行く 21 です, で聽, に居る, の研屋, まででも, を來

▼ 親分到頭~ (14, 0.2%)

4 大變 3 やられましたよ 2 捕へ 1 やつて, 口を, 手に, 眞物です, 萬七親分を

▼ 親分近頃~ (14, 0.2%)

2 お南

1 [12件] あつしに, つく, はす, はどう, は暇, は滅多, は胸, 江戸にも, 生命を, 變な, 銭形の, 錢形の

▼ 親分そう~ (13, 0.1%)

2 言わずに, 言われると 1 いって, じゃありません, でなくてさえ, 思うの, 急がなくっても, 真面目に, 聞くと, 言ったって, 言って

▼ 親分では~ (13, 0.1%)

1 [13件] ないよ, ない商売上敵, なかった, なかなかそんな, なくて, タガが, 何ほどの, 手に, 最初から, 無いから, 無い商売上敵ぢ, 無かつ, 隱しも

▼ 親分どうして~ (13, 0.1%)

2 あのお粂, それを 1 あの跛者, そんなこと, そんなところ, 下さるん, 人が, 六兵衛と, 六兵衞と, 斯ん, 茂吉が

▼ 親分聞い~ (13, 0.1%)

10 て下さい 3 ておく

▼ 親分~ (13, 0.1%)

2 のところ

1 [11件] だって, で体, で門下, な人がら, な気象, の学者, の気合, の矢野次郎, を口, を発揮, を見せ

▼ 親分お願い~ (12, 0.1%)

3 がある 2 だから, でございます 1 があっ, だ, でございますから, でございます一日, 申します

▼ 親分さんこれ~ (12, 0.1%)

2 が仲間, は内 1 がただ, が唯, が水, でお, はどう, は一体どう, を何と, を見

▼ 親分とうとう~ (12, 0.1%)

1 [12件] こんなこと, やって来ましたよ, 三人目が, 三輪の, 三輪のが, 出かけましたよ, 大変な, 手に, 捕まえましたよ, 目付け出しました, 真物です, 神田へ

▼ 親分今日~ (12, 0.1%)

63 は良い 1 は何處, は口, もいつも

▼ 親分さん御苦労様~ (11, 0.1%)

81 でございます, で丁子風呂, で佐渡屋さん

▼ 親分だって~ (11, 0.1%)

2 驚くでしょう 1 そいつは, そうでしょう, そんなに女房, 大恭悦, 驚きますよ, 驚くくらい, 驚くでしょうあの, 驚くでしょうあれ, 驚くでしょうそれ

▼ 親分三輪~ (11, 0.1%)

3 の萬七 2 の万七, の万七親分, の萬七親分, の親分

▼ 親分乾児~ (11, 0.1%)

3 の間 2 の関係 1 が膝, の男三人, はむく, は一つ, 早い一番鶏, 立去ろうと

▼ 親分今度~ (11, 0.1%)

2 こそは遠慮, はお 1 こそ本, はあっし, はあつし, はお嬢さん, は何, は私, は間違ひも

▼ 親分冗談~ (11, 0.1%)

1 [11件] じゃありません, じゃござんせん, じゃねえ, はい, はいい, は冗談, は抜き, や拵, や拵え事, を言, を言っ

▼ 親分ちょうど~ (10, 0.1%)

6 いいところ 1 お茶が, 出の, 好い処, 淋しがっ

▼ 親分とは~ (10, 0.1%)

1 いえぬ, すつかり, 今夜ここで, 何者だ, 大分貫禄が, 心が, 滅多に, 言いませんが, 言わせねえ, 違う

▼ 親分丁度宜~ (10, 0.1%)

6 いところ 2 いところへ, い鹽梅

▼ 親分平次~ (10, 0.1%)

2 の失策 1 が旅, に対する讃歎, の今晩, の子分, の家, の尻, の推理, の智慧

▼ 親分親分~ (10, 0.1%)

1 が一番, が何とか, たら, と呼ぶ, と立てられる, の前, はいません, はお化け, は本, 言うなよ

▼ 親分面白い~ (10, 0.1%)

6 話が 2 話を 1 ことを, でせう

▼ 親分ちょい~ (9, 0.1%)

2 と, とお, と来 1 と声, と待っ, と行っ

▼ 親分として~ (9, 0.1%)

1 ひそかに, 人に, 仰ぐに, 使っても, 威望隆々武州有数の, 戴いて, 招聘された, 盛んに, 若松警察署に

▼ 親分今晩~ (9, 0.1%)

2 の相手, は, は番頭さん 1 なんか仕事, はちょい, はちよい

▼ 親分大丈夫~ (9, 0.1%)

7 ですか 1 でございましょうか, で御座いませうか

▼ 親分御苦労様~ (9, 0.1%)

9

▼ 親分昨夜~ (9, 0.1%)

2 から一日一, の事, は狸囃子 1 の今日, の手際, もやって来ました

▼ 親分此處~ (9, 0.1%)

2 ですよ 1 がその, でお, でしたか, にも手掛り, にゐます, に魚, へ泊つて

▼ 親分~ (9, 0.1%)

3 がそんな 2 かに殺された 1 か来ます, が斯ん, です, です下手人

▼ 親分お前さん~ (8, 0.1%)

2 はお 1 が他人, が江戸, だってこの, はこ, は何と, は泥棒

▼ 親分ところ~ (8, 0.1%)

2 の八五郎兄哥 1 に飛ん, のお, の八五郎, の八兄哥, の八兄哥ぢ, の姐さん

▼ 親分~ (8, 0.1%)

2 んざ物を, んです 1 のである, んざごまめの, んだ, んだって

▼ 親分にでも~ (8, 0.1%)

1 お願, 打ち明けようか, 申し上げて, 申上げ, 相談し, 見つかろうもの, 言つ, 調べて

▼ 親分乾分~ (8, 0.1%)

1 でなくて, の掏摸, の盃, の縁, の義理立て, の解散, の関係, は斯

▼ 親分~ (8, 0.1%)

2 のうち, 歸りました 1 からお, の話, ひと燻べ焚きます, 縛り上げますよ

▼ 親分有難う~ (8, 0.1%)

4 ございました 1 ございましたお蔭, ございますこの, 御座いました, 御座いますこの

▼ 親分本当に~ (8, 0.1%)

1 あの連中, 下手人は, 勝蔵じゃ, 吉五郎が, 娘は, 小舟町でしょう, 済みません, 行って

▼ 親分~ (8, 0.1%)

3 當は 2 當が 1 ていた, て居, て居た

▼ 親分あんな~ (7, 0.1%)

2 事を 1 ことを, ヒョロヒョロ蛇より, 大の, 白粉焼の, 良い美女

▼ 親分こう~ (7, 0.1%)

1 お出でなせ, して, なりゃみんな, なれば, わけの, 新造に, 言ったわけ

▼ 親分ここ~ (7, 0.1%)

1 がその, には男殺し, にも手掛り, に腰, の話, は一つ手, へ泊っ

▼ 親分これから~ (7, 0.1%)

1 おいらは, が大事, が面白い, どっちへ, 何うなる, 何處へ, 先は

▼ 親分さん何~ (7, 0.1%)

2 かよく 1 うしませう, をお, をつまらない, を隠しましょう, を隱

▼ 親分そりゃ~ (7, 0.1%)

2 本当です 1 どういう判じ, ア無理だ, 何かの, 可哀想じゃ, 無理です

▼ 親分それぢ~ (7, 0.1%)

21 やあの, や一, や手, や歸, や物

▼ 親分とか~ (7, 0.1%)

1 いって, いわれる小原, うして, 何んとか, 侠客とかいう, 姐御, 言つたな

▼ 親分とんだ~ (7, 0.1%)

2 高いところ 1 お待たせしました, お騒がせ, 災難だった, 見当違いでした, 騒ぎを

▼ 親分なら~ (7, 0.1%)

1 きっと筋道, こんな時, すぐわかるでしょう, ワケも, 地藏樣でも, 大丈夫私を, 隱し

▼ 親分ほどの~ (7, 0.1%)

2 人も 1 人が, 人にも, 働きが, 睨みは, 高地が

▼ 親分もう一度~ (7, 0.1%)

2 引返して 1 山中搜し, 引っ掛りの, 引つ掛り, 行って, 行つて見

▼ 親分~ (7, 0.1%)

2 が見 1 が惡, が揃いました, に何とか, の心, の爲め惡

▼ 親分何とか~ (7, 0.1%)

2 して, 工夫を, 敵を 1 ひとつ頼みます

▼ 親分勘辨~ (7, 0.1%)

7 して

▼ 親分向う~ (7, 0.1%)

2 から飛ん, の二階, の角 1 から来る

▼ 親分~ (7, 0.1%)

2 はあの, は苦手 1 は日, を殺した, を隱

▼ 親分待っ~ (7, 0.1%)

3 ておく 2 て下さい 1 ていました, てもらおう

▼ 親分待つ~ (7, 0.1%)

3 て下さい 2 て居ました 1 ておく, てました

▼ 親分旦那~ (7, 0.1%)

2 どうぞもう一度調べ直し 1 が昨夜首, が殺された, に逢, に逢います, の傘

▼ 親分~ (7, 0.1%)

2 で小林秀雄 1 で檀一雄, のモレロ, の奴, の望月彦太, は黒犬

▼ 親分~ (7, 0.1%)

5 いて 1 いたで, えましたね

▼ 親分いい~ (6, 0.1%)

1 加減に, 塩梅じゃ, 塩梅でした, 女だったっ, 女形が, 心持だ

▼ 親分お待ち~ (6, 0.1%)

4 申して 1 よその, 申してを

▼ 親分さすが~ (6, 0.1%)

2 眼が 1 に目, に見通し, は銭形, は錢形

▼ 親分さんそれ~ (6, 0.1%)

1 じゃ, につきまし, にまだ, は, は昨夜私, は違

▼ 親分さん娘~ (6, 0.1%)

2 を殺した 1 が飛んだ, の敵, はどうして, は戻っ

▼ 親分だけ~ (6, 0.1%)

1 あって, ある, だけど, つてことに, でしょうよ, 一人船に

▼ 親分どうも~ (6, 0.1%)

2 腑に 1 いけませんよ, この二三日夢見, 変です, 思うよう

▼ 親分また~ (6, 0.1%)

1 やつて, やられたッ, やられましたよ, 大變, 神隠しに, 逢いましょうね

▼ 親分まだ~ (6, 0.1%)

2 幻の 1 そんな事, 下手人は, 外科が, 居ましたか

▼ 親分不思議~ (6, 0.1%)

2 なこと, なんで 1 ですね, な所

▼ 親分口惜しい~ (6, 0.1%)

2 がその, よ女 1 ぢや, ね

▼ 親分~ (6, 0.1%)

2 から入るなら 1 からぢ, から見える, に下手人, に取柄

▼ 親分早く~ (6, 0.1%)

1 何んとか, 擧げて, 敵を, 縄を, 縛つ, 繩を

▼ 親分~ (6, 0.1%)

6 當に

▼ 親分~ (6, 0.1%)

1 で役人連中, になった, の林有造氏, の男, の連中, を持たせる

▼ 親分~ (6, 0.1%)

1 まない, まなかつた, まねえ, みません, みませんけれど, みませんツイ

▼ 親分~ (6, 0.1%)

1 つ張り, つ張りこの, つ張り下手人, つ張り鎌六ぢ, の倉, はその

▼ 親分錢形~ (6, 0.1%)

3 の親分 2 の親分さん 1 のお蔭

▼ 親分首尾~ (6, 0.1%)

51 よく挙げました

▼ 親分あり~ (5, 0.1%)

1 や一體, や人間ぢ, や何ん, や嘘ぢ, や狐

▼ 親分かう~ (5, 0.1%)

1 うつと, お出でなせ, 新造に, 言つた, 言ふ

▼ 親分これからどう~ (5, 0.1%)

1 したもの, します, なさいます, なるん, なるんで

▼ 親分さん大変~ (5, 0.1%)

4 なこと 1 な事

▼ 親分さん御用~ (5, 0.1%)

31 だそう, で

▼ 親分そり~ (5, 0.1%)

1 やわざ, や可哀想ぢ, や可愛い, や本, や無理

▼ 親分それだけ~ (5, 0.1%)

1 ならわざわざ, はどうぞ, は勘辨, 解って, 解つて居る

▼ 親分そんなに~ (5, 0.1%)

2 甘い物, 腹が 1 気に入った女

▼ 親分との~ (5, 0.1%)

2 間に 1 中間に, 約束も, 間柄は

▼ 親分どんな~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことに, ことを, 事に, 事を

▼ 親分なんかに~ (5, 0.1%)

2 なるもの 1 呉れて, 負けっこがないん, 負けつこがないん

▼ 親分らしく~ (5, 0.1%)

2 もない 1 ゆったりし, 外の, 悠然と虚勢

▼ 親分一人~ (5, 0.1%)

2 捕まりましたよ 1 が気, で手, の向う

▼ 親分丁度~ (5, 0.1%)

2 い, 私の 1 淋しが

▼ 親分世の中~ (5, 0.1%)

1 にこの, には恐ろしく, には變, に怪談, はだんだん

▼ 親分主人~ (5, 0.1%)

2 の恥 1 が死んだ, の岩太郎, の行く先

▼ 親分冗談ぢ~ (5, 0.1%)

3 やありません 1 やない, やねえ

▼ 親分判りました~ (5, 0.1%)

5

▼ 親分天眼通~ (5, 0.1%)

3 だね 1 だ, ですね

▼ 親分~ (5, 0.1%)

1 ですぜ, というもの, といふもの, の亭主, はどう

▼ 親分少し~ (5, 0.1%)

1 は私, 敷居が, 訊き度, 道は, 遠いが

▼ 親分御存じ~ (5, 0.1%)

2 ですか, でせう 1 の通り

▼ 親分早速~ (5, 0.1%)

1 だが, の御足労, 來て, 出かけましょうか, 出かけませうか

▼ 親分曲者~ (5, 0.1%)

2 は誰 1 の見, の見当, は此處

▼ 親分~ (5, 0.1%)

2 の花, はお 1 の木

▼ 親分私ぢ~ (5, 0.1%)

3 やない 2 やありません

▼ 親分行つて~ (5, 0.1%)

3 見て 1 見ませうか, 見るの

▼ 親分ありゃ~ (4, 0.0%)

1 一体どうした, 人間じゃ, 何んです, 狐です

▼ 親分いけ~ (4, 0.0%)

2 ねえ 1 ねえ意気地, ねえ途中

▼ 親分お早う~ (4, 0.0%)

4 ございます

▼ 親分こんなに~ (4, 0.0%)

2 離れて 1 口惜しいこと, 頂いちゃ

▼ 親分さま~ (4, 0.0%)

1 いらっしゃいまし, からの折角, まあ, まあまあ此方

▼ 親分さんちよい~ (4, 0.0%)

31 とお待ち

▼ 親分さん御存じ~ (4, 0.0%)

31 なかつたん

▼ 親分さん敵~ (4, 0.0%)

2 を討っ, を討つ

▼ 親分たち~ (4, 0.0%)

1 にちょっと, の半数以上, の間, を向う

▼ 親分たる~ (4, 0.0%)

1 を好む, 善如竜王が, 大竜王, 探偵に

▼ 親分だけの~ (4, 0.0%)

2 勘考だ 1 考えが, 考へが

▼ 親分ださうで~ (4, 0.0%)

1 いやもう, よくお出で, 丁度よい, 私は

▼ 親分ちょっと~ (4, 0.0%)

2 行って 1 出張って, 逢って

▼ 親分~ (4, 0.0%)

2 え奴 1 えっ惨, のが

▼ 親分であり~ (4, 0.0%)

1 そしてい, そしていい, その性情, それを

▼ 親分でございます~ (4, 0.0%)

21 か, かお変り

▼ 親分でした~ (4, 0.0%)

31 が僕

▼ 親分といふ~ (4, 0.0%)

1 のが, のは, 人は, 荒神樣が

▼ 親分なん~ (4, 0.0%)

2 のあの 1 でございますね, です

▼ 親分まで~ (4, 0.0%)

2 そんな事 1 そのつもり, 共に己

▼ 親分みたい~ (4, 0.0%)

1 なもの, なスバラシサ, な器械, に野放し

▼ 親分より~ (4, 0.0%)

1 あつしの, 些っと, 凄い腕前, 見込みが

▼ 親分下女~ (4, 0.0%)

4 のお

▼ 親分~ (4, 0.0%)

2 のない, 殺しは

▼ 親分~ (4, 0.0%)

1 があんな, が見付, の死に, を助け

▼ 親分八五郎~ (4, 0.0%)

2 が参りました 1 が関, が關

▼ 親分凄い~ (4, 0.0%)

1 じゃあありません, のが, の何のって, 年増で

▼ 親分危ない~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, ぢや, ッ, ツ

▼ 親分困つた~ (4, 0.0%)

4 ことに

▼ 親分~ (4, 0.0%)

2 のこの, のやつ

▼ 親分後生~ (4, 0.0%)

4 だから

▼ 親分~ (4, 0.0%)

1 いこと, い冗談, い心地, く思はない

▼ 親分憎い~ (4, 0.0%)

2 じゃありません, ぢや

▼ 親分~ (4, 0.0%)

1 お直, にはいよ, の御, 有難う御座います

▼ 親分~ (4, 0.0%)

2 りませうか, るん

▼ 親分決して~ (4, 0.0%)

1 そんな訳, そんな譯ぢ, 悪気じゃ, 惡氣ぢや

▼ 親分直ぐ~ (4, 0.0%)

1 お出でを, お出で下さい, 來て, 根岸まで

▼ 親分藤吉~ (4, 0.0%)

1 の人物, の親分, を始め, 思わず一つ地面

▼ 親分行っ~ (4, 0.0%)

1 てまいります, てみる, てめ, て来ました

▼ 親分見当~ (4, 0.0%)

31 はつきました

▼ 親分解りました~ (4, 0.0%)

31

▼ 親分越前屋~ (4, 0.0%)

2 のお 1 はあ, はあれっきり

▼ 親分退屈~ (4, 0.0%)

4 だね

▼ 親分~ (4, 0.0%)

1 があつ, の茶釜, は小判, を溜めた

▼ 親分面目次第~ (4, 0.0%)

3 もない 1 もありません

▼ 親分驚い~ (4, 0.0%)

2 ちゃいけ, ちゃいけません

▼ 親分驚いち~ (4, 0.0%)

4 やいけません

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 あんたが, ツしも, ツ頭を

▼ 親分ああ~ (3, 0.0%)

1 して, 早くから当り, 見えても

▼ 親分あまり~ (3, 0.0%)

1 い, いい気味, 良い聽

▼ 親分ありました~ (3, 0.0%)

21

▼ 親分いろいろ~ (3, 0.0%)

1 お骨折, のこと, の事

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 もし親分, 具足町の, 大事だ

▼ 親分からかっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃいけ, ちゃいけません, ちゃ話

▼ 親分こういう~ (3, 0.0%)

3 わけだ

▼ 親分こり~ (3, 0.0%)

1 や何處, や大, や飛んだ

▼ 親分こりゃ~ (3, 0.0%)

1 とんだ大きな, どこかに, 大変な

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 冗談で, 勘弁なすっ, 都合も

▼ 親分さんお願い~ (3, 0.0%)

2 でございます 1 です

▼ 親分さん主人~ (3, 0.0%)

2 と私 1 には内証

▼ 親分さん何ん~ (3, 0.0%)

2 とかし 1 か御用

▼ 親分さん妹~ (3, 0.0%)

1 がとんだ, が飛んだ, を助け

▼ 親分さん父さん~ (3, 0.0%)

2 を助け 1 が大

▼ 親分すぐ~ (3, 0.0%)

1 にも出向い, 行つ, 追つ

▼ 親分すっかり~ (3, 0.0%)

1 いい心持ちそう, 洗って, 解ったよ

▼ 親分だから~ (3, 0.0%)

2 言は 1 言はねエ

▼ 親分ちよ~ (3, 0.0%)

2 つと行つて 1 つと親分

▼ 親分である~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことを, とも云う

▼ 親分でございました~ (3, 0.0%)

3

▼ 親分といった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 服装である

▼ 親分とやらに~ (3, 0.0%)

1 手向けて, 捉まっ, 既に縛られ

▼ 親分とんでも~ (3, 0.0%)

1 ない, ない女, ねえこと

▼ 親分なるほど~ (3, 0.0%)

2 そう言われ 1 ちっとは

▼ 親分ねえ~ (3, 0.0%)

1 お禮, こんなに女, よく知つて

▼ 親分ばかり~ (3, 0.0%)

1 だ, ぢや, 集まりましたね

▼ 親分ひどい~ (3, 0.0%)

1 ぢや, 事に, 眼に

▼ 親分への~ (3, 0.0%)

1 みやげに, 目付役, 義理で

▼ 親分まさか~ (3, 0.0%)

1 八丁堀へ, 座襌ぢや, 私が

▼ 親分やられました~ (3, 0.0%)

3

▼ 親分三日~ (3, 0.0%)

1 ばかり待っ, ばかり待つ, ばかり米沢町

▼ 親分世間~ (3, 0.0%)

1 の解らない, の評判, はた

▼ 親分二人~ (3, 0.0%)

1 が記事, だけは確か, とも本所相生町惣十郎店

▼ 親分何とも~ (3, 0.0%)

2 申し訳がねえ 1 有難う御座いました

▼ 親分八五郎親分~ (3, 0.0%)

1 とそり, の手紙, も一緒

▼ 親分八兄哥~ (3, 0.0%)

2 は正直 1 もか

▼ 親分判った~ (3, 0.0%)

21

▼ 親分助け~ (3, 0.0%)

3 て下さい

▼ 親分勘弁~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 親分十年~ (3, 0.0%)

3 も前

▼ 親分可哀想ぢ~ (3, 0.0%)

3 やありません

▼ 親分~ (3, 0.0%)

3 柳原の

▼ 親分困った~ (3, 0.0%)

3 ことに

▼ 親分大手柄~ (3, 0.0%)

2 ですよ 1 だ喜んで

▼ 親分子供~ (3, 0.0%)

2 が死ん 1 はどうして

▼ 親分察し~ (3, 0.0%)

2 て下さい 1 てください

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 法師の, 艶を, 親分寄っ

▼ 親分小判~ (3, 0.0%)

1 が何ん, で百枚, の寸法

▼ 親分御用~ (3, 0.0%)

2 の節 1

▼ 親分恐れ入った~ (3, 0.0%)

21

▼ 親分悪い~ (3, 0.0%)

1 ことは, 冗談だ, 心地は

▼ 親分手合~ (3, 0.0%)

2 の房五郎 1 のところ

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 う暗く, う若い, う言

▼ 親分~ (3, 0.0%)

2 え足 1 えところ

▼ 親分此野郎~ (3, 0.0%)

1 が逃出, だ師匠, を縛

▼ 親分死んだ~ (3, 0.0%)

1 はずの, 人間が, 筈の

▼ 親分死骸~ (3, 0.0%)

1 の側, の手首, の首

▼ 親分気質~ (3, 0.0%)

1 な動作, にでき上っ, の豪快

▼ 親分済みません~ (3, 0.0%)

1 がお, けれど毎晩泊り, ツイふらふら

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 たる小次郎, たる態度, と

▼ 親分~ (3, 0.0%)

3 之松

▼ 親分~ (3, 0.0%)

2 を開く 1 をあける

▼ 親分番頭~ (3, 0.0%)

2 の甚助 1 の喜八

▼ 親分~ (3, 0.0%)

3 濟みません

▼ 親分相手~ (3, 0.0%)

2 がいや 1 は鬼

▼ 親分石原~ (3, 0.0%)

2 の利助 1 の利助親分

▼ 親分立派~ (3, 0.0%)

1 なお, な御, にお供

▼ 親分~ (3, 0.0%)

3 つて

▼ 親分聞きなすった~ (3, 0.0%)

3

▼ 親分聴い~ (3, 0.0%)

2 ておく 1 て下さい

▼ 親分自分~ (3, 0.0%)

1 で見当, で運んだ, の本当

▼ 親分若旦那~ (3, 0.0%)

1 があんなに, の新六郎樣, は亥刻

▼ 親分落着~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ 親分~ (3, 0.0%)

2 や宜 1 つて

▼ 親分言葉~ (3, 0.0%)

1 が過ぎ, に窮, を返す

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 が自粛, の顔, もあった

▼ 親分~ (3, 0.0%)

1 の面, ばかりじゃない, 見苦しいところ

▼ 親分遠い~ (3, 0.0%)

3 ところを

▼ 親分~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 くな

▼ 親分錢形平次~ (3, 0.0%)

1 といふ荒神樣, のところ, の顏

▼ 親分~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 親分驚きました~ (3, 0.0%)

21

▼ 親分~ (3, 0.0%)

2 を折らせ 1 を折らせた

▼ 親分あいつ~ (2, 0.0%)

1 は伊兵衛, を活かし

▼ 親分あて~ (2, 0.0%)

2 が外れました

▼ 親分あと~ (2, 0.0%)

1 のふたり, は嬶

▼ 親分あぶない~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, ぢや

▼ 親分いつも~ (2, 0.0%)

1 そんな下らねえ, と違つて

▼ 親分いよいよ~ (2, 0.0%)

1 汚名が, 踏み出して

▼ 親分いろんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ 親分お客樣~ (2, 0.0%)

1 のやう, をどう

▼ 親分お腹立~ (2, 0.0%)

2 は御

▼ 親分お許し~ (2, 0.0%)

2 がでた

▼ 親分からの~ (2, 0.0%)

1 使ひで朝の, 志と

▼ 親分がねへ~ (2, 0.0%)

1 エ, エー忍術の

▼ 親分こそ~ (2, 0.0%)

1 身体を, 身體を

▼ 親分さんあっし~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, は此涼み櫓

▼ 親分さんお初~ (2, 0.0%)

1 にお, もこれ

▼ 親分さんお手数~ (2, 0.0%)

2 を掛け

▼ 親分さん下手人~ (2, 0.0%)

1 はやはり, は矢

▼ 親分さん今日~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 親分さん仲吉さん~ (2, 0.0%)

2 を助け

▼ 親分さん何分~ (2, 0.0%)

1 宜しくお, 宜しくお願い

▼ 親分さん兄~ (2, 0.0%)

2 が弟

▼ 親分さん入谷~ (2, 0.0%)

1 まで行っ, まで行つて

▼ 親分さん八さん~ (2, 0.0%)

1 に添, に添わし

▼ 親分さん勘六~ (2, 0.0%)

1 はあっし, はあつし

▼ 親分さん外廻り~ (2, 0.0%)

1 を御, を御覧

▼ 親分さん定吉~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 親分さん小僧~ (2, 0.0%)

1 の言, の言う

▼ 親分さん悪者~ (2, 0.0%)

1 が捕まった, は外

▼ 親分さん斯~ (2, 0.0%)

1 うイヤ, う名

▼ 親分さん旦那~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ 親分さん毎度~ (2, 0.0%)

2 有難う存じます

▼ 親分さん泉屋一家~ (2, 0.0%)

1 ばかり狙, ばかり狙う

▼ 親分さん父親~ (2, 0.0%)

2 に罪

▼ 親分さん町内~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ 親分さん白旗直八~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ 親分さん若旦那~ (2, 0.0%)

2 を助け

▼ 親分さん越前屋~ (2, 0.0%)

1 から参りました, から參

▼ 親分さん銭形~ (2, 0.0%)

2 の親分さん

▼ 親分さん錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分さん

▼ 親分さん面目次第~ (2, 0.0%)

1 もございません, も御座いません

▼ 親分さん駒吉~ (2, 0.0%)

1 は何, は何ん

▼ 親分しっかり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 親分しつかりし~ (2, 0.0%)

2 ておく

▼ 親分すると~ (2, 0.0%)

1 どういうこと, どういふ

▼ 親分せめて~ (2, 0.0%)

2 あの娘

▼ 親分そういった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 親分たつた~ (2, 0.0%)

1 一人で, 一人の

▼ 親分だけが~ (2, 0.0%)

1 させたの, 手を

▼ 親分つまらない~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 親分であった~ (2, 0.0%)

1 に相違, ので新之助

▼ 親分であろう~ (2, 0.0%)

1 と, とも秘密

▼ 親分でござん~ (2, 0.0%)

1 す, すね

▼ 親分でなくたつ~ (2, 0.0%)

1 て一應, て朝湯

▼ 親分とが~ (2, 0.0%)

1 ぐるに, よろしいと

▼ 親分とこ~ (2, 0.0%)

1 から一枚, とこりゃあ

▼ 親分とで~ (2, 0.0%)

1 一晩中物語を, 相談を

▼ 親分とやらが~ (2, 0.0%)

1 幸い抱き留め, 幸ひ抱き留め

▼ 親分とやらの~ (2, 0.0%)

2 家を

▼ 親分どうか~ (2, 0.0%)

1 して, 許して

▼ 親分どうぞ~ (2, 0.0%)

1 お見逃し, 御自由

▼ 親分どちら~ (2, 0.0%)

1 へ, へいらっしゃる

▼ 親分なぜ~ (2, 0.0%)

1 縛らなかったん, 縛らなかつたん

▼ 親分なる~ (2, 0.0%)

1 ものの, 者の

▼ 親分なんか~ (2, 0.0%)

1 もう夢中, 引合ひ

▼ 親分なんにも~ (2, 0.0%)

1 変ったこと, 變つた

▼ 親分に対して~ (2, 0.0%)

1 申しわけが, 第一

▼ 親分のみ~ (2, 0.0%)

2 うちだ

▼ 親分ばかりじゃねえ~ (2, 0.0%)

1 この八五郎, この湯屋熊

▼ 親分ひと~ (2, 0.0%)

1 廻りし, 身上に

▼ 親分ひどく~ (2, 0.0%)

2 血の

▼ 親分ほんの~ (2, 0.0%)

1 ちょいとの, ちよいとの

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 ズイと, 待って

▼ 親分まさに~ (2, 0.0%)

1 そのとおり, 一言も

▼ 親分まるで~ (2, 0.0%)

1 見て, 見當

▼ 親分みんな~ (2, 0.0%)

2 判りました

▼ 親分もう宜~ (2, 0.0%)

1 いぢ, いんで

▼ 親分もち~ (2, 0.0%)

1 よい, よいと

▼ 親分やくざ者~ (2, 0.0%)

2 が三千五百石

▼ 親分やらない~ (2, 0.0%)

2 とは言

▼ 親分わたし~ (2, 0.0%)

1 が綰げ, をどう

▼ 親分エール~ (2, 0.0%)

1 で, をも殺した

▼ 親分カラクリ~ (2, 0.0%)

2 はわかりました

▼ 親分一々~ (2, 0.0%)

2 その通り

▼ 親分一つ~ (2, 0.0%)

1 お手掛けなすっ, 当りやしょう

▼ 親分一体~ (2, 0.0%)

1 ありゃどう, どんなこと

▼ 親分一色道庵~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, が歸つて來

▼ 親分一言~ (2, 0.0%)

1 もねえ, 伺いやすが

▼ 親分一體~ (2, 0.0%)

1 ありや, どんなこと

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 から蝋燭

▼ 親分両国~ (2, 0.0%)

1 の一件, へ行っ

▼ 親分二十三年前~ (2, 0.0%)

2 の泥棒

▼ 親分五丁目~ (2, 0.0%)

1 の杏斎先生, の杏齋先生

▼ 親分五千両~ (2, 0.0%)

1 という, はどこ

▼ 親分五千兩~ (2, 0.0%)

1 と言, は何處

▼ 親分井戸~ (2, 0.0%)

2 へ飛込ん

▼ 親分亭主~ (2, 0.0%)

1 の安, の安右衛門

▼ 親分今朝~ (2, 0.0%)

1 あ騒ぎ, はほんの

▼ 親分今朝玉屋~ (2, 0.0%)

2 から出た

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 のい, のいい

▼ 親分何だ~ (2, 0.0%)

1 つてあの, つてあんなに

▼ 親分何分宜しく~ (2, 0.0%)

1 頼みます, 頼みますよ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 たぜ, ましたよ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 あお供, にはどうも

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 へ寄っ, へ寄つて

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 の手當, は一つ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 つて見ませう

▼ 親分兩國~ (2, 0.0%)

1 に殺し, を渡つて

▼ 親分六十三~ (2, 0.0%)

2 の今日

▼ 親分切支丹~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 つた, つたぜ

▼ 親分十七~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 親分十手~ (2, 0.0%)

1 の錆, 捕繩

▼ 親分十日~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 親分千代松~ (2, 0.0%)

1 を当っ, を當つて

▼ 親分叔父~ (2, 0.0%)

1 の孫右衛門, の孫右衞門

▼ 親分口紅~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でせう

▼ 親分古石塔~ (2, 0.0%)

2 で段々

▼ 親分只今~ (2, 0.0%)

1 のさま, 帰りましたツイ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 親分向島~ (2, 0.0%)

1 の藤屋, は見頃

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 も渇いた

▼ 親分器用~ (2, 0.0%)

1 な細工, に殺られやした

▼ 親分土用~ (2, 0.0%)

2 の辰

▼ 親分堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 を掘り返した

▼ 親分夕方~ (2, 0.0%)

2 から碁

▼ 親分多市~ (2, 0.0%)

1 はきっと, はもう

▼ 親分大きい~ (2, 0.0%)

1 声じゃ, 聲ぢや

▼ 親分大きな~ (2, 0.0%)

1 声じゃ, 聲ぢや

▼ 親分大した~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことも

▼ 親分大事~ (2, 0.0%)

1 と背後, な聽

▼ 親分大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で行っ, で行つて

▼ 親分天狗小僧~ (2, 0.0%)

2 も五十

▼ 親分女一人~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 あ近江屋, はもう

▼ 親分好い~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 御の, 御は

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 さらいが, さらひ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 を書かされる

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 いところ, い加減

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 の娘, の若い

▼ 親分家出~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 親分寺社~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ 親分山崎屋~ (2, 0.0%)

1 の隠居, の隱居

▼ 親分山谷~ (2, 0.0%)

1 に三日, の寮

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分布袋屋~ (2, 0.0%)

2 の旦那

▼ 親分帰っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来ました

▼ 親分幽霊~ (2, 0.0%)

1 が殺された, を見た

▼ 親分当り~ (2, 0.0%)

1 はつきました, は付きました

▼ 親分御宿~ (2, 0.0%)

2 と聞いたら

▼ 親分御覧~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 親分心配~ (2, 0.0%)

1 したもの, するの

▼ 親分忙しい~ (2, 0.0%)

2 ところを

▼ 親分怖い~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 話が

▼ 親分思い~ (2, 0.0%)

1 のガラッ, の八五郎

▼ 親分思ひ~ (2, 0.0%)

1 のガラツ八, の八五郎

▼ 親分怪談~ (2, 0.0%)

2 は驚いた

▼ 親分恐れ入つた~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 寝坊な, 寢坊な

▼ 親分我慢~ (2, 0.0%)

2 がならねえ

▼ 親分手代~ (2, 0.0%)

2 の久吉

▼ 親分手紙~ (2, 0.0%)

1 が参りました, が參

▼ 親分方私~ (2, 0.0%)

1 が惡, も何ん

▼ 親分日本左衛門~ (2, 0.0%)

1 が寵愛, の生死

▼ 親分昨夜お前さん~ (2, 0.0%)

1 に打ち明けた, に打明けた

▼ 親分是非~ (2, 0.0%)

2 それを

▼ 親分未練~ (2, 0.0%)

1 なやう, なよう

▼ 親分本当~ (2, 0.0%)

1 のこと, の下手人

▼ 親分来り~ (2, 0.0%)

1 みんなに, 百円呉れた

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 が取れた, が除

▼ 親分林蔵~ (2, 0.0%)

1 から戒められ, は少し

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 があなた, は

▼ 親分正月~ (2, 0.0%)

2 も三ヶ日

▼ 親分正直~ (2, 0.0%)

1 に申し上げる, のところ

▼ 親分此方~ (2, 0.0%)

1 から行かう, ですよ

▼ 親分武家~ (2, 0.0%)

2 も大名

▼ 親分殺し手~ (2, 0.0%)

1 がなくなった, が無く

▼ 親分母屋~ (2, 0.0%)

1 へ行きましょう, へ行きませう

▼ 親分気取り~ (2, 0.0%)

1 でいる, で掛け合い

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 が付きました, の毒

▼ 親分河内屋~ (2, 0.0%)

2 の下手人

▼ 親分泥棒~ (2, 0.0%)

2 は物

▼ 親分注い~ (2, 0.0%)

2 でおくれ

▼ 親分洒落~ (2, 0.0%)

1 や冗談, や冗談ぢ

▼ 親分海賊橋~ (2, 0.0%)

2 の輪飾り

▼ 親分溝口屋鐘五郎~ (2, 0.0%)

2 が紅

▼ 親分漸く~ (2, 0.0%)

1 借りて, 拾つて來ました

▼ 親分父親~ (2, 0.0%)

1 の作った, の作つた鈴

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 が雨戸

▼ 親分生き~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 親分申し訳~ (2, 0.0%)

1 ありません, がありません

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 なんざ

▼ 親分留守中~ (2, 0.0%)

2 は大層

▼ 親分番頭さん~ (2, 0.0%)

2 はそんな

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 にさはる, にさわる

▼ 親分白梅屋敷~ (2, 0.0%)

1 で到頭, に眼

▼ 親分皆んな~ (2, 0.0%)

1 わかつたぜ, わかりましたよ

▼ 親分皆川半之丞~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 親分矢張り~ (2, 0.0%)

1 あの小僧, お北

▼ 親分矢張り殺し~ (2, 0.0%)

1 でせう, といふ見

▼ 親分矢張り變~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 親分知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ています

▼ 親分石原の~ (2, 0.0%)

1 が來, が来

▼ 親分祈祷所~ (2, 0.0%)

1 の出来た, へ行きましょう

▼ 親分笑っ~ (2, 0.0%)

2 ちゃいけません

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 から抜かれた, から拔

▼ 親分絵図面~ (2, 0.0%)

1 を換えた, を置き換えた

▼ 親分絵解き~ (2, 0.0%)

1 は, をし

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 を打つ, を繩

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 を描いた, 解きは

▼ 親分繪圖面~ (2, 0.0%)

1 を換, を置き

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 い新造

▼ 親分脅かさない~ (2, 0.0%)

2 で下さい

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 が立っ, が立つ

▼ 親分自殺~ (2, 0.0%)

2 した者

▼ 親分臭え~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分落書~ (2, 0.0%)

1 はあった, はあつ

▼ 親分行きます~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 の酒場

▼ 親分見つけました~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分見付かりました~ (2, 0.0%)

2

▼ 親分見附~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 がわかります, はこれから

▼ 親分調べ~ (2, 0.0%)

1 ては見ました, はわかつた

▼ 親分足止め~ (2, 0.0%)

1 は殺生, は殺生ぢ

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 に覚え, に覺

▼ 親分辻斬~ (2, 0.0%)

2 は大抵

▼ 親分連中~ (2, 0.0%)

1 のたむろ, は大庭春吉

▼ 親分~ (2, 0.0%)

2 ひます

▼ 親分野郎~ (2, 0.0%)

1 にゃ小指, をしょっ引い

▼ 親分釣瓶~ (2, 0.0%)

2 の竹竿

▼ 親分銭形平次~ (2, 0.0%)

1 の家, の顔

▼ 親分鐘五郎~ (2, 0.0%)

2 の敵方

▼ 親分長い~ (2, 0.0%)

1 間お世話に, 間世話にな

▼ 親分長者丸~ (2, 0.0%)

1 の万両分限, の万兩分限

▼ 親分阿倍川町~ (2, 0.0%)

1 のお, の俵屋

▼ 親分随分~ (2, 0.0%)

1 久し振りじゃ, 探しましたよ

▼ 親分面目~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 親分~ (2, 0.0%)

1 はむくん, をし

▼ 親分飛ん~ (2, 0.0%)

1 でもない, でも無い

▼ 親分香炉~ (2, 0.0%)

1 は出, は擬

▼ 親分香爐~ (2, 0.0%)

1 は出, は擬

▼ 親分駄目~ (2, 0.0%)

1 ですね, ですよ

▼ 親分鮮やか~ (2, 0.0%)

1 だったね, だつたね

▼ 親分黒雲五人男~ (2, 0.0%)

1 が来た, は御用

▼1* [841件]

親分あたりではない, 親分あっしも, 親分あっしゃあ合わせる, 親分あったこれでしょう, 親分あなたとは今夜, 親分ありますよ, 親分あんなに骨を, 親分あんまり話が, 親分あゝ見えても, 親分いかがです, 親分いかさまでない實力, 親分いかにも私は, 親分いくら人間が, 親分いつぞやは飛んだ, 親分いま帰りました, 親分いませんよ, 親分いろは屋文次にさえぶちまけない, 親分うまくやって, 親分えお粂は, 親分え貴郎だって, 親分おいででござんすか, 親分おお親分は, 親分おかしい事に, 親分おせつかいを, 親分おっしゃったとおりありやした, 親分おまはんたのまれ, 親分おまえさんは何と, 親分お世話になつたわ, 親分お仙は人, 親分お勝手は下女, 親分お気が好, 親分お玉ヶ池の泥棒, 親分お茶が入りました, 親分お蔭で助かりました, 親分お話とは何で, 親分お話し中ですが, 親分お迎えに参りやした, 親分お里が昨夜, 親分お隣に住ん, 親分かいおどかしちゃ, 親分かうなれば皆んな言, 親分かくの通り, 親分かくらいは一眼で, 親分かと並び称され居ります大, 親分からかひなすつ, 親分からかいなすっちゃ, 親分がなここに, 親分がね死んだん, 親分がへエ, 親分きっとそうですよ, 親分きのうの若, 親分くたびれましたかえ, 親分くれえの, 親分ちとら, 親分こうしたわけ, 親分こうして飛んで, 親分こっちへも少し, 親分ことごとく勝手が, 親分ことによつたら, 親分ご覧なせえ, 親分さあ行きましょう, 親分さぞお疲れ, 親分さま宋公明というお方, 親分さま実のところ, 親分さんあたしから申し上げます, 親分さんお力で仇敵, 親分さんお蔭様で許され, 親分さんさへその, 親分さんさつきは飛んだ, 親分さんそいつは訊かない, 親分さんそれぢや, 親分さんだつて二つ, 親分さんぢやありません, 親分さんとこからお, 親分さんとんでもない私, 親分さんはたで見, 親分さんびっくりなすったでしょう, 親分さんびつくりなすつた, 親分さんほんとでございますか, 親分さんみたいに見える, 親分さんみんな申上げます, 親分さんみんな私の粗相, 親分さんもの言う花, 親分さん一二度他所ながらお, 親分さん一二度他所乍らお目, 親分さん一緒に此處, 親分さん三千両に間違い, 親分さん三千兩に間違, 親分さん三河町の親分さん, 親分さん丸屋の旦那, 親分さん久兵衛さんも可哀想, 親分さん乘出して, 親分さん九百九十両盗った野郎, 親分さん九百九十兩盜つた野郎を搜, 親分さん人を殺し, 親分さん伊保木様から死骸引取り, 親分さん伊保木樣から死骸引取り, 親分さん倅じゃございません, 親分さん兄さんは矢張り, 親分さん先刻からいらっしゃる, 親分さん兎に角, 親分さん勘弁して, 親分さん勘辨して, 親分さん商賣は, 親分さん商売はどんな, 親分さん坊ちやんが見えなくなりました, 親分さん坊っちゃんが見えなくなりました, 親分さん変なこと, 親分さん姉がこの, 親分さん姉さんが可哀想, 親分さん巡礼の爺さん, 親分さん左太松を殺した, 親分さん店から入, 親分さん引揚げませう, 親分さん影はね傴僂, 親分さん御新造樣はこ, 親分さん御苦労でございます, 親分さん御苦労さまで, 親分さん心殘りは, 親分さん扇屋の三人目, 親分さん方こちらには何, 親分さん方これには深い, 親分さん方ちよいとお, 親分さん方ぢやない, 親分さん方一と口, 親分さん方主人が先程, 親分さん方何が無く, 親分さん方何んか御用, 親分さん方何時でも伜, 親分さん方大変な事, 親分さん方後生だから, 親分さん方御苦労様で, 親分さん方此私は惡, 親分さん方濟みません, 親分さん方私にはもう, 親分さん方聽いて, 親分さん方鳴子屋の女, 親分さん樫谷の旦那, 親分さん檜物町から八五郎親分, 親分さん正次郎も可哀相, 親分さん此上は娘, 親分さん濟みません, 親分さん燕女は人, 親分さん父も母, 親分さん番頭は可哀想, 親分さん皆な申, 親分さん皆んな申上げます, 親分さん皆んな私の思ひ, 親分さん矢張り下手人は兼松, 親分さん神とも佛, 親分さん私ぢやありません, 親分さん聽いて, 親分さん近頃の鼠, 親分さん逃げも隠れ, 親分さん運惡く死んだ, 親分さん遠方を御, 親分さん重々無理なお, 親分さん金ずくでも腕ずく, 親分しばらく実は少し, 親分しょっ引いて来ましょう, 親分しようがねえ, 親分よ冗談, 親分じみた色の, 親分じゃがワシの, 親分すみませんな, 親分ずいぶん待ったでしょう, 親分せいぜい急いで, 親分そうしてその辺, 親分そしてどうしたら, 親分そそいつは本, 親分そそりゃあ御無理, 親分そっくりだ, 親分そのものが自身, 親分その同じ人間の, 親分その後はすっかり, 親分そりゃあ全く思いちげ, 親分それでお喜多, 親分それにしても惨虐, 親分それ丈け言, 親分そんなそんな馬鹿な, 親分たいへんな事, 親分たった一人の, 親分たまらねえ事が, 親分だけでせうよ, 親分だけは誤魔化されなかつた, 親分だったり精神病院, 親分だったのだろう, 親分だつたり精神病院, 親分だまされたと思つて, 親分だろうと鑑定, 親分だんだんと人だかり, 親分ょっくら, 親分ちっと聞いて, 親分ちと出かけちや, 親分つれて来ました, 親分づらが出来る, 親分てえほどの貫禄, 親分であってずいぶん, 親分であり知らぬ間に, 親分でないことを, 親分でなくて小夜菊師匠, 親分でもね矢張り, 親分でもねえ何て, 親分で御座いまして当時江戸お構い, 親分で御座いますか, 親分とかいうものは, 親分とこそ呼べ旦那, 親分ところで次の, 親分となちょっくらほかのかかり, 親分とまでなって, 親分とり逃がしたら事だ, 親分どういうことに, 親分どうしても解いて, 親分どうも益々變です, 親分どうやらかたづきましたよう, 親分どのもお, 親分なおりしだい引っくくっ, 親分なかなか御参詣, 親分なし乾分なし, 親分なぞいう実, 親分などが出たい意向, 親分などではなく一箇, 親分などとからかった, 親分などとは迷惑千万です, 親分などにより組織せられた, 親分などは一文も, 親分なにか変ったこと, 親分なにぶん御指図, 親分なら知ら無え事, 親分なればこそそれほど, 親分なんかの耳に, 親分について市の, 親分になどなる気, 親分にばかり手柄を, 親分にゃ袖, 親分表から, 親分はじめおれたちの稼業, 親分はじめ一生懸命嗅いで, 親分はね人殺しが, 親分はんがいや, 親分斬ったろう, 親分ひでえや, 親分ひと通りは調べ, 親分ひらめといふ字, 親分びいきだつたん, 親分ふうの男, 親分ぶりをひそか, 親分へとも内儀さんへとも, 親分へも顏向けが, 親分ほかのこと, 親分ほどな悪党, 親分までがズラリと, 親分まア一つ召上がれ, 親分てえな人, 親分みんな気の弱い, 親分めんどうくせえ, 親分もう何もかもお解りだろう, 親分もう少し焚き木, 親分もっともここから, 親分もとはと言, 親分やっとお連れ, 親分やっぱり武家か, 親分やはり甲子太郎でしょう, 親分やりますよ, 親分ゆうべのうち, 親分ゆるしてくれ, 親分よい鹽梅でした, 親分よりも子分の, 親分らしくもねえ, 親分わかつて居る, 親分わからねえことばかり, 親分わかりましたよ, 親分わたくしは清水山, 親分わっしの, 親分を通じて用を, 親分アストラカンをかぶっ, 親分アンリ・アラキは, 親分イヤな野郎, 親分ウフ可笑しな, 親分エセックスの後, 親分エライ事になりました, 親分ギャングの親玉, 親分クシャミに虹, 親分コロジモのところ, 親分サア大變ツ, 親分ズバリだと, 親分ッ手が廻った, 親分た大, 親分トソシテワタシタチノ間ニ悪イイキサツガ出来テシマツタノデス, 親分トボケて居る, 親分ハ金五郎サントオ京サントガ二人デドコカニ行ツタ事, 親分ヘンに他人行儀, 親分モーギューは何, 親分モーギユーは何, 親分一世一代の皮肉, 親分一件を下ろした, 親分一刻とはか, 親分一寸見せて, 親分一應も二應, 親分一日たった一日, 親分一軒一軒叩き起して, 親分一體私に何ん, 親分一體誰が長崎屋, 親分一體駒込の漆原, 親分七右衛門爺さんは今年, 親分万一の場合, 親分三つになる, 親分三五郎の分別臭い, 親分三人じゃ手, 親分三人ぢや手, 親分三十になる, 親分三千兩の金, 親分三千石の奧方, 親分三味線堀の馬の脚, 親分三河島の親分, 親分上下の雪隠, 親分上總屋は三人目, 親分下っ引を, 親分下水の中, 親分不意に内, 親分与兵衛殿も変り, 親分丑松は能登, 親分両国橋から見た, 親分親分小, 親分中坂の浪人者, 親分中橋の庄太親分, 親分丸損かな, 親分九丁目までお, 親分乾児裸体の二人, 親分乾分三人を荼毘, 親分乾分友情郷党関係の下, 親分乾分式の活躍, 親分二軒共違ひなく行つて, 親分二階へ上っ, 親分五千両大福餅を買ったら, 親分五月人形の作人, 親分人間が出られる, 親分仁介が根びき, 親分今夜のはまるで, 親分今宵を限り, 親分今年の花見, 親分今新九郎様が帰っ, 親分今朝下男の猪, 親分仏師の野沢琢堂, 親分仕事場には何ん, 親分代理といふやう, 親分伊丹屋の馬鹿野郎, 親分伊勢屋新兵衞が來, 親分佐渡屋が佐渡屋, 親分何でござんす, 親分何もかもみんな申上げます, 親分何分よろしく頼みますよ, 親分何日ぐらいかかるでしょう, 親分の辰伊勢, 親分供養の無念, 親分俵屋といふもの, 親分假病を使つて, 親分偉いツ, 親分傳七郎を擧げ, 親分飯田町の, 親分先づ私の言, 親分先刻から路地, 親分先刻合圖をし, 親分先様あ真悪, 親分も角, 親分入ってみましょう, 親分兩國橋から見た, 親分の野郎, 親分八五郎さんとかに一緒, 親分八五郎兄哥は相, 親分八卦や人相見, 親分六郎を縛った, 親分其奴等へ水, 親分其後はす, 親分冷かしちゃいけません, 親分冷かしちやいけません, 親分て行った, 親分出かけませうか, 親分出かけるんです, 親分出会頭私の頭, 親分は脂, 親分分つたやうで, 親分分りましたよ, 親分切角此處まで來たん, 親分判らない事ばかり, 親分別々に手ひどい, 親分剃刀は此處, 親分加納屋の伜, 親分加藤吉蔵は既に, 親分加賀屋の勘兵衞, 親分かつて見れ, 親分動きが取れません, 親分勘六親分長い間世話, 親分勝太郎は昨夜本所, 親分勝手を申す, 親分匕首の鞘, 親分治さんの, 親分いぢ, 親分に口, 親分厄介なこと, 親分参りましょうか, 親分りませうか, 親分叩き起しませうか, 親分可哀想じゃありません, 親分可哀相じゃありません, 親分吉五郎の指図, 親分吉野といふの, 親分同士の相, 親分同志の拮抗, 親分吹矢は小, 親分呆けちゃいけ, 親分命がけの仕事なんざ, 親分唐櫃はどこ, 親分の行方不知, 親分喜んで下さい, 親分喜三郎の部屋, 親分四谷忍町の小, 親分土地の御用聞, 親分土左衛門はどう, 親分土左衞門は何, 親分在宿かえ, 親分場所は九段, 親分の外, 親分の一階, 親分墓場のちょうど, 親分にも箪笥, 親分夕顔の娘, 親分の明け, 親分じゃあねえ確か, 親分大名屋敷は苦手, 親分大変三人目がやられました, 親分大変近江屋の主人, 親分大将の身分, 親分大尽をきめ込ん, 親分大抵はわかりました, 親分大時代な殺し, 親分大概わかつたつもり, 親分大磯の長者, 親分大藪の中, 親分天気がまた, 親分奢つて下さい, 親分女出入りを自慢, 親分女房を貰う, 親分女角力はちよい, 親分が縛られた, 親分始め世間樣も全く, 親分始め江戸中の岡, 親分婿の儀八, 親分子分兄貴とのつきあい, 親分子分水中の町, 親分子分風な封建的内部組織, 親分子分風景でした, 親分安い地所でも, 親分容易に解り, 親分寄ってたかっ, 親分かつたでせう, 親分寒かったでしょうね, 親分起きの, 親分はあの, 親分小便組といふの, 親分小学生を相手, 親分小柳町の伊丹屋, 親分小梅の寮, 親分尤も此處から, 親分居ませんよ, 親分屑屋の火鉢, 親分山木の大将, 親分っ引, 親分の中, 親分川崎の小牧半兵衞, 親分差當り拂, 親分師匠はこの, 親分帰してもいい, 親分帰りましょうか, 親分右衞門町の, 親分幾太郎は漸く, 親分幾松も店, 親分座敷牢のカギ, 親分の苔, 親分引き上げ引き上げこのお方, 親分引っ括って二三束, 親分引っ込んでい, 親分つたことに, 親分彼奴を活, 親分待ちぼけを食わせる, 親分從兄妹同士だけれども, 親分御新造は人, 親分御無沙汰を致しました, 親分御苦労でした, 親分御苦労さまで, 親分御苦労様小僧の倉松, 親分御輿を上げ, 親分徳撰じゃえれ, 親分心細いことを, 親分忌々しいぢや, 親分がしい, 親分のため, 親分怒ったんです, 親分思い切って言っ, 親分思つた通りですよ, 親分思ひ切つて言つて了ひませう, 親分怪物は隣, 親分恐れ入つた, 親分恐ろしく反って, 親分恐竜様のお出まし, 親分も外聞, 親分に被, 親分悲嘆にくれ, 親分無い此所, 親分情ないここを, 親分惜しいことを, 親分惡者から二度目, 親分惣十郎町の松五郎, 親分意見はまた, 親分きなさんなよ, 親分感心して, 親分憚りながら今日は, 親分と足, 親分手掛りはそれ, 親分手輕に言, 親分手首をどう, 親分打たうか縛らう, 親分打とうか縛ろう, 親分ひを, 親分入つて, 親分折角こ, 親分け荷, 親分みます, 親分持つて來, 親分まへ, 親分揚弓は惡, 親分は討つた, 親分斯うしたわけ, 親分らしい下手人, 親分新九郎さんが見えません, 親分新宿で一ぺえ, 親分方旦那を殺した, 親分方濟まない, 親分をしません, 親分旗本と手玉, 親分日本橋の騷ぎ, 親分日本老人アンリ・アラキと親分, 親分明後日の晩, 親分明日まで待て, 親分星野屋駒次郎の忘れ形見, 親分日大變な, 親分昨夜傳七郎を縛つて, 親分昨日の朝, 親分是非逢ひ度, 親分晩飯の後, 親分暗くなりましたぜ, 親分暮れやらぬ表, 親分書いたものが, 親分最後のお, 親分つた, 親分有難い明りが, 親分朝吉兄哥は喜三郎, 親分木戸を締めた, 親分本心でござんすか, 親分本所深川の人さらい, 親分李楽も帝, 親分来ましたよ, 親分東兩國に大層, 親分板橋でた, 親分格のが牧野信一, 親分格子へ手紙, 親分桶甚が逃げました, 親分楽屋へ来り, 親分様きょうは婆, 親分樣御力を以つて, 親分樣方御苦勞樣, 親分横手の窓, 親分次第のもの, 親分止して下さい, 親分止しませうよそいつ, 親分止め立ては殺生, 親分武右衛門さんは結局, 親分歸らうぢ, 親分り惜しい, 親分殺しの下手人, 親分殺られたのは, 親分殺生ですよ, 親分毎日行つて見て, 親分はとうに, 親分は頗る, 親分のある, 親分気ドリ大きな鼻, 親分を呑んだ, 親分氷鹿がチャッカリ井戸, 親分江島屋鹿右衛門の塀, 親分江戸の盛り場, 親分沢屋の主人, 親分河豚汁ぢや十手, 親分油屋さんと同じ, 親分治三郎の言, 親分波一里儀十の子分, 親分洲崎のなにがし, 親分活躍の場面, 親分浜田屋は気の毒, 親分浪花屋でなきゃア, 親分清次が何ん, 親分清次郎はこれ, 親分済まなかったわねえ, 親分済まねえ手裏剣は, 親分済みませんが, 親分湯島で殺しです, 親分湯浅の旦那, 親分湯銭と髪銭, 親分湯錢と髮錢, 親分溜飮が下がりました, 親分濟まねえが, 親分の中, 親分火箸と重, 親分はあっし, 親分灯台下暗しだ, 親分灯灯を, 親分無駄骨折ですよ, 親分燈臺下暗しだ, 親分を殺した, 親分が女, 親分犯人は, 親分猪之さんは助かるでせう, 親分猿飛という奴, 親分率八の体, 親分玉六は昨夜, 親分らしいこと, 親分珍しいことです, 親分現場を見ない, 親分現業員に敬, 親分甚八蒼白い顔, 親分生不動の仕返し, 親分生活は嫌い, 親分用意が出来ました, 親分田中光徳親分そんな親分衆, 親分甲斐のねえ, 親分上げて, 親分申譯がありません, 親分町人は弱い, 親分町内じゃお, 親分留守にし, 親分太から聞きましょう, 親分番所へ行っ, 親分りは, 親分癪ぢやありません, 親分百助は自分, 親分百太夫を殺した, 親分な無頼さ, 親分的存在かも知れない, 親分的性格を有っ, 親分的態度をもっ, 親分皆んな氣の弱い, 親分が届く, 親分目黒といふ國, 親分相合傘じゃあ凌げ, 親分相好ぐらゐは崩したくなりますよ, 親分相模屋が少し, 親分眞氣になつて搜, 親分眞面目に聽, 親分気に, 親分真っ黒な痩せた脛, 親分真剣に聴い, 親分真面目に聴い, 親分知らなかつたんです, 親分知りませんか, 親分知れましたよ, 親分石井一家のうち, 親分石原町の吾妻屋殺し, 親分でもない, 親分神樂坂の浪人者, 親分神樂坂小町と言, 親分神輿を上げ, 親分禿岩がまいりました, 親分私共へ泊っ, 親分秋山伊織樣のお, 親分秋岳先生は五十五, 親分秦野屋のほか, 親分のいい, 親分程には行かないが, 親分空き地の向う, 親分笊碁を打っ, 親分つちや, 親分一藤兵衛が, 親分は一人, 親分等々力久蔵の前, 親分至って侠気, 親分筋違見付外へ出, 親分筋違見附外へ出, 親分米櫃は空っぽ, 親分約束の三日, 親分紋兵衛という老人, 親分紙屋の息子, 親分素人量見ですが, 親分を描いた, 親分締められた上井戸に, 親分締らめた方, 親分縄張内から謀叛人, 親分縋つて来る, 親分縛って下さい, 親分縛つておくれ, 親分繩張内から謀叛人, 親分羊羹色の紋附, 親分も外聞, 親分聞いたでせう, 親分聢りやって, 親分肌通有の欠点, 親分を斬られて, 親分肝心の娘, 親分の凝り, 親分肴町の兜屋, 親分脅かしちやいけません, 親分脅かしっこなしに, 親分脅かしつこなしに, 親分に落ちない, 親分腹拵へは, 親分腹拵えは, 親分の久八, 親分自慢じゃねえ, 親分自慢ぢやね, 親分自身で早く, 親分臭いのは, 親分臺詞はそれつきりかえ, 親分を突っ放します, 親分良庵さんが来ました, 親分を洗い落した, 親分芝田樣と大瀧樣, 親分花田準造親分, 親分樣を, 親分茂七の芝居, 親分落ち着いてゐ, 親分の向う, 親分から出た, 親分雲の, 親分藍弁慶の長, 親分藍染川の泥, 親分藤吉一流の手, 親分藩隨院長兵衛水野十郎左衛門のため, 親分じゃありません, 親分血だらけの脇差, 親分血ぢやありません, 親分衆たちどうぞ, 親分衆顔役暴力団のたくさん, 親分行つて來ましたよ, 親分の小林, 親分見るどころかそれ, 親分見付かったら百年目です, 親分見付けましたよ, 親分親分さん方此私は惡, 親分親分それを默つて, 親分親分今新九郎様が帰っ, 親分親分思つた通りですよ, 親分えてお出で, 親分觀音樣の境内, 親分つた, 親分解らねえことばかり, 親分言うなよ人聞き, 親分訊いて下さい, 親分許しておく, 親分証拠のない, 親分誂え向きの, 親分調べようがありません, 親分諦めた方が, 親分諦めましょうか, 親分諦めませうか, 親分は解けた, 親分證據は揃つたぢ, 親分變ぢやありません, 親分りの, 親分貰いますよたかが, 親分賀奈女殺しはどう, 親分贅澤なもの, 親分赤い痣の, 親分赤坂田町の變, 親分起きて一, 親分は頼んだ, 親分跣足ですね, 親分踏み込んで行っ, 親分身投げの狂言, 親分身柄調べたあ, 親分近所ですから, 親分近頃つくづく考えたん, 親分近頃金の要る, 親分つ驅, 親分逢ってくれます, 親分逢つてやつて下さい, 親分連れて来やした, 親分運転手の野郎, 親分道場の一件, 親分遠方で氣, 親分遺言状はどう, 親分釈迦堂の重, 親分三さんの, 親分重ね重ね心配が, 親分野次馬の半分, 親分金儲けを好き, 親分金太兄哥にそう, 親分金山寺屋の音松, 親分金持になつて, 親分金藏の窓, 親分金貸のお, 親分釘抜藤吉でなくても, 親分釘抜藤吉身内の勘次, 親分でも半鐘, 親分銀五郎とやら申す, 親分銭形の親分さん, 親分銭形平次親分の一, 親分は, 親分は鍵, 親分いたち, 親分長井久吉親分花田準造親分, 親分長生きをしたく, 親分間に合いませんでしたよ, 親分間拔けな武家, 親分関東尾津組の親分, 親分隨分久し振りね私, 親分隨分久し振りぢやありません, 親分隨分變な家, 親分雨戸はひどい, 親分雪隱へ槍, 親分面白くてたまらない, 親分頬冠りの, 親分をし, 親分風邪を引きなすった, 親分飛んだ待たせましたね, 親分飛んだ見當違ひでした, 親分飛込んで見ませう, 親分飛降りちゃいけ, 親分飯田町の上總屋, 親分つ程, 親分っ縊, 親分馬吉を嗾けたの, 親分馬喰町中を探した, 親分馬春堂のやつ, 親分驚かないで下さい, 親分が犬ころ, 親分高木鋭次郎, 親分高木銀次郎は白状, 親分はやっぱり, 親分は締めました, 親分だつて, 親分の千吉, 親分鼬小僧の逃げる