青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「里~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~酒 酒~ 酒場~ 酔~ ~酔っ 酔っ~ 醉~ 醜~ 醜い~ ~里
里~
~重 重~ ~重い 重い~ ~重く 重く~ ~重ね 重ね~ 重吉~ ~重大

「里~」 8749, 100ppm, 1102位

▼ 里~ (1719, 19.6%)

104 道を 20 山道を, 方へ, 間に 16 余も, 路を, 間は 15 道は 11 ところに, 外に, 山路を, 間を 7 人々は, 者は 6 土産に, 地に 5 あいだは, 娘ばかりが, 峠を, 方から, 距離を, 道が, 道程を

4 [12件] ところで, 女が, 女たちが, 娘たちも, 子どもが, 子の, 家に, 所に, 方に, 方を, 海を, 渡しの

3 [46件] あいだに, あいだの, お土産, ことは, 人には, 人の, 人達は, 先に, 処に, 割合で, 名に, 名を, 城の, 外まで, 子供が, 家が, 山坂を, 山奥に, 山径を, 山河を, 市が, 彼方に, 方で, 方へと, 条に, 東の, 母の, 波濤を, 洞, 海上を, 消印ある, 田舎道を, 異境に, 発作に, 者で, 街道を, 距離に, 道, 道である, 遠きに, 長城を, 間の, 間も, 雪の, 雪道を, 麦は

2 [103件] あたりを, うわさが, ことを, ほうに, ほかに, むす子, 事を, 人々が, 人でも, 人に, 人は, 人も, 今昔, 俗を, 先き, 先へ, 入江を, 公役を, 処へ, 分家の, 前で, 半ばを, 南に, 厚さ, 名が, 名も, 和歌の, 地で, 外には, 外へ, 夜道を, 大迂, 女の, 娘たちは, 子が, 子に, 子を, 家へ, 小川に, 小川の, 山の, 山を, 山奥から, 山奥の, 山河が, 山路が, 川上に, 市に, 市は, 彼方まで, 急坂を, 文化の, 旅を, 時雨は, 暁もがな, 月を, 森林を, 此の, 母親が, 母親の, 沖あいで, 沖に, 波を, 波羅葦増雲, 渡し, 湖の, 湖上を, 玉陵に, 生れだ, 田圃道を, 発作が, 石嶺に, 祭の, 福井屋の, 秋の, 童の, 者たちは, 者町の, 衆っ, 話を, 距離は, 路上には, 迷路を, 途は, 途を, 道あるい, 道に, 道のりだ, 道のりを, 道をも, 道中で, 道歩い, 道程だ, 遠き洞窟, 郊外を, 野を, 長き車, 間が, 間一軒の, 隔てなれ, 難路を, 難道, 麥は

1 [995件 抜粋] あいだには, あいだ一滴の, あいだ江に, あいだ牛車や, あなたに, あらむ限りは, あるじを, あれや, うち女子十三歳から, うねり, おとうさんおかあさんの, おみや, お婆さんの, お峯, お母さまの, お父さんの, お醫者, かなたの, こうもりとでも, こなたに, この土地, この小, さくら乙女子たちも, さまいと, ざこ寝とて, たしか鳩崎, つばくらめ, ところは, ところまで, はずれの, は旨い, へだたりを, ほうは, ほうへは, ぼるだよ, みすぼらしい家, みちを, むす子さん, ものでしょう, ものに, ものを, やうな, ような, わたりの, わらべの, を借りれ, アパートへ, ツイシカリは, ピクニツク村の, レールの, 一古, 一大湖は, 一番大きな, 丁場陽の, 万流湖の, 上りに, 下に, 下座敷, 下水道を, 不良少年が, 丘が, 両親に, 中から, 中には, 中や, 主人も, 乙女と, 乱闘の, 事で, 二人の, 亭主手代なども, 人々である, 人々に, 人々の, 人々も, 人々相集りて, 人が, 人たちの, 人でない, 人びとに, 人妻の, 人家の, 人末吉安恭君二月号に, 人達らしい, 人間は, 仏を, 住居の, 佐川町に, 何と, 傍の, 先から, 先にも, 先は, 先も, 光は, 児は, 入り口から, 全川中随一, 公遷たる, 内の, 内裏語にも, 冬, 処々方々から, 処女だ, 切立ったよう, 初あけの, 前に, 前方に, 前面に, 剣道指南小野塚鉄斎方に, 加賀の, 勳章二つを, 北方を, 区域に, 区域内に, 十二間道路が, 南一色村へ, 去った下手, 合言葉が, 名けし, 名主と, 名族にて, 向つ, 周囲は, 品物食料などを, 唄うたい, 商人多四郎と, 四分の三の, 困難な, 国境を, 團欒の, 土地に, 土地を, 土手を, 地, 地下窟と, 地域に, 地御料牧場と, 地点そこに, 地点に, 地点まで, 垣根に, 城主柳生対馬守の, 城址が, 場合も, 塚を, 夕べうかる, 夕闇を, 外も, 夜宮に, 夜道は, 夢は, 大きさ, 大峡谷, 大建築, 大林を, 大無人境, 大道を, 太夫という, 夫人は, 奥より, 女などが, 女は, 女優に, 女性やら, 女童の, 女達は, 姓である, 娘の, 婦人を, 嫗に, 子ども冬は, 子供でした, 子供らが, 子供等に, 子供達が, 子浦の, 孤島に, 安慶田という, 官渡の, 家の, 家を, 富平縣から, 小地方, 小学校では, 小湖, 小都会, 小雨の, 少女が, 少女は, 居で, 展望緑の, 層雲峡中人家ある, 山中に, 山中の, 山峽を, 山径も, 山河劫灰に, 山荘でも, 山越えを, 山路だ, 山路はよ, 山道と, 山道は, 山間で, 岸に, 峠で, 峠路を, 峻坂を, 嶮道を, 巫女, 巻に, 市を, 市街区には, 幅は, 平原を, 平和を, 平野と, 平面に, 庄司の, 庭に, 弟は, 強味に, 彼の, 彼方です, 彼方打ち開けた, 往復は, 後に, 後方に, 徒歩を, 從姉き, 忠告で, 思ひに, 息子, 情景は, 愛染院に, 懷しき, 戦線を, 所で, 所へ, 手前, 政事を, 故小野塚鉄斎先生, 散歩だ, 敵地其処の, 方が, 方の, 方をば, 方言を, 旅, 旅に, 旅人である, 旅寓に, 旅稼は, 旅行の, 日を, 春の, 春日からは, 春日八郎兵衛の, 時も, 暮しが, 曠野を, 木であっ, 本野原, 村夫子に, 東に, 東北冕ゲ嶽にも, 東方に, 松原の, 果てに, 果物採, 某家の, 柳楊枝にけ, 桐兵衛, 森と, 森や, 森影を, 権利を, 樹, 正面しかも, 此帝國軍艦の, 母親などは, 民家からは, 気に入ったの, 水は, 水辺である, 江戸へ, 池を, 沖合に, 河相まで, 法師が, 波上た, 泥濘の, 流刑に, 浜松に, 浦添の, 海上に, 海外に, 海岸線は, 淡い靄, 深さ, 深山に, 混凝土の, 渡しが, 渡しを, 渡し寝, 渡船場, 渡頭の, 温泉で, 温泉宿へ, 溝渠が, 瀬の, 灯を, 烏林の, 焼け路を, 燈火である, 片ほとり, 版図を, 物売りは, 犬が, 玉陵, 王は, 田の, 甲府へ, 男が, 男女は, 町から, 町は, 界隈では, 異邦では, 登り道で, 白河戸郷の, 百日紅, 直接不, 看視兵二三, 眞白な, 眺めが, 石ころ道を, 砂浜に, 祖父母は, 神の, 神家の, 神田へ, 祭礼を, 福島まで, 秋, 秋闌け, 空に, 空間も, 竈神の, 童が, 童にさえも, 筈で, 範囲に, 紳士淑女に, 絶望に, 繁華とを, 美保津姫の, 美少年某と, 老主人, 老人のみ, 老若男女春冬の, 者が, 者に, 者へも, 者や, 肩から, 自分の, 自然も, 芋, 芸能と, 若い娘, 若者を, 茶店で, 荘官の, 蒼い光, 藪が, 虫かも, 蝙蝠で, 蝙蝠でも, 蝙蝠とは, 蝙蝠とやらにて, 蝙蝠や, 血の, 衆が, 行程を以て, 街衢と, 街道へ, 裾野の, 西で, 西南部に, 西高峯は, 親の, 親達は, 言葉を, 訴へは, 話などを, 誉れまあ, 誰彼れ, 諏訪池を, 謡は, 谷を, 販ぎ女たちが, 赤崎城に, 距離が, 距離にわたって, 路これは, 路に, 路堤の, 身體には, 辺りは, 近いところ, 近くなった, 近さ, 近江屋の, 近郷近在からも, 迷路染屋の, 通遼, 進軍と, 遍歴が, 道じゃ, 道それも, 道だつた, 道です, 道とか, 道なら, 道のりは, 道も, 道中でも, 道場に, 道女連れの, 道歩きな, 道程などは, 道足が, 遠いところ, 遠くまでも, 遠征では, 遠方であっ, 遠方へ, 遠距離に, 遭遇の, 郊外で, 郷路元より, 里程が, 里程標を, 野べ, 野原では, 野良道を, 鉄路に, 鎮魂に, 長い流, 長きに, 長丁場で, 長城と, 長堤に, 長浜が, 間あし茅の, 間から, 間この, 間その, 間と, 間ほとんど, 間一押しだいと, 間下る, 間五十間おきには, 間以外には, 間四時春なる, 間家が, 間左右うち開け, 間格別変った, 間汗だらけに, 間第, 間続いた, 間續いた, 間船で, 間路傍の, 間遊歩場あり, 間青海を, 関柵を, 闇路を, 陣は, 険所に, 隔たりは, 隣りの, 雀も, 雑魚寝, 雛遊び, 難を, 雪に, 霊, 青年, 青森市へ, 領地を, 風に, 風景である, 風物, 高さ, 高須藩へ, 鶏や, 麓に

▼ 里~ (642, 7.3%)

34 して 13 出て 5 下りて, 感じた喜び, 来て 4 下って 3 やられて, わたるこの, 住みける頃, 住んで, 余る道, 栄えられたの, 業平来れ, 當る, 預けて

2 [39件] いったの, いるの, おりて, なって, もとの, もとほりし, やつて, やつてあつ, 一軒十里に, 住みける冬, 住みける夏, 住みて, 住みながら, 余る大, 來て, 兄妹が, 出して, 出ら, 合する, 嫁した, 寂しく山家住居, 帰って, 帰省する, 往くと, 榮えられた, 渉る, 渡って, 然るべき住居, 着いた時分, 行って, 近い道, 近い道程, 返して, 過ぎず, 達する大, 降らまくは, 隠れて, 餘る, 馬は

1 [471件] あずけ家, あつて近親, あまり山中, あまる岡, あり, ありて, ありても, あり俗, あり持統天皇, ある, あるの, ある上ン土, ある佛蘭西, ある剣, ある剣が峰, ある昌図県, ある海村, いかなる月, いきけり, いずこじき, いたとき, いた人麿, いた時, いた時分, いた自分, いた鶏, いて, いると, いるとき, いる間, いれば, おいでにな, おちよ, おなじう, およんで, おりた女房たち, おりました時, おん身が, お生まれ, お留守居, かえるの, かぎらず雪, かなりな, きこえた, きた, くだろうとの, しあれば, したいもの, しても, すぎないほどの, すみなれて, その何とか, たらない地, ついた, つづくと, つづく要所要所, てか筑紫琴, とじこもるとは, ないもの, なり大した, なる, なるの, はいったところ, ひきつけねば, ひつこまなけれ, ひろがる火, びしよ, ふらりと, まかりし時, またがって, またがり樹下, またがる難所, まだ生き, まもなくたいへんな, むかって, やって, やつた, やどり来て, ゆきて, よれるが, よれるもの, わたる, わたるといふ, ゐた, ゐたから, ゐたわれわれ, 一つの, 一人住み, 一休和尚の, 一宿し, 一宿とて, 一旦の, 一村と, 一村二三里に, 一箇月寝泊りが, 一緒に, 上った, 下ったという, 下りける, 下りると, 下り四月下旬, 下ること, 下る時, 下れば, 世を, 中期は, 二つの, 二十里に, 五軒という, 五軒といふ, 亘って, 亘つた白浜で, 亘つてさ, 亘つてみぬ, 亘つて幾多の, 亘つて自然の, 亘る地帯, 亘る田舎街, 亘る行路, 亙つて, 亙りて, 亙り二つ, 亙り地動, 亙る平坦, 亙る林, 亙る裾野, 仮りて, 伝わったため, 伴われて, 伺候した, 似たれど, 住まずは, 住まはせて, 住みける秋, 住むの, 住む人々, 住む八十余, 住む怪物, 住む者, 住もうと, 住んだもの, 住居し, 佗び住みし, 余つた, 余は, 余るこの, 余ると, 余るトンネル, 余る一大屠場, 余る山ふところ, 余る山路, 余る道程, 余る高原, 來し, 來た, 來れ, 傭われ, 入りつつも, 入る, 入るなり, 入れば, 冷たい凩, 凱旋し, 出た, 出た重太郎, 出た間, 出で, 出でし帰途, 出でず, 出でずと, 出るとの, 出るの, 出る時, 出る近道, 出没し, 到らんとの, 力強き女, 千何百年の, 半ばす, 卜居し, 去った, 及びこ, 及びその, 及び国頭, 及ぶ, 及ぶ北斉, 及ぶ松花江, 及ぶ此河, 及べば, 及んだ, 及んで, 取りたる事, 古い郷士, 同居し, 向って, 向つた事を, 向つて, 向ひ, 向ふと, 哀れをと, 啼くは, 嘗つて太子の, 四時間である, 囲われて, 在り, 在りし時, 在り煙火蕭条, 埋め早, 多くあり, 夜が, 大山大将住むゆゑにわれの心の, 大御輿, 大雪ふれり, 大雪降れり, 宅を, 安ん, 実家の, 家柄の, 宿り明, 将軍義尚の, 小次郎の, 少し欠ける, 少し遠い, 居たり, 居た為め, 居つた, 居ながら, 居る, 居る頃女房, 居れども, 居給う大跡部, 届いて, 岐れ, 帰され染五郎, 帰ったの, 帰ったろうが, 帰っても, 帰つて水端で, 帰らんと, 帰りあわれなる暮し, 帰りて, 帰り着きし, 帰り謹慎, 帰るとか, 建てられて, 引きかへ, 引越したので, 張る, 彈かれ, 当つて南満, 当る, 当るから, 当るという, 往かんと, 往きて, 往くこと, 待機し, 徒り, 必住む, 憩うたり, 戻って, 戻つた, 戻つて, 拡がる谿谷, 持来り, 持行き売らん, 探偵が, 接した武蔵, 換算する, 政秀寺という, 斬首せらる, 於いて, 於てこそ, 於る, 旅人を, 明かしけるに, 時々帰, 暮六つの, 曲りくねりぬかるみ山路, 最大難関は, 有名な, 朝顔見, 木地や, 来た野, 来られしこと, 来るまでに, 松田一族の, 果敢なき終り, 根を, 栽うる, 栽えられ, 桃成る, 棲めば, 棲んで, 歌を, 止どまり舅姑に, 此の, 歩きオキナ草, 歸され, 歸つた, 歸らんために, 歸り, 残されて, 残して, 残って, 比して, 比しても, 永住する, 求むるよりも, 流動し, 清む月, 清次の, 渡りその後供, 渡りとこう形容, 渡るといふ, 渡る森林, 漂ひ, 炊ぎ越後, 烟立つ, 焦れて, 父を, 物寂しい, 狐の, 率て, 現れて, 現れるツクツクボウシ, 現われて, 用が, 由れる, 留り修学, 當つて居る, 當れ, 病人が, 着いたという, 着いたの, 着いて, 着きて, 着きぬ, 私の, 移された時, 移される, 竈風呂を, 立ち去れ, 笛太鼓の, 第一中学校, 紛擾が, 続くもの, 縁結びの, 置いて, 老婆が, 聞えむ, 聞ゆ, 聳立する, 臨んだもの, 自分だけが, 至りたもう, 至り襄陽, 至る, 至る波瀾重畳, 至る盤纏, 至る途中, 花籠の, 若菜摘む, 落ちたもの, 落ちます清水, 落付く, 蒙古, 行かなければ, 行きくれて, 行き通うという, 行くこと, 行くもの, 行っては, 行つてゐる, 親しみ山, 親抱き, 言いようも, 許すまじき顔色, 該當し, 語った, 譽を, 足らざる距離, 足らず南北, 足らず四, 足らない, 足らない土地, 足らぬ下り坂, 足らぬ九十九里浜, 足らぬ平地, 足らぬ道, 足りない山村, 足を, 踏みとどまりました, 身を, 辿りつくと, 辿り着くこと, 近いし, 近いで, 近いところ, 近いやう, 近い劒沢, 近い山, 近い岡, 近い岩鼻, 近い弧, 近い悪, 近い流れ, 近い田舎町, 近い行程, 近い長さ, 近き聖ヤヌアリウス, 近くは, 近く来, 近づいた頃, 近よる, 近付いたとき, 返させ手下, 追廻しの, 送りそのうえ, 逃れ去りし慘劇, 逗留の, 逢うごと, 連なりて, 連なり河水縦横, 連れて, 遊びて, 遊學時代を, 運ぶ老人, 過ぎぬに, 達したので, 達すべくもって, 違はず, 違ふ, 遠いッ, 遣って, 遣っても, 遣られて, 遣られなすったお, 遭遇った, 還つたの, 還らば, 都に, 都を, 鉄砲鍛冶を, 錣頭巾を, 閑居し, 關する, 附け替へられたとは, 降って, 降つて, 降つて夜会, 降りて, 降りては, 降り何処, 降るころ, 降ると, 降るの, 陣取った, 隠し一方, 隠れ住む事歳, 雛衣が, 霜や, 響かす樹, 預け置きたる三歳, 頼み込みようやく, 風雅と, 餌を, 馴染むまでに, 騙されながら, 魂が, 鶏鳴かず

▼ 里~ (564, 6.4%)

12 三里も 11 離れて 10 二里も 7 あるところ, 歩いて 6 あるの, 先に, 十里も 5 二十里も, 祖先の 4 あるべし, 先から, 先の, 歩かねば, 行くと, 隔った

3 [17件] あつた, ある, あると, あるよう, ある処, さきの, はなれて, へだたって, 二百里も, 向うの, 奥の, 来たかと, 歩くと, 沖へ, 百里も, 行けば, 離れたところ

2 [45件] あちらの, あるという, あるので, あるのに, ある山中, ある山奥, ある所, ある町, ある道, ある道程, ある野路, ある駅, あろうか, ない生国魂神社前, なきに, なん里, 五里も, 先き, 先と, 前の, 千里も, 奥へ, 守りを, 山の, 彼方に, 村も, 来たころ, 来た頃, 来て, 来ると, 歩いたから, 歩いたわけ, 歩かなければ, 歩けば, 沖の, 行ったかと, 覚束ない, 距れ, 退いた, 遠い所, 遠い知らない, 離れた村, 離れた田舎, 馬車に, 駈けた

1 [324件] あった, あっちに, あてに, あらん, ありと, ありとは, ありましょうかな, ありますから, ありますわ, ありませうか, あり家, あり横幅, あるいた一刀斎, あるうえビッコ, あるかと, あるが, あるくの, あるここ, あるこの, あるじゃ, あるその, あるだろうゆるゆる, あるぢ, あるって, あるでしょうか, あるに, あるひろい, あるべき處, あるべくその, あるべく啻に, あるらしかった, あるん, あるんで, ある一燈園, ある中田, ある位, ある余, ある南, ある土地, ある小学校, ある山村, ある山林, ある山脈, ある山道, ある或, ある明子, ある村, ある松林, ある沼向う, ある沼田, ある湯田中, ある田舎, ある田舎道, ある船, ある草木, ある薩摩半島, ある路, ある遠方, ある長い, ある隣り部落, ある飛行場, あれど, あろう, あろうかと, あろうと, いかが, いくと, いけない, いったところ, いつか空遠く, いつしかに, おいおいと, おくれて, かけはなれたつまらぬ感傷, きたと, きて, くずれさらに, こ, この宿屋, こられたなあ, ございましょう, ございます, ございますまい, さがると, さきまで, つづいて, つづく長い, ないの, ない様, ない石橋山, なく一里位, なく家, なべてに, はずれた一番へんぴ, はなれた宿, へだたった遠方, もっともっと高い, もっと上, やがて近から, ゆく普通, よくまあ飛びつけ, よく悪い, よく見えました, わが巴里, キラ, 一度に, 一樣に, 一里も, 一里半も, 七百里も, 七里の, 七里も, 三十里も, 三里もの, 三里もを, 上へ, 上流に, 下に, 下には, 下まで, 中, 乗ったら卒倒, 乘つたかいなアあんたは, 二里もの, 五里もの, 人が, 今も, 來た, 俄かに, 先かと, 先きの城に, 先きの町の, 先だ, 先まで, 先を, 入る山奥, 全然駄目, 八十里も, 八里も, 六里も, 冬に, 前から, 前に, 北だ, 北です, 北に, 南西の, 厚くなる, 四里も, 四露里も, 場末の, 変ったこと, 夕立しけり, 奥だ, 奥には, 山を, 山奥であります, 山奥に, 山奥の, 山奧まで, 山道を, 差が, 広がって, 引っこん, 引張って, 引籠つた所に, 引込んだ処, 後に, 後ろへ, 後方に, 徒歩せね, 徒歩連絡の, 悲しい心, 戻らねば, 手前に, 手繰られて, 提燈の, 故, 敗走する, 敵と, 斯うし, 旅を, 来た, 来たかなと, 来たと, 来たところ, 来たろう, 来てから, 来ましょうか, 来る間, 東京から, 樂しからず, 此処に, 歩いたかと, 歩いたので, 歩いたほどに, 歩いたもの, 歩いたら穴吹口, 歩いたり, 歩いたろうか, 歩いた気, 歩いた軍馬, 歩いた野中, 歩いてから, 歩かせられたよう, 歩かせられると, 歩かなくちや, 歩かぬうち, 歩かんならんのに, 歩きましてね, 歩き廻って, 歩くの, 歩く樣, 歩く間, 歩まねば, 歩んで, 歩行いた, 水の, 海の, 海岸の, 深へ, 無ぃも, 無くなりました処, 登りたる山中, 矢の, 程無く, 突破する, 美しい派手, 美しかった, 花は, 若葉も, 行かないうち, 行かねば, 行かん岩手, 行き過ぎてから, 行くうち, 行くという, 行くとかの, 行ったところ, 行った頃, 行って, 西に, 西の, 西南の, 豆腐屋へ, 走った, 走ったけれど, 走ること, 距たった, 距った, 距って, 距てて, 距らぬ, 辿った意, 迂廻, 近くそして, 追いかけて, 追ひかけられた, 追われた, 追われて, 追撃した, 退却し, 逃げ退いた, 通って, 連なり高層, 進むと, 進んだと, 進んだ頃, 遂に独逸, 道に, 遠い, 遠いかなた, 遠いところ, 遠い大洋, 遠い遠い海原, 遠からぬ, 遠くの, 遠くは, 遠く幽だ, 遠く飛び廻り, 遠しと, 遠方から, 遠道を, 遡れば, 陸地内に, 隔たったある, 隔たった修道院, 隔たった所, 隔たって, 隔って, 隔つた地点で, 隔つて居ない, 離れたある, 離れたこの, 離れたこんな, 離れたやう, 離れた人里, 離れた仙台, 離れた仙臺, 離れた処, 離れた前途, 離れた向う岸, 離れた城, 離れた場所, 離れた山, 離れた山奥, 離れた所, 離れた松林, 離れた瀬, 離れた片田舎, 離れた都会, 離れた馬籠峠, 離れない所, 離れ駐在所, 雨を, 飛ばして, 馬で, 馬を, 馬車を, 駆けた, 駆けひろ, 駈ければ, 駈け続けると, 高くなっ

▼ 里ばかり~ (344, 3.9%)

15 行くと 9 歩いて 7 向うの 6 離れて 5 東南の, 進んで, 降って, 隔った, 離れたところ 4 下りた, 先の, 参りますと, 山を, 歩いた, 行ったところ, 西の, 離れた 3 ある, 下りますと, 東の, 東へ, 行きますと, 西に, 離れた町

2 [19件] ああの, ありました, さきの, 來る, 傍道へ, 先き, 先に, 北の, 南へ, 大蛇の, 往った, 来たところ, 海岸に, 海岸を, 登って, 総体近う, 距れた, 降りますと, 離れた村

1 [191件] ありますが, ありますぜ, あるが, あるくと, あるです, あるラマ, ある丘, ある今治, ある原, ある大船, ある広野, ある所, ある時又, ある海岸, ある磧, ある隣村, ある静か, いくと, おつかけ, かけ離れた親類, ごく小さな, さかのぼると, さきに, その茶屋, その間は, それから爪先上り, だそう, でこの, でございます, ですけれども, でよほど, でブラマプトラ, で下大須, で北又川, で名張川, で山, で有名, で荷, で近く, チベット政府が, 一軒の, 三坂峠を, 上ったところ, 上った処, 上つた, 上つた所に, 上つた所の, 上は, 上へ, 上りチェスン, 上り下り三里の, 上ると, 上流の, 下ったクラスノヴィードヴォ, 下って, 下でございます, 下の, 下りて, 下りると, 下ると, 下流を, 丸子の, 乗った, 乘合馬車に, 乙多見村附近で, 九時の, 也, 二つ三つ坂を, 先シャトー・ドーの, 入って, 其の茶屋, 出て, 出迎えに, 前橋に, 北に, 北方の, 南の, 原野の, 参りましたが, 参りまして, 同じよう, 向うへ, 向う側の, 大変嶮しい, 奥に, 宮川の, 宮川は, 小県, 小縣, 小路に, 山奥に, 山奥へ, 山路を, 岐阜城下の, 岨路を, 川下に, 後戻りを, 急いで, 手前で, 手前に, 手前の, 手前へ, 揺られて, 撫でま, 敬神の, 日和佐の, 昇って, 有明の, 来て, 桃川の, 歩いたので, 歩きつづけましたが, 歩きなれない足, 歩きましたが, 歩き損した, 歩くうち, 池の, 渓沿ひ, 田中の, 田畑の, 田舎には, 畦草を, 登りこれ, 登りそれから, 登りますと, 登ると, 登形の, 眞北の, 砂の, 砂地を, 立ちの, 糸滿の, 続いて, 行かっしゃると, 行かなくちゃあ, 行かなくっちゃ, 行くうち, 行ったらもう, 行った所, 行った頃, 行つた幹線道路の, 行つた鴨居といふ, 行つて引返した, 谷川の, 赤トンボと, 越ゆけ, 距たった, 距った, 距てた, 追いかけた, 退いて, 送って, 進みますと, 進むと, 進めば, 進行しました, 降った, 降りそれから, 降ると, 隔たった市, 隔たった所, 隔たった村落, 隔たった閉伊川, 隔たつた津守新田, 隔たりたる, 隔つる山頂に, 隔てた次, 離れたさびしい, 離れたる洲崎, 離れた京田, 離れた城下, 離れた妙塚, 離れた小さな, 離れた山, 離れた所, 離れた村外れ, 離れた森, 離れた海岸, 離れた湖, 離れた田舎, 離れた農村, 離れた郡山, 離れた部落, 離れた都会, 離れた隣村, 離れた隣郡, 鞭を, 駈けましたろう, 驅つて來る, 高取という, 黒河と

▼ 里~ (318, 3.6%)

15 出て 10 帰って 8 行って 6 下りて, 降りて 3 向って, 戻して, 持つて, 来て

2 [21件] やる手紙, 下りたと, 入るの, 出ても, 出ると, 出るの, 売りに, 帰して, 帰つた, 帰りて, 帰りました, 帰るの, 持って, 歸し, 泊りに, 着く, 行かうよ, 行きて, 行た, 預けて, 顔を

1 [219件] あるかれる御, いずれは, いちど帰ります, いって, いっても, おとづれて来る, おりおりは, おりて, お入り, お客に, お帰り, お臨みな, お越し遊ばされた, かえして, かえそうかなどと, かえったの, かえって, かくれて, きたの, つれ込んだ, とって, とびだしてから, とわたり, はこ, ひそみました由, まい子に, まはつ, もどれないそう, やつちやつたの, やられて, ゆく山間, わたしも, 一方は, 一足は, 下ってから, 下らむと, 下りたという, 下りようと, 下りるばかり, 下り帰り, 下り農作, 下るところ, 下るの, 乗り込んで, 伝えたもの, 伴れ, 住みかえるだけの, 來て, 入るとき, 入込んでからも, 出した一家臣, 出すの, 出た, 出たい, 出たら一ぺん, 出たり, 出ねえ, 出ようとして, 出られたの, 出られなかった, 出られまするか, 出られるであろうか, 出る, 出ること, 出るには, 出るまで, 出る方, 出る有様, 出れば, 出現ましまし, 初見舞, 参って, 参るん, 取りに, 告げ越したる, 命からがら逃げついた, 声を, 妻や, 寄せて, 寮住居歌俳諧や, 尋ねて, 山越えて, 巡り歩く旅烏, 帰されそうして, 帰されたそう, 帰され出戻り, 帰した, 帰したので, 帰すこと, 帰った事, 帰ってから, 帰ってからは, 帰ってしも, 帰っても, 帰つておし, 帰つてし, 帰つてゐる, 帰られぬ事, 帰られ間もなく, 帰らんとて, 帰りますたび, 帰る, 帰ると, 帰るところ, 帰るまい, 帰る樵夫, 帰れば, 帰ろうか, 帰ろうとは, 廻って, 廻り晩, 引き取られること, 引き揚げて, 引取って, 引張り込んだは, 往かんと, 往ったろう, 往って, 徃つた, 急行し, 戻された信長, 戻つて參, 戻るか, 手紙を, 持ち歸ら, 掩って, 攫われて, 旅行した, 来いやい, 来た, 来た時, 来るごと, 来る時, 正月に, 歸す, 歸つて來た, 歸つて話す, 永住の, 求食り来つ, 注進に, 流れて, 無心を, 着いた秦野屋九兵衛, 着くという, 着くとしても, 祝福に, 祭礼に, 移ったという, 移転した, 竹里より, 米を, 落ちのび小寺, 行きしまま, 行きたり, 行きたる間, 行きなにがし, 行きます, 行く, 行くなら頼みたい事, 行くの, 行く前, 行く道, 行けば, 行こうという, 行った, 行ったか, 行ったという, 行ったところ, 行ってるおっ, 行つたで, 行つてた, 行つて地蔵様を, 行つて皆なと, 行つて遊ぶ, 見に, 訪れたこと, 買物に, 買物の, 走って, 足を, 転げ込んで, 近い虎ヶ窟, 近くに, 返さぬので, 迷出た, 追いやって, 追い返して, 送らしたが, 逃げて, 逃げては, 逃げられましたが, 逃げ出そうと, 這いだして, 通う機織, 通じる小径, 通ふ, 通ふために, 連れ戻った, 進出し, 遊びに, 運び去られたの, 遠くなる, 遣られた小僧, 遣るか, 還って, 里へと, 降って, 降りたこと, 降りては, 降りても, 降りようと, 降りるとき, 預かるなぞ, 預けるか, 預けること, 預ける事, 頼んで, 養生に, 馳せ還りて

▼ 里~ (313, 3.6%)

5 隔てて 4 歩いて 3 もって

2 [14件] こえて, へだてて, 古い新しい松並木, 彼方に, 忘れぬが, 来て, 走るとは, 距て, 距てて, 隔つる, 隔て, 隔てた山, 離れて, 飛んで

1 [273件] あえぎあえぎきて, あらわして, ありく力, あるいて, あるくという, いかなる形式, いで, いろいろと, うずめつくした, えいえいと, おたずねすれ, お巡りなされる, くまなく訊けば, こえずと, こえること, さかのぼって, さして旅立候, さし招き下手, そぞろ来ぬ, たづね, たづねてぞ訪, つつむ黒霧, つなぐ愛情, つらねて, とおしと, どの位, なにかせ, はじめ親類も, はなれた山中, はなれ來, はるばると, ひかへた, ふらつき出した神尾主膳, ぶらついて, ぼんやり見廻し, まるで附箋つき, ゆき尽くして, よめる歌, わざ, わざわざその, わるに, テクテク歩い, デモで, ハイキングの, 一目に, 一萬二千餘里の, 一辷り, 一里と, 下らざるべし, 不彌, 中心としてのみ, 中心に, 主班, 五昼夜に, 交野と, 今頃馳せ着け得る, 例と, 信じ切って, 儲け候, 再びタッタ, 出て, 出でざるに, 出でざる距離, 出でし頃, 出るまえで, 出発する, 出立する, 出立ちたり, 別れかね以前, 利用する, 劫掠し去りけり, 北と, 北へ, 千里と, 占領でも, 去って, 去つて市中, 去らんと, 同じ日, 名ざし, 吹くころ, 味いたま, 呼びました, 執著, 大名行列いとも, 天国だ, 奔って, 奔走し, 好みだんだん, 客舎の, 尊敬し, 尾を, 巡ってから, 巨大な, 帰りて, 年老っては, 彩つて辻堂の, 彼は, 往復し, 後に, 後日お, 徒歩で, 忘れも, 忘れる, 快走する, 思った, 思ひやれ同じ, 恋い女, 恐れた, 慕って, 抜け出して, 押渡し, 拵えて, 指して, 挙げて, 振返った, 掻き抱き候うて, 支配なされ, 教うる, 文麻呂の, 普通に, 有するに, 望みまた, 望み見たよう, 望む橋上, 未明に, 未練気も, 来ると, 東南へ, 楽々と, 横道へ, 此様な, 歩し, 歩みながら, 歩み何, 歩み昼夜, 歩めとか, 歩んだ, 歩んで, 水路に, 没収した, 流るる信濃川, 流浪さえ, 渡いて, 無人の, 物さびしい, 疾駆した, 発つと, 発つ前, 發せし, 目がけて, 直すこと, 知って, 知らずに, 立って, 立つて, 立つとき, 細君に, 終った後, 経て, 経初更後伏見布屋七兵衛, 置きて, 美術家仲間で, 翔けて, 考ふる, 脅したところ, 自ら忍び, 自分達の, 舞台として, 荒して, 蛇責めに, 行きて, 行き後, 行くと, 行くべし, 行く相, 行く者, 行く馬, 行って, 見たり, 見て, 見下ろす高い, 見張って, 見捨てたから, 見棄てなければ, 見棄てる決心, 観て, 訪ねて, 訪ねてぞと, 訪ねる夜, 訪れた, 訪れました, 訪れるの, 訪れ気に入った者, 訪れ第, 訪われるならその, 訪問した, 護る, 賣つて, 赤松村まで, 走せ戻って, 走つて, 走りつづけ, 走り過ぎて, 走る, 走るが, 起しますよ, 超えて, 越えて, 越えては, 越して, 足の, 辿って, 近江の, 迷ひ出, 追うて, 逃げつづけて, 逃げ出した晩, 逍遙した, 逐はれ, 通し汽車, 通って, 通り島星山, 通る, 進むわりな, 進んで, 遁れ得, 過ぎて, 過ぎ大堰川, 遠く乗り越し, 遠く離れた, 遠巻きに, 限りたまえと, 隔った, 隔つ, 隔つてる, 隔つる家に, 隔つる杭州府まで, 隔つる立野の, 隔つる遠方の, 隔てたこの, 隔てたところ, 隔てたまま, 隔てたるこの, 隔てたる西, 隔てた両, 隔てた周囲一面, 隔てた妻籠, 隔てた巴里, 隔てた広島県, 隔てた日本, 隔てた武蔵野, 隔てた江戸方面, 隔てた街道筋, 隔てた西, 隔てても, 隔て之, 隔て二十余年, 隔て本土, 離れたいわゆる, 離れただ今, 離れての, 離れる時, 顧みて, 風が, 飛ぶには, 飛ぶ俊鶻, 飛ぶ怪足, 飛んだ山越え, 駆けたでしょう, 駆足, 駈足, 高い郊外

▼ 里~ (277, 3.2%)

11 ばかりにし 7 の道, もある 6 にし 5 ばかり行きます 4 しかない, の路, ばかり離れた, 許 3 か二里, だと, ばかりで, ばかりの道, ばかり行く

2 [18件] ある, だ, の丁場, はある, はなれた, ばかり上らなけれ, ばかり参ります, ばかり距, ほどである, ほど距, も沖, も行きます, も離れ, 南に, 歩いて, 程である, 行くと, 餘り

1 [174件] あたりの, あまり行け, あると, あるところ, あるとは, あるな, あるなどと, か, かね, かれこれ六里, くらゐ, ぐらいしかない, ぐらいな距離, ぐらゐで山頂へ, しかありません, その路, だった, だつた, だという, ちかくは, であると, で海抜七千六百尺, で藤橋, で達せられる, ということ, というの, とかいう, として往途, となるべし, とはいえ, と思ったら, と書い, にあまる, には近い, に六町, に羽山島, のところ, の上, の上り, の中央, の北上川, の坂道, の夜道, の寸法, の山, の山路, の幅, の極, の氷上, の浅川宿, の登り, の路のり, の路程, の通い, の通勤, の速度, の道のり, の道標, の郊外, の間, の霜, はたしかに, はたっぷり, は上り一方, は慥, ばかしの道, ばかりその, ばかりその間, ばかりです, ばかりの六花台, ばかりの劍沢, ばかりの土地, ばかりの小さな, ばかりの平井谷, ばかりの所, ばかりの間, ばかりぶら, ばかりむこう, ばかりも登ります, ばかり上流, ばかり下, ばかり北, ばかり北方, ばかり南方, ばかり姉妹, ばかり小川, ばかり東, ばかり東北, ばかり東南, ばかり田舎, ばかり登ります, ばかり登る, ばかり行っ, ばかり行った, ばかり進みました, ばかり進む, ばかり進ん, ばかり黒羽, ばかり鼻, ほとんど坂落し, ほどある, ほどで, ほどの路, ほどへだてた, ほども手前, ほども登る, ほども降, ほど内海, ほど北, ほど北方, ほど奥, ほど山, ほど手前, ほど東, ほど進む, もあっ, もあります, もありやす, もこの, も下りる, も奥, も学校, も有べく, も来た, も来る, も歩かなけれ, も歩んだ, も流れる, ゆくと, を越え, を足, を過ぎぬ, を飛ん, 上れば, 上流の, 下れば, 中原駅, 中愛別, 佐賀城下, 北へ, 向うの, 塩灘駅, 大久保駅三里半, 奈良井駅, 妻籠駅, 富海, 小郡駅, 少し遠い, 徒歩で, 撃剣の, 歩み巨勢へ, 河渡駅, 登山競走という, 福島駅に, 程の距離, 程の道, 程の高原地, 程湖水, 第一, 舟木駅, 草津駅, 藪原駅, 行けば, 西条駅, 許り, 許上流の, 距った, 近くずつ, 醒井駅, 関が原の, 隔てた城下, 隔りたり, 離れたところ, 高宮駅

▼ 里~ (241, 2.8%)

3 あるだろう, あるの, 我が一里 2 なれた, なれた本州, なれた町, なれた県庁所在地, なれた隣りの, なれた隣村, 歩けと

1 [218件] あだし先客, あった筈, あゆむべしと, あらうとの, ありぬべしと, あります, ありますなあ, ありやす, ある, あるいたね, あるだろうか, あるだろうと, あるであろうか, あるでせう, あるまいと, ある山路, あろう, あろうか, いうまでも, いづくぞ, いとめでたき, おおように, おまつり, かつてなかっ, こないそう, これから寝る, こんなに高い, ございましょう, さとという, すなわち七里, すわって, そうする, そこに, その西北, た, たいした道, たしかに, たっぷりあった, たんまりある, とても駄目, どんな他, どんな所, ないが, ないの, なけれども, なれた三ツ, なれた三次, なれた北の方, なれた地点, なれた宮腹, なれた山, なれた山中, なれた山麓, なれた市, なれた市中, なれた御, なれた或, なれた村, なれた櫨子原, なれた此, なれた港, なれた生家, なれた私, なれた線路, なれた鶴見山, なれるとも, なれれば, なれ苦しみ, なんともありゃしない, のけぞるよう, まだ可, まだ純然, もうよく, もみじに, アヌンチヤタが, カクリ高倉は, ヨタだ, ロダンさんの, 一夢の, 一息に, 一礼し, 下らなければ, 中農以上の, 久礼姓でございます, 二十三ださうです, 五十度の, 五十町一里也, 京都の, 人の, 人馬の, 今日中に, 住むか, 修羅の, 俳名馬好と, 兄の, 充分に, 六町単位であった, 剣の, 十七これは, 十分に, 厩糞かき散らし, 四〇〇〇エルレに, 四千八百万フランを, 地名を, 墨衣, 夏が, 夏の, 夜霞の, 大丈夫ある, 女同士で, 嫁の, 子供には, 官尺にて, 定めて, 寸刻の, 小尺にて, 小春日和だ, 小石川台町で, 少き人, 山の, 山水明媚な, 山道やうや, 岩井町の, 平和を, 彼らの, 後世の, 後世まで, 思って, 恐そらく, 愚か無駄足を, 我が一丁三十四間, 我が三町五十一間, 手を, 拒絶した, 新張村の, 旅にぞ, 既に上, 日本アルプスの, 明らかに, 明るいが, 昔そのまま, 時雨れて, 晩春である, 晴れ山, 暑苦しかつ, 暗澹と, 最初夜具の, 最早こ, 有名なる, 朝夕に, 木曾の, 村の, 来たのに, 来て, 東都五町街に, 松多し, 架空の, 柳生対馬守御, 桜の, 櫓下の, 歩いたはず, 歩くという, 歩くの, 歩けたけれども, 歩けるもの, 毎日の, 水晶の, 波の, 海路をば, 滅茶, 煙草の, 特殊な, 特筆され, 狐色に, 田圃道二里は, 略載すべし, 白銀町の, 確かに, 確に, 私としては, 私の, 耶懶といふ, 聞き終ると, 自分の, 自然と, 舌打ちし, 荒れて, 萩井原の, 葛西の, 蔑んで, 蘭軒の, 西か, 見ない, 言って, 豪家で, 貧乏どころか, 貧乏に, 走ったであろう侍女達, 踏越そう, 迎えいれて, 近い, 遊里である, 遠からぬ, 遷である, 酒屋へ, 長い鞭, 長良街道の, 降るよう, 隨分上手に, 離れたであろう, 離れて, 露西亜と, 飛ばし過ぎる, 飛びますからね, 馬でも, 馬医者の, 駒込華佗巷は, 高くなった

▼ 里ほど~ (187, 2.1%)

9 先の 5 東の, 行くと, 離れて 4 行って 3 北の, 進んで, 離れたところ, 離れた村

2 [13件] くると, です, な距離, 北へ, 奥に, 奥へ, 手前に, 歩いた, 歩いて, 退いて, 陣を, 隔てて, 離れた山

1 [121件] あとから, ありましょう, ある停車場, ある到津, ある実家, ある山, ある村, ある町, ある道, ある雷神樣, きたころ, きて, こつちに, して, すると, だと, づゝにげ候衆も, でありました, であります, である, でそれ, でも, な地点, はいったところ, まじり気の, バスで, バスに, 上ったグンパール, 上に, 上月夜野橋といふ, 下って, 下つた処, 下へ, 先に, 先には, 先へ, 先まで, 北の方の, 北方の, 南の, 多少歪み, 奔る, 奥の, 小沛, 山の, 山へ, 山伝いに, 山奥の, 山奥中央山脈の, 岬の, 川上に, 左方の, 引っ返して, 彼方に, 彼方へ, 後退させた, 戻って, 手前から, 曳き參, 来た, 来たから, 来たら怪しい, 来て, 来ると, 東, 東南に, 東南の, 某官衙, 歩いたこと, 歩いてから, 歩いても, 歩むと, 歩んで, 汽車に, 湖上を, 溯つたあたり, 漕ぎつづけると, 登ったところ, 総陣地, 美しい山水, 行き更に, 行き着いた所, 行ったところ, 行った時意外, 行つた宿泊地に, 西に, 西の, 西下する, 西南方の, 谷の, 走ると, 距てた, 距れた, 軍馬を, 退いた, 退却した, 退陣せよ, 逃げ伸びると, 進みすぐ, 進み夏侯尚, 進んだところ, 遠くへ, 里に, 降ると, 隔たった, 隔たって, 隔った, 隔つた本庄村の, 隔つた本庄驛の, 隔つた法類の, 離れたローラウ, 離れた一部落, 離れた五所川原, 離れた在, 離れた地点, 離れた富来, 離れた昔, 離れた海岸, 離れた町, 離れた白河戸郷, 離れた野原

▼ 里~ (172, 2.0%)

3 いう, いえば, いわれて 2 あるの, いうから, 云っても, 云ふ, 停車場の, 呼ばれて, 申して, 稱す, 見積れば

1 [145件] あった, ある, あるから, あるが, あるもの, あんなに親しく, いうからなァ, いうが, いうがもの, いうて, いえど, いっても, いつたやう, いはれて, いふが, いふにぞ, いわれた夫人, いわれるその, いわれるところ, お雪は, かぞえる大ざっぱ, きく湖, するに, すれば, せずに, その先, その山中, ちよつと, ちりちりばらばら, つづく参道並木, なくつづい, なく広かった, なく東, なく歩い, なす, なす閑静, なりまた, なり而, なる, びの長ぐつ, ほんの少し, また出, よばずには, チョットだ, チョットと, 七町, 七町とに, 七町を, 七町五里と, 三とせ御, 三人許りつれ, 乗りだしては, 二里とを, 云うの, 云う道程, 云えば, 云つたつ, 云つてね, 云ひ, 云ふと随分, 云ふも, 云へ, 云へる, 交通の, 他国から, 任有亭との, 何ぼ, 八里三重町梅木屋, 共にくる, 勘定も, 十丁ばかりの, 十三町, 号した, 同じやう, 同じ町, 呼ばれた日暮里はずれ, 呼ばれる部落, 呼ぶ小坂, 四分の一だ, 小声で, 帶方より, 建てた天平年間, 思わる, 書いた, 書かしめき, 村と, 森の, 歩いた末, 歩いて, 歩かない間, 歩き出すもの, 歩み行きしかも, 母の, 江戸を, 油断し, 為相の, 田子との, 申しますが, 申しまする, 申す人, 百里との, 称さる, 称せられて, 称ばれる, 称へられ, 立てたもの, 聞いただけでも, 聞いて, 聞かされたの, 聴いた水車小屋, 膝を, 興に, 行かぬ頃, 行軍の, 見し所, 見たらよろしゅう, 見れば, 覚えて, 覚しい頃, 親しくし, 親しさうに, 覺ゆる, 解く, 言って, 言つて十九の, 言ひやすだ, 言われて, 註され, 誌した, 調和しなくなった, 走る, 距つてゐない, 距れぬ, 踏み出す仕事, 追いかけ追いかけ鞭打ったが, 進んで, 遠い南, 那覇を, 里とは, 隔たった高山, 隔たぬ猿田村, 隔てた町, 隔らぬ, 離れない処, 鳶頭の

▼ 里から~ (116, 1.3%)

5 見えるこの, 里へ 3 金を 2 もらつて

1 [101件] あります, ある, あるで難渋, あるところ, あるには, あるん, かけて, けさは, こうばく蟹, ここまで, この伊勢, ございます道のり, すぐ近い, たくさんの, では, ともかくも, のがれて, ゆうがた, よこして, ニコリスクまでは, ワラジを, 一里位の, 三十里は, 三千五百円を, 二十里を, 二疋白と, 五日目, 人を, 人間が, 付いて, 兄さんが, 六平方里の, 再寺, 十の, 十里の, 十里までの, 参りました鳰鳥, 参内なさる, 叔母の, 取り戻されたか, 大宮大和路へ, 女を, 妙応寺坂を, 妹が, 姉の, 婆やも, 宮殿の, 対岸の, 小僧が, 屋形へ, 山へ, 山までは, 山田を, 山見た, 帰って, 引きとったばかりの, 応援に, 応援隊が, 或る, 持つて, 日帰を, 時には二十里, 普天間まで, 曲って, 来たん, 来たハタ, 来て, 来る人間, 歩いて, 歸つて來る, 歸られた, 母が, 母を, 江戸入りした, 泊りがけに, 泳いだこと, 火事が, 登つて麥を, 盗んで, 眺めて, 私に, 私の, 背負って, 虹の, 蜂屋柿を, 見えなくなった, 見える樣, 見ると, 誰にも, 豆腐を, 買って, 農業の, 連れて, 遠くへは, 遠く離れ, 那覇への, 附いて, 附き添って, 離れて, 離縁を, 食料を

▼ 里~ (107, 1.2%)

6 ある 2 えり, えりが, えりを, 水に, 浜へ, 自分の

1 [89件] あげて, あって, あらはれたれ眼, あり戸部, あるって, あるの, ある会社員, ある楽しい, いよ, いわば長い, えりだ, えりの, からっぽに, こひしい, せいぜいである, そんなもの, つれて, どんなもの, ないから, なし御, なんとなく夫寿平次, ひきとって, まだ開けない, もたらす和, トランプを, 一丁に, 中心の, 二里思い立ったら, 代表し, 入つて來, 八丁堀の, 其處だ, 半秒, 原あたり, 原である, 原の, 原は, 原も, 君の, 商売の, 商賣, 堅い皮, 多かつ, 大したもの, 夫程, 女の, 小泉町の, 峰より, 工面が, 心細がっ, 恋しい, 恋しくなっ, 戀しう, 所謂雲井桜の, 放って, 昔あった, 昔から, 暴露する, 此年文化十二年に, 死ぬほど, 浅くなっ, 湖水に, 湧いて, 現れる, 生れたと, 當時の, 百石, 目を, 相当の, 相變ら, 知れきって, 知れきつて, 第一, 義理ある, 肩を, 襲はれ, 見えたの, 誂向きの, 近いと, 近いなと, 近く思はれる, 適確な, 間, 間は, 間二十九日の, 間人家は, 間地を, 麹町の, 2・30PMの

▼ 里~ (96, 1.1%)

11 の道 8 にし 2 しかない, でございますよ, でしかない, の奥, もある

1 [67件] あって, あつた, あの磽, あるから, ある高い, この身体, たちまち大蛇, では今, というところ, と聞く, にあり, にわたって何段, にわたって包囲, にわたる地域, にわたる塹壕, にわたる木曾, にわたる途, にわたる長い, にわたる黄塵, に在り, に足守, のあたり, のかん, のさき, の先, の南方, の地, の山中, の山腹, の山道, の島, の峻路, の悪, の所, の暗黒, の柾木村, の煙硝蔵, の畠, の知らない, の磯, の船上山, の距, の路, の道程, の遠路, の間, ほとんど嶺, も上っ, も後, も来たであろう, も来ぬる, も歩いた, も畑, も行きます, も隔つた田舎, も隔り, も離れ, も離れた, やあらん, より弐里, を隔てた, を隔てたる, 本支, 来たところ, 行って, 速末水, 離れた富来町

▼ 里ばかりの~ (92, 1.1%)

12 道を 4 ところに, 処に, 間は 3 山奥に, 急坂を 2 大きなたまり

1 [60件] ある瀬戸内海, ごく清潔, ところへ, ものだった, テイヤにも, 万相渓までは, 上新田の, 上流で, 久米と, 伝心寺に, 処へ, 噴火口を, 園部の, 土手の, 在所に, 地点に, 堤が, 堤を, 奥利根川である, 宮内へ, 寺に, 小布瀬に, 山奥だ, 山村絵堂まで, 山路を, 山麓に, 峠を, 後に, 所から, 所だれにも, 所に, 東へ, 森林で, 樹蔭一つない, 沖合を, 波動状の, 津島に, 海上で, 海岸は, 海岸へ, 深い山道, 田圃道を, 石井山へ, 細長き谷中, 緩い坂, 自分の, 蓮台寺村に, 谷間を, 貧乏寺の, 越後川口町の, 距離に, 道この間四時間で, 野道などは, 長井戸の, 間その, 間どこの, 間人家が, 間朝霧が, 雪の, 雪道を

▼ 里あまり~ (79, 0.9%)

3 の路, もある 2 だ, のあの, の道程, 下ると, 離れて

1 [63件] ありましたが, ある, あるいた, あるの, ある見晴しの峠, ある赤土色, くると, さ, でご, でございましょうか, でその, ということ, にし, にわたっ, のけわしい, のところ, のヂャリージ, の地ニ, の堀江, の所, の林, の田, の草, の道, の間, はある, へだてた温海, もあらう, もたどっ, もゆかなけれ, もゆく, も引っ込ん, も悠々, も来, も来ただろう, も歩いたであろう, も登り降りする, も落ちのびた, も行き過ぎ, も行った, も迎え, も隔たっ, を命からがら, を隔て, を駕籠, 小県, 打ち續, 来た時, 歩いたこと, 歩いて, 歩いてよ, 行って, 行乞する, 走ったころ彼, 走らねば, 走る, 退がった, 進んで, 離れたところ, 離れた地点, 離れた山, 離れた所, 離れましたところ

▼ 里~ (75, 0.9%)

2 あつた, ござりましょう, ござります, 早鐘が

1 [67件] いい気, いなくなった者, いびきの, およそ二時間, こんなに犬, ござりますたい, すらもう, その近く, たずねられました時, まだしも物思い, 一夜の, 一門の, 丹波篠村へ, 二つや, 二三日参籠し, 人を, 今年の, 仙台から, 別れて, 千住, 千住また, 即ち十七八日, 古え, 大工が, 失望し, 姓は, 子供の, 宇佐美と, 家々の, 宿を, 尊い聖僧, 小西股の, 小野政秀と, 川が, 弘前に, 御産み, 御用呼ばわりは, 思った程, 拝領した, 捕られて, 捕らわれたり, 散々練習を, 新粟, 昼食, 有水もう, 架設し, 母だ, 津居山といふ, 潤州, 狗に, 申す罪人, 百姓たちに, 聴くと, 草加, 草加同じく, 言う峠, 追い払われた身, 追払いを, 連嶺第, 都合四里位だつた, 里人の, 雷電も, 電報打ちぞ, 食つ, 高い山, 高野線を, 麓の

▼ 里四方~ (59, 0.7%)

4 もある 2 にも及ぶ, の老若男女, は全く

1 [49件] あったに, から狐火, が征服, が隙, しか持っ, というよう, という程, と云, にきこえる, にこれ程, にはびこり, には山, には生色, には男, には行くべき, には見, にもわたる, に亙る, に拡がっ, に達す, に門, に開け, のニュース, の上, の人間ども, の全部, の内, の分銅, の地盤, の城, の城壁, の大, の大きな, の小鳥ども一斉, の廣さ, の摩天樓, の敵軍, の焼, の猫, の程度, の若い, はいつ, は住民, は東京, もあり, も焼け野, をゆるがし, を毎日, を縄張り

▼ 里近く~ (59, 0.7%)

3 の道 2 へ来, もある, も離れ

1 [50件] あると, ある町, であった, で岩村田町, で旅, なったと, なって, なりたる処, なる, になる, に多い, に現われ, のところ, の南, の山々, の山奧, の道程, の間, の陸, はある, は来, は送っ, へと出, へ来る, まで出, まで押しかけ, まで来た, まで来り, もあろう, も人離れ, も打ち, も歩かね, も行っ, も遠方, も隔て, をうろうろ, を通りました, 御座ろうが, 歩いたの, 歩かなければ, 歩きお, 歩くの, 歩んで, 流れ出でて, 溯り更に, 滝の, 瀧の, 進んで, 離れた柳田村, 鬱蒼たる

▼ 里という~ (56, 0.6%)

3 のは, 早さ 2 ところに

1 [48件] ことは, たいへんな, ところなお, ところよ, ところを, のだ, のでございましょう, のに, ひろい谷, ものおお, ものが, ものでしょう, ものも, もの全く, もの続い, ような, んです, 一小, 与瀬という, 京都の, 処に, 割り当ては, 四方の, 大灌漑溝, 所は, 所まで, 料理屋へ, 村へ, 歩み方, 沢渡峠まで, 洋上の, 洒落たところ, 琵琶湖の, 町名だけ, 県都の, 耕原は, 船島は, 薬研の, 計数で, 計算を, 身近かな, 辺りまで, 途を, 遊女平山五郎は, 道を, 道中の, 道程を, 間人家も

▼ 里余り~ (55, 0.6%)

3 の道 2 ある, にし, も来た, 行きますと

1 [44件] あると, さう, しかなく, である, であろう立派, でしかない, でそこ, で船越, で館林, で鹿糠, のところ, の伏流, の所, の道のり, もあった, もある, もしくは二里, も分, も堤防, も来, も来たら, も来たろう, も東, も行った, も通る, も進んだ, も離れ, ゆるゆる歩い, を経ず, 参って, 急いで, 来まして, 歩きましたが, 登った御前, 登って, 行くと, 進むと, 進んだには, 遠いと, 降りますと, 降りクリカネ村, 隔たったおなじ, 離れた或, 面倒な

▼ 里~ (51, 0.6%)

2 の子, の生死

1 [47件] が, がこの, が両親, が口, が失踪, が村次郎, が目まぐるしい, が飛び出し, が魂消ただろう, とともに築き上げた, と小六, と道, にほかならないであろう, に刺された, に対する憤りで, に現われた, のみが知る, の一座, の事件, の前, の前身, の妻, の姿, の子以外, の屍体, の筆蹟, の行衛, の謎, はあの, はぜいぜ, はそう, はそれ, は一瞥, は儀右衛門, は写楽, は君, は慇懃, は母, は自分, は赦免, を交えた, を尋ね, を殺した, を父, を知らない, を知る, を見た

▼ 里~ (47, 0.5%)

2 しかない, なもの, のもの, の池, は離れ

1 [37件] ある, あるかね, あるところ, あるの, か判明ら, しかなかっ, しか行かない, しか隔たっ, ずつ歩ん, だつたね, であつ, でありませうが, で名, といふところで, には達したらう, の利根川, の山, の川, の所, の路, の道, の長, はありませう, はあろう, はたっぷり, は平気, ひ歩くの, も往, も隔たり, ゆくと, ゐの, を歸ら, 懸値, 歩いたです, 歩いたんで, 行って, 遅れて

▼ 里にも~ (46, 0.5%)

2 ある, 居られぬ親元

1 [42件] ありそう, あり栃木, およぶ長, くるという, たくさん棲ん, たちこめた霧, わたった, わたる水晶, 一つ二つづ, 二里にも, 伸びて, 住みなれて, 余らん, 余るあの, 余るでしょう, 俊英の, 出て, 及ぶ相, 及ぶ遠方馬足, 及べるにや, 及んで, 山にも, 広く聞え, 感じられた何しろ, 敵の, 死ぬ者, 産まれしこと, 目に, 縁の, 誰も, 足らない道, 足らぬ山の上, 近いと, 近い大きな, 連なる火焔, 達しよう, 霜が, 飛報が, 食べ物が, 餘らうかと, 餘る, 馴染という

▼ 里~ (45, 0.5%)

11 りの 4 りに 2 にし, りある, り行くと, り隔つた, り離れた某

1 [20件] あり, といふ, なり, に在る, に聳立, の井ノ岡村, の傳心寺, の所也, りで, りも, り北の方, り参ると, り東, り水, り西, り距離, り離れた溝, 行くと, 近いそう, 進みて

▼ 里~ (43, 0.5%)

4 かきつばた 2 てんで誰, 一里の, 先の

1 [33件] そこらにて, とにかく行手, なしと, ぶっとばした後, ズッと, ロンドン位の, 一里ごとに, 一里ごとには, 一里半ぐらいな, 一里半も, 七里ぐらいで, 七里ぐらいの, 三里かは, 三里だ, 三里歩い, 上り下りせね, 上流の, 不憫ながら, 二十五里, 二里か, 二里ぐらいしか, 二里半の, 五里かしか, 何百里か, 倫敦か, 十五里の, 向うの, 吾骨を, 四里かは, 絵の, 離れた土地, 飛んで, 黙って

▼ 里以上~ (43, 0.5%)

9 もある

1 [34件] ある, あるから, あるん, だ, ですよ, にもなる, にわたっ, のところ, の山地, の海陸, の素晴らしい速, の道, の遠足, はある, はあるだらう, も呉, も来た, も歩いた, も泣き, も泳ぐ, も狭い, も私, も続い, も行く, も進ん, も道, も遠道, も離れた, を歩く, を経, を進まね, 歩いたです, 溯り左, 飛ぶ鳥

▼ 里ほどの~ (39, 0.4%)

4 道を 2 ところを, 距離に

1 [31件] ところに, 上流で, 先, 先の, 円だ, 南に, 在所北方郷の, 地大留の, 地点, 夜道を, 奥である, 奥に, 奥まりを, 小村落, 山奥から, 山路を, 山道, 山道を, 後藤野の, 所に, 正面に, 深くすんだ, 湖は, 處へ, 近所だった, 長さ, 間である, 間に, 間は, 間を, 高さ

▼ 里ある~ (38, 0.4%)

2 かい, かも判らぬ

1 [34件] かという, かなし, かわかりませんでした, か三里, か分らない, か君知つて, か知れない, しるしと, という, というこの, というの, と問え, と宿, と聞い, ね, の, のか, のかい, のかしら, のだ, のであつ, ので一泊, はなれた, よ, んです, モークロエ村へ, 停車場や, 尾道までは, 広島迄, 方に, 方へ, 方へぞ, 方へと, 町まで

▼ 里~ (38, 0.4%)

4 三里は 2 ある, 二百里の, 二里では, 二里の, 五里の, 十里の, 十里は

1 [20件] いろいろの, そこい, そのほか江田, 一里半歩い, 三里ずつは, 三里歩く, 二十里なんとも, 二十里は, 二百里は, 二里から, 二里乗る, 二里位の, 元山津, 林を, 生駒の, 百里では, 郷が, 都に, 隣人と, 青波の

▼ 里~ (37, 0.4%)

3 の町 2 きに, の大野木村, の煙

1 [28件] からでも見えるだろう, から呼ばんけれ, かエ, きだって, だろうが, でも直ぐ, なる停車場, の, のその, の事, の人, の味方, の峰, の村, の査涜, の筑波, の黒森, へ出, へ往, へ行, へ行こう, へ行っ, へ行ったらある, へ遠足, へ飛ん, まで張松, まで行つて草木, まで見透し

▼ 里~ (36, 0.4%)

4 を殺した 2 の声, の声色, は象, を殺った, を象

1 [22件] がで, が二刻前, が怖い, が殺された, が片, という女, に声, に纏いつかれ, のところ, のほう, の寝てる, の弟子, の知死期, の纏い, はいったい, はお, はその, はもと, は練, を下し込む, を殺る, を生きた

▼ 里でも~ (35, 0.4%)

4 三里でも 2 二里でも, 六里でも, 千里でも, 山の

1 [23件] お社, なされますが, ひどく心配, よしひろ, 主観的に, 五里でも, 何でも, 北へ, 大抵の, 昔から, 村一番の, 歩いて, 沖でも, 町でも, 腕に, 自動車に, 血を, 行く汽車, 走ること, 起されると, 跣足の, 踏み出すの, 道の

▼ 里まで~ (35, 0.4%)

2 見送った

1 [33件] お出かけに, きたら自分, そこから, たずねきて, もう三時間, 一と, 乳母の, 五六町も, 伸して, 借りに, 出づれば食物, 出迎え互いに, 奮迅し, 帰るの, 御一緒, 戎克が, 抱いて, 持って, 来たもの, 来て, 消息を, 用事が, 着けば, 私を, 行き着いた主従四人, 行つた, 迫ったが, 迫って, 追撃し, 送った, 連れて, 進んだ, 飛んで

▼ 里~ (35, 0.4%)

3 の代り 2 に於い

1 [30件] で三里, で三里許, で十五里許, で計, として換算, と誤算, にあらず, にし, にて一千三百餘里, に換算, の外, の大, の標準, は一萬七百餘里, は僅, は大概普通, は處, もまた, をも記したる, をイタリー, を以て之, を使用, を擧ぐること能, を擧げ, を擧げざる, を擧げず, を省けり, を知る, を計算, 但計

▼ 里離れた~ (34, 0.4%)

1 [34件] あたりまで, ところから, ところに, ところの, ところまで, 三次へ, 三次町の, 仁淀川の, 処である, 地における, 地へ, 地点と, 大野木まで, 大野木村の, 小さな中心地, 尾道か, 山分の, 市で, 思いが, 故郷の, 有野村の, 村に, 東京の, 森へ, 武州八王子出来の, 江戸ッ子だの, 海岸に, 町の, 町方に, 親戚へ, 親類の, 長崎の, 青梅の, 飛行場で

▼ 里ばかりも~ (30, 0.3%)

2 隔った

1 [28件] あります, ありますので, あるよう, あろうか, くると, こちらへ, その山, 下って, 参りますと, 奧に, 山へ, 川下に, 往った, 後だった, 来たかと, 来たと, 歩いた, 歩かなければ, 渓流に, 行ったところが, 距たつ, 距った, 躋り, 進んで, 陸を, 離れた温泉, 離れて, 霧社から

▼ 里では~ (29, 0.3%)

1 [29件] あったが, いろいろの, お盆でしょう, きかない, きかぬ道のり, ないよう, なかった, また反対, わからなかったが, 今時分手毬を, 噂だった, 國旗が, 小河の, 幾つかの, 晴れた日, 次第に収まらず, 水害の, 決して口, 父も, 私の, 私は, 称ぶ, 苗代に, 蚊帳を, 連日細かい, 雲が, 驚きましたが, 魚も, 黙認され

▼ 里~ (28, 0.3%)

3 という, ね 2 からもう, よ

1 [18件] あいさつは, あの甘酸, からといっ, から面白い, か知らない, か見当, そうだ, そうで, つたのか, つて平気よ, つて高野聖だ, というの, という眺望, と云, と私, な, などとまるで, もの

▼ 里ばかりに~ (27, 0.3%)

25 して 1 木賊が, 過ぎざるよし

▼ 里~ (27, 0.3%)

1 [27件] から一段, から響く, が八幡横, が分岐, が往還, が谷, であった道, との辻, なの, にきれ込む, には馬, によるか三間幅, に切れ込んだ, に沿う, の一等, の中央, の傍ら, の砂塵, の道, は多く, は此村, は白く, よりはやや, をゆれ, を吹雪, を小さい, を往

▼ 里には~ (26, 0.3%)

1 [26件] あれど, いると, きついと, すつかり, なんでも, 一ツの, 一軒の, 人皆知る如く, 今日大雪が, 出て, 及ばねど, 學生達や, 宿って, 幾人も, 弊帚集と, 往かるべきぞ, 日々何事も, 業風が, 母のみ, 潜んで, 父母も, 石垣の, 秋も, 近いの, 近かろう, 高橋より

▼ 里ほども~ (25, 0.3%)

2 北へ, 来ると, 行くと, 距れ

1 [17件] あると, あるふう, ない, ない駿河湾, はいったところ, 下ったかと, 分け入ると, 川伝いに, 掘り崩したら一ミリグラム, 来ないのに, 歩いたころ, 歩いて, 泳いで, 西の, 退却し続け, 離れたところ, 離れて

▼ 里足らず~ (25, 0.3%)

5 の道 2 行けば

1 [18件] だったね, ですが, と思え, の三, の人力車, の地点, の小, の小島, の山径, の浜辺, の處, の距離, の路, の遠路, の間, は笛吹川, 登りますと, 行くと

▼ 里~ (23, 0.3%)

2 故人心

1 [21件] にあ, にその, に博望坡, に故人, に母, に王, に行く, に退かせ給え, に退くべし, のこの, の土地, の小寺中, の彼方, の故郷, の旅, の浴場, の西洋諸国, へ御, へ退いた, へ退けた, 豈意其人既亡

▼ 里にわたる~ (20, 0.2%)

1 [20件] あり, ものなく, ものも, 上へ, 北山峡一帯を, 夜営陣であった, 大築堤, 大軍を, 大野戦, 寄手の, 新らしい, 旅路です, 沃野十万人の, 範囲に, 絶壁が, 蘆荻が, 要塞の, 野や, 陣を, 陣線に

▼ 里夫人~ (20, 0.2%)

2 の住居, の所

1 [16件] からお召し物, が, が引き受け, が手もと, が言った, と紫, にはこうした, に母, の批評, は心細く, は源氏, は皆, は紫夫人, は舞い, は試楽, や明石夫人

▼ 里ぐらい~ (18, 0.2%)

2 あるん

1 [16件] ありますか, あるかネ, であろうか, で厚, なもの, なもん, 何度往き来した, 北の方へ, 山中へ, 歩いたらいい, 沖まで, 続いて, 行ったところ, 行った丹生川村, 離れたところ, 駈け廻って

▼ 里とは~ (18, 0.2%)

1 [18件] あるまいすこし, ない, ないでしょう, ない熱田街道, ない道のり, ひどくまた, ひどく温度, 何と見事, 其記者をも, 勿論の, 常陸牛久沼の, 歩いて, 氣が, 現代の, 薄紫の, 行くまいと, 行けませんぜ, 離れて

▼ 里歩い~ (18, 0.2%)

1 [18件] てきた, てこ, てこんなに, てほめられる, ても哥薩克ひとり, てやう, て京町, て北方, て吉田町, て多久, て宇ノ島, て戻つ, て暮れ, て来た, て此宿, て此町, て行乞三時間, て見せよう

▼ 里離れ~ (18, 0.2%)

2 て, ていた, ている, てゐる 1 がし, ています, ておる, てゐ, て人, て居, て遠き, て遠眼鏡, て閑静, のした

▼ 里さん~ (17, 0.2%)

2 の帰り

1 [15件] から寄越した, が出掛ける, が帰った, が泣き込ん, といふお, に云う, のあと, のウチ, の裏庭, はすっかり, は一応, は三月ごろ, は貧乏徳利, もよく, を貰っ

▼ 里~ (17, 0.2%)

2 が出

1 [15件] がそこ, が林田, が船室, という男, に伝えた, の心, の物資, はこれ, はそれ, はもう, は気, は田中, は途, ももつ, を起し

▼ 里といふ~ (16, 0.2%)

1 [16件] ことだ, ことを, ぢや, のは, のも, ものは, 今の, 娘が, 娘は, 娘を, 感じだ, 程の, 道日本だ, 道程を, 里を, 里數を

▼ 里歩いた~ (16, 0.2%)

2 のです, 事に

1 [12件] かそれとも, か幾百里, が草臥れた, ことを, のは, やうな, わけだ, んだ, ンだ, 人の, 何と, 水も

▼ 里~ (16, 0.2%)

2 に命じ, のまなむ

1 [12件] が帰っ, が森, さ三里で, とは, なりとして在職, のむす, の下, の約, は支那, を案内者, を追, 白山脈の

▼ 里なる~ (15, 0.2%)

1 [15件] この芝辻, をぢ, を一時, を起し, 中込駅までとて, 二番町の, 十座唱門に, 可く, 小野塚家に, 小野塚鉄斎神変夢想流の, 植田丹後守は, 荘官が, 道場に, 面影橋附近まで, 鷲木港に

▼ 里~ (15, 0.2%)

2 の社殿, の神職

1 [11件] があっ, があり, が先, に参詣, に着いた, に通ずる, のある, のこと, の内部, の宝物, の方

▼ 里~ (14, 0.2%)

1 [14件] が, が一人, が入っ, が立ち上った, が端折, とに教, に好意, の派手, は今, は広い, は起つ, は都踊り, も負け, を傍

▼ 里内裏~ (13, 0.1%)

1 [13件] であった, とさだめられた, とはいえ, なので, にある, になる, にも住まう, のあいだ, のほう, は殿上殿下, へ, までの行列, をお立ち出

▼ 里~ (13, 0.1%)

5 の藤井个原 1 するに, に住吉, に進む, の者, は越中, へ引き返し, へ踏み込み, を被

▼ 里とも~ (12, 0.1%)

2 隔たらぬ盛岡 1 いふ, 参って, 思はる, 申べき, 知らぬ, 知れま, 称んで, 言つて小野小町の, 隔って, 麻布留山とも

▼ 里~ (12, 0.1%)

5 のだ 3 のです 21 のかと, んていう

▼ 里ほどは~ (12, 0.1%)

2 なれた或 1 あった, ありましょうよ, なれたある, なれた町, なれた阿古村, 本野原, 歩いたろうと, 歩かなければ, 路が, 那の

▼ 里しか~ (11, 0.1%)

3 離れて 1 ありませぬ, ない, ないん, ない赤岩村, へだたって, 走れないが, 走れないの, 隔てて

▼ 里ちかく~ (11, 0.1%)

1 [11件] あります, あるの, なつて, になる, の道, もあろう, も歩い, も遠く, 出て, 奥に, 歩いて

▼ 里~ (11, 0.1%)

1 [11件] の上流, の知らない, の道, の香取神社, も徒歩, も歩い, りだと, りで今, りの, り隔たつた, を距

▼ 里その~ (10, 0.1%)

1 上に, 中の, 人が, 可愛らしさ, 尽くる, 川が, 損害は, 次は, 甲州裏街道第, 辺は

▼ 里である~ (10, 0.1%)

1 か判らない, がこの, がモウ松山領内, が少女時代, この港, だけ心細く, と云う, と名, と思う, と言

▼ 里より~ (10, 0.1%)

1 お渡りあっ, その山脈, のりこみ来たったわけ, はるか遠くの, よほど陽気, 一里程海岸の, 任有亭へ, 帰るとて, 持てきぬと, 歩行に

▼ 里三里~ (10, 0.1%)

1 と歩い, と進ん, にもおよぶ, にも及べる, に余る, の夜道, の奥, の山道, の遠出, の雪道

▼ 里~ (10, 0.1%)

2 にすぎない 1 でこの, でしかなかっ, ですから, の北, の彼方, の所, の道, 離れて

▼ 里~ (10, 0.1%)

1 でマラルメ, で自分, と同じ, にあっ, の下宿, の初版, の劇場, の勞働者, の正金銀行, の銀行

▼ 里歩く~ (10, 0.1%)

4 日も 1 あひだ, とか毛抜, と四家, と長岡温泉, ムダが, 足の

▼ 里近い~ (10, 0.1%)

3 道を 1 この湖水, だけに蚋, 山下の, 川へ, 杉の, 樹で, 田畑は

▼ 里ごと~ (9, 0.1%)

1 には肩代り, に人間, に古来, に塚, に変っ, に肩, に色々, に計, の変化

▼ 里にて~ (9, 0.1%)

1 一萬二千餘里と, 之を, 受取るべき爲換, 大戸片里, 大笑いと, 東の, 算すれば, 西側より, 静なる

▼ 里へも~ (9, 0.1%)

1 そのこと, そのよう, 入らなかったこの, 出ず木の葉, 出られまいから, 帰さぬと, 殊に親分, 逃げず首, 野へも

▼ 里もの~ (9, 0.1%)

1 お山を, 山奥に, 山奥へ, 山道を, 涯し, 道を, 遠い処, 遠い田舎, 遠方まで

▼ 里三十里~ (9, 0.1%)

1 である, と他国, と追いかけ追いかけ鞭打った, に渉, の山, の清水港, の遠方, をわざ, をわざわざ

▼ 里以内~ (9, 0.1%)

1 であるならば, にかかる, に歩行, のこの, のところ, の地域, の宿場, の深, の邊

▼ 里~ (9, 0.1%)

3 の子 1 たる所の, の役, を勤め, 今泉氏の, 津下市郎左衛門と, 裏頭を

▼ 里~ (9, 0.1%)

1 きに, き二里距, たつた此印度洋中, った新興, った村里, った汽車, っている, てたる竜神大字, れたる地

▼ 里あり~ (8, 0.1%)

1 うれしいで, て上中下, と, といふ, と答, やと尋, 仏教盛弘する, 対岸には

▼ 里ばかりは~ (8, 0.1%)

1 なれた友達, なれた本郷, なれた町, 別な, 彼自身の, 徒歩である, 櫻樹なほたちつ, 汽車にも

▼ 里へは~ (8, 0.1%)

1 おりて, そこから, 出でず, 出られねえん, 出られません, 往かれないよ, 成るべく行きたくない, 降りぬと

▼ 里~ (8, 0.1%)

1 にある, の, の山, の山里, の峠, の日足, の高手, へ這入り込んだ

▼ 里西~ (8, 0.1%)

1 なる人, にある, に遠い, のロンドン, の美くし, は美濃, へ半, へ行く

▼ 里~ (8, 0.1%)

1 った, ったところ, った処, った国, った天塩川, った所, った通称, って居る

▼ 里鯨之進~ (8, 0.1%)

1 が女の子, が矢留瀬苗子, という有名, の矢留瀬苗子, は大阪, は実行家, は早く, は無恥

▼ 里かの~ (7, 0.1%)

4 道を 1 山路を, 社会主義化の, 遠い郷里

▼ 里くらい~ (7, 0.1%)

1 ありますなど, ある, あるいてるよ, あるん, なるに, 西の, 離れるの

▼ 里ぐらいの~ (7, 0.1%)

1 ものだろう, ものでしょう, ものです, 地である, 夜道は, 追加は, 道程は

▼ 里ちゃん~ (7, 0.1%)

2 の家 1 という子, はこの, はもう少し, はわあっと, も船

▼ 里にわたって~ (7, 0.1%)

1 みちみちて, みぬめ, 今も, 河北の, 翩翻と, 見渡す限り, 雲霞の

▼ 里らしい~ (7, 0.1%)

5 家群の 1 人の, 感じを

▼ 里ぐらいは~ (6, 0.1%)

2 平気で 1 あったろう, あるか, なんだ, 来て

▼ 里です~ (6, 0.1%)

21 がきのう, ぜの, 不浄な, 向うが

▼ 里七里~ (6, 0.1%)

2 の山奥, 歩く日 1 と踏み出す, は離れ

▼ 里下流~ (6, 0.1%)

1 の小松, の日足, の真壁村, の笹, の群馬県佐波郡芝根村大字下, へさがる

▼ 里乃至~ (6, 0.1%)

2 二三十里の 1 一里余を, 二里半と, 五里はなはだしき, 四里を

▼ 里二里~ (6, 0.1%)

2 は歩け 1 にも及ぶ, の山路, の道, も覚束

▼ 里八町~ (6, 0.1%)

1 が間, という, ということ, と申し, の岩木川, の道

▼ 里~ (6, 0.1%)

1 にひらけ, のかた, の海邊, の関, へ下る, を通る

▼ 里能美~ (6, 0.1%)

2 のお 1 という者, のうち, の二人, は口子

▼ 里行く~ (6, 0.1%)

1 ての先, ところに, とその, と交替, のも, 駿駒を

▼ 里あたり~ (5, 0.1%)

1 に巣, の佗, の原士, の旗本, を徘徊

▼ 里この~ (5, 0.1%)

1 川口で, 往復だけにも, 流沙河, 里と, 長浜からは

▼ 里じゃ~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, この白馬, ないか, 一呼吸だ, 待ちぼけくっ

▼ 里ほどしか~ (5, 0.1%)

2 ございません 1 ない, ない山道, なかった

▼ 里また~ (5, 0.1%)

1 一つの, 三時間行乞すつかりくたぶれた, 五里ばかりの, 数百里と, 百里見る

▼ 里までは~ (5, 0.1%)

1 ありませんが, 平気だ, 決して出, 無さそう, 物の数では

▼ 里内外~ (5, 0.1%)

1 その熱心, なるに, の新田, の道中, の面積

▼ 里十六町~ (5, 0.1%)

1 あったらどう, になる, は汽車, ばかり軌道, まさに天下

▼ 里半余~ (5, 0.1%)

2 の道 1 にし, に過ぎざれ, も有

▼ 里~ (5, 0.1%)

2 あむしられ 1 巫の, 石門を, 阿母志良礼

▼ 里宮廷~ (5, 0.1%)

1 で巫女, に対する誓約, の勢力, の巫女, を考へる

▼ 里所得~ (5, 0.1%)

1 はいつも, は十六銭, は十弐銭, は米四升二合, は銭六十二銭

▼ 里昂停車場~ (5, 0.1%)

1 において発見, の六番, へ座席, を発したる, を発っ

▼ 里~ (5, 0.1%)

1 のこの, の句, は信濃, へ三里, へ二里

▼ 里~ (5, 0.1%)

1 などこの, などであった, の学問的, の弟子, 之墨

▼ 里行っ~ (5, 0.1%)

2 ては物見 1 ても掃き, て売り切れる, て売切れる

▼ 里~ (5, 0.1%)

1 といふよし, のけわしい, は最も, をし, を経

▼ 里あろう~ (4, 0.0%)

1 がその, が五百里, という二軒在家, とおかまい

▼ 里からの~ (4, 0.0%)

1 手紙は, 旅である, 道を, 雪路吉田様まで

▼ 里からは~ (4, 0.0%)

1 もう可, 女を, 見えないけれど, 遠く離れ

▼ 里くらいも~ (4, 0.0%)

1 あるかと, ずっと山, 往った, 歩いたこと

▼ 里ここ~ (4, 0.0%)

1 の天嶮, はお, は村, もなお

▼ 里ごころ~ (4, 0.0%)

2 がついた 1 がつい, でもあるまい

▼ 里さき~ (4, 0.0%)

1 の別, の小さい, の庄内川, までまたげます

▼ 里そこそこ~ (4, 0.0%)

1 だね, だよ, でさあ, でもうそ

▼ 里それ~ (4, 0.0%)

1 から清水港, もこれから, より松江, を一日

▼ 里なれ~ (4, 0.0%)

1 ば, ば光, ば帶方郡, ば桂

▼ 里までの~ (4, 0.0%)

2 道行にて 1 あいだに, 道同じ

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 である, で大阪奇人伝中, の頭, は私

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 処にては, 始, 心通薈諸哲心肝于一堂鎔大地精英于一籠藐茲丈室与, 許登乎

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 かと調戯, で死ん, と云う, の広野

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 にはなにか, に云う, に伝うる, に唱門

▼ 里十里~ (4, 0.0%)

1 と歩き出す, の眞白, の道, もの遠方

▼ 里半位~ (4, 0.0%)

1 しか隔, であつ, はあろう, ゐの

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 下野国界二百七十四里去, 常陸国界四百十二里去, 蝦夷界一百二十里去, 靺鞨国三千里

▼ 里~ (4, 0.0%)

3 略載 1 懐く麓

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 と昨夜何処, の抗議, の抗議別項, の故郷

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 先生時ならぬ, 宗匠つくる, 宗匠の, 宗匠よほど

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 あとより, 茶漬と, 著駅に, 遠慮なくお

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 の稲妻, の笑, の細君, の薄

▼ 里手前~ (4, 0.0%)

1 で一支え, に湾入, の, の町

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 という女, の家, の生首, の釵

▼ 里行き~ (4, 0.0%)

1 しかば春花, て家並, また半, らしいかみさん

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 にこすき, に一番掘二番掘, に掘, に雪

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 に亘っ, に家, の流域, は更に

▼ 里隔たった~ (4, 0.0%)

1 この山中, ランデックという, 万太郎山に, 自家の

▼ 里~ (4, 0.0%)

1 が見かける, となっ, に及ぶ, の松原

▼ 里雨雲~ (4, 0.0%)

4 よせぬ牡丹

▼ 里あつ~ (3, 0.0%)

3

▼ 里あまり山~ (3, 0.0%)

1 の中, の方, を越え

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 ぎやかもいがふしまあかとだる, 六の, 膝元も

▼ 里おき~ (3, 0.0%)

1 にならん, に適当, の要

▼ 里かは~ (3, 0.0%)

1 あるだろう, 大した相違ぢ, 自分で

▼ 里くら~ (3, 0.0%)

2 ゐも 1 ゐの

▼ 里げしき~ (3, 0.0%)

1 と申す, の, の唄

▼ 里これ~ (3, 0.0%)

1 だけ続い, は熟路, も亦

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 がした, のみ遠い, 戻つた

▼ 里さえ~ (3, 0.0%)

1 その姿, 分らなくな, 越して

▼ 里ずつ~ (3, 0.0%)

1 あるく長, かけ歩くという, またいで

▼ 里ずつの~ (3, 0.0%)

1 旅を, 距離の, 距離を

▼ 里そこ~ (3, 0.0%)

1 から夏, から小野市, に板倉沼

▼ 里でございます~ (3, 0.0%)

1 からお, だがこの世, な

▼ 里とか~ (3, 0.0%)

1 二里とかいう, 云う旧幕時代, 言いましたね

▼ 里として~ (3, 0.0%)

1 ロマンチックな, 名高いところ, 栄えたの

▼ 里との~ (3, 0.0%)

1 交通の, 間に, 関係も

▼ 里なりに~ (3, 0.0%)

2 立て 1 立てて

▼ 里びと~ (3, 0.0%)

1 の疑問, の話, の誰

▼ 里へだてた~ (3, 0.0%)

1 クロア・ド・コルバの, ロブノール湖へ, 尾道まで

▼ 里もがな~ (3, 0.0%)

2 二人ぬる 1 ふたりぬる

▼ 里やら~ (3, 0.0%)

1 五十里やら, 平次の, 方角も

▼ 里上流~ (3, 0.0%)

1 の前橋附近, の前記小鱸, の吹割滝

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 で一台, の人里, の関川崎屋久助

▼ 里下り~ (3, 0.0%)

1 一里, 一里半の, 二里は

▼ 里二十七町~ (3, 0.0%)

1 と云つて, のこの, の丁場

▼ 里二十里~ (3, 0.0%)

2 歩く日 1 へゆく

▼ 里何町~ (3, 0.0%)

1 か, かの道路, と刻ん

▼ 里十二町~ (3, 0.0%)

1 というホン, といわれた, にし

▼ 里半以上~ (3, 0.0%)

1 も歩かなけれ, も背, やがて六里

▼ 里南北五里~ (3, 0.0%)

1 がほどに二三十町, というひろい, に及び

▼ 里向う~ (3, 0.0%)

1 に霞ん, の村, へ行っ

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 の京, の傍, の正殿百浦添

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 なづむも傚はず, の夏, を続け

▼ 里~ (3, 0.0%)

2 から陸上一里半海上一里半 1 の塵森越し

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 の祝, へりの, を許され

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 が廣, にし, は五六町

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 である, に當, の道

▼ 里彼方~ (3, 0.0%)

1 なる櫻木大佐, に蟻, の敵

▼ 里或は~ (3, 0.0%)

1 五六十里と, 數百里の, 深くて

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 なりと小弟曽而長崎ニニ, なるべし, にし

▼ 里~ (3, 0.0%)

2 から愛鷹山 1 という所

▼ 里村巡査~ (3, 0.0%)

1 が電話, にたのまれ, に頼まれた

▼ 里東方~ (3, 0.0%)

3 に江戸

▼ 里殿~ (3, 0.0%)

1 に心から, の聲, めでい

▼ 里程度~ (3, 0.0%)

1 のところ, の深, の速度

▼ 里舟中~ (3, 0.0%)

2 に我月 1 我が臍

▼ 里虎徹~ (3, 0.0%)

3 の一刀

▼ 里見通し~ (3, 0.0%)

1 その一目, の利く, の原野

▼ 里~ (3, 0.0%)

1 かの極, なせい, の川

▼ 里進ん~ (3, 0.0%)

1 でふと, でネータン, で其深林

▼ 里遠く~ (3, 0.0%)

1 で聞い, 山遙に, 静かなる

▼ 里降り~ (3, 0.0%)

1 を待ち, 二里を, 十五里あり

▼ 里隔たり~ (3, 0.0%)

1 たる山中, たる郷里, ても斯

▼ 里隔て~ (3, 0.0%)

1 し桂, て橋本, て立ち話

▼ 里馴れた~ (3, 0.0%)

1 ものと, 遊女が, 魚狗が

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 つたには

▼ 里あっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃア仕様, てそこ

▼ 里あまり北の方~ (2, 0.0%)

1 へ行った, へ行つた田舍

▼ 里あゆみ~ (2, 0.0%)

1 とう, 二里あゆみ

▼ 里あるい~ (2, 0.0%)

1 て天竜, て袴腰

▼ 里あるいた~ (2, 0.0%)

1 頃不, 頃珠運様と

▼ 里あるいは~ (2, 0.0%)

1 三十里位行っ, 五六十里程度の

▼ 里がほどに~ (2, 0.0%)

1 二三十町ずつを, 流沙河と

▼ 里くらいの~ (2, 0.0%)

1 ところに, 所である

▼ 里ぐらいずつ~ (2, 0.0%)

1 歩いたが, 歩き疲れると

▼ 里ぐらいも~ (2, 0.0%)

1 往った, 登ったでしょう

▼ 里ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 あるかも, 歩いたらうくたぶれた帰庵

▼ 里ぐれえ~ (2, 0.0%)

1 の道, 何でも

▼ 里けっぱい~ (2, 0.0%)

1 だ, になっちまうだろう

▼ 里ことば~ (2, 0.0%)

1 は子供, をまぜこぜ

▼ 里すなわち~ (2, 0.0%)

1 七里の, 小島なる

▼ 里ずみ~ (2, 0.0%)

1 に老いぬ, の春雨

▼ 里そこら~ (2, 0.0%)

1 しか無い, で御座いますから

▼ 里そして~ (2, 0.0%)

1 所得は, 汽車熊本市彷徨

▼ 里たらず~ (2, 0.0%)

1 の道, の間

▼ 里だって~ (2, 0.0%)

1 歩けるん, 返す習慣

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 やから三四十二里, やぼや

▼ 里での~ (2, 0.0%)

1 作である, 失敗を

▼ 里といつて~ (2, 0.0%)

1 もよい, もよから

▼ 里とかいう~ (2, 0.0%)

1 のです, 事で

▼ 里とて~ (2, 0.0%)

1 このふたり, 七つの

▼ 里とりよろ~ (2, 0.0%)

2 ふ丘

▼ 里とを~ (2, 0.0%)

1 同一の, 眺めた

▼ 里などと~ (2, 0.0%)

1 書いて, 申しますが

▼ 里などという~ (2, 0.0%)

1 今で, 恋人たちを

▼ 里などの~ (2, 0.0%)

1 浦, 色繪もの

▼ 里などへ~ (2, 0.0%)

1 帰つて, 越ゆる

▼ 里なら~ (2, 0.0%)

1 ば, パツシイとも

▼ 里なり~ (2, 0.0%)

1 三里なりの, 流されて

▼ 里なりし~ (2, 0.0%)

1 ことを, シヤルルの

▼ 里なりと~ (2, 0.0%)

1 いう, 之を

▼ 里なんて~ (2, 0.0%)

1 ところは, 名前から

▼ 里について~ (2, 0.0%)

1 三万両も, 千二百三十三尺一町に

▼ 里にては~ (2, 0.0%)

1 また前, トレドと

▼ 里にでも~ (2, 0.0%)

1 行つた帰りといふ, 遣って

▼ 里にわたり~ (2, 0.0%)

1 その間往々, 四日間の

▼ 里はずれ~ (2, 0.0%)

1 の一本, まで持っ

▼ 里はん~ (2, 0.0%)

1 でござい, でございよろし

▼ 里ばかし~ (2, 0.0%)

1 先の, 支線を

▼ 里ばかりしか~ (2, 0.0%)

1 歩けなかった, 離れて

▼ 里ばかりと~ (2, 0.0%)

1 思われる向う, 答う

▼ 里ばかりという~ (2, 0.0%)

1 ように, 処まで

▼ 里ばかりにて~ (2, 0.0%)

1 候其間に, 足を

▼ 里ばかりを~ (2, 0.0%)

1 距たった, 隔てた川上

▼ 里へだて~ (2, 0.0%)

1 て, て吹い

▼ 里へと~ (2, 0.0%)

1 出かけた, 流れ下

▼ 里へなんぞ~ (2, 0.0%)

1 下りるもの, 踏み込もうもの

▼ 里ほどで~ (2, 0.0%)

1 栂の, 舂米という

▼ 里ほどを~ (2, 0.0%)

1 悠々と, 桜狩りし

▼ 里もう~ (2, 0.0%)

2 里へ

▼ 里もし~ (2, 0.0%)

1 その老年, 車道を

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 ふべの, 送り来し春

▼ 里よりは~ (2, 0.0%)

1 一月も, 山の

▼ 里を以て~ (2, 0.0%)

1 封ぜんこと, 計上し

▼ 里ヶ濱~ (2, 0.0%)

1 の波, の高い

▼ 里三時間~ (2, 0.0%)

1 の航, ばかり行乞

▼ 里下がり~ (2, 0.0%)

1 が命じられ, を命ぜられ

▼ 里下っ~ (2, 0.0%)

1 てスサノオノミコト, て大野木

▼ 里下る~ (2, 0.0%)

1 と柿, と沼山津村

▼ 里九町~ (2, 0.0%)

1 走って, 走って程

▼ 里二百里~ (2, 0.0%)

1 とちりちり, の道

▼ 里五十里~ (2, 0.0%)

1 の遠方, を普通

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 は煤だらけ, もなお

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 にもまだ, をそそのかし

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 にこの, に河童

▼ 里住み~ (2, 0.0%)

1 のを, の身

▼ 里何百里~ (2, 0.0%)

1 の山河, も奥

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 たといつた時分, たもう

▼ 里入った~ (2, 0.0%)

1 ところに, 平野の

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 に横, 臣鎌足の

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 伊都國官曰爾支副

▼ 里北上川~ (2, 0.0%)

2 に架けた

▼ 里北方~ (2, 0.0%)

1 にはいりこん, に弘前城

▼ 里十數里四方~ (2, 0.0%)

2 にも及ん

▼ 里十町~ (2, 0.0%)

1 にも及び, 正に堂々たる

▼ 里半櫻~ (2, 0.0%)

1 の數, の連なる

▼ 里南北三里二十七町~ (2, 0.0%)

1 と云つて, のこの

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 シチリアの, 養堂

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 の本栖, 西倫野外風光未見春遥憶故国三月末東台山下賞花人

▼ 里四方お構い~ (2, 0.0%)

1 に相成りおる, の孫平治

▼ 里四方位~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 里四町~ (2, 0.0%)

1 ありやんす, にし

▼ 里四里~ (2, 0.0%)

1 の遠方, の間

▼ 里城中~ (2, 0.0%)

1 にあった, の無数

▼ 里外目~ (2, 0.0%)

1 の夏, の空

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 竹木叢林有三千許家差有田地耕田猶

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 に迫る, のうち

▼ 里大阪~ (2, 0.0%)

1 から鳥取, へ二百三十五里

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 っても奔, り後

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 の足, もそろそろ

▼ 里官曰多模~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 里宮参籠記念~ (2, 0.0%)

2 のお札

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 から持つ, へもどった

▼ 里小沼~ (2, 0.0%)

2 を合せ

▼ 里小野塚鉄斎~ (2, 0.0%)

1 のお, の道場

▼ 里少々~ (2, 0.0%)

1 余の, 草臥れた

▼ 里少し~ (2, 0.0%)

1 でした, 馬返しまでは

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 のよ, 又山

▼ 里山科~ (2, 0.0%)

1 のあたり, へ通う

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 に見つ, の方

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 に堂宇廃頽

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 さ二里江戸の, さ八十里重

▼ 里往く~ (2, 0.0%)

1 と蘇州, と道ばた

▼ 里徒歩~ (2, 0.0%)

1 して, で三里

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 はわざわざ, は急

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 はきぬ, はこの

▼ 里扶持~ (2, 0.0%)

1 をやり, を払っ

▼ 里數日數~ (2, 0.0%)

2 を誇張

▼ 里方面~ (2, 0.0%)

1 に参謀演習旅行, に進撃

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 の蚊

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 が暮れ, 着きする

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 は島

▼ 里木盟~ (2, 0.0%)

1 の内, の札薩克図王旗

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 ては休み, ては憩い

▼ 里東西~ (2, 0.0%)

1 の幅, の最長十一二里

▼ 里栄はん~ (2, 0.0%)

1 のお, の姉妹

▼ 里歩ける~ (2, 0.0%)

1 かお前, ところが

▼ 里殿内真和志~ (2, 0.0%)

1 の平等, の比等

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 に大, に溜池

▼ 里江戸~ (2, 0.0%)

1 の大半, へ何里

▼ 里汽車~ (2, 0.0%)

1 でも六里, で三里

▼ 里王朝~ (2, 0.0%)

1 で認め, の頃

▼ 里登っ~ (2, 0.0%)

1 ては休み, ては憩い

▼ 里百里~ (2, 0.0%)

1 と云, と興

▼ 里眉毛~ (2, 0.0%)

2 に秋

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 あ太, はここ

▼ 里筑後境~ (2, 0.0%)

1 の物静か, の物靜

▼ 里茶屋~ (2, 0.0%)

1 に至る, も宿屋

▼ 里薩摩~ (2, 0.0%)

1 に近い, へ九十七里

▼ 里行け~ (2, 0.0%)

1 と命ぜ, ば十人

▼ 里行った~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところには

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 で道中

▼ 里西北~ (2, 0.0%)

1 に進む, は明石夫人

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 て, て来い

▼ 里記者~ (2, 0.0%)

1 が一問一答, に会っ

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 で訊く, を聞く

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, に入る

▼ 里近く山手~ (2, 0.0%)

2 に入った

▼ 里進ま~ (2, 0.0%)

1 ば十里, ば敵

▼ 里進み~ (2, 0.0%)

1 六分の勝を, 十二日に

▼ 里進む~ (2, 0.0%)

1 ところは, にも偵察

▼ 里~ (2, 0.0%)

2 かに離れ

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 み小野, 境意ニ任セテ悪行シ頗ル国家

▼ 里遥か~ (2, 0.0%)

2 に離れ

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 に布く, に栄

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 如来, 如来と

▼ 里~ (2, 0.0%)

1 なところ, のない

▼ 里飛脚~ (2, 0.0%)

1 でいっ, の廃止

▼ 里鴉畠~ (2, 0.0%)

2 をあら

▼1* [1008件]

あちらの町, 里あっちから赤軍分遣隊, 里あとなほ十里をひか, 里あまくさです, 里あまり一つの川, 里あまり丑の刻, 里あまり二里ほども歩い, 里あまり南足立郡沼田村にある, 里あまり四時間あまり釣つたので, 里あまり奥へはいつた, 里あまり奧の院, 里あまり峠上の飴, 里あまり往って深林, 里あまり手前にある, 里あまり武生の宿, 里あまり登つて芳ヶ平ヒユツテーがある, 里あまり西寄りのところ, 里あまり言語も習慣, 里あまり距つた小ひ, 里あまり過ぎた頃お, 里あまり道程のある, 里あまり闇の中, 里あまり雪路を歩い, 里あまり電車に乗, 里ありましょうか, 里ありますな, 里ありませうかと訊ねたら, 里あるき五里六里行き段々, 里あわただしの旅, 里たりつい, 里いちめんが火, 里いつの幾日, 里いまは, 里うちですもの, 里うまい十三里の, 里うまれの人, 里うまれであったことよ, 里うわもりあんじ, 里おき三十里おきの要, 里おき二里おきにならん, 里おそくもほのぼの, 里おもはくの, 里およそ七万八〇〇〇ポンドの, 里お山どめ, 里かけるにも四時間, 里かしか歩かないけれど, 里かたに歸つて, 里かで鶏の, 里からも紫の, 里かを歩きつづけた, 里がほどはずつと深さ數尺, 里くたびれ果て, 里くらいは歩くでしょうから, 里ぐらいしか飛ぶ力, 里ぐらいで海へ, 里ぐらいに当たる, 里ぐらいを往復し, 里ぐらゐの田舍路を長袖, 里ぐれえあるかね, 里ぐれえなもんだ, 里こちらへ逃げた, 里こと田村成義が雑誌, 里こなたに有り, 里こんな山の, 里こんもりと見え, 里前進あらん, 里ございます丁度これ, 里さうなと, 里さながら蜘蛛の, 里さりて野, 里て行く, 里しかし河川の, 里しきゃないんだ, 里すこぶる運輸の, 里すすむとかなた, 里すると岩山の, 里すれば八日, 里まひ, 里ずみ三月うらわかき人, 里そこで川を, 里それから山田温泉まで, 里それに江戸と, 里そんなに遠いほどの, 里たちまちに供, 里たらずだ一息だ, 里たらずだろう平気さあ, 里だけが平々凡々たる, 里だけのことであろう, 里だけはいつも人力車, 里ださうだねえ, 里だにもなし, 里だらうが天国, 里だろうと三里, 里ちかい下りとな, 里ちかきあたりの, 里ちかし朝靄みちに, 里ちだがなし, 里っていう道のりだ, 里っ子ちびっ子ようい, 里ついに江陵に, 里つきあたりに, 里つづきの野道, 里つづき咲く梅しろき, 里つづくとも知れない, 里であったからそれら, 里でうじゃつい, 里でござんす, 里でしたなまだ, 里でに目を, 里といへり, 里といったところでしょう, 里といふは六角辺の, 里とおくは蝶, 里とでもいう処, 里とばかり思って, 里ともに七十余日の, 里と共に滿洲に, 里どこを聞い, 里どころか三露里も, 里どちらへ走っ, 里ない所に, 里ながら父なくなり, 里ながらもえらいところ, 里などでは彼の, 里などでも以前は, 里などへも手紙を, 里ならずして風雨, 里ならでは見られぬ, 里なんともないさ, 里においてしばしばルウヴル博物館, 里における雨量の, 里にかへつて日が, 里にだけは出て, 里にといふ事から, 里になぞやらなくつて, 里にのみ現れるの, 里にやゐられねえ, 里により計算せし, 里に程を記する, 里のねざめにきこゆなり北白川の, 里はがき一枚の差紙, 里はなはだしきは十里, 里はるかなる善導寺, 里ばかしの村に, 里ばっかり離れた上ブローホフ村, 里ばなしに交ぜ, 里ひと日にのし切っ, 里びとがそこに葬つたという言伝, 里びとをたずねて聞き合わせると, 里びと苗代づくる, 里ぶちを払っ, 里へだたっている, 里へだたってる空の, 里へといふ格か, 里へとは物の, 里へとも思ったが, 里べで見た女, 里ほどずつ離れて, 里ほどずつも東京の, 里ほどな額田郡細川村へ, 里ほどに柳生, 里またげるその長い, 里まだ私達の, 里まっすぐにまいれ, 里までやつて来ます, 里まるで敵に, 里て啼いた, 里みな識ところなり, 里めかしてこましゃくれた, 里もござりましょう私は, 里もしくは何百里の, 里もっとおすやろ, 里もとは杉檜, 里もみぢ屋という宿, 里もり城, 里もをはりに, 里ゆき二里ゆき三里ゆき, 里ゆき三里行き村のある, 里ゆくにも偵察, 里あんたどう, 里よというので, 里よりも短少, 里ある辺, 里わけたる君がか, 里をへだつる中蒲原郡橋田村大字西四つ屋, 里をも子ら見よ, 里エダンからサン・ポル, 里オダルゼニバコ街道とチトセ, 里カツ飛ばすほどの, 里カラフトでは約, 里カンチャンという大きな, 里クロスカンツリーレースを行ろう, 里コンミユンのこと, 里サン・ポルからアラス, 里シャンハイ河口なる呉淞, 里ツ子にやつ, 里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 里ドライヴしましたが, 里去ル例ナレドモ, 里ニシテ足尾銅山アリ其採鉱製銅ノ際ニ生ズル所, 里ハ槙寺尾下ヘ手猪, 里バスの出る, 里フアルコネツトオ銀行に振り込みたる, 里マナサロワールという大, 里ヤグラ嶽の麓, 里リンクスから仁田峠, 里行クモ群行スルトキハ二十里ニトドマル, 里ヶ濱邊で春, 里一十四町二十一間半下之島の沿海周, 里一名書生の羊羹, 里一回短い所, 里一寸の松明, 里一時間で一分, 里一杯の元気, 里一番奥の昔, 里一路松の山温泉, 里一里にも目, 里丁度湖の, 里七丁岩村田なり, 里七十四銭は高い, 里七町四十九間半とあり, 里七笑顔当世姿御存商売物, 里七里八里も遠し, 里万田苦味生居末光居, 里三丁上高井戸まで十一丁, 里三十一町一十九間半とあれ, 里三十丁といふ標柱, 里三十二文それもこれ, 里三十二町半を燒, 里三十四丁二十七間の丁場, 里三十町あると, 里三十町京へ百二十九里二十八町, 里三十銭位でもあろう, 里三千里の三種, 里三平等の大, 里三日に足尾, 里三比等の大, 里三浦半島の突端, 里三町に相, 里三町それをたどれ, 里三里先へ出, 里三里四里の遠方, 里三里四里あまりの草, 里上がると出る, 里上流利根川と吾妻川, 里下った谷間に, 里下りましたと申, 里下り三里の峠, 里下れば木山町, 里下山して, 里下浦の沖合四十尋, 里且つ蒲田温泉へは, 里畔皆, 里両手にてひしと, 里両神山頂まで半, 里にも親, 里中央に一つ屹立, 里中津の士民, 里中間あまねき地, 里愛で君, 里主所之殿, 里久々で俊和尚, 里久万町札所下とみや, 里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 里久賀本郷駅なり, 里乗る事も, 里は一日, 里九丁ござります, 里九丁須原の駅, 里九人衆などいずれ, 里九十四間の自然石段, 里九州肥後熊本五十四万石細川侯の行列, 里九里も男, 里二十丁程ある, 里二十丁京へ三十六里半, 里二十七丁という事, 里二十三丁の手前, 里二十三号の宅, 里二十九町掛川から袋井, 里二十二町と書い, 里二十五町ある, 里二十八町というところ, 里二十八町岡田から松本, 里二十四丁あわせて, 里二十町京へ三十六里半, 里二十町南北七里十町にも及び, 里二十里おきに適当, 里二十里先島へまで運ん, 里二十里韋駄天のよう, 里二日の路, 里二日市町わたや, 里二町これが本栖湖, 里二里ごとに肩, 里二里位あるところ, 里二里熊笹の中, 里五丁中津川駅なり, 里五十九歳の梅翁, 里五十町一里ありと, 里五時間あまり行乞する, 里五町で北又川, 里五町南北一里十二町といわれた, 里五町沓掛から追分, 里とんべ, 里交野から実母, 里へ三里水, 里京都へ二百四十八里, 里から戻った, 里は一日, 里人目には平凡, 里今夜も, 里今日過くる所幾乎, 里今津駅なり, 里付近の下流, 里以上なにも食わずで, 里以上三里近くもあろう, 里以上五里半は慥, 里以上十里以下のもの, 里以上女は勿論, 里以上距つたと思はる, 里以下のもの, 里以前舜天氏時代の都, 里以外のこと, 里伊勢野の起原, 里伊尾木橋畔日の出屋で, 里伊豆の出島十国峠, 里伊賀国柳生の里, 里伸して不破, 里位いの深山, 里位下に遠, 里位燧岳の紅葉, 里の春雨, 里住いをいたす, 里住居のたまもの, 里の池, 里何んでもねえ, 里余あやめが浦, 里余かなりの道程, 里余り三晩も泊り, 里余り先の寺, 里余り南の猪之頭, 里余り村落のなき, 里余り沿道十四里の間, 里余り無人の地, 里余り道はそこ, 里余り鉱泉宿から, 里余丁度五合目に当っ, 里余上りてチスパニー, 里余四面海水皆濁るに, 里余杉樅の大木道, 里余楯岡の砦, 里余甲州街道の古い, 里余皆多くは漁猟, 里余福建海岸へは二百里, 里余美篶村六道原漬大根の産地, 里余青嵐眉にせまる, 里俗元と表町裏町, 里俗唱門が辻子, 里俗鰡堀へ差, 里信州白骨へ通ずる, 里修貢遠誠, 里の軍, 里いました, 里元気を出し, 里先島へまで運ん, 里先生彼の人, 里先鋒は三段, 里か善主以登, 里児島を廻る, 里田園処処春風草色喧欲問一千年古跡牧童教我杏花村, 里全体が定, 里八丁の道, 里八丁下諏訪の駅, 里八丁京へ百三十三里十四丁, 里八王子へ二里半, 里八町人里もなく, 里八町夜道には少し, 里八町横は三里, 里八町碓井峠の険しい, 里八重山島群からは北, 里八重櫻相連なりて, 里八銭の俥, 里八銭見当の俥, 里公乘成貴年卅六, 里公乘陽慶慶年七十餘と記し, 里公乘項處と記せる, 里公使の奧, 里公園の小暗い, 里六丁という, 里六丁美江寺駅に到る, 里六時の汽車, 里六町の里程, 里六里離れて, 里六里山路野道を分, 里六里行き段々遠く, 里其処から手取川, 里其領地はアッシリア, 里内外徒歩して, 里内校長先生である, 里内裏老木の花, 里はづれると遙, 里出たところの, 里分かぬかげを, 里別郷別に木, 里利根川べりに行きあたる, 里の研究, 里から既に, 里前後なるを, 里前方へ出, 里剣術大名柳生対馬守の弟, 里力任せにたち割った, 里之二十歳, 里れた, 里相夫子, 里を計った, 里の徒弟学校長, 里十一町あり, 里十七町で枝折峠, 里十七町三輪桜井八木へ出, 里十七町弱南北約二里三町, 里十三丁さかのぼると, 里十三州は三倍, 里十九丁高崎駅なり, 里十九町で幅, 里十二丁三十一文の駄賃, 里十二町たかや駅, 里十二町富田駅にいたる, 里十五丁五十九間半とあれ, 里十五里と歩み行き, 里十何丁上井出の村, 里十何町かの往復, 里十余町町数にし, 里十八町を通っ, 里十八町藤原村と峰, 里十八里の道, 里十六丁松井田駅なり, 里十六町京へ二十二里六丁, 里十四丁ということ, 里十日の日数, 里十時頃に着いた, 里十町余反別としては千七百五十八町余, 里十町刈谷原から岡田, 里十町青柳から会田, 里十里脇よりも聞き伝え, 里千里を隔つる遠方, 里卅丁板鼻駅二里十六丁松井田駅なり, 里卅二町とあれどこ, 里半お昼少しまえでした, 里半ここが立山温泉, 里半下流の宮津, 里半五条の町, 里半以上二里近い道, 里半余石ころの田舎道, 里半六里などと申します, 里半分は汽車, 里半十一時に着い, 里半南北はごく, 里半喬松生へつ, 里半四十七文とな, 里半四国の讃州高松, 里半垂井の次, 里半小沼は僅, 里半山の影, 里半市内電車の終点, 里半幅は一里半, 里半広島から隔たる, 里半府中の宿, 里半手土一万石立花出雲守の城下, 里半有名な関, 里半汽車の窓, 里半沓掛まで汽車, 里半泊を急ぐ, 里半畠山の小屋, 里半真っ白に聳える, 里半稲葉へ曲ろう, 里半芦泥田砂原などの広い, 里半西の外れ, 里半足らずにある, 里半足らず敵を討つ, 里半車夫などにお尋ね, 里半銀峯山の中腹, 里半鞠子の宿, 里半頂上間近になれ, 里半鳴海へ二里半, 里南下した西海岸, 里南北は五町, 里南北一里二町これが本栖湖, 里南北七百里十三州は三倍, 里南北二十四町の城壁, 里南北二里ばかりというよう, 里南北十余里というよう, 里南方に當つて, 里南関外目にも帰省, 里単調な田舎道, 里卯月駅なり, 里即ち牛頭山に, 里厚狭町小松屋といふ安宿, 里原田駅なり, 里去りて往き, 里及び多大の, 里台南の極み, 里台湾では約, 里右馬介がやがて, 里の知れない, 里名島から松ヶ崎, 里向こうから, 里吹流されましたか, 里を失ふ, 里和泉の国, 里是れ, 里善導寺或る, 里囃子うれしとも, 里四スーのわり, 里四世の孫, 里四方一軒の人家, 里四方以内に於, 里四方位どこを掘っ, 里四方刀斧入らざる深山, 里四方境内一万六千余坪の寺内, 里四方妖氣が棚引い, 里四方小丘の起伏, 里四方平原で人家, 里四方柵門のない, 里四方瓦がとび, 里四町見附から池田, 里四里あまりの草, 里四面もある, 里土人旅人の云ところ, 里土称林崎という部落, 里が走れる, 里地方には家屋敷, 里にし, 里垂井から一里余り, 里城内には多く, 里城附近否首里城中にあった, 里埴土肥厚かならず百年, 里堡青島上海南京杭州蘇州これだけを約, 里堺原駅にいたる, 里をもおそれ, 里外十年の囚, 里外心にまかせ, 里多くは平地, 里夜道を俥, 里大井岩村苗木なぞの美濃, 里大宰府にいたる, 里大小の兵船, 里大島までは馬車, 里大抵足駄を, 里大明神の門前, 里大沢へ約, 里大菩薩峠のふもと, 里大街の一, 里大豆の配給, 里天加那志即国王の御, 里天加那志美御機, 里天台宗の乞食坊さん, 里太古に氾濫, 里夫人明石夫人なども来会, 里さえ小石一つ, 里奈良より堺, 里奈良田へは一里半, 里奚孟明視等が捕虜, 里奥山へ分け入った, 里奥州中村六万石相馬大膳亮殿の家臣, 里の同じ, 里女房たちを取調べた, 里奴國より不, 里好子寝言に事寄せ, 里姉妹の平和, 里姨捨山のほとり, 里威性居士は天保六年十月五日, 里に効, 里婦人の特色, 里宇根駅紙屋林蔵の家, 里安房の最北端, 里宛行軍したッけが, 里客中の遭遇, 里宮参詣の山道, 里富士見白酒名物を一つ, 里あり寺号, 里寺子屋の段, 里建氏の, 里對馬へ九十九里半, 里小城を通ぜる, 里小浜近くまで行かない, 里小路に油, 里小野塚鉄斎道場に鳴らした, 里尾道駅なり, 里居がちにいかにも, 里山中人跡稀なり, 里山吉ヶ平迄供奉, 里山越にて杉谷, 里山路野道を分, 里山間の大子駅, 里山麓まで車, 里は皆懸崖, 里はまだ, 里近い下流, 里川下の庄原, 里川中島から東南, 里川原湯まで濡れ, 里川口在善根宿, 里川縁の柳, 里川舟にて岡山, 里川辺の里伝, 里左折して, 里に, 里巴里から離れた, 里帯来其意一何厚也既帰欲遺一物以表謝意, 里帰りが二里, 里帰途の暑, 里かな一仙境, 里平地みたいになだらか, 里平山と小, 里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 里平面ばかりで, 里年々の往還, 里幹川の流路, 里府中町へ買った, 里廻って帰る, 里弁慶がどう, 里弱下末吉村へと行, 里弱伊通河の左岸, 里弱午前中に谷津, 里強北に当っ, 里強成田より二里弱也, 里当日伴天連ろどりげ同道, 里彦根から六里, 里役一両三分と定めたい, 里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 里往いてしばらく, 里往きだけで日, 里往けねえと困る, 里往復で六里, 里後方に退い, 里御用道中ですから, 里忽飛然, 里思い立ったら歩けぬことは, 里急いでも三日がかり, 里急流を登っ, 里恋しさを, 里恵那の山近く, 里悉く指呼の, 里悲しきことのみ, 里慣れて来, 里慣れた新吉にも, 里懐かしさ人恋し, 里我が四十里餘り, 里我思を埋, 里戻りのお, 里房州安房郡辺では, 里まえ松戸, 里打ち過ぎて, 里折田を離れ, 里支川を合せた, 里支那の染付, 里故郷までも東京, 里数寄を凝らせる, 里数百里を距, 里數日數及行路の状況, 里断崖の上, 里旧識, 里新坂から掛川, 里方角は北, 里旅行日数二週間内外なるべく人, 里日報を出し, 里日奈久温泉織屋, 里日本の約, 里日見峠なり, 里早馬としても非常, 里昂市ヴァンドオム町のいぶせき, 里昂製の白, 里明白ならば, 里明石などである, 里星越山麓あさひや, 里の劇塲, 里暮れて宿, 里曲物の器, 里最も近い久米赤島, 里月夜野橋を渡る, 里有るんでしょ, 里有余海へ出, 里有岡名曰大櫛, 里有松と落合村, 里望み見て, 里望郷の情, 里の曲弾, 里朝時代にはす, 里木さんという, 里木旅館は傾けり, 里歸人, 里駄賃百五十文, 里本庄町さぬき, 里本所は水, 里村二代昌叱三代昌琢, 里村元祖昌休紹巴里村二代昌叱三代昌琢, 里村兩家の承, 里村地方ではそこ, 里村宗家は恐く, 里村某なるもの, 里村狂蔵の四名, 里村紹巴から使い, 里来たところで, 里来るうちに, 里東京に依っ, 里東寧ポクラニチア等北満の南北, 里東行百里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 里東西三四里山が川, 里東西二里もあるべく, 里東西数里にわたる, 里松並木畷も家, 里松崎双之介居, 里松附近より角度, 里柏原へ一里, 里の出現, 里栄桃龍だの, 里栗橋に出, 里の唯一, 里梨寺に, 里梶内より右折, 里梶棒握って, 里という所, 里榮里葉玉勇などの名, 里横二十里の小, 里横須賀への往復, 里樹木鬱蒼たりと, 里でもな, 里正に催促し, 里の姪の浜, 里此方に候, 里此處三十里の隔て, 里武州の御岳山, 里武州青梅の宿, 里歩いたら泊まれるかとついつい, 里歩き出してみる, 里歩き続けたことでしょう, 里歩けますか, 里歩まずば参り得ぬ, 里歩み左方に, 里歩みぬまたおかしから, 里歩むつもりだつた, 里歩るいてきた, 里歩行いたとも, 里殿内を真和志, 里母知弖劔大刀許之爾等里波伎, 里毎位に突き出, 里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 里も交っ, 里民たちは旅人たち, 里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 里江上を行く, 里に鋸山, 里泊舟天草洋といふ詩, 里法九十里にある, 里法師じゃがな, 里法華ヶ嶽という山, 里の上, 里洲中ニ在り今, 里流れ流れて, 里浪華江の大, 里海上の渡, 里海内小山あり毎, 里深山の古い, 里の赤い, 里渋川町地先からさらに, 里温泉丈けである, 里より出, 里ノ平, 里溯った塚田村に, 里漁村浜崎を過ぎ, 里漆間の翁, 里漕ぎ出し海に, 里漢陽の荘麗, 里州街道に, 里に沿, 里災ニ罹リ一時仮館, 里烏巣の要害, 里焼山の茶店, 里熊笹を排し, 里よりも大きく, 里独り南を枕, 里狭山の丘, 里玉川の東一里, 里に屬, 里王府神歌御双紙, 里王朝盛時なら生きながら, 里現在二十三ヶ町村の沃土, 里生活の間, 里田村で開かれた, 里田舍ながら大, 里甲州街道から十丁, 里甲州裏街道が甲斐国東山梨郡萩原村, 里甲府の停車場, 里町間とか丈尺寸, 里界隈隣国大和よりも人郡集, 里白くして, 里白楽天などの銘花, 里百七十五歩の長方形, 里百十五歩南北十五里百七十五歩の長方形, 里百十四次の長い, 里に出られた, 里目的す土地, 里相州の馬入村, 里眞夜中過ぎの往來, 里北に, 里砂川に傍, 里硫黄ヶ滝までは尚, 里磚瓦をもっ, 里神崎橋を渡つて行乞, 里が行, 里祭りの多い, 里福地温泉があつ, 里移動して, 里程なく二升庵の, 里稲荷山から麻績, 里穴生に早苗, 里寒き奥州, 里空しく魏船は, 里立地に銀世界, 里立方の分銅, 里竜胆は熊野, 里竹友藻風の諸氏, 里の景情, 里筑紫の海, 里紀行を読む, 里二ヵ月の, 里納めならぬ那覇納めならぬ, 里て汽車, 里は立斎, 里縦三里に余る, 里美々津町いけべや, 里美濃の山近江, 里群馬県下で一番, 里羽犬塚或る, 里の傳説, 里聞えた加賀の, 里よりも聞き伝え, 里自動車が間断, 里舞ぎぬほさぬ雨の日, 里ふらしめよ, 里若し車道を, 里荒川の左岸, 里荒海で恐ろしく, 里落命致し候, 里葉玉勇などの名, 里蒲田温泉があつ, 里の香, 里を鬻ぎ, 里蘇生致し候次第, 里虹一座の人たち, 里蟹江川の同じ, 里血色至極麗しき様, 里て夜正あけ, 里行き二里行きわたしは始終, 里行ける馬な, 里行つても相, 里行蔵を言はず, 里行軍して, 里に因む, 里の長, 里見えそめて, 里見るものみな珍しい, 里見方は石浜, 里親しき護摩の, 里計り向うの線路, 里計南北四里計只見川原中ヲ流, 里計只見川原中ヲ流, 里許ゆきて大山峠, 里許ニシテ利根川ニ入ル, 里許不二の裾野, 里許天増陰り墨雲弥堅迅雷驟雨, 里許山少くおもむろに, 里許瀬の尾, 里を聞い, 里語以外にも広く, 里譚俗説に猴, 里谷戸一里いつの幾日, 里豊前小倉の三門, 里は五ポンド, 里つたのだ, 里走って背, 里走らせようとも別に, 里越あたりの連山, 里越えて, 里越八十里越のけわしい, 里越八十里越あたりの連山, 里越六十里越は最も, 里足らず上つたところ, 里距つた城下の士族, 里距つた警察分署から士官, 里踏出してもまだ, 里龍潭の, 里躑躅ヶ崎の古城跡, 里身心不調疲労困憊やうやくに, 里の散, 里近い長さを, 里近く山の小径, 里近く竝んでゐる, 里近付いた訳かね, 里追分節の発生地, 里退いたという報, 里退きて久米川, 里退却して, 里退去した, 里逆流させ以, 里に偵騎, 里途上一江水は半江水, 里通うたという, 里連層楼処処欲衝天通宵不断電車響残夜猶驚孤客眠, 里過ぎて麥, 里道其石段まで爪さき, 里遠い此処まで, 里遠からぬ地, 里遠ければおの, 里遠野の町, 里遡ったのである, 里を犯し, 里那珂川を下り, 里那覇など住宅, 里郊外の写真, 里の部, 里郷里を去り, 里都合およそ二百三十三里, 里が醒め, 里里命を失ふ, 里さ二両半神力を以て, 里野末山岳方面など, 里針葉樹闊葉樹白樺に樹氷, 里鉄道の幹線, 里長らが課役徴ら, 里長森を出, 里長江を溯っ, 里長等墨學に於, 里長良川の畔, 里長鈴木牧之から庚辰三月二十五日, 里長馬込勘解由の家柄, 里門司源三郎居よ, 里をした, 里開帳の賑, 里開松川町実家へ行, 里開舅入同日也, 里間吾妻川の流域, 里間行旅之人経歴数日乃過其下去之顧望, 里間風なく波面席, 里閭これと交際, 里關所へ一里, 里降って川端, 里降雪のため, 里を退いた, 里隆中という一村落, 里隔たっております, 里隔たってるその邸宅, 里隔たりたる所の変事, 里隔たる離落何方の, 里隔つた峠向うに田植, 里隔つた市の病院, 里隔つた町に嫁, 里隔つる元越山の半, 里隔つる父母の死, 里隔てた牧園から, 里は枯薄, 里るれば, 里離れたる所に, 里離れなる通路の, 里離れると徳川勢, 里の中, 里零圍氣を振舞, 里電車もか, 里霜枯れし野草を, 里静岡に蟄居, 里に然, 里面積三萬三千二百十町歩放牧區域七十二區各區, 里面積三萬三千二百町歩放牧區域七十二區各區, 里面積壱八二〇万坪炭層の厚, 里韋駄天のよう, 里頂上に清澄寺, 里預けは急いだ, 里風車片破れ吹き曝, 里飛ばして藤沢, 里飛ばしたか知らぬ, 里飛びたちし鶴の, 里飛んでしまつたの, 里飛騨の国, 里飛鳥の翼, 里餘小山を負, 里餘海灣の上, 里餘西に當つて, 里のまち, 里馬市より一望, 里馬車にて二時間, 里馬辺人と名, 里ッこを, 里駕籠にも乗物, 里さ十メートル, 里高山の町, 里高橋お伝を生んだ, 里高橋秀臣石山弥平小林茂八であった, 里高町秀津山口等等とよく, 里高野山え上り, 里之進, 里鳥取から米子, 里鳥羽羽束師を見る, 里鳩唐鳩赤髭青鷺などは俊寛, 里鵲尾坡の方面, 里鶏鳴狗吠白日も聞え, 里鶴沼川の近く, 里鷲峯山金胎寺だった, 里鹽澤の外, 里鹿を撃ち