青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「賤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

資格~ 賊~ 賑~ 賑やか~ ~賛成 賛成~ 賞~ 賢~ ~賣 賣~
賤~
~質 質~ ~質問 質問~ 贅沢~ ~赤 赤~ ~赤い 赤い~ ~赤く

「賤~」 1502, 16ppm, 6970位

▼ 賤しい~ (310, 20.6%)

7 身分の 6 ものと 5 もので, 女に 4 ものとして, 者の 3 ものに, 素性の, 身で, 身の上貴君は

2 [24件] ところは, と思ふ, ので, ものだ, ものも, 事を, 人間として, 人間の, 仕事を, 女だ, 女である, 女を, 奴の, 家の, 微笑が, 手段で, 文字を, 職に, 虚偽が, 言葉を, 身分だ, 身分に, 顔の, 鳥の

1 [219件] お方で, からだ, がすこぶる, がため, ことだ, ことには, ことを, じゃア, ていた, という, という位, という程度, といふ考, ところから, とも浅, とも致しません, と云う, と思った, と見られる, と認められ, にかかわらず, ので普通一般, みすぼらしい風, ものが, ものじゃ, ものでありません, ものでございます, ものでございまする, ものでなく, ものとは, ものの, ものばかり, ものを, ゆえに, わるもの, イタリー道化役者または, ボロを, ルイスヒェン, 一筋の, 下司法師原の, 不健全な, 乞食の, 乞食へと, 乞食坊主という, 乞食姿に, 了簡じゃ, 事でも, 交際は, 人々であっ, 人たちや, 人であります, 人民が, 人物だ, 人間が, 仲間風情である, 体に, 債権者から, 写実主義とを, 出所を, 出身では, 出鱈目の, 分子は, 刑を, 労働者と, 勤め奉公の, 卑怯な, 名でしょう, 名の, 名称の, 商売は, 商売を, 土民生れでございます, 売女に, 女が, 女で, 女でございまする, 女でない, 女では, 女でも, 女の, 女一人の, 女共と, 女恐れ多い, 奴か, 奴僕の, 姿に, 娘を, 婦人の, 媚態と, 存在だ, 家から, 家に, 家業だ, 家業を, 家系の, 小さな驢馬, 小商人ども, 小娘の, 幇間だ, 幸福の, 御心, 微笑に, 心で, 心地が, 快楽醜悪や, 思いを, 意味と, 愚痴も, 手つきで, 方では, 方面が, 暮しを, 最下級の, 村が, 業として, 楽女の, 歌唄い, 武人が, 母を, 民, 法師の, 波羅門の, 浅ましい卑劣, 深い宿命的, 淺ましい, 溝それは, 溝鼠な, 溝鼠共を, 漁師の, 点が, 為に, 為の, 特殊語を, 生れでした, 生れを, 生活の, 生涯では, 男が, 男で, 男である, 男でも, 男との, 男に, 町人の, 疥癬病み, 痛ましい荘重さ, 百姓女の, 百姓爺など, 盗人と, 目未熟な, 目的が, 真似を, 私語を, 程度に, 種類の, 稼ぎに, 稼ぎを, 稼業に, 稼業の, 穀物の, 穢多の, 窮屈に, 笑い声が, 笑ひ, 笑を, 給仕階級の, 罪などを, 罪人だった, 老婆が, 考えを, 考である, 者でございます, 者でも, 者と, 者として, 者に, 職だ, 職にでも, 職の, 職務であっ, 育ちでは, 船頭を, 芸者に, 葉では, 葎の, 蔑視の, 行為であった, 解釈を, 言葉づかいや, 言葉と, 言語に, 話では, 警察事務や, 譲歩などを, 資格で, 路傍の, 身なりの, 身に, 身分でございます, 身分では, 身分と, 身分出の, 農婦として, 農民の, 酒呑みで, 醜い年増女, 醜業婦が, 金持の, 陶物師の, 階級の, 隣人については, 非人の, 面貌は, 顏や, 顔つきを, 風来人にも, 風采は, 餌では, 駄馬だらう

▼ 賤~ (228, 15.2%)

6 女が 5 処へ, 別なく 4 別は, 男が 3 別が, 区別なく, 区別を, 女を, 男の, 者, 者に

2 [21件] ものに, 別の, 名分より, 報のみ, 女でござんすわい, 女に, 女の, 女も, 宅へ, 家に, 手業に, 為には, 生れだ, 男その, 者が, 者と, 者なら, 者の, 身から, 間に, 顔を

1 [141件] あまッちょも, いずれとも, うちに, おだまき, おった所, おとが, すべき働き, それらの, た, もの, ものには, もののみ, もののみを, ものも, ドン底に, 中から, 中にも, 中間に, 乙女が, 二つに, 人が, 人を, 人間だけには, 使用人を, 俗法師に, 傍へ, 僧の, 児なれ, 内より, 別, 別かち, 別なき, 別も, 別を, 区別が, 区別は, 区別も, 取沙汰の, 名分とて, 名分を, 和卿などに, 咽喉へ, 地に, 垣は, 垣根を, 夫から, 夫を, 女, 女で, 女と, 女として, 女らが, 女晝寢, 奴僕が, 奴僕と, 子, 子の, 家などの, 家には, 小切れ買いでは, 小屋まで, 山住や, 差あり, 差も, 差別なく, 差別なし, 差別の, 差別は, 差別を, 常識では, 庵が, 当推量は, 徒で, 心には, 悲しさ, 情熱を, 愚かな, 慰藉なるべし, 成り上がり者, 成上がりの, 我れ, 手を, 旃陀羅と, 春草に, 来世を, 業とは, 業の, 歓楽境な, 毫も耻, 民が, 民と, 法は, 炭焼であった, 為に, 片びさし, 猿面郎が, 生れで, 生れなりし, 生れの, 生活が, 生活の, 男さび, 男でありたい, 男女は, 秩序階級ある, 程度は, 系統を, 絵である, 者で, 者でなけれ, 者には, 者は, 者らに, 者を, 者無学の, 胸, 臆測で, 臆測は, 色恋に, 苧環繰り返し, 蛮夫と, 衆生を, 説を, 負搬, 賤と, 身が, 身であり, 輩に, 輩にも, 逃去りました, 通婚をも, 関わるところ, 階級も, 隔てを, 頃から, 類でなく, 類に, 風などは, 髪が, 髻を, 魂胆な

▼ 賤~ (62, 4.1%)

5 人と 2 者の, 言葉つきと

1 [53件] お腹樣による, かつ悪性, ことだ, ことを, ところから, ところが, ものの, ものは, ものも, やつが, 一廷尉の, 下劣な, 人々, 人の, 人を, 人間という, 人間の, 人間は, 人間同士で, 仕事が, 口調を, 地下人だった, 夫婦の, 奴の, 奴らによって, 徒輩の, 性格者には, 性質の, 悪癖は, 感傷的な, 文字で, 死刑執行吏にまで, 浪人者の, 無教育, 物に, 町人の, 私どもの, 美食家です, 美食家口の, 者と, 者なら, 職人が, 職人どもめが, 職業だ, 言葉は, 読者の, 誰も, 趣味が, 階級の, 階級迄, 面構えを, 食物として, 魂の

▼ 賤~ (54, 3.6%)

5 家に 4 伏屋に 2 家をも, 翁を

1 [41件] すや, 二歳の, 伏せ屋の, 伏家に, 伏屋とは, 伏屋の, 兎も, 又斯, 垣根に, 女としての, 女も, 女を, 女中乳母兼帯の, 妻木の, 実の, 家の, 家ばかり, 富貴に, 小歌も, 尼の, 引くな, 必ずしも民族関係, 必要なら, 思いを, 思い掛ない, 枕を, 此の, 泊りましたので, 為には, 男は, 眼を, 茶を, 著るつづりおり, 薪切る, 言って, 身に, 身は, 遣ったか, 鉄砲で, 鉄砲にて, 集まって

▼ 賤ヶ嶽~ (49, 3.3%)

2 の合戦, の後

1 [45件] か, かと相, からこれ, からも諸所, から急遽, から柳ヶ瀬, から田上山, から羽柴方, このかた, で序戦, と大岩山, と見られぬで, などの境, など境, につづく, にもこの, にも近く, にわたる火花, に各, のたたかい, の一蹉跌以来, の七本槍, の乱軍中, の佐久間玄蕃, の合戰, の岨道, の戦, の持場, の攻略, の桑山修理, の桑山重晴様, の死守, の繰, の西, はここ, へむかい, へ引っ返した, へ拠っ, へ登っ, もわが, も危うい, を守っ, を守るべし, を心がけ, を見た

▼ 賤~ (34, 2.3%)

5 さを 4 くして 2 い使者を, とする, とせぬ

1 [19件] いままでも, いもの, ききはにて, きもの, きものと, さすべてミンナの, さと, さも, て此, といふ, といわるる, とし, としてこれ, として仕官, として嫌う, と判ずる, と見られた, ながら楽, むのもまことにやむをえなかったであろうが今日では

▼ 賤しき~ (33, 2.2%)

4 ものと, ものなる 2 ものの, 限りなる

1 [21件] おしなべて, ことなり, ことによって, この娘, とは人, につく, は士君子, も, もの, ものとして, ものなり, ものに, も決して, をさえ, をみ, を云はず, を会得, を嫌, を思い, 勤め身, 我が故

▼ 賤しく~ (31, 2.1%)

2 ても自分

1 [29件] きたなく臭く不健康, てもよい, ともこの, ともともかく, とも非人, ないの, ない人, ない態度, ない腹, ない落魄, ない鼻, なつて, なり士人, は無く, 俗悪の, 劣等な, 厭わし, 存者を, 左右に, 平民的に, 応接も, 格別美しく, 清楚な, 無かつ, 独り好, 目上の, 笑ひ, 紙金を, 謡曲は

▼ 賤しむ~ (31, 2.1%)

2 ことの, 可き

1 [27件] がごとく, が彼, こと両様ともに, こと吾人は, ということ, といふ事, と云う, に至っ, に至った, ので, の勢なれ, の勢を, の情は, の意を, の議論を, の類であります, の風なれ, は勿論, やうな, 今も, 可し, 場合には, 心が, 所なれ, 様に, 者も, 者修徳の

▼ 賤ヶ岳~ (31, 2.1%)

2 の方

1 [29件] から柳ヶ瀬, から潰走, がといっ, がといつて古戦場, ですこし, では折柄悪戦, で七本槍, で勇名, で秀吉, においておくれ, には桑山修理亮, に上った, のとりで, の一戦, の実力的正面衝突, の峰, の巨影, の戦況, の総くずれ, の辺, の険路, へ援軍, へ逃げ帰り知らせた, まで軍兵, をすて, を南, を去った, を囲ん, を持て余し

▼ 賤~ (30, 2.0%)

2 気が, 腹の中にて

1 [26件] これには, どうした, なおの, 不平の, 二十八新吉は, 其の新, 台所で, 実に仏説, 少しムッと, 悲鳴を, 我が為, 我罪を, 新吉に, 枕を, 甚藏さんに, 知りませんが, 私の, 聴く毎, 腹違いの, 色気が, 調子が, 身を, 身寄頼りも, 顔から, 驚いたの, 驚き新吉

▼ 賤~ (26, 1.7%)

1 [26件] とわずふし, もって, 分たぬの, 友と, 口に, 哀むも, 問う場合, 問は, 問わずと, 問わず婦人, 問わず推薦抜擢, 問わず本格, 問わず男女, 問わず百余人, 問わず車中, 怪ん, 感嘆せしめた, 批判する, 此の, 水平ならしめ, 深川から, 究めること, 給し, 論ぜず其の, 論ぜず海人漁人, 連れて

▼ 賤~ (25, 1.7%)

3 して

1 [22件] おなり, けじめなく, せよ庭男, そだちその, よりて, 処し患難, 出会いそれ, 向い, 向って, 喋らねえから, 安じ, 己が, 惚れて, 是, 根を, 素し, 育つた女, 話を, 身を, 通ずる徹眼, 限らずその, 食わして

▼ 賤しむべき~ (22, 1.5%)

1 [22件] いわれは, こととして, ことの, ことを, しかし世人, に似たる, に非, ものとして, ものに, 一人の, 一種の, 下劣な, 作家の, 天使に, 旃陀羅の, 格言は, 男が, 筋合いの, 素質を, 者あらん, 肉の, 部分の

▼ 賤さん~ (20, 1.3%)

2 の方

1 [18件] たった一分, で, でございますか, というの, とこういう, にお, に見染められ, に願っ, の処, の前, は一件, は何, もお, 其の爪, 御本家, 見違える様, 誠にお, 誠に申し兼ねた

▼ 賤しん~ (19, 1.3%)

2 だもの, でいた, でゐた

1 [13件] だ, だという, だとは, だりする, でいられる, でいる, でこれ, でわが, でゐる, で事実, で呼ぶ, で最早, で遠き

▼ 賤貧富~ (17, 1.1%)

4 の別 2 の観念, を論ぜず 1 がみんな, によって匙加減, に拘らず, に論, のない, の外, の隔壁, を問わず, を貫く

▼ 賤まれ~ (15, 1.0%)

3 なかった

1 [12件] したがって人, たという, たもの, たりし, た人民, た俳優, た程度, た筈, ておりました, てはおらぬ, てエタ, ません

▼ 賤~ (15, 1.0%)

3 無之候

1 [12件] あつかましいから, あり, ただ本人, 不思議に, 助けちゃ, 官位も, 私の, 私も, 聖も, 茶代を, 貧富も, 鄙陋に

▼ 賤なる~ (14, 0.9%)

1 [14件] ことを, ものあり, ものに, も袴着, 大工の, 宇治山田の, 巴里市井の, 水酌役即ち, 炭焼が, 者にても, 者は, 職業なりとの, 農夫, 風な

▼ 賤~ (12, 0.8%)

1 [12件] いうが, いうに, なく神, なる, 中が, 尊と, 深い中, 疾うから深, 私とで, 見なされて, 言ふ, 闘い病苦

▼ 賤~ (11, 0.7%)

5 れる様 1 るるに, るる者, れる, れるに, れるの, れる理由

▼ 賤しき者~ (10, 0.7%)

1 が天子, として疎外, なりき, なりしゆゑ, にて候, に在っ, のかなし, の手, の矢, は虐げられつ

▼ 賤から~ (8, 0.5%)

1 ず長, ぬ二鉢, ぬ婦人, 人臣の, 出た政治家, 崇高に, 引上げて, 身を

▼ 賤しからず~ (8, 0.5%)

1 かへつて物, という風格, ひどく丁寧, 士君子として, 形有様も, 貧乏臭い, 貴からず暮らす, 身に

▼ 賤しからぬ~ (8, 0.5%)

1 に白粉気, のが, 人なり, 召使の, 屋敷の, 様子, 気品を, 立派な

▼ 賤しみ~ (8, 0.5%)

2 これを 1 たり我ら, ても尚, ながらもその, 之を, 斯う, 蓆を

▼ 賤~ (8, 0.5%)

2 られたの 1 きたるには, ず汝, られことに, られた様, られた隷從, られ決闘

▼ 賤~ (8, 0.5%)

2 されるに 1 されたの, されたもの, された人形遣い, された武士階級, されて, されては

▼ 賤しかった~ (7, 0.5%)

1 から自然賤民, が為, こと孤児であった, ということ, とは思われぬ, のを, 時村の

▼ 賤しまれ~ (7, 0.5%)

1 いわゆる, ていた, てきた, て容易, ながらも生きん, 今に下人筋等, 忌避せられ

▼ 賤しめられ~ (7, 0.5%)

2 ていた 1 てきた, て忌, 下司下郎と, 度外視され, 編笠を

▼ 賤~ (6, 0.4%)

1 も眞, も真に, を歎, を選ばず, 時は, 者も

▼ 賤しまれた~ (6, 0.4%)

1 という事実, についても一つ, のでありました, ものである, 場合が, 理由の

▼ 賤しめた~ (6, 0.4%)

2 ことは 1 のを, ように, 文字を以て, 称を

▼ 賤~ (6, 0.4%)

2 て東夷 1 たり我等, たるは, て夷, まして労働者的

▼ 賤むべ~ (6, 0.4%)

1 きか, きに, きを, き契約, き情死, き野卑

▼ 賤男女~ (6, 0.4%)

2 の見物 1 が沢山, で町, 皆白色, 聞き伝へ東西

▼ 賤しからざる~ (5, 0.3%)

1 ことを, とによるのみ, 先達が, 者なき, 風貌だ

▼ 賤しげ~ (5, 0.3%)

1 なる八字髭, な容子, な怖, な木樵山, な目

▼ 賤しまれる~ (5, 0.3%)

1 かということ, に至った, はずは, 事に, 様に

▼ 賤しめられる~ (5, 0.3%)

1 ということ, に至った, ほどの身分, ように, 傾きが

▼ 賤んで~ (5, 0.3%)

1 おるさ, これを, 民家と, 穢人の, 附合ふ

▼ 賤ヶ嶽方面~ (5, 0.3%)

1 から余吾西岸, にこれ, に煙, のうごき, の味方

▼ 賤~ (4, 0.3%)

1 とも乞食, なりましたよう, なり諸色, 買い中

▼ 賤では~ (4, 0.3%)

1 ございますが, なかった, なく正真正銘山蘰, 心もとない気

▼ 賤道俗~ (4, 0.3%)

1 がきょう, の前後左右, をいわず, をすすめ

▼ 賤しき勤め~ (3, 0.2%)

3 とも思はね

▼ 賤しき業~ (3, 0.2%)

1 にあらず, のわが身, も多けれ

▼ 賤しき筋目~ (3, 0.2%)

2 の者 1 のもの

▼ 賤しき身分~ (3, 0.2%)

3 を情な

▼ 賤しめる~ (3, 0.2%)

2 ような 1 風は

▼ 賤する~ (3, 0.2%)

1 の人, 風あり, 風ある

▼ 賤~ (3, 0.2%)

1 から近づけない, と仰し, よ

▼ 賤という~ (3, 0.2%)

1 のは, 字を, 程度に

▼ 賤とも~ (3, 0.2%)

1 なりその間, なり卑, なる

▼ 賤~ (3, 0.2%)

1 に至るであろう, の事実, の念

▼ 賤~ (3, 0.2%)

1 じて, だツ, で呼んだ

▼ 賤ヶ岳七本槍~ (3, 0.2%)

1 である, の時, 之事

▼ 賤尊卑~ (3, 0.2%)

1 の別, の区別, 互に其の

▼ 賤老若~ (3, 0.2%)

1 にかかわらず, の別, の嫌い

▼ 賤~ (2, 0.1%)

1 処から, 家業が

▼ 賤~ (2, 0.1%)

1 女と, 家の

▼ 賤~ (2, 0.1%)

1 な左, に浅ましい

▼ 賤しか~ (2, 0.1%)

1 りきゆえに, りき故に

▼ 賤しき画工ら虚名~ (2, 0.1%)

2 の鎬

▼ 賤しき身~ (2, 0.1%)

1 にて候得者, には餘

▼ 賤しくなく~ (2, 0.1%)

1 眉目清秀容姿また, 難を

▼ 賤しまるべき~ (2, 0.1%)

1 ものが, 義務を

▼ 賤しめ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, 憎悪し

▼ 賤しめられた~ (2, 0.1%)

1 に無理, のは

▼ 賤その~ (2, 0.1%)

1 人の, 柳行李の

▼ 賤たち~ (2, 0.1%)

1 は皆, も

▼ 賤~ (2, 0.1%)

1 あつた, 育つたに

▼ 賤によって~ (2, 0.1%)

1 一定しない, 礼遇を

▼ 賤~ (2, 0.1%)

2 まが

▼ 賤より~ (2, 0.1%)

1 出でし例寡, 起こり手

▼ 賤ヶ嶽七本槍~ (2, 0.1%)

1 のひとり, の勇士

▼ 賤ヶ嶽決戦~ (2, 0.1%)

1 の果さるる, の楔子

▼ 賤手前~ (2, 0.1%)

1 はマア何, も本当に

▼ 賤老幼~ (2, 0.1%)

1 が蒸される, の輩

▼1* [174件]

あつまりて朝, 賤ありこれ異なる, 賤ありとおぼへず, 賤ある畢竟境遇上, 賤あるいは馬を, 賤お前とは不, 賤がかふこの, 賤きものに遇, 賤さまざまの音響, 賤さんお前マア新吉さんは可愛い, 賤さん人間が馬, 賤さん仕方がねえ, 賤さん御免なさえ, 賤さん新吉がお前さん, 賤さん新吉さんが彼様, 賤さん是が累, 賤さん私が申します, 賤しいかすれ声を, 賤しいたって貴方, 賤しいみなりと小さな, 賤しい歌うたいでございます, 賤しい洒落女らの, 賤しう暮しても少し, 賤しう育つても心, 賤しからずして頻りに, 賤しからん姉さんだ, 賤しかりしかばウベルティーン・ドナート, 賤しかる卑怯の, 賤しきわれをみそなはせ, 賤しきマリウチアさへその, 賤しき一巡禮者なり彼レーモン伯, 賤しき事を認め, 賤しき人々の物, 賤しき勞にいそ, 賤しき厠卒ありて, 賤しき商工の風, 賤しき夷の名, 賤しき女子なれば, 賤しき女輩が衣裳, 賤しき奴も忽ちに, 賤しき学校に比較, 賤しき山猿にて候, 賤しき工匠にいたる, 賤しき我身に引, 賤しき所以の原因, 賤しき方法により, 賤しき旗客ロメオの力, 賤しき曹操の頤使, 賤しき男は独木舟, 賤しき石くれも, 賤しき老媼まゐ出, 賤しき草の貴き, 賤しき語にて簡単, 賤しき身品同じきもの, 賤しくかう笑つてピシ, 賤しくないかよせよせ, 賤しくなかった人も, 賤しくなってしまった, 賤しくねえから貧乏, 賤しく育った氏の, 賤しく見えてならなかった, 賤しく送たものばかり, 賤しければ貴, 賤しまるる職分の, 賤しまれずそう差別, 賤しまれたる土師人は, 賤しまれなくなったという類, 賤しまれなければいけない, 賤しまれます私は, 賤しまれようが左様, 賤しまれ穢れた者として, 賤しみしことも, 賤しみ侮るやうに, 賤しみ出したのは, 賤しむべく厭ふべく, 賤しむる故度々, 賤しめこれを嫌い, 賤しめずにじっと, 賤しめて罵る習慣, 賤しめらるる場合が, 賤しめられ侮られている, 賤しめ実学を務め, 賤しんずること罪人の, 賤しんだように, 賤たる炭焼が, 賤であった女童の, 賤であるこの侏儒, 賤であろうともまた, 賤です劉璋の, 賤でないものが, 賤として区別せられる, 賤なく赤白青の, 賤なさざるは, 賤なしと教, 賤なし均しく皆神聖なり, 賤などという感じを, 賤なりとはいえ君, 賤にさえ見えるが, 賤には口相応と, 賤にもあてはまるべき方法, 賤にゃア惚れ, 賤のみやび, 賤ばったこれら愚民の習慣, 賤ましい人, 賤みし事も, 賤みしくなって来た, 賤み給うた結果である, 賤むでもなかったが不浄取りの人達, 賤むとが新旧世界, 賤むという風がある, 賤むものがあってもそれは勿論, 賤むる色はその, 賤む公憤の性質, 賤む心持を經驗, 賤む村あるは, 賤もののはしたな, 賤をまでも水平に, 賤を以て断ず可, 賤シキ業シテ歩クウチ一年中国ノ一寺ニ, 賤て女房, 賤ニヨシ上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 賤ハタなみ髪結新三, 賤ヶ岳柳ヶ瀬の合戦, 賤ヶ岳淺井長政の居城, 賤ヶ嶽その他に転戦, 賤ヶ嶽中入りの不覚, 賤ヶ嶽余吾狐塚附近の三戦場, 賤ヶ嶽大岩山などを一望, 賤ヶ嶽小牧の役, 賤ヶ嶽岩崎山堀秀政の東野山, 賤ヶ嶽攻撃に飯浦坂, 賤ヶ嶽柳ヶ瀬の戦い, 賤ヶ嶽田上山木之本などの第, 賤ヶ嶽越軍の敗れ, 賤ヶ嶽附近を席捲, 賤一寸来ねえお, 賤一寸来ねえ, 賤上下隔てなくおいで, 賤上下東西南北は充満, 賤上下道俗男女の分ち, 賤素下郎卑し, 賤僧俗男女老幼すべての者, 賤吟味之上重科, 賤困窮人共に合力, 賤士農工商に依っ, 賤大小老幼賢愚と等しく, 賤婆さんの本名, 賤富貴老幼男女の選り好み, 賤み拝みて, 賤小豆粥を炊く, 賤幸不幸の万般, 賤往来の人, 賤情皆これを一, 賤正直不正直を分かつ, 賤此処におい, 賤と己, 賤無二にし, 賤無礼話の外, 賤群集の巷, 賤老少により, 賤老若粋不粋千態万様さながら浮き世, 賤れか, 賤貧富億万の人, 賤貧富君子も小人, 賤貧富身分の区別, 賤身分の損得, 賤軽蔑の色, 賤道俗トナク叩イテ以テ一夜ノ主, 賤遠くに坐ら, 賤醜悪にし, 賤か何, 賤長幼の差別, 賤長幼賢愚正邪いくらでも分岐, 賤黄色人と白皙人