青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「醉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~都合 都合~ 都市~ 酌~ ~酒 酒~ 酒場~ 酔~ ~酔っ 酔っ~
醉~
醜~ 醜い~ ~里 里~ ~重 重~ ~重い 重い~ ~重く 重く~

「醉~」 1062, 12ppm, 9073位

▼ 醉つて~ (127, 12.0%)

10 ゐるの 7 しまつ 5 ゐた, ゐる 3 ゐたが 2 いられました, しまつて, はゐる, ゐたの, ゐるやう, ゐる時, 居た, 居たの

1 [81件] いらつし, お歸, これから夕陽, しまつたん, しや, そんな理窟, つまらぬ事, どんよりと, ないかも, ないの, はい, はしやい, はゐました, ふら, もいられました, もう一滴, もふだん, もゐない, も外, も寢, も醉, やつて來, ると, るとも, るやう, る樣, ゐたさ, ゐたと, ゐたといふ, ゐたに, ゐた平次, ゐた處, ゐて, ゐては, ゐないなア, ゐない上, ゐない西原氏, ゐながらも, ゐると, ゐるとも, ゐるので, ゐるよ, ゐるらしい, ゐるらしい永井, ゐるらしく足許, ゐるん, ゐる勢ひで, ゐる樣子, ゐる爲め, ゐる體, ゐれば, をらん, をりました, をります, 下さらなきや, 吐き散らすとて, 居たが, 居たし, 居たに, 居たので, 居たん, 居ても, 居ない樣, 居なかつた, 居ましたよ, 居ませんでした, 居りました, 居るので, 居るやう, 居るらしい, 居る樣, 居る樣子, 居る爲め, 時々ドツ, 書いて, 正體, 眠らうと, 罵つて, 苦しい息, 赤い顏, 重たくな

▼ 醉~ (111, 10.5%)

5 どれの 43 がまは, になつて 2 が醒める, にけり, にまかせ, 醉ひ

1 [88件] からさめる, がこめかみ, が出, が出る, が大いに, が廻つて來, が發, が醒め, が醒めかけた, この若い, ごこちで, ごこちよろしき, さへ, さま, たんぼで, たんぼの, だけで, てあらめ, てとなり, て一日, て出, て吐き散らす, て唄, て暴れ廻り自ら死, て歌, て歸, て狼藉, て留まり伏し, て直に, て辭, て過ぎ, ながら且つ, ながら昔, に, にかすんだ, にくるまれた, にけりゆるした, にしか, にたるんだ, になる, にまぎらし, に似た, に皆, に達した, の, のさめ, のさめる, のどが, のみだれ, の勇氣, の勢, の氣分, の状態, の苦しみ, はしません, はまだ, は若い, は醉つて, ぶりを, また全, みんなの, やすい, や汽車醉, をし, を取りもどし, を忘れたらしい, を早く, 且つ哭く, 仆れ, 伏しぬ, 吉慶の, 喰ふ, 夢に, 宿を, 心地で, 心地とが, 心地に, 方な, 月に, 未來に, 機嫌で, 瓢箪は, 目もとに, 續けて, 舞ふ, 醉心地おぼえぬ, 量を, 顏に

▼ 醉~ (90, 8.5%)

9 拂ひ 3 拂つた, 拂つてゐる 2 ちやつた, ている, ぱらひ, ぱらひの女の

1 [67件] たま, たらしい足取り, ちや居なかつた, てくれたら, てしまひ, てゆく, ぱらい達を, ぱらうと氣が, ぱらつた, ぱらつたさまをするのに巧な, ぱらつたところ此處は, ぱらつたものの足どりで, ぱらつたような氣持です, ぱらつた者を, ぱらつた若い, ぱらつてとどまり臥し, ぱらつても, ぱらつてよろめいてゐるらしいが醒め, ぱらつてゐた, ぱらつてゐたくらゐのことで女子供に, ぱらつてゐたつてあの, ぱらつてゐるのか下駄の, ぱらつてゐるんだ, ぱらつてんだから構は, ぱらつて來る, ぱらつて口々に, ぱらつて歩い, ぱらつて浮き上り, ぱらつて腰が, ぱらつて電車道に, ぱらひが交番の, ぱらひが大, ぱらひが數を, ぱらひが木へ, ぱらひだの幾日も, ぱらひであるやうな氣特にな, ぱらひにかじりつく女等も, ぱらひにとつて必然だ, ぱらひには遠く, ぱらひのつぶやいた句に, ぱらひの圓筒帽子, ぱらひの女は, ぱらひの女を, ぱらひらしくあらい息を, ぱらひ口調に, ぱらひ高級車あらゆる, 拂つたのを, 拂つた多之, 拂つた眞似, 拂つてあの, 拂つてや, 拂つてる, 拂つて下男部屋へ, 拂つて井戸へ, 拂つて人の, 拂つて人間が, 拂つて夜更けに, 拂つて威張, 拂つて居, 拂つて居た, 拂つて居る, 拂つて歸つた, 拂つて歸つて來た, 拂つて管を, 拂ひか, 拂ひもありません, 拂ひも武家も

▼ 醉~ (72, 6.8%)

5 ないと 4 されて 3 ない, ないで 2 されながら, ざるを, しむ, しめて, ない者, ぬ本性

1 [45件] うと, さないでは, さめかけて, されたので, されたやう, ざらむ, しむこと, しむる, しむるや, しめ, しめた後, しめて後, しめの, しめ目, すに, すもの, ずいとま, せずには, せた, せないでも, せられたらしく, せられた樣, ないぞと, ないといふ, ない醉, なかつた, なくても, なければ, ぬさびし, ぬわが, ぬ酒, ねば, はつたら, むぞ今夜, むとするぞ, もう全く醒めた, 次第に度, 次第に心, 無い, 發しました, 稚き心, 精神の, 船の, 血の道さ, 食慾を

▼ 醉~ (50, 4.7%)

2 原因に

1 [48件] い, お呪, からだは, ここちに, ことについて, さめた顏, さめ切らないうち, しびれの, それ者が, たのしび, だらけた頭, とくに激しい, はれぼつ, まはつ, 原因が, 夢に, 島を, 度を, 廻つて來た, 心持, 心持ちに, 效能は, 果て例の, 殘つてゐるふら, 氣分を, 氣味で, 氣味也, 氣持の, 淡路の, 潮の, 父は, 状態の, 痛い頭, 白眼の, 粹背肌弓手を, 紛れの, 胸苦し, 膝まくらに, 芝居を, 菩提境が, 藥などを, 足の, 醒めぬ顏, 醒めるの, 重たい氣分, 開放に, 面妖艷無比令史を, 顏を

▼ 醉~ (42, 4.0%)

4 買ふ 3 しないで 2 得るに

1 [33件] かけられて, して, しては, しないお, しない方法, する餘地, そも何れ, ひどく催した, やる位, 保つ酒, 借りずに, 催して, 催す, 催すらしい, 内攻させる, 吹かれて, 帶びてゐるらしかつた, 帶び歡を, 感じたこと, 感じたといふ, 感じて, 感じないで, 感じる時, 感じ氣持, 樂んで, 求むるとは, 求めて, 發しない, 誘發する, 語つて聞かせる, 買ひ, 起させる原因, 醒したが

▼ 醉つた~ (31, 2.9%)

8 やうな 2 ことは, ところで, を未だに

1 [17件] あくる日, かなと考へる, からつて, から散歩, ことが, だけぢ, とは言つて, と叔母, と見える, ので青森, ふりなんか, ふりを, ものだ, ものには, やうに, よ, 振を

▼ 醉~ (27, 2.5%)

3 てゐる

1 [24件] て, てしまつ, てす, てはデツキ, ても不思議, てゐた, て亂暴, て亢然, て今度, て他, て僅, て八五郎, て家, て少し, て居た, て居りまし, て居る, て街, て貫兵衞, て顏, ながら群集, ながら郷里, 最初は, 舊物は

▼ 醉~ (24, 2.3%)

3 發し

1 [21件] あるやう, さめた後, さめちやつた, さめて, すつかりさめ, 人を, 全然醒め, 出て, 加は, 却つて彼の, 回つて來る, 廻つて居りました, 廻ると, 恐いから, 曲げがたき, 殘つて居る, 水を, 發したらしく, 躊躇なく, 醒めるに, 隣合せて

▼ 醉~ (22, 2.1%)

4 やうに 2 やうな, 舟か

1 [14件] がごと, ことを, だけ醉, ので冬やすみ, ほどに, ほどに人, 人を, 人間にと, 可くも, 樣な, 程おしや, 程蒼ざめてそれが, 種類の, 積りで

▼ 醉~ (19, 1.8%)

1 [19件] あくがれむ, あらねど, ぐらぐらする, なつた, なつて, 乘じ, 任せて, 似た曖昧, 入らむ, 導かずには, 手術の, 据つて碌, 敵しかねて, 水を, 相當, 誘ふの, 誘ふ道具立, 近く自分が, 驚きて

▼ 醉うて~ (15, 1.4%)

1 [15件] は句, は無, もそれ, も聞き苦しき, も醉, 上野の, 了うた, 凶暴に, 大元氣, 巷路に, 拾圓紙幣を, 羽袖も, 袂の, 謠曲を, 醉は

▼ 醉へる~ (14, 1.3%)

2 が如く, が如し 1 がごとくなりき, が如くである, が如くなりき, ことは, に似, 中に, 嫁の, 己が, 芙蓉の, 雛鶴よ

▼ 醉~ (13, 1.2%)

3 興も 2 覺めて 1 さめたらしく薄寒, さめたれば, さめた氣, さめて, さめましたよ, さめやらぬ平次, 覺めました, 醒めて

▼ 醉ひつ~ (12, 1.1%)

6 ぶれて 2 ぶれ一人 1 ぶして, ぶし古, ぶれるか, ぶれる前

▼ 醉した~ (10, 0.9%)

2 やうな 1 ように, 人の, 八五郎ひとたまり, 大の, 女乞食が, 心持で, 萬七や, 顏を

▼ 醉ひしれ~ (10, 0.9%)

21 ざまや, たりざれ戯れ, たるを, つつ僕, てほとんど, てまどろむ, てわれ, て一文字

▼ 醉ふと~ (10, 0.9%)

2 申ます 1 いふこと, いふ態度, ふ春日野, 亡くなつたひと, 彼の, 機嫌の, 狂人の, 遠慮も

▼ 醉ひどれ~ (9, 0.8%)

4 男は 2 男の 1 のかの, 河童どうも, 男ふと

▼ 醉ひたる~ (8, 0.8%)

3 商人 1 にやさき, は蓋し, わがむく, 人の, 我は

▼ 醉へば~ (8, 0.8%)

2 醉ふ 1 また勝手, 寢て, 屹度始まる, 心地好さ, 手馴し横笛を, 論じるしか

▼ 醉心地~ (8, 0.8%)

1 おぼえぬは, が私, だつたこと, になる, に導い, のその, 快く峯, 擁しめ

▼ 醉~ (6, 0.6%)

2 が出 1 がまわり, どれを, のさめかけた, 心地に

▼ 醉~ (6, 0.6%)

1 てく, てこられ, て行く, とふところ, とよく, なんていう

▼ 醉つたの~ (6, 0.6%)

1 かも知れない, なら君等, に過ぎなかつたで, も東京, よ, を口實

▼ 醉つてる~ (6, 0.6%)

1 からね, から承知, のか, んだ, んぢや, 北極星を

▼ 醉つて來~ (6, 0.6%)

3 ると 1 たと, たよう, て勝手

▼ 醉ひも~ (6, 0.6%)

2 醒めて 1 しないの, しなかつた, しなければ, 出たので

▼ 醉~ (6, 0.6%)

21 ないぞ, なかつた, ばおち, エば

▼ 醉~ (5, 0.5%)

1 ぱらいが見られ, ぱらいをも, ぱらったがふだんは, ぱらって, らぱって

▼ 醉ふて~ (5, 0.5%)

2 夢中に 1 さ, 來る, 頻りに世界

▼ 醉する~ (4, 0.4%)

1 ことも, に終る, ものも, 小平に

▼ 醉つた時~ (4, 0.4%)

1 などには彼, にはお, の感傷性, は爲方

▼ 醉つた眼~ (4, 0.4%)

1 をすゑ, を据ゑつ, を皆, を瞑

▼ 醉~ (4, 0.4%)

1 あつた, 參つてゐる, 病室に, 胡麻化し

▼ 醉はん~ (4, 0.4%)

1 からつまらん, さて, とえ, とて

▼ 醉ひし~ (4, 0.4%)

1 のみ, よろしみ, われは, 上に

▼ 醉ふた~ (4, 0.4%)

1 かの樣, まきれに, やうに, 心を

▼ 醉ツ拂つて~ (4, 0.4%)

1 ゐた, ゐても, ゐる北劍, 踊り出す

▼ 醉うたやう~ (3, 0.3%)

1 で帽子, なさま, な心持

▼ 醉から~ (3, 0.3%)

1 さめた寂し, さめて, 一先づ解放された

▼ 醉つた振り~ (3, 0.3%)

3 をし

▼ 醉つた樣~ (3, 0.3%)

2 な樂 1 な心地

▼ 醉つた身體~ (3, 0.3%)

1 の重い, を井出君, を休め

▼ 醉つて寢~ (3, 0.3%)

1 ころぶの, たの, てしまつて

▼ 醉はせる~ (3, 0.3%)

1 には十分, に足る, 積りが

▼ 醉ひました~ (3, 0.3%)

2 からお 1

▼ 醉ひ痴れ~ (3, 0.3%)

1 てこそ眩め, てゐ, てゐた

▼ 醉ひ醒め~ (3, 0.3%)

2 の侘し 1

▼ 醉ふたら~ (3, 0.3%)

2 ば介抱 1 どうする

▼ 醉をも~ (3, 0.3%)

1 發し, 發した, 認めて

▼ 醉ツ拂~ (3, 0.3%)

1 はせるほどの, ひに, ひの

▼ 醉いしれ~ (2, 0.2%)

1 て, てほて

▼ 醉いました~ (2, 0.2%)

2

▼ 醉うた~ (2, 0.2%)

1 元氣, 濁聲

▼ 醉ごこち~ (2, 0.2%)

1 あくがれま, 痴れの

▼ 醉~ (2, 0.2%)

2 へ加はり

▼ 醉~ (2, 0.2%)

1 やありません, やない

▼ 醉つた上~ (2, 0.2%)

1 の惡戲, の騷劇

▼ 醉つた樣子~ (2, 0.2%)

1 です, などは拭

▼ 醉つた男~ (2, 0.2%)

1 のわめく, の聲

▼ 醉つた顏~ (2, 0.2%)

1 に笑, をなぶらせ

▼ 醉つた風~ (2, 0.2%)

1 が見えなかつた, もなく

▼ 醉つて歸~ (2, 0.2%)

1 つたところ, ること

▼ 醉つて私~ (2, 0.2%)

2 は空しく

▼ 醉つて顏~ (2, 0.2%)

1 が赤く, は眞赤

▼ 醉~ (2, 0.2%)

1 勞れ, 懊惱と

▼ 醉との~ (2, 0.2%)

1 夢中に, 底から

▼ 醉どれ~ (2, 0.2%)

1 でも財布, らしい調子

▼ 醉はせ~ (2, 0.2%)

1 てやらう, て口説かう

▼ 醉ひた~ (2, 0.2%)

2 まひ

▼ 醉倒れ~ (2, 0.2%)

1 て了つた, て寢

▼ 醉状態~ (2, 0.2%)

1 になつ, にはいる

▼1* [165件]

いつぶれた立川さんを, 醉いはすつかりさめていた, 醉うたら面白いぢ, 醉うた女房達が柝, 醉うた年若い友, 醉うた漁師達の網, 醉うた私は若い, 醉うた金襴の袈裟, 醉うた頬には酒, 醉うた頭に覺束, 醉うて歩いてゐる, 醉ゑの濁, 醉させて埋め, 醉させるな, 醉ざめの水, 醉しきつてゐる樣子, 醉したうべりし, 醉しただらうか, 醉しないのにたまたま, 醉し執著する, 醉せずに濟, 醉せるこれを, 醉って好い気もち, 醉つたお文を, 醉つたすつかり醉, 醉つたなツす, 醉つたやうでした, 醉つたやうになつて, 醉つた位ぢや滅多, 醉つた八五郎までも不, 醉つた勢で寢, 醉つた勢ひで何とかならない, 醉つた勢ひで斯うした, 醉つた勢ひで渠は再び, 醉つた勢ひで竹筒の柱, 醉つた口でいふ, 醉つた心に涙, 醉つた揚句に飛ん, 醉つた時そつと私, 醉つた時の間違ひなんか咎む可, 醉つた時ツイ人に漏したらしく, 醉つた時踊の眞, 醉つた書生が近づい, 醉つた末明朝訪ねるつもり, 醉つた氣味もある, 醉つた氣持になつた私, 醉つた田原が下り, 醉つた者が足, 醉つた聲でいふ, 醉つた自分の頭, 醉つた話などを食後, 醉つた身では歩く, 醉つた身振りの可笑しく, 醉つた醉つたと叔母, 醉つた體を椅子, 醉つていつかは陶然, 醉つてすべて其の場, 醉つてそこらをふらふら, 醉つてグダグダになつ, 醉つてデタラメを言つて, 醉つてバーを出, 醉つて了つただらしなく横座, 醉つて了つて例の充分, 醉つて井戸へ落ちた, 醉つて其姉と鬪, 醉つて名詩を作つた, 醉つて吐氣さへついた, 醉つて呂律がま, 醉つて呶鳴り娘, 醉つて地上のこと, 醉つて夢うつつに琴, 醉つて大言壯語をほし, 醉つて居ちや助かるの, 醉つて彼は馳せ, 醉つて核の存在, 醉つて槇の前, 醉つて犧牲の美しい, 醉つて眠つても夢, 醉つて細引に罠, 醉つて舌が少し, 醉つて詠歎するには, 醉つて醉つて醉ひつぶれて, 醉つて醉ひつぶれて, 醉つて騷ぎ廻つてゐること, 醉つて默つて妙子と事, 醉つぶれる迄飮, 醉であることを, 醉とは云へ, 醉ともで言, 醉と共に何か, 醉ならぬ癡れ, 醉にも似た歎賞, 醉はうとも何のその, 醉はず侍らせむといふ, 醉はずわれまた醉, 醉はず神以て戀, 醉はれると高島屋, 醉はん時優しく訊い, 醉ぱらつて居るから, 醉ぱらつて眞赤になつて, 醉ぱらひの事を何ん, 醉ひかけて來, 醉ひがまはりかけたばかりのところ, 醉ひぐれたれば精舍, 醉ひしれしこと, 醉ひしれた源右衞門の, 醉ひしれたるまめ男自らは, 醉ひたいが隣人, 醉ひだと思ひ, 醉ひつれと, 醉ひつ筆振れば, 醉ひで持前の甲高い, 醉ひとの爲め, 醉ひどれること, 醉ひなすつたさうですね, 醉ひぬ緑は, 醉ひぬるをとめ, 醉ひぬればさめゆく, 醉ひほれて見とるる, 醉ひますると, 醉ひまして, 醉ひましたなア, 醉ひますよ, 醉ひらしい景氣の, 醉ひ倒れて寢入り, 醉ひ得る人間でない, 醉ひ暮したり, 醉ひ果てては世に, 醉ひ泣く忍び音に, 醉ひ浮かれた賑やかな, 醉ひ潰れて倒れ, 醉ひ痴れた男たちの, 醉ひ痴れると一時, 醉ひ過ぎてい, 醉ひ過ごした一牧童は, 醉ふかのさま, 醉ふことはなりません, 醉ふための酒, 醉ふたらどもなりま, 醉ふつもりでサテ三人, 醉ふてしまふたらどもならん, 醉ふといつもそんな事, 醉ふとよく裸ダンスを, 醉ふと必ず手を, 醉ふなる身の, 醉ふべしぢや, 醉ふものだ, 醉ふらん薔薇の香, 醉ぶりを見, 醉へり吾獨り醒め, 醉へるごとく再び奇しき, 醉らしい執拗さに, 醉なかった, 醉て了, 醉ツぱらつて公園や六區, 醉ツぱらツて此様, 醉ツ拂つて藝者と共に電車, 醉亂醉怒喝, 醉倒れる迄盃, 醉加減で神田, 醉泣きしてさ, 醉淋漓せずんば, 醉現象を誘致, 醉な法悦的, 醉苦痛の自己麻醉劑