青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「賢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~資本 資本~ ~資格 資格~ 賊~ 賑~ 賑やか~ ~賛成 賛成~ 賞~
賢~
~賣 賣~ 賤~ ~質 質~ ~質問 質問~ 贅沢~ ~赤 赤~

「賢~」 1050, 11ppm, 9607位

▼ 賢~ (79, 7.5%)

3 絶頂に 2 言に

1 [74件] すべて密林に, ために, ものから, 一なり, 一水原説を以て, 中腹飯洞岩の, 二人によって, 二子が, 二将と, 二将は, 人は, 代である, 伝説の, 侍読と, 像の, 兵か, 判断を, 印象も, 叙事と, 句は, 名を, 名婦, 名訓, 坐像それから, 如き寵児, 如き逸人的逃避, 如く凡, 安治川の, 展望で, 展望の, 展望を, 峻峰が, 弟に, 後を, 御女, 息女玉琴の, 戦友冷苞は, 手より, 敏腕を, 教えを, 教を, 日記に, 時若しくは, 格言を, 為に, 無道を, 画像を, 石の, 研究を, 祠の, 祠を, 空館を, 筆頭劉伶は, 給仕を, 絶頂でなけれ, 絶頂と, 絶頂まで, 絶頂を, 草履取り乙若, 言行などを, 詩を, 誕生地に, 語に, 説けるところ, 豊麗でなく, 賢たる, 蹤に, 軍も, 軍勢が, 辞世は, 陣を, 頂上から, 頃には, 首を

▼ 賢~ (68, 6.5%)

7 うな 2 うでも, がある, で一時, も不足, も申分, をもっ

1 [49件] うですが, うでは, うなお, から生れる, から産み出された, があります, がそこ, が実質, が現われ, が見え透い, が解つて來, だが, であると, であるとは, というもの, とする, とその, とは冷たい, とは生温い, とわけて, と人, と無知, と狂気, と生活力, などというもの, などといふもの, ならば, に似ず, に救, の一モード, の一面, の質, はほんとう, はみんな, は年, は附け, もある, もその, ももちろん, も正し, や愚さ, を何, を張り拡がせ, を持っ, を持つた, を歎称, を示さなく, を結婚生活, 其の真剣さ

▼ 賢~ (59, 5.6%)

2 の家, の視線, は祖母, は静か

1 [51件] が岩魚, さんを, じゃろうな, であった, となづけた, とは反対, ににこやか, にはどういう, に濃く, に近づく, のからだ, の室, の父清一, の眼, の瞳, の祖母, の縁談, の胸, の足, はかつてこんなに, はからだ, はその, はちょっと, ははっ, はわれ, は三里, は凝, は十九歳, は友人, は四, は夢心地, は女, は急い, は悄然, は挨拶, は昨年, は更ける, は村, は瞳, は背中, は自分, は読書, は走る, は馬鹿, を煮, を誘い出す, を誘拐, 一人生まれ, 十九歳と, 君の, 賢彌

▼ 賢こい~ (44, 4.2%)

1 [44件] お方が, かも知れない, がちよい, ことに, じゃア, では, といつた, ところが, とわかる, ので何, のは, ものだ, やうで, ようで, よく人情, んだ, んでしょう, 中年女は, 人が, 人だ, 人間あなた, 人間で, 仕方であった, 作家で, 吾輩の, 女が, 女は, 娘, 娘が, 娘で, 子で, 子どした, 子どもが, 彼は, 恐るべき曲者, 悟りを, 注意と, 燕女は, 男だ, 男では, 眼には, 眼を, 遣り方, 野郎ぢや

▼ 賢そう~ (35, 3.3%)

2 な眼, な顔, に言っ

1 [29件] ですが, でも, で煎じ詰めたよう, で皮肉, で親切そう, なお母さん, なこと, なやさしい, な中年, な声, な大きな, な子, な小さい, な少女, な少年, な瓜実顔, な美しい, な長兵衛, にし, には見えない, にむす, に不動, に口, に嘆息, に構え, に死後, に王生, に精神, に見える

▼ 賢~ (30, 2.9%)

9 して

1 [21件] いつも霧, この代表的, しても, なぞらえまた, 上った時, 上ること, 上る樵夫道, 上ろうと, 代って, 会う一日, 会談せしめ, 作つてある, 向って, 嫁した, 学ぶという, 新城を, 替えず, 止まるなら新た, 素直道直, 逢わん, 逢悉其地容子承知候

▼ 賢~ (30, 2.9%)

1 [30件] いずれ洒落た, うまうまとひっかけられ, ここから, この場, じつにや, 三河守の, 五穀の, 其の日記, 勇将三浦等に, 同じ年, 大和に, 大槍, 差別を, 授けられた急場, 新火山, 榛軒門人録に, 次の, 無衣外道, 用心深く中根, 男色を以て, 立停まつ, 竹内氏敬順は, 肥満し, 自身采配を以て, 行願を, 裏切りを, 襄の, 轅越しに, 飽く迄スパイ, 馬を

▼ 賢こく~ (28, 2.7%)

2 なささうな, 人の

1 [24件] あり得たでしよう, して, てさすが, てなまじ, てよく, て四十三, て始末, て無, て狡い, て諸, ないこと, ないと, ないやう, ないらしい娘, ないらしく何, ない利吉, なった人間, ねえよう, はない, はなか, はなかつた, は無, また至ッ, 二階を

▼ 賢~ (28, 2.7%)

2 尊ぶの, 敬い士

1 [24件] あつめ兵, 上ぶ, 下総へ, 初め妙見仁田峠絹笠高岩野岳と, 厳嶋へ, 学ぶ, 忌むもの, 愛し人材, 招いて, 招き士, 持って, 描き出したの, 異代の, 知って, 知るもの, 祀る此廟, 称へる, 背後に, 脇士に, 落し斯く, 賢として, 追い邪, 選び賢, 集めて

▼ 賢~ (26, 2.5%)

2 さが, さで, さと, さに, さは, さを, 過ぎて, 過ぎる女 1 さうにも, さだの, さという, さの, さも, さや, さ人間らしく, そうに, ぶった振舞い, 過ぎそれ

▼ 賢二少年~ (25, 2.4%)

2 がふたり, の姿

1 [21件] がきみわる, がにいさん, がのりこん, がびっくり, などいつ, のゆくえ, の上, の身, はいま, はお, はしばらく, はその, はもちろん, はやっぱり, は小林君, までみつかっ, もにわかに, をかわいそう, をじいさん, をつれた, をまねい

▼ 賢~ (25, 2.4%)

4 の上

1 [21件] が光秀, が怯, というの, というもの, という降, とともに江州, にしたがっ, には切腹, に対, に異, のことば, の如く, の小舅, の心, の意志, の所, の義, の連れ, は仕方, は佐々木, は信長

▼ 賢~ (19, 1.8%)

2 と薬師丸

1 [17件] が一兵一騎, とても同憂, と申す, にしろ, にむかい, のことば, はそれ, は思った, は持明院統, へ訊ね, もその, もついて行った, もまた, より院, をお, をつれ, を以てすなわち

▼ 賢~ (17, 1.6%)

2 拾得だ

1 [15件] おり冷泉流, その前, ない, 初めて江州蒲生郡, 嗣いだの, 国相と, 後家の, 時之, 横死を, 王舍城に, 竹林寺漢の, 答えた, 義隆を, 贐した, 顔を

▼ 賢~ (17, 1.6%)

2 じゃない, ぼっちゃ

1 [13件] がさらわれました, がふと, がカブトムシ, だと, というきみ, とひきかえ, とひきかえる, の二少年, の兄弟, の父, の縄, を, をたすけ

▼ 賢~ (17, 1.6%)

1 [17件] が妙, が彎刀, が後, だけは何, としての出現, としてカイザア, になられました, に打破られた, に遇う, の戦績, の死後跡方, は別に, は熱心, も曹操, を天山, を破り, を頼っ

▼ 賢~ (15, 1.4%)

1 [15件] なり穢れたもの, 不才とを, 不肖とも, 云うてね, 全く相違, 号した, 同官, 妙見の, 心得て, 愚と, 愚とに, 朝倉景雅の, 為す, 言い妹, 謂う可

▼ 賢ちゃん~ (12, 1.1%)

1 [12件] うまくすれ, がねお前, が吃驚, が言, でも, という児, にあげる, はめったに, もそれ, もなかなか, や正ちゃん, 打つの

▼ 賢~ (9, 0.9%)

1 という, なこと, な顔, に容態ぶっ, に恋, に献策, に立ち振舞つて, に聞こえる, に言う

▼ 賢こさう~ (9, 0.9%)

1 なお子さん, な十八娘, な口, な女, な子供, な少女, な少年, な淺, な長

▼ 賢なる~ (9, 0.9%)

2 かな回 1 かな, かなと褒められる, には如かない, んや, 伴侶が, 彼女は, 母親は

▼ 賢~ (9, 0.9%)

2 助が, 助は 1 助に, 助女中の, 助正教, 助氏, 批評に

▼ 賢~ (9, 0.9%)

1 に対する愛着心, は当分兄, をこの世, を何とか, を引替える, を惜しん, を持ち出し, を盗ん, を返す

▼ 賢~ (9, 0.9%)

1 から始まったらしい, その人, との人物, には皆伝, の, の兄弟三人, の帰納法, の著述, は関孝和

▼ 賢~ (9, 0.9%)

2 が出 1 あり, が苦心, でも管仲, な顔, のつねに, の晏平仲, の知遇

▼ 賢~ (9, 0.9%)

1 が名, である, と明主, に張詠, のアレキス様, の言, は僅か, を親しみ, 肯いて

▼ 賢こさうで~ (7, 0.7%)

4 はありません 1 はある, もなく, 美しくは

▼ 賢不肖~ (7, 0.7%)

2 も平等一如 1 なんぞは分かる, によるかいずれ, に拘わらず, の差, は父母家庭

▼ 賢~ (7, 0.7%)

2 が開い 1 から出, と書かれ, の下, の大庭, は青色

▼ 賢こそう~ (6, 0.6%)

2 な少年 1 な光り, な娘, な眼, な笑顔

▼ 賢~ (6, 0.6%)

1 と名, にでき, は家, をもっ, を迎えれ, 生きて

▼ 賢~ (6, 0.6%)

3 を根 1 などの巻, の枝, を執っ

▼ 賢こげ~ (5, 0.5%)

1 なやっぱり, な動きかた, な言葉, に同輩, に歪めた

▼ 賢さん~ (5, 0.5%)

2 に問う 1 で実は, の云, の話

▼ 賢ら人~ (5, 0.5%)

3 を猿 2 はいや

▼ 賢~ (5, 0.5%)

1 である, などおそらく, をお, を重んじ, を養い

▼ 賢~ (5, 0.5%)

2 の家 1 の児, の方, の話相手

▼ 賢~ (5, 0.5%)

1 との区別, と同じ, と誤, の発生, を附添

▼ 賢こし~ (4, 0.4%)

2 と世 1 と虚, と飛び込む

▼ 賢~ (4, 0.4%)

2 のの 1 と云, と言った

▼ 賢なりと~ (4, 0.4%)

1 すると, する季世, せむ, 想ふ

▼ 賢~ (4, 0.4%)

1 いまは, ついに死ん, 影向まします, 維新後に

▼ 賢~ (4, 0.4%)

1 副司令官, 文珠の, 蔡温を, 赤いリボン

▼ 賢俊御坊~ (4, 0.4%)

1 と薬師丸, にお, にはこれぞ, もお

▼ 賢~ (4, 0.4%)

1 と称す, に四仏, の時, の第

▼ 賢~ (4, 0.4%)

3 にし 1 と名づけ

▼ 賢~ (4, 0.4%)

1 というの, となら, のよう, へ詣でる

▼ 賢~ (4, 0.4%)

2 は公然, 及び現

▼ 賢かつ~ (3, 0.3%)

1 た, たとも, た大

▼ 賢がって~ (3, 0.3%)

1 聞こえぬかと, 言うの, 言う者

▼ 賢である~ (3, 0.3%)

1 からとても, がゆえに, ときは

▼ 賢などという~ (3, 0.3%)

1 ような, 幕将たち手に, 魏将が

▼ 賢二君~ (3, 0.3%)

1 の読ん, もこれ, もべつ

▼ 賢武氏~ (3, 0.3%)

1 が早く, が来合わせる, わざわざ宿

▼ 賢~ (3, 0.3%)

1 に斉, の流, や偉人

▼ 賢過ぎる~ (3, 0.3%)

1 といっ, ほど賢く, 娘が

▼ 賢~ (3, 0.3%)

2 の士 1 の理才

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 しき蜂が, 愚かその

▼ 賢かしい~ (2, 0.2%)

1 という感じ, 冬の

▼ 賢がっ~ (2, 0.2%)

1 ていらっしゃっ, ている

▼ 賢がる~ (2, 0.2%)

1 ふうに, 人が

▼ 賢さうな~ (2, 0.2%)

1 ふりを, 馬鹿だ

▼ 賢さうに~ (2, 0.2%)

1 取澄し, 見えないガラツ八

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 引受けては, 顔色も

▼ 賢なら~ (2, 0.2%)

2 虎に

▼ 賢にでも~ (2, 0.2%)

2 すること

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 上るため, 要請し

▼ 賢れる~ (2, 0.2%)

2 こと遠し

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 というペンネーム, とか云う

▼ 賢以下~ (2, 0.2%)

1 の公卿, の沖縄

▼ 賢僧正~ (2, 0.2%)

1 が郷民, は同年十二月

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 の多い, を仰い

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 に対して殆, の丹精

▼ 賢大夫~ (2, 0.2%)

1 を選ん, 老彭

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 なる, な市民

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 へ向かっ, へ着く

▼ 賢忠寺~ (2, 0.2%)

1 にある, の墓

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 からの手翰, などとしばしば

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 と云, の後裔

▼ 賢~ (2, 0.2%)

1 の士, の臣下

▼ 賢~ (2, 0.2%)

2 を開く

▼ 賢門院~ (2, 0.2%)

1 へとくに, を見

▼ 賢首大師~ (2, 0.2%)

1 の入寂, の後

▼ 賢齋先生~ (2, 0.2%)

1 に來, は調べ

▼1* [214件]

あぜちの大納言公敏北畠具行侍従の公明, 賢おまんな, 賢かしく女の瞳, 賢から下って, 賢からむには奈何, 賢かりける可笑しさ, 賢かりしに汝今, 賢かるべしとてそこ, 賢がった女にだけ, 賢がらせてはいけない, 賢こい有り難い王様で, 賢こき二心こそ, 賢こく勇ましく日を, 賢こく好いお嬢様であった, 賢こく無ささうな, 賢こさうですが言, 賢こさうなのと, 賢こそうになった, 賢この感情は, 賢こみて物いふ, 賢さそれらのもの, 賢さん鳥は好き, 賢さ生活術を会得, 賢さ男二人をそれぞれ, 賢さ風情絵巻物風な滑稽等, 賢しみと物言, 賢すぎるくらいな, 賢すなはち, 賢そのものも六峰, 賢たる所以も, 賢だけは生かして, 賢だの徳大寺実久だの, 賢ちゃんあいつらはいつか, 賢ちゃんあれペリスコープだよ, 賢ちゃんここにこんな, 賢ちゃん今なにかいった, 賢ちゃん君の家, 賢ちやん見たい, 賢っていらっしゃるよう, 賢であったことを, 賢ではありませぬ, 賢でも剛でも, 賢というような, 賢として色に, 賢叔母上の, 賢ないものでございましょう, 賢なく雑談を, 賢などその一人, 賢などに較べて, 賢ならびに不動の, 賢なり愚に, 賢なりとも子を, 賢によってであった, 賢ぶっても, 賢ぶった男を, 賢ぶりて飼鳥, 賢へは上らなくとも, 賢ほど人見知りを, 賢ほどの展望は, 賢より四十米低い, 賢らごとはない, 賢れりまさに我, 賢をも女をも, 賢を以て政の, 賢シェークスピアの遺跡, 賢捜ルモ却ッテ吾ヲ, 賢七愚三とか賢四愚六, 賢三郎ほど敏感, 賢上同中同下, 賢下りをしなけれ, 賢両院の山伏, 賢久氏の, 賢二といへるは, 賢二のかえ, 賢二ぼうやをちょうだい, 賢二兄弟の勉強部屋, 賢二少年たちの部屋, 賢に語る, 賢がです, 賢以前には時, 賢以後は神号, 賢使などに逢えよう, 賢之賜, 賢俊ほか幕僚の諸, 賢俊らはもちろん, 賢の時代, 賢八郎編の, 賢具行らまで, 賢出会之処, 賢劫経仁王経涅槃経等の説, 賢に御, 賢勢至観音御像, 賢勢至観音皆名があるで, 賢十聖なり得法せり, 賢千種忠顕らが帝, 賢に松向寺殿, 賢のいう, 賢あり年饑, 賢名士が多数出席, 賢と稱, 賢和等諸先生, 賢でないハガキ回答, 賢善女賛成と一決, 賢嗣朴甫設宴召集蓋終其先志也余亦与, 賢四愚六とか賢愚五分五分, 賢四条隆資洞院ノ実, 賢墓平通盛墓を看る, 賢士剣客の集まっ, 賢士鄭玄さえ遠く書, 賢菩薩文珠師利, 賢大徳が参加, 賢大荒神守火不能燒水不能漂とかいた, 賢奇才などが臨席, 賢奇才達をし, 賢奇秘録および致身録等, 賢女らしくして, 賢女振りが目, 賢妙見国見絹笠野岳等を一括, 賢妻小石氏を娶りし, 賢妻良母も皆わけ, 賢婿さんは何処, 賢孔明も一代, 賢安石良栄を携, 賢定氏これを嘆い, 賢では新築, 賢の宅, 賢にひとつ, 賢寫意のそれ, 賢山劫楽寺の住職, 賢なので, 賢帰人となりすました, 賢弘中根元圭, 賢張任冷苞などこもごも, 賢彌もうそんな寂しい, 賢を聞い, 賢徳館という古い, 賢応賢たるべきこと, 賢愚正邪いくらでも分岐, 賢或は愚是非正邪の, 賢敬順安策常庵様, 賢文殊です, 賢焼, 賢の帆船, 賢易商であった, 賢景雅のふたり, 賢横丁の小, 賢次いで卒す, 賢がある, 賢清末に勢力, 賢烏丸成輔などいずれ, 賢烏丸成輔四条隆資日野資朝らの名, 賢父主義とでもいう, 賢父樣御元氣, 賢父母在堂, 賢王ト成ツテ愚王ヲ誠責シ, 賢王右谷蠡王の内紛, 賢王右賢王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 賢王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 賢留らず況して凡愚, 賢相名臣の跡, 賢相大薬の妻毘舎, 賢相松平定信の名, 賢相松平定信林家中興の林衡, 賢相松平越中守が旗本八万, 賢の両, 賢秀以下の留守居衆, 賢秀氏郷の父子, 賢秀父子は藤吉郎, 賢秀親元のそち, 賢程済となり, 賢は先生, 賢等十三人同じく至る, 賢を聞こう, 賢の中篇, 賢に六根清浄, 賢の近著, 賢なされたが, 賢聖みな滅しなん, 賢聖僧次第に正法, 賢臣みな誅せられあげく, 賢自殺の場所, 賢自身の日記, 賢至正の人, 賢良妻なりなどと, 賢莊口にある, 賢著墓所集覽で谷中長運寺, 賢と云う, 賢虎汝まさに知るべし, 賢虚空蔵などある, 賢行願讃一冊高野山無量寿院大涅槃経一軸, 賢に奉, 賢解主に帰依, 賢を用い, 賢講阿弥陀釈迦の念仏, 賢は印度, 賢豆國の中, 賢豆沙門達摩笈多も續高僧傳, 賢の二子, 賢近衛三条など上卿たち, 賢道君がああ, 賢道君今は京都, 賢達理才の相, 賢門内のチリひとつ, 賢門院信西為義妓王妓女と仏御前, 賢門院廉子へお, 賢阿闍梨玄修阿闍梨円隆阿闍梨円玄阿闍梨という顔触れ, 賢鞍手助左衛門正親倉橋伝十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 賢する詰らない男, 賢に説きけれ, 賢の北室, 賢高麗加世溢漢奴加己利を尚, 賢の話, 賢齋樣のところ, 賢齋老のところ