青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「賞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

資料~ ~資本 資本~ ~資格 資格~ 賊~ 賑~ 賑やか~ ~賛成 賛成~
賞~
賢~ ~賣 賣~ 賤~ ~質 質~ ~質問 質問~ 贅沢~ ~赤

「賞~」 2172, 23ppm, 4947位

▼ 賞~ (861, 39.6%)

5627 られて 19 るの 18 ていた 17 ている 14 てゐる, る 12 てくれる, られた 11 てくれた, ると 9 てゐた, られたの 8 たの 7 そやした, ていました, られると 6 たたえた, ちぎって, るよう 5 てやっ, て呉れ, て書い, て貰, ました, られても, るに 4 そやして, そやすの, ない人, られたり, られた事, られるの, ること, る言葉

3 [17件] あげた, たが, たこと, て, てお, ておい, てくれ, てもらう, てるん, て下さる, て呉れた, にあずかっ, られたが, られたこと, られたので, られる方, る人

2 [67件] あげたもの, こそすれ, そやしたが, そやしました, たい, たてて, たもの, た言葉, た話, た通り, ちぎつた箱書さ, ちぎッ, つかわして, つかわすぞ, ておこう, てつかわす, てもらいたい, てやった, てやつ, てやりたい, てよい, て下され, て居ない, て居る, て来た, て置い, て賞め, て遣る, ないで, ないので, にあずかった, にあずかる, になっ, になりました, になる, に与っ, のお, ませぬ賞め, られ, られこそ, られたほど, られたもの, られた時, られませぬ高, られやう, られる, られるか, られること, られる程, られ方, られ者, るぜ, るばかりで, るほどの, るも, るわ, る事, る奴, る方, る瑠璃子, る者, 上げながら, 出した, 合い悪口, 抜いて, 立てた, 立てて

1 [333件] あげました, あげられた, あそばすの, あった, いただくと, おりますあの, くださいませ, この企画, こんなこと, すぎて, すぎる独立, ずば, そこなったため, そして, その同情, そやされた, そやされた兄, そやされると, そやしたの, そやします, そやすよう, そやす山の神, たい事, たから, たからとて, たくて, たくないのに, たくなる, たけれど, たじゃ, たせい, たそう, たたえその, たたえたが, たたえたくなるの, たたえて, たたえなかつた人, たたえられつつ, たたえる, たたえること, たたえ嘆賞, ただろう, たついで, たつもり, たてた, たてたもの, たてました, たてるの, たと, たところ, たなか, たので, たまでじゃ, たら御, たら菊池氏, たりくさし, たりし, たりした, たりひやかし, たり何, たり城地, たり間違った, たわり, たん, た中身, た事, た事ぢ, た人, た側, た古ぼけた達磨, た当家秘蔵, た後, た方, た桃, た癖, た考へ方, た者, ちぎった, ちぎったが, ちぎつたさうだが, ちぎつた人達, ちぎつた後, ちぎつて, ちぎつてゐまさあ, ちぎられて, ちぎり主人, ちぎること, ちぎる娘, つつ私, つ放しの, てあげる, てあった, てある, ていただかなく, ていただきたい, ています, ておいた, ておった, ておられた, ておりました, てお出で, てくだ, てくれたで, てくれてる, てくれました, てさえいる, てさえくれれ, てしまった, てその, てそれ, てたこと, てつかわしたい, てでも貰, てなお, てなり, てみせる, てみた, てもおつき, てもおれ, てもらえる, てもらわなく, ても好い, ても罵倒, てやってる, てやらない, てやりたかった, てやりたかつた, てやりたくなっ, てやる, てやれ, てよかろ, てらしたわ, てるから, てるよ, てゐない, てをく, て一, て上げます, て上げる, て下, て下さい, て下さいます, て同時に, て呉れるだろう, て大, て居た, て帰れ, て本, て来る, て気, て称えた, て置いたら, て置かなけれ, て自ら土民安堵, て見, て言った, て許し, て訳出, て貰ひたい, て辞退, て通った, て遠, て都合, て鐙立, て関羽, て高笑い, であると, でもする, ないこの, ないの, ないもの, ない傾向, ない家康, ない紹由, ない者, ながらなぜ, ながらふと, ながら勝手, ながら大谷刑部, ながら月給, ながら盛ん, なけりゃならないなんて, なさいました, なされて, などした, にあずからん, にあずかりたく, にあづか, になった, になつた, になつて, になり, に与, に来, に来た, に預, ぬ者, の言葉, はしません, ますよ, まするに, ませぬどうしてなかなか, ませぬ何, もしなかった, もせられぬ, やした, やら, られしほど, られし程確実, られそんな, られたい歴史, られたか, られたから, られたがって, られたくなんか, られたく是非, られたその, られたって, られたと, られたといふ, られたやう, られたよりは, られたらそれ, られたん, られた上賞品, られた忠次, られた様, られた樣, られた気, られた点, られた竜, られた金伽羅, られっこなし, られてるん, られないこと, られない事, られなかつたの, られなかつたら滅多に, られながら, られなくつて, られました, られましたから, られましたので, られまして, られませぬが, られも, られよう, られようと, られるため, られるもの, られるよう, られる事, られる人, られる場所, られる訳, られれば, られ度, られ眺められ話題, られ祝されると, られ絶えず, るかの, るから, るくらい, るじゃ, るため, るつもり, るという, るとしか, るとも, るどころ, るなど, るなんて, るには, るにも, るのよ, るは, るべきか, るべきこと, るもの, るやう, るより, るわけ, るん, る人物, る価値, る名演技, る四句, る場合, る声, る嫁, る実平, る時, る気, る秀吉以上熟知, る程, る親, る許, る訳, る顔回, る鼻, わざとらしいまでに, をいただい, をいただける, をうけ, 上げたって, 上げるなど, 下さるが, 出しました, 合った, 囃し観る者, 始めた, 少し遅れ, 心から批評, 歩いて, 申された, 称え, 称えそれ, 称えた, 称えて, 称える言葉, 立てたが, 立てたと, 立てた品ぢ, 立てます, 讃えた, 讃えたる和歌, 讃えられた時代, 讃えられねば, 讃えるもの, 足りないやう, 足りなかつたの, 返して, 過ぎたらしい

▼ 賞~ (322, 14.8%)

29 して 22 した 10 の声 6 されて, に値する 5 の辞 4 したもの, すべきもの, するの, と愛慕, の的, を博した, を博する 3 したの, しなければ, を博し, を期待, 措く能

2 [19件] された, されたこと, された事, されても, されました, すべきこと, すべきである, すること, すると, するに, するよう, する処, せられるため, に価する, の微笑, の言葉, は俳句, を博したれ, を得る

1 [163件] から得た, が人間, が渋り, さえも期待, さるべきもの, さるべき理由, さるべし, されたい悲しい, されたけれど, されたと, されたもの, された程, される, されるところ, されるには, されるの, されるより, され店, され続けて, し, しあたかも, しかつ, しその, したあげく, したい程, したが, したこと, したです, したとき, したので, したほど, したやう, したら赤木, したり, した上, した人々, した批評, した犯人, しないの, しないもの, しながら, しぼんやり, しました, しますし, しまたは, し今なほ俗人, し内侍, し合い遠慮, し合う, し尽した結果, し景仰, し本社朝日文化賞規定, し特に, し畏敬, し秘訣, し配所, し長い, すべきかも, すべきであろう, すべきでは, すべきひとつ, すべき価, すべき努力, すべき動機, すべき従僕, すべき犠牲的精神, すべき統一性, するあまた, するか, するであろうと, するところ, するにぞ, するもの, するやう, する事, する人, する前, する大きな, する米倉以外, する者, せば, せらる, せられ, せられしや疑を, せられたあの, せられて, せられる, せられん, せられ又, せられ従って, でもみくちゃ, とが何時しか, として受け取った, とは共に, とも揶揄, とをかちえた, とアベコベ, と不気味さ, と二つ, と同じ, と憧憬, と羨望, と驚歎, なし幾番, など得られる, にあずかりたい, にみたされた, にも念, によって塗抹, に不満, に参与, に対してそれ, に遇, に酔った, のこと葉, のできない, の中, の伝説, の余地, の囁く, の念, の性質, の意, の意味, の手, の曲, の理由, の義務, の色, の要件, の誘惑, はいい, はしばし, は雨, もあたりまえ, も受け, や注目, より元成, をあえて, をいた, をうたつて, をおしまなかった, をこめた, をし, をすら博し, をそのまま, をまき起し, を与える, を促す, を値す, を博し得たであろう, を博すべき, を受け, を受けました, を受けられた, を受ける, を得た, を感じました, を浴び, を浴びた, を自分, を送らなけれ, を送り

▼ 賞~ (264, 12.2%)

8 受けた 5 かけて, 懸けて, 貰った 3 うけた, もらって, 受く, 受くる, 貰って

2 [14件] さずけられたこと, とった, 与えること, 与へる, 受けたこと, 受けた日, 得た, 得たの, 授与された, 獲得し, 獲得する, 貰うこと, 貰ったり, 賭けて

1 [198件] あたえると, あんたに, いただいては, いただかず今日, いただき生涯, うけたこと, うけたの, うけて, うけなかったという, うけること, えて出版, おとりに, お取り, かく, かけると, くれるの, くれる委員, この人, とったの, とった事, とった大根, とって, とらすであろうと, とり卒業式, とる, とるまでには, ふさは, またず労すると, もらう, もらった, もらったが, もらったこと, もらったり, もらったインド人ラマン, もらった人, もらった数学者, もらった映画, もらった犬, もらった程, もらつた時, もらわなかった, もらわれた直後, やがて後, やった, やらにゃ, やるという, アガメムノーン授け, ストルチングに, ドイツ人が, ハリキリ・ボーイズの, 一番どっさり, 下被, 与えたこと, 与えたと, 与えた人々, 与えて, 与えながら, 与えよう, 与えようと, 与えられた, 与えられた彼等, 与えられた頃, 与えられて, 与えるであろうと, 与えると, 与えるという, 与えるとともに, 与える側, 与える弊害, 与える決議, 与えんと, 与え僧, 与へ, 与へんと, 久米花井に, 争いました, 優秀警官に, 儲けし倔強, 冀城の, 出さう, 出したこと, 出して, 出すので, 分たんず, 制定した, 加へては, 加へる, 去年貰った, 取った薩摩薯, 取る, 取るあらば, 取れば, 取巻く好個, 受けたジラク, 受けた人々, 受けた學者, 受けた左官, 受けた時, 受けた物理学者, 受けて, 受けとるなと, 受けました, 受けら, 受けられた吉報, 受けること, 受けるに, 受け三好, 受け初めて, 受賞し, 呈上致しました, 喜び罰, 四人に, 奪われて, 尾崎一雄氏川端康成氏に, 得じ, 得たこと, 得たので, 得たもの, 得たり, 得た人, 得た川端龍子, 得た犬, 得た生徒, 得た男, 得て, 得べくも, 得ました, 懸く, 懸けし故, 懸けし時, 懸けての, 懸けるという, 懸ける前, 手引きとして, 招いたが, 持ち七つ, 授与される, 授与せられた, 授與せられた, 搬び去り, 新しく作つ, 有して, 氾濫させ, 獲たの, 獲た顕微鏡付属器, 獲三年間ローマ, 獲得できる, 獲得の, 發案した, 目指して, 稼いで, 約し子, 紅谷, 與えられた研究, 與えること, 與ふる, 與へる, 衆人の, 行おうと, 行なって, 行はる, 設けこれ, 設けたの, 設けたノーベル, 論じ以, 貪り機會, 貰いその, 貰いました, 貰います, 貰うと, 貰う時, 貰ったこと, 貰ったので, 貰ったやつ, 貰ったよう, 貰ったラングミュア, 貰った時, 貰った独逸系, 貰つた, 貰つたのは, 貰つたほど, 貰つていい, 貰ひた, 貰ひたいと, 賜うなど, 贈ると, 贈呈す, 贈呈に, 贏ち得られる, 轟美津子花井淳子大崎健児に, 辞退した, 配り景気, 銓衡する, 頂いて, 頂きますよ, 頒かった, 領し得て, 領受し

▼ 賞~ (84, 3.9%)

3 ために, 候補に 2 ための, 候補者として, 唸りを

1 [72件] あまり鎌倉へ, おかげでございました, ことで, ことばを, ことを, つづけられること, ほか評論に対する, もとに, ような, ように, デザイナーと, メタルが, 三ちやんが, 与えかた, 中名犬も, 人に, 仕事たる, 会が, 作品, 候補すいせんを, 光環を, 出し方, 受賞式の, 受賞者だ, 名が, 品, 品捧ぐ, 品渡せ, 声を, 外に, 大名犬, 大喝采, 字も, 存在は, 室生犀星は, 審査員である, 対象の, 意味も, 授与を, 授与式が, 授賞など, 授賞式の, 授賞者選出に, 数が, 数の, 有無を, 本質にも, 氾濫は, 流行が, 準備調査では, 準備調査読売新聞社の, 牛を, 発表と, 研究を, 種類は, 第一回, 結果は, 表を, 規定に, 言葉が, 記念, 設定の, 詮衡に, 詮衡を, 資格が, 資金が, 選を, 選定が, 銅牌を, 銓衡委員だった, 関東地方の, 餌を

▼ 賞~ (55, 2.5%)

4 てその 3 て, てそれ, てゐる, て彼 2 たり, または服し

1 [35件] そうにも, たりあるいはまた, たりそれ, たりと聞か, たり花, てある, てお前, てこの, てはなりません, てようやく, てゐた, て三日三晩, て不死, て之, て千里一跳虎之助, て右近衛中将, て各々, て商工, て地下, て多額, て夜明け, て居られる, て徐, て手ずから, て柳亭侯, て武田家, て甚だしく, て直ちに, て船遊び, て貰, て那覇, て鵜殿長照, 諸名士, 邪吏を, 都会の

▼ 賞~ (39, 1.8%)

1 [39件] お取り上げ, こっちの, この次, その会, たいしたほうび, たとい及ばない, とらすが, ぼくに, もらえません, 一昨日, 三人が, 三百法, 与えるという, 世界で, 丞相の, 仰天し, 其一である, 勇猛の, 存続した, 尾三等賞は, 恐らく貰えなかった, 東洋人に, 桃雨氏に, 横はる, 殺した牛, 毎日キッカケ外さず, 生である, 秀作に, 私が, 脚の, 菊田に, 製作者の, 計三十円, 誰が, 赤糸で, 輕き, 轟美津子努力賞を, 重きに, 首を

▼ 賞~ (37, 1.7%)

1 [37件] あずかったこと, あずかったって, あずからんと, その権威, なった, なったから, なって, なる, なるだらう, 与らん為, 値いする, 値した, 値するであらうと, 値する演技, 充てら, 入つた, 出るとの, 分配した, 及ばなかつたの, 堪へるもの, 増し加, 当っても, 応じ有名, 懸く, 推されて, 狩の, 當選し, 硯を, 税金を, 課税を, 誼みのある, 貰った黒鹿毛, 貰って, 賭け, 関係する, 限られる, 願いたいが

▼ 賞~ (35, 1.6%)

1 [35件] あったが, あって, あつて, いつも冠頭, かけられたとは, そろそろ現れだした, はやって, エルヴイユウ嫌ひとし, 与えられたという, 与えられた直後, 出て, 出る, 出ること, 初めて本, 原則である, 同君に, 国際的な, 好いの, 彼に, 懸けられ新人, 戯曲に, 授けられました, 授与され, 明治から, 殖えて, 特定の, 菊地氏の, 藤村の, 行はれ, 設定された, 讃える業績, 貰えるとでも, 遣りたい, 附いて, 附くという

▼ 賞として~ (34, 1.6%)

2 贈った, 領邑を

1 [30件] ゲーテ賞を, 一九一七年から, 一時の, 三蔵に, 与うること, 与えた, 与える肚, 五万石を, 伊勢伊賀尾張全, 冀北の, 定むる處, 定む黄金, 左の, 彼に, 彼らに対する, 来光包の, 水引を, 池田勢の, 湯呑一個もらった, 湯呑一個を, 湯呑一個貰った, 王女私陀, 福を, 薙刀を, 貰ったこと, 貰つた, 鉛筆一打を, 鎌田兵衛尉に, 青色の, 馬を

▼ 賞した~ (24, 1.1%)

3 ことが, のである

1 [18件] が心, ことは, ことを, ところ彼も, と伝えられ, に止まった, のだ, のであつ, のにその, のに少し, のも, もうた時, ものだ, ものであろう, ものは, 信長の, 時は, 花である

▼ 賞~ (23, 1.1%)

2 喜ばる, 得るほど

1 [19件] つつ浮, て以後, て名誉, て我, て来よう, て芋, ながら女, ながら彭沢, またこれ, む忍冬, ようなどと, 二番目が, 他流者, 島尾君が, 新人として, 樂む時は, 残らうよりも, 物を, 給ひ

▼ 賞という~ (22, 1.0%)

5 ものが 3 ものは, ものを 2 ような 1 かなり権威ある, のが, のです, のは, のも, のを, ものについて, 以上は, 戦後派の

▼ 賞め言葉~ (19, 0.9%)

1 [19件] が続いた, ですっかり, に乗っ, の, の浮動性, は嫌い, は皆自分, も出た, や親切, をきく, をますます, を参らせたら, を參ら, を受けた, を投げつけ, を掛け, を聞い, を贈つ, を頂戴

▼ 賞~ (18, 0.8%)

2 いって

1 [16件] かけての, して, し脚, なって, なつて, なりレオン, なり水郷, ナロー賞は, 云っても, 人は, 化學賞とを, 書いた胴巻き, 梁緒へ, 樋口大, 相並ん, 賞盃とを

▼ 賞~ (9, 0.4%)

1 それと, わかる, 二度まで, 今回は, 制定され, 創作としての, 及第も, 取りました, 行わず罰

▼ 賞~ (9, 0.4%)

2 の広告 1 から取った, の主人, の保険つき, の店員, は私, へ行った, も古い

▼ 賞~ (7, 0.3%)

1 があっ, がある, としてもらつた, なり, の三千三百五〇メートル, をやる, を英領インド政府

▼ 賞~ (7, 0.3%)

1 かたま, があつ, が手, で夏服, の御, の話, の馬

▼ 賞め千~ (6, 0.3%)

2 切って, 切りましたが 1 切られる程, 切る人

▼ 賞~ (6, 0.3%)

1 したものの, した手翰, しながら, しました, によって特徴, に置い

▼ 賞め方~ (5, 0.2%)

2 をされ 1 が気, だから, をされる

▼ 賞レース~ (5, 0.2%)

2 がある, には御 1 で大

▼ 賞から~ (4, 0.2%)

2 九等賞までは 1 五等賞まで, 始った

▼ 賞でる~ (4, 0.2%)

1 だけのこと, までには行きませんでした, ゆとりを, 人が

▼ 賞めよう~ (4, 0.2%)

1 がない, という積り, と思ふ, のない

▼ 賞與金~ (4, 0.2%)

1 とか追加手當, と文部省, は手つかず, を貰

▼ 賞~ (4, 0.2%)

1 した, する, の辭, を

▼ 賞され~ (3, 0.1%)

1 てのち, て若干, 犬に

▼ 賞でも~ (3, 0.1%)

1 ないし, 自分が, 貰う人

▼ 賞~ (3, 0.1%)

1 られ狼心, アマチュア, 文士と

▼ 賞むべ~ (3, 0.1%)

1 きでしょうか, き善行, き行為

▼ 賞め手~ (3, 0.1%)

1 がない, はない, もない

▼ 賞受賞者~ (3, 0.1%)

1 が幾人, である, のリチャードソン

▼ 賞喫する~ (3, 0.1%)

1 ことが, に足るであろう, 道楽は

▼ 賞観する~ (3, 0.1%)

1 ほどの気持, を忘れなかつた, 心持ちが

▼ 賞される~ (2, 0.1%)

1 もの, 真鯛である

▼ 賞すべき~ (2, 0.1%)

1 は右門, ものあらず

▼ 賞せる~ (2, 0.1%)

1 なり, 詞他の

▼ 賞そのもの~ (2, 0.1%)

1 の社会的文化的意義, の限界

▼ 賞~ (2, 0.1%)

1 が迫力, よ

▼ 賞づら~ (2, 0.1%)

2 む大海を

▼ 賞である~ (2, 0.1%)

1 芥川賞と, 菊池氏が

▼ 賞でに~ (2, 0.1%)

2 し紅薔薇

▼ 賞では~ (2, 0.1%)

1 アマチュア, 寿子に

▼ 賞とか~ (2, 0.1%)

1 県の, 褒状の

▼ 賞としては~ (2, 0.1%)

1 一週間に, 黄金の

▼ 賞などが~ (2, 0.1%)

1 あるので, 婦人作家に

▼ 賞には~ (2, 0.1%)

1 この村正, 金緞子の

▼ 賞までは~ (2, 0.1%)

2 ぼくが

▼ 賞めことば~ (2, 0.1%)

1 がやがて, をあたえた

▼ 賞めすぎ~ (2, 0.1%)

1 た, たかな

▼ 賞めもの~ (2, 0.1%)

1 でした, になっ

▼ 賞め千切~ (2, 0.1%)

1 っていろいろ, って仮令

▼ 賞め立て~ (2, 0.1%)

1 でもする, 担ぎ上げて

▼ 賞め言ひとつ~ (2, 0.1%)

2 申さぬもの

▼ 賞め讚~ (2, 0.1%)

1 ふべき新, へながら

▼ 賞~ (2, 0.1%)

1 文化勲章までを, 称号を

▼ 賞をも~ (2, 0.1%)

1 得たこと, 授けられて

▼ 賞ハ卑賤ニ~ (2, 0.1%)

2 依ラズ

▼ 賞受賞~ (2, 0.1%)

1 のこと, の研究

▼ 賞~ (2, 0.1%)

1 が出来た, のほか

▼ 賞花亭~ (2, 0.1%)

1 だけで, と名

▼ 賞~ (2, 0.1%)

1 されない, して

▼ 賞讃たる~ (2, 0.1%)

2 を認めざる

▼ 賞讃辞~ (2, 0.1%)

1 をおそれ, を与

▼ 賞~ (2, 0.1%)

1 を受, を顧みずし

▼ 賞雅懐はじめ~ (2, 0.1%)

1 のごとし, の如し

▼1* [173件]

あったと伝わっ, 賞あらんと, 賞何んかで, 賞ぐらいには漕ぎつけるつもり, 賞さえもらって, 賞さなかったと云う, 賞された菊も, 賞されないのみならず, 賞しけるとぞ, 賞したならば何等, 賞したるものを, 賞し得たる神社の, 賞ずらえ, 賞ずるよしし, 賞せし者は, 賞せずにお, 賞せずして反っ, 賞せらるなどいえり, 賞せらるべき筈の, 賞せらるべく討伐を, 賞せらるるにあらず, 賞だろうと思われる, 賞なこと, 賞でたという話, 賞でられた軽焼が, 賞といふものを, 賞とでもいふの, 賞とは云へ, 賞とを受けた研究者, 賞と共に戯曲賞を, 賞どころか三嘆に, 賞のです, 賞などというものが, 賞などといふものを, 賞などをうけた業績, 賞ならむ, 賞ならびに賞金を, 賞なんかナチの, 賞についてだけ考えて, 賞にも広間囲ひ, 賞によって文学を, 賞ばかりか農民文学には, 賞まで十円以下の, 賞むるになほ言葉なし, 賞むるも愚かしけれど, 賞むる人も彼, 賞むる人賞めない人, 賞めいたものと, 賞めさせなくちゃ駄目, 賞めさせようという見えすいた, 賞めそうな風, 賞めそやすだけで, 賞めたいだが, 賞めたんじゃあるまい, 賞めていらしったわ, 賞めらるべき経歴, 賞めケテイを賞め, 賞めマグダを賞め, 賞め些細な修理, 賞め価値を認める, 賞め側にゐる, 賞め十二時十五分までゐ, 賞め合ふ事, 賞め呶鳴り煽てただ, 賞め場所の見付からない, 賞め川田に色々, 賞め彼女自身にも自信, 賞め感謝した, 賞め揚さぬは, 賞め方大家の方, 賞め日本が東洋一体, 賞め日本人を賞め, 賞め機嫌悪しければ, 賞め歩行き出したは, 賞め無謀なりとも, 賞め画を賞め, 賞め稱へつ, 賞め者となっ, 賞め舞妓の食べる, 賞め詞だ, 賞め賃にはうんと, 賞め賞られて, 賞め賞め歩行き出したは, 賞もらった感想文として, 賞られて二人, 賞位だ, 賞ソヴェト同盟のゴーリキイ賞, 賞トシテ金銭三枚ヲ下, 賞メンデンホール賞東宮記念賞朝日賞などがある, 賞レーニン賞等のほか, 賞加エン, 賞一千円也を貰います, 賞三番目が花紋賞, 賞の訓練, 賞世界平和賞のため, 賞主義のみが決して, 賞二等賞を得た, 賞候補作品として関根秀雄訳, 賞優秀な新聞記者, 賞典カツプを金屏風, 賞典レースの榮冠, 賞典競馬の穴, 賞の公平, 賞勲局はマルグリツト, 賞受領者の一人, 賞君おい一杯飲もう, 賞するの, 賞善罰悪の権, 賞喫したのである, 賞堂白木屋とまだ, 賞天鵞絨の幟, 賞はんず彼, 賞学士院賞メンデンホール賞東宮記念賞朝日賞などがある, 賞学士院賞東宮記念賞などをうけた, 賞得しはかの, 賞の種, 賞や減刑請願, 賞をあらわし, 賞技芸副賞を久米, 賞授与ロッパ賞をハリキリ・ボーイズ, 賞授与式の時, 賞授与者を投票, 賞授賞の式場, 賞措かざるに尺余, 賞なども万端, 賞罷, 賞月題詩扇面携来見示即次, 賞朝日賞などがある, 賞東宮記念賞などをうけた, 賞東宮記念賞朝日賞などがある, 賞梁田に及ばなかった, 賞梁緒も姜維, 賞の白い, 賞標四個を与えられ, 賞次郎が焉馬, 賞決定発表する, 賞香賞贋香, 賞をもわけ与える, 賞立てた事の, 賞一回授賞問題をめぐって, 賞等々夥しい賞, 賞等三つ四つ記憶して, 賞に上る, 賞で十五級止まり, 賞の権能, 賞に絶対, 賞自国語の純化, 賞ヲ有, 賞要覧というの, 賞規定により表彰候也, 賞を縦, 賞いか, 賞誉らる, 賞請合いである, 賞にあづかりぬ, 賞讃しようではない, 賞讃すほどで, 賞讃せんとする, 賞讃喜怒哀楽はもとより, 賞讃感謝したと, 賞讃文に送つた, 賞讃的記事が書かれた, 賞讃羨望愛慕ということ, 賞讃説の方, 賞選作としては私, 賞を賜, 賞銀五両が渡された, 賞銭五十貫罪人は杖一百, 賞する人達, 賞鑑スルニ於テ内外ノ区別ヲ立ツルハ笑フ, 賞雪皆宜しく都下, 賞頌して書かれね, 賞頗似十三峯とあり