青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「菊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

草鞋~ 荒~ 荒い~ 荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊
菊~
菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 華~ 華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~

「菊~」 4662, 46ppm, 2516位

▼ 菊~ (1063, 22.8%)

60 花を 44 花の 42 花が 32 井の 18 死骸を 1510 家, 花は 9 香の 7 花と 6 中から, 中に, 家の, 御紋, 花に, 花も 5 家へ, 花束を, 鉢が, 間の, 露, 香が 4 お吉, ことを, やうな, 声も, 手を, 方へ, 模様の, 死骸は, 顔を, 香や

3 [16件] お田, ような, 井か, 井一家の, 口から, 御紋章, 方は, 根分を, 死骸に, 死骸の, 母は, 花や, 襟髪を, 鉢を, 顔は, 香りに

2 [77件] ために, ところへ, にほひ, やつが, ように, 一枝を, 下駄を, 両名優, 中を, 井は, 傍へ, 兄の, 前へ, 双幅との, 咲いて, 咲くの, 声に, 姉の, 姿が, 姿の, 姿を, 宿, 小枝, 弁を, 影を, 後ろから, 心を, 懸崖が, 方に, 日に, 束を, 根を, 死は, 死んだの, 死んで, 死骸が, 殺された湯屋, 母親の, 法事を, 泣き濡れた痛々しい, 派手好みな, 父親七助も, 相手役を, 真っ盛りであった, 眼は, 移植が, 籬の, 紋の, 紋を, 聲に, 花で, 花とは, 花とを, 花など, 花形に, 花束が, 花酢に, 苗が, 苗を, 茶屋へ, 華を, 葬式も, 衣の, 言葉や, 跡を, 遺骸の, 部屋へ, 鉢の, 間, 阿魔, 頃には, 顏を, 首を, 香たもとに, 香を, 髪を, 黄の

1 [508件 抜粋] あとから, あの燈籠, ありますね, あるの, あるのに, ある処, ある襟, いたの, うしろ姿が, うしろ姿を, うつむけた形, うつれる見れば, うらみは, おとなしい性質, おひたしは, かおりが, かげススキ, かなきり声が, かんざし, ことで, ことである, ごときもの, ごとく老, ごまあえそれ, ご紋章, さくころ, さし出した, さまざまの, しおれかかったよう, しまつ, しろき籬, しろき花いま, たぐいが, ただならない, ただに, ついた紙, つぼみは, とれんじの, なかに, はたけに, はな, はな匂ふ, ひとむら, ひともと, ひと枝, へたとる, ほうへ, ほうを, ほかには, ほしも, まえで, まへで, みごとさを, やで, よく知っ, よく知つて, 一叢二叢青々, 一存でなく, 一本二本ね, 上にと, 上の, 下に, 下は, 下水, 下葉, 不思議な, 両手を, 両親は, 主かな, 乱れかな, 乱れを, 事に, 交情も, 人生の, 代理として, 仲を, 作り方を, 佳き日, 供え花餅梨米, 側に, 側へ, 兄なら, 兄弟たちである, 先生として, 光る感傷, 其本性の, 凭るる, 出世の, 初七日, 刺繍が, 前に, 前の, 助でも, 動静を, 匂いが, 匂いは, 匂いを, 匂ひ, 匂ひである, 千代と, 取りなしを, 取越し苦労, 叢まで, 古根, 可愛らしさ, 右の, 名は, 名を, 和名であっ, 咲いた百姓家, 咲いてる時, 咲き繚れた, 図を, 国へ, 國の, 垣が, 垣根朗らかな, 培養法が, 場, 声, 声が, 声であった, 声は, 夕化粧を, 外には, 大なる, 大模様, 大輪を, 夭折した, 奥を, 女勘助が, 女勘助と, 奴たる, 好きな, 好みそのまま, 如きもの, 如き家植, 如くに, 姿であった, 姿は, 季節, 季節に, 季節には, 宴に, 家梅月寿鶴, 容貌は, 察した通り, 小さい花, 小雨や, 少女らし, 居間に, 屍骸を, 屑の, 展観に対する, 履いて, 帰って, 広い帳場, 強い芳香, 弾でる, 形容した, 影いくつしづけき, 影の, 役目を, 後の, 御紋章入り, 徽章つけし, 心の, 心は, 心持が, 心持ちと, 心持ちに, 心持ちも, 忍ばれないこと, 性は, 恨みは, 悲しい心, 愁傷一方ならず, 意志では, 意気が, 愚を, 愛人と, 感じは, 懐中を, 手に, 手入れに, 手入れを, 指の, 指先は, 支度最中なりけり, 文樣の, 新三, 新芽の, 方が, 方でも, 方には, 日, 日向の, 日和が, 晴れ, 曲がるも, 書付けを, 有つ, 朝露も, 本名だった, 束が, 枝に, 枝の, 枝を, 枝置き添えつ, 枝通い口の, 枯れざま, 枯れたもの, 枯れた庭, 枯れ枯れに, 柔かい腕, 株などが, 根分かな, 根分けを, 根方を, 栽培でばかり, 栽培といつても, 栽培を, 植木鉢それから, 様子を, 模様が, 模様ひとつは, 横顔へ, 歌, 歓心を, 止めるの, 正直なよろこび, 死に, 死を, 死顏を, 死顔を, 歿後, 歿後に, 歿後は, 母か, 母が, 母で, 毒々しく赤いの, 気もちだ, 氣が, 決心を, 注意を, 涙ッぽい, 湯など, 澄んだ心, 燈籠も, 父は, 生花を, 生長の, 用心棒で, 用心棒に, 由, 申し立てを, 畦に, 異名に, 異名を, 白いの, 白が, 白きを, 皿の, 盃と, 盆が, 盛, 盛りに, 盛りの, 目見得が, 相手と, 眼から, 眼には, 眼も, 着物に, 着物の, 着物を, 知識を, 祖母さんだ, 秋, 立てて, 立姿は, 章に, 管状弁の, 節會なる, 精が, 精だ, 精の, 紀久榮と, 紋, 紋が, 紋だ, 紋などを, 紋章が, 紋章の, 素足が, 紫, 紫色な, 細工だらう, 細工だろう, 細胞学的遺伝学の, 紺と, 絃の, 絃切れし, 絵の, 縫取りが, 罪は, 美しい顔, 美しさ, 耳にも, 肩の, 肩は, 肩を, 育て方, 背を, 胸に, 胸を, 胸倉を, 膝の, 舅父は, 舞台に, 良人思いな, 良種を, 色とは, 色の, 色は, 色白き, 色縁に, 芝居なんか, 芝居帰りの, 花お, 花さえ, 花じゃ, 花だけを, 花だの, 花でなく, 花でも, 花とが, 花どころで, 花ども, 花な, 花なぞを, 花などは, 花なり, 花ばかり, 花びらが, 花びらの, 花または, 花まで, 花までが, 花めしける, 花らを, 花今日は, 花冷たく, 花匂へ, 花咲いたでしょう, 花壇の, 花壇を, 花売が, 花弁, 花弁の, 花弁を, 花形が, 花折り, 花束それが, 花束で, 花枝を, 花濁りなき, 花片手に, 花瓣の, 花瓶が, 花瓶の, 花盆栽の, 花盛りと, 花盛りは, 花簪を, 花萎るる, 花薄荷の, 花過ぎまでの, 花飾った, 花香も, 芳しい香り, 芽を, 芽生, 芽生えの, 苗かも, 苗の, 苗は, 若草白妙に, 茂みに, 茎あるいは, 茎または, 茎を, 茶屋などと, 草むら咲き出で, 萎れた時, 落英を, 葉かげ一輪咲き出した, 葉で, 葉に, 葉の, 葉茄子など, 蕊を, 蕾を, 薄雲, 薫で, 薫と, 薫りだ, 薫りの, 虻, 行方は, 衣から, 衣類で, 見えざれば, 見たもの, 見事さよ, 親元は, 言葉を, 許に, 詞が, 詩に, 詩は, 話し相手に, 話と, 話ばかり, 調べを, 身に, 身には, 身体は, 身持を, 身體は, 車かな, 這ひ, 遅咲きが, 部屋で, 部屋に, 酌で, 酒, 酒を, 酒常陸殿一盞傾けられよ, 酢え, 鉢に, 鉢も, 鉢植ゑだのが料理の, 鉢植を, 鉢物を, 長い茎, 門, 間づめで藩譜編纂の, 間で, 間と, 間には, 間へ, 間出仕祖父江出羽守の, 間詰めの, 間詰二万八千石の, 間雁の, 雨, 雨われに, 雪なすに, 雲行は, 霊は, 霜に, 霞に, 露でも, 露の, 露を, 音が, 音色が, 顏に, 顏には, 顔あわせ, 顔いろ, 顔に, 顔付きに, 顔色の, 顔色は, 願い叶え, 類は, 首玉へ, 香, 香で, 香という, 香とが, 香に, 香も, 香よ, 馬鹿が, 驚くべき蒐集, 高雅な, 髪に, 髪の, 髪は, 魂は, 魂を, 鮨屋だ, 黄な, 黄色が, 黄色きみ寺かな, 黒塗の

▼ 菊~ (485, 10.4%)

5 それを 4 栄える, 眼を, 顔を 3 すぐに, 自分の

2 [27件] いたみしたたる, いたみたる, いつまでも, お向う, しとやかに, ほっとし, 可笑しがる, 吃驚し, 大名の, 太息, 奥へ, 尋常に, 少しも, 拙者の, 播州の, 昨夜の, 椎茸髱と, 母に, 涙を, 病み, 白けど, 皿を, 粂の, 船上忠助の, 表情的な, 餘り, 驚いて

1 [408件] あ, あそこに, あつしに, あなたを, あの見つ, あまた眼, あらったその, いかが, いかがです, いった, いつもの, いつもひとりでに涙, いろ, いろいろ変わり, おいしいな, おしなべて下, おとなしく応対, おとなしく應對, おびえて, お城, お神籤, お竹, かなりな, かねて, かぶりを, こう作る, さっきから, しゅくしゅくと, すぐ千歳, すこしも気, すでに散, そう信じる, そこらに, その一枚, その夜主人又四郎, その手, その晩, その柄, その沈んだ, その灯影, その眼, その空, その美しい, そばで, それが, それと, そんなに人, ぞっと自分, だまつて俯向い, ちらと, つくづく思う, つげの, つつましく手, どうかと, どうした, どう考へ, どの株, どんなふう, ない方, なんといっ, なんとも答えなかった, にこりとも, ぬき足を, はっと思った, はら, ひとりで, ふるえ声, ほとけも, ほとんど私, まだ咲かない, まだ地方, まだ早い, まだ無事, まだ褪わずし, まっ赤, みごとだった, みな倒れ, むずかしいからねえ, もういい, もう平内様, もう平内樣, もう板縁, もう虫の息, もう蟲, もとより継母, やがてお仙, やっと口, やつぱり日本の, やはり凛乎, やはり考へ, やはり黄八丈, ゆだ, よかった, よく新, よく顔, わが家へ, わざと耳, わたくしの, キリリと, チヤホヤし, ツンと, トム公よりは, ドブ坂の, ドブ板の, ニヤリと, プッと, 一向存, 一向承引, 一寸逃れの, 一旦自分, 一本しか, 一枚二枚と, 一生懸命に, 一番奥のが, 不きりやう者, 不安そうに, 不運であった, 与右衛門の, 主人に, 二三輪ほど, 二十余年の, 云いながら, 云うまでも, 五百両の, 京山に, 今も, 今夜に, 今年十九の, 今日に, 今日まで, 今更の, 伊丹家の, 伊勢屋に, 何にか, 何んか, 何卒父利兵衞吉三郎とも, 何様な, 何等かの, 余程咲いた, 倒れながらに, 側へ, 元の, 元気で, 先づ箱を, 八いろ, 其の足音, 其方と, 内で, 再び会釈, 初めて口, 前年を以て, 前年文化九年九月に, 努めて, 勿体ないよう, 勿論お, 十七日の, 十五であった, 十五の, 十兩の, 十八と, 十八日に, 半元服, 厳重に, 又いった, 又きいた, 又そこ, 又悸, 叔父の, 口惜き, 口籠る, 古るし人形, 只差俯向て, 只金と, 叫ぶよう, 右の, 合に, 吉三郎に, 同家中, 吹き出した, 呆れたという, 呼吸を, 命賭けで, 咲く咲く葵, 嘆息を, 国華と, 型ばかりの, 垣の, 声を, 大いに心, 大変だ, 大變, 夫が, 奥で, 奥山の, 女の, 好まない様子, 妾の, 嫌な, 嬉しげ, 室殿の, 容易に, 寐る, 少しく悶, 少し嘲る, 尚々悲しく, 川岸へ, 川崎あたりへ, 左の, 左内が, 差当りの, 帯に, 帯の, 帰るにも, 幼少の, 幼年より, 幾たびか, 庭下駄を, 延寿の, 張りつめた気, 彼んな, 往來の, 往来の, 後ろから, 後妻で, 御神籤, 微かに, 心を, 心中である, 忽然胸塞り, 思い余った胸, 思った, 思ひ切つて一枚, 思わず犬, 急に, 恋心を, 恒川氏の, 恥らう, 息も, 悦び後に, 悪びれずに, 悲しいほどに, 悶えながらに, 惣助に, 愚なれ, 慌てて, 手入れが, 手折らじ湯, 手折らぬ湯, 手摺の, 持って, 持つて, 指の, 探るよう, 数年前請け出され, 数日し, 斯うい, 新しい晴れ衣, 新蔵久吉は, 日頃この, 明らかに, 昨夜自害を, 昨日銭形の, 昨日錢形の, 晩節の, 普通は, 暗い柳, 暫くあたり, 暫く考, 更に三日, 最前大藏が, 未だ二十, 未開かず, 本願寺句仏上人を, 村の, 染井という, 柳眉を, 栄える葵, 梅の, 欠けた皿, 此の, 武州越ヶ谷の, 死にお, 死罪という, 残そうと, 残る四枚, 気おくれ, 気が, 気絶し, 水も, 江戸へ, 決して落着, 泣いて, 泣きながら, 泣き出しそう, 泣き聲, 泣出し, 淀みも, 漸く一, 無念堪へし, 無意味に, 無理我慢の, 無言で, 熨斗代りなる, 父を, 片付け物の, 牢格子の, 牢獄の, 犬つ, 甚く, 生たる, 生れしより, 生一本な, 生得愚成者なれ, 田原町にて, 男から, 疎匆, 疾患し, 白博多の, 白子屋の, 白洲の, 白色と, 盜賊の, 目疾の, 直に乱箱, 相変らずい, 相手にも, 眞つ, 眼が, 眼もとを, 着換, 着換え, 知って, 私は, 秋それくらゐ, 稀に, 稼業に, 笑った, 笑つてました, 笹色に, 筆に, 箱より, 素より繼母, 縁先に, 義兄の, 老實, 耳たぶを, 聞こえて, 肩を, 胸の, 脆くも, 腰繩にて, 膝を, 自分が, 自分を, 自害では, 至って堅い, 良い娘, 良縁が, 艶かに, 花屋へ, 芽生える, 苗の, 若いお, 若い番頭, 莞爾と, 菊の, 菊らしく, 葉が, 薄々知っ, 袂で, 裏門の, 襖を, 見惚れるよう, 誓うよう, 誰を, 豪勢な, 贈りし二品, 赤坂御苑なる, 起きなおって, 身長も, 近所の, 返事を, 返辞を, 逃げて, 逢った時, 部屋へ, 酢え, 醋え, 金を, 長命の, 門司時代の, 陶器の, 障子を, 雨戸を, 霜に, 顏を, 顔色を, 顫え, 風呂だ, 食ひ荒され, 食べても, 首を, 驚き周章て縋り付涙, 驚き思はずも, 魔の, 黄也, 默禮し, 黙つて手

▼ 菊~ (297, 6.4%)

17 殺したの 5 眺めて 4 殺して, 見て 3 剪って, 呼んで, 活けて

2 [19件] みて, もって, 仕留めると, 作るし, 成敗する, 手に, 折って, 抜いて, 抱き上げます, 捧げて, 栽培する, 殺されたと, 殺した剃刀, 殺し塀, 殺すため, 殺す外, 絞めた手拭, 絞め殺したか, 見ながら

1 [220件] あつめたので, いじって, いちど御覧に, いちめんに, うたって, お弾きなされます, かえて, けしかけた, けしかけ巧, こう煽ぐ, さいなんだ結句, さかなに, さげて, さして飾りました, すすめた結果, すっかり夢中, せしめるの, そえて, そこへ, たべると, つくるの, つけて, つまむとねがふより, つまんとねが, つゆにても, とつて, とらえて, とり巻いて, どうかした, ば一年に, ひっ立てて, まぜた三四人, みつけ自分, よく知っ, よく知つて, 一株買つて庭へ, 並べたほとんど, 中形に, 二三枝手折っ, 五六本新聞紙に, 今更どこ, 何うかした, 作ったが, 作つて売らう, 作つて居る, 作つて差し上げたい, 作つて差し上げませう, 作つて陳列し, 作るの, 作るのに, 供へ, 俗に, 側へ, 凌辱する, 分けて, 切る跡まばら, 刺繍した, 刻んだメタル, 前に, 助け起し且恤, 包んで, 南山に, 卸した, 厭はず風は, 取押えるよりも, 可愛がっては, 吉三郎に, 呪うよう, 呼て, 呼び始終, 呼べ, 呼れ, 咲かせて, 唄って, 商売に, 嗅いで, 嘲つたもの, 四五日付け狙った, 四五日附け, 囲ふ, 城内へ, 執こく, 売って, 売つて, 売れと, 大変上手に, 大臣へ, 失つて終つてから, 始め同, 娶せ養子, 守つてゐる, 小間使いとして, 少しづつ売つて, 屹度お預け申す, 岡西氏に, 帽子に, 庭さきに, 引っ担げば, 弾いたっけ, 弾いて, 弾くごと, 御吟味, 御呼出し, 御覧に, 心あてに, 恋した, 悩ましたので, 悩ますの, 惡から, 愛したので, 手前の, 折りて, 折り右, 抱いて, 抱きながら, 抱き上げたはず, 抱き上げた筈, 抱き上げるよう, 拝んだ, 持ったお, 持て来ましょうねエ, 持添え, 挿した硝子, 据ゑたり, 採りほうれん草, 採りノン, 採る手入, 探す為め, 揺すぶりながら, 搖ぶり乍ら全身に, 摘まむ, 摘むの手, 摘んで, 播いて, 播き添, 枝炭の, 染め抜いた紫縮緬, 染出せし幕, 植えた, 植えたいと, 植えたが, 植え悠然南山, 植ゆ, 植ゑてあげて御, 植ゑ我れ, 橋渡しまで, 殺しさ, 殺し又家来林藏, 殺す気, 殺す氣, 母として, 毟り取ります, 泛か, 活けたる床の間, 活けました, 無事に, 無理にも, 熊本まで, 燃したばかり, 爭つた上州屋の, 物蔭に, 献上する, 男子として, 疑ふ樣子, 眺めながら, 眼で, 眼を, 知って, 私は, 突き放して, 結いつけて, 絞め殺したという, 絞め殺したといふ, 縛りませう, 背中の, 腰繩にて, 自分の, 苦しめる, 見せて, 見せながら, 見た, 見たか, 見た歌, 見に, 見ようと, 見られないの, 見るに, 見るは, 見る道, 見んとは, 見出し橋渡し, 見初めて, 見染めて, 見比べたが, 訊問する, 詠ぜし我詩, 説き伏せたよう, 説き伏せた大日坊, 誰かが, 譽ざるは, 買うはず, 買って, 買ふ, 貸して, 賞し, 贈って, 蹴倒し難なく, 辱めるという, 迎えた当時, 追い廻したの, 追ひ廻したと, 追ひ廻したの, 采る, 重ねて, 隣村の, 離縁し, 顧みて, 飲むわけ, 飾ったり, 龍の

▼ 菊~ (260, 5.6%)

5 燈籠の 3 咲いて

2 [22件] こんな姿, 亡くなった, 仕業なりと, 向うの, 君に, 咲くの, 大名に, 大名屋敷に, 幽霊の, 昨夜の, 死んだとは, 殺されお, 殺された, 申立し, 結び捨て, 締めたに, 置かれて, 背を, 見て, 路地の, 霜に, 高いの

1 [208件] あつた, あの愚連隊, あらわれた, あり千日菊, あるの, あんまり聞えぬ, いうれい, いそいそと, いたらば, いちりん, いった通り, いつぱい, いつもの, いないが, いないの, いまを, いる, いる側, うつかり, うつくしかつ, お下げ髪に, お好き, かれを, けさ生けた, この好日, この屋敷, こんなに心配, ご所望, さき小雨, さしてある, さね, そういう, その中, それを, たった一人, たつた一人, つぼみを, とび出て, どこから, どっさり鉢, どんな生活, におい銀杏, におって, ねだったの, ひっそりと, ひどく気に入ったらしく, またやってき, まだある, まだ見られぬ, もうよ, もて囃される, よく咲きましたでしょう, よもや六歌仙, アンポンタンが, ジャーナリズムから, ダリヤかと, 一つある, 一層霜枯れ, 一株ある, 三人の, 三味線を, 事ごとに, 云った, 云って, 云號なれ, 五六株あつ, 亡魂今夜かならず, 今年の, 今迄, 仏果の, 仕業に, 代わって, 何と云う, 何と申す, 何故か刄物, 作って, 作られないといふ, 侍の, 俥に, 出て, 分は, 初めて目見得, 剥がれて, 勘右衛門の, 勤めて, 匂うこと, 匂った, 十三の, 去ると, 口より, 可愛相, 咲きだした, 咲きだしたぞ, 咲きほこつて, 咲く, 咲くとの, 塊まっ, 声を, 多くいまだに, 大きくなる, 大切か, 大変よく, 大小十は, 天神池へ, 好きであった, 姑の, 姑を, 姑女を, 孝心は, 孝貞に, 孫で, 家を, 小さな下駄, 小間使いとして, 小間使いには, 少し花弁, 少ないと, 居合わせないという, 居間の, 帰ったとき, 常々の, 幽霊何時か, 幽魂黄泉地の, 床へ, 引かれたまま, 強くにおっ, 彫って, 彼に, 得意だ, 徳川期の, 怒ったよう, 怪しい病気, 悩ましそう, 悪事の, 情に, 戒名を, 手に, 手を, 手一ツにて, 手前を, 手討に, 手輕に, 投げたに, 指を, 挿けて, 插し, 放心した, 故意に, 旅に, 暇乞を, 書いた起請文, 最早萎れ, 未だピンピンし, 枕に, 欧羅巴まで, 歌って, 止めても, 正月二日の, 歸つた, 死ななかつたらどう, 死んでからが, 死去りました, 泣いて, 清らかに, 満開だ, 溺死たる, 澄明な, 濕めつ, 灯籠の, 現われて, 生きて, 申す處, 申上候通り常々渠が, 町の, 病死した, 白くなる, 白く黄いろく咲い, 皿を, 盛りだ, 眺められよう, 知らせて, 私に, 移れるころ, 空室の, 立つた儘, 立腹し, 簪しなる, 紅に, 聲を, 腰繩を, 花は, 花はと, 見つけて, 見られる, 見付けて, 赤紫色に, 逃げたと, 造って, 道具を, 隣の, 顔を, 顫え, 馬琴を, 鮮やかに, 黄く白く, 黄に, 黒い鬢, 黙って

▼ 菊さん~ (194, 4.2%)

6 はその 4 が, とお, は不思議 3 はまた

2 [27件] がお, が殺された, にはすぐ, の手, の朋輩, の眼, の背景, は, はこの, はその後, はてれ, はもう, はもしか, は今にもぶらりと, は勝手, は北村, は夢, は己, は庖厨, は玄関, は男, は耳門, は見知らない, は青い, は驚い, もまだ, を家

1 [119件] かな, がいいました, がし, がその, がそのまま, がたいへんよく, がゆうべ, がわたし, がナマ, が其所, が出, が台所, が大きな, が嫁入り, が待ってる, が心地よ, が怒, が怒っ, が殺され, が笑, が籠, が美味し, が落ち, が貴方, が黙っ, そんなええ, たつた一人, だの或は又, ちょっとこわし, て踏切, というの, というひと, とかお, と二世, と二人, と云, と結婚, と言, と言つて, なかなかに, なら, ならさっき, なら好い, になっ, にはぐれ, によろしく, に婿, に店, に訊かう, に起された, ね夜桜, のお供, のところ, のほう, のゆくえ, の下駄, の出, の呼吸, の婚禮, の影, の後, の意見, の方, の末段, の母御, の祝言, の顏, はいいました, はかう, はこっち, はこんど, はしみじみ, はじ, はじっさい, はちょっと, はちよ, はどうしても, はひさしぶり, はびっくり, はほっと, はほつ, はまだ, は不幸, は云, は云いあてられた, は代, は働きもの, は先刻, は六人, は十九, は口, は口惜し, は可哀想, は吃驚, は好き, は字, は家, は当惑, は振り向いた, は振り向き, は機械的, は汚い, は父親, は狭い, は私二人, は立ち止, は立ち止った, は自分, は萌黄色, は萠黄色, は貧乏人, は質屋, は返事, また考えこんだ, ま一盃, もう亥刻, を越前屋谷右衞門, 一度親分, 本当にお前さん

▼ 菊ちゃん~ (154, 3.3%)

6 のこと 3 のお, は自分 2 が二号, だ, の笛, は笑っ, は露八

1 [132件] あばよ, あんまり声, うれしいかい, おめ, お出し, お遊び, があ, がお, がこれ, が一号, が三歳, が出来, が吃驚, が居なくなっ, が巡邏船, が後ろ, が料理番相手, が死んじゃった, が相手, が笛, が袂, が袖, が言っ, そんなに写真, そんなに振っ, そんなに泣かなく, だけはどうしても, だけは先刻, だけを好き, だってやっぱり, だね, だのお, であった, であること, との約束, とは金春, とも平気, なぜ泣く, などと昔通り, にはかないません, にもお変り, にも御, に多少, に帯地, に時ちゃん, に眼, に笛, に答える, に策略, のし, のまえ, の伝える, の報告, の大きく, の大切, の度胸, の形, の方, の時, の気位, の清麗, の甘酒屋, の病気, の行動, の話, の質問, の身構え, の顔, はこの間, はこれから, はじっと, はそこ, はどうして, はまだ, は一瞬, は先刻, は初めて, は半平太, は告げた, は寝ちゃった, は帰っ, は座蒲団, は強情, は彼, は後ろ, は急, は怨, は悪びれず, は憎, は早く, は時々, は柳橋, は浜中屋, は澄まし, は澄ましこん, は男, は真面目, は眼, は知ってる, は縋りついた, は耳, は肺病, は船頭, は色, は華族, は蕎麦屋, は袖, は見えない, は頼まれない, は騙されない, へも, へ懇, へ注意, もいい, もう少しそこ, もう済んだ, もさぞ, もナカナカ外交家, も伯母さん, も来, も知らない, も誘われた, も隙, も頂い, を一人ぼっち, を呼ん, を抱いてた, を熱海, を神明, を見, を陰, 来うや

▼ 菊~ (125, 2.7%)

2 [13件] 二人で, 仲が, 仲の, 勝之助との, 平次, 用人進藤市太郎の, 申します, 申すは, 白菊と, 祝言した, 秋の, 紅葉, 遠い親類

1 [99件] いうて, いうと, いうほど, いっしょに, いった, いやア, うめもどきと, お咲, お喜代, お節, すぐに, その三味線, それから平次, そろえて, である, なったが, ひとりの, ふたりで, よく似, カンナは, ダリアと, トム公とは, 一緒に, 三人で, 不義を, 主人とを, 云うの, 云う名, 云う役, 云う舞妓, 云ったっけかの, 云ったっけの, 云つて市場にも, 云ふ, 云ふも, 云號の, 京助, 今手に, 付添の, 会った裏手, 刀, 勘三とは, 十八に, 叔父様と, 同じく十三歳, 同じよう, 同じ部屋, 向かい合って, 呼び井筒屋, 呼べり, 喜怒哀楽を, 大きくしるしたる, 大日坊と, 夫婦に, 女中の, 娶せ昔, 宣るもの, 密通致し, 密通致し居, 幾松の, 弁太と, 忍合情死爲んと, 思い勝則, 思はれるが, 情交の, 房太郎, 手前ばかり, 本とを, 桃色の, 楓との, 気に入りの, 水苦實との, 申すか, 申す嘉門, 申す女, 申す者加納將監方, 申す腰元, 申もの, 申者にて, 申者の, 申者私し, 白菊か, 白菊とに, 百合との, 百合の, 相對, 相應, 祝言する, 箱根の, 紅葉の, 美代吉が, 芸妓の, 薔薇と, 薔薇の, 薔薇は, 言つて十八の, 雛罌粟と, 黄いろい菊, 黄な

▼ 菊~ (120, 2.6%)

4 っ, と頼春 3 も頼春 2 でございまする, の姿, の手, は, もまた, をつれ

1 [97件] がいえ, がきっと, がそっと, がその, が何, が先, が命, が昨日, が牛, が眼, が首尾, という侍童, という者, とか, としては行く, としては隠者時親, とはまだ, とやら申した, と助光, と呼んだ, なぜ沈ん, なる侍童, にご, には生, にも事情, に問われ, に托し, に頼春, に髪, のごとき, の一存, の二人, の件, の切っ先, の安否, の性根, の棹, の死, の眼, の討たれ, の語気, の重み, はいまいまし, はそう, はその, はそれ, はそんな, はとつぜん, はとぼけ, はなつかし, ははや, はひざまずい, はまた, はまだ, はもやい, は一つ, は万一, は主人, は南無, は呟い, は宙, は後, は後ろ, は思わず, は意識, は振っ, は棹, は歩み歩み, は眼, は立ちすくんだ, は耳盥, は肩, は胸, は舌打ち, は見送っ, は身, は隣舟, は首, は高野街道, は鸚鵡返し, へは眼, も, もありがたく, もここ, もすでに, もそれ, もとたんに, も交じえ, も仰天, も加え, も故, も気, も討たれけれ, も車上, やある, をかたらっ, をし

▼ 菊~ (95, 2.0%)

3 向かって 2 向ひ, 惚れただけの

1 [88件] あまり同情, いいおいて, いいつけたから, うづもれて手入れ, おもち, お兄様, きいた, ござります, さして使, して, たとへられし三美人, つられて, なって, にた花, ねだって, はまん丸い白い, まだ未練, ムコを, 下さるべし又, 与ったもの, 二尺の, 云った, 井戸を, 似て, 入れ揚げて, 即して, 合を, 同情の, 向はれ, 国旗だ, 夢中に, 奪われた小野小町, 孔雀の, 宛てた手紙, 宿って, 寄せたる一首, 就いては, 尿し去る, 屹度したる, 差す, 心中を, 憩ひけり, 手当を, 打ち込んで, 挿して, 文戸に, 斯, 斯と, 日映りのを, 暇を, 曳かれて, 次ぐ名優, 水あるごとき言うべからざる, 溺れた友吉, 烈しい恋, 玩具に, 用なら, 申付たる, 盗まれた小野小町, 眼を, 秋を, 立つ, 約束し, 紅葉に, 縫ふ, 繩を, 置く, 羞づ菊を, 茶を, 草花が, 言はせる, 言ひ含め, 訴えたの, 誓った, 軸を, 送られて, 通じたるにも, 逢ひ, 逢まじ, 違いない, 酌を, 醉ひ, 野心を, 錆が, 限らずこの, 雨降りぬ, 雪見に, 食われて

▼ 菊人形~ (95, 2.0%)

4 の舞台, を見物 3 の小屋 2 に復活, に進化, のこと, の収入, の噂, の楽隊, を作り出した

1 [70件] から出る, があった, があり, が二, が呼び物, が国技館, が大, が菊, が見たい, であろう, では植木屋半兵衛, で名高い, で客, で混雑, で秋, で賑わった, とあいつ, と云え, と云われた, と今しがた, と相対, など, などというもの, なン, にされ, につながった, に仕組ん, に気, のどこ, のよう, の三津五郎, の中, の元祖, の入口, の名所, の天井, の店, の昔, の木戸番, の様々, の殷賑, の狐忠信, の番人, の縁起, の繁昌, の背景, の舞台全体, の衰微, の見世もの, の見物, の話, の趣味, の部, はいい, はそういう, は両国国技館以外, は今, は全く, は御免, は相, は面白, ばかりは見のがさない, ほどにも思はない, もここ, も入谷, やゆらぎ, をゆらぎ, を見, を見る, 大きなゴミ箱

▼ 菊千代~ (78, 1.7%)

2 の住居, の方, はその, は頭, を眺めました

1 [68件] から見れ, がどうしても, が好き, が来, が深々, が細そり眼, といえ, との仲, にはどうもぴったり, にも出, にも当分, に説きました, のもと, の傅役, の微妙, の心, の手, の様子, の生活, の足先, の身辺, は, はあと, はいくらか, はかいがいしく, はさすが, はじっと, はぞっと, はちょっと, はふらふら, はもうすっかり, はやめました, はウイスキー, は両, は二階, は何, は公然, は大きく, は寒, は小唄, は心, は意外, は感じ, は押, は捨鉢, は梅葉姐さん, は檜山, は正式, は永井さん, は淋し, は空家, は突然, は立ち上っ, は立っ, は笑っ, は細長い, は自分, は長い, は階段, は項垂れました, は頬, は驚い, は高尾, もあまり, もてれた, をじっと, を包みこん, を見つめました

▼ 菊~ (65, 1.4%)

3 が云った, は鸚鵡蔵 2 の体, は思った

1 [55件] お坊ちゃ, かえ, が三寸, が入っ, が呼ん, が恐怖, が気, が清一, が盃, が蔵, が身, でございます, では, という芸妓, と申す, に酌, の声, の眼, の背後, の胸倉, の身, の顔, は, はその, ははじめてホッ, は全身, は古びた, は嘉十郎, は女, は妙, は娘, は嬉し, は左手, は床, は庭, は心身とも, は扉, は抑え, は抑えられ, は振り返っ, は歩い, は眼, は蔵, は藪, は襖, は驚き, もにわかに, も官吏, や, や妾, をズルズル, を初め, を眺めた, を見下した, を認めた

▼ 菊~ (61, 1.3%)

3 お仙も

1 [58件] いい稼人, うららに, お常, ここに, ここの, すべて美事な, その約束, それ程までに, たつた一人, どうしても舟, ひそかに, ほうれん草も, また好き, まだ年, まだ開園, まともに, もうたいへんすたれ果てた, ようよう覚悟, よく見, トム公も, 一時悲しみを, 三郎の, 不断骨を, 伯母の, 供を, 兎角花, 加えて, 助からなかった, 咲きましたし, 咲き草, 天にも, 女である, 好出來, 少し安心, 少し張合い抜け, 少し惱, 彼を, 後から, 徒に瓦礫, 得心し, 悦んで, 懷かし不動堂やさしき, 持って, 東京の, 栽った, 權次も, 母の, 氣の, 泣いた, 涙に, 甲斐甲斐しく働いた, 笑えば, 精出して, 花の, 藤も, 親の, 誰の, 霜に

▼ 菊~ (61, 1.3%)

5 です 2 でした, の方

1 [52件] か, が京弥, が好ん, が導かれ, が折々, が言い, が誂え, が駈けつける, そろそろ参ろう, でござる, でなくとも, ではない, というの, とおいちゃ, とそうして, とのうれしい, と京弥, と小姓京弥, なの, にも手伝う, に与えた, に琴, のこと, のところ, のふさわしい, のふたり, のろうばい, の兄, の巧み, の思い人京弥, の思い人霧島京弥, の手管, の振袖姿, の旅姿, の望み通り造作, の白々し, の目と顔, の美しい, の触れ, の顔, はおらぬ, はここ, はそんな, は彼自身, は懐剣, は涙ぐましい, ほどの深窓珠, も, もひかえい, をも天下, を庇っ, を随

▼ 菊~ (59, 1.3%)

9 のある 8 の東作 4 の又 3 の上 2 だ, と綽名, の醜い, をお前, を描く

1 [25件] があった, があつ, がつくねた, であったり, ではない, で眇, で眇目, で面長, という号, と号, なので, になった, になつたお, の小男, の巾着切, の巾着切り, の殿様, の車夫, の顔, も笑靨, やらひょっとこ, を洗っ, を洗つて, を滝, を隆造

▼ 菊乃さん~ (55, 1.2%)

3 の老後 2 の場合, の悲劇, の死, を得

1 [44件] がこの, がそれ, がそれほど, がそッ, がどれ, がなんとなく, が居なく, が末期の水, が育て, が自殺, が芸者, が辞退, が離婚, にだって切実, にとってこの, には先生, には堪らなかった, に対するこまやか, に対する先生, に感じさせた, に甘い, に盃, に自殺, のこと, のよう, の切な, の心事, の生活問題, の目, はさりげ, はその, は救われ, は芸者, は誰, は越後長岡, は音, への愛情, への溺愛ぶり, も死ぬ, よりは若い, よりも原因不明, をその, をも雰囲気, を得る

▼ 菊~ (42, 0.9%)

6 の空地 2 で, に, に人殺し, の六軒長屋, の富五郎, へ出かけました

1 [24件] で摺れ違った, につつましい, に世帯, に着いた, のお湯, のポンプ, の吉田長禎, の坂上, の方, の旧居, の現場, の理髪店, の理髮店, の裏通り, の途中, の長泉寺, の駄菓子屋, へ出よう, へ捨児, を下り, を挟ん, を挾ん, を登つて, を金色

▼ 菊~ (39, 0.8%)

2 の前, の話

1 [35件] がいつもいつも, が願う, と云う, と書いた, と祖母, に対してあんまり, の事, の云う, の低い, の出来る, の声, の女房, の子供等, の子供達, の家, の帰っ, の忠実, の男の子, の顔, はなお, はやめ様, はチョイ, は何, は只, は少し, は幾度, は意くじ, は来る, は沈黙, は私, は自分, は願い事, をけなすで, をつくづく, を眼下

▼ 菊~ (35, 0.8%)

2 山茶花の, 杉次郎や

1 [31件] お房, お浅, お淺, お繁, だ, ですね, どっちへ, ばらが, みさおの, コスモスなどの, 丸山の, 安五郎は, 戸隠菊を, 早咲コスモス, 杉次郎達は, 桐の, 残る紅, 毎日眺め, 清浦奎堂に, 白い夢, 竜脳菊で, 紫蘭どくだみ麻向日葵の, 若い妓, 菊や, 萩などが, 薄赤い, 薔薇や, 裏の, 躑躅の, 重次郎や, 金鳳花が

▼ 菊という~ (34, 0.7%)

4 のは 3 女を 2 のが, 一人の

1 [23件] のを, ものは, 十八九の, 可愛らしい下女, 名に, 女, 女の, 女の子を, 女中で, 女子の, 妓の, 娘が, 娘であった, 娘です, 娘の, 娘を, 小柄で, 幽霊が, 本を, 者なれ, 者は, 花は, 葉や

▼ 菊村宮内~ (33, 0.7%)

2 からもらっ

1 [31件] がれい, が水, が竹童, その腕, である, という人物, とうとう琵琶湖, と坂東巡礼, と目, にきょう, に仲裁, のいる, のやさし, の住居, の家, の手, の顔, はお, はおなじ, はきのう, はさ, はさびしく, はもと柴田勝家, はわれ, は天狗, は消え, は竹生島神伝, もこの, もむかし, をたよっ, を引っぱっ

▼ 菊~ (33, 0.7%)

7 と富江 3 も富江, や富江 2 とお, は眠気

1 [16件] が不安, が天野, じゃない, と内密, と冬子, に断定的, に訊いた, のあげる, のいない, の会話, の円, の横, は乱れた, は薄, は顔, も吾知らず

▼ 菊~ (32, 0.7%)

3 せんべいの 2 せんべい, せんべいへ, せんべいを

1 [23件] があった, さようさネ, せんべいと, せんべいも, という奴, と人殺し, に, にいった, にいでたった, にも依りけり, にゆく, に行った, のお, の催, の客, の杯, の真似, の節句, の菓子, 遊山を, 酒, 餅, 餅とも

▼ 菊~ (29, 0.6%)

2 の前

1 [27件] があつ, がある, であつ, でも見物, といっ, などある, なんかどう, にあまり, に案内, に立っ, のある, のところ, のなか, の中, の半分, の場, の手入れ, の皆, の隅, の黄菊白菊, へはいっ, へ出, へ案内, へ行っ, をすぐ, をわけ, を侮蔑

▼ 菊には~ (26, 0.6%)

2 それが, 去年の

1 [22件] どのよう, むしろもったいなかっ, わたしから, 九重のみ, 人に, 俗趣の, 元来甘い, 取分けて, 古代の, 外の, 御鏡, 早いじゃ, 殺し手が, 紫宸殿の, 継父に, 繼父に, 聖駕の, 聽えなかつた, 菊の, 見当が, 覚悟の, 青い短冊

▼ 菊細工~ (24, 0.5%)

2 が出来ました, の本場, は, はまだ, を始めた, を覗い

1 [12件] すたりて, という, といえ, といへ, なんぞ見, には甚だ, の人形, の記憶, はますます, を見, を見る, を観

▼ 菊~ (23, 0.5%)

2 が説明, に護られ, に預け, の引合せ, の胸倉, の言葉, は少し, は御用聞風情, も二人 1 が声, が聲, すっかり喜ん, 代って, 代つて

▼ 菊~ (21, 0.5%)

6 の店 2 の娘

1 [13件] さまア, ではすぐ, といい, という古い, という名, のお, の主人, の女将さん, の娘の, の遠縁, は古い, へ忍び込んだ, 到

▼ 菊~ (16, 0.3%)

1 [16件] が八重桜百五十本, が庭, が廃園, が開きしなり, に作つたの, の伝, の庭, の手紙, の時代, の百花園, はまた, は北平, は可, は奥州, は無学, を無

▼ 菊太夫~ (15, 0.3%)

2 と云, の手

1 [11件] が, が娘, が菊治, といふ佝僂男, なるもの百太夫, の肩, の膝, はやがて, はわが家, へいった, も小

▼ 菊といふ~ (14, 0.3%)

2 のは

1 [12件] ことを, のが, のである, 一人娘で, 十七に, 十八九の, 可愛らしい下女, 女の子を, 娘です, 娘を, 嫁は, 小柄で

▼ 菊~ (13, 0.3%)

1 [13件] があやまち, が待ち, が角, が赤い, にお茶, に兄弟, の参る, の名前, の罪科, の袖屏風, はきっと, は重々不埒, も気

▼ 菊~ (13, 0.3%)

2 の諸

1 [11件] という, というよう, と云う, と同じ, に百合, の一人, の三名優, の手, の死, の顔合わせ, を圧倒

▼ 菊師匠~ (13, 0.3%)

1 [13件] があんな, にさう, に入れ揚げた, のところ, の方, の死んだ, の死顏, の許婚, の許婚面, は矢張り, は言ふん, を殺す, を覗き

▼ 菊~ (13, 0.3%)

6 の御 2 御紋章 1 の大, の紋, は彼, をあしらい, を透かし

▼ 菊でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] あげて, その種類, ない抛つたら, 作って, 作ろうよ, 売らなければ, 桔梗でも, 植えましょう, 牡丹でも, 見に, 面白くない, 黄菊でも

▼ 菊より~ (12, 0.3%)

2 二つ上の, 二つ年上です, 出て 1 して, 借用致し, 内々貰ひ, 年上だった, 落つる花びら, 貰ひし

▼ 菊作り~ (12, 0.3%)

1 [12件] がさかん, しそう, としての自尊心, に精出し, の主, の志士, の法則, の爺さん, の秘伝書, の苦心, はいのちがけ, は最早

▼ 菊~ (12, 0.3%)

1 [12件] が御, に立ち帰った, に限る, の後見, の進め, の重役, はお, は未だ, よろしくな, を世に, 御成人, 追

▼ 菊殺し~ (12, 0.3%)

7 の下手人 1 の疑い, の疑ひ, の難事件, は大, 乳母が

▼ 菊ちやん~ (11, 0.2%)

1 [11件] から伺, があ, がお, が二人, が入れあげてた, だけを好き, にはかな, のい, の甘酒屋, は一瞬, を見

▼ 菊~ (11, 0.2%)

1 [11件] きり花が, それの, よいここ, 仕方が, 体を, 図柄としては, 圖柄としては, 宜い, 有名な, 生計を, 足りるだらうと

▼ 菊~ (11, 0.2%)

2 という女 1 が一大事, の顔, はそう, は四十過ぎ, は始め, は手, は改まっ, は新しく, は驚い

▼ 菊~ (11, 0.2%)

1 [11件] その仲, だろう, という二十歳, と梅渓, の挿けた一枝, の死に, の菩提寺, はめったに, も委細承知, を出し, を娶り

▼ 菊~ (11, 0.2%)

1 [11件] という同級, に出遇った, に別れ, のてれ, はじゃ, は下, は前, は勉強家, は困ります, は憐れみ, は眉

▼ 菊石面~ (11, 0.2%)

1 [11件] でお, になった, の四十男, の大きな, の赤い, の赤いきたない, の長い, も面皰, をふくらませ, を真赤, を突出

▼ 菊~ (10, 0.2%)

2 のこと 1 だけはおりつ, だろうと, っていうの, という子, と同じ, のようす, はひたむき, はみずから

▼ 菊殿~ (10, 0.2%)

1 お暇, から云え, が, と申す, にはこの, の一, はあなた, を袖, 何故に, 共々お

▼ 菊~ (9, 0.2%)

1 あらずこの, え, そいつよっぽど, バサケ菊で, モジャモジャ菊か, 桜か, 添へ, 白菊かの, 菊女だろう

▼ 菊などを~ (9, 0.2%)

1 むしるが, もっとよん, 微塵に, 活けたお座敷, 用意し, 見に, 買って, 買つて来, 黄大

▼ 菊~ (9, 0.2%)

1 いいのこすと, いうこと, いけば, 一寸お, 夕明りの, 注意する, 渡して, 背中を, 通したか

▼ 菊~ (9, 0.2%)

2 うね 1 で買った, という小間物屋, とて有, と共に下町, の番頭, へ詮議, りん

▼ 菊~ (9, 0.2%)

1 でなければか, でワツトマン, で三百六十ページ, で四百何十頁, に模様, に直しました, の六片版, の四冊, の安っぽい

▼ 菊そば~ (8, 0.2%)

1 があります, が今晩軒, なン, に寄る, の前, は引こしちゃった, へというわけ, へ電話

▼ 菊ちゃんと~ (8, 0.2%)

1 おれとは, それに, 一つ船に, 二人じゃ, 二人で, 彼との, 桂と, 穴守の

▼ 菊どの~ (8, 0.2%)

1 おひとり, が小女, の好き, はこの, もお, を見, 御油断, 御造作

▼ 菊~ (8, 0.2%)

1 であつ, とか山端, の, の別館, の心棒, は有名, を襲っ, を覗い

▼ 菊白菊~ (8, 0.2%)

1 が乱雑, が咲き乱れ, が植, その外, ならぶ如, に対しては聊か, の小さな, を何

▼ 菊~ (7, 0.2%)

1 と向, と夫, に対する感情, の自分, はそこで, はた, は飛ん

▼ 菊富士ホテル~ (7, 0.2%)

1 と云, と云う, にいられた, の内庭, へ移転, へ越し, を出た

▼ 菊~ (6, 0.1%)

2 し明日玉の輿, よ 1 とか玉菜, 自分の

▼ 菊との~ (6, 0.1%)

3 仲を 1 三重香秋の, 花を, 詩が

▼ 菊とを~ (6, 0.1%)

1 そろえて, 持つて, 播きつけたこれ, 染めた友禅, 等分に, 見すてて

▼ 菊など~ (6, 0.1%)

1 いとあまた, さしたの, 一束に, 植ゑてある, 雑植の, 雜植の

▼ 菊~ (6, 0.1%)

2 がこんなに, の口 1 じゃ, をばっさり

▼ 菊屋敷~ (6, 0.1%)

1 で成長, で育った, と呼ん, のなか, の菊, の門

▼ 菊~ (6, 0.1%)

1 の, の打物, の珊瑚礁, の紋理, の菓子皿, を示す

▼ 菊~ (5, 0.1%)

1 新の, 芳おしげなどが, 菊ッ死ん, 菊ツ死ん, 菊構う

▼ 菊とが~ (5, 0.1%)

1 お手玉の, ついて, 並んで, 向かい合って, 母の

▼ 菊にも~ (5, 0.1%)

1 お茶を, そう見えたらしく, 各, 因果を, 類が

▼ 菊~ (5, 0.1%)

1 であった, にめぐりあう, の欠点, は唐人伝奇中, は満足

▼ 菊四郎~ (5, 0.1%)

1 この小屋, などに沢村源之助, のさらに, の存在, は師吉井勇

▼ 菊~ (5, 0.1%)

1 という古本屋, のこと, の店, へ買い求め, へ駆けつけ

▼ 菊慈童~ (5, 0.1%)

1 と早がわり, にそっくり, の相貌, の筋, を配す

▼ 菊模様~ (5, 0.1%)

1 の浴衣, の皿, の襟, までが今, を染めた

▼ 菊~ (5, 0.1%)

1 がある, でござれ御意, で一升二円, にくらべる, ビルや

▼ 菊正宗~ (5, 0.1%)

1 には遠く, に雁行, の信者, の盛名, の酔

▼ 菊~ (5, 0.1%)

1 かな, がある, が中心, などの間, に溜る

▼ 菊お前~ (4, 0.1%)

1 にちと, には気が付かぬ, はどう, は何

▼ 菊から~ (4, 0.1%)

1 享けた松井家の, 聞いたとおり, 草のか, 顔を

▼ 菊だの~ (4, 0.1%)

1 その後に, 柳だ, 色変りの, 萩だの

▼ 菊です~ (4, 0.1%)

21 がその, よお

▼ 菊とか~ (4, 0.1%)

1 いったよう, おらんだ, 云ふと, 紅葉とかを

▼ 菊とは~ (4, 0.1%)

1 おしまいに, かわりばんこに, ハッと, 吉弥の

▼ 菊~ (4, 0.1%)

3 優の 1 優は

▼ 菊婆さん~ (4, 0.1%)

1 が言い出した, の手料理, は炉, も手伝い

▼ 菊文等~ (4, 0.1%)

4 の語

▼ 菊理姫命~ (4, 0.1%)

1 となった, に対してこれ, はもとより, は伊弉諾尊

▼ 菊理媛~ (4, 0.1%)

1 であるか, など言ふよみの精霊, の神, を祀

▼ 菊目石~ (4, 0.1%)

1 というよう, とて菊形, のやう, のよう

▼ 菊花壇~ (4, 0.1%)

1 で別に, は毎年美事, は菊花壇, を作り

▼ 菊~ (4, 0.1%)

2 の紋 1 おあいにく, の模様

▼ 菊こそ~ (3, 0.1%)

1 すぎたれ不夜城, 哀しかりけれ, 映ゆれ田居辺り

▼ 菊~ (3, 0.1%)

1 あまり足, いつぱい, もやった

▼ 菊その~ (3, 0.1%)

1 三回忌の, 呼吸だ, 男は

▼ 菊その他~ (3, 0.1%)

1 がアイヌ, ちょいちょいで, の花

▼ 菊それ~ (3, 0.1%)

2 に用人 1 と白

▼ 菊だけは~ (3, 0.1%)

1 その仙介, 引廻しの, 美くし

▼ 菊ちゃんあなた~ (3, 0.1%)

1 には死, のため, はその

▼ 菊などの~ (3, 0.1%)

1 ことは, 咲いて, 鉢物に

▼ 菊に対して~ (3, 0.1%)

1 不注意の, 何者も, 好感を

▼ 菊よりも~ (3, 0.1%)

1 七歳の, 埃を, 早く石蕗

▼ 菊一文字~ (3, 0.1%)

3 の短刀

▼ 菊坂ホテル~ (3, 0.1%)

1 にて認め終る, にて面会, の一室

▼ 菊廼屋歌吉~ (3, 0.1%)

1 っていうやつ, といった目的, なる小唄

▼ 菊投げ入れよ~ (3, 0.1%)

3 棺の

▼ 菊~ (3, 0.1%)

1 うと, うる日, ゆる籬

▼ 菊~ (3, 0.1%)

1 が四五日前, といふの, ならうしろ

▼ 菊毛氈~ (3, 0.1%)

1 が大好き, をこし, をつくつたげる

▼ 菊~ (3, 0.1%)

1 で風折烏帽子紫, なして, の色

▼ 菊~ (3, 0.1%)

1 の由来, を持っ, を酌ん

▼ 菊いただき~ (2, 0.0%)

1 のよう, や木

▼ 菊さん菓子~ (2, 0.0%)

1 たべねいかよ, とらねいか

▼ 菊だけが~ (2, 0.0%)

1 かおって, 大得意

▼ 菊ちゃん僕~ (2, 0.0%)

1 はね近頃, は安価

▼ 菊では~ (2, 0.0%)

1 あったが, あったけれど

▼ 菊とに~ (2, 0.0%)

2 田三反

▼ 菊とも~ (2, 0.0%)

1 云った, 聞えた

▼ 菊どん~ (2, 0.0%)

1 ならば, の馬さ

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 と, のでそれ

▼ 菊などが~ (2, 0.0%)

1 田舎の, 目に

▼ 菊などは~ (2, 0.0%)

1 三都歌妓の, 飛騨という

▼ 菊なれ~ (2, 0.0%)

1 ど残り, ばあ

▼ 菊はな~ (2, 0.0%)

2 お前の

▼ 菊までも~ (2, 0.0%)

2 絞め殺して

▼ 菊みたい~ (2, 0.0%)

1 な花, にお

▼ 菊もう~ (2, 0.0%)

1 二合取っ, 寝るから

▼ 菊やに~ (2, 0.0%)

1 つかまったとき, 迎いに

▼ 菊よりは~ (2, 0.0%)

1 一刻も, 本性の

▼ 菊をば~ (2, 0.0%)

2 つむこと

▼ 菊エン~ (2, 0.0%)

1 と云っ, と呼ん

▼ 菊ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 の一隅, の墓所

▼ 菊一株~ (2, 0.0%)

1 のあり, 提げた男

▼ 菊一輪~ (2, 0.0%)

1 いつさし, と固く

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 肋の, 肋も

▼ 菊事私~ (2, 0.0%)

1 し方, し胎内

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 と云, の二人

▼ 菊人形見物~ (2, 0.0%)

1 に行く, の客

▼ 菊内一番先~ (2, 0.0%)

1 に医者, に醫者

▼ 菊内愛妾~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 菊内神田~ (2, 0.0%)

2 の平次

▼ 菊半截~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大, へおさまるおさまる

▼ 菊同道~ (2, 0.0%)

2 にて東

▼ 菊咲き~ (2, 0.0%)

2 つぐ

▼ 菊夫人~ (2, 0.0%)

1 におとらぬ, の縫針

▼ 菊女頸城郡~ (2, 0.0%)

2 の僧知良

▼ 菊姉妹~ (2, 0.0%)

2 には比べられない

▼ 菊子女史~ (2, 0.0%)

1 であった, は検束

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 へ行こう, へ連れよう

▼ 菊富士~ (2, 0.0%)

1 に部屋, はあれ

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 は, は明治二年

▼ 菊廼家~ (2, 0.0%)

1 で合っ, というの

▼ 菊数種ほか~ (2, 0.0%)

2 に朝顔十四鉢

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 と向いあっ, ヲ御

▼ 菊明日~ (2, 0.0%)

1 という日, といふ日

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 る, るる

▼ 菊横死~ (2, 0.0%)

2 の趣

▼ 菊活け~ (2, 0.0%)

2 て置きけり

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 の家, は或は

▼ 菊王何~ (2, 0.0%)

1 して, としよう

▼ 菊田作~ (2, 0.0%)

2

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 だの, のよう

▼ 菊石なす鰻~ (2, 0.0%)

2 なすもの

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 のはん, のもの

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 を吹け, を所望

▼ 菊~ (2, 0.0%)

1 と車, の精

▼ 菊紫蘭~ (2, 0.0%)

1 とも見え, の野辺

▼ 菊花山~ (2, 0.0%)

1 については, の伝説

▼ 菊豆腐~ (2, 0.0%)

1 の入った, の類

▼ 菊野菊~ (2, 0.0%)

1 ともまた, の花

▼ 菊鉢台~ (2, 0.0%)

2 の薄

▼ 菊隱元豆~ (2, 0.0%)

2 の蔓

▼ 菊龍さん~ (2, 0.0%)

1 と富江さん, や富江さん

▼1* [348件]

あらためてお礼申せ, 菊ありもと懸崖であった, 菊いづれともわかぬ, 菊えんじの小菊, 菊おまえの愛人, 菊お仙の二人出づ, 菊かをるまがき, 菊がかあいそう, 菊くらいな事, 菊ぐらいは殺し兼ねません, 菊け, 菊さえ気がつかない, 菊さくらん坊丸ぼしなどおみやげ, 菊さし寄せて, 菊さして歌かき, 菊さっぱりして, 菊さまという若様, 菊さんいく枚あっても, 菊さん何か粗相, 菊さん只今帰りました, 菊さん小泉八雲の描く, 菊さん木曜日の会, 菊さアん, 菊しかと左様か, 菊しらぎく食すため, 菊じゃないわし, 菊すなわち殿様の, 菊ずし迄行っ, 菊そちは泣い, 菊そのもののない, 菊だけであるが, 菊だたうなど取片づけ, 菊だつたか不明, 菊ちゃんあたしが手水, 菊ちゃんあんたが泣いたら, 菊ちゃんお湯へ行かない, 菊ちゃんきくちゃんて菊ちゃん, 菊ちゃんこれいつか話したあたし, 菊ちゃんそッち, 菊ちゃんとまだ暗い雑草, 菊ちゃんビイルをおくれ, 菊ちゃん伯母さんにその, 菊ちゃん君はまだ, 菊ちゃん富ちゃんお楽しみ, 菊ちゃん富麿さんさようなら, 菊ちゃん居眠りなんかし, 菊ちゃん虚無は最後, 菊ちやんビイル, 菊つくし石竹の苗其他数種, 菊つくりの菊, 菊つくりではなかつたらう, 菊つてまさあ, 菊づくし五枚かさねし襟, 菊んです, 菊であっても恐らくは, 菊であることを, 菊であろうか, 菊でございますよ, 菊でしょうか, 菊でないことに, 菊といった自分の, 菊として掉尾の, 菊とでも奢って, 菊どうしたん, 菊どんいがねえこの, 菊なお存するの, 菊なぞの咲き乱れた間, 菊なども同じよう, 菊なら菊の, 菊なるものは, 菊について出て, 菊にて其後人の, 菊にとってはよい機会, 菊によつて代表された, 菊によって代表された, 菊に対しては父としての, 菊に対するとよきお, 菊はぞつと自分, 菊ばかりじゃない胚子, 菊ばかりは上手だ, 菊ばっかり弾くじゃ, 菊ほととぎすを彫る, 菊までが果して作れる, 菊むせぶいきれを, 菊もえならぬ宿ながら, 菊もらわるるめいわくさ, 菊もをりを, 菊よりと書いて, 菊よろこんでくれ, 菊よろし紫ならず, 菊らしいのを, 菊りんだう, 菊をも有たぬ, 菊をや簪し, 菊ゾノと読む, 菊死んじゃ, 菊死んぢ, 菊マア色どりゆたかでいらっしゃるわけ, 菊マーチです, 菊一人しかない, 菊一枝を許す, 菊一輪竹花入れに移し, 菊三宅やすささきふさ林芙美子等でとにかく, 菊三郎への軍費, 菊世界という巻莨一袋, 菊中庭のかい, 菊丹野禎子という友達たち, 菊主人はい, 菊主人藤兵衛藤井の生地, 菊事其方が家, 菊事姑女を締殺したる, 菊事本名お粂, 菊二十一歳しらかべ町, 菊二枝ばかり挿す, 菊を島原, 菊五君だと, 菊五芝翫其方退けとばかり, 菊五郎小山内氏等皆席に在り, 菊人形あれは江戸, 菊人形ときけど外出, 菊人形師などというもの, 菊人形活人形覗機関声色使の雑技, 菊人形見世物塲より失火, 菊人形開演中の両国国技館, 菊帰ったぞ, 菊の兄妹, 菊以後の一人, 菊伊勢屋三郎兵衞小間物屋與兵衞旅籠屋清兵衞雲源等殘らず呼出されしに, 菊は殺し, 菊佐衛門は貴族院議員, 菊うした, 菊作らうと思ひけり, 菊作る家の, 菊供養というの, 菊供養むら雨の中, 菊信濃金梅丸葉岳蕗車百合などが黄, 菊じゃ雨戸, 菊健在ですらも, 菊兄哥ぢやない, 菊先乱発二尺玉三尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 菊先程林藏が先, 菊兩開他日涙孤舟一繋故園心, 菊八郎の二人, 菊八郎等と晩餐, 菊八頁の足踏式ロール, 菊共約束あり此方, 菊兵衛この者共, 菊其他キヤラメルも亦, 菊其方は何故, 菊内すつかり喜んで, 菊内中間勝造それに二人, 菊内中間勝造庭掃の三吉爺, 菊内仲間勝造それに二人, 菊内仲間勝造庭掃きの, 菊内外一同寄って, 菊内外一同寄つてたかつて, 菊切るや唇, 菊動くと見れ, 菊匂って居ります, 菊千代自身いくらかそういう, 菊半截型の書物, 菊半截版などの無数, 菊半裁位の小さな, 菊半裁判百余頁の美しい, 菊半裁判百餘頁の美しい, 菊半裁版などの無数, 菊単葉重葉アリ俗ニ単葉, 菊検校は, 菊棚菊是ナリ, 菊及び蓮の, 菊古流しおらしく彼, 菊右衛門が楽, 菊があわただしく, 菊の芸風, 菊吉三郎と密通致候覺, 菊吉二人の芸量, 菊など数々, 菊は本郷, 菊咲かせどの孤児, 菊咲き朝顔のよう, 菊唐草浮織の手巾, 菊四郎岩井松之助などであった, 菊四郎工左衛門寿朝等いづれも, 菊四郎芝鶴勘五郎がよしや, 菊四郎駒場御猟, 菊国スエの女子三人, 菊坂下へ捨児, 菊坂生れで無, 菊のお菓子, 菊塢それに版元, 菊塢世才には長, 菊塢翁の昔, 菊塢老年には学問, 菊の関, 菊大会が催される, 菊大夫長明入道雅経朝臣の挙, 菊大輪の中, 菊太爺さんもずるい, 菊姉ちゃんのお, 菊て開く, 菊孔雀草浦島草おいらん草の濃き, 菊存じておろう, 菊安が家の近く, 菊が開かれた, 菊富士館とかいふ高等下宿, 菊寿の提灯, 菊専門の市長, 菊少し蹲んで, 菊屋さんから二年, 菊島市松の妹, 菊川町両番, 菊左顔あわせの, 菊にある, 菊庵桑田恒三である, 菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 菊廼舎のしるこ屋, 菊弥様覚えて, 菊弥様妾もう一度貴, 菊だった, 菊悪くないね, 菊愛飲者招待会といふ気, 菊慈童一人は般若, 菊げ入れよ, 菊に逢った, 菊日かげの菊, 菊時分だから, 菊月見草足にかかる, 菊本氏に使っ, 菊朱葉の長, 菊村さまにすまない, 菊村すしへ行き, 菊村どのじゃない, 菊村宮内どのへちょっと, 菊村宮内なんの気, 菊東国で蝦夷菊, 菊枕枕の中, 菊の立っ, 菊根ヨリ発セズ春間ニ子ヲ下, 菊根分剣気つつみて, 菊桔梗女郎花西洋風ではチューリップ, 菊構うことは, 菊様ご覧なさりませ, 菊の緑葉なぞ, 菊模樣を染めた, 菊が貴, 菊橋九郎左衞門年寄役村方で九, 菊正一本頂戴, 菊正喰べ物, 菊正宗都菊とそろえ, 菊此越前守媒酌, 菊歿後の劇界, 菊気違ひの, 菊はそれ, 菊氣新秋に入る, 菊水仙りんどうコスモスそれから梅もどき, 菊沢川へ逆流, 菊とかいふ待合, 菊浜菜もるちの花叢, 菊潭医官は誰, 菊灯籠の見物, 菊無用無用わたしゃ夫とふたり手, 菊燈台の灯, 菊燈籠を少し, 菊版クロース三百数十頁本文以外に海図, 菊版三段組み六号活字総振り仮名付き, 菊版三百頁の本, 菊版二十四頁の, 菊版六十五頁にわたる長, 菊版四六版菊半截版などの無数, 菊版四六版菊半裁版などの無数, 菊物語を世に, 菊特有の香気, 菊存す, 菊王ずれの公卿小僧, 菊王つかの間でも寝, 菊王ならではとの仰せ, 菊王めを捕り逃がしまいた, 菊王下にいよ, 菊王他人のすなる, 菊王沓を, 菊は泳, 菊理姫伊弉冉尊伊弉諾尊及大己貴命の四神, 菊産地仕入れでございますから, 菊甲東空しく墓中, 菊畑屋根の南瓜, 菊を践ん, 菊が紺地, 菊白菊みな小菊を買っ, 菊白菊咲出でぬ, 菊白菊白刃を見た, 菊皿三方などを折ッ, 菊盛り過ぎつつなほししづけさ, 菊石野郎ぢやありません, 菊確かりして, 菊確りして, 菊磨王殿下の設立, 菊科植物に属する, 菊稲荷の社, 菊窓偶筆と名づけ, 菊二回播種, 菊の豪勢さ, 菊紅葉につけ, 菊細工菊人形と今しがた, 菊結びのしがわりの蝶, 菊綴ぢ風に見える, 菊綴葵の紋服, 菊綴葵紋服の扮装, 菊罌粟解脱母の花, 菊置床の上, 菊又七大傳馬町居付地主彌太郎加賀屋長兵衞等なり此砌髮結清三郎, 菊舎尼の句, 菊色々の花綴衣, 菊芒鶏頭などの秋, 菊花壇菊先乱発二尺玉三尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 菊芳しき料理かな, 菊茶山花の香, 菊とも気品, 菊萵苣と和名, 菊薬用の菊, 菊蝦夷菊堆し, 菊の紋所花, 菊衰えてゆく, 菊見ですかえ, 菊見る日と, 菊親子の中, 菊赤い芍薬, 菊路さまと京弥さま, 菊路たちふたりはおびえつづけ, 菊路京弥の三人, 菊ひ出でて, 菊逝き左団次おとろえ, 菊がドロン, 菊造りに熱心, 菊酒屋と云う, 菊酔って云う, 菊野人参の類, 菊野菊米蓼萩などが黄紫とりどり, 菊金盞花縁日名代の豪, 菊銘石の穴, 菊隠元豆の蔓, 菊のというの, 菊面石黄鐵鑛など, 菊あわせの, 菊のしるし, 菊鳥獣なら鶯時鳥猪, 菊と云う, 菊麿王殿下おなじく御息所, 菊龍富江小妻と指