青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「都会~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

部屋~ ~部落 部落~ 郵便~ 郷~ ~郷里 郷里~ ~都 都~ ~都会
都会~
~都合 都合~ 都市~ 酌~ ~酒 酒~ 酒場~ 酔~ ~酔っ 酔っ~

「都会~」 2837, 32ppm, 3639位

▼ 都会~ (1129, 39.8%)

9 空気の 8 中で 7 上に, 中に, 人は, 生活の, 生活を 6 中の, 夏の, 生活に 5 人には, 人の, 夜の, 空を 4 ように, 中を, 中心に, 地に, 憂鬱, 方から, 方へ, 生活が, 真中に, 空気に

3 [16件] うちに, なかで, なかに, 上を, 中には, 中央の, 人間は, 住民の, 入口の, 夜を, 悪風に, 文化は, 片隅に, 真中で, 空気を, 風に

2 [88件] おかみさん, ことは, すがた, それと, どよめきが, なかの, においが, ぬけ裏, まん中で, やうな, ような, プロレタリアートの, 一つである, 中にも, 中の川は, 中央から, 人々に, 人々は, 人たちは, 人と, 人より, 人間なら, 他の, 住民に対しては, 公園の, 労働者と, 労働者に, 労働者の, 喧騒より, 地を, 場末で, 塵に, 塵の, 塵埃に, 夜に, 大工場, 大気の, 大道には, 女に, 奴が, 婦人に, 子が, 子供らしい, 子女は, 少年少女は, 屋根, 工場から, 工場に, 工業生産と, 巨大な, 底に, 憎むべき悪風, 成金どもが, 或る, 排泄物が, 文化と, 文化の, 料理屋の, 方に, 様に, 残瀝を, 水に関して, 深さ, 無数の, 煤煙に, 片隅で, 生活には, 生活は, 生活も, 町には, 真ん中で, 空に, 空をと, 空気が, 空気は, 紅塵を, 繁栄とは, 美観を, 自然に, 舗石道で, 色彩を, 郊外と, 陋巷で, 雑沓の, 顔, 風が, 騒音に, 騒音を

1 [775件 抜粋] あくどい悪戯, あの荒れた, あらゆる不浄, あらゆる素材, ある部分, いいところ, いかに繁華, いろんな街, うちで, うちの, うめきが穏やかな, お坊ちやん, きわめて目立たない, こういう名園, ことで, ことである, こんな痩せた, さわがしい音, すさまじい叫び, その明るい, それとは, たえざるどよめき, たたずまいやを, と違っ, どこかに, どの墓地, どの路, どぶ, どよめきへ, どんな大廈高楼, どんな料理店, なかへ, にぎやかな, に較べ, はてを, まばゆい電燈, まんなかである, まんなかに, まん中の, もある, ものが, ものに, ものには, ものより, ものらしい, ようには, らうたげ, インテリの, オフィスで, ゴタゴタの, サロンでは, サロンの, セメントを, デパートの, ビジネス, ビルや, プラットホームへ, プロレタリアと, プロレタリアートと, プロレタリアートとが, ホテルでは, ホボは, マッタダ中で, ユーウツ, リヨンで, 一地域の, 一堂に, 一瞬に, 一軒の, 一隅で, 一隅の, 三角州である, 上にも, 上の空, 上空を, 下層小市民の, 下町, 下町に, 不思議さは, 与える営利, 世話役らしい, 中でも, 中とも, 中央で, 中央であったなら, 中央絶壁屏風の, 中学生たる, 中心から, 中毒者と, 中産階級の, 主婦も, 乱暴な, 事だ, 事情に, 交通機関が, 交通機関の, 人々, 人々が, 人々には, 人々や, 人が, 人たちの, 人たちらしい, 人で, 人として, 人へ, 人よりも, 人口の, 人口は, 人士は, 人家を, 人波の, 人種とは, 人達の, 人間や, 他人の, 住宅地でも, 住居に, 住民でも, 住民は, 侘びしい, 俳人の, 借家ずまい, 借金し, 停車場で, 優れた医院, 優越を, 光景が, 児童は, 全景は, 公共造営物に, 公園, 内臓は, 出来る頃, 分裂の, 制度に, 劇場に, 労働組合が, 労働者クラブと, 労働階級に対し, 勤労婦人に, 勤労者住宅居住者五〇パーセントに, 匂ひ, 半可通が, 卵色の, 及ぶ所, 古い囲壁, 台所では, 台所は, 名は, 呉服屋へ, 周囲では, 味, 味い, 哀しみを, 哀詩である, 商人も, 商品市場が, 喧噪の, 喧騒に対して, 嗄れ声, 固たい, 土に, 地では, 地には, 地下鉄乗降場と, 地理を, 坊ちゃんや, 埃が, 城壁を, 場合では, 場末, 場末らしい, 塔碑にも, 塵風に, 壮観を, 声も, 売笑婦, 夏を, 夕べは, 夕暮は, 外れに, 外廓に, 多くの, 夜らしい, 夜景の, 夜街の, 大きな建物, 大商人, 大学生には, 大広場, 大桟橋, 大理石の, 大衆を, 大通りの, 大通りを, 太陽が, 奇しき光, 奈落に, 奥様は, 女あか抜け, 女では, 女と, 女の, 女学校を, 奴は, 奴らが, 如くでなかった, 始終刺戟に, 娘だ, 娘と, 娘の, 娯楽街に, 婦人の, 婦人や, 子だ, 子と, 子以上に, 子供なみに, 子供に, 子供は, 子女が, 子弟と, 孤独は, 学校から, 学校生活を, 安逸な, 家にも, 家は, 家屋には, 家屋の, 家根向うに, 寂しい反映, 密集せる, 封建制の, 小さな書店, 小商人, 小夜楽を, 小学校だ, 小学校は, 小学校教師は, 小市民生活, 小市民的, 少し淀んだ, 少女が, 少女達の, 少年とを, 屋並を, 屋根うら, 屋根や, 屋根屋根の, 山の手の, 工場からの, 工場が, 工場の, 工場へ, 工場労働者との, 工場労働者は, 市域の, 市役所くらいは, 市長の, 幻影に, 幼いもの, 広い区域, 広い迷路, 底の, 庶民, 建物の, 建物は, 強烈な, 強烈版画的美し, 影が, 心臓の, 心臓は, 性格が, 性格の, 恋人の, 恩を, 悪影響を, 情景の, 情趣などを, 感情は, 感興が, 憂愁が, 憂鬱に, 技巧を, 持つ俗人, 掃除屋仲間では, 掘割の, 散歩者は, 数多い洋食店, 文化も, 文化を, 文化式登山の, 文明の, 文明的色彩と, 新式の, 新文化, 新興文学を, 方には, 旗亭に, 時間外, 景色が, 景色も, 暑気を, 暑熱を, 暗い穴, 暮しかたを, 暮しとは, 最も低級, 最も美しい, 最初の, 月光に, 有識婦人達は, 木枯しとでも, 未だ開けない, 某という, 植民地東端から, 様子も, 模倣と, 歓楽に, 武士らしからぬ, 武家仲間でも, 残った香, 残杯冷炙, 比較を, 民衆は, 汚れた裾廻し, 没落した, 河岸に, 泡沫の, 活動と, 派手な, 流行に, 消費生活者の, 消費者は, 港と, 港町に, 澱んで, 濃い刺激, 濠川の, 火事の, 灯を, 烈しさ, 無変化, 無産者の, 煙や, 燈火に, 爆撃の, 状態が, 狭い町並, 猛威に対する, 生意気な, 生意気盛りの, 生活と, 生活とは, 生活について, 生活よりは, 生活者には, 甲府に, 町, 町らしくなっ, 町中に, 町人が, 町通りに, 盛り場といふ, 盛り場なら, 盛り場にのみ, 盛衰昔の, 目抜きな, 目眩しい, 相当な, 真ン中にだって, 真中です, 真中とも, 真中にも, 眠気知らずな, 眺望は, 眼覚の, 睡眠に, 知識層は, 砂漠に, 社会政策理論が, 秘密盲目沈黙, 空で, 空は, 空地に, 空気とは, 空気も, 空気よりも, 空気中には, 経験が, 総括的叙述と, 繁華の, 美しさ, 美人に, 美的富の, 美観と, 群集と, 老練な, 者だって, 胃であり, 背景に, 膨張につれ, 膨張発達を, 自殺には, 自然と, 臭味から, 興味は, 舞台に, 色々な, 色を, 芸術は, 芸術家達は, 若い生活, 若さ, 草餅の, 荒い生活, 華麗さも, 落伍者は, 虫ケラだ, 蠱惑である, 行人は, 街路そのものまでが, 街路で, 街路に, 街路においても, 街路を, 街路樹などとは, 裏の, 裏町で, 裏町を, 襟度という, 西南部赤坂と, 親戚を, 記念塔と, 話を, 誇りを, 誘惑とが, 諸方から, 貧弱な, 貧民窟で, 貧民窟を, 貴婦人という, 賑かな, 賑やかさと, 賑やかな, 車輪の, 軟派の, 軽工業, 轢音から, 近くには, 追想とは, 退屈な, 速度と, 連中は, 道路でさえも, 遽しさ, 郭外で, 都会らし, 重軽工業, 金の, 釣り人が, 釣人は, 閑人たちの, 隅々から, 隅々で, 隅々まで, 隅から, 雑沓も, 雑踏で, 雑踏よ, 雑音は, 雪空は, 雷鳴で, 霜そういう, 青年は, 青年子女に, 非文化性, 面目を, 音響が, 頽風と, 顔が, 顔は, 顔貌の, 風俗が, 風俗や, 風景に, 風景は, 風物情緒を, 食味の, 饑餓, 駅名を, 騒々しさ, 騒音は, 騒音めまぐるしい, 魂が, 魅力は, 魚屋の, 鳥瞰景

▼ 都会~ (301, 10.6%)

17 住んで 9 出て 4 いては, 於て, 足を 3 あらん, 住む人々, 於ては, 生活し, 運命を

2 [16件] ある, いた頃, きて, して, すぐれたる調理人群居, やつて, 住む人, 入つて本意, 到着した, 憧れを, 比して, 氾濫し, 現れた, 着いたとたん, 育って, 育つて

1 [216件] あこがれて, あって, あってさえ, あっては, あふれて, あらゆる複雑, ありては, あるよう, あるアラマチ, ある他, ある橋, いあわせたり, いたたまれないで, いた印みたい, いる地主, いる或, いる時, いれば, かぎられて, くらべてこそ, すみなれた彼, だつて, どう働く, どのくらいずつの, なぞらえると, なったかという, なって, なつて, ならいくら, なら何, なること, なると, なれて, なれば, ふたたび住む, ほど遠からぬ, よきもの, ゐて, ゐる, ゐると, アコガレを, バクダンが, ブツツカツて, 一歩あしを, 不向きな, 不幸な, 世の, 主として行, 二十何ヶ所の, 今でも, 似ずはびこって, 住し, 住まん, 住みながら, 住みながらも, 住み慣れことに, 住み馴れたる者, 住むとも, 住む人間, 住む手, 住む文明人, 住む若い, 住んでるし, 住んでると, 住んでる気, 住居する, 何か, 何かの, 僅かある, 働きかける左翼, 先んじて, 先生の, 光りと, 入り込んで, 入る, 入ると, 入るの, 入る時, 共通の, 出し得る商品価値, 出ても, 出なかつた者, 出なければ, 出るが, 出ると, 出れば, 到達する, 勢揃いを, 及び難き, 取り憑, 向かって, 向つて身, 喧騒を, 在ってさえ, 売って, 多くの, 大きな破壊, 大火の, 失業が, 学ぶ機会, 学んで, 定住し, 宵暗, 家を, 居て, 居ると, 居るほど, 居るより, 工場は, 帰り来る日, 幻滅し, 幽閉され, 憧れ新しい, 戻って, 所謂馴らされ, 打ちぬ, 接する近在, 数箇月滞在する, 文化が, 於けるよりも, 於ける七十五パーセント, 於ける中流婦人, 於ける児童, 於ける岩崎三井, 於ける最も, 於ける無産知識階級, 於ける自然, 於る, 普及し, 暮して, 暮すよう, 暮す婦人, 最新の, 望みを, 来る娘, 根を, 棲んで, 止りある, 歩道が, 残って, 殺し, 比べると, 比較した, 永くありたい, 決して無い, 注ぐ大, 流れつき都人, 流れて, 流行せる, 溢る, 漲るの, 煙の, 牽きつけられる本能, 猛獣が, 生まれ育った人, 生れたもの, 生れたものの, 生れたるもの, 生れて, 生れ育つ次代, 生活する, 産まれた子守唄, 産まれて, 眼を, 着きました, 私の, 私は, 移しても, 移住し, 立って, 置いて, 置くの, 育ったお, 育った人, 育った青年, 育つと, 自分が, 芸妓と, 菓子屋という, 葡萄酒の, 蔓延し, 見えるという, 見つけて, 見られたやう, 見切りを, 詩を, 貢献する, 貰いに, 走り来たるの, 起ること, 起る一切, 車夫と, 較べて, 近いかの, 近いところ, 近い割, 近い田舎, 近い静岡県下, 逃げて, 逐われて, 連れて, 遊学する, 闇屋の, 附属するらしく見える, 降って, 限ったもの, 集って, 集つてデカダンの, 集まった, 集まるもの, 集中させ, 集中しない, 非常な, 預けられて, 飽きたから, 駐在し

▼ 都会~ (105, 3.7%)

3 離れて 2 捨つる能わず, 襲って

1 [98件] あこがれは, かなしく降りこめ, きらって, さして走っ, すかんただ, つくり千里, とりかこむ水, ながめた, ながめました, にぎわすこと, のぞいたほか, のぞんで, はなれわれわれ, まず見る, また山村, まねて, めがけて, よくする, ケーが, プロゼックだ, 一つそつくりひとまとめに, 一人歩きする, 一夜に, 一瞬間に, 一面に, 中心として, 何と思っ, 個人個人の, 出て, 出発した, 包んで, 占領する, 去って, 去つて山水, 去るもの, 去ろうと, 取り返さなけりゃならないのよ, 問わず食うべき食, 地方へ, 夢みは, 大いに進歩, 展げて, 巡遊し, 建設した, 廻って, 彷徨い出, 彷徨し, 悩ます蚊, 悪む心, 想い浮かべるごと, 愛しまた, 愛するか, 愛するわけ, 慕ったの, 指して, 捨てること, 掠奪し焼き払い, 描いて, 支配し, 時々うち, 横切ること, 歩くの, 流れて, 物とも, 発見した, 眼がけて, 知らぬ者, 築き上げて, 築造した, 結ぶから, 絶えず彷徨, 装う鎧, 要求した, 見た, 見たの, 見たもの, 見捨てて, 詩的と, 護衛も, 走る事, 転々として, 農村を, 近隣に, 通過し, 過ぐ, 遠く反対, 避けて, 離れたら全く, 離れた地方, 離れた農村, 離れなければ, 離れぼんやり, 離れると, 離れる事, 電信柱の, 静かに, 養い都会, 養って

▼ 都会~ (90, 3.2%)

15 出て 4 行って 3 出た, 都会へと 2 中学校の, 出ても, 向けて, 流れて, 職業を

1 [55件] その季節, ひいて, ひき戻された, ほんとの, やって来た初め, ゆけと, 乗りこんで, 休みなく, 休むなく奔, 住むよう, 修業に, 入ること, 出して, 出たがる心持, 出たり, 出るとき, 出るより, 向かって, 吸い取られて, 売り出される目的, 売り組合, 女中奉公に, 帰りたい, 帰り町, 帰ると, 帰るよう, 帰る日取り, 帰ろうとは, 引っ越しだ, 引返した, 持ち運んで, 持って, 捨てに, 散って, 旅した, 旅行し, 書画骨董を, 来た感じ, 東京近郊だけでも, 着いた時二つ, 着く少し, 自身を, 舞い戻りたい衝動, 行きそこで, 行きついた時雌雄, 行くこと, 転地療養に, 近づける, 迷い出た, 追い返されたもの, 追ひ返された, 送って, 遊学する, 飛んで, 馳け

▼ 都会~ (83, 2.9%)

2 世界中にも, 人間の, 壮麗だ, 破壊された, 繁華と, 美しさ

1 [71件] あつた, あとから, あぶないよ, いうも, うるさくない, すっかり初冬, せせっこましいところ, そういう有様, たいていこんな, ともかくも, どんな意味, ないだろう, なおさらだ, なれた素朴さ, ねむりに, はなはだ熱く, ほとんど皆海岸, また知識層, ものみなあ, やはり飢ゑと業苦, わからない, ダージリンの, ニューヨークの, ネパール国中で, パリと, パリーと, 一夜の, 上海を, 今なお, 低い丘陵, 何から, 何と, 何となく落ちつい, 何処へ, 僕にとっては, 全く宵景色, 十八世紀に, 半ば死し, 合宿の, 周囲が, 噂の, 四つの, 地方に, 太平の, 悠然と夜, 意識せる, 数歩を, 旗指物看板とによって, 未来を, 機械による, 死体と, 生活の, 田舎の, 田舎よりも, 発達せず, 相変らずです, 私が, 空想の, 美くしいが, 美しいぜ, 腐敗したる, 色キチガイの, 街の, 財政学的には, 賑やかな, 農村と, 違った文化, 都会の, 靄の, 青森市である, 頭部であります

▼ 都会~ (82, 2.9%)

2 あつた, ガス燈の, 日夜間断なく

1 [76件] あくせくし, あたかも日本, この労役, これを, せうが, そこで生れた, はなやかな, ぴたりと, もう一修行, やたらに, りっぱな, 二十歳までの, 住んだら住みよい, 何か, 働いて, 初音サンと, 南米の, 古くより, 型に, 如何に何, 始まった生活, 始められようと, 学んで, 家を, 富有な, 少しも, 山が, 工場の, 巴里に, 市民達によって, 年季を, 従って戦禍, 意識を, 愛した第, 成長した, 或は山間, 抗日意識の, 支那人の, 暮したもの, 暮すこと, 有ったそう, 本当にそこ, 東北の, 求めて, 流行する, 浩の, 生れたもの, 生れ育った人間らしく淋し, 生意気な, 男の, 町や, 相当な, 経験する, 育ったうち, 育ったとくに, 育った人, 育った人たち, 育った友人, 育った子供, 育つたこの, 自分の, 行なわれるよう, 行われたが, 見たより, 見つけ出して, 見ること, 見るの, 設け出した年中行事, 論争と, 造つてそれを, 過ごすと, 郊外も, 金を, 開くで, 飼い柴犬, 鰊漁で

▼ 都会~ (75, 2.6%)

10 農村との 5 田舎の 2 す, ちがって, なつて

1 [54件] いっても, いはず田舎, いふ所に, いわれる仙台市, その生活, その近郊, その陰気, なって, なりました, なり遷都, なる, もしび一つ, ハッキリした, 云いたいが, 云うだけ, 云っても, 云ふ, 別れて, 呼ぶべくあまりに, 唖の, 地方との, 少女とを, 工業の, 後に, 感じたが, 文化の, 新市街, 村を, 村落との, 東北の, 没交渉な, 海浜との, 田園との, 田舎, 田舎と, 田舎との, 田舎とは, 田舎に, 田舎は, 田舎を, 異なり人情敦朴, 異なること, 異なるところ, 私が, 称するも, 空の, 絶叫した, 農作と, 農村とが, 農村の, 農村工業と, 郊外の, 都会を, 開港場の

▼ 都会生活~ (74, 2.6%)

2 をし, 殊に巴里

1 [70件] から来, から興る, がすすん, がそのままそっくり, が始まった, が慕, だけにやはり, でいたんだ, です, でない農民生活, では到底, で舗道, というの, というもの, とはかけ離れた, とは何, と保健事項, と自分自身, にとっては恰, にとどまらない, になれない, には今, には皮膚病, に不自然, に入っ, に対するあこがれ, に就い, に慣らされた, に慣れた, に憧れ, に憧れる, に揉まれ, に於, に比し, に馴らされ, のあらゆる, のあわ, のできよう, のスタイル, のリアル, の中, の人々, の基礎, の姿, の安逸, の描写, の机, の条件, の気分, の浮動的断面, の経験, の結果, の興味, の行き, の複雑, の醜悪, の間, の風聞, は出来ない, は隣同士, もほんと, も今, も知っ, やの扮飾, をした, をしなけれ, をやっ, を営み, を経, を離れ

▼ 都会~ (67, 2.4%)

2 ある

1 [65件] あっても, あらかた焼, あり悪魔, あるか, あるの, あるもの, ある群集, いたずらに, いたずらに華美, いやに, いろいろな, うとましく思われる, えいおれは, この街, こわされて, その莫大, そんなにも, ただ一つ, たちまち真っ暗, つくられて, ぴか, まだ行った, めずらしい旅行者, もう目, パノラマの, 一つある, 世界に, 今こわれ, 住みよい, 例外なく, 冷たくなる, 凡ての, 出来て, 出現した, 出現する, 刺戟に, 同盟罷業の, 始発である, 存在しよう, 富岡には, 彼に, 必要であり, 恐ろしく感ぜられた, 敵に, 文明社会の, 有する魔, 東西交通の, 現れた, 産んだ道化, 田舎の, 発掘され, 盛大に, 磯崎の, 素顔を, 累々たる, 膨脹し, 被害を, 農村から, 農村に, 農村に対する, 農村を, 遠ざかりそして, 都会詩人を, 雨と, 頭なら

▼ 都会では~ (62, 2.2%)

1 [62件] ぎっしり詰まった, こういった, この事柄, この二つ, この右往左往, この大きな戦争, この時, これを, ざつと十分おきには, だんだんと, だんだんなくなり, とうてい見る, ないか, なかった, ほとんと, また節季, まだほんの, もう旧い, もっとすさまじい, もっと早く, より危険率, コールコーヒーと, セルの, バネの, ヴィーナス山脈を, 一般ヨーロッパと, 人口の, 今や宴会, 処々に, 古典に関する, 只光の, 垣根壁等に, 外国人も, 女なら, 容易で, 小僧が, 市民が, 干からびたよう, 幽婉, 弱いの, 彼は, 思い及ばぬ贅沢さ, 数学の, 新時代, 決して行われぬ, 滅多に, 特別に, 生活物資が, 精神的には, 素人芸も, 老人の, 自分の, 自分一人が, 舗道を, 見られない趣, 近ごろ見られなくなった, 連尺で, 都市法によって, 醜く思はれる, 重工業生産の, 野菜が, 難しいもの

▼ 都会から~ (50, 1.8%)

2 汽車で

1 [48件] あまり遠く, おいでに, おくれなければ, ずっと離れ, らしい旅, パリへ, 不意に, 久しぶりで, 今日の, 名医を, 四五人の, 墜落した, 帰って, 帰ってから, 引越して, 影を, 慰安婦が, 懸け隔たった森, 数マイルしか, 数百里, 更に十里, 来た自分, 来た避暑客, 格別な, 派遣され, 派遣された, 流れて, 流行品や, 無人の, 独立した, 生活から, 田舎へ, 田舎へと, 疎開し, 疲れて, 発行される, 窒息されかかってる, 買い出し部隊が, 踏み出した事, 農村へ, 逃げ緑郎, 遁れ, 遠いとか, 遠い辺土, 郊外へ, 郷里へ, 都会へ, 離れて

▼ 都会~ (50, 1.8%)

2 に色

1 [48件] が全く, でありすぎる, である, でいけ, でちっとも, で二人, で明るく, と田舎, なせせこましい, なの, なもの, なヨーロッパ的モザイック, な扮装, な新, な硝子戸, な豊世, な身なり, な風俗, になる, ににせ, に建てられた, に気取っ, に無理, のたった, のもの, の二十一二, の二階座敷, の偏見, の名, の女, の婦人, の家屋, の座敷廻り, の意匠, の意味, の文学態度, の明るい, の柔らかい, の洗練, の演芸, の色, の装, の陰翳, の青年紳士, の飲食店, は却つて折角, や他, を模

▼ 都会~ (33, 1.2%)

5 なもの 2 だという

1 [26件] である, であると, であるシャルロッテ街, で外国的, で美, なテムポ, なモダーニズム, なロマンチシズム, な作家, な光, な多種多様, な感覚, な文学, な楽しい, な流行, な物, な理智, な精神的, な線, な軽快味, な通人的, な遊び, になつたん, になり, の刺戟, 偽態

▼ 都会でも~ (28, 1.0%)

1 [28件] あたらしい平, こんな奇遇, させなかった, そうである, そう古くから, はじめは, 上海などは, 下層界では, 主として教育, 信長とか, 内閣そのものの, 同じこと, 同様であろう, 地方でも, 家々に, 家を, 朝顔の, 殆ん, 片隅へ, 田舎でも, 目立つだらうと, 知られて, 稀れです, 而も, 草こそは, 貧乏な, 農村でも, 風流な

▼ 都会には~ (27, 1.0%)

1 [27件] いって, この両面, この自然, これ等新制の, ちらほらし, ない事, ない色彩, 世界有数の, 人事現象が, 住民が, 何と地球, 余りに無数, 例外として, 入用が, 多くの, 大きな城, 妖怪屋敷と, 将軍進発の, 想い及ばざる難路, 文化が, 日本人の, 東京朝日をという, 興味を, 蚤なんか, 行われて, 街路樹が, 都会特有の

▼ 都会~ (22, 0.8%)

2 少い, 田舎も

1 [18件] あるや, しばし微睡みかける, そのひつよう, その活動的, なければ, まのあたり見た, みんな燃えた, もう見られない, 一色でない如く, 之を, 其の活動的, 同様である, 地方の, 大して羨ましい, 最初の, 消費者としての, 田舎の, 酔い人

▼ 都会における~ (21, 0.7%)

2 貴族

1 [19件] ありふれたものの, その一つ, その産物, 女性の, 家庭の, 富の, 小売相場を, 工場の, 戦後の, 日常生活の, 物質的な, 私ども, 私は, 自然の, 良書の, 読書き, 軽工業の, 重大事件の, 鯨肉の

▼ 都会~ (20, 0.7%)

1 [20件] いや農村, から, から風情, が一体警察権, し便利, その光景, つたと, つてみなさん云つてらつ, ということ, とこれ交番, ともいえる, と云, と各区, と屋梁, と思う, と思え, と言え, などと言う, のに怎, 品格の

▼ 都会~ (19, 0.7%)

1 [19件] その他村落都邑に, また南国, また彼, 人間の, 地方を, 宿村の, 小人どもの, 小都会, 山の, 村を, 村落を, 港湾は, 玻璃宮の, 田園の, 田舎で, 農村に, 農村の, 近郊の, 都会に

▼ 都会~ (19, 0.7%)

1 [19件] から阿蘇, であるに, での魚屋, では一時間, でも武芸者同士, に合宿, に穴レース, に近づい, の人, の人人, の待望組, の方, の温泉, の牛乳屋, の腺病質, の銭湯, は彼女ら, へ出し, ほど軽

▼ 都会という~ (16, 0.6%)

3 ものは 2 大なる

1 [11件] ところから, ところは, のが, のも, ものが, ものに, ものの, 処には, 大都会, 意味に, 所には

▼ 都会育ち~ (14, 0.5%)

2 の先生, の観劇者 1 で刺戟, のインテリ, の下町娘, の人, の共通, の娘, の戯曲作家, の末子, の美食家, の色

▼ 都会にも~ (13, 0.5%)

1 [13件] あること, まだ見られない, 共通する, 十や, 少ない, 探せば, 支社を, 様々の, 神社の, 自然の, 見いだされないパリー, 見当らないし, 避暑用として

▼ 都会文化~ (12, 0.4%)

2 に移った, の猛威 1 が発達, である, との分裂, に灰汁, の頽廃, の高揚, はここ, は事実上京都

▼ 都会~ (11, 0.4%)

2 して, し過ぎて 1 さえしなけれ, させるという, したの, した品物, した玩具, しつ, だとか

▼ 都会である~ (10, 0.4%)

1 がしかし, がその, が樹木, が歴史的, という事, のを, 前橋で, 市内で, 此の, 首府へ

▼ 都会らしい~ (10, 0.4%)

2 都会に 1 ところは, ものを, ウィーンの, 匂いの, 潤いにすらも, 美しさ, 色彩は, 輝やき

▼ 都会からの~ (9, 0.3%)

1 客が, 客と, 帰還入営者も, 影響に, 来客が, 来客を, 観光団が, 転出者との, 遊客は

▼ 都会生活者~ (9, 0.3%)

1 と伍, にとつて, にはそう, には到底, のつけ, の共同出資, の悲哀, は機会, 羨むに

▼ 都会との~ (8, 0.3%)

1 分離対立は, 勤労婦人は, 大きな相違, 対立を, 差別を, 生活程度が, 間に, 間の

▼ 都会での~ (7, 0.2%)

1 ことだろう, ことな, 二十歳代の, 問題に, 機械的人情に, 流浪生活を, 米味噌水に

▼ 都会とは~ (7, 0.2%)

2 十里も 1 お互いの, さても, 恐ろしい処, 根本的な, 言うまい

▼ 都会よりも~ (7, 0.2%)

1 ずっと健康, 地方の, 寧ろ都会, 明朗だ, 田舎の, 発達し, 輝かしい朝

▼ 都会たる~ (5, 0.2%)

1 オポルト市, ケーニヒスベルクに, コンセプシオン市の, シドニーに, パリーの

▼ 都会であった~ (5, 0.2%)

1 がちょっと, のだ, ので, カルカッソンヌへ, 江戸の

▼ 都会といふ~ (5, 0.2%)

2 ものが, ものは 1 骸骨の

▼ 都会としての~ (5, 0.2%)

1 構成的に, 歴史や, 気分が, 色彩に, 規模の

▼ 都会において~ (5, 0.2%)

1 ブルジョア文明の, 仲買され, 受けた教養, 売笑を, 生活し

▼ 都会ふう~ (5, 0.2%)

1 にちよ, のことば, の少年, の服, の近代的

▼ 都会へと~ (5, 0.2%)

1 こうした惨め, 出て, 動揺し, 皆の, 集まる傾向

▼ 都会文明~ (5, 0.2%)

2 と放恣 1 の破壊, の誘引, を破壊

▼ 都会特有~ (5, 0.2%)

1 のあの, のねっとり, のもの, の一種, の雑然たる

▼ 都会です~ (4, 0.1%)

1 からね, がここ, もの何千何万という, よ

▼ 都会とを~ (4, 0.1%)

1 つないで, 問わず富んだ家, 対立させる, 思ひ起すが

▼ 都会なら~ (4, 0.1%)

1 ば都会, ニュルンベルグも, 何処にでも, 未亡人問題も

▼ 都会~ (4, 0.1%)

1 が大, であるに, の洗練透徹, ばかりで

▼ 都会~ (4, 0.1%)

1 なるもの, には何処, にも一致, を高調

▼ 都会および~ (3, 0.1%)

1 その付近, 全国に, 名所に

▼ 都会っ子~ (3, 0.1%)

1 で偏屈, ねえそう, のお人好し

▼ 都会であっ~ (3, 0.1%)

1 ても全く, ても珍, て道

▼ 都会でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ば完全, ば得られない, ば見られない

▼ 都会とも~ (3, 0.1%)

2 ちょっと見当 1 小学校は

▼ 都会などに~ (3, 0.1%)

1 ある昔風, それが, なると

▼ 都会なみ~ (3, 0.1%)

1 にかれこれ, の文学, の料理

▼ 都会への~ (3, 0.1%)

1 あこがれを, 依存といふ, 偏狭さが

▼ 都会より~ (3, 0.1%)

1 不安不況餓死せん, 残忍だ, 諸侯の

▼ 都会らしき~ (3, 0.1%)

1 新しさ, 華やかさと, 落ち着きと

▼ 都会主義~ (3, 0.1%)

1 に陥, も強く, 反工業主義

▼ 都会人種~ (3, 0.1%)

1 が住ん, であるという, をもっ

▼ 都会以外~ (3, 0.1%)

1 にあっ, にも多数, の地方的文化

▼ 都会住者~ (3, 0.1%)

2 は読ん 1 も自然

▼ 都会~ (3, 0.1%)

1 に対する, へのアンティテーゼ, やモダン性

▼ 都会生れ~ (3, 0.1%)

1 のもの, のわたし, の人間

▼ 都会議員~ (3, 0.1%)

1 で迎えた, に当選, をし

▼ 都会趣味~ (3, 0.1%)

1 と明治開化, と異国情趣, をその

▼ 都会からは~ (2, 0.1%)

1 歓迎されず, 見たくも富士

▼ 都会そのもの~ (2, 0.1%)

1 が国家, にあこがれ

▼ 都会であり~ (2, 0.1%)

1 村人の, 近代であり

▼ 都会ででも~ (2, 0.1%)

1 して, 田舎ででも

▼ 都会として~ (2, 0.1%)

1 ロンドンを, 出来上がって

▼ 都会などでは~ (2, 0.1%)

2 火事が

▼ 都会においては~ (2, 0.1%)

1 実に大きな, 赭禿の

▼ 都会にばかり~ (2, 0.1%)

1 いる君, 育った人間

▼ 都会に対して~ (2, 0.1%)

1 その偉, 旅人としての

▼ 都会に対する~ (2, 0.1%)

1 常識なき, 郷愁

▼ 都会へは~ (2, 0.1%)

1 こられないばかりか, 四方から

▼ 都会ベーリング市~ (2, 0.1%)

1 まで続く, 迄続々

▼ 都会モスクワ~ (2, 0.1%)

1 と人, に住ん

▼ 都会中心~ (2, 0.1%)

1 の景気, の爛熟

▼ 都会中渡船~ (2, 0.1%)

2 なる古雅

▼ 都会人口~ (2, 0.1%)

1 の九三パーセント, よりは農村人口

▼ 都会~ (2, 0.1%)

1 には嫌, の自殺

▼ 都会~ (2, 0.1%)

1 とネンゴロ, の小

▼ 都会的生活~ (2, 0.1%)

2 を送る

▼ 都会神経~ (2, 0.1%)

1 を絶縁, を購読者

▼ 都会~ (2, 0.1%)

1 が濃い, の誇示

▼ 都会農村~ (2, 0.1%)

1 から成功, の家々

▼ 都会近く~ (2, 0.1%)

1 にある, の田舎

▼ 都会離れた~ (2, 0.1%)

1 この浦里, 国々では

▼1* [180件]

都会いたる所で, 都会せったいの, 都会ぐらしがふところ, 都会こそは阿修羅地獄絵の, 都会ことに港町における, 都会ごとに紫, 都会ごみ溜ビルディングの窓, 都会さ稼ぎに出れ, 都会じみていない, 都会すらかくの, 都会そだちの人, 都会たとえば横浜とか, 都会だけにくろがねせんべいといふ, 都会だけの産物で, 都会だったら数十万個にも, 都会だってやっぱりそうだった, 都会っ子的な上皮, 都会でありますがその, 都会でさえのりの, 都会とか田舎とかに, 都会としては少し狭い, 都会とではひどいちがい, 都会とのみにはかぎりません, 都会んていう, 都会なかんずくパリーを, 都会なぞには行きたいとも, 都会などはことに迷子, 都会などを歩く労働者, 都会なり小都会, 都会なりへ出稼ぎする, 都会なるバンガー, 都会なれば博物館, 都会においてすら言語衒ひする, 都会においてのみ見るの, 都会にしか作られないもの, 都会にたいしてまた乗客, 都会にだけは数学は, 都会にだって幾千人あなたと, 都会について話した, 都会についても工場鉱山についても, 都会にてこれを, 都会にのみ了せられた如く東京市中まま宿場, 都会にははひつて, 都会によって搾取さるべき, 都会ばかりじゃないよ, 都会ぶりを身, 都会へまで流れて, 都会までは汽車で, 都会みな最近五十年ないし百年, 都会めいた場所では, 都会めかしたアスファルトで, 都会ものの嘘八百, 都会私は, 都会よりは山奥に, 都会らしさを, 都会らしいおつとりと, 都会らしい疲れた燈火は, 都会らしくなつて, 都会らしくうるおいのない暑, 都会らしく感じて眺めた, 都会カブレをしなけれ, 都会サンフランシスコにある, 都会ソロチンツイの町, 都会ニシタノハ誰ノ所業ダ, 都会プロレタリアートの社会主義建設, 都会ホウソン町に住ん, 都会一年の最高頂, 都会七パーセント村落二〇・六パーセントまで減少, 都会の個人享楽, 都会の骨董屋, 都会中他にいまだ, 都会中心人が新鮮味, 都会中心制度都会商工業制度から来る, 都会二百何十ヶ所で, 都会交響楽であり飛鳥山, 都会以上に卒業生, 都会以上険悪であったし, 都会住いをした, 都会住居で揉まれた, 都会俳人であること, 都会偏愛のあ, 都会入りをする, 都会入口の七割五分, 都会全体が一つ, 都会労働者等の生活, 都会及農村でどういう, 都会名づけがたい冒険, 都会名古屋に着いた, 都会名物の雀たち, 都会商工業制度から来る, 都会地方では祇園囃子, 都会地球の六分の一, 都会の悪党, 都会奇異な北国風, 都会好みをする, 都会娘どこかもそっと, 都会婦人の洗練, 都会嫌いの気持ち, 都会対地方とセクト的, 都会小都会の風物情緒, 都会尖端人あらゆる近代, 都会居住の作家, 都会山水画の特徴, 都会工場の労働者, 都会工業地帯に移行, 都会もすっかり, 都会な仕立て, 都会式儀礼の罪, 都会から離れた, 都会の巣窟, 都会情調がある, 都会情調人のゆききが自動車電車, 都会憧憬の心, 都会排撃論をひと, 都会改造の議論, 都会文化商業精神に依, 都会文学というもの, 都会文学懇話会というもの, 都会文明勝利の歌, 都会文芸の一要素, 都会料理田舎料理老人好み若人, 都会本位になる, 都会東京の午後一時二時, 都会染みた田舎者, 都会栄花のステージ, 都会植民地の前, 都会楊州あたりでさ, 都会機械時代集団主義的意識に対して個人, 都会に原形, 都会に一坪農園, 都会気分がぬけ, 都会気質と或は, 都会江戸の陰影, 都会に洗練, 都会浪花の大阪, 都会特殊の芸術的感情, 都会特産の悪漢団, 都会が甍, 都会生活復帰説が持ち上っ, 都会用社交用の第, 都会画家の一人, 都会的享楽から離れ, 都会的害毒に侵されざる, 都会的影響を身, 都会的情調に触れしむ, 都会的情趣に浸り, 都会的感覚をもつ, 都会的消費の町, 都会的装飾乃至繊弱, 都会的諷刺家の性分, 都会的越年とはひどく, 都会的趣味は一面地方, 都会的錯綜の間, 都会的音響はほとんど, 都会盗品の取引市場, 都会福岡市の片隅, 都会精神といふもの, 都会自身のもつ, 都会臭いものとの, 都会芸術はその, 都会詩人を産む, 都会ではなかっ, 都会議員当選一回というわけ, 都会賛美者であった青木, 都会近在のこの, 都会逆巻く海夢の, 都会遠国からも見学, 都会邸宅へ食事, 都会附属の菜園, 都会附近だと, 都会集中を結果, 都会集中的傾向は富, 都会雑景である, 都会離れして, 都会の中, 都会青年の代表, 都会風俗の影響, 都会風俗通であつ, 都会風景趣多し, 都会馴れて来た