青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「都~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

部分~ ~部屋 部屋~ ~部落 部落~ 郵便~ 郷~ ~郷里 郷里~ ~都
都~
~都会 都会~ ~都合 都合~ 都市~ 酌~ ~酒 酒~ 酒場~ 酔~

「都~」 6487, 74ppm, 1526位

▼ 都~ (1404, 21.6%)

21 方へ 16 中に 159 人の, 人は 8 うちに, 空に 7 上, 空を 6 人々の, 西北, 風を 5 かたを, 上に, 中で, 内を, 姫の, 春の, 神, 西の, 貴族たちには

4 [18件] まちは, ような, 中にも, 中の, 中央に, 人々は, 人たちは, 人に, 住人は, 噂では, 土を, 夏の, 巷に, 生活を, 空が, 花に, 花を, 風が

3 [20件] やうに, ように, 人, 人たちが, 人びとは, 人達の, 内で, 塵を, 女は, 手振りを, 春を, 留守を, 空で, 空の, 空へ, 花の, 街の, 街を, 話を, 辻で

2 [98件] うちには, かたや水, ことが, ことは, ことを, それと, なかの, まん中に, まン中, もので, 一番賑やかな, 一部を, 中でも, 中とは, 中は, 中央にて, 中央へ, 乱も, 人々に, 人々も, 人が, 人と, 人には, 人びとも, 人中へ, 人心は, 住民は, 光景は, 内でも, 内には, 内の, 内は, 内へ, 再栄えた, 再榮, 同胞は, 唄を, 地を, 塵に, 外に, 外へ, 大学を, 大路でも, 大路を, 大通りを, 女に, 女の, 女を, 客に, 居住者と, 山岳宗徒に, 巷には, 府は, 御魂, 情勢を, 憂あと, 或る, 手振, 文化に, 文化は, 文化を, 方が, 方で, 方に, 方を, 春は, 春も, 曹操から, 朝廷へ, 栄華の, 水で, 物を, 町を, 空は, 空も, 空気を, 紅葉館は, 美を, 者で, 者には, 荀, 虚を, 街, 討っ手, 貴人の, 貴族の, 距離を, 轟きが, 辻, 近くに, 郊外に, 酒場で, 長安に, 隅で, 風に, 風にも, 高氏へ, 魏王宮に

1 [913件 抜粋] あかるさ, あたりに, あつた, あとが, あの変事, あの荒れた, あるところ, うす暗いカフェー, うちだ, うちでは, うちの, うち三分が, うつけ郭公待つ, おとめだち, お住居, お妹君, お江戸, かきつばた, かたに, かための, がれきて, けしきは, ここかしこ, ことでありました, こんな出, ごたごたした, ごときも, さまと, さまは, しかも如月, しゃれた風俗, すぐ入口, すみに, そこここに, そとへ, その周圍, ただ中であった, たつきこそ, たつみしかぞ, ちかづくを, ちまたを, どこか, どよみそれ, なかに, なかを, はやりの, ひるを, ふしま, ふりに, ほうから, ほうへ, ほとりの, まもりが, まん中へ, みやげに, みやげを, むねを, もっとも本式, ものと, やうで, よい工匠, ようであった, アパートにでも, スターが, バアと, パリで, ローマに, 一夜なつかしき, 一種特別なし, 一隅に, 七条の, 三分の一は, 三名物と, 上を, 上山君が, 下町一帯は, 世にも同様, 丞相へ, 丞相曹操だ, 中が, 中などに, 中の川らしい, 中央で, 中央の, 中央公園の, 中心に, 中興は, 主君高氏の, 乱と, 事と, 事を, 事情と, 事情を, 二頭目と, 京では, 京都に, 京雀が, 人々で, 人々や, 人々を, 人から, 人たちの, 人ばかり, 人びとを, 人口の, 人烟は, 人種とは, 人達に, 人間です, 人魚は, 今は, 他の, 令嬢たちは, 伊原青々園の, 住み心地, 住人十兵衛これを, 佐保川の, 余香が, 使いが, 使者藤原定遠, 便りにも, 信楽の, 俳優を, 停車場から, 停車場へ, 優しい商人, 児女豪奢を, 公卿だった, 公卿ほどな, 公家詞などは, 公方殿の, 六波羅で, 兵府は, 内に, 内へも, 内も, 内より, 内情を, 内規が, 冬の, 出口は, 出口を, 前途を, 北とな, 北の, 医官の, 南の, 印象だった, 危機が, 友達から, 叡山に, 古い町長, 右大臣家の, 司令部へ, 名に, 名園や, 名殘, 名高い彫り物師, 君が, 君等が, 周り二十里あり, 味を, 喀喇和林から, 噂が, 噂などの, 噂は, 噂舊友の, 四方を, 土は, 土地からも, 地に, 地も, 地平線と, 城よりは, 基礎, 場末の, 塔, 塔を, 士女を, 声よ, 変と, 変を, 夏に, 夕は, 外の, 外濠傳ひ, 夜が, 夜の, 夜空へ, 大きな屋根, 大内の, 大官たちの, 大梁, 大歌舞伎, 大臣殿から, 大路に, 大路小路に, 大軍を, 天子の, 太政入道殿とは, 夫役に, 奪回という, 女たちに, 女だの, 女と, 女や, 女学校へ, 好みじゃ, 如才内儀の, 妻へ, 妻子の, 始終を, 姫さまも, 姿も, 娘だ, 娘と, 娘に, 婦女を, 子供, 子女として, 字は, 学園を, 学校へ, 学生である, 學術科學を, 官人が, 官吏に, 官庫へ, 客と, 客人, 宣平, 宰と, 家の, 家元から, 宿へ, 寒さ, 寺で, 小さい借家, 小ニュース, 小林, 小林勇から, 小酒屋, 少女などには, 屋敷を, 屬物である, 山形は, 島原で, 島原を, 川という, 左大臣家に, 巷の, 市に, 市中は, 市民へ, 師走も, 平安京に, 年の瀬は, 幽かな, 府に, 府へ, 庶民は, 建設者や, 弱兵, 当局者に, 後宮に, 御大身, 御所では, 御方へ, 御曹司の, 御陣, 急がぬ楽し, 怪しい世界, 恋しかりけん, 恋しさ, 惡少年, 戦乱に, 所在地たる, 手振だ, 探題職には, 援軍が, 摂関家や, 支配者じゃあ, 数々の, 文化も, 文学者某君の, 料理方にも, 新聞の, 方々が, 方々へ, 方からも, 方は, 方へでも, 方へも, 旅館に, 日色等の, 旺なる, 昨今を, 時代に, 時代即, 時雨に, 暗夜に, 曇り空と, 曹操に, 曹操に対して, 曹賊を, 月光と, 有名な, 朝の, 朝も, 朝刊に, 朝臣たちに, 末頃には, 東に, 東京に, 東京見物に, 東山の, 東方に, 東部で, 栖居を, 案内は, 桜を, 極上の, 権門に, 歌を, 歌人でござった, 歌人には, 歌妓なりける, 歌詠みたちも, 殘暑を, 殿御に, 母の, 比叡山延暦寺の, 民の, 民を, 水, 水上の, 沙汰に, 河の, 活動を, 流行界の, 消息なども, 深夜は, 深窓に, 渦巻の, 渾天寺は, 濱邊の, 炎熱と, 焦土も, 然も, 煙を, 燕京を, 父母は, 片隅から, 物が, 物知りから, 王様の, 現状や, 生存競争は, 生活が, 生活に対する, 生活の, 男へと, 男女は, 町の, 町へ, 町中の, 町屋根を, 留守に, 番人とでも, 白拍子は, 盗賊と, 相府, 真似を, 知るべを, 知人を, 石氏という, 神といふ, 神またの名は, 秋だ, 秩序も, 空いづこ, 空だ, 空にて, 空には, 空へと, 空まで, 空をも, 空気に, 空気の, 空気をば, 窮民は, 粋を, 精猛を, 絵師と, 繁昌は, 繁栄を, 美しい娘達, 習なる, 老母を, 者でございます, 者です, 者ほど, 聞えは, 腐れ風に, 臭を, 舞踊を, 色が, 芝居などの, 花が, 花なる, 花やかさに, 花園に, 若い人達, 若き男女, 若公卿, 華奢な, 華美が, 落去も, 葬式は, 藤原貴族からは, 血液と, 街には, 街は, 街や, 衛生課の, 裏町を, 西二百余里の, 西北の, 西四十五度の, 西山愛宕山と, 西方を, 西陣に, 言葉が, 言葉を, 言語の, 記念物や, 評判と, 詩人汪先生は, 話や, 誓いを, 読書子などは, 警察へ, 變更する, 財力は, 貴い人々, 貴女たちでさえ, 貴婦人や, 貴族ばかりに, 賦は, 起源説話と, 跡で, 踊りに, 踊りは, 身寄りへと, 軍政は, 辺りでございます, 辻と, 辻とても, 辻は, 近いところ, 近在だけに, 近状など, 近郊に, 途中まで, 道, 道路として, 遺跡を, 邸の, 郊外にも, 郊外を, 酒が, 金持が, 長安の, 長安附近の, 間の, 陋屋に, 隅に, 隊は, 雑閙を, 雲を, 電燈の, 霊よ, 露店は, 面に, 響, 頃と, 頃に, 頃既に, 顔は, 風とは, 風向きが, 風情を, 風流という, 風聞とか, 騒がしさ, 騒擾村肝の, 體操の, 高等女学校から, 高臺, 魏兵三十万のみ

▼ 都~ (668, 10.3%)

9 出て, 来て 8 住んで 6 あって, いて 5 上って, 宮遷し 4 ありて, いるうち, 日のみ, 流行るもの 3 いた頃, いる, とどまって, 入ったの, 名を, 帰って, 着きました, 行つ, 遠い広瀬

2 [39件] あるうち, ある夫, いた時, いても, お帰り, きて, して, つきました, でて, のこして, のぼって, のぼりて, われの, 住む紀昌, 侘しい三年, 入った, 入って, 入ること, 出れば, 向って, 呼び迎, 囚われて, 変が, 威勢を, 帰ると, 於て, 李太白の, 残して, 留まって, 着いて, 縁の, 置いたの, 行きて, 近いこの, 近き山, 遊学した, 遠い廣瀬, 隠れも, 非常線を

1 [499件] あった, あった事ども, あった時, あっては, あっても, あつて, あの立派, あらせられるあなた, あらでは, ありしころ, ありし頃, ありとある, ありまして, あり年, あるあいだ, あるそ, あるの, あるもの, あるよう, あるわけ, ある名ばかり, ある時, ある親戚, ある足利, あれば, いかなる処, いくこと, いたころ, いたとき, いたの, いたるまでの, いた正成さま, いた間, いって, いっても, いづらい, いてさえも, いでて, いないから, いないの, いながら, いますあなた, いやここ, いらしたとき, いらしった時, いらっしゃるの, いるせがれ, いるもの, いるよりは, いるらしく孤独, いる今, いる国香, いる巨男, いる私たち, いる縁者, いる間, おいでです, おかへり, おきて, おきのこされて, おくられると, おとどまりに, おりたくないから, おるうち, おわす六波羅, お上り, お求め, お言い残し, お還り, かえって来た, かえり様, きても, きました, くらして, この十年間, こんな秘宝, さしかかりました, さへか, しかるべき身内, しめやかな, すえてからは, するに, そだった娘, そは, たなびける天, たよって, ついでの, とどまったの, とどまったり, とどまらねば, とどまりかねまする, とどまる空し, なぐさめる人, なだれこみました, なって, なる訳, なんの, のこるもの, のさばらせて, のぼす事, のぼられた方, のぼりたかった, のぼり九重, のぼり曹操, のぼり自分, のぼる旅, のまれ去って, はいり込んで, はいれぬこと, ひけらかすと共に, まいりました, まさる, むかふ, やや住み慣れ, ゆきし人, ゆくと, ゆく客, ゆく路, ゐた, ゐたら何, ゐた為, ゐても, ゐなくとも, ゐられて, ゐる秀吉, ゐれば, エノケンが, カッフェーを, ディーコン・ブロディなる, フッツリ影を, ムスタフという, ロッパの, 一ト屋敷は, 一人ぽっち残っ, 万余の, 上ったが, 上ったとき, 上った厨子王, 上った腰元, 上つた, 上つたのは, 上つた人物の, 上つて居たら, 上りつつ, 上りました, 上り天下, 上り為朝, 上ること, 上ると, 上れば, 上演される, 下ろさしたの, 乱入する, 事が, 二十噸の, 亘っての, 亙り日, 亜ぎ之に, 人魚の, 今も, 仕事が, 会わす顔, 伝えられた, 似て, 住みつつ, 住みながら, 住みぬとも, 住みはじめました, 住むほどの, 住む大阪, 住む怱忙, 住む方々, 住む橘氏, 住めども, 住めるし, 住もうて, 何し, 何事かが, 何流の, 使いを, 來て, 來ぬ, 來り, 侠名嘖々たる, 傳つて居ました, 傳はり美術會院, 兄の, 入らず許都, 入りたま, 入りて, 入りまじる様, 入り込んだの, 入ると, 入るまでには, 入るもの, 入るやいなや, 入る日, 入る誰, 入れば, 入れるなどの, 再会する, 凱旋した, 出かけようかと, 出たあかつき, 出たこと, 出たという, 出た田舎びと, 出た組, 出てすら, 出ても, 出で, 出でて, 出でに, 出ました, 出られ童子, 出ると, 出るも, 出入する, 初雪が, 到ると, 到着いたしました, 到着しました, 到着します, 到達する如き, 劣らざれ, 劣らぬおいしい, 勃発した, 卜の, 去り病, 召され宮廷, 召し還されて, 召れ, 名も, 名高い物知り, 名高き五百妓, 向いました, 向かって, 向ふ, 君臨を, 告て, 呼びよせられた時, 喚上げたまはね, 囚われたと, 囚われの, 四五人で, 四回ほど, 在りし日, 在る者二十余万衆寡敵, 在任し, 在勤の, 在番, 塩を, 夏の, 多き知己, 大勢いる, 天の, 始まりました, 定住と, 宮仕えを, 尋ね入り, 小娘一人住み, 就いて, 就ては, 居たん, 居た時, 居ったそう, 居つて, 居ては, 居残った池, 屋敷を, 巡禮, 帰った, 帰ったこと, 帰ったら俊寛, 帰った人, 帰った後, 帰っても, 帰つて宮中で, 帰つて後この, 帰つて来る, 帰られた, 帰られました, 帰られまた, 帰りついた曹操, 帰りて, 帰りて後, 帰りました, 帰り士卒, 帰り来て, 帰る, 帰るといふ, 帰ると共に, 帰るに際して, 帰れ縁, 帰着す, 帰還し, 幾たりを, 建設せられた, 引返した, 張って, 影とともに, 待って, 徘徊する, 御出, 愛人の, 愛惜の, 愛着を, 我れ, 戻って, 戻りいよ, 押しのぼって, 押寄せんず風評, 押立てた, 押立てて, 拉し去られた, 持って, 持つて, 支部が, 攻め上って, 攻め寄せて, 敗戦し, 散在し, 数多き太夫, 數多き, 新宿歌舞伎座出演と, 於いて, 於いては, 於ける十年間, 旅を, 旗を, 明るい異彩, 春雪さかんに, 時計を, 暮らしたい, 曝し, 有名な, 朝廷を, 木の芽ついばめり, 来ぬ, 来りては, 来るまでには, 来る人, 某と, 染まぬ, 栄えた理由, 栄耀栄華を, 次ぐ, 止まって, 武門として, 歸て, 歸らざるあこがれの, 歸り, 残された造形芸術, 残されて, 残しあと, 残しおきける女, 残せるその, 残って, 残つた, 殘せし, 殘れる, 比べても, 永くしづか, 活き返るよう, 流行し, 潜入, 焦土が, 現れて, 生れた者, 生れ今, 生れ同じ, 生れ育ちて, 留まるよりも, 留守届し, 異なること, 當る, 登しぬ, 登ったピエル・フォン, 登らるる風聞, 目を, 直に歸, 着いたが, 着くと, 知る人, 知己あり, 祗候の, 秋風の, 移せ烏瓜, 移り住むごと, 程なき, 程近い, 程近き, 競技の, 第宅, 納められること, 納れさせ, 紛れ込んで, 置きかね漂泊, 置きて, 置き忘れて, 聞えた, 聴く, 育った娘, 育った者, 育つた人間, 育つ子供, 背いて, 自分の, 至り上ること, 至ると, 舎人奉公し, 花が, 苦しみ乍らうろたへ, 蒋生と, 行かんと, 行くと, 行くの, 行くば, 行く如し, 行く絵様, 行く間, 行けば, 行ったらば, 街路の, 見られない清, 見られる唐物, 見失ひける服部, 見当らない男, 見知りの, 親しく留まっ, 討ち入った織田信長, 訪わんと, 調和する, 起こってること, 起ったという, 起った情痴殺人事件, 足を, 踏み止まる私, 軍馬が, 辛抱し, 近々放火砲発, 近い僧院, 近い寺, 近い或, 近い所, 近い新しい僧院, 近い泉州堺, 近い田舎, 近い良い土地がら, 近きその, 近き一里塚, 近き古, 近き處, 近く住ん, 近ければ, 近づかむとす, 近づくこと, 近づけないため, 迷ひ出た, 送られ鎌倉, 送りわが, 送ること, 逗留し, 逗留であろう, 這入ること, 通じる松並木, 通へども, 遁れ, 遊び女として, 遊ぶ人, 遊んだこと, 遊学し, 運び出されること, 運んで, 過ごしたらクサクサ, 道や, 達した, 遠い大和路, 遠い斜谷, 遠い田舎, 遠い雲, 遷る, 還す, 還すには, 還らざるべからず, 還り給わんこと, 還ると, 閉込めて, 開かせ都, 関係の, 隔れ, 集う若者たち, 離して, 雪の, 響き唯一人大路, 響く程, 響けと, 驚風を, 骸骨あえれ

▼ 都~ (616, 9.5%)

34 出て 23 帰って 11 上って 8 来て 7 使いを, 向って 6 帰った, 行って 5 呼び返されて, 帰ろうと, 行く, 都へと 4 のぼって, 帰る途中, 着いて, 請うて, 連れて, 遊学に 3 帰るの, 逃げ帰って

2 [27件] お帰り, さし立てられた, つれて, とおも, のぼる日, むかって, ゆけば, 入った, 出して, 出たの, 向った, 売りに, 差立てて, 帰りました, 帰るとき, 帰る時, 攻めのぼって, 曳いて, 来ると, 着いた, 行きたいとは, 行く前, 行く途中, 走って, 送って, 還った, 還って

1 [410件] いくならすこし, いけると, いって, いらっしゃいこう, お上せ申しましょう, お呼び寄せに, お帰, お帰りあっ, お立ちなさい, お立帰り, お返りなされ, お送りし奉った, お遊び, お遣し, お還しあるなら, かえった数, かえって丞相, かえる凱旋, かえる時, かかるの, かけつけた伊藤武者景綱, かけての, かりそめ, きてから, ご凱旋, ご檻, ご還幸, さして, さしてムチ, さして動き, さして引, さして昼夜, さして落ちる, さして逃げ落ち, さし立て, さし送ったと, すすめ, その報, その訴状, たくさんに, たち還ると, たどりついて, たどり着いた, だまって, ついたしかるに, ついたの, ついて, つかは, つくと, つれもどす確信, ですか, でて, とどいたの, とどけて, とどめて, なだれ入っ, のがれ帰っても, のし出ようと, のぼった, のぼりまして, のぼりみかどの闕下, のぼり聖武, のぼるとて, のぼるの, のぼる比, のぼる途中, のぼれとは, のぼろうと, はいって, はいると, ひきあげた, ひっ返した, ひっ返して, ふらふらと, まいる折, まゐる, まんぞう, むけて, もどって, もどりたいが, もどる日, やった長文, やって, やって来たの, やって来てな, やること, やるの, ゆきましたよ, ゆくの, ゆく路, ゆく途中, よびよせあざむいて, わざわざお, わたくしは, 一万枚ばかり, 一散に, 一足飛びに, 上せたな, 上せて, 上った, 上ったからとて, 上ったが, 上ったの, 上ったもの, 上った時, 上つた, 上らねば, 上りここかしこ, 上りたいと, 上りました, 上りゆく, 上り世に, 上り其, 上り土地, 上り大路, 上り死んだ気, 上り給ひしが, 上り舟航, 上る, 上ること, 上ると, 上るという, 上るとて, 上るの, 上る日, 上る用, 上る諸国, 上る道すがら, 上れば, 上ろうという, 上洛させた, 下って, 乱入し, 乱入した, 乱入など, 人を, 人質として, 伴いさる, 伴われて, 使いして, 入ったの, 入ってから, 入ってからの, 入らなかったり, 入りさえ, 入りたい, 入りて, 入ると, 入るなかれ, 入れば, 入社した, 入込む, 再上告, 凱旋し, 凱旋する, 出た, 出たい, 出たいと, 出たいの, 出たいん, 出たがって, 出たので, 出たまま, 出たらなお, 出たら勉強, 出たら吉田山, 出ては, 出で, 出ないでも, 出なければ, 出ねば, 出ます, 出ようでは, 出ようと, 出るか, 出ること, 出ると, 出る人, 出発する, 動座なされた, 去ってから, 召されること, 向うに, 向つて出発, 呼び入れて, 呼び還されること, 坐るまでには, 報告された, 報告しなけれ, 売りこみ都, 売り出すこと, 奉迎した, 嫁づいた, 学問に, 宝競べにとて, 家を, 密告しよう, 差し立てて, 差立てられる身, 差立てれば, 差立てろ, 帰さないぞ, 帰さないわけ, 帰さぬの, 帰ったが, 帰ったの, 帰ったばかり, 帰ったら姫, 帰った上, 帰った平重衡, 帰つて来た, 帰らなければ, 帰らるる時, 帰られた上, 帰られた当座, 帰らんか, 帰りたい, 帰りたいこと, 帰りたいと, 帰りたい一念, 帰りたがって, 帰りたさ, 帰りますという, 帰り孫権, 帰り都府, 帰るおりこの, 帰るが, 帰ること, 帰るに, 帰るにあたって, 帰る使い, 帰る十三人, 帰る商人, 帰る数日前, 帰る日, 帰る用意, 帰る者, 帰れましょうか, 度々請う, 廻るは, 引きとられて, 引きとられましたとき, 引き上げること, 引き揚げた後, 引き揚げる通路, 引っ返されい, 引っ返して, 引揚げた, 引揚げましょう, 引揚げよう, 往くこと, 往くの, 往った, 往って, 往来した, 御還幸, 徴し環, 志した, 急ぎ帰る, 急ぐ途中, 急使を, 急派し, 急派した, 急送し, 我を, 戻って, 戻つて, 戻つて來, 手を, 打ち入るに, 押送され, 拉して, 振出しの, 捨て子する, 攻めのぼらせる, 攻めのぼらんの, 攻めのぼろうと, 攻め上り君, 攻め上ろうと, 攻め入って, 攻め入り給わ, 数日滞在した, 旅立って, 曳かれた, 曳かれて, 書物を, 来あわせて, 来た, 来たの, 来た当座, 来た時, 来ては, 来ました, 求めに, 沙汰を, 注進し, 漕送する, 火を, 為べき便り無し唯病, 留めて, 登って, 登つた, 登つてしまつてからは, 着いたとき, 着いたの, 着いても, 着きさえ, 着くやいなや, 知れ渡ろう, 移った, 移って, 移つて来なけれ, 移ると, 稼ぎに, 立たした, 立たねば, 立ち帰って, 立ち廻らせたもの, 立ち越え, 立ち退かせそして, 立つ前, 立去った由, 筆を, 糧米を, 置くと, 聞えて, 聞えると, 至る道, 落ちつくまで, 行かないの, 行かなければ, 行かむ, 行きたいの, 行くこと, 行くの, 行く旅人, 行けば, 行けよう, 行こうといった, 行こうの, 行ったため, 行っては, 行つた子の, 行つてから, 行つてダンスホールへ, 行つて将門の, 表を, 見世物に, 見物に, 討って, 護送し, 買われて, 走つて, 走り中央, 赴任の, 軍を, 迎いに, 迎えたの, 迎えとられて, 迎え取りたい, 近づくほど, 返させた, 返し曹操, 返りたいここ, 迫るかの, 追いやって, 追いやられたその, 退かない決心, 送った, 送った平家, 送つた, 送らせた, 送られなかった, 送られ一度, 送られ仏師, 送られ平家, 送りやがて, 送りよこせ, 送る両方, 逃げくずれたと, 逃げて, 逃げのぼった, 逃げ上ったと, 逃げ上って, 逃げ上りみずから面縛, 逃げ入ったもの, 逃げ帰った, 逃れ去つた, 通へども, 進まれる支度, 進撃し, 運ばれる, 還ったばかり, 還らなければ, 還るという, 還るを, 還る大軍, 還る必要, 還る準備, 還ろう, 還幸と, 還幸の, 電波で, 青々と, 馳せるの, 馳せ上った, 馳せ付けたの, 駈けて, 駈け戻りましょう, 駈け落ち

▼ 都~ (398, 6.1%)

8 落ちて, 離れて 6 去って, 離れた 5 さして, 出て, 離れなければ 4 出る時, 立って 3 中心として, 出た日, 出でて, 忘る, 脱出し, 遠く離れ

2 [20件] あとに, かの地, 中心と, 出たの, 出てから, 出ました, 去つて, 去る前, 楽しめり我, 歩いて, 灰燼に, 立ち出でて, 立つこと, 立つと, 練るは, 落ちた, 行く, 辞して, 逃げだしたの, 遠く逃げ出し

1 [289件] あけて, あけ渡せとは, あとはるばる, あなたは, あわてて, いつも往来, いや日本全国, うかがって, うしろに, おかし水, おもう情, お遷し, かこみめぐる, さしての, さして出, さして戦場, さして旅立つ, さして走り, さして進撃, さして駈け, さだめたと, したう心, しのびいま, その風物, ただなんと, たちのきました, たてられたとき, にげて, ぬけ出した, はじめ六十余州の, はなれた気持, はなれて, はなれるに, ひきはらって, ひっ掻き廻したもの, ひらいて, ふりすてて, めぐり歩いて, めぐる山, わが物顔に, わすれ, バラックに, 一例と, 一巡し, 一望し, 中心に, 二十四日に, 享楽し, 今日, 他民族, 代表する, 作らねば, 偲んで, 出されても, 出た, 出た南朝, 出で, 出ましたという, 出ること, 出るとき, 出る朝, 出奔し, 出発し, 去ってから, 去つて何處, 去りて, 去り備後, 去り汽笛, 去ること, 去るとも, 去るや, 去る折, 去る邊, 取り囲んで, 取り巻いて, 取り巻く諸, 取り返したあかつき, 只の, 吹き廻して, 吹き廻りそして, 四方より, 圧す静寂, 壮んに, 大和の, 天と, 奠めた, 奠めて, 奠められた, 奠める, 嫌いました, 嫌うので, 定めたと, 定められた頃, 宿場と, 少しでも, 巡らす堀, 巡るなどとは, 巡見す, 平壤, 建てた当時, 建てた鳥, 建てられた当初, 建て偽, 建て後, 建設した, 当てども, 後に, 御出, 御存じは, 御立ち, 御覧なさい, 忍ぶたぐひの, 志し六月十二日雨, 忘れ果てその, 怖れる, 思うと, 思わせるもの, 恋しく思ったら出, 想い出す時, 想ふ, 想起す, 慕ふ, 憧憬し, 憶う, 成しついに, 手薄には, 打ち建てよとの, 指さした, 指して, 捨て, 捨てて, 捨て新しい, 攝津の, 攻めとらうと, 攻めるため, 敵に, 日本に, 望む心, 来て, 枕に, 根拠地として, 歩き彼一流, 治めし所, 焼きすてて, 照すこと, 理想した, 発した, 発したあと朝議紛々, 発したが, 発したと, 発してからは, 発しよう, 発するとき荀, 発せん, 発って, 発向した, 白くした, 眺めた, 眼下に, 知ったろう, 知って, 知らないが, 知らない弟たち, 知らぬ鄙少女, 祭日の, 福原に, 移した, 移して, 空け放して, 空に, 空都と, 立ちいでて, 立ちいでぬ, 立ちか, 立ち出るま, 立ち去るには, 立ち去ろうよ, 立ち播磨, 立ち退いたの, 立ち退いて, 立ち離れましてから, 立った, 立ったが, 立ったと, 立った日, 立つとき, 立つに, 立つまえから, 立つ前, 立つ日, 立つ時, 立てんと, 立退いたこと, 立退くまでの, 経て, 維持する, 纔か, 美しい花, 聞けば, 脱け, 脱して, 自分には, 舞台として, 荒廃させ, 落ちさせ給, 落ちたが, 落ちのびたが, 落ちやがて, 落ちる時, 落ちる状, 落ち雪, 落つる, 蔽ふ, 衝かれたもの, 衝かんと, 衝こう, 被ひ, 襲い前後, 襲うた, 襲った毒蛾, 襲ふ, 見うる日, 見ず候, 見せつつ, 見るの, 見る気, 見れば, 見物しました, 見物する, 見物に, 見物の, 見飽きるほど, 覗いて, 訛つた, 訪れた頃, 訪れる客, 譲り渡さうその, 護らして, 趁われ, 越えながら, 距る, 跡に, 辞す, 辞するとき, 追い出されるの, 追われてからは, 追われ天下, 追われ越路, 退いて, 逃げた時, 逃げて, 逃れしさま, 逃れた月界, 逃れ來, 逐われた献帝, 通る旅人, 造ろうと, 進発した, 過ぎゆくトスカーナ人, 遠く去る, 遠く離れた, 遠みいた, 遷したあいだ, 遷したま, 遷して, 遷すまでの, 選ばれる意味, 選り出しますね, 開き八紘, 開き宮殿, 限ってと, 隔つ, 隔てて, 離るる, 離れざるに, 離れし片田舎, 離れた主従, 離れた地方, 離れた山里, 離れた遠い, 離れよう, 離れるにも, 離れる前, 離れ候身, 離れ出て, 難波の, 震駭させた, 顧みること, 駈け出したもの

▼ 都~ (380, 5.9%)

10 の空 8 の空氣 5 の中, の人 4 であつ, の大, の生活

3 [13件] から來, である, なり, に於ける, のにぎやか, の一つ, の入り混みたる, の夜, の子供, はまるで, を, をつくる, をもとめる

2 [22件] であ, にむかふ, に住む, に出, に多い, のあらゆる, のまん中, の一隅, の上, の中央, の人々, の子, の少年, の屋根, の建築, の詩, の詩人, への切ない, へ來, よ, を作る, を愛する

1 [257件] かなと叫びぬ, から, からの私, から五六十人, から歸つて來, から汽車, から生活, から田舍, から集つて來, から離れ, がうつくしく, が大, が遠ざかり, が雨, しうと, じみた柄, だけが爛熟, だのに, であるから, であること, である前橋市, でさ, でその, ではデンマルク語, では女, では式, では忙しく, では殆, では澤山, では醜く, では難しい, でも田舍, でよく, で働くべく, で古い, で名勝, で小説, で生きたい, で當時此處, で私, で育つ, で育てられた, で自分等, で金融機關, といはれる, といふ處, といふ關係, といふ骸骨, といへ, として尤も繁昌, となり初めた, となれ, とに害毒, ともつかず, と呼ばるる, と心得, と田園, と田舍, と農村, にあ, にかへってベルリン, にてこ, にての詩, になつて, にはやり, には大小, には大小殆, には秋, にまつたく, にゐた, にゐなけれ, に住ん, に出で, に大, に居る, に屈せしめた, に往き, に打ちぬ, に捧げ, に支那人, に於, に於い, に暮し, に歸, に比し, に比較, に決して, に津和野, に生まれ, に生れ, に私, に老, に育つ, に行き, に起る, に通ずる, に集つて, のお方たち, のこと, のどす黒い, のどよめき, のなか, のまんなか, のもの, のわたしら, の丘, の人口, の人情, の人達, の何處, の光, の公園, の南, の味, の喘ぎ, の喧騷, の土, の坊ちやん, の壓迫, の夏, の外, の大家, の大通, の天, の女, の如何なる, の婦人, の子等, の家々, の家竝, の少女, の帶, の形態的標準, の彩色圖, の影響, の心臟, の思慕者, の成りたつ, の支配下, の文明, の新聞紙, の日常生活, の有, の朝, の板柳, の榮華, の樹木, の歌, の正月, の水道建設費二百寓圓, の活きた, の活動, の濁り, の烈しい, の熱鬧, の物音, の猥雜, の町, の發達, の白, の眞, の眞ん中, の眞中, の眺望, の私設, の種々, の窓, の粉塵裏, の繁華, の翳, の者, の色感, の華, の街上, の街街家家, の街角, の街路, の複雑, の親たち, の誘惑, の賑やか, の趣味, の足もと, の道路, の陸橋, の電車, の靜所, の音, の響, の風説, の騒々し, の騷擾, の騷音, はもとより, は九州, は削, は君達, は呼吸, は日に日に, は最早, は汚れ, は然し, は狹, は生き, は留守, は罪惡, は美しく, は非常, は髣髴, へはかれ, へ出, へ出た, へ出ない, へ引張り出し, へ歸つて, へ歸ら, めいた場所, も地方, も感ずる, も捨てたくなる, やロシア, や庭園, や農村, や部落, をかなしく, をしみじみ, をつく, をもざわつかし, をよく, を一周, を一日位, を中心, を去る, を又, を埋め, を彼, を思慕, を感ずる, を捨て, を捨てた, を望ん, を歌つた詩, を歩み過ぎ, を燒亡, を爲, を發展, を目がけ, を職業, を見捨て, を貫く, を越え, を逃げ出, を除いた, を離れる, を飾つて, 多しと, 馴れな

▼ 都~ (198, 3.1%)

5 何時までも, 其でも, 宮殿の, 日に, 離れ飛鳥 3 咲く花 2 其凄まじい, 天下一の, 気が, 野辺の, 難波の, 雲の

1 [158件] あったが, ある, あれど, あれに, いうも, いつの, うつり, うるわしい月夜, おいおいに, おのずから別天地, おもしろくない, おろか九州の, おろか地方にまで, おろか日本じゅうに, おろか日本じゅうにも, おろか日本国じゅうを, おろか津々浦々の, おろか田舎城下にまで, かよう, これ以上美しい, さく花の, それこそ, た, たとい王城, ちょうど夏, づかしきあるじ, づかし三絃胡弓, づれや桃の, づれをひとすぢに, どうなる, どこに, どちらに, ない何もかも, はじめその, はるかなれ, ふくろ, ほんとに絵, まさに海嘯, また秋, まだ戦陣, まるで釜, みんなその, もとより衣輕, アルプの, ガラ空きか, ディーテの, ヒダや, モンテビデオを, ヴェズウブ火山の, 一夜に, 一大都会と, 一時の, 一時支えられます, 一時満腹した, 三條の, 世界に, 今は, 今天子の, 休みなし, 何か, 何んな, 何処と, 何度も, 余り歴史, 保護保存す, 先年革命の, 先祖以来銀坑山, 光り輝きながら, 全土戦災食糧は, 出できこの, 北条遺臣軍の, 半阿鼻焦土と, 各種の, 名ばかりで, 名剣の, 君が, 国力の, 外に, 夜の, 夜毎群盜に, 大した都, 大半烏有に, 岐阜で, 左に, 常に見わたせ, 幕の, 幸に, 広いと, 広いという, 広い野原, 広くにぎやか, 彼の, 徳島で, 恋しくない, 悉く西洋, 情操の, 掛値を, 播州一の, 新しい命, 早いな, 春たけなわの, 春の, 更に芸術, 最も天国, 東京都庁が, 栄えた, 桜若葉だった, 此處に, 死に瀕, 死の, 比較的よく旧態, 江戸の, 決して彼, 洛陽で, 流石に, 浜松で, 海陸からの, 火が, 火災の, 炎の, 焦土と, 焼けて, 物憎い, 王城の, 皇室なき, 真赤だった, 知らず東国, 知らないの, 祇園会で, 禁断の, 私の, 紅葉しかけ, 繁昌す, 脚下に, 芋芒を, 花の, 花落ち, 荒れに, 荒れゆけど, 荒れ果てて, 荒涼として, 落ちた, 蚊が, 蛆虫の, 要するに支那, 見えず寂寥, 見てないので, 許都には, 貴顕の, 軍事経済の, 退屈で, 退屈な, 都だけで, 野べの, 静かに, 高市郡の, 高知で, 魘われた様

▼ 都~ (167, 2.6%)

6 のお 3 とし, に任じ 2 となし, に任命, のご, の命令, の本陣, の病

1 [143件] からとんだ, から怨まれ, から油断, があなた, がお, がおられた, がお許し, がご, がわざと, が初め十日以内, が工人ども, が東南, が罪, が肚, ご自身, すでにみまかる, たり, たりことさら, たるならば, たる父上自身, っ, である, ですら, とか蔡瑁, ときては, としての初, としてまことに, として八十一州, として各, として戦場, として職, とし給うた, とする, となっ, と都督部参謀長, ならそう, なんとされた, に, にいただき, にお礼, になった, にはかかる, にはご, にはどう, にはどうしてそう, にはなお, にはやはり, には今日, には如何, には明朝, には洛陽, にふくむ, にまた, にもご, に仕返し, に付する, に任じた, に任ずる, に会っ, に報じ, に対する反感, に封じ, に帰し, に昇った, に職業, に逆らえり, のお召, のこと, のほう, の一言, の下知, の交わり, の人物, の今, の作戦, の前, の功, の友人蒋幹, の叡智, の名, の命, の命令一下, の大計, の好計, の客, の就任以来, の幸い, の張允, の形相, の悠長さ, の愚将, の戦冠, の手下ども, の才智, の旧友, の本軍, の朱, の権, の目的, の節鉞, の胸中, の舎弟蔡薫, の蔡瑁, の責め, の身, の辞令, の遠謀, の郭淮, の酷薄, の陣地, の頑張るべき, の高き, はいる, はつんぼ, はどうして, はまた, は何故, は呉, は孔明, は立派, は軍, へその, へは必ず, へもどうか, へ向っ, へ私, へ約した, へ賀, もそれ, も心から, も情けない, よとその, より一大事, をうらん, を上, を伐ち, を半, を名乗っ, を命じ, を大, を気, 余りじりじりせぬ, 副都督

▼ 都から~ (141, 2.2%)

4 帰って 3 姿を, 来た人たち 2 來た

1 [129件] ある晩鬼, いそぎ下って, お使, お客人, お越しに, お越しの, お迎えが, かえる途中, かるくゆすっ, きた許攸, くる春, ここまで, ここまでは, この村, この武蔵, この無, さし向け, さすらうて, さすろうて, さまよ, ついて, とおくはなれたい, どのよう, のぼって, はるばるその, はるばると, みえた洞院, みちのくへ, やって来て, やつと, よい沙汰, よく遊び, よびあつめ陣, ククリの, 一人の, 一封の, 下って, 下つて, 中国へ, 云って, 京の, 何里も, 作り出される焼物, 使者を, 傷病兵の, 傾城などの, 兵糧の, 写真班来り撮る, 出て, 出張し, 出立しました, 勘当され, 北へ, 博徳と, 去れ, 又お, 右馬允貞盛が, 吸引した, 四十里を, 土産にと, 地方へ, 大勢の, 大軍を, 官軍を, 尊い上人, 帰ったの, 帰ってからは, 帰つ, 帰つてきた, 帰つて来, 帰られたそう, 帰国の, 平家を, 弟子共を, 影を, 御帰府, 忘れられて, 摘出しよう, 新たに, 来た年, 来た急使, 来た猟人, 来た貴公子, 来た音楽者, 来て, 東北は, 東海道を, 此処に, 流されて, 流浪し, 父皇を, 田舎に, 田舎へ, 男の, 百五十里も, 知らせが, 知れて, 立派な, 続々兵糧, 美女を, 義経を, 脱れ出る, 茶道の, 荀, 落ちて, 西へ, 西へとな, 西国や, 西方に, 西洋小間物類を, 見え隠れに, 訪ねて, 貞盛が, 躍り出て, 迎えに, 追い出して, 送って, 逃げ落ちて, 連れて, 連歌師が, 遊びに, 遠いため, 遠い国境, 遠い田舎, 遥々旅, 隠密たちへ, 離れて, 風雅の, 餘り

▼ 都~ (97, 1.5%)

3 じゃ, の中, の耳 2 の間

1 [86件] かな, から見れ, が花, が遠隔, が食後, こそかな, こそゆかしけれ, さえそう, であった彼, であり短歌, でないので, でなければ, でも貴族, といふ, と姻戚, と見れ, にでも愛玩, になる, にはそれ, には名, によって職, に教, に珍, に称美, に耳, に記憶, に防い, のあいだ, のうち, のお, のすきごころ, のなか, のよう, の伝称, の住み得る, の好み, の彼, の往来, の心, の想像, の来っ, の林泉, の田舎, の當, の白粉, の目, の眺賞, の羨し, の花, の華奢, の観覧, の話柄, の趣味, の距離感, の頭, の顔, の風, の風習, はいった, はただ, は寛永寺, は崇高, は映画館, は最も, は気楽, は第一歩, もおれ, も厳島, も夢, も見物, やら白河, よ, より大事, より関東武士, よ来っ, らしいいつも, らしい客, らしい態度, をし, を使役, を床し, を見, 何ぞ雑沓, 各近鄰, 呼んで, 看者為群

▼ 都~ (96, 1.5%)

4 あつた

1 [92件] あらためてまた, いく度か, いらっしゃいます別に, おいしいもの, おほ, お会いする, さへ, だしぬけに, ならば, なら武門, なら蝉丸流, よくも路, インド王国に, ダニエリの, ビロオドの, 一度に, 二と, 二年余の, 今でも, 仕えた藤原忠平, 仕込んで, 側目も, 偶然おちあっ, 先般燉煌及支那の, 公開した, 其れ, 出るよう, 出来たもの, 出来る特色, 初めて好き, 初めて製紙工場, 勤務せしめ, 受け取つた手紙, 名だかい大工, 名高い髭そうろう, 名高け, 噂の, 図案学校を, 失わなかったの, 女子供を, 小児が, 小間使いを, 峨峨たる, 彫刻の, 得た芸術, 御殿奉公を, 忠臣蔵と, 怪しげな, 我意小慾に, 打ちましても, 放火殺人が, 教養なされた, 暮した, 暮して, 東に, 歓ばれる駿馬, 殺されたそう, 求めた香苞, 流行るだん, 流行るもの云々, 牛輦の, 献上の, 生きるか, 生まれ成長した, 生れ都でのみ, 生活し, 発行され, 第一, 第二人者, 聞いたこと, 聞いた田舎生活, 聞こうとは, 聞こえを, 育つたわけ, 育てて, 興行し, 苦学し, 董卓が, 西に, 見たよう, 見て, 言えば, 評判な, 読んだ樽野, 迎えること, 送りました, 遊んで, 附近には, 需用された, 飢民を, 飽欲する, 馬が

▼ 都~ (88, 1.4%)

5 名を 3 いえば, なって, なつた 2 なりました, なるべしと, 云ふ, 化して, 戚との

1 [64件] いうからには, いうべきだが, いひし例, いひてもよ, いひ得べきか, いひ阿房, いふが, いわず鄙, いわねば, さだまりに, さだめたも, されて, され新, したら曹家, する小さな, そこの, その南, てかひあるべし, どっちが, なしつ, なし給いわずか, なったり, なりこの, なり万国商業, なる, なる瑞兆, よばれて, イスパニアの, 上高地にも, 云う事, 云う譬, 云ひ, 云われて, 云われるが, 交渉少い, 労働の, 化さしめようという, 化したその, 化した史話, 化す, 区役所の, 厭ひし, 呼ばれて, 呼び慣わす所以, 坂東の, 御殿と, 思うあたり, 思うて, 思ひしも, 文化とから, 殿上人には, 比べては, 田舎を, 申しましてな, 申すは, 百鬼夜行の, 窺って, 荊州, 見かう見, 読売の, 通音なり, 都から, 鄙との, 雖も

▼ 都新聞~ (78, 1.2%)

3 に連載 2 という新聞, に別れた, の匿名批評, の方, の正月版

1 [65件] からの希望, から写真班, が存在, だの, で伊原青々園氏, で幾ら, で自分, としても他, と云う, と余輩, と大菩薩峠, と絶縁, などよりも上, に, にい, に出すべき, に始まる, に小説, に我輩, に書いた, に連載時代, のやう, のよう, の一社員, の一記者, の三面小説, の主筆者涙香小史君, の人, の切拔, の吉見氏, の奉納演芸, の学芸部長, の幹部会, の広告, の文芸欄, の文芸記者, の新年附録, の日曜特輯, の日色, の昔, の書評, の木版彫刻師, の為, の片隅, の第, の編輯総長, の背後, の記者, の読者, の讀者, は三日, は経済状態, への情誼, へ入社, へ文章, へ書かれた, をとっ, をひろげ, を去らね, を持つ, を政友系, を見る, を足利, を退社, 読んだ

▼ 都では~ (74, 1.1%)

4 次第に家作り 2 ない

1 [68件] あつた, あの頃, ありましょう, あるまい, いうの, いくたび, いくどかの, いま装束の, いやと, お前の, お喋りが, かねて, さかんに, さきに, じつにさまざま, そのやう, そんなこと, ちとやり過ぎた, どんな時潮, なかった, なかつたの, なくて, はとが, はやらないが, みんなが, もはや年, クイーン・メリー号の, リーブクネヒトの, 五位蔵人という, 京童の, 人並に, 今や屋台骨, 今誰と, 僧都の, 大きな破綻, 大事な, 将門討伐軍が, 巫蠱の, 常世に, 御即位, 思って, 我らを, 改元の, 既に平安朝, 明治新政以来已に, 春の, 晴の, 服装が, 朧ろな, 此時参議右衛門督藤原忠文を, 珍重せられ, 田舍で, 畫家は, 真理愛よりも, 眼の, 矢の, 群盗の, 聞いたこと, 行方知れず, 見られぬ, 許可を, 詩人と, 貴族は, 通用せん, 都なりの, 降雪が, 隠れも, 静かに

▼ 都~ (70, 1.1%)

2 あること, 見えて

1 [66件] あったの, あって, ありましたから, あるなどと, あるの, かれを, きらいな, そこに, ちっとも自分, できて, どんなに暗い, なつかしい氣, ふり向いて, へりでは, もう近い, やっぱりひどく, やつと, やや夕, 一度そこ, 一度恐るべき, 一目に, 今の, 倒れかかって, 再栄えました, 千年も, 囲まれ落され, 地に, 変り衰えたかを, 夕陽の, 始まって, 市街の, 幾度も, 廃墟と, 建設され, 彼には, 彼の, 必然展けて, 恋しい, 恋しいのに, 戦災直後終戦直後に, 数年前から, 江戸の, 火の, 田舎を, 病んで, 目の, 眼の, 私を, 稍, 窺はれ, 総てに, 置けるかという, 美しかつ, 習慣的に, 茫々として, 虫の, 見られる, 農村で, 近いとは, 遷つたのも, 遷つても, 野原に, 開かれた頃, 難波へ, 飛鳥にも, 飛鳥へ

▼ 都には~ (70, 1.1%)

5 次第に意味 4 まだ時 2 地上にも

1 [59件] いなかった, いられない, いろいろおもしろい, お母ぎみ, これと, こんな真珠, そんな余地, ない, ないが, なく, なくなって, まだ時おり石城, 二度の, 今いろいろ, 今年の, 今形に, 今後, 今洪水, 住んで, 先年の, 刀が, 古代石造建築の, 夢の, 居られないよう, 居憎く, 平和の, 得も, 恐らくは支那随一, 悪逆無道多年天子を, 斉興御, 既に在, 既に廃れた, 旧哲学館講師八杉貞利氏, 月花共に, 朝廷が, 木曾義仲が, 未練は, 武門と, 残されて, 毎日掃く, 比ぶべく, 牙の, 現朝廷, 用が, 皇后の, 皇帝が, 祖縁に, 秋兆しそめ, 羅生門や, 聖ピエトロ大, 草の, 薪だけは, 見られない質朴さ, 酒屋が, 音に, 風の, 高氏が, 魏王宮が, 鶏犬の

▼ 都~ (62, 1.0%)

2 である, に八百, の名

1 [56件] がヴェスビアス山, が政治的, が毀たれん, たる装い, であるから, という名, としての公共的, とその, とだけ呼ぶ, となる, とも称すべき, と聞く, なり, においてみずから誇称, にし, にその, にはモルモン宗, には往々, にボムベン, に二人, に偏, に入れ, のごとき, の一, の一角, の中, の人士, の会堂, の前, の北, の子, の学問知識, の寺院, の市民, の港湾, の熱閙場裡, の生活, の百官, の近く, の道路, の陰森, はもっと, は一朝一夕, は真珠末, は豐, へ渡っ, や沿岸, をサン, を作る, を守る, を平泉, を抛擲, を訪い来る, を訪れる, ヲ焼, 築営

▼ 都~ (61, 0.9%)

2 夢の, 是れ

1 [57件] これ仮, そうである, の取, 不品行の, 不快な, 不潔な, 丘陵の, 之を, 人の, 人生居家の, 人間といふ, 人間の, 以て, 低く輪廓, 其時代の, 勝手次第に, 卑しき者, 厳格で, 古義, 図維る, 土塵なし, 埃の, 報なし, 大道に, 官公私立の, 家風に, 尾短く, 岩壁也, 希望と, 廻り持である, 彼に, 恥かしい, 我輩の, 拭つやが, 敗頽と, 是等は, 是赤石の, 清見興津より, 無意識で, 父母の, 牛の, 男の, 男子の, 相公, 結婚の, 綾さんが, 繃帶され, 美術上の, 自分とは, 見くびって, 質朴なりき, 身體虚弱なる, 邸町の, 難波は, 露出し, 非難の, 香以の

▼ 都~ (58, 0.9%)

6 の外 2 のそば, の外十里, の客, の春, を去り

1 [42件] でふさ, にある, にお, に入, に入ら, に入り, に入りぬ, に入る, に寓, の中, の劇場, の動脈, の東西, の東西南北, の栄華, の粋人春信, の読書生, の風塵, へむかっ, へ入る, へ着いた, へ赤裸同然, へ還幸, へ高札, をさる, を出, を出た, を去, を去っ, を抜け, を捨て, を潜る, を発し, を立つ, を脱し, を遠く, を離, を離れ, を離れた, を離れる, を風靡, 第宅

▼ 都~ (51, 0.8%)

5 鄙も 2 何も, 昔の, 末に, 見えず霞, 高天原広野姫尊様の, 高天原廣野姫尊樣の

1 [34件] あまり面白く, あらじ, あらん, あるし, いちばんにぎやかな, いよいよ遠く, かねて, こうだ, この世だ, まだこんな, やがて危い, やがて馳, やがて高台, 人の, 今は, 余りにかすん, 同じ下, 変わって, 少しは, 山も, 怨嗟の, 惜しいかな, 最早遠く, 無ければ, 独逸軍の, 田舍も, 見えぬまでに, 見せて, 近くなる, 遠くに, 都だ, 都桜の, 離れました, 高き御座

▼ 都~ (49, 0.8%)

3 も丹 2 は只, は衆

1 [42件] がどうか, が歸つて衆, が率, とて決して, などがいろ, には日置, にも丹, にも判斷, に似, に對, に讓ら, の二人, の分別, の外, の如き, の妹眞奈, の戀, の深切, の話, の赤袍, は今朝, は俄, は先, は右左, は小室, は小高き, は竊, は笑つて, は總指揮者, は聊か, は致方, も承知, も知つて, も默, や丹, よりは篤, を伴う, を見, を迎, を顧み, 第一物部丹濃第二, 良よ

▼ 都にも~ (39, 0.6%)

2 希な

1 [37件] あれほどの, いられなくなりましたし, いるはず, さらに興味, その教義, なお予譲, なかった, なさそう, まさる夜景, アーサアの, 一か, 伝わって, 似かよって, 住みきれず落ちぶれきつてみちのく, 住み飽いた心地, 入り妻子, 出たさ, 増せる市塵, 夏に, 多いやう, 将た, 山が, 帰れず常陸, 押し寄せて, 持ち越されて, 春に, 町にも, 稀な, 稀なる, 稀れなる, 立派な, 美人は, 臨まぬうち, 落着かれたであろう, 行つて見, 負けない居館, 鄙にも

▼ 都でも~ (31, 0.5%)

2 田舎でも

1 [29件] あった, あること, いい, かくれの, かさねるだろう, この後五百年, ずっと自邸, そこの, つきあいを, まま命知らず, みとめられた, よく話題, 人目を, 伊吹, 冀州の, 名高い金持ち, 唯一人という, 唯一人といふ, 大臣か, 彼の, 暮らして, 水道の, 滅多に, 物好きな, 皆な, 聞いて, 見物し, 評判に, 転々と

▼ 都~ (28, 0.4%)

2 がどれ, の松

1 [24件] あり土俗曰く, が二つ, が斬られた, が斬れ, が毎日, が流れ, が突き刺され, と同じ, にも苔, の半分, の文字, の残骸, は流れ流れ, は黍殻同然, もありません, もまだ, をたてた, をつくっ, をストリ, を削り, を弄ぶ, を拾い上げました, を縁, を見

▼ 都~ (28, 0.4%)

2 のさび烏帽子

1 [26件] が分っ, たる事, で塵, で孤愁, で支度, なもの, な器, にそれ, になっ, になりすましたれ, に化され, に化せられ, に折っ, に染まった, に着かざっ, に髪, の応対ぶり, の極めて, の粋, の色とりどり, の軽薄, は歌枕以後, よの, をし, を吹かせ, を避けた

▼ 都まで~ (27, 0.4%)

4 出て

1 [23件] あまねく聞こえ渡った, のぼって, のぼりゆく心底, 一条に, 上つ, 供し, 便宜が, 南を, 帰して, 年に, 押し寄せて, 押し進めよ, 押し進めよと, 来るには, 来着いた, 水行十日陸行一月といへる, 流行し, 英国に, 買い出しに, 送って, 逃げ走ったなどという, 通つた悪事でも, 連れて

▼ 都會人~ (27, 0.4%)

2 の血

1 [25件] おけさ, が望む, が藝術, が複雜, ことに文明, です, としての學問, として郷土, なるわたし, なるわたしども, にし, になれ, のはう, のぼく, の嗜好, の域, の眼, の知らない, の見る, の輕佻浮薄, はそれ, は出, は早く, も比較的, らしいところ

▼ 都への~ (21, 0.3%)

4 古い間道

1 [17件] お旅路, ご凱旋, 使いも, 唯一の, 嘲笑だった, 土産として, 家土産にとて, 恋, 恋は, 旅路に, 本道に, 来遊を, 消息に, 渡舟だった, 転入は, 還幸を, 風聞も

▼ 都入り~ (21, 0.3%)

5 までは何

1 [16件] したとき, した鎌倉, して, するの, する御, に出逢った, のおした, のこまか, のとき, の前, の日, まで五十三駅, をした, をしよう, を果たされた, を見

▼ 都~ (19, 0.3%)

1 [19件] といふもの, として奚侯城, として西辺, にし, に封じ, に封ぜられ, に役付, に挙げられた, に昇級, に昇進, の孫桓, の封, の李粛, の楊奉, の王則, や縣尉, を与え, を立て, 又は縣尉

▼ 都~ (18, 0.3%)

1 [18件] が見られなくっ, だけにでも氏, でも観, となる, と云, に出る, に這入った, の一, の中, の光景, の始まる, の端書, はいい, は見せ, も見た, やらで, を出, を見物

▼ 都~ (17, 0.3%)

11 賣の 21 古命, 古神, 賣と, 賣二人

▼ 都からの~ (16, 0.2%)

4 迎へが 2 旅人を 1 お使い, お方様, お飛脚, 命で, 報らせ, 急報である, 旅人は, 落人でなけれ, 迎えが, 長途を

▼ 都~ (16, 0.2%)

2

1 [14件] あの都, からなあ見る, がまた, が南朝, これを, し田舎, ということ, という不変, といはれ, としきりに, なあ, なア, よそう, 薄情すぎ

▼ 都へは~ (16, 0.2%)

2 いる前, 帰って

1 [12件] お帰り, きっと往かれます, 出て, 十何年振りと, 帰らせられな, 帰らなかつた, 帰りません, 帰れない, 幾たびも, 引っ返さぬ気, 行き給, 返ったものの

▼ 都より~ (16, 0.2%)

1 [16件] 一人の, 下り候女物狂ひも, 以前から, 來られ, 來番し, 女物狂ひ, 急ぎ下っ, 猿の, 田舎へ, 百年二百年以前に, 西を, 見れば, 豊富だ, 赦免の, 遠きわが子ら, 遠き我子ら

▼ 都~ (16, 0.2%)

5 の返歌 3 の歌 1 があつ, である, です, としての効果, としての立ち場, には自ら志都歌, の, 之返歌

▼ 都踊り~ (16, 0.2%)

1 [16件] があり, だってなし, でその, でも何でも, なども見た, に出る, の囃子, の時分, の最後, へ出た, も始まります, や保津川下り, よりも奇観, をし, を見せ, を見た

▼ 都である~ (15, 0.2%)

1 [15件] あらゆる点, から, から人, から衰えた, がこれ, が上海, その洞穴, というの, という点, とはいえ, と聞い, ウィーンの, プラーグは, 洛邑は, 洛陽

▼ 都~ (15, 0.2%)

141

▼ 都へと~ (13, 0.2%)

1 [13件] みな夢み, 一家揃つての, 出て, 変った, 所の, 旅した, 熱病の, 移動し, 立ち別れる, 行った, 誘ふまだ, 誘ふ友達, 這って

▼ 都~ (13, 0.2%)

10 の主人 2 という小料理屋 1 は詐欺漢

▼ 都~ (13, 0.2%)

1 [13件] が妹たち, が安らか, が眼, とも云う, と申します, と親し, の胸, はとうとう, はどこ, は人間, は始め, は微笑, は驚いた

▼ 都なる~ (12, 0.2%)

1 [12件] かな, ものは, 倫敦にも, 哉, 城門高き, 天の, 年若き, 意で, 煉瓦の, 父母は, 紀州の, 邪馬臺國を

▼ 都ホテル~ (12, 0.2%)

1 [12件] か中村屋, であるとの, と同じ, にて誌, にはいつ, のあたり, のバルコニイ, のロビー, の下, の堤, や京都ホテル, や琵琶湖ホテル

▼ 都督周瑜~ (12, 0.2%)

1 [12件] が坐乗, たるもの, である, と余り, と話しこん, に対して抗弁, の面前, はいまそこ, はこの, は軍中, は金瘡, は陣鼓

▼ 都育ち~ (12, 0.2%)

2 の人間 1 のお, のお方, の伯父, の夫人, の嬋娟, の室咲き剣術, の小池, の男の子, の白, は蓮葉

▼ 都として~ (11, 0.2%)

2 栄えたこの 1 山陽四国地方の, 抱いて, 有名だった, 様子を, 真に好, 經濟的の, 重要な, 開かれた, 面目の

▼ 都とは~ (11, 0.2%)

4 目と 1 人間が, 思えなかった, 方角がちが, 比較に, 沙漠の, 違って, 違つて造作は

▼ 都近く~ (11, 0.2%)

2 にあら 1 から出た, なりぬと, に潜みおる, に起った, のそんな, の栂尾, の詩, は江口, 住みて

▼ 都ての~ (10, 0.2%)

1 人の, 動物に, 同業者, 悦も, 物薄墨色に, 知合にも, 肉類を, 規則を, 陰影は, 黒きが中に

▼ 都にて~ (10, 0.2%)

2 討死せし 1 やまの, 初ての, 名ある, 園に, 報らせ, 特に人目, 習いおぼえし月, 開かるる洋画展覧会

▼ 都會生活~ (10, 0.2%)

1 が初, が自然, と田舍生活, に慣れ, に過した, の不良, の二, の人々, の慘憺, をする

▼ 都見物~ (10, 0.2%)

2 の慾 1 が当人, でもする, と誘っ, にくらし, に上った, に出, のさいごと, のひとつ

▼ 都遷し~ (10, 0.2%)

3 のあつ, のなかつた 1 があつ, が企てられ, のあった, のなかっ

▼ 都です~ (9, 0.1%)

2 か, から往来 1 から勤め先, しおもしろ, と女房, と答えた, パリの

▼ 都という~ (8, 0.1%)

1 ところは, ものが, ものでしょう, ものは, ものを, 二匪賊が, 人のを, 柵の

▼ 都へも~ (8, 0.1%)

1 お帰り, 出ないで, 出宿, 寒い雨, 帰られない身の上, 引きとらま, 往かれます, 着きも

▼ 都をば~ (8, 0.1%)

3 霞とともに 2 霞と共に 1 出られるので, 塵の, 泥海と

▼ 都夫丹~ (8, 0.1%)

6 濃の 1 濃は, 濃左右

▼ 都夫良~ (8, 0.1%)

2 の郎女 1 の娘, の郎女二柱, はおおせ, はそれ, はとうとう, は目弱王

▼ 都~ (8, 0.1%)

1 と, という二神, といふ神, と云い, の二柱, の住地, の名, の如く

▼ 都からは~ (7, 0.1%)

1 ゆゆしい勅使, 何が, 何十里も, 運ばれて, 運ばれない品々, 遠い僻陬, 遠い国々

▼ 都じゅう~ (7, 0.1%)

1 が日ごろ, に拡がった, の人, の仕事, の民, は容易, を馬糞

▼ 都との~ (7, 0.1%)

1 ちょうど海道, つながりを, 往復も, 時務の, 王国の, 通信機関は, 間における

▼ 都~ (7, 0.1%)

1 シロスや, 地方の, 御殿や, 江南の, 鄙の, 鎌倉では, 鶉鳴く

▼ 都振り~ (7, 0.1%)

1 そッくりを, に慣れ, に染ん, に馴れよう, の小綺麗, の武士, の華やか

▼ 都洛陽~ (7, 0.1%)

2 の西 1 にお, の西郊, は蜀軍, へ伝令, も一鞭

▼ 都督曹真~ (7, 0.1%)

1 が王双, が病, とともに祁山, なれ, の魏軍, は斜谷方面, もやむなく

▼ 都~ (7, 0.1%)

2 の命 1 がお, はこのごろ, はホツケス, は少年, は頬紅

▼ 都~ (6, 0.1%)

2 ていた 1 てようやく, てより, て国, 給ひ

▼ 都~ (6, 0.1%)

5 弥生の 1 見ゆる

▼ 都と共に~ (6, 0.1%)

4 一代ぎりの屋敷を 1 一代ぎりの, 我れ亡びゆく

▼ 都~ (6, 0.1%)

2 のである, のです 1 ので, ので何

▼ 都における~ (6, 0.1%)

1 いろいろな, 宮方大, 旭将軍らしい, 権勢ぶりには, 絶対の, 若公卿輩

▼ 都までも~ (6, 0.1%)

4 聞えた物語り 1 曠れ, 聞えた物語

▼ 都らしい~ (6, 0.1%)

1 こころもちが, 女に, 寺の, 気分の, 都と, 都に

▼ 都上り~ (6, 0.1%)

1 さ, となった, の童, をし, を聴い, を致した

▼ 都~ (6, 0.1%)

1 に幾棟, に知られ, に諜報機関, の人たち, へひろまりました, 不逢候

▼ 都久井~ (6, 0.1%)

1 いきなりその, の姿, の家, の話, は花柳界, をつれ

▼ 都~ (6, 0.1%)

1 が加, としてばかり作者, の數寄, の歩み, を誘つたの, を誘へり

▼ 都なれ~ (5, 0.1%)

1 ていく, ばこそとそ, ばこそ京, ばこそ都, ば潮

▼ 都はずれ~ (5, 0.1%)

1 に出掛け, までお送り, までこの, まで諸共, まで送った

▼ 都べて~ (5, 0.1%)

1 斯様いう, 瞭然と, 踏み外し無く全, 道家には, 非なる

▼ 都までは~ (5, 0.1%)

1 大約我が, 御厨, 攻めのぼって, 連れまいもの, 運ばれて

▼ 都よりも~ (5, 0.1%)

1 北位に, 古く穴師神人, 太宰府は, 寧ろこちら, 街道筋の

▼ 都ウィーン~ (5, 0.1%)

2 を訪ね 1 に定住, に生まれた, に豊か

▼ 都以前~ (5, 0.1%)

1 からもあ, からもあつ, から行, の邑落生活, を中心

▼ 都委員会~ (5, 0.1%)

1 と連絡, の機構整備, の計画, は自動車, は被害地区

▼ 都~ (5, 0.1%)

1 という人, という土人, と久久都媛, に行きあい給い, の名

▼ 都~ (5, 0.1%)

3 山の 2 の郎女

▼ 都比売命~ (5, 0.1%)

1 という女神, のする, はお, を一うち, を祀る

▼ 都銀行~ (5, 0.1%)

2 の地下室 1 では宿直, の手前, の金庫室

▼ 都した~ (4, 0.1%)

1 とき日本の, まひたるにて, まひ元明天皇から, まひ桓武天皇以來孝明天皇まで

▼ 都だけ~ (4, 0.1%)

3 あって 1 あると

▼ 都でなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばあり得ない, ばいけません, ばならない, ば自分

▼ 都での~ (4, 0.1%)

1 さいご, 公達生活も, 訓諭に, 風聞として

▼ 都といふ~ (4, 0.1%)

1 ことが, はいふ迄も, 世にもすばらしい, 部落に

▼ 都ぶり~ (4, 0.1%)

1 と田舎者, に好奇心, に結いあげ, のすこし

▼ 都住居~ (4, 0.1%)

1 などはいや, の人達, もいつか五年, をし

▼ 都努志命~ (4, 0.1%)

1 のおわした, の名義, の本, は牛

▼ 都寿司~ (4, 0.1%)

2 にはいる 1 の屋台, も先代

▼ 都會生れ~ (4, 0.1%)

1 のもの, のわたし, の兵士達, の子

▼ 都~ (4, 0.1%)

2 一の, 一等の

▼ 都~ (4, 0.1%)

1 となつ, となつたの, に任じた, の任

▼ 都近い~ (4, 0.1%)

1 のです, 所では, 此辺の, 船着きであった

▼ 都返り~ (4, 0.1%)

1 のため, の御, をし, を取り持つ

▼ 都離れ~ (4, 0.1%)

3 のした 1 て気

▼ 都あたり~ (3, 0.0%)

1 から糸毛, で, の語り草

▼ 都こそ~ (3, 0.0%)

1 たいへんだった, 世界に, 僕の

▼ 都であった~ (3, 0.0%)

1 から実際, とは写真, 京都に

▼ 都などは~ (3, 0.0%)

2 物の数にも 1 まだほとんど海浜

▼ 都において~ (3, 0.0%)

1 お目にかかりましょう, 結城親光の, 記念品を

▼ 都にまで~ (3, 0.0%)

1 入りながら, 其の評判, 響いた大

▼ 都へなど~ (3, 0.0%)

1 さまよい出たか, 使いを, 出たって

▼ 都ほど~ (3, 0.0%)

1 うらわびしい, 住みよい, 味が

▼ 都らしく~ (3, 0.0%)

1 さうし, 宿の, 懷かしい思ひ

▼ 都をも~ (3, 0.0%)

1 あまねく照, 国をも, 見ずに

▼ 都上海~ (3, 0.0%)

1 でも御法度, にも亦, に夏

▼ 都加比~ (3, 0.0%)

3 之友造

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 が弟, と会, の弟

▼ 都~ (3, 0.0%)

2 の細江 1 の川口

▼ 都夫良意富美~ (3, 0.0%)

1 が女, という者, の邸

▼ 都~ (3, 0.0%)

3 の臣

▼ 都家歌六~ (3, 0.0%)

1 なる人, の高座, もそういう

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 といふ大きな, に大桃樹, に至り

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 に比, の番附, の西洋手品

▼ 都建業~ (3, 0.0%)

1 に来, に着い, に近い

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 史に, 史暴昭燕邸の, 史練子寧縛され

▼ 都~ (3, 0.0%)

3 の信

▼ 都新聞紙上~ (3, 0.0%)

1 に掲載, に連載, へ松岡俊三君

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 から東, であった, に仕

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 と云, と書, は荊州記

▼ 都督郭淮~ (3, 0.0%)

1 の軍隊, は, はそれ

▼ 都立ち~ (3, 0.0%)

1 で尾張黒田, には古, も遅れ

▼ 都良川~ (3, 0.0%)

1 が光っ, には月, へ流込む

▼ 都良香~ (3, 0.0%)

1 が書いた, が貞觀十八年, の

▼ 都~ (3, 0.0%)

1 からの事, であつ, のこと

▼ 都あり~ (2, 0.0%)

1 我を, 町ある

▼ 都おどり~ (2, 0.0%)

1 のある, は

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 え, 土地の

▼ 都かと~ (2, 0.0%)

1 おどろかれた, 思うと

▼ 都からも~ (2, 0.0%)

1 勅諚再々で, 参詣人が

▼ 都ずれ~ (2, 0.0%)

1 がし, して

▼ 都そだち~ (2, 0.0%)

1 の上, の平家人

▼ 都その~ (2, 0.0%)

1 二つの, 宿命に

▼ 都であり~ (2, 0.0%)

1 ゴールの, 西康青海蒙

▼ 都であります~ (2, 0.0%)

1 からここ, から町

▼ 都とかいふ~ (2, 0.0%)

1 文字と, 文字は

▼ 都としての~ (2, 0.0%)

1 伝統が, 此大阪の

▼ 都なら~ (2, 0.0%)

1 ば看板娘, 自分も

▼ 都ならでは~ (2, 0.0%)

1 の容姿, の香苞

▼ 都にか~ (2, 0.0%)

1 へりぬ, へり来て

▼ 都にな~ (2, 0.0%)

1 つたのである, つて神祭りに

▼ 都のみ~ (2, 0.0%)

1 どりば, 恋ふ

▼ 都ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく鄙, 繁栄を

▼ 都ばなし~ (2, 0.0%)

1 がお, や諸

▼ 都びた繊細~ (2, 0.0%)

2 な文化

▼ 都びと~ (2, 0.0%)

1 にも笑われない, の風流

▼ 都べての~ (2, 0.0%)

1 人が, 奇異な

▼ 都よりの~ (2, 0.0%)

1 還さに, 馬の

▼ 都イエルサレム~ (2, 0.0%)

1 と淨火, の反

▼ 都ゼレーア~ (2, 0.0%)

1 におの, に君

▼ 都パリ~ (2, 0.0%)

1 がうごきだし, にもまた

▼ 都万太夫座~ (2, 0.0%)

1 の坂田藤十郎, の座付茶屋宗清

▼ 都乃至~ (2, 0.0%)

2 は凡て

▼ 都~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ 都久井俊吉~ (2, 0.0%)

1 とバラ, ね

▼ 都久夫須麻神社~ (2, 0.0%)

1 とある, などを一順參拜

▼ 都亭一軒~ (2, 0.0%)

2 のみならず

▼ 都亭侯~ (2, 0.0%)

1 に封じた, に高覧

▼ 都人観花~ (2, 0.0%)

2 の勝地

▼ 都~ (2, 0.0%)

2 に名人

▼ 都共に~ (2, 0.0%)

1 一時は, 善い弟子

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 でし春, の興世王

▼ 都加留~ (2, 0.0%)

1 と名, などといふ奥地

▼ 都即ち~ (2, 0.0%)

1 パリ, 丸都城に

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 に百官, の祝宴

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 へ出し, 故その

▼ 都夫等~ (2, 0.0%)

1 は始め, を迎へた

▼ 都婆小町~ (2, 0.0%)

1 が授けた, など

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 とは町内, のお

▼ 都尉路博徳~ (2, 0.0%)

1 が詔, にこれ

▼ 都巴里~ (2, 0.0%)

1 も高野, を天国

▼ 都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 都府楼~ (2, 0.0%)

1 の跡, を出発

▼ 都府殊~ (2, 0.0%)

2 にも此釧路

▼ 都影さん~ (2, 0.0%)

1 は一見, を訪ねる

▼ 都影君~ (2, 0.0%)

1 から貰つた正宗, はドクトル

▼ 都恋し~ (2, 0.0%)

1 さの, や

▼ 都恋しい~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 思いが

▼ 都慣れた~ (2, 0.0%)

1 ところが, 言葉や

▼ 都慣れぬ~ (2, 0.0%)

1 彼の, 身には

▼ 都所別当~ (2, 0.0%)

1 が御, が首肯

▼ 都指揮使~ (2, 0.0%)

1 となし, の余

▼ 都播多衣爾須里着~ (2, 0.0%)

2 将衣日不知毛

▼ 都會地~ (2, 0.0%)

1 でも武藝者同志, の子

▼ 都會的~ (2, 0.0%)

1 な比較的, に洗練

▼ 都會育ち~ (2, 0.0%)

1 のぼく, の化物

▼ 都會風~ (2, 0.0%)

1 になつ, に染まるまい

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 にまで皇威, を普通

▼ 都比古~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 都比売~ (2, 0.0%)

1 という二人, 或いは古語

▼ 都波能~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 都~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 の上, 超曰く

▼ 都玉村~ (2, 0.0%)

1 の素封家, の輿水氏宅

▼ 都督徐盛~ (2, 0.0%)

1 からの上表, も決して

▼ 都督曹休~ (2, 0.0%)

1 から上表, の位置

▼ 都督殿~ (2, 0.0%)

1 が面, なり

▼ 都督部~ (2, 0.0%)

1 へ引っぱっ, へ難詰

▼ 都筑馨六氏~ (2, 0.0%)

2 は自ら内閣

▼ 都~ (2, 0.0%)

2 の臣

▼ 都紀斗~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 の日, をやる

▼ 都蕃長又~ (2, 0.0%)

2 は蕃長

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 という三十年来, 及びその

▼ 都評判~ (2, 0.0%)

2 の不知火銭

▼ 都護府~ (2, 0.0%)

1 も閉鎖, を再興

▼ 都賀子~ (2, 0.0%)

1 が来た, は鏡子

▼ 都遠く~ (2, 0.0%)

1 あるを, 潮路の

▼ 都邪馬臺~ (2, 0.0%)

1 に至る, を肥後

▼ 都邪馬臺國~ (2, 0.0%)

1 の位置, までは一萬二千餘里

▼ 都郊外~ (2, 0.0%)

1 から田舎道, の南原

▼ 都長安~ (2, 0.0%)

1 から潮州, に在

▼ 都附近~ (2, 0.0%)

1 だけが鐵, では事

▼ 都陰平~ (2, 0.0%)

1 の二郡, を平げ

▼ 都随一~ (2, 0.0%)

1 の勇名, の花見場所

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 はソレ, は口やかましい

▼ 都離れた~ (2, 0.0%)

1 地方へ, 片ほとり

▼ 都風俗~ (2, 0.0%)

1 のあでやか, の少い美しい

▼ 都~ (2, 0.0%)

1 という島, と言

▼1* [512件]

あとにし, 都あらずば, 都いちばん見たいと, 都いらいは朝威, 都うつりを誹るなら, 都おちだけはこりこり, 都おちだぜ, 都からとぼんとして, 都くじの発行, 都ぐらい迷信の, 都ぐらしも一時代前, 都ことに此の, 都これほどの詠み, 都しようかとした, 都百重原は, 都すら高天原広野姫尊様の, 都するの議, 都ずしのうまかっ, 都せし邪馬臺國は, 都せること, 都そして彼等の, 都そのままの日, 都ぞさびしかりける, 都たりし杭州, 都だけかは四国中国まで, 都だけでシナの, 都だけに物資は, 都だったんじゃ, 都だにさびしかりしを雲晴れぬ, 都ちかきこの郊外, 都やらうが, 都であったならば秋, 都でありまして人々, 都であるなら美しい采女等, 都であろうか, 都でさえも洛内隈なき, 都でしかない, 都でしたい三昧の, 都でなきゃ住むことが, 都でなくツては, 都でのみ育つた不良少女, 都でもと生れた人, 都とか云つた, 都としか思えない, 都としても世に, 都とてまたの, 都となつた様に, 都ともいうべきところ, 都ともにその風, 都などでは見た事, 都などとは比すべくも, 都などを語らって, 都なまりの住民, 都ならでは見られぬ, 都ならぬ高野の, 都なりせば, 都においての神出鬼没ぶりを, 都においてもさまざま臆測が, 都におけるほどの精神的縁故をも, 都にかの女性を, 都にかへし醉夢, 都にこそは待ちたまふらん, 都にたいしてなんら積極的, 都にだけでも一ぱいに, 都にてのように, 都にてはいみじく美しき, 都にと導くの, 都に対して敵意だけを, 都に対するかの女と, 都のてふりたちまち, 都のみぞ思ひやらる, 都ばなし鎌倉ばなしそれも嘘, 都びた趣きの人, 都びた風采の旅, 都びて富者の客, 都びとには概念であ, 都へなどは戻りたくない, 都へもがなと思ふ心, 都べの桜の, 都べへ立たむ日, 都ほとりの秋篠, 都まさりにしよう, 都までのあいだ蜀軍は, 都までを騒乱に, 都めいて来る, 都めかした町娘だの, 都めかしたるもあり, 都めぐりの里, 都ものらしいが, 都やと読んで, 都らしくなるが北側, 都らしく輝いてゐる, 都アレキサンドリア市でアレキサンダー皇帝, 都サイゴンの比, 都シドニーにおいてはじめて, 都ツール市へ着きます, 都テ公儀ヲ憚ラザル致方, 都テ後日結写文飾ヲ加ル者ニ勝リ, 都テ独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 都ナポリありでぼく, 都ネオンの森, 都ハルレムの花壇, 都ハレルムの花壇, 都ハンブルクに彼自身, 都バアで三本許, 都パリーにおいて何, 都ヒロへ着いた, 都フェスの諺, 都ブタペストと云, 都ブダペストは街, 都ブリュジュの夕暮, 都召レ上レ饒速日命十四世, 都ヘハ出ラレマセヌコノゴロ御引越ニナリマシタソウデ, 都ヘルジングフォルスへ遊び, 都ベテ即身, 都ベルリンへ着いた, 都ホーリーウッドを擁する, 都ポンペイを見物, 都マイカ市上の八四二区, 都ムスカットで行われた, 都ラサ府に這込, 都ロンドンの暗黒, 都ローランの地, 都銀坑洞ト称シ南蛮王ノ, 都ヴェニスの災禍, 都ヶ峯下より坂泰, 都一中のこと, 都一閑斎である, 都に建築, 都三井の鐘, 都下りの散, 都下ノ貴紳相議シテ湖ヲ環, 都世田谷区のはずれ, 都中心に拠る, 都都城は, 都乃古介と出, 都久之毛可禰都, 都久井らしさ, 都久井先生日ごろに, 都久井先生座敷でのたうちまわっ, 都乙女の利発, 都来訪留宿三日二月念一日修営粗了, 都京都へ, 都亭主人を欺い, 都人式の急行納涼, 都人特有の機智諧謔, 都人的であると, 都人的要素が多く, 都人間の都, 都何ぞ狐狼, 都今出川畔当時洛中に噂, 都仕立ての腕, 都仙臺の十人兄弟, 都以上四社が共同利益, 都以外に余り話, 都以後奈良朝以前の感情生活, 都会っ児の, 都伝摸年増東夷辺伐広, 都住まいの慾張り連, 都住みの歌僧, 都佐神社あり又, 都佐竹氏がその, 都侍医法眼杉本良仲温撰孝子池田晋直卿謹書併建, 都入り誰を当て, 都全体なの, 都八条を圧する, 都公主を妻, 都六波羅わたりと, 都を農, 都の町, 都制施行とともに都会議員, 都制置使に昇進, 都劇場の三座, 都加倍之官, 都勝景と題せし, 都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 都して, 都北海道府県市町村などみな, 都千中乾坤坊良斎などの人々, 都千国菅野のん子等, 都南京が陥落, 都南洋のヤシ, 都舒明天皇, 都各種の点, 都名優の舞台, 都名所の二種, 都名所図会に, 都名所図絵には, 都名物の一つ, 都呂倍乃牟気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 都咸陽に移住, 都商会の人, 都喜姫が, 都噌唹城のみ, 都国旗をもっ, 都土産もございませぬ, 都在留中ただ一枚の端書, 都地方の住民, 都や西の京あたり, 都城北路樹満昼陰陰, 都に来よ, 都札幌の, 都大生である, 都夫君在勤ありしをもって, 都夫良意美この詔命, 都奇波之流久之米多底, 都奈波能里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 都奴婢となる, 都奴賀といふなり, 都始終を話し, 都婆これは誰, 都婆小町関寺小町はあんまり, 都婆石観音石という二つ, 都が引, 都の為替, 都昌の, 都宝くじの抽せん, 都宮弘前の各, 都察院の外, 都寿司福本のそば, 都尉中郎将の都亭侯, 都尉呂蒙が, 都尉夏侯楙字は子, 都尉孔宙の子, 都尉李少卿, 都尉李延年の事, 都尉梅殷をし, 都尉苟安という男, 都尉霍光が大, 都小岩である, 都小田原町辺の魚肆, 都島原の廓, 都已に肥後の, 都に満ち, 都市民にも大きな, 都帰りの法律書生, 都常に政宗の, 都広しと申す, 都広安宮に幽せられし, 都府上流の蓬莱, 都府中より西, 都府中心地は成都, 都府今迅速に陷らむ, 都府大坂と秀吉勢力, 都府文化に心酔, 都府文明の大, 都府文芸が親近, 都府楼址に佇む, 都府楼観音寺唐絵と云はん, 都府雄麗天下に冠, 都廬賽河原地蔵尊見る目, 都廳あたりで何とか, 都廻りして, 都彦延喜式内社に見える, 都影君江畔老緑平老, 都影居泊私にはぜいたく, 都役所だけで一万何千人, 都られず, 都恋しき旅寝をぞ, 都悉く金の, 都と言, 都慶州です, 都或いは多邇久, 都の大別当, 都扮装に粧いかえ, 都拉薩の危険, 都指定史蹟として西村茂樹, 都指揮の彭二, 都指揮使楊文と与, 都指揮使謝貴は, 都指揮僉事とし, 都指揮劉忠をし, 都指揮卜万松亭関を出, 都指揮張信というもの, 都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 都指揮衛青をし, 都振なる雪女郎の, 都支國次有, 都政府の旗, 都数千年の過去, 都文京区音羽町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 都文化の都, 都新地お千代, 都新聞時代から大, 都新聞社へでかけた, 都於丸都之下, 都を加えたる, 都映画をしきりに, 都時代とある, 都暮らしの気分, 都會たるに止らず, 都會ぢやと云, 都會サンピール市を襲, 都會中心の過, 都會人半日の清遊, 都會人同志の喧嘩, 都會人特有のセンチメンタル, 都會以上もう一つ複雜, 都會兒童へも教, 都會化せられて, 都會同樣僅かの, 都會如法樂欲と光華, 都會官能はどぎつい, 都會宮地町から豐後路, 都會思慕の情, 都會教育よりずつと根柢, 都會文化の中, 都會文藝を作り上げる, 都會獨自の習慣, 都會生活洗練せられざる趣味, 都會的文藝の出, 都會的音響は殆ど耳, 都會美を輝, 都會詩人としての知十君, 都會趣味だつた, 都有中であった, 都有中同権平同米八, 都村里どこを聞い, 都東京をこっそり, 都松江市は松平氏, 都板橋区東大泉町となっ, 都板橋区板橋五ノ一〇一四, 都といふ, 都の門, 都桜水は当時五代目張り, 都桜水有田松太郎井田寒三藤井弥之助坂田半五郎中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 都梁香または千金草, 都や都船, 都権平の妻, 都歌妓の代表, 都武賀野に鈴, 都歴険無糧費, 都死出の旅路, 都殷賑を極めた, 都母あたりまでは従えました, 都比古宇佐都比売という二人, 都比古宇沙都比賣二人, 都比売神亦た, 都比売神社のある, 都比売神社一に久具神社, 都比売神社倭姫世記の久求都彦, 都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升, 都江戸に到着, 都池田氏の城下町, 都波木大明神は猿田彦, 都を脱し, 都混沌たる愛憎, 都済南へ総, 都渋谷区千駄ヶ谷四ノ六二五境ツネ子, 都滞在は十日, 都滞在中市内の見物, 都漢陽の家々, 都牟刈とする傳え, 都牟羽の大刀, 都物語を観ました, 都物語りと云う, 都特有の不安, 都率天に昇り, 都に譲らざる, 都理許斯御酒ぞ, 都瑟匿国西北に蛇磧, 都生れの若い, 都の豕数子, 都病院にて, 都百万の軍勢, 都百五十年を隔てた, 都な色めきを, 都盛時或は末期, 都監李處耘の部下, 都目黒区駒場町八六一番地であって, 都の尹氏, 都督あれを見ない, 都督うかつに出ない, 都督きのうは何で, 都督みずから大軍をひきい, 都督今のは何, 都督今日の過分, 都督仲達が駒, 都督何しに, 都督公瑾周府君ノ霊前ニ致シテ曰ウ, 都督兵馬招討使に任じ, 都督卿の思う, 都督司馬仲達の, 都督夏侯楙は, 都督大丈夫ですか, 都督孫桓は左都督, 都督宗忠をし, 都督府事となりたる, 都督府断事高巍書を上り, 都督府編纂の, 都督張翼です, 都督曹真出でよ, 都督本部に着き, 都督楊懐高沛, 都督様が大軍, 都督火攻めはどう, 都督盛庸右都督陳暉等と力, 都督瞿能の如き, 都督蔡瑁は人, 都督蔡瑁張允のふたり, 都督護軍将軍に任, 都督護軍鎮西将軍とし, 都督達は一層, 都督部参謀長との宅位, 都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 都督長勲をはじめ, 都督閣下には労, 都督陳暉等と力, 都督陸遜の, 都と云った, 都研鑚の熱, 都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県の七つ, 都神祖乃其名乎婆大来目主登於比母知弖, 都が催され, 都福島で漆器, 都秣陵の西方, 都筑馨六小松原英太郎藤田四郎古沢滋の如き, 都筑馨六小松原英太郎藤田四郎古澤滋の如き, 都篠山からそう, 都に終わっ, 都から取出した, 都紅塵ノ中, 都紙上九月雑誌戯曲評のうち, 都統瑞国公より通商, 都練馬区東大泉町五百五十七番地なる私宅, 都の御, 都美等多弖麻豆流御調宝波, 都美能於伎都奈波能里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 都美術館に集まっ, 都美青葉の山, 都というの, 都而是林友道の通覽, 都而膏氣を拔取, 都耳命という人, 都耳寄草なる写本, 都聞えもおもしろく, 都です, 都脱出の挙, 都腰卷をはいた, 都腰巻白い看護婦服, 都自体が国家, 都自身の滅亡, 都舊蹟が甚だ, 都の写し絵, 都良川添の十畳, 都良牟月者倍爾都追, 都も黄色く, 都莫斯科は日光, 都とそろえ, 都菊産地仕入れでございますから, 都の都, 都行く春の, 都の人目, 都襄陽呉市などから較べれ, 都西八條の邸宅, 都西部の民家, 都よ, 都見物左衛門先生が, 都言葉を口, 都詔刀の太詔刀言, 都の太詞事, 都詩人の住むべき, 都諸国を流浪, 都講因撰昌平志廿巻献之幕府大有恩賜云, 都講教授があっ, 都じて, 都あり田舎相, 都貨邏と呼ん, 都越前の福井, 都跡村伏見村あたりで長, 都踊さ入場券を貰, 都踊時分の一力, 都踊見物ぶすが, 都近き所に, 都返しと沙汰, 都返りしてから知ッ, 都送りとなった, 都逗留中の関羽, 都通信員の派遣, 都造営中に亡くなつた, 都造営最中で平安城, 都りの, 都還りのお, 都邯鄲を囲んだ, 都と云, 都野神社の神奴, 都銀行襲撃の予定, 都長官が芋苗, 都門ニ馳セシムルヤ気ヲ負, 都門一場の光景, 都門一様字渾肥といふもの, 都門凱旋の途, 都門半腐の, 都門桜花の時節, 都門楽事春多少, 都門熱閙の地, 都門獣類の通る, 都門還幸の後醍醐, 都門随一の見事, 都開封を陷, 都陸平とかそういう, 都陸平氏を振付, 都の中, 都と曰, 都頭巾の大, 都風なとりなしで答えた, 都首里は特筆, 都駒場に在る, 都高山に行く, 都という, 都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 都黎陽酸棗の三方面