青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「費~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

買い~ ~買う 買う~ ~買っ 買っ~ ~買った 買った~ 買物~ ~貸し 貸し~
費~
費用~ 貿易~ 資料~ ~資本 資本~ ~資格 資格~ 賊~ 賑~ 賑やか~

「費~」 2087, 23ppm, 5113位

▼ 費~ (373, 17.9%)

9 出して 4 もって, 使って 3 得るため, 越す超過, 送って

2 [26件] かけて, かせいで, くれないわけ, さいて, チョロマカスので, 一日で, 与えて, 勝手の, 取ること, 商品勘定の, 増加せしめる, 或る, 持って, 捻出し, 提供し, 支出する, 支弁する, 支払えば, 支給する, 節し, 自分で, 苦情も, 補助する, 調達する, 貰えない場合, 費して

1 [295件] いかよう, いた, うんと切りつめ, うんと切りつめれ, おくれといふ, おこしらへに, かけないで, こちらもちという, この大変, ごまかして, ごらんなさい, さしひいたあと, ざつと十二三万円と, したがるもん, して, しても, じゅうぶん送れない, せしめて, せびりに, そえて, その子, それから出す, それから得, たった七百両, ためる人, だすという, つか, つかうこと賛成, つくるため, とどけて, どうしよう, なして, はなはだ不十分, はぶく最も, ひき出すにも, ぴしぴしと, まかなうため, まかなって, まきちらすため, みつがうとは, もつて, もて償, もらいたいくら, もらえる事, もらって, もらつて, ゆたぶ, ウンと, グイグイと, チョッキりうけとっ, 一人で, 一円五十銭よこせ, 一度に, 一銭も, 上げよう, 与えても, 与えられて, 与えると, 与えるべきと, 与えツァンニー・ケンボ, 与へ, 与へて, 予備金から, 予算しなけれ, 二萬圓一年に, 伐つ事業, 会社から, 伝票で, 何とか節約, 余すのみ, 作す, 作った, 作べからず, 使いたくおなり, 使うのみ, 使ったこと, 使ってまで, 使つた許りでなく, 借りようとして, 催促しない, 償いその, 償い一, 償う意味, 償つて余財を, 償ひ得る, 償ふ, 償わず従って, 償わない土地, 儲けるといふ, 入れただけ, 全部入れ, 全部負, 六百円近く着服した, 六百近く着服した, 出さう, 出させて, 出さねえ, 出したり, 出しながら, 出し学者, 出し惜しみする実業家, 出すこと, 出すよう, 出来るだけ, 出費し, 分担し, 切り詰めたしかし, 切り詰めれば, 削減させる, 割いて, 割き生活費, 加えこれから, 加えると, 加へ, 加算してない, 助けさせること, 助けて, 十ヵ月間恩借, 収入する, 取って, 取られて, 取りのけて, 取り寄せる手筈, 取るの, 取るべきだという, 受けて, 受取りに, 受取り成果, 受取る訳, 否決する, 含む家賃, 土台と, 増加し, 増加する, 増加せざるべき, 増加せしめ, 大和全国の, 奉納する, 嫁ぐ傍ら, 寄附し, 少々貸し, 少しばかり, 差し引いた残り, 差し引くと, 差引き其減額, 廃止する, 弁ずるには, 引き出せないこと, 引くと, 引下げた場合, 引出せたので, 得たいと, 得たいばかりに, 得て, 得ること, 得るの, 得んが, 得んとて, 得其學校, 御助被下候, 復一の, 徴収する, 心がけて, 必要と, 惜しまざること能, 惜しまずして, 惜しまず試みられました, 惜しまぬ心掛, 愼しむ, 或鉱山, 払った, 払ったので, 払つて行つたのが, 投げ出して, 投じいはば, 投じて, 投ずるとは, 拵らへて, 持ちて, 振向けるという, 捻出した, 提供する, 支出し, 支出した, 支弁し, 支払いそして, 支払うため, 支払うには, 支払はずに, 支払わせたこと, 支払わぬであろう, 支持しなく, 既に原子物理学方面, 書き出したもの, 月五十円と, 有効に, 格安に, 極度に, 横領しよう, 毎年出す, 毎月捻出しなけれ, 沢山使いますれ, 注ぎ込んだの, 浮ばせるため, 添えて, 減ずるならば, 減少するなら, 減殺せん, 渡さなかった, 渡した, 渡して, 準備し, 為送る, 無用な, 無駄に, 爲送る, 献納し, 生産用役の, 産み出すにすら, 町の, 留学生たちに, 盗んで, 省いて, 省き収, 確実に, 秋本に, 科するの, 稼ぐため, 稼ぐだけ, 稼ぐ処, 稼ごうなど, 立て替えること, 策し進んで, 節し安, 節せむ, 節減しよう, 節約し, 節約する, 考えたら遠方配達, 考へ燕, 背負う力, 自分の, 自力で, 自家から, 與へて, 補うため, 補助した, 要したもの丈, 要した藩, 要する, 要するは, 見込まぬという, 見込むで素晴, 計算し出した, 調えて, 調べなさい, 請求した, 議決さし, 議決し, 負傷した, 負担した, 負担しなけれ, 貯蓄し, 貰いに, 貰って, 買物の, 費やすこと, 賄いすすんで, 購うに, 超えるか, 超過する, 超過せしめる如き, 越すその, 越す価格, 輸送し来るらしい, 辨ずるに, 辨ぜ, 辨償する, 返済できる, 送つて, 送るいと, 送るため, 送るだけ, 送るという, 送るまでに, 送金し, 遠くに, 還すからと, 都合なさる, 醵金しよう, 長兄から, 除き三百円, 隊の, 非常に, 飲みあげて

▼ 費~ (252, 12.1%)

6 増加 5 大部分 4 ために, 一部を 3 捻出に, 過半を

2 [11件] うちに, ほうが, 仕送りを, 代官に, 余りが, 増加に, 増加を, 外に, 支給を, 方が, 方は

1 [205件] あてが, あてと, いるはず, うちから, うちへ, うち七十四万七千九百五十四ポンド, おかげである, おそろしいはね上り, か, かかったもの, かからぬよう, かさむため, こと, ことお, ことである, ことなどを, ことも, ことを, ごときも, ご寄附, それに, たしに, たしには, たしを, ただの, ため, ためでも, だいたいを, なかから, なにがしを, ほうに, ほうは, ほとんど全部, パーセンテージも, 一年分よりは, 一端にと, 一端を, 一部として, 一部なりとも, 一部に, 三万円を, 三倍も, 三分の一にも, 三分の二ぐらい, 三分の二を, 三割以上を, 三十五銭と, 三萬圓を, 下落に, 不足, 不足も, 不足を, 不足額に, 中に, 中汚物搬出馬車請負賃として, 主要な, 乏きを, 予算が, 事で, 事であった, 事につき, 二〇〇〇倍なる, 二千両を, 二百万円を, 人民の, 仕送りも, 代りだ, 代りに, 代償に, 低廉化等が, 低減によりて, 低減製産額の, 何万倍に, 何万円と, 何万分の一, 何十プロセントには, 借方残高であり, 値上りに, 偽名の, 催促などは, 全予算, 全部である, 全部及び, 全額が, 全額を, 八・一〇三という, 内助の, 内訳を, 円単位数量と, 出処であった, 出場が, 出来そう, 切迫に, 前払いと, 前拂ひと, 剰余を, 割合に, 十倍に, 半が, 半額を, 周旋に, 問題で, 問題では, 回収と, 地方財政への, 城を, 増加しない, 増加に対し, 増加の, 増大し, 増減に, 多く殖へ, 多少にも, 大半で, 大小は, 如き一私, 安いところ, 安さ, 宰たらしむ, 寄附を, 尨大な, 尻を, 嵩むこと, 幾分を, 幾割かを, 広義国防費内に, 引下げによって, 後肚だ, 徴収を, 心配が, 意外に, 払ひ, 拡大そのものはとに, 拡張, 掛ると, 採れる見込み, 支出に, 支弁率が, 支払いと, 支払いとか, 方で, 方に, 方程式または, 最下限, 最後の, 月賦で, 有無だけ, 極めて小, 欠乏其の, 残りを, 法則, 法則によって, 法則の, 減少によって, 点で, 点も, 為, 無理が, 爲めに, 状勢, 獲得という, 相談なども, 社会的総額は, 科目を, 算盤を, 節減を, 節約によって, 節約は, 節約家内工業による, 約一年分, 納入成績は, 絶対値の, 膨脹で, 膨脹は, 膨脹を, 融通方法に, 補助を, 補足として, 要ること, 要る事, 見積りを, 負債, 負担, 負担が, 負担について, 負担は, 負担増加に, 貯えあり, 費らぬ, 資本である, 超越的膨脹, 足しに, 足し前を, 追加予算は, 過大が, 過大という, 配分を, 金利にも, 銭を, 関係上困った, 項目に, 額に, 騰貴のみ, 高いところ, 高騰の

▼ 費~ (156, 7.5%)

2 どこから, 貴方の

1 [152件] あれだけ, いうまでも, いくらの, いつでも, うか, おおよそ三千万円以上, かさばって, かせがなければ, この度, さし当っ, しばしば個人, すべてその, すべて安蘇郡の, すべて幸村の, せいぜい倹約, せたの, せなかつたの, その十五倍あまり, たいへんな, ただでは, たった三千円, ちっとも懸りませんでした, ちやんと, つかい放題, つまらぬ絵, どの程度, どれぐらい, どんどんあがる, どんな時, なかつたけれど, なかつたの, なかつた切手三銭, ほとんど隆吉, まさに五十銭, まもなく消却, みんな自分で, もつぱら呉八段, よそながら僕等, モトの, 一さい僕らが, 一カ寺五万円に, 一ヵ月の, 一万円であった, 一九〇八年より, 一八パーセントの, 一時間幾らです, 三・二〇〇・〇〇〇弗といふ, 三三一億ルーブル増し, 三倍に, 三分の一に, 二万円維持費の, 二十五円ぐらいの, 五十万円以上投ずる, 五百万円, 亮作を, 今までの, 今度の, 使って, 儲けた, 全部が, 全部在留日本人が, 出さんつもり, 出すが, 出すで, 出ないでしよう, 出るの, 出処進退谷まりし, 切りつめても, 別で, 別として, 別に原稿, 刻々上, 剰るほど, 労働者三・九%職員三・九%である, 十分さや, 却って上っ, 収入で, 四十七萬圓で, 困らないよう, 国帑の, 国府津を, 国費総額の, 増加しないであろう, 多くし, 大いに減少, 大したこと, 大体三十割のね, 大量生産による, 如何なる財源, 季氏の, 学校へ, 安くつく, 家庭教育会から, 嵩み積立金, 年々多く, 当方持ちに, 当時十億五千万円に, 当然村, 彼等の, 得られるであろう, 意外に, 払います, 持って, 政府が, 断たれたので, 日一日と, 日本の, 昭和五年度の, 最小でなけれ, 最近切り詰め, 来て, 桁は, 殆ど使い, 残ろうと, 段段嵩ん, 毎月本屋からと, 減少され, 減少せしめる, 準備し, 無制限, 無論勘定, 田畑の, 百万ドル, 百四十人の, 真実に, 約三十二億円, 結局価格に, 絶対的, 総て我藩で, 総支出, 總て, 自由競争の, 莫大であった, 莫大である, 要る, 親たちに, 訳も, 誰か, 警察医の, 警視庁が, 豆腐屋が, 財力の, 貰っても, 軍事費激増に, 避けたいと, 郷里の, 金の, 阿部家が, 陸奥の, 額に, 高くなり, 高品さんの

▼ 費~ (136, 6.5%)

2 かからなくて, かさむの, その販売価格, なくて, 増加した, 無かつ, 生産物の, 販売価格より

1 [120件] あがって, あげて, あまり厖大, いくらである, いくら内輪, いったし, いらないし, いります, いるわけ, かからず信子, かかりますしね, かかるから, かさむので, ごくいささかで, ずん, せいぜい一円, そこから, その幾層倍, ただで, ただである, ただな, ちょうど温泉, とても支払えない, とどけられた, ないからと, なくなりお, ひどく切り詰められた, やすくすむ, より低い, チャンと, 一パイ一パイに, 一ポンドについて, 一百万だけ, 三十五銭製造費十五銭卸売費五銭で, 三月以来溜つてゐる, 乏しいから, 二三千円である, 二人を, 低いの, 価格の, 保存され, 出て, 出ねん, 出る, 出るとして, 出来たので, 削られまた, 十分出る, 十四五円あった, 双方の, 同一であるなら, 問題と, 国家予算総, 国庫から, 増すの, 増加し, 増加しない, 増大する, 売価の, 外国の, 多いでしょう, 多いの, 多く出ます, 多すぎ, 大きいか, 大分溜つて, 天から, 如何に, 安いから, 少くとも, 少くも, 嵩むお, 嵩むには, 嵩むので, 嵩んだから, 嵩んだ窮策, 嵩んで, 年々増加し, 年額一千五百磅に, 廻る, 得らるる, 必要だ, 必要な, 思つたよりは, 惜しくて, 或る, 支弁出来た, 最後の, 月額一万五千円薬代が, 来て, 案外かかっ, 権衡を, 殖えたり, 決定する, 減少した, 減額された, 無いと, 無料に, 社会文化費に, 約九割, 要るから, 販売価格すなわち, 販売価格を, 賞金として, 足らなくな, 足りないから, 送られ克子, 途絶えた, 過去の, 鉄の, 集まらない事, 非常に, 餘り, 騰貴しなかった, 高くつく, 高くな, 高く掛る, 高労賃, 1に, 1より

▼ 費~ (131, 6.3%)

3 して

2 [11件] あてられて, くらべても, なって, 不足を, 取るという, 多くの, 寄附し, 於て, 等しい販売価格, 等しくなる, 過ぎないの

1 [106件] あたるほどの, あてたので, あてて, あてようという, あてようといふ, あてられるらしくそれ, あてる名, あてる幸い, あると, いるからの, かかりは, かかる前, かけた其立派, くわれて, したいそれ, しようが, するつもり, するとかいう, つぎこんだ, なった, なります, なるか, なると, なるの, また若し, まわされて, 一億一千万円いる, 一致せしめる, 三千磅も, 三百万円近くの, 不機嫌な, 予定した, 二十三億円を, 今年は, 何万円も, 使ったの, 使って, 使つたのだ, 使て, 使われその, 供せり, 充てたいという, 充てようかと, 充てること, 充てるとして, 入れて, 六十銭も, 制限せられる, 加えても, 加へ, 十分な, 千円とは, 含まれて, 困り仕方, 多額の, 失われとうてい, 巨額の, 廻そうとか, 廻るの, 当つる心算, 当てて, 当てます, 当てるつもり, 当てる者, 当てる金, 当て飯, 投じて, 換算し, 支へ, 月給は, 比較し, 注ぎ込んで, 添えられた手紙, 献納する, 用いること, 當てた, 目を, 窮し, 立てこもって, 等しい, 等しいこと, 等しいという, 等しい売価, 等しい状態, 等しからしめる, 等しくなけれ, 絶対的に, 菜大根と, 該当した, 譲るべく約せしもの, 貢献する, 貧乏し, 費用の, 賛成し, 超過する, 超過すれ, 較べて, 農産物からの, 追はれ, 追われて, 追加が, 運用しなけれ, 金銀を, 關する, 非ざる莫, 頼ろうと

▼ 費~ (63, 3.0%)

8 云ふ 2 なって, レストウランと, 云ふも, 軍事費とを

1 [47件] おっしゃったが, さしひかれる, する者, それから小遣い, なして, なった, なつて, なる踊場, むやみやたら, トントン位の, 事務所経費の, 云うもの, 云っても, 似たやう, 保険料とを, 保険料は, 劇場人件費を, 地元への, 大差の, 女房の, 学費とを, 寫眞學校の, 小屋代と, 小遣いに, 小遣とは, 平一郎の, 思つて議論を, 明に, 月謝を, 災害費とを, 生活費さえ, 生活費とに, 生産された, 生産事業の, 産業資本との, 申上げ, 称し陰, 税金使用人の, 等しいもの, 自動車代とを, 認め味方, 警察費に, 軍事費との, 軍備費との, 軍需成金とは, 養育費とを, 香水の

▼ 費~ (45, 2.2%)

2 新築する

1 [43件] あまり充分, あるので, あるべく又, ある之, いくぶん楽, いる, かかって, かかるし, かかるの, かさまりまた, かさむ, きちんと支給, すべて作家の, つい困っ, また殆ど, みんな三倍に, 世話に, 今月から, 他の, 割り安で, 労働賃銀も, 取らず売り上げ, 含んで, 売上げの, 売上高の, 多くを, 安上りで, 家から, 少きこと, 少くない, 来年の, 格安である, 毎月送っ, 気に, 燃料も, 生やさしい, 皆無と, 秀頼の, 負担し, 貰うの, 貰えぬ事, 足りなくなるわけ, 運行し

▼ 費として~ (43, 2.1%)

1 [43件] あたえること, この金額, 一人宛一万円程度を, 七百円それに, 三〇〇〇フランを, 三千圓を, 三百円受取れ, 下つて來, 二万円を, 二十銭を, 二千円ずつ, 五万磅を, 何万マルクとかの, 來月十五日までの, 出した斯, 十万位で, 十万円くらいは, 十五円ずつ, 十圓ぐらゐでせうね, 取りあえず二千円くれ, 受け取り残り, 古河からも, 四十ルーブルの, 売りはらうつもり, 夜半寝巻の, 孤衾襟寒き苦, 少し金, 帝国学士院へ, 支給せらる, 東北六県の, 残しあと, 毎月五圓宛送る, 毎月五拾円を, 毎月英国貨四磅づつ払つ, 毎月金五円宛送る, 現金を, 生徒が, 田地を, 申し受けるとして, 米を, 貯金する, 郡税を, 銀百兩支出された

▼ 費って~ (41, 2.0%)

2 くれ, しまった, しまって

1 [35件] いたので, いたもの, いるの, しまいました, しまいましたの, しまいました印可, しまいまた, しまい懐中, しまうと, しまったが, しまったという, しまったとも, ないよう, ならない金, ひたすら流言蜚語, もらいたい, やっとゆけた, 了や, 作り上げて, 六百円, 其方たちを, 喧嘩する, 大学を, 始末に, 実用という, 宵越のぜに, 密かに, 彼が, 損が, 料理する, 新妻を, 曲りなりにも, 義賊面も, 自然科学が, 遊びに

▼ 費~ (39, 1.9%)

3 込みは 2 無きも, 込みが, 途を

1 [30件] かたなども, として持っ, などは青銭一枚, になった, に困る, の世話, はたされ, はたし, はたしてしまわなけれ, はたして一文無し, を持っ, ッ振りでも, 度い, 手負いや, 放題い, 方が, 方は, 果して帰っ, 果して終った, 果たしては, 果たして不足, 残りが, 残りの, 残りを, 路は, 込みの, 途が, 途でも, 途は, 途も

▼ 費~ (39, 1.9%)

4 が荒く, 込みが 3 の荒い 2 が荒い

1 [26件] がどんな, が多く, ぢや, にする, の荒く, の金, はたして日向ぼこ, をし, をする, ツ振りでも, 振りや, 方が, 果してしまつた, 果してしまつた所, 果して二分, 殘した, 殘り, 盡した, 盡す, 込みだけは, 込みで, 込みでも, 込みの, 込みを, 途に, 途は

▼ 費~ (23, 1.1%)

1 [23件] お金を, からこそ面白い, から俺, ことこそ, ことを, ためじゃ, つもりだ, と後生大事, と言っ, のだ, のなら, ばかりな, ような, ように, よりはもっと, 外には, 時が, 者の, 者も, 途は, 金ぐらいは, 金だけでも, 金は

▼ 費~ (23, 1.1%)

2 雇はれた

1 [21件] あつたらしい, やりくりし, 一万九千円の, 中等学校の, 二十九万二千票を, 仕払ったの, 出来上る家屋, 千円の, 博士に, 増したよりも, 如何に, 建て, 月給を, 毎日牛乳を, 維持され, 自分の, 色の, 議決し, 購買される, 通すから, 配達し

▼ 費~ (19, 0.9%)

2 アがって

1 [17件] お鳥, その他の, その後東京へ, それから娘たち, なんかは, 何かに使ふべき, 慰藉料を, 手術費とは, 拂ひ, 更に又, 生活費に, 絹の, 莫大な, 調度家具類に, 資産の, 運賃が, 飯に

▼ 費った~ (17, 0.8%)

1 [17件] かそれ, か見せ, ことを, それを, という十八, という千両, という方, ところで, とすれ, とて関, 五十銭玉は, 借金の, 時代から, 金は, 金を, 金額だ, 金高は

▼ 費という~ (17, 0.8%)

6 ものは 3 ものを 2 のや, ものが 1 のは, 名目で, 山中まで, 項目で

▼ 費つて~ (13, 0.6%)

1 [13件] しまつ, しまつたん, も不思議, も最後, も構, やつた仕事, ゐても, ゐるの, ゐるん, 居た欄干, 居る, 居るから, 居ること

▼ 費耀~ (12, 0.6%)

1 [12件] であったか, のおどろき, ははるか, は一目, は五万, は剣, は怒り, は立往生, は馬, は馬上, も馬上それ, を呼ん

▼ 費つた~ (11, 0.5%)

2 ものかと 1 か, かは吟味, かは自分, が今日, とか女遊び, ところで, もので, んだ, 為に

▼ 費には~ (11, 0.5%)

2 不自由は, 治むべ 1 まったく手, 事欠かないが, 何らの, 困る毎日葉書, 差支えること, 断然不足, 資本の

▼ 費にも~ (11, 0.5%)

2 足りないもの 1 事欠いて, 事欠くという, 反対する, 反對, 小遣錢にも, 当らない生糸, 足らぬ月, 足りない金, 近いところ

▼ 費~ (10, 0.5%)

1 のが, のです, のなら, わけに, 一方です, 事が, 人も, 割に余りちやほやされない, 途は, 金が

▼ 費~ (10, 0.5%)

2 からねえ, 事で無 1 ことばかり, さうだ, し決して, そうだ, ものと, んです

▼ 費い果し~ (9, 0.4%)

2 てしまった 1 てしまう, てその, て乞食, 二三年後には, 何べん, 保険を, 寝巻の

▼ 費~ (9, 0.4%)

1 から切, けれど, つたのが, とかすべて郷里, とかまた, とか書籍費, とか植物採集, と思つてランプ, 四十八萬圓の

▼ 費との~ (8, 0.4%)

2 均等を 1 この対比, すべての, 均等化に, 均衡を, 数字的比率を, 比例が

▼ 費~ (8, 0.4%)

2 が入る, ながら東京 1 が少し, そうな, と思う, のか

▼ 費~ (8, 0.4%)

1 されたの, せること, せるだけ, ないで, ないところ, ないばかりか, ないもの, なければ

▼ 費っても~ (7, 0.3%)

2 費い切れない 1 かまわないよ, よろしいン, 不思議は, 世間じゃ, 差支えの

▼ 費とを~ (7, 0.3%)

1 加えて, 対比し, 対立させる, 正直に, 渡しに, 要する大, 計算するなら

▼ 費によって~ (7, 0.3%)

4 左右される 1 左右されない, 影響されない, 農村共同工場が

▼ 費~ (6, 0.3%)

1 ちやつたわ, ちや冥利が, てしまひました, てしまひます, てしまふ, てしまへ

▼ 費であり~ (6, 0.3%)

1 そしてしばしば, その目的, 仕立賃とは, 先へ, 生産され得べき, 重工業

▼ 費ひ込ん~ (6, 0.3%)

2 でゐる 1 だりひいき, で, で主人, で尻喰

▼ 費~ (6, 0.3%)

1 にはなった, に充つる, は何処, は出来る, は寄附, 出来るから

▼ 費から~ (5, 0.2%)

1 こんな宿屋, ファラデーに, 何億の, 女買いの, 生ずるもの

▼ 費その他~ (5, 0.2%)

1 で千円, の小遣錢, は一切こっち持ち, をひけ, 諸雑費

▼ 費では~ (5, 0.2%)

1 あるが, ないの, 有りませんか, 西班牙のが, 足りつこは

▼ 費なども~ (5, 0.2%)

1 のちには, ほとんどなかっ, もうズーッ, よこし慰労旁, 今の

▼ 費ひ果し~ (5, 0.2%)

1 て乞食, て何時, て竹刀, 此處へ, 身でも

▼ 費まで~ (5, 0.2%)

2 体よく 1 この連中, 計算し, 貰ひ

▼ 費勘定~ (5, 0.2%)

2 の借方 1 である, の残高, は三

▼ 費~ (5, 0.2%)

1 に新聞記者, の田舎, はクエーカー宗, は桑港, は遠から

▼ 費~ (5, 0.2%)

1 で終る, のある, は周公, をも除い, を置いた

▼ 費いも~ (4, 0.2%)

1 しない, つかいよう, できず祇園, ないまま

▼ 費い込ん~ (4, 0.2%)

2 でいる 1 だり信用, で縊死

▼ 費および~ (4, 0.2%)

1 その利子, 人民の, 施設は, 装飾費は

▼ 費だけ~ (4, 0.2%)

1 で大, やうやく, 必ずつけ, 頂戴した

▼ 費だって~ (4, 0.2%)

1 いるだろう, ほとんどない, 持っちゃ, 貰えないん

▼ 費である~ (4, 0.2%)

1 かは草雲, とする, 斯樣な, 通行券である

▼ 費なんか~ (4, 0.2%)

1 いくらも, なんでも, 無くなつて, 自弁な

▼ 費にまで~ (4, 0.2%)

3 下落せしめるであろう 1 下落し

▼ 費はず~ (4, 0.2%)

2 に居る 1 に空, ひたすら謹慎

▼ 費より~ (4, 0.2%)

2 大なる 1 大であれ, 小なら

▼ 費わせ~ (4, 0.2%)

1 た責任, ておいたであろう, ておきあがっ, て自殺

▼ 費以上~ (4, 0.2%)

2 に出ずる 1 にまたは, に多分

▼ 費~ (4, 0.2%)

1 が売上げ, に莫大, の冗費, を合算

▼ 費~ (4, 0.2%)

3 の代官 1 は季氏

▼ 費い切れない~ (3, 0.1%)

1 ほど貰った, 巨億の, 程の

▼ 費い尽し~ (3, 0.1%)

1 その上一二枚, てその, て了

▼ 費い込んだ~ (3, 0.1%)

1 ことが, のは, 金も

▼ 費うて~ (3, 0.1%)

1 丸三年も, 東京の, 饂飩や

▼ 費~ (3, 0.1%)

1 なんかでした, 但し商売上, 何かに

▼ 費さえ~ (3, 0.1%)

1 とれれば, ないこと, 豊富に

▼ 費それ~ (3, 0.1%)

1 に問屋場, に慰藉料, は半分

▼ 費だけでも~ (3, 0.1%)

1 一身代かかる, 容易でない, 米国に

▼ 費だけは~ (3, 0.1%)

1 充分出よう, 毎月これから, 要心深く用意

▼ 費~ (3, 0.1%)

1 たりし, たり人, ちゃいけ

▼ 費でも~ (3, 0.1%)

1 何でも, 使って, 出そう

▼ 費などという~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, 場合に

▼ 費に対して~ (3, 0.1%)

1 その全, より大, 大きな比率

▼ 費ひ果した~ (3, 0.1%)

1 上賀奈女には, 兄貴が, 瞬間に

▼ 費ひ込んだ~ (3, 0.1%)

1 とあ, のは, 商業学者先生達は

▼ 費ります~ (3, 0.1%)

1 ね, ので自分, よ

▼ 費をば~ (3, 0.1%)

2 支へ 1 われいかに

▼ 費をも~ (3, 0.1%)

1 受けなかった, 吝まず, 増すに

▼ 費~ (3, 0.1%)

1 に繰り込む, へ左, へ御

▼ 費及び~ (3, 0.1%)

1 将来の, 新資本, 読経僧侶の

▼ 費節減~ (3, 0.1%)

1 に仮託, のため, の目的

▼ 費~ (3, 0.1%)

1 の前, はまた, は孔明

▼ 費調達~ (3, 0.1%)

1 ぐらいのこと, という, の爲め

▼ 費~ (3, 0.1%)

1 なしとの, をもらっ, を集むるために

▼ 費ある~ (2, 0.1%)

1 を以て安堵, 場合食費電話料電燈料水道料等も

▼ 費いが~ (2, 0.1%)

1 なくなる, 荒いの

▼ 費いたく~ (2, 0.1%)

1 ない, ない気

▼ 費いっさい~ (2, 0.1%)

1 を出させる, を支払っ

▼ 費これ~ (2, 0.1%)

1 に勝ちたる, また前年度

▼ 費~ (2, 0.1%)

1 へない, へ負

▼ 費すら~ (2, 0.1%)

1 投じなかったという, 投じなかつたといふ

▼ 費だけを~ (2, 0.1%)

1 強奪し, 用意しよう

▼ 費です~ (2, 0.1%)

1 か, 買收と

▼ 費とか~ (2, 0.1%)

1 その支払, 出張旅費とかも

▼ 費としては~ (2, 0.1%)

1 月二円で, 経営費の

▼ 費とで~ (2, 0.1%)

1 懐ろを, 経営し

▼ 費とは~ (2, 0.1%)

1 だい一わけが, 別に多額

▼ 費など~ (2, 0.1%)

1 一文も, 差引いて

▼ 費にか~ (2, 0.1%)

1 かつてしまつた, かつてしまつたの

▼ 費にと~ (2, 0.1%)

1 思つて手を, 戴いた

▼ 費ひも~ (2, 0.1%)

1 しなかつたし, するもう

▼ 費ひ過ぎた~ (2, 0.1%)

1 のと, もんです

▼ 費ふも~ (2, 0.1%)

1 のだ, のは

▼ 費または~ (2, 0.1%)

1 その自然価格, 原価の

▼ 費われ~ (2, 0.1%)

1 ていたら, てしまった

▼ 費セシメ~ (2, 0.1%)

1 の魂胆, の魂膽

▼ 費~ (2, 0.1%)

1 節スレバ則チ一生ヲ, 補ヒテ身心

▼ 費三万円~ (2, 0.1%)

1 といふ, の特別予算

▼ 費予算~ (2, 0.1%)

1 と配分状況, の嵩

▼ 費亭侯~ (2, 0.1%)

1 に封じ給う, の爵

▼ 費節減民力休養~ (2, 0.1%)

2 を唱

▼ 費~ (2, 0.1%)

1 と彼, は伴われ

▼ 費請求~ (2, 0.1%)

1 に関する訴訟, の聴取

▼ 費負担~ (2, 0.1%)

1 は毎年収穫量, を加重

▼1* [272件]

あり病むときに, 費あるいは特別収入といった, 費あれば男女, 費いきれんでどう, 費いこみがあった, 費いこみだとかのちっとも, 費いこむこッた, 費いこむしておかね, 費いこんだというわけ, 費いし五十五歳にし, 費いちらして, 費いつくしぜひ, 費いはたし一文, 費いまくった, 費いも華やかだったには, 費い余してある, 費い削ってしまう, 費い始めていた, 費い捨てにし, 費い果したその申しわけ, 費い果し死んだ後に, 費い果すと大胆, 費い果たし樹の, 費い果たしたものか, 費い果たすかについて頭, 費い棄てたのは, 費い込んでるぜって云う, 費うたことよ, 費うのも泥棒, 費おうとすこし, 費おうが何も訊こう, 費おうとしない船員, 費からでもあるまいと, 費きり残って, 費きるものなど, 費ぐらゐ自分でなんとか, 費さえにまで割愛されね, 費さえの削減等々によって, 費じゃ仕方ありません, 費すなわち1に, 費するであろうし従っ, 費その前夜に, 費そのものが十年度, 費その他全部の費用, 費たる事には, 費だけがいくらか, 費ったらよかろう, 費っちまったらしいがどう, 費っちゃったんだ, 費っての勉強であっ, 費ってはならぬ, 費つたつて云つたつて, 費つたのでも, 費つた廉で縛る, 費つた金は五十兩, 費つてしまへ, 費つてアツと言, 費つて了ふと後, 費つて了つたでせう, 費つて了つて四五日位ひお, 費つて殘るもの, 費つて秘やかな誇り, 費つて義賊面もねえ, 費つて證人の口, 費であってこれ, 費とかのために, 費とがその主, 費とて不充分なりし, 費となつたさ, 費とに充てそしてまた, 費ともつかぬもの, 費とを以て我国の, 費なきを憂えんや, 費なぞは出ますけれど, 費などが奪われること, 費などで借金が, 費などはこまごまと, 費なら暫く出し, 費なり扶助料なり, 費なるべしと言, 費なんかは別です, 費にかけ得るから, 費について原案維持の, 費についても再び三井男爵家, 費にて御送附申上候間, 費に対する君らの, 費に関する何か, 費のみが増加し, 費はせてその, 費はせすぎて気の毒, 費はれた方が, 費ひさうなものです, 費ひさせるやうな, 費ひしない時に集つて団子, 費ひすぎる方らしい, 費ひつ振りだ, 費ひでがあつ, 費ひとして, 費ひもせんで五百円, 費ひ切れたんですつ, 費ひ切れないほど金, 費ひ尽してその, 費ひ散らすだけなら, 費ひ果しやる物は, 費ひ果し死んだ後に, 費ひ果す人も, 費ひ果たしに行, 費ひ棄てたのは, 費ひ減らすやうな, 費ひ込み切腹を, 費ひ込んでる奴粂吉の, 費ふべく再び湯田中, 費まわせるとまでは, 費へのうちに, 費へるかい, 費までは負担しない, 費もがななどいやしげ, 費もて登楼直ちに, 費やで支払う多数, 費ぬ片田舎, 費らん研究法をしなく, 費りでも少く, 費わして了, 費われたら戦後インフレに, 費われない金だ, 費われるにちがい, 費われ余力があれ, 費をか要せん, 費をもって記念像を, 費を以て洋学の, 費シタルニ怡土郡ヨリイカニ迂, 費シテ夕飯前ニ, 費スコトガ多ク, 費セドモ一タビ足ヲ動カセバ, 費た金額, 費ニ充ツルコトヲ得, 費外ニ凡テノ利益ヲ, 費ノミヲ與ヘテ其, 費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 費一カ月三円ないし五円, 費一五〇〇万円を適正配分, 費一億五千万円を可決, 費一噸につき三十五銭, 費一部捻出のため, 費は先づ支, 費三〇〇〇ポンドに対して仮令いかに, 費三万ドルに対し公立図書館, 費三百二十五万ポンドすなわちわが, 費並びに用いられた, 費並びに牧草種代その他一千二百五十圓也, 費中保健のため, 費中堤防修築費と称し, 費少困, 費予算中に潤沢, 費二一一および二三〇, 費二三銭で二十五六七銭, 費二両ばかり農具, 費二億四千六百三十万留を算出, 費二十二万円の中十二万円, 費二十億弗と較べ, 費二百寓圓を外資, 費五十銭を儲ける, 費五千余円及校友会費八百二十円の通帳, 費五千円の十分の一, 費五銭で合計五十五銭, 費五銭積立の件, 費を率い, 費以下に低めるべき, 費以外つまり生活費, 費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 費俊雄は十分, 費修繕費に追われ, 費値上りの恐ろしい, 費僅少な手間ひま, 費入院料を一日五円, 費全体を投じ, 費全部を支出, 費全額国庫負担という美名, 費八ツ山ホテルと云う歪んだ, 費公家の奉, 費共に一日五六円あれ, 費其中に谷中村, 費其他の土木費, 費其他無用の使途, 費其眞ン中に栃木縣災害補助費, 費に於ける, 費内譯を書いた, 費出してもらいとう, 費削減とは反対, 費労働時間などの数字, 費募集中であるさ, 費十五銭卸売費五銭で合計五十五銭, 費十八両を給, 費半分しか払えない, 費及諸雑費でありますが, 費反別割其他の税金, 費合せて八百六十五円, 費名刺など倍, 費国庫支弁案に賛成, 費堤防費抔が河, 費壱千部にて凡金弐百六拾円, 費に賄賂, 費夥しい労力の, 費寄贈を記念, 費小遣などと記した, 費少くとも三圓, 費岡山縣災害補助費其眞ン中に栃木縣災害補助費, 費年額二五・〇〇〇弗を受取る, 費広告費等が売上げ, 費弁当代などを思い切っ, 費引出しの件, 費従ってまた, 費支払い下さるべく, 費徴集のため, 費が河, 費拡大の意志, 費指数の統計, 費掃除費及び読経僧侶, 費排水費反別割其他の税金, 費支弁にし, 費支払いを宣告, 費支払場所を置いた, 費支給を仰がん, 費数千円の損害, 費氏易の費直, 費沢山の子供, 費激増に逆, 費災害土木補助費と云, 費燈明台その他の什器購入費, 費牧師の生活費, 費の相違, 費献金を募り, 費が上がり, 費理論が有力, 費になっ, 費用紙の値上げその他物価, 費留学か家, 費百両を要した, 費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 費等これも一万五千円, 費四万円経常費は, 費絵の具代間借り代その他の生活費, 費総額二千九百何十円といふ巍然, 費者伯益即皐陶之子, 費自前で届ける, 費自動車代など番頭, 費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 費船員の給料, 費が書いた, 費補助ともいふべき, 費西加馬得馬第加, 費西加默達費西加馬得馬第加, 費親睦費とさしひかれる, 費記念碑建立社会事業満蒙問題なぞあらゆる, 費誓以下甫刑文侯之命, 費誓呂刑文侯之命秦誓五篇者, 費謝礼等二万ナニガシの金, 費負担額につきいろいろ, 費負担額決定表でチラリ, 費販売費など差引い, 費辞退の手続, 費込んだ揚句の, 費送金の望み, 費通信費及諸雑費でありますが, 費運賃などで二百円以上, 費過大の予算案, 費道路だん, 費配達費を考えたら, 費金三両で此難, 費長房の, 費長房等魯の春秋, 費を定め