青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「郷里~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

部下~ ~部分 部分~ ~部屋 部屋~ ~部落 部落~ 郵便~ 郷~ ~郷里
郷里~
~都 都~ ~都会 都会~ ~都合 都合~ 都市~ 酌~ ~酒 酒~

「郷里~」 1935, 22ppm, 5234位

▼ 郷里~ (772, 39.9%)

28 方へ 23 方に 19 方の 15 家に, 方から 14 家の 13 方で 11 家を 6 中学を 5 人が, 家で, 家へ, 父母の 4 事を, 土を, 妻の, 松山へ, 秋田へ

3 [11件] ほうから, ほうへ, 両親に, 両親へ, 先輩で, 実家へ, 小学校に, 山村の, 新聞に, 方まで, 田舎に

2 [57件] ありさま, ために, ほうに, ほうの, 中學, 事は, 人々は, 人で, 人に, 人の, 人は, 伏見屋伊之助あてに, 信州に, 備中地方では, 先輩が, 先輩として, 先輩を, 土の, 夢を, 妻子の, 姉の, 実家に, 家には, 家は, 家君を, 寺の, 山の, 山地の, 岩手へ, 師範学校を, 常設館に, 役場へ, 後輩共を, 新聞が, 方とは, 方も, 方を, 方言で, 景色を, 村から, 松山で, 母から, 母の, 父から, 父が, 父に, 父母に, 田地を, 田舎へ, 町の, 町へ, 福井へ, 習慣では, 街の, 話を, 近くから, 鈴木の

1 [441件] ある女, ある家, ある者, いろんな人たち, うたた, おふくろと, お姉上, ぐずの, ことで, ことなど, ことを, この新館, その小学校, どこかで, なつかしさ, ひとが, ほういかがでした, ほうからの, ほうで, ものどもを, ものに, ものを, やうに, ような, ように, わが家との, ゴムの, ハートフオードで, ベイスフォードへ, ポデスタと, 一名物を, 一年間は, 一本寺の, 一部落民は, 三地方に, 三河幡豆郡へ, 三津の, 上ノ山の, 不動産は, 不幸や, 両親らは, 中学におけるよりも, 中学の, 中学校を, 中村から, 久万山の, 九州で, 九州には, 九州地方とは, 乞食です, 事に, 事について, 事情も, 事態を, 事東京の, 人々の, 人々も, 人こそ, 人たちに, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人たちを, 人だ, 人だった, 人と, 人よりも, 人人に, 人達には, 人間の, 人間を, 仕送りを, 他家へ, 仙台へ, 代議士秋本である, 伏見屋伊之助の, 伝説を, 伯母が, 伯母さんにでも, 伯母などに, 伯母の, 伯母叔父弟の, 住所などを, 佐川町に, 佐用でも, 作州宮本村の, 信州の, 信濃下諏訪町の, 兄から, 兄の, 兄上を, 兄北海道の, 兄夫婦の, 先輩に, 先輩茂木虎次郎, 入り口だ, 化け物話を, 北山の, 北朝鮮系である, 区別も, 区裁判所からの, 医院の, 十一月の, 南部で, 友達の, 叔母の, 叔母への, 叔父の, 同窓の, 名古屋から, 名古屋まで, 名物が, 名物を, 名産竹輪がの, 和歌山へ, 和歌山市に, 商人から, 商業学校の, 噂に, 四国へ, 土佐で, 土佐なども, 土地が, 土蔵に, 地方へ, 地酒だ, 城砦を, 埼玉風の, 墓地に, 墓地の, 墓地続きに, 墓場に, 墓所の, 夏の, 大先輩, 大地から, 大塚氏より, 大沼郡新鶴村などでは, 大津まで, 天神山の, 女で, 女では, 女学校を, 女房あてに, 妹から, 妹が, 妻へ, 妻を, 妻勝子への, 妻子を, 姉へも, 姫路へかへ, 姿と, 子供たちの, 子弟の, 学校に, 学校の, 学生の, 學校に, 宇和島の, 宇都宮近在へ, 宛名の, 宛城に, 実家が, 実家で, 実家は, 客は, 宮本村では, 宮本村と, 害を, 家から, 家が, 家へも, 家や, 家人へ, 家以外に, 家居かに, 家庭から, 家庭に, 家産が, 家邸から, 宿題を, 密集生活に, 實家の, 實家へ, 寺と, 寺へ, 小児に, 小学を, 小学校の, 小学校長と, 小学生の, 尾張へ, 尾鷲へ, 屋敷には, 山々は, 山々を, 山地に, 山奥に, 山林事件にまで, 山間に, 岡山に, 岩国へ, 岩国学校, 川が, 川だ, 川島へ, 川越在へ, 布野村に, 常陸から, 平壌には, 年寄り衆の, 年長者である, 広島に, 広島へ, 広島まで, 庄内川の, 庭の, 弟から, 御當家, 思いを, 思い出の, 思ひ出話, 恥として, 或る, 所書を, 持ものは, 播磨神崎郡では, 政友へ, 故事を, 故旧の, 新潟から, 新潟市へ, 新潟県下に, 新発田へ, 新聞で, 新聞ひろげ, 新聞を, 方々が, 方からでも, 方からは, 方からも, 方が, 方でも, 方にては, 方には, 方にも, 方に対して, 方ね, 方は, 方へでも, 日向で, 旧友で, 旭川から, 昔の, 月巣庵で, 有志に, 有志者および, 有志者より, 木曾へ, 木曾川の, 木曾路の, 本籍地へ, 本陣の, 村に, 村へ, 村を, 松山さえも, 松山の, 柳生に, 楼桑村に, 模様を, 歓迎上都合も, 母からも, 母が, 母は, 母や, 母を, 母御の, 氏神の, 水の, 水戸の, 沖縄から, 沖縄を, 津軽南部の, 浜べに, 海で, 海でした, 海岸で, 海岸に, 海岸の, 海浜の, 消息を, 消防団と, 渋民村に, 温泉へ, 温泉を, 湘郷に, 滞在が, 無錫, 熊本は, 熊本を, 父の, 父は, 父母兄弟に, 牛こそは, 狭い世界, 生家に, 生活が, 産まれで, 田舍に, 田舍を, 田舎で, 田舎でも, 男の, 男へ, 町から, 町などを, 町に, 画家の, 畑で, 留守宅あてにも, 當が, 百姓の, 百姓を, 百姓達が, 皆の, 盛岡から, 盛岡中学と, 県下を, 知る辺, 知人から, 知人に, 知合の, 石原君の, 祭礼で, 福井県に, 福岡で, 福岡に, 福建から, 私の, 秋田県へ, 空へ, 竜野は, 糟糠の, 素封家である, 紺屋に, 絲満から, 総代で, 繩工場で, 美事である, 老人達の, 老妻, 老母とは, 老父が, 者たちは, 者へ, 聲援者たちである, 肥下伊藤渡辺等の, 自家の, 自慢を, 自然と, 舎弟に, 船饅頭という, 若い人達, 若い娘, 茅屋に, 茨城県の, 荒果てた, 蒲東を, 薪炭を, 蜀地にも, 街が, 街と, 街を, 街道に, 街道の, 西の, 見納めであろう, 親友の, 親友信者が, 親戚から, 親戚や, 親族までも, 親類でも, 親類知己へは, 記憶に, 訛の, 訛りとを, 評判や, 誰彼から, 講習会に, 豚肉王に, 財産が, 財産を, 財産大, 資産は, 距離は, 農学校から, 農家に, 農村から, 農村の, 近くだ, 選挙区へ, 遺族たちへ, 那覇に, 邸を, 部落で, 野州へかへ, 金沢へ, 銀行で, 銀行へ, 銀行宛で, 鎌倉に, 鏡湖, 長男からの, 門前を, 関係から, 阿母, 阿波などでは, 阿波の, 陣笠だの, 青年が, 青年の, 青梅宿を, 青森県に, 風では, 風光に, 風景が, 風景を, 風水害と, 風習で, 風聞は, 飯田へ, 馬籠の, 駅へ, 高浜まで, 高知で, 高知の, 魯に, 鹿児島へ

▼ 郷里~ (294, 15.2%)

24 帰って 8 残して 7 帰った 4 帰ること 3 妻子を, 居て, 帰省し, 歸り, 歸る

2 [17件] あって, ある自分, ゐる弟, 入れようと, 印刷機も, 届き私, 帰して, 帰ったという, 帰るの, 彼の, 歸つてゐた, 残って, 残る字, 病人が, 科学を, 身を, 還って

1 [202件] あったと, あてて, あらわして, あり, ありし夢, あるうち, あるはず, ある妻, ある寺, ある時, ある本位田家, ある本家, ある母, ある邦夷, いた, いたたまらずして, いたとき, いた時分, いた頃, いては, いること, いるとき, いる二人, いる続きあい, いる間, いる頃, うらぶれた渠, おくりかえして, おりましたから, おれば, お帰り, かえったとて, かえりたかった, かくれて, これを, して, つくと, つれて, なること, はがきだけは, ゆく旅費, わびしく過ごさせた, ゐて, ゐるほか, 一狂人あり, 不幸が, 今も, 伴れ, 似て, 住むやう, 住んだ様子, 凝と, 出張し, 分在し, 北野, 去勢術を, 同行する, 向かっての, 向って, 向つた, 呼びかえされて, 呼び返すこと, 国分寺時代の, 在りし日, 在るや, 在る父, 在る頃, 地所が, 埋めて, 報じて, 夢に, 存す, 家でも, 寄りこうして, 小さな女の子, 居たいの, 居た昨年頃, 居た時, 居づらく, 居ながら, 居ます, 居られなくなり祖先伝来, 居り時に, 居る姑, 居る正太, 居る由, 居る頃, 屠蘇を, 帰したの, 帰った彼女, 帰った時, 帰った頃, 帰っても, 帰つた, 帰つた難波は, 帰つて城北の, 帰つて小学校の, 帰つて来た, 帰つて東京に, 帰らざるべからざる, 帰らせ婦人, 帰らない井杉さん, 帰らなければ, 帰りたいとも, 帰りたうございます, 帰りつい, 帰りパン屋, 帰り他, 帰り去って, 帰り土佐, 帰り地方, 帰り田夫野人, 帰り着いてから, 帰ると, 帰るという, 帰るといふ, 帰るもの, 帰るん, 帰住せん, 帰着し, 年老いた貧しい, 年頃の, 建つ彼, 建てる事, 引っこむ, 引上げて, 引籠る, 引退する, 恰好な, 戻って, 戻つて, 戻つて來, 戻ると, 手紙を, 持ち帰りあと, 持ち帰り龍耳老人, 持つて, 於いても, 於ける悲惨事, 於ける葬式, 早飛脚に, 止まること, 止まるほか, 正当の, 歸つて, 歸つてから, 歸つて以後一切關係を, 歸つて來た, 歸つて妻をも, 歸らね, 歸りたい, 残されて, 残した奔走, 求むべく大いに, 流れ込んで, 滞在し, 照会し, 父親を, 留って, 留まって, 留り大正二年六月上京, 留守居する, 當る, 疎開させ, 病臥し, 皈つた時トランクの, 盆踊りでも, 着いて, 着き母上兄妹, 立ち寄り切め, 縁故の, 置いて, 置いとるん, 置き兼ねて, 自分の, 落着いた, 落着く, 葬つて鎌倉, 蚕種製造の, 蟄居せなけれ, 行き知事, 行って, 行つ, 貧しい兩親, 迎へた人々を, 近い, 近い原釜海水浴場, 近い町, 近い群馬多野郡, 追いもどして, 退いて, 退隠した, 送る相, 逃げ隠れようと, 逃れようとして, 連れて, 遊びつけの, 遊びに, 達せしめん, 達せん, 遺しただ, 遺ったもの

▼ 郷里~ (208, 10.7%)

26 帰って 5 帰ってから, 帰ると 4 帰った, 帰ろうと, 帰省する, 歸る 3 お帰り, 帰るの

2 [14件] 出さぬ, 居所を, 帰して, 帰つ, 帰つて行つた, 帰ること, 帰る途中, 帰ろうかと, 引上げる, 着いたら何とか, 着くまで, 行って, 送って, 逃げて

1 [122件] いら, お帰り下さい, お立ちな, かえって, さしてお, とく子と, 一寸帰つただけ, 出張した, 勧て, 同行せしめる, 向う母上, 問い合わせて, 墓まいり, 子供を, 実母の, 寄つて参りました, 届けて, 帰しそれから, 帰した, 帰しとうございますが, 帰す何ん, 帰せ, 帰せる義理, 帰ったあと, 帰ったからって, 帰ったきり, 帰ったこと, 帰ったってねえ, 帰ったと, 帰ったの, 帰ったも, 帰ったもの, 帰ったら草鞋, 帰った後, 帰った錦子, 帰ってからは, 帰つた, 帰つてから, 帰つてからの, 帰つて二三ヶ月暮し, 帰つて来たつ, 帰つて漁師を, 帰つて火燵に, 帰つて行く, 帰つて貰つた女房を, 帰つて静養する, 帰らせ病気, 帰らなきゃならないのよ, 帰らッ, 帰りたかった, 帰りたくなった, 帰りました時, 帰ります折, 帰り子供, 帰り着いたの, 帰り郷里, 帰る, 帰るところ, 帰るとは, 帰るべく急ぎ足, 帰るやいな, 帰るよう, 帰るん, 帰る人, 帰る決心, 帰れば, 帰省し, 帰省中の, 引あげ, 引き揚げて, 引き籠って, 引上げて, 御帰り, 急いで, 戻したいにも, 戻った, 戻ったよう, 戻つた事, 戻つて, 手紙が, 持ち帰って, 持って, 文通する, 曳いて, 歸す, 歸つた, 歸省する, 注文し, 無事に, 燻ぶつ, 発たねば, 発ったの, 知らせるため, 示す誇り, 立つ日, 落ちて, 行きたく思うの, 行くこと, 行くまでは, 行く旅費, 行っちまったので, 行つ, 行つて来たい, 行らし, 贈ったの, 辿りついたの, 追いやって, 追っ返した, 退くしか, 送った, 送り返すと, 送る事, 送る前, 送る途中, 逃げ帰って, 連れて, 連れられて, 連れ戻されるん, 遁げて, 還すべきか, 郷里から, 鮎漁に

▼ 郷里から~ (99, 5.1%)

13 出て 3 妻を, 携えて 2 お前さん達の, つれて, 函館へ, 持つて, 父危篤の, 義兄の, 迎ひ

1 [66件] あまり遠く, お手紙, さほど遠く, もらって, ドシドシ取寄せ, 一寸出, 一寸来, 上京し, 二百人あまりの, 來た, 修行に, 兄が, 先輩の, 出た代議士, 刀を, 十分の送金を, 取寄せた橋本, 呼ね, 呼び迎えられた老人, 土を, 外へ, 多少の, 妻の, 学資を, 家を, 寄せた手紙, 届いたの, 帰って, 急に, 戻ると, 持って, 推されて, 書簡を, 来た娘, 来た時下宿屋住居, 来て, 東京へ, 東京へと, 次兄と, 次姉が, 武昌の, 毎年雉を, 流れて, 産物でも, 発行され, 私に, 私の, 老人を, 至急の, 補助し, 訪れる人, 財産整理の, 身体と, 軽く焼い, 迎えたの, 追分まで, 送つて, 送つて寄, 送つて貰, 送られる親爺, 都会へと, 長い手紙, 間違ひなく, 離れて, 電報で, 鯛の

▼ 郷里~ (89, 4.6%)

11 離れて 6 出て 4 思ひ出させる 3 さして帰っ 2 はじめ心あたりを, 出る時, 出奔し, 見に, 訪ねて, 逃げ出して

1 [53件] さして引き揚げ, たち昇龍丸, のぞいたこと, まぶしく思い, 出た, 出たッきり, 出た義髄, 出るのに, 出十八, 出発した, 出發, 出立し, 去った, 去って, 去つた, 去つて上京, 去りて, 引揚げ, 思うこと, 想い自分達, 愛するその, 憧れ春, 捨てて, 明かに, 棄てること, 母と, 留守に, 確かめてから, 立ち退いて, 立つとき祖母, 立去って, 脱け, 荒らし抜いて, 落ちて, 訪れたいといふ, 訪れただけの, 訪れるの, 訪れハルミ, 語ること, 辞するはず, 辭する, 逃げ出したと, 逃亡する, 遠く離れた, 離ざるの, 離れそうして, 離れた山里, 離れても, 離れねば, 離れると, 飛びだすとき, 飛び出して, 髣髴させた

▼ 郷里~ (62, 3.2%)

2 幼いとき, 着て, 考へた時, 親父どもの

1 [54件] あつた, ある人, ただ一人の, どんな失敗, のんきに, はじめほんの, やって来た行状, やる計画, 一とおり読ん, 一番の, 三度も, 乞食が, 今では, 出版する, 医師を, 名を, 女学校を, 学友と, 家を, 寺を, 小學校, 幼い時, 度々やりました, 彼の, 彼女が, 彼女を, 日を, 旨いと, 昔聞き慣れた, 暮らしたその, 暮らす積り, 死んだ, 演説を, 犬の, 生れた年, 生活しうる, 県会議員を, 私の, 科学の, 稽古し, 細君を, 絵を, 肺病にな, 行はれた, 見た開化絵, 見るそれ, 親類中の, 評判の, 豚を, 遊んで, 開業する, 除隊される, 非常に, 音楽普及に

▼ 郷里~ (49, 2.5%)

2 どこかと, どこだ, 九州の, 水戸です, 越後の, 高知県高岡郡佐川町です

1 [37件] ここから, さいわいに, それほど雪, どこです, どちらかと, どちらです, むしろ人げの, 中国で, 中國, 九州で, 余り好き, 作州の, 前橋である, 名題の, 四国で, 四国です, 四国の, 宮城県の, 山口県熊毛郡岩田村である, 山陰道で, 岩内です, 常陸の, 村と, 東京から, 歴史と, 水島灘に, 江州な, 無であろう, 片山津という, 瑯, 田舎に, 秋田の, 裕福という, 西郷戦争の, 越後だった, 青森県の, 鹿児島で

▼ 郷里では~ (38, 2.0%)

2 無論普通

1 [36件] あたかも梅雨, あつた, あの癇, いい物笑い, このお, そういう場合, その子, ないかという, まだまだ久葉, チフスが, 久しく文通, 人が, 今は, 傭人の, 國も, 多くの, 子供などが, 子供は, 家中の, 昔天長節の, 春に, 本位田家の, 求められない広い, 父が, 父祖以来の, 猪を, 田地持だ, 畠に, 盆踊りが, 県会の, 眼と, 蝮を, 西が, 足を, 酒匂直吉と, 鳥打帽に

▼ 郷里には~ (27, 1.4%)

2 これなく, ないもの, 彼女を

1 [21件] おもしろい口碑, それに, それを, ホゴメバルなど, 一年ほど, 五月の, 兄弟も, 善い歯科医, 家兄の, 家屋敷が, 懷かしい, 数々の, 殆ん, 母が, 父が, 狸が, 素封家の, 自由民権の, 蛇に関する, 親類縁者は, 資産が

▼ 郷里~ (16, 0.8%)

2 信濃の

1 [14件] あんまり好きぢ, どこである, ないから, なくなって, 信州な, 信州の, 僕の, 北陸の, 同じい, 同縣, 大分県の, 山国で, 日本一だ, 海辺だつた

▼ 郷里なる~ (13, 0.7%)

2 両親に

1 [11件] スコットランドの, 山城田辺に, 愛知県, 新潟県へ, 水戸城の, 田舎町の, 美濃の, 親戚の, 阿波では, 阿波でも, 陸中遠野あたりの

▼ 郷里~ (13, 0.7%)

1 [13件] この際, そうだ, やはり九州, 今では, 全村, 同じ作州, 必ず何処, 知らずに, 知らず父, 訊かれた両親, 訊かれた兩親, 近く少年時代, 隣村同士で

▼ 郷里でも~ (9, 0.5%)

1 なんでも, まったくあの, もうとうの, 両親が, 今一度曙覧の, 同じ事, 子供の, 第一等, 養鶏を

▼ 郷里にも~ (9, 0.5%)

1 いないが, うとまれとかく, ちょっと寄った, やっぱりそういう, 住みかねて, 同系統, 告げず旅費等, 行なわれて, 雪は

▼ 郷里~ (8, 0.4%)

1 いっても, して, する山本勘介, レンラクが, 家庭の, 東京との, 自分の, 連絡を

▼ 郷里より~ (8, 0.4%)

2 母上危篤の 1 上京し, 取り寄せその, 取寄せて, 慕い来りける門弟, 柚味噌来たる, 親戚知己の

▼ 郷里である~ (7, 0.4%)

1 ことには, その東京, ところから, 千葉の, 山口県へ, 山陰道の, 岡山県の

▼ 郷里へも~ (6, 0.3%)

1 この六七年, ちょっと立寄ろう, 人を, 先日初めて, 帰られずそこら, 帰れるが

▼ 郷里にて~ (5, 0.3%)

1 人家を, 天使ガブリエルが, 未来の, 研究を, 闘牛あり

▼ 郷里へは~ (5, 0.3%)

1 こんな姿, 帰らないで, 手紙を, 未だ言ってない, 言って

▼ 郷里での~ (4, 0.2%)

1 かれの, バッタの, 所謂先覺者の, 私の

▼ 郷里~ (4, 0.2%)

2 んです 1 のです, ので市

▼ 郷里において~ (4, 0.2%)

1 単身のりこん, 禁酒会を, 竹中家の, 長兄の

▼ 郷里まで~ (4, 0.2%)

1 たずねて, 入り込んで, 行って, 行つて来ました

▼ 郷里柳河~ (4, 0.2%)

2 は水郷 1 にて葬儀盛大, に帰り

▼ 郷里言葉~ (4, 0.2%)

2 の, を其儘

▼ 郷里からの~ (3, 0.2%)

1 僅かな, 送金途絶え, 通知に

▼ 郷里たる~ (3, 0.2%)

1 中国, 加賀金沢の, 安房国長狭

▼ 郷里においても~ (3, 0.2%)

1 何一つ行われる, 夏の, 異民族

▼ 郷里信州~ (3, 0.2%)

1 の小諸, の林檎, を出

▼ 郷里熊本~ (3, 0.2%)

1 から五里, などは昼間, に帰省

▼ 郷里福岡~ (3, 0.2%)

1 で豪傑ゴッコ, の市長, の片

▼ 郷里高知~ (3, 0.2%)

1 では正月, の名物, の大高坂城

▼ 郷里からは~ (2, 0.1%)

1 一度帰っ, 比較的近い

▼ 郷里~ (2, 0.1%)

2 や水道

▼ 郷里といつて~ (2, 0.1%)

1 も随分, も隨分

▼ 郷里との~ (2, 0.1%)

1 交渉やら, 間を

▼ 郷里などでは~ (2, 0.1%)

1 ホウコ好い, 得られる者

▼ 郷里にては~ (2, 0.1%)

1 従弟よりの, 饂飩に

▼ 郷里にや~ (2, 0.1%)

2 無いの

▼ 郷里へでも~ (2, 0.1%)

1 帰って, 行って

▼ 郷里へと~ (2, 0.1%)

1 旅立った, 転地し

▼ 郷里への~ (2, 0.1%)

1 旅で, 無沙汰も

▼ 郷里ほど~ (2, 0.1%)

2 深い谷間

▼ 郷里もと~ (2, 0.1%)

1 に二年ぶり, のこちら

▼ 郷里~ (2, 0.1%)

1 で今日, 鶴見へ

▼ 郷里中津川~ (2, 0.1%)

1 に病む, の旧

▼ 郷里京都~ (2, 0.1%)

1 であつ, へもろもろ

▼ 郷里佐川町~ (2, 0.1%)

1 の宅, へ帰った

▼ 郷里全体~ (2, 0.1%)

1 がやはら, がやわらかい

▼ 郷里出身~ (2, 0.1%)

1 の理学博士, の田中光顕伯

▼ 郷里名古屋~ (2, 0.1%)

1 に帰るべく, の母

▼ 郷里土佐~ (2, 0.1%)

1 にあり, の国高岡郡佐川町

▼ 郷里土佐国佐川町~ (2, 0.1%)

2 に残し

▼ 郷里広島~ (2, 0.1%)

1 にあり, は世界最初

▼ 郷里或は~ (2, 0.1%)

2 何処かの

▼ 郷里松山~ (2, 0.1%)

1 から学問, の南

▼ 郷里生活~ (2, 0.1%)

1 をした, を一変

▼ 郷里紀州~ (2, 0.1%)

1 に帰った, に帰り

▼ 郷里馬籠~ (2, 0.1%)

1 と隣村湯舟沢, の宿場時代

▼1* [99件]

郷里および西京に, 郷里からと言って, 郷里じゃない, 郷里が何, 郷里だけでなく近畿, 郷里だの自由だ, 郷里ではととぐさ, 郷里というものの, 郷里といふのは, 郷里とは言っても, 郷里なぞに歸る, 郷里などで竜頭と, 郷里などにそういう無, 郷里などは知らなかった, 郷里においては村長と, 郷里における養蚕を, 郷里のみならず関西一般, 郷里ばかりの一些事なりと, 郷里よりの音信に, 郷里よりも霊前にとて, 郷里アテナイに赴き, 郷里サブザワの港, 郷里ターリングに引上げ, 郷里バーミンガム市に攻め入る, 郷里ファーエンヅァはローマニア, 郷里フェルラーラに歸, 郷里マルセイユは即ち, 郷里マントヴァの由來, 郷里上ノ山の小学校, 郷里下総の豊田郷, 郷里下諏訪町まで迎, 郷里予州松山では梟, 郷里以外の地, 郷里伊予などにては何, 郷里伊勢の松坂, 郷里作州吉野郡讃甘村大字宮本, 郷里作州竹山城の新免家, 郷里信州諏訪地方では昔, 郷里備後の人, 郷里兵庫県で行, 郷里北九州の某, 郷里博多へ帰っ, 郷里及びその環境, 郷里四国などにても東京種, 郷里土佐佐川町の医家山崎氏, 郷里土佐高岡郡佐川町の自宅, 郷里埼玉に運び, 郷里大和の柳生谷, 郷里姫路で旅館業, 郷里宛城の田舎, 郷里小豆島にも昔, 郷里山口で大工, 郷里山口県の田舎, 郷里岡山の田舎, 郷里岩代の国, 郷里岩代国の寒村, 郷里岩国の隠士, 郷里島田へ行く, 郷里帰省中であったの, 郷里平磯にかえり, 郷里徳島市の本, 郷里播磨の一部, 郷里日向の方, 郷里月巣庵にてご, 郷里松山近くの島山, 郷里林崎で病歿, 郷里柳生谷へ急ぎ, 郷里栃木県佐野町でささやか, 郷里桐山村には老母, 郷里水戸の地方, 郷里沖縄に郷里, 郷里の, 郷里滯在が長引くらしい, 郷里滯在中は初め, 郷里的屋に帰つて若干日, 郷里盛岡の芸妓, 郷里神崎郡比延村にこの, 郷里福井に遊説, 郷里美濃の菩提山, 郷里の経師屋, 郷里菩提山の城, 郷里蒲生の東郡, 郷里訪問から帰った, 郷里豊前国柳ヶ浦から遙, 郷里越中国氷見郡へ出よう, 郷里越後へ走った, 郷里金沢市千日町雨宝院といへる金比羅神社, 郷里長岡の旧, 郷里長野県選出の代議士, 郷里阿波の南方, 郷里阿波国などにも家具, 郷里附近よりも数, 郷里駿河富士郡に帰っ, 郷里高崎でみまかった, 郷里高松の何とか島, 郷里高知付近で知られ, 郷里高知縣に於, 郷里高知縣佐川町の尋常小學校, 郷里高知縣佐川町邊では四月末頃