青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「荘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~草 草~ 草原~ ~草履 草履~ 草木~ ~草鞋 草鞋~ 荒~ 荒い~
荘~
~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~

「荘~」 1375, 14ppm, 8139位

▼ 荘~ (286, 20.8%)

8 住人の 6 人は, 六人の 5 崖下に 3 崖下の, 玄関の, 門を, 門前に

2 [20件] おあるじ, お馬婆, マダムに, 一室に, 六人と, 前に, 壁面に, 女主人, 建物に, 彼の, 思想を, 方へ, 方を, 書斎に, 玄関に, 現場整備から, 田舎者は, 簾を, 裏門から, 鶴子の

1 [209件] あるじなる, いずれの, おかみの, お一人娘, お客さえ, お客さんから, お抱え鹿野文八剣持与平もうひとり, お茶の, ことは, ご亭主, ご家老, しきたりでは, それと, たはた, つもりが, ところまで, と或, ひま人は, やつらに, アルジを, サロンには, スチームは, 一丈青という, 一部を, 下に, 下僕たちにとっては, 中央に, 中心は, 中沢から, 主と, 主の, 主人と, 主人らしい, 主婦の, 事件を, 二つ柳の, 二階で, 二階窓から, 亜流でなけれ, 亭主自身が, 人たちの, 人などは, 人には, 人の, 人も, 人也, 人心は, 人達が, 人達は, 仕来りでは, 仕来りとして, 代官唐沢半, 位置は, 住人だ, 住人だけが, 住人で, 住人七人の, 住人六人を, 住人岩井通保と, 何郷といった, 佳人テレーズ・シニヨレの, 使用を, 侍たちが, 入口, 入口に, 全体に, 六人が, 六名は, 別棟が, 別館へと, 前には, 剰水を, 勝手口から, 勢力という, 十四五人の, 南宗寺を, 口碑を, 句は, 台所へ, 名を, 向いに, 土地や, 土穀祠の, 地である, 地位とか, 地域を, 地理にも, 城館を, 外で, 外へは, 大地名, 大村郷左衛門の, 大通りを, 奉行に, 奥へ, 女が, 女は, 女中の, 女将軍一丈青は, 女部屋, 妻が, 嫦娥よ, 子の, 字を, 学を, 学派は, 客病尉遅, 密議の, 小使婆を, 小山党または, 居住者岩井通保印東忠介ジョン, 屋根にも, 山侍が, 山侍ざっと, 崖下なる, 帰り途駕籠ぐるみ母と共に, 平和を, 床几場へ, 建物が, 建物の, 影響を, 心を以て, 忘年会を, 思想から, 思想と, 思想は, 怪, 怪殿に, 惨劇を, 感じを, 扈成という, 持主が, 持主の, 持主も, 探索を, 教へ, 教を, 教義も, 敵は, 敵国だ, 敷居を, 旅籠で, 書物など, 本曲輪, 村烏一群の, 東側に, 棟木の, 植木は, 楼上に, 権化たる, 歎きがここに, 止宿人を, 武士どもであった, 民兵が, 洩す, 清純あどけなく, 滕県城で, 激戦の, 濠端まで, 火事の, 灯影が, 無事な, 獲物緑色の, 玄関では, 玄関へ, 用人が, 男女が, 町端れ, 白髪の, 祝朝奉, 祭の, 禁慾主義の, 秘蔵むす, 窓に, 立前は, 立派な, 端れ, 筈を, 簾の, 終りには, 老公から, 老公が, 老公さまで, 老公へ, 職を, 苦戦へ, 萱尾明神や, 辻に, 連中が, 連中は, 連中を, 道までも, 道を, 遺址, 酒場の, 門に, 門へ, 門前を, 門番に, 隠居には, 隠居の, 領内で, 領内へ, 騒ぎを, 高き理想, 高楼に, 高楼は, 魔の, 黒い門

▼ 荘~ (101, 7.3%)

2 のいわゆる, のよう, の前, の家, はこの, はその

1 [89件] から出, が木の葉, が藐姑野, が途中, が遜, で読んだ, という本, とドクロ, と並ん, と云う, と喋々喃々, と天台, と恵子, と申す, と麗姫, ならん, にそう, にとって無上, にとどめる, には一目, に出, に向かっ, に嫁ぎ, のこころ, のこと, のパトロン, のパトロン支離, の全文, の咳払い, の夢, の妻, の子供, の学, の寝耳, の新進学徒時代, の方, の死, の洛邑, の為, の物語, の眼, の細君, の脳味噌, の腰, の親孝行, の言, の話, の顔, は, はあっさり, はかつて, はこころ, はこんな, はじっと, はそういう, はつくづく, ははっと, はふかく, はまた, は久し振り, は今度, は先ず, は先哲, は共に, は夢, は妻, は始め, は心, は意外, は扉, は深く, は空いた, は答えた, は腕, は若く, は高き, もこの, もつき合い, も列子, も有らゆる, やベルグソン, や淮南子, を信じ, を召抱えたい, を引き, を引張り出し, を虫, を講じつ, を講ずる

▼ 荘~ (95, 6.9%)

4 行って 3 電話を 2 いこうと, いって, 帰ると, 現われたの, 行つて数日を, 赴いて

1 [76件] あてて, いかなかったこと, いかねば, いきそこ, いきます, いく, いくこと, いくべきだったなんて, いったとしても, いると, お供し, お召換えに, お立寄り, お蕗, かよったこと, きましたが, つづく険しい, つれこんで, つれだして, つれて, とって返す, はいらぬうち, ふたりの, もたらす用向き, もちと, もどった, もどって, もどつた, ソロソロと, 下ったり, 乗りこんだが, 乗りこんで, 人相書を, 何ほどか, 入って, 出かけて, 出かける途中, 出入する, 出養生, 参って, 取って返し始める, 同行しよう, 大辻と, 帰さぬかと, 帰さぬため, 帰るの, 引挙げ, 急いで, 戻って, 押しかけて, 来たの, 案内し, 流すこと, 着くの, 着くので, 着換え, 私達を, 移り小田原, 落ちつく, 著いた, 行きます, 行くと, 行くの, 行く必要, 行く自分, 行けるはず, 行ったん, 誘いこんだと, 赴こうという, 逃げた, 連れこんで, 隠遁する, 電話が, 飛び込んだ, 駆けつけ鶴子, 駈けこみ

▼ 荘~ (81, 5.9%)

2 いらッ

1 [79件] あって, ありては, あるの, ある成経, いくらかお金, いた, いたの, いたり, いた頃, いったらその, いられるの, いるころ, いるだろうか, うろついて, お泊り, けちを, し飾り立てて, すごした, とどめられた金剛, なくなって, はおりませんぜ, まあ浪人, 一夕を, 仕え老公, 会いに, 会する, 伺候する, 住む安, 住んだこと, 住んで, 入り柏木, 出会つた, 出養生, 分れた, 到着, 到著し, 前田夕暮氏を, 啓示を, 城を, 奉公に, 女掏摸が, 室が, 宿る, 寝る程, 居たので, 帰って, 帰ること, 当る語, 御滞在, 戻って, 招かれた時, 招待し, 本領が, 李の, 来たの, 来た時, 棲む, 残って, 泊まろうと, 泊り隣室, 流されたので, 淹留する, 現われたもの, 現われた時, 秘書の, 移植される, 自家の, 至るまでの, 行きついて, 行くん, 行つた時の, 行応接間へ, 赴いたの, 赴き愛妾, 赴き皇帝, 踏み留まって, 近いから, 運んで, 飼われて

▼ 荘~ (56, 4.1%)

5 出て 3 出ると 2 残して

1 [46件] あとに, お出ましの, じっと見守っ, すみからすみ, そこに, たずねて, つつみ始めて, もらって, 与えようという, 使いたいからと, 出たの, 出なければ, 出るや, 出奔した, 出立した, 去った悦之進, 去って, 去る時, 左大臣頼長に, 引挙げながら, 意味する, 抜きもはや, 持つて, 探して, 月々僅な, 有して, 横領した, 監視する, 知らないの, 立ち出でると, 立ち去って, 立てその, 襲って, 見た輝元, 見れば, 訪れたあの, 買入れた事, 辞し早川先生, 通って, 通俗に, 離れて, 離れること, 領し, 飛び出した, 飛び出して, 養い八つ

▼ 荘~ (38, 2.8%)

1 [38件] お絹等姉妹, きつと, しばらく戸, ただならぬ気色, つねと, ほぼ今日, もとより大きな, ピニヨン夫人の, 二階建の, 今日傍観する, 作者の, 允子には, 其地名也, 切り立った三十尺, 到底孔孟, 前の, 十の, 壮年に, 実在した, 少将の, 山小屋と, 年々面目を, 悲歎の, 普通に, 暗黒の, 最初南北の, 柳河瀬高町高椋公夫君邸の, 比較的大きな, 洋風の, 淡窓の, 特種の, 町筋を, 直ぐ返辞, 表面的には, 訳も, 里方と, 鉄筋コンクリートの, 降る雨

▼ 荘~ (37, 2.7%)

2 女房が

1 [35件] いろいろ見, ごらんに, その百間先生, だれかが, ね, ひと風呂, やったよう, マージャンを, 一夜を, 上屋敷でも, 二, 二千八百の, 何か, 作つた歌, 四五日仕事を, 客室つきの, 悪者の, 手に, 日本で, 旧友の, 曾我物語に, 松谷鶴子が, 満足し, 熊井青年が, 皇帝を, 聞かれて, 行われ調書, 見かけた女, 見たよう, 質庫を, 起きたから, 逢おうからと, 鏡花氏と, 養育し, 鴻山と

▼ 荘~ (30, 2.2%)

7 介は 4 介と 2 介に, 介も, 介氏が

1 [13件] 介, 介この, 介さんあの, 介という, 介の, 介を, 介氏であった, 介氏と, 介氏という, 介氏に, 介氏の, 介氏を, 古簾

▼ 荘~ (26, 1.9%)

1 [26件] いい名和, いえば, いってね, いわれ鍛冶塚, なった代り, なつて, なり二時, もう次々に, よぶ連込宿, 云ったな, 仏教とを, 允子との, 十二天アパートで, 号した, 名づけられそう, 呼び灰色, 営口の, 家庭を, 書かれた両, 東西その, 相場が, 禅那とを, 称せられて, 聞き大軍, 言ふ, 言わずに

▼ 荘という~ (25, 1.8%)

2 アパートが, アパートに

1 [21件] あまりきれい, しもたや, ちょっと小綺麗, ところへ, のは, のを, ぼくの, アパートの, アパートを, ドイツ語教師と, マージャン屋も, 二階建の, 人物を, 女の, 小屋で, 山小屋での, 山小屋まで, 怪しげな, 看板の, 窓枠の, 精神道場へ

▼ 荘やり~ (24, 1.7%)

1 [24件] あはて, それから見舞, に行く, へた, アイコ, ケタ, ビクターへ, ヘト, 一時近くから, 三千八百も, 三千近く負ける, 三時すぎた, 五時近くに, 今度は, 今日は, 六千何百といふ, 又負けた, 大分おそく, 少々勝ち, 当りを, 浅草への, 負け十時迎へが, 軽く負け, P

▼ 荘~ (22, 1.6%)

2 の奥

1 [20件] がおる, じゃねえ, としても恥かしく, にはつねに, のうち, の内, の土塀, の屋敷, の広, の庭, の甥, の甥ッ子, の示し, の裏門, の門, の門前, の食客, よ, ノ嫡男, 食うにも

▼ 荘~ (20, 1.5%)

2 にいた, の温良, も小

1 [14件] から陳慧君, でやる, で暮す, とも誼, に委託, の庭, の淳良, の若者大勢, の親しい, はただ, へ来ました, へ訪れ, を去っ, を訪れ

▼ 荘一清~ (19, 1.4%)

2 と汪紹生, は快活

1 [15件] がふい, が叫びました, が尋ねました, が曖昧, と話, に見せました, の方, はその, はちょっと, はなにか, は振向い, は揶揄, は笑いました, は答えました, は評論

▼ 荘~ (19, 1.4%)

1 [19件] が位, が思った, である, にとっての腹心, に使, に向っ, はびっしょり, は又, は命じ, は唯々, は唯色蒼ざめて, は城門, は妙, は晋国, は渾良夫, は真, は見付けた, は郊外, を弑した

▼ 荘~ (18, 1.3%)

2 は巫臣

1 [16件] が楚城, が死ん, と子反, のこと, の側, の大, の大度, の寵姫, の膝, の身, はどう, は凱旋, は好色家, は直ちに, は秦, もみな

▼ 荘~ (18, 1.3%)

2 なもの

1 [16件] である, といふ外, ともいうべき, なる反映, なる墓所, な大, な孔雀, な宮殿, な混乱, な街並, な詩, にし, に崇高, の観, も天然, を伝へ

▼ 荘~ (17, 1.2%)

1 [17件] ものに, 久世山の, 住宅は, 作り方で, 宮殿を, 広間ででも, 庭園を, 建物が, 建物に, 建築が, 旅館が, 生活シェイクスピヤ式の, 白堊の, 邸に, 邸宅が, 邸宅に, 邸宅や

▼ 荘から~ (16, 1.2%)

1 [16件] さきに, ずっと自分, ほかの, また今度, セントルイスまで, 出た家, 夜に, 始まったの, 家財道具一切を, 少将の, 尾行し, 帰って, 手紙の, 松平家の, 汽車で, 移して

▼ 荘~ (15, 1.1%)

2 あるいは綿貫清二, となっ

1 [11件] あるいは鮎沢賢一郎, という名, と名, と名のり, と呼ん, の名, の色シャツ応用, はどこ, はネズミ色, は常に, を逮捕

▼ 荘では~ (11, 0.8%)

1 [11件] あの人たち, いつもいきとどかぬ, ささやかな, なかった, ヒロポン中毒の, 五分切の, 大いに不満, 梁山泊の, 男女の, 異議が, 錢趙両家だけが

▼ 荘夫人~ (11, 0.8%)

1 [11件] から刺繍, がいろいろ話, が尋ねます, に悲し, の前, はいいました, はいたわる, はたしなめました, は彼女, は微笑, は感心

▼ 荘~ (10, 0.7%)

1 ぼんやり見え出し, 只の, 密林中の, 猶安藤, 空いて, 胡蝶の, 見えた, 見えるな, 近いはず, 馬鹿ツキで

▼ 荘三郎~ (10, 0.7%)

3 の子息 1 がこの世, が奇蹟, である, との外観的, の亡霊, の血, を殺害

▼ 荘先生~ (9, 0.7%)

1 がお, がそ, が薪割り, だった, ではありません, には如何, に好い, の実験, はお変り

▼ 荘やっ~ (8, 0.6%)

1 てしまった, てねる, て三千八百, て三時, て二時すぎ, て又, て日劇楽屋, て白

▼ 荘~ (8, 0.6%)

1 に鍵, の取次, の声, の手, は大勢, や百姓たち, を抱え, を連れ

▼ 荘~ (8, 0.6%)

1 のこと, の姿, の手, の耳元, の脇腹, は子供心, は私, までが警官

▼ 荘~ (7, 0.5%)

1 といい, と優美, なる光景, なる宇宙, なる言, なる邸宅, な金堂

▼ 荘~ (7, 0.5%)

3 が家 1 が邸, に属し, の家, もしくは荘民

▼ 荘には~ (6, 0.4%)

1 ひる, 前の, 十頭たらず, 時計が, 直ぐ窓際, 芳子の

▼ 荘~ (6, 0.4%)

1 からぶ, から討ッ, の内, は前, をぶち, を堅め

▼ 荘といふ~ (5, 0.4%)

1 ちよつと, ところに, レコードを, 小さい旅館, 此の

▼ 荘まで~ (5, 0.4%)

1 おいで, 持ちこたえて, 行き引つ返して, 行って, 行つてみました

▼ 荘九郎~ (5, 0.4%)

1 からよこした, がともかく, といふ者, と名乗った, と聞い

▼ 荘六人~ (5, 0.4%)

5 の住人

▼ 荘~ (5, 0.4%)

2 は蝶 1 と雖, の寓言, や馬琴

▼ 荘~ (4, 0.3%)

1 住田の, 実は住田, 田舎に, 衣裳の

▼ 荘やる~ (4, 0.3%)

1 あゝいかん, かいなと, 座へ, 珍しく勝った

▼ 荘~ (4, 0.3%)

2 に助けられる 1 が邂逅, と云つて

▼ 荘にも~ (3, 0.2%)

1 聞えて, 胡麻を, 飛天虎の

▼ 荘へと~ (3, 0.2%)

1 急ぎに, 車を, 辿り着き手当

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 ホテルばかり, 寮構えの, 道教や

▼ 荘丁ら~ (3, 0.2%)

1 が来, に組伏せられ, は渋い

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 のほか, の助, の名

▼ 荘周先生~ (3, 0.2%)

2 の如く 1 の説

▼ 荘太夫~ (3, 0.2%)

1 が許, の鋸引き, の鶏娘

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 の内, を出た, を親様

▼ 荘左衛門~ (3, 0.2%)

1 であつ, の一味, の同志

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 から一封, に向, は進士

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 と優美, な夕雲, を知る

▼ 荘~ (3, 0.2%)

1 というの, と別荘, の横手

▼ 荘あたり~ (2, 0.1%)

1 か, では今

▼ 荘たっぷり~ (2, 0.1%)

1 やりグランド銀座, やる大いに

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 のへ, ふお寒い

▼ 荘での~ (2, 0.1%)

1 あの晩, 作

▼ 荘でも~ (2, 0.1%)

1 一会や, 我慢しなけれ

▼ 荘との~ (2, 0.1%)

1 ために, 建築様式の

▼ 荘とは~ (2, 0.1%)

1 敵の, 方角が

▼ 荘なる~ (2, 0.1%)

1 松谷鶴子の, 永見徳太郎

▼ 荘において~ (2, 0.1%)

1 松谷鶴子が, 皇帝が

▼ 荘における~ (2, 0.1%)

1 あなたの, 安南国皇帝

▼ 荘ばかり~ (2, 0.1%)

1 やって, やる

▼ 荘よりも~ (2, 0.1%)

1 むしろあそこ, もっと郊外

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 てどなた, て誰

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 の太公, は頃日田内

▼ 荘五時~ (2, 0.1%)

1 迄, 近し

▼ 荘介小文吾再会~ (2, 0.1%)

2 の機縁

▼ 荘六おじさん~ (2, 0.1%)

1 は夏休, は機械

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 の額蔵, を救い

▼ 荘右エ門~ (2, 0.1%)

2

▼ 荘右衛門~ (2, 0.1%)

1 が尾張中納言継友, と云

▼ 荘右衛門沢~ (2, 0.1%)

1 といふ深い, の縁

▼ 荘吉さん~ (2, 0.1%)

1 だと, である

▼ 荘師友画録~ (2, 0.1%)

1 にかう, にも五山堂詩話補遺

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 と戦っ, 楚知張皀旗等を

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 の土兵, の者

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 に李家荘, のわが

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 の扶持, はまるで

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 の名物, の名産

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 にすっかり, の東風戦

▼ 荘荘園鉅大深邃渓山~ (2, 0.1%)

1 之趣, 之趣為

▼ 荘~ (2, 0.1%)

1 な応対, のその

▼1* [176件]

由布院か, 荘からは加勢を, 荘さして進んだ, 荘さまのお, 荘さんが手書, 荘じゅうに伝わった, 荘すなわち荘園の, 荘がこの, 荘だけでそう言っ, 荘だけと定めて, 荘だの安カフエー, 荘だれもいねえ, 荘ちやんといふわけ, 荘ですし立派, 荘ではわちきと, 荘といへる人, 荘とかでは, 荘としてはこれも, 荘とに対する絶対の, 荘とまでは行かずとも, 荘とやらはもう落ち, 荘とを比べる人, 荘など築地なまこ塀の, 荘などには三河と, 荘などを祠って, 荘なれば養生, 荘にてとして, 荘にとっては稀有の, 荘になどいって, 荘に対する郷で, 荘のみのものだ, 荘へも持って, 荘ほどの考証癖が, 荘やったのか, 荘やらうといふ, 荘やりくたびれて二時, 荘よりちかければ, 荘出で, 荘を以てすれば, 荘ニウチヤンと呼ばれ, 荘のあり, 荘一乗浄教村の住人, 荘一円が彼, 荘一清からの至急, 荘一郎博士が播州福本, 荘丁大勢ただ遠巻き, 荘丁女わらべも総がかり, 荘丁長屋が見える, 荘丁雇人も多かっ, 荘丁雇人らが二人, 荘七荘八荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 荘三つの部族, 荘三人の住人, 荘三四連ずつ打っ, 荘三家は一族同体, 荘三時になった, 荘三時半まで, 荘三時半頃揃って, 荘三郎さんの御, 荘三郎以外の人物, 荘三郎氏がかつて, 荘中一回もプラス無し, 荘主フォルス卿急ぎ人を馳せ, 荘主人の西園寺公, 荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 荘五千プ以上の負, 荘五荘六荘七荘八荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 荘介八百蔵の網干左母次郎, 荘や猶, 荘住人の一人, 荘住人忘年会のそのまま, 荘し奉り一念称名, 荘八画伯も, 荘八風にかい, 荘六君と民, 荘六荘七荘八荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 荘兵二三百も馳, 荘の巡邏隊, 荘出向を決めた, 荘勝負なしって, 荘十一荘十二荘十三といふ, 荘十三といふ, 荘十二等は苦労, 荘少し負け, 荘勝った, 荘郷里に, 荘吉鮎沢賢一郎綿貫清二などいろいろ, 荘というの, 荘吾さんはこれからどう, 荘周夢に胡蝶, 荘嘉門が群馬県知事, 荘なオルガン, 荘と称する, 荘在間の庄, 荘堂山県大弐三千人の門下, 荘を徹し, 荘大いに負けたが, 荘大人がお, 荘大優美にし, 荘大雄厳の歌詞, 荘大高妙を極, 荘夫婦は允男, 荘子列子は好ん, 荘子友と濠梁, 荘子注疏跋儀礼跋八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 荘子筍子淮南子等所謂諸子の説, 荘官方へ著き, 荘官木工作が泡雪奈四郎, 荘官村里に付属, 荘家訪問は公然, 荘容森貌にし, 荘寉田を訪, 荘居士と号す, 荘山手下村と分れ, 荘山手村は承, 荘左衛門一味の同伴者, 荘の時冀州, 荘師友画録及竹田荘詩話に見え, 荘といひました, 荘平が来訪すぐ下, 荘平が迎への車, 荘平塚の荘, 荘に附いた, 荘思想の虚無, 荘没一花存, 荘文庫の, 荘村大字宿にある, 荘枇杷ばかりで, 荘とある, 荘楊墨孟子その辺, 荘楠音がまた, 荘楼上へ黒い, 荘次郎氏が筆者, 荘止宿の六人, 荘河合に一泊, 荘なる名詞止, 荘潔些の渋滞, 荘とし, 荘がいましし, 荘珍しく大三元, 荘発行の小切手, 荘な伏魔殿, 荘盛福寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 荘相法今に至っ, 荘稼泥地に一本, 荘竹林を慕う, 荘二回は, 荘等多くの例証, 荘管墨の諸子, 荘群馬小野田茨城の三知事, 荘をし, 荘へ僕, 荘芝村又, 荘荒しのピス強盗, 荘華麗なこと, 荘西栗垣内村又, 荘なり, 荘詩話に見え, 荘したの, 荘賀田浦に多し, 荘近くまで来, 荘郡上城にいた, 荘の榜示, 荘郷分合の趨勢, 荘酒間君賦一律見贈今, 荘重げな声, 荘門外に奮戦, 荘附近では真冬, 荘院さんですか, 荘院内にこ, 荘院敬徳明慧大姉明治四年十一月三日森立之妻, 荘院風といった家構え, 荘項伯を用いん, 荘魏郡の生れ, 荘鴎荘の名, 荘麗華美なるに対して