青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貴様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った 貰った~ 貴女~ ~貴方 貴方~ 貴族~
貴様~
貴重~ ~買 買~ ~買い 買い~ ~買う 買う~ ~買っ 買っ~ ~買った

「貴様~」 3275, 35ppm, 3310位

▼ 貴様~ (849, 25.9%)

12 何者だ 11 何だ 10 誰だ 8 俺の 6 おれの, 何者か, 俺を 5 なんだ, 何か 4 おれを, 今から, 卑怯だ

3 [11件] ここを, どうだ, どこの, どこへ, ッ, 何でも, 何を, 俺に, 嘘を, 貴様の, 馬鹿だ

2 [41件] いつから, おぬいさん, おれに, お妻, そんなこと, どうする, なんという, ふたこと目, わしを, ジャン・ヴァルジャンだ, 一体どこ, 一体何者, 三月二十一日の, 二十六万の, 何という, 何とつけた, 何の, 何んだ, 何処の, 前から, 国体の, 実に怪しから, 山県小次郎か, 怪しからん奴, 怪塔王だ, 意気地も, 日本人じゃ, 昨日の, 未だ女, 気が, 水戸の, 盗人だ, 知って, 罪人だ, 自分の, 自殺を, 親を, 誰に, 運命という, 金を, 黙って

1 [653件 抜粋] あいつらでは, あたま, あの丹下左膳, あの僧院, あの夫婦, あの娘, あの怪物, あの時自分, あの者共, あまり女, あれきり支那人の, あわてて, いっさいを, いったい何, いったい何処, いつぞやの, いつで, いつでも, いふだらう, ううん, うまうまと箕兵衛, うるさいもの, おれが, おれと, お国元, お父さんの, お艶, お袋の, かっきり十二時, かわいやつ, きっと赤, きのふ百貨店で, けさあの, けんもほろろの, こういう醜態, ここで, ここへ, このおれ, この事件, この前, この勾玉, この土地, この家, この方, この月琴, この気球, この満代, この犬, この董卓, この重宝, この鉄槌, この間南条なにがしの, この間阿, こらッ, これで, これにて, さいぜんから, さっきから, さっき俺を, さっき赤い, じつにけしからん奴, すぐ俺, すこしも, すでに死んだ, そういう, そういう考え, そうわし, そこで仕事, そこに, そそっかしくて, その, そのよう, その原書, その本人, その総領息子, その茶屋, その証拠, それだ, それでも天皇陛下, それでも日本軍人, それでも驚かない, それ柿の木金助の, そんなに命, そんな偉さうな, たいこもちの, たいそう足, たいへんな, ただ偶然, ただ見, たった今主君, だれだ, だれに, ちかごろここ, ちゃんちゃんだろう, ちゃんと飛行島, ちょうど面, つつづみの与吉, とても内地, とても駄目, どうあっ, どうし, どうしたい, どうしてここ, どうしてそんな, どうしても俺, どうしてゐた, どうじゃ, どう云う, どう思う, どう身, どこで, どんなにおそろしい, どんな偉い, なかなかの, なかなかはなせる, なかなか旨い, なかなか気, なかなか美男子, なかなか話せる, なぜあの, なぜほか, なぜ本船, なぜ神, なにか, なにかつべこべいう, なにか主人, なんだって, なんと言う, なんの, な少し, ひとの, ひどい奴, ふらちな, まぎれなしの, また何, また天, また発作, また石岡, また酒, まだ俺, まだ十五円, まだ女, まだ昨日, まだ知らん, まだ脈, まア何, もうおれ, もうすこしおとなしく, もう一遍技手, もう死ぬ, もう死ん, もう許し, やっぱり存在, やはり雄吾, よくまア, よくもまア, よくも俺, よく知っ, よせ, よっぽど弱虫, よっぽど生意気, よもや気, わしの, アネットが, オタンチン・パレオロガスだ, カワカミが, クソみたい, クリスチャンじゃ, コノ俺を, スッ込ん, チャンコロか, ッて, ドイツの, ドウし, ドウする, ドダイ個人主義だ, ニセ盲目だ, ブルヂョア娘の, ホンナ事に, モウ松原に, モウ詰まらん, モトから, 一たい何者だ, 一つ隠した, 一人前か, 一体どういう, 一体何, 一体何処, 一度ならず, 一杯機嫌だ, 一滴も, 一生汚れた, 一番罪の, 一足先へ, 上官に対し, 不愉快だ, 世にも稀, 世界一の, 両親の, 中国人である, 中津に, 主人の, 主人を, 亜米利加行の, 人の, 人間に, 今ここへ, 今でも, 今まで, 今不意に, 今何を, 今夜から, 今夜この, 今夜どうか, 今夜寝る, 今村謹太郎に, 今頃に, 仕事の, 他人の, 伯父の, 低能ぢや, 何し, 何で己, 何と, 何んと, 何事も, 何人だ, 何年運転士を, 何者, 何者かの, 余が, 余程酒家, 例の, 侍に, 俺が, 俺について, 俺より, 借りもの, 偉え, 偉くなっ, 偉さうなこと, 傍に, 僕が, 僕らに, 先に, 先生に, 全く感心, 出し入れ帖の, 出し抜けに, 出んでも, 切支丹だ, 別の, 剃髪する, 前に, 劉洋行かと, 労働者を, 勝った, 勿体なさ, 医者でも, 千田じゃ, 南条なにがしの, 南条五十嵐の, 単に金銭目当て, 博士を, 友達の, 取るに, 口先が, 口答えを, 吉原町の, 吉岡先生の, 同郷である, 同郷の, 同郷人だ, 味方の, 和泉屋次郎吉, 善くない, 四条の, 国にも, 国を, 国賊だ, 坤竜, 堕落生だ, 塔が, 壺の, 夜中に, 夢を, 大の, 大ばか者, 大不忠者, 大事の, 大藏の, 大言壮語する, 大造, 大阪市民を, 大馬鹿者, 天下最高の, 奪つて行つた俺, 女だてら日本の, 女の, 女の子ばかりを, 女房を, 如何致す, 妙な, 嬉しいところ, 孟子が, 学者の, 宇宙に, 安治川舟三を, 定めし不思議, 実に鼻持, 宵に, 家を, 富岡の, 小泥棒, 小男の, 少々酔っ, 山吹だ, 山県兄妹か, 峠道で, 川手庄兵衛じゃ, 巡礼の, 己が, 年も, 幾つだ, 幾歳じゃ, 幾等欲しい, 張飛だなっ, 当番の, 役にも, 彼の, 待って, 心で, 忘れたか, 忠臣蔵を, 性も, 怪塔ロケットの, 恐ろしい方角, 恩知らずだ, 悉くの, 悪人とよりは, 悪鬼に, 悪魔でも, 情ない奴, 憎らしいわい, 憎らしい奴ぢ, 我が張子房, 所詮盗人, 手の, 手代では, 手足の, 持つて, 掻っ, 政府を, 教育界に, 新前だ, 新聞社員だって, 日吉丸に, 日本人か, 日本人太刀川の, 日本左衛門の, 明日の, 星野家を, 昨日どこかに, 昼も, 暑か, 最う己, 最早死んだ, 朋輩に, 未だそんな, 本官を, 本当に一つ奮発, 本船内で, 札幌さ行っ, 松吉か, 林檎が, 株を, 根岸を, 森田屋じゃ, 横合から, 横着だ, 正直者だ, 死, 殺したあと, 毎日何本飲ん, 気に入らねえ奴, 水飴を, 汚して, 汚物の, 決然として, 河原者の, 泥棒だろう, 涙を, 烈公の, 無茶先生か, 無電の, 煤煙防止を, 爾う, 片腕が, 犬の, 猶更丁寧, 獄卒だ, 生かしては, 生きてや, 生意気だ, 癲癇を, 白島山平の, 皿を, 監獄の, 直ぐ其様卑猥, 相当図々しい, 真情で, 知ってるだろう, 知らないか, 知らないと, 知るまいが, 砂が, 確かに, 社会主義だ, 社会主義労働運動の, 社会主義者か, 祖父を, 福澤の, 科学者に, 空っぽに, 立派な, 笑うかも, 筏方の, 素晴しく, 綱を, 罪が, 義絶し, 聴衆が, 聾だ, 腰を, 自慢らしく, 臭いを, 艇長だ, 若い侍, 茶を, 落第だ, 虐げられた人道, 虫で, 蛇使いの, 蝶の, 蠅男だ, 表へ, 見たの, 親父の, 親爺と, 解剖室で, 話が, 話せる, 誓ったの, 誰かを, 誰の, 諸方を, 贋金使いの, 赤だ, 赤井だ, 起きるなよ, 身延へ, 車掌が, 車掌を, 辻川博士だ, 迷惑だ, 退け, 逃げ出したであろうが, 連れの, 遁れる, 運命に, 過日の, 道中師の, 道路交通妨害罪で, 酒が, 酒に, 酒ばかり, 鎌髭の, 鏡を, 長崎から, 雇われ口, 雪之, 雲かすみと, 青木に対する, 靴直し, 鞭の, 須和康人であろう, 頭痛が, 頼み甲斐の, 風を, 馬鈴薯党だ, 馬鹿か, 駄目じゃ, 駕脇に, 驚くべき嘘, 骨を, 高利を, 鬚なんぞ, 魔に, 鴿一羽を, 鼓賊だ

▼ 貴様~ (644, 19.7%)

65 ような 11 やうな 8 ために 7 ように 6 方が, 方で 5 家へ 4 家の, 手に, 方から, 顔は 3 いうこと, ことを, 名は, 家は, 様な, 生胆, 親父の, 親父は, 阿母

2 [35件] うちに, おかげで, お蔭で, か急いだ, ことだ, 下素根性, 云うこと, 今に, 体を, 何だ, 先祖から, 力で, 名を, 命は, 命も, 好きな, 心は, 思うよう, 手を, 持って, 来るの, 為に, 生命を, 知ったこと, 罪が, 親だ, 親父を, 読んで, 身の上を, 面が, 面を, 頭は, 顔を, 首が, 首は

1 [423件] あの馬鹿馬鹿しい, いいところ, いったいま素裸, うしろを, うったたま, うったピストル, おしゃべりの, おどろくべき忍耐力, おはこの, おもちゃじゃ, お喋りが, からだの, かるがるしい態度, けれどもだ, ことと, ことなど, ことなら, ことなんか, ことばを, この襟首, さしず, した事, しわざ, じゃまを, すべっこい頬, ずっとは, そのぐるぐる, その図々しい, その突拍子, その言い草, ためを, ため都へ, つらを, ところに, なじみの, のさばるの, のって, はなしは, は千枚張り, は落第, は随分, ほかに, ものか, ものじゃという, ものにな, やりかた, よけいな, オヤジの, グウの, ステッキか, テンカンは, テンカンも, ヒュードロドロを, 一人占めに, 一家を, 一生には, 一生涯の, 上官の, 下手糞な, 不平とは, 不心得から, 不為に, 世界だ, 世話に, 世話には, 両足を, 中に, 主人は, 乱暴な, 了簡が, 了見という, 了見は, 事だ, 事なら, 云うの, 云う事, 云う通り, 云う通り人間, 云った事, 云った所, 五体は, 亡者だ, 亭主に, 人相を, 仇を, 仕事だ, 仕事は, 仕事を, 仕事場へ, 仕業が, 仕業でない, 住居へ, 住所が, 体に, 体にも, 体は, 作った人形, 便利が, 保険じゃけに, 働き一つで, 先祖だ, 先祖は, 再遊, 処には, 処へ, 出しゃばりだろうが, 出まかせ, 出世が, 出世の, 出鱈目だ, 前で, 副司令, 力に, 功だ, 勇に, 勝ちは, 勝手と, 友達おもい, 友達だ, 友達にだけ, 友達は, 口から, 口からも, 口ぐせに, 口の, 口は, 口ぶりに, 口占を, 口頭試問が, 可愛がった, 可愛ゆい, 右肩を, 名も, 名分は, 名前が, 名前なんか, 名前は, 味覚は, 呼吸が, 命を, 咽喉を, 在るお蔭, 地顔を, 報告なんか, 声で, 変装と, 外套が, 大じ, 大事な, 大声疾呼の, 天命も, 女の, 女房, 女房か, 女房は, 奴僕に, 好いたいい, 好な, 如き黄口児, 妻か, 姪だ, 娘じゃ, 娘でなく, 子供は, 子供を, 子俺の, 存分な, 宅に, 宅へ, 宇宙は, 安否を, 家では, 家に, 家へなどは, 家まで, 小使ひでも, 尻っ, 尻でも, 居る仁王小路, 左腕は, 巧妙な, 布団を, 店の, 店へ, 弟だって, 弟だろう, 弟子の, 弟忠三郎の, 当然受, 役には, 役目は, 後を, 御祈祷, 復讐に, 心が, 心がけに, 心に, 心も, 心を, 心底は, 心底を, 心臓に, 心臓を, 必死必殺の, 念が, 思いつきか, 思わく通り, 性根を, 恋敵に対して, 恐れて, 恩人だ, 息の根を, 息子の, 悔悟と共に, 悪だ, 悪戯が, 悪運も, 惚れた娘, 愛し方, 愛する女, 懐を, 所に, 所の, 所へ, 所業の, 手から, 手にか, 手には, 手の, 手腕では, 手首に, 才を, 押絵に, 拾ったの, 捕えて, 捕らえたの, 推察を, 撃沈した, 操縦術に, 敗けでは, 文庫の, 方からの, 方だろう, 旅立つ案内, 旧主の, 書くもの, 本名は, 来るところ, 柄でない, 根性だ, 様子を, 歓心を, 正体ぐらい, 此の, 武運を, 死んで, 殺剣, 気に入ったろう, 気持ちも, 気持は, 気象を, 水筒から, 汚ない, 没落を, 浅薄な, 演説が, 火事泥さえ, 災難を, 為ること, 為る事, 無理を, 煙草は, 父川手庄兵衛は, 父親の, 片羽, 狃除をば, 瑕は, 生きて, 用は, 番も, 病気は, 痩腕で, 目は, 目下の, 目論見の, 眼だまを, 眼には, 眼の, 眼は, 眼を, 着て, 着物を, 知ったこっちゃ, 知った事, 知らないよう, 破廉恥とは, 祝日な, 神経過敏は, 科学は, 秘密と, 空いばり, 立身出世する, 策略に, 絵は, 縄だけは, 縄張り内で, 罪を, 義理の, 老いぼれた顔, 老爺親切には, 考えは, 考え次第では, 職だ, 職業は, 肌に, 肚の, 肚は, 肩を, 背中に, 背骨は, 背骨を, 胴へ, 胸もとに, 能書と, 脱獄した, 腕を, 腕前を, 自由意志を, 舌には, 舌は, 花嫁も, 苦心という, 荷物と, 血が, 血で, 行いの, 行いは, 行動を, 行方を, 見たの, 見た山本, 見張りようが, 見込で, 親の, 親は, 親子は, 親父が, 角を, 言い草が, 言うごとく自ら天下, 言うとおり, 言う通り, 言つた通り必ず, 言を, 言葉で, 言語は, 話は, 話も, 誕生日, 誕生日だらう, 誤解だ, 説は, 議論には, 負けと, 負だ, 責任だ, 贔屓を, 起請を, 足どりみたいだ, 足音だった, 躊躇は, 身の, 身上としては, 身代りに, 身体が, 身体だ, 身体は, 身体も, 身性が, 身性を, 返事一つでは, 連れに, 運の, 運勢の, 運命は, 選り好みを, 邸の, 部下の, 部屋は, 酷薄な, 醜態を, 銃先は, 鍛冶場を, 長男は, 間には, 面は, 面も, 面倒を, 面皮を, 頭から, 頭を, 頭文字を, 頭脳は, 頼みを, 顔が, 顔さえ, 顔で, 顔に, 顔ばかり, 顔色の, 館は, 首ねっこはもう, 首を, 首根ッこを, 首玉一つ貰いに, 馬だろう, 馬鹿さの, 騒ぎ立てるところ, 高僧めかした, 高等飛行の, 髪の毛も, 髭に, 髯に

▼ 貴様~ (300, 9.2%)

2 [13件] かくした, つれて, ヨタモノでなく, 余計な, 俺に, 先に, 家を, 持って, 捕ったか, 火を, 自分の, 金を, 隠したに

1 [274件] あ, あの女, あの部屋, あんなところ, あんなに苦労, あんな口調, いい加減な, いうならば, いけないん, いたずらでも, いちばん小さかっ, いつまで, いなくても, いま居る, うつかりした, うつちや, えらいという, おれの, おれを, お嬢様を, お師匠, お浦, お艶, お藤, かうして, かれごときに, くだらんこと, ぐずぐず言う, こ, こうしてあぶない, こうして窮命, ここで, ここの, ここへ, このごろここへ, この上, この小僧, この村, この頃, さきへ, さわると, した事, した通り, すぐさま鍛冶屋, せっかく出世, そうしない, そうだった, そう出りゃ, その決意, それ欲しい, そんなこと, そんな意見, そんな生意気, そんな言葉, たいへんな, たくらんだ事, ついて, つくったもの, でしゃばるところ, どうしてこれ, どうしても無用, どこかを, どんなに, どんなにした, なければ, なんと申そう, のこのこやってくる, ばかで, ひきうけたこと, へたばったらひっぱたくぞ, もし登れなけれ, もって, ものに, やってきたという, やって来たん, やるという, やる気なら, よい加減, わざとそんな, わるいから, イコジに, イングリード・アイネスだ, ボンヤリし, ボーイ長を, メルジイ夫人に, ラジウムの, 一婦人の, 一番さきに, 一足ふみ出す, 一身を, 万一の, 不可なけれ, 中に, 中間部屋に, 主人に, 予ね, 事タイ, 云った事, 人道の, 今ごろ何, 今しがた人間を, 仏蘭西の, 他人の, 何かを, 何にを, 何を, 何ん, 何一つ疚しい, 例の, 修蔵に, 俺に対して, 俺を, 側で, 僕の, 優しくて, 儲けて, 先刻云った, 先刻僕の, 先陣とは, 入れないよう, 兼に, 冗談に, 出ずば, 分らぬわ, 切らなければ, 初手から, 力自慢でも, 千田なら, 南条五十嵐の, 占有する, 召捕りに, 名代の, 吠え面を, 告げ口を, 周勃と, 喰ったの, 壺を, 大金持, 女なら, 好ましくなっ, 学校を, 守るなら勝手, 実直に, 家督相続した, 寝こめば, 小倉や, 小遣いが, 屋敷を, 川尻の, 己から, 引張られたん, 強って, 強情を, 当家の, 彼の, 心の, 心得違いを, 思い出したという, 思案を, 悪いの, 惚れてるという, 意外に, 愚図, 我が物顔に, 戦争の, 戸山長兵衛か, 手に, 手を, 手品屋か, 手形を, 手柄を, 押し片付けて, 掛けるに, 教えた通り, 教授の, 斬れ, 断りなし, 斯んな, 新聞に, 旅に, 既に此場処, 昨夜の, 書いてるの, 最初に, 最前から, 杖とも, 来たか, 来たので, 横着の, 正直に, 此処の, 死さえ, 死なずに, 死んだなら済まんが, 死んで, 殺した, 殺したも, 殺ったん, 毎晩一人で, 気に入った, 法外な, 泣いたり, 泣くと, 深夜の, 濡らしたん, 焦つて, 煩うよう, 爾う, 犬に, 犯人だ, 独りで, 生きて, 生れた時, 生れてから, 留守を, 留立てを, 発射した, 白状しなけれ, 白状する, 盗んだもの, 瞞った, 知って, 知らないはず, 知らぬこと, 知らんと, 知りましたならそれ, 神威を, 突き倒されて, 窓の, 立って, 笑うとき, 第一, 箕島を, 節ちゃんの, 約束を, 胴巻の, 腹を, 行くか, 行くこと, 行って, 見たこと, 親方を, 言うならそれでも, 訊け, 討果したいと, 調べられるの, 謎めいた, 豪くね, 贋の, 贔屓に, 赤裸々の, 踊る真似, 蹴込んだ, 身のほどを, 軽い箸, 近くに, 逃げだせば, 途中穏か, 遊ぶ事, 運べぬならおやじ, 酔っぱらった時, 門司から, 阿波屋の, 隠す訳, 面目ない, 顔を, 風景に, 飲んで, 馬鹿だ, 魔法使いでも, 黄瀬川家を, 黙って, 黙れ, 鼠を

▼ 貴様~ (171, 5.2%)

5 知って 2 多少は, 好く似, 己れ, 彼に, 真面目に, 知っての, 莫迦な

1 [152件] あいつらの, あきらめて, あの娘, あの男, いよいよ江戸, いれて, おとなしくし, きつと, ここへ, こっちに, この店, この懐中電灯, この鰤, さっき舷を, しっかりしろ, すこしは, そうなる, そう容易, その体格, その娘, その時, そんなこと, たくさんか, だぞ, つまらない遠慮, とうとうこんな, なかなか元気, なかなか馬鹿, はやく一, まあ何, まさかに最初, またばか, まだ二十四, もう年, やがて蔭膳, よくない, よく気, アアまで, エライ善根が, ジャムを, デッキに, 一しょに, 一そ, 一味と, 一度は, 一緒に, 三十前だ, 丞相から, 久しく俺, 五十なら, 今夜は, 他の, 何の, 使われて, 俺と, 元は, 到底村, 又自治, 同罪しょっぴい, 同罪だ, 同罪に, 同類だ, 吾, 命が, 喧嘩を, 地獄の, 大きいな, 大分いける, 大抵知っ, 女を, 女運の, 奴等と, 好い年齢, 好きだ, 好きで出た, 存じて, 存外偉い, 定めて, 実業界では, 寝たか, 小さな私情, 小屋の, 少々, 己と, 己に, 年の, 年を, 年貢の, 当分謹慎し, 待て, 得物を, 心がけは, 忍びと, 悪党に, 悪魔, 悪魔が, 悪魔だ, 悪魔の, 意志の, 憎いが, 手伝え, 抱込んで, 拙者に, 招待し, 斬らんければ, 日本男児じゃ, 旦那の, 早く仕舞っ, 智に, 木から, 来い, 根っから正直, 正直者かも, 此村で, 武家の, 水戸生れか, 江戸ッ子の, 流れ弾に, 海底へ, 生かして, 生きて, 生命を, 生地獄へ, 男らしくも, 病院ゆきだ, 相当の, 矢張り紅木大臣の, 知らない程, 知るまいがな, 米の, 老る, 老先生, 舐められて, 苗字帯刀許され, 若い身空, 若かった, 萩原様には, 落第した, 血祭りに, 行かないかという, 西浦賀の, 見ならえ, 覚えて, 証人として, 読まなかったわけ, 謀反人の, 賛成だ, 追っては, 降参し, 飲むか, 首を, 馬鹿で

▼ 貴様~ (149, 4.5%)

3 惚れて 2 しては, 何の, 用は, 知恵を, 聞くこと

1 [136件] あるそういう, あるんさ, いいもの, いうこと, いふとも, いま言われ, うたがいが, お礼を, お艶, お話が, お願, かえして, かけた経費, きくが, くれて, したところ, それだけの, それだけ言っ, そんな腕, たのむの, だ, ちょっとばかり, できたらお, とっちゃ, なんの, のみこめたはず, まかせる, めいずる, やつた, やつたつ, やるが, わかったか, わかって, わかるか, ヘルキュレスを, 下さると, 与えられるか, 予の, 云う必要, 人間の, 今おだてられ, 今日から, 仕返しを, 他人の, 任せて, 任せる, 会って, 会っては, 伝えたこと, 何一つ呉れ, 何処で, 使いに, 出ないの, 分れば, 十分思い知らせる, 厄介を, 取られたや, 受取を, 口を, 叩き売られた女, 合図が, 向ふと, 噛んで, 変った, 好い物, 好意を, 子が, 子のか, 少したずねたい, 尾行した, 平靖号を, 弁当を, 復讐を, 思ひ知らせて, 怪我でも, 悪い事, 手向けるの, 投げだして, 拾はれ, 持たせたいのう, 捕ったの, 暇を, 本所の, 棄てられた為, 欺され, 殺される苦痛, 殺して, 渡す事, 焼き殺され損, 用が, 異議は, 白い鬘, 百両の, 確かに, 礼を, 祟るぞ, 秘密が, 米俵一杯の, 聞いたが, 聞かなくても, 聞きますが, 聞こえんか, 致命傷を, 舞など, 色目を, 裏切られようとは, 要求する, 見せた和歌, 見せて, 言ったの, 試験を, 調べること, 譲ろう, 貸の, 軽蔑されない, 返して, 返事が, 迷惑の, 送られて, 逢った時, 違いない, 違い無い, 遣る, 遣るから, 遣るでは, 酔はれた, 金策を, 限る, 面会し, 預けて, 頼みというは, 頼むが, 頼むがな, 頼むの, 香水を, 麦焦しの

▼ 貴様たち~ (127, 3.9%)

63 の方, は何, も 2 が殺した, に加勢, の手, の知った, は俺

1 [102件] あこの, からこの, があまり, がおれ, がその, がボンヤリ, が丸裸, が何, が前, が前非, が商売道具, こそこんな, こそ日本, こそ言語道断, それほど琵琶, でないか, と彦太郎, と約束, と論, と連呼, なら何, におれ, にはおよそ, にも釘, に勧進帳, に好き正月, に持運ばれ, に正体, に渡す, に眼つぶし, に香水, のからだ, のよう, の一人, の云う, の働き, の全身, の冥途, の命, の未熟, の為, の眼付, の計画どおり, の鈍刀, の頭, の首, はお, はけしからん奴ら, はここ, はこの, はこれ, はこれから, はさぞ, はなぜ, はなに, はなん, はみんなそれ, はもう, は一人, は一度, は一月, は一生, は七人, は何と, は何ん, は何者, は史書, は夫婦共, は帰し, は平常, は張飛, は忠平, は日頃, は火, は知らない, は行先, は言語道断, は越前守様, まであんな, まで一人, もか, もその, もそんな, もろ, も地獄, も皆, も覚え, やあ, やあどう, やあ奴等, よく聞け, を, をあいつら, をはじめ法月弦, を呪う, を片づける, を祝福, を結婚, を苺クリーム, 一向舟, 打てなけりゃみんな, 断わりも

▼ 貴様~ (112, 3.4%)

4 殺して 2 射ったなあ, 待って, 相手に, 責めるの

1 [100件] うまく怪塔, うんとひっぱたい, おどかして, おれは, おろそかに, かたづけて, ここから, これからこの, すいこんで, そんなばか, たしなめなかったらこんな, つかまえて, つけた覚え, とらえて, とり殺して, のろう, ひっ掴んでも, ふんじばって, もって, やっつけること, やっつけるまでは, やとって, ゆるさんぞ, よろこばせるため, スポーンと, ワザワザここまで, 一人前の, 上へ, 下手人と, 使って, 信頼し, 俺は, 兄貴と, 切る, 勘当した, 厭がらせ, 叩き潰して, 吟味し, 呼び寄せて, 失つた方が, 威そうと, 射ち殺してから, 射殺する, 尋ねて, 尾け, 引き出して, 引廻し, 引張つて, 引着た, 彼処の, 怒ったの, 怨みん己, 恨んで, 憎んで, 手に, 打ち殺して, 打ったの, 打って, 打つという, 捕えたら諸, 探偵と, 救おうとも, 救けて, 斬るぞ, 是非召抱える, 東京へ, 棄てたの, 殺しそこ, 殺したら, 殺すの, 毒殺しよう, 活かしては, 潰して, 狙う鵜, 生かして, 生かしては, 監獄に, 硝子の, 祝福せず, 糞攻めに, 絞殺す, 縛り首に, 裁いて, 見たとたん, 見つめながら, 討って, 討つの, 訪ねて, 詰めまして, 責めたの, 踊らして, 蹴殺して, 身動きの, 軽蔑し, 追い詰め追い詰める, 逃がしたらおれ, 逃がすよう, 鋳潰して, 養って, 馘に

▼ 貴様~ (63, 1.9%)

3

1 [60件] あの日, あまだ, がやろう, が上海, が武器, こそ, こそ何, とすこしも, なんかにこれから, なッ, につかまっ, には文化, にゃあ, に男, に見せる, に負ける, に迷惑, に過ぎ, のおかげ, のからだ, のイノチ, のカストリ雑誌, の中, の仲間, の会合, の光栄, の分際, の同志四人, の手, の持つべき, の知, の首, はなん, はばか, はみんな死刑, はもう, は何, は何で, は俺, は俺たち, は宝, は実に, は意気地, は我々, は畜生道, は船, は足, ばかりか世帯, ふざけた真似, まだ品物, もオレ, も同意, をこの世, を取り除ける, を引き渡す, を誰, を貪り食っ, を食っ, ァわるい, 如きチッポケ

▼ 貴様~ (61, 1.9%)

2 だ, に何

1 [57件] がいくら, がお父さん, がそこ, が掛ける, が親父, こそ帰り, このあたり立廻り相, このお方, それでも男, だけで能, だけらしい, でやりたい, と喧嘩, なら何, にこしらえ, にそんな, になり代っ, にはそれ, には見えないだろう, にわかる, に久世, に俺, に出来たら, に呉れ, に抵抗, に背負, に負ける, に跪い, に違い, のため, のよう, の云う, の後, の様, の知らない, の罪, の運, の頭, はおれ, はトーキー活動, は一人, は人数, は何, は何者, は俺, は夫婦, は早く, は最う, は知るまい, は私, は細作, は考え違い, は買っ, は馬鹿, もこの, を騙す, 如き民百姓

▼ 貴様には~ (43, 1.3%)

2 わかるまいわかって, 俺が

1 [39件] うんとおかえし, お歯, これ, これ程云, さう, そういうもの, その方, それで, そんな芸当, まだ内地, まだ文学者, もうわかったろう, もう頼まない, 不思議だろう, 今まで, 何う, 何等感興, 匙を, 友達は, 唯その, 女房や, 己の, 手が, 暇を, 此宇宙に, 気の, 気の毒だ, 父が, 用は, 笑われるかも, 聞えないの, 自分の, 荷が, 見えまいが, 解るまい, 言って, 誠に気の毒, 阿母, 食過ぎる

▼ 貴様~ (42, 1.3%)

2 いえども, 俺と

1 [38件] あの徴税代弁人, いい愈々, いえば, きたひ, こうやっ, そっくりだ, たたかうぞ, つき合って, どっちが, わしの, 一しょに, 三人そこへ, 三人で, 不可なく, 俺とが, 俺との, 俺とは, 別れて, 同じやう, 同じ位, 同様な, 呼ばれる事, 呼び捨てに, 喧嘩しょう, 喧嘩する, 太刀打ちを, 媾曳に, 引き換えに, 張り合つたローランドへの, 打解けて, 斯やっ, 暖簾の, 義雄とは, 義雄とを, 親類に, 諜しあわせ, 貴様の, 違って

▼ 貴様こそ~ (36, 1.1%)

2 天才な, 狼に

1 [32件] おれたちの, おれの, かたりぢ, この製鉄所, そんな言いがかり, なにを, まさしく坊主, わが名, 今夜の, 何処に, 何者だ, 偏見で, 偽ものの, 卑怯な, 唇の, 嘘を, 地獄へ, 夢を, 女郎屋商売で, 始終おれ, 悪魔だ, 愚痴を, 朝鮮文化の, 木偶の坊だ, 獅子や, 用心しろ, 監獄に, 親は, 誰だ, 誰だっ, 諂佞の, 身分を

▼ 貴様~ (29, 0.9%)

2 は俺

1 [27件] か, がいくら, ごとき痩せ旗本, に, のこの, の一人, の上, の夜目, の幽霊, の為め, の知った, の秘密行動, の首, はぬ, は不可, は他人, は出ろ, は奸物, は実に, は結婚, は芸術家, は落ち, もトー, を今日乞食, を誅戮, 如きとは, 如きの

▼ 貴様から~ (25, 0.8%)

2 して

1 [23件] お母さんに, お袖, この者共, はたき抜かれた, よくはなし, よく因果, 一度も, 交際い, 先に, 先へ, 受けた恩, 暗示された, 望んだこと, 眼を, 礼儀だの, 聞かずとも, 話して, 貰ったあの, 起ったこと, 起ッた, 返金し, 食い殺すぞと, 餞別を

▼ 貴様みたい~ (18, 0.5%)

5 な奴

1 [13件] なもの, なわけ, な人三化七, な偽善者, な小僧, な畜生, な者, な薄, な藪医者, な見本, におしゃべり病, に戦闘, に数値

▼ 貴様~ (16, 0.5%)

72 な俺 1 ぞ, つたのか, つて落第ぢや, なア, なッ, な昨夜飛行甲板, よ

▼ 貴様にも~ (13, 0.4%)

1 [13件] あるの, できるだろう, はじめてわけ, まきぞ, よくわかる, わかるだろう, 一生食える, 一目措く, 似合わねえ, 似合わん, 旧悪が, 父母と, 礼を

▼ 貴様~ (12, 0.4%)

1 [12件] あんまりけち, かんかん虫, そこでお, そんな権柄顔, 今にも死ぬ, 何に, 倉川と, 六平太の, 奉公人の, 立派な, 逃げかくれ, 飯を

▼ 貴様この~ (11, 0.3%)

1 [11件] あいだの, おれを, カアライルにでも, 包を, 娘さんを, 家の, 手紙は, 水の, 矢場で, 箱に, 頃俺ちっとも

▼ 貴様まで~ (10, 0.3%)

1 お奉行, そんなこと, わしを, 乃公を, 俺達の, 大馬鹿, 怨みに, 此奴に, 精神が, 賛成し

▼ 貴様~ (10, 0.3%)

2 しに 1 かいわく因縁, か子供, だっ, でも結城藩水野家, という奴, のため, のつもり, をやっ

▼ 貴様だって~ (8, 0.2%)

1 これから生きのび, わかるん, 今出来心だろう, 江戸ッ児の, 男だろう, 知ってるだろう, 血は, 被搾取材料

▼ 貴様~ (8, 0.2%)

1 がわかったろう, だって貴様, にいいまかされた, に向っ, をからかう, を売, を強請る, を殺し

▼ 貴様一人~ (7, 0.2%)

1 でバランス, で上, で威張る, で武蔵, で行け, で賞翫, で風

▼ 貴様~ (6, 0.2%)

1 ジルベール, ッ, 三好と, 宿を, 梅の, 貴様の

▼ 貴様だけ~ (6, 0.2%)

3 だぞ 1 だろうよ, 置き去りを, 逃げろ逃げろと

▼ 貴様だった~ (6, 0.2%)

3 のか 1 か, な, のだ

▼ 貴様とは~ (6, 0.2%)

1 もう一切口, 何だ, 喧嘩だ, 考へること, 身分が, 違ふ

▼ 貴様ごとき~ (5, 0.2%)

1 に俺, に名乗る, を斬った, 野猪の, 馬鹿者を

▼ 貴様それ~ (5, 0.2%)

1 がなんだか, が何ん, じゃ勝ち過ぎる, は漫罵, をどこ

▼ 貴様どこ~ (5, 0.2%)

2 で聞い 1 かへ隠した, からはいりおった, の何奴

▼ 貴様などに~ (5, 0.2%)

1 なにが, わかるか, 告げる必要, 用は, 降参したおぼえ

▼ 貴様なんかに~ (5, 0.2%)

1 助けて, 指一本だって, 殺されて, 用は, 騙される俺ぢ

▼ 貴様なんぞは~ (5, 0.2%)

1 それで, ボテイフリの, 先刻御, 着物なんか, 金の

▼ 貴様まだ~ (5, 0.2%)

2 うろついて 1 まごまごし, 何か, 生きて

▼ 貴様よく~ (5, 0.2%)

1 こんなところ, 捜して, 来るな, 考えて, 覚えて

▼ 貴様より~ (5, 0.2%)

1 ずっと上等, よっぽど上等, 三倍も, 他は, 気が

▼ 貴様あの~ (4, 0.1%)

1 女を, 娘となんぞ, 毛唐の, 紙を

▼ 貴様おれ~ (4, 0.1%)

1 に化けやがった, に反抗, の顔, を見

▼ 貴様では~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ないぞ, ない高津

▼ 貴様との~ (4, 0.1%)

1 交際は, 関係と, 関係まで, 闘いみたいな

▼ 貴様などの~ (4, 0.1%)

1 智慧を, 眼には, 臣下であった, 鞭に

▼ 貴様~ (4, 0.1%)

1 から行っ, に取っ, の中, 見たか

▼ 貴様何者~ (4, 0.1%)

1 じゃ, だ, だっ, なの

▼ 貴様知っ~ (4, 0.1%)

1 ている, ているなら, ておる, て斬った

▼ 貴様~ (3, 0.1%)

1 倉婆あと相談し, 叱りでも, 眼が

▼ 貴様これ~ (3, 0.1%)

1 が人情, へ入れろ, をやれ

▼ 貴様その~ (3, 0.1%)

1 あとを, くらいで, 護摩堂の

▼ 貴様そんな~ (3, 0.1%)

1 うまいこと, 事を, 事考へる

▼ 貴様だろう~ (3, 0.1%)

1 クロロフォルムの, 子供を, 無礼者め

▼ 貴様でも~ (3, 0.1%)

1 あるまいし, あるまいに, 遊ばせ言葉を

▼ 貴様という~ (3, 0.1%)

1 ひどい言葉, やつは, 貴様は

▼ 貴様~ (3, 0.1%)

2 んだ 1 んざあ我が

▼ 貴様なぞの~ (3, 0.1%)

2 恩は 1 恩には

▼ 貴様なぞは~ (3, 0.1%)

1 早く語っ, 死人も, 知るまいが

▼ 貴様などが~ (3, 0.1%)

1 何の, 知らぬ事, 見たって

▼ 貴様なんか~ (3, 0.1%)

1 た, 指一本触れさす, 殴り殺すなあ

▼ 貴様なんぞに~ (3, 0.1%)

1 出しゃばらしてはおかなかったんだが, 妻の, 用は

▼ 貴様もう~ (3, 0.1%)

1 小遣が, 帰れ, 運の

▼ 貴様殺す~ (3, 0.1%)

21 気か

▼ 貴様~ (3, 0.1%)

2 がふれた 1 が狂った

▼ 貴様達二人~ (3, 0.1%)

1 が貰われる, に恨み, のいる

▼ 貴様かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れんが

▼ 貴様ぐらい~ (2, 0.1%)

1 上官思の, 立派な

▼ 貴様ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 ものかな, 小坊主が

▼ 貴様このごろ~ (2, 0.1%)

1 いったいどうした, どうかいたしおる

▼ 貴様そう~ (2, 0.1%)

1 きゅうに, やって

▼ 貴様そこ~ (2, 0.1%)

2 に何

▼ 貴様それほど~ (2, 0.1%)

1 に男自慢, まで呂布

▼ 貴様~ (2, 0.1%)

1 あ何だ, あ何だ恩

▼ 貴様たち三人~ (2, 0.1%)

1 を捕え, を捕まえ

▼ 貴様たち貴様たち~ (2, 0.1%)

1 と彦太郎, と連呼

▼ 貴様とか~ (2, 0.1%)

1 いって, 何とか云う

▼ 貴様どう~ (2, 0.1%)

1 あっても, したん

▼ 貴様なかなか~ (2, 0.1%)

1 の色男, 面白い小僧

▼ 貴様なぜ~ (2, 0.1%)

1 おれに, それを

▼ 貴様などは~ (2, 0.1%)

1 自家に, 長男の

▼ 貴様なら~ (2, 0.1%)

1 地理も, 源十郎は

▼ 貴様なん~ (2, 0.1%)

1 だな, だナ

▼ 貴様にでも~ (2, 0.1%)

1 俺の, 聞いたら少し

▼ 貴様に対する~ (2, 0.1%)

1 あの恨, 信用は

▼ 貴様ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく誰, では

▼ 貴様ばかりが~ (2, 0.1%)

1 創作の, 星の

▼ 貴様ひとり~ (2, 0.1%)

1 がなんで, で勝手

▼ 貴様ほど~ (2, 0.1%)

1 不愉快な, 意地ッ張りな

▼ 貴様ほどの~ (2, 0.1%)

1 度胸が, 腕を

▼ 貴様みた~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 貴様よほど~ (2, 0.1%)

1 命の, 酔うとるな

▼ 貴様らみんな~ (2, 0.1%)

1 た鉄械, を魚

▼ 貴様~ (2, 0.1%)

1 まだふてぶてしく, ろくろく働き

▼ 貴様何ん~ (2, 0.1%)

1 とかいっ, にも知らない

▼ 貴様~ (2, 0.1%)

1 は何, をみんな盲

▼ 貴様~ (2, 0.1%)

1 か, の権

▼ 貴様失敬~ (2, 0.1%)

1 な, なこと

▼ 貴様如き~ (2, 0.1%)

1 惰弱の, 無血虫が

▼ 貴様案外~ (2, 0.1%)

1 力が, 役に立たんな

▼ 貴様自身~ (2, 0.1%)

1 じゃない, 言ってるじゃ

▼ 貴様達夫婦~ (2, 0.1%)

1 がこうして, がそう

▼1* [287件]

貴様あたりがその, 貴様あとからえら, 貴様ありがたいのか, 貴様あれのこと, 貴様いいように, 貴様いかがいたす, 貴様いたのか, 貴様いつでも独りぎめだからなあ, 貴様いつも叱られてばかり, 貴様いまのうち, 貴様いままでどこに, 貴様うちの子供, 貴様えらいことを, 貴様からの無電が, 貴様からんでくる, 貴様きょうはいや, 貴様くらいわしの, 貴様けしからんぞ, 貴様こそは敵だ, 貴様こないか, 貴様この間もふざけ, 貴様これからあの女, 貴様さっきの明智さん, 貴様しきりに水車番水車番を, 貴様しめ殺されない用心を, 貴様しょっちゅう知り合いに, 貴様じゃないか, 貴様すまぬが自, 貴様すりの癖, 貴様そいでも甚次, 貴様そういうような, 貴様そこで何を, 貴様そそれが本心, 貴様たいこだな, 貴様たずねている, 貴様たちみたいに銅脈, 貴様たち人を責める, 貴様たち今このあかり, 貴様たち何をする, 貴様たち兄弟の手, 貴様たち心を合せ, 貴様たち田舎芸者に買, 貴様たち言語道断の代物, 貴様たち負けはしない, 貴様たち貴様たち負けはしない, 貴様たとえどこに, 貴様だいぶいける口, 貴様だけが死ぬと, 貴様だけじゃ御断り, 貴様だけは親父の, 貴様だらうと思つて, 貴様ちょっと来い, 貴様ちよつと来い, 貴様母として, 貴様づれよりやはり偉いぞ, 貴様であったか, 貴様でなければあの, 貴様といふ悪者の, 貴様とうとうがんばったな, 貴様とかいうことは, 貴様とても許さぬぞ, 貴様とめるつもりか, 貴様とんでもないもの, 貴様ろぼうの, 貴様どうかしてやれよ, 貴様どうして通るつもり, 貴様どもは悪い, 貴様などという乱暴な, 貴様なにをする, 貴様なにか拙者が, 貴様なにぶん頼む, 貴様なに奴だ, 貴様なんかには負けないぞ, 貴様なんかを相手に, 貴様なんぞ煙草喫ふよつて煙草が, 貴様なんぞの仲間じゃ, 貴様にだって同じだろう, 貴様にとってはみんな敵だ, 貴様にとってもお綱, 貴様になどどんなこと, 貴様にはと誓つて居た, 貴様にもと思ったが, 貴様に対して悪いよう, 貴様のな心変を, 貴様のぼせて何, 貴様のぼせあがっちょる, 貴様のめのめして, 貴様はじめこんな真似, 貴様はのたれ死しよう, 貴様はまん丸くて, 貴様ばかりは多少見込み, 貴様ひっかついでここ, 貴様ひとつ取持て, 貴様ひとつ手配をし, 貴様ひとつ踊りを踊つて, 貴様へえッてんで此方, 貴様への最後の, 貴様ほんとうに大寺, 貴様ほんとに討合いを, 貴様まごまご致しおったか, 貴様またお蔦の, 貴様までも根も, 貴様もしもの事, 貴様重三郎へ, 貴様やってみる, 貴様やったな, 貴様やっぱり大寺を, 貴様やはり秘密を, 貴様やる気だな, 貴様ようしふざけやがって, 貴様よからぬこと, 貴様よくもこんな恥知らず, 貴様よりは大きい, 貴様らいつまでお客さん気取り, 貴様らしい思いつきだ, 貴様ら三疋ばかり食い殺し, 貴様ら呉と郭, 貴様ら天下の車組, 貴様ら女優の海水着写真, 貴様ら政府の犬共, 貴様ら横着をし, 貴様ら素町人に吾輩, 貴様ら衛兵の仕事, 貴様ら親爺がまだ, 貴様ら足もとへ寄りつく, 貴様われわれを愚弄, 貴様を以て日本人たる, 貴様ん所に厄介, 貴様それでいい, 貴様アさっき避難民が入り込ん, 貴様ア感心な事, 貴様ア避難民の住宅, 貴様ア馬鹿だぞ, 貴様イザとなっ, 貴様オレのついだ, 貴様ガ颯子ヲ怒, 貴様コソ汚レタ奴ダ, 貴様ナゼ殺した, 貴様タメヲ, 貴様ハアンナコトモシタコンナコトモシタソレデテ楽ニ死ノウナンテ虫ガヨスギル今苦シムノハ, 貴様ピアノひけるか, 貴様ピストルの丸, 貴様マヌエラさんというお, 貴様モ陸子モ人ヲ煽, 貴様一人芝居へ行く, 貴様一体どうしてここへ, 貴様一個人に復讐, 貴様一家を皆殺し, 貴様一寸行って, 貴様一樽買えっ, 貴様一流の曲り根性, 貴様不服か, 貴様中学の生徒, 貴様乞食ではない, 貴様二人は, 貴様二段田あ, 貴様人造人間の操縦法, 貴様今日に限っ, 貴様仕事がツライ, 貴様仙太と何処, 貴様以上なの, 貴様ゐに, 貴様何だつてそんな, 貴様何処でそんな, 貴様何故俺を, 貴様余ツ程気, 貴様唖じゃな, 貴様御隠居様, 貴様へ行っ, 貴様先刻からあちら, 貴様党員じゃない, 貴様入れろ声掛けなく, 貴様共産党の手さき, 貴様分ったのか, 貴様前線から帰っ, 貴様剛造の様, 貴様剣術が出来, 貴様を添え, 貴様助手をだまし, 貴様この辺, 貴様可哀そうじゃねえ, 貴様吉利支丹だな, 貴様呼ばわりを全廃, 貴様が惜しく, 貴様哲丸様のお, 貴様唄ってみろ, 貴様を聞い, 貴様大層酔つたな, 貴様大根を買い, 貴様妻君有るの, 貴様に遣られ, 貴様子宮だぞ, 貴様実に悪い奴, 貴様宮本からもらっ, 貴様寝ぼけている, 貴様寝ぼけたので, 貴様小刀を持出し, 貴様うし腰も, 貴様少し逆上っ, 貴様を知っ, 貴様常習賭博だけの罪, 貴様年寄りだけあっ, 貴様弁口が巧い, 貴様役人か, 貴様忍術が使える, 貴様怒ったのです, 貴様恋人でもある, 貴様感心に何時, 貴様我輩の命令, 貴様の邪魔, 貴様捕方では無い, 貴様探して見い, 貴様政治家になる, 貴様教場に行っ, 貴様日本のこと, 貴様日本左衛門の手下, 貴様早くくたばれ, 貴様本当に橋の, 貴様梅子さんも今, 貴様植込の暗い, 貴様が出来る, 貴様武家出か, 貴様武蔵とそう, 貴様死ぬのは, 貴様の言葉, 貴様母親とも一緒, 貴様と生れ, 貴様無筆だな, 貴様片腕か, 貴様独り合点で幽霊, 貴様狭山か, 貴様か猫, 貴様生意気だぞ, 貴様置く事, 貴様留めるのなら留めるで, 貴様を切っ, 貴様百姓の子, 貴様盗人みたいなやつ, 貴様真実か, 貴様知ってるだろうあれがな, 貴様程の奴が, 貴様稼売は何, 貴様笑っている, 貴様等これほど自分, 貴様等みたいな青二才, 貴様等二人だぞ, 貴様等恥を知れ, 貴様素晴らしいことを, 貴様綾子と話し, 貴様置き引きが稼業, 貴様では言ッ, 貴様聴いて呉れます, 貴様臆病風に吹かれた, 貴様自分で立っ, 貴様自由にしたら, 貴様自由党に味方, 貴様若いくせに, 貴様血迷ったな, 貴様袋叩きの目, 貴様見たのだ, 貴様見るところ目が, 貴様覚えていねえ, 貴様覚悟の前, 貴様討伐隊をさしむける, 貴様話しなんかしたら, 貴様読心の術, 貴様かと駐在所, 貴様誰か四五人連れてな, 貴様追い剥ぎだな, 貴様逃しはせぬ, 貴様這入って行く, 貴様運命の鬼, 貴様道場荒しじゃ, 貴様達士なんぞ人間, 貴様達謝まって, 貴様達酒ばかり飲まず, 貴様酔ってるな, 貴様鍛冶橋のおやじ, 貴様をいたす, 貴様阿波屋の六人, 貴様頼むぞ, 貴様風情に何, 貴様食ったな, 貴様馬鹿な事, 貴様か, 貴様魚屋よりもキリシタン, 貴様鳥刺は新参