青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「職~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

聞こえ~ ~聞こえた ~聲 聲~ ~聴い 聴い~ 聴き~ ~聴く 聴く~ ~職
職~
~職人 職人~ 職工~ ~職業 職業~ ~聽 聽~ ~肉 肉~ ~肉体

「職~」 2614, 25ppm, 4651位

▼ 職~ (801, 30.6%)

18 辞して 12 求めて 11 奉じて 8 得て 7 失って 6 持って, 退いて 5 帯びて, 張って, 持つて, 探して, 罷めて, 身に, 辞した 4 お譲り, して, もって, 寂しく守つて, 持ち堪へたの

3 [13件] さがして, しりぞいて, つけて, やって, やめて, 免ずる, 徹す姉, 抛って, 捨てて, 譲って, 賭して, 賭しても, 辞さなければ

2 [38件] なげうった, なげうって, やめたの, 与えて, 他に, 兼ねて, 削り従二位, 勤むるの, 去って, 受けること, 奉じながら, 奉ずること, 張つてゐた, 得嘗て, 持たない人, 持つこと, 捜して, 搜します, 曠うし, 朝廷に, 求めた, 求めたらよい, 求めつつ, 求めに, 求めるため, 求める人, 求めんと, 漁りに, 煩は, 紫微, 解いたり, 転々と, 辭した, 辭する, 退いた後, 退き二, 退くこと, 退くと

1 [563件 抜粋] あの男, いくつも, うけてから, うけられたと, うごかず徳川家, えたの, おき実質的, おびて, おぼえて, おぼえるため, おぼえるだけで, おぼえるほう, お勤めさせ, お受けします, お引き受けします, お継ぎ, お辞し, お返しした, お退き, お退きなさいました, きらって, くび, くれると, けがしては, さがしても, さがし歩く路傍, さがすとしても, さずけられた者, しりぞく率, すてて, すてまとも, すて改めて, そのまま襲ぐがよい, そんなにやすやすと, たまわり左側, ついで将軍座, つがせねば, つがせよう, つくし万民保全, つくって, つくつて, つぐ位置, つぐ日, つけたいと, つけとけば, つづけて, つとめた, つとめたから, つとめたこと, つとめた経歴, つとめ勿論, つとめ女帝, なげうつこと, なげうとうなどと, なげ出そうとは, なげ打ったこと, なさんやう, なす者, のいて, はがれて, はぎとられたこと, はげまし職, はなれるだろう, まるで鶏, みつけた, みつけたものの, みつけて, もつ身, やめたらどう, やめられかかって, やめられましたが, やめられる種子, やめるか, やめサン・スュルピス会堂, やるよう, ゆずって, ゆずり大名ども, ゆずる時, わきまえて, エガアトンの, 与えなど, 与えまた, 与えよ, 与えよそんな, 与えること, 与えるし, 与える処, 与えんと, 与へ, 世襲し, 世話し, 中心に, 二年間受持つべく, 亜ぐだろう, 仕込まれた時分, 付けて, 付けるの, 代々うけつい, 仰付けられこ, 休んで, 何と考へる, 保って, 免じ遠江国浜松, 免ぜられた, 免ぜられたので, 免ぜられて, 免ぜられると, 免ぜられ三人, 其儘に, 典らし, 兼ねた譯, 分かち持てと, 分けて, 利用し, 利用する, 削られ前, 剥がれる時, 剥がれ先代, 剥がれ財産, 剥ぎとって, 剥げ, 剥れ, 剥奪される, 剥奪し, 加えて, 励み毎日朝, 勉め佯ら, 務めて, 務め大, 勤むべ, 勤むる十数代にわたり, 勤めたこと, 勤めて, 勤めること, 勤めるところ, 勤め居る者, 勤め終せる訳, 勤め美名を, 却けて, 去らざるを, 去らしむる, 去りて, 去り諸, 去ること, 取りて, 取り上げたの, 取り得る者, 受けついで, 受けついで間, 受けつがせたの, 受けようとは, 受継ぎました栄蔵, 史官に, 司ったもの, 司って, 呼あげ, 命じまた, 命ぜられた, 命ぜられたの, 営む, 営んだこと, 営んで, 嗣いで, 嗣げり, 固執すれ, 執って, 執つたこと, 執つて, 執りて, 変えた, 変えたそう, 変えるほう, 変え南, 変じた, 変へ, 大切に, 失いて, 失いました, 失いみじめ, 失い主, 失い今, 失い先生, 失い半ば, 失い少年労働者, 失い暮らし, 失い浦安, 失い為, 失い窮, 失い難渋, 失うか, 失うた者, 失うて, 失うと, 失うまでの, 失う一切, 失う憂え, 失う相手, 失う者, 失ったこと, 失ったって, 失ったと, 失ったの, 失った人々, 失った或, 失った父親, 失った登恵子, 失った結果, 失った耕地, 失った魚住敬之助, 失ってからは, 失っても, 失つたと, 失つた人が, 失つた何万の, 失つた何萬の, 失つた後ほんた, 失つて各, 失ひたる多, 失ひたる多数, 失わせそして, 失わせた結果, 失わせる原因, 失わなくては, 失わねば, 奉じた同僚, 奉じた東印度大学, 奉じた頃, 奉じなければ, 奉じますよう, 奉じ一五〇八年, 奉じ役人, 奉ずるが, 奉ずる天文学者ら, 奉ずる身, 奉還せしめた, 奪うこと, 奪ったからね, 奪わるる, 奪われあるいは, 奪われそれ, 奪われたの, 奪われました時, 奪われまた, 嫌って, 学習院に, 守って, 完うし得べし, 完うし得る, 完うせよ, 完全に, 家光に, 寂しく守っ, 尽さざるとき, 尽しこれ, 尽し得ざるなり我, 崇うせん, 弊履の, 引き受けるなら何, 弟直道に, 張りとおすか, 張り通した, 張通し, 後村上帝の, 得かねて, 得たいもの, 得たか, 得たの, 得たりと, 得なかつたとてさ, 得られること, 得るという, 得んが, 得取らずして, 得爾来, 忘れて, 怠る者, 恣に, 愚に, 手放す事, 承けつぐこと, 承け継いだ三男長丸, 承った会津中将, 承は, 承はる者, 承るならば, 投げ出そうとは, 抛うつて, 抛っても, 抛つよう, 抛擲し, 担任する, 招いて, 拝し, 拝した, 持たず不道徳, 持たないの, 持たなくては, 持ちきれね, 持ってるもの, 持つた人達, 持つやう, 持つ中小, 捜した, 捜しますにも, 捨てなければ, 捨てるの, 授けそれ, 授けまた, 探させるぐらゐのことは, 探したあげく, 探したが, 探しに, 探し廻って, 探すべく千日前, 探す能力, 換えること, 擲った奏請者, 擲って, 擲つた私, 擲つて, 擲つべきだろう, 擲つ理由, 断念しなけれ, 曠ゅうしなかった, 有して, 朝廷の, 業と, 欲しがっ, 欺き剰さえ, 武辺者に, 永久に, 求むる為, 求むる能, 求むれば, 求む職何, 求めいろいろ, 求めたが, 求めたと, 求めながら, 求めねば, 求めようと, 求めようとも, 求めること, 求めるでも, 求める人間, 求める手蔓, 求め実に, 求め歩いた, 涜すべきでない, 涜す者として, 爲すに, 父と, 独占し, 獲て, 異にし, 相手に, 矛盾なく, 破壊し, 秀忠は, 竭くす, 紀州に, 約束し, 継いだという, 継いだ人, 継いで, 継がせるという, 継ぎ功臣名将輔佐, 継ぎ置かれるなど, 継ぐと, 継ごうと, 続けて, 繼いで, 續け, 置き続, 罷めさせて, 罷めさせ前, 罷めたこと, 罷めた三月, 罷めてからという, 罷めてからは, 罷めむ, 罷められた, 罷められたによって, 罷められて, 罷められなかつた, 罷めると, 罷める前年, 罷める時, 罷め従来, 義尚に, 致す者, 荷いたれ, 萬世不朽に, 褫いで, 褫がれ青ざめた, 褫は, 褫はれ, 褫ふだらう, 褫奪され, 褫奪し, 襲うもの, 襲ぎ家は, 襲ぐを, 襲った, 見つけて, 見つけても, 見つける, 見つけること, 見つけるべく尚, 視て, 覚えたいとも, 覚えた方, 覚えて, 覚えるつもり, 覚える店, 解いた者, 解かれた, 解かれて, 解かれ一個, 解くのみ, 訊かれると, 訪ねたの, 訪ねると, 設けられたること, 設け幕府, 説くと, 説破, 譲った, 譲らせてまで, 譲られ上杉氏, 譲り受けた, 譲り間もなく, 負う, 賭けるところ, 賭してか, 賭し一命, 贈る, 蹴って, 転じまた, 辞さねば, 辞さんければ, 辞したと, 辞したとか, 辞したの, 辞したので, 辞した今, 辞しレヤチーズ, 辞し二十八日, 辞し京都寺社奉行所, 辞し広大, 辞し氏名, 辞し江戸城, 辞す, 辞する, 辞するが, 辞するくらい, 辞すること, 辞するまでは, 辞するも, 辞するや, 辞する前, 辞する決心, 辞す人間, 辞そうと, 辞めようかと, 辞任なすった, 辞退した, 辞退しない, 辭す, 辷るだけの, 追われ今, 退いた, 退いてから, 退かれて, 退かれ二年, 退きこの, 退きたしと, 退きたり, 退き名, 退き後, 退くには, 退くを, 退けば, 退けられた, 通す姉, 連れて, 遂われた, 過ったとは, 選べは, 邪魔みたいに, 重んずるが, 重んずる者, 長男に, 離れたの, 離れたばかりの, 頼まなくつて, 頼み隅, 頼んで, 首に, 骨折り商人

▼ 職~ (476, 18.2%)

11 従事した 9 ついて 8 就いて, 従事し 6 ありながら, ある者 5 あるもの, して, 従事する 4 あったが, ありついて, ある人, 離れて 3 いて, ついた, つけて, とどまって, 就いたの, 就くこと

2 [25件] あった, あったため, あって, あつた, ありつくこと, ありつけたの, いた, さへ, つくこと, なって, ゐて, 励み学窓, 就いた, 就いたこと, 就いたさ, 就いた事, 就き献替, 就くでも, 就く事, 復して, 成りきつ, 河合寸翁といふ, 置いて, 補した, 補せられた

1 [329件] あげられたの, あげられましたが, あたった政治家, あたらせて, あったから, あったこの, あったの, あったメキシコ王, あった時, あった男, あった豹子頭林冲, あった頃, あぶれて, あらずや, あらぬ者, あられた, あられたの, あられた山高信離氏, あり, ありし者, ありその後東京実験劇場事務局長, ありついた, ありついたが, ありついたの, ありついた者, ありつきたい人間, ありつきたがって, ありつくの, ありつく時, ありつけるの, ありつける失業者, ありつければ, ありて, ありましたが, ありまた, あり史記, あり常に, あり得ない, ある, あるなどといふ, あるので, あるもん, ある一部, ある久, ある久しき, ある公儀役人, ある土田八郎氏, ある小倉啓助, ある小野派三代目忠雄, ある日, ある氏, ある私, ある自分, ある責め, ある限り, あれば, いそしむ人たち, いそしめる, いたらそこ, いるこれ, いる者, おった伊勢守正弘, おって, おのれの, おられた時, おりがたい, おりまする限り, おるか, おること, おるもの, おる忠通, お決まりに, お離れ, お預け, かえりみて, かぎらず何職人, きいて, したい, した草花, します, する家, すれば, ぞくする, たずさわる人, たずさわる男, たづさはつた例, ついたの, ついたので, ついた三十五歳, ついた事, ついた小山内玄洋, ついた惟任光秀, ついてからも, ついてる間, つかなくては, つかるるやいな, つかれいよいよ, つかれよき, つき万福寺, つき御, つき枕, つき積極政策, つき自己, つく, つくと, つくとともに, つくなり, つくまでの, つく事, つく所, つく気, つけという, つけば, つけようと, つける, つけるもの, とどまること, とどまる時, どういう考え, なったの, なつた, なにか越度, なりました, なりましたし, なり豊臣, なるまで, なれない不満, のぼり菅原道真, はげみ職, ふさわしい人, ほとんど絶え間, ゐたから, ゐたの, ゐる, 仕えて, 任ずれ, 任せると, 任ぜ, 任ぜんと, 任命し, 会うこと, 倒れよう, 励め悪事, 励んで, 合うまいと, 合う者, 合わぬこと, 告げた, 呼ばれいよいよ, 命じて, 喰い下って, 在ったとき, 在った日, 在った者, 在つたこと, 在つたもの, 在つた安曇連, 在りし者, 在りて, 在り一世, 在る, 在るが, 在る以上, 在る未だ, 在る間, 在城, 坐ったの, 坐って, 堪えた上, 堪えますか, 堪えられない, 堪えられるか, 堪えるもの, 堪へずといふ, 安んずる者, 封じた, 對する, 就いたが, 就いたころ, 就いたもの, 就いた後, 就いた時, 就いた直後, 就いた計り, 就いてを, 就かしむべし, 就かず, 就かなきゃ女房子供, 就かれたそう, 就きその, 就きたる明年, 就き山治家, 就き得るよう, 就き日本, 就くと, 就くの, 就くもの, 就くや, 就くよう, 就くわけ, 就く新しい, 就く日, 就けたと, 就けないで, 就けない彼, 就こうと, 就こう就こうと, 尽くせしと, 尽されたが, 尽し至って仲よく, 居たの, 居つたの, 居らる, 居る, 居る人, 属せしむる, 帰りたいと, 座す神三座, 引き上げた, 引き立てられたが, 当つて江戸, 当られて, 当る, 当ること, 当れる, 復さなかった, 復したという, 復すること, 復すわけ, 心が, 忠, 忠ええ, 忠なりし, 忠に, 忠信に, 忠実であり, 忠実に, 忠過ぎる憾み, 悲田と, 成り切って, 成り切つて, 押されて, 招かれた宴席, 招かれて, 挙げられたが, 推移する, 放れた主, 於て, 服して, 望まれて, 本校の, 死ぬまで, 殉じたもの, 殉じたる警察官, 殉じた踏切り番, 殉じてでも, 殉じても, 殉じようと, 比べて, 活路を, 甘んじて, 甘んじ決して, 甚だ忠, 生れて, 生計を, 申しあげおくべくそうろうあいだ, 申し上げ御, 留まって, 留ること, 登用した, 目通りし, 相談する, 着きました時, 移つたので, 窮した, 精進すべき, 終始し, 経上っ, 絡んだこと, 統一され, 罷在逆, 老いるヴント, 背いて, 色を, 苦しむ, 藤井紋太夫と, 補せらるる, 補せられたの, 補せられて, 補せられ本山派, 補任し, 覚えの, 訴えて, 話されたの, 諫言を, 贈ると, 越前守忠相を, 越前春岳を, 趣味を, 踏み止って, 踏み留まらなかったの, 身を, 転じ盆栽, 転ずること, 転ぜられ候, 近いところ, 返りました, 逢は, 適任である, 選ばれる日, 関係の, 關した, 附せらる, 附帯した, 限らずその, 限らず名誉, 陞った, 障りしょんな, 離るる, 離れたもの, 離れた如何, 離れた父, 離れなお, 離れると, 音あり, 預けるとき, 願いあげて, 願って, 馴れて

▼ 職~ (284, 10.9%)

6 ある者 4 ない者 3 ために, ように, 名を, 者を

2 [14件] ご後室さま, ないこと, 事を, 人々が, 名で, 娘の, 家で, 家に, 工匠が, 手に, 方々は, 方が, 方へ, 起原を

1 [234件] あいだでは, あるありがた, あること, あるもの, あるやう, いえがら, いる本丸, うちいずれかに, うちおもだった, うち佐渡幸左衛門と, おいでである, おん義弟君と, お望み, ことで, ことは, この甚五衛門, すべてをも, たびに, ためには, つもりで, ところへ, ないもの, ない人, ない日傭取, なかで, ひとが, ほうが, ほうだけを, ほかに, まま村に, もので, ものである, ものに, ものも, ものを, ミチキンと, 一たんの, 一二の, 一人であろう, 一必要事と, 一族小川三河守までが, 一端に, 一端を, 三番目あたりに, 上から, 上座に, 上手である, 下には, 不平も, 中に, 丹下銀之助と, 主人が, 人々であり, 人々は, 人が, 人に, 人間に, 任に, 伜で, 位を, 位置と, 位置を, 使いとして, 俺などは, 儀は, 分化する, 判まぎれ, 刺殺事件や, 前へ, 労苦する, 務めに, 卑しさ, 口を, 古制度, 名ある, 名が, 名は, 名家である, 周囲には, 固定し, 声が, 多くは, 大任を, 大和尚へ, 夫人は, 夫人も, 夫婦は, 女房は, 妻という, 妻として, 姪で, 娘でし, 婦人は, 子で, 子に, 子を, 安を, 家から, 家の, 家元に, 家臣では, 居室では, 居室へ, 工匠たちが, 工匠や, 工房調べが, 席だけは, 平七ひとりは, 年貢な, 庄太郎という, 店へ, 強請により, 役人も, 得らるる, 御家来, 御曹司は, 御曹子に, 御用駕籠には, 御経費, 心に, 性根を, 息子が, 息子さんは, 息子さんばかり, 息子とも, 息子に, 息子の, 意向も, 意見が, 意見を, 手である, 手へ, 手を, 手紙とともに, 手紙の, 手間取に, 手間賃も, 担当など, 拝辞とによって, 持家にな, 振興に, 斎藤刑部の, 斯波家が, 方で, 方は, 方も, 方を, 書簡を, 有無も, 本分なれ, 松平容保も, 松平知恵伊豆が, 栄に, 格式を, 棟梁である, 椅子が, 権利が, 権限では, 気に, 浅井玄蕃三田村右衛門大夫大野木土佐の, 為めに, 無いの, 生若, 申立次の, 町人から, 白川資訓卿とは, 眼から, 眼からは, 眼には, 神聖なる, 神聖を, 私邸が, 称号を, 積夜具でも, 空座を, 立場から, 竹井惣左衛門様も, 筆頭で, 糧を, 組長にゃ, 絞が, 老人が, 老夫婦, 老臣として, 者が, 者なり, 職人は, 職人二三十人よこせ, 職務上来り, 肩を, 脇屋刑部と, 臣, 若い妻, 若者と, 藤掛三河守どので, 藤次郎という, 衰微であった, 見習を, 親方の, 言に, 許を, 訴へを, 詮議でも, 誇りを, 誉れで, 諸員, 護符と, 責めを, 貴かりし, 貼り出し, 賣買, 足らぬを, 輩が, 輩は, 辞表を, 連署でした, 遠山春樹が, 重大な, 長でも, 長女として, 門を, 関係も, 閣老すべて高時の, 雑人, 面に, 面にも, 頃同家へ, 領分に, 頭と, 頼りに, 顔いろはこの, 顔も, 高みより, 鷹司卿の

▼ 職~ (127, 4.9%)

3 なく世界 2 あるだかい, なかった, 俄に, 官兵衛の, 故の

1 [114件] ありませんが, あるとき狩猟, いう, いかなる策, いかにも若い, いまはじまった, いまふさがっ, かくべつでございましょう, こう告白, これまで, さほど重視, すでに退い, すべてはぎとられました, そこまで, その世, その職, その間に, つとまらない, どこまでも, ないと, ないもん, なかつた, なしさて, ふたりと, ふと黙った, まもなく辞め, みつけて, みな多忙で, もう三代, もちろん藩主, ローストチキンまる, 一に, 一探題の, 一書を, 三木陥落と, 下田奉行で, 与えられず何, 並居る一同, 中納言, 亀阜荘さまを, 何と, 其ま, 具足師でも, 冷血鬼畜の, 切り離されて, 勘定奉行という, 務らぬ, 受理し, 口を, 古代に, 史料編纂官その, 名のみと, 否定しなかった, 奥医師たり, 常にもっとも近く藩主, 平和時の, 廃せられたが, 引退ても, 彼が, 彼に, 志原の, 息子の, 所司代松平越中守と, 手伝わず十五, 打ちひしがれたよう, 承諾し, 擲たない博士, 擲つ決心, 断然便利, 斯波氏であった, 既に一方, 暖房屋に, 朝廷の, 東京控訴院部長と, 柱下に, 気性一つな, 測量技師さんに, 満足に, 無いと, 無し原稿, 牢城の, 町奉行だった, 画工である, 病人や, 眩しいよう, 私に, 端的に, 笑って, 笑わずに, 管子の, 素読の, 紫微, 絶えたの, 継がず習い, 聞いて, 自ら命ぜられ, 自分の, 荒木村重と, 藤原姓を, 裁縫師な, 見付からなかった, 親代々の, 説明にのみ, 誰かと, 誰だ, 越後の, 軽くあしらっ, 辞める必要, 金沢貞顕に, 鎮魂を, 間もなく退い, 非常に, 頑固でわからず, 黙って

▼ 職~ (106, 4.1%)

5 兄の 3 あるわけ, ない 2 あるのに, なくっても, 設けられ政

1 [89件] あくよ, あったら勤めても, ある, あるか, あるから, あるが, あるでも, あるので, ある職, いやだ, おありなすっ, おあんなさる, きまつたこと, きまつて, このごろ血道を, そのおり, その若い, そばに, それを, そんなもの, ただ怠惰, つとまるの, どんなに恐ろしい, ないから, なかった, なかつた, なくそれでも, なくつて, ひとつ空い, ほしいと, ぼつぼつ一般, まえから, みつからない, もの, ようやく愁眉, よくも見え, セシルの, 一つあい, 不意の, 人に, 余が, 備後に, 先生ッて, 出来た, 出来てからの, 分化し, 列席した, 勤まらぬほど, 厳然として, 参画し, 召出して, 呼んで, 命まで, 地味な, 天子即位甦生を, 奪われて, 家老黒田職隆が, 寡く, 小器用に, 巫覡の, 廻ったら足利家, 張れたもの, 張れるなどと, 彼にたいして, 得られないならば, 手内職を, 挨拶に, 捨てて, 昔の, 時勢に, 来て, 欠員である, 死んだとき, 殺されて, 源頼朝によって, 無くった, 病弱な, 白昼公然, 置かれつづいて, 腕に, 荒木村重の, 落ちぶれ果てて, 袈裟掛けの, 見つからないで, 見附かる, 謡屋を, 迎えに, 非常に, 顔を

▼ 職~ (84, 3.2%)

7 して 3 するところ, する者 2 したもの, するもの, 会って

1 [65件] あっては, あるの, いいその, いうが, いえども, いえ御, いえ法, いわれたその, いわれる峰丹波, したため, したの, したやう, した雑戸, し雑役, す, する, すること, するその, するよう, する一つ, する一少女, する仕事, する土民, する家, する家柄, する憎む可, する法網, する町奉行, する輩, する道, せり王子, ただ二人きりで, とりかえに, なしこれ, なって, なつた, なりついに, なり泉府, なり為家, なり陰陽師, なる, ハットン未亡人, 云い相互, 云つて人の, 云とも, 会った, 分でありましょう, 同じもの, 唱えて, 大変な, 官位に, 定まれば, 宝石商人とが, 家を, 密会する, 心得て, 機智に, 比しとやかく, 江ノ島の, 為す, 皇宮警手とが, 称する方法, 称せられ下層社会, 言へば, 財産とを

▼ 職~ (52, 2.0%)

3 無くて 2 おぼえ人間, ないので, 分限者も, 手に

1 [41件] ありゃしねえどうせ, ある, いまあぶない, おり御家, きいて, つよく叱った, どこか, ない, ないから, ないし, ないらしく, なかった, なく偽名, なく再び, なく弱って, まずはつつがなく, やめつとめも, 一軍の, 三人ほど, 云わず本町, 休んで, 出来たの, 同意である, 宿老たちも, 張って, 得た, 御一身, 所領も, 摂津の, 政職の, 断じて織田家, 段々後にな, 番新も, 結城も, 解かずに, 身寄りも, 辞さねば, 退かねば, 領も, 馘だ, 高く同業間

▼ 職として~ (36, 1.4%)

4 之に 2 雲を

1 [30件] いちおう責任, いらるる溜間詰, おちつくこと, ここに, これに, これによる, これ程の, そうも, それに, ひそかに, ほこり妻, やれまい将軍職, ゐた, 万端差図する, 世に, 仰ぎ見ねば, 伊賀上野の, 会津の, 大したもの, 奉仕には, 学者に, 家計を, 居たもの, 居られるから, 恥かしくない, 整合の, 文臣銭を, 文臣錢を, 是に, 諸人は

▼ 職から~ (25, 1.0%)

2 二枚目の, 荒木村重へ

1 [21件] お招き状, ぐれて, だと, 下は, 下命が, 二枚目を, 人が, 去って, 去らせ政治, 名ざし, 呼ばれいって, 在京の, 失墜し, 強って, 思わしい知らせ, 男職に, 解放し, 足軽まで, 追って殺させた, 雛れた, 離れては

▼ 職~ (18, 0.7%)

2 あつた

1 [16件] いて, さへ, そして靴屋, だからお, 劔術の, 勘定奉行を, 商売用の, 夜明けがたから, 大酒, 此を, 生來科學, 藤右衛門より, 藩校の, 覚王院義観という, 金華山に, 非人法師たる

▼ 職屋敷~ (17, 0.7%)

1 [17件] ではその, ではまず, に職位四階以上, のほとり, の一郭, の内, の制度下, の土地, の執事, の実現, の御, の清聚庵, の経済力, の門, をおい, を持ち, 始まって

▼ 職~ (17, 0.7%)

3 の収入

1 [14件] がいかなる, が実際, と算所, の一町, の収穫, の小作, の類, は, は十町, は四十町, は従五位以上, をうんぬん, を口分田以外, を給せられる

▼ 職にも~ (16, 0.6%)

2 窮する超

1 [14件] あるまじき大罪, ついた, ついた赤橋守時, つかず町, 任ずる, 修行次第でと, 及んで, 小僧にも, 就かずに, 就けず結局, 改革を, 栄達にも, 甘んじた時, 甚だ馴れませぬ

▼ 職には~ (14, 0.5%)

1 [14件] ついて, つかなくなったとしても, なれ一文, ふれず茶, 一族みな虎視眈々で, 一萬石を, 何か, 北ノ, 就かなかった, 就かなかつた, 意見を, 服してを, 死ぬまで, 社会的地位あり

▼ 職~ (11, 0.4%)

2 と言う, な 1 つたのである, つて, というの, といった, とはいった, と言, 貴方

▼ 職たち~ (10, 0.4%)

1 だった, の任, の間, は主人, は低い, は顔, またその, も急, をいちど, を離さなかった

▼ 職をも~ (10, 0.4%)

2 襲ぎし 1 そのことば, もって, 勤むる者の, 厭わずこれ, 擲って, 緇衣の, 覚えず中途, 辞退したき

▼ 職たる~ (9, 0.3%)

2 を知り, 威信を 1 お汝ら, われらを, 中途で, 土岐氏の, 藤井紋太夫であり

▼ 職~ (9, 0.3%)

1 ご老中, つかれるはず, なにやら訴え, 就寝を, 年賀に, 強談する, 當てた, 訴え出て, 陰険な

▼ 職~ (9, 0.3%)

3 を行 1 であるから, と熱心, を, を亂用, を侵し, を惡用

▼ 職である~ (8, 0.3%)

21 から文句, が尾張中村, しおせじ, のです, 所の, 枢密院の

▼ 職でも~ (8, 0.3%)

1 あつたら, ある, あれば, これらの, これ程永く, ないし, ないのに, 見つかれば

▼ 職について~ (8, 0.3%)

1 いられなくなり故郷, その仕事, ゐること, 世間並な, 二十四年その間における, 以前から, 帰りたがらぬ良致氏, 知り過ぎて

▼ 職では~ (7, 0.3%)

1 あった, あったが, あり顔, ない, ないか, なかった, 平次が

▼ 職まで~ (7, 0.3%)

1 その系類, まっ黒に, 張った女, 張つた女が, 申し入れて, 辞した越前藩主, 願い出ること

▼ 職とか~ (6, 0.2%)

1 いって, または係り, 一国とか, 二枚目とかいう, 何かしら商売を, 桑名侯の

▼ 職~ (6, 0.2%)

1 商いに, 大教会堂内, 教誨師の, 生活に, 自分の, 諸侯並ぐらい

▼ 職であった~ (5, 0.2%)

1 が木, が為, ゆえに, 会津侯と, 者それに

▼ 職という~ (5, 0.2%)

1 ものには, ものを, 位はよう, 名の, 老人に

▼ 職なる~ (5, 0.2%)

1 ぞ私, ものは, 君, 家族, 篇が

▼ 職~ (5, 0.2%)

1 国司などの, 役人いづれ, 役人は, 役人耳を, 芸の

▼ 職がた~ (4, 0.2%)

1 の御, の申付けどおり, の詮議, を除かなけれ

▼ 職といふ~ (4, 0.2%)

2 中国の 1 ものは, ものを

▼ 職とも~ (4, 0.2%)

1 仕事を, 段々と, 直談を, 稼ぎが

▼ 職とを~ (4, 0.2%)

2 有し凡そ 1 ツァーに, 見つけて

▼ 職どの~ (4, 0.2%)

1 には今どこ, には相, や奥方, ような

▼ 職~ (4, 0.2%)

2 在ルモノ 1 在ル大久保一翁, 堪エナクナリハシナイカ

▼ 職探し~ (4, 0.2%)

1 にぶらぶら, に市中, に歩いた, の為

▼ 職~ (4, 0.2%)

2 の下 1 と見分, と見分け

▼ 職松平容保~ (4, 0.2%)

1 のにわか, のほか, の信頼, は純情一徹

▼ 職~ (4, 0.2%)

1 たる大森典膳, であり一枚流, で父, の家

▼ 職~ (4, 0.2%)

2 の勝手 1 とも, はやがて

▼ 職過ぎる~ (4, 0.2%)

1 かな, ぜ, は可哀想ぢ, よ

▼ 職~ (4, 0.2%)

1 といつた, としては効果的, の漁夫, らしく短い

▼ 職ある~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 娘は

▼ 職がら~ (3, 0.1%)

2 で夜戸出 1 がもの

▼ 職であり~ (3, 0.1%)

2 農夫であり 1 彼らにとって

▼ 職です~ (3, 0.1%)

1 がこれ, が普通, な

▼ 職とは~ (3, 0.1%)

1 忙しいもの, 思われぬ, 言っても

▼ 職なき~ (3, 0.1%)

1 人々でも, 境涯に, 者自暴自棄に

▼ 職などは~ (3, 0.1%)

1 ただ信長, ない, 十七銭畳屋と

▼ 職より~ (3, 0.1%)

1 出たり, 君公の, 捨てられ百姓

▼ 職よりも~ (3, 0.1%)

1 くれぐれもよろしくとの, とうとい人間, 仰せの

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 の公卿行綱, はどう, を召され

▼ 職以下~ (3, 0.1%)

1 すわという, の者, 諸役人

▼ 職~ (3, 0.1%)

2 にし 1 が重く

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 であるが, は平常士, も驚いた

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 の移動, を形づく, を意味

▼ 職所司代~ (3, 0.1%)

1 および新撰組, にこの, は名

▼ 職松平肥後守~ (3, 0.1%)

1 の故に, は, を途中

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 で鍵, にある, を把

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 にはそれ, のお, の御

▼ 職田二町~ (3, 0.1%)

1 というごとき, をうく, をのみ給せられる

▼ 職~ (3, 0.1%)

1 を召し上げられた, を書いた, を襲ぎ

▼ 職過ぎます~ (3, 0.1%)

2 かねあの 1 かね親分

▼ 職あり~ (2, 0.1%)

1 身の, 身は

▼ 職がの~ (2, 0.1%)

1 うて職, うて銭もうけ

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 がし, へ神

▼ 職しし~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 職たるべき~ (2, 0.1%)

1 宣旨を, 御内意

▼ 職だけの~ (2, 0.1%)

1 うろたえでは, 招待そして

▼ 職だらう~ (2, 0.1%)

1 とかま, と思ふ

▼ 職といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 見かけの

▼ 職としては~ (2, 0.1%)

1 やれても, 祕書省に

▼ 職としても~ (2, 0.1%)

1 前代未聞の, 立派な

▼ 職との~ (2, 0.1%)

1 あいだには, 間には

▼ 職と共に~ (2, 0.1%)

1 中興の, 併せ帯び豪奢度

▼ 職なく~ (2, 0.1%)

1 彷徨う, 食うに

▼ 職など~ (2, 0.1%)

1 小僧の, 職人が

▼ 職などが~ (2, 0.1%)

1 続々と, 育児院の

▼ 職なども~ (2, 0.1%)

1 七年位は, 重要な

▼ 職なら~ (2, 0.1%)

1 いつでも, ば時計

▼ 職なれ~ (2, 0.1%)

1 ばとて, ば詩

▼ 職において~ (2, 0.1%)

1 どのよう, 上様の

▼ 職にでも~ (2, 0.1%)

1 従事する, 離れますと

▼ 職にまで~ (2, 0.1%)

1 案内状は, 繰り返し訴えた

▼ 職によって~ (2, 0.1%)

1 まちまちだった, 立派に

▼ 職やら~ (2, 0.1%)

1 工匠らしい, 老人たちは

▼ 職を以て~ (2, 0.1%)

1 全社會を, 終ったが

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 帝國大, 感受シタリ

▼ 職一橋慶喜~ (2, 0.1%)

1 が一網打尽的弾圧政策, をはじめ

▼ 職仁親王~ (2, 0.1%)

1 の女, の女楽宮

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 を断らせた, を紹介

▼ 職冠九代~ (2, 0.1%)

2 の孫照宣公

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 抄, 鈔

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 の種類, を有せずん

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 井が, 井格之進が

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 が日本人経営, であった

▼ 職女郎~ (2, 0.1%)

1 の室, の本部屋

▼ 職定遍僧都~ (2, 0.1%)

1 にお, は遺憾

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 をしめ, をつけた

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 所司代の, 自身の

▼ 職斎藤太郎左衛門利行~ (2, 0.1%)

1 の娘, はにわかに

▼ 職末席~ (2, 0.1%)

1 なる恩田杢殿方, にて年少

▼ 職田一町~ (2, 0.1%)

1 すなわち官米二十五石, とは直ちに

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 もかなり, をあげれ

▼ 職肝入~ (2, 0.1%)

1 をし, を命ぜられた

▼ 職~ (2, 0.1%)

2 を著述

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 の仕事, は菌

▼ 職辞退~ (2, 0.1%)

1 の名, の聴許

▼ 職過ぎ~ (2, 0.1%)

2 てお

▼ 職過ぎら~ (2, 0.1%)

1 あ, ア附き

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 が花束, は手

▼ 職部門~ (2, 0.1%)

1 では最下級, に同棲

▼ 職~ (2, 0.1%)

1 が子, の家僕

▼1* [198件]

あげれば貴人, 職ありて後に, 職からはついに苦情, 職もいり, 職んを, 職これに乗り, 職乗用の, 職さんは支店, 職すぎらア付き合わねえ方, 職すぎるのが, 職そうして妾は, 職そのほか御物書の, 職そろってこの, 職たちのが一度, 職たりし公使, 職だけはさすがに, 職だったという, 職ちがいだが, 職つていふ男, 職であっても工人, 職であろうと近習, 職ですあいての公方どの, 職でなかつたのが, 職でなくてある, 職としか思って, 職としての一面, 職とて元より, 職とてもわづか, 職となさむと, 職どさくさ紛れにずいぶん, 職んだ, 職などと知りあったの, 職などというものの, 職などを遣って, 職なり君主の, 職なんかも時には放つたらかし, 職なんざあ豪気なもん, 職なんぞでも, 職なんて位置は, 職にしかつけなかったが, 職にすら従事する, 職についてから実際上役, 職についてからというもの, 職に対し生殺与奪の, 職に対して気の毒だ, 職に当たります深尾康臣も, 職に従いもって, 職に関してよりはずつと僅少である, 職のてがみを, 職はじめ家中一般から支持, 職への昇進の, 職まずは名門と, 職やらが何れも, 職よりのこ書簡を, 職らしいひとりです, 職らしい格式張った騎馬の, 職をはづかしめ今, 職トスル階級ニシテ彼等ノ信仰自由ニ同情, 職ミチキンや信吉みたい, 職ヨリ火盗除ノ守護札, 職一同と共に臨ん, 職三十九歳の男, 職三十余人甍を並ぶ, 職三名を一時, 職は宿場, 職に進み, 職並びに所司代へも, 職中一の手利, 職でいつも, 職主人勝りの, 職久しく続いて, 職短才也, 職争い後宮争い両統の帝位争奪, 職事務も自邸, 職云云の御, 職五十人雑役三十人合わせて, 職代官の旧, 職以上の盲人, 職以上脱走の大藩浪人共, 職以下詐謀日和見の偽装, 職以外にもつ, 職仲間の友吉, 職伊東十兵衛どのが源氏閣, 職なりとも, 職信始め従士をし, 職信年十七の若武者, 職僧侶男女こどもさまざまの車, 職を佐賀, 職の顔, 職兼左京大夫に, 職内膳司主膳監等式又見, 職別老若の差, 職加納將監方へ奉公, 職勲爵はそのまま, 職医者警部がいずれ, 職十二人の随一, 職千石のお家, 職と称え, 職及び関東二十八ヶ国の, 職古内主膳どのは欠席, 職司禁衞省覽表疏, 職各々忌詞あって, 職各自の居城, 職吉田玄蕃とわし, 職の長崎, 職商いをなす, 職喉鉢巻頬当から兜, 職団部民の方, 職土工大工などははいっ, 職城山の下, 職堀田道空にて候, 職塩冶判官高貞をつれ, 職始末にあらはれ, 職に厳に, 職は官制, 職暁僧都さまは, 職寄合所の考査役, 職實務のある, 職将軍の列, 職左官下駄屋青物屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 職左官畳職など職人, 職に会釈, 職席禄高汝にまさる, 職年の功です, 職幸二郎としましょう, 職にある, 職に入れ, 職廿五年の祝賀会, 職待つと手斧かた, 職悩職苦だった, 職の邪げ, 職所司代公卿の中, 職に過ぎない, 職持ちになった, 職教師等の労働, 職文獻通編とか明史, 職嗣邊業宜, 職早々またまた尾州家と, 職曾根権太夫がお迎え, 職曾根権太夫様が名代, 職へをした, 職朝臣仰せの旨, 職松平肥後守邸に応急, 職板倉内膳正殿が町人下郎共, 職に入学, 職ですの, 職横山庄以下の宗たる, 職は車力, 職池田出羽に面会, 職にゆかり, 職滝川三郎兵衛で, 職漁師風の老人, 職漁意識でもなく, 職漁者にし, 職田中氏にあ, 職田二町二段と従五位位田八町, 職田二町稲に准, 職田六町とともに正, 職田営種に関する条, 職田四町とともに従五位, 職田等の経営, 職して, 職皆これに從, 職は宮中, 職立候補と時, 職竹井惣左衛門様とてまえ, 職においては其開初, 職に在る, 職検校まで, 職総務部に属し, 職總檢校まで都合七十三, 職から申せ, 職の歌, 職肥後守の管轄, 職背負てたちし, 職自身に世, 職花魁に入れ揚げた, 職苟も名主たり, 職華魁と生れ, 職藪田五郎左衛門のむす, 職藪田喜七郎方にてある, 職藻西太郎と云う, 職蜂制の如き, 職をつけ, 職観世大夫が平伏, 職をもつ, 職が云い合わせた, 職州屋甚七という, 職遠山といふ順に, 職遠山春樹の三男, 職な態度, 職釣人も伊豆, 職釣者の手, 職長官だの, 職閣下と書きつけた, 職雲井なにがしと申す, 職顏見合せ年紀恥かしく, 職鹿野寧斎殿新宅祝いの宴席