青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貴族~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~貰いたい ~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った 貰った~ 貴女~ ~貴方 貴方~
貴族~
貴様~ 貴重~ ~買 買~ ~買い 買い~ ~買う 買う~ ~買っ 買っ~

「貴族~」 2707, 29ppm, 4006位

▼ 貴族~ (658, 24.3%)

16 家の 14 家に 10 郎女は 8 間に 6 家庭の 5 姫で, 家, 家の子は, 家庭では, 屋敷が, 語も 4 子に 3 ような, ように, 娘が, 娘の, 子らしい, 子弟の, 家でも, 方で, 生活を, 血を

2 [45件] ことを, するよう, ために, ニセモノ, 一部に, 中には, 中にも, 信仰に, 僧侶と, 儀表に, 出では, 出身である, 別荘か, 別荘が, 制度は, 前に, 名を, 地位と, 地位を, 城の, 女の, 娘である, 娘と, 娘に, 子の, 子も, 子女である, 家々に, 家庭に, 家長の, 心を, 教育を以て, 最高貴, 生活が, 生活という, 生活には, 生活の, 病根の, 病根を, 邸宅の, 間で, 間には, 階級を, 風格を, 首を

1 [450件] あひだ, いかがわしさ, うちの, お姫さまたちそれから, お姫様位ゐ, お嬢様が, お家に, した事, ためにのみ, ため霊を, ところに, なかでも, なかの, はなはだ少ない, ひとも, ひどい偏屈変りもの, まねを, もって, ものから, もので, ものである, やうな, やうに, イデオロギイの, エティケットが, ケチくさい, スレーブの, ナレの, ペレニウスです, 一つの, 一人だ, 一人で, 一人である, 一人子でした, 一人息子で, 一人法皇禁軍の, 一件で, 一派は, 一番気に入っ, 一部分が, 一門である, 下に, 下男に, 中では, 中の, 乱暴な, 事とて, 事を, 人々の, 人たちだつた, 人たちは, 人として, 人の, 付属民は, 代表であったごとく, 代表的位置に, 令夫人の, 令嬢が, 仲間であっ, 仲間と, 伝承より, 位地を, 住居であるべく, 住居の, 何万坪かといふ, 作つたやまと歌が, 使った長椅子, 保護を, 信仰の, 修養と, 傲慢な, 傲慢なる, 優れたイデオロギー, 兄弟姉妹と, 全生活, 公爵なる, 公達か, 公達ばらの, 典型は, 出であった, 出であり, 出である, 出なり一二七六年七月, 出の, 出を, 別なく, 別荘らしく見えた, 利己心に, 制を, 勢力が, 勢力は, 卑劣な, 占有から, 取り扱いを, 古い通信, 古墳です, 名に, 名前に, 名前を, 咽喉には, 品位を, 問題を, 団欒だ, 園遊会で, 土地財産を, 圧制と, 城館で, 変装に, 多くが, 多年の, 多數, 夢は, 大人をも, 大奥様, 大學生, 大部分, 天分な, 夫人か, 夫人たちが, 夫人にはな, 夫人娘としての, 奥向きで, 奥様方なぞに, 女たちによって, 女中に, 女学校に, 女性の, 女性は, 如きも, 如くに, 如く一礼を, 妻とてもやはり, 妻の, 妾までも, 姉弟たちを, 姫たちが, 姫では, 姫とやら, 姫の, 姫君たちだけの, 姫君だ, 姫君と, 姫君等に対して, 娘, 娘だ, 娘であった, 娘では, 娘としての, 娘とだけは, 娘なんかを, 娘にも, 娘は, 娘も, 娘より, 娘マリアの, 婦人たちが, 婦人とは, 婦人を, 婦人等が, 婦人連が, 婦人達は, 婦女これと, 婦女子に, 婿を, 子か, 子としての, 子なり, 子は, 子ゆ, 子らしく, 子供たちで, 子供という, 子供とか, 子供などは, 子供達でさえも, 子女が, 子孫に, 子弟, 子弟が, 子弟たちに, 子弟で, 子弟であっ, 子弟である, 子弟でも, 子弟として, 子弟四門學は, 子弟太學は, 子息たち高官殿上役人などの, 子息の, 学校の, 學問から, 學問で, 學問であり, 學者例へば, 室内である, 宮殿に, 家々で, 家々でも, 家々の, 家からでも, 家で, 家の子などが, 家は, 家へ, 家へも, 家を, 家屋も, 家庭で, 家庭において, 家柄が, 家柄である, 家柄に, 家門の, 寝室の, 封建的な, 専権ひいては, 専横政治が, 小娘らしく, 少年にて, 居城の, 屋敷に, 屋敷を, 屍体の, 崩れる時代, 巣, 常識, 広間だった, 庇護の, 庭では, 庭園などよりも, 後裔である, 後裔なりと, 御曹司たる, 御殿風に, 御者なりし, 復辟の, 心中に, 思想と, 恋愛生活を, 恥辱だ, 恥辱だらう, 恥辱で, 息子で, 息子でも, 息子として, 息子とでも, 悲痛な, 惱み, 愛と, 感情を, 慣例に, 憤怒を, 成立を, 所有地である, 所有物であった, 手から, 手で, 手によって, 手を, 支配する, 放埒な, 文化の, 文字を, 文学と, 文学の, 文明賤民の, 方々は, 方々や, 旧邸, 時代, 時代であった, 時代と, 最も卓越, 最上級の, 最下位に, 月並な, 服装を, 未亡人から, 末裔である, 末裔侯爵大伴宗久の, 末路を, 栄華は, 栄誉の, 権力に, 權力で, 權力を, 歴史であっ, 殊遇とを, 気位の, 気質に, 没収財産を, 没落を, 没落平家の, 注意を, 流れでも, 浄土具現の, 為に, 爲に, 爵号が, 物真似を, 特別委員会の, 特技だった, 特権が, 特権を, 特権的懸賞物だった, 特權を, 特色だ, 犠牲に, 珍重した, 班に, 甘い詞, 生れで, 生れらしい, 生活から, 生活で, 生活のて, 生活上の, 男は, 男児は, 男女が, 病人が, 癖として, 発展は, 盛で, 眼前に, 社会一変し, 祖先が, 私有地たる, 私有民を, 私民と, 私田を, 秘蔵に, 立后の, 立小便なんかじゃ, 立派なる, 立身譚に, 端くれで, 策略と, 籍も, 系譜を, 経験を, 美しい型, 美しい娘, 美男子な, 美的生活に, 習慣として, 老夫人ら, 肖像畫が, 肩書ぐらいじゃ, 肩書と, 腕前を, 自叙伝も, 苗字が, 若い夫人, 若い娘たち, 若い娘ら, 若公, 若君であった, 若様で, 若様といった, 若様を, 若殿の, 血だ, 血とが, 血筋の, 血統を, 行った総て, 表徴を, 裏面を, 裸形の, 覊絆を, 見られしは, 言葉と, 評価は, 誇の, 誇り高い白い, 誘惑に, 語を, 調度に, 財産は, 財産も, 貫禄に, 贈答用品, 趣味に従って, 跋扈した, 跋扈に, 跋扈を, 身分を, 軍隊でした, 輿論を, 通性であろう, 遊惰は, 遊食, 運動会へ, 運命を, 道具として, 道楽として, 邸で, 邸に, 邸にでも, 邸には, 邸の, 邸は, 邸へ, 邸内に, 邸宅が, 邸宅だ, 邸宅で, 邸宅であった, 邸宅ででも, 邸宅という, 邸宅に, 邸宅は, 邸宅を, 部屋らしい, 部類には, 配偶者は, 重罪を, 長にて, 門の, 間では, 間においても, 間にのみ, 陪審員として, 階級から, 階級中従二品より, 随身として, 集団たる, 需用に, 青年に, 青年は, 青年も, 青年や, 青春も, 面々だつた, 領地が, 顔つきで, 顔は, 風を, 風格が, 風格の, 食い縛った唇, 食するカリー・ライス, 食卓へ, 食堂の, 館の, 館を, 馬車絡繹たる, 體面に, 鼻の

▼ 貴族~ (272, 10.0%)

17 なもの 10 の現象 6 な品物 5 の社会 4 な品, な顔, のもの 3 な, な態度, な気品

2 [18件] だ, であつ, であること, であるに, では, なよい, な人柄, な傲慢さ, な女, な尊大感, な快楽, な性情, な文学, な香気, になっ, に制限, の人格, の需要

1 [177件] だから, だと, だという, だなん, だネ, で, であった, であらなければ, でありすぎたの, でありブウルジュワ的, であり命令的, であり小説, であり高度, である, であるけれども, であると, であるという, であるとか, であるとは, であるに対して, であれさらに, でない僕, でない姓, でなく丈夫, でわざとらしく, で反抗的, で婦人, で応待, で明朗, で有閑的, で此, で美しい, で自動車, で選ばれたもの, という, ということ, といふ幼い, と形容, ないかにも, ないじらしい, なおもちゃ, なこと, なその, なたしなみを, なたなばた, なところ, なの, ならん, なりしが, なるは, なるを, なる形, なる或は, なる権力感情, なる眞, なる社会, なる能楽, なる趣味, なんてあはれ, なんてそんな, なんてへん, なオットー, なギリシア, なスポーツ風景, なフランス思想, なラファエル, なロセッティ, な一寸, な上品さ, な上手, な上流人, な中尉, な事, な交際, な人格, な作品, な保護者ら, な儀式, な優遇, な公爵, な匂い, な名前, な品位, な国家, な塾, な女学校, な女学院, な好い, な娘, な家, な家庭, な容貌, な審美主義, な小, な小さな, な小中流人, な工藝美術, な御, な感じ, な感情, な手, な折衷主義, な支配者, な教養人的, な日, な旧, な旧館, な明るい, な本棚, な棺, な権力感, な民衆, な独尊主義者, な生活, な癖, な科学, な立派, な童貞的, な精神, な純白, な絵, な美し, な美しい, な美貌, な義務, な自尊心, な芸術, な茶人趣味, な華美, な血色, な詩人, な誇り, な贅沢品, な起居, な趣, な運営法, な邸宅, な関心, な青年たち, な静寂, な革命家, な風采, な香氣, な黒, な鼻, に, におっとり, にし, にせよ, になる, にも常識, にインテリ的, にデリケート, に形式, に暮し, に歩く, に流る, に生, に装, に見えた, に見識, の世界, の傲慢, の功徳, の地位, の坑夫, の堤防, の大木, の性質, の文學, の気分, の現象中, の豪奢, の趣味, デ一種ノーブルナ感ジガスル, 乃至ブウルジュワ的芸術, 反武士道的

▼ 貴族~ (139, 5.1%)

12 に於ける 6 は則 4 に於, の議席, 第一 3 の議員

2 [24件] が藩閥, が閣下, で藩閥政府, なりき, には或は, に列, に副, に否決, に就, に止らず, に籍, のある, の一席, の品位, の望み, の演壇, の状態, の老, の議場, の閣下, の闘将, は不幸, よりも一層, 第一流

1 [58件] いうたらあんた, から回送, でされた, ではその, では審議未了, でもこれ, でも不賛成, で今, で何億万円, で否決, で審議未了, で握り潰された, で某, で谷さん, で選挙干渉難詰, と衆議院, における本法改正案, にても中村氏同様, には高僧, にも出た, に入る, に回付, に席, に提出, に谷干城, に重き, の保守的勢力, の傍聴席, の勢力, の大臣室, の子爵議員, の存立, の控室, の方, の書記官長, の椅子, の歓心, の歡心, の菊地武夫男, の誰彼, の議, の議会, の議定, の長者議員, の門前, の開院式, はそのまま, は一国, は一國, もまた, も一家族, や衆議院, をも通過, を匡, を匡濟, を辞した, を通過, ヲ廢止シテ審議院

▼ 貴族~ (99, 3.7%)

4 平民との 3 結婚し, 自称する 2 ちかづきに, エゴイストとを, 僧侶の, 富豪との, 生れしもの, 生れながらの

1 [77件] いうと, いうべきである, いえども, いふ者が, うっとりと, おもに附き合いました, そつくりに, その従者, その息子, その領民, なった報, なって, なつた, なりあわよくば, なるとは, なる名門, サロンという, ベルゲンの, 争いほとんど, 云うもの, 云えば, 云ったって, 云ったよう, 云って, 云つても, 云へる, 僧侶だった, 僧侶とに, 僧侶に, 僧官の, 同じ性質, 同じ様, 同席する, 同様に, 名乗る哥薩克, 大地主, 学者と, 学者との, 富豪と, 将軍が, 小市民, 小民との, 少しも, 少数の, 市民との, 平民が, 平民すなわち, 平民とは, 平民のみ, 平民中世の, 平民富者と, 平民領主と, 慇懃を, 戰ひ, 手を, 政治家と, 昔の, 有産階級とに, 武士の, 申すべきであるかも, 町人とは, 石川達三が, 神道との, 稱すべし, 結婚させられた, 結婚した, 結婚せられる, 結婚は, 縁組みする, 良民と, 言われ紳士, 詩人とに, 資本主義的貴族との, 資本家の, 軍閥と, 農民と, 馭者とは

▼ 貴族~ (84, 3.1%)

2 之れ, 凋落する, 彼の

1 [78件] あんな岩島みたい, いつも競売, きらいな, そのよろこび, その保護, その先祖, その歴史的地位, そんな僕たち, たしかに堕ちた, たまらなくこの, どうしても聴, どうだ, どんなに富, まあママ, まだそこ, エゴイストだ, フランス語を, ブウルヂヨアに, 一日一食です, 三代の, 不斷, 乗った馬, 亡命十一年間獨佛國境の, 人格的個性の, 人民生活に, 他国に, 全く圧倒, 制度として, 命の, 大嫌い, 大海人自身, 天子の, 夫や, 夫妻揃つて潰家の, 女中が, 女王の, 奴を, 娘を, 実力を, 家に, 容易に, 寝ながら, 強大なる, 必ずエトラスケール出身, 必ず天子宰相, 恋で, 憎まれ贅沢品, 我の, 政治の, 文化を, 新しい軍器, 新憲法, 日々朝起きる, 暗黒を, 暴力を, 本当は一般, 杳として, 武力を, 殺されて, 無用の, 爽やかに, 牛車で, 異端者には, 百姓が, 皆わるい, 破れた, 私が, 竟に, 自ら生れ, 西洋の, 財政に, 貴族だ, 貴族同士富豪は, 賜田よりも, 退去した, 運動会を, 邸舍の, 都会に

▼ 貴族~ (82, 3.0%)

2 ふとりついで, 丁度その, 亡びて, 都の

1 [74件] あった, あつて, ありそれ, ありまして, ある, あわてて, いた, いる, この国, しきりに水槽, すなわちイングランド, するよう, そうであった, その奢侈, それぞれに, どうのこうのと, はじまるといふ, みんな我が家に, もって, アイルランドの, ヘンデルの, 三十三人の, 下僕を, 世の中を, 世間の, 乱暴を, 二人あった, 交代し, 伝承した, 作つて居る, 其私邸と, 冬は, 受入れたの, 太平に, 妻に対する, 存在しない, 学権を, 安全だ, 宮廷詩人を, 己れ, 彼の, 彼女の, 持つて, 政権を, 政權に, 新しい平民, 暴威を, 栄えやがて, 權力を, 死ぬと, 犬番や, 猛獣と, 猥雑な, 王位を, 現れて, 眼を, 私を, 競って, 美麗なる, 老年に, 能や, 自分たちの, 自分の, 藤原を, 虚無党に, 襲われたと, 賤民から, 車に, 通って, 遺言し, 長く別れ, 隣人の, 願へば, 飲む酒

▼ 貴族~ (80, 3.0%)

5 して, 仕へて 2 なりたい, 代って, 嫁し, 對し

1 [62件] あつた, あらず, うらみは, した, してやると, しようと, する, すゝめられる, なったもの, なった気持, なつた, なつて, ならねば, なるどころか, なるの, なれない奴, ふさわしい一片, ふさわしい熟練, めあわせること, ボニヴェー家という, 交る, 仕える男, 仕へた女房たち, 仕へるさ, 伝え貴族, 使われて, 使われる一粒撰, 列せられたこと, 列せられようという, 劣らぬもの, 勝るの立派, 向つて, 売ったり, 奪われ其妻, 專有され, 尋ねて, 小夜子サンを, 属する部曲, 心を, 心当りが, 恥辱を, 憧れるの, 暗殺の, 杜預, 極端の, 独占され, 生まれて, 生れたの, 田舎者の, 自分の, 自分を, 訊かなくとも, 負けないふう, 身を, 転身しよう, 迎合し, 途から, 過ぎない, 遠き者, 選ばれて, 飼はれ, 高められそして

▼ 貴族たち~ (62, 2.3%)

6 の名 5 の間 4 にはすでに 2 の仲間

1 [45件] から客間, がその, が出入, が常, が晴着, が私, が腹いっぱい, が貴族たち, が黄金, だけの生活設計, であった, ではない, ではなく, とによる鑑定人, と能, と話, にあります, には天下, には寺, には棍棒, に収めなけれ, に完全, に対する批判, に礼, に血汐, の仲間入り, の別荘, の名声, の家号, の尊敬, の慰み, の手, の日常不断, の歌, の生活, の肉親どうし, の頸, の顔, はこの, は人民政府, は叩き役, は帰りました, は自ら, は親しい, よ詩人ども

▼ 貴族主義~ (55, 2.0%)

2 である, と民衆主義, のもの, の精神

1 [47件] から来, がある, が唱道, が現われる, が生れる, が経済的政治的, だった, でわからず屋, で抒情詩, となっ, との相対主義的, との間, とは社会生活上, と呼ぶ, と容れなかった, なの, にその, には反対せり, にも色々, に代わっ, に傾く, に対して挑戦, に対する平民主義, に徹, に打ち勝つ, の上品さ, の外, の山頂, の形, の思想, の標語, の権力感情, の相対, の萎靡, の部類, は今や, は国家, は要するに, ひろい目, もある, もあれ, や形式主義, を代表, を振りかざした, を排斥, 即ち, 即ち大衆

▼ 貴族~ (53, 2.0%)

3 富豪の 2 ブルジョアに, 僧侶の, 大博士, 寺院の, 寺院は

1 [40件] その家族達, についてベートーヴェン, ブルジョアが, ブルジョアでは, ブルジョアの, ブルジョア社会の, 中世欧州の, 僧侶との, 労働者の, 台頭し, 哥薩克の, 地方の, 士共ゲーレスの, 大名の, 女房たちが, 女房たちの, 姫たちとは, 学者の, 学者を, 富者です, 富裕な, 富豪で, 富豪に, 富豪を, 富豪又は, 後宮の, 放蕩者は, 普通の, 武士, 武士とは, 武家の, 王族でした, 華族の, 豪族やの, 躊躇逡巡し, 郷士が, 金持ちに, 金持ちの, 高僧の, 高官たちが

▼ 貴族~ (53, 2.0%)

2 仕立てて, 仕立てての, 作るを, 教育し

1 [45件] こしらえはじめてから, した男, して, その道徳, なくしただけで, ののしり慨世, はじめまた, ひとり見つけ, ふとらせたり, まねて, もち出し, もって, 不利の, 今までに, 仕立ててまで, 仕立てるについて, 作らむ, 作らむが為, 作れば, 侮辱する, 倒し学校, 出して, 大いに罵倒, 威圧する, 対等視する, 市外に, 征服しなけれ, 憎んで, 放逐する, 模範と, 殺そうと, 気どって, 滅ぼした, 滅ぼすであろう, 現実しよう, 盗み出す以上, 笠に, 籠絡し, 英国の, 見本と, 見軍隊, 訪ねて, 軽蔑し, 非難し, 風化し

▼ 貴族院議員~ (45, 1.7%)

2 が貴族院, であつ, となり, なり人, になっ, になった, に勅選, のお子さん

1 [29件] が, が日比谷, が脇, さ, だったし, であった, でありまた, として吾, となっ, なんて澄まし込ん, に, になる, にもなられ, に対して余, に對, に推挙, に撰, のパリパリ, の兄, の兄様, の愛娘, の有志, の氣焔, の滝口吉良, の資格, の邸, をなさっ, をやめ, 正四位

▼ 貴族階級~ (42, 1.6%)

4 の人 2 の中

1 [36件] が一般民衆, が今や, が生んだ, が生活感情, と貧民浮浪者層, なりから特別, にし, には珍, には貴族階級, に丈, に属する, の, のもの, のやう, のイデオローグ, の中世思想, の中堅, の乗り馬, の共有物, の典型, の占有, の女性, の文学, の最も, の歌風, の甘やかされ, の者, の腐敗, の自然的衰弱, はついに, は手, ばかりで, や武士階級, を占め, を招いた, を流れる

▼ 貴族趣味~ (32, 1.2%)

2 を代表

1 [30件] があるせゐ, が減じた, が説い, だ, だと, ではある, といふもの, とは心ゆく, とをからみあわせ, と華麗, なのね, についても自分, に向っ, に属する, に投じた, ね, のいかにも, のこの, のもの, の一つ, の一面, の夢遊病者, の形, の或, の芸術, は彼等, は頭腦, もそこ, も実は, を高調

▼ 貴族社会~ (28, 1.0%)

2 を一変

1 [26件] から起った, であった, であって, といえ, において重き, にのみ限られた, には病弱, に居る, に於, に用, のする, のもっとも, のもの, の一員, の人々, の冷やか, の凋落, の慣, の武備主義, の産物, の男, の籠中, は今日, は全体, をもっ, を呑噬

▼ 貴族政治~ (24, 0.9%)

1 [24件] が廢頽, が行われ, と君主獨裁政治, には民心, による小さい, のおかげ, の下, の崩壊, の弊害, の形骸, の昔, の時代, の末期, の習慣, の腐敗, は六朝, は唐末, も保元, も終熄, をやっ, を倒壊, を助長, を滅, ヲ覆滅シタル維新革命ハ徹底的ニ遂行セラレテ貴族

▼ 貴族~ (18, 0.7%)

1 [18件] あちこちの, います, ましてボンクラ共, また混つて, みな平民に, 人民も, 元宮様も, 博士も, 哲学者も, 地方に, 大道の, 富豪も, 平民も, 文字通り貴族であっ, 武士も, 相場は, 自分も, 衆民も

▼ 貴族~ (17, 0.6%)

1 [17件] あつた, あつたなら, お父さま, これを, その性格, それは, アメリカ女の, インド駐在軍司令部の, クララの, デッキパッセンジャーとして, 大佐令嬢たる, 天才だ, 帝の, 常に文墨, 庶民の, 指輪を, 文壇を

▼ 貴族~ (16, 0.6%)

2

1 [14件] から悪い, が一つ, けどいま急, そうだ, つたといふ, ということ, というわけ, と思っ, と自称, なんて, ね, のと, よ小母さん, 溝鼠などは

▼ 貴族時代~ (15, 0.6%)

2 には平民, を現出

1 [11件] から平民時代, が崩れ, そうした時代, でもない, と類似, には人民, には戻らなくなる, のやう, の信仰, は家系, よりは甚だ

▼ 貴族~ (15, 0.6%)

1 [15件] の到来, の大将, の溝鼠征伐, の王様, の総勢, の隙, はす, は少し, は敵方, は業腹, は矢庭, は船, もた, も溝鼠軍, をからかひました

▼ 貴族~ (14, 0.5%)

3 の人 2 の彼 1 のお方, のこの, のベルニィ, の優秀, の尼さん, の母親, の結婚, の若者, の軍人

▼ 貴族~ (13, 0.5%)

2 でなければ名門, 何かが, 何かの, 富豪か 1 である, ハイカラぶった, 何でも, 地主軍人技術家大きな, 大金持ちの

▼ 貴族でも~ (13, 0.5%)

1 [13件] ありゃ貴族, その家, ない, ない労働者, なかろう, なく金持, なければ, なんでも, 其間に, 商人でも, 来あ, 貧乏貴族の, 金持でも

▼ 貴族として~ (13, 0.5%)

1 [13件] この上, その名, であって, 上院にも, 世俗に対し, 亡びゆくギリシャ精神, 勢力を, 国持ち, 対立せしめられる, 持って, 立って, 編集に, 豪華の

▼ 貴族~ (13, 0.5%)

2 だとか

1 [11件] から持っ, が何, とはいつ, とは扇動, にいつも, によって着色, に制せられた, に独特, の故に, はクリストフ, を持つ

▼ 貴族~ (13, 0.5%)

2 の人

1 [11件] して, だった, な長髪, に保守的, に戻さう, に見え, の固定感覚, の手, の月, の歌, の颯爽さ

▼ 貴族らしい~ (11, 0.4%)

1 [11件] お美し, 上品な, 人の, 人達も, 品格が, 夫婦が, 強情さでも, 挨拶を, 着用品では, 顔には, 風采である

▼ 貴族という~ (10, 0.4%)

1 ところで, のは, ものに, 奴さ, 感じであった, 条マダ出来立ての, 社会的支配権の, 自身の, 血の, 言葉では

▼ 貴族生活~ (10, 0.4%)

1 に批判, の中, の模倣, の殿堂, の気分, の眼界, の雰囲気, をくりのべ, をし, をする

▼ 貴族との~ (9, 0.3%)

1 ものであった, 協議體と, 同棲の, 均衡物と, 張り合いその他所謂映画, 科学しか, 間ぐらいしか, 間に, 関係上神下しは

▼ 貴族には~ (9, 0.3%)

1 いろ, おほ, このやう, その成長後, それぞれ多くの, なかった, 學問も, 彼女の, 相違ない

▼ 貴族主義的~ (9, 0.3%)

2 なところ 1 である, なるカント, な一般的反抗性, な権力感, な知識, な考え方, の精神

▼ 貴族主義者~ (9, 0.3%)

1 が思ひ切つ, が衣食住, であり従つてさ, であるかを, である非, です, の一族, は思惟, は精神的

▼ 貴族及び~ (9, 0.3%)

2 貴族院に 1 中世ヨーロッパ諸侯は, 僧侶の, 地方の, 庶人の, 旅人は, 豪族の, 高官に

▼ 貴族富豪~ (9, 0.3%)

1 がどれ, に嫌忌, のみ車, の宝庫, の特権階級, の目, の私有民, はその, は模造品

▼ 貴族から~ (8, 0.3%)

1 いつも注文, でした, 命令する, 平民に, 民間に, 見れば, 解放されます, 解放される

▼ 貴族である~ (8, 0.3%)

1 ことを, これは, ぞ, と共に同時に, エトラスケール人たる, 彼は, 父親と, 自身の

▼ 貴族としての~ (8, 0.3%)

1 イギリスは, トルストイ家の, ユンカートゥムと, 境遇は, 女工の, 特権まで, 誇りなり, 資格を

▼ 貴族僧侶~ (8, 0.3%)

1 が個人的, ですから, に比べる, のごとき, の愛好飲料, はその, を招集, 大地主

▼ 貴族~ (8, 0.3%)

1 が栄える, だけで, にいい, に多い, に対し工藝品, のみが優れた, の性質, を尊ん

▼ 貴族文化~ (8, 0.3%)

2 の最後 1 がようやく, が主として, と低い, には西洋, の精華, も鎌倉以後

▼ 貴族文学~ (8, 0.3%)

5 の時代 1 とそこ, と相似, の区別

▼ 貴族~ (8, 0.3%)

1 の唱, の有した, の杖, の特権階級, の讒, はまた, は皆支那輸入, は詩

▼ 貴族~ (8, 0.3%)

1 から二葉, における絵, の侍女たち, の入湯設備中微温湯, の幻影, へ賓客, を中心, 元大臣邸

▼ 貴族院議長~ (8, 0.3%)

42 たりし, たり西園寺侯

▼ 貴族~ (7, 0.3%)

1 の嘱目, はまた, は一門, は冷笑, もおもねつ, も別に, を虐殺

▼ 貴族であり~ (6, 0.2%)

1 また官職, 又文学, 大富豪, 最高な, 最高の, 王党でさえ

▼ 貴族~ (6, 0.2%)

2 のか, んだ 1 のでせう, んだろう

▼ 貴族といふ~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 奴が, 貴族が, 階級が

▼ 貴族としては~ (5, 0.2%)

1 位階勲等の, 国家の, 大出来, 遊んで, 重臣其他の

▼ 貴族~ (5, 0.2%)

2 税を 1 好い条件, 嫁入りし, 旦那へ

▼ 貴族~ (5, 0.2%)

1 がいた, の幾分, の性質, の面前, を従え

▼ 貴族社會~ (5, 0.2%)

1 に咲いた, のこと, のサロン, の欲望, の甘やかされた

▼ 貴族であっ~ (4, 0.1%)

1 てこの, てただ, て主族, て気取り

▼ 貴族であった~ (4, 0.1%)

1 ほこりも, ような, 場合は, 者が

▼ 貴族では~ (4, 0.1%)

1 あったが, ない, ないに, なくて

▼ 貴族とは~ (4, 0.1%)

1 いいところ, 名ばかりの, 紋の, 限らないさ

▼ 貴族とも~ (4, 0.1%)

2 いうべきもの 1 いわるべき家柄, なり普通民

▼ 貴族らしく~ (4, 0.1%)

1 品位を, 手数を, 返事を, 鷹揚に

▼ 貴族出身~ (4, 0.1%)

1 ではない, で十九世紀末欧州, のジュリヤ, の若い

▼ 貴族屋敷~ (4, 0.1%)

1 の一室, の天稟ゆたか, の娘, らしい鉄柵

▼ 貴族~ (4, 0.1%)

1 と低い, の出, の常識, の独特

▼ 貴族庶民~ (4, 0.1%)

4 に渉

▼ 貴族感的~ (4, 0.1%)

1 でどこ, となり, なるすべて, のもの

▼ 貴族政治時代~ (4, 0.1%)

1 と大, にも屡々, に於ける, の栄華

▼ 貴族教育~ (4, 0.1%)

2 の取調, の重任

▼ 貴族的姿致~ (4, 0.1%)

2 あるに, あるは

▼ 貴族的工藝~ (4, 0.1%)

1 であり第, とどういう, はしばしば, を工藝

▼ 貴族的精神~ (4, 0.1%)

1 がみなぎっ, というもの, によつて, は実に

▼ 貴族たる~ (3, 0.1%)

1 ことを, 金融資本家の, 閣下に

▼ 貴族だった~ (3, 0.1%)

1 から, ことも, ために

▼ 貴族でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばわからない, ば出来ない, ば高い

▼ 貴族とか~ (3, 0.1%)

1 で民間, 大店の, 郷士とかいう

▼ 貴族ども~ (3, 0.1%)

1 で自分, においてもその, を眺め

▼ 貴族などの~ (3, 0.1%)

1 中には, 中世的等族の, 名前も

▼ 貴族にも~ (3, 0.1%)

1 ひとしい豪奢, 列せられたほどの, 賎民にも

▼ 貴族によって~ (3, 0.1%)

1 初めて秩序, 土地所有者である, 経済的に

▼ 貴族に対する~ (3, 0.1%)

1 最敬語, 深い感謝, 闘争の

▼ 貴族への~ (3, 0.1%)

1 憎悪を, 憧れだった, 評価が

▼ 貴族エフィゲニウス家~ (3, 0.1%)

1 の愛娘, の愛娘ロゼリイス姫, の祖先

▼ 貴族~ (3, 0.1%)

1 でも最も, の名門, の最も

▼ 貴族仲間~ (3, 0.1%)

2 にては早く 1 の禁物

▼ 貴族団長~ (3, 0.1%)

2 のところ 1 で高廉

▼ 貴族好み~ (3, 0.1%)

1 で, に現れた, 趣味の

▼ 貴族平民~ (3, 0.1%)

1 の両, の区劃, の多く

▼ 貴族意識~ (3, 0.1%)

1 の好, は彼等, は甚だ

▼ 貴族~ (3, 0.1%)

1 がない, の情操, を嫌っ

▼ 貴族~ (3, 0.1%)

1 であり君主政, には一つ, に一變

▼ 貴族武家~ (3, 0.1%)

2 の如く 1 の生活

▼ 貴族的思想~ (3, 0.1%)

1 が盛ん, の族長制度, を打破

▼ 貴族的社会~ (3, 0.1%)

2 を一掃 1 の芸術

▼ 貴族精神~ (3, 0.1%)

1 も女, を代表, を見

▼ 貴族豪族~ (3, 0.1%)

1 の姓, は各自, は多く

▼ 貴族あり~ (2, 0.1%)

1 て人, 学生あり

▼ 貴族だろう~ (2, 0.1%)

1 と存じます, よ

▼ 貴族って~ (2, 0.1%)

1 やつは, わけです

▼ 貴族といつて~ (2, 0.1%)

1 も本物, も生活ぶり

▼ 貴族とを~ (2, 0.1%)

1 代表しなけれ, 繋げる宗教

▼ 貴族なら~ (2, 0.1%)

1 ば銘々三百人, 貴族の

▼ 貴族なんて~ (2, 0.1%)

1 まったく前, みんな落ちぶれ

▼ 貴族にて~ (2, 0.1%)

1 オートフォルの, ギベルリニ黨に

▼ 貴族によ~ (2, 0.1%)

1 つてとり入れられ, つて資人又は

▼ 貴族に対して~ (2, 0.1%)

1 平生匡済の, 擡頭した

▼ 貴族のみが~ (2, 0.1%)

1 これを, 纏うの

▼ 貴族または~ (2, 0.1%)

1 僧侶が, 華族という

▼ 貴族みたい~ (2, 0.1%)

1 なその, な古い

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

2 きたる鼻音

▼ 貴族めいた~ (2, 0.1%)

2 エゴイズムの

▼ 貴族より~ (2, 0.1%)

1 平民に, 遠ざく

▼ 貴族らし~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 貴族エフィゲニウス氏~ (2, 0.1%)

1 が今, と当地一般市民

▼ 貴族エル何某~ (2, 0.1%)

1 が其の, の別荘

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 コノ傲慢ナル風習ヲ, 所有地ヲ

▼ 貴族ピオ~ (2, 0.1%)

1 が最後, は日本

▼ 貴族中心~ (2, 0.1%)

1 のもの, を私

▼ 貴族令嬢~ (2, 0.1%)

1 である, の映画好み

▼ 貴族会館~ (2, 0.1%)

1 に於, に着いた

▼ 貴族保護局~ (2, 0.1%)

1 から金, へ抵当

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 に使, のもの

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

2 體の

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 が世の中, の知識的禁欲主義

▼ 貴族制度~ (2, 0.1%)

1 と王政, は廃止

▼ 貴族即ち~ (2, 0.1%)

1 大名が, 藤原氏といふ

▼ 貴族名門~ (2, 0.1%)

1 などと云われ, の口

▼ 貴族團體~ (2, 0.1%)

1 の小作人, の私有物

▼ 貴族夫人~ (2, 0.1%)

1 となった, の遙

▼ 貴族女房たち~ (2, 0.1%)

1 の趣味, は源氏物語

▼ 貴族学校~ (2, 0.1%)

1 のあと, の校長

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 では非常, に反し

▼ 貴族気質~ (2, 0.1%)

1 というもの, の持ち主

▼ 貴族的品格~ (2, 0.1%)

2 と正しい

▼ 貴族的教育~ (2, 0.1%)

1 の模倣, をほどこされた

▼ 貴族的文學~ (2, 0.1%)

1 が傲然, の間

▼ 貴族的生活~ (2, 0.1%)

1 からの考えかた, を喜ばず

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ 貴族者流~ (2, 0.1%)

1 と相, の薄弱

▼ 貴族臭い~ (2, 0.1%)

1 贅も, 雰囲気に

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 の集団, を脱し

▼ 貴族若く~ (2, 0.1%)

2 は耆宿

▼ 貴族譜二三種~ (2, 0.1%)

1 の辞書, の辭書

▼ 貴族賤民~ (2, 0.1%)

1 というよう, の何

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 の多く, は酒場

▼ 貴族部落~ (2, 0.1%)

1 と呼ん, と改めて

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

1 に不倫, に同姓婚

▼ 貴族院中~ (2, 0.1%)

2 には藩閥

▼ 貴族院内閣~ (2, 0.1%)

2 でもが出来る

▼ 貴族院議員三十七名~ (2, 0.1%)

2 と連署

▼ 貴族院議員勲二等~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 貴族院議長伊藤博文~ (2, 0.1%)

2 が偶

▼ 貴族階級中~ (2, 0.1%)

1 の一, の優秀

▼ 貴族顕官~ (2, 0.1%)

2 の列席

▼ 貴族高僧~ (2, 0.1%)

1 に交った, も争っ

▼ 貴族~ (2, 0.1%)

2

▼1* [274件]

貴族あるいは権力者の, 貴族および專制王政に, 貴族からは海賊と, 貴族がたのりっぱ, 貴族ぐらしの藤原, 貴族しか云わなかったの, 貴族すなわち軍国の, 貴族そしてこの邸, 貴族その高貴さと, 貴族そのままの顔, 貴族それが戻っ, 貴族たち王党の人たち, 貴族たりし者, 貴族だけの藝當だ, 貴族だったろうあの青い, 貴族だつた為に, 貴族だの上流資産家の, 貴族つてのはそんな, 貴族であるべきでありしかればその, 貴族でしょうが私, 貴族ですが, 貴族でないと誰, 貴族といった場外れの, 貴族とかの文学は, 貴族とが奇妙な, 貴族とてはこの都会, 貴族とに従順なるべし, 貴族どうしは同情, 貴族どころか賤民に, 貴族などすべて権力や, 貴族などが長生を, 貴族などではなく彼, 貴族などになりますと, 貴族などには使は, 貴族ならかうもあらう, 貴族なりとし人間, 貴族なるものを, 貴族にだけつけて, 貴族にとり立てられました, 貴族にまで附くこと, 貴族により添える胸, 貴族に関する議論だけでも, 貴族のやしきに, 貴族ばかりでは, 貴族ばかりから成り立つて, 貴族ばかりにあった病弊, 貴族ずいん, 貴族まがいの身なり, 貴族もしくは政を, 貴族よろしくの姿, 貴族らしく気どる女である, 貴族ら帝国の貴族, 貴族ら祖国を再び, 貴族をも知らない何事, 貴族アーヂマリ家の者, 貴族ウェストリーネン・ヴァン・ティエランドであるが, 貴族ウブリアーキ家の紋, 貴族エフィゲニウス邸の豪華壮麗, 貴族オネスティ家の出, 貴族サー・パーシー・ブレークネーが厳重, 貴族多ク, 貴族ニ朝鮮人ノ血液ガ多量ナリト云フコトハ, 貴族フィッツ・ジェラルドにも盗癖, 貴族ブオソ・ドナーティなる者, 貴族ブオンデルモンテ家の一人, 貴族ブルジョアに対する第, 貴族ブルネルレスキ家の者, 貴族ペトロニューの様, 貴族ボバドイラ侯爵から伝えられた, 貴族マキシミリヤンと佳人リュシエンヌ, 貴族マドリド司僧を無残, 貴族マルテ・ラウリッツ・ブリッゲがその, 貴族マルテ・ラウリッヅ・ブリッゲが巴里, 貴族メデイチ家の霊廟, 貴族モナクイハユル英雄モ豪傑モ一人モ有ルコトナシ, 貴族ラヴィニアーニ家の人, 貴族一二九五年の末, 貴族一家一門の首領たち, 貴族一流の威嚇, 貴族一般に用, 貴族上流の婦人, 貴族上流人の社交界, 貴族世界の第一義, 貴族並びに群集精神に, 貴族主族の手合い, 貴族主義壮美の趣味, 貴族主義後者の態度, 貴族主義的イデオロギーの上, 貴族主義的傾向に対立, 貴族主義的内容常識の制限, 貴族主義的反抗がじつは, 貴族主義的賢者の観念, 貴族主義社会主義と個人主義, 貴族主義精神の, 貴族主義者ニイチェである, 貴族乃至武家階級の, 貴族事業家市民のそれ, 貴族二十五家まである, 貴族人民の三つ, 貴族人知れずやりくりに, 貴族代表とも申すべき, 貴族先生の顔色, 貴族全盛の時代, 貴族出士官だ, 貴族制ユンカートゥムはもはや, 貴族した一部, 貴族十三世紀の前半, 貴族半分武人式の文化, 貴族又は上流階級に, 貴族同士富豪は富豪同士, 貴族名媛及女優の史伝, 貴族名鑑などを読みません, 貴族君主又は今日, 貴族をそなえ, 貴族滅びこれ, 貴族などこそ太い, 貴族地主としての生活環境, 貴族というもの, 貴族士分の郷貫, 貴族士官につきもの, 貴族資本家学者などの, 貴族大官ではあるまい, 貴族大官あたりに非常, 貴族大臣等が迎える, 貴族天文学者ティホ・デ・ブラーエの助手, 貴族夫人黒ん坊運転手といったよう, 貴族女学校で十月革命, 貴族女学校出のオリガ, 貴族女學校になっ, 貴族学校出のオリガ, 貴族学校在学時代から常に, 貴族学校長の家, 貴族学校長エンゲルガルトが住ん, 貴族学者ド・ブローリーがすっかり, 貴族宗教の代表的, 貴族官僚などにとつて, 貴族宮殿え引き上げ, 貴族宮臣を喜ばせる, 貴族家ごとに幾組, 貴族富人が多かっ, 貴族富民その他の非, 貴族富裕階級のもの, 貴族富豪それらを見, 貴族富豪名士を満載, 貴族富豪特権階級の集まり, 貴族富豪等の目, 貴族富豪貴婦人等が争っ, 貴族富豪階級の間, 貴族対貴族の立后, 貴族崇拝に対してサッカレ, 貴族崇拝古武士気質の礼讃, 貴族崇拝正統王党派的見解は既に, 貴族席正面に宮廷席, 貴族平民以外のもの, 貴族廢頽の結果, 貴族廷臣役人どもを従えられ, 貴族はコモ垂れ, 貴族心理はわれら庶民, 貴族思想を説明, 貴族性全体の味方, 貴族或は貴族主義者が, 貴族振っている, 貴族政治時代以來澤山ある學藝, 貴族政策に代っ, 貴族教会地主富農の土地, 貴族文学中流文学民衆の文学, 貴族文明への反感, 貴族文明形式文明風流文明で剛堅確実, 貴族の美的模範, 貴族方言と言, 貴族最高位にいらつ, 貴族未亡人へ勧め, 貴族松浪伯爵の別荘, 貴族との坐, 貴族栄花の時代, 貴族歌人嘲笑のもと, 貴族武器輸出業水道事業の発案者, 貴族武士の文化, 貴族武士法士の前, 貴族武家階級の専用娯楽, 貴族歴史へ載る, 貴族に属する, 貴族派一性論派王党派の衣, 貴族特権を攻撃, 貴族生活武士生活の感情, 貴族男子や武士, 貴族といはれる, 貴族的ディレッタント風であって, 貴族的作品である, 貴族的傲慢さにも充ち満ち, 貴族的僧侶は百六十五名, 貴族的僧侶的宮廷的なもの, 貴族的制度の国, 貴族的勢力を得る, 貴族的反抗性反作用性の特色, 貴族的呪文としての用語, 貴族的喜劇は中産階級的, 貴族的団体だ, 貴族的存在を認めない, 貴族的容儀を修めざれ, 貴族的容貌とを想像, 貴族的尊大性を高調, 貴族的常識によって根本的, 貴族的平民味ともいふべきで, 貴族的平民振りはまあ, 貴族的役割ばかりが注目, 貴族的性格というもの, 貴族的態度の美, 貴族的教育法である, 貴族的教養をさずける, 貴族的文士の再来, 貴族的日本人その一人, 貴族的時代に云うべき, 貴族的有力者的生活者だつた事, 貴族的武士的な趣味, 貴族的気位カトリック教の神秘, 貴族的気禀に低頭, 貴族的牧歌趣味をひけらかし, 貴族的独尊とこれ, 貴族的生活態度全体を象徴, 貴族的矜恃のため, 貴族的織物と異, 貴族的聖者は彼, 貴族的芸術を虐待, 貴族的資格のすべて, 貴族的道徳的藝術家の間, 貴族的階級からの登用, 貴族的階級心に媚びる, 貴族的隱語である, 貴族皆之を尊重, 貴族社会学会文学界芸術界等の大立物, 貴族等ひとり専横を極め, 貴族等私怨を懷, 貴族系譜の数十巻, 貴族でもない, 貴族稱ベニヨーウスキイ伯爵が, 貴族をあらわし, 貴族蔵本などは自ら過剰, 貴族の如き, 貴族衆民此の三原素, 貴族街サン・ジェルマンなどを歩く, 貴族詩人のみの専有物, 貴族と文化, 貴族豪商の驕傲, 貴族趣味教養貴族的気位カトリック教の神秘, 貴族に至り, 貴族連中から誰, 貴族道徳としてのあの, 貴族邸内部における饗宴, 貴族金持たちは出来る, 貴族院・等に於ける, 貴族院各派の代表, 貴族院本会議を通過, 貴族院研究会すら宣言及綱領, 貴族院研究會すら宣言及綱領, 貴族院議員たちのほう, 貴族院議員らは, 貴族院議員加藤某の媒酌, 貴族院議員大橋新太郎という人, 貴族院議員子爵加藤俊明氏の夫人, 貴族院議員子爵大河内正敏氏については個人的, 貴族院議員小暮英三郎衆議院議員中島祐八荒井啓五郎木暮武太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 貴族院議員小笠原某が別室, 貴族院議員有資格者は一県, 貴族院議員本間千代吉高橋ドリコノ博士元アルゼンチン公使内山岩太郎ら, 貴族院議員枢密院顧問官久礼伯爵の三女ノブ子, 貴族院議員柳原義光氏の妹, 貴族院議員水野錬太郎氏の次, 貴族院議員百余名は連署, 貴族階級的な匂い, 貴族へのがれ, 貴族額部に宝石, 貴族顔彼はさ, 貴族騎士平民奴隷があり