青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貴女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

責任~ ~貰 貰~ ~貰いたい ~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った 貰った~
貴女~
~貴方 貴方~ 貴族~ 貴様~ 貴重~ ~買 買~ ~買い 買い~ ~買う

「貴女~」 3176, 34ppm, 3409位

▼ 貴女~ (834, 26.3%)

16 お心, ような 15 ために 10 お父様 9 ことを 8 お名前, お顔, 心を 6 心に, 身に 5 おため, お口, お手紙, その笑顔, 前に, 心の, 本当の

4 [11件] お姿, その美しい, なさること, やうな, 事を, 全部を, 心から, 戯れの, 手に, 笑顔ほど, 身体を

3 [23件] お家の, お家へ, お眸, お考, お考え, お部屋, 仰有る事, 傍に, 前で, 姿が, 御両親, 御勝手, 御心, 御意見, 御親切, 態度が, 所へ, 様に, 清浄な, 美しさ, 胸に, 運命を, 顔を

2 [85件] あの時, お住居, お召状丈, お好き, お姉さま, お姉さん, お帰り, お心一つ, お心丈, お戯れ, お手, お手許, お母様は, お父さんも, お言葉, お言葉丈, お身体, お迎, さまよ, せめてもの, その秀, ためなら, ためには, はた, ように, 上に, 事も, 事ツて, 代りに, 仰言, 何です, 俺に対する, 前の, 危険な, 危険な戯れ, 名が, 周囲に, 声で, 実の, 客間に, 家の, 将来の, 少しでも, 待遇が, 後悔として, 御一身, 御主人, 御厚意, 御様子, 御父上, 心持は, 愛の, 愛情の, 愛情を, 態度に, 手から, 手を, 教養や, 方が, 母様が, 気が, 泣き顔は, 泣き顔を, 現在の, 生命が, 生活の, 目指す男性, 真実だ, 真実な, 知つた人から, 笑顔が, 純な, 結婚に対する, 自然な, 良心に, 良心を, 見る所, 親友に, 許は, 詩を, 身も, 迎ひ, 順番, 顔が, 魂の

1 [414件] いひ分, いらつし, うたに, うちは, おお貴女, おつ, おめがね違い, お上げ, お世話させます, お仲間, お傍, お兄様, お助け, お友達, お口添, お名, お国, お売り, お好み, お婿さん, お客じゃ, お家に, お家まで, お尋ねに, お屋敷, お座敷は, お座敷へ, お手ずから, お指図通り, お望, お望み, お母さんです, お母さんの, お母さんは, お気に, お気持, お父さんから, お父さんが, お父さんと, お父さんの, お父さんを, お父上八木沢医学博士, お父樣, お目, お眼, お眼鑑, お耳, お胸, お腹の, お舌, お蔭で, お返事, お顧客, かおを, ことが, ことだ, ことも, ことゆえ, ことをね, こと言ふ, ご勝手, ご意見, ご用事, ご辛労, ご都合, さう云, さながらの, したこと, して, する仕事, そうした涙ぐましい, そう云う, そのかがやく, そのにらみ, その口, その態, その笑顔ぢ, ためにも, つむりは, では, とこの, ところに, とられたる奇怪, なきがら, なさる復讐, なすった事, なまやさしい手紙, はいただく, ふうに, ふうの, まねを, ものと, ものに, ような恋する, ろうたきいきどおりとで, アテ名で, 一番好い, 一雫の, 七夜の, 不在証明を, 不幸に, 不幸ば, 不運です, 不運の, 世界の, 世話を, 事が, 事じゃ, 事悪く, 事惡く, 二つの, 二人は, 二親の, 云って, 云われたミンコフスキー, 人生に対する, 仕事でも, 仕事は, 仰しゃる通り, 仰せられた金山, 任務は, 会社に, 会社へ, 伝記は, 住居を, 保管すべき, 保護者に, 借金も, 偉大さが, 健やかさに, 健やかな, 優しい仇気, 兄さんの, 全人的, 六感に, 内へ, 冷い, 冷たい心, 処に, 処女性反撥力といった, 出て, 出る時, 出家に, 出来る中, 別名で, 制裁を, 前でも, 劇団の, 友達で, 叔父様, 叔父様に, 叔父様ミスタ・サヤマに, 口から, 口を, 右側から, 呼ばれて, 品位を, 唄ふべき, 唇の, 国にては, 場合は, 外に, 外出を, 夢と, 大好きな, 夫では, 奥殿に, 女は, 女らしい夢想, 女房の, 奴隷です, 好きだつた, 好きな, 姿の, 姿は, 姿賑は, 媚態を, 嫌疑は, 孝行手伝わはった, 家にとって, 家へ, 家らしく住ん, 家を, 家系に, 寝た事, 寝室へ, 将来を, 導き, 小説が, 左の, 希望は, 年には, 年頃に, 年頃には, 弾くピヤノ, 形見に, 後ろ姿が, 後を, 後援を, 御ひま, 御不運, 御事故, 御作に, 御作を, 御兄さん, 御口, 御困苦, 御姿, 御存じない, 御容体, 御意の, 御憐愍, 御注文, 御満足, 御病気, 御笑談, 御聡明, 御言葉, 御許し, 御身から, 御身の, 御返事一つに, 心像を, 心臓が, 心配に, 応じ得ぬ様, 忠順なる, 思い通り生活, 思ひ出, 思ひ通り, 思想から, 性格には, 恋人と, 恋心, 息から, 息子を, 悪業は, 想像を, 愛人にあたる, 愛情をも, 感づかない, 態度といふ, 態度を, 憂いを, 或る, 所じゃあ, 手の, 手帳を, 手紙を, 手頸を, 抗議を, 持って, 指図は, 授業ぶりを, 探して, 散歩は, 数理哲学を, 敵では, 敵とか, 敵に, 方は, 方へ, 方へばかり, 旦那さんの, 旦那様の, 旦那様も, 昔友達を, 智慧に, 智慧も, 書かれたもの, 書物を, 曾ての, 望みか, 望む様, 未来の, 本心じゃ, 来て, 様な, 横に, 欠点も, 歩んで, 死の, 死のうと, 残して, 母上は, 母様で, 気に, 気に入るよう, 気の, 気もちよく, 気性として, 気持を, 浮気の, 淑徳と, 深いたくらみ, 清浄潔白な, 清澄即ち, 演奏を, 潜在批判を, 濡衣は, 為だ, 為なら, 為に, 無言は, 熱心が, 熱心の, 爲に, 父十太夫殿から, 独唱会に, 理性的な, 生一本は, 生命がけ, 生命の, 生活は, 生活を, 申すお, 畫像の, 白く柔らか, 盾と, 真意を, 眸の, 眼だった, 眼力には, 知って, 祈りを, 神経から, 福引は, 私に, 私を, 秘密は, 秘密を, 移気な, 立場に, 立場には, 答え一つに, 純真な, 素性が, 絵です, 繕は, 繕わぬ姿, 罪を, 考えに, 考へに, 耳飾りから, 聡明な, 背後の, 腰掛けて, 自由を, 芝居ばっかりは, 花輪よ, 芸は, 苦しい事, 苦労の, 苦痛を, 草刈秘書は, 落ち付い, 蒔きなすった種, 血を, 行く先も, 行らっしゃった, 術で, 裝を, 裾袂はら, 襟脚を, 西村家と, 要求の, 見事な, 親切な, 言われるの, 言葉は, 設計や, 許へ, 詩に, 詩には, 詩集位いは, 詩集位は, 詭計に, 誤解だ, 貞操, 足跡を, 身の, 身の上も, 身は, 身体が, 身体は, 身元保証人は, 辛いこと, 逍遥の, 過去については, 過去には, 邪魔を, 邸は, 部屋は, 部屋へ, 酒場の, 釈明を, 鈍い探偵眼, 閨を, 附添人である, 電子望遠鏡に, 電話に, 霊魂を, 面凄き, 顔のけ, 顔も, 風流の, 飾りにも, 餅屋へ, 髪に, 髪へ, 髮に, 魂は, 魔術を, 鼻水は

▼ 貴女~ (619, 19.5%)

14 私を 11 僕の 8 何を, 私の 6 僕を 5 昨日の, 此の, 貴女は 4 何時でも, 俺の, 俺を, 美奈子さんを, 覚えて, 貴女の, 青木君の 3 それで, それを, 何うし, 何か, 僕に, 私が, 自分の, 馬上に

2 [63件] あらゆる手段, いつまでも, お父さんが, お約束, お若い, ここに, その笑顔, それだ, それと, どうお, ふしぎな, まだ死者, もう忘れ, よくもこの, よく口, 一人知る, 一昨日の, 些とも, 人間としての, 以前東京に, 何う, 何でせう, 何という, 何ともお, 何と聴い, 何にも, 何も, 何日お, 何時も僕, 俺と, 僕と, 勝彦を, 哀れな, 基督教信者で, 好きな, 妖婦です, 婆や, 寂しい, 小説は, 御存じ無い, 御自分, 心から俺, 日向さんと, 時々被, 林さんでしょう, 此ノートを, 決して妾, 煙草を, 男の, 皆に, 盛岡の, 知って, 第三性, 約束と, 美奈子さんが, 自分で, 親兄弟, 記憶し, 誰の, 貝でも, 青木君が, 非常に, 飽くまでも荘田勝平

1 [379件] あのタッタ一夜, あのボロ, あの事件, あの夜, あの男, あまりにもの, あらゆる望み, いき苦しき, いけないつてん, いつの間にか取り棄て, いつもその, いつもの, いつ初めて, いま仮死と, いま何を, いやでしょう, おこもり, お二階, お姫様, お嬢さんでしょう, お察し, お小さい, お弄りなさる, お思い, お美しく, お考え, お酉, お酒, お金という, かう云, かりにも, こう云う, こっちが, このアマリリス, この比喩, この部分, この部屋, これからどうしよう, これから慈善市, これから真直, これが, こんなに音, さういふ風, ずるい, そうじゃあ, そうなさいまし, そう思いません, そう思うでしょう, そこへ, そのこと, そのまんま, その中, その惠, その時, その美, それが, それこそ, それだけの, それについて, それによって, そんなにし, たった一人ここ, たぶんそれ, たんと子供さん, ついぞふさいだ, どうして, どうしてこんな, どうしてそれ, どうしてどこ, どうしても僕, どうして会いました, どうして軽井沢, どうする, どうなされました, どう御, どう思う, どこから, どこに, どなたでございます, どんなもの, どんな気, なお弱年こと, なかなかいい, なぜその, なぜ来た, なにか疑っ, なにか私, なにも, なんと言おう, ひどく沈ん, ひどく私共, ほと, ほほ笑み, まさか其の, まただまっ, まだその, まだ一人, まだ不眠症, まだ弱々しく, まだ御存じ, まだ昨夜, まだ本当, まだ若い, まるで開いた, みだらな, もうぶたれた, もう半分, もう帰つ, もう此所, やっぱり人間, ゆとりの, よくお, よく稼ぐ, よもやこの, わしの, カウンターを, キット落し, グラクス君が, ジョージが, ジョージと, ジョージを, ダイヤモンド, ダンネベルグ夫人が, ミルトンの, ムッシュウ河下, レヴェズを, ヴルフェンを, 一, 一人娘の, 一体ここ, 一体どういう, 一体何, 一体将来を, 一杯喰わされた, 不思議です, 世の中の, 中央に, 丹三郎が, 主人の, 九月児で, 云ったの, 人間以上の, 今, 今でも, 今どこで, 今まで, 今までの, 今も, 今彼処の, 今日の, 今男が, 今私の, 以前その, 以前の, 仮にも, 仲, 休みなし, 住替えした, 何の, 何よりも, 何ら得られる, 何処へか, 何所に, 何故この, 何故そんな, 何故に, 何故其の, 何故此, 何故算哲博士, 何故自分, 何時もさうな, 何時もそうな, 依然として遊離細胞, 僕が, 僕より, 僕よりも, 優しい人, 兄さん, 先刻承諾した, 先刻私が, 先刻私の, 先生が, 全くひどい, 全体何者です, 全校の, 六白だ, 其だけの, 其処で, 其様な, 内輪の, 再婚しなけれ, 切り取られた内容, 別に, 前には, 前川さんに, 勉強家だ, 化けるの, 十一二といふ, 半井さんと, 又あの, 叔父の, 口では, 只だ, 合徳の, 名前を, 名探偵, 名誉家政婦に, 呪詛われた, 味わねば, 命の, 唯今から, 嘸ぞ, 四川省附近に, 四郎と, 夜も, 夜中に, 大変な, 大変賢い, 大恩人, 失礼でございます, 失踪中の, 女です, 女中さんです, 女無理し, 妙に, 子供好きです, 学校では, 定めしお, 実に大変, 実に女, 室に, 家庭教師として, 寝てばかり, 尊き婦人, 屹と, 島山さんに, 帰って, 年を, 幸福であった, 幸福よ, 引かれて, 強い人, 当分結婚なさらない, 当然制裁, 彼を, 彼んな, 後とり, 御全盛, 御存知でしょう, 御存知の, 御心配, 御熱心, 御飯が, 微かに, 思い違いを, 思って, 思ってるの, 急込み, 怪美, 悩ましそう, 悪戯ばかし, 悪魔に, 情熱家だ, 愛されもし, 愛の, 愛を, 懼れず, 戸塚藤沢あたりです, 戸塚藤沢あたり三等車の, 戸棚の, 所天が, 所長が, 手をだに, 手習はからっ, 拒む権利, 拒絶の, 探偵だ, 推摩居士の, 損を, 擡げた手, 教えて, 教育が, 数時間の, 旅行好きだ, 既に所天, 日一杯に, 日本人が, 早くお, 早く室, 明るい朗らか, 明日でも, 是等多数の, 最う死骸, 最も著しい, 最早ジョージ, 未だ幼い, 未だ高輪田長三, 本当に気, 本来の, 東区に, 松平周防守の, 森探偵に, 楊貴妃様, 武家出な, 死にかけて, 死ぬの, 氏神で, 気分が, 江戸中の, 泣いて, 洋装を, 浄善の, 浦安の, 火を, 無事に, 煙草の, 男を, 画像の, 病気の, 真に生甲斐, 眼が, 矢留瀬さん, 知らないの, 知らないらしいネ, 知らん顔を, 知りませんね, 立派な, 算哲博士の, 籐椅子より, 素破ぬいた, 結婚し, 継子殺, 縁組みの, 續い, 罪な, 美和ちゃんから, 美女である, 美沢さんと, 義姉の, 自分自身では, 自動車で, 艇長の, 花世殿だ, 英語の, 菅原様へ, 菩提樹の, 葉の, 蒼く成り, 蓄財の, 被害者山上が, 被害者山上と, 裏口から, 見て, 見掛, 解って, 解つてゐる, 誰だ, 誰です, 誰と, 貴女で, 赤毛の, 身を, 身動きも, 轟さんに, 迚も, 逃げないでしょうね, 道さんの, 道九郎さんが, 道九郎さんの, 違います, 酒を, 金に, 随分勝気, 雇人です, 面白い事, 頭を, 駄目だ, 騙された駕籠, 鴨下ドクトルの

▼ 貴女~ (362, 11.4%)

6 私の, 私を 4 俺を 3 僕と, 来て, 私に, 結婚しよう

2 [35件] あの晩, お帰り, お聴き, こだわると, その気, そんなに馬鹿, そんな方, もし将来結婚, 一旦形式丈, 一身を, 今まで, 何時までも, 僕に, 僕の, 僕を, 内心俺を, 地に, 如何なる男性, 幾ら帰れ, 御自分, 御飯を, 心から俺, 心ならずも俺, 心の, 戯れに, 留守役を, 結婚したい, 結婚する, 肉体的には, 若し, 行きたがらないもの, 言ひ出し, 許して, 貴女の, 軽井沢へ

1 [264件] あのとき, あの夕六時頃, あの方, あの道貞殿, あの黒塀, あるん, あんまりの, あんまり綺麗, いけないと, いつかは, いつでも, いつも舞台, いて, いらっしゃらなくなると, いらっしゃるとは, いらつし, いられた修道院, おいで, おっしゃいませんでも, おできなすった, おとなしいからよ, お世話なさいません, お出かけに, お好き, お嬢様でも, お心付け, お急ぎであらばの, お感じ, お持ち, お止まり下され, お残り, お母さんの, お疑ひ, お祖父様, お読みなさいまし, お達者, かたわらの, かよいだい, からかわれたん, きっという, きっとここ, こうやっ, ここに, この僧, この店, この扉, この館, こんな所, さうし, さっき愛人と, そうし, そうした天分, その御, それ程までに, そんなにお気, そんなに非道, た, たが, たでしたか, ついてて, てこずるよう, とても信頼, とりなして, どうかしてる, どうしても來, どこに, どんなこと, どんなにお, どんなに嫌, ながくい, なって, なにか, ひいきめに, ほかにも, また, もう以前, もしあの, やり合ったん, よいと, よく見えた, わざと僕, わるいん, オムツの, クラスで, サイ, ジョージ, ダンネベルグ夫人と, バーなどに, パーク旅館に, フランスに, 一人で, 一人降り, 一介の, 一個の, 一度も, 世の中に, 主人と, 主人を, 云うて, 云ったの, 云われた精神萌芽説, 人の, 今までに, 今住む, 今夜の, 他人でなくなった, 伝声管から, 何うし, 何と仰有っ, 作家の, 兄さんの, 入り用だった, 全心, 其の仲, 其の様, 其所で, 刈りなさるの, 初めて会った, 初めて来た, 厭がっ, 去ね, 反対を, 取っとき, 口外なさらず, 可厭, 可愛いく, 命令し, 困って, 坐って, 塔の, 大事だ, 天から, 好きだ, 好きであった, 好きです, 妊娠された, 嫌いなら, 子供と, 子供達を, 実に不可解, 容易く身, 専門家なら, 居なかったら僕, 居るのに, 居る時, 帰って, 常に気, 当教会, 彼等の, 後悔し, 御ゆるい, 御不承知, 御当家, 御病気, 御親切, 心に, 心配し, 心配しなく, 必ず助け, 思い出されるか, 思って, 思つてゐる, 思われて, 急に, 恋しくなつた, 恨めしくなっ, 悪いなんて, 悪いの, 悪かった, 憎いから, 憎くて, 懐しくて, 我慢できれ, 手巾を, 抱いて, 抱かれて, 拾つて下さる, 探偵気どりでい, 改札を, 日中を, 明けて, 昔御存じの, 更に娘分, 最も懼, 最初から, 本当に欺, 本当に美沢さん, 札幌に, 根も, 楽しみに, 正体も, 死ぬほど, 殺さぬ者, 毎日考え, 水臭い事, 決して口外, 河内園長の, 泣くと, 深雪と, 済まぬなど, 潔白を, 牢に, 男の, 男装し, 町へ, 疑ってさえ, 真個に, 眼に, 着物を, 知って, 知らないと, 知らぬ筈, 研究の, 神に, 私達姉妹の, 稲村さんに, 義兄上と, 考えて, 考えてる位, 自分で, 自分の, 自動車に, 自然に, 自由意志で, 艇長を, 芸術家です, 芸術家としての, 苦労に, 茲へ, 華やかさを, 蒐められた, 蒼くな, 蒼くなっ, 行らつ, 被來ら, 被来らない, 裁判する, 解って, 解つてゐる, 認めて, 誰にも, 謝ること, 身を, 辛いと, 迷信でない, 逃げるじゃ, 逆上せたところ, 連れて, 酒場の, 金を, 金博士に, 金羊毛で, 金羊毛の, 銀座に, 銀座の, 鐘鳴, 隠れるから, 集まって, 静かに, 非常に, 頼らずと, 食堂へ, 騒がせたの, 高代という

▼ 貴女~ (282, 8.9%)

4 お目, なって, 申上げた, 選まれた

2 [39件] お任せします, お心当り, お許しを, お預けし, お預けすべきでなく, お願, さぞ御, しても, もし少しでも, 一緒に, 似て, 似合ひません, 分らない筈, 受取って, 受取つ, 向って, 妾の, 御話し, 忠告が, 恐ろしい不幸, 恩怨が, 惚れて, 愛せられて, 承諾し, 投げ返すの, 接して, 散々弄ばれ, 決して未練がましい, 然う, 生命を, 用を, 申し上ぐべきこと, 申上げたい, 結婚進物として, 話すの, 迫って, 迫つて行く, 進上します, 選まれて

1 [188件] あうの, あげようと, あまえて, あまり劣らない, あんな隠れた, いって, いろいろ聞きたい, いろいろ訊きたい, お伝え出来ましょう, お伺い, お便り申した, お尋ねしたい, お尋ねを, お導き, お手紙, お教え, お目にかかりたくその, お眼, お知らせし, お礼を, お育ち, お訊ねする, お詫びしたい, お話したい, お返しします, お願いが, お願いする, こういう事, この室, これ以上の, ご注意, ご迷惑, ささげる憂鬱, して, しれたからは, すぐ帰っ, すまないと, すまない事, すまながって, そう云う, そう仰有られる, その勇気, そんなこと, そんな事, ちょっとお話, とりても, とれば, どうおわび, どのやう, なりかわって, ふさわしい生活, もう一言, もう一言云, アレ程, クロールを, コンツェルトの, バナナを, バナヽを, ムリを, 一つ分け, 上げるわけ, 与へ, 乗り移って, 云って, 五十万ミルぐらいの, 今の, 代って, 仰有, 休演される, 会いたいとばかり, 会いに, 会いますまいけれ共, 会えたらこんな, 会った場合, 会った瞬間, 会って, 会つた瞬間に, 伺おうと, 何か, 何かを, 何ほども, 何も, 何れほど, 依って, 内緒に, 判らないこと, 助けて, 取っては, 向っては, 向つて, 問うの, 問う事, 問えば, 嘘なんか, 妹などと, 完成され, 家庭教師としての, 少しお, 少許, 年老いた漢學者, 幸福に, 強いて, 当時の, 御両親, 御伽を, 御拝借, 御相談, 御紹介, 御話, 御話しました, 御話しましたらう, 心を, 心配させた, 思う存分, 恋慕した, 恥辱を, 情人が, 惚れつちまつたのでさ, 惚れました一生, 感謝しなけれ, 懸想し, 成り切った貴女, 手柄立てさせた, 打ち明けないと, 接したの, 撲り返されたとき, 敬意を, 是非とも, 更めて, 書いて, 書き送らうと, 書き送るとは, 書くわ, 書く積り, 最後の, 死なれでも, 比べても, 洗いざらい打ち明け, 済まぬよう, 渡して, 無理な, 然しあ, 熨斗を, 現われて, 申上げました, 疑はれたこと, 私は, 立ち合, 立ち合って, 紹介された, 繍って, 考えさせて, 至急会いたい, 見せられる顔, 見て, 見棄てられては, 見立て戴いて, 見詰められること, 親切じゃあ, 訊いて, 訊かなかった, 訊きたい事, 話が, 話したいこと, 話してなかったけれど, 誰からか, 謝って, 買って, 赤面させず, 趣味を, 通じないサ, 逢うこと, 逢えば, 逢つたら, 連なる他, 遊んで, 道を, 配当します, 長く子供達, 長く居, 離れて, 頼みたい仕事, 願って, 風を, 食わせて, 馴染んでから, 魅力が, 麻酔薬を

▼ 貴女~ (180, 5.7%)

3 愛して, 知って

2 [22件] 今日訪問した, 何時までも, 何物よりも, 傍に, 傷け, 助けて, 妹と, 妻に, 姉さんと, 恨んで, 敬慕し, 棄てて, 粉微塵に, 見てから, 見ると, 貴婦人だ, 買いに, 買ひ, 賤しい, 金で, 離したくないの, 頼むより

1 [130件] あげて, あの日, おさげすみ申す, おわすれは, お世話した, お伴れする, お呼びした, お呼びしたい, お宿, お待ちし, お慕い申す, お救い, お気の毒, お疑ひ申す, お見掛け, お迎い, この町, こんなに慕っ, こんなに慕つて, さう, して, すきに, そう思っ, たいへん不幸, どうして尼さん, まるで母親, みつめた, やっつけると, エタイの, ドコまでも, パーク旅館に, フランス特務機関に, 一目と, 主人に, 今の, 仲働きだ, 休ませ申すまでも, 何んと, 使って, 信用し, 信用しない, 再び呼んだ, 初め道学先生や, 前に, 助け度, 叱ったの, 士官候補生の, 失いたくない, 失いたくないという, 失業させた, 女中の, 女主人公だ, 好きに, 始め皆様が, 幸福に, 待って, 御喜ばせする, 忘れませんよ, 思いきって, 思い切ること, 思って, 思つてゐる, 思ひ切ること, 恋するよう, 愛します, 愛する, 愛すること, 愛するという, 扱うのに, 拘束した, 拝むの, 拭いの, 持つて, 捕縛する, 捕虜に, 捨てる世間, 探して, 接吻でも, 措いて, 支えて, 救い出し同時に, 救うため, 救って, 救ふために, 方々捜した, 昔失った, 本当に愛し, 材料に, 欺し, 欺した, 死の, 殺したの, 父上の, 犯人に, 疑うなどとは, 疑うの, 癒して, 監禁した, 真に打解け, 知つていらつ, 知らないの, 私の, 立派な, 置いては, 脅迫する, 茲で, 薄倖の, 見た, 見たい一目, 見た時, 見て, 見上げた眼, 見下げて, 見張るやう, 見破る事, 見詰めて, 誘惑者の, 護りましょう, 護衛する, 讃美する, 責めるの, 貴下の, 連れに, 選ぼうなどという, 郊外の, 非難する, 靡かせようと, 駅まで, 魅し, 魔道に

▼ 貴女~ (123, 3.9%)

2 [14件] かりはた, 一度僕, 今までの, 何にも, 俺を, 動機は, 少しでも, 少しは, 早くお, 普通の, 毎日被, 知って, 私も, 私を

1 [95件] いらっしゃいね, お供を, お歎, お湯に, お父さんと, お着替え, お笑いに, お聞きなさい, お逢いし, かうした羽目, かねて, こうした羽目, このお, この商売, この平四郎, これからは, ご存じの, さっきの, し静岡, そうで, そうなさい, そう泣く, だまって, どうか幸福, どうぞその, どうぞ貴族的, どうなってた, どんなに煩悶, ほんとうに, また運命, もうお, もう相当, やがて二人, よく知った, クリヴォフ夫人も, モウ帰る, モウ歸る, 一人目つける, 一旦嫁いだ, 一緒に, 丈夫らしい, 主税さんも, 今そちらの, 今言った, 何卒よく眠つて頂戴, 信じて, 健やかに, 僕を, 其通り娑婆に, 出掛けると, 別に一軒, 圭子さんも, 寂しい時, 寂しうございませう, 寒子と, 小型だ, 少しつくっ, 少し頭, 居られましたか, 左樣仰つ, 帝劇へ, 幸福であり, 強い思い上がり, 後から, 後に, 御存知で, 御承知, 御聞き及び, 御迷惑, 思ひの, 恥ずかしいほど, 探偵だ, 支那の, 早く女給, 明日から, 昨日その, 有体に, 未亡人に, 案外噂, 男と, 相当な, 知る火術符号, 能く, 芝居を, 見せて, 賛成し, 身体も, 辛いわねえ, 迹取り娘の, 逢いたかろうと, 酔って, 随分妄想家, 風の, 飲むリキユル, 黙って

▼ 貴女~ (85, 2.7%)

4 僕の, 話してると 3 お別れ, お話を 2 一所に, 二人で, 二人切の, 二人立つ, 僕と, 吉野の, 話を, 顔を

1 [55件] あすこで, いっても, お話が, きたひ, ご婚儀, なら何処, なら何處, 一しょに, 一緒に, 一緒には, 主人との, 二人立っ, 云うべきなの, 云うもの, 交際の, 分れましょう貴女, 前川さんと, 前川さんとが, 双六を, 古いお, 同じくらい, 同じよう, 同じ不幸, 同じ様, 同棲し, 同様まことに, 婚約を, 対向いでなくっ, 少年とは, 御新造さんが, 思って, 思召し, 感情の, 握手すれ, 新子姉さんとは, 権田君とが, 私とは, 私の, 私達一家とは, 結婚し, 結婚した, 結婚する, 美沢さんとの, 虎之助さんを, 見える女王, 言って, 言っても, 言われる階級, 話し合う快感, 貴女との, 貴方の, 轟さんの, 關係でも, 附合ってる, 離れること

▼ 貴女には~ (44, 1.4%)

4 僕の 2 いろ, お子さんかも, お目, 何を, 本当の, 神が

1 [28件] お話しなかった, お話しなかつた, けっして知る, ご姉妹, その眼, そんなに思われ, ひどいロス, ほんとに何, キットいい, 二度目の, 云うが, 会いたいと, 似合いませんでございますよ, 何にも, 兄さんも, 妙と, 妙な, 悪獣, 想像も, 救護所の, 本当に済まない, 済みませんでしたね, 立派な, 聖母の, 聞こえませんか, 若ーさん, 軽々しくお, 逢えなくなる

▼ 貴女~ (33, 1.0%)

3 のお 2 が御, の膚, は

1 [24件] お身体, からも伺い, から手酷く, がお, がこれから, がこんな, このお, その召しました, には変わった, の召し, の寓喩, の良人, はその, は一体何人様, は武家, は毎日, は眠剤, は細川, もお, もし, もそこ, もどの, をお迎え, を便り

▼ 貴女から~ (28, 0.9%)

3 何の 2 僕が, 夫として, 返して, 選ま, 離れたくないの

1 [15件] お心添え, お礼を, ひまを, 下すった, 中川君に, 名誉も, 四ツ谷の, 彼に, 手酷く拒絶, 故障を, 然るべく, 爾云ったで, 見れば, 話して, 貰った念珠

▼ 貴女らしい~ (24, 0.8%)

3 品の 2 美しさ, 艶な

1 [17件] お慎み, ことを, ところが, とはいっ, ふうにも, ふうも, 匂いの, 声で, 奥深さ, 慎しみ深, 才の, 気品も, 気高い様子, 端厳さなどは, 素質の, 美は, 貴女で

▼ 貴女~ (22, 0.7%)

2 に見せ

1 [20件] お二人, がカルチェ・ラタン, が花, と同一, どうぞまあ, にはお, に御, に誉められます, に食べさせたい, のお, のなさいます, の世話, の剛気, の室, の御, の顔, はお, はどちら, を, 各々御

▼ 貴女~ (18, 0.6%)

5 一人です

1 [13件] 一人, 一人で, 一人とは, 一人の, 使いが, 宅へ, 帰んなさいまし, 恥かしい, 気の毒に, 独り, 連れが, 金持じゃ, 音信が

▼ 貴女に対する~ (18, 0.6%)

2 僕の, 心持が, 恋それは, 態度は, 現在の 1 おせっかいな, おせつかい, スパイとして, 信頼は, 疑惑は, 私の, 自責の, 親切なんて

▼ 貴女にも~ (15, 0.5%)

2 盛岡で

1 [13件] いって, ご用意, ちょうどそれ, ハッキリと, 分らないと, 勇気を, 御想像, 御紹介, 手伝いに, 私の, 考えて, 色々御, 解るでせう

▼ 貴女がた~ (13, 0.4%)

1 [13件] がそんな, であるが, のいる, の不要品, の作法, の場合, の想像, の顔, は例, は栄光, は焼死, は私, を殺す

▼ 貴女たち~ (13, 0.4%)

2 のため

1 [11件] おおわが, がこれ, でさえ捨てられる, にはよい, に別れ, のゆゑに, の席, の胸, はそれ, をさえ感激, を幸福

▼ 貴女だって~ (12, 0.4%)

1 [12件] あの奥様, いずれは, きっと何となくそれ, この頃, そうお, その方, まさかそうし, もし近しい, 婚約の, 悪人じゃ, 矢っ張り, 胸の

▼ 貴女なら~ (12, 0.4%)

1 [12件] きっとうまく, きっとさかる, きっと見事, この開閉器, どんなむずかしい, 似合いの, 何でも, 僕は, 僕を, 嘘は, 辛抱し, 馘の

▼ 貴女一人~ (11, 0.3%)

2 残して 1 で, で叶いっこ, なん, に身, のお, の生涯, の神聖, は殺しません, 放って

▼ 貴女さま~ (10, 0.3%)

3 のお 1 じゃ, にこんな, のご, のほん, はお, をお, 唯お

▼ 貴女でした~ (10, 0.3%)

81 か貴女, ネ

▼ 貴女~ (10, 0.3%)

1 お目, お逢い申し, お願い致します, とりあへずご, アノ様な, 其の様, 告げに, 帰すべきです, 請求する, 面会を

▼ 貴女~ (9, 0.3%)

2 つて一人ぢや 1 からお金, から会った, つてもし, ということ, と始め, と申しまし, と解れ

▼ 貴女さえ~ (8, 0.3%)

1 いそいで, かまわなければ, ウンと, 厭でなかったら, 御迷惑, 承知なら, 田舎に, 立ち去れば

▼ 貴女人形~ (8, 0.3%)

2 あの人形 1 だと, を, を手, 大した値打, 買い戻すこと, 返しゃア

▼ 貴女~ (8, 0.3%)

2 かご, ですそれ 1 かお, か思い違い, ともなかっ, ならって

▼ 貴女との~ (7, 0.2%)

1 交渉を, 仲間が, 固い約束, 御関係, 愛を, 関係が, 関係も

▼ 貴女とは~ (7, 0.2%)

1 お互に随分, まるで違う, 今日及ぴ将来に, 前世から, 従姉妹同志です, 現世で, 申すまい親御

▼ 貴女~ (6, 0.2%)

3 のです 1 のである, ようこそ芝居, んである

▼ 貴女みたい~ (6, 0.2%)

1 な方, な暮し, にピチピチ, に嬉し, に若い, に苦労

▼ 貴女紳士~ (6, 0.2%)

1 が共に, が打, と名づけられる, に此奇怪談, の春, の遊覧輻湊

▼ 貴女自身~ (6, 0.2%)

2 のお, のため 1 の魂, 可笑しいと

▼ 貴女である~ (5, 0.2%)

1 ことは, とうなずかれ, とうなずき, と源氏, 御息所は

▼ 貴女でなく~ (5, 0.2%)

2 て別 1 ちゃ, ては不可, ッて

▼ 貴女~ (5, 0.2%)

2 謙遜ね 1 世話下さい, 心配なさらぬ, 自身で

▼ 貴女~ (5, 0.2%)

1 で其の, は呑気, は呑気そう, は秋, を包む

▼ 貴女こそ~ (4, 0.1%)

1 婦人中の, 幸福ねエ, 斯様深夜まで, 早くお

▼ 貴女その~ (4, 0.1%)

1 寝衣, 小僧が, 時フトお, 酒場に

▼ 貴女に対して~ (4, 0.1%)

1 何と, 何とお, 失礼だ, 感じて

▼ 貴女~ (4, 0.1%)

1 その轟さん, 御父様, 義兄上に, 虎之助さんも

▼ 貴女からも~ (3, 0.1%)

1 お伝えし, お姉さん, そう云っ

▼ 貴女この~ (3, 0.1%)

2 お話の 1 間中は

▼ 貴女だけに~ (3, 0.1%)

1 云うのよ, 心配を, 聴いて

▼ 貴女~ (3, 0.1%)

1 御自分, 損害を, 職責も

▼ 貴女として~ (3, 0.1%)

1 なお若, ふるまって, 完全に

▼ 貴女どう~ (3, 0.1%)

1 したの, したのよ, するの

▼ 貴女なし~ (3, 0.1%)

1 には生きられなく, には生きられなくなった, には私

▼ 貴女なんか~ (3, 0.1%)

1 ご器量, ハイカラさんな, 今の

▼ 貴女に対しては~ (3, 0.1%)

2 だん 1 何の

▼ 貴女まで~ (3, 0.1%)

1 いい気, 其様風評を, 愚痴っぽく

▼ 貴女よく~ (3, 0.1%)

1 お聞きなさい, ご覧に, 覚えて

▼ 貴女~ (3, 0.1%)

21 ですかい

▼ 貴女貴女~ (3, 0.1%)

1 がそんなに, じゃった貴女, の傍

▼ 貴女からの~ (2, 0.1%)

1 ご返事, 小突かれあんばい

▼ 貴女ぐらい~ (2, 0.1%)

1 よく住所, 住所の

▼ 貴女これ~ (2, 0.1%)

1 は持つ, を持つ

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

1 へ御, へ温い

▼ 貴女じゃ~ (2, 0.1%)

1 なかった, 言わいでも

▼ 貴女それ~ (2, 0.1%)

1 こそ乳母日傘, を兄

▼ 貴女という~ (2, 0.1%)

1 ものは, ものも

▼ 貴女とも~ (2, 0.1%)

1 もう会う, 一度よくご

▼ 貴女なんかが~ (2, 0.1%)

2 そんな謙遜

▼ 貴女にでも~ (2, 0.1%)

1 伺って, 伺つて見れ

▼ 貴女にとって~ (2, 0.1%)

1 不運な, 重大な

▼ 貴女によって~ (2, 0.1%)

1 わしは, 人間の

▼ 貴女ほど~ (2, 0.1%)

1 お美しけれ, 信実の

▼ 貴女ほどに~ (2, 0.1%)

1 優しい賢い方, 美しい

▼ 貴女ほどの~ (2, 0.1%)

1 お方が, 美しさ

▼ 貴女また~ (2, 0.1%)

1 ポカポカと, 早瀬が

▼ 貴女まだ~ (2, 0.1%)

2 御存じない

▼ 貴女より~ (2, 0.1%)

1 今の, 沈の

▼ 貴女らしく~ (2, 0.1%)

1 おおようであった, 子供の

▼ 貴女ン許~ (2, 0.1%)

2 かと思つて伺

▼ 貴女亡くなりまし~ (2, 0.1%)

2 てから今日

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

1 の前, を怨まず

▼ 貴女介意~ (2, 0.1%)

1 はなく, わなくっ

▼ 貴女以外~ (2, 0.1%)

1 の女, の誰

▼ 貴女其の~ (2, 0.1%)

1 度に, 石を

▼ 貴女及び~ (2, 0.1%)

1 その妹, 貴女の

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

2 怪いと

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

2 な若い

▼ 貴女夫人~ (2, 0.1%)

1 の顔, 一体どうなさった

▼ 貴女少し~ (2, 0.1%)

1 おかしいわねえ, 嘘つきねえ

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

1 は壮士, れは

▼ 貴女方自分~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

1 を計, を計っ

▼ 貴女此夏~ (2, 0.1%)

2 は何処

▼ 貴女泣い~ (2, 0.1%)

2 たりなんか

▼ 貴女独り~ (2, 0.1%)

1 で働い, にあらゆる

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

1 にお, の義姉

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ 貴女~ (2, 0.1%)

2 りよ

▼ 貴女誰方~ (2, 0.1%)

1 です, にしまし

▼ 貴女雨乞~ (2, 0.1%)

2 をなさる

▼1* [170件]

貴女いいつもり, 貴女おっしゃいよ, 貴女お家へ帰っ, 貴女お腹ン中で私, 貴女からはとうてい取り離せない, 貴女きっと自分について, 貴女ぐらいな女優が, 貴女ぐらいにおなりなさる, 貴女ぐらいの程度には, 貴女ここへいらっしゃった, 貴女こそこそ遁げて, 貴女このごろ顔の色, 貴女これからおいでなさるなら, 貴女こんなに早く何, 貴女さう思はなくつて, 貴女さっきの夕立, 貴女さんはなぜ, 貴女じゃった貴女, 貴女そう思うこと, 貴女そう興奮なさらないで, 貴女そっくりの女, 貴女そりゃ塵塚だ, 貴女そりゃあ美味しいのよ, 貴女それ程でも有りますまい, 貴女そんな気持で, 貴女そんなに若くて, 貴女ただ打たれて, 貴女たち四五人の姿, 貴女たる価値の, 貴女だけ叱られるよう, 貴女だけはそれを, 貴女だったんです, 貴女だつたら何うなさいます, 貴女ちっとは落着き, 貴女やあるまい, 貴女であって同時に, 貴女であったのである, 貴女でありながら新九郎, 貴女でありますか勝手, 貴女であろうとは初め, 貴女でなければ持, 貴女としては甘ったれた態度, 貴女とだって今までの, 貴女とで病気に, 貴女とでは目的と, 貴女とよりは浅間の, 貴女どこか当っ, 貴女ないしは貴女と, 貴女なぞに分つて, 貴女なぞは何が, 貴女などは置いて, 貴女なんかは其の立派, 貴女においても御知悉, 貴女にがつかりさせたくないため, 貴女にだけ白状し, 貴女にだってきっと親切, 貴女に対し全幅の, 貴女に対してはの一語へ, 貴女のくびに手を, 貴女はじめ家門の名誉, 貴女はって仰云, 貴女はと一言聞く, 貴女ばかりだから, 貴女ばかりが目立って, 貴女ばかりと言ったら不実, 貴女ばかりは殺しは, 貴女ばかりを待兼ね, 貴女ばっかり受け合って, 貴女ぶるので, 貴女へも聞えが, 貴女ほんとうに前川さん, 貴女ほんとにひどいこと, 貴女までがご迷惑, 貴女てえな女, 貴女もうお出掛けなさらなけれ, 貴女よりもずーっと子供みたい, 貴女をといって, 貴女を通してでなく刻々, 貴女デスデモーナはお, 貴女世間には変った, 貴女主人とこの, 貴女二人は孝行, 貴女今日少し変, 貴女仏様って何だか, 貴女令嬢様貴女の事, 貴女令嬢貴女とは申すまい, 貴女以上にわし自身, 貴女伊ーさんに岡惚れ, 貴女の年, 貴女何と仰云ったの, 貴女何処かまだ, 貴女何處かまだ, 貴女信太郎が大病, 貴女偉いね, 貴女の肩, 貴女先生がお嬢さん, 貴女勿論拝借した, 貴女可愛がられて居ます, 貴女叱られたらおあやまんなさい, 貴女否定なさらないでしょう, 貴女唐突ですが, 貴女堪えて来た, 貴女大丈夫ですか, 貴女失礼ですが, 貴女女房が孕ん, 貴女婦人会の方, 貴女に居た, 貴女杓に, 貴女幾時頃まであんな, 貴女彼那事を仕た, 貴女往つて打明けて, 貴女怪い獣に, 貴女恋しい慕わしいそしてどうしても, 貴女は親切, 貴女感心に愛素, 貴女成るんなら, 貴女手巾を, 貴女折角それだけの, 貴女方妹姉までの面倒, 貴女方姉妹はこの, 貴女方親子を背負い込む, 貴女春江ちゃんとおねに, 貴女楊氏です人, 貴女様大目に御覧下, 貴女様種々と若衆たち, 貴女様自身毒をお, 貴女次第です, 貴女此方へいらっしゃい, 貴女母様のいう, 貴女池谷さんに来い, 貴女浮気して, 貴女う云う, 貴女を先, 貴女真個に仰云い, 貴女神戸に腹更, 貴女私たちの人, 貴女の光景, 貴女等築城の人柱, 貴女紳士朝餐最中に頭上, 貴女継子がありまし, 貴女美沢さんとなにか, 貴女く御, 貴女腰元を顧みし, 貴女自ら能く知っ, 貴女ーさんの, 貴女英吉君とはちっとも, 貴女が濡れましたで, 貴女摺れに, 貴女見たと, 貴女見ましたか, 貴女覚えて居らっしゃらない, 貴女詰らん怪しからん, 貴女と帝劇, 貴女誰誰が咎める, 貴女諸君の列, 貴女貴女誰方にしまし, 貴女軍人が一番, 貴女速達が来, 貴女連中との交際, 貴女達気にかけない, 貴女達親子の苦しみ, 貴女随分お洒落に, 貴女離嫁れる折, 貴女静岡は御, 貴女の裏, 貴女風俗そういう風俗, 貴女風邪ばかり引いてる, 貴女駄目ね, 貴女高尚な話, 貴女に似たる