青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

財産~ 貧しい~ ~貧乏 貧乏~ 貨幣~ 貨物~ 貫~ ~責任 責任~ ~貰
貰~
~貰いたい ~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った 貰った~ 貴女~ ~貴方 貴方~

「貰~」 5607, 61ppm, 1896位

▼ 貰~ (660, 11.8%)

62 ことに 24 やうに 21 ことを 18 事に 17 ことが 14 のは 13 のが 11 のだ, のも 10 方が 8 つもりで, やうな 7 事が 6 ことにな, のを 5 つもりだ, のであつ, のです, わけには, 事は, 事を, 約束を 4 のである, 為に

3 [12件] がよい, が宜, ことで, つもりだつた, にし, に身分, わけに, 外には, 必要は, 恩は, 為めに, 積りで

2 [37件] が好い, ことだ, ぜ, だけの話, の, のさ, ので, のであります, のでさ, のに, のにも, べか, べがと思つて, やうにと, 事だ, 事にな, 人が, 人も, 位の, 己れで, 必要が, 扶持米で, 扶持米を, 樣に, 気は, 物を, 筈で, 筈でした, 筈の, 筋合ひ, 約束などを, 者は, 訳には, 譯には, 身の, 酔つ, 金が

1 [271件] ありがたう助, ありがたし, い, おいしかつ, お茶を, がい, がそれ, がどこ, がな, がよから, が又, が可, が好から, が斯ん, が直, ぐい, ことである, ことでした, ことと, ことの, この家, この旧友, これが, さつ, すばらしき映画, ぜ新吉兄哥, そうめん, そして周二君, その家, それから門司, それは, ぞ, たまには, だけで, だけな, だけの場所, ぢや, といふ意味, とかいふこと, とてもむづかしいので面, とても今日, とても豪華, な, なつかしいおもひで, なと兄姉, などいふ, なんてない, なんて筋違ひだ, については芥川, にはいい, にはこれ, には便利, には長く, にも一番気骨, にも昔, に越した, のか, のかと, のぢ, のでこれ, のでせう, のではぢめ, ので信州, ので商, ので安心, ので相, ので豆腐, のと, のにどうして, のには, のに人手, のに何, のに其作品, のや, のよ, ばつかり, ひとな, べ, べい, べえと, ほどよい, むろん雑草風景, もうけものだった, もう一とつ, やうで, やうコーヒーを, やう小笠原章二郎が, やう頼ん, やつに, やら殆彼一人, やら粥, よい風呂, ように, よかつ, よりは少々, よりは親父, よりも銭, よりも餅, わけにや, サ, ノーベル賞は, ホテル生活は, ンだ, 一升二十銭と, 一室一人が, 丈で, 世話が, 予約を, 事あ, 事である, 事と, 事の, 人々に, 人うれしうれし, 人の, 人生至る, 仕合せな, 代りに, 位嬉しい, 何から, 何でも, 何とも息, 何物も, 俸給を, 先生は, 全身素ッ裸の, 八圓の, 写真, 切干に, 別に手当, 前から, 前には, 口実などは, 句集を, 図書館へまは, 圍ひ, 土俗が, 夕方訪ねよう, 夕飯の, 外に, 外は, 外出約, 外為, 女に, 如何だ, 子供は, 宿に, 小川の, 小遣を, 工夫も, 布施の, 度に, 度びに, 度毎に, 度糸を, 後から, 御祈祷, 徳山の, 心持などは, 意で, 愚かな, 愛情な, 或は御馳走, 所だつた, 手も, 手當, 折の, 拾銭も, 教育を, 新聞といふ, 新聞を, 方がずつと, 方でも, 方も, 日を, 早く畠, 時だけ, 時に, 時には, 時の, 時は, 時も, 暇乞, 最中, 月月の, 月給だけ, 有難かつ, 望みも, 本べっ甲, 東京会談は, 松平さんは, 梅干の, 條件で, 極楽, 様に, 樹明兄さつ, 樹明君に, 機会を, 機関を, 欧洲も, 殊に一友, 母親は, 毎に, 気, 気なら, 気に, 気には, 氣だ, 氣に, 氣は, 決心で, 汽車に, 泊つて見れ, 澄太君ありがたう, 爲ぢや, 爲め入院し, 特別に, 犬に, 用意の, 當て, 當ても, 當も, 相談が, 私は, 積な, 積りだ, 筈だつた, 筈ぢや, 筈である, 筈で御座いました, 約束だ, 約束だつた, 約束に, 約束故, 納本発送うれしい忙し, 給料が, 給料の, 習慣だつた, 翻訳を, 者に, 行水させ, 術といつても, 術も, 補償である, 見込が, 親子関係は, 覺え, 計りでも, 計算を, 許しを, 訳あ, 訳に, 話東が, 資挌の, 資格は, 賞与は, 農学校に, 迄の事, 迄の繋ぎ, 運動よりも, 酒と, 酒壺洞君も, 酔中の, 間に, 間は, 間も, 面白くなる, 餅ほど, 餞別を, 馬鹿が, 黒パンの

▼ 貰~ (615, 11.0%)

61 度い 25 度いが 24 に來 20 度いと 19 に行く 12 度く 11 に来た 98 てえ, に行 7 に来る 6 手が, 泣きを 5 それを, になつ, になつて, 度かつ 4 度いんだ 3 ぢや, て枕もと, に出かけ, に行きし, 度いもんだ, 手も, 物だ

2 [32件] お前は, さへ, その次に, て, てえだ, て三五郎, になる, にやろ, にわざわざ, に參, に粕谷, のやう, の申松, を心, 俺は, 娘は, 子だ, 子の, 子供の, 度いね, 度いの, 度いものだ, 度いものである, 度いん, 度え, 度さで, 手の, 手は, 母親の, 物でも, 自分の, 風呂に

1 [290件] あすの, いきなり曲者, いくらか, お喜多, お孃さん, お愛想, お母アさん, お粂夫婦, があつ, がありませう, が多い, が居, が来, が来る, が百兩持つて, さ, さまざまな, さらに五十銭, しかしない, しかも師匠, そくな, そこな, その後別に, その時, その紐, その給料, その自分, それから, それから例, それから房吉親分, それが, それぎりだったので準, それでせめて, それで手足, それで身體, それに, それによ, それに麥香煎, たっぷり芝居, たまへ, ために, たよりを, たり, てえと, てえん, てが, て困りけり, て気兼ね, て雪, ながら, ながらくるしい, ながらまた, ながら主婦, ながら琵琶, ながら笑つた, ながら舞台, にあがった, にいつ, にきた, にし, になつたの, になつたらい, になつたん, になりました, になりますまい, になりませんで, にはその, にまで身, にも寄附勸進, にやつ, に乞食, に二階, に來い, に出, に出かけた, に出掛けた, に出来, に參つた後, に參詣, に夜歩き, に女房等, に往つた女中, に来い来いし, に来り, に次い, に歩く, に毒, に群, に行きまし, に行くべき, に行った, に行つた, に行つたのさ, に行つた時, に行つて, に裏口, に詩人, に通, に遣つた, に降り, の仲間, の子供, の懷, の歩いた, の爺さん婆さん, の眞, の職, の苦労, の行倒れ, の詩歌, の顔, はこれから, はしない, やはり学校, や何ん, や大阪, らつきようの, わけても傷口, わるさ, をし, を取次ぐ, を拾つて來, を見掛ける, キッチリ, サッパリしたい, ジャガタラ芋を, スパゲティを, ニューグランドで, ヌツと, ビールを, マツチを, 一應弟佐野松の, 一杯飮, 三千代は, 両国を, 丸の内へ, 主までが, 之が, 乍らまた, 乍ら振り向い, 乍ら染五郎に, 二人で, 二人は, 二十三に, 人が, 今日より, 何と, 僕を, 先づ此處等が, 其下の句を, 其處に, 処方による, 包帯で, 十五日間やり通しました, 千疋屋で, 又十二月, 又忠臣蔵, 友と, 受候とも, 句を, 司令部の, 同時に今, 四月は, 墓も, 外人に, 好い様, 好きに, 娘が, 娘で, 娘に, 娘の, 娘や, 娘を, 子, 子か, 子で, 子でない, 子らしい, 家へ, 實は, 居間が, 山羊の, 帰りに, 帰りには, 帰宅, 序でに, 序に, 度いから, 度いがいきなり, 度いが三四本物干, 度いが匿まつたり, 度いが宜, 度いが泰道先生, 度いが研屋の, 度いし, 度いつ, 度いです, 度いでせう, 度いのだ, 度いのです, 度いほどの, 度いものが, 度いものです, 度いらしい, 度いんです, 後を, 御飯も, 徳に, 悠々と, 愈々宮中, 手なんて, 手もねえ, 手を, 損みたいだ, 新聞社の, 旗本三右衞門の, 日劇僕に, 是方で, 昼は, 晩れ, 末代生活の, 東宝本社へ, 楢雄の, 橘の, 正月の, 正誉順帰禅定門, 歸つた話を, 残りの, 水いよ, 水し, 水といった, 水といふ, 水の, 水を, 水徃復の, 水我ものと, 水朝一杯昼二杯夕一杯, 水独り者らしい, 江戸に, 池田屋には, 泣きの, 泣の, 注射が, 湯から, 湯に, 漢口から, 片隅に, 物で, 物です, 物の, 物置と, 生の, 申て, 申ても, 白米の, 目方が, 私は, 精神的食糧の, 約束の, 紙と, 給へ, 美味かった, 翌日そこの, 翌日その, 而し, 耳の, 肥前の, 自分は, 自然と, 船の, 草鞋やら, 薬を, 覆面し, 読書しつ, 近い身内, 近くな, 返しと, 部屋へ, 闇の, 離縁を, 風呂した, 風呂なんか, 風呂について, 風呂の, 風呂は, 風呂へ, 風呂を, 飯を, 騙りや, 黄色い團扇

▼ 貰つて~ (518, 9.2%)

13 ゐた, ゐるの 12 ゐる, 来て 6 は困る 5 ゐたが, 居る, 来たの, 連れて 4 もい, ゐたの, ゐること, 来た, 行きます 3 うれしかつ, は困ります, も容易, ゐたので, ゐると, 呉れと

2 [27件] ある, あるので, あるん, から間, ござれ, そして指輪, その金, も構, ゐるだらうな, ゐるに, ゐるわけぢ, ゐる氏神様, 呉れたら一生酒, 居ります, 居ると, 居る者, 帰る, 持つて, 来たと, 来るから, 来ると, 歩くの, 置いて, 育て, 行かれますか, 行くよ, 諸友

1 [350件] あつしは, あの男, あの素, ありが, あるかうよ, いい, いいか, いいし, いいの, いつたの, いろ, うんと云つたの, うんと懲, え, おかうかといふ, おきなさい, おとう, お京, お置き, お酒屋, お鳥, からお, からこれ, からすでに, からは一度, から一度, から折合, から漸く, から芥川, くべいか, くる, くるんだ, この口, この身上, これからは, これから毎晩俺, こんな調子, さうし, しまつ, しやぶりながら, すぐ上野驛, すませる位, ずつと離れた, ずゐぶん酷使, そして酒, そのとたん, そのなか, そのま, その中, その周圍, その席, その年, その晩, その瓶, その第, その鐵幹, それからわ, それから話, それでもやつ, それに然, たうとう, たけれど, だつて, つけた, ともかくも, ともかく東京, と思ひまし, どうしるだ, どうする, どの駅, どろ, どんな姿, な, なう帽子, なおばあさん, なるほど人, にこ, ね, の, はお, はそこ, はそれ, はどう, はならぬ, はやくシヤツキリ, はをりません, は一代, は下さらぬ, は何だか, は却つて僕, は奈何, は手, は歸つて來, ぽけつ, まさあ, またいつ, まるで遠足, みたま, もうれしく, もう仮名, もえ, もええ, もお父さん, もかま, もさしつ, もそこ, もそれ丈気もち, もほしく, もよい, もらひたい, もらふと, もゐる, も一人死, も一向, も一寸, も不服, も仕方, も困る, も好い, も好え, も宜, も役, も持て, も燒繼ぎも糊, も私, も老病, も背中, も足りない, も身, も返事, やつた, やつて, やつて二階, やらう, やらうと, やらず暖簾, やりたいの, やりたい心持, やるが, やるといふ, やる事, やれと, よい, よい加減, ると, る樣子, わかれた, ゐたけれど, ゐたら水浴び, ゐたん, ゐた伊豫岩城島, ゐた哲ちやん, ゐた新, ゐた樣子, ゐた氏, ゐた腕, ゐないの, ゐました, ゐます, ゐますが, ゐるから, ゐるが, ゐるこの, ゐるだらう, ゐるとか, ゐるので, ゐるん, ゐるゲエル, ゐるン, ゐる上, ゐる可, ゐる圖, ゐる始末, ゐる小鳥, ゐる市内牛込, ゐる役人, ゐる御, ゐる男, ゐる筈, ゐる給金, ゐる邪魔者, ゐる間, をり, をります, コツコツやりだし, 上げるから, 下さるか, 下さる樣, 予め巴里, 今当分自分, 何とかしなき, 何とか話, 余り勝手, 僅かばかりの, 働くまで, 元氣, 入つた, 入つたわけ, 其の稿料, 出かけたそして, 出かけたその, 出かけなければ, 出掛けた, 初めてやつ, 勤めながら, 取り敢, 古來, 古蚊帳, 呉れたところ, 呉れないか, 呉れ単独, 呉れ手, 坐つた, 売つて了つた, 好い気, 嬉しくない, 寝た, 少しあわて, 居た, 居ました此大隅太夫, 居ます, 居るが, 居ること, 居るだらう, 居るわけ, 居る友伯父さん, 居る外, 居る武家ぢ, 居る者さ, 居る錦太郎自身, 居る間, 居る馬, 差し上げます, 帰らうかと, 帰りました, 帰るとも, 帰る苅萱, 平べつ, 平氣, 愉しくさよなら, 戻つた酒, 戻る御飯蒸器, 戻る昨日, 戻る金木犀, 打ち合せを, 掘つたんで, 提げて, 撃ち込まれた彈丸, 改めてお, 明るい方, 暮して, 更にこれから湯, 有難いといふ, 来い, 来いと, 来たあげようね, 来たお, 来たこれ, 来たですが, 来たので, 来たのよ, 来たもの, 来たやう, 来たよく, 来たん, 来た僅か, 来た唐辛, 来た小遣銭, 来た方, 来た此, 来た焼, 来た猿, 来た紹介状, 来た馬肉, 来てからは, 来ても, 来ましたよ, 来ます, 来ませう, 来る, 来ること, 来るの, 来るよ, 来るわ, 来る事, 来る出版社, 来れるわ, 歩かうよ, 歩きます, 歩きを, 歩く, 歩くか, 歩くだけ, 歩くといふ, 歩く其処, 決めたこと, 活けてを, 淋しさ, 生きて, 生證人, 異つた空氣, 直ぐ鍋, 眺めたり, 知り合, 置いた事件, 置きませう, 置き乍ら事, 置き度, 置く, 置くが, 置くがい, 置くさ, 置けいい, 羨ましい事ぢ, 育てたの, 育てて, 良い子, 若い者, 行かう, 行きませう, 行きませうね, 行くかな, 行くから, 行くが, 行くこと, 行くぜ, 行くつもり, 行くと, 行くの, 行くべき物品, 要るもん, 調べて, 讀んだ, 賣つて了つた, 返すの, 送らう如何, 造りました, 遣りたけれど, 遣るから, 配るの, 長長と, 附け髷, 食べて, 食べるそして, 食べる焼, 食べる餅, 飲みかは, 飲みそれから, 飲むほどに, 飲んだうま

▼ 貰~ (508, 9.1%)

115 うか 6453 うと 50 なければ 26 ねば 10 なくても 9 ないと, なけりや 8 なくちや, なくては 7 うといふ, なきや 5 うとは, ないの 4 ないで, ないでも, なくつ 3 うかとも, うかな, うさ, うとまで, うよ, う手前, なかつた, ぬからだと, ねばなりません

2 [14件] うかしら, うかと思つて, うかの, うぜ, うや, ないといふ, ないやう, ない事, なかつたの, なきやなら, なきア, なくともい, ねば困る, んよ

1 [65件] うかい, うかしらと, うかといふ位, うかと何十遍, うかと思ひました, うかと豚, うかね, うけえ, うせめて, うそして, うその, うつて, うてんぢ, うといふん, うね, う一切, う不貞, う中沢君, う体, う何で, う寄鍋, う散歩着, う早く, う見られるもの, う鐵童, しめた樹明君, せたといふ, せ一生音信不通, つし, つてうーん, ない, ないこと, ないだらうが, ないぢ, ないつもり, ないとも, ない中, ない前, ない日, ない食事, なかった, なかつたか, なくつて, なくて, なくてもよ, なくツ, なけれや, ぬ, ぬこと, ぬでは, ぬと, ねえからね, ねえが, ねえでは, ねえでも, ねばやる, ねば承知, ねば納ら, はつた, ふか, ふかと, ふぢ, ふと思つて, れるとか, 煎豆

▼ 貰ひたい~ (376, 6.7%)

30 と云 21 んだ 19 と思ふ 1816 ものだ 15 のだ 13 と思つて, と言 129 のです 8 ことが, な 6 と云つて, のである 4 と思ひます, やうな 3 といふの, と僕, と頼む, と頼んだ, ものが, ものである, ものです, もんだ

2 [17件] から, がどう, といふこと, との話, とは思つて, と執念, と思つた, と考へ, と言っとく, と言つて, と話し, のが, のぢ, のは, のも, ものと, んです

1 [116件] からこの, からである, からどう, から直ぐ, がな, が何, が奈何, が若し, ことである, ことは, ことも, ことを, さあ殺し, さうなつたら, そして予, そして知つて貰, だつて, ですからなあ, ですが, でせう, でなければ一処, と, とあつ, といはなく, といふ, といふだけの気違ひじ, といふもの, といふやう, といふ人気, といふ問題, といふ大変, といふ意中, といふ意味, といふ欲望, といふ気持, とおも, とお話, とか自分, とさ, としきりに, とは思はない, とも考へ, とマルコン氏, と云つて來, と云つて寄つて, と云つて迫つた, と云ひだ, と云ふん, と仰つ, と出た, と古代人, と君, と喧嘩, と噛ん, と常に, と彼, と思, と思はれた, と思ひ, と思ひふけり, と思ひました, と恰, と招待, と掛け合, と提議, と晝, と申込んだ, と神, と義雄, と親類, と言ってる, と諭せ, と軍司令官, と頼まれ, と頼みました, と願, どうせ泊める, なあ, などと言, など云, なんて云, なン, の, のだらう, のであります, のでせう, ので加集君, のなら, のよ, の止み, ばかりにあつし, ほどで, もう斯, もしか無い, もので, ものでございます, もんで, もんです, や, やおもしろく, よ, よ丈吉殺し, らしいから, ンですつ, 云うて, 又見る, 大喜び, 寝像, 後で卵屋, 暗いと, 気が, 為でも, 為ばかり, 為めに, 然う, 詳しいこと

▼ 貰つた~ (343, 6.1%)

12 んです 11 んだ 9 ことが, やうな 8 ことも 6 ものだ 5 ところで, もので 4 がその, ことは, ことを, さつ 3 か愚, が, といふ話, と言, ので, のであつ, ので私, やうに, よ, ンだ

2 [15件] から, から歩く, ことや, といふこと, といふ事, と云つて, と思ふ, と言つて, のすか, のでその, もの, もんだ, んだらう, 干魚, 筈だ

1 [202件] あまり好き, ありが, ありがたいこと, あゝ, うまかつ, か, かいつ, かい爺さん, かと思ふ, かどう, かのセル, かも知らぬ, からその, からそれ, からといつ, から今度, から今日, から心配, から見た, かわからず, か兎, か知ら, か知らない, か知れません, か貰, がうま, がお, がこれ, がその後, がそれ, がた, がたつた, がどうしても, がなか, がもう, が一個一円五十銭づつとは廉, が一向に, が三日, が下宿, が今日, が何, が其後月給, が出社, が半月, が只, が夜明し, が好い, が媼, が家, が實, が幸, が心臓, が未だ, が校勘, が橋本先生, が殊に, が當時, が矢ツ, が私達, が翌朝, が臭い, が花嫁, が誰の, が途中, が酸く, が醫者, が錢, が隱, が食糧, きり箪笥のけん, けどあちらの, けどこれ, けれども私, けれど博士, けれど少々, けれど私, ことで, ことなども, ことに, ことにな, ことの, こと一鉢千家飯を, しお, ぜ, そして, その二時間, その芥川, ための, だ, だけであつ, だけで我慢, だけのこと, だけ門, で宜, といふ, といふだけぢ, といふばかしで, といふやう, といふ不思議, といふ事実, といふ今, といふ品物, といふ女, といふ由緒付, といふ病院, といふ話ぢ, といふ銀, といふ髮, とかいふこと, とかいふ所謂昇叙, とかそんな, とか云, とか云つて, とか言, ときの, として佐野松, とする, と云, と吹聴, と聞いた, と見え, なつかしかつ, ならどう, ならば, なりに殘, にち, にや相違, に拘はらず, に拘らず, に於, に相違, のぢ, のでもうどうか, のでアメリカ, ので冬村君, ので出かける, ので半紙, ので巴里, ので目下, ので街, ので買, ので長生き, はずだ, はよかつ, は何, ばかり, ばかりで, ばかりでなく, ばかりに火, ばかりのとき, ばかりの百両, ばかりの粽, ばかりの跛, ばかりの電気, ばかりの頬, ほどで, ほどであります, ほどよく, まま手に, ものか, ものかね, ものが, ものである, ものでございます, ものな, もののこいつ, ものは, ものらしく, もの以外, やうで, やうです, やれ, よい着物, よかつ, よりもアカデミー, よ皆さん左樣, らしいが, んで, んである, ンで, 凄い年増, 南無妙法蓮華經, 同時に彼女, 大般若, 嬉しさ, 小さな青玉, 帰り夜, 御祝儀, 戻つて, 新しいいくつ, 新しい浴衣, 時でした, 最も優秀, 正しく金六十錢也, 気持ちよく酔う, 為に, 物だ, 短い髪の毛, 筈の, 若い詩人, 長い手紙, 面白い話

▼ 貰~ (177, 3.2%)

13 まいか 11 ないの 6 ないだらう, ばい, まいかと 4 ない 3 さうもない, たら嬉しい, ないか, ないと, ば好い

2 [15件] た, たの, たらワン公にも, ないかしら, ないかね, ないこと, ないで, ないといふ, ない上, なかつた, なかつたの, ばよ, まいかという, まいかな, ませんか

1 [86件] さうなもの, ず一向に, ず何, ず朝飯, たけりや, たこと, たことも, たって, たで喜んでを, たと思つたの, たので, たやう, たらうが, たらなあ, たら誰れ, た上, た事, た句集代壱円, た明治, た時代, つて, てえな, てよかん, ないお, ないかい, ないかしらん, ないかと, ないかな, ないかなあ, ないかも, ないから, ないけれども, ないさ, ないし, ないせゐだ, ないとは, ないので, ないもの, ないわよ, ないん, ないン, ない人間, ない医者, ない彼等, ない様, ない気, ない身の上, ない齒, なかつたにもか, なかつたので, なかつたら, なかつた夫婦者, なかつた娘たち, なかつた子供, なくなりました, ぬ時, ねえもん, ねえやうぢやあ, ねば學僕, ば, ばいいんだ, ばこの, ばとも, ば一銭だ, ば外に, ば有り難い, ば顔も, まいかとの, まいかの, まいと, ますかね, ますから, ますからね, ますまいかな, ませうが, ません, めえ, や, よう, ようかなあ, り, りやいい, りや少し, んかね, んです, んと

▼ 貰~ (127, 2.3%)

12 たりした 11 たりし 10 てきた 8 てき, てくれ 7 たりする 3 ちや困る, ておい, ておいた, て下さい 2 たり買, ちやどう, ちやア困ります, ていた, てくる, てくれない, て下さる

1 [45件] たま, たりいろいろ, たりそれから, たりなぞ, たり三月, たり体温, たり借り, たり千登世, たり寢, たり旅費, たり昼飯時, たり時には, たり木山, たり本屋さん, たり根分け, たり死後, たり自動車, たり苺, たり返し, たり黄ばんだ, たんぢや, ちやすみません, ちやつたら, ちや世間や, ちや五百人からの, てあげます, てあげる, てい, ていきました, ています, てくるなら, てくれた, てくれたら, てくれつ, てくれます, てこなき, てみたく思はない, てやれ, てゆく, て下さいませんでした, て下され, て行く, て行け, て頂きたうございます, て頂きませう

▼ 貰つたの~ (114, 2.0%)

14 だが 9 である 54 か, ですが, は 3 だと, です 2 が有難い, だから, だつた, よ

1 [60件] か二三本葉巻, があります, がうれしい, がキツカケ, が分家, が紹介役, が藥, だけで, ださ, ださうです, だそして, だつたが, だといふ, だとか, だな, だよ, だらうが, だらう四五日前, であらう, であります, であるが, では, でも, とそんな, と共に漫談, に, にと思つて, にと胸, に気づかず, に氣, に相違, はお前, はこれ, はとりわけ, はツイ先刻, は丁度, は三年生, は主人, は其方ぢやから, は初めて, は前後, は十五年, は名前, は多, は姫だるま, は實, は昨年, は熱い, は経済, は老, は誰, は錢形平次, もゐる, や買つて, よ綺麗, をあの, をその, を一口吸, を引越, を提供

▼ 貰ふと~ (105, 1.9%)

6 云ふ 5 いふこと 4 までいきまいた 3 これは 2 いふやう, いふ事, 私は, 言ふ

1 [79件] いうて, いふなら一層, いふは, いふ不思議, いふ光栄, いふ勘定, いふ奇談, いふ安全さ, いふ御念, いふ法は, いふ積り, いふ観念, か, かこれ, かして, かそんな, かなんとか, か亭主, か無料, か蜂谷, か貰, か道路, くれてな, こいつは, この始末, これが, しよう, しようか, しような, すれば, その名人, それだ, ぞくぞくする, なると, なれば, ね快く, また階段, テーブルの, 一緒に, 三人ばかり, 云ふから非常に, 云ふ凝り, 今度は, 今度福井ツて, 傷は, 僕たちは, 先には, 公儀に, 其儘私に, 却つてもう再び, 反つて気詰り, 土器へ, 大したこと, 大へん, 天津教を, 子供は, 實に, 後が, 悦しい, 承知しねえ, 松島の, 気持ちが, 浅草へ, 牛は, 病気は, 皆が, 皮膚の, 石見銀山鼠捕り, 神経衰弱の, 第一, 腑に, 艦隊は, 薄い寢卷, 返さなければ, 長吉の, 非常に, 餘程美味い, 首を, 鼻カタルだ

▼ 貰へる~ (97, 1.7%)

3 と思つて, のです, やうに

2 [15件] かどう, かなそれとも, かもしれない, かも知れない, からお, ことに, ぞ, といふ, と思ふ, のが, のだ, のや, ものと, やうな, やうにと

1 [58件] からこそ出, からなるべく, か否, が飯, こと, ことかと, ことが, ことだらう, ことでした, ことは, ことも, さかい, ぢや, つて訳だ, であらう, でせう, といふ寸法, といふ心頼み, といへる, ときい, ところを, としてもそれ, と思つた, と思つたの, と思ひました, と本人, と知, と自分, と言, な, などと吝, なんて思, の, のかい, のさ, のださうです, のだつたら, のは, のを, もので, やう私の, わけは, んだ, んだつたら, 事と, 人が, 今日此頃の, 仕組みでした, 朝の, 様な, 樣な, 氣遣ひ, 物だ, 物とか, 積りで, 約束に, 習慣の, 訳だ

▼ 貰はう~ (88, 1.6%)

29 ぢや 15 と思つて 4 と思, と思つたの 3 と云 2 とその, と丘, と思つた

1 [27件] がため, ぢやあない, と, としてことわられた, としてゐた, として与へる, として傍, として周旋, として居る, と奥, と妻, と思つて一所懸命, と思つて來, と思つて往つたの, と新太郎ちやん, と札幌, と梶, と決して, と私, と自分, なぞと考へた, など, などといふ強制的, などと思ふ, などと言, なんぞと思つたの, なんて言

▼ 貰つて來~ (46, 0.8%)

5 たの 3 た, たこれ, ましたよ 2 たと, たよく

1 [28件] たから, たが, たこの, たせがれ, たばかり, たもの, たわけぢ, たハハハ, た一枚, た大石さん, た小さい, た木綿縞, た火傷, た藥, た金米糖, た雜物, て, てお, てくれ, ては木片, てゐた, てゐる, て遣る, ますよ, ませう, る, るからと, るん

▼ 貰ひました~ (46, 0.8%)

532 がこれ, がねす

1 [34件] か, かねえ, から忘れる, から果報焼け, があまり, がお, がお松, がその, がそれ, がそれで, がな, がふしぎ, がまる, がトムさん, が一向に, が何, が何ん, が何處, が余, が傷, が其處, が娘, が本, が此文中, が此處, が私, が胸, が船, が足, ね, んでね実は, トムさんは, 亂暴な, 裏の

▼ 貰ふこ~ (46, 0.8%)

113 とによつ 2 とも出

1 [30件] とあるは, とだけはしなかつた, となど役者, となど話す, との嫌ひな平次, とはできませんでした, とは一家, とは一年あまり, とは予期, とは出, とは出来ない, とは出来なかつた, とは夢み, とは大好き, とは寧ろ, とは心, とは首, とばかりで, ともあつ, とも人, とも別段, とも御座います, とも更に, とも約束, と並, と借金, と後, と汽車, と第, と許

▼ 貰つたら~ (41, 0.7%)

2 いいで, どうか, 何う, 俺だ, 好からう

1 [31件] あんまり澤山, いいか, いいので, さぞ, すぐ判るだらう, といふ, どうだ, どうです, どうな, どんなに嬉, もう伴さん, よい少し, ようが, わたくしを, ミツシヨンの, 代りに, 何うかと, 何うだらう, 何に, 出張で, 到底ウダツ, 君の, 好いだらう, 如何です, 宜からう, 手に, 毒だ, 直ぐ逃げ, 能く, 落着く, 貰つたで

▼ 貰へば~ (39, 0.7%)

2 宜いのだ

1 [37件] いいとして, いい日本, え, ええといふ, この展覧会, それで千倍, それで満足, それで澤山, どうする, どんな病気, まだ間にあった, もう覚えられた, わかること, わしが, 一ぺんに, 三人は, 何んの, 埒が, 大助かりだ, 大根飯を, 大概の, 夫で, 奉公人ぢや, 幸福に, 怨みも, 描けるやう, 旅費は, 此身は, 浅田氏は, 済む, 無理を, 癒る, 直ぐです, 私が, 私だつ, 自分も, 貰つても

▼ 貰ひま~ (30, 0.5%)

9 つさ 7 つせ 4 へう 3 するし, すると 1 しよう酒, つか, へん, ほ

▼ 貰ひませう~ (28, 0.5%)

162 と云, ね, よ 1 かお, かぢ, かと言, か釜吉, がお, よくつて

▼ 貰はれ~ (25, 0.4%)

3 て来た 2 ていつた, て來, て来, て行, て行く

1 [12件] さうなもの, て今, て居る, て相沢, て美しく, て行き, て行きやした, て行つたの, て行つた嫁, て行つた赤ん坊, て行つて, 甚だ面白く

▼ 貰はん~ (24, 0.4%)

3 では, と困る, ならん 2 ければ, にやならん

1 [11件] かてよろしい, けれや, でも, でよ, と, となあ平三, と便所, と可, にゃ今度, にやなりますまい, にや今

▼ 貰ひたく~ (23, 0.4%)

5 ねえ 2 なささう, はない

1 [14件] てたまらない, てだ, てなあ, てゆき子, て堪らない, なつた, はなかつた, はなく, はねえ, もあり, も知らるる, 思つてゐた, 敷金も, 晩年の

▼ 貰ひます~ (23, 0.4%)

53 から 2

1 [13件] お狐さま, か, からね, が, が身體, と, と云う, と云つた事, と云つて, と千枚, と言, なア, 昨夜も

▼ 貰へれ~ (20, 0.4%)

3 ばそれ, ばと考へ, ばよい

1 [11件] ばよかつ, ば一層, ば何とか, ば僕, ば勿論, ば十分, ば天国, ば幸甚, ば結構, ば貧乏, ば貰ひたい位

▼ 貰~ (20, 0.4%)

3 しない, しません

1 [14件] あしませんでした, あ好い, おれの, しないわ, しませんよ, はるん, ふとはかない, よかった, アがった, ア家も, ア田地が, 人には, 雨にだけは, 鬼に

▼ 貰~ (20, 0.4%)

2 わなけりゃよかっ

1 [18件] いましてね, う気ら, ったら久しい, った上陸券, った紙, ってプラットフォーム, つたら久しい, はう, ひ, ひあと, ひたいもん, ひながら, ひに, ひにでも, ひましたら此官吏さん, ひ其上, ふの, わなけれ

▼ 貰ひたかつた~ (19, 0.3%)

3 のだ

1 [16件] からです, がそんな, がどうしても, がゆき子, とあと, と思ひます, の, のさ, ので, のである, のでした, のでせう, ので御座います, ものだ, やうな, やうに

▼ 貰~ (18, 0.3%)

3 来て

1 [15件] もらうつもり, サアもう, 一寸と, 先生は, 厩よりも, 善く読みました, 居たので, 居る六人扶持, 廻わる, 木村の, 来たが, 来ました勇気, 藁の, 誰も, 貰うたの

▼ 貰ひたくない~ (18, 0.3%)

3 のです

1 [15件] お前その, ことも, ぞ, といふ報酬, と母, な, ね, のだ, ほど深い, ものだ, わ, ツて, 又片, 生身は, 私は

▼ 貰ひた~ (17, 0.3%)

4 さに 3 がつて 2 いくらゐ, かツ 1 いくらゐだ, かア, がつた, がつたの, がつてる, けりや

▼ 貰~ (16, 0.3%)

2 金も

1 [14件] お盃, かと思う, からと云, から誠に, が今度, ことは, その中, その人, と云う, と思, ように, 所が, 河豚の, 縮緬の

▼ 貰つた方~ (16, 0.3%)

2 がい, が好い

1 [12件] がうれし, がよかつ, が一番安心, が好, が宜, が本人, が確か, が自他, が良い, が言, が面白い, でも自分

▼ 貰つた時~ (16, 0.3%)

2 から最早

1 [14件] からで, には少し, に嬉しく, に行, のこと, の事, の方, はあんなに, は二千円, は何處, は実に, ほどうれしい, まづ, より外

▼ 貰つた事~ (15, 0.3%)

4 がある 2 があつ 1 がない, がゆき子, が無, の無い, はあつ, はせめて, はケロリ, もある, を誠に

▼ 貰ふつ~ (15, 0.3%)

3 もり 2 もりです 1 てわけ, もりであつ, もりでした, もりでね, もりでを, もりで愉しい, もりで持つて, もりで部屋, もりどう, もりよ

▼ 貰ふた~ (13, 0.2%)

3 とて何 1 し着物, のぢ, めしも, る博多, る日光羊羹, んぢ, 方様に, 甲斐絹の, 義理も, 覺え

▼ 貰~ (13, 0.2%)

2 たと, たの 1 た, たア, た物, た赤絵具, ても露, て来た, て私, て課長, て課長さん

▼ 貰ひ受け~ (12, 0.2%)

21 それを, てまた, て來, て僅, て居る, て来, て白墨, 厄が, 或は不意, 晴政と

▼ 貰へと~ (11, 0.2%)

3 無茶苦茶に 2 被仰 1 云つてや, 云は, 母は, 親の, 言つてゐた, 誰も

▼ 貰つてそれ~ (10, 0.2%)

2 を明けくれ 1 から突然, でい, でそつ, は當時, も一緒, を噛み, を手引き, を穿い

▼ 貰ひまし~ (10, 0.2%)

32 よ夫, よ言 1 て造作, て黒く, よそれでは

▼ 貰ふて~ (10, 0.2%)

2 生意氣 1 からも負傷者達, さそい, もあかんこつ, 來とくん, 末永く御, 来や, 生意気らしう, 甲板に

▼ 貰ふよ~ (10, 0.2%)

3 り外 2 り他 1 りあの, り仕かた, り仕方, り外爲樣, り手

▼ 貰つた金~ (9, 0.2%)

1 がもうすつかり無く, が五十, でこつ, では自分, で是非今日中, の残り, を蕩尽, を見, を路銀

▼ 貰つてる~ (9, 0.2%)

2 のでそれ 1 しまた, ど石, の, のだ, んじ, んぢや, ンさ

▼ 貰はず~ (9, 0.2%)

1 には居られない, には居られなかつた, に亂行續, に仕舞, に壁, に奉公人, に戻つ, まるで了見, 折角狙つた要屋

▼ 貰ふべき~ (9, 0.2%)

3 頃に 2 嫁を 1 もの, ものは, ものも, 財産の

▼ 貰ふん~ (9, 0.2%)

1 だが, だったね, だと, だらう, でしたよ, ですか, ですね, ですもの, で軍艦

▼ 貰ふんだ~ (9, 0.2%)

321 からと嫌がる, つていふ話だ, よ, ネ

▼ 貰~ (8, 0.1%)

2 もんだ 1 とこだ, ねえん, べえ, べえた, も出, 所の

▼ 貰つた上~ (8, 0.1%)

1 こんなに親切, せめては, でなくては, でゆ, にこの, に命, に月四円, に月四圓

▼ 貰~ (8, 0.1%)

1 なって, なりそう, なる気, 出るやつ, 出る老人, 出る連中, 就ては, 近きもの

▼ 貰はにや~ (8, 0.1%)

2 ならん 1 とてもやり切れない, ならないの, ならんと, なりませんよ, へえ庭, 龜藏の

▼ 貰ひな~ (8, 0.1%)

2 はれ 1 さるかね, すつたら始終, どしきり, どしたので, よ, 又おいで

▼ 貰へるなら~ (8, 0.1%)

1 あつしだ, この種, それだけで, 何れも, 姉さん下へ, 恐らく諸君, 私は, 酒でも

▼ 貰うた~ (7, 0.1%)

1 だけです, だけでも大した, です, などとお前, なら一杯, は本当, 云うて

▼ 貰ひなさい~ (7, 0.1%)

21 それが, と云つて, と勧め, よね, よ願

▼ 貰ふたら~ (7, 0.1%)

3 少しは 1 え, どうでつ, 困りますがな, 飲むこと

▼ 貰ふなら~ (7, 0.1%)

1 その生活ぶり, ばそれ, ば乱酔時代, ば大衆, ば屡々, 貰ふ, 魚眠洞随筆の

▼ 貰へるだらう~ (7, 0.1%)

21 かといふこと, かと話したら, と思はしめた, ね, よ

▼ 貰~ (7, 0.1%)

41 たろか, たコバエテ, てお

▼ 貰うまい~ (6, 0.1%)

2 ぞや 1 がそんな, と腹の中, よ, よ姐

▼ 貰つたつ~ (6, 0.1%)

2 てそれ 1 てそい, てどうして, てやはり, て其日

▼ 貰つて帰つて~ (6, 0.1%)

2 来ると 1 きた一杯, 来たこと, 来た事, 来るの

▼ 貰つて私~ (6, 0.1%)

1 がこ, に此役, はいそ, は甲州, は黒砂糖, を追

▼ 貰つて自分~ (6, 0.1%)

1 で使つて, の家, の心, の細君, の部屋, は其の

▼ 貰はれた~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 のは, 人です, 後添ひでもとは, 方で

▼ 貰ひも~ (6, 0.1%)

1 あるめ, ので今日, のなれ, の多き, 多いせゐ, 来る

▼ 貰ひ受けた~ (6, 0.1%)

1 のか, のであつ, やうな, 時も, 木版刷の, 長太郎と

▼ 貰ふか~ (6, 0.1%)

2 な, も知れない 1 といふこと, 盗むか

▼ 貰ふまい~ (6, 0.1%)

21 ぜ變人, ぞ, と心, と決心

▼ 貰~ (6, 0.1%)

1 た, たからと, たりする, たり造花, た人間, てそれ

▼ 貰つたお~ (5, 0.1%)

1 中元の, 禮を, 豊の, 赤飯の, 關も

▼ 貰つた手紙~ (5, 0.1%)

1 にはたしか, の事, もあり, や端書, を公開

▼ 貰ひし~ (5, 0.1%)

1 婢も, 文は, 物少から, 百両を, 米國製ハム鑵詰又

▼ 貰ひたる~ (5, 0.1%)

2 小鍛冶 1 を名残り, 支那土産の, 者も

▼ 貰ふため~ (5, 0.1%)

1 である, に三宿, に教, に送つた, の有毒

▼ 貰ふも~ (5, 0.1%)

1 のさ, ので他, のと, のは, のを

▼ 貰へん~ (5, 0.1%)

2 ことも 1 ぜ, ものかな, わい

▼ 貰~ (5, 0.1%)

1 え度, え申しやしょう, てえんだ, ばええ, ばどう

▼ 貰~ (5, 0.1%)

1 いうても, というの, をしまし, をする, を実子

▼ 貰たら~ (4, 0.1%)

1 あとは, え, じきやって来た, わいは

▼ 貰つて僕~ (4, 0.1%)

2 が書い 1 の好き, は根底

▼ 貰つて行~ (4, 0.1%)

3 まする御酒 1 つたが

▼ 貰~ (4, 0.1%)

1 ことを, 中では, 中には, 多少ばりを

▼ 貰はれない~ (4, 0.1%)

1 ので出品, 事も, 時代で, 褒賞が

▼ 貰ひたがる~ (4, 0.1%)

3 御身分がら 1 のを

▼ 貰ふから~ (4, 0.1%)

1 といふ頼み, とそつ, と言, ね

▼ 貰ふとし~ (4, 0.1%)

1 て, て健吉君, て君, ようで

▼ 貰ふとすぐ~ (4, 0.1%)

1 その場, その足, にさよなら, 同性愛の

▼ 貰~ (3, 0.1%)

1 あつた, 十二通りあつ, 門に

▼ 貰たん~ (3, 0.1%)

1 やぜ, や十二本貰たん, を絲瓜はん

▼ 貰つた人~ (3, 0.1%)

1 だつた, の所, の話

▼ 貰つた喰~ (3, 0.1%)

3 べても能い

▼ 貰つた手拭~ (3, 0.1%)

1 で傷, を下, を皺

▼ 貰つてす~ (3, 0.1%)

1 つかり好い, つかり家, つかり有頂天

▼ 貰つて手紙~ (3, 0.1%)

2 だけは怠らず寄越す 1 を出す

▼ 貰つて稽古~ (3, 0.1%)

1 した, して, しました

▼ 貰ひたいツ~ (3, 0.1%)

2 て返し 1 て仰

▼ 貰ひたい位~ (3, 0.1%)

1 だ, に考へ, のもの

▼ 貰ひたかつたら~ (3, 0.1%)

1 きざな, 一緒に, 六百五十兩持つて來い

▼ 貰ひたき~ (3, 0.1%)

1 こと及び, 旨書き送る, 時には

▼ 貰ひたし~ (3, 0.1%)

1 と思ふ, まづ酒, 氣色の

▼ 貰ひで~ (3, 0.1%)

1 はあつ, はなかつた, もしなく

▼ 貰ひと~ (3, 0.1%)

1 の處置, も托鉢, 思はれて

▼ 貰ひ受けたい~ (3, 0.1%)

1 といふ考, と望ん, やうな

▼ 貰ひ放し~ (3, 0.1%)

2 になつ 1 にし

▼ 貰ひ泣きし~ (3, 0.1%)

1 て居りました, て帰, ながら

▼ 貰ひ集め~ (3, 0.1%)

1 たり又, ておい, てそれ

▼ 貰ふて下され~ (3, 0.1%)

3 と願

▼ 貰ふて頂かう~ (3, 0.1%)

2 と決心 1 と决心

▼ 貰ふとき~ (3, 0.1%)

1 では, のやう, 何とかかん

▼ 貰ふところ~ (3, 0.1%)

1 だから, だが, でないと

▼ 貰ふめえ~ (3, 0.1%)

2 ぜえ 1

▼ 貰ふもん~ (3, 0.1%)

1 か, かい, や無う

▼ 貰ふわ~ (3, 0.1%)

1 あんたは, よ, 後でね

▼ 貰受け~ (3, 0.1%)

1 て呉れ, て形見, て養子

▼ 貰あん~ (2, 0.0%)

1 だとよ, でなくつちや厭

▼ 貰いたく~ (2, 0.0%)

1 ないな, なかった

▼ 貰うてた~ (2, 0.0%)

2 のや

▼ 貰つたお礼~ (2, 0.0%)

1 にぴちぴち, の序

▼ 貰つたそれ~ (2, 0.0%)

1 である今夜, は何

▼ 貰つたの私~ (2, 0.0%)

2 は厭

▼ 貰つた一~ (2, 0.0%)

1 すぢ道, と切れ

▼ 貰つた品々~ (2, 0.0%)

1 などの記入, を記した

▼ 貰つた妻~ (2, 0.0%)

1 だつたよう, といふもの

▼ 貰つた小判~ (2, 0.0%)

1 で紙屑, の百兩

▼ 貰つた平次~ (2, 0.0%)

1 は丁度, は念

▼ 貰つた恩義~ (2, 0.0%)

2 も有る

▼ 貰つた恩賞~ (2, 0.0%)

2 はたつた

▼ 貰つた日~ (2, 0.0%)

1 に, にエレーヌ

▼ 貰つた旧式~ (2, 0.0%)

2 の懐中時計

▼ 貰つた最初~ (2, 0.0%)

1 の作品, の経験

▼ 貰つた煙草~ (2, 0.0%)

1 の吸殻, を一包

▼ 貰つた生徒~ (2, 0.0%)

2 が二人

▼ 貰つた礼~ (2, 0.0%)

1 に何, を云

▼ 貰つた細君~ (2, 0.0%)

1 だから, の方

▼ 貰つた者~ (2, 0.0%)

1 はない, は昔

▼ 貰つた袋~ (2, 0.0%)

1 の事, を見せました

▼ 貰つた袷羽織~ (2, 0.0%)

1 をも重ね, を著

▼ 貰つた記憶~ (2, 0.0%)

1 はまざまざ, も有りません

▼ 貰つた賞品~ (2, 0.0%)

1 などを送る, を抱

▼ 貰つた錢~ (2, 0.0%)

2 はいつも

▼ 貰つてくだ~ (2, 0.0%)

1 よ, よこれ

▼ 貰つてこれ~ (2, 0.0%)

1 はお座敷女中, は大変

▼ 貰つてそこ~ (2, 0.0%)

1 から通, でもまた

▼ 貰つてゆ~ (2, 0.0%)

1 つくり暖, つくり飲むつもり

▼ 貰つて一本~ (2, 0.0%)

1 いた, つけた

▼ 貰つて主人~ (2, 0.0%)

1 が奥, の姪

▼ 貰つて二人~ (2, 0.0%)

1 でこれから, は仲よく

▼ 貰つて他所~ (2, 0.0%)

1 へ引越し, へ行く

▼ 貰つて來たん~ (2, 0.0%)

2

▼ 貰つて別~ (2, 0.0%)

1 にしよ, に小さい

▼ 貰つて夜~ (2, 0.0%)

1 になれ, は傳習録

▼ 貰つて女~ (2, 0.0%)

1 ではと, へやつ

▼ 貰つて帰~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 貰つて村端~ (2, 0.0%)

1 から三四町, れから

▼ 貰つて留守~ (2, 0.0%)

2 を任せた

▼ 貰つて筆~ (2, 0.0%)

2 やの店

▼ 貰つて行つた嫁~ (2, 0.0%)

2 の親

▼ 貰つて赤ちやん~ (2, 0.0%)

1 が出, でも

▼ 貰つて近所~ (2, 0.0%)

1 から傭つて貰つた女の子, へ配り

▼ 貰つて逢~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひましたが

▼ 貰つて飼馴~ (2, 0.0%)

2 した籠

▼ 貰とく~ (2, 0.0%)

1 がええ, なはれ

▼ 貰なさい~ (2, 0.0%)

2

▼ 貰はれる~ (2, 0.0%)

1 と僕, 様に

▼ 貰はん事~ (2, 0.0%)

1 には氣色, にや

▼ 貰ひう~ (2, 0.0%)

1 けどうか, け自由気儘

▼ 貰ひうけ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て來

▼ 貰ひか~ (2, 0.0%)

1 なんどの, 何かの

▼ 貰ひたい事~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 貰ひたい心~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, にならず

▼ 貰ひたい気持ち~ (2, 0.0%)

1 だつた, になつて

▼ 貰ひたい許~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ 貰ひたい話~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 貰ひたい運動~ (2, 0.0%)

1 だと, をしたけれ

▼ 貰ひたう~ (2, 0.0%)

1 ござりますだ, て追

▼ 貰ひたくなる~ (2, 0.0%)

2 時が

▼ 貰ひたく無い~ (2, 0.0%)

2 お前その

▼ 貰ひたれ~ (2, 0.0%)

1 どイワン, ば歓喜

▼ 貰ひなさる~ (2, 0.0%)

1 が好い, だらうけれど

▼ 貰ひにくる~ (2, 0.0%)

1 のだ, ほどの水

▼ 貰ひもの~ (2, 0.0%)

1 でも, をためました

▼ 貰ひ受けたる~ (2, 0.0%)

1 にこれ, 吉野葛壱箱携へ

▼ 貰ひ受けました~ (2, 0.0%)

1 から上覧, もののうるさく

▼ 貰ひ来る~ (2, 0.0%)

2 茶碗の

▼ 貰ひ溜めた~ (2, 0.0%)

1 にし, 金を

▼ 貰ひ申す~ (2, 0.0%)

1 わけには, 事は

▼ 貰ひ立つ~ (2, 0.0%)

1 て貰, て飲み

▼ 貰ひ集めた~ (2, 0.0%)

1 ものだつた, 白麺麭や

▼ 貰ふた方~ (2, 0.0%)

1 がえ, が好い

▼ 貰ふとい~ (2, 0.0%)

1 いや, たん

▼ 貰ふべく~ (2, 0.0%)

1 森野老人を, 隣に

▼ 貰ふんだつたら~ (2, 0.0%)

1 内地の, 多分この

▼ 貰へといふ~ (2, 0.0%)

2 その

▼ 貰らおうと~ (2, 0.0%)

1 思うの, 思って

▼ 貰~ (2, 0.0%)

1 ように, んだ

▼ 貰れえ~ (2, 0.0%)

1 てえ, てえな

▼ 貰ッテ~ (2, 0.0%)

1 又直, 早ク東京

▼ 貰~ (2, 0.0%)

1 が来ました, もなし

▼ 貰~ (2, 0.0%)

1 の干物, をする

▼ 貰申したい~ (2, 0.0%)

1 ので, のです

▼1* [665件]

あの時は, 貰あわえから, 貰いたしとかいかよう, 貰いっ児で, 貰いやがって出来, 貰うかしてそれほど, 貰うかしたらいいじゃ, 貰うこたあ出来め, 貰うたお礼ならこっち, 貰うた人こそ災難, 貰うた天滿校の三字, 貰うた指環をば出い, 貰うた者三百余人来援し大いに, 貰うた訳じゃが, 貰うた金を船中, 貰うた黒穂を白湯, 貰うめえぜサ, 貰えッて, 貰おうとだけは思っ, 貰から申しますと, 貰と, 貰たいネ, 貰たげるよつて, 貰つたあとからは天国, 貰つたおかげで, 貰つたおばあさん一人のきれい好き, 貰つたおほ傷の, 貰つたおれは四十, 貰つたお年玉とおばあさん, 貰つたお爺さんがその, 貰つたお金はみんな半端, 貰つたくらゐだから, 貰つたこれも乞食根性, 貰つたさうな, 貰つたさうだが友人, 貰つたそうだ, 貰つたぢやねェか, 貰つたどこで御馳走, 貰つたなごやかな家庭の空気, 貰つたのさ三つづつ三つ叩く暗, 貰つたのさ餘計な事, 貰つたのひよえつと口, 貰つたの澤山出して, 貰つたほうれん草と盗んだ, 貰つたほんたうに予期, 貰つたほんとうの名前, 貰つたやうにも思ふ, 貰つたように愉快, 貰つたクルチウスの, 貰つたケリヲソート, 貰つたハムいつもの, 貰つたハンドオルガンが引つ, 貰つたバツトのうま, 貰つたラジオは静岡, 貰つたレモンを十, 貰つた一両の金, 貰つた一杯の茶, 貰つた三百兩を費, 貰つた上何よりも彼, 貰つた上前のホテル, 貰つた上戸締りの工合, 貰つた上死にもの狂, 貰つた不断着を下した, 貰つた五つの飴玉, 貰つた五六段の畑, 貰つた五合の米, 貰つた人形芝居を独り, 貰つた人達の記事, 貰つた仁丹などを鷄二, 貰つた仏蘭西のアンリ・フアブル先生, 貰つた位のこと, 貰つた何といふ無愛想, 貰つた例はねえ, 貰つた便りで一層, 貰つた僕の方, 貰つた儘になつて, 貰つた儘藏つて置いたので, 貰つた優勝旗をとりあげられた, 貰つた八兩で嘘, 貰つた八歳の頃, 貰つた兵隊さん一番つまらなか, 貰つた其日に殆ど, 貰つた分量よりむしろ, 貰つた切符には, 貰つた力でも長い, 貰つた化粧箱がある, 貰つた友人たちの手紙, 貰つた友達の方, 貰つた口は無い, 貰つた口上書を辨慶, 貰つた古町へそして, 貰つた名を棄て, 貰つた名古屋の森君, 貰つた味噌を食べる, 貰つた唄の文句, 貰つた單衣の帶, 貰つた因縁でお前, 貰つた団子を腹一杯, 貰つた土地ぢや, 貰つた地面の御蔭, 貰つた場合は別, 貰つた外国煙草を出し, 貰つた夢を見た, 貰つた大事なステツキ, 貰つた大形の眼醒時計, 貰つた女ならせいぜい, 貰つた女の子である, 貰つた女房を連れ, 貰つた奴がどうしても, 貰つた婚礼の折, 貰つた婚禮の折, 貰つた嫁が死骸, 貰つた子もはじめて, 貰つた宗次郎殿を殺し, 貰つた家ではお礼, 貰つた寄木細工を弄ん, 貰つた寫眞の姉, 貰つた山頭火お手づくり, 貰つた島五六郎を自滅, 貰つた左の頬, 貰つた市太郎といふ養子, 貰つた帰りに雄勝川, 貰つた幾筋の手拭, 貰つた弟が兄, 貰つた弟子である, 貰つた当時に比べ, 貰つた後に確か, 貰つた後添できりやう好み, 貰つた恩がある, 貰つた所で書物, 貰つた指環でも着物, 貰つた敷島がめいつた風, 貰つた断りを言, 貰つた新聞も読まない, 貰つた新茶の火, 貰つた斷りを, 貰つた旅費が支度, 貰つた日記帳をやる, 貰つた昔の事, 貰つた星の歌, 貰つた時これはどう, 貰つた時さつま汁の豚肉代り, 貰つた時刻を聽, 貰つた時夫伊織は七十二歳, 貰つた時私達は旅人, 貰つた書物はモーギユー, 貰つた月給は殆, 貰つた板チョコをしやぶり, 貰つた柿の種, 貰つた栗をゆで, 貰つた桃の葉, 貰つた桑摘み人形の郷土細工, 貰つた植松との五人, 貰つた機会から家, 貰つた歌である, 貰つた歐羅巴での旅, 貰つた正宗をラツパ, 貰つた此櫛がどうも, 貰つた歳暮にお, 貰つた清書紙のお古, 貰つた無患子の実, 貰つた焼酎を飲ませ, 貰つた焼魚も買, 貰つた爲めに怡, 貰つた爲五郎だ, 貰つた物でも分け, 貰つた猫の子, 貰つた甘藷を取られ, 貰つた生身を汚す, 貰つた男は文句, 貰つた着物が年々着古, 貰つた着茣蓙を羽織り, 貰つた短冊を五六枚, 貰つた石けんを持つ, 貰つた礼心にちゃんと, 貰つた禮にあの, 貰つた私は飲み過ぎる, 貰つた稲妻と木精, 貰つた紙袋に入れ, 貰つた紹介状ではあつ, 貰つた絵がかぶれ, 貰つた絵はがきにそんな, 貰つた縁故もあつ, 貰つた纒頭の額, 貰つた義理があるせゐ, 貰つた自分の実力, 貰つた舞扇の一対, 貰つた般若湯が一壜, 貰つた良寛さんが再び, 貰つた花で卓子, 貰つた茗荷を下物, 貰つた茶をがぶ, 貰つた茶袋が二本, 貰つた菱餅を食, 貰つた薬をいつのまに, 貰つた虱を茶碗, 貰つた蝋燭は大根, 貰つた蝙蝠を良人, 貰つた衣裳を身, 貰つた表紙は赤ちやけた, 貰つた覺えは, 貰つた記念の惱, 貰つた訳ぢや無い, 貰つた詩集がもう, 貰つた警官が, 貰つた辨當を持つ, 貰つた通りの作法, 貰つた遠眼鏡である, 貰つた郷土讀本を見たら, 貰つた酒はわざと, 貰つた酒盃君の店, 貰つた鈴木師岡乃至山崎, 貰つた銀貨で花, 貰つた錦鶏鳥の画, 貰つた鏡を解い, 貰つた長政は年, 貰つた間柄だ一度位, 貰つた頃から妙, 貰つた頃これも矢張り, 貰つた領巾を振つ, 貰つた顏とは違, 貰つた食料で投機, 貰つた養ひ娘, 貰つた養子で山の手一番, 貰つた饅頭を持つ, 貰つた骨があれ, 貰つた鮒がある, 貰つた鳶口を持出し, 貰つた鶏頭を活ける, 貰つた鹽町の上州屋周太郎, 貰つた黒麦酒が有る, 貰つてあした行くん, 貰つてあと何年間かつまらぬ, 貰つてあなたの云, 貰つていつしよに, 貰つていまは通, 貰つてお祭を追, 貰つてお金はほんの, 貰つてくんな, 貰つてさこの世の極楽, 貰つてすゝつてゐたらふいに, 貰つてそつとその, 貰つてその道の者, 貰つてぢき別れた細君, 貰つてほんたうに, 貰つてむしやむし, 貰つてやうやくそれ, 貰つてやつたら彼等, 貰つてやり玉へ, 貰つてらつし, 貰つてアルコール釀造場を見た, 貰つてコンブレエへ歸, 貰つてステツキとする, 貰つてチモフエイの所, 貰つてツイ屋敷外の長屋, 貰つてトラックで運ばせよう, 貰つてトランクや袋, 貰つてトンネルを抜けた, 貰つてトーストを食べた, 貰つてレンブラントの素描, 貰つて一人で出鱈目, 貰つて一人口ふやすの, 貰つて一儲けしようと, 貰つて一應村川菊内に預け, 貰つて一日のんびりと, 貰つて一時就職しようかとも, 貰つて一杯遣るよ, 貰つて一氣にお, 貰つて一緒にふかし, 貰つて一般に流行らせる, 貰つて一隅で飮ん, 貰つて丁寧に禮, 貰つて三年ぶりに懐かしい, 貰つて三日目ばかりの時計, 貰つて三月經たない, 貰つて三重になつ, 貰つて上井出村へ向つた, 貰つて下さつてお布施, 貰つて下田の沖, 貰つて下男勇太郎の死骸, 貰つて不義の栄耀, 貰つて与太話に興じ, 貰つて中庭の方, 貰つて二番目の太鼓, 貰つて人手にか, 貰つて人込みのなか, 貰つて今まで二人, 貰つて今日まで秘し, 貰つて仕事をし, 貰つて会社の社員, 貰つて佐次兵衛に伴, 貰つて体を拭いた, 貰つて何うする, 貰つて何んとはなし, 貰つて何処でもい, 貰つて使つたが, 貰つて來ようかと腰, 貰つて來ようぢやない, 貰つて來るみくじのこと, 貰つて來其れを, 貰つて先づ大連病院を訪, 貰つて先生の役, 貰つて八五郎を目黒在, 貰つて兵庫まで來, 貰つて其處へ連れ, 貰つて出發した, 貰つて南さんに御願, 貰つて即座に町役人方, 貰つて原稿料を二十圓, 貰つて厩よりもまだ, 貰つて厳重な僧尼, 貰つて口へ入れ, 貰つて口絵だの, 貰つて同道して, 貰つて君の守部論, 貰つて吸ふより煙草入, 貰つて呉郎さんとビール, 貰つて告別式の演説, 貰つて味つた, 貰つて喫つてゐるの, 貰つて四日目の朝照国丸, 貰つて国立劇場を隠退, 貰つて國會議員も之, 貰つて土地の質屋, 貰つて土産を買, 貰つて外へ出る, 貰つて大事さうに提げた, 貰つて大切に机, 貰つて大屋へ歸, 貰つて大石橋駅に引返し, 貰つて大阪へ下る, 貰つて女房と三人, 貰つて娘の行方, 貰つて婆さんの面倒, 貰つて孫の顔, 貰つて宗門改役の御用, 貰つて家へ使, 貰つて家作を四軒, 貰つて宿料を払ふたの, 貰つて富を作つた, 貰つて富岡はゆ, 貰つて小石元瑞, 貰つて小舎へ戻つた, 貰つて屋根を葺いた, 貰つて島へ渡つた時, 貰つて州崎の原, 貰つて帰つた後百二十円の金, 貰つて帰国した, 貰つて帶を買, 貰つて平和に生涯, 貰つて幸福だとは, 貰つて床の上, 貰つて彼是と恩, 貰つて往來に出た, 貰つて後に腹違, 貰つて後世に残したい, 貰つて念のため格子, 貰つて恐縮したもの, 貰つて恩を賣り, 貰つて所が面白い, 貰つて所謂一大事の訴, 貰つて手取り千六百金四百金を承奉, 貰つて手續きを, 貰つて手酌でやらかし, 貰つて控へておけ, 貰つて教育されて, 貰つて數日中に東京, 貰つて新聞といふもの, 貰つて旦那の命, 貰つて早死させた上, 貰つて春風の旅, 貰つて昭和八年第六十四回帝國議會, 貰つて最初の鐵漿, 貰つて最後に下女, 貰つて朝の暗い, 貰つて本国英吉利に還らせ, 貰つて来たつて, 貰つて来年の夏, 貰つて東京へ戻, 貰つて東北の任地, 貰つて松島遊覧の電車, 貰つて柚子味噌にする, 貰つて梯子を滑らせ, 貰つて植ゑつける五本, 貰つて樂んで居れ, 貰つて横に糸, 貰つて次の二番, 貰つて歓談はつきない, 貰つて此方から二十六萬圓加, 貰つて此處へ連れ, 貰つて歸つた, 貰つて歸つた祗園だん, 貰つて母屋の一室, 貰つて気の毒だつた, 貰つて気楽に飯, 貰つて氣の毒, 貰つて水商賣の, 貰つて汽車へのツタ, 貰つて河内屋に泊り込ん, 貰つて泥と血, 貰つて洋服やシュミーズ, 貰つて洋行までさせ, 貰つて浪花節語りでもある, 貰つて浴する者, 貰つて湖上を周, 貰つて澄太君へ旅立延期, 貰つて炉の火, 貰つて無駄な苦勞, 貰つて猩々を生, 貰つて生前會つて, 貰つて生活して, 貰つて生涯の思ひ, 貰つて留守番とはいひ, 貰つて登山した, 貰つて着がへる, 貰つて着換へた, 貰つて知つて居るから, 貰つて稍羨望を禁じ, 貰つて穴のあか, 貰つて空襲の時, 貰つて簡単なハガキ, 貰つて糸巻へ二つ, 貰つて紋次郎の口, 貰つて練習した, 貰つて繩付は番所, 貰つて纏まつた時, 貰つて老後の愉し, 貰つて而して, 貰つて肉桂をとり, 貰つて自分自身の批評, 貰つて自宅へ駆け戻れ, 貰つて藁の上, 貰つて藥罎にさした, 貰つて行きす, 貰つて行つたのだが, 貰つて行つて何か買, 貰つて街に出かけ, 貰つて表紙にし, 貰つて親許に歸, 貰つて話をすすめた, 貰つて財布の落ち, 貰つて跡取娘, 貰つて身を賣るで, 貰つて通讀した時, 貰つて道を學んだ, 貰つて道臣の酒, 貰つて邪魔になる, 貰つて金が出来り, 貰つて錢形の親分, 貰つて錦太郎の嫁, 貰つて隆治夫妻へ電話, 貰つて隱した場所, 貰つて雑多の羊, 貰つて雜誌を全く, 貰つて離縁された, 貰つて難有いと云つて, 貰つて音取かく, 貰つて頭を下げる, 貰つて頼朝に天下, 貰つて顔や手足, 貰つて顫へ上, 貰つて食つた, 貰つて飮んで眞, 貰つて飮んだところが, 貰つて飯も食はず, 貰つて餘所へ往きたい, 貰つて駅前の葭簾張り, 貰つて驛前の葭簾張り, 貰つて鬼の首, 貰つて鷄介はま, 貰つて齒は拔, 貰つとくつていう, 貰つとるといふ, 貰てたらうちの, 貰てばっかりして, 貰てもかめしめへんどっか, 貰変った心持, 貰でも腹からの, 貰といふ心持が, 貰なさることが, 貰には三種ある, 貰にも亦二種, 貰はうではない, 貰はせて駅前, 貰はっと思やあ, 貰はにゃそのまんまぢゃ大き, 貰はねえと安心, 貰はねいぢや, 貰はれまいかと云つて, 貰はれますと初め, 貰はれるなら泊めて貰, 貰はん云やがつた, 貰はん方が可, 貰ひあわてて此處, 貰ひうけることに, 貰ひくれるやうに, 貰ひたいお前の返事一つ, 貰ひたいげなが, 貰ひたいショーバイだから, 貰ひたい事旅興行に愛国切符, 貰ひたい人があります, 貰ひたい今日こそ染め, 貰ひたい今晩中には手, 貰ひたい仕事に膏, 貰ひたい代りに三十両, 貰ひたい其ためにお前, 貰ひたい好奇心がない, 貰ひたい希望から私, 貰ひたい幸福の絶頂, 貰ひたい時機が来る, 貰ひたい望みもない, 貰ひたい樣子でしたがね, 貰ひたい氣がする, 貰ひたい点に目的, 貰ひたい由をつげた, 貰ひたい男が誰, 貰ひたい肚らしいが, 貰ひたい芸当である, 貰ひたうてな, 貰ひたがりそして眞白, 貰ひたさうな表情, 貰ひだいやはや, 貰ひだつたから日和下駄, 貰ひつけてゐる, 貰ひですな, 貰ひとあまり大差のないひどい, 貰ひとどれだけの相違, 貰ひと言つたらう, 貰ひと間違へて追, 貰ひなさらなくつて, 貰ひなさらないの, 貰ひなら去年の暮以來御難, 貰ひにあがつたんです, 貰ひぬ雪の, 貰ひね兄さんの, 貰ひはじめた頃その, 貰ひますまいと言, 貰ひませんが金, 貰ひませんでも結構, 貰ひも五月蠅くない, 貰ひも卷あげられおまけ, 貰ひも大分あつた, 貰ひやしたか, 貰ひやすな, 貰ひやせうか, 貰ひ入る可から, 貰ひ受けましたらうか, 貰ひ受けようとする, 貰ひ受ける事に, 貰ひ受け喜ぶ孫ぞ, 貰ひ坐つて貰つて而し, 貰ひ得て呉れよう, 貰ひ得た本人は, 貰ひ得損じて面目, 貰ひ戻すかせめて, 貰ひ損ねた子供の, 貰ひ来たりとて肥え太りたる, 貰ひ歩いて居る, 貰ひ泣いてゐる, 貰ひ泣きさせられたかは此處, 貰ひ溜めたるものにても, 貰ひ溜めらしい錢が, 貰ひ申さねばならない, 貰ひ申して帰ります, 貰ひ罷りならぬ紅葉の, 貰ひ過ぎるので夫人, 貰ふいふてきかんほんまに, 貰ふお金な, 貰ふかそれは映画関係者, 貰ふかはりに談話, 貰ふから夜になつて, 貰ふから大丈夫よもう, 貰ふから物を言, 貰ふか何方かにする, 貰ふか毎日行く先々, 貰ふか猿のやう, 貰ふくちね, 貰ふくらゐならあんな, 貰ふさうな四度目, 貰ふし脚気を治し, 貰ふすまなかつた何もかも人絹, 貰ふたのであるが, 貰ふため僕はまっすぐ, 貰ふため病院を訪れる, 貰ふたんやと, 貰ふだでな, 貰ふだらうからおれ, 貰ふだんになつて, 貰ふてふ事は, 貰ふてゐるのだ, 貰ふてんか, 貰ふて来てある, 貰ふですが彼女, 貰ふとあまり關係の, 貰ふとさうでなかつたら嘘, 貰ふとまだ來て, 貰ふとやっぱりトビ, 貰ふと共に来るべき新, 貰ふと直ぐに常人, 貰ふはうもたのし, 貰ふべからざる人を, 貰ふまいともいへ, 貰ふめエよ, 貰ふもんですよ, 貰ふんだすて, 貰ふ代りあの條件通り, 貰ふ吹き立ての, 貰ふ見送つて貰ふ, 貰へたでは, 貰へてみんな満足の, 貰へやしまへん, 貰へるしといふ肚, 貰へるんぢや, 貰ほうと思つて, 貰ほうつて言ふんでしよ, 貰ちぎつて, 貰うと, 貰やあそんなに人間, 貰やしまいし相当, 貰らい升た, 貰られて, 貰れることに, 貰ろときない, 貰わいでも己, 貰わざ己が貰う, 貰わな損やない, 貰アイゼンを履き, 貰直グ良クナッテ大喜ビデ帰ッテ行ク, 貰イソノ代償ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, 貰イナサイト仰ッシャッタラシテ貰ウ, 貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 貰イニナッタラドウ鍼デ直, 貰イマスカラ先モ武士ダカラ挨拶ガ悪イト, 貰イ酸素吸入ノ用意, 貰前ニ, 貰ウソンナコトハ絶対ニオ止メナサイト仰ッシャッタラ止メル, 貰ウタメニソンナ嚇カシヲ云ウノダナ, 貰ウノデアルコトヲ知ッタ時ニモ彼女ハ格別ノ意見, 貰ウ方ガ僕ノ望ムトコロダッタノダ, 貰ウ時ニ快感ヲ覚エル, 貰オウトシタガ寝過, 貰オウトハ思ッテイルガ単ニ眼ダケノ故障デナク, 貰ッタカラ知行所ノ百姓モキモヲツブシテ, 貰ッタラト云ウノデ先日虎ノ門病院, 貰ッタ上デ中, 貰ッタ上デハッキリシタ御返事ヲシヨウシカシ専門デナイ私ガ, 貰ッテヤッタオマエ様ガ云ウニハ何モ持ッテキテガナイカラ何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 貰ッテヤロウト云イオルカラ頼ンダラバ私ヘ暇, 貰ッテ伸ルカ反ルカ, 貰ッ子じゃねえ, 貰下げの手続, 貰下げる費用も, 貰をし, 貰兵衞とお蔦, 貰受けた人の, 貰子拾子等実子でない場合, 貰強請は警察, 貰がない, 貰押売謝絶の札, 貰按摩の白浪, 貰来りしを母上駒, 貰とお茶, 貰をした, 貰申そうと, 貰申候間御祖母樣