青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

負け~ 負傷~ 財布~ ~財産 財産~ 貧しい~ ~貧乏 貧乏~ 貨幣~ 貨物~
貫~
~責任 責任~ ~貰 貰~ ~貰いたい ~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った

「貫~」 1470, 16ppm, 7098位

▼ 貫~ (177, 12.0%)

5 石を 3 ものを, 物を, 荷を, 金を

2 [11件] 上も, 土俵を, 堆肥を, 巨躯を, 熊を, 知行を, 石臼を, 重さ, 重みが, 鉄の, 領分を

1 [138件] あったこと, ある柿本氏, うちには, うらみが, おちるの, かねやら, からだに, からだを, この私, こりなく束ね直して, ころそう, ころゆっくり, つもりらしい, もので, ものなら, ような, ブラッセルの, 上納などは, 主任の, 乾草が, 人間を, 体重の, 体量に, 余も, 入口に, 初鰹どころか, 前の, 割と, 力を, 同氏の, 品物がは, 土地を, 土砂の, 地を, 塵芥を, 大兵肥満を, 大業に, 大熊が, 大男アドルム中毒と, 大男全身に, 大石が, 大石の, 大石を, 大谷石に, 大谷石を, 大鐘が, 大鯛, 姿は, 嫁資を, 家中で, 小身な, 小道具の, 岩に, 工事に, 工面は, 巨体は, 巨漢だ, 巨牛を, 巨躯では, 巨躯によ, 席が, 恩地と, 恩地は, 恩賞を, 扶持し, 旗や, 昔ぐらい, 本職の, 材は, 杖よりも, 様な, 深情, 火薬箱が, 熊だ, 熊である, 熊です, 熊の, 猪飼弁三といふ, 獅子百貫の, 知行以上の, 石が, 石なんて, 石の, 禄でも, 禄を, 禄地も, 竣成を, 箱が, 紋取った, 納め時, 素姓は, 素姓を, 綿糸を, 肉体な, 肥大漢で, 肥大漢である, 肩に, 脂肉に, 脂肪ぶとりで, 自宅近くの, 自然薯を, 臼を, 荷物を, 蓋に, 薪を, 虎百貫の, 表情が, 親豚, 言うまま, 設備も, 話が, 調達などは, 豚が, 貫禄を, 身上に, 通じ申す, 道駛り, 遥かだ, 采地を, 重しを, 重み, 重みで, 重味で, 重荷が, 重量は, 金が, 金では, 鉄棒の, 銅線が, 銭を, 鐵棒を, 間, 間です, 鞍, 領を, 高値を, 高禄に, 黒紋の

▼ 貫~ (120, 8.2%)

4 のよう, の手, の眼 3 の面 2 に違い, の声, もここ

1 [99件] から取った, が心, が挫傷, が胸先, が身, たるもの, だ, ですから, でもおのれ, というだろう, といふ者, とそして, と相対, なり, なる青年, なれば, にさした, に与へ, に別れ, に勧められ, に取着き, に同感, に就い, に引添, に扮, に擦寄り, に許し, に負い, に逼, に限らない, のお宮, のこの, のなほ言はん, のみにあらず, の予期, の仆, の使っ, の便, の偏屈, の側, の優し, の冷遇, の呼吸, の唯手, の報, の声音, の外, の失踪, の如何, の子, の容さ, の寐顔, の居丈高, の屈托顔, の師表, の常, の影, の心, の心持, の思へる, の思案, の悲, の悶, の慌て, の曠ら, の書斎, の最も, の月謝, の様子, の横膝, の気, の気色, の決心, の災難, の益, の簡単, の背, の胸, の脚, の苦悶, の言, の許, の身, の身近, の躯, の遭難, の闇, の陰忍, の顔, の驚愕, の魚膠, へのお, ほどの大, もかの, もこれ, も三盃, も出で, も漸く, も焦げたる

▼ 貫~ (116, 7.9%)

4 のこと 3 の姿 2 が, はまた, はまだ, は母, は母親, は真, よ, を中心, を連れ

1 [91件] がさ, がすこし, がそこ, がその後, がたと, がなにやら, がなんと, がめそめそ, が今ここ, が叫ぶ, が学校, が家, が母親, が眠むさう, が縁側, だ, との友情, とは別にどう, と一つ違ひと, と一緒, と世津子, に, にご, にはそんな, には好い, に先, に小言, に怪我, のお父さん, のこれから, の両, の同情, の同級生, の声, の大声, の尻, の左右, の性質, の方, の暴君, の母親, の耳, の肩, の靴下, の頭, の顔付, の鼻先, はあくまでも, はあたしたち, はあたしたち二人, はぐづりはじめる, はさ, はしくしく, はそれくら, はどう, はなにか, はにやにや, はひとりぼつ, はひと通り挨拶, はもう, はペツペツ, は一層, は列, は大声, は我慢, は横, は渋々, は湯槽, は遊び倦, は頸根, までがしり馬, をお, をしばらく, をすつかり丸めこん, をそんな, をなだめ, を可愛, を呼び, を呼ぶ, を学校, を寝床, を手, を手招き, を手放した, を残し, を照れさせる, を真, を自分, を連れた, を除い, を預け

▼ 貫~ (67, 4.6%)

5 あろうという 4 あるの 3 あらうと, ありそう, あろうと 2 あって, ある奴, ある石

1 [43件] あえて呼びとめよう, あった, あったかしら, あったによ, あった私, ありさ, ありさうに, ありましたが, あるでっぷり, あるといふ, あるなんてさ, あるので, あるほどの, あるやう, あるよう, あるモートル, ある主人, ある品物, ある大, ある大きな, ある大熊, ある巨熊, ある森林, ある沢庵石, ある異国, ある羆, ある藤公, ある鉄棒, ある鹿, あろう巨石, そう見たろう, それ以上も, 入ること, 入れること, 出して, 十貫も, 徴発された, 有ろうかと, 目方が, 私と, 美佐子に, 重くは, 鰻が

▼ 貫~ (50, 3.4%)

2 あつた

1 [48件] あつたらう, ありましたよ, ありますね, あるだろう, あるでせうね, あるな, あろう, あろうか, いい日当, お互いに, この御, ございましょうよ, その富力, その手, その顔, たしかに惚れ, たっぷりある, ひとりごとの, ものを, やっと口, 了海様一生の, 人なつこそう, 何か, 何も, 依然何, 充分ありましょう, 冷やかな, 同時に顔, 噛みつくよう, 大和とも, 楽だ, 楽に, 横を, 殘せつ, 確かと, 福山より, 私に, 立ちどまって, 立ち上ると, 箸を, 血の, 言うの, 言葉を, 踵で, 車道の, 追って, 顔を, 鮎子の

▼ 貫~ (50, 3.4%)

2 一兩に, 下るという, 切って

1 [44件] いただいて, けしかけたこと, けしかけたの, けしかけたらしいの, けしかけ自分, こえた, つかわすと, つけそのうえ, 与えよう, 供し, 倍に, 借りうけ, 出しても, 出しました, 出たこと, 利用し, 剰し, 名乗らないけれども, 少し越えた, 庇うよう, 引き全く, 引物として, 打って, 扛げ得, 棄て, 楽々と, 楽に, 武芸者らしい, 海中へ, 玄関に, 示して, 背負い出発, 脱け, 製銅した, 誘ったの, 質せば, 越えた験し, 越えて, 越える大, 越して, 車で, 銭の, 離れない事, 領す

▼ 貫~ (48, 3.3%)

2 して, なって, 会った, 負けろと, 近い荘田

1 [38件] あまる石, ござります, したところ, しちゃあ, すりゃ二十一両, そうはっきりうそ, なった, なったならば, なります, ましたならその, やらせたの, 下た, 仕えて, 余って, 余る荷, 初めて会った, 取り立て槍組, 告げて, 居る事, 帰って, 帰らず引続き, 帰らなかった放免囚, 帰り或は, 惚れて, 持つたとも, 於ける呪詞, 昨日会ったです, 決めて, 減じ一人これ, 満ちた逞しい, 積って, 第一, 言った, 足りなかった, 近い大, 近い彼, 近い穀物, 顔を

▼ 貫兵衞~ (41, 2.8%)

2 の話, はさ

1 [37件] が御, が手, が父, が目配せ, だ, です, でない事, と爺, と組んだ, の不思議, の冷たい, の凉, の義弟, の義理, の背後, の行く, の醜い, の顏, は, はあらゆる, はとがめます, はもう一度, は取つ組んだ, は威壓, は平次, は徳利, は恐ろしい, は手燭, は江戸一番, は溜飮, は自分, は薄, は首, も今, も身上, を促し, を町役人

▼ 貫~ (39, 2.7%)

2 四分板それから

1 [37件] いえば, いって, いっても, いつて, お定め, きめること, して, すれば, わかった, バーテンダーの, 三代の, 三貫は, 二人に, 二百四十文さ, 云う丹波先生, 云う大金, 云ふ, 仰せつかった, 仰せつけの, 何百匁だつた, 出たぜ, 十ウ九貫か, 十二貫五百の, 十六貫の, 向い合って, 哄と, 姓名とを, 少しそして, 渾名を, 私とは, 米五俵と, 組もうと, 美佐子の, 見えて, 言うの, 言っても, 釣れること

▼ 貫~ (30, 2.0%)

3 の銭 2 と申すで, につけた, の御

1 [21件] かの褒美, であるから, とか都, となく, となった, に買った, の割合, の多き, の百匁, の錢, ばかりになる, ほどはいっ, も上納, を借りる, を朝廷, を独り合点, を献じ, を献上, を背負, を背負い込んだ, 遣つたところ

▼ 貫ぬい~ (25, 1.7%)

6 ている 2 て流る

1 [17件] ていた, ていました, ているであろう, てその, て五, て共通, て小倉氏自身, て左右, て幾本, て恐しい, て整理, て漱石, て煙る, て行, て起こる, て遥か, て長い

▼ 貫ぬく~ (23, 1.6%)

2 ように

1 [21件] ことによって, ために, といふ風, にありし, に脈々, は外, を得, 中心力が, 叫び声は, 哲学とを, 大きな運河, 大真理, 底の, 恋愛あらざる, 椽に, 槍に, 民族的潜在意識発露の, 激しさ, 真理を, 足掛りには, 風雅の

▼ 貫~ (18, 1.2%)

2 といふ, の額

1 [14件] が, がお, が自分, だお前, といふ二人, といふ細長く, と鉢合せ, の二人, の單衣, は外, は自分, は隣, を膝, を訪ね

▼ 貫~ (17, 1.2%)

1 [17件] なかなか戻っ, なんで急, びっくりした, マスクを, 三方白の, 何高値いべ, 入つて, 出て, 向う側へ, 在城以前, 嫉妬心から, 浮田秀家所属で, 私を, 自分に, 言うのに, 誤解し, 転向を

▼ 貫ちやん~ (17, 1.2%)

1 [17件] が, がどうして, てばなんにも, といふ長男, と三人, に図画, のお, のお父さん, はあした, はあたし, はうち, はどう, はもう, もほんとに, も一緒, をごらん, を矢代家の後取り

▼ 貫五百~ (17, 1.2%)

3 の巨体 2 になった

1 [12件] あるが, おあり, か, であつ, という位, という牛, のデブ, の体躯, の芥川, ふとると, もふとる, も怪しい

▼ 貫から~ (14, 1.0%)

1 [14件] 二十一二貫どまりである, 二十貫五百に, 八千貫の, 十七貫五百に, 四十万貫を, 将来した, 御ありでしょう, 意外な, 数百貫の, 百貫近くあっ, 知らされた, 聞いた話, 腐らかいたで今年, 鮎子が

▼ 貫という~ (13, 0.9%)

2 重さ

1 [11件] ことでした, のが, 体重を, 健康児な, 巨漢佐藤清吉君であった, 方が, 無数の, 計算も, 諺が, 鉄の, 額を

▼ 貫~ (13, 0.9%)

2 の石

1 [11件] ありそう, あるでせうね, かな, だった, の, のこれら, の由, の重荷, はある, はあるでしょう, 積んだ方

▼ 貫~ (10, 0.7%)

1 あずき塗りの, ていた, ている, て無色, て登った, て転変自在, て過, ながら器用, の切っ先, を引き抜い

▼ 貫~ (10, 0.7%)

1 あらうが, いくらに, ちょうど, はある, は精, よいもの, 売りとばした, 度を, 手離す, 行け

▼ 貫ぬき~ (10, 0.7%)

21 その意志, て三輪, 二つの, 月は, 服部君の, 空へ, 置くこと, 通るよう

▼ 貫~ (10, 0.7%)

2 をはずす 1 にもだ, に手, も板, をかけた, をさぐっ, をはずし, をはづす音, をも鎖せ

▼ 貫~ (10, 0.7%)

2 のこと, の文吉, へ着, へ錦 1 よろずや, よろづや雑貨店

▼ 貫近い~ (10, 0.7%)

2 ものに, 唐櫃に 1 その分銅, ものらしい, 巨躯, 石の, 石を, 肥つ

▼ 貫ちや~ (9, 0.6%)

1 んいつ, んいや, んうち, んしつかりする, んひとり, んまだ, んもう, ん元気, ん動いち

▼ 貫ぬいた~ (9, 0.6%)

1 かと見えた, のであった, のであつ, のは, のを, 実感として, 年表が, 念珠の, 糸と

▼ 貫以上~ (9, 0.6%)

1 の禄取り, はあるだらう, はあるであろう, はつけられない, もある, もあるだろう, も取れました, を蓄, 取る利国

▼ 貫~ (8, 0.5%)

1 からこいつ, がとっ, が戦後, ぜ, そうです, と云, と云う, よ

▼ 貫~ (8, 0.5%)

2 ばかりの荷物, もある 1 ずつ位積み, というところ, の荷物, の重石

▼ 貫太君~ (8, 0.5%)

1 にはいづれ, のお母さん, のこと, のゐ, はれつ, もあんまり, も家, をもう

▼ 貫~ (8, 0.5%)

1 があろう, としてお, として昔, となっ, とはかく, とはなにごと, に任, の資格

▼ 貫ぬかれ~ (7, 0.5%)

1 ている, てつながり合っ, てはいない, てはいる, て始め, 惨殺された, 直ちに膝

▼ 貫~ (6, 0.4%)

1 わからない巨大, 三貫か, 九貫と, 六十貫そこそこの, 十一貫という, 資本で

▼ 貫五百目~ (6, 0.4%)

1 さ, です, とみなされば, の金, より少なく, 長さ五尺二寸

▼ 貫近く~ (6, 0.4%)

2 もあろう 1 あって, の肉体, もあっ, もあつ

▼ 貫ぐらい~ (5, 0.3%)

1 あるだろう, ある豚野郎, だったろうが, なの, なもん

▼ 貫七爺~ (5, 0.3%)

1 が又, はそう, は懐中, は済まし返っ, は眼

▼ 貫~ (5, 0.3%)

4 とても同じ 1 前の

▼ 貫~ (5, 0.3%)

1 から少し, に行, のあたり, の方, は怖い

▼ 貫しか~ (4, 0.3%)

2 ありません 1 はいらない日, 扛げ得ず

▼ 貫といふ~ (4, 0.3%)

1 塩の, 巨木を, 水ぶくれ, 蓋が

▼ 貫とも~ (4, 0.3%)

1 知れぬ屑金物入, 知れぬ青, 纒まつた, 見当つかず

▼ 貫ぬけ~ (4, 0.3%)

1 ば, ば地響, ば暗黒, ば苦痛

▼ 貫~ (4, 0.3%)

1 そこら三十分で, 七貫平気で, 八貫で, 木舞が

▼ 貫やる~ (4, 0.3%)

2 から負けろ 1 からその, ぜ二貫

▼ 貫一はか~ (4, 0.3%)

1 の一別, の夢, の客, の生ける

▼ 貫二百~ (4, 0.3%)

1 あったわ, である, の重み, 半あつ

▼ 貫五百匁~ (4, 0.3%)

1 くらいのもの, ぐらいの体, しか扛げ, より大きい

▼ 貫~ (4, 0.3%)

1 ということ, などの如き, は海屋, を名乗る

▼ 貫名海屋~ (4, 0.3%)

1 という人, の, の系統, の高弟

▼ 貫~ (4, 0.3%)

1 すること, に編入, の公民, を調べる

▼ 貫あまり~ (3, 0.2%)

1 の仏体, の御影石, の石

▼ 貫ある~ (3, 0.2%)

1 んだ, 園長を, 木を

▼ 貫した~ (3, 0.2%)

1 という汽車, といふ汽車, ように

▼ 貫つて~ (3, 0.2%)

21 居た

▼ 貫ばかりの~ (3, 0.2%)

1 大筒の, 子供の, 重量が

▼ 貫まで~ (3, 0.2%)

1 ふとったが, 売って, 歩いて

▼ 貫~ (3, 0.2%)

1 がたった, を背負つた上, を背負つて

▼ 貫~ (3, 0.2%)

1 は増え, より何より, を増し

▼ 貫~ (3, 0.2%)

1 として用いられたらしい, となすべし, に見

▼ 貫あっ~ (2, 0.1%)

1 てデロレン, て十二円五十銭

▼ 貫あれ~ (2, 0.1%)

1 ば可, ば好いだ

▼ 貫くらい~ (2, 0.1%)

1 だろう, 毎年入れる

▼ 貫され~ (2, 0.1%)

1 ていた, 絶命し

▼ 貫する~ (2, 0.1%)

1 もんか, 精神骨髄には

▼ 貫ずつ~ (2, 0.1%)

1 決して足跡, 運んで

▼ 貫ずつに~ (2, 0.1%)

1 しましても, まとめられた鉄屑

▼ 貫だけ~ (2, 0.1%)

1 おくんなと, 苦悩が

▼ 貫~ (2, 0.1%)

1 其衣の, 深く水

▼ 貫である~ (2, 0.1%)

1 と言, 出雲を

▼ 貫とでも~ (2, 0.1%)

1 いって, いわれた日

▼ 貫どまり~ (2, 0.1%)

1 であるが, に願いたい

▼ 貫については~ (2, 0.1%)

1 まだ, まだまだ問題

▼ 貫には~ (2, 0.1%)

1 どうしても, なるから

▼ 貫ぬける~ (2, 0.1%)

1 その儘, 一条の

▼ 貫ぬこう~ (2, 0.1%)

1 として荒れ狂う, とする

▼ 貫までは~ (2, 0.1%)

1 いくと, なくても

▼ 貫~ (2, 0.1%)

1 の借銭, もあった

▼ 貫やら~ (2, 0.1%)

2 角木の

▼ 貫より~ (2, 0.1%)

1 その方, 減つた

▼ 貫クン~ (2, 0.1%)

1 に会っ, はどう

▼ 貫デーブ~ (2, 0.1%)

1 のタコ入道, 大きいな

▼ 貫五百文~ (2, 0.1%)

1 の比例, ほどになる

▼ 貫八百~ (2, 0.1%)

2 あれば

▼ 貫六百~ (2, 0.1%)

1 のぼく達, ばかり殘

▼ 貫六百目~ (2, 0.1%)

1 あるん, に下り

▼ 貫前後~ (2, 0.1%)

1 の牛, 取れるの

▼ 貫名五郎重実~ (2, 0.1%)

1 と云, なり平家

▼ 貫四百文~ (2, 0.1%)

1 するところ, であるから

▼ 貫四百目~ (2, 0.1%)

1 になりぬ, はわかつ

▼ 貫~ (2, 0.1%)

1 でもらった, の社長

▼ 貫止まり~ (2, 0.1%)

1 のもの, の夏きわ

▼ 貫江戸~ (2, 0.1%)

1 の大関, へ船賃二両二分運賃四十貫

▼ 貫穿~ (2, 0.1%)

1 するの, の力

▼ 貫細工物~ (2, 0.1%)

2 の問屋

▼ 貫細工物問屋~ (2, 0.1%)

1 の一家, の主婦

▼ 貫足袋~ (2, 0.1%)

2 は十一文

▼ 貫近い重~ (2, 0.1%)

2 さで

▼ 貫近くこれ~ (2, 0.1%)

1 を楽々, を樂

▼ 貫~ (2, 0.1%)

1 のいわゆる, を師

▼1* [256件]

あったのよ, 貫あつたさうである, 貫あり尻もちを, 貫ありしと伝へ, 貫ありましてね至極, 貫ありました図体ばかり, 貫あるいは穀物布皮革うる, 貫じょうはある, 貫いずれも黙っ, 貫ええッこの娘, 貫かくと照る, 貫かという問いで, 貫かむトロイア軍の, 貫からの重荷だ, 貫かんで計, 貫がもといたレヴィウ劇場, 貫くくりつけて営門, 貫くらゐある石, 貫くらいはあると, 貫ぐらいしかないよう, 貫ぐらいで非常に, 貫ぐらいに見える, 貫ぐらいのミコシで, 貫けど堅き胸甲身, 貫この一月にも, 貫でおくべき, 貫さえ通じた節, 貫させる為めには, 貫しこためて, 貫したいとした, 貫したる以上は, 貫し断って二, 貫じゃ無理よ, 貫すこしですね, 貫すなわち痩せて, 貫ずつもある貨物, 貫しも沼田連, 貫そうと言いました, 貫そこそこの足軽小頭, 貫その他の肥料三十貫, 貫たして円タク, 貫ちかいような, 貫ちゃんが教え, 貫ったな, 貫って目方かね, 貫つづいて大関, 貫つまり当時の, 貫づゝも食ひ取るん, 貫であったが斬り, 貫ですが此, 貫でなければなりません, 貫でも江戸じゃ, 貫とかいう日本古来の, 貫とは一円七十銭の, 貫なら百五貫だ, 貫なり十五貫なり, 貫なり吊り上げられる者より, 貫なんてそんな, 貫にしか掛からぬの, 貫にて女は, 貫にまで及んで, 貫にも育った仔熊, 貫ぬかうとして荒れ, 貫ぬかして作家, 貫ぬかる其重傷を, 貫ぬかれたいかにもあっさり死, 貫ぬき終せた試, 貫ぬき貫ぬき空, 貫ぬき通り膀胱のほとり恥骨, 貫ぬくべき自分が, 貫ばかり売って, 貫へと向った, 貫ほど不足でした, 貫ほどの鉛を, 貫ほどもある大石, 貫までぐらいの小さいサメ, 貫もの漁が, 貫やがて二十貫位だった, 貫ようのもの, 貫ぬきかね候, 貫か刎, 貫て何だか, 貫れたとともに白妙, 貫を以て蛇処を, 貫アラビア種の逸物, 貫欠けて, 貫メ欠けちや心細い, 貫呼ブモアリ武門悉ク犬ヲ, 貫一お宮の昔, 貫一さんだつて, 貫一その他の人々, 貫一つぁんお上りやす, 貫一一個人の恥辱, 貫一人や二人, 貫一寸に復活, 貫一役の二枚目, 貫一無念のピストル, 貫一貫五百は何事, 貫一郎と云う, 貫七百というの, 貫七百五十文が得分, 貫七百余匁であると, 貫七百目に落ちた, 貫三七五トンとなる, 貫三百三十五匁余で拙, 貫三百二十八匁を下るまい, 貫三百五十匁になつ, 貫三百五十目あったと, 貫三百六十八文になり, 貫三百文というの, 貫三百目三人扶持小通詞並, 貫三貫の自然薯, 貫乃至一万貫もの, 貫九百匁運ばないと, 貫二〇〇匁で大した, 貫二十五銭にて, 貫二十貫目と捕れた, 貫二千円とおさ, 貫二百匁強健にし, 貫二百四十二文が不足, 貫二百文で或, 貫二貫一貫五百は何事, 貫五さんはこの, 貫五六百しかない, 貫五六百匁の野がん, 貫五十目あった, 貫五百五十目あったの, 貫五百目このごろ郵便局でかかっ, 貫五百目三十五銭は高く, 貫五百紅顔の少年, 貫五百騎の侍大将, 貫人氣の向, 貫介君を私, 貫以下ではあり得ない, 貫儲かる夏向, 貫余りの仏像, 貫余平均となった, 貫俵三十銭二十五銭になっ, 貫入りの配合, 貫八〇〇目製糸は八斤強, 貫八十人乃至百人, 貫八十目になった, 貫八百五十九匁の鉛, 貫八百目の体, 貫八貫と十ウ, 貫八貫八貫と十ウ, 貫公侯伯子男爵の女性, 貫六さんの方, 貫六万吉留八の三人, 貫六二人とも夢中, 貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 貫六百四十匁の飲料, 貫六百目荻生さんは十三貫三百目, 貫其同族を参考, 貫出すとつねに, 貫出京之節, 貫切れていた, 貫の跡, 貫匁位になりました, 貫匁余の荷物, 貫匁俵この春, 貫匁是だけも敷け, 貫匁林檎三十個をボート, 貫十ウのいま, 貫十二カン全然純粋とき, 貫十方といわれる, 貫千五百円です, 貫千貫の熊, 貫にも増えた, 貫取った歴々だ, 貫取りの侍, 貫取るかといふ事, 貫取れるかと思ふ, 貫同じく大関だった, 貫名次郎重忠の第, 貫名氏の先祖調べ, 貫名流で以, 貫名海岸先生に習, 貫名重実の次子重忠, 貫名重忠を父, 貫が, 貫四十四匁に近い, 貫四百一年中のお仕着せ, 貫四百匁とすれ, 貫四百文替えに相談, 貫四百目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 貫四貫は楽, 貫とよぶ, 貫城下の侍小路, 貫が百八十貫, 貫増し身長も, 貫太ぐらゐの年であつ, 貫太ぢやなくなる, 貫奈良は三千貫, 貫小僧のよう, 貫小割は牛, 貫小山のごとき, 貫の瀬, 貫工人二万京都の富豪たち, 貫已に盈つ, 貫巻煙草が二十五万本, 貫平均出るかも, 貫平気で背負, 貫廊下へどすんと, 貫たいへんな, 貫ですね, 貫当りの相場, 貫をつけさせ, 貫徳倉の小山, 貫徹ったで有ろうけれども彼, 貫心一刀流を編み出し, 貫心一刀流国では名うて, 貫持つて来た, 貫教氏九州大学の四宮兼之氏, 貫文以上に達した, 貫文暮に五貫文, 貫時に千貫の, 貫木の下から仏間, 貫木差しにし, 貫本拠をなし, 貫橋近く行つた時にはお, 貫で刺し殺し, 貫歴乎とした, 貫波照間島を遥拝, 貫の境界, 貫牡牛のごとき, 貫優しい人間, 貫男むかし三段目の角力, 貫男一匹だ, 貫異なる両者を, 貫と糶上げる, 貫百三十二文上酒一斗二百十八文下酒二斗三升, 貫百三十匁云々なり, 貫百貫の荷, 貫のある, 貫の生涯, 貫程度にし, 貫米穀七千石を提供, 貫し古今, 貫罪人は杖一百, 貫の内, 貫芥川夫人は十六貫, 貫見かけは堂々たる, 貫見つけて呉れた, 貫貫一さん早く早くこの, 貫賣つたさうだ何處其處の, 貫足らずだよ, 貫近からうと, 貫金子八百余枚ほどご, 貫金子八百枚余りありまする, 貫釣れたというよう, 貫銃創でベルグラアド野戦病院, 貫もある, 貫頭衣之, 貫頭陀山の砦, 貫鶏卵が先