青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~ 象~ 象徴~ 豹~ 貝~
貞~
~負け 負け~ 負傷~ 財布~ ~財産 財産~ 貧しい~ ~貧乏 貧乏~ 貨幣~

「貞~」 1817, 20ppm, 5850位

▼ 貞~ (336, 18.5%)

12 の妻 5 はその 4 の訴え, は 3 がこの, が常陸, の方, はやがて, は将門, は馬

2 [14件] との訴訟, と将門, にちがい, の上告文, の名, の家, の行動, の郎従, はここ, はそう, はもう, は杯, は良兼, を見

1 [265件] か, から聞い, から親, から話し, から離れ, か二人, が, があと, がある, がいい, がいつも, がこう, がこれ, がそう, がとう, がどこ, がびっくり, がよ, が京上り, が其事, が協力, が受け持っ, が呂公, が嘗て, が堂上衆, が夜, が始末, が将門, が居合せた, が年, が忠平, が急, が意図, が推薦, が来, が此時加担, が牒者, が田沼, が突然, が突立, が立ち廻っ, が自認, が若年, が蒼白, が表向き, が訪ね, が訴えた, が証人, が誓紙, が連れ立っ, こそは八ツ, こそは年来, こそ怪しから, だつて今, であった, である, であるおまえ, でお, ではない, でもない, とあがめ, という者, という賢く, という食わせ, とかいう男, とがここ数ヵ月, ときく, としてこれ, としてはその, としても官符, として得意中, とてこう, とは切っ, とは叔父甥仲, ともある, と協謀, と対決, と彼, と忠太, と為憲, と行き会う, と見た, などが, などが何, などはまだまだ, などは今日, などよりはるか, ならびに公雅, にいいつけ, にそそのかされ, には意外, には飽くまで, にも万夫不当, にやらせた, にケシ, に信濃, に兎角, に呼応, に対つて, に対面, に斯様, に洩らした, のあつかい, のこと, のまえ, のやつ, のウソ, の主従, の侍臣牛浜忠太, の冷然, の分別, の去った, の叔母婿, の口, の地方事情, の報告, の姉, の姑夫, の姿, の嫁, の家人, の居どころ, の居所, の帰洛, の弁舌ぶり, の弁論, の従兄, の心, の性格, の態度, の所在, の手, の杞憂, の来意, の根気, の案内, の此, の滞在中, の物, の狡, の画策, の知った, の答える, の策, の縁者, の肚, の自嘲, の行方, の言, の説明, の讒訴, の身, の連合軍, の運, の首, の驚き, はある, はいっこうに, はかえって, はかつて, はかね, はさき, はさとった, はすぐ, はすず, はそれ, はちぬ, はどう, はなお, はなおも, はもうとくに, はゆたか, はよく, はわし, はニベ, は一応, は京上り, は俄, は兄, は初め, は匆々, は反省, は国庁, は国香, は声, は大童, は寝坊, は常陸, は庭上, は従五位下, は従者, は必死, は息, は惨憺, は意識的, は憂い, は押領使秀郷, は昼間, は歓待, は渋谷, は焦躁, は相, は眼, は矢, は知っ, は答え, は素直, は経基, は群衆, は考え, は背, は自分, は裁き, は親王様, は赤面, は辛くも, は追, は途中, は道中, は長上, は陣頭, は馬上, へこう, への申し渡し, へ報ら, へ申し渡し, もさき, もさとっ, もその, もそんな, もちょっと, もつい, もついに, もまた, も参会, も吾が, も女達, も小次郎, も思ひ設けぬで, も慌て出し, も為す, も相当, も繁盛, も聞い, も都人, や扶, や良兼, よりも数等上, をいう, をつけ廻し, をねぎらい, を何様, を出迎え, を力づけた, を召し, を呼ん, を尋ね出せ, を悪く, を涙ぐませた, を焦らし, を見る, を訪い, を追っかけ, を逃がすまい, 次に為憲

▼ 貞さん~ (181, 10.0%)

4 のため 3 の事, の結婚問題, の運命 2 か, といふ人, のお, の作, の名, の結婚, は手, は近頃, や光ちやん

1 [150件] お貞さん, かも知れません, があんなに, がお, がそんなに, がどう, がねお母さま, がまだ, が下, が出, が去る, が宅中, が家, が幸福, が攫われ, が料理屋, が母, が父, が眠っ, が眼, だけはその, だってもう, であった, で奴, というひとり娘, という人, とかいう人, としての傑作, として考へ, とのそもそも, とはなるたけ, とはまるで, とは少女界, とも遠く, と一々, と交際, と佐野, と嫁, と親しん, にあつ, にこの, にたとえられた, について彼女, には兄, には別, には士族, に悪, に死なれ, に比較, に言, に話, に関係, のからだ, のつづき, のところ, のは素足, のもってる, のよ, のよう, のよ見せたげましょう, の代表作, の信念, の其時, の前期, の友人, の口, の問題, の姉さん, の姿, の家, の小説, の帯, の当日, の心, の方, の時代, の本, の此態度, の爲, の生れた, の相談, の眞實, の第, の結婚式, の結婚談, の絵端書, の花嫁姿, の衣裳, の訃, の諸, の通稱, の顔, は, はその, はそれ, はどう, はどこ, はまた, はもう, は一座, は兄, は其師風, は其時, は其頃永代美知代さん, は君, は器量, は堅實, は変, は宅, は家, は巧, は我々, は日ごと, は暑い, は生れつき, は生れつき眞面目, は病気, は相応, は結婚, は自分達, は襷, は顔, へという大きな, もう安心, も下, も奥, も普通, も機敏, も真面目, やお, よりもそれ, より後れた, らしく自然, を乗せ, を伴, を助け, を呼びましょう, を宅中, を心理的, を思いだした, を捕まえ, を片づけたい, を知らない, を精神的, を見, を見送った, を誘っ, を貰いたい, を離れ, 見たいな

▼ 貞~ (116, 6.4%)

2 お君, 聞きつつ, 聞きて

1 [110件] あわてて, いかにも私, いかに驚きし, いつもの, いとも小さき, おとなしすぎ, かく謂, こう言っ, ここの, こっちへ, この話, さしうつ向いた, しおれて, しばらく黙し, ずり退りぬ, そこに, その割り, その夜, その小, その恐し, その良人, とにかく仲裁, どこへ, なおも語勢, ひとたびは, ほかの, ほとんど狂せ, まじめに, まずよかっ, まず口, みずからその, もう一ぺん, ようやく胸, わざとびっくり, わざとまじめ, ハッと, 一体どこ, 一思案にも, 一月二月と, 一膝乗出し, 上国の, 今に, 今吸子, 今思出, 今更の, 仏前へ, 他の, 何と, 何処で, 何気なくついて行く, 僕に, 元の, 剃髪後の, 即ち秉忠, 又その, 口を, 声を, 大崎の, 太く感ぜし, 太く激しおれ, 女学生風の, 子供に, 家出当時牡丹模様の, 少し慌, 少年の, 屹と, 帰った, 常緑樹である, 幾年来独り思い, 廿三歳夫婦の, 心の, 心着き, 恐れて, 恥かしい, 意外なる, 手に, 推出すが, 時流に, 最も若輩, 気に, 決する色, 淋しげ, 深夜幽霊の, 溜いきを, 無念の, 煎茶を, 煙管を, 爾来世, 片手を, 眉を, 知行二百石を, 秋波もて, 答へ, 系図に, 苦々しげ, 襟を, 見るより, 親許に, 貞固, 賺し宥めて, 起ちたるが, 身を, 身動だ, 身震いし, 長煙管, 面晴々しく, 預かって, 顔の, 顔を, 黙しぬ

▼ 貞~ (108, 5.9%)

3 行方不明に 2 事件には, 屍体に, 行方について

1 [99件] こころに, では, はにかみがち, は制度文物, 一種に, 上顧客で, 事に, 事に関して, 事件の, 亭主が, 人柄なり, 件が, 体格は, 倅だ, 六千の, 刀の, 前に, 医師飯田休庵信方が, 叔父の, 召次へ, 咲きみちた, 問題に関して, 土間には, 墓を, 外に, 夫, 如き個々皆, 妹であった, 妻である, 妻室が, 娘, 娘を, 娵入道具の, 字では, 字の, 字は, 学校の, 家では, 家に, 家にも, 家へ, 家出当時の, 居なくたった, 居場所を, 屍体だ, 屍体は, 帰順は, 後世も, 後裔で, 心中には, 意に, 感動は, 所へ, 手を, 投降は, 支倉に, 方である, 方に, 方を, 暴行事件の, 末息子, 死体では, 死体の, 殺害など, 淋しくつ, 為に, 烈女実際, 父より, 父を, 父親が, 父親で, 特徴と, 眼には, 眼は, 窈窕たる, 素志も, 結婚について, 耳を, 聞え高く, 色を, 行方が, 行方は, 行方を, 行末は, 親に, 親王の, 言う所, 言の, 言ふ, 言途絶えたる, 評判これは, 話の, 話は, 諸博士, 貞奴が, 降伏を, 顔を, 骨格の, 骸骨だ

▼ 貞~ (94, 5.2%)

3 は抽斎 2 の目, は暫く

1 [87件] が五百, が信任, が既に, が東京, が留守居, が目附, が要職, である, とが反対, との前, と五百, と東堂, に, に会っ, に対して再, に諮っ, に遅れ, に飲ませた, のいう, の人, の勧誘, の如き, の家, の心, の意味, の手書, の月収, の父文蔵, の盤纏, の詞, の説, の貞, の通称, の養子房之助, は, はこう, はこの, はこれ, はその, はつくづく, は五百, は何事, は優善, は先ず, は初め昌庵, は叉, は君侯在国, は外猛, は好, は妓楼佐野槌, は妻, は妻かな, は妻照, は姉威能, は少く, は己, は巳, は文化九年生, は書籍, は月, は案, は殆ど, は毎, は江戸, は津軽家, は留守居, は答えた, は素より, は緊, は苦笑, は藤田, は謹ん, は遂に, は養子房之助, もこれ, もその, もまた, も同意, も東堂, よりは二つ, を弘前, を横山町, を訪う, を顧みた, 中村勇左衛門らが, 小野富穀の, 飯田良政らが

▼ 貞~ (55, 3.0%)

2 をし

1 [53件] おかる, がゐた, が勧めた, が歿, が稍落, が訪ね, が開業, が随従, であつ, であらう, である, と称した, に作り, に作るべきである, の作一首, の妻, の子, の弟, の手向けた, の気色, の神, の貧窶, は, はおそるおそる, はこれ, はまだ, は事, は五十文, は五百, は伊澤氏, は初, は嘗て, は大いに, は妻, は学, は実に, は已, は本姓磯野, は柏軒, は機敏, は渋江氏, は父母, は直に, は石川, は石川氏, は素頗医薬, は膝, は酒, は驚喜, を招いた, を見なかった, を迎えた, 本磯野氏

▼ 貞~ (52, 2.9%)

2 して, 井戸に, 殺した事, 預かって

1 [44件] つれて, ゴタ, 上海に, 中心に, 人目を, 伴ない, 冥土の, 向けたが, 大連に, 威しすかして, 学ばんこと, 引渡す事, 強姦したる, 意思に, 把え, 支倉の, 支倉へ, 教養深い, 暴力を, 暴力を以て, 正と, 殺したと, 殺したなどと, 殺したの, 殺した日, 殺して, 殺害した, 無理に, 病院から, 病院へ, 破つたもの, 突き落としました, 突落として, 蝦夷追, 要求する, 見て, 詠んだもの, 赤坂の, 連れて, 連れ出した事, 隠したとしか, 隠した覚え, 預けて, 顧みました

▼ 貞~ (45, 2.5%)

4 の書面 3 はその 2 の家来, の眼

1 [34件] がある, がじっと, と同じ, と酒井忠次, には自分, により, の兄, の密書, の御, の心, の臣, の顔色, はさっき, はすぐ, はふと, はまだ, は主人, は今日, は兵, は再度, は半, は大手門, は座, は彼, は笑っ, は苦笑, は茶道石州流, は静か, もすぐ, も侍臣たち, より岡崎, をし, を守将, を改め

▼ 貞~ (44, 2.4%)

2 の喪, の法要, の病間

1 [38件] があいにく, がいない, が亡くなった, すらも家臣, と共にまったく, と意見, と田富小学校長輿石正久氏, どの以外, には, に伴われ, に継い, のみはかつて, の健やか, の単なる, の嫡子, の子高氏, の日本美術史, の本拠, の次男, の法事, の発見, の眼, の祐筆, はついぞ, はめずらしく, はもう, は亡き, は古代建築専攻, は多年, は病床, は空蝉, は長い, もこの, もだ, も病床, や憲房, や清子, を呼ぶ

▼ 貞~ (39, 2.1%)

2 出て, 病院へ, 行方不明に

1 [33件] ありちまた, あり叔母慧光, いなくなったの, この文句, この衷情, すぐ立, その, にわかに頭, ひきとられ育てられること, まだ萬屋, ニューイングランドへ, ニューイングランドを, 二人の, 云った, 僕の, 内氣, 加わりついては, 受けて, 口を, 喫驚した, 子源内兵衛資忠生年十八歳, 尽したる看護, 悪口で, 治るまでの, 町奉行であった, 相手に, 矢痍を, 腹心を, 船で, 裏口から, 見えなくなったと, 言った通り, 認め得ぬ程速

▼ 貞~ (35, 1.9%)

4 云う女 3 云う娘

1 [28件] かい字, するの, 一緒に, 主人とか, 主人の, 云うの, 云う女中, 云う年, 云って, 云へば, 云堀本一甫の, 判明した, 別れてから, 吉弥とから, 呼ぶ美しい, 多少方法, 彫って, 改めた, 改めて今に其の, 極める訳, 相対し, 確定した, 確定する, 確認せられた, 称せられる者, 芳町時代の, 解したの, 謂う年紀

▼ 貞~ (34, 1.9%)

2 [13件] として目算, のひそか, の方, はそこ, はそんな, ははたと, はわれ, は主人, は単調, は実に, は心, もこの, を使

1 にとって全く, にとつ, はさ, はそう, はほ, はほっと, は思う, は思ふ

▼ 貞ちゃん~ (29, 1.6%)

2 と呼ぶ, なん, のほう, は

1 [21件] がいけない, がかわいそう, が寝ました, その病気, といったら, と叔母さん, にもいわない, にもわかるでしょう, の様子, の熱, はひどい, はまた, は二階, は今, は宵の口, もいい, もう一度そう呼ばし, もわかりましたろう, も古藤さん, も頼んだ, やっぱり駄々

▼ 貞~ (26, 1.4%)

2 が陣屋, の昔

1 [22件] から, がかなわなくなっ, がかわいそう, が末, が花道, が馬, ではどうにも, というところ, とただ二人, との連歌, と袖萩, に, の束帯姿, の残党説, の連歌, はさらに, はもと長髄彦, は殺され, も負けず, も逃げ, や山伏, 大いに憤慨

▼ 貞~ (22, 1.2%)

1 [22件] あらずして, あらず真, すれば, その印綬, なりこれ, まりを, やるの, 会った事, 似て, 傾倒する, 化せられたと, 天どんを, 子息は, 對する, 感染させた, 手を, 按摩を, 挑みか, 暴行を, 気を, 相違ありませんでしょう, 相違ない

▼ 貞~ (17, 0.9%)

2 の, の時

1 [13件] という先生, のころ, のはじめ前越後守伴龍男, の供養, の刀法, の初め, の初め藤原保則, の十三年, の舞楽, の頃, は天変地異, まで約, よりも古い

▼ 貞~ (15, 0.8%)

1 [15件] から第, がここ, が来, にご, の気息, の首, はいま, はついに, はとたんに, はまた, は坂東武者, は義貞, もおそらく, も満身, 同行義

▼ 貞~ (14, 0.8%)

1 [14件] おどろいて, しずまり, その土産物, ですけれども, 一緒に, 亦父, 人間只, 出て, 宮中の, 彼以下の, 片荷, 自分と, 退屈し, 鎌倉下知状で

▼ 貞~ (14, 0.8%)

1 [14件] がまくしたてる, が住ん, が女たち, が散歩かたがた, が本家, が来, が空嘯く, が駈けつけ, だと, と云う, にひきたてられ, のお, は右手, も来てる

▼ 貞~ (14, 0.8%)

1 [14件] か, からも火, などももとより, などを始め, に促され, の前, の方, はそう, は中, は先, は外, へいった, へ宛て, もついに

▼ 貞~ (11, 0.6%)

1 [11件] でありました, ならしむる物, な女房, な目, な者, の音羽, を尽す, ダト云ッテ以来ハ情ヲ, 妙照大師, 無比なる, 無比の

▼ 貞という~ (10, 0.6%)

2 医者が 1 したたか者が, のは, 名が, 娘が, 娘は, 婦人が, 家の, 者が

▼ 貞盛どの~ (10, 0.6%)

1 が官辺, しっかりし, ですか, では, には都, にもどうかよろしく, は私, もそこ, も御, も早くから

▼ 貞~ (10, 0.6%)

1 がまず, が審問, ときめられた, にゆずり, はすぐ, はその, はたたみかけ, は義貞, もここ, を中心

▼ 貞観時代~ (9, 0.5%)

4 の作 1 にどれ, には素朴, にも珍しい, のもの, は模作

▼ 貞~ (9, 0.5%)

1 と抗争, と改めた, のごとき, の時代, の碑文, の閲, は, は初め, を抱えた

▼ 貞ちやん~ (8, 0.4%)

1 が先生, といふ年, のゐるゐない, の留守, はがたがた, は剽軽者, は奉公, や光ちやん

▼ 貞伝和尚~ (8, 0.4%)

2 なんかはね 1 といふ偉い, に対する情熱, の事, は今別, は外ヶ浜, は或いは

▼ 貞~ (7, 0.4%)

1 おやしき, お君さん, それは, もう表, わしは, 私は, 貞能等をも

▼ 貞~ (7, 0.4%)

21 が角帽, と尾原さん, は, は小園, は青白い

▼ 貞殿~ (7, 0.4%)

1 との別離, には吾, の和泉, の問題, へさ, を思ひ切つ, を戀

▼ 貞~ (7, 0.4%)

1 と節倹, なお關, な美女, のため, の思想, をたたえ, を見

▼ 貞~ (7, 0.4%)

1 だった, とたたかっ, にし, は乱軍, や金沢武蔵守, を大将, を将

▼ 貞~ (7, 0.4%)

1 という名前, という字, なおま, に, の無慙, は呻いた, は指先

▼ 貞である~ (6, 0.3%)

2 事が 1 か否, と共に不忠, と決定, と確定

▼ 貞永式目~ (6, 0.3%)

1 というの, という法律, に, に倣うた, に出家, を踏襲

▼ 貞~ (6, 0.3%)

1 と相似, に勝りたる, に比すれ, の乾燥, の句, の好ん

▼ 貞~ (6, 0.3%)

1 が武蔵, であった, といふもの, とも合わない, は意有つて, を始め

▼ 貞~ (5, 0.3%)

1 が, と謂, の家, の後, は口

▼ 貞~ (5, 0.3%)

4 の俳諧 1 と同じ

▼ 貞お前~ (4, 0.2%)

1 が呪詛, の念, の望, は思った

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 この浄瑠璃一幕, はない, は有り得ぬ, 二十七八の

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 がフランス, に情, の心, の抄

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 が, が根来, の申す, や筒井

▼ 貞松院~ (4, 0.2%)

2 が寂し, は宮重七五郎方

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 のうま, の出る, の喜劇, を見

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 だらう, と好い, の, の講談

▼ 貞~ (4, 0.2%)

1 の侍頭, の隊, ははや, を討ちとる

▼ 貞觀十一年~ (4, 0.2%)

1 に制定, に決めた, の唐律, の太宗

▼ 貞~ (3, 0.2%)

2 貞お 1

▼ 貞との~ (3, 0.2%)

2 関係につき 1 姿は

▼ 貞には~ (3, 0.2%)

1 信を, 新しい妻, 無論異存これ

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 が総領息子, といっ, の娘

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 うまい金儲け, と言, の墓

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 がお, が聞き, も十二

▼ 貞太郎~ (3, 0.2%)

1 いきどころ, だが悪い, はそれ

▼ 貞婆さん~ (3, 0.2%)

1 が改まっ, が見つけ, と言え

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 などの如く, の, の蔵する

▼ 貞~ (3, 0.2%)

3

▼ 貞烈無比~ (3, 0.2%)

2 な女 1 になる

▼ 貞盛たち~ (3, 0.2%)

1 は旅装, もまだ, も戦備

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 が先, はうめいた, も勇将

▼ 貞観供養~ (3, 0.2%)

1 の林邑楽, の記録, より先だつ

▼ 貞~ (3, 0.2%)

1 で顔色, な叔母上, の名婦

▼ 貞くす~ (2, 0.1%)

2 可から

▼ 貞とは~ (2, 0.1%)

1 あなたに, もとより夫婦同様

▼ 貞などの~ (2, 0.1%)

1 兵が, 新手が

▼ 貞なり~ (2, 0.1%)

1 とはいう, と断定

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 の和, の編纂

▼ 貞五郎~ (2, 0.1%)

1 と云, に撃ち留められた

▼ 貞任宗任~ (2, 0.1%)

1 の二子, の子孫

▼ 貞伝上人様~ (2, 0.1%)

2 はこの

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 がくる, は学生たち

▼ 貞安上人~ (2, 0.1%)

1 が乳人, の許

▼ 貞実に~ (2, 0.1%)

1 して, 感動され

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 な夫人, の顏貌

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 が討死, を破り

▼ 貞平ら~ (2, 0.1%)

1 が衣冠おごそか, はそれ

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 をとっ, を取っ

▼ 貞満大島守之~ (2, 0.1%)

1 がひきい, の二軍

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 の冊封正使汪楫, の時代寶永四年

▼ 貞盛め~ (2, 0.1%)

1 がまた, を生け捕る

▼ 貞盛為憲~ (2, 0.1%)

1 は兵, を追い

▼ 貞盛為憲等~ (2, 0.1%)

1 の在処, は此等

▼ 貞盛等~ (2, 0.1%)

1 と心, は潜伏

▼ 貞盛自身~ (2, 0.1%)

1 が矢表, にも後ろめたい

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 とのあふれてる, にし

▼ 貞~ (2, 0.1%)

1 の原稿全文, を先頭

▼ 貞観三年~ (2, 0.1%)

1 に長安, の

▼ 貞観九年~ (2, 0.1%)

1 にはじめて, の条

▼ 貞観十三年~ (2, 0.1%)

1 という年, の条

▼ 貞輝大姉~ (2, 0.1%)

1 である, と云

▼1* [239件]

どうかと, 貞から切に請われ, 貞すれば, 貞くすべからずと, 貞さん何が嬉しい, 貞さん余計な事, 貞さん季夫の告別式, 貞さん宛に, 貞さん旦那様は飛んだ, 貞さん結婚の話, 貞さん香華もあげやせん, 貞しい説でも, 貞ずるい根性を, 貞その他各隊, 貞それは酒, 貞そんなに吾を, 貞たりとか申して, 貞だけでもきまって, 貞ゅう女は, 貞ちゃんお前はよく, 貞ちゃんお前さんその帽子, 貞ちゃんきょうのよう, 貞ちゃんねえさんが上手, 貞ちゃん古藤さんがお, 貞ちゃん岡さんがいらし, 貞ちやんの, 貞でないとすれ, 貞でもまた同様, 貞とかなんとか申しました, 貞とが戻って, 貞と共に或る, 貞菊さも, 貞どうだそれとも, 貞どっちにする, 貞処を, 貞などに於ける関係, 貞ならぬ身は, 貞なる訳は, 貞にとつては, 貞にとっても金髪で, 貞に対する暴行抑, 貞はかの女, 貞はがッくり俯向きたり, 貞はもの案じ顔に, 貞そそがれた, 貞への註文は, 貞やんはよゆこ, 貞よりもむしろその, 貞の上った, 貞ハヌマンの忠義, 貞ベエ話して, 貞生ム, 貞三昨夜帰著に付, 貞主人公は, 貞中道修町の森, 貞云名所図絵に俗, 貞五郎氏はその, 貞亮死節の臣, 貞以下六波羅の主, 貞任みたいになかなか, 貞に作つて, 貞が飛びだす, 貞俊ら以下手飼いの郎党小者, 貞俊以下いずれも去年, 貞保二年九月には周防, 貞保元年二月には伊豆, 貞信人情深くし, 貞信公を威嚇, 貞信秀その他が遊撃隊, 貞信荒木陽を連れ, 貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 貞元年即ち我が, 貞先生の日本建築史, 貞入道昌安の兵, 貞兵衛と云, 貞兼白兼重などもすべて上手, 貞は, 貞冬大佛貞直等を将, 貞冬長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 貞の貞, 貞の鍛えた, 貞は大福餅三百二十, 貞叔母上季夫座敷の梁, 貞同道にて来訪, 貞によってかの, 貞も環, 貞四郎は気, 貞圓妙達比丘尼天明七年丁未八月十一日, 貞坊や坊やはお話, 貞大江定基源滿仲藤原顯基等の名流, 貞大沢基宿中安長安の諸, 貞太郎仮名北有馬太郎に嫁, 貞の持つ, 貞如大姉と云, 貞婆アさんをそう, 貞を士幹, 貞学園といふ邦人経営, 貞宇都宮五郎高貞山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 貞と云, 貞室崎琴月両氏の作曲, 貞家仁木四郎義長武田孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, 貞対馬の塩田良三, 貞寿院瓊林晃珠禅尼である, 貞の話, 貞屯悔豫皆八也といふ, 貞山県虎清工藤虎豊内藤虎資四人ながら手, 貞平四条隆資なども宮同様, 貞幹氏にてありけれ, 貞の二年, 貞応三年六月十六日八十三歳の高齢, 貞応二年二十六のとき, 貞応二年癸未八月十七日春秋八十二歳, 貞応元年従二位に昇っ, 貞応嘉禄年間四条院の天福延応年間, 貞応本のこと, 貞の二法丈, 貞愛親王にプロシァ, 貞の三年間, 貞政根来の雑賀党, 貞既にこれを, 貞昌父子だった, 貞昌父子無事の対面, 貞觀, 貞死す五十八歳, 貞殺害の事, 貞とつづい, 貞永元年六月十三日後堀河天皇, 貞永式目のと殆, 貞派俳諧の慣用手段, 貞海さんという先生, 貞満太刀にかけてもおとどめ申さい, 貞満篠塚伊賀守などと入洛, 貞爾お前からそんな, 貞爾お前さんもお話, 貞爾本なんかどう, 貞白さんなどのやう, 貞白さんきょうはお, 貞白午刻東京より帰着, 貞白及上原全八郎, 貞白及小島金八郎並に尚, 貞白名は元, 貞白洞谷寛斎吉田老母お糸, 貞白飯田安石三好東安河村意篤内田養三等が来り診し, 貞白養玄安石元民, 貞の大, 貞皎号を知らない, 貞皎通称は彦一, 貞盛どの常陸へ帰れ, 貞盛なり国香なりの一まき, 貞盛はつねに貴公子, 貞盛らしく振舞っていた, 貞盛一名となりました, 貞盛以上古い事実, 貞盛伝に之, 貞盛合体して, 貞盛宣旨を蒙るによつ, 貞盛扶の妻, 貞盛方の佗田真樹, 貞盛様だ, 貞盛殿が中央, 貞盛秀郷等に討たれ, 貞盛縁類といふこと, 貞盛繁盛兼任伯父良兼の子, 貞盛良兼の子, 貞盛良正等の力, 貞直淡河右京亮二階堂道蘊ほか十二大将が一つ陣幕, 貞直等を将, 貞直金沢貞冬長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 貞などおよそ, 貞石三生宿縁, 貞確案を挙げ, 貞が不景気, 貞立尼も手伝い, 貞の役者, 貞等十八人とある, 貞なども帰国, 貞範氏範らの若者輩, 貞純真なもの, 貞の勢, 貞能どこにおる, 貞能一番乗であったが, 貞能等をも併せ, 貞能貞昌父子無事の対面, 貞興らの二千人, 貞良人殺の, 貞荘院敬徳明慧大姉明治四年十一月三日森立之妻, 貞を出し, 貞親三田村四郎などという今日, 貞観三年奏聞を経唐, 貞観中竜子を敷, 貞観九年二月二十七日の条, 貞観二年を距, 貞観以後百年二百年を経た, 貞観儀式其よりも溯つ, 貞観元年に宇佐, 貞観元年従四位下を贈られ, 貞観八年五月には下賀茂神社, 貞観六年七月には富士山, 貞観六年十月には肥後, 貞観六年親ら罪人を訊問, 貞観十一年に新, 貞観十七年十一月五日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 貞観十三年五月十六日の条, 貞観十八年円如法師が広, 貞観十六年八月二十四日に京師, 貞観十年七月の地震, 貞観四年頃の旧記, 貞観年中に慈覚大師, 貞観年間山陰諸国に祭られた, 貞観政要格式目, 貞観政要の談議, 貞観政要六韜などの漢書, 貞観様式への推移, 貞観殿ノ南ニ, 貞の頃, 貞觀中對策及第して, 貞觀二十三年の條, 貞觀十七年正月廿八日の出來事で祕閣, 貞觀十二年西暦六百三十八年に大宗, 貞觀十八年に大極殿, 貞觀十四年に孔穎達等, 貞觀時代の人, 貞の家来原田某, 貞謝罪をし, 貞資白石長忠内田五観なども同様, 貞資自身の編纂, 貞連曾我ノ入道, 貞が江戸, 貞重貞宗宗貫と三代, 貞鏡大姉とある, 貞はみな彼女, 貞門談林を経, 貞順五番町の吉田策庵, 貞順善行の緑綬紅綬紫綬, 貞順道に率, 貞の女, 貞頼兼の兄弟, 貞顕以下寄人たちの方, 貞という三人