青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

豆腐~ 豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~ 象~ 象徴~ 豹~
貝~
貞~ ~負け 負け~ 負傷~ 財布~ ~財産 財産~ 貧しい~ ~貧乏 貧乏~

「貝~」 1951, 21ppm, 5455位

▼ 貝~ (438, 22.5%)

27 音が 18 ように 11 音は 9 ような, 中に 8 やうな, やうに, 火兄弟商会の 7 火を 6 火兄弟商会, 音に 5 火が 4 火は, 音を 3 スウプでない, 主だ, 柱飯, 肉の, 蓋を, 音の, 音も, 音や, 齒は

2 [27件] ある物, からを, ことである, なかから, ボタンが, 中から, 中の, 包みを, 合図を, 名に, 形に, 役は, 役を, 手勢が, 数, 料理を, 殻で, 活け場, 火という, 琉球語を, 秘曲を, 罐詰工場の, 老貝, 肉を, 車に, 音色を, 類

1 [227件] あざれ, あり方も, いくつかを, いろいろな, いろは蘇枋にて, えせ表現派模樣, お国, からで, こと, ことや, そばによって, それに, たぐい, たぐひ, ちょうど隠, つくの, つぼ焼, とれる状態, なかに, なかを, ひびき半鐘, ふたは, ふたより, ほかに, ま, まざったの, まねの, ままに, ままの, やうだ, やうなる, やうにと, ような光る, アパートへ, フタを, 一々を, 一ひ, 一片が, 一片は, 一種だらう, 上は, 上流で, 下に, 中には, 中を, 人を, 代りに, 代金を, 何物たるを, 値段や, 傍に, 兄弟達が, 入った皿, 内側は, 写真を, 利目は, 前に, 剥き肉, 化石が, 化石の, 化石は, 化石画はがきなど, 化石畫はがきなど, 卵巣です, 名から, 名が, 名人で, 吸物が, 吸物を, 吹き方, 命を, 地方名は, 堅さ, 堆い中, 声を, 売買塩の, 多い砂地, 多数は, 奇峡が, 如き前歯, 姿が, 字, 字も, 実の, 宿も, 密集地帯である, 小さな美しい, 小鍋, 尖の, 尻を, 巨大な, 帆前船にも, 師範役という, 年週期的循環が, 底に, 底の, 形を, 役としては, 役の, 徒と共に, 悪臭が, 意にて, 所在地である, 手の甲を, 押し寿司, 捕れるという, 採取を, 採集は, 散つて音, 数は, 方は, 旅宿あたりから, 日は, 旦那から, 曲に, 未だ曾, 柱, 柱と, 柱の, 柱猪口はり, 桑名とは, 棲息状態などについては, 様に, 模様です, 模様の, 櫛サアロンと, 死体を, 殻, 殻が, 殻だけは, 殻なぞ, 殻を, 殼なる, 殼の, 殼陶ものの, 汁が, 法螺貝聴け, 漁撈海藻の, 火と, 火に, 火盤を, 無数に, 無限の, 煙草の, 片の, 片思ひ, 片殻, 物たずねたげ, 独楽, 王, 王またの名は, 珍らしい, 生態とを, 産地は, 異名に, 白一石盤面の, 白帆も, 目録を, 眼を, 研ぎ出しであった, 研究などを, 研究に, 種類が, 穴に, 窪地を, 紐を, 絵を, 縞模様の, 縦の, 罐詰工場で, 罐詰工場と, 罐詰工場や, 罐詰工場を, 群生地帯も, 者, 肉, 肉これが, 肉だって, 腐ったゴト口開け, 腕輪であります, 膝が, 臣等, 舌を, 色が, 色は, 色も, 花吹雪は, 菫のみが, 葉に, 葉の, 蒔繪の, 蓋なり, 螺旋紫水晶の, 行末を, 裏が, 裏に, 西に, 見舞に, 詰った桁網, 調査を, 谷間でさえも, 貝の, 身の, 身は, 身を, 車の, 鍋を, 間道を, 附着した, 音, 音あッ, 音ぐらい, 音だ, 音である, 音です, 音でない, 音では, 音とともに, 音と共に, 音には, 音にも, 響が, 頸飾りの, 類を, 駄物ばかり, 鳥その他の, 鳴るとき

▼ 貝~ (350, 17.9%)

7 拾って 6 吹け, 持って 5 吹いて 4 吹かせて 3 もって, 吹く, 負って

2 [18件] くれたが, とって, とつて, ふいて, ふかせた, もて, 前に, 剥いて, 吹かせた, 吹き鐘, 吹き鳴らした, 吹て, 売って, 掘るため, 探して, 探すこと, 海に, 見ると

1 [277件] あげた先生, あさ, あさる女子供, いくつか, いくつも, いろいろの, おわんには, お前さんに, お土産, くわえたまま耳, ここでは, このむこれ, こんなに沢山拾い集め, さいて, さがし, さがすには, しかもこんなに沢山, すぐに, そのまま帰す, それ以上の, たいへんうれし, ちらしたよう, つかまつります, つかまつる, つかまつると, つかまつるとか, つけよう, とりあげて, とりに, とり落とすと, とる潜水夫, とろうと, なお吹きならしました, なげる所, ならし馬, なんに, のこして, ひとつ拾いあげた, ひろい上げること, ひろって, ひろつてるよ, ひろひはじめた, ふきたて, ふきたてる, ふき鳴らして, ふく, ふくという, ふくの, ふくやら, ふく者に, ふく身, ふく音, ふけ, ふせぐこと, ふせぐとくべつ, ぶうぶうと, ぶうぶう吹い, むいて, もらって, ゆする音, わざと避けた, オストラコン, ツシヤまたは, 一つ打ち砕い, 一つ発見し, 一ツ摘ん, 一目見, 下されたでしょう, 下に, 中心として, 二つくっつけた, 二ツ三ツ掴み出し, 五つばかり, 人格化し, 仕入れて, 伏せたる如く尖つた峰, 佩ぶ, 使った, 使って, 供す, 借りて, 入れたの, 入れた籠, 共鳴器として, 冴, 出して, 利用した, 刻めるが, 刻んだよう, 剥きながら, 剥きにかよう雇い女, 剥く出刃庖丁, 剥く手, 力いつ, 千鳥が, 取ったもの, 取ったり, 取って, 取りに, 取り出して, 取り出し大きな, 取り出す時硝子瓶, 取るの, 取る者, 取る船, 口に, 召し上がったら子供, 合図に, 含んで, 吹いた, 吹いたとて, 吹いたら羽黒山, 吹いたり, 吹かせいちおう, 吹かせよ, 吹かせようと, 吹かせよと, 吹かせろ, 吹かせ自身, 吹き, 吹きたて, 吹きながら, 吹きはじめたの, 吹き出す, 吹き出すと, 吹き旗差し物, 吹き立て, 吹き鳴らしたの, 吹き鳴らす, 吹くお, 吹くと, 吹くという, 吹くとか, 吹くやう, 吹くトリトン, 吹く件, 吹けとも, 吹けども, 吹立てた, 嘴に, 四つ吹く, 塩を, 売っても, 売りに, 多量の, 夜の, 好む, 好んで, 宝と, 小一升, 嵌め込んだもの, 帯か, 帯ぶる, 平げました, 弄って, 手に, 手荒くおしのけ, 拾いて, 拾いましたが, 拾い魚, 拾う, 拾うこと, 拾うては, 拾うに, 拾ったり, 拾つて來た, 拾ひしむくいなる, 拾ひはじめた, 拾ふと, 拾ふも, 拾わんと, 拾わんとて, 持つだけの, 持つ兒童, 持つ手, 捕って, 捕へて, 捕り杉並木, 捕る女, 掘ったり, 掘り出したの, 掘る, 掘る食べるだけは, 採ったという, 採ったり, 採って, 採りながら, 採り廻しましたの, 採るため, 採る海女, 採る者, 採集し, 採集に, 探した, 探したり, 探すため, 探り取る, 掴取って, 掻き集め掻き集めた貝, 掻く船, 描いたが, 揚げないうち, 摺った鞍, 敷いて, 敷き列ね, 月日貝の, 杓子の, 歩道で, 水物と, 水面から, 求めて, 沖で, 沢山と, 沢山に, 沢山ひろった, 沢山書い, 河床から, 沸騰させ, 洗うの, 流しに, 浸すと, 漁って, 烈しくふき, 焼く窯, 獲るの, 獲るよりも, 産する, 用い旗鼓, 用うべき, 発見したい, 発見しよう, 盗みに, 瞶めた, 知らないの, 砕いて, 磨いたやう, 示すと, 私の, 私は, 積みに, 積み上げて, 積むとき, 突けで, 紋と, 絹紐もて貫きたる, 緒に, 置いて, 耳に, 聞いた, 聞いたら寺部等, 聴いて, 自分の, 船艙に, 若干ひろった, 蔵し, 見た, 見つけること, 見出して, 記念の, 買うて, 踊り笠, 迎いに, 送って, 運び込むこと, 選つて居る, 鏤め蒔絵, 開いて, 開かずに, 集めたが, 食っては, 食用と, 馬の, 高く吹き鳴らし, 鳴らして, 鳴らすやう, 鳴らす場合, 鳴らせ

▼ 貝十郎~ (152, 7.8%)

4 であった 3 の後, の邸, はこう, は思った, は走っ

2 [12件] はすぐ, はそっち, はまた, は云った, は人, は声, は思案, は歩き出した, は耳, は胸, は苦笑, は身

1 [109件] がいた, がお, がおり, がその, がそれ, がはいっ, が不安そう, が声, が始まった, が少し, が藤兵衛, が行きつく, が見, が訊いた, が関係, であるが, であると, でござる, というあの, という与力, とお, とは品川, と云う, と幸左衛門, なの, にとっては知己, にも見て取れた, のすぐ, の傍, の声, の姿, の左側, の案内, の横, の眼, の走っ, の輩下, の酔, はお, はこの, はしまった, はそう, はそんな, はキョトン, はニヤリ, は一喝, は不愉快そう, は与力, は云いつづけ, は先, は前, は叫んだ, は呟き, は喜び, は大小, は女, は宝暦, は山大, は布団, は帯, は彷徨, は後日次, は微笑, は思い思い, は思わず云った, は愉快そう, は指さし, は振り返っ, は改まっ, は歩い, は歩いた, は歩き, は残念そう, は浅草, は灌木, は眉, は窓, は立ち上がった, は立ち木, は笑っ, は素早く, は考え込んだ, は聞き耳, は自分, は若, は苦笑い, は茶店, は見廻し, は見送った, は訊いた, は部屋, は鏡太郎, は降参, は露路, は頷いた, は風変わり, は飛び出し, は首, は黙っ, へは聞こえなかった, もいた, も耳, も行列, も見, よりも先, を不思議, を客間, を案内, を迎えた

▼ 貝~ (115, 5.9%)

2 あけて, いずれも, せせら笑って, 久我の

1 [107件] いないだろう, いんいんと, うるさそう, えっあいつ, おとなしく手, おれが, お侍, お前を, がらにも, くっついて, これさ, すてどの, すての, そこに, その顔, それを, たくさんつく, どたりと, ないよ, なんという, のた打った, また新しい, みじんと, もう戦気, もう言葉, もしくはタイラギ, もちろん口, ものものしげ, よく見たら, イタリー人の, コップで, ダシだ, テエブルの, ドンブラコと, ピクピクと, フランスのだ, マンガンの, 一々篩, 一切の, 一枚, 一種の, 三十センチにも, 下卑っぽく, 両肩, 依然無言, 勢揃いの, 北方の, 北欧州と, 千ドル, 印度から, 又物, 取つたぞ, 口を, 呆れかえったという, 味噌汁の, 城外に, 多くただ, 大博物館, 大森貝塚より, 完全に, 寺内の, 常に泣く, 幾百個集め, 床の間を, 急きこん, 急に, 悶えて, 手が, 手拭の, 拝むよう, 採りつくされて, 数を, 敵に, 日に, 明かに, 明るすぎる, 時刻を, 東北から, 欲しいと, 瀟洒な, 煽てるよう, 白鳥に, 皿の, 真珠が, 真珠を, 真珠貝科の, 眩ゆい, 私の, 突然うああ, 立ちあがると, 罐詰に, 舌なめずりを, 花の, 裃正し, 西沢の, 貝だけとして, 財布を, 貴いの, 転びて, 遠音に, 那須に, 酒と, 露骨に, 青くて, 食べるもの, 食卓に, 鳴り出して

▼ 貝~ (114, 5.8%)

5 鳴る 4 ある, いった, 鳴った, 鳴って 2 ふきだした, 自ら歌った, 食べたいから

1 [87件] あった, あったり, あつた, ありますわ, あるが, あるもの, いくつか, いるという, いんいん, かさぶたと, くっくっと, ことりと, しきつめて, しずかに, それを, たくさん船底に, たずねた, だみ声を, とおく八合目, どうそんな, ながれて, なった, なります, にべも, はねかえす, ひったくった, ひときれ, ぶう, ゆるやかに, アルミの, ギッシリしきつらね, 上手であった, 久我に, 亀の, 住みコンブ, 光る, 出て, 出る, 前路に当たって, 吹かれ太鼓, 多くそれ, 大いなる水, 妙な, 寄場の, 対に, 悩ましくも, 散って, 数個こぼれ, 敵襲を, 旋つた孔の, 日の出までに, 旺んに, 星の, 普通の, 柳の, 殺られるの, 殻へ, 水に, 水を, 海陸で, 物語りました, 砂利の, 立ちあがって, 縱横に, 聞え取る物, 育つ時, 腰を, 見えた, 記者溜へ, 貝殻を, 近頃人工真珠養殖, 酔って, 長い息, 開いて, 音ひ, 音太鼓の, 額の, 飛び出しその, 食べられないもの, 高っ, 高らかに, 鳴りひびいた, 鳴りましょう, 鳴りわたると, 鳴ると, 鳴れば, 龍宮の

▼ 貝~ (90, 4.6%)

6 のよう 5 のやう 3 の底 2 のなか, をあけ

1 [72件] がつもつた, がもうだいぶ, が一番, が多く, が山, が恰, が散っ, が敷い, が眺望, が處, でこ, でもつ, で出, で大海, で造つた器物, などがある, などが散ら, などとのパノラマ的効果, によつて, に入れた, に文字, に柄, に混, に足, のあるで, のかけら, のつもつた, の一つ, の一方, の中, の山, の投票, の散布, の碎け, の積聚, の耳, の脣, の貝, はみな成熟, は果して, は極, は自然, は見, ばかりを竝べた貝類博物館, もてすく, やその他, や宝石みたい, や海草, や藻, や角, や骨, や魚, よりは水, をなげうつ, を以て魚鱗, を出した, を刳り, を叩き砕い, を叩き破っ, を吹い, を差し出す, を張つて, を思ひ出させた, を手, を持つ, を採集, を與, を調べ, を遠く, を鏤めた, ヲ捨テタル所, 持てるトリイトン

▼ 貝~ (51, 2.6%)

4 似て 2 手を, 指を

1 [43件] その手, なっても, ならない, なり鵜, みえる支那団扇, もりたる辛ら, よく聞き分け, ナイフを, 一杯ほど, 中毒ったらしい, 乘る, 付き覆われいた, 似た裂罅状, 傷が, 入り, 入れた水, 入れて, 受け入れて, 咲くあの, 富みその, 小さな石, 形が, 彼女の, 急かれて, 棄てると, 生まれ変わる, 真珠の, 眼は, 答えよ, 籠れる, 緒を, 至っては, 至つては, 艶が, 虎耳草の, 足を, 身が, 近いもの, 違いない, 限って, 飜る, 食は, 養われて

▼ 貝~ (37, 1.9%)

6 云ふ 2 名づくる

1 [29件] いい南方, いっても, いわれて, すべて準備の, なったり, 乾が, 乾に, 乾は, 出づる, 友達に, 反身れ, 合うもの, 名の, 呼ばれて, 小えび, 小判形の, 思ったもの, 思われる, 木賊谷上流の, 横笛に, 海苔と, 申候, 眼の, 称する真珠貝, 縮まるお, 虎耳草富貴の, 言ふ, 那須は, 野菜である

▼ 貝~ (35, 1.8%)

2 石を

1 [33件] その他の, それから, または海草, また海草, アコヤ貝じゃ, ウツボや, ランプの, 太鼓で, 太鼓を, 小魚, 弥勒むく, 拾はん, 拾はん莫告藻や, 木の実を, 棘皮動物や, 椿の, 海胆の, 海苔採りに, 淡水産の, 玉, 珊瑚の, 石さらに, 腕足類の, 色あざやかな, 金属などを, 金銀で, 鉦が, 青い石, 魚など, 魚の, 魚は, 魚類の, 鳥獣の

▼ 貝~ (34, 1.7%)

2 はすっかり

1 [32件] が臆病, じゃない, という人間, という日本一, と赤崎才市, に似, に取っ, の半, の図体, の手, の睨み, の耳, の肝, の首, はそんな, はひどく, はゴクリ, は何, は俺, は元, は大きな, は小僧, は小首, は店, は拳固, は狐, は負け惜しみ, へも, もその, も一向, も仔細, を殺した

▼ 貝~ (23, 1.2%)

1 [23件] ある食える海草, それだ, それに, ときどき仲間, ともに山城, みなぺちゃんこに, カシス貝も, 交つてゐなけれ, 同様に, 吹かれず, 多かった, 小蟹, 悪鬼貝も, 持って, 数ある, 海の, 生きて, 考へられる様, 聞きとどけねば, 葵も, 見つからないので, 食えず, 鳴るであろう

▼ 貝細工~ (20, 1.0%)

5 のよう

1 [15件] あり鮑取り, などが評判, のいろいろ, のきれい, のつまらない, のカフスボタン, の一輪挿, の光沢, の化け物, の屏風, の感触, や漬物樽, よりは氣, を売る, を擇

▼ 貝~ (17, 0.9%)

4 海を

1 [13件] かつ節, つくった帆前船, 一杯に, 今日もはや, 例えれば, 直径五センチ高, 箱の, 花を, 見た熊, 造られたもの, 部署に, 額を, 食ひ

▼ 貝~ (17, 0.9%)

2 のそば

1 [15件] があるなら, が発見, だけはアタリ, でも捨てる, にしがみつい, についた, につき, につく, にぶつからない, の十二尋, の谷, をあさっ, を放棄, を追って, を離れ

▼ 貝~ (12, 0.6%)

1 [12件] から何, とは縁, にははるか, にはやはり, に昆布, の魚, は手, は煮え, をかけ, をする, をつついた, を中心

▼ 貝~ (11, 0.6%)

1 [11件] でした仕事, で発見, には違い, に於, に違い, に関する報告, に関する紀要, へ行った, まで殆ど三マイル, を歩い, を訪れる

▼ 貝でも~ (10, 0.5%)

3 ない 1 ないまた, 剥がすよう, 拾つてゐよう, 拾はせ, 掘るつもり, 採って, 随分いい

▼ 貝~ (10, 0.5%)

42 賣と 1 賣きさげ集めて, 賣とを, 賣の, 賣待ち

▼ 貝から~ (9, 0.5%)

1 とれたマダマ, のがれる事, 上流は, 岩見重太郎か, 採れるの, 身を, 長々と, 長い蔓, 黒真珠が

▼ 貝という~ (9, 0.5%)

1 この温泉村, のが, のは, ものであった, ものの, ものは, 物が, 言葉が, 言葉などは

▼ 貝などを~ (8, 0.4%)

1 よくたべた, 届けに, 捕った, 採る気, 沢山に, 綿に, 食べながら, 鳴らし立てて

▼ 貝~ (8, 0.4%)

3 羅葉の 1 羅に, 羅の, 羅葉とを, 羅葉数枚を, 羅葉樹や

▼ 貝~ (7, 0.4%)

1 から北寄貝, とか時には, ともいう, と思い, ね, のという, よ

▼ 貝比売~ (7, 0.4%)

2 とは共に, と蛤貝比売 1 きさげ, と蛤具比売, と蛤比売

▼ 貝どの~ (6, 0.3%)

1 がどんな, それで財, には相, の命, よしなされ, を鄭重

▼ 貝~ (6, 0.3%)

1 がこれ, といい, とを遣, の介添, の腹, は櫛笥左中将隆致

▼ 貝~ (6, 0.3%)

1 という草, に似, の搾り, の芽地中, も花壇, 枯れ芍薬

▼ 貝~ (6, 0.3%)

1 のある, の色, を手, を持っ, を掩護, を置く

▼ 貝~ (5, 0.3%)

2 何か 1 なにかで, 何かに, 御魚

▼ 貝ばかり~ (5, 0.3%)

1 でありまた, で未, 出されるの, 吹き鳴らしたとて, 食べて

▼ 貝~ (5, 0.3%)

4 たんの 1 たんを

▼ 貝合図~ (5, 0.3%)

1 あるべし, と同時に, の下, は吹い, をふく

▼ 貝折釘~ (5, 0.3%)

1 がうち込んである, に飛び, の二寸, の側, を掴み損ね

▼ 貝~ (5, 0.3%)

1 三, 三だ, 三だった, 三は, 三乾老人

▼ 貝~ (5, 0.3%)

1 がその, はその, をとつ, をはめ, を腕

▼ 貝とは~ (4, 0.2%)

1 あなた様から, いえどの, うまく付けた, どちらが

▼ 貝にも~ (4, 0.2%)

1 まさった宝, よる, 似たり, 劣らぬ爪

▼ 貝ボタン~ (4, 0.2%)

1 その眼玉, のよう, の根, をひねくり

▼ 貝割葉~ (4, 0.2%)

1 に興, のころ, の方, を持上げ

▼ 貝~ (4, 0.2%)

1 なり燒, のやう, の化物ぐらゐに, は一封度一ドル

▼ 貝~ (3, 0.2%)

3 ほひ

▼ 貝といふ~ (3, 0.2%)

1 のも, ものは, 美しい貝

▼ 貝とを~ (3, 0.2%)

1 あさ, 一緒に, 拾いて

▼ 貝ひろ~ (3, 0.2%)

1 ひしも, ひやすく, ひ食

▼ 貝~ (3, 0.2%)

1 かけて, 下り込んで, 移し植えた雪の下

▼ 貝より~ (3, 0.2%)

1 きれいだ, もっときれい, 草の

▼ 貝久八~ (3, 0.2%)

1 がこの, の台所, を呼ぶ

▼ 貝~ (3, 0.2%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 貝~ (3, 0.2%)

1 を東溟, を食, 載振が

▼ 貝張り~ (3, 0.2%)

1 で決して, と思い, に相違

▼ 貝~ (3, 0.2%)

2 ふ少女子 1 ひを

▼ 貝~ (3, 0.2%)

2 の王 1 と云う

▼ 貝あり~ (2, 0.1%)

1 されど雨蛙, ギは

▼ 貝さん~ (2, 0.1%)

1 あの晩, とが死んだ

▼ 貝だけ~ (2, 0.1%)

1 さいたの, 今さい

▼ 貝だの~ (2, 0.1%)

1 なまぐさ物, ベベ貝だ

▼ 貝であった~ (2, 0.1%)

1 やら是, 故にそれ

▼ 貝である~ (2, 0.1%)

1 かも不可解, が今

▼ 貝です~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 貝では~ (2, 0.1%)

1 なくて, カキカメノテエボシ貝フジツボなどで

▼ 貝といった~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 貝などの~ (2, 0.1%)

1 こぼれしごとく, 貝も

▼ 貝なる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 名の

▼ 貝には~ (2, 0.1%)

1 さすがに, 足を

▼ 貝るゐ~ (2, 0.1%)

1 の内臓, の舌

▼ 貝入り~ (2, 0.1%)

1 の書棚, の朝鮮小箪笥

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 が雅味, という魚

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 かね, まで

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 と呼ん, を發掘

▼ 貝巻き~ (2, 0.1%)

1 だ, を

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 太鼓を, 貝

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 が日本美術品, だの屏風箱

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 そのよう, のもの

▼ 貝~ (2, 0.1%)

2 をこし

▼ 貝~ (2, 0.1%)

2 の三腹

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 うる家, など多

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 にはいろいろ, の附着

▼ 貝葉梵本~ (2, 0.1%)

1 がある, と申します

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 の小店, の雄

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 のひびき, を打ち鳴らし

▼ 貝~ (2, 0.1%)

1 とある, と六朝以後

▼ 貝隠れ~ (2, 0.1%)

1 といっ, とは打っ

▼ 貝黒蝶貝~ (2, 0.1%)

1 の無数, の老

▼1* [190件]

あいずと同時に, 貝いずれなりと, 貝いも貝大きなうずら, 貝おくる木玉, 貝おりてひろ, 貝おれがその, 貝お鍋にはシャコ貝, 貝かと浜道へ, 貝からは稀に, 貝からも真珠が, 貝こそあらま, 貝ごと食べてさ, 貝ごと平鉢に盛っ, 貝ごと水洗いしたあわび, 貝ごと生でたべる, 貝ごと蕪や大根, 貝さんあんたいったいどう思います, 貝じゃなくて, 貝すなわち海巴または, 貝そのものを鉢代り, 貝その他の海生物, 貝そんな貝が, 貝たちの, 貝だけとして山の, 貝だけに川の, 貝だけはどうしても棄てかね, 貝だけを餌に, 貝だったからで, 貝ちょうちん貝などを沢山, 貝ってえだ, 貝でありさらに庚申講, 貝であろう包みの, 貝でなくつてよ, 貝とが女の, 貝とで作った練りもの, 貝とりの稽古, 貝と共にここの, 貝どもがいつの間にか, 貝などがあるという, 貝などでは箸を, 貝なども案外語原, 貝なんかこの辺, 貝について別に可笑しい, 貝に対する誹謗の, 貝ぬるるほど, 貝のぼたんを, 貝のみならずいろいろ, 貝のむきみを, 貝はといえば, 貝ひとでその他, 貝ぶれと一緒, 貝ほど肉を, 貝ほどには鳴したの, 貝ほどの槻の, 貝ぼたんだ, 貝また色の, 貝またはニシキ貝という, 貝みるわりこせう, 貝みんな口あけて, 貝むなしき家を, 貝もろとも法師野, 貝やらアセチリン・ランプやらの, 貝私は, 貝よせてやさしき, 貝らいし真経, 貝をからにした腹, 貝をとつてゐます, 貝ガラのフタ, 貝チョウ貝などをよく, 貝フジツボなどでフジツボ, 貝鏤メタ鼈甲, 貝一つといふの, 貝一つ誰もおらぬ, 貝一銭に売る, 貝三俣から神立村, 貝三番貝とすべて準備, 貝二つ竝べて海, 貝付近の山中, 貝何処にある, 貝何故またそんな, 貝入袋の中, 貝六それがありゃ, 貝六前祝に一杯, 貝六岩を小, 貝六海道筋でよく, 貝六風情に七万両山分け, 貝割りのそぎ, 貝勢ぞろいの用意, 貝で芋, 貝十郎式に韜晦, 貝又は小石, 貝君乾老人古田君それから僕, 貝善光寺縁起から苅萱道心, 貝坪古屋敷馬橋ヒゲ沢渡等々の小, 貝堂々とし, 貝塗柄の薙刀, 貝墟その他の古代民種, 貝墟陶器であると, 貝へ出りゃ, 貝夥しく抜け出で, 貝大きなうずらが, 貝天神の命令, 貝始めの式, 貝と名, 貝子殿下を歌舞伎座, 貝の風, 貝寄せにおくれ毛, 貝も深い, 貝川魚鳥肉果実牛酪菜根などあらゆる, 貝海鼠丸餅の, 貝床こっちへ取っちまう, 貝床馬蹄螺床海鼠の棲息地, 貝の爪, 貝忠篤氏の硬骨振り, 貝拾いも私, 貝拾う子らを, 貝拾えるが浪子, 貝掘りにでも行きたかつた, 貝をやり, 貝掻叉手などを貴, 貝などいう, 貝方面の山中, 貝桶塗長持御厨子, 貝樹敬山の三重奏, 貝殼一つに救, 貝殼器の條, 貝殼器考説の末, 貝殼大小さまざまな箱, 貝殼層中には鳥骨, 貝殼獸骨等に混じ, 貝殼珊瑚のきれ, 貝殼等を押し付け, 貝殼草や木芙蓉, 貝殼追放の名, 貝殼骨類及ビ灰燒ケ木等ヲ以テ證スベシ, 貝比売水を持ち, 貝氏あなたがそう, 貝の北, 貝海胆ヒトデ等をそれぞれ, 貝海馬松茸の石づき, 貝淵林駿河守の案技, 貝淵流の棒使い海蘊, 貝を燒, 貝貝いずれなり, 貝の採集人, 貝新蜆貝町, 貝相手に雲仙, 貝知らせのみで, 貝石玉藻の類, 貝磔場の夜半, 貝を拾, 貝積聚りて, 貝空しき行きを, 貝の音, 貝細工その他砂書き阿呆陀羅活惚軽業なぞのいろいろ, 貝細工上からつるした, 貝細工屋の主人, 貝細工店の女達, 貝細工菊形の珊瑚礁, 貝老人が提灯, 貝してるの, 貝でなく紙, 貝蒔繪の中指, 貝のよう, 貝蛸オシメエ・トレモクトプス等諸属, 貝螺体に附き, 貝の穴, 貝衣裳の断, 貝触れを出し, 貝は精読, 貝象嵌の手筥, 貝貝寄の風, 貝については杉本教授, 貝ひに, 貝買ったことのね, 貝が薄く, 貝とて小貝川, 貝遊びやまた, 貝野菜等の原料, 貝野郎ではない, 貝金陣太鼓の音, 貝錨等のふつう目, 貝鍋カルシウム論を芸大, 貝鍋料理の物理的, 貝陀羅樹葉それを二つ折り, 貝陣鉦などはもとより, 貝とを買, 貝の下, 貝を拾い, 貝鳴らして打ち出た