青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

谷~ 谷間~ 豆~ 豆腐~ 豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~
象~
象徴~ 豹~ 貝~ 貞~ ~負け 負け~ 負傷~ 財布~ ~財産 財産~

「象~」 1775, 19ppm, 5983位

▼ 象~ (543, 30.6%)

16 ような 12 鼻の 9 背に 8 ように, 中に, 腹の 7 ことを, 上に 6 やうな, 頭の 5 小河を 4 やうに, 皮膚の, 背中に, 足に, 重さ, 鼻 3 中へ, 前に, 子が, 形を, 方が, 耳の, 背中の, 腹に, 腹の中に, 鼻を

2 [39件] そばへ, ために, ファットマンの, 一群よ, 下ッ腹, 中だ, 中で, 体重を, 全身は, 卵です, 右の, 合ふ, 如く, 子の, 巻犬の, 幽霊の, 弟子に, 形の, 形スカンディナヴィヤ半島の, 後脚の, 曳物の, 沒却理想の, 皮の, 皮を, 皺の, 糞を, 絶對の, 背から, 背の, 背中から, 背中には, 胎内に, 脚元に, 腹の中へ, 腹を, 足を, 邦, 鼻に, 鼻穴程に

1 [319件] あとからも, いる方, うしろの, うちと, うちに, うちには, うちの, かげ藍, かげ長から, かど開く, からだで, からだの, からだへ, きばほども, ことだ, ことと, ことは, させて, その後の, その心理的ノート, そばから, そばに, それを, たぐひに打乗り, ため断つ, なかに, にほひ, ひく四ツ車, まわりで, まわりでは, ものが, やうで, やうなれ, やうな図抜け, やつは, ようにと, ファットマンが, ファットマンは, 一時に, 一部分を, 一類は, 三十郎でした, 三十郎と, 上から, 上の, 下に, 下まで, 世, 世界が, 中, 中が, 中の, 中山, 中山呼び, 事である, 二の舞を, 二三頭が, 交錯を, 代りに, 仲間が, 体は, 像少しく, 内部を, 出るの, 列は, 刺繍象の, 前には, 前は, 前を, 前脚, 前足の, 剥製標本の, 力を以て, 卵, 卵を, 反対に, 口から, 各方面, 吊垂灯, 名は, 周りへ, 周囲を, 哲學と, 四倍ぐらい, 団体が, 囲いの, 図が, 図るところ, 堺まで, 墓地な, 声だの, 変り模様とても, 変化ある, 変化の, 多いこと, 夢でも, 夢と, 夢なりき, 大きな石像, 大さ, 大なる, 大森林帯, 大群が, 天の, 天を, 如くに, 如く緩やか, 姿で, 姿も, 子, 子だ, 子よ, 子を, 子供の, 実相を, 宮静かなる, 密語を, 寒け, 小川うたた, 小川が, 小川を, 小父さん, 小舎が, 尸に, 尻の, 尻尾だけに, 尾だけを, 山の, 左の, 巨体が, 巨体に, 幽霊と, 底, 建造者は, 弟子でも, 形が, 形に, 後に, 後の, 心持ちを, 恐るべき行為, 息は, 息絶え絶えの, 悲鳴, 想に, 意義に, 所に, 所へ, 托胎性を, 拵物は, 振り宜しく, 描き方, 描写である, 故に詩, 文字を以て, 文学は, 斤両を, 方々が, 方へ, 方を, 曲芸猛獣使いの, 曳物, 曳物を, 林を, 梵名イブハに, 森列せる, 構成に, 様が, 様な, 模様で, 歌, 正しく著しい, 歩る, 残像と, 永続せぬ, 沢山ある, 泥に, 泳ぎつ, 活動はなはだしく, 活動甚しく, 活動甚だしく, 海を, 海恨み, 深さ, 片脚, 片隅に, 狂暴な, 猟人, 玩具は, 生れるわけ, 生命を, 町へ, 番人などは, 異やう, 病難除の, 発展的な, 白羽の, 白翼を, 皮でも, 皮のも, 皮膚は, 目つきと, 目に, 目の, 眼で, 眼に, 眼は, 眼を, 研究が, 研究の, 神秘な, 祭が, 秋に, 穴へ, 精神の, 精神病に関する, 糞が, 糧と, 細目の, 終極の, 絶対的価値を, 綽名を, 置物が, 置物色琺瑯製の, 群れ, 群れに, 群れは, 群を, 群御, 肩に, 背へと, 背中へ, 背中へなんぞへ, 背中越しに, 胎内は, 胎内へ, 胎内を, 胎内潜りを, 胴を, 胸先が, 胸先の, 胸先を, 脇腹には, 脊中に, 脊中には, 脚に, 脚の, 脚元で, 腐屍, 腹から, 腹で, 腹の中から, 腹の中で, 腹中には, 腹掛の, 花の, 芸術である, 虜と, 血を, 行列, 行列などとともに, 行為を, 袋の, 親切な, 親子だの, 話とを, 謂ひなり, 變化する, 谷にたいする, 貧弱な, 赤血球の, 足, 足と, 足の, 足みたいな, 足下までは, 足跡に, 足鰐の, 跌宕眺望の, 身体に, 身体の, 身体を, 近くで, 連続と, 進行が, 部, 部分を, 重さ幾斤両, 隈を, 面が, 鞍上高, 頭から, 頭で, 頭に, 頭へ, 頭を, 頸には, 顎に, 顏が, 顔見知りでは, 首, 首から, 首が, 首に, 香の, 馴致を, 骨と, 鮮明な, 鼻が, 鼻がの, 鼻だけ, 鼻で, 鼻どこからが, 鼻なき, 鼻は, 鼻みたいな, 鼻や, 鼻よりも, 鼻ブラリ

▼ 象~ (208, 11.7%)

4 見た 3 現は 2 めあての, 具えて, 撫でるやう, 現して, 現わす, 観察する, 連れて

1 [187件] あざやかにうけていづるばかりに, あらは, うく, うたふ, おこらせた人間, かきのけると, きわめる, こしらえて, こしらえますかな, この天, さぐるの, さよう, ざっと説こう, しばし, そのま, そのわが心, つうくつた, つくり出す, つくるより, とった一番, とりもって, ながめては, なして, なしては, なし加, はたらかせるか, はつきり掴む, ば船に, ひいて, ひッぱって静, まちと, みわれ心, み臆, むすぶ, もて我, もて飾られきされど, よびさますよう, オツベルは, 伴うの, 作りライオン, 作ること, 係ぐこと難けれど, 全く眞ツ白, 具したる春, 内容よりも, 出す神, 切ります, 創作に, 取り扱う人間, 取り類想, 取るまで, 取寄せたという, 合点したる, 呑む一六八三年ヴェネチア版ヴィンセンツオ・マリヤ, 図し, 地に, 埋めし場所, 始め蕪村も, 孤立さし, 家の, 宿す本來, 寫し取るに, 少しく指摘, 履むことである, 山と, 帥い, 弁別する, 引ぱってきてこの, 形づくる要素, 得たと, 得る, 心に, 思わせるもの, 息災に, 悪めり, 想像しよう, 想像する, 感見する, 担ぎながら, 指す也, 捉へ, 捲き殺すその, 捺さ, 捺すこといよ, 捺すは, 捺せるは, 採って, 掲げた下, 描いた着色圖, 描いて, 描かうと, 描かうといふ, 描く処, 損じないよう, 撫して, 撫ずる, 撮り食う事塵土, 支配せしむ, 斃死させる, 料理する, 明瞭に, 映し出して, 曳込んだ, 木彫として, 某の, 柵内に, 樂化し, 次の, 歌つた, 止めて, 殘せり, 汝達は, 消してしも, 渡しし術, 為, 無限階段の, 焼きに, 燕の, 現さない時, 現ず, 現ずるに, 生じ出入, 産み出す如く地球, 用いて, 画いた舳, 画いて, 画くに, 留むるにたちまち地に, 畫ける, 畳み絡めるの, 眼に, 知ること, 示すに, 精密に, 紙巻煙草の, 細かいところ, 網羅する, 縮めて, 繋いで, 聲に, 肉眼で, 背負って, 胴切りに, 脅かす事, 腑分したら, 船に, 融合させよう, 表出する, 見かの, 見しさま, 見せても, 見たまえ皆, 見つけ出しました, 見つめた, 見て, 見るだけ, 見るに, 見るばかり, 見るよう, 視さ, 観察すべき, 観測する, 観賞する, 解剖する, 詠ずるは, 誅せん, 語るに, 説明せん, 請ふ, 買って, 踏みぬ, 追ひ, 追ひつ, 透かして, 透して, 通過した, 酔わすに, 醉象と, 錯へ, 鎔し, 降り駱駝, 離れて, 顕現なさしめ給え, 顯は, 食い三年, 馴らすも, 馴らす事

▼ 象~ (134, 7.5%)

3 象小屋で 2 小屋に, 私を

1 [127件] あの大きな, あわてて, いかにもうるさい, いちどに噴火, いつまで, いまごろどこ, うごく, おそろしい牙, おどろいて, お役人, かわらない, けいざいだ, けろりとし, こっちを, このよう, この悪戯者, さびしくわらっ, しずかに, すっかり仲よし, そういう役に立った, そう思った, その鼻, それっきりおとなしく, それを, たいへんよろこん, ただの, ちがっても, とても働く, とらえがたい, なかなか手, のそのそ鍛冶場, ましろく, まるで対等, もうオツベル, もう貨車, もちろん描写, もとより妖怪, わかひる, わらって, イビツな, ガリガリ戸棚, ジャングルを, メクラだ, 一せいに, 一そうひどく, 一つも, 一体背, 一種の, 一糸亂れず, 三つの, 下手です, 九百把た, 二あし歩い, 交尾期に, 人の, 人是を, 動物園を, 十四日の, 危くそこへ, 土に, 夜漸く, 大きな耳, 大へん, 天である, 始めから, 始めて家, 寶塔を, 居ないよ, 山である, 幸福だ, 引張られて, 張る氣, 形無し應感は, 彼を, 後天的である, 我胸に, 新吉を, 早速手紙, 昨日の, 時々お, 朝から, 森林の, 橋を, 此の, 死んで, 殆ど似, 汝の, 沙漠が, 火焔に, 無事に, 狂奔する, 狂気し, 猫背を, 異常な閃きと, 皆一種の, 皆張る, 眞言宗と見え, 眼を, 穴によって, 窪地の, 立上った, 細ういきれい, 細長いもの, 翼を, 老いて, 聲を, 芭蕉の, 若い時分, 藪林に, 虹で, 蝋細工に, 血の, 血其の, 譬へば燃, 起つて, 躯が, 退屈そうに, 醉狂し, 野猪の, 鈍重すぎる, 鎖と, 長い鼻, 雪の, 食べものを, 鮮明で, 鼠を, 鼻で

▼ 象~ (129, 7.3%)

3 胸から 2 人間に, 梨の木坂を

1 [122件] あゆめば, ある, あるばかり, いいな, いいわ, いう, いかにも愉快, いた, いたり, いまだにナイフ, いるなんて, うなずいて, おこったの, おこった事実, おこるに, からだを, がっちりとして, こおわれた, こんなにかしこいち, すきです, そこに, そのまま読者, ぞろぞろと, でき上がりました, でて, とてもきれい, どうした, どしどしなだれ込む, なかなか笑わなくなった, にげて, のこのこ上っ, はっきり私, はつきりと, ほぼそれ, まず以, また平素, めの, もし卵, やって来た, やって来たら射るの, わらって, われわれ人間の, アッと, ファッツを, 一ぴきごろりと, 一ぺんに, 乗っても, 乗りこんで, 二十五頭で, 些細な, 人間の, 今度花屋敷へ, 何処かへ, 何百年生き, 例の, 俄かに, 倒れた定めて, 入り乱れて, 出る馬耳塞, 刻々生命, 周囲に, 地面を, 境地化せられなけれ, 変る, 変るの, 多くて, 太い脚, 威勢よく, 居るよ, 居るん, 居る最澄, 山彦の, 幾つも, 彼の, 往来し, 怒れば, 意識面を, 戰場に, 描きたくなるもの, 日々一人ずつ, 昼寝でも, 月の, 本気で, 来た, 来たそう, 死んで, 気違い扱いを, 水ぶくれ, 浮出して, 混り, 煙りに, 片脚床, 狂気と, 現は, 現はれ, 現出する, 甚く, 生れて, 異常で, 目に, 目の, 立って, 緑色に, 練って, 脚元から, 舞台に, 花屋敷へ, 萌すから, 藁の, 血を, 見えて, 見えると, 造れるよう, 阿片の, 頭を, 顕れる, 顕れるよう, 飛び出して, 高く叫ぶ, 鮮明である, 鼻と, 鼻を

▼ 象~ (105, 5.9%)

8 乗って 7 して 3 よりて 2 なつた, 通う神秘

1 [83件] あたるの, あらねど, ある岐阜, いたるまでの, かぎって, かわって, しても, そう言った, たとえて, ついて行き白熊, つめ寄らうと, つらくした, つり合ふ, とらわれた観念, とれる, なつてる, なるといふ, のった並, のって, のり白月, ほうって, またが, またがって, やつと, やるん, わたしました, ビスケットを, 乗つて, 乗つて暹羅, 乗り蛇使い, 乘つた等身大の, 乘つて所作事を, 乘つて槍を, 乘る, 事うる, 云う, 仕上げるの, 似て, 何か, 使われてる一匹, 依る発見, 倣って, 備えて, 出逢いました, 到達すべき, 刺激され, 危難が, 向い我今生分尽き, 向い汝湖水, 命令する, 囲まれては, 地へ, 外ならず, 對し, 形どった, 性欲的色調を, 應酬し, 手を, 抽象や, 支配せられ, 武者ぶり懸る, 比したで, 注射を, 猿衣, 現われる神秘, 生靈, 至るまでの, 花子ちゃんとか, 見せた, 觀次で, 訊く, 話を, 貸金が, 跨がり, 近きを, 通う其, 過ぎない, 針の, 靴は, 鞭を, 頼まれて, 騎って, 騎り

▼ 象~ (41, 2.3%)

2 いっしょに, 一緒に, 蚊との

1 [35件] あざらしと, いふ, し彼, し彼得尊者, なして, なつて, なり得ること, なる, なるから, なる物, もっとも貪婪, インド人を, 云うの, 同じ様, 同格教会の, 猴, 猴は, 獅子等に関する, 申す武術達者, 男女相寝る, 盲者の, 花驢甚多かっ, 虎の, 蚊とは, 見えませんか, 見え兎神に, 野兎が, 鉢合せした, 闘うて, 駝鳥の, 駱駝を, 魯の, 鯨とを, 鯨に, 鯨を

▼ 象~ (31, 1.7%)

2 云う, 文も, 筋めよく

1 [25件] おぼろである, こわせない, じっさい大した, そうだろう, その方, ただ大きい, はじめてライオン, また地, よく繋がれ, アフリカのでなく, 壺口の, 好し己, 姿が, 彼の, 正しく顕れ, 毛唐も, 狐も, 猴も, 獣だ, 痩せて, 知らぬ顔を, 紙が, 見えなかった, 輪郭が, 鮮明だ

▼ 象~ (25, 1.4%)

2 ライオンや, 犀の

1 [21件] 情緒の, 河馬などに, 河馬に, 河馬等の, 熊は, 犀などは, 犀や, 猴を, 猿に, 露伴子の, 類人猿が, 馬が, 馬の, 馴鹿が, 駱駝に, 駱駝を, 高其勢や, 鯨の, 鯨も, 鶴や, 麒麟や

▼ 象として~ (15, 0.8%)

1 [15件] あらはれるが, あるまじき常, その聯想, であろうか, 取扱つてゐない, 受取れば, 幻として, 念頭に, 恭しく床の間, 欠けて, 浮んだもの, 現して, 見られ取り扱われるよう, 視るべきである, 費用を

▼ 象~ (15, 0.8%)

5 をさし 2 のうえ 1 でもさそう, にはこういう, の好き, の駒, の駒音, をさす, をしたく思っ, をのぞかれる

▼ 象には~ (14, 0.8%)

1 [14件] かような, そういう自分, それが, 何の, 君子以多識前言往行以畜其徳と, 大きな鳥籠, 影が, 此病の, 藷の, 遠い遠い, 限らない, 非ず, 食べるもの, 黒く錆びた

▼ 象でも~ (13, 0.7%)

1 [13件] かまは, なかなか上っ, のっそり歩い, のみそう, 一口に, 同様に, 売って, 救われた, 私は, 見たがるやう, 見物する, 鬼でも, 鯨でも

▼ 象~ (11, 0.6%)

1 [11件] が国相, が時, の, の敏腕, の頃, はじつに, は五穀, は同じ, は次, や蔡温, 以下の

▼ 象する~ (9, 0.5%)

2 のである, 文学である 1 すべての, ので決して, 世界を, 方の, 芸術である

▼ 象~ (9, 0.5%)

1 あつた, さてこそ, 世に行われよう, 動作を, 南アルプスの, 大敵に, 扨又恐ろしい, 現て, 精力過剰不穏ナリ力の

▼ 象名義~ (9, 0.5%)

6 と云 1 とあります, に關, は字

▼ 象使い~ (8, 0.5%)

3 の名人 2 が来る 1 が象, は例, をつれ

▼ 象から~ (7, 0.4%)

2 虫けらの 1 何尺か, 流通大自在の, 滑り落ちさうに, 無象, 降りると

▼ 象~ (7, 0.4%)

4 ている 1 ていた, て生じ, 機械と

▼ 象である~ (7, 0.4%)

1 かない, がそれ, ことは, という事, という状態, のに太郎, 場合には

▼ 象~ (7, 0.4%)

2 の解釋 1 では, で治暦明時, などの中, の如き, 大有

▼ 象~ (7, 0.4%)

1 なの, の如く, の学校鞄, は中央, を張った, を張り, を披

▼ 象~ (7, 0.4%)

1 が前後, に一点急, に於, の一つ, の後れ, や位相, をどうして

▼ 象~ (7, 0.4%)

1 あり, に上っ, の如く, は百瀬, は萱, や獅子頭, を上げた

▼ 象~ (6, 0.3%)

1 があったら, が取れる, とほか, の小山, の山, をお前

▼ 象さん~ (6, 0.3%)

2 が来た 1 というの, の夢, もうお, よ

▼ 象~ (6, 0.3%)

1 ぜペンキ, つてあらあ, と考へ, よ, 象だ, 象の

▼ 象世界~ (6, 0.3%)

2 の文壇 1 にて作家, の中, の法廷, を撥無し

▼ 象小屋~ (6, 0.3%)

1 からも声, でふらふら, で七把, で三把, の前, の戸

▼ 象という~ (5, 0.3%)

1 土地の, 天竺の, 獣が, 獣は, 琵琶は

▼ 象をも~ (5, 0.3%)

1 お与えなされた, つなぐとな, とどめて, 係ぐを, 繋ぐべきこの

▼ 象~ (5, 0.3%)

1 が亂, が眞中, が眞先, の爲, は槍

▼ 象~ (5, 0.3%)

1 とは普賢菩薩, なり戦闘我, に月, の味噌漬け, 廻る処落花紅

▼ 象~ (5, 0.3%)

1 が黄金無垢, したよう, して, する, の

▼ 象道人~ (5, 0.3%)

1 に男, の占い, はこう, はじろりと, は頭

▼ 象~ (5, 0.3%)

1 だ, で惡神, のガネサ, の像, の額

▼ 象たる~ (4, 0.2%)

1 を知つて, 事明白で, 神, 秀茂せる

▼ 象つた~ (4, 0.2%)

1 といふ二重屋根, と称する, ので所謂象形文字, もので

▼ 象なれ~ (4, 0.2%)

2 ばなり 1 ども歌よみ, ば美術

▼ 象にも~ (4, 0.2%)

1 ある, かまはずに, フトンが, 母体と

▼ 象より~ (4, 0.2%)

2 無象 1 た, 逐はる

▼ 象次郎~ (4, 0.2%)

1 とが伏見稲荷, とは公使, へ誤出, も共に

▼ 象~ (4, 0.2%)

1 と略同一, に反対, の見地, を立て

▼ 象あり~ (3, 0.2%)

1 にし, や異国人, 牝虎に

▼ 象といふ~ (3, 0.2%)

1 のは, ものを, 動物は

▼ 象なり~ (3, 0.2%)

2 といはむ 1 云々

▼ 象らしい~ (3, 0.2%)

2 事を 1 足跡に

▼ 象~ (3, 0.2%)

1 に二猴, に猴, に身

▼ 象~ (3, 0.2%)

1 に向, に描き尽され, に非常

▼ 象~ (3, 0.2%)

1 に教え, の前身一塔中菩薩, を出だし

▼ 象~ (3, 0.2%)

1 に向かう, は耳, もて逆

▼ 象おの~ (2, 0.1%)

2 づから

▼ 象~ (2, 0.1%)

2 何かに

▼ 象たち~ (2, 0.1%)

2 がぞろりぞろりと

▼ 象だけは~ (2, 0.1%)

1 どうにか知つて, ゐないが

▼ 象つかい~ (2, 0.1%)

1 にし, に頼む

▼ 象つて~ (2, 0.1%)

1 でなければ, わざとさうしたのだといふ事

▼ 象つて巨大~ (2, 0.1%)

1 なる一体, なる一體

▼ 象とは~ (2, 0.1%)

1 ほとんど同, 違つて昔シベリアなどに

▼ 象ども~ (2, 0.1%)

1 は仲間, は沙羅樹

▼ 象どれ~ (2, 0.1%)

1 る一, る凡て

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 の, のだ

▼ 象なりといふ~ (2, 0.1%)

2 然り

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 内容より, 投げやってから

▼ 象ほどの~ (2, 0.1%)

1 ことが, 大きさ

▼ 象よりも~ (2, 0.1%)

1 体重の, 白いので

▼ 象を以て~ (2, 0.1%)

1 満たされたる議会, 滿たされたる

▼ 象中普通~ (2, 0.1%)

2 の道理

▼ 象主義~ (2, 0.1%)

1 の文学, の芸術

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の目的並

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 です, をみた

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 に使った, の課長

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 の鬼門, の鬼門彼処

▼ 象戯盤~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を間

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 に謝罪, を見ん

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 ゆ, ゆること

▼ 象灼き~ (2, 0.1%)

2 まさで

▼ 象物体~ (2, 0.1%)

1 の不, の組合せ等

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 と本元, や馬

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 と鰐狩, には一百頭

▼ 象皮腫~ (2, 0.1%)

1 か皺ばん, のそれ

▼ 象皮色~ (2, 0.1%)

1 の欅, をした

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 に似, に質せ

▼ 象表現~ (2, 0.1%)

1 である, であると

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 のある, の交趾

▼ 象~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, に積ん

▼ 象馬歩車~ (2, 0.1%)

2 の四兵

▼ 象馬車乗~ (2, 0.1%)

1 と従者, の喧し

▼1* [216件]

あらゆる物が, 象ある花に, 象あれば善, 象いかで兎径に, 象いよいよ山を, 象かびぬ亡妻, 象およびこれより, 象かしこにあら, 象かと思われる巨大, 象かなどの様に, 象がりのため, 象ぐらい大きかったら, 象ぐらいの事で, 象げ船が入っ, 象こそ照らせ花, 象これをみ, 象されている, 象したる個物に, 象すなわち地中に, 象そのものの伝奇的興趣, 象その他偉大な遺骨, 象その他若干の獣, 象それに反し, 象それから熊縞狼豹と, 象たつ踊が, 象だけであるそう, 象だけがある, 象だの荷車だ, 象だらうかとにかく, 象ちだといふ, 象やありません, 象たりした, 象つた作は, 象つた噴水広々と, 象つた聖トロフイヌスの納骨箱, 象つた鬼面幌身の神楽獅子, 象つて天は天一坊, 象であったのである, 象であり単なる描写本位, 象であるならば言語, 象ですが私, 象では當らぬ, 象とかイルカとか, 象とでもいうべき様式, 象との関係は, 象とを合わせたよう, 象と共に一種不思議な, 象つてどの, 象どうしで仲よく, 象なき声の網, 象なぞが色んな真似, 象などが鼠や, 象なども無論意識, 象なりといふ, 象なる可し, 象においては虎口の, 象にこそ超現実的生命, 象にしか過ぎなく一個, 象について来たみち, 象については別に爪, 象にとってどんなにうれしい, 象にとってははなはだしき迷惑, 象になつてご, 象にのみ凝りて, 象によつてあらは, 象によって序詞を, 象により一切を, 象による微妙なる, 象のみの占領すべき, 象のみを追い君, 象はやしきを, 象ひとつ童子に曳かれ歩めり, 象ほどならぬが, 象ほどに見えるの, 象ほどはない, 象まさに天人が, 象ますます惶れ, 象また随い行き, 象みたことない, 象みたいに大きく, 象が私, 象やの怪我姿の, 象板の, 象よく道を, 象よろづの, 象わが近眼を, 象われようとして熄, 象をさえつなぐと, 象をとほして, 象ををさめて, 象を通して生活感情が, 象を通じて自然から, 象アリ故ニ, 象ファッツに走り懸る, 象マンモス等の古, 象ライオン虎をはじめ, 象一匹の牝豹, 象一派の新書道家, 象一疋殪すは児戯, 象一頭の価格, 象万景得て, 象實則虚, 象の岬, 象を乾, 象仮にソフィヤ, 象以前に御, 象仲間で人間, 象にも君子以, 象帰羅祖真伝仏法玄妙, 象傳文言の乾元用九, 象傳等に九六, 象傷者に, 象兵是れは, 象其物或は卜象, 象写機に表現, 象で来る, 象効果にあった, 象或は眼, 象化今日の詩, 象の歯みがき, 象印クラブ梅香散, 象心象, 象即ち説卦が, 象異の, 象の藤七, 象に遊ぶ, 象大きい馬より, 象といえ, 象存在の意義, 象学派は世界, 象宝馬宝主兵宝, 象を免, 象容態を意味, 象小象の綽名, 象は其の, 象形容態型式跡質の漢字, 象には體, 象徘徊ほる, 象ひは, 象手描を成, 象撒くサンザンだ, 象を知らず並み居られる, 象既に陳す之を, 象易數の理, 象を画いてる, 象有り次に帝王, 象果して驚き奔り, 象次氏が一行, 象次郎伊藤俊介それに京都旅館, 象次郎江藤新平副島種臣岡本健二郎由利公正小室信夫古沢滋らはその, 象次郎福岡藤次郎佐々木三四郎毛利荒次郎ニて中, 象次郎西郷從道川上大將, 象氏ドックに来, 象洲女洲ありと, 象派未来派立体派表現派ダダイズム等のもの, 象消えたり, 象無き能はず氣の, 象無量の力, 象熊羚羊その他いろんなもの, 象狩りに出掛けた, 象のこと, 象獅子をはじめ, 象獅子その他どれ程の種類, 象獅子麒麟などが四壁, 象獅鷲の頭, 象理想を立て, 象生活準志, 象生産準志, 象的手法のとり入れられた, 象的理想派の審美學, 象的説話的の言語, 象皆一氣で一氣百變, 象皆説龍至説到乾, 象皮一枚を張り, 象皮賽の鞄, 象石刻を誰, 象積氣の貌, 象空しく消ゆる, 象の如き, 象を作る, 象結び合へる彼, 象結構だ構うもの, 象の詩, 象羚羊獅子袋鼠鷲白鳥雉鼠蛙鯉などなお, 象群多くの兎, 象を動かし, 象に火焔, 象脚形に仕立てた, 象自ら衆川の碌々, 象自ら雄大を極め, 象芸師につき廻った, 象虎猿などいう, 象説卦文言を序, 象るを, 象の奥, 象の奇古, 象賢以前には時, 象躍如たる理想主義, 象にこういう, 象造られてゐる, 象遠い国から, 象附近に待っ, 象また歩兵数十団, 象と号す, 象頭人身の女, 象頭神ガネサが鼠, 象なりその, 象の如き, 象首一牙で四手, 象馬七珍国城妻子奴婢僕従頭目身肉手足不惜躯命, 象馬牛羊驢の厩, 象馬等嗅いで, 象鮮明で旨い, 象の類, 象黒豹狼などその, 象鼻動物をし