青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「豊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~議論 議論~ 讃~ ~變 變~ ~谷 谷~ 谷間~ 豆~ 豆腐~
豊~
~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~ 象~ 象徴~ 豹~ 貝~ 貞~

「豊~」 2314, 25ppm, 4665位

▼ 豊~ (348, 15.0%)

4 それを, 竜之, 自分の, 長吉が 3 いった, すぐに, 何も, 黙って

2 [29件] あまり好く, あわてて, どこへ, ふと気がついた, もう四十以上, もう得意, やがて次の間, ポンと, 三度の, 下駄材の, 今戸橋まで, 何か, 何分よろしくと, 凡てに, 同じ言葉, 学校の, 小翠, 断じて承諾, 更にお, 殊更元気, 水津氏を, 渡場の, 花見どころの, 調子づいて, 途法に, 長吉と, 長火鉢の, 首を, 驚いて

1 [262件] あれから, いかにもこだわり, いかにも有難, いつか画かした, うちへ, うれしくて, おどろいて, お前に, お味方, きかなかった, こういう風, ここにも, ここまで, こころもち膝を, この土地, この家, この時, この石段, この騒ぎ, これを, さえぎるよう, さきに, ささやいた, さびしく笑っ, しばし取付端, しばらくする, しばらく立去り兼ね, しんみりした, じれったそう, すぐ久次郎, すぐ真顔, すこしの, そこで, そこでつ, そこに, そっと呼び出し, そのあくる朝, そのそば, その不法行為, その人, その太刀, その後亭主に, その旅, その杖, その白衣, その足音, その通り, その門杉, その魂, それから, そんな気, ぞっとし, ちいちくちいちく啼く, ちょっと当惑, つい先ごろ, つねに学識, とうとう泣き出した, どういうもの, どうしても忘れなかった, どうにもかわいそう, どこに, なお当年, なお説い, なかなか落ち着い, なんとも, なんともいえぬ, ひたいを, ひどく不思議, ふっと頭, ほんとうに, まだこの, まだ勢, むしろ我が, もうずっと前, もうなんと言い賺す, もう一歩, もう包み切れなくなった, もう心, もう涙ぐん, やっと笑い顔, やはり森, やはり無愛想, ゆくゆく北国, ようよう十八九, わたしの, ゴクリと, ハッと, ハラハラと, ホッという, 一つ違いの, 一向賀茂氏, 一生懸命で, 一種の, 丁寧に, 不安らしい, 乗って, 乗つて, 争わず, 事実清姫の, 二足三足小走りに, 云い出した, 云った, 人交え, 今と, 今に, 今朝に, 仏壇の, 以上の, 仮橋, 佐藤から, 何から, 何とも知れない, 俺の, 先妻との, 光栄の, 入って, 六助の, 兵馬を, 其の後亭主, 其処で, 前夜十一時頃に, 前漢の, 前途有為の, 剛毅で, 力いっぱい振り切っ, 包みを, 即ち薙髪, 又おどろい, 又ささやいた, 又びっくり, 反り返って, 口の, 可恐き, 周章て梯子段, 唖の, 唯ひたすらに, 因循で, 国法の, 壁にかけて, 声を, 大吉と, 大吉という, 大声を, 奥を, 奪われて, 始めて, 娘ばかり, 娘を, 子だ, 学者です, 官渡の, 室へ, 将軍に, 小声に, 少し笑いかける, 尾道女画史也, 居ないか, 川島未亡人の, 帰って, 帳合を, 帳場の, 平安朝の, 弟を, 当然自分, 後の, 微かに, 心機一転する, 忽ち目, 怖ろ, 思いがけぬところ, 急に, 恐る恐る声, 悠々と, 愛想よく, 感泣した, 憎い女, 憑物を, 我に, 我を, 手近の, 承知しなかった, 挨拶を, 振りむいた, 故が, 早く城, 暫く躊躇, 最後の, 月の, 武家の, 殊の, 毅然と坐し, 気が, 汗を, 沢山の, 泣きつつ, 泣きながら, 湯呑を, 湯気に, 滝の, 激しく突っ込みます, 無言の, 煩さそう, 犇と, 狂気の, 狼狽しました, 玉蘊の, 用心深くあたり, 留めて, 番頭どもを, 畳に, 疵物な, 病中だった, 病床を, 白衣の, 百年の, 盧植は, 直感した, 真三郎, 石段を, 碁石の, 秀吉の, 私の, 程なく京都, 紙門を, 絶対に, 縁日もの, 縁日ものの, 羨ましそう, 耐り, 膳を, 自分ながら, 自若として, 花紙に, 若い時, 薬屋へ, 行くの, 衝っと, 袂に, 要次郎, 見すごし, 言い過ぎたの, 言った, 言葉を, 誘拐され, 足ずりし, 身の毛が, 身を, 身慄いを, 返事を, 逃げること, 金蔵の, 間もなく金持, 防ぐに, 離座敷に, 露出に, 顔を, 養父と, 養父の, 養父を, 馬で, 驚かなかった, 魂が

▼ 豊~ (305, 13.2%)

7 が言った, は叔父 6 はお 5 と一緒 4 の方, やお 3 と二人, の生家, の顔, は夫, は姑, は自分, も姑, やお仙, を連れ

2 [21件] と老婆, に言った, のこと, の兄, の風俗, は, はこの, はまだ, はもう, は切ない, は妹, は愁わしげ, は正太, は気, は種夫, は胸, は行末, は言っ, は言った, は部屋, は顔

1 [203件] からでも御, からも絵葉書, から聞いた, がお, がかわるがわる, がこういう, がめずらし, がやって来, がサバケ, が一つ, が三吉, が上っ, が何時の間にか, が借り, が傍, が入っ, が入替っ, が出, が勧める, が受取っ, が名古屋, が呆れた, が声, が帰っ, が心配顔, が急い, が愁わしげ, が湯, が笑った, が置い, が聞いた, が膳, が見た, が言っ, が誘う, が貰い物, が階下, で早く, とお雪, とはこんな, とは暫時顔, とは顔, とも一緒, とも話した, と幸作, と私, と連立っ, なぞは解らない, なぞもよくそう, なりだ, に, には子供, には無い, には無かっ, には見る, には長く, に伝えよう, に取っ, に子供, に対して好, に泊る, に看護, に眼, に見せた, に言っ, に言われ, に語り聞かせた, のやつ, の一身, の二人, の味方, の噂, の家, の後, の意匠, の物, の眼, の羽織, の言う, の言草, の許, の身の上, の間, の願った, はあまり, はいずれ, はこんな, はその, はよく, はイヤ, はハニカン, はハラハラ, は一歩先, は三吉, は不思議そう, は何とも, は俯向, は倚子, は優しく, は入口, は入替り, は力, は十一月末, は反っ, は叔母, は叔父叔母, は受け, は嘆息, は困った, は多く, は奇異, は室, は家, は寂し, は幸作夫婦, は幾度, は引取, は後向, は御, は微笑ん, は心細, は思わず, は恐れてる, は慰め顔, は手, は新, は方角, は早く, は板の間, は果して, は楼梯, は橋本, は款待顔, は母衣蚊屋, は気まり, は水, は汽車, は河岸, は海綿, は濯ぎ, は灯, は無理やり, は煤けた, は独語, は直に, は直樹, は石段, は立っ, は笑っ, は笑わず, は考える, は苦い, は茶道具, は萎れ, は萎れた, は行っ, は親し, は豊世, は買物, は起っ, は迎え, は重い, は附, は首, へ宛て, もあれ, もお, もお仙, もすこし, もその, もちゃっ, もまた, もまだ, もやがて, も串談, も仕度, も出, も別れ, も安心, も家, も床, も煙草盆, も眠られなかった, も考, も臥床, も諄, も起き, も逢い, も過, やお前, や今日, や森彦, を乗せた, を休ませよう, を呼ぶ, を引戻そう, を抱い, を招い, を早く, を苦め, を迎えた, を静止, を顧み

▼ 豊~ (218, 9.4%)

4 顔を 3 姿を, 家を, 方は

2 [28件] たのみも, ほかに, 下駄の, 亭主に, 住む今戸, 体躯は, 偏屈な, 前で, 叫びや, 名を, 声が, 姿が, 家の, 平素の, 最後は, 望む賃銀, 栗拾い, 栗林から, 桐で, 桐畑から, 生きて, 老眼をば, 耶馬渓紀の, 胸には, 芋畑を, 諫めを, 間は, 顔をば

1 [149件] あそびに, あまは, いるはず, いる温泉場, いる離れ座敷, こと, ことです, これまでの, せりふに, そんな言い伝え, やうに, やすら, やつが, ように, 不平として, 与力として, 世と, 云う声, 仲な, 仲裁で, 作品を, 侍医は, 元の, 兄の, 先見に, 円い首筋, 前に, 叔父ぢや, 叔父に, 取り出すの, 口から, 口一つに, 噂だけは, 器量は, 声は, 大男で, 太十, 夫人に, 夫婦は, 失脚とともに, 好意は, 妹である, 姿から, 婿に, 子が, 子対馬守一豊の, 字を, 孫を, 実家で, 実家亀山は, 家に, 家は, 家中のみ, 家来どもが, 家老徳永石見守与力山路将監木下半, 家臣で, 家臣であり, 家臣の, 寝室に, 居城と, 屍を, 帯際に, 帰って, 帰つ, 年の, 弟で, 心は, 心を, 心持は, 所へ, 所領丸岡の, 手から, 手が, 手の, 手を, 手伝でも, 手首や, 持ち場だ, 指が, 方に, 方を, 旗雲, 昔の, 来たのに, 枕元の, 柔和な, 栗拾に, 栗拾ひ, 棲める離室, 榻を, 様子を, 横顔を, 死は, 死んだこと, 母とが, 母は, 熱意一つに, 父山木も, 父白帝城の, 父親の, 病気は, 監督は, 眼に, 眼には, 眼へ, 着物の, 着物を, 紅見, 紅雲この, 絞殺された, 美しい顔, 老臣木下半, 耳にも, 耳へは, 聞こうと, 胸倉を, 胸元を, 脈を, 腕を, 腸に, 茜に, 行きどころ, 行方を, 袖を, 裏切りを, 見た眼, 覚悟を, 親父で, 言い分も, 言う通り, 話に, 起き上がるの, 足穂も, 身の上の, 身を, 身体と, 身辺は, 酌で, 面に, 面には, 面を, 面影だった, 面影だつた, 頭の, 頭を, 頭脳の, 馬をも, 馬上の, 麾下中第

▼ 豊さん~ (130, 5.6%)

5 の家 3 を抱きあげ 2 に扮装, の従妹, の殺された, は, もう一ぺん

1 [112件] いいかえ, いろいろこの, お豊さん, お願, か, か久し振り, が, があんたさま, がそう, がとう, がもと, がわし, が不承知, が内裏様, が帰った, が引っ返し, が意, が春子さん, が東京, が殺された, が生き返った, が私, が自動車, が首, これから直ぐ, そうで, そこで静か, そのランプ, それから壮六, そんなに言われれ, だってきっと, だねえか, ちょっと見, つとめて, てえお, て方, でごぜ, ですよ, ではお前, という人, という方, といふ取上婆さん, とは好い, とやらが惚れる, とやらの後ろ髪, とやらの心意気, と一緒, と喜助, どうかひとつ, どうしてもお前, どうもへえ, どのみち捨てる, にちがい, にばったり, にタヌキ汁ごちそう, にツネ, に似てた, に助け, に向かっ, に尋ねました, のお, のお母さん, のお母さんはじめ, のこと, のそば, のため, のよう, の一念, の写真, の力, の娘, の小さい, の拒絶, の昔, の死体, の生んだ, の言う通り, の返事, の顔, はお父さん, はそれ, はただ, はどう, はまだ, は台所, は壁, は妹, は尉姥, は手拭い, は蒲団, は賢い, は驚きあきれた, までが, もあれ, もう一遍旦那様, も私, も飲みない, や壮六さん, よく言っ, をあやまりました, をと望んだ, をと申した, をねらい, を下, を取り戻せる, を殺し, を殺した, を見, 殺される命, 相すま, 言って, 驚いちゃ

▼ 豊~ (95, 4.1%)

6 連れて 4 つれて 3 出せ, 妻に 2 冷笑した, 安心させる, 載せた老

1 [73件] いいよう, かくまったこと, ここに, ここへ, して, それへ, だまして, ひと目見, まねて, 主人と, 伴れ, 先鋒と, 入れるならば, 入れ込もうと, 出せえ, 出せったら, 初めて見た, 召したところ, 呼びつけて, 呼びて, 呼んで, 失望させる, 嫌うよう, 川島家に, 引き上げて, 引き渡した, 引捉え, 後に, 後釜に, 憎むこと, 憎悪し, 打ちたたき泣かしては, 扮装さして, 抑留しつ, 捜したところ, 探すべく八方, 撫でた, 放って, 敲くこと, 斬ろうとまで, 旁へ, 早く, 杖で, 案内者として, 武男が, 殺したと, 殺し彼, 殺そうと, 無理に, 煽り倒しつ, 神壇の, 置きて, 自分の, 自由に, 血祭りに, 行儀見習いと, 見て, 見張つて, 見染めて, 見送って, 訪れて, 認めて, 誘って, 誘降した, 踏みにじりました, 迎へて, 長浜へ, 降しまず, 隠したの, 隠しやがったな, 非常に, 預かれるなり, 顧み乍ら

▼ 豊~ (91, 3.9%)

2 八方に, 地団太を, 担がれたん, 突然話しだした

1 [83件] いうこと, いよいよ川島男爵夫人, こうして帳場, こう化粧, ここに, ここまで, こちらから, それを, どうしても承知, なくなって, ひとり息子の, また病気中, よく知つて, わきの, わざわざ買っ, わたしから, ネルの, 一生懸命で, 不意に, 主君に, 井戸へ, 今ここへ, 今の, 他国人つい, 伏目で, 作品月評を, 儂を, 共に宝寺城, 内から, 再び薬屋, 出て, 助けて, 口ぶ, 古道具屋へ, 唐突に, 天子の, 少し過ぎ, 川崎の, 巧みに, 巾を, 帰ったその, 帰るまいと, 形の, 後胤で, 得意場から, 心配し, 必ずしも知徳兼備, 怪しい, 持って, 新しく見える, 朝の, 来たり, 来たりて, 来て, 植田の, 死にたいという, 母さんだ, 涙せぬ, 狼狽て, 生きて, 画を, 番茶を, 眼の, 知って, 秀吉に, 立ちかねて, 立って, 細かい凝り, 絵を, 絵御, 編み出した所, 義理を, 聞いて, 自分を, 蒲団から, 見たの, 責められて, 質問した, 逃げ帰りたる以後, 長浜で, 離れたの, 離れて, 駕籠屋に

▼ 豊~ (86, 3.7%)

3 し, して, する事 2 勧めたが, 挨拶し, 暮して, 輝ける夏

1 [69件] あっぱれの, あるかを, あるの, この町, しその, しっかり言っ, し其家, し絵附, し贅沢, するため, そこに, たくましき黒髪, たずねられるまま, なつた, なり此頃, 一切を, 与えて, 世を, 備えた少年少女, 先じ, 出るの, 別に結婚, 別れを, 劣らず気, 厳重な, 味い得る, 呼びかけられて, 命がけで, 命じ本領安堵, 垂れか, 太刀を, 宿るか, 寂びつつ, 山路将監木下半, 張られた金網, 当たり散らしぬ, 快晴を, 持たせて, 持って, 樹の, 残って, 民藝の, 波うつて, 泣かれては, 注意した, 済みません, 渋さ, 渡して, 父を, 献物を, 現れるよう, 生活し, 生活を, 申しわけが, 睨み廻す時, 約束した, 美の, 至って, 至っては, 見出すこと, 話して, 謝した, 逢ったそう, 逢った顛末, 酒を, 隠居じみた, 頸足白く, 頼んで, 黒

▼ 豊~ (47, 2.0%)

1 [47件] くらいでした, さまは, のが, のである, のも, のや, ふっくりと, ふつくりと, ものが, ものは, 上に, 人であっ, 人では, 人間生活場としての, 体躯を, 利根子の, 国ほど, 女性である, 家に, 対馬守である, 山だ, 形を, 彼女の, 御代に, 情味を, 愛嬌の, 感じが, 手仕事を, 方で, 染物であります, 笑顔に, 美が, 肉の, 肉附きが嘘の, 自由の, 薫が, 詩情に, 貴い血, 頤を, 頬と, 頬に, 頬や, 頬色の, 頬魅力の, 顎を, 首筋に, 髪も

▼ 豊太閤~ (41, 1.8%)

2 の供養

1 [39件] あやしみて, からもらった, から貰った, から貰つた, が大, が朝鮮, が羽柴筑前守時代, が賞美, である, という人物, となっ, となった, と加藤清正, なきに, に仕え, に薦めし, に頼まれ, の, の事蹟, の名護屋, の姿, の時朝鮮人来朝, の智嚢, の桃山城中, の生み, の生れ故郷, の臍の緒, の豪華, の豪邁, の遺徳, の金城, の面影, の顔, は現代, は茶, ほどの出世, みたよう, を軽蔑, 及び加藤肥州

▼ 豊麻呂~ (41, 1.8%)

2 の父, は楠木正季ら

1 [37件] いずれ帰洛, か, があわただしく, が小声, が帰った, が繋綱, だが, だった, です, につい, には自責, に事, のそんな, の後ろ姿, の旨, の案, の用, の答え, はすぐ, はそう, はつれ, は一方, は出, は十七歳, は妻戸, は待ち, は急, は感激, は説明, へ, もなかなか, もま, も一しょ, も手勢, も楠木正季ら, も身, をお

▼ 豊~ (38, 1.6%)

2 一緒に, 会ひ, 勘亭流で, 小翠

1 [30件] ある前髪, いい言葉, いえばか, お關, そうして隼二郎, それからお前様, らしい, ホテ・グリ迄, 不和な, 仕事終る, 仲の, 兵馬とは, 同じ時刻, 同道蒲田へ, 呼ばれた運転手, 呼ばれて, 女の, 妹の, 婢は, 武田信玄に, 猪之, 申しまする, 真三郎の, 眼を, 肩を, 言える女房, 長浜城を, 額を, 食事, 駒を

▼ 豊~ (38, 1.6%)

7 守の 2 守, 守を

1 [27件] とのあいだ, などを将, に家名, の奥殿, も彼, 国柳ヶ浦を, 守お, 守が, 守で, 守と, 守という, 守などが, 守も, 守上坂兵庫助関入道万鉄いずれも, 守久保田助之, 守二階堂入, 守佐藤駿河守水野亀助石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の, 守御, 守忠綱という, 守忠縄という, 守政親組飯田四郎左衛門良清に, 守曲淵甲斐守根岸肥前守など, 守様の, 守波賀伊像守山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など, 守直, 守義弘が, 邸の

▼ 豊~ (31, 1.3%)

1 [31件] あざ笑った, いい加減, お勝, お豊, この事件, すこし驚いた, それに従い, それを, なぐさめかねて, またあの, ようやく健康, 今その, 何かの, 内々知らないで, 叱りおくだけで, 唯おろ, 室町屋へ, 寝巻姿の, 少しく腹立たしく, 当たりかねて, 恋に, 来たか, 父に, 猪之, 田の, 秀吉の, 自ら怪しむ, 興奮し, 血染の, 近々に, 返事を

▼ 豊後守~ (31, 1.3%)

2 のお, の屋敷, をはじめ

1 [25件] がきく, がけわしく, がはっと, が住ん, が飼い馴らし, と争論, と稲葉美濃守, なる老, に贈った, のこの, の三人, の上屋敷, の名, の屋敷屋敷, の狩詞記, の舎弟, は, は人柄, は係り役甚三郎, は前, は大口, は狆, は直ぐ, は身の毛, をはじめ若年寄り

▼ 豊~ (28, 1.2%)

3 な顔 2 で色ッ, な女, な花, な魔力

1 [17件] であった顔, と云わん, と覗いた, なあで姿, なもの, なよう, なるわが国, なる美人, なる肉体美, な恋愛, な母, な満, な男好き, な肉体美, にし, になっ, に見せ

▼ 豊ちゃん~ (22, 1.0%)

2 の前

1 [20件] が入っ, が可愛く, が実は, が睡, が鼻, さよなら, では, と三万円, と俺ら, と話してた, どうなんだい, なら金吾さん, にこねえだ会ったら, のお父さん, の云った, はだから, は真紅, もう心配, よろしくひとつ, 泊めて

▼ 豊世さん~ (22, 1.0%)

2 の許

1 [20件] から伺った, から羨まれる, が心配, が聞いたら, が被入, こういう説, でしたね, のお, のこと, の方, の裁物板, はお, はそんな, は心配, は貴方, もあんまり, も好い, も御, を一つ, を見

▼ 豊~ (22, 1.0%)

2 の余威

1 [20件] から掠奪, がイエズス教, とチビ公, の威, の家, の宿, の寵姫, の御, の故, の時代, の木像, の武威, の絵, の遠征, はあやうく, は嗟嘆, は急, をぎせい, を待っ, 旧築浪華城

▼ 豊志賀~ (17, 0.7%)

2 の姿

1 [15件] があまりに, がやってき, が僅か, が年, が年下, が悶え, が新左衛門, が是, が祟っ, が私, と申す, の妹, の家, の書置, の狂い死

▼ 豊~ (16, 0.7%)

1 [16件] かく密, が主, その人, でござるか, とか清洲, と共に翔鶴丸, と末川近江, どの, の戦死, の抱え, の耳, の警告, の首, はどうして, はルソン遠征, は死

▼ 豊~ (15, 0.6%)

1 [15件] が口, が呼び出され, が訊問, と同じく, に奪取, に盗まれた, に訊いた, の手, の語る, はしばらく, はとうとう, は多分, を一時, を促し, を静か

▼ 豊滿~ (15, 0.6%)

2 な大, な娘, な感じ, な肉體 1 で色, なお染, なお照, な女, な美し, な肉躰, な良い

▼ 豊なる~ (14, 0.6%)

2 ものを

1 [12件] に安, に我家, に絡, よりめでたき, をさとる, を得, 下唇, 乳房ふくよかな, 新作家, 清水を, 頬を, 顎に

▼ 豊という~ (12, 0.5%)

1 [12件] のが, のは, ものが, 五十男は, 人が, 人の, 女な, 女は, 女を, 子供を, 母の, 者が

▼ 豊~ (12, 0.5%)

1 [12件] から拝領, にとって恨み, に人, のため, の恩顧, の残党, の瓦解, の社稷, の遺, はあの, を亡ぼし, を思う

▼ 豊~ (11, 0.5%)

1 [11件] がしゃべった, という僧, とおっしゃいます, とおっしゃる, と申します, のよう, の乗つた虎, はなん, 禅師が, 禅師つて大将も, 禅師を

▼ 豊~ (10, 0.4%)

1 きはまるもの, であったり, です, な乙女心, な味覚, な年増美, な老酒, な親し, な酒, に熟れきった

▼ 豊~ (8, 0.3%)

1 かる退け, きここの, きは, き大人, き秋, くこの, くてか, くや

▼ 豊~ (7, 0.3%)

1 か姫, 光それに, 光の, 詫を, 豊ちょい, 豊と, 豊坊

▼ 豊さんお前~ (7, 0.3%)

1 が江戸, が逃げる, の姿, の生んだ, はいったん, は今ここ, を思い切る

▼ 豊~ (7, 0.3%)

2 あつた 1 これも, 両岸, 富んだ県, 彫刻によって, 美しいこと

▼ 豊とは~ (7, 0.3%)

1 何人で, 呼ばなかったか, 夜よる, 少し先, 日頃から, 犬猿の, 言わないか

▼ 豊内記~ (7, 0.3%)

1 がしるす, が伝える, と云う, に, の哀話, の説く, は又

▼ 豊けさ~ (6, 0.3%)

2 が書かれ 1 うす紅, が, に伴う, を仮り

▼ 豊~ (6, 0.3%)

1 か昇り, か登り, で恵まれ, で男, に驚喜, を加えた

▼ 豊ちやん~ (6, 0.3%)

1 は喜ん, は栄蔵, は羞, は金ちやん, もつい, も栄蔵

▼ 豊~ (6, 0.3%)

1 から贈っ, とが猿轡, に密報, の生命, は一時, を返し

▼ 豊~ (6, 0.3%)

2 を訪問 1 の気焔, より岐阜提灯, を送つた, 来る

▼ 豊~ (6, 0.3%)

1 であったよう, と繁栄, になしえた, の翌年, を祈念, を祝う

▼ 豊竹屋~ (6, 0.3%)

1 が, が後向き, じゃねえって, なん, の云う, を見ました

▼ 豊~ (6, 0.3%)

1 であつ, と秀綱, の仇名, の声, は一銭, 黙れツ

▼ 豊から~ (5, 0.2%)

1 レンズを, 剥ぎとった服, 取りあげて, 因縁を, 手紙を

▼ 豊~ (5, 0.2%)

1 がな, がの卿, つて給料の, とは申されません, と聞き及ん

▼ 豊といふ~ (5, 0.2%)

1 のは, 人の, 取上婆さんには, 取上婆さんを, 遊び好きな

▼ 豊には~ (5, 0.2%)

2 今年十八に 1 三輪の, 主君の, 耐えきれるところ

▼ 豊旗雲~ (5, 0.2%)

1 に, に入日さし, に入日さし今夜, のあか, はたなびきわたる

▼ 豊さんわし~ (4, 0.2%)

1 はお前, はこう, はここ, は金蔵

▼ 豊では~ (4, 0.2%)

1 ありません名, ないか, なかった, なからう

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 かに肥っ, 小幡信定などの, 沮授の, 私は

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 がいよいよ, が各地, の姫, の直属

▼ 豊多摩刑務所~ (4, 0.2%)

1 で送っ, におかれ, に入っ, に拘置

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 の写真函, の病気, は夢中, は心臓瓣膜閉鎖不全

▼ 豊志賀さん~ (4, 0.2%)

2 が野倒死 1 が来, のお蔭

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 に負う, のラヂオ・ドラマ集, の戯曲, 同忠郷

▼ 豊滿さ~ (4, 0.2%)

1 と對蹠的, にも似ぬ, に助けられ, を買

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 と香汁, なる字躰, を眺める, 何ぞ思ひ

▼ 豊~ (4, 0.2%)

1 が甲走った, と鶴彦, に拉い, を待たせ

▼ 豊葦原の瑞穂の国~ (4, 0.2%)

1 に生れ, のありがたき, の瑞穂, を安国

▼ 豊お前~ (3, 0.1%)

1 がホント, も覚悟, も飲ん

▼ 豊さん殺し~ (3, 0.1%)

1 の犯人, の芝居, を演じさせる

▼ 豊である~ (3, 0.1%)

1 ことごとく幸福, ことは, 限りの

▼ 豊世お前~ (3, 0.1%)

1 はもう, も何, も行っ

▼ 豊御酒~ (3, 0.1%)

21 に我ゑひにけり

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 のこと, を呼び返し, を笠寺

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 とは意見, と共に留まっ, の臣

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 とを挙げた, に受けた, の門下

▼ 豊祖父尊様~ (3, 0.1%)

3 がお

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 へウイ, へ牛肉, や一部

▼ 豊竹呂昇~ (3, 0.1%)

1 です, の持小屋, の浄瑠璃

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 が遺言, といった, の妾牧

▼ 豊~ (3, 0.1%)

1 で緩やか, なのに, に水

▼ 豊さあー~ (2, 0.1%)

2

▼ 豊としては~ (2, 0.1%)

1 その恩, 怖ろ

▼ 豊と共に~ (2, 0.1%)

1 軍部の, 逃れて

▼ 豊どの~ (2, 0.1%)

1 か, ならば

▼ 豊どのお前~ (2, 0.1%)

1 の身, は亭主持ち

▼ 豊どのそ~ (2, 0.1%)

1 なたは, なたも

▼ 豊などに~ (2, 0.1%)

2 使を

▼ 豊なら~ (2, 0.1%)

1 ば自, もう二十

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 持たすという, 長浜を

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 きして, ぎほ

▼ 豊ほきほ~ (2, 0.1%)

2 きもとほし

▼ 豊~ (2, 0.1%)

2 酒たてまつらせ

▼ 豊一人~ (2, 0.1%)

1 でありましょうか, であろう

▼ 豊世叔母さん~ (2, 0.1%)

1 が好く, だよ

▼ 豊世姉さん~ (2, 0.1%)

1 がこんな, だって随分

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 いった負けるの, も母さん

▼ 豊以下~ (2, 0.1%)

1 ほとんど斬り殺される, を率い

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 の際, を祈る

▼ 豊同じ~ (2, 0.1%)

2 年頃の

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 だか, の絵

▼ 豊多摩~ (2, 0.1%)

1 から, にいる

▼ 豊多摩荏原~ (2, 0.1%)

1 に代っ, の諸

▼ 豊太閤歿後~ (2, 0.1%)

1 には家康, の大

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 が家出, というの

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 の一条, もさすが

▼ 豊婆さん~ (2, 0.1%)

1 は昨夜, を殺した

▼ 豊家恩顧~ (2, 0.1%)

1 の大名, の血

▼ 豊少し~ (2, 0.1%)

1 取乱した様子, 離れて

▼ 豊岳切り~ (2, 0.1%)

2 と米国人

▼ 豊干さん~ (2, 0.1%)

1 が松林, をわたくしども

▼ 豊斎念仏~ (2, 0.1%)

1 にて行う, にまで用い

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 に北叟笑む, を常に

▼ 豊産地~ (2, 0.1%)

1 たる石狩平野, であったこと

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 であった, の極

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 な苗床, の地

▼ 豊竹座~ (2, 0.1%)

1 ではお, の人形芝居

▼ 豊肥妖艶~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 豊~ (2, 0.1%)

2 な味

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 という母, と眼

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 しろ, をしろ

▼ 豊~ (2, 0.1%)

1 とも差別, を漂

▼1* [273件]

あの女が, 豊あんこいねえの, 豊いいあんばいに, 豊かのめ, 豊おいでわたしはお前, 豊おおそこに, 豊おせえなあ, 豊お新母娘の, 豊がかあいそう, 豊がばかしに通って, 豊くらした頬の, 豊けしといはむ鯉, 豊なり, 豊さかのぼりといわれた, 豊さんいま帰りやした, 豊さんこの間わたしが上げた, 豊さんこれに見え, 豊さんこんちは, 豊さんそこへわたし, 豊さんどん位あるの, 豊さんわたしの大好き, 豊さん兇状持なの, 豊さん喜助なんつうものはバクチ, 豊さん好きだからよ, 豊さん心配しなくても, 豊さん敦子さまがこれ, 豊さん覚悟とは何だい, 豊さん金太郎お仙ちゃんそんな, 豊その茶わん取っ, 豊その他の一族, 豊だけはこの世に, 豊だった時分釣船屋風情の, 豊だって俺が, 豊だらうと思ふ, 豊ちっと気晴らしに, 豊ちゃんお前の気, 豊ちゃんまじめな話, 豊ちゃん意気地がない, 豊ちゃん涙あこぼしてた, 豊ちゃん酌をし, 豊ちやんみたい, 豊ちょいと来, 豊ぺさん, 豊つまらねえ事を, 豊であらばつねに, 豊でありますから永く, 豊でした高く挙げた, 豊ですわたしを, 豊でないほかの, 豊でもなかった, 豊とがしめし合せて, 豊との間に, 豊とんかく奥, 豊どんが嫁, 豊などという忠良の, 豊などと共に監軍の, 豊ならぬは思い遣らる, 豊なりしに, 豊なるべきを推測, 豊なんていうおかか, 豊なんつう奴は俺, 豊においては失敗らせた, 豊にたいして依然辛く, 豊にまで励めること, 豊のみは養父からも, 豊ばかりでは, 豊ばかりは平気で, 豊ひとりの胸, 豊へといふ風な, 豊んな, 豊また滅びぬ, 豊まだ俺を, 豊までがいつのまにかここ, 豊まろの女, 豊やっぱり武男さんが, 豊よかな頬にまで, 豊でありましたが, 豊らしい板柳村に, 豊らしく見えるし往来人, 豊をも同道し, 豊んで居る, 豊カナ日光トヲ得ル目的ヲ以テ, 豊ッぺはシンチャン達, 豊の二人, 豊三井か三菱, 豊三右衛門以下の止める, 豊三四十騎をもって殿軍, 豊危険, 豊不運はお前, 豊世ここで家, 豊世さんッてよく, 豊世さん煙草はいかが, 豊世さん豊世さんッてよく, 豊世さん貴方はどう, 豊世さん顔色が悪い, 豊世にも食わせて, 豊世のを見, 豊世何かお前, 豊世叔母ちゃんが負, 豊にその, 豊と号する, 豊以下家中一統御手, 豊以外の邪魔物, 豊をせい, 豊をふくれる, 豊のすし, 豊公のを食べたなら, 豊公一代の経営, 豊公以後三百年とのみ言, 豊公幼時の胆, 豊公恩顧の二十余大名六百三十九万石, 豊公攻め入りの節, 豊公歿後仕を, 豊内藤虎資四人ながら手, 豊さは, 豊勝政その他の諸, 豊十何年ぶりの溝口健二, 豊千代丸黒田家が少将慶賛, 豊受大神となられた, 豊受太神宮七社の禰宜, 豊受太神宮七社禰宜度会康高の女子, 豊受姫神が保食神, 豊台駅前のカフェ, 豊と言う, 豊堪忍して, 豊から入っ, 豊多摩刑務所内の拘置所, 豊多摩監獄に送られ, 豊多摩郡に属し, 豊な趣, 豊大姉というの, 豊大江良太郎の両君, 豊太閤そのものを怖, 豊太閤ゆかりの遺品, 豊太閤伝来の千枚分銅, 豊太閤増田長盛をし, 豊太閤朝鮮征伐の時, 豊太閤様から拝領, 豊太閤由緒の何, 豊夫婦に死ぬ, 豊はお, 豊妻可遊と云う, 豊姉さんが大変, 豊姐さんの肌, 豊に過ぎる, 豊宇賀能売神といふの, 豊宗君及び奈良飛鳥園主, 豊家ゆかりの大名たち, 豊家中の大金藤八郎, 豊家同様にこの, 豊審配許攸などの良将, 豊小山祐士田中千禾夫等はそろそろ, 豊小幡信定小山田備中守などの譜代, 豊屋峻宇を起し, 豊山県三郎兵衛昌景等はこれ, 豊山県昌景小山田信茂跡部勝資などの旗幟, 豊嶋郡岩淵町大字赤羽の八幡社, 豊州公から曲淵甲州公, 豊干のいたあき家に, 豊は十九, 豊に比べれ, 豊度家屋のこの, 豊になる, 豊だろうという, 豊庭説が有力, 豊のわが, 豊後内藤修理が田中附近, 豊後切腹どころの騒ぎ, 豊後松前伊豆両閣老免職, 豊後用人飽津平八と申します, 豊後穴山梅雪武田逍遥軒板垣駿河長坂釣閑真田弾正同じく昌幸, 豊御身も山木兵造, 豊御酒のとよとよとあり, 豊徳山則秀不破光治小島若狭守毛受勝介佐久間玄蕃允など万夫不当, 豊志賀一と日一, 豊志賀父子が根津惣門前, 豊志賀菊五郎の新吉, 豊の, 豊情豊彩のわが, 豊捨身に槍, 豊政驍勇にし, 豊斟渟尊大苫辺尊, 豊時代の商業資本発達, 豊にさせ, 豊本当か, 豊へ来い, 豊な気分, 豊楽就陳紀梁剛の四大将, 豊の見物勝手, 豊次に柳沢金吾の, 豊正俊があつ, 豊正木不如丘の二氏, 豊死すとつたえ聞い, 豊殺害の日, 豊殿様はお前, 豊母さんの言ってる, 豊母娘の勤労者, 豊を広く, 豊気分は, 豊沮授逢紀などという自己, 豊な性, 豊という川, 豊滿含潤見るからに, 豊滿此上もない, 豊狐祠畔の草庵やつ, 豊の妃以下三人, 豊の樹, 豊由一郡に追いつめられ, 豊画伯が貴公, 豊にし, 豊盛政の袖, 豊三郎も, 豊を築き起し, 豊磐間の命, 豊祥属正元, 豊はお前, 豊秋彦明神を成田, 豊秋津島というお, 豊に帰した, 豊穫であつたの, 豊空稲荷の霊験, 豊の名, 豊新太夫座元, 豊竹呂昇竹本綾之助の二人, 豊竹和国太夫がここ, 豊竹昇之助, 豊の界及純素, 豊筑四州より集めた, 豊な真, 豊或は豊, 豊綱方に胸, 豊綱達が騒ぎ出した, 豊総監のす, 豊義尭義弘義頼義康の九代, 豊聡耳王の創むる所, 豊した娘, 豊を経, 豊胖肥満ました頭, 豊胸露はし, 豊にし, 豊臙脂を持っ, 豊自身勝家の養子, 豊艶多肉な女, 豊艶容姿抜群白百合のよう, 豊艶爛熟を喜ぶ, 豊と言, 豊見親なども或いは, 豊許攸の智謀, 豊謀叛すとの報, 豊の家, 豊起してくれ, 豊である, 豊造酒は朱塗, 豊酒清酒に, 豊醇さは自然, 豊醇優麗を極める, 豊の新味, 豊え出せ, 豊金吾あっははは, 豊金吾壮六この三人, 豊金森不破の三名, 豊とて早稲田, 豊陽館の前, 豊にし, 豊頤細目健全温厚の風, 豊顔良文醜などが, 豊風呂の二軒, 豊とは真に, 豊馬場信房小山田昌行などの二千人, 豊を振り乱し, 豊麻呂さまがいってたろう, 豊麻呂どのにも変り, 豊と称す