青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「谷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~譯 譯~ 議会~ 議員~ ~議論 議論~ 讃~ ~變 變~ ~谷
谷~
谷間~ 豆~ 豆腐~ 豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~ 象~

「谷~」 7793, 84ppm, 1327位

▼ 谷~ (1721, 22.1%)

36 方へ 14 ような, 奥に, 方から 13 上に 12 ように, 上を, 中に, 底から, 底に 11 やうに, 方に 10 下の, 底の, 方を 8 中の, 底には, 方で 7 ほうへ, 中は, 中へ, 中を, 奥の, 底へ, 深さ, 空気を 6 向うに, 底を

5 [13件] とよみ, 上の, 上へ, 中から, 向こうに, 奥から, 底で, 底は, 方は, 澱みに, 空を, 響きが, 顔を

4 [16件] おやしき, やうな, 上から, 出合に, 名に, 向うの, 空は, 窪地に, 西の, 速流氷河, 道を, 鉱業権を, 雪が, 音の, 頭の, 首を

3 [32件] あたりを, ボロ市, 中が, 中で, 中には, 入口に, 内へ, 出合から, 向うには, 向う側に, 奥へ, 家へ, 底, 底だ, 底にも, 底より, 斜面を, 方の, 方向に, 水が, 河原に, 流れに, 穴へ, 空が, 空気に, 者であった, 肩に, 膝の, 話を, 間へ, 雪渓を, 頂上に

2 [97件] あたりには, うしろの, うちで, うちに, うちを, かなたに, ことを, はずな, ふちの, むこうの, ドン底に, ドン底の, 万年雪の, 三輪会館に, 上方を, 下で, 下に, 下りは, 下宿へ, 両側は, 両道から, 中まで, 人民は, 傍の, 傍へ, 傾斜左手奥などから, 内は, 出合, 原に, 合流点から, 名が, 向う側は, 向に, 向岸, 坂下から, 外へ, 大雪渓, 奥で, 奥でも, 奥には, 奥は, 奥を, 妹の, 姿は, 家に, 家には, 家も, 寺である, 尽きたところ, 山から, 山荘で, 山荘に, 幅は, 底では, 支配が, 斜面の, 断崖を, 方には, 方角へ, 早き燈火, 本場で, 森の, 森を, 水を, 池に, 瀬, 猿の, 田畝を, 百合が, 百合は, 百合峰の, 空では, 空に, 空気が, 空気は, 空間を, 窪地の, 者と, 者は, 背中を, 茂りに, 落口から, 落口に, 街ぞ, 谷底に, 豪族雨龍太郎の, 辺から, 道に, 道へ, 遠く開け, 部落が, 間に, 雪は, 霧が, 顔に, 首に, 馬込

1 [1007件 抜粋] あたりで, あちこちに, あなたにて, あの二階家, あるところ, ある細胞, いうまま, いろ, うちから, うちへ, おおかみ, お人々, お鷹野, かなり広い, がけ際の, くらがりに, こずゑを, こちらが, ことが, ことであるなら, ことなら, ことも, こもり今, ごみごみした, しぐさは, せせらぎに, そら, たつた二人, つづきである, とあるうち, ところで, ところに, どの位, どんづまりの近く, ない山, なだれへ, はた, はば, ふかさ, ふところで, ふところは, ふもとへ, ほうで, ほうまで, ほとりに, ほとりを, ほとり近い, まことに当然の, まんなかを, みんなの, むこうが, やさしい言葉, やぶ薔薇, ようです, ウラニウム鉱山は, トンネルに, 一ついづれ, 一つでした, 一つを, 一亭へ, 一区劃で, 一方に, 一燈園に, 一番奧の, 一角の, 一部分とを, 七つ, 三宿と, 三面に, 上だ, 上である, 上五・〇〇, 上宿下宿を, 上杉憲房も, 上空は, 下から, 下まで, 下り口, 下る筏, 下一〇・四〇, 下六・一〇, 下口, 下口の, 下手に, 下流には, 不可思議な, 両人は, 両眼, 中, 中でございます, 中では, 中にまで, 中へと, 中央で, 中白き, 中空を, 中腹を, 主, 主人, 乗って, 事だつた, 二一一一番地だった, 二人だ, 二日目である, 五八番という, 人々からも, 人に, 今朝の, 仲時の, 会合の, 位置を, 住人は, 作品の, 停車場より, 側壁へ, 傍を, 元の, 兄の, 先生ときたら, 兜を, 入り口で, 入り口とも, 入り口を, 入口の, 入江で, 全貌を, 八幡樣の, 兵二郎なら, 内の, 円長寺の, 凄惨な, 凹に, 出口を, 出合附近で, 切支丹村, 切支丹村へ, 別当屋敷を, 刻みを, 削り方, 前に, 前途は, 勝れた眼, 北沢村へ, 十介園と, 南を, 南沢を, 友人の, 口上, 古巣をと, 右岸に, 右岸を, 司会で, 合流点に, 合流点迄は, 吊橋を, 名だ, 名前さえ, 名称も, 向うが, 向う側の, 向う河岸, 向こうの, 向こう側に, 向ふ, 周囲には, 和子さんは, 噂を, 四方から, 国には, 土地がらを, 在から, 地勢も, 地方に, 坂道を, 城下にも, 城中から, 堂の, 塩町は, 墓地に, 外側で, 多きを, 夜も, 大きな渓間, 大口を, 大将, 大池の, 大通りの, 大関だった, 天宮さまから, 天狗どもに, 天狗みたいだ, 太一郎は, 奥が, 奥へと, 奥まったところ, 奥所に, 奥深く真暗, 奥重畳たる, 奧には, 女共は, 如き魔界, 妖精どもな, 姿が, 姿態は, 婆, 安全地帯に, 官軍の, 家いよいよ, 家だ, 家は, 家を, 宿だ, 宿所にも, 密議を, 小さい産院, 小みち, 小屋に, 小蔭に, 尼寺へ, 尾花が, 山が, 山ふところには, 山市の, 山林と, 山林事件に, 山法師は, 山荘へ, 山間から, 岩と, 岩盤は, 岸まで, 峡の, 峡間の, 島原名所の, 崖下に, 嶮に, 川を, 巡視を, 左岸を, 師は, 幅が, 幽翠, 広さ, 底か, 底が, 底だけに, 底ぢや, 底であろう, 底までも, 底ヘ, 底深く, 廃屋に, 彦さんは, 影を, 彼方半, 後まで, 後姿を, 御城下, 御山荘, 御鷹狩, 急な, 怪象, 感情を, 態度に, 戸では, 房へ, 所で, 所へ, 手に, 手前の, 持物に, 指図に, 摩擦は, 支配者の, 文明, 斜面へ, 新米です, 方い下り, 方が, 方にも, 方へも, 方向へ, 方面に, 方面へも, 日は, 明神山に, 明神山を, 時では, 時代に, 景色と, 暗いよう, 暗き靄, 曲り角に, 木の, 木八百五十圓にて, 本城に, 本宿の, 本陣へ, 村は, 条に, 東光寺に, 松, 果心居士さまと, 枝枝に, 桃とて, 森にも, 様な, 様子は, 樹木も, 橋, 正面を, 毒牙に, 民政権判事に, 水きき, 水に, 水源の, 水車, 水音は, 油層が, 法明院が, 洞から, 洞の, 流は, 流れの, 流れを, 消息は, 深いかが, 深い処, 深い闇, 深夜を, 混ぜかえすのに, 清い水, 渓流へ, 湯の, 演説中に, 激流に, 火葬場に, 火葬場へ, 灯ともし, 照りに, 片腕を, 牛蒡種と, 特徴ある, 独相撲が, 王様お, 生返事に, 田畝に, 申出を, 町役場の, 畜生谷たる, 痕跡が, 発議, 登路と, 白味がちな, 白洲に, 百合には, 百姓達は, 目の, 目差しに, 直下で, 相手に, 真上の, 眼から, 眼に, 知人の, 石舟斎の, 砦だの, 祖先は, 秋川の, 秘密で, 穢多, 穴まで, 空で, 空も, 窟という, 窪みを, 窮まる所, 端から, 筋が, 糯米を, 紅葉かな, 紅葉の, 細い眼, 細渓, 統治者として, 緑は, 縁へ, 縁を, 美しさ, 老人も, 老龍, 者が, 者であり, 者なる, 者の, 者島の, 耳もとで, 股, 胡蝶たち胡蝶の, 腕は, 自動車大隊だった, 色あいも, 花, 芳徳寺に, 若人牧の, 若葉の, 草露の, 荒物屋の, 落し羽飛ぶ, 落ち口に, 落口へは, 落口より, 落囗が, 蓬, 處なれ, 虚栄心の, 蛇だけは, 蝦蟇の, 行衛不明の, 袈裟王丸門弟隆寛律師皆それぞれ法然の, 西向の, 観念が, 觀念が, 角へと, 許に, 諸木の, 豪宕な, 貧しい町, 赤膚を, 足は, 足首の, 路でございましょう, 身の, 身体は, 車の, 車夫は, 近くで, 近くへ, 追って来た, 途中で, 途中まで, 通路に, 道で, 道場を, 達磨の, 邸は, 部屋に, 部落の, 酒屋の, 重盛様の, 野葡萄に, 金ヶ崎城へ, 鉄沓を, 長さ, 門を, 開闢は, 間でも, 間より, 間道から, 闇に, 阪川牛乳店に, 阿弥陀堂で, 陥落もはや, 陰影が, 険悪さに, 隈と, 隈到る, 隠れ穴へ, 雄弁が, 雪かすかなる, 雪を, 雪渓が, 雪渓は, 雲深き, 霞みに, 霧を, 静寂に, 靴を, 音が, 音だの, 音という, 音も, 響も, 頂上を, 頭に, 顏は, 顔は, 風に, 風吹きのぼる, 館にも, 館を, 首の, 高い精神, 鬼子だ, 鬼子母神と, 鬼子母神之に, 鬼子母神裏に, 鶯, 鷹野の, 黒煙を

▼ 谷~ (779, 10.0%)

27 隔てて 13 越えて 11 下って 10 へだてて, 登って 9 埋めて 8 上って, 渡って 6 わたって, 見て, 距てて, 隔て 5 下りて, 渉り, 輝かして, 遡って 4 出て, 越して, 越すと, 過ぎて

3 [12件] さして, 下れば, 挟んで, 横切って, 歩いて, 渉つてあるく, 渡り山, 目懸け, 見た, 見ると, 見下ろして, 距てた

2 [41件] くだって, さがして, なして, のぞいて, まっすぐに, よぎる, 一つ越す, 下りたところ, 下る, 伝い畠, 伝うて, 作って, 前に, 北へ, 取り巻いて, 想像し, 指さした, 指して, 案内者もつれず, 横断し, 流る, 渉る, 渡つてゐる, 渡らねば, 渡りそこ, 渡り峰, 照らして, 登ると, 相手に, 経て, 縫って, 背に, 行く, 見下しながら, 見付けて, 覗き込んだ, 越え, 通って, 通る人, 隔てたるあなた, 飛び越え飛び越え

1 [505件 抜粋] あさって, あちこちと, あてに, あまり登らず, あるいて, あるきまは, いくつも, うかがって, うしろに, うずめた兵, うずめる全部, うずめ峰, うずめ断崖, うずめ火焔, うずめ終る頃, うちいだく, うつけた, うづめ, うねくる石油, うるおすこと, おそろしく深く, おりる, けずるよう, こいだり, こえて, こさえたり, こめた, さかのぼりこの, さかのぼり右手, さがすと, さがった, さまよいながら, さまようとき, しげしげ見つめ, じっと睨みつけ, すぎくれば, すぎ海浜, たどる小, つくったと, つくって, つっきって, つつんだの, つねると, でて, とおって, とざす昼, とりまいて, とんで, どんどん越し, ながめて, なした所, なし天龍, なす窪地, なせるに, なぜ抜け出し, ぬけるので, のぞいた, のぞきこみ, のぞきこんだ, のぞきに, のぞきのぞいては, のぞきましたが, のぞくべきである, のぞけば, のぼりつめたところ, はなれた, ひかえて, ひきあげたのち, ひびかし征, ふさぎし寺, ふるわせた, へだて, へだてたあなた, へだてた前方, へだてた向こう, へだてた山, へだてた新道, へだてましたガケぷちへきましたら, へて, まるで歩き過ごした, みおろし, みたす落葉, みつけると, みんな梅の, めぐり山, めぐり峰, めぐる一方, めぐる山の上, ゆっくりと, よびこ, わずか二つ三つ, わたったり, わたり山, わたり峰, わたり森, ケカツ谷だ, スキーで, トラバースしない, ドンドン下った, ポイント, 一, 一つ越えた, 一つ越し, 一つ迂, 一つ隔てた, 一ツ越す, 一回大きい, 一巡し, 一幅の, 一望の, 一直線に, 上がろうぞ, 上ったの, 上つて来る, 上りきるまで, 上りて, 上りはじめた, 上り切り尾根伝い, 上り田安, 上る, 上ること, 上る靄, 下が, 下った所, 下つた處で, 下へ, 下りた時, 下りながら, 下りる時, 下り切ってからも, 下り始めた, 下り小黒部, 下り日没椶櫚生, 下り林, 下り温泉, 下り石切, 下ると, 下るの, 下流に, 二つも, 二つ同時に, 二つ越え, 二人の, 仰ぐと, 伝い山, 伝はる処を, 伝ふ, 余程下りなけれ, 作つてゐる, 作りながら, 信用する, 全面にわたって, 其南側に, 写真に, 凌ぐもの, 出たり, 出で, 出でかへる夕, 出でしとき, 出でぬこと数十年, 出発した, 出立した, 分かった山, 分け下ると, 利用し, 包み焼岳, 包囲し, 半蔵に, 占領し, 去った, 去り, 取りひろげやがて, 取り囲んだ神斧山, 取り籠め, 右左に, 吹き上げる南風, 吹くより, 呑み盡, 四つも, 囲む南, 囲んだ松林, 囲繞し, 地上に, 埋むる屍, 埋むる闊葉樹, 埋めよ, 埋めんと, 埋め尽して, 埋め尽す時分, 埋め峰, 埋め平坦, 埋め杜, 埋め来りて, 城址までに, 塞いで, 奇觀と, 威圧し, 安全な, 容れ東南, 寝かせた隣室, 封じたまま, 封じて, 展い, 川と, 市ヶ谷の, 平次は, 廻って, 廻り小湊, 引いて, 引廻され, 弘法の, 往復しました, 往復すれ, 後に, 後ろへ, 御宿所, 思い出させるもの, 思い出すこと, 思い浮べた, 思い起さないわけ, 急襲し, 悸か, 意味し, 慕ふ, 成して, 抜けて, 拵えるほど, 持ちたるこの, 振り返った, 挾んだ二つ, 捨てて, 掘って, 探して, 探られたならば, 探りながら, 探り歩い, 探るの, 探る度数, 控えた坂, 控えた山, 控えた頂上, 控へ, 掴まえて, 撃破した, 攀じ峰, 支配し, 早い足, 昇って, 望み見る, 望むこと, 望んで, 東へ, 松本平方面に, 林藪を, 染め闇空, 案内し, 案内した, 森を, 模し, 横ぎっていた, 横ぎりその, 横さまに, 横切り高山, 欠いて, 歓待した, 歩き廻つて, 歩むとも, 死守せん, 残る処, 殴りつける真似, 殺しかけましたが, 汨に, 注意せよ, 注目し, 洩る微か, 流れて, 流れる木曾川, 流れる激流, 深く溯つ, 深く麓, 深みと, 渉って, 渡す間, 渡ったり, 渡っても, 渡つて今, 渡つて来る, 渡つて行く, 渡り, 渡りして, 渡りなお, 渡り又, 渡り山肌, 渡り水, 渡り草の根, 渡り虚, 渡り野, 渡り長蛇, 渡り鳶山二六一四メートル, 渡る, 渡ると, 渡るという, 渡るとき, 渡る方, 渡る鹿, 溯って, 溯つて, 燒い, 物蔭に, 瑠璃色に, 甲州方面に, 町口へ, 略取し, 発し根府川, 発見し, 発見し得た, 登ったが, 登ったら運, 登りきると, 登りつめたところ, 登り七時三十分, 登り詰めて, 登る, 登ること, 登るという, 登るとの, 登るもの, 登る人, 登る時, 登る水, 登れば, 白昼の, 目がけて, 目ざして, 直下に, 真つ, 真直ぐに, 眺めて, 眺めるに, 眺め眺望, 睨みながら, 睨んで, 瞰おろした, 瞰み, 瞰下し, 瞰下ろし, 知らんの, 破つて, 神聖な, 称して, 穿って, 立って, 立去った, 第四回, 籠で, 籠め麓を, 綾取るよう, 練りに, 縫ふて, 繞る, 缺い, 罩むる碧い, 耕地に, 肩に, 背景に, 脚爬て, 蔽つて水声脚下に, 虫の, 行く予定, 西から, 見えつ隠れつして, 見おろして, 見おろすと, 見おろすひろびろ, 見ず岡, 見つけると, 見ないわけ, 見ながら, 見に, 見ぬ長谷, 見ること, 見るに, 見るやう, 見上げた, 見下したが, 見下した真上, 見下す南斜面, 見下ろしながら, 見下ろすと, 見下ろすやう, 見下ろす峰々, 見出, 見渡すと, 見返した, 見降ろし山, 見降ろし矢代, 覗いて, 覗きぐあいに生え, 覗きに, 覗き込むと, 覗く, 覗くな, 覗くもの, 覗けば, 訪い清内路, 訪れたの, 誇ったところ, 識つてゐた, 貫いて, 貫く大通り, 走るの, 超えて, 越えその, 越えた, 越えたり, 越えた左手, 越えては, 越えなるべく, 越えるの, 越え三つ, 越え今, 越え山, 越え海, 越え淋しい, 越え熔岩流, 越え祁山, 越したずっと, 越した都, 越し向う, 越すの, 越すのに, 跋渉した, 距て, 路らしい, 踏まずに, 踰えて, 輿で, 辭する, 追って, 追って露路, 送り平蔵谷, 這い廻って, 通った, 通ったからとて, 通ったこと, 通ったり, 通り過, 通る, 通ること, 通ると, 通る時, 通る者, 通れば, 通過した, 造り丘, 過ぎいつしかカッ, 過ぎたので, 過ぎた時, 過ると, 遡ったところ, 遡り大菩薩峠, 遥に, 間違えたらしい, 降つて鬼涙沼, 降らなければ, 降りて, 降りながら, 降りる斜面, 降り尽したところ, 降り彼方, 隔てしかなた, 隔てたオックス, 隔てた向う側, 隔てた向う峰, 隔てた向こう, 隔てた圓, 隔てた山, 隔てた山々, 隔てた形, 隔てた恵那山, 隔てた火葬場, 隔てた自分, 隔てた遠く, 隔ても, 隔て端山, 離れて, 離れないやう, 離れないよう, 青ヶ丸と, 領し, 飛び歩くよう, 飛び渡りながら, 飛び越えると, 飛ぶ消えた雲, 飽かず見入って, 饑渇谷と, 駆け上って, 驀地に, 鳴り揺すれ, 鵯の

▼ 谷~ (678, 8.7%)

21 の方 18 のよう 15 へ落ち 9 へ降り 7 見れば 6 のやう 5 に落ち, の岩, へ, を流れる 4 から上 3 にある, には水, の中, の村, の町, へ墜落, へ落ちた, を目がけ

2 [53件] からたしかに, から一陣, から声, が綺麗, である, にいる, になっ, に一人, に人間, に倒れ, に向っ, に堆積, に横たわっ, に沈ん, に落ちる, に転げ落た, に転落, に達する, に遠く, の様, の樫, の水, の石, の部落, はいい, へおり, へかけ, へころげ込む, へすべり落ち, へつい, へでも墜落, へと下り, へひっくり返し, へ下り, へ下る, へ吹き落され, へ奇怪, へ投げ込ん, へ真, へ突き落とし, へ落ちる, へ落つ, へ降りる, まで続い, を, を埋め, を指し, を望ん, を流れ, を石狩川, を見た, を覗い, を覗いた

1 [448件] あたたかく匂やか, いでて, かなぞ, からおーい, からきりたつた, からぬ, からは天, からもふわり, からわき起こる, から一樽, から一軒家, から元気, から出, から吼える, から唸り, から子供, から小屋, から岡, から彼, から悲鳴, から救い出す, から日輪, から死骸, から湯, から瀧, から現れた, から生れ, から緑, から聞え, から谺, から赤石沢, から躍り上った, から這い上る, から霧, から駈け, から高い, から魂消る, か山, があり, がシャモニイ, が朝日, が見えない, が開い, さして, ぞと聳え立っ, だ, だ死骸, であった, であつ, でした, でどこ, ではちょうど, ではどう, では真青, でも御覧, でも見る, で上, で夢中, で子供, で往生, で意識, で戦っ, で手, で死ん, で死んだ, で水, で滝壺, で滴り, で熊, で発見, で私, で踊り, で雲, で頭, といっ, となり, と見えた, にあった, にあつ, にいた, にいね, にお, におち, におちこむ, にかくれ, にくだり来, にさしむけられた, にちらちら, につき, につき落された, にてこの, にてその, にでも投げ込みたい, にでも沈んだ, にとび降りた, にとらわれ, になる, にはからず, にはきれい, にはすぐ, には大河, には実に, には川, には暗, には美しい, には銀, にばかり住ん, にも一群, にゐる, に一すじ, に上流, に下りた, に來, に呼び返した, に墜落, に家, に小さく, に居, に崛起, に川, に幽, に招き寄せ, に捲き落さん, に探し, に接触, に於, に早川, に松, に極, に横わる尾根, に気絶, に消えた, に渦, に滑り落ち, に滝, に滝壺, に生, に田, に當つて, に白く, に白馬, に神武天皇, に突きおとす, に突き落される, に立ちこめ, に立っ, に続く, に舞, に舞い降り, に落す, に落ちた, に落ちたる, に落ちね, に落ちよう, に落ちゐ, に落ち込み, に落ち込む, に葬り, に虎, に見えかくれ, に蹴落され, に躍り, に躍り入っ, に軌道, に転がり落ちました, に追い落され, に閉ざされ, に陥ち, に陥ち込ん, に陥れる, に隠れ, に響く, に風, に風呂場, のくぼや, のごとく, のたれ, の一方, の一村, の上, の人, の人間, の何処, の停車場風景, の古御堂, の合図, の命, の嗚呼, の四, の地, の孤家, の家並, の岩の上, の川, の川音, の差し, の平地, の感情, の故郷, の日影, の木, の本堂, の杉, の松, の森林, の椴松林帯, の樣, の水源, の水面, の流, の浴場, の渓流, の漸近線, の瀞, の火焔, の灯, の煙, の狹い, の猿, の石間, の窪地, の精気, の耕地, の舗道, の花, の苔, の薄暗がり, の街, の見えない, の話, の貧民窟, の道, の道いっぱい, の遥か前方, の関係, の闇, の雪の下, の雪みたい, の靄, の風, の風景, の鳴る, はほとんど, はまだ, はもう, は再び, は四方, は大きな, は御, は明るい, は秋, は薔薇色, は里人, へいそい, へいそいだ, へお, へおち, へおちる, へかへつたの, へころげ落ち, へたどり着いた, へだれ, へつき落とされた, へでもさらわれ, へでも投げ込ん, へでも突き落とされた, へとずるずる, へとびこん, へとび下りる, へと下りた, へと呼び込まれる, へと墜落, へと揺, へと降っ, へと降り, へと雑草, へと顛落, へのび, へは届かぬ, へふたたび, へやる, へズリ, へポン, へ一人, へ一気に, へ下った, へ下りた, へ下りる, へ下り立った, へ二三, へ伴, へ刳り込まれ, へ各自, へ向け, へ向っ, へ呑みこまれ, へ嗚呼, へ埋め, へ大石, へ大騒ぎ, へ失い, へ好ん, へ崩れ落ち, へ廻ったらしい, へ急転直下, へ手, へ投, へ投げこまれ, へ投げこん, へ投げ下ろされ, へ投げ落す, へ投げ込みました, へ投げ込む, へ投げ込もう, へ投げ込んだ, へ投げ飛ばした, へ抛っ, へ振り, へ放り込まれた, へ気, へ流れ注ぐ, へ消え, へ激しい, へ狩り集められた, へ独り, へ眞倒, へ真っ逆さま, へ真逆様, へ突き, へ突き落し, へ突き落とされたっ, へ続い, へ自動車もろ, へ落, へ落し, へ落した, へ落ちこん, へ落ちてたらしい, へ落ちよう, へ落ち付いた, へ落ち込む, へ落ち込ん, へ落ち込んだ, へ落っこち, へ落っこちます, へ落とし, へ落ッこッ, へ落下, へ葬り去った, へ行け, へ誘われた, へ谷底, へ足場, へ跳, へ跳ね飛ばされ, へ蹴落し, へ蹴落した, へ身, へ身体, へ転がり, へ転がり落ちよう, へ転げ落ちた, へ転落, へ轟, へ辷り落ちた, へ辷り降り, へ追い, へ追い落され漕ぎつづけ, へ追い込ん, へ逃げこんだ, へ通じ, へ降り立った, へ降る, へ陥落, へ顛落, へ飛び込ん, へ飛び降る, へ馬車, へ駆けおりる, へ駈け, までころがっ, までぶちまけ, までほとんど, まで一度, まで一箇, まで七, まで下っ, まで下りた, まで引き下ろし, まで桑, まで滑り落ち, まで牛, まで真っ, まで転げおちない, まで追い返された, まで退かない, まで降り, まで雪, まで黒い, も急, も明け, や森林, や猿, よ, より起り, より霧漠, をざわめき流れる, をだんだん, をつたっ, をながめ, をのぞい, をのぞきこん, をのぞき込む, をのぞく, をめがけ, をグングン, をトラック, を下る, を九十九, を前, を半町, を指差し, を日, を水, を清滝川, を潜る, を目掛け, を眼, を薄暗く, を見, を見せ, を見る, を見下す, を見下ろし, を見下ろした, を見下ろす, を覗く, を選り進ん, を野伏同様, を隔てた, を駈け廻, を駛走, 深く落ち込んだ, 深く陥, 目掛けて, 知れずの, 見蒐, 近くまで

▼ 谷~ (616, 7.9%)

15 なって 13 沿うて 8 向って 7 下りて 6 落ちて 5 入って, 多い小 4 ちら, 入ると, 沿って, 臨んで 3 下りた, 徃き, 身を

2 [38件] ある, あるの, ある筈, いった, おちて, かかって, こだまし, そって, ちり, なる, むかって, ゆきさ, 下って, 似て, 住むと, 住んで, 入る, 出で, 屋敷を, 山に, 忍んで, 拠って, 来て, 沿うた道, 添うて, 満ちて, 着いたの, 臨んだ崖, 臨んだ幅, 花さき谷に, 草庵を, 落して, 落ちた人類, 転落した, 近づいて, 開けその, 関の, 陥って

1 [456件] あかりが, あったこと, あって, あふれたり, ありさて, あります, あり山門, あるので, あるばかり, あるものの, ある下四宿, ある同門, ある所, ある村, ある歴代, ある自然石, ある藩, いきつくと, いたが, いた乙女, いた人, いた若い, いつか東沢の, いつて, いと暗く, いらっしゃいます, いるか, いるん, いる果心居士, いる果心居士先生, いる草心尼, うす白い霧, うちはめ死, おちいって, おとす, おられるが, おりすぐ, おりたならば, お連れ, かかった, かかったころ, かくれ野, かねて和尚, きた時, くだるか, くらして, こうまで, こだまする, こもって, こもりまた, これまで, ころげ落ち, さきごろから, さまよ, して, すでに十七年, すむ人たち, ずり込んで, そつた, そつて, そのモニューメント, その本場, その植木, そひ, たたきこむの, たって, たつた一人, ちらちらする, ちらばって, つ, つくば, つづく暗い, でくわした, とめ女, どういう橋, ない温泉, なげうちしに, なったゆるやか, なった所, なった窪地, なった部分, なつたり, なつて, なにが, なる部分, なんども, のこって, のぞめる窓, のぞんだ大きな, はさまれて, はらはらとある, ひびき渡った, ひろがるまでには, ふさは, まぎれ込んで, まみえて, まろび入りなぎさこぐふ, みちて, むかってわ, むかひて, むけて, よって, よどむ氷河, わかれて, わたされた二本, ゐた, カクウが, シューという, チッチロという, ノアの, 一つが, 一つ魚河岸の, 一層の, 一群の, 三十六人を, 下ったり, 下りそれ, 下りた処, 下りふと, 下りること, 下り先陣, 下り初めて, 下り推し, 下り更に, 下り森, 下り足, 下り込んだもの, 下り込んだ石滝橋, 下り高低參差, 下ると, 下る記, 下れども, 下れば, 下れる, 下ろうと, 下ろすより, 乘込みました, 二軒隣り合い, 亘った時, 亘つて城を, 亘り葉, 亙り葉, 人を, 今では, 今は, 介まった, 他から, 他には, 休めて, 会ふ, 会釈し, 伝わる古く, 住むつもり, 住むてんぐ, 住む人, 住む百姓三十一か村, 住んだ日本, 住友組の, 入ったり, 入つて思, 入りこんだ, 入り三角点九七三, 入り瀑, 入り込みました, 入り込むの, 入り込む者, 入り込んだの, 入るのに, 入る時, 入る毎, 入れば, 兵を, 其の梢, 冠さる, 凭つた座光坊には, 出たいと, 出づ, 出て, 出ます, 出られ草野谷, 出ること, 出ると, 出会いて, 分け入った, 分け入ったの, 分入つて, 別るる, 到る, 千人の, 千晩こもりたれ, 南中し, 南画を, 危害を, 厄介な, 反感を, 反響する, 取付きます, 古い豪族, 向いた檐, 向いて, 向いますます, 向い曹真, 向い益々, 向う道, 向く坂道, 向けて, 向つて, 向つて瀉下, 向ひました, 吸わると, 呻き泣きて, 咲いて, 咲残った, 啼く咸鏡, 在りました, 在る或, 在る数, 在る瀑, 埋むる, 執念ぶ, 墜ちる, 墜ち失せたり, 墜落したる, 墜落する, 声を, 変って, 多く群集, 学んで, 宝でも, 宮子という, 家を, 就き如何にも, 居残ること, 屯し, 帰り北越方面, 延びポー河, 引き落す, 引越して, 引返して, 当ったところ, 当る陰気, 影隠しけん, 彷徨し, 往き良人, 径を, 待ち受け此, 思いがけない人家, 懸つて, 打ち込んだ, 投げたらん礫, 折れ窪地, 抱かれた雪, 捨て, 教えられたお, 新五色, 日ごと炭燒く, 日は, 昔から, 暗い淋しい池, 暮らして, 月を, 有つたの, 望んで, 木魂し, 架け渡された吊り橋, 柔軟の, 森とか, 森に, 森を, 棲む者, 棲む諸, 棲んで, 残した子, 残る一団, 比す乃至, 比べて, 比べると, 水流の, 沈む, 沈む日輪, 沈めて, 沿い又, 沿うたところ, 沿った細い, 沿った道路, 沿つた林の, 沿つて旧道の, 注ぐ川, 涙を, 添い山, 添って, 添つた大日堂の, 添ふて, 清冷な, 満ちた, 満ちつつ, 満ち凄絶限り, 満ち満ちて, 満ち溢れた, 溜る, 溢れ出た虐げられたものら, 溢れ返る時, 滑り込んで, 潜んで, 灌ぎくだ, 灌ぐ無数の, 炭燒を, 現われたと, 生うる, 産まれた歌, 異変が, 疎開し, 皆様の, 盲唖院と, 相違ない, 真倒様, 眠つてゐる, 着いた, 移った, 移りそれから, 移るもの, 移住み, 積もった雪, 穴住まいし, 立ちのぼる白気, 第二, 籠り雪, 籠る面々, 続いた, 続くもの, 繰り引く絲車, 罪の, 美しい, 耕す可, 聞いたん, 聞えて, 聳える露, 腕を, 臨みいつも, 臨みて, 臨めるかた, 臨んだり, 臨んだ坊, 臨んだ日当り, 臨んだ高楼, 至り此附近, 至り蜆坂, 至り西, 至るに, 至るべく峠路, 至る約, 至る間, 苦笑の, 落し破ったが, 落ちこんで, 落ち行く森, 落ち込む雪渓, 落ち込んだところ, 落とされた夢, 落込ん, 蕗採る, 藥水, 蜿蜒と, 血判状を, 行きさえ, 行くつもり, 行くと, 行けと, 行けば, 行って, 行つ, 行つてゐた, 製板所の, 見えた, 見えるまで, 見せた, 見て, 見られて, 見切りを, 言った, 訊いた, 誘われるまま, 誤って, 譲り渡したわけぢ, 谺し, 負債が, 赤い屋根, 走りこんで, 走り入る, 走り疲れながら, 赴く人, 起こるきき覚え, 越したところ, 跨った石堤, 跨りて, 踏みは, 転がり木曾, 転ず上杉家, 転倒する, 近い山, 近い森, 近づくと, 近よる, 迷い尾根, 迷い込んだところ, 追い落されそう, 追い迫って, 追落し, 送りおまえら, 這ひ, 通ずる道路, 逢いて, 逢うため, 連なり, 遠い側, 遭うごと駱駝, 部落が, 錦襖子を, 鏤められた大, 長次郎谷に, 降って, 降りたり, 降りて, 降りる中腹, 降りる斜面, 降り野, 陥った, 陷落した, 陷落せり, 陽に, 隠さなければ, 隠れて, 隠れる, 隠居し, 集約され, 雪あり, 雪を, 雲雀は, 非常に, 靠り, 面したところ, 面した岩壁, 面した狭い, 面した道路, 面し山頂, 面会を, 音を, 響いた, 預けられて, 食べるもの, 飲む, 養子に, 馬の, 驢馬を, 黒沢衆とも, 鼓角の

▼ 谷~ (521, 6.7%)

17 いった 8 山口の 6 いって, 訊ねた 5 深々と 4 オルガを, 急に 3 いうと, お柳, オルガの, 宮子の, 自分の

2 [16件] ここ, 何の, 先に, 公園の, 参木が, 参木と, 外へ, 宮子を, 思った, 欅竝木の, 深い, 立ち上って, 訊いた, 雪が, 頑固に, 黄包車を

1 [424件] あたかも何事, あの冷笑, あの近傍, あふれ発電, あまりよく, あれか, あれで, いっぱいに, いつか山ひ, いつか扇形に, いつしか扇形, いつとは, いつの間にか山, いつの間にか自身, いつもの, いまこの, うしろを, うす笑い, うろうろした, えらい処, おこりだしましてね, おつとめ, おどろいて, お勝手から, お孃樣, お杉, お釜, かつて最高学府, かなり深い, きのうの, ここに, ここまで, ここより, この時, この時百年, この遠景, この重厚, ごく狭く, さらに, さらに尾州, しばらくその, しばらくは, すくない, すぐまたいった, すぐ近く, すでに暗闇, すべて一目に, ずいぶん長い, せき立てた, そのまま村松汽船会社, その一方, その名, その日, その美しい, その話, それには, それを, そんなこと, そんなもの, たそがれようやく, だんだん暗く, だんだん滅ん, つまり山名, どれも, なかなか凄く, にやにや笑い, はじめてその, はじめは, はっきりと, ばったり倒れ, ひと息呼吸を, ふくべ, ふたば軍記, ふとその, ふと彼ら二人, ふと気, ほとんど想像, ほんのしるし, ほんの上流, ぼんやり帰つて, ますます怒っ, ますます暗く, ますます機嫌, ますます深く, ますます深み, ますます狭く, またと, また俥, また宮子, また山口, まだしばらくの, まだ参木, まだ寒山落木, まだ御飯, むかし平, もうすぐに, もう充分, もう宮子, もう息, もう疾風, もう眼, もと郊外, ようやくひとつ, ようやく銭石山, ようやく陰欝, よく霧ら, よほど山の幸, りっぱな, わざと大袈裟, イギリス政府の, カクテルを, ガラガラした, シャワーの, シンガポールの, ステッキを, ズボンの, ソ連領にも, チューリップが, トルコ風呂の, ナイフの, パリの, ブナ坂の, ムツと, 一そう無念だ, 一人の, 一寸困った, 一日が, 一日くらいの, 一曲し, 一月五日の, 一杯にな, 一言いう, 一面に, 三叉を, 三大, 三月頃まで, 三田文学へ, 上で, 中へ, 中ノ谷と, 中座し, 乗り出す調子, 予期に, 二つの, 二岐する, 二度外へ, 二百円も, 五町ぐらゐの狭い, 五百里の, 人間の, 今しがた通り過ぎ, 今頃まで, 低き山, 何十メートルとも, 何方かと, 何時もの, 何時も笑っ, 余り多く, 余程深う, 例の, 俄に, 俄然右, 俥を, 傾斜を, 働き者で, 僕の, 入ってから, 入口から, 全く処女, 全く滝, 全く雪, 八十助の, 公園と, 六〇〇メートルくらいから, 再びお, 再び元気, 再び振り返っ, 再び真っ白, 初めて大きな, 別に彼等夫妻, 別段面白く, 刻々に, 前から, 前掛, 助かりましたが, 十日間の, 即ち関東, 参木から, 参木に, 双手を, 古河側の, 吹かれたよう, 吼え木々, 吾儕の, 呼ぶ, 四方を, 四月の, 四里あまりに, 困るに, 土地の, 壇上に, 夜にな, 夢で, 大らかな, 大変な, 大船から, 天地の, 奥へ, 宇治長次郎の, 完全に, 実にその, 宮からも, 宮子に, 寝ね, 實に, 小きざみな, 小規模ながら, 小黒部谷の, 尻高橋の, 居たたまらなくな, 山から, 山の, 山口が, 山口と, 山口に, 山村と, 巡査を, 左から, 左右の, 常念山脈, 平和である, 平次の, 幽寂である, 弓の, 引括られた, 彼の, 彼らが, 彼女の, 後ろから, 徐校濤の, 怒るかと, 怖い処, 思うと, 思って, 思ひ入, 思わずいった, 思わずも, 恐ろしい女, 恨みを, 恰も灼熱, 悠々と, 悪場は, 想ったより, 想像し, 意外な, 放つて, 散らかったテープ, 数マイルの, 数年前木を, 斯う, 既に有る, 日当りが, 日暮れが, 日本人の, 旧噴火口, 明らかに, 昨夜見た, 昼間でも, 時計を, 暗い顔, 暗く成つた, 暗く水色, 暫く措き, 暮れかけた, 暮れ早い, 朝出かけた, 村松汽船会社へ, 東谷に, 棒小屋沢に, 植林し, 極まりて, 横から, 橋の, 次第に尽き, 次第に浅く, 次第に高く, 武州方面の, 歯ぎしりを, 死体を, 殆ど全部雪渓, 残念そうに, 毎に, 汗に, 江戸に, 池の, 流石に, 浅いが, 浅かった, 浮き上って, 深かった, 深くし, 深くたそがれ, 深く山, 深く嶮峰, 深く暗かった, 深く木立, 深谷, 清泉処々に, 湯の, 満眼, 溜息を, 演説を, 漸く窮まっ, 煙って, 熟睡し, 片手で, 物すごく腥き臭, 物凄い雪崩, 物珍らし, 特に森林地帯, 狭くうしろ, 狭くなっ, 狹い, 町と, 畑が, 疲れた眼, 登山者本然の, 白川と, 皆吊懸, 皆吊懸け, 皆静まり返っ, 益々大, 益々狭く, 益す迫って, 目禮しました, 相当の, 眉を, 瞬く間, 矢継早やに, 知らないどころ, 確と, 祖母谷餓鬼谷後, 神つ, 福島から, 秋の, 称名川の, 稲熟する, 穀物に, 突堤へ, 立続け, 競子の, 紫ばんだ, 総て平坦で, 緑なりき, 縁側の, 繃帯に, 美しい, 美濃の, 群衆が, 背を, 自分よりは, 至って浅い, 良い娘, 若旦那と, 莟んで, 落口に, 蘇生しなかった, 西側の, 見る見るうち, 視線の, 訝しそう, 谷に, 豪商の, 赤沢と, 赤牛岳から, 起きてるか, 越後の, 足を, 車の, 近年伐採され, 近頃ひどく, 逸子と, 逸子の, 逸早く房一, 逼り, 過日みずから踏査し, 遠くに, 遡行は, 部屋の, 都の, 酔いが, 重そう, 銭石山の, 錦の, 長いあいだスリーピー・ホロー, 開いた口, 間もなく主人, 陰欝な, 隔てどさ, 雨の, 雪崩が, 雪崩で, 雲が, 霞に, 青々と, 静まりかえって, 静寂に, 靴さきに, 頗る好い, 頗る急, 頬を, 頭を, 顔色は, 風が, 駿信の, 驚いたよう, 驚いて, 骨の, 高低が, 黒崎住職が, 黒木の, 黒部の, 黙って, 黙つて返事

▼ 谷~ (427, 5.5%)

10 降りて 9 下りて 8 入って 6 落ちて 5 出て, 竹内谷へ 4 向って, 大阪越え, 行って 3 おりて, かけて, 下りること, 入った, 入ったが, 突落された, 突落し, 行くこと

2 [18件] きて, 下って, 下りたの, 下りては, 入ります, 出た, 向かって, 往った, 投げ込まれたなり, 抛げ, 来て, 来ると, 落して, 落ちた, 身を, 転げ落ちる, 通じて, 降りる道

1 [312件] いま引きあげ, おいでの, おりのちここ, おりると, おりる途中, お出かけです, お初穂に, お預り, かえりました, かかった, かくれ一晩中, かけての, きいて, くだって, くだり荒れ地, くるたび花房, けし飛んで, こしました, ころがるよう, ころげ落ちて, さして通行, すすみ建威, すすめそして, すてたまま, ずり下りて, ずんずん下り, せまった, そそいで, その棒, ただ転げ落し, たった一人, ついた, でございますの, でる道, とび込んで, とんで, どうしても入れぬ, なおし方, ながれ入る無数, なだれ落ち, のぞむと, のぞんで, はいった, はいって, ふりおとされ二ツ, ぶらさ, ほうり込んで, ほこらへ, まいりましたぞ, また, まゐりませう, ゆきました, わかれわかれに, わしの, わしを, カーンと, ゴロゴロと, ズリ落ち, 一度に, 一文字に, 一直線に, 下ったが, 下った尾根, 下った頃, 下らせたが, 下りさらに, 下りそれから, 下りた, 下りたい早く, 下りたから, 下りたり, 下りようか, 下りようと, 下りようという, 下りるかなり傾斜, 下りると, 下りるもう, 下りる急坂, 下りる番傘, 下りれば, 下り俺達, 下り始めたその, 下り込みました, 下る, 下ると, 下るの, 下る林道, 五百ほどの, 仕返しに, 伸びそこで, 入っては, 入らず全部これ, 入らぬと, 入りましたが, 入るの, 六波羅の, 出かけて, 出た松, 出ました, 出る, 出るその, 出合う, 出馬籠附近, 分入る, 削り落したの, 匿いお, 参申候, 取り捨てろ, 向いて, 向う峯, 向う道で, 向けて, 向った, 向ったの, 吹つこまれ, 呼んだけれど, 墜さず, 墜ちこんだ伊織, 大勢の, 大阪越へ, 少し下り, 岩魚釣りが, 帰ると, 平然として, 幾里さ迷い歩いた, 延びて, 引き下ろした一線, 引込んで, 往く道, 従いて, 急げ, 打込んだか, 投げこみ地ならし, 投げた, 投げられ金, 投げ棄て, 投り込ん, 投り込んだ, 投込みました, 折れ込んで, 抜けようが, 抜け殆ど, 拡つて最後の, 挟まって, 捨てさせたが, 捨て血, 掛けて, 掛渡しの, 擠す, 擲げ下ろす, 斬落されました, 曳きずりこんで, 来ずに, 来た, 来た雌雄相生, 来る野鳥, 枝から, 梭魚が, 死骸を, 水遊びに, 泊ったん, 泳ぎに, 流れた, 深く降り, 滑って, 滑り込んだそれ, 澄みわたるなり, 率いて, 発足した, 登るため午前六時頃出発, 相移り, 真っ黒に, 真一文字に, 着いたの, 着くという, 知らせが, 石でも, 移動させる, 突き落し, 突き落とされた, 突落される, 素早く下っ, 翠の, 草を, 草除り, 落こちた, 落されたよう, 落したかと, 落しちまった, 落し込む誘い, 落ちこまないこと, 落ちこむこと, 落ちさ, 落ちたという, 落ちたに, 落ちたの, 落ちても, 落ちなかったの, 落ちは, 落ちまする, 落ちようとも, 落ちるの, 落ちるばかり, 落ちる危, 落ちる幻想, 落ちる者, 落ち込まんとして, 落ち込むやう, 落ち込んだまでの, 落ち込んだらどう, 落ち込んで, 落つこ, 落る, 落葉を, 落込ん, 行かせること, 行かない筈, 行かなければ, 行かぬが, 行きました, 行くつもり, 行くと, 行くには, 行くの, 行く道筋, 行けそう, 行けば, 行っても, 訪ねて, 誘きこめ, 谷から, 谷へ, 谷へと, 走って, 走りこみその, 赴いた, 越えて, 越ゆれ, 踰える, 蹴落とし狼, 蹴落とせ, 蹴込んだり, 転がるという, 転げるの, 転げ墜ちた, 転げ落ちては, 転落し, 輸入される, 轉び落ちたま, 辷り落ちたまま声, 近づいた場合, 返してから, 返答だまを, 迷いこんだり, 迷い三角点一一五九, 迷って, 追いかけさせて, 追いやられ勝ち, 追い落された水蒸気, 追った, 逃げた, 逆様で, 這入った時, 這入る, 這入るや, 通うこと, 通うの, 通う方法, 通って, 連つて胡蝶花の, 遊びに, 運んで, 達して, 遠くひびいた, 遠乘, 避けると, 部落を, 長く長く引い, 降つて, 降りたが, 降りたと, 降りた者, 降りてから, 降りやう, 降りやがて, 降りようと, 降りるに従って, 降りる坂道, 降りれば, 降り崖崩れ, 降る, 陥ち込んで, 陷込んだ, 隠れた, 隠れる, 隠れ以来世間, 集まったお, 靡いて, 面した傾斜地, 響き渡る, 響けて, 頽れ落ち, 顛落し, 飛びこみましたが, 飛び込むなんて, 飛ぶ, 飛降りて, 駆けつけたとき, 駈けつけたの, 駈け下り, 高原の, 鷹狩に

▼ 谷~ (288, 3.7%)

8 ある 5 お杉, 急に, 狭くなっ 4 あった, あって, 深い, 現われて 3 あるので

2 [12件] あつた, いきなり眼, いくつも, 右に, 実際に, 左に, 水に, 流れその, 流れて, 深いの, 繞って, 迫って

1 [222件] あったので, あったり, あつたり, あべこべに, あらわれた, あり, あります, あり更に一層, あり熔岩流, あるあそこ, あるが, あるぞ, あると, あるという, あるなんて, あるよう, あるらしい, あるん, ある瀬, ある筈, あれだけ, いうと, いきなり目, いっぱいに, いま三人によって, おかしいの, お仕舞, お才殺し, かいま見えて, ここぞと, この, この手, さうし, すべて埋めつぶされ, そこまで, そって, その位置, それだ, それほど広い, それを, ちがい水の, ちよつと, つづいて, つづく, どうかし, どれぐらいの, どれぐらゐの深, どんな気, のたくらせたもの, はっきりと, はるかに, ぱっとなる, ひらけその, ひらけて, まだ幾筋, まっ暗で, みな蔭に, みんな海まで, もつ懐し, もともと護法, やがてとも, やって来るん, やつて, よかった, よく見渡された, よさそう, わざとらしく叫んだ, ゴリヨウと, シンガポールから, シンガポールへ, ベンチに, 一すじ高く, 一手に, 一杯に, 一緒に, 三つ鹿島入り籠川入り高瀬入りと, 三伝だ, 三方を, 丸くなる, 乾からびた, 云ひ, 今しばらく, 今度の, 会釈を, 何を, 何気なく開く, 俥で, 偃松帯の, 入ってからは, 入り込んで, 出来て, 出来る, 分れて, 切れて, 切れ込んで, 北の, 南に, 南北の, 参木の, 合流し, 吠えるよう, 吠え碓氷川, 吹き飛ばされ谷, 呆れて, 和田三造の, 四つに, 埋まって, 埋まるほど, 多いので, 多かつ, 大きくく, 大きくスキー, 失職し, 嫉い, 宮子の, 尽きてから, 山と, 山口から, 山間の, 峡流らしくなる, 左右に, 希望の, 常念乗越沢, 常陸山に, 幾つも, 幾條も, 座蒲団を, 廊下を, 廿歳にも, 形成られ, 彼と, 微かに, 愈々急, 折り畳んだ様, 折り疊ん, 振り返って, 日ならず, 明くなっ, 昨夜お, 昨夜殺されかけ, 昼でも, 望まれた, 来ると, 来るよ, 松林の, 桑谷で, 梓川が, 棒小屋沢である, 楼の, 横たわり物々交換, 次第に蹙, 殆ど埋まっ, 殺されそれから, 流れ谷, 浅くなっ, 深く被害民, 深く野, 深ければ, 渋茶の, 潺渓と, 激越な, 焔と, 父さんの, 狭くなり, 狭くなる, 狭く両, 狭く急, 現われるん, 眠って, 眺められて, 着いたとき, 知って, 示した稀, 私に, 秋蘭を, 穴の, 空なる, 空に, 空気は, 第一, 第一也, 細く両側, 細く傾斜, 緋の, 羊腸として, 美しく彩られ, 肩から, 脚下に, 自身に, 舞台の, 茶山の, 荒れて, 莫迦に, 落ち合って, 落合って, 著しく険悪, 薄い靄, 見あたらない, 見える, 見えるよう, 見られる, 見渡された, 覗かれて, 起きた様, 起きて, 蹙って, 蹙つてその, 蹙まる, 近くなった, 迫つて景色が, 途中から, 鋭い爪, 錦繍の, 開けその, 開けた, 開けて, 雪でう, 雪崩れた, 雪渓を, 雷山の, 首を, 骸骨の

▼ 谷から~ (206, 2.6%)

6 谷へ, 谷を 5 峰かけ 4 出て, 峰の, 移つて二百年寂しい, 谷へと 3 谷に 2 ここへ, 上って, 上へ, 八島へ, 峰へと, 登って, 這い上がって, 里へ

1 [154件] あが, いかば, いろいろと, かりて, こけつまろびつ, こっちへ, この城, しきりに立ち登る, しょっ引いて, すべり落ちて, その姿, その岸, その銀, たちまち恍惚, である, まつすぐ, やって来たもの, わく雲, ウラニウムが, カビに, モヤが, 一刻も, 一昨日の, 三千院の, 上がってから, 上つて来た, 上の, 中津川辺へ, 乗物を, 今底雪崩を, 伊那の, 先へは, 凄いの, 出たという, 出られたよ, 剣閣へ, 力の, 北へ, 北方へ, 可なり, 向うの, 吹いて, 吹き上げた, 吹き上げる風, 吹上げて, 呼び戻し武蔵, 噴き出して, 坂道を, 大和月ヶ瀬方面へ, 大谷山へ, 奪って, 実世間, 寺町横の, 小右京, 尾の上に, 山に, 山へ, 山を, 岩を, 峯へ, 峰づたいにどこへでも, 峰へ, 島原の, 川から, 幾筋と, 広い丘, 広瀬の, 引きあげさせました, 引き揚げられた, 悉く荒れ出し, 押し出して, 捲き起こる風, 推して, 放れると, 救いを, 敗退以後魏の, 新宿と, 早急に, 木曾の, 東北方に当たって, 板橋に, 此河原に, 歩いて, 水を, 汲んで, 流れ出る豊か, 清水を, 渦まき, 湧上る, 滑らして, 濃厚な, 狭ば, 田代へ, 畑から, 畑へ, 登るの, 百足虫腹の, 眺むれ, 石川台へ, 碑文谷に, 神斧山の, 移って, 空中に, 突っ立った, 競子の, 笹目山の, 築き上げた位置, 綱で, 聞いたの, 自分で, 舞い上ると, 舞い上る霧, 落ちたん, 行かう, 行かむ, 行くと, 裏山を, 見えて, 谷と, 谷にかけて, 谷までの, 谷林から, 谷樹から, 起こって, 起った雲, 越道峠を, 迫りのぼって, 這いあがって, 通うの, 進まれ咸陽, 酒一升で, 金剛谷にわたる, 鎌倉へ, 長安へ, 長谷山へ, 集り出て, 離れて, 雲が, 霧が, 霧湧き上り, 靄の, 音羽へ, 響き渡つて聞える, 頂へ, 飛び出したくて, 飛騨地方にまで, 餓鬼谷に, 馬忠潘璋という, 驀然吹き, 高く離れ, 高尾山へ, 鳴き出, 麓へ, 黒薙川の

▼ 谷博士~ (152, 2.0%)

3 の研究ノート 2 だと, に質問, のところ, の前, の研究所, はその, は大きな, は目

1 [133件] かしら, がいる, ががてん, がここ, がこしらえ, がこの, がたずねた, がだれ, がぷんぷん, がほんとう, がまっ, がまばたき, がやすん, がわし, が全部自分, が完成, が新しく, が村, が椅子, が研究所, が自分, が試作生物, が長年, が非常, だ, だけしか知らない, だぞ, だな, であっても, である, であること, ですよ, でなかったらだれ, ではない, ではなかっ, でサル, としめしあわし, と五人, と同じ, と名, と怪しい, と話, と連絡, におどりかかろう, にたずねた, には反対, に似, に似せ, に化け, に向かっ, に報告, に手つだえ, に申, に目, に訴えた, のからだ, のすばらしい, のとじこめられ, のなり, のもの, の人がら, の人工電臓, の人造生物研究所, の仕事, の作った, の作りだした, の命令, の墓地, の声, の戦慄, の手, の方, の最後, の病室, の研究所あと, の神経病, の経営, の考え, の行きすぎたやり, の製造工場, の評判, の試作人造生物, の質問, の頭, の顔, はいったい, はいや, はおだやか, はくやし, はこの, はこれ, はこんな, はじつは, はだんだん, はちゃんと, はふきげん, はまだまだ, はまっか, はやっぱり, はわし, は五人, は何, は前, は口, は怪人, は日まし, は村, は椅子, は機械人間, は毎日五百体, は涙, は無事, は知る, は研究所, は自分, は首, ばかりは熱心, も同じ, も山形警部, も発見, や少年たち, を, をあんな, をこの, をさらっ, を救いだし, を救いだす, を早く, を柿ガ岡病院, を殺し, を病院, を脳波受信機, を見つけた

▼ 谷~ (151, 1.9%)

3 いうよりは, 書いて, 逢わねば

2 [12件] いうよりも, いふ, お柳, なって, なる, 云って, 共にでなけれ, 呼ばる, 呼ばれて, 暗い空, 言ふ, 雪の

1 [118件] いい山, いう, いうけれども, いうには, いうへ, いえば, いって, いっても, いつたの, いつて, いふ所が, いわず岨, いわれて, したの, そのまま地名, だ, なし谷, なった, なり本谷, なり滝, よぶくらい, よんで, トルコ風呂で, ヌク沢とを, ヤツ子は, 一つの, 一緒に, 三時迄, 久地とは, 云い一面, 云う渓, 云う軍人, 云ふ, 云ふべき, 云わず花, 云わず雪, 京都の, 仏, 八つの, 其処を, 別れて, 別れるとき, 区別が, 参木を, 又た, 又四郎谷, 反対の, 号づけた, 同じよう, 同一人, 名乗る僕, 名乗る男, 向かい合いの, 君とは, 呼ばれるところ, 呼ばれるほどの, 呼ぶべきところ, 呼ぶ奥深い, 呼んで, 四時半まで, 宮子は, 宮子を, 密林であろう, 山とを, 山口が, 崖ばかり, 巌と, 彼とは, 彼女の, 思いを, 成り船幽界, 戸塚の, 房一の, 手代の, 折尾谷との, 斜谷に, 斜谷の, 断定し, 本谷を, 柚木が, 椈倉谷とを, 此沢とは, 母に, 水路に, 沢の, 玄冶店とを, 現在の, 申す難所, 相対し, 福島の, 称されて, 稱する, 空, 結婚しない, 背中合せに, 街亭の, 西俣の, 言いましても, 言ったの, 言っても, 言われて, 谷との, 谷とを, 谷の, 谷を, 豆焼沢との, 転々居を, 逢えば, 過ぎ戸塚, 銘の, 長次郎谷との, 附近の, 飛び廻った先祖, 高瀬の, 鬱然と, 鳥居崎とに, 鳥居崎とを, 鹽原の

▼ 谷~ (112, 1.4%)

2 ある, しづかなり, 北の, 南の, 東の, 水が, 野も

1 [98件] あって, あつて, あの谷, あまりよく, あらはに, ありして, あり川, あれから, あれば, いくつかの, おもしろくなく, かなりに, このあたり, この丸一年, こんなこと, さびしいそれでも, しんと静まった, すすきも, すべて僕の, そして風の音, それから, それら全体にわ, だんだん傾斜, つい十日, ともに大変幅, なくどこ, ほつ, ぼんやりせず, みなひたされ, みんなが, めちゃめちゃに, 一たいに, 一夜も, 一時に, 一面に, 一面の, 亦それ, 人を, 今朝は, 僕の, 先年より, 先日からの, 南岳も, 同様である, 唯だ, 地図以上に, 埋むばかりに雪, 埋めた時, 多くこれ, 大抵は, 家も, 少し開け, 尽きたかと, 尾根も, 崩るる, 広く間道, 影を, 径も, 思ったより, 恐るるところ, 数が, 木も, 杜も, 森も, 樹木も, 武井も, 水も, 海に, 深い方, 湖と, 爰にて, 物凄い真夜中, 狭く両, 狭しと, 畢り, 白き宇宙, 皆な, 盆地で, 瞰下される, 知り抜いて, 私が, 第四回目, 答へ, 行窮つてゐ, 見えない, 見えなければ, 見えるまた, 見境なし, 辺り一面を, 道も, 野原も, 銭石山の, 霧に, 霧杜も, 騒がしい, 高山の, 鳴るぞ, 鳴るぞや

▼ 谷~ (90, 1.2%)

6 はその 3 はそう 2 の方, は僕, よ

1 [75件] か, がこれから, がなんと, がタイム・マシーン, が僕, が歌, が死んだ, だった, だったの, でそして, というの, とはほとんど, ならば, ならもう, なる学友, にいった, にいわれ, におぶさっ, にさ, にとつて, に会いたい, に合掌, に引立てられ, に茶釜, に頼んだ, のかさかさ, のさしつける, のところ, の両方, の切, の商売, の報告, の実家, の心, の手, の手柄, の発表, の紹介, の耳, の返事, の青んぶくれ, の顔, はあの, はいつ, はがらがら, はこんど, はしかめ, はしかりつける, はすっかり, はそこ, はとくいらしく, はとつぜん, はどこ, はなん, はびっくり, はまだ, は万人, は二時間, は云っ, は大学生, は寝, は扉, は提供, は書いた, は毎夜, は気の毒そう, は素晴らしく, は開店, もそう, もそれに, もまず, も一しょ, も来訪, を被害地, 他三人

▼ 谷~ (83, 1.1%)

3 その谷 2 あつた

1 [78件] あらって, いずれ路, えらい目, お主, お兄弟, お通, かね, きゃつらは, くらして, ちょっとわからない, つくって, なにされ, まだ世界, ゆずり葉の, わたしたちは, ザラ峠への, 一日に, 今裁判, 仲間が, 伐採が, 会うたきり, 会ったば, 何べ, 僕たちは, 全く開放, 出会うと, 出会ったという, 初めて聞いた, 剥いて, 劃られる, 夜ごと天狗から, 夜鷹が, 夫婦が, 奥の, 小学校に, 小学校の, 小間使に, 彼らが, 待ってるだけ, 忘られない, 恰も宙, 打ちこまれた信念, 打った岩烏, 拾つた懐疑の, 掘って, 採った薬草, 斯ん, 昼飯の, 月人から, 果心居士から, 果心居士に, 樹は, 水は, 流れの, 焚いて, 牛の, 用意した, 神隠し沼へ, 結構, 絶壁の, 練りきたえた胡蝶, 縁が, 聞く杜鵑, 落口には, 行き会うた, 行われて, 行留りに, 行詰まりであった, 見かけたとおり, 見た, 見たカモシシ, 見世物師同士が, 野宿を, 野葡萄や, 金糞ヶ岳へは, 青山街道に, 馴らした足, 鳴くうぐいす

▼ 谷には~ (79, 1.0%)

2 お移りに, 春も, 菜の花残り

1 [73件] あかずの, いないよう, いない証拠, おいでなく, これらの, すでに陰, てんで平田, ない, なかった, なんの, まだそれ, よく雪庇, 一点の, 一軒の, 亡父義朝が, 人が, 介意ず, 伐採の, 似合いそう, 入川谷, 到る処, 北穂高の, 半分獣半分人間の, 参木の, 古い歴史, 古くから, 古学という, 吊橋が, 坊主之, 大谷の, 奥穂の, 小さな家, 川が, 必ず御, 恐るべき蛮族, 新郎十六歳新婦は, 時どき不思議, 本草の, 桟を以て, 桟橋駕籠渡し, 橡の, 殆ど水という, 残月の, 水という, 水も, 海が, 瀬が, 物凄い雪崩, 留まって, 白い夕靄, 目を, 眞木茂り, 真木茂り, 眼の, 硫黄の, 秋が, 笛吹川の, 綺麗な, 花が, 薄暮が, 衣裳が, 親切に, 谷川が, 道楽気が, 遥か下に, 部落内の, 雪が, 雲が, 魏延の, 魔窟が, 鶯が, 鶯峰には, 黄色く稔った

▼ 谷~ (55, 0.7%)

2 川へ, 林の

1 [51件] ボヘミアの, 丘や, 丘陵や, 中山や, 伏見山からも, 低い山群, 内蔵之, 半腹, 同じよう, 堀口なんて, 大宮の, 奥上州から, 密林に, 尾張地方の, 尾根を, 山の, 山を, 岡が, 峰にも, 峰ふところが, 崖を, 川ぞいに, 川の, 川や, 扇ノ山附近に, 斜面には, 村の, 松林や, 森の, 極寒地獄という, 極寒地獄といふ, 橋や, 沢の, 沢を, 河の, 泉州の, 流れや, 湖や, 濕地や, 町や, 盆地に, 盆地のは, 細道に, 自然の, 草木の, 諸所, 谷や, 路が, 餓鬼岳の, 鬼神谷の, 鷲の

▼ 谷という~ (48, 0.6%)

4 ところが 3 のが, 谷が, 谷は 2 ところで, のは, 処に, 名の, 所が, 谷に

1 [23件] ところに, ところまで, のだ, のを, 処である, 処の, 名は, 地は, 字と, 山中の, 山峡であった, 所で, 村でも, 村の, 横肥り, 滝が, 盆地でございます, 船頭が, 茶釜使いの, 谷からは, 谷その, 谷間谷間を, 鈴鹿の

▼ 谷さん~ (46, 0.6%)

1 [46件] が, がなさった, がやっぱり, が何, が何とか, が居た, が朝化粧, が石炭庫, この恩, この繁昌, だけに訊き, だわ, とは初め, とは同門, とは死んだ, とは結婚, とは話さない, と団子坂, と大西さん, と朋友, と落ち合っ, にはあなた, に仰言っとい, に答える, に見せつけ, に誘われ, の仕事, の好き, の家, の所, の旦那さん, の話, はかた, はこの, はさっき寝台自動車, はそりゃ, は卑屈, は寝てる, は私, は笑った, へ気兼ね, もう一人, もきれい, も甲谷さん, も面白い, を順養子

▼ 谷五郎~ (44, 0.6%)

3 の家

1 [41件] がこの, が自慢, です, といふ男, といふ親類, とそれ, とは思ひ, と相, と祝言, なんかお, には何ん, には妙, に感, に櫻屋, に逢つて, の出た, の口, の外, の次に, の言葉, の身許, の野郎, は, はあの, はいかにもよく, はさ, はもう, は何處, は強か, は朝, は氣輕, は淋しく, は照れ臭, は綺麗, は飯田町, もかなり, をひどく, を娘, を引い, を搜, を縛り上げます

▼ 谷まで~ (39, 0.5%)

1 [39件] お出掛け, かなりの, ご案内, さしかかると, たッ, つづいて, まいりましょう, まいる途中, グイと, 一と, 下りようと, 下るよう, 何時間で, 僅二町許の, 切って, 参りたい, 導いて, 帰って, 帰るの, 延焼し, 待つため, 忍び寄って, 押しつめられて, 来て, 来ると, 来るという, 案内し, 灯で, 白く降り埋める, 行く, 行つて見る, 転げ落ちそう, 辿りつく, 追って来た, 進んで, 遁げ込んだ, 遡った記事, 面白いと, 駈け込んで

▼ 谷~ (30, 0.4%)

2 は飴

1 [28件] が, がその, が亡くなっ, が何, が渋, の, のこの, のわけ, の住所, の史, の方, の旅行, の書状, の画室, の畫室, の病院, の謡曲, の近所, は, はしたしみぶ, はその後, はまた, は今, は同じ, は経済学説史, は胸, へ注文, や長谷部氏

▼ 谷にも~ (26, 0.3%)

5 其から 2 千住にも

1 [19件] これ程立派, しげく胡蝶花, すぐれた谷, 一本の, 二三の, 亘るくらい, 人に, 住むという, 何処にでも, 入るであろうところ, 冷たくなり出し, 含月荘の, 多摩川畔の, 峰にも, 森にも, 棲息し, 海にも, 聞え渡り再, 近いので

▼ 谷大八~ (25, 0.3%)

2 の三人, の二人

1 [21件] があわてふためいた, がうけとっ, がのぞきこん, がムッ, が懸命, が横あい, とともに源三郎, とともに源三郎側近, などが迎い, なんかという先生方, の声, の注進, の癖, はせせら笑っ, もなんとなく, ももう, も気がる, も自分達, をかえりみた, をはじめ, を見迎えた

▼ 谷婆さん~ (25, 0.3%)

1 [25件] がお, が下手人, が何ん, が入, が忍び込ん, に案内, に繩, のする, の取, の命, の後ろ姿, の肩, の話, の説明, はお, はそれどころ, はた, ははふり落ちる, は何, は續, は面喰つて, へ向ける, を下手人, を助ける, を振り

▼ 谷では~ (24, 0.3%)

1 [24件] あやうく焼き殺される, あるまいね, いま申します, この岩殿寺, これを, すでに山猟師, また何, 中門から, 二人とも, 八幡山では, 北側の, 十一月に, 吐き出され度, 夏は, 夜あかしで, 幕府直轄の, 日本全国相手の, 昔順徳天皇が, 杜鵑が, 水の, 盛んである, 紫陽花が, 親子兄弟姉妹の, 道を

▼ 谷~ (20, 0.3%)

8 ひの 6 ひに 2 ひから 1 ひは, ひふか, ひへは, ひを

▼ 谷~ (20, 0.3%)

32 ね, のを

1 [13件] かの遠い, か分らない, か分らなくなっ, けれど門, で却つて足手絡, といっ, とばかり思っ, と判, と思った, と教えた, と考える, と聞いてた, のが

▼ 谷との~ (19, 0.2%)

3 間の 2 上に, 中間に

1 [12件] きざみめ, 上を, 中間の, 分水嶺で, 合流点よりも, 広大な, 権威者である, 間に, 間にあって, 間へ, 間を, 鞍部へ

▼ 谷干城~ (19, 0.2%)

1 [19件] がいくら, がはじめて, が壇上, が近日中, とも衝突, と片岡健吉, につぎ, に司令長官, のごとき, のよう, の事, の偽物, の器量, はその, は旅先, も津田仙, を動かす, を被害地, を訪ね

▼ 谷へと~ (18, 0.2%)

1 [18件] おちて, さまよい歩く時, でかけた, 下りた偃松, 下降し, 伐採が, 大きな環, 急ぐ氷, 朝の, 横断し, 歩くばかりでも, 流れて, 消える幾度, 白く走っ, 繋がって, 落ちて, 進み急, 降り羅漢

▼ 谷将軍~ (18, 0.2%)

1 [18件] が行っ, と幕僚, には正しい, のす, の奥さま, の挙措, の視察, はそこ, は児玉参謀, は次, は涙, は笑った, へ向っ, へ詰問, も大隈伯, も小使室, らしい, を中心

▼ 谷深く~ (18, 0.2%)

2 おちゆく音しき

1 [16件] さぐる一宇, して, はいって, 一本立てる, 入ったこと, 入りし, 入り込もうと, 坂道を, 折る夏花, 桟危くし, 水が, 相交叉, 続きその, 進んだ, 進んで, 道路狭

▼ 谷~ (18, 0.2%)

3 になつて 2 と姫

1 [13件] なり男, にいる, にぞ住める, になっ, には椚林, に活き, の小さな, の空, の蘆, の部落, はそこ, をひとり, 高い崖

▼ 谷学士~ (17, 0.2%)

3

1 [14件] がいきなり, がおどおど, がよろよろ, が扉, が運転, と真弓子, にはすくなから, に探し出され, は先頭, は椋島技師, は瞳, は言っ, や家出, を肩

▼ 谷より~ (16, 0.2%)

2 登って

1 [14件] ずっと悪く, ほかへ, ようやく魂, 上手です, 向山の, 吹き上りて, 奔つて張魯の, 市ヶ谷八幡鳥居前を, 来ると, 滑川へ, 立つ白雲, 谷に, 谷へ, 谷を

▼ 谷~ (16, 0.2%)

3 の家

1 [13件] から湧く, に晩春, のそれ, の万象, の大, の天地, の奧, の新緑, の旧家, の池, の金魚, の金魚商, を占める

▼ 谷仙四郎~ (15, 0.2%)

2 の幽霊

1 [13件] がこうして, がすかさずチョロチョロ, が生き, だった, ならあいつ, なら生きて, に違い, のこと, の死亡通知, の醜, の饒舌, はもう, は何処

▼ 谷右衞門~ (15, 0.2%)

1 [15件] か外, と伜, と八五郎, と張り合つて, にはまだ, の伜, の聲, の言葉, の話, はむづかしく首, は三千石, は口惜し, は平次, は折, は漸く

▼ 谷そこ~ (13, 0.2%)

2 からはい

1 [11件] にころがりました, にふかき, に突っ, に落ち, の水の, へころげ落ちました, へ下る, へ捨て, へ落ち, へ落ちる, へ逃げ込んだ

▼ 谷~ (12, 0.2%)

3 戸塚に 1 それとも浜辺, だれかと, とうとうそれ, 一寸見分けが, 何かの, 参木かと, 山へと, 無名沼あたりに, 甲谷か

▼ 谷丹三~ (12, 0.2%)

1 [12件] がどう, がフロオベエル, が参照, が牧野さん, だ, に向, の店, の親友, の言, はどんな, も賛成, をそそのかし

▼ 谷団長~ (12, 0.2%)

1 [12件] が, がい, がこの, がちっとも, が正気, が石炭庫, が見かけ, と船員, にかわっ, は顔, をやっつけ, を更に

▼ 谷でも~ (11, 0.1%)

2 最も古い, 流れて 1 あるまいに, なんでも, エイッと, 実に美事, 平蔵谷でも, 泊れない, 馬鈴薯や

▼ 谷とは~ (11, 0.1%)

2 それが, また異 1 どこか, もう三日, わかれて, 一つの, 下流三里の, 十里ぐらい, 反対の

▼ 谷らしい~ (11, 0.1%)

2 形に 1 が雪, 形を, 溝に, 窪と, 窪に, 窪の, 窪は, 窪を, 谷が

▼ 谷一つ~ (11, 0.1%)

3 隔てて 1 の向い, の谷中三崎町, へだてた北伊賀町, を越し, を隔て, 隔てたところ, 隔てた岡, 隔てた狸穴

▼ 谷忠兵衛~ (11, 0.1%)

1 [11件] ただちにお, でも, のあいだ, のごとき, の二人, の説く, の諫言, はその, は同意, は廻文, は槍先

▼ 谷あり~ (10, 0.1%)

1 そしてその, て眼界, 山あり, 川あり, 恰かも, 沼ありです, 渓流あり, 溪流あり, 滝あり, 絶壁あり

▼ 谷といふ~ (10, 0.1%)

3 のは 1 ところに, 六十近い, 字と, 掛り人が, 處が, 谷は, 難所を

▼ 谷~ (10, 0.1%)

1 とは雲泥, などは今にも, の上り, の下, の文弥殺し, へかかる, も桑名, をとぼ, をも越え, を越し

▼ 谷~ (10, 0.1%)

1 にあらゆる, には相当, の奥, は人跡, やアルプス以外, を伝う, を千頭, を林道, を縦, を罩め

▼ 谷~ (10, 0.1%)

3 のさ 1 すなわち蟾蜍, とは傀儡子, とも用い, なるもの, の事, を以て蟾蜍, 或いは傀儡子

▼ 谷とに~ (9, 0.1%)

5 響いて 1 富んだ地勢, 岐れ, 戯る, 挟まれた枝尾根

▼ 谷~ (9, 0.1%)

1 のだろう, ので, のである, のです, ので大きく, のに, のよ, んだ, んていう

▼ 谷~ (9, 0.1%)

9 之助

▼ 谷である~ (8, 0.1%)

2 ことを 1 からこの, からその, ことは, 何故かと, 故に我等, 長い青草

▼ 谷へは~ (8, 0.1%)

1 しょせん手, 一時間半から, 入るぞ, 同類は, 招かずして, 翌早朝, 落ちませんでしたが, 行かないで

▼ 谷文晁~ (8, 0.1%)

1 が写山楼, たいしたお方, の弟子, の教, の歿, の画塾, は, は田安中納言家

▼ 谷~ (8, 0.1%)

1 が入学, にこれ, に出入, はステム・ボーゲン, は其附近, は彼, を合せた, を越し

▼ 谷~ (8, 0.1%)

21 が今, には青々, に人語, の墓, の貧しい, は我等

▼ 谷とが~ (7, 0.1%)

2 存在する 1 かわるがわる目, 一番世に, 敵味方に, 濃藍色の, 複雑に

▼ 谷まつ~ (7, 0.1%)

1 た, たといふ, て, て彼, て最後, て門外, て階段

▼ 谷一面~ (7, 0.1%)

1 から黒い, に反射, の卵塔, の天, の白百合, の百合, を匐つて川風

▼ 谷~ (7, 0.1%)

1 に連なる, の尾根, の雇人達, は峠, は真白い, へ落ち, まで下りた

▼ 谷兵曹長~ (7, 0.1%)

1 が口, だ, の腕, の首すじ, は又, は真剣, は黙っ

▼ 谷かげ~ (6, 0.1%)

1 で見つけた, には美しき, にまだ, に今日, に消え, の雪

▼ 谷とを~ (6, 0.1%)

1 予想する, 仰山に, 分つ尾根, 別けて, 勤めて, 騒ぎま

▼ 谷への~ (6, 0.1%)

1 イヤガラセである, 下りは, 先登を, 散策の, 道を, 降り口に

▼ 谷グク~ (6, 0.1%)

2 の名 1 すなわちクグツ, でありククツ, と云い, の遍満

▼ 谷全体~ (6, 0.1%)

1 がとても, が翳っ, が鳴動, では二十二か村, にひろがる, に時代

▼ 谷好文~ (6, 0.1%)

1 だ, といういい, にこの, の八五郎, は時々, は社

▼ 谷子爵~ (6, 0.1%)

1 の国家学会, の幽霊談, の引証, は, も視察, や津田仙

▼ 谷~ (6, 0.1%)

1 がのっそり, が荒れ, でダレ, と柳, の大政, の斡旋

▼ 谷幹一~ (6, 0.1%)

1 がコロムバン, が宝田, が悪酔, が死んだ, の斡セン, の父

▼ 谷~ (6, 0.1%)

1 で, と言え, の西方, の険, も物, を越

▼ 谷~ (6, 0.1%)

1 から西, といふ説, に差し掛る, は今, を基點, を通過

▼ 谷~ (6, 0.1%)

2 になにか 1 の奥, の奧, の小さき, の底

▼ 谷~ (6, 0.1%)

2 は赤沢岳 1 から餓鬼岳, とある, というの, より後

▼ 谷からの~ (5, 0.1%)

1 帰りが, 通路にあたる, 道が, 電報が, 風に

▼ 谷じゅう~ (5, 0.1%)

1 に自分, に響きわたる, をと見, を掩, を見まわし

▼ 谷とか~ (5, 0.1%)

1 いいますよ, 何とか言う, 又は親, 悪谷, 言つて丘と

▼ 谷と共に~ (5, 0.1%)

2 思惟する 1 再び北, 向ひ, 雲仙の

▼ 谷に対する~ (5, 0.1%)

1 恋愛の, 愛には, 感情を, 憤懣から, 自分の

▼ 谷ふところ~ (5, 0.1%)

1 から一彪, の一方, へ平家, へ逃げ去っ, へ這い上った

▼ 谷へも~ (5, 0.1%)

1 大久保長安の, 山へも, 落ちなけりゃ巌, 飛びこみかねなかった浅ましい, 鶯が

▼ 谷三十三か村~ (5, 0.1%)

2 の人民 1 には福島, の庄屋, の総代十五名

▼ 谷五郎親分~ (5, 0.1%)

1 が自分, の家, は不, は中坂, を揉み

▼ 谷伝い~ (5, 0.1%)

1 と相, に何処, に行った, の二つ, を終っ

▼ 谷俊次~ (5, 0.1%)

2 である 1 が, も乗っ, を入れ

▼ 谷先生~ (5, 0.1%)

1 なん, の奥さん, の門, は如何, もほんとう

▼ 谷国四郎氏~ (5, 0.1%)

1 が名代, とも知っ, の事, はこの, も通信

▼ 谷方面~ (5, 0.1%)

1 で討死, には何ら, の要路, へ夜どおし, へ急派

▼ 谷~ (5, 0.1%)

1 が最高学府, である, の姿, の智慧, は同

▼ 谷~ (5, 0.1%)

2 の作 1 こそ王莽, の上書, の辞

▼ 谷~ (5, 0.1%)

1 があんな, とはお前, の方, の機鋒, は何

▼ 谷警部~ (5, 0.1%)

1 が這入っ, が雷, は, はそれから又, を睨みつけました

▼ 谷~ (5, 0.1%)

1 で二階, で貸, に延宝年間, の地黒, を葉子

▼ 谷~ (4, 0.1%)

2 ほき里 1 ほくありて, ほよそ眼

▼ 谷からは~ (4, 0.1%)

1 嫁探し, 尚お, 水が, 絶えず薄い

▼ 谷からも~ (4, 0.1%)

1 すでに通っ, 去らうと, 尾根へ, 沢からも

▼ 谷その~ (4, 0.1%)

1 天上の, 谷から, 谷の, 辺は

▼ 谷ぞい~ (4, 0.1%)

1 に山, の一路, の小径, の山道

▼ 谷って~ (4, 0.1%)

1 もう行き場, 心中に, 我れ知らず, 暴言を

▼ 谷であった~ (4, 0.1%)

1 が此処, と思う, のだ, 低地を

▼ 谷などの~ (4, 0.1%)

1 あるのみ, 八方へ, 画人や, 衛星的な

▼ 谷なる~ (4, 0.1%)

1 ものが, 天竜川の, 岩殿寺の, 自分が

▼ 谷について~ (4, 0.1%)

2 凹凸烈しい 1 一町ばかり, 溯つた時

▼ 谷にて~ (4, 0.1%)

2 白樺の 1 うめき泣きて, 下る

▼ 谷までは~ (4, 0.1%)

1 そう遠く, 一里九丁ご, 夜は, 直線に

▼ 谷クグ~ (4, 0.1%)

1 が知っ, というの, とも呼ばれる, と呼ばれた

▼ 谷一帯~ (4, 0.1%)

1 の大, の松籟, はほとんど, を見おろし

▼ 谷~ (4, 0.1%)

2 はまだ 1 というの, は皆

▼ 谷~ (4, 0.1%)

1 に南, に片, に當, の谷

▼ 谷向う~ (4, 0.1%)

1 の一目千本, の傾斜畑, の岩窟牢, の村

▼ 谷土手~ (4, 0.1%)

1 ともいふ, とも云, に出, よりは短けれ

▼ 谷大膳~ (4, 0.1%)

1 とは以前, は人質, は以後, を始め

▼ 谷沿い~ (4, 0.1%)

1 に奈良田, に少, の徐行, の湿地

▼ 谷活東~ (4, 0.1%)

1 というの, といふの, と一しょ, は紅葉先生

▼ 谷深き~ (4, 0.1%)

1 こと東百丈西七十五丈南北も, を物, 山路に, 木の間より

▼ 谷~ (4, 0.1%)

4 一の

▼ 谷若林~ (4, 0.1%)

2 の生活 1 にて, の舗装道路

▼ 谷~ (4, 0.1%)

1 から麓, には本草, に木魂, 深く相

▼ 谷関もも~ (4, 0.1%)

4 のならず

▼ 谷あたり~ (3, 0.0%)

1 だけでも過, の最も, を中心

▼ 谷かけ~ (3, 0.0%)

1 て下りける, て何百町, て山々峰

▼ 谷こえ~ (3, 0.0%)

3

▼ 谷さえ~ (3, 0.0%)

1 ぬけたならば, もなくなっ, 何も

▼ 谷それから~ (3, 0.0%)

1 地蔵前, 小樺, 無色に

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 こには, こは, こふかく

▼ 谷であっ~ (3, 0.0%)

1 てもそこ, て人間, て底

▼ 谷です~ (3, 0.0%)

1 からね, から牡丹, ね

▼ 谷での~ (3, 0.0%)

1 分限者に, 屈指な, 最も古い

▼ 谷として~ (3, 0.0%)

1 あるな, 東京や, 残されて

▼ 谷とで~ (3, 0.0%)

1 その伎倆, 五丁も, 蔽はれ

▼ 谷なども~ (3, 0.0%)

1 あって, 其一の, 軍隊と

▼ 谷なれ~ (3, 0.0%)

1 ばこそそれ, ばこそだ, ば緑樹長

▼ 谷なんて~ (3, 0.0%)

2 いやな 1 名前は

▼ 谷にのみ~ (3, 0.0%)

1 住むもの, 住んで, 気を

▼ 谷ふかく~ (3, 0.0%)

1 して, 炭やく, 逃げこんだ

▼ 谷へでも~ (3, 0.0%)

1 投りこまれた, 落ちたら何, 行ったの

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 たらしい築山, て在る, て高雅

▼ 谷やら~ (3, 0.0%)

1 峰道を, 狭道, 畠やら

▼ 谷一つ距~ (3, 0.0%)

1 てた女世帶, てた眼, てた高台

▼ 谷三次~ (3, 0.0%)

1 であった, の前, は遣りきれない

▼ 谷中尉~ (3, 0.0%)

1 の発議, の靴, はお茶

▼ 谷事件~ (3, 0.0%)

1 で洛中混乱, のクロ星, の露顕

▼ 谷代田~ (3, 0.0%)

1 に彼自身, に移り住み, の家

▼ 谷以外~ (3, 0.0%)

1 な所, にも行われ, の何物

▼ 谷八幡~ (3, 0.0%)

2 の境内 1 へ行った

▼ 谷博士さま~ (3, 0.0%)

1 が研究所, だ, の研究所

▼ 谷國四郎氏~ (3, 0.0%)

1 でありました, の, の作

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 のその, の岩山, を浸蝕

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 朏小山黒田中田小泉福地田名網堀口関口は, 膳は, 菩薩の

▼ 谷大八等~ (3, 0.0%)

1 すこしもあわてません, の先生方, はいったい

▼ 谷小波~ (3, 0.0%)

1 がこの, が筆頭, の本

▼ 谷山地~ (3, 0.0%)

1 の大, の歴史, の請願事件

▼ 谷底部~ (3, 0.0%)

1 に下り, に多少, に相当

▼ 谷悦治氏~ (3, 0.0%)

21 と長谷部文雄氏

▼ 谷斜谷~ (3, 0.0%)

1 の三面, の両道, の途中

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 兵衛新田と, 助氏奥宮正治氏中村藩では, 助氏等は

▼ 谷歩き~ (3, 0.0%)

1 にかけては誰, に慣れぬ, に熟練

▼ 谷泊り~ (3, 0.0%)

1 だ, でそれから, 次の

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 の中, をノーヅツ, 多く

▼ 谷落合~ (3, 0.0%)

1 ひ凡そ三里, 更に下る, 更に欅平

▼ 谷静栄さん~ (3, 0.0%)

1 と, などみんな元気, の下宿

▼ 谷~ (3, 0.0%)

1 は右, ばかりはつ, をたより

▼ 谷あけ~ (2, 0.0%)

2 がたに

▼ 谷あの~ (2, 0.0%)

1 木この, 部落を

▼ 谷あり流れあり~ (2, 0.0%)

2 嘘だ

▼ 谷いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に香気, のいたや

▼ 谷この~ (2, 0.0%)

1 谷から, 谷と

▼ 谷そのもの~ (2, 0.0%)

1 の感じ, もす

▼ 谷その他~ (2, 0.0%)

2 は歌

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, や野良

▼ 谷であり~ (2, 0.0%)

1 多くの, 後者は

▼ 谷であろう~ (2, 0.0%)

1 かと迷い出した, か参木

▼ 谷でございます~ (2, 0.0%)

1 か, からな

▼ 谷としては~ (2, 0.0%)

1 たまらない面倒, めずらしい祭典

▼ 谷とて~ (2, 0.0%)

1 熊野植物の, 発奮せず

▼ 谷なし~ (2, 0.0%)

2 に山

▼ 谷なぞと~ (2, 0.0%)

2 呼んで

▼ 谷など~ (2, 0.0%)

1 いうの, いふ地名

▼ 谷にかけて~ (2, 0.0%)

1 探した, 雪が

▼ 谷にでも~ (2, 0.0%)

1 来たよう, 落ちて

▼ 谷にな~ (2, 0.0%)

1 つたのは, つて東山の

▼ 谷ばかり~ (2, 0.0%)

1 ぢや, でなく花崗岩

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 て死, 思を

▼ 谷ひとつ~ (2, 0.0%)

1 隔てた妙法岳, 隔てた山

▼ 谷ぶところ~ (2, 0.0%)

1 へ逸散, より山

▼ 谷また~ (2, 0.0%)

1 谷ぼうぼう, 谷北に

▼ 谷もと薬研~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 谷よりは~ (2, 0.0%)

1 一と, 間に

▼ 谷わたり~ (2, 0.0%)

1 の節, やいろいろ

▼ 谷をも~ (2, 0.0%)

1 うずめつくすよう, ふたりで

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 下テハ長尾伊賀守城, 下長尾伊賀守持

▼ 谷一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に鳴りどよめく, の吹雪

▼ 谷一名死~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ 谷一方~ (2, 0.0%)

1 は粘土, 覆被さった雑木林

▼ 谷一杯~ (2, 0.0%)

1 に拡, に拡がった

▼ 谷中道~ (2, 0.0%)

1 の両側, を歩い

▼ 谷余りに~ (2, 0.0%)

1 あはれな, 世間化した

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 の義, よりは岩倉

▼ 谷元八~ (2, 0.0%)

1 が拘引, の二人

▼ 谷内蔵~ (2, 0.0%)

1 之允, 之允殿

▼ 谷刑務所~ (2, 0.0%)

1 に収容, に訪問

▼ 谷利太郎~ (2, 0.0%)

1 は其, は大

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 に聳え, は音羽山

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 がわ, はきのう

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 は絶壁, 両ヶ所

▼ 谷君等~ (2, 0.0%)

1 の一行, の四人

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 はどうやら, へ移住

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 の刀鍛冶不動坊祐貞方, の大林

▼ 谷大八脇本門~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 谷夫人~ (2, 0.0%)

1 が話, に逢っ

▼ 谷嫩軍記~ (2, 0.0%)

1 では満足, の浄瑠璃

▼ 谷~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 の留守, は憲房以下

▼ 谷宿~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, の大通り

▼ 谷小波さん~ (2, 0.0%)

1 の住居, や岡野知十さん

▼ 谷小波先生~ (2, 0.0%)

1 が木曜會, の健勝

▼ 谷少将~ (2, 0.0%)

1 と言える, は何とか

▼ 谷少年~ (2, 0.0%)

1 が入口, だった

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 の容赦, を見

▼ 谷常陸山~ (2, 0.0%)

1 の晩年, の角力

▼ 谷干城子~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 谷干城少将~ (2, 0.0%)

1 が参謀, である

▼ 谷底みたい~ (2, 0.0%)

1 なせまい, な浴室

▼ 谷底一杯~ (2, 0.0%)

1 になつ, は石

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 を登っ, を登り

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 庵室, 鷹狩の

▼ 谷文晃~ (2, 0.0%)

1 が若松, に

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 から林, のさま

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 たっ帰てれ後, れか

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 から樹, の八尋桙根

▼ 谷殿~ (2, 0.0%)

1 へ移っ, 待て

▼ 谷氏等~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 とて鹹水, の方

▼ 谷深けれ~ (2, 0.0%)

1 ばむかし, ば入り

▼ 谷灯かげ~ (2, 0.0%)

2 全く無し

▼ 谷狐馬~ (2, 0.0%)

1 が頭, とはいったい

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 というは其の, となす

▼ 谷玖満子夫人~ (2, 0.0%)

1 が外, は夕方誘い

▼ 谷由浜~ (2, 0.0%)

1 という小さな, へ向った

▼ 谷紅葉夕日~ (2, 0.0%)

1 をわたる, を渡る

▼ 谷苔六君~ (2, 0.0%)

1 の報告, は周防

▼ 谷街道~ (2, 0.0%)

1 となり, に出る

▼ 谷見霞む~ (2, 0.0%)

1 やうな, ように

▼ 谷譲次~ (2, 0.0%)

1 の大衆読物, はこの

▼ 谷譲次氏~ (2, 0.0%)

1 の, は新

▼ 谷豊栄二人~ (2, 0.0%)

2 の追善

▼ 谷越え~ (2, 0.0%)

1 てのはるか, て春

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 をそれ火, 尚軒

▼ 谷近く~ (2, 0.0%)

1 で将校, で將校

▼ 谷通坂~ (2, 0.0%)

1 まで追, を駈下りまし

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 への手前, もこれ

▼ 谷金成君~ (2, 0.0%)

1 も今, をご

▼ 谷附近~ (2, 0.0%)

1 からはさしも, で利根川

▼ 谷~ (2, 0.0%)

1 にし, へ立った

▼ 谷青二~ (2, 0.0%)

1 との両, も浅間信十郎

▼ 谷鬼子母神~ (2, 0.0%)

1 に至る, のあたり

▼1* [449件]

あってはじめ, 谷ありで美しいの, 谷ある為に, 谷いちめんは冷たい, 谷いよいよ深く鹿島槍巍然, 谷うしろの風呂谷, 谷かなそれともお, 谷からいずくとも, 谷がも少しこっち, 谷つての, 谷くんだりまでも出向い, 谷ぐらい胡蝶の, 谷けぶりは白し, 谷こだまをふと, 谷これにこたえ, 谷ういふところ, 谷さして兩國橋, 谷さまで狹, 谷さんあなたどう思っ, 谷さんあなた参木のこと, 谷さん一家が私, 谷さん余りだよ, 谷さん貯蓄を八谷さん, 谷さん遊撃隊はどこ, 谷さん駄目だわね, 谷じゃ七人か, 谷すべて美しいシイン, 谷すべて大根引のさかり, 谷その間を通っ, 谷それそれに聞えまする, 谷たる所以を, 谷だけでは, 谷だって人が, 谷だろうか, 谷てしまひました, 谷つき森林となる, 谷つづきの峯, 谷づたいに高瀬は独り桑畠, 谷づたいの異状なきよう, 谷であれば球面波, 谷でござると名乗る, 谷でさえがわたしを, 谷というは窟の, 谷というも強ち, 谷とかへ行くつもり, 谷とからは武者押しの, 谷ともよぶ, 谷どの峰にも, 谷なぞいう分類, 谷などから見ると, 谷などと呼ぶ山間, 谷などには幕府方の, 谷などは大部分これ, 谷ならもう会い, 谷ならざるに従, 谷なら越え行けぬことは, 谷なりにまず訊い, 谷なんかに師匠の, 谷なんぞと人外境の, 谷において見るが, 谷における牛若も, 谷にさえ入れれば, 谷にぞ雲は, 谷にたいする裁断, 谷にては見えざりし鋸山, 谷にとっては不利であった, 谷にはべにゆりが, 谷にまで求めようと, 谷にわたる連壁が, 谷に従い岸の, 谷に関する諸書, 谷のしゃ枯れ声が, 谷のみ白く仰がれ, 谷のみしか見えぬ, 谷のむこうに, 谷はごうと流れ, 谷はじめての活気, 谷はと見れば, 谷ははッと, 谷はん済まへんけど, 谷たに, 谷ひとつ彼方の敵, 谷ふかみもろ木, 谷ふかきよそほひ, 谷べにふかく沈みたるらし, 谷ぼうぼうたる草, 谷または小金井の, 谷までの長さ, 谷までも知って, 谷みたいな女, 谷みなそうだった, 谷みな眼下指頭にあり, 谷もう一つあれ, 谷もしくは間ノ岳頂上北方の, 谷もとのま, 谷ようやく窮まりて, 谷よりもすばらしくて, 谷らしくもない, 谷て一生懸命, 谷りつるその石, 谷とともに貫一, 谷をずつと下まで, 谷をばちゃば, 谷をへだつる前, 谷をわたつて, 谷を通して北へ, 谷を通じて一緒に, 谷ククまたはククト, 谷ニ会セシメ今マタコノ事, 谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 谷法然院カラ始メテ黒谷, 谷一せいに進撃, 谷一つ彼方の如意ヶ岳, 谷一つ手前までは誰, 谷一つ村一つが数百年, 谷一ツ彼方に謡う, 谷一中野重治鹿地亘久板栄二郎等の論文, 谷一二三九・三メートルを越し, 谷一六の筆, 谷一切の支配, 谷一名を死, 谷一家の窮乏, 谷一帯木々の色, 谷一重のさし, 谷一面褐色と白色, 谷七郷の者, 谷万丈の崖, 谷の谷, 谷三九郎の邸, 谷三十里の処々方々, 谷三千石を本領, 谷三山宛岡本黄中の書信, 谷三山森田節斎両家の筆談, 谷三時半広河原四時には楽, 谷三窓小窓, 谷下四宿の宿役人, 谷世良仙石に送られ, 谷山の, 谷中宿村の役人, 谷中茶屋町に転居, 谷九十九谷の一ツ, 谷二つ一度にお, 谷二万マイルのうえ, 谷二個所の陸軍病院, 谷五郎お前が, 谷五郎さんが聟, 谷五郎其處にゐた, 谷亡兄の典馬, 谷人民の総代ら, 谷付く水の, 谷付近で野宿, 谷仙四郎儀療養叶わず遂に, 谷仙四郎君だった, 谷仙四郎奴が笑っ, 谷以下のクラス, 谷ひに, 谷住いはしません, 谷俊次山九組小頭の城三次, 谷元八栗原宰次郎その下流, 谷元八田野入利三郎ほか数名, 谷元八等がそれ, 谷兄弟仇討の噂, 谷光蔵という同じく, 谷八つ峰八つをわたつ, 谷八つ高み八つを越える, 谷八ヶ岳高原富士五湖を紹介, 谷八右衛門の屋敷, 谷八幡下の田圃, 谷八幡境内に隣, 谷八幡様から茶, 谷公園の散歩中, 谷共同墓地に徙, 谷兵太夫があやうく, 谷其上流に蟠る, 谷出羽守様の御, 谷まって, 谷利三郎土人一名合せて, 谷北六の背, 谷北沢の明石方, 谷北谷風呂谷一せいに進撃, 谷十一宿の宿役人仲間, 谷千里先考荒木博臣等と同じく, 谷博士ここに来られた, 谷博士さんそっくりだ, 谷博士山形警部それから勇敢, 谷博士永眠の電報, 谷博士独特の新, 谷博士相會於洛北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 谷博士私をもと, 谷卯木の紅花, 谷及び同県那賀郡山崎村大字原, 谷及針木谷という順, 谷軍記, 谷古さんといふ人, 谷叫び火は山火事, 谷右衞門さんと仰, 谷右衞門旗本の大家, 谷右衞門江戸中の笑, 谷司令官の奥様, 谷司令官以下幕僚たち数騎で市中, 谷合いに住ん, 谷同じような, 谷名物の鐵心道人, 谷君外三人の画家, 谷君悪魔のしのび, 谷呀然として開け, 谷の谷, 谷四郎重朝の遺跡, 谷団長さんの顔, 谷国四郎その他の人々, 谷国四郎君の, 谷國四郎鹿子木孟郎二氏の, 谷土手下にぬ, 谷埋葬地あり, 谷を奪, 谷城野口城志方の城, 谷基地の地上指揮所, 谷の本陣, 谷外記が頭取, 谷多き地を, 谷大使館参事官は現地案, 谷大八どっちへつい, 谷大八らこれは壺, 谷大八廊下のほう, 谷大八等伊賀から婿入り道中, 谷大八門之丞, 谷大島と伝っ, 谷大毛野の諸村, 谷大砲などもいた, 谷大砲朝潮逆鉾, 谷奥深く登りたり, 谷女峰の劍, 谷好文君が風呂敷包み, 谷婆さんぢやない, 谷孫六先生のよう, 谷安岳縦貫一百州地底猶埋, 谷室浜の儀兵衛, 谷宮川のクボ, 谷宮門とよび, 谷家街道を西南, 谷富久町に住ん, 谷富士は富士, 谷寿福寺の一禅僧, 谷小林三浦僕等の如き, 谷小波江見水蔭も共に, 谷小野寺謙刊行の蝦夷地図, 谷少佐夫人とによって福引, 谷は磬うつ椿, 谷尾さんの苦言, 谷尾張屋敷の自分, 谷居士である, 谷がいまだ, 谷の向う, 谷山地古来の歴史, 谷山地官民有の区別, 谷山地官民有区別の儀, 谷山地従来の慣例いかん, 谷山腹にあたって俗, 谷はまたたく間, 谷峡山のひだ, 谷峯しどろに越え行け, 谷崩れ出水なぞの, 谷から其等, 谷工場の欧文校正係, 谷も狭く, 谷干城さんも安井, 谷干城三浦梧楼富田鉄之助をはじめ有志二千余名, 谷干城厳本善治副島八十八安部磯雄花井卓蔵原田赴城松田順平山崎弘道留岡幸助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 谷干城同家家職某津田仙高橋秀臣の一行, 谷干城少将以下兵二千人夫千七百決死して, 谷干城氏が我同胞, 谷干城熊本城へ籠る, 谷平助さんが先月下旬永眠, 谷平助芳野宮内などの旗本, 谷幹ヌキで大いに, 谷幹一これがキ印, 谷幹一人酔ひ皆にからみ, 谷庄屋問屋年寄などは多く, 谷底いっぱいに立ちこめ, 谷底そこに天然, 谷底全部がその, 谷底向うの岸, 谷底幽かに上, 谷底我は山上, 谷底近くにでき, 谷底道を歩かね, 谷底遙に雄, 谷底遥かに黙祷, 谷へ, 谷庵室へ, 谷張りの一戯作, 谷強盗泉あり, 谷彰君に有, 谷往還を世田ヶ谷宿, 谷立山谷栂谷及針木谷という, 谷御岳乗鞍二大火山, 谷御座います谷の, 谷御杖の學説, 谷徳永外二人とギニヨル座, 谷徳永小柴柚木などの画家, 谷徳永柚木などの日本人, 谷徳永柚木長谷川の四人, 谷る思, 谷息づくごとし山の, 谷成章もやはりそう, 谷戸塚と来た, 谷戸山ヶ原板橋附近の郊外, 谷戸越を越し, 谷房吉野口春蔵小林偵七郎茂呂近助, 谷この術, 谷撫象氏と共に時々, 谷支配の山村氏, 谷滅多に, 谷文晁一人に過ぎない, 谷文晁和歌に前田夏蔭, 谷文晁長島五郎作石塚重兵衛がいる, 谷の若者, 谷日下部以下日本の北派, 谷暗く風は, 谷暗黒の二万マイル, 谷最奥の部落奈良田, 谷朝倉左衛門尉義景十八人の侍大将, 谷木曾谷の者, 谷東光寺の裏, 谷東北澤に家, 谷柴らな故, 谷栂谷及針木谷という順, 谷桑畠竹藪などが見える, 谷棒小屋沢をソウレイ谷, 谷森岩凄まじき所, 谷権現の祭り, 谷の転じた, 谷氣痺多く丘氣狂, 谷氷ノ山鉢伏滝川妙見蘇夫等が小代谷, 谷氷河の一部, 谷永字は子, 谷や平野, 谷沿い道よりもむしろ, 谷泉ヶ谷などと呼ぶ, 谷泉病院遠からざれ, 谷洗鱗畫伯逝いて, 谷活東子と携提, 谷深み五百枝大楠立ちならぶし, 谷深み瀬の音, 谷きあたり, 谷ひの, 谷添いなので馬, 谷りの, 谷とも谷蟆, 谷火葬場に到着, 谷熊次郎関口多吉大朏善平, 谷熊次郎関口多吉堀口源吉である, 谷の寝汗, 谷片掛湯の谷と六里半余, 谷玖満子もいた, 谷生まれでことし二十一, 谷同, 谷田母澤の谷, 谷田鍋谷などの八方, 谷由浜の村は騒ぎ, 谷益邃かに, 谷監獄が初犯再犯, 谷目白へかけ, 谷目黒不動喜多見不動等々力十二社深大寺王子など諸, 谷石原の忰, 谷石門の一部, 谷研究員です, 谷研究所の半, 谷祁山の兵, 谷福島宿の奥所, 谷秩父の谷, 谷空々漠々たる氷, 谷窪田吉江其他の顏, 谷竜潭鳳潭の七世, 谷答えていず, 谷粕壁を通っ, 谷粕壁久喜鷲の宮, 谷粕壁幸手でゆうべ, 谷紅葉が折々, 谷の御詠歌, 谷美しい樹木の, 谷自動車隊が一夜, 谷自身にも判斷, 谷至道さんの著, 谷若林砧村大蔵等に亘る, 谷英一が凡そ, 谷草庵が焼打ち, 谷荒澤の谷, 谷落ちてそれから, 谷落合西岸より内蔵助谷落合, 谷蒼々と暮, 谷蔵さん今晩は, 谷薬局長の令嬢, 谷虎四郎君であった, 谷蠡王の内紛, 谷蠡王以下の諸, 谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 谷西の谷, 谷西駒ヶ岳あいを流るる, 谷見つけで降り, 谷見附へ辿りつく, 谷覗くと鍵, 谷詣りの善女人, 谷諸村の山地, 谷讓次さんのもの, 谷谷谷深く相, 谷をかへせし, 谷豊栄が情死, 谷の高い, 谷の底, 谷辺道玄船橋宗禎坂尚安多紀安琢であつ, 谷迄は二時間から, 谷迫りて一寰区, 谷通りで毎朝, 谷逝き先考も, 谷過去へと深く, 谷遠征となつ, 谷には人さ, 谷邨さんからお話, 谷邨一佐氏は一九三七年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士, 谷に, 谷重遠の説, 谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 谷金成いやこの, 谷鎮房を酒席, 谷長次郎谷三窓小窓, 谷長谷川徳永近江柚木志貴酢屋僕の八人, 谷門蔵御挨拶, 谷間田君手掛りが有たら聞せ, 谷隔てた里村の, 谷雪旦文晁国芳あたりまでが轡, 谷静栄と云う, 谷響了風といふ, 谷額ぶち店が当時展覧会出品, 谷飛騨富山などおりある, 谷食いちがう歯車敵と, 谷餌差町辺の電車通り, 谷香蔵なぞはいずれ, 谷に来た, 谷駅中より左, 谷騎兵聯隊から持っ, 谷の庇下, 谷暘谷高, 谷鬼神谷のよう, 谷鬼龍山谷の音, 谷てふ, 谷が啼く, 谷龍吉君に起される, 谷龜原の冬木立