青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「變~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

警視庁~ 警部~ ~譯 譯~ 議会~ 議員~ ~議論 議論~ 讃~ ~變
變~
~谷 谷~ 谷間~ 豆~ 豆腐~ 豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~

「變~」 6478, 70ppm, 1626位

▼ 變~ (1559, 24.1%)

115 ことに 101 ことが 100 ことを 66 んだ 35 顏を 21 事を 18 ことだ 17 ものを, 事が 16 ものが, んです, 事に 14 聲を, 騷ぎでした 13 音が 12 ことでした, 氣が 11 ことで, ことばかり, んで, 野郎が, 騷ぎが 10 こと, のが, 素振りを 8 眼で 7 ものです, 間違ひ 6 ところが, もので, 噂が, 噂を, 家です, 者が, 聲が 5 ところへ, ものだ, ものに, 奴だ, 心持に, 物音が, 男と, 話を, 間違ひです

4 [15件] ことぢや, ことと, 事, 力だ, 女だ, 女で, 女です, 奴が, 手紙を, 男が, 男です, 男は, 違ひです, 野郎です, 騷ぎに

3 [22件] ことにな, ことは, ところから, ところで, のだ, のよ, んで親分, 恰好で, 捕物だ, 景氣だ, 樣子を, 氣を, 癖が, 細工を, 縮尻を, 血ぢや, 話です, 違ひ, 野郎, 騷ぎぢやないか, 騷ぎです, 騷ぎですよ

2 [64件] ことから, ことだらけだ, ことといふ, ことも, のと, のは, もの, ものである, ものでした, 事だ, 事にな, 事の, 事ばかり, 二本差です, 人氣を, 人立ち, 人間が, 人間も, 匂ひ, 匂ひがします, 味に, 噂の, 大年増, 女でした, 女を, 廻り合せぢや, 形の, 影響を, 御機嫌, 恰好を, 手つきで, 手紙が, 捕物だつた, 文が, 方な, 時に, 曲者だ, 樣子は, 殺しだ, 氣に, 氣持に, 氣持にな, 混雜です, 物が, 男だ, 目を, 相違で, 眼付を, 笑ひ, 素振, 素振りで, 素振りの, 色だ, 血です, 衝動を, 見幕で, 話だ, 話ぢや, 身振りを, 違ひだ, 野郎で, 顏し, 顏に, 騷ぎで

1 [508件 抜粋] おめかしだ, お方です, からくりから, けむ, ことだつた, ことだつたさうでございます, ことだらけです, ことてえ, ことでありました, ことです, ことでも, ことで御座いました, ことで御座います, ことな, ことにも, ことまで, ことまでも, こと出, こと續きで, こと聞く, ごとに, しぼるやう, つて古典も, とこから, ところだらけだ, ところに, ところの, ところを, なぞを, のか, ので, のであつ, のです, のでその, のでどうか, ので多勢, ので番頭, ので直ぐ, のには, のに引つ, のよツ, のを, の兵隊, はめで, ひとだ, ふうに, ものがと, ものださうである, ものだらう, もので御座います, ものな, ものは, ものよ, もんです, やうぢや, やうで, やうです, やうに, やうにも, んださうで, んでした, んでたまらねえ, んで一, んで叔母, んで外, んで漸く, んで番頭, んで行つて, んで見, んで野垂れ死, トボケた, ドシヤ降りで, バクロ雜誌の, ワザなんか, 下男が, 不安が, 不快さが, 不義理, 亂雜さである, 事から, 事で, 事である, 事です, 事なぞ, 事件が, 事件に, 事件にで, 人いきれの, 人が, 人さおいらは, 人で, 人でした, 人です, 人に, 人出だつたさうです, 人出で, 人數である, 人氣でございました, 人混みだつた, 人達です, 人違ひ, 人間である, 人間と, 人間を, 仕事だ, 仕事だつた, 仕事でした, 仕事に, 仕事は, 代物が, 代物です, 何ともいへぬ, 使を, 供へ, 信心に, 借金で, 値である, 値打で, 傷が, 傷です, 僻んだ顏, 元氣, 光榮であり, 光線の, 入費で, 具合に, 冒險を, 冗談です, 凄味の, 出血で, 利口者で, 力ぢや, 力で, 力です, 力ね, 力持で, 力業です, 努力でした, 努力を, 動悸でした, 勞作を, 匂ひでした, 匂ひまで, 化物だ, 厭な, 反映を, 取沙汰でございました, 口を, 口説を, 可厭, 名を, 名人です, 名畫名幅, 味, 味だ, 味にな, 咳さへ, 品を, 啀み, 噺だ, 圖だつた, 圖でした, 坊主が, 埃だらう, 埃で, 執心です, 場所へ, 場違ひ, 夢を, 大きな網, 大捕物, 太い聲さ, 女が, 女ださう, 女だらう, 女ぢ, 女丈夫で, 奴, 奴で, 奴に, 奴も, 奴等だ, 好みだ, 娘が, 娘で, 字で, 字を, 客が, 家と, 家といふ, 家も, 宿に, 寂しさ, 實感が, 寳ぢや, 小娘だ, 小泥棒事件, 小説の, 少女が, 履物が, 山男が, 嵐でした, 工合に, 帽子を, 帽子をか, 彌次馬だ, 形で, 形を, 役廻りです, 後悔を, 御法度で, 心を, 心地が, 心持ちが, 心持で, 心持でした, 心持です, 心持にな, 心細さ, 急所だ, 怪我ぢや, 怪我を, 息子です, 恰好だ, 情景を, 惡戯だ, 意地を, 意氣込で, 感じに, 感じを, 態度を, 慾望, 憑物が, 所で, 所へ, 手の, 手紙で, 手紙です, 手紙に, 手違ひ, 拵へを, 持て, 捕物ぢや, 捕物でした, 掛け合ひ, 掛り合ひ, 損を, 損耗で, 擾亂, 收獲でした, 數だらう, 數に, 文句を, 料簡を, 斜視の, 方で, 方に, 旦那と, 時や, 時代です, 時船が, 時間が, 普請で, 景氣で, 曲者で, 曲者です, 書き方を, 書の, 書置だ, 服裝を, 望みだ, 柄の, 條件を, 樣子が, 樣子だ, 樣子で, 機嫌で, 權幕で, 武家が, 武家を, 武將で, 歩きやうを, 死樣を, 殺しでした, 殺しです, 氣です, 氣にも, 氣の, 氣味の, 氣持が, 氣持ちは, 氣持でありました, 氣持です, 氣持を, 氣象者だ, 水が, 汗ぢや, 沈默だつた, 泥だ, 泥です, 泥棒が, 泥棒といふ, 泥棒の, 流行でありました, 流行にな, 浪人者が, 浪人者の, 深間だ, 渦卷型に, 湯の, 漢語も, 濡れ衣を, 火傷を, 無氣味, 無氣味さ, 煙だ, 物いりで, 物だらう, 犬の, 狐なんか, 産金です, 男ぢや, 男に, 男を, 男子が, 番狂は, 異人として, 癖で, 發展を, 發見を, 白いもの, 目つきで, 目方の, 相手だ, 相手です, 相違が, 相違だ, 眼を, 眼付きで, 眼付とを, 矢でございます, 稼ぎを, 穴を, 約束を, 素振りした, 素振りは, 繩と, 罪を, 美い, 羽目で, 羽目に, 老爺バンバは, 者です, 聲だ, 聲で, 聲でございました, 聲も, 脂だ, 腕前の, 臭ひ, 臭氣が, 臺詞だ, 興奮と, 舶來劇を, 船が, 色師と, 芝居に, 若い男, 苦しみでした, 苦しみや, 茶わん, 藝當を, 處に, 處へ, 螢だ, 血が, 血だ, 血で, 血でした, 表情を, 裝束だ, 見ものだつたさうです, 親爺だ, 觸れ込みで, 言い方です, 言ひ, 言ひかた, 言動が, 評判だ, 評判ぢや, 評判です, 評判の, 話が, 話といふ, 話の, 話ばかり, 説明を, 調子で, 謎なんか, 證據が, 豫感から, 豫感を, 賑ひだ, 賑やかさでした, 赤い顏, 赤蜻蛉で, 起請が, 足跡です, 路地だ, 身上だ, 身體だ, 返事だ, 返事を, 迷惑を, 遊びを, 道具を, 道樂者で, 違げえ, 違であります, 違ひだからね, 違ひだが, 違ひだぜ, 違ひだぞな, 違ひだつたのです, 違ひだな, 違ひで, 違ひでそれは, 遠吠, 野火と, 野郎だけ, 野郎ぢや, 野郎と, 野郎なんかに, 野郎に, 野郎は, 金持な, 錯覺な, 錯誤とが, 錯誤を, 長屋だ, 間違つた, 間違ひだから, 間違ひだぜ, 間違ひだつた, 間違ひだ若い, 間違ひで思ひ, 間違を, 關係だ, 關係でも, 關係を, 降りでした, 隔りが, 雨風で, 雪駄などを, 雲脂だ, 靜かさが, 面だ, 音だ, 音の, 音を, 頼みだ, 題が, 題だつた, 額に, 顏, 顏だ, 顏つきを, 顏の, 顏色を, 風を, 風流だ, 食は, 騷ぎ, 騷ぎが思ひ, 騷ぎだ, 騷ぎだつたつて言ひます, 騷ぎだね, 騷ぎだらう, 騷ぎぢやありませんか, 騷ぎでございました, 騷ぎでした内儀が, 騷ぎですね, 騷ぎで裏口へ, 騷ぎになつた, 騷ぎになつたのでございますが, 騷ぎになつて寺中を, 騷ぎになりましたよ, 騷ぎも, 騷ぎもやつたが親御の, 騷ぎを, 騷ぎをおつ始めます, 騷ぎをやつたさうですよ, 騷ぎをやつたんですが, 騷動に, 骨折だつた, 骨折でした, 高齡者, 魅力に, 魅力を, 鼻息嬌聲を

▼ 變~ (693, 10.7%)

37 ずの 13 ず騷 12 ずに 11 ない 9 ないの, なかつた 8 ずお前 7 ず, ず八五郎 6 ず元 5 ず平次, ず無駄, ぬもの 4 ずこの, ず事件, ず日向, ず綺麗, ず繪, ず貧乏

3 [15件] ずお, ずこんな, ずそ, ずその, ずむつつり, ずよく, ず人, ず大, ず平, ず弱, ず御, ず時々, ず粉煙草, ず途方, ないやう

2 [41件] うと, じ, ずあの, ずお上, ずさ, ずまめ, ずラムプ, ず下手, ず例, ず厭, ず口, ず喉, ず大きな, ず引込み思案, ず斯ん, ず明神下, ず植木, ず氣, ず用心深く, ず目, ず眼, ず神棚, ず空, ず突, ず精, ず美しい, ず若く, ず解, ず豪傑, ず默りこくつ, ず鼻, ず鼻髯, ないうち, ないつもり, ないで, なかつたが, なければ, ぬ, ぬうち, ねど, ねば

1 [408件] ざりしは, ざる地上, ざる神, ざる神意, ざれど, ずあ, ずあつ, ずあわて, ずあわてた野郎ぢ, ずいろいろ, ずうなされて, ずうめくやう, ずお祈り, ずか, ずす, ずすつから, ずすべて, ずすれつ縺れつと, ずそれから, ずそんな, ずだと, ずだな, ずちよこ, ずつっ立っ, ずつらい, ずて, ずであった, ずですなあ, ずですね, ずなんで, ずぬらりくらり, ずね, ずのし, ずはつきり, ずはなつから, ずば, ずひつそり, ずひどい, ずぴかり, ずほんの, ずぽ, ずまことに, ずまだ, ずやき, ずよ, ずウロウロ, ずガラツ八, ずガラツ八流, ずコッホ先生, ずシーン, ずテキパキ應待, ずニコ, ずニタ, ずニヤリニヤリ, ずノッソリ, ずヒツソ, ずブツ, ずブレーデ, ずヤンチヤはん, ず一萬圓, ず三文植木, ず三本, ず上衣, ず下品, ず下町, ず不, ず不機嫌, ず不精, ず不老不死, ず世上, ず世話甲斐, ず世間話, ず中心, ず乞食, ず二三杯, ず亡き人, ず人生, ず人間, ず仲, ず伴侶, ず低, ず佐野松, ず何やら, ず何處, ず佛樣, ず佛間, ず傍觀的態度, ず先生, ず克明, ず六疊, ず其處, ず冗談, ず冷たい, ず冷酷, ず冷靜, ず出て, ず出入, ず分らないねえ, ず初夏, ず別嬪, ず勇ましく, ず勉強, ず南縁, ず友, ず反, ず古色蒼然, ず吾家, ず呑氣, ず喧嘩腰, ず單調, ず因業, ず地味, ず埃, ず埴輪圓筒, ず外, ず外套, ず夜, ず天秤棒, ず太平樂, ず失敗, ず奢らせる事, ず女, ず好めるもの, ず好奇心, ず姉妹, ず姿, ず威勢, ず娘, ず婦人, ず嬉し, ず子分, ず宙, ず家中, ず家中筒拔, ず密, ず寢, ず寢起, ず寶搜, ず小さい, ず小川, ず島五六郎, ず峻烈, ず帳面, ず帽子, ず年上, ず床, ず店, ず庭, ず彈性球, ず彌次馬, ず御輿, ず忙しい, ず快活, ず怒つたやう, ず怒つたよう, ず思索, ず恰好, ず悶々, ず情容赦, ず惡事, ず惣十郎町, ず意地, ず所, ず折々, ず振り向いて, ず捕物, ず揉み療治, ず損失, ず支那, ず支配人, ず旋風, ず日曜日毎, ず明る, ず昔, ず晴れやか, ず暇, ず月, ず月雪花, ず朗, ず朝, ず朝田屋さん, ず朝顏, ず未だ, ず椽側, ず樂書, ず横柄, ず機嫌, ず機械, ず死人, ず殘, ず殺風景, ず毎日一つくら, ず毒, ず毒舌, ず氣分, ず氣樂, ず氣輕, ず江戸中, ず沈勇, ず法螺, ず泰然, ず洒々落々, ず洗濯物, ず淋し, ず混沌, ず清々, ず滑稽, ず漱石, ず潔癖, ず澁, ず澄し, ず無, ず無精, ず無精煙草, ず熊五郎, ず熱, ず爲樣, ず物, ず物驚き, ず狸囃子, ず猫脊, ず獵犬, ず甥, ず田原, ず田舍, ず疲れ, ず疾風, ず白日, ず盃, ず盛, ず盛んらしい, ず盡, ず看護婦, ず眞顏, ず神田明神下, ず穩, ず空漠, ず空茶, ず立派, ず竹, ず竹藪, ず笑, ず笑いながら, ず笑つて, ず粥, ず素, ず素頓狂, ず細い, ず縁側, ず縛ること, ず繪解, ず聞えるが, ず聲, ず脅かすぜ, ず自ら, ず自分, ず自分一人きり, ず色, ず芝居, ず若々しく, ず若い, ず落着, ず落着き拂つて, ず落着き拂つて笑つて, ず葉藏, ず葛藤, ず蔭, ず藪柑子, ず蟠り, ず蠢, ず行屆, ず褄, ず見すぼらしい部落, ず見向きも, ず見當, ず言葉少な, ず調子, ず調子外れ, ず諸方, ず變, ず財布, ず貧乏世帶, ず貧乏生活, ず貧弱, ず赤く, ず赤蜻蛉, ず足跡, ず躑躅, ず身, ず身邊, ず近所, ず返事, ず進まない聲, ず道中, ず道學, ず達者, ず遠慮, ず酒, ず金, ず銀之助親方, ず錠, ず錢形, ず鏡, ず鐵桶, ず鐵砲玉, ず長, ず長椅子, ず閑, ず間拔, ず隣, ず隨筆, ず雜具, ず雨, ず青く, ず面, ず面白, ず面皰だらけ, ず響くので, ず頑固, ず飛び込むやう, ず飮, ず馬鹿, ず馬鹿正直, ず驚く樣子, ず骨身, ず髷ツ節, ず髷節, ず鬼, ず默, ず默りこくつたま, ず默然, ず鼻紙, せ, せぬ, せ之, ないが, ないた, ないだらう, ないでは, ないと, ないとは, ないに, ないね, ないもの, ないよ, ない一定, ない不動, ない其の, ない安眠, ない彼女, ない快さ, ない扱, ない樣子, ない武者修業精神, ない甘つち, ない興味, ない舊年, ない語, なかつた事, なかつた樣, なきや, なくなつた, なさ, な過ぎる, ぬいつも, ぬお, ぬが, ぬその, ぬつけ, ぬと, ぬほど, ぬやう, ぬを, ぬ中, ぬ亡國, ぬ人間, ぬ僅少, ぬ光, ぬ友情, ぬ古びた木綿著物, ぬ夕食, ぬ多少, ぬ夜遊び, ぬ天氣, ぬ容子乍ら, ぬ宿屋, ぬ寂し, ぬ布子一枚, ぬ情趣, ぬ教法, ぬ景色, ぬ杉並木, ぬ無, ぬ猥談, ぬ眞, ぬ稗勝, ぬ笑顏, ぬ良い, ぬ若々し, ぬ調子, ぬ象徴, ぬ赤心, ぬ近隣, ぬ逸樂, ぬ長閑, ぬ靜寂, ぬ頼もし, ねど事

▼ 變~ (408, 6.3%)

45 はない 21 はありません 20 もありません 12 がない 9 はなかつた 7 がなかつた, のない, はなく, は無い, もなく 6 もない 5 者で 4 が無い, は御座いません 3 はあるまい, は無, もございませんでした, をした, 方を, 目が, 種の, 者だ, 者です

2 [16件] がなく, たり, て何, なエッセンス, のもの, はございません, はしない, は無く, もなかつた, もなし, もので, やうが, やうだ, をし, 宋の, 目を

1 [188件] あるを, いまは, お篠, かたが, かたである, かたは, かたを, がありません, がある, があるまい, がし, がなかっ, がなけれ, が支那史學, が無, が見える, しさて, しわが, し世に, し瀧口, し蹶き, たり武藏野, たるとを, だしや, つつある, ていふ, てほ, てわが, て圓, て女子, て後, て憂はしげ, て我, て握り詰めし, て汝等罰, て流れき, て父, て男, て百種, て胸, て藤本信如, て見ゆる, て親切, で結構, といふ, といふやう, と言つたの, ないま, ながらすぐ, なきを, なき人, なく恰も, なく淋しくなやましくあつた, なく發達, なく苦しい, なけれど, なし清節, なはつ, なパン屋夫婦, な人間, な佛蘭西語, な外見, な家, な少女, な料理, な旅行者, な村, な歌, な異人屋敷, な結い上げ, な老, にき, にならない, に於, のあらう, のあらむ樣, のある, のこまか, のした, の人物, の如何, の廣告電燈, の男, の趣, はあらじ, はありやしない, はございませんでした, はせぬ, はなかっ, はなから, はねえ, は少い, は無え, は無き, まして崇道神社, めが, もある, もなき, ものでなく, もんだ, も御座いません, も無, も無い, も無く, やうで, やうです, やがて冬, やすくそれ, ようだ, ようです, をさせ, を歌つて, を殆, を畫, を知つて, を知つて平次, を言, 之が, 之では, 乍らまだ, 僕には, 力を以て, 原庭の, 君臣の, 型な, 寺院や, 山々の, 屹と, 平次と, 庄司三郎兵衞も, 形體は, 憾みを, 我々の, 我は, 手足を, 方が, 方だ, 方と, 方といふばかり, 方な, 方に, 方式通り天地紅の, 易い, 易い奴, 易い意見, 易い男, 易い自己, 易きをも, 易き今, 易き天候, 易き秋, 易くて, 易つて止まざる, 時に, 時に應, 暫くする, 果てし世の, 果てし容姿に, 果てし盛衰に, 果てし面影は, 果てたる, 樣である, 無いこと, 物價も, 目であります, 目といふ, 目に, 目には, 目の, 目變り, 目頃から, 石と, 破れ頽れたる, 種が, 種で, 種でした, 種です, 種と, 種な, 立ち替り地面の, 義雄に, 者が, 者の, 荒い兵舍, 軈て初夏, 農兵の, 風俗の, 體が

▼ 變~ (294, 4.5%)

22 と思, な 109 ぜ, と思つて 87 なア 6 と思ひました, 親分 5 とは思はない, と思ふ 43 ぞ, つけな, つたのです, と思つた, と思つたの, わ, 大變 2 から, から家, が, し, といふ, とは思, と云, と氣

1 [144件] あさ, え伊三どん, お北, お定さん, からあつし, からい, からこの, からそれ, からそれとなく, からと一, からと言つて, から一寸, から下, から今朝, から俺, から其邊, から内々八五郎兄哥, から待つ, から早く, から民, から親分, から豫め東京府, から配達, かんな, があの, があんまり, がそこら, がその, が仕方, が僕, が十九, が本道, が棟梁, が蜘蛛, が許婚, が逃げ, けどいつ, けどさフフ, けれどそんな, けれど僕, しこれ, しすぐ, しその, しにわか, し下手人, し今朝, し向島, し文句, し縁側, し血, ぜいま, ぜおい, ぜ今日, ぜ八, ぜ八五郎親分, ぜ八兄哥, ぜ短刀, ぜ順序, その扱帶, ぞといふ者, ぞと思, ぞ八, ぞ戸棚, つけ小錦等も, つた, つたそうで, つたで, つたと, つて, とあの, といふ場合, といふ疑惑, といふ話, とさ, とそこ, とは思つた, とは思つて, とは思はなかつた, とひどくびく, とわかつたら, と余, と思う, と思った, と思つてそれ, と思つてなんぼ心配, と思つて手, と思つて行つて, と思はない, と思はなかつた, と思はれた, と思ひ, と思ふなら, と慌て, と振返る, と早速, と私, と言, と言う, と言つたぢ, と言つて, と頻りに, と鬼, どもねす, なあ, なあうむ, なあさ, なといふ, なと思つて, なと思はざる, なと思ひました, なんてね, な八, な氣, な花魁, な雅號, ねえ親分, ね兎, ね少し, ね確か, ね行つて, のに邁進, ひどい目, よお, よもう一度, よ喜八兄哥, わいと思つた樣子, ア, 何人か, 俺の, 八, 千兩箱が, 古渡の, 大騷ぎをしてその死骸, 心當り, 怪しいと, 材木が, 枝が, 産業も, 相です, 第一, 舌のせゐ, 言つて見ろ, 誰が, 驚いちや

▼ 變つて~ (286, 4.4%)

19 しまつ 12 ゐる 11 ゐた, ゐるの 8 居た, 居たの, 行くの 7 居ります 6 ゐない, 居るの 5 居りました, 行く 4 居るし 3 しまつて, ゐるし, 居たといふ, 居りますが, 居る, 居るな

2 [14件] は居ませんでした, は行, は行く, み經, ゐたが, ゐると, ゐるな, ゐるので, ゐるやう, をります, 居まするほどに, 居りますから, 居るが, 澄み上

1 [130件] あふれひろがるから, いつた, いつて, おらぬから, お町, ことにお前, この頃, さて幾十年經, その前騎從車, ついと庭, つひに, ねんごろ, の丁寧, はいない, はゐない, はゐる, は居る, ふら, ましたの, もどると, もゐない, も中屋貫三郎, も毎日逢, も決して, も立派, も色男, も酬い切れない, やがて三十過ぎ, ゆきかくして, るぢ, るとは, るよ, ゐたかも, ゐたから, ゐたといふ, ゐたの, ゐたので, ゐたり, ゐたんで, ゐた爲め, ゐた畫僧, ゐて, ゐないと, ゐない氣もち, ゐなきや, ゐました, ゐます, ゐますが, ゐますよ, ゐるから, ゐるかを, ゐるが, ゐること, ゐるで, ゐるといふ, ゐるとも, ゐるね, ゐるはず, ゐるもの, ゐるん, ゐる所, ゐる生命, ゐる竹藪, をり, をりません, をる, 一旦九段上, 何よりだ, 大きなもの, 如何にも世帶, 居たが, 居たに, 居たやう, 居つた, 居つたので, 居ないところ, 居なかつたかな, 居なかつたらうか, 居ました, 居らんだから, 居りますそれから, 居りますまい, 居りません, 居るか, 居るから, 居ること, 居るそれ等, 居るだらう, 居るだらうさ, 居るぢ, 居るといふ, 居るところ, 居るので, 居るのに, 居るのみ, 居る例へば, 居る彼, 居る所, 居れば, 忽ちにし, 愈, 感じられて, 感じられる, 或は, 新六, 温かいもの, 滴れさうな, 禿げ上つた額, 空々しいほど遠退い, 美しかつ, 落ちついて, 行かなければ, 行きました, 行くか, 行くこと, 行くと, 行くべきかと, 行くまで, 行くやう, 行く時代, 行く東京, 行く節, 行く譯, 見える, 見えるので, 見えるやう, 見え笑, 青い疊, 面白いの, 飛んだ手柄

▼ 變つた~ (278, 4.3%)

67 ことが 45 ことは 22 ことも 11 ところも 10 ことで 7 ことを 5 ところは 4 ことでも, ところが, やうな, よ 3 ものだ, やうで 2 ことに, と思ふ, と氣, ものか, もので, ものも, ものを, やうです, やうに

1 [71件] あわてた姿, かかる無, かそれ, かと思ふ, からこれ, からだつた, か先代, か詳しく, が, がその, が便宜, が元, が全, こと, ことと, ことなら, ことには, ことばかり, こと氣の, この頃, せいも, ぜ, ためよりも, つもりで, でよい, といひ, といふ, といふこと, となる, ともきかなかつた, とも見えなかつた, とベ氏, と云, と共に支那人, と判る, と思, と思ひます, と申せ, と見え, なあ, に相違, に違, のちまでも, のでせう, ので何, ばかりのせゐ, ものが, ものであります, ものである, ものでした, ものです, ものでも, ものとして, ものに, ものは, やうだ, わけで, んで, んです, 優しい調子, 即ち上古, 即ち鎖鎌, 御主人, 描き方, 新しい事, 新しい思想, 新しい興味, 物凄いやう, 短い月日, 行き方, 見樣

▼ 變~ (264, 4.1%)

11 なつた, なつて 3 くすぐ, 實感を, 應じ

2 [11件] おぢ, して, なるか, ひきつツ, 大切な, 思つた, 思ひながら, 思ひましたが, 處し, 醉ひました, 關する

1 [211件] あつた, あづかりしこと前述, あやまつて, あらたまつた, い, うしろめたく感じ, お喜び, お思ひ, お靜, ぎらついた眼, くすぐつたくなつて, ごたごたした, ざわめいた, しても, しよぼ, そぐは, そぐはないものであつた, たのしい, なつかしくな, なつたでせう, なつたとい, なつたらしく, なつたんだらう, なりか, なりかけたカン, なりかけた兼松, なりさ, なりました, なりましたぜ, なりますぜ, なりますよ, なり一, なり今, なり十年, なり女房, なり始めたの, なること, なるほど, なるん, はぐれた心持, ひそめた聲, ほんのりと, ぼやけた頭, むかつ腹, ゆがめて, ゆがんで, ガーンとして, クソ度胸, ドキつい, ニヤ, フラ, ワケの, 上ずつて, 不安で, 乾いたわら, 二人とも, 亢ぶる, 人を, 人氣がよ, 偉いもの, 備へ, 傾いたり, 優遇されました, 光つて髭が, 入つて, 冴えて, 動かすこと我, 動きそめたる心根, 動物的な, 卒氣ない, 參加した, 取られる譯, 味ひ, 喉に, 喜ぶの, 嚴肅に, 堅い椅子, 好きなれ, 始終攪擾, 嫌つてゐる, 寂しかつ, 寒くなった, 寢坊で, 射倖的な, 尊いので, 對し, 尖が, 就て, 庇つて居た, 弱つた, 張つてごろごろ, 彈み立つた, 影響を, 彼れ, 御骨折り, 心配に, 心配を, 怖いの, 思えるん, 思つたから, 思つたのか, 思つてき, 思つてそれを, 思つてゐた, 思つて居る, 思つて彼の, 思つて若い, 思はせましたが, 思はせるでも, 思はれたが, 思はれたりも, 思はれるだらう, 思はれるで, 思はれると, 思ふで, 思ふ人, 恁う, 息をは, 息苦しくなる, 愉しうございます, 意地つ, 意地にか, 感じの, 感傷的な, 成つたこと, 成つて居た, 損だ, 教へ, 整頓された, 文化カブレの, 於て, 映つたの, 映つたらしいが, 暗い氣持, 會つて危い, 未練が, 此方を, 歪められた, 歪んで, 死者合計百四十八人, 殘し, 毒藥係を, 比較し, 氣に, 氣むずかしく, 氣取つたいかにも, 氣拔けし, 氣持がよ, 氣持よ, 浮き立たせる樂音, 淋しい物足りなさ, 熱い噎, 熱が, 熱心で, 物々しいぢ, 物淋しいガランドウ, 甘ずつ, 當たり, 發展した, 發達し, 盛んで, 眞に, 硬張つた聲, 社會上の, 神聖な, 私の, 笑ひ, 緊張し, 美くしい, 聞えますが, 聞えるで, 聽えます, 胸の, 臨むこと, 興味を, 苛まれる人生, 苦笑される, 落ちつかない, 落着いてる, 見えたが, 見えたの, 見えたん, 見えるでしよう, 見舞はれた, 調子づいて, 調子の, 迫りつ, 遭つて喚び返せ, 重々しく丁度, 重くそれに, 重大な, 金次郎を, 鈍い音, 鋭どい, 鑑みて, 關し, 關聯し, 陰氣で, 陰氣臭い, 際する, 青つ, 面白い發見, 面白かつ, 面白く思つて, 頂戴しました, 顏の, 顏を, 驚いて, 驚くは, 體に, 高く反響

▼ 變~ (212, 3.3%)

61 して 11 した 10 すること 8 する 6 しつ 4 したの 3 させて, されて, し易い, するもの 2 したもの, しても, し來, し得る, し得るの, するかといふ, するが, するだけで, するの

1 [82件] させなかつたところ, させられて, させる, させるだけの, させるの, させる力, させ同時に, されし事, されそして, された, され得るが, しそして, したが, したこと, したで, したといふ, したに, したやう, したる, したる今日, したる經濟上, した二つ, した時, した時代, した爲, した状態, した理由, した痕, しだしたのに, しないか, しないやう, しない以上, しなかつた部分, しながら, しはじめたの, しますから, し了, し又は, し居るに, し得ないばかり, し得るが, し得るので, し未來, し樣樣, し歴史, し流動, し而, し貞, し賣手, し進化, し運動, し音樂的, すべきである, すべきの, すべきもの, すべしと, するか, するかの, するしかし, するであろうか, すると, すると共に, するにつれ, するも, するやう, する働き, する大事, する性格, する背景, すれば, せざるが, せざるは, せざる多く, せしむべき作用, せしめし, せしめなければ, せしめる, せしめるもの, せしめる人間ども, せしもの, によつて, 居る白日時

▼ 變~ (203, 3.1%)

39 ました 1710 たの 8 ます 4 品を 3 なければ, ましたが 2 しなり, たもの, た程, ぬ, んと

1 [109件] あたかもチルチェ, いまだ始め, かけたが, かけた時, がたし, き思ふに, させた相, させて, させようと, させると, させるに, さまざまに, ざる蝋, ざれば, しその, して, しとは, しのみにて, しより, しカポッキオ, し愁, し邑, ず, ず頸, ず默つて雀, その大きな口, たいの, たが, たこと, たことは, たぢ, たであらうか, たといふは, たところ, たと云, たので, たのも尋常, たのも皆んな秀, たばかりでなく二十世紀, たやう, たら所謂千人風呂位ゐ, たるは, たる女の, たれば, たんで御座います, た丈, た下品, た人間, た儘, た帳面, た時, た跡, た霧, た顏, てこの, てつめ寄る, てんか, ない, ないお, ないの, ないやう, ないよ, ない植物, なかつた, ぬべき當日, ねば, まいと, ませんので, また時として, む, やうが, やすいもの, やつて, ようかと, ようと, ようとして, られて, られない事, られない動物, られん, られ二人, ろ宜いか, ディオメデスと共に, ディドの, 人を, 其上にて, 力の, 又は人格, 品をかへ, 形を, 心臟の, 思ひ死するまでに, 惡しき手相を, 意地の, 指を, 易し此故, 次の間の, 民を, 民族の, 玉の, 給ふこ, 給ふと, 自らを, 自分の, 負ければ, 身を, 附合ふ, 難きを, 顏容まで

▼ 變へて~ (177, 2.7%)

5 飛んで 3 來た 2 しまふ, ゐた, ゐる, 來る, 居る, 眼を, 詰め寄りました, 走つて來, 飛込んで

1 [151件] いざと, いつた, いやだ, お筆, くれる, くれるだらうか, くれるだらうならば, この喰, これと, さうで, しまつ, しまひさ, しまふところ, しまふ心弱い, すまして, そのま, それが, そんな岡, ぞんざいに, のぞくと, まさる生命, みなければ, もし支那, やつて, ゆく事, ゐたこと, ゐても, ゐるんで, ゐる部分, アカイアを, ガタガタ顫へ, ゾツと, 一せいに, 一人は, 一層の, 三四人は, 主人の, 乘り, 乘出す, 了つたのだ, 了は, 二本の, 云つた, 今では, 今度は, 今日一般に, 休んで, 伯爵の, 佐久間町二丁目の, 作つたロオヴは, 來んで, 元の, 入り亂, 其儘障子を, 再び竿, 再三の, 出たん, 出て, 利助の, 動くさ, 勘ち, 北方を, 十二月中に, 又蒼く, 口を, 可いか, 嘉慶時代まで, 天文の, 妹の, 學問に, 寢床から, 居たの, 居りますけれども, 山からと, 山形縣の, 常緑針葉樹の, 平内樣の, 平次に, 庭へ, 引つくり返し, 引つ込みそれ, 御憎み遊ばしました, 怒つて, 或は強く, 手代に, 手代の, 手繰る外, 搜し, 敵討の, 文化的生にも, 新しい眞面目, 晝は, 書いたの, 書いたん, 書く源助, 札幌と, 机に, 東に, 果し合, 横を, 欺ける者貨幣, 此の, 此御屋敷に, 殺伐な, 母家の, 沈み込んでしまつた, 流れる煙, 溪谷と, 演じた, 潜んで, 現はれ, 畏る, 白地に, 立ちかけるの, 立つて, 立上がるお, 第三番目, 終戰にな, 翁屋の, 聞いた, 腹が, 膝なんか, 臺所から, 落着かせ, 行きながら, 行くの, 行つて彼が, 行つて見る, 衝と, 裁判にな, 見ました, 見よう, 見れば, 詰め寄つたの, 追ひ廻して, 逃げたの, 逃げたもの, 逃出す, 途中から, 遣つた, 都より, 醫療をも, 靜かに, 靴音荒々しく, 風の音にもをの, 飛び出しいろ, 飛び出しやがる, 飛び込んで, 駈けて, 騷ぐにも頓着なく, 鳥越の

▼ 變~ (139, 2.1%)

5 ことが 4 ことなき 3 かも知れない, ことなく, ことなし, ことは, のである, のを, 有樣 2 から恐ろしい, のも, もので, 表情の

1 [101件] かと疑はれる, かも知れません, か見よ, がお前さん, が自分, くらゐだ, けれども多く, けれども天下, ことだつた, ことの, ことも, ことを, こと無く, たびに, ための, たんびに, とあつ, といふ, といふ憂慮, ところなし, とともにその, ともう, とよ, と又, と同時に, と土藏, と思ふ, と我, と私, と見, と見る, と限らない, な, なんていう, にし, につけ, によるにあらずし, に似, に劣らざる, に從, に從つて, に違, に隨つて, に隨つて形, のであつ, のであらう, のです, ので一段と, ので獨身, のは, は現在親, は附加, ほどの取のぼせ, までは自分, まで慄, めずらしい蟲, ものか, ものかと, ものも, ものらしく, も知らで, やうに, よりも佛教, をうる, を視し, んだ, んです, 一家の, 世の, 世や, 事なく, 事なし, 人の, 仕掛けだつた, 刹那の, 前に, 失望樂し, 奴は, 姿だつた, 寂しさ, 山の, 度に, 心も, 或者, 所なく, 故と, 故毎號違つた色, 日を, 時代によ, 景色に, 毎に, 氣の, 海の, 爲に, 生活を, 男だ, 習も, 蟲を, 道理が, 頃には, 頃長雨の

▼ 變~ (135, 2.1%)

64 やありません 62 やない 5 やございません 2 や御座いません 1 や, やねえ

▼ 變~ (98, 1.5%)

2 て, てしまふ, て來, て居る, て而, て行く

1 [86件] えない, たり, たりとぞ聞えし, たるも, たるを, つと坐, てお伽噺, てしまう, てたちまち, てわれわれ, て一, て七隻, て人, て今度, て何人, て假裝舞, て八尺十尺, て其の, て前, て剩, て單純, て四人組, て國民的運動, て塵, て女, て定まらざる, て宿屋, て實, て寺, て居た, て山, て干, て幸, て庭園, て教育, て新説, て枯れ, て欝悶, て歡呼, て水, て汚れたる, て海, て狐, て終, て萩寺, て藥, て蛙, て衣食, て讀むべから, て豕, て赤色, て通俗, て進ん, て過, て部屋, て酒, て金碧, て靜流, て類例, て馳せ, て鵲, て黄金, ない, はしない, やございません, 人類中心の, 今日此頃に, 元亨利貞の, 奇妙な, 峻嚴酷烈其度を, 年に, 彼れ, 手を, 捨つ, 月に, 村内でも, 歡樂喜悦の, 清朝最後の, 策論も, 經濟界の, 續い, 罵倒に, 義雄の, 聲のみ, 自らその, 荀子に

▼ 變です~ (92, 1.4%)

19148 よ親分 76 ぜ親分 2 からね, が男, ねえ, ね親分, 親分

1 [28件] からいづれ, からちよい, から今, から少し, がいろ, がその, がまことに, がまだ, が五郎助, が人並, が後で, が從妹, が御, が旦那樣, が立川さん, が繼母, が衣裳萬端, が親父, が金, けれどそういう, と云, ね裏口, の火傷, よお玉さん, よその, よ坂田屋, よ百, ネそいつ

▼ 變~ (85, 1.3%)

7 屏風を 4 屏風の 2 中に, 賣物

1 [70件] あるべき前兆, ある筈, ために, つき物, はげしい浪, びましたわねえ, ものが, ものでない, ものでなく, タの, 世とは, 世の中に, 中にも, 倏忽なる, 全期間, 前夜に, 前驅, 勃發を, 口は, 哀れさを, 報告が, 場合には, 場合を, 塲合である, 大安賣, 大精神, 始まった年, 安賣り, 導火線なりき, 屏風が, 屏風でございます, 屏風と, 後で, 後には, 徴とて, 憑き物か, 憑き物が, 憑物が, 戀よ, 手で, 新手段, 旋風が, 旋風を, 時でも, 時などは, 最中に, 最中我が, 機が, 正體, 爲に, 爲め致し方の, 申し子が, 百萬遍を, 眞理として, 禍害と, 範圍が, 結末の, 繪, 裏に, 規則的關係に, 規準を, 詳か, 通則が, 鎭まつた, 間に, 限り童話そのものの, 際と, 際には, 際は, 際我軍隊が

▼ 變~ (70, 1.1%)

5 飛込んで 4 來さうな 3 起つて 2 あつた, 起つた, 髷節を, 鳴り込んで

1 [50件] ありお前, ありは, ある度, きさ, すんだらば, つちや, はじまつた頃, 久しく來, 二百十日の, 來なき, 來やが, 來るだらう, 勃發した, 又やつ, 多少經濟界, 平次の, 急激に, 支那文化の, 明神下の, 春の, 暴風雨を, 無い白楊, 無ければ, 直に精神状態, 神田明神下の, 種切な, 突きのめされたやう, 突發せん, 緩漫, 舞ひ込み, 舞ひ込む, 舞ひ込ん, 舞ひ込んだ, 蒸發し, 起つたとき, 起らうとは, 起り南京陷落, 跛足馬に, 迷兒にでもな, 違ふ, 違ふよ, 違ふんだ, 鐵砲玉の, 降りさ, 飛び込まないと, 飛び込んで, 飛んで, 飛込みさ, 飛込む前, 駒込から

▼ 變つて來~ (68, 1.0%)

9 た, る 5 ました 4 たの 3 てゐる 2 ます, ると, るに, るの

1 [30件] かかつ, させるより, たが, たので, たもの, たよう, たら奧さん, た原因, た話, て, ており, ても氣性, てゐた, て今日, て居ります, て居る, て川, て昔, て此數百年間, て葉, ないかぎり, ますが, るから, るからと, るが, ること, るもの, る初, る自分, れば

▼ 變~ (56, 0.9%)

3 て, てし 2 てしまい, てしまった, てゐ, て而

1 [42件] たりとは想像, たるに, てから後, てけさ, てしまう, てしまっ, てしまふ, てゆく, てゐた, てゼントルマン, て了ツ, て五箇年期, て今, て努めて, て司馬遷, て唯一, て家政, て山毛欅, て左右, て左氏, て庶民的, て斷代, て更に, て班, て現, て百花, て藩閥黨, て試驗, て試驗登用, て諸, て辮髮, て連日駿河灣, て露骨, て高原, など言, 以て, 其時日を, 又大師, 後の, 朝から, 李杜以下の, 逆に

▼ 變~ (48, 0.7%)

11 てゆく 6 ている 5 てきた 4 てしまふ 3 て行く 2 ていない, てき

1 [15件] たいひ廻しで, たらしく, たりいたします, たりする, たり又, たり稀, たり鑵詰屋, ちやいけません, ちやつた人も, ているだろう, てきました, てくる, てしまひました, てます, 親分

▼ 變~ (46, 0.7%)

3 持込んで

1 [43件] きたす例, けしかけねえの, けし込むか, して, なさず, ば一も, 仕入れて, 作者が, 來すで, 來たす, 信じた, 其の本相, 受けた潟, 奇貨として, 封じて, 待つの, 待つもの, 思ふの今日, 拾つて來たんだ, 持込む度, 斥くる, 書おろし, 物語り頗る, 生ずれば, 目し, 知らされた葉藏, 終へて, 聞きたりと, 聽い, 與へる, 要すること, 見せ參ら, 見れば, 觸れ, 語り頗る, 豫言し, 賣りに, 賣り込んで, 起しこんな, 起して, 起すもの, 重大視した, 食は

▼ 變~ (44, 0.7%)

15 せう 6 あつた 2 せうね

1 [21件] あつて, お艶, かかる場合, せう親分, どんなに隱, なりません私, 丈は, 何れも, 化け損ねた, 國文は, 廓内の, 掛け値なし, 無かつ, 病的で, 素人芝居を, 聞えなかつたの, 與三郎の, 藪睨みで, 蜀に, 采配を, 門並みの

▼ 變へる~ (35, 0.5%)

2 ことも, ための, のは, より外

1 [27件] か知れ, ことが, ため散歩を, といふあらたか, といふだけのこと, と二人, と云, と例へば, と崩, と恐しい, と直ぐ, と科學者, と近頃, などといふこと, のが, のに對抗, ほどの金ぢ, ものだ, やらご, んだ, 場合には, 必要は, 用意に, 筈でした, 筈は, 近い所, 隙も

▼ 變つたの~ (31, 0.5%)

4 である 3 です 2 では

1 [22件] か, かも知れない, かわからない, があつ, がある, が居る, だらうと, だろうか, で一寸見, で御座います, なら私, には一驚, に驚いた, は修善寺, は十分, は私, は見た, は青山, も無理, も自分たち, よ, を幸

▼ 變~ (30, 0.5%)

2 いはねば, 大變, 言へば

1 [24件] いひ鐵瓶, いふ, いふと, いふので, ブツリと, 云ふも, 來てる, 兒童は, 取られる事實, 屈竟な, 彼は, 思つたから, 思つたのだらう, 思はなかつたが, 思ひ三里あまり, 救濟絶望と, 申しましても, 言えば, 言える, 言つたのは, 言ふ, 謂ふも, 進んで, 飛び起きて

▼ 變てこ~ (26, 0.4%)

2 な下男

1 [24件] だよ, である, です, なところ, なもの, なアクセント, な人, な夢, な夢何, な字, な手つき, な時代, な歌, な氣もち, な病人, な白い, な經驗, な調子, な遊戯, な風, に口, に硬く, に興奮, に顏

▼ 變つた事~ (25, 0.4%)

2 に逢

1 [23件] があつ, が入り, が失つぎ早, が恐い, が無, が起らなけれ, である, ではありません, でも起りました, なく三藏, なら別に, はそれ, は只, は書いてないらしい, は無, は無い, もありませんでした, もある, もない, も無, をいう, を承認, を漸く

▼ 變~ (25, 0.4%)

1 [25件] おそらく枚, ちよつと, つた風景で, つて如何にも, りて, 主人公の, 他所行, 何事で, 何處へ, 先づ身體状態を, 全くの, 共に北, 十一月の, 實に, 必らず, 我が大佐閣下, 止む事, 無からう, 現下の, 荒つ, 近頃珍, 長期と, 風雅の, 食ひつけ, 食ひ飽き

▼ 變~ (22, 0.3%)

2 はしない

1 [20件] て, ている, てくり返し, てさり, てし, てしまう, ては談判, てみよう, てもその, てゆく, てパーヴェル・パーヴロヴィチ, て今, て急い, て破廉恥, て螢澤, て行かなけれ, ないじ, ながらしまいに, ませんでした, 人を

▼ 變した~ (18, 0.3%)

2 自分の

1 [16件] といはれ, といふこと, といふ程, のであつ, のであらう, のである, のは, もので, やうな, やうに, 場合第, 心の, 所の, 所以である, 樣に, 自分自身の

▼ 變にな~ (17, 0.3%)

1 [17件] つたのさ, つたのでなけれ, つたのは, つた者の, つてし, つてとても, つてなく, つてゐ, つて來て, つて來る, つて大川に, つて家へ, つて居た, つて居ます, つて居りました, つて時々, つて死んだ

▼ 變ふる~ (17, 0.3%)

1 [17件] ことなし, といへ, とともに, におよび, によりて名, をうる, をえざる, をえず, を汝, タウマンテの, 人の, 日は, 星と, 次第, 次第を, 白巣の, 風の

▼ 變~ (16, 0.2%)

1 [16件] ざる以上, ざれば, しなり, しむ, しむる, しむるものは是力, ず, ずつまり, ず其の, ず地代, ず貨幣, むとして, られること, られ得べく法則, られ畜, るを

▼ 變ずる~ (15, 0.2%)

2 ことが

1 [13件] あの日本, ことなく, さまい, だけは從來, といふ風, とともに人々軍神, にあらざれ, にいたれる, のである, のは, ものである, ものとは, を得

▼ 變~ (15, 0.2%)

3 てゐる

1 [12件] た, たの, たやう, た人間, た出來事, た物, てゐ, てゐた, て生れた, て生物, 御内儀樣, 早く早く

▼ 變する~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことが, こと能はず只管に, に至りし, に至れ, ものと, やうに, 人などを, 刹那を, 必要が, 氣運と, 氣運に, 第一, 等に

▼ 變った~ (13, 0.2%)

2 ように

1 [11件] うち融けた, ところも, にもせよだ, のなんの, のは, ひどくおずおずした, 伏眼に, 動機の, 子でし, 時マステルの, 生活それからまた

▼ 變って~ (13, 0.2%)

2 しまったの

1 [11件] いて, おられない, くれよと, しまった, しまったもの, 傍の, 當時より, 眞人間に, 紋の, 行った, 行ったの

▼ 變~ (10, 0.2%)

1 ども思ひ, ども我等, ど主, ど堤, ど誰, ばやはり, ば周圍, ば現在, 心覺え, 性質は

▼ 變じた~ (9, 0.1%)

2 のを 1 か昔, もので, 儘姿勢を, 場合に, 場合にも, 時は, 踊子が

▼ 變り果てた~ (9, 0.1%)

1 のは, ものに, 今の, 姿かと, 姿だ, 姿です, 姿に, 有樣, 町の

▼ 變不可思議~ (9, 0.1%)

2 な曲者, の術 1 だぜ, なる海底戰鬪艇, の力, の意味, の早業

▼ 變でした~ (8, 0.1%)

31 から, がやがて, が兎, よお通夜, よ何處

▼ 變なお~ (8, 0.1%)

1 叱りでございましたよ, 宗旨が, 待兼ねな, 腹立ちで, 裁きです, 道具でございます, 道具です, 間違ひで御座います

▼ 變れる~ (8, 0.1%)

1 なり, をみ, を知ら, 毛, 毛とを, 聲, 聲と, 貌にか

▼ 變~ (7, 0.1%)

1 と, とは是, の拙い, 可くし, 洞窟より, 靈妙の, 頑丈さうで

▼ 變つた話~ (7, 0.1%)

2 を聞かせぬ, を聞く 1 があつ, がある, だな

▼ 變つてる~ (7, 0.1%)

21 しそれ, と思つて, ね, のは, んで解りませんでした

▼ 變なる~ (7, 0.1%)

1 ことに, のみならず, は御, 大蒼海, 或る, 本性の, 本性を

▼ 變~ (7, 0.1%)

3 大變 1 しばしばある, 唯の, 惡變も, 聞き飽きたが

▼ 變える~ (6, 0.1%)

1 ことまたは, こと食餌を, そんな力, には歴史的, には革命以外, 事が

▼ 變つた樣子~ (6, 0.1%)

2 はなかつた 1 がなかつた, は, もなく, も見せず

▼ 變といふ~ (6, 0.1%)

2 のは, 考へが 1 字が, 辭の

▼ 變には~ (6, 0.1%)

1 信じられないやう, 思はないだらう, 思はなかつたかと, 懲, 考へて, 見ゆれ太陽

▼ 變りし~ (6, 0.1%)

1 て, て四拾錢, て居た, て羽織袴, て露米會社重役, 世は

▼ 變りたる~ (6, 0.1%)

1 やうな, 事も, 境界なり, 姿に, 御望, 深きいはれ

▼ 變りました~ (6, 0.1%)

3 なあ 1 かね, ね, は尤も

▼ 變地異~ (6, 0.1%)

1 ではない, においてである, に出, のつ, を感知, 若くは

▼ 變えて~ (5, 0.1%)

1 お隱, ヴェリチャーニノフの, 仰天した, 働いて, 御髮

▼ 變~ (5, 0.1%)

1 怒りにな, 染さん坊ちやんが, 濱が, 目出たい, 立派な

▼ 變だつた~ (5, 0.1%)

1 ことを, ぜ, ねお, んです, 所でした

▼ 變つて行~ (5, 0.1%)

4 つた 1 つたやう

▼ 變では~ (5, 0.1%)

1 あるまい, あるまいし, ない, ないで, なかつたか

▼ 變大切~ (5, 0.1%)

3 なもの 1 な事, な本

▼ 變心配~ (5, 0.1%)

3 して 1 する, なすつて

▼ 變面白い~ (5, 0.1%)

1 と思ひます, のです, 形の, 御考, 舞踏會の

▼ 變つたら~ (4, 0.1%)

1 いくらか, たいへんである, どうかと, 福岡から

▼ 變つた樣~ (4, 0.1%)

1 な喜び, に, に晴れ, に酒色

▼ 變つた處~ (4, 0.1%)

2 に參つた氣 1 があるだらう, へ出た

▼ 變つて了~ (4, 0.1%)

2 ひました 1 うても, ふ爲め

▼ 變である~ (4, 0.1%)

1 から, から豫, が鐵, 又空間時間

▼ 變らしい~ (4, 0.1%)

2 樣子も 1 な, 心持に

▼ 變りまし~ (4, 0.1%)

2 て思ひ出し 1 て後に, て從來

▼ 變ります~ (4, 0.1%)

1 から天子, がその, が御, と前

▼ 變不可思議力~ (4, 0.1%)

1 を得, を得る, を得ん, を與

▼ 變から~ (3, 0.0%)

1 今回の, 日支事變と, 起る生理的

▼ 變じる~ (3, 0.0%)

1 と言, のであつ, 能力種々の

▼ 變すれ~ (3, 0.0%)

1 は唯, ば主, ば暴

▼ 變だらう~ (3, 0.0%)

1 から, からと留めた, と思ふ

▼ 變っちまった~ (3, 0.0%)

3 んだ

▼ 變つた人~ (3, 0.0%)

1 だつた, のやう, らしごすな

▼ 變つた人間~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 だと

▼ 變つた女~ (3, 0.0%)

1 が目, ならほか, のあ

▼ 變つた男~ (3, 0.0%)

1 さねえ, であつ, でせう

▼ 變つた音~ (3, 0.0%)

1 でも聽, の, を聽

▼ 變つた顏~ (3, 0.0%)

1 から喉, や皮膚, を見つめ

▼ 變でございます~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, が今日, よ笹野樣

▼ 變でない~ (3, 0.0%)

1 ことで, ことは, ことも

▼ 變として~ (3, 0.0%)

2 山越し像が 1 ゐるものぢ

▼ 變なら~ (3, 0.0%)

1 ざるが, 地主の, 松永町の

▼ 變な死に~ (3, 0.0%)

2 やうを 1 やう

▼ 變な見~ (3, 0.0%)

1 暮でした, 當違ひだつた, 當違ひだよ

▼ 變によ~ (3, 0.0%)

1 つて張る, つて生じたる, つて生ずる張る

▼ 變へても~ (3, 0.0%)

1 あいつは, 世の中が, 好いけれど

▼ 變よく~ (3, 0.0%)

1 批評し, 效く, 映つたの

▼ 變りで~ (3, 0.0%)

1 あつたロマンティシズム, 福徳圓滿富貴望む, 金は

▼ 變りなく~ (3, 0.0%)

1 あの光, その愚劣さ, 平氣

▼ 變り行く~ (3, 0.0%)

2 所の 1 將來の

▼ 變~ (3, 0.0%)

1 つた, つての, つてまだ

▼ 變不思議~ (3, 0.0%)

1 なる自動鐵車, の力, の術

▼ 變喜ん~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で蛙, で黄色い

▼ 變~ (3, 0.0%)

1 變, 變な, 變父さんが

▼ 變都合~ (3, 0.0%)

1 がよい, がよく, の好い

▼ 變えた~ (2, 0.0%)

1 がでも, のであった

▼ 變えらい~ (2, 0.0%)

1 お人, といふこと

▼ 變かい~ (2, 0.0%)

1 何處の, 八の

▼ 變させた~ (2, 0.0%)

1 ことに, といふこと

▼ 變させる~ (2, 0.0%)

1 のだ, ものだ

▼ 變したる~ (2, 0.0%)

1 は自由黨内閣, ものなるべし

▼ 變せられた~ (2, 0.0%)

1 から革命, 例は

▼ 變ぜん~ (2, 0.0%)

1 か, とする

▼ 變だつたさうです~ (2, 0.0%)

2

▼ 變だの~ (2, 0.0%)

1 すぐ翌年, 日華事變だ

▼ 變っちまう~ (2, 0.0%)

1 もんで, んです

▼ 變つた世界~ (2, 0.0%)

1 の消息, を覗く

▼ 變つた事件~ (2, 0.0%)

1 も珍, らしいが

▼ 變つた心持~ (2, 0.0%)

1 この平次, はしない

▼ 變つた方面~ (2, 0.0%)

2 では日本

▼ 變つた木~ (2, 0.0%)

1 だと, ばかりで

▼ 變つた殺し~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ 變つた氣~ (2, 0.0%)

1 がするなら, になつて

▼ 變つた物~ (2, 0.0%)

2 もありません

▼ 變つた皆~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 變つた空氣~ (2, 0.0%)

1 は感じられなかつた, を釀

▼ 變つた表情~ (2, 0.0%)

1 はなんにも, は現われない

▼ 變つた調子~ (2, 0.0%)

1 でいつた, に平次

▼ 變つた足~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 變つた靜~ (2, 0.0%)

1 かなさびしい, かな順良

▼ 變つた點~ (2, 0.0%)

1 が見える, もない

▼ 變つて晴やか~ (2, 0.0%)

2 にさも

▼ 變つて自分~ (2, 0.0%)

1 の世界, の品

▼ 變つて行つて~ (2, 0.0%)

1 やがて凹んだ, ゐたやう

▼ 變でなかつた~ (2, 0.0%)

2 日に

▼ 變でも~ (2, 0.0%)

1 昔からの, 綺麗な

▼ 變とは~ (2, 0.0%)

1 仕入れが, 大變

▼ 變なき~ (2, 0.0%)

1 よしを, 間は

▼ 變なく~ (2, 0.0%)

1 だらぬ趣向, またと

▼ 變な疑ひ~ (2, 0.0%)

1 をさ, を受け

▼ 變な脅かし~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 變により~ (2, 0.0%)

1 多少崩壞, 櫻島の

▼ 變はり~ (2, 0.0%)

1 はない, 易い本人

▼ 變へた~ (2, 0.0%)

1 だけで繼續, にし

▼ 變へながら~ (2, 0.0%)

1 何本も, 青空の

▼ 變へるだらう~ (2, 0.0%)

1 がその, し細工

▼ 變~ (2, 0.0%)

1 手が, 矢張り私が

▼ 變より~ (2, 0.0%)

1 及ぼして, 少し前

▼ 變りかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐた

▼ 變りした~ (2, 0.0%)

1 とねえ, 女中が

▼ 變りする~ (2, 0.0%)

1 のです, んだ

▼ 變りたれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば心落ち

▼ 變りぬ~ (2, 0.0%)

1 わが思ひ, 否さらず

▼ 變りません~ (2, 0.0%)

1 のね, よ

▼ 變り得る~ (2, 0.0%)

1 のである, 妻ならいづれ

▼ 變り過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てゐます, て居る

▼ 變るだらう~ (2, 0.0%)

1 がその, 若しかしたら

▼ 變れり~ (2, 0.0%)

1 と, 一陣の

▼ 變ツ誰~ (2, 0.0%)

1 か來, か誰

▼ 變テコ~ (2, 0.0%)

1 な妙, な目的

▼ 變三輪~ (2, 0.0%)

2 の萬七親分

▼ 變何時~ (2, 0.0%)

1 でも噪, もの嘲笑

▼ 變偉い~ (2, 0.0%)

1 こと, 神樣に

▼ 變~ (2, 0.0%)

1 渡りの, 渡り大

▼ 變多い~ (2, 0.0%)

1 さうで, 處でありまし

▼ 變大きい~ (2, 0.0%)

1 のが, カメレオンです

▼ 變大事~ (2, 0.0%)

1 な神, にさせ

▼ 變旨い~ (2, 0.0%)

1 さうだ, のださうである

▼ 變盛ん~ (2, 0.0%)

1 でありましたが, になつ

▼ 變親し~ (2, 0.0%)

1 さう, さを

▼ 變親分~ (2, 0.0%)

1 は, 直ぐ來

▼ 變進歩~ (2, 0.0%)

1 した方法, して

▼ 變面白~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼1* [452件]

あなたに逢, 變あらば固, 變あり無定, 變あるとおなじく, 變あれも十七, 變あわてて居る, 變うまかつた, 變えずに命令, 變えたらある日, 變えだしていた, 變おだやかにそして, 變お待ちかねよ, 變今度は, 變かのやうに, 變かも知れないぜ, 變がまゐりいよ, 變くらゐには, 變させてくれた, 變させようと今度, 變しとやかでした, 變し得可きもの, 變じたるのみにし, 變じたればなるべし, 變じぬ十日目に, 變じ得るものが, 變じ行き非器, 變じ行くものである, 變ずるさまはあたかも, 變ずる人間と云, 變ずる如く偉人は, 變ずる時は後列, 變ずる爻を以て占, 變ずる空氣の成分, 變ずる顏色は口, 變むとす, 變せざる限り數年來否十數年來執り, 變せしめそのさま, 變せしめたのである, 變せずして而, 變せるを覺, 變せんことを, 變その他種々な言葉, 變そんなことに, 變たつぷりだつたので宿泊料の, 變ためになる, 變たりしに, 變だありや死ぬ, 變だからいはないこつちや, 變だけは止して, 變だらえ, 變だ起きろよ八, 變ちきりんと思ふ, 變ってはいない, 變ってるんだ, 變つたうは付き, 變つたお心は, 變つたさうですよ, 變つたせゐか河鹿共, 變つたつて財布, 變つたところなくた, 變つたみたいにあんな, 變つたものがたりのうち, 變つたやうになつて, 變つたらうか, 變つたムスリンをだらり, 變つた丈でありまして, 變つた人物を名指したい, 變つた人間的空氣の漂, 變つた内容があり, 變つた刺戟で落着, 變つた動作が村人, 變つた南天の生垣, 變つた名前が色々, 變つた味の柿, 變つた呼び名で呼びかけ, 變つた品でした, 變つた喉から胸, 變つた噂を持つ, 變つた圖柄をかく, 變つた土地に住ん, 變つた地名の多い, 變つた場所のせゐか, 變つた奇蹟ですが, 變つた姿をかうし, 變つた學者が出た, 變つた客がない, 變つた小説に先刻, 變つた小豆飯が一箸, 變つた巨大な老木, 變つた平次の樣子, 變つた幾つかの森林帶, 變つた徴候を來, 變つた心は持つ, 變つた心持ちを持ちません, 變つた意見から出る, 變つた愛想のよ, 變つた態がよく, 變つた態度を驚き, 變つた所があります, 變つた所天から身, 變つた手拭で誰, 變つた手掛りはありません, 變つた手段で脅かされ, 變つた手藝品ともいへよう, 變つた捕物でしたね, 變つた文字も使つて, 變つた日の事, 變つた景色の處, 變つた望みに從, 變つた歌を附け, 變つた殺しぢやありません, 變つた氣持です, 變つた激怒に身, 變つた熱心な信者, 變つた爲ばかりでなく, 變つた物語をし, 變つた特徴があつ, 變つた特色があつ, 變つた獨り月見, 變つた獨逸帽を大事さうに頭, 變つた生活をし, 變つた癇癪持の負, 變つた相貌から年, 變つた眞の原因, 變つた眞田紐だ, 變つた眼の色, 變つた矛盾を演繹, 變つた種類のもの, 變つた簡素な部屋, 變つた紋所でしたよ, 變つた素振りはなかつた, 變つた考を發表, 變つた興味を起された, 變つた艷しささ, 變つた荷物の上, 變つた蟇股や柱, 變つた行司は説明, 變つた角度から問, 變つた設計ですが, 變つた諸子が出る, 變つた豐川鐵道で長篠驛下車, 變つた足跡などを付けられ, 變つた躄は誰, 變つた道樂者で蛸市, 變つた野郎がある, 變つた銅貨はぽ, 變つた難事件に首, 變つた雰圍氣もこの, 變つた領分を開いた, 變つた風景である, 變つた風物が特色, 變つた食物を持つ, 變つた體の人間, 變つた高調子で, 變つた鮒の子, 變つてお出でよ, 變つてここは其處ら, 變つてしとやかでした, 變つてそれが松倉, 變つてちよつと氣取つた手附, 變つてぺちやくちやとお喋りを, 變つてアスガルド即ち神, 變つてクワツと見開いた, 變つてプイと逃げ出す, 變つてプロレタリアの詩人, 變つて一晩くらゐは, 變つて一種クラシツクの調, 變つて世の中にちび, 變つて了つたやうな安らか, 變つて了つた髮かたちを見, 變つて人のもの, 變つて今迄も殆ど, 變つて今度のは久しく, 變つて今日の如く, 變つて仕舞ふ印度, 變つて使節一行の待遇, 變つて俺を拔, 變つて傳はつて, 變つて傳つたのである, 變つて先生にも結う, 變つて其處でポツン, 變つて刄物を持出し, 變つて刷の惡, 變つて參りました, 變つて味噌汁を一, 變つて唇は怒り, 變つて單なる政治上, 變つて大沼の日, 變つて天の一角, 變つて奇妙に眼, 變つて奧の廣, 變つて宗教の祖師, 變つて家に歸, 變つて寶物とやらを搜, 變つて平次をまい, 變つて往つたのである尤も, 變つて恰度自分の机, 變つて愼しやかに, 變つて昨今世の中に排外主義, 變つて昨日今日萬吉の側, 變つて暗がりから斬りかけられ, 變つて未來となる, 變つて末長くお, 變つて殘つてゐる, 變つて流れは丸, 變つて渠は常に, 變つて源助の言, 變つて無闇に死に, 變つて班超らを虐待, 變つて現在となり, 變つて目をしば, 變つて私たちはあまり, 變つて聲の餘韻, 變つて脣は紫色, 變つて腦天から出た, 變つて船の後, 變つて萬事が大きい, 變つて葉藏へ打ち解けよう, 變つて蟀谷が痛んだ, 變つて行きそして或, 變つて行つたであらう, 變つて行つたのでは, 變つて言葉少なに, 變つて賑かに成つて來, 變つて賑やかになつ, 變つて起居注の記事, 變つて足音をぬすむ, 變つて軍書となつ, 變つて輕妙な警句, 變つて階子段を踏む, 變つて雲の間, 變つて頓狂な聲, 變つて額に脂汗, 變つて風でも吹きやしまい, 變つて餘り冷淡, 變つて體躯が震動, 變つて默り込んでしまつた, 變こりんだぞ, 變で御座いますちよいと, 變とて何度と, 變とも何とも言はず, 變ないちやつきで, 變なかたちをする, 變なこたねえ, 變なちがひである, 變などといふ言葉を, 變などのあつた, 變なのぼせやうでした, 變なりとすばやく足, 變なるべしと雖ども, 變なればなり, 變なんじやない, 變な取り亂し, 變な引つ掻きだつた相です, 變な押し潰されたやうな, 變な映畫を, 變な落ちぶれやうだ, 變な見縊りやうで, 變な附けたりの極り, 變については單に, 變にでもなつた, 變にも武道家で, 變によつてきたへられ, 變にをかしくな, 變に際して政黨内閣の, 變はらずの教育家, 變はるをみ, 變ふしぎを感じ, 變ふと雖も, 變ぶり返して來, 變へしかの聖なる燈, 變へしものなりとの, 變へたりした, 變へた相だ, 變へてからだを, 變へての舞踊を, 變へでは御名も, 變へでもして, 變へながらずつと平安朝まで, 變へもしなかつた, 變へやら前年度の, 變へよ一切の, 變へるべき何等の, 變へれば雙方, 變ほめ奉つて居ります, 變まではその發達目覺, 變むづかしい本である, 變もう無暗, 變ものに成, 變世界大, 變やかましいものに, 變ゆるなく却, 變よい考へ, 變よろしうございます, 變らざるを得なかった, 變らしたなど説, 變らしめけむ今, 變らしめ兩者の形, 變らずくだ, 變らずしきりにむづかしい經義, 變られなければなるまい, 變らんと言, 變りありませんし惡, 變りいつとなく, 變りうべしと, 變りきて, 變りさうにも見えざれ, 變りたとへ實際, 變りたらむ樣の, 變りだらうといふ評判, 變りつちんでも, 變りつぱな男でいらつ, 變りつぱな神樣がおいで, 變りないではない, 變りなかつこうを, 變りなされましたな本, 變りましたらうな, 變りやしませんか, 變りゆく秘密にぞ, 變りゐたりこ, 變りんなつた, 變り入替るさまを, 變り得られる筈で, 變り果てていた, 變り澄んだ秋空を, 變り見たいな氣, 變り過ぎましたよ, 變り過ぎる程に, 變るべく後向きに, 變るまじ今日迄, 變れうま酒, 變わらざるの意, 變をも合せて, 變に底氣味, 變シ幾多ノ雄, 變スルト共ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, 變ズ可ラザル者ノ如ク, 變ツ叔母さんが, 變ツ旦那を突い, 變ツ松さんが, 變テツもない, 變招クベキヲ以テナリ, 變三人目がやられました, 變上品な知友, 變下降つたとかいふ事, 變不動であるや, 變不可思議的大心靈, 變不幸でした, 變不法な取扱, 變中毒で八五郎, 變今日のは別, 變今本船とかの奇怪, 變仕事がはかどる, 變仲よしであつ, 變てゐる, 變何百本の日章旗, 變便利を與, 變到頭四人目の, 變前後の水戸藩, 變助かるよ, 變勉強家でありますが, 變古い歴史を, 變叮嚀に頭, 變可哀相な與八, 變叱られてゐる, 變史伯之對鄭桓言秦晉齊楚代興, 變君子豹變といふ辭, 變告げて曰, 變善い所であります, 變喜ばれ此櫻の, 變嘆いてひとり, 變困りましたが, 變困難です, 變大きくなりまして, 變大人しくして, 變奇瑞があつ, 變好かれてい, 變好きです尤も, 變嫉妬深い方, 變尊いと云, 變尊ぶのであります, 變尊敬して, 變尊重されました, 變小さい土民の, 變小言をいた, 變巧みに出, 變巨木大樹をますます, 變幸福なの, 變後悔して, 變必要であつ, 變恒常の成分, 變惡變不善不惡變, 變愉しい氣持ちでした, 變愉快に御馳走, 變愛嬌を振舞い, 變愛想のいい, 變憂鬱になつたの, 變日南水だ, 變早いこと, 變更すとも終に, 變有力な説, 變江戸中の大, 變沈んでいらつ, 變活動寫眞の舞踊, 變流行おくれで, 變流行つた徳藏稻荷の門前, 變流行つて居つたと, 變流行るといふ, 變温かくて喜ん, 變は温か, 變激昂した樣子, 變父さんが, 變物質から超然, 變珍重もし, 變痛くこたへた, 變癲癇が來, 變着物がなく, 變突飛な魔法使, 變立派な外套, 變立腹して, 變精密な説明, 變精神的に苦悶, 變結構なこと, 變綺麗な方, 變綺麗ぢやない, 變織物も見えなけれ, 變自ら進んで, 變自在を得ん, 變自惚れてゐる, 變若く見えますよ, 變苦しがる, 變行つて見ろ, 變見にくいきたない世界, 變親切心のある, 變記憶の好い, 變詩四始言文武之盛而終于商頌志先王之亡以爲戒, 變認めて居る, 變調子を取り除かう, 變調法がられた事, 變貴重なもの, 變賑やかだつた相, 變近江屋の主人, 變進出的だ, 變重んぜられて居る, 變重大なこと, 變重要な觀察, 變金澤町のお, 變長い年數を, 變難しいやうです, 變面白く小説的に, 變高貴な生活, 變魅惑されるやう