青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考へ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考えた~ ~考えられ 考えられ~ ~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~ ~考え方 考え方~ ~考へ
考へ~
~考へた 考へた~ ~考へる 考へる~ 考察~ ~者 者~ 而~ ~耳 耳~

「考へ~」 8785, 84ppm, 1318位

▼ 考へ~ (6386, 72.7%)

355 ゐた 346 見ると 278 ゐる 188 ゐるの 186 みると 113 見れば 103 ゐたの 71 見ても 65 ゐるやう 63 ゐること, 見て 62 ゐたが, 居る 58 みれば 56 ゐると 55 見た, 見なければ 54 居た 45 来ると 43 ゐない 42 居るの 40 ゐたので 39 ゐるうち 37 みた 34 ゐるん 32 ゐて 30 ゐるが 29 見ますと, 見ること 28 みて, みても 27 ゐました, 居ります 26 ゐなかつた, 見る 24 見給 23 ゐたこと, 見るが 22 見たが 21 ゐます, ゐるか, ゐる人 20 來た 19 みなければ 18 ゐる事, 来た, 見よう, 見ろ 17 みたこと, みる, 御覧なさい 16 よい, 居たの, 居るやう, 居る樣子, 見る必要 15 みること, ゐるもの 14 い, みたが, ゐたもの, ゐたん, ゐるところ, ゐるらしかつ 13 いらつし, 下さい, 来て, 見るに 12 ごらんなさい, みるが, ゐましたが, ゐるから, ゐるに, 居りました, 見たいと 11 みたり, みますと, みよう, ゐた事, ゐるので, 私は, 見る事 10 ゐる樣子, 來る, 居たが, 居るん, 御覧, 見ねば, 見ませう 9 おいて, くると, しまつ, ゐたやう, 御覽, 来たの, 見るの 8 みたい, みる必要, ゐても, ゐないの, ゐるらしい, ゐるわけ, 居るが, 居ること, 行くと, 見たい

7 [14件] ごらん, みたいの, みるの, やつて, ゐたから, ゐたと, ゐたン, ゐなかつたの, 來て, 居ました, 居りましたが, 見たこと, 見ようと, 貰ひたい

6 [15件] みたいと, みました, みませう, ゐたか, ゐたところ, ゐたのに, ゐますと, ゐるかも, ゐる時, ゐる様, ゐる者, 丑松は, 差支ない, 彼は, 見るがい

5 [27件] しまつて, みたま, みたらい, みるに, よいだらう, ゐたに, ゐた所, ゐた時, ゐましたの, ゐません, ゐら, ゐるかを, ゐるだらうか, ゐる内, ゐる程, ゐる自分, 居たので, 居つたの, 居ます, 居るか, 来る, 渠は, 見たの, 見たり, 見ましても, 見りや, 貰は

4 [39件] おかう, おきなさい, くれ, みたの, みた事, みます, よいと, よいの, ゐたわけ, ゐた矢先, ゐないと, ゐないやう, ゐますが, ゐるだけ, ゐるといふ, ゐるひま, ゐる中, ゐる人間, ゐる以上, ゐる方, 乳母は, 入らつし, 居たから, 居たこと, 居た所, 居なかつたと, 居ましたが, 居るから, 差支へ, 物を, 置いて, 義雄は, 自分で, 見ただけでも, 見たばかり, 見ましたが, 見るまでも, 貰ふ, 返事を

3 [84件] おかねば, くれと, しまふ, みちや, みなくては, みやう, みようと, みようとも, みりや, みるとき, みるまでも, みろよ, もらひたい, ゆかなければ, ゆくと, よからう, ゐたけれど, ゐたし, ゐたらしい, ゐた為, ゐた通り, ゐては, ゐないで, ゐなかつたので, ゐなければ, ゐられない, ゐるかといふ, ゐるからの, ゐるし, ゐるで, ゐるとは, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるン, ゐる人達, ゐる暇, ゐる様子, ゐる樣, ゐる次第, ゐる私, ゐる間, 之を, 人しれず泣きつ, 居たと, 居たもの, 居た事, 居つた, 居て, 居なかつた, 居られたの, 居られる, 居りません, 居りませんでした, 居るうち, 居ると, 居るところ, 居るので, 居るんで, 居る人, 居る様, 御覧よ, 急に, 描いて, 敢て, 来たこと, 来た様, 来るの, 来れば, 考へ, 考へて, 胸が, 自分の, 行つた, 見たいの, 見たところ, 見たま, 見たん, 見なくては, 見ますると, 見ようとも, 見るなんて, 見るん, 見る方, 頂きたいもの

2 [187件] いいの, いた, おきませう, おくが, おくれ, お出でに, お定, くるとき, くれたま, くれて, くれやしない, くれるだらう, くれるの, これから後, さうし, しまふと, それに, それを, みたさ, みたん, みては, みないらしい, みないわけ, みましても, みるといふ, みる事, み給, ものを, もみなさい, やつてる, やらなきや, やらなければ, やる, やるべきであつ, ゆくこと, よい根拠, よさ, ゐさ, ゐたかと, ゐたその, ゐただらうか, ゐたとき, ゐたのよ, ゐたよ, ゐたより, ゐたらしいの, ゐたらしかつ, ゐたり, ゐたわ, ゐた僕, ゐた時代, ゐた様, ゐた源太郎, ゐた男, ゐた目ろみの, ゐた者, ゐた自分, ゐた譯, ゐないが, ゐないのみ, ゐないもの, ゐまい, ゐますの, ゐますので, ゐるけれど, ゐるさ, ゐるだらうと, ゐるつもり, ゐるであらう, ゐるな, ゐるならば, ゐるのよ, ゐるふう, ゐるよ, ゐるより, ゐるよりは, ゐるよりも, ゐるらしいから, ゐるらしかった, ゐるんぢ, ゐる人々, ゐる位, ゐる學者, ゐる屋敷, ゐる屋敷廻り, ゐる心, ゐる所, ゐる東京弁, ゐる点, ゐる現代, ゐる矢先, ゐる風, ゐれば, エな, フラフラと, 一人で, 下さい私, 之に, 二度目に, 今日の, 其を, 去年東京から, 呉れ, 如何に, 子供の, 家康は, 少し胸, 居たのに, 居たよ, 居たらしい, 居つた處, 居ない, 居ないの, 居なかつたの, 居なかつたやう, 居らぬ, 居られたので, 居りますから, 居りますが, 居りますけれども, 居りませぬ, 居るかと, 居るけれども, 居るし, 居る事, 居る平次, 居る間, 当時の, 後, 御覧なさりませ, 御覧に, 御覧同じ, 思ひの, 慄然と, 抑へ, 暮して, 書いたの, 書いたもの, 来た事, 来た家持, 欲しい, 気を, 氣を, 眼の, 立つて, 筆を, 置かう, 置かねば, 置くが, 自分が, 苦勞する, 行かねば, 行きますと, 行く, 行くうち, 行くこと, 行くの, 行くやう, 行けば, 見い, 見たいん, 見たかつたの, 見たけれど, 見たけれども, 見たら成る程, 見たら決して, 見た事, 見た処, 見た末, 見てくれ, 見ないこと, 見ないと, 見ながら, 見ました, 見ましたか, 見ますれば, 見ませんでしたか, 見るから, 見るならば, 見る時, 見れや, 見れよこの, 見ろと, 見度, 見度い, 觀る, 頂きたいと

1 [1549件 抜粋] あげたいん, あつて, あまりの, ある筈, あんな事, いいと, いただかなくちや, いつかの, いつた道すじ, いつまでも, いとも厳か, いや行かう, うまくいつたら, おいたので, おいでに, おかしくって, おくつもり, おくなんて, おくれよ, おく方, おそくまで, お出でなさい, お答, お見なさる, かの女, きたの, きてを, くださるならば, くるの, くれず与へても, くれたら猶, くれても, くれないと, くれよ, くれると, こてを, この腐れた, これに, ごらんに, ご覧じ, さう, さてどう, しかもそれ, しまひました, しまふの, すこし安心, そして何, そして片, そのこと, その先, その口, その方言, その歸著, その苦難, それから, それぞれ新, そんないろんなもの, ちやうだいよ, つけぬと, ですね, ともかくトキ子, どうしても判斷, どうにもならない, なつかしくって, ならないといふ, のんべ, ひとの, ひどく当惑, ふた, ほしいと, ほろ苦くなる, ぼんやり窓外, ますよ, また意識, みいや, みたいこと, みたくなる, みただけでも, みたところ, みたらこの, みたらぼく, みたら僕, みた俳優, みた時, みな, みなかつた, みなされ, みますると, みよ, みられねば, みることさ, みるだけでも, みるので, みるべき過去, みる材料, みる興味, もう一度呼び戻し, もさうであるし, もと天皇霊, もらひたいと, やつた, やつぱり昨夜は, やりました, やる暇, ゆかない事, ゆく事, よいか, よいほか, よい筈, よほど狼狽, ろくに相手, わざとくそ度胸, われわれは, ゐたあたり, ゐたいろ, ゐたく, ゐたしぐれて, ゐただけに, ゐたにも, ゐたよりは, ゐたらしい書きぶり, ゐたらその, ゐたら定めし, ゐたら決して, ゐたんぢ, ゐたマスコフキナ夫人, ゐた人々, ゐた以上, ゐた地方, ゐた彼女, ゐた数回目, ゐた方, ゐた此, ゐた比嘉医師, ゐた漠然たる, ゐた程, ゐた筋道, ゐた結果, ゐた計, ゐた跡, ゐた饑死, ゐてよ, ゐないぞ, ゐないでも, ゐないらしかつ, ゐない人, ゐない容子, ゐない時分, ゐなかった, ゐなかつたそんな, ゐなかつたわ, ゐなかつた為め, ゐながらも, ゐなけれや, ゐましたよ, ゐました中, ゐますし, ゐやしない, ゐられたの, ゐられるが, ゐられるもの, ゐられる以上, ゐるあ, ゐるかの, ゐるくら, ゐるこの, ゐるそれ, ゐるて, ゐるとぞ, ゐるなんて, ゐるね, ゐるふれいざ, ゐるまだ, ゐるや, ゐるよりかも, ゐるらしい作家, ゐるらしい様子, ゐるらしく, ゐるらしく口, ゐるフリ, ゐる丈, ゐる人形, ゐる併, ゐる僕, ゐる処, ゐる向き, ゐる場合, ゐる大倭宮廷, ゐる学問上, ゐる年神, ゐる形跡, ゐる悪魔, ゐる手前, ゐる教師, ゐる文學者たち, ゐる昔, ゐる時間, ゐる本当, ゐる水仙, ゐる狂女, ゐる現在, ゐる男, ゐる祝詞, ゐる空漠, ゐる芸能, ゐる見たいに, ゐる語, ゐる譯, ゐる遑, ゐる鎮魂, ゐる電車, ゐる頃, ゐる馬鹿力, クレデイツトの, ゾッとする, ニコつい, ボンヤリし, 一そう恐ろしくかなしく, 一五歩, 一寸胸, 一番私の, 一粒とか, 七三桂, 三三桂, 三四飛横歩を, 三時間ばかり, 上げるつもり, 下さつた仕事, 下さらないのね, 下さるまいかと, 下すつて, 不思議の, 不都合は, 世間では, 乗つて, 予は, 二六歩塚田すぐ, 二四飛, 云ふ, 五五馬これが, 京子と, 仁義な, 今夜は, 仕まひ, 伜の, 伴れ, 何だか世の中, 何とも言, 何んとも, 何時でも, 作る外, 來るなら, 俗悪な, 傳授といふ, 優しい女らしい事, 先輩の, 兎も, 全く馬鹿馬鹿しく, 其と, 其クライマツクスが, 其弓弦を, 出來, 初めから, 利根川べりの, 助かりました, 半分, 卑しめたもの, 厭な, 又たより, 又哂, 取敢, 可愛が, 同馬, 呉れたこと, 呉れとの, 味噌醤油の, 商店としても, 四九桂成同, 四四歩, 四間の, 土地の, 多くの, 夢では, 大きく首, 大めかし, 失当でも, 女が, 委細構はず探索の, 学士は, 定められた自分, 実行せん, 容易に, 寝られなかつた, 寧ろ當然, 将来独力で, 小田原評定に, 少し離れた, 居, 居たぜ, 居たらしいの, 居たんぢ, 居た古代, 居た歐米人, 居た老女, 居つたから, 居つたとて, 居つたより, 居つた様に, 居ては, 居ない様, 居なかつたので, 居なかつた筈, 居ましたで, 居ませんよ, 居らる, 居られたらしく何事, 居られました, 居られるやう, 居られる様, 居りましたの, 居り古, 居るかの, 居るで, 居るは, 居るべき塲合, 居るわけ, 居る上, 居る以上, 居る余裕, 居る所, 居る村, 居る温湯, 居る自分, 居る餘裕, 差し支, 帰つて来た, 幾度も, 引受けた, 御役人樣, 御覧あの, 御覧なさる, 御覧まさか, 復た測つ, 心即, 心楽しく, 心靜かに, 忽ちその, 思ひ出せと, 急にが, 恐ろしさ, 恰度秒針が, 悠遊する, 悲しんだの, 情なかつた, 愼みぶ, 憂鬱だ, 應用なされ, 我ながら, 戴きたい, 手許に, 拒絶される, 探しに, 救はれ, 方庵の, 早くから目, 春三郎は, 普通の, 暫く立去りかねる思ひ, 更めて, 書類を, 朝夕念仏を, 札を, 来たぜ, 来たらしいの, 来た彼, 来た挨拶, 来た格式, 来ますと, 来るで, 来る時, 柳原土手まで, 次の, 欲しいといふ, 此は, 此所を, 歩いて, 歸つて來た, 母親の, 気の毒な, 決して一手, 津田は, 海と, 浸つて, 溜まるもん, 瀕死の, 無理し, 爾雅, 独りで, 玄関を, 現在に, 理想は, 生きつづけて, 畏る, 疑問の, 皎, 直ぐ返, 眠つてゐ, 睡気交, 知つたのでなけれ, 研究を, 神道に, 私達に, 立つ冷吉, 笑ひました, 約束変改を, 素材を, 綿入れ一枚の, 缺點や, 置いてから, 置かなくちや, 置きましてよ, 置くべきこと, 羞づかし, 考へたこと, 肖像畫も, 自ら是と, 自在に, 興奮した, 花嫁探し, 苦労する, 英國人の, 蝉の, 行くといふ, 行く何かしら, 行く者, 行つてかれ, 街を, 裏切りの, 見い師匠, 見たいとの, 見たい事, 見たい背後, 見ただけ, 見たなら十九世紀, 見たら一人前, 見たら善かろ, 見たりなど, 見た揚句, 見てくれ給へ, 見ては, 見な, 見ないわけ, 見なきや, 見ねえとても, 見ましたから, 見ますとき, 見やうと, 見ようぢ, 見ようよ, 見りやあ, 見りや家, 見るだけでも, 見るといふだけにも, 見るね, 見るべきこと, 見るほど, 見るより, 見る日本, 見る気, 見る積り, 見ればか, 見ろ俺, 見申, 観察といふ, 言つた, 計画を, 話の, 誤りなく, 誰か, 貰うこと, 貰はんと, 買つて来た, 身を, 輕擧暴行の, 退校した, 道は, 遣つて, 遺憾の, 酒ビールを, 金持に, 阿部家の, 雨の, 電燈の, 静まらうと, 非常な, 頂きたい, 順々に, 頭痛で, 飯を, 鬼の

▼ 考へ~ (605, 6.9%)

20 によつて 15 である 13 をし 10 をする 6 だと, です, 感じ方 5 からすれ, がある, の上 4 であ, の基礎, は

3 [12件] があつ, が出, が間違つて, であらう, であります, であると, と言, になつ, によれ, に傾い, は間違つて, を改めなけれ

2 [26件] から, からし, から見れ, から資料等, がはつきり, が偏狭, が対立, が欠け, が私, が違つて, で, でそれ, でも現代, で考へ, とは違つて, の下, の發展, はあまり, はそれ, は今, もある, も場合, をした, をしよう, をすれ, を持つ

1 [414件] かも知れない, からいふ, からかりに, からす, からする, からで, からでも出, からはおかみ, からは国, から万葉, から上の語, から來, から変, から孵化, から散々, から曾我兄弟, から村, から研究, から脱せしめない, から脱せられぬ, から行く, から見た, から見当, から言, か本当に, があべこべ, があまりに, があります, があるであらう, がおの, がかう, がかなり古く, がくり, がこがら, がそれとなく, がと, がどうやら, がひどく, がほん, がほんとう, がほんの, がまるでもう, がむしろ, がよい, がナンセンス, が一般, が一転, が世間, が他人, が北京人, が地方, が変っ, が多少, が常識一遍, が強く, が当の, が復活, が悪い, が戻つ, が教訓的, が文學, が既に, が昔, が本来, が模寫説, が正しい, が正確, が歴史的, が母愛, が永久性, が法律的, が淺薄, が狭く, が甘く, が生じ, が生じる, が益々, が私達, が習慣, が自然, が自由, が萌し, が行, が行き, が西洋人, が解放, が足りない, が過去, が邑落生活, が隠れ, が非常, が,時間空間, しかできない, しかできなく, すらもそれ, それから學校内, だ, だから, だが, だけに史実, だつて, だとか, だよ, でありまして, でありますが, であり方法, であること, であるばかり, であるやう, であるらしい, である以上, でいま, ですれ, です而, でずばり, ではい, ではいけない, ではない, では大嘗祭, では彼, では文化, では本, では此, では簡単, でもつ, でも單, でやれる, で云, で信じ, で僕, で其の, で史実, で大体間違, で彼女たち, で或は, で支那, で根柢, で此等, で藝文志, で見, で言, で農村, といはなけれ, とか物, としては海, としては結局, として仮説, として根源的體驗, とである, との最も, とは反, とは違, とを含ん, と云, と同一, と思ふ, と書方, と模寫説的, と殿, と無関係, と科學至上的, と符合, と結果, などはやはり, なども恐らく, なども所謂国学院的, なども私, など全然, なので, なりを窺, なり著述, なんか, における重要, にしよせん, にしろ, にちよ, についてわれわれ, にとらはれない, になつて, になる, にはそれぞれ賛成者, には共鳴, には危険, には常に, には歴史的, には無い, には調和点, には非常, にもう, にもとづく, にも与し, にも観, による, によるもの, に一, に依つ, に依り, に依る, に化せられた, に原因, に同意, に囚, に多少, に容れる, に寧ろ, に対して興味, に對, に属し, に影響, に従つて, に慣れ, に案外, に沿う, に溺れ, に私, に立つ, に縋つ, に誘う, に近い, に違, に陥り, ねああ, のあつ, のため, のできない, のなか, のやう, の中, の今一例, の傾向, の元, の名, の多, の大, の大概間違つて, の如く, の対立, の延長, の影響, の微妙さ, の必要, の意義, の方, の本, の根本的偏見, の様, の正し, の正統性, の淺, の癖, の相, の相違, の眞, の習慣, の自由, の覊絆, の違, の隅々, の點, はあまりに, はいかぬ, はいけない, はお, はおそらく, はきら, はこの, はしたくない, はしない, はずゐ, はせぬ, はその, はたう, はたつた, はどう, はどんな, はない, はまさに, はもともと, はカント, は一, は一変, は一見, は何と, は作中, は作者自身, は例, は先生, は全く, は凡て, は出来ないらしい, は北方, は司馬遷, は各自, は同じ, は哲學的, は善惡, は堂々めぐり, は堕落, は多く, は実に, は室町, は専門, は将来, は少し, は幾度幾様, は忘れられき, は忘れられた, は改められね, は新しく, は日本, は正反, は正当, は浅く, は演劇, は無意味, は甚だしい, は社會概念, は神楽そのもの, は穩當, は空想, は結局, は絶対, は考へ, は自分, は認識, は近代, は遂に, は非常, まで抱く, も, もあつ, もうなづけない, もし, もす, もできる, もない, もなり立ち, もまた, もまつたく, も今日, も以前, も出来る, も動き, も含まれ, も女らしく, も戦争, も湧いた, も變, も違ふか, や感じ方, や態度, や技術, や生活態度, や社會風俗, や観, や言, や間違つた見方, をおし, をしてる, をしない, をしなけれ, をするであらう, をせね, をそれに, をひき出し, をま, をもう, を一層, を一掃, を代表, を假, を僕, を入れ, を利用, を助け, を又, を吹き込まれる, を大雑把, を好ん, を子孫, を容認, を対象, を心理主義, を抱い, を押し, を押しやる, を拒否, を拭, を捜, を排し, を改めて, を教, を根本的, を止めなけれ, を無, を生じた, を申します, を異に, を示し, を私, を立派, を第, を習合, を自分, を見る, を訂正, を訴, を詳しく, を變, を非常, を頓才問答, 並びにその, 例へば政治家, 又社會

▼ 考へても~ (410, 4.7%)

74 先を, 御覽, 考へても, 見て, 見なかつた 3 これは, みない, よい, ゐなかつたが, 私は, 胸が, 見た, 見たが

2 [19件] おんなじこと, ごらんなさい, それは, そんなこと, みなかつたが, よい様, ゐた, ゐたし, ゐない樣子, 何から, 彼の, 彼は, 御覧な, 忌ま, 怖ろ, 自分には, 見ずに, 見た事, 見給

1 [321件] あの大嘗祭, あの憎, あの珍本, あまりに突飛, ありやう筈, あれは, あれらの吾, あんな悲しい, あんまり他人, いいな, いいの, いけなかった, いつたん執心, いは, いやに, いろ, お孃樣, かういふ国際的, きりが, こ, この五つ, この生きもの, この胸, この野郎, さう, しれたもの, すべては, そのうち, その全盛, その原因, その文化, その脱線, それが, それだけ多面的, それより, それを, そんな不思議, そんな人, そんな無法, そんな貧しい, つまらない芝居, とてもその, どうに, どうも其最初, どんな訳, ないから, ないやう, なかつたの, なかなかこんな, なぜかの, なんにも, ま, みた, みないけど, みないなんて, みなかつた, みなかつたこと, みなかつたで, みなかつたの, みなかつた少女, みなかつた私, みなければ, みぬ, みられないやう, みるが, みろ仔細, もうろうとして, もの言へ, やり切れないやう, やれたし, よいと, よいの, よい記録, よさ, わからない, わからないの, わかりません, わかる, わかること, わかるぢ, わけが, わたしは, ゐたで, ゐたの, ゐないが, ゐないくせ, ゐないし, ゐないと, ゐないのに, ゐないやう, ゐない時, ゐなかつた, ゐなかつたから, ゐなかつたこと, ゐなかつたし, ゐなかつたので, ゐなかつたやう, ゐなかつたわ, ゐまいかと, ゐら, ゐる, ゐるらしいね, 一つ二つは, 一二年此方のさばり返つた, 一刻も, 一家生き, 一緒に, 一致し, 三郎さんらしくない, 上京の, 下手人らしく, 不公平と, 不思議ぢや, 不思議な, 不適當である, 世間で, 事に, 二流三流の, 亥刻半, 亦さうだ, 人に, 人を, 人間らしい心, 今思ひ, 今時分あんな, 仕方が, 何だか基督, 何の, 何時も纒, 何處からも, 余りたつ, 余り無念, 作家の, 作松ぢや, 俺は, 先づ劇作といふ, 其の少年, 出來, 分らないやう, 分らなかつた, 判らないといふ, 判らなかつた, 判らなくてひどく悲しかっ, 判りやう, 判断が, 判斷が, 到底道子, 制作者は, 勘兵衞と, 勝の, 千年考へ, 可笑しい樣, 合點行ず, 吉五郎と, 同じである, 名工が, 問題に, 善くわかる, 喜べない, 嘘の, 器用な, 四川雲南地方の, 国民の, 場面は, 境遇社会などと, 変な, 外國に, 多勢の, 多少の, 大した間違, 奇蹟を, 女嫌ひでは, 女子供一人で, 好いと, 好い気味ぢ, 妙な, 嫁に, 守範は, 実際の, 室生の, 容易ならぬ, 容易ならん, 寒々と, 将軍家が, 尋常で, 小作人と, 尚他, 居ない, 居ないさ, 居ないし, 居ないやう, 居ない樣子, 居なかつた, 居なかつたのに, 居ません侍, 居られません, 島末新聞記者, 差支ない, 幇間では, 庭園や, 彼れ, 彼等の, 御覧遊せ, 思ひ出さず先方, 思ひ出せなかつたので, 思ひ出せねえ, 思案が, 恐らく細君一人, 恐ろしい, 恐ろしい程, 恐縮の, 悪意の, 情けなかつた, 意味の, 感心出來ない, 慄然と, 我々は, 數百年に, 日本の, 明かであらう, 明かに, 昨夜の, 是歌の, 時としては, 時代が, 時代遅れだ, 時刻が, 書いても, 最も重要, 本当に今, 来年の, 東京へは, 正しいだらう, 此わびすけ, 此処を, 此最初の, 歴史上の, 残念である, 殘念至極だ, 段々二つ, 殺し手, 氣の, 永い年月, 決して余り, 決して餘, 淋しいもの, 淹悶する, 現代の, 生産の, 直ぐ比較, 矛盾し, 私に, 私達は, 立派な, 筆ボラは, 美しくない, 美術は, 義理の, 考へ, 考へなくても, 聖書よりは, 腑に, 腹が, 自分の, 自害ぢや, 自害などを, 自然から, 自然である, 舞臺の, 莫迦, 莫迦莫迦しい, 藏字に, 藤兵衞や, 行を, 袖の, 裸に, 西洋画と, 見たいと, 見たま, 見ないで, 見ないやう, 見なかつた才能, 見なかつた甘い, 見ません, 見ませんよ, 見やがれ, 見よ女性作家, 見るの, 見ろこの, 見ろどんな, 見出すこと, 見当が, 見調べても, 観衆の, 解らない, 解らないから, 解らぬとて, 解るぢ, 言は, 誰にも, 誰れ, 譬へば三河, 變だ, 軽薄には, 遲く, 酉刻半より, 醜悪で, 釋き明かす, 釋言の, 野々宮が, 関係が, 闇の, 降て, 随分と, 非能率的, 面白い生活, 頷けるが, 頼もしくない, 餘震は, 馬鹿気切つてゐます, 鼻緒の

▼ 考へながら~ (236, 2.7%)

6 歩いて 4 私は 3 彼は, 私が, 義雄は

2 [12件] さまざまの, その眼, ぼんやり立つ, 云つた, 山を, 師匠の, 慌て, 汗を, 牛乳屋の, 甲南学校前, 窕子はじつ, 道助は

1 [193件] いつの間にかああ, いろいろな, うちの, うつら, お話を, かう云, さびしくふり, しかも呪詞, じつと暫く, そこの, そのまま森, その唏, その場, その虫, それが, それでもわれわれ, ただそは, ちよつと, ぢつと, つく, どうして彼, ねむりに, はつきりと, ひつそりと, ふと愛聖館, ふと氣, ふと頭, ぼんやり竝, ぼんやり返事, まだ時代, みのるは, もうちよ, もう一度廊下, やがて又, やつて, やつと, やつぱり忘れられない, アカシヤの, キョトンと, ジツと, ダ・カツポヂヤツコアンバセダー, トボ, ビールを, フト後ろを, ワザと, 一つ時休憩室の, 一応自分, 一方かうした, 一椀の, 一緒に, 三八九の, 上の, 下手の, 両手を, 云ふ, 互に何, 代助, 会つてみたいのよ, 会ひたく, 何も, 何気なくお, 來たら, 信子は, 僕は, 全身で, 其處へ, 出かけて, 出て, 到頭その, 前から, 前の, 十字にな, 南京への, 受けた盃, 古賀は, 同じ道, 向ひ, 呟く, 周三は, 唸る, 四月を, 坂を, 墓地に, 外へ, 夢の, 大きな象, 大きな赤い, 夫人の, 奇妙な, 子供の, 宜道, 室内を, 寐に, 寢床に, 小さな家, 小さな從弟, 小暗い森, 少しづつ膝, 山の, 峠の, 帰るやいなや, 常に一々反省, 平次は, 弥生町の, 彼において, 彼れ, 後を, 心の, 必ず自分, 思はず胸, 恋愛を, 或日神主, 扱ふ, 揚幕を, 斯うふ, 新鳥越, 時々唯気まぐれ, 暫く其処, 書き出しを, 書くので, 最初の, 村外れへ, 村長は, 枕に, 欄間に, 武井さんの, 歩いたけれども, 歩いてる, 歩いてると, 歩むとも, 歪んだ硬い, 歸つた, 歸りかけた, 毎日彼は, 気を, 氣が, 河に, 泥濘ツた, 浜を, 海面から, 渓流を, 漫然と洋學, 濱松町の, 為し至らざる難関, 物を, 独りあの, 猶今一度窟, 玩具をな, 瑠璃子は, 男と, 男の, 相島は, 相手の, 眠つた, 眠つたのです, 眺めて, 砂山の, 神經だけが, 私には, 私の, 秋の, 結ぶ時, 胸を, 自分の, 自分は, 與八に, 茸を, 裸足でや, 言つた, 読むこと, 読むので, 読むやう, 誰も, 足は, 辿りました, 通り拔け, 進んで, 遊ぶが, 遊動円木か, 遠くの, 酒を, 銀杏返, 間を, 雨戸の, 雪の, 青い匂, 顔を, 風に, 飲んだり, 駅を, 高い塀, 默つて笑つた, 黙って

▼ 考へたり~ (158, 1.8%)

23 した 20 して 8 するの 4 感じたり, 書いたり 3 しました, する, すること 2 したが, した横合, するが, ほんた, 寝たり

1 [80件] あちこちの, あの騷ぎ, あるひ, ある時, これから自分たち, しがち, したあと, したこと, したの, したわけ, したん, した人, しつ, しづかに, してたら御飯, しないで, しながらも, しなければ, します, するけれども, すると, するといふ, するに, する事, する暇, する暇さ, する自分, そして飲ん, それから, それとも最初, できればと, なか, はかない夢, ふだんジメジメ, ふだんヂメヂメし, まことに退屈, またそんな, また友達, やめたり, 仕て, 仕事を, 会議を, 何か, 何んな, 何時かは, 作つ, 働いたり, 創作し, 劇場といふ, 吐息を, 喋べつたり, 声を, 太息を, 女房と, 思つ, 恰で, 悶えたり, 或は明日, 握つて, 放課時間と, 書かうと, 朝日や, 歌つ, 歌を, 為たり, 照会し, 相談する, 眠むるまも耳の, 祈つたり, 立話を, 筆記帳を, 自分自身の, 見たり, 解つてもらひたい, 言ツたり, 言出され, 責任を, 超俗的な, 頭の, ABCゲーム以来古い

▼ 考へては~ (135, 1.5%)

6 ならない, ならぬ, ゐない 4 して, ゐないの 3 いけない, ゐたが, ゐなかつた, ゐなかつたの, 居なかつた, 己れ, 成りませぬよ 2 いけないと, いけませんよ, なりません, ゐられない

1 [80件] あたれば, いかん, いけないの, いけません, くれないぞ, くれなかつた, その魔法, そらを, ならないといふ, ならないの, ならぬと, ならぬの, ならぬ事, ひとりで, ふつてあつ, みたがね, みるもの, やらないの, よくない, よほどの, ゐた, ゐても, ゐないか, ゐないし, ゐないやう, ゐないらしかつ, ゐなかった, ゐなかつたが, ゐなかつたので, ゐなかつたらしいが, ゐながら, ゐません, ゐませんでした, ゐませんわ, ゐられないで, ゐられないやう, ゐられなくなつ, ゐるが, ゐるけれども, ゐるやう, 不合理である, 何うかし, 何時まで, 來た, 其圖案を, 困る, 困ること, 坂を, 大なる, 大変失礼な, 嫂の, 居たが, 居つたが, 居ないの, 居なかつたから, 居られないの, 居られなかつたの, 居れねえ, 常にポリシイ, 彼女は, 想像に, 手を, 早計で, 明日の, 止めいたしましたか, 止め考へては, 生きて, 益々劇烈, 眞の, 立つ瀬が, 算術幾何學力學などの, 自分の, 若しきみち, 見ませう, 解す可ら, 訣らない, 誤りである, 辻褄が, 革包の, 鬱いで

▼ 考へてを~ (77, 0.9%)

16 ります 12 りました 5 らぬ 4 らず 3 りましたが, れば 2 つたか, つたこと, るが

1 [28件] つた, つたが, つたので, つたやう, つた事は, つた人達が, つた日本の, られたが, られなくな, られぬらしい, りそれ, りどうも, りましたの, りましたもの, りました折柄, りますこと, りますし, りますよ, ります為, りませうか, りません, りませんから, りませんが, りより, り政治家, り藤村, るので, る水仙

▼ 考へごと~ (51, 0.6%)

19 をし 3 があつ, に耽つ, をする 2 なんてある

1 [21件] かなどう, がある, が宙ブラリン, が書かれ, が浮んだ, が渦まい, である, でも遊ばし, と云, などする, なんかはしませんでした, にばかり耽つ, にまでも日向臭い, にクヨ, の切な, ばかりなす, をした, をしたい, をするで, をめぐらし, を打ち明ける

▼ 考へ~ (47, 0.5%)

213 るべきもの, るるが 2 るべきは, るるなり

1 [16件] るで, ると, るべきこと, るべきであるといふ, るべきであるのに, るべきでは, るべき多く, るべき文化問題, るるは, るるもの, るる扁平石, るる樣, るる物, るれど, るれば, るアイヌ

▼ 考へ~ (37, 0.4%)

3 入れて, 沈んだ 2 入れないでは, 入れる必要, 置いて, 置かねば

1 [23件] おいた常世神, まとまりが, 一寸見当が, 入れてか, 入れては, 入れても, 入れないでか, 入れなくとも, 入れねば, 入れるに, 入れるやう, 持つて, 来たけれども, 沈み乍ら顏を, 沈んで, 浮んだ事, 纏めようと, 置いてか, 置かずに, 置き過ぎて, 耽けら, 能は, 迷つた

▼ 考へやう~ (32, 0.4%)

7 によ 4 がない 2 では, もある, もなかつた

1 [15件] があるだらう, があるまい, がなかつた, として結局何事, ともして, と努める, と努力, と思ふた, と私, に依, は無い, もあらう, もありません, もこじつけ, もない

▼ 考へてから~ (29, 0.3%)

3 答へ, 返事を 2 いひました, 云ひました

1 [19件] あて名を, きつぱり, その位置, その話, それは, たうとう, だつたら何, ものを, やつと, わたしは, 一つ言ひ当て, 二十数年が, 叔母さんが, 戦ふこと, 挨拶を, 目を, 私に, 言ふ, 題を

▼ 考へ~ (26, 0.3%)

7 ある 3 あるから 2 再同じ

1 [14件] あって, ありますから, あるだらうまア, あるの, あるわ, あれば, ついたの, ないで, ないでも, 出来上つて, 及ばないらしい, 向くと, 帰せられねば, 違ひさうだ

▼ 考へ~ (15, 0.2%)

4 へもつかなかつた 3 ういふ 1 うして, うだね, うな, うもないこと, うも無い惡魔的, へすれ, へ添う, アそこが

▼ 考へその~ (15, 0.2%)

1 [15件] ついでに, 一つの, 一半が, 主義を, 伝襲を, 何處に, 各, 国に対する, 外の, 平生の, 書生帽子を, 架空の, 決心を, 眞に, 計画を

▼ 考へもの~ (14, 0.2%)

3 だと 21 だが, だつた, だらうとは, であらう, である, であるとも, です, ですけれど, に近い

▼ 考へ~ (14, 0.2%)

6 をし 2 ばかりし 1 して, などは禁物, に気, に耽るべく, は何, は続け

▼ 考へてや~ (13, 0.1%)

3 しない, しないよ, しないん 2 がる 1 しないの, はるのやもん

▼ 考へ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あからさまに, ある地方, その信仰, 七日も, 世間の, 実際に, 年の, 民子などとも, 言ひ, 誘ひ出す為, 讀んだこと, 鄭樵の, 酒を

▼ 考へてばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] ゐた, ゐたつて, ゐました, ゐると, ゐるん, ゐる三文詩人, 居たん, 居た叔父さん, 居ないで, 居られるもん, 居る

▼ 考へ~ (11, 0.1%)

2 だ, である 1 だと, だね, だよ, であるが, です, で何処, の方

▼ 考へちや~ (10, 0.1%)

1 いけない, いけないつてパパ, いけないよ, ないの, ゐない, ゐないよ, ゐまいね, ゐませんわ, 居ないよ, 居ねえよ

▼ 考へ~ (10, 0.1%)

4 ほして 1 ほしたので, ほしたらし, ほしましたすゑ, ほすこと, ほすの, ほす必要

▼ 考へかた~ (9, 0.1%)

1 があべこべ, がおの, が既に, が昔, である, と同, によること, も出来ない, をする

▼ 考へがち~ (9, 0.1%)

2 であつ 1 がつたやう, だが, だけれども, だつた, であるが, な圭子, のもの

▼ 考へこれ~ (9, 0.1%)

2 は別物 1 こそ眞, に對, に更に, は永遠, を治書, を自分たち, を那波支配人

▼ 考へそれ~ (9, 0.1%)

1 が如何にも, が根本観念, が比較的, が祖先, にのみこ, を今度, を家康, を徹底, を父

▼ 考へまた~ (9, 0.1%)

1 そのままそつ, それで, 何故今朝彼女, 君の, 常々自分を, 必然さう, 書いた私, 此處より, 衣類

▼ 考へての~ (6, 0.1%)

2 ことである 1 ことなら, 事である, 所爲か, 打算からばかり

▼ 考へこの~ (5, 0.1%)

1 考へを, 芸格の, 言葉を, 詰らない解りきつ, 點に

▼ 考へそして~ (5, 0.1%)

1 そこに, 友の, 書いたこと, 社會が, 考へ

▼ 考へてはを~ (5, 0.1%)

1 らぬ, りません, りませんが, りませんもの, りませんわ

▼ 考へにくい~ (5, 0.1%)

1 から或は, のだ, のである, ものである, 事で

▼ 考へ~ (5, 0.1%)

1 しないん, ない, やめさせなけア駄目, ンだ, 行ひもそれらしくならない

▼ 考へよう~ (5, 0.1%)

2 にも何 1 ではそんな, にもあるだらう, によつて不幸

▼ 考へ~ (5, 0.1%)

1 か彼, を後悔, を思う, を発見, を目論ん

▼ 考へ~ (5, 0.1%)

2 つてゐる 1 つたやうに, つてゐた, つてゐるらし

▼ 考へ或は~ (5, 0.1%)

1 のりとを, 同じ寺, 呉の, 女を, 転向を

▼ 考へてか~ (4, 0.0%)

1 ぶちも, ゆき子の, 一切の, 墓

▼ 考へどんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, 夢想を, 希望を, 風に

▼ 考へ其の~ (4, 0.0%)

1 存佚を, 極禮儀, 結果に, 關係を

▼ 考へ更に~ (4, 0.0%)

1 それから, 地上の, 神とまでも, 神の

▼ 考へがたく~ (3, 0.0%)

1 ない, ないと, はない

▼ 考へそれから~ (3, 0.0%)

1 今は, 其穂を, 急に

▼ 考へつき~ (3, 0.0%)

1 はしないだらう, はしません, は面白し

▼ 考へてからに~ (3, 0.0%)

2 しませう 1 しよう

▼ 考へてでも~ (3, 0.0%)

1 ゐると, ゐるらしかつ, 有らうが

▼ 考へてなんか~ (3, 0.0%)

1 ゐないの, 居なかつたが, 居りません

▼ 考へ且つ~ (3, 0.0%)

1 繪畫の, 言行謹愼に, 言行謹慎に

▼ 考へ~ (3, 0.0%)

1 に該当, を促す, を地下那落

▼ 考へ勝ち~ (3, 0.0%)

1 だが, だつた, であります

▼ 考へ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 考へかへ~ (2, 0.0%)

1 しそれから, して

▼ 考へこれから~ (2, 0.0%)

1 さきの, さき何

▼ 考へそこ~ (2, 0.0%)

1 から今, を標準

▼ 考へつつ~ (2, 0.0%)

1 出来た御飯, 歩きつつ

▼ 考へてもを~ (2, 0.0%)

1 かしくて, らぬ

▼ 考へなぜ~ (2, 0.0%)

1 それが, ともなく

▼ 考へ~ (2, 0.0%)

1 彼の, 彼自身の

▼ 考へやうぢ~ (2, 0.0%)

1 や可哀想, や喜三太

▼ 考へ~ (2, 0.0%)

1 の場合, の迷惑

▼ 考へ~ (2, 0.0%)

1 て其の, て古代論理

▼ 考へ例へば~ (2, 0.0%)

1 恋人を, 舒業順敍也舒業順敍緒也といふ

▼ 考へ勝手~ (2, 0.0%)

2 な助言

▼ 考へ又は~ (2, 0.0%)

1 よろこんで, 取扱は

▼ 考へ寂し~ (2, 0.0%)

2 がつた

▼ 考へ悧巧~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 考へ方もの~ (2, 0.0%)

2 の感じ

▼ 考へ方見方~ (2, 0.0%)

1 により, 感じ方

▼ 考へ次に~ (2, 0.0%)

1 おのれが, 地質学上の

▼ 考へ~ (2, 0.0%)

1 に樣, の懷徳堂

▼ 考へ~ (2, 0.0%)

1 ふ處, へと云ふゆゑ靱負

▼ 考へ難き~ (2, 0.0%)

1 事である, 事を

▼ 考へ難く~ (2, 0.0%)

1 なつて, はない

▼1* [244件]

考へああして, 考へあとの半分, 考へある時は, 考へあれこれと買つた, 考へいつも風の, 考へいや考へも, 考へえてして契約書といふ, 考へかた細かな筆致, 考へさうなものだ, 考へしもの也, 考へそれらの町, 考へそんなことを, 考へそんなに笑はれ, 考へたしかに看板に, 考へたりさびしがつたりした, 考へたりなどした, 考へたりもした, 考へだがまたさういふこと, 考へつまり僕の, 考へてからの事だ, 考へてけつかるの, 考へてしかゐなかつた, 考へてぞつと身, 考へてといふ余裕を, 考へてなはる坊ん, 考へてなぞゐるもの, 考へてなどといふと, 考へてねウウところが, 考へてのみ説明し得られる, 考へてはと云は, 考へてばかしゐても, 考へてもぞつとする, 考へてをののい, 考へどこまで同じ, 考へどころなん, 考へどのやうに, 考へながらもすばらしいゴルドマン, 考へなどして, 考へなるほど不審に, 考へにやならんといふ, 考へはや其澤山の, 考へひとり頷くの, 考へもの面り捧げずに, 考へやはりもうしばらくゐようと, 考へよくするため, 考へりや実は気, 考へりやそりや君, 考へりや当りめえだ, 考へくれば, 考へわたくし共も真面目, 考へポンと膝, 考へミイラ漬にし, 考へモリエールだのボンマルシェ, 考へリュックサックを背, 考へ一事を以て全般, 考へ一人でその, 考へ一方には江戸時代, 考へ一日の課程, 考へ七月以後は春夏, 考へ三度目に火, 考へ下等な獣類時代, 考へ斷に, 考へは子息義直, 考へでまだ, 考へに拘泥, 考へ二三日後数名の友人, 考へ二十日ほど前, 考へ二年前に此處, 考へ二歩あるいては, 考へはうとして, 考への感じる, 考へ人道主義の力説, 考へ今後若し文部大臣, 考へ今日実地見聞をなし, 考へ仕事にした, 考へ付きながら紙, 考へ付手を拍, 考へ伊太利に入, 考へ会社を出る, 考へ何とかして, 考へ何となくずるいもの, 考へ何れも歯, 考へはユーモラス, 考へ元旦を初春, 考への先, 考へ先づ外國の人情風俗工藝技術, 考へ國の, 考へ公事の神, 考へ公堂を以て紳士, 考へ其食物を食, 考へ内容を拒外, 考へ内心不安であつ, 考へな道, 考へ区別する為, 考へ医者が来れ, 考へ半分自分でも泣き, 考へ原子力の渦, 考へ反省を加, 考へ古今の對照, 考へについて考へ, 考へ史學を學問, 考へ同胞を救, 考へ名状できない寂し, 考へ不關焉, 考へ周囲を見廻し, 考へ其伝承詞章の, 考へ單身横穴の入口, 考へ嗚呼人間の, 考へ土地の地形, 考へ地上の花, 考へ地形老農の言, 考へ報酬のすくない, 考へ奈何いふ風に言, 考へなところ, 考へ子供をも路頭, 考へ季節の祓除, 考へ安政大震の後, 考へ客さへ来れ, 考へ家族の何人, 考へ察し其の甲兵, 考へ將來眞に成熟期, 考へを放棄, 考へ山人を蛮人, 考へ崇拝せられて, 考へ建築の効果, 考へ彼女は彼, 考へ元慶, 考へてその, 考へ從つて其人の歌, 考へある人々, 考へ忠実に生活, 考へ怪物とも考へ, 考へ愛慕の情眞, 考へがなくなる, 考へ所持の金子, 考へふ心, 考へがあつ, 考へ支那人に對, 考へ散歩中の不在, 考への首尾, 考へ文学とコーヒー以外, 考へらしい地位, 考へ方もの事の見方, 考へ方人にはそれぞれ, 考へ方国民は政治, 考へ方理性の尊重, 考へ方生き方を与へる, 考へ方等々が今日, 考へ方自身は立派, 考へ方観念が違ふん, 考へ方間違つた事実が生ずる, 考へ日本人の心情, 考へ日本在来の神, 考へ日本食を洋食, 考へ明治三十九年の夏, 考へ明治六年に今, 考へ最初の入札者, 考へ最後まで見究めん, 考へ本心だとは, 考へとする, 考へ模倣と云, 考へと云, 考へ歌合せを卑下, 考へ殊に田舍に, 考へ残念ながら中止, 考へ毋丘長を牢屋, 考へ気分的に会得, 考へ水層を思ひ, 考へ汽車の時間, 考へ注意をノート, 考へ源吉があの, 考へ漫然として書き流した, 考へ漸く思ひ定めやしけむ, 考へ無しなん, 考へ無理にも自分, 考へ燃焼させるだけ, 考への巣, 考へし味, 考へ片岡山と言, 考へ物ぢや, 考へ物蔭をのみ絶えず, 考へ特にすべてを, 考へ独力新撰組を率, 考へ生命現象を一定, 考への芸能, 考へ留守でも落膽, 考へ當時の僕, 考へ発作的に襲つて, 考へ百年ほど前, 考へ極天皇, 考へ目標を考へ, 考へ真面目に云, 考へを放さず, 考へ祕書の張泓, 考への自, 考へ神鬼共存を信じた, 考へはともかく, 考への中, 考へ究むること甚だ賢く, 考へ三には, 考へ素朴を馬鹿, 考へ素直に世間, 考へ結局嘆願書を専務, 考へ絶望の病人, 考へ經書を中心, 考へて希臘, 考へ義理の姉, 考へ羽易娘子を嫡妻, 考へ肉体が語つて, 考への上, 考へから固辞, 考へ自らを挑戦者, 考へ自ら意志を強く, 考へ自ら行爲して, 考へ自分で責任, 考へ自己がある, 考へ自然を自己, 考へ芸術界の猛烈, 考へ伐りの, 考へひ彼, 考へ行動して, 考へ複雑を単に, 考へひやう, 考へ計画をたてた, 考へ警官に見られない, 考へ豐田さんの家, 考へ象徴的な効果, 考へ豫想しそれだけ, 考へ躊躇すれば, 考へ娘子を, 考へ辛夷の花, 考へ遂になうと, 考へぎてゐるせゐかたう, 考へ都會の隅々, 考へ酔ひのなか, 考へ長短相補ふ合議, 考へ元六年, 考へけれど網, 考へ革命家の一揆暴動, 考への中, 考へみ出したの, 考へ王二氏は, 考へ高潔の献身, 考へを買