青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「譯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

識~ ~警官 警官~ ~警察 警察~ ~警戒 警戒~ 警視庁~ 警部~ ~譯
譯~
議会~ 議員~ ~議論 議論~ 讃~ ~變 變~ ~谷 谷~ 谷間~

「譯~」 1638, 18ppm, 6458位

▼ 譯では~ (139, 8.5%)

32 ない 19 ないが 5 ありませぬ, ないの, なかつた, なかつたが 4 ないん 3 あるが, あるまいが, ないけれど, 無い 2 ありませぬが, ないと, なかつたらうが, なからう, なけれど, 無かつ

1 [40件] ありませぬから, ありませぬ前, ありません, ありませんが, ありませんけれども, ありませんでも, ある, あるし, あるまい, ございません, ないかと, ないから, ないけれども, ないこと, ないです, ないですが, ないのみ, ない元, ない矢張宇宙, なかつたけれど, なかつたの, なかつたらしくやや, なくして, なくもう少し, なくクレエマア氏, なく事實, なく唯, なく寧ろ, なく支那歴代, なく現存, なく私, 無いが, 無いで, 無いの, 無い唯, 無く自分, 無論ない, 私が, 第一卷, 總て

▼ 譯~ (130, 7.9%)

5 あらう 4 あつた, あつて 3 あらうか 2 あらうと, ごあん, せう, せうね, それを, 佛國に, 海螢の, 私は

1 [98件] あらうが, あらうといふ, あらう乎, いろ, かくては, かの, これは, これらの, さつきの, すぐ鎌倉, それだけヂパング, そんな子供, ただその, ついて, わたしの, アご, グズ, 一時流行し, 一種の, 主として互性活眞, 井上秀子女史だけ, 人間は, 今それを, 今も, 今年の, 今日まで, 今朝も, 伊豆山から, 何か, 作つ, 光るバクテリア, 八景を, 其の當時, 其出來た, 其日は, 千年も, 印度人は, 可成り, 各國共歴史, 四十八萬兩を以て, 固有名詞であるまい, 大師は, 始終小, 學ぶといふ, 學問は, 學者を, 尊崇された, 少しも, 彷徨つて居た, 御酒を, 思はず手, 意思が, 意思といふ, 意思なる, 應仁の, 戒雲と, 或國, 扇ヶ谷の, 折角可愛, 摩尼主と, 斯う, 斯る, 日本には, 時を, 時代の, 有る, 木を, 本當, 本野が, 此の, 此僅か, 此方へ, 此鑛毒と, 殊に准那, 民國成立後宦官は, 牢屋へ, 甚だ信用, 甚だ香ばしから, 田植へ, 當時朝廷とか, 眞先に, 眞面目な, 祖先の, 私共が, 第三, 色々な, 誰かを, 讀み直して, 讀み直すと, 足れりと, 道徳上の, 部屋附き, 銅山に, 長く顧みられず, 關八州の, 隨分研究と, 非常に, 題して

▼ 譯~ (125, 7.6%)

5 ない, 出來 4 ある, ないから, ないと 3 ありません, 無い 2 あるの, ございません, ござんす, 出た, 無いぢ, 立たないと, 立ちません

1 [83件] あつた, ありさうに, ありますか, ありますの, ありませぬいや, ありやしないかね, ありわが, あると, あるならお, あるん, お解り, ございませんの, したいばかりに, つくられ一八八六年マドリッド, ないけれど, ないこれ, ないぞ, ないね, ないもの, ないやう, ない此お詫び, なくて, ねえこと, ねえよ, やう, よく呑みこめません, わからないの, わからないわ, わからないんで, わからなかつた, わからぬ, わからぬでも, わからぬの, わかり切つて, わかれば, パリに, ロンドンの, 全部完成した, 出さらに, 出た時, 分つたよ, 分らないで, 分らない被害地, 分らなかった, 分らなかつたが, 分らぬ, 分らぬから, 分らん, 分らんおいニキタ俺, 分りません, 判らない, 判らなくな, 古くから, 多くある, 完成される, 成つたのだ, 改造文庫に, 昭和十一年に, 暗いぜ, 最も多く, 無いから, 無いこれ, 無いぢやあ, 無いと, 無いの, 無いやう, 無ければ, 無用だ, 獨占し, 現はれた, 相立たない, 立たないの, 立ちさうな, 立ちませうか, 立つだらう, 立つまい, 立つ祖先, 素願である, 解らぬ又, 解るくら, 載つて, 通るか, 適當でなかつ

▼ 譯には~ (117, 7.1%)

12 行かぬ 9 行かなかつた 7 行かない 5 いかなかつた, いかぬ, ゆかぬ 3 ゆかない, 參りませぬ, 參りません, 行くまい 2 ならないぜ, ゆかぬの, 參らぬ, 行かないの, 行かないので, 行かぬもの, 行きませんか

1 [48件] あらず, いかないかね, いかないと, いかないので, いかないん, いかない一體國, いかない印度, いかぬだから, いかぬ右國粹, いきませぬが, これ無く, どうしても行かない, ならないの, ならぬの, なるまい, ゆかないと, ゆかなかつた, ゆかぬが, ゆかぬし, ゆかぬと, ギリシヤ原音ヨーアンネースを, 参らないん, 及ばない, 及ばないよ, 底本に, 往かない, 往かないし, 相違ありませぬ, 行かず花, 行かないから, 行かないが, 行かないで, 行かないといふ, 行かないやう, 行かぬから, 行かぬぐにや, 行かぬけれども, 行かぬであらう, 行かぬの, 行かん, 行きませんから, 行きませんが, 行きませんけれど, 行きませんよ, 行くまいから, 解らない單語, 調べ直したら間違, 道徳哲學といふ

▼ 譯~ (101, 6.2%)

16 行かない 7 行かなかつた 4 いかなかつた 3 いかぬ, 往かない 2 あらず, なる, まゐりません, ゆかないの, 行かないから

1 [58件] あの上, いかないさりとて, いかなくなつ, いかなつた, いかぬ事, いかんから, たよ, なりは, なるの, はまゐりません, まゐりますまい, ゆかないので, ゆかなかつた, ゆかぬ, よりて, 依つた, 候, 兔じ, 全く價値, 却つて反感を, 和譯を, 基づきしもの, 外ならない, 外ならぬ, 就いて, 彼と, 往かない樣, 往かぬそれで, 從へば, 從事した, 御座候得共只今迚も, 成りし罪, 接した折々, 據る, 洩れた一人稱描寫, 特別の, 當つたと, 當る, 着手せられた, 着手せられ出し, 腹でも, 自分で, 行かず美術的方面, 行かないが, 行かないで, 行かないの, 行かないので, 行かなかつたに, 行かなくなつ, 行かぬ, 行かぬと, 行かぬの, 行きませぬで, 行きません, 行きませんでした, 行くまいぢ, 過ぎる嫌, 青錢を

▼ 譯~ (99, 6.0%)

8 もので 4 ものでない 3 ないこと 2 ない御無沙汰, わからないもの, わからぬ事, 分らぬ子, 序, 方が, 詞は, 阿彌陀經一卷で

1 [68件] ことは, ごとき困難, すむ事外, ねえもん, ものぢや, やうな, わからない事, わからぬフランス語, わからぬ嘲笑, わからぬ言葉, わから無い歡喜, ゲーテ全集を, テキストが, テキストなら, マルコ, 一通りお, 中には, 任に, 全く終つた頃, 公刊は, 出來ない, 分つて, 分らない不, 分らない事, 分らない呻き聲, 分らぬこと, 分らぬもの, 分らぬ人, 分らぬ奴, 分らぬ社會, 分らぬ繁文褥禮, 判らぬお, 前半は, 區別が, 參考たらん, 外に, 序に, 律には, 教科書は, 方で, 時間を, 景教の, 楯に, 榮之, 無い事, 爲めに, 理由も, 疵病として, 立つ者, 筋が, 經典を, 聖書に, 聖者には, 能力が, 表題である, 解らない事, 解らない人達, 解らぬこと, 解らぬ事, 解らぬ疑とな, 解らぬ絶叫, 解らねえ人間, 解らんことを, 言葉と, 話が, 誦讀を, 轉訛した, 頁數を

▼ 譯~ (96, 5.9%)

7 ない 4 ないと, 無い 3 ありません, 後に 2 ないの, ないん

1 [71件] あとで, ありませんよ, あんめえ, お白洲, この文章, これが, さすが伊語, すべて東京版の, どうかと, どの道知れる, ないから, ないこと, ないぢ, ないといふ, ないとて, ない三つ輪, ない今日, ない然し, なかつた, ほとんど全部解答, まだ草稿, アーチャー氏の, ドイツ語が, バクーニンの, マルクスの, 一つも, 丁度アンデルゼン, 世間に, 仕事の, 何だい, 何とかかとか, 全部私が, 其適例である, 凡そ追撃撲滅等, 南支那の, 博言學的研究とは, 唐の, 單に, 必らずしも, 數月前コンスタンチノープルで, 早くから流行つて, 暗いぞ, 更に明治四十三年, 最初第, 殆ん, 殆皆誤, 毫も無, 無いから, 無いで, 無いと, 無い三つ輪, 無い工學的, 無い筈, 知らねど, 立ちません, 立ちませんので, 立つだらうが, 立つと, 管仲の, 絶對に, 聞かない, 聞きますまい, 自然と, 舊譯, 萬, 解らないと, 許さんぞ, 通用しねえ, 金剛智三藏が, 間々誤植, 間もなく一七三三年

▼ 譯~ (87, 5.3%)

5 して 4 したり 3 話して 2 した, 公に, 手に

1 [69件] おつ, きいて, ききたいと, したもの, しないで, しながら, しました, しましたので, する, するだらうと, するより, するん, する人, する外, すれば, せめては, つけると, なしけるお, なしそれ, ふかい感動, わたくしは, 中途で, 云つて逃げられない, 企てたにも, 使用し, 借覽, 傍に, 内務省より, 出すと, 加へ, 原文と, 原語に, 參考したい, 對照し, 心の, 思ひ當ら, 成就した, 手の, 指摘し, 指摘した, 斯う, 施して, 書いた氣持, 有せぬ, 添へたり, 添へて, 漁つてそれに, 知らないなりに, 竣へた年から, 糺しに, 紹介され, 續けて, 考へ, 聞かうか, 見ず, 見たこと, 見ると, 言つて, 訊ねると, 試みられて, 試みられなば, 試み新, 話さない, 話したの, 説いて, 讀んだ時, 配し那, 重ぬる, 附し同じく

▼ 譯~ (84, 5.1%)

6 てゐる 32 てある, てそれ, てゐた, て行く, て見る, ながら後刻

1 [63件] がたきゆゑ, それを, たり, たり自分, つつある, てお, ておき, てかの, てくれた, てさしいれ, てし, てしまつ, てしまつて, てしまふ, てそんなふうに, てはだめ, ては通ぜざれ, てみた, てみませう, てみる, ても好から, ても效果, てよから, てナポリ, て三千萬圓, て下さつた, て之, て九, て其實, て國, て將, て御, て日本語, て歐人, て漢文, て熱い, て生徒, て置いた, て西域, て見, て見よう, て語ごと, て説明, て警醒社, て讀ん, て貰, て貰ふたの, て道, て遣りたい, て長崎奉行, ながらあの, にくいし, になつ, やうと, 何にて, 倫敦で, 出版せられ, 君主經國策といふ, 局用にて, 振りを, 方の, 方一つに, 添へて

▼ 譯~ (80, 4.9%)

3 なしに, 造作も 2 ございません, ないが, ないと, なきこと, なく胸, 分らずに

1 [62件] あらば, あるが, ない, ないがらん, ない事, ない悲しさ, なかつた, なき咄嗟, なき戲言, なくいつぞや, なくいへ, なくが, なくさう思ふ, なくしく, なくその, なくその間, なくそれ, なくただ, なくぢ, なくベソ, なく不愉快, なく二人, なく呟いた, なく喚聲, なく悲しくな, なく攀ぢ登つて來, なく明るく賑, なく歔欷げ, なく此, なく歸つて, なく泣いた, なく無意味, なく甘へ, なく私, なく笑, なく笑つた, なく考想, なく腹立, なく見, なく身體, なければ, なし普通, なにも, ねえやな, また文飾, また次いで刊行, また獨得, わかつた, わからないいや, 其一である, 分らず好き, 同樣, 好い, 左右に, 御座いません, 無く其の, 無く腹立たしく恰も, 無之, 知らないの, 立たなかつたの, 立ちません, 詩抄中に

▼ 譯である~ (52, 3.2%)

2 かと云, ことは

1 [48件] からある, からか分らぬ, からハアヴエー, から商, から學問, から寧ろ, から寧君, から意思, から日清日露, から空間, から苟くも自尊自大, から莊園, から谷中, から進化論, か判然, がこ, がそれでは, が七里ヶ濱, が之, が今や, が何故, が兎, が千登世, が後世楊雄, が恐らく, が是, が汪氏, が然し, が禮樂制度, が私, が通詞中, が餘, けれどそれ以外, けれども一面, けれども余, ことを, とか言つて, として然, とて不都合, との事, と思ひます, に適合, やうに, 勿論, 又日本, 斯う, 有部律の, 確實なる

▼ 譯した~ (48, 2.9%)

3 ものと 2 ので, のは, ものである, 龍樹菩薩爲禪陀迦王説法要

1 [37件] がそれ, ことが, こんどの, それを, とき, とき或, とき自分自身で, とて自分, とも見えない, と云, に違, のであらう, のである, ので歐米, ものかは, もので, ものとのみ, ものに, ものも, ものを, んで, サミュエル, ハイネの, ピネロの, フランスの, 三浦文學士, 事である, 形迹の, 文を, 文珠師利菩薩及諸佛所説吉凶時日善惡宿曜經を, 文章を, 時は, 時固有名詞の, 最初の, 理趣六波羅蜜多, 經を, 經律の

▼ 譯~ (39, 2.4%)

11 んだ 6 んです 5 のだ 3 のである, んでせう 2 のです 1 さが, のかも, のだらう, のであ, のでせう, ので天水, んで, んである, んでがす

▼ 譯でも~ (35, 2.1%)

5 ない 3 ないが 2 ないから, 何でも

1 [23件] あつた, ありましたので, ありませぬ, ありません, ありませんが, あるが, あるまい, ないけれども, ないらしい, ないん, ない急ぐ, なかつたの, なく又, なく唯, なく棋風, なく流行, なく膝, なし何, ねえのに, 二人の, 何んで, 無からう, 無さそう

▼ 譯~ (34, 2.1%)

432

1 [25件] かその, からお金, からね, からもし, から例, から少く, か今宵, か何, か働かぬ, がお, がそこ, がそれでも, がまあ, がをかしい, が事實, が吾殿忍男, が喧嘩, が小説家, が庇髮, として予, と云, と吾輩, と思つて, と私, ハンテ何卒

▼ 譯にも~ (30, 1.8%)

2 行かなかつた, 行かぬ

1 [26件] いかず二日目三日目, いかぬと, いかんわいな, ゆかない, ゆかないぢ, ゆかなかつた, ゆかぬし, ゆかねば, 行かずと, 行かず大概, 行かず實際今度, 行かず平次, 行かない, 行かないから, 行かないが, 行かないの, 行かないわ, 行かなかつたらうから, 行かねえから, 行かねえかんな, 行かん, 行かんしな, 行が, 行きませんしさ, 行くまい, 行くまいが

▼ 譯です~ (24, 1.5%)

2

1 [22件] かね此頃, からなこの, からね, から勢, から日本, から更ら, から用, か差止める, か性, が, がしかし, がその, がどう, が北歐, が妻, が戀愛, が斯, さう, て, な, ね, わねえ當分

▼ 譯する~ (20, 1.2%)

1 [20件] がこれ, ことが, ことも, ときは, ところだ, とほんの, と更に, には古文, には將來支那, に三漢字, に四漢字, に當つて, に至つた, のに獨逸譯, のは, は納得出來, 事など, 傍らその, 方法をと, 辭有り

▼ 譯~ (16, 1.0%)

8 やない 3 やございません 2 やね 1 やありません, やあるまい, やなし

▼ 譯され~ (13, 0.8%)

4 てゐる, て居る 1 て, ている, て人口, ブルジョアジーは, 獨逸語にも

▼ 譯でなく~ (11, 0.7%)

1 [11件] て全く, とも斯, よい醫者, 各自が, 周時代には, 唐時代から, 富力智力殊に, 末の, 玄奘だの, 男子の, 親族つきあ

▼ 譯~ (11, 0.7%)

2 なつて 1 いふよりも, す, するの, ポーランド譯も, ランゲ氏の, 五十歩百歩で, 出づ, 北村透谷の, 知らぬが

▼ 譯~ (8, 0.5%)

1 その店頭, その洋服, また全部, 三番通詞も, 妙に, 書籍が, 此の, 自分は

▼ 譯~ (8, 0.5%)

1 といふチェホフ, に當, のだ, のに困難, やうに, ジィドの, 人の, 方正し

▼ 譯であります~ (8, 0.5%)

1 がそこ, がその, が其南北相爭つて, が唐, が日本, けれどもどうも, ので朝鮮, 又伯林圖書館

▼ 譯から~ (7, 0.4%)

2 して 1 である知, 出たことば, 引いて, 支那語に, 重譯

▼ 譯ない~ (7, 0.4%)

2 氣が 1 ことだ, ぞよ, と思ふ, やうな, 次第であります

▼ 譯なく~ (6, 0.4%)

1 なるべ, はない, 思つてゐる, 思ひ外遊中, 思ふ, 讀過し

▼ 譯された~ (5, 0.3%)

1 のは, ものも, ケープトーンつまり喜望峰を, 景教の, 此の

▼ 譯せられた~ (5, 0.3%)

1 か又は, ことが, ことも, ものは, 初めは

▼ 譯かと~ (4, 0.2%)

1 いふと, きくと, 云ふと, 料理人仲間の

▼ 譯すべき~ (4, 0.2%)

1 もの, ものなり, 乎, 程も

▼ 譯でし~ (4, 0.2%)

1 て, てこの, てね, て私

▼ 譯せられ~ (3, 0.2%)

1 その英譯, 從來支那で, 歐人間荐に

▼ 譯せん~ (3, 0.2%)

1 か, ことが, と主張

▼ 譯だけの~ (3, 0.2%)

1 お辭儀, ことで, 店を

▼ 譯でございます~ (3, 0.2%)

1 からあの, から權利, 丁度一方

▼ 譯でない~ (3, 0.2%)

1 と云, のである, のに晝日中醉

▼ 譯とは~ (3, 0.2%)

2 ならない 1 云へ

▼ 譯なき~ (3, 0.2%)

1 やうなれ, 事なれ, 場合も

▼ 譯なれ~ (3, 0.2%)

1 ど殘酷, ばなり, ば天然法律

▼ 譯にや~ (3, 0.2%)

1 行かねえつて伊作男げ斷, 行かねえと, 行かねえよ

▼ 譯外交~ (3, 0.2%)

1 がいたく, が繼續, であり貿易上

▼ 譯~ (2, 0.1%)

1 ねえだよ, ねえつ

▼ 譯けも~ (2, 0.1%)

1 せずに, なく

▼ 譯したい~ (2, 0.1%)

1 といつ, と思つて

▼ 譯したる~ (2, 0.1%)

1 ものも, 學校音樂は

▼ 譯すれ~ (2, 0.1%)

1 ば汝, ば蔦蔓

▼ 譯~ (2, 0.1%)

1 ば事足りる, ば足り

▼ 譯だらう~ (2, 0.1%)

1 と思ふ, 位に

▼ 譯でありまし~ (2, 0.1%)

1 てこれ, て印度

▼ 譯でありませぬ~ (2, 0.1%)

1 から僅か, から喪服

▼ 譯でが~ (2, 0.1%)

1 すから, すから中

▼ 譯として~ (2, 0.1%)

1 あるが, 使はれ

▼ 譯にて~ (2, 0.1%)

1 實朝の, 意義不明なる

▼ 譯ばかりに~ (2, 0.1%)

1 兵を, 折りて

▼ 譯やら~ (2, 0.1%)

1 さっぱり見, 又唐

▼ 譯らしく~ (2, 0.1%)

1 代數, 意味は

▼ 譯~ (2, 0.1%)

1 なしね, ねえ

▼ 譯出せられた~ (2, 0.1%)

2 と云

▼ 譯指摘~ (2, 0.1%)

1 の興味, をやつ

▼ 譯此處~ (2, 0.1%)

2 まで挽い

▼1* [113件]

あそばすほどが可, 譯ありと辨, 譯ありきといふ恐らくは, 譯ある徒爾ならざる, 譯いくさ物語田舍の爺婆, 譯いたして置きます, 譯おまへん, 譯からか私を, 譯きく耳は, 譯けでもなかつたのに, 譯これに引かる, 譯なあ何, 譯さうとする, 譯さして見る事, 譯させて貰つて, 譯させると, 譯さなければならない, 譯されないこのあたり, 譯されなくつちやならん, 譯しすぎたところに, 譯しすぎると云, 譯したらまあ感じ, 譯しないで自分勝手, 譯しなくても宜, 譯しなければならぬ, 譯し上げた忍耐と, 譯し出したのを, 譯し得た人は, 譯し改めなかつたなら景淨が, 譯やない, 譯す可きでオエタ, 譯せしもの, 譯せずして非, 譯せらる涅槃への, 譯せる法句は, 譯そいつを伺はう, 譯そのままでは, 譯だけはしようと, 譯だらけの飜譯, 譯だろうかと考へ, 譯つたらば壽殀何, 譯つんで机上, 譯であり鹿子とは, 譯でありませんか, 譯でございまして谷中村堤内, 譯でございましたのです, 譯でございませぬ又今日申, 譯でしたがその, 譯で御座いましてね, 譯で無いから金次第, 譯とかいづれそんな, 譯としての立場から, 譯とともにノルトンの, 譯とも云ふべき, 譯とをちやん, 譯なささうに云, 譯なしだと, 譯なぞ聞いて, 譯などから退き門外不出, 譯などは大嫌ひだ, 譯ならとにかく今晩, 譯ならやり付けてゐる, 譯なりと見られたり, 譯なるもの及び, 譯について片つ, 譯にては無之候, 譯にでも取りか, 譯になつて運行軌道に, 譯によつたに, 譯え噺, 譯ねえんだ, 譯はねえと埃, 譯ばかりにしかよこさないの, 譯ばかりの庭は, 譯ほどの髷に, 譯または反抗心から, 譯ゆゑ彼はその, 譯よりものち二年の, 譯を以て足れりと, 譯イプセン集の六篇, 譯エレデアの譯, 譯クープリンの魔窟, 譯次ニ余ガ論述ニ及ブベシ, 譯シタル者多シ, 譯シ漢文ヲ讀ムニ凡テ日本文ガ顛倒シテ配列セラレタルヲ發見スベシ, 譯スベキ歐羅巴語ノ意譯ニシテ, 譯ニシテ石ヲ以テ利器原料, 譯醜ハ特ニ婦人參政權問題ニ, 譯三册を一軒, 譯付きで丁寧, 譯何樂模は即ち, 譯りて, 譯制度ヲ棄テテ維新革命, 譯及びその一七三三年版, 譯にし, 譯捺羅僧伽補多の六字, 譯故郷へ歸, 譯昌造と龍太, 譯昭和二十三年創元社, 譯昭和五年内田老鶴圃, 譯昭和十一年及び十五年, 譯昭和十六年創元社, 譯時代筆受の人名, 譯本木昌造公用を帶びて下田, 譯無いなど, 譯發音の誤り等, 譯を切らう, 譯ひ交した女, 譯の教科書, 譯輸入ノ要, 譯震旦又は振, 譯革命家ト人生ノ理解, 譯を刊行