青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

老~ 老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ 老爺~ ~考
考~
~考え 考え~ ~考えた 考えた~ ~考えられ 考えられ~ ~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~

「考~」 7511, 72ppm, 1569位

▼ 考~ (1967, 26.2%)

162 込んで 43 込んだ 35 である 32 こんで 29 込みました 26 たつて 17 させて 16 ついた 15 出して, 直して 14 だ, だと, 出した 13 しが, です, 考へ 12 やうで, 合せて 11 やうに 10 つめて, ものだ, ものである, 事を, 出すと, 違ひ 9 であるが, 事は, 出したの, 出すこと 8 こみました, ぢや, なの, 合は, 拔いた, 込みながら 7 させる, 出さうと, 合せると, 方は 6 させられる, ついて, はじめてゐた, 合はせ, 深さ, 込むやう, 通りに 5 させられた, だつたの, ついたの, やうが, 出されて, 深さうに, 續けた, 込む風, 込んでるの

4 [25件] こんだ, ついたこと, ついたので, つきさうな, つきました, つきませんでした, てらつし, であります, なければ, なしに, によつて, らしかつ, 一つで, 一つを, 候へば, 出しては, 出しました, 得られるの, 浮べること, 直した, 直すこと, 込むこと, 込むの, 込んでしまつた, 遊ばしまする

3 [32件] させた, させられること, だが, だつた, でした, なので, ぬいて, ますると, まするには, やうも, 事に, 付いて, 來れ, 出さうとして, 出されたの, 出したもの, 出す, 及ばなかつたの, 得られない, 拔い, 方も, 次第で, 浮ばぬが, 深い目, 深い眼, 直さねば, 續ける, 込みましたが, 込んだが, 込んだやう, 込んだ樣子, 迷つてゐる

2 [106件] あそばして, あはせる, がさつと, ことを, こみながら, こむこと, こんでしまつた, こんな事, さうな事, させる芝居, して, しに, ためて, だから, だつたが, だつたやう, だな, ちが, ちやいけない, ついたん, ついた事, つきません, つめると, であること, ですから, ですが, とるんぢ, どころは, どほり, なのであつ, なれない, なんです, に囚, まするに, めぐらして, ものです, もんや, やうは, ゐたり, 乍らまた, 乍らも, 乍ら信吾は, 乍ら歩いた, 乍ら目的も, 乍ら私は, 乍ら随い, 事でも, 付いた, 候に, 入つて, 出される, 出されるの, 出した事, 出してからは, 出しながら, 出すもの, 出せば, 初めました, 勝ちである, 合はせる, 居たり, 居り候, 度く, 弁へて, 得らる, 得られる, 得られること, 得るであらうか, 慣れて, 成程, 方が, 方である, 方の, 様が, 樣で, 樣を, 次第進達する, 深い人, 物を, 當らぬ, 直さうと, 直さなきや, 直さなければ, 直したやう, 継ぐ如く語り, 繼ぐ如く, 續けて, 耽けつて, 落して, 見よ, 見れば, 許り, 込む, 込むと, 込むので, 込む態, 込む時, 込んだり, 込んでを, 返された, 返しつ, 返して, 迷ふ, 通りな, 遊ばして, 難くない

1 [794件 抜粋] あぐねてゐたのさ, あぐんだ結果何れ, あぐんで, あてられた, あのなか, あひなり, いたりしを, かうした脆弱, かしらんが, かたから構成, からして, がさうい, きらなかつたで, くらべて, くるむ癖, けるは, こみ何かしら, こむんぢやないかと私も, これは, こんだかと, こんだふう, こんだほど, こんだり, こんだ顔付, こんだ風, こんでしまつたの, こんでばかり, こんでるので, さうな, さうなもの, さされた, さされます, させたらう, させた程, させられたと, させられたり, させられた剣, させられた米, させられて, させられも, させられる公案, させられる同道, させるか, させること, させるもの, させるやう習慣, させる声, させる様, させる芸術, させ打沈ませた, させ易く, しかなかつた, しませる筈, しやべ, すごすと, する樣, そして強く, そのものを, その老人, それは, たこぢつけに, たでせうね, たま, たまれびと觀, たるには, たる論には, ださうだ, ださなければ, だすやう, だつたん, だといふ, だとしか, だとは, だに, だらう, だわ, ちやあゝ, ちやゐません, ちや居ません, ついたあの, ついたが, ついたまま, ついたもの, ついた人形, ついた以外, ついてからは, つかず一休み, つかず拔, つかないで, つかなかつた, つかなかつたほど, つかなかつたん, つかぬ作物, つかんやう, つきしといふ, つきませんか, つくかも, つくの, つくもの, つくや, つく所, つづけて, つめてる時, つめられた, てらしつたぢ, であったが, であり佐々木基一, であり徳川, であり陳腐, であるけれども, であると, であるの, でしたの, ですけれど, ですよ, でなくむしろさ, といて, とくから, とくこと, とつた, とみやす, とる, とるもん, とるもんぢ, どこも, どすさかい, なけあならないで, なさる, なさるで, なされた, なされたくあれ等二人, なすつて, なぞは, なぞ起した, ならそり, なら致し方, なりが, なりを, なり精神, なるもの, なんか, なんか糸, なんだ, な過ぎた, のと, のは, はきまつた, はきまつたの, はつたんやけん, はまるつきり頭, はまるでないやう, ひとり書い, ふかさうな, ふけるやう, まするならば, まする訳, まどひ, むまでもなし花子の, もさうだから, もし目, もの, もめつきり, もんだなあ, もんですね, やうから, やうと, やうを, やら或, らしい表情, りやおれが, りや宿場女郎にでも, ゐしが, ゐたれど, ゐる糸子, アイノの, 一つに, 万が, 下さいませんか, 不義せし, 且つ作る, 且つ実践, 中と, 之を, 乍らあの, 乍らあらゆる, 乍らもう一度, 乍らジリジリ, 乍ら一枚, 乍ら動揺する, 乍ら半分は, 乍ら寝た, 乍ら少し, 乍ら斯う, 乍ら斯の, 乍ら而も, 乍ら裏畑の, 乍ら過した, 乍ら颯爽として, 也, 事にも, 事や, 交ぜるため, 今一つは, 今夜にも, 付いたけれども, 付いたの, 付いた人位, 付いた風, 付きましたが, 付くまい, 付けた, 何かを, 何を, 何事を, 來る, 倒れ, 候しかし, 候ふと, 候ものと, 入つてお出で, 入ると, 其儀私し, 出さう, 出さうぢ, 出させた, 出させる空虚味, 出された, 出されたもの, 出されちや, 出されました, 出されも, 出されること, 出されるやう, 出したこと, 出したもん, 出したやう, 出したんで, 出した人間, 出した作り物, 出した方法, 出した樣, 出してから, 出しても, 出し唯もう, 出し相な, 出すかも, 出すべきである, 出すべきもの, 出すやう, 出すよ, 出すわけ, 出す事さ, 出す大小, 出す順序, 出ずば, 出せるはず, 初めた, 初めたので, 初めた時代, 初めてゐた, 別に是, 到らねば, 動くあらゆる, 即ち古, 却つて夫こそ, 又元, 又書きつ, 及ばざる所, 及ばないやう, 及ばないらしく勝平, 及ばなかつた所, 及ばぬ處, 及び事實, 及ぶので, 及ぶもの, 及ぶ程, 及ぼすに, 及んだの, 及んだので, 右の, 合して, 合すと, 合せかう申升, 合せた上, 合せ歩み合せ, 問題である, 喋る, 固めた彼女, 型に, 変りせられたの, 夢みて, 太閤の, 夫も, 始めに, 定めざるところ, 定め難い, 居しが, 居たる中主, 居られけり, 居りしが, 居るに, 度い, 当つた, 当てた, 当らかないで, 当らぬ囁き, 彦兵衞殿の, 彼等の, 得ざること, 得たるところ, 得た処, 得ないこと, 得ないで, 得ぬこと, 得られないこと, 得られなかつた, 得られましたの, 得られるか, 得られるので, 得られる事, 得るだらう, 得るに, 得るので, 得るやう, 得る唯一, 得る様, 得れる餘裕, 復た考へる, 思ふに, 恐れその, 悩むの, 惑つてゐた, 惱んだ, 感ずるとも, 慣らされて, 或は亦, 戻つて, 打つて, 抜いた揚句今夜私, 抜いた末, 拔いた企みだ, 捨てること, 据ゑなければならない, 文藏儀は, 方では, 方にも, 易い, 易いこと, 易い如く, 易い学者, 易い誤り, 易か, 時, 書かれたの, 替へ, 来ると, 来れば, 様で, 様は, 樣によ, 檢べたなら, 次第の, 正されて, 正直なる, 此盜人我少し, 歩いて, 殊に死, 流されて, 浮かぶの, 浮ばぬ年月, 浮べるの, 浮んだ, 深いもの, 深い反面, 深い樣子, 深い社会学研究者, 深い視線, 深くした, 深くなり, 深く平和, 深く想つて, 深さうに地平線, 深さうに花, 深さうに鬚, 深めなかつたこと, 深気, 然すれ, 照らして, 物だ, 物及び, 物芝居を, 申す様, 申上げよ, 癖が, 癖に, 癖を, 盡した, 盡す, 直さうぜ, 直させたの, 直させられても, 直されたい, 直したらその, 直した上解決, 直す, 直すかと, 直すべき部分, 直すやう, 直す必要, 直す暇, 眠るに, 知らうと, 知る事, 種々の, 究めて, 第二, 終ると, 縺らか, 置し, 置たり, 考へあれこれ, 考へ彼女, 考へ漸く, 耽つて, 耽りながら, 耽るので, 耽るやう, 能ふ, 自分の, 至り大いに, 草臥れました, 落した事, 落ちめいた事を, 見た様, 見よと, 見よ僞, 見よ汝, 見んか, 詰めた事柄, 詰めた時, 詰めて, 話して, 誤りが, 誤りたるなり, 較べるやう, 込ませました, 込まないわけ, 込まなければ, 込みしが, 込みましたそれ, 込み一向に, 込み乍ら, 込み今度, 込み始めた, 込むでしまつたし二人は, 込むまでも, 込むん, 込む樣子, 込む筈, 込む風情, 込めば, 込んだこと, 込んだの, 込んだま, 込んだ姿, 込んだ末, 込んだ風, 込んでなんか, 込んでばかり, 込んでるやう, 込んでるらしかつ, 込んでるんで, 返されて, 返すと, 返す餘裕, 迷つた, 迷ふところで, 通したる挙句, 通しだ, 通す必要, 通りには, 通りや, 通りを, 通り自由に, 遊ばしたら如何, 遊ばし曲, 過ぎてたのね, 過ぎなんかしないで画, 違つてゐる, 違ひだ, 違ひだぞ, 違ひで, 違ひである, 違ひです, 違ひでまだ, 違ひなすつ, 附いたの, 附いた可, 難くなからう, 難し

▼ 考へを~ (456, 6.1%)

36 持つて 15 もつて 7 抱いて 4 率直に, 紊され, 進めて 3 いつの間にか持つ, して, まとめようと, 承らずには, 持つこと

2 [22件] お持ち, すてては, するの, もつやう, 下に, 今の, 出して, 含んで, 持つてを, 持つやう, 棄てること, 極く, 止めて, 言つても, 起さんで, 起したり, 起して, 述べた, 述べて, 追つて, 進めること, 願ひたい

1 [327件] あの頃, いくらかはつきり, いさ, いだくやう, いつか忘れ, いまでも, うかが, うしな, おかし下さいませんで, おしつめて, お持ちです, お話しました, お進め, くみ立てると, こ, ここに, こつそり拜借, こらしたあげく, さへ, さめられて, したの, しなければ, すつかり棄て, そこでは, そつくり肯定する, たど, たどりながら, たんねんに, だん, ぢつ, つけよう, とつおいつし出し, どんな風, にぶらせるので, はつきりさして, はつきり見せる, ひと蹴りした, ほんの一寸, まとめたばかりの, まとめて, まとめること, まとめると, まとめるの, みたして, めぐらしたが, めぐらしたらどう, めぐらし一年, めぐらすならこの, めぐらせて, もう一度建て直す, もたせた, もたぬ, もつ, もつこと, もつその, もつた者, もみ消すと, やや激, やをら仕事の, らず, らん奴等で, ブレンターノから, 一つの, 一と, 一口も, 一層根深く, 主と, 久しく固守, 云つ, 云つたが, 云へば, 人に, 人にも, 仄めかしたとか, 他へ, 以つて慇懃な, 以つて神は, 以つて金貸しに, 仲間の, 伺ふと, 何故しばらくでも, 作る様, 側から, 傳へ, 僕に, 充分に, 充分呑み込ん, 先に, 内輪に, 冷笑し, 出し天子, 出発させたい, 分析し, 判つて貰ふ, 到底棄て切る, 前から, 動かすこと, 卑んで, 単に民間語原感, 占めた, 印象的に, 及ぼして, 取入れより, 受け容れるにも, 口に, 向けて, 否定し, 含めて, 固定させる, 基と, 基礎として, 変へ, 変へて, 夙くから, 多くの, 多分に, 套襲し, 奪られる, 如実に, 妨げられたくない, 始終持たなけれ, 安心し, 定めないと, 実行する, 実際に, 容れた為, 實行し, 尊重した, 導いたので, 導いて, 導く, 少し変更, 少し纏め, 平家物語に, 幾度か, 廻らして, 弄んで, 引つこめてばかり, 引ツ張り出さう, 弘めよ, 強からし, 彌十, 形容詞の, 彼に, 彼は, 得るのに, 忘れて, 思ひついた, 思ひつくに, 思ひ浮べると, 感じて, 懐く女, 懷いた, 懷かう, 手に, 手繰り寄せるほのか, 打ち消しながら, 打消しながら, 打破する, 払ひのけよう, 承つた後, 承はらうぢ, 抑へよう, 披瀝した, 抱いたの, 抱く樣, 押しつけます, 押し立てるとしても, 押し詰めて, 押し進めて, 持たした, 持たなければ, 持たれて, 持たれては, 持ちこんな, 持ちは, 持ちはじめたなど, 持ち力, 持つか, 持つかも, 持つが, 持つた, 持つたこと, 持つた方, 持つた時, 持つた様, 持つてる, 持つ人, 持つ者, 持つ譯, 振り切るやう, 振り棄てて, 捉へ, 捨てて, 捨てては, 捨てなくては, 捨てること, 採用し, 放擲しなけれ, 整理し, 整理する, 斷ち切る, 施こし, 明らかに, 書きつづけて, 書く, 有ち, 有つて居つ, 有つて居る, 本の, 棄てるやう, 極力いましめ, 正面から, 比喩によ, 永い間胸, 決めたの, 派出し, 溯つて, 生じたもの, 生じて, 生んだ様, 生活を, 生田氏によ, 用ひ, 申しあげて, 申しますと, 申しますると, 申し上げて, 申すと, 申上げます, 異にする, 發展させる, 發表すれ, 直ぐに, 直接に, 破られて, 確める, 確信し, 示して, 私は, 空に, 空想と, 立て, 立てて, 等しうせざる, 素直に, 結びつけて, 結末まで, 続けて, 続けるの, 練つて居りません, 續けた, 纏めて, 纏めやう, 纏めようと, 纏め上げるまでに, 纒めたい, 考へて, 聞いたり, 聞かう, 育て, 胸に, 胸底深く, 臆面なく, 自分から, 芸術の, 落したもの, 落着けるやう, 蓄へて, 裏づけるやう, 裏切る筈, 言ふと, 言ふなら, 訊いて, 話して, 話し合った, 認めるや, 誘ひ出すか, 語つてきかせ, 語つてゐる, 説明し, 變へ, 費して, 費すこと, 質すに, 起させないでも, 起しさつき, 起した, 起したが, 起したこと, 起した時, 起した神罰, 起した者, 起しても, 起しました, 起すもの, 起す余裕, 起す餘裕, 転ずるやう, 述べねば, 述べるが, 述べると, 述べる前, 述べれば, 述べ得るとは, 追つた, 追つて行, 追ひ, 追ひかけさせ, 追ひ詰めた, 造りあげたり, 進めたの, 進めると, 進めれば, 遠慮なく自分, 邪魔し, 鈴川主, 錬り實行, 錬り次々, 錬ること, 間違ひだと, 除去し得ない, 頭に, 頭の, 願は, 駿介の, 騒がしては

▼ 考へが~ (453, 6.0%)

16 あつた 8 あつて, 浮んで 7 ある, 頭の 5 あるの, 出て, 浮んだ 4 復散ら 3 あると, あるん, 不意に, 変つた, 彼の, 私の, 電光の, 頭に

2 [22件] あつたら, ぐるぐるとめ, ここまで, ついて, つかなかつた, ないでも, なさ, 一つにな, 又浮ぶ, 変化し, 征矢の, 急に, 熟して, 現実に, 現實, 瞬く後, 矢の, 變つ, 述べられない, 這入つて, 遂に渠, 霎時胸に

1 [320件] あつた様, あなたを, あらうか, ありました, あります, ありますから, ありませんか, あり四庫提要, あり殊, あるか, あるかと, あるが, あるさ, あるだらうとは, あるでしようから, あるなら言, あるね, あるので, あるもの, あるよ, あるよし, あるらしく, あるらしく浩造, ある日胸, ある明日, ある様, いくらか残つて, うかびました, うかんだ, うまくまとまらない, かうしたしきたり, きまらぬうち, ぐらつかされ毀されて, ぐらつき又, こつちの頭, さういふ風, さう著しく, すぐ其瞬間, すぐ胸, すこし早呑みこみ, するで, そこに, その當人, その程度, その鶴, たえず扁理, たつた一つ, ちらと, ついたが, つい曲げられ, つきました, でて, とても無礼, どうした, どうにも思ひつかなかつた, どのやう, どれだけ, どんな事, ない, ないため, ないの, ないもの, ない時, なうては, なかつたから, なきや, なく, なくな, なければ, なり立つ訣, ぬけませんで, はつきり分つ, ひよい, ふと彼女, ふと頭, ほ, ほんとうである, ぼんやりし, ぼんやりと, またかへ, またひ, まだ自分, まち, まちが, まづ, まとまり兼ねて, まるで天, みのるの, むやみに, もし他人, もはや動かすべからざる, やがて勝利, やつて, わたしにも, 一寸僕, 一度に, 一度も, 一應は, 一杯にな, 一段と高い, 一番完全に, 一等危い, 一般に拡がつ, 一転し, 一転する, 世間の, 両方から, 事実の, 二重に, 交じつて, 人心に, 人種問題と, 今迄よりも, 仏像を, 仙子氏の, 何の, 何よりも, 何より先, 何処かで, 何処とも, 余り間違つてゐる, 偏狭だ, 偏狹だ, 偏狹で, 働き掛けたの, 僕の, 元来が, 先き, 先に, 先立つて, 其である, 其間に, 内攻しはじめる, 再び意識, 出來, 初めから, 前の, 勝つてるらしい, 勝利を, 十分に, 去来し, 又起つた, 及ばなかつたの, 及ぶと, 含まれて, 呆然した, 呆然と, 基に, 壊れて, 変つた御, 変つてぐづぐづしてゐた, 変つて別の, 変つて秋に, 外来思想によ, 多いの, 多くし, 多く此句に, 大いに悠長, 大部分, 天狗にも, 夫の, 奇妙に, 如何に, 如何にも妻, 妙で, 妾の, 始終身體, 安川の, 定まると, 容れないからと, 導かれたの, 導かれて, 導き出されて, 岐れ, 嵐の, 幾度変つた, 強く心, 彼を, 彼女の, 彼等の, 彼等を, 往來し, 後から, 必ずしもよくは, 必要でない, 忽ち叔母さん, 思ひうかぶわけ, 思ひがけ, 思ひ浮かんだ, 意志が, 憎いぢ, 我が国にも, 扁理に, 掴めたやう, 支配的に, 斷えず, 既に古くから, 明らかである, 明らかでなかつた, 明らかに, 春三郎の, 是である, 時々頭, 暦法採用以後段々, 有るけれども, 本当に委しく, 本當, 来て, 染みこんで, 正しいと, 此様に, 残つてゐます, 段々彼女, 段々私自身, 段々薄らい, 泛ばない, 洩れると, 浮かんだ, 浮き上つ, 浮ばない, 浮ばないので, 浮ばなかつたので, 浮びました, 浮び乍ら, 浮ぶ, 浮ぶだらう困れば, 浮ぶと共に, 浮ぶ悲痛, 浮むだ, 浮むだのは, 浮んでも, 深い淵, 混つて居る, 淺かつ, 湧き出て, 漠然ながら, 潜んで, 無かつ, 狂人じみ, 狭過ぎる, 獣に, 玉に, 生きては, 生きんと, 生じて, 生じてから, 生ずる一時代前, 百合子には, 皆に, 皆優れた, 直ぐ移る, 直様閃めい, 相手に, 真弓の, 私に, 稻妻の, 突然ぎらぎらした, 突然彼, 絶対的に, 続かないので, 纏つてゐない, 纏つて了ふ, 纏まらないじり, 義雄に, 義雄の, 考へだけで, 脆くも, 自分の, 自然と, 芽生えそれ, 草吉の, 荒魂, 萌して, 薄くな, 薄らいで, 行はれ, 行はれた, 裏に, 解らない筈, 解らぬ, 變つた, 變つて來た, 變つて參りました, 起きて, 起こつて, 起こり得やう, 起こる, 起つた, 起つたの, 起つて, 起らない, 起るに, 起るには, 起るの, 足らぬと, 軍記物と, 近代の, 近代迄, 過ちだ, 違つてしまつ, 違つてゐる, 違つて来た, 違ふ, 違ふからと, 醇化し, 重な, 鋭く迫つて來, 錦絲に, 閃いて, 閃く, 間違つてゐる, 間違ひであつ, 附かないけれど, 離れません, 雲の, 雲居の, 非常に, 食べると, 高じて, 鳥右さんの

▼ 考へは~ (324, 4.3%)

4 なかつたのに, 唯尋常 3 持つて, 考へと

2 [21件] あつたらう, この頃, しない, しなかつたであらうか, ぢめて, どうです, ない, もつて, 人の, 他の, 少しも, 我々が, 持つてを, 明らかに, 直ぐ, 神様が, 神樣が, 私の, 誰しも, 間違つてゐた, 間違つてゐる

1 [268件] あさ, あつた, あつた様, あの方, あの狂人, あまりもたぬ, ある, ある様, いつも同じ, いつも国中, うがち過ぎて, うそにも, かうして, かうです, この地理観察, この当座, これ等の, ごく漠然とした, さう, さうし, さうめ, して, しないか, しなかつた, しなかつたか, しなかつた私, しなった, しよせん動かしやう, すぐ彼女, すつかり, その席, その批評家, そもそも父親, それからそれ, それとは, たしかに不愉快, たまらなく寂しいが, だんだん激しく, ぢめた, ぢめる, でまかせが, ともすると十年くら, どうして出, どうだい, どうぢ, どうで, どうも僕, どこまで, どんなかたち, ないか, ないの, ないらし, ないらしく, なかつた, なかつたので, なく本文, なく然るべき, なく親しむべく信頼, なにひとつ花咲かず, なり立たうが, なり立つ, なり立つと, なんだか危, ひとりでに私, まじつて, まじへ, まだきまつ, まだほんの, まだ充分, まだ纏つて, まだ纏ら, まちが, もう旧, もう舊, やつぱり小説は, やはり変つて, よほどごろつき性, わからない, わからねえ, わかるが, キミ子自身を, マジノラインの, ミヂンも, 一々知つて了, 一人, 世間の, 二通りある, 人に, 人間の, 今の, 今は, 今までと, 今も, 今後は, 他に, 以上の, 何う, 何うだ, 何も, 何度も, 余り突飛, 余白の, 假令村の, 偶然茶の間の, 僕の, 僕を, 八五郎に, 其に, 出ませぬゆゑ, 分ち難い, 別で, 割り合ひ, 加つて居ない, 勿論変らう, 勿論方言, 十二分に, 又達つて, 反對, 叔父さんの, 受入れること, 口には, 古いつて君, 否定する, 含まれて, 吾, 呪言と, 唯彼等, 固より, 変つてゐない, 変つて来た, 多士篇にも, 大ひ, 大体申した, 大分異る, 失はずどうか, 女に, 如何でございます, 如何でございませう, 存し得べき事, 実に気味が悪, 実は今一つ前, 實際上の, 寧後につき, 小説家とも, 少し拙, 屡起つ, 常に変化転換, 年寄りだけに, 幼神と, 当つて, 当推量だ, 当時その, 彼が, 彼に, 彼にも, 後の, 御前さまの, 念頭を, 忽ち火, 思ひ付き, 悲惨な, 懸命に, 或は結婚当初, 持たうとしても, 持たない方, 捉へ, 捨てなければ, 捨てます, 撫で物, 改められないで, 文史通義を, 文吾の, 日本の, 日本婦人の, 昔の, 昔は, 是から, 有つて, 棄てざるを, 極めて浮動性, 極めて無意味, 極めて自由, 正しい, 此と, 此処には, 此民俗の, 此頃の, 武さんの, 死霊の, 殆ん, 毛頭ありません, 毛頭いだい, 毛頭ない, 毛頭なく救, 毛頭も, 毛頭もつた, 決してなかつた, 浅はかな, 海邑から, 温い湯, 漠然とした, 無い, 無理で, 無論文學, 然しこの, 片手落に, 特に女性, 現に我々, 現実を, 理想の, 田の, 當てに, 當然だ, 皆, 目録を, 矢張あくまでも, 矢張り一つ処に, 知らず識ら, 祝詞の, 神聖な, 空転に, 窓の, 竟に, 簡単で, 組織外の, 結構だ, 総て結論を, 美しいが, 肯定された, 自分には, 自然起るべき, 至つて上調子な, 至極結構, 芽を, 蓮の, 虚無の, 裏付けられた, 親だ, 言葉といふ, 言語を, 許されなかつた, 詞を, 誤では, 誰でも, 誰にも, 諸君に, 貴女に, 起こらぬ, 起しません, 起つて, 足りないが, 追, 逆に, 這入つて, 遂に常人, 部落民の, 金持らしい, 闇で, 隅から, 随所に, 電の, 霊山の, 非常に, 頭の, 頻に, 飛躍する, 餘り, 駄目かね

▼ 考~ (321, 4.3%)

13 持って 11 持つて 7 もつて 6 有って 5 もって, 抱いて 4 聞いて 3 して, 俟つ, 起したの, 述べて 2 よむ, 排斥した, 有つてゐた, 私に, 突き進めて, 立てて, 著し和漢, 起した, 起して

1 [240件] あたって, あなたに, あまり真剣, あやまらすもの, いうの, いって, いれるとしても, かえて, かかえて, きかせますから, きめ, この狭い, さえ繰り返し考え直して, すっかり順序, するもの, それ等の, ちゃんと纒め, なおさなければ, のべたとか, ひっくり返されるの, まつこと, まとめて, まとめられませんが, まとめる事, めぐらさないで, めぐらした, めぐらしたよ, めぐらせて, もちだしたの, もつたもの, もつ余, もてすれば, やさしく分らせる, やすめなかつた, やめて, ゆるして, コウジョウ称唯を, 一瞬間の, 下すは, 与えた人, 中心として, 丹念に, 二人で, 云いますとね, 云い出したので, 云ひ出した, 云ふ, 交えその, 今に, 仰やつ, 伺がっ, 何うし, 使つて漸く, 信じて, 俳句の, 借用し, 内に, 出させるの, 出した, 出して, 出しては, 出し小さい, 出し置いた, 出来るだけ, 占領させるべく努め, 去ると, 及し, 含んで, 吹込まれ, 圧去って, 堅持し, 壓去つて此度は, 外に, 大声を, 大胆に, 嫌ったので, 完了せん, 定めて, 定め二人, 実現する, 実行に, 察すること, 引いて, 引ツ張り出した, 引ツ括, 彼は, 待つ, 得たよう, 御覧に, 徹底させれ, 心に, 忘れて, 思いついたか, 思いつくもの, 思合せる, 懐かねば, 懐き身, 懷き, 打ち明けたとき, 打ち消しながら, 打切ること, 打消すと, 批評し, 承らずには, 抱かせる, 抱かれたとは, 抱きケルト的, 抱くの, 抱く人, 押し広めて, 押出して, 持たないよう, 持たれると, 持ち出して, 持ち合せて, 持つこと, 持つたが, 持つた人, 持つては, 持つてを, 持つな, 持つもん, 持つ事, 持ていたの, 持て居られたの, 持て居るから, 持出す菊田, 捨てなければ, 採用し, 採用せられた, 探って, 換えて, 改めない, 散慢に, 明に, 明暸に, 時おり世, 曲げる事, 書いたが, 書いて, 書く筈, 有する人, 有せず, 有つて居る, 根據として, 極端に, 次に列記, 次第に作っ, 止めました, 正直に, 深く自分, 産む, 男も, 発表する, 發表する, 發表せられた, 直ちに實行, 直観的に, 知るため, 示したもの, 私は, 稍, 立てる場合, 経済学以上の, 総括する, 練って, 繰り返して, 繰返した, 繰返して, 纏めて, 纏めるの, 纏める丈, 罪の, 聞かして, 聞きますと, 育てて, 草し, 草するの機, 著わす, 蔑みます, 表現する, 裏書する, 要する, 要するところ, 見つめて, 見破られ一, 記されました, 話した速記, 話して, 話すと, 話すより, 誘致する, 語り続けました, 説破し, 読む, 読者に, 讀むに, 豊富に, 贔屓に, 起さしむるのであるが, 起さずに, 起させるに, 起させる之, 起さなかつた訳, 起したり, 起すこと, 起すなという, 起すは, 起すほどに, 起すまでには, 起す事自身, 起す代り, 起す暇, 転じて, 述べさせると, 述べた, 述べたの, 述べると, 述べる勇気, 述べる必要, 述べ指圖, 述べ置候, 追って, 追払おうと, 逆に, 進めた時, 進めて, 進めねば, 進められたき希望, 運ぶ道具, 運らし, 運んで, 郷土研究の, 酌み取って, 開陳し, 集めて, 集中し, 頼みけるに, 願うより, 飾らずに

▼ 考~ (320, 4.3%)

7 あつた 6 あって 5 あるから 4 へて 3 あつて, あるん, えて居る, 後から, 私の, 起つて

2 [27件] あったかも, あったこと, あったの, あります, あるの, あれば, えた, えたが, ここまで, ないでも, 不意に, 事実に, 出た, 分らない, 多少頭, 少し変っ, 強く土神, 心の, 段々代, 浮かんだ, 浮んだ, 生ずる, 行はれ, 起る, 違って, 閃めいた, 頭の

1 [226件] あった, あったならば, あったら如何, あったればこそ, あのやう, あやまつて, ありまして, ありますが, あり一方, あり貞之助, ある, あるって, あると, あるとは, あるなら聞かう, あるなら聞かして, あるなら聞こう, あるので, あるのみ, あるらしい, あるわよ, ある以上, あればこそ, あツ, いろいろあり, うかばないか, うかびません, うかぶはず, えそれとも, えたかったから, えたから, えたすると, えたり, えて, えて見, えて見た, えましたから, えると, えるとも, おぼろげに, かなり彼, きまった以上, きまりさえ, この不可測, こまかい, ころッと, こんなに執念, ごっちゃに, そうである, そこから, そここ, そこに, そこまで, そのままコロンブス, その実行, その根柢, たわいも, ちがって, ちゃんとある, ちょッと, ちらと, つい近頃出来, できて, できます, どうしてもこびりついた, どうして浮びましょう, どこかに, どこからか, ない少し, なかった, なかったごとく, なかつたの, なかつた様, なく硬骨連, ふと頭, へたが, へたの, ますます固められ, また一つ, まだ岩下清周, まちがって, まとまらなかつた, わたくしの, キューバで, コロンブスに対して, モット広く, 一層強き, 一般に, 一般の, 中, 今人の, 付いたと, 付かぬ, 何処からとも, 作者に, 俺の, 傾いて, 先で, 先に, 先入主と, 先方の, 出られたもの, 出るかも, 出來, 出来そう, 分かつた, 別々である, 前と, 前のと, 創設の, 動いて, 勝を, 勢を, 十年前に, 南里君の, 単に頭, 博士の, 古典の, 同じでない, 向いて, 君には, 君の, 変ったらしいねんわ, 変って, 変るだらう, 外れた, 大分違っ, 大變, 始終日本人, 始終有, 定まるという, 実に不愉快, 実証的に, 實に, 小児の, 少ないので, 就かぬ, 広くなっ, 強迫観念の, 彼れ, 念頭を, 恰も暗示, 悪かった, 手古奈の, 新しいと, 日本人の, 暗々裡に, 有ッ, 村の, 橘姫の, 次第にしっかりと, 此の, 殊に武士階級, 段々と, 段々發展, 母に対する, 永遠に, 泉の, 浮かぶワ, 浮ぶ, 浮ぶなんて, 浮んだの, 浮んだ成, 浮んだ時, 浮んだ程, 浮んで, 海嘯の, 潜んで, 烟の, 無いこと, 無くなって, 燒き, 理に, 異り, 異様な, 當時の, 皆一様でない, 盛んに, 直ぐ移る, 着きまして, 矢張私の, 私にも, 種々の, 空恐ろしくも, 第一, 纏ってない, 纒らない, 胸の, 能く, 脳を, 至らぬの, 芽生え始めた, 萌して, 落ち込むの, 落込ん, 著るしく, 薄い, 西洋の, 見えて, 解ったの, 言葉尻を, 起きた, 起った, 起ったが, 起って, 起つたので, 起らなかった, 起らなかつた, 起るので, 起るもの, 足らないので, 輻湊し, 這麼に, 進むに従って, 進められたの, 違う, 違うな, 那邊に, 閃いたん, 閃くと, 間違って, 間違つてゐる, 附きませんか, 非常な, 頭脳に, 鶴見の

▼ 考へに~ (256, 3.4%)

14 よれば 8 なつた 5 なるの, よると 4 任せようと, 落ちた態, 落ちつくと, 這入つて 3 なつて, ならないの, なりました, なりますか, なること, 入れて, 沈んだ

2 [22件] して, なつたら, ならないで, なります, なるでせう, なる云, なれば, 依つて, 反對, 味方を, 基いて, 変りは, 多少の, 對する, 就いて, 從へば, 沈みました, 沈んで, 疲れきって, 立つて, 考へて, 耽つた

1 [143件] あつた, あてはまる, いれて, おもひいたれ, お委せする, したが, そんなこと, とらはれること, なつてい, なつてる, ならないわけぢ, ならない方, ならなかつたん, なりさ, なりたければ, なりましたで, なりますかしら, なりますで, なりませんか, なりませんでしたか, なりませんでしたな, なり得るの, なる, なるお方, なるかと, なるでせうが, なるならば, なるほど, なるもん, なるやう, なる知る, なれないで, はやまるな, ぴつたりはまつて居る, ふけつた, ふけつて, もつと, よく迫られた, 一つの, 三文の, 上り易い, 上るの, 中, 人人は, 任せますわ, 任せるつもり, 住し, 依ると, 依れば, 傾き出して, 先行し, 入れすぎて, 入れてか, 再び思ひ, 到著, 及んだ, 向きさ, 含まれて, 圧へ, 埋もれず輝, 基いたもの, 基いた抱負, 基づき私, 多田君は, 夢中だつた, 對し, 導いた, 就ては, 就ても, 引き込むため, 彼女自身愕然と, 従ふべきであらう, 従へば, 御座候, 微塵も, 心を, 思つた, 思ひ当, 思ひ至つたの, 恐怖しだす, 惑は, 成りませんか, 成るほど, 戻つて, 打つかる, 捉はれ, 捕へられたこと, 最近い, 本づいた, 毛頭ありませんでした, 気づいたの, 気付かぬといふ, 氣押しされた, 沈み込んで, 沈んだが, 沈んだ顏, 没頭し, 混雜を, 溺れて, 疑は, 疲れて, 相當, 真偽の, 着せる着物, 私は, 秩序が, 移つたのは, 移つて純然たる, 移りちかひで, 素子は, 結びつく事, 置かねば, 考へた文句, 考へた末, 耽つた時, 耽つて, 耽りああ, 耽ること, 能は, 脈絡が, 自分が, 至るまでに, 落ちこむの, 落ちたの, 落ちようと, 行き当, 襲は, 襲はれた, 變り, 賛成し, 贊成し, 近代科學は, 迷つた, 追ひかけられた, 逃避する, 逆らふ, 過ぎないと, 重きを, 錯倒, 閉され乍ら, 間違ひ, 馴らさねば, 馴れねば

▼ 考うる~ (253, 3.4%)

19 ときは 11 にその 7 ところに 4 ことが, ところによるに, のは 3 ところが, ところを, に, にこれ, よりほか

2 [11件] がごとき, ことなく, ことを, にある, に人, に東北隅, に種々, に至った, に霊魂不滅, 所では, 時は

1 [167件] あいだは, がよろしい, が如く, けれどもこれ物理的自然, ことです, ことに, ことは, ことも, こと四十八時間ついに, これなり, これほど, だけの至誠, だに慨歎, というよう, といわゆる, ときには, ところでは, ところにては, ところの, とその, とはおのずから, とはなく, とはなはだ, ともなく, とも受取られず, と仏説, と唐書, と子の日, と必ず, と本邦固有, と誠に, にあるいは, にいかに, にかよう, にここ, にこの, にこれ夫子みずから事, にすべて活動物, にそのいわゆる, にその間, にそもそも, にただ, につまり人, にもとより, にも至った, にも邪魔, にわが国, にわれわれ, にマジナイ, にヨブ, に下田, に五官, に人民みな, に人間, に今や, に今後, に今日, に依然として, に倉子, に先ず, に其の, に北海道, に十中, に古代, に古来天災, に大, に天一坊, に女子, に始めて, に完全, に小生, に平常, に年少, に彼, に従来, に意向, に手, に抽斎, に明日, に時間, に普通, に暇, に最初, に有史以前, に本, に本来タマ, に楠氏, に毎, に水, に江戸ッ児, に物質, に狐狸, に独立以来, に獣類, に現に, に生時, に目前, に真如, に神経繊維, に結婚, に総体, に至, に至らず, に至れり, に蛙, に西洋, に警察署, に足らざる, に近古新教, に金, に霊怪, に駱和名川原毛, に高潮, に鳥獣, のか, のである, のみなりし, の必要を, の暇な, の風, はかえって, は右, は大いに, は甚だ, までもなく, ものあり, ものある, ものあれ, ものは, や眼徒ら, ゆえである, ように, より弁明, を必要, を要す, 一大教訓とは, 事, 事が, 事さらに, 事と, 事は, 人も, 以上の, 体も, 余地が, 全智全能は, 処は, 分類法と, 力も, 必要が, 必要は, 所あっ, 所あり, 所に, 方一層, 時に, 時四六時中警笛に, 暇さえ, 法と, 法との, 状なれ, 程迷っ, 者も, 葦なり, 途端に, 遑も, 隙も

▼ 考~ (232, 3.1%)

10 少しも 3 無い, 蛭の 2 どうだ, ない, なかった, 右の, 持たないまでも, 毛頭起る, 私の, 金を

1 [200件] あっても, あの, ありませぬ, ありません, ありませんでしたけど, ありません飛行機, あり得るので, ある, いつとは, いつの間にかとんでも, いろ, いわゆる記紀, おのずからなくなる, おりおり起る, こいさんみたいな, こうであった, この星以外, この時, これこれだ, しかしポルトガル, すぐに, すぐ頷い, すこしも, すこしも持っ, すてられない, すべてこの, すべて有機体は, そうでなかった, その伝来, その後木戸を, その時以来, その本質, その逆, それと, そんなに狂気, たとえば天, つまり名詞語根説, では賑やか, どれも, ないかね, ないかねえ, ないから, なおさら傾聴, なかったであろう, なかつた, なかつたかも, なかつたと, なからう, ぷくぷくと, まだ何となく彼, まるでない, もう一層わたし, もっての外の, もとより誤なら, もの悲しい, やうやく, よさなければ, わたしが, プトレマイオスアラビアの, 一つも, 一寸とも, 万事中途半端に, 上に, 不思議に, 丸で, 主なる, 久しい前, 之と, 二葉亭の, 人により, 今も, 今日の, 他に, 以前と, 伝兵衛に, 何が, 何でございましょう, 何時か, 何時も歸着, 余りに荒唐無稽, 依然としてつづい, 假令古文を, 僕にと, 先から, 全く一変, 全く別, 全く覆され, 八年前も, 其編次の, 出て, 出立点が, 初めから, 前から, 勿論ございませんでした, 十分に, 十翼の, 又一転, 友人フィリップスに, 同じこと, 吾, 周到だ, 單に, 塾に, 夏殷周三代の, 夢物話に, 大分ちがう, 大抵皆大同小異, 失敗に, 如何で, 妙子との, 始めふ, 婦人美又は, 孔子は, 家庭の, 封建時代の, 少くとも, 少しくこれ, 少しく普通, 少しずつ, 少し買, 少し違, 少年の, 左様でない, 常識的で, 強まった, 当りました, 彼女の, 後に, 御互に, 微塵も, 必ずしも出鱈目, 必要な, 思いきらなかったもの, 思い止って, 急に, 怯えるよう, 恐ろしい, 愚劣な, 感覺や, 持たない, 持たなかつた, 持って, 持っても, 持つて, 既に一五〇三年, 既に論語, 日本が, 日本の, 日本精神という, 昨夜の, 是非共改める, 時間と, 朝日に, 期せずし, 枳園の, 根本的に, 極く, 止めに, 此方には, 此男の, 武士道という, 残念ながら, 段々広く, 毛頭ない, 毛頭ないの, 決して破天荒, 浮ばなかつた, 淑やかな, 無いやう, 無かった, 無かつ, 無理から, 無論不, 無論自分, 玉海の, 王應麟の, 生き残って, 申し合せたよう, 男の, 留吉を, 畢竟私, 私を, 総て断片的で, 自分が, 自己に, 自然と, 茶を, 許されようか, 詩の, 誤りなる, 起さなかった, 道理至極である, 間違いの, 間違では, 露ほど, 非常に, 頗る呑気, 餘程早く, 首を, 高夏さん

▼ 考へも~ (185, 2.5%)

7 出て 6 しなかつた, なしに 4 つかなかつた時代 3 あつた, しないで

2 [12件] しなかつたこと, せずアヽ, なくなつた, なく又, もう気, もう氣, 一と, 持つて, 浮ばぬ, 浮ぶ, 無しに, 自然に

1 [132件] あつた様, あらうから, ありませうから, あるが, あること, あるだらうから, あるに, あるの, あるので, あるん, いたづら, いまは, うかびは, うや, おありでせう, この頃, この風, したが, したらう, しない, しないの, しなかつたからね, しなかつたけれど, しなかつたの, しなかつた新しい, しなければ, しまいだが, しません, する, せずこれ, せずさうかと, せずに, せずポイポイ, せず自然, せぬが, だんだん変つて結局一人, つかなかつたの, つかなかつたやう, つかぬこと, つきませんでしたが, ない, ないた, ないと, ないらし, ない妻君達, ない浅薄, なかつたで, なかつたと, なかつたの, なからずや, なくあの, なくいきなり, なくお, なくお手玉, なくなるし, なくふら, なくやつ, なく且, なく夜中一度, なく夢中, なく引つ込んで, なく息子, なく成行, なく木蔭, なく當, なく私, なく自分, なく過ぎました, なしでゐたら, なし只, なり立つ, ふと胸, また多く, また大, センチメントの, 一應は, 一見甚だ嬉しい, 云つ, 付くまいし, 付ず, 伝つてゐた, 入れて, 分るやう, 十分は, 又屋, 及ばず貧乏人, 及ばない境地, 含めて, 吾, 地方から, 地方芸能の, 大体似た, 定まつ, 家が, 導かれるので, 少しの, 弁へ, 後楯てに, 愚劣に, 慎重で, 成り立たなくは, 持たない, 曾て, 有りうるけれども, 正しい, 此処から, 浮かびませんでした, 浮ばずぼんやり, 浮ばなかつた, 浮び老人, 浮んで, 混へて, 湧きじめじめ, 無かつ, 無く千太郎, 研究も, 私には, 立つ, 老人のと, 聞きたいん, 自分の, 解らぬの, 言ひもした, 計畫, 話して, 變つて來る, 身は, 載つて, 近頃さうな, 述べたいと, 述べて, 非凡なら

▼ 考へでは~ (183, 2.4%)

4 きめられぬ, まづ奈良 2 これこそ, さう, それは, ないか, 国民の, 春と, 此の, 自分の

1 [159件] あきたらない, あの袈裟, ありませんけれども, ある, あれは, いつそさ, お化, お縫殺し, お釋迦さん一代, かうすれば, けさあれだけ, この作, この奇蹟, これからの, こんな難, すくも, すつかり, その先駆, その時間, その缶, それを, たしかに政治的, ない, ないかも, ないの, ない中間, ない私, なかつたでありませうか, なかつたので, ほぐ, まつたく餘計, みつはは, みんなが, やりやう, ジェインと, タンガニイカ湖の, ノラの, モヂリアニに対する, リヴィングストーンは, 一人の, 一夜の, 一時歌舞伎劇凋落の, 三成を, 上達部が, 不可決, 両者は, 二つの, 亡くなつて後, 人間といふ, 今が, 今日までの, 今時の, 仕様が, 何かを, 何だか容易, 何も, 作者が, 信じ難い, 働かなければ, 儒學を, 先づそれぞれの, 其話といふ, 内外を通じて, 分裂し, 午後十時半芥川は, 単に神体, 只今申した, 哲學といふ, 唯ひたすら憂鬱, 外国なんぞを, 天照大神も, 夫といふ, 奥州の, 女に対する, 女神は, 宿には, 少くとも, 少し嚴, 尚幾度, 山人だ, 常世を, 平凡な, 広い会場, 延若や, 当分此の, 彼奴らは, 後の, 従来の, 成るべくなら日本, 或時期, 摸倣に, 改元しなかつた, 政治には, 故土, 文化といふ, 文化性といふ, 斯うし, 旋頭歌, 既に社会, 日本の, 日本人と, 日本文学の, 日本精神を, 日本語を, 早稲田から, 時代後れの, 暦も, 有るの, 本来文化運動文化部門の, 村の, 松園氏の, 柱を, 歌といふ, 此儘に, 此国の, 此宮廷の, 此秋に, 死は, 演劇の, 無論その, 田植頃までには, 町会別の, 當時の, 神の, 禰宜が, 私は, 立國の, 第一, 純粋な, 組合加入の, 結婚は, 絶対的に, 聖明王の, 肉体が, 自己と, 至極簡単, 至難の, 船は, 若いもの, 若し私, 菊か, 西洋流の, 西鶴は, 親切なんて, 詞霊信仰の, 貧民といふ, 近来お, 逆に, 遠からぬ, 酒と, 金が, 釧路時代が, 陸穗を, 隨分頑固である, 集つた人皆が, 食後の, 馬が, 高々三十人位, 魂を

▼ 考ふる~ (178, 2.4%)

6 ことが 54 時は 3 ことを, 所では, 所に

2 [13件] が故に, ことに, ことは, ときは, とき一切の, にかの, に今, のは, やうに, 所によるに, 所は, 所を以て, 方が

1 [128件] が如き, が故, ことなし, ことも, こと穩當なるべし, こと能は, ところでは, ところに, とも人間, とも彫, と之, と數千年以來, と莽, には三つ, にま, にも邪魔, にコロボツクル, にトイチセコツチヤカムイ, に一先此金子, に事業, に云はく, に佐伯, に何, に何人, に先年徳太郎君, に兩方, に其の, に其方法, に其術, に千蔵, に及ばずし, に及ん, に古, に咽, に喜内, に外來, に天, に天保六年, に実に, に当, に彼, に待合席料一円, に我, に我大金, に斯爲事, に日本海方面, に日本紀, に智情意三種中, に此定五郎, に此石器時代人民, に毎度, に水, に渠等兩人, に由無し, に眼, に神寶, に秋冬, に至つて撫然, に至りし, に至る, に至れり, に舜, に若し, に身体, に遑, に錦橋, に雨, に頗る, に鬚, に麁蝦夷, のが, のである, の次, の術, は一つ, は妄想, は形式, は最も, は蓋し, ほど甲田, ほど蹂躙, までもなく, も, ものなり, もコロポックル, も之, も今, も妨, も彫, も政子, も明か, も此地, も邦人, も頼綱, やう此品物を, よりも甚だ, よりも逆, より以上, を好まざるなり, を得べし, を至當, 事が, 事とな, 事は, 事より, 事能は, 人々或は, 人が, 余裕も, 処あり, 小生は, 必要が, 所あつ, 所で, 所も, 所無し, 方道理有り, 時には, 樣今日三吉めが, 程迷つて心中は, 者の, 能は, 能はず, 處である, 處を, 要無し, 間もなく車, 隙に

▼ 考への~ (170, 2.3%)

6 上に 5 ある人, 中に 4 あつた, やうに, 足らぬの 3 下に, 方が 2 うちに, ために, 中では, 出て, 型に, 変化が, 影響を, 御様子, 横合から, 途中で

1 [116件] あらぬさ, あるもの, ある所, ある日本人, ある時代, いとぐち, こと, ことであり, こんがらがりが, つぼに, なかに, なかには, なかにまで, なかの, なさ, はじめから, まう一つ先, ままに, ものでなけれ, よさ, 一端を, 一証左に, 上から, 上では, 上にも, 不徹底, 両端に, 中からだけ, 中でだけ, 中にと, 中には, 中核に, 主流でなく, 人が, 人だ, 保証を, 傾向を, 入口に, 出で, 出ないもの, 出ない前, 出來た, 前を, 動いて, 含まれて, 呼応法とは, 喰ひ, 固定した, 在り方などが, 基礎に, 基礎は, 変形である, 外に, 大いに訂正, 大して正鵠, 大體, 実際的便利, 對象物で, 工合によ, 平康を, 底には, 後から, 成り立ち難い, 推移は, 方は, 方實に, 更に熟する, 本當, 根柢には, 様である, 様に, 段々ぐれ, 段階は, 決まるの, 浮かばぬ如水, 浮ぶの, 浮ぶ時, 深い人, 混雑は, 為めに, 焦点に, 片鱗である, 狭さ, 當つてゐる, 皮肉な, 相異, 破壊的な, 私の, 糸尻を, 絲口も, 緒を, 緒口に, 臆病な, 芸能が, 落ち度が, 落ち着くところ, 裡に, 要点を, 見える事, 誤りは, 誤りを, 起つて, 起り相な, 足りない寅藏, 逆の, 這入つて, 通り伴建部と, 通り目に, 邪魔に, 邪魔を, 閃光の, 間に, 間違つてゐる, 間違つて居る, 類似に, 體にて

▼ 考~ (139, 1.9%)

9 よると 75 よれば 4 耽って 3 して, 小突かれるので 2 いへり, なった, なつた, 入れて, 到達した, 淫婦紫姑が, 耽つて, 耽ること, 興味を, 見えたるを

1 [88件] いつしか馴らされ, いふが, おちお金, こだ, したがえば, したなら子供, そう云う, つきまとわれて, とらはれる, どうなる, なったもの, なつたり, なりました, なる, なるの, なるやう, なれと, はまり込む時, ひとり沈み, ふらふらと, よらなければ, よりて, ヂスクレヂイを, 一歩を, 云, 人間は, 今後議院の, 似てると, 依つて意義, 依れば, 促されて, 値する, 入るの, 出て, 制せられて, 占められて, 及ばない妙, 及んで, 反すること, 取った運動時計, 取ツ, 可笑しくな, 同意したい, 名を, 囚われて, 変りは, 委する, 客観性を, 富んで, 就て, 引っ掛りの, 御座候, 成りたる由, 拠れば, 撲たれずには, 於いても, 日本の, 有力なる, 服從させ, 此山といへる, 気が, 沈みながら, 沈むの, 沈んだ, 沈んだり, 沈んで, 添えるはず, 生写し, 空疎な, 総領も, 緒方の, 考え呆け, 耽ったもの, 耽りながら, 自分ながら, 落ちた, 落ち着くこと, 見えたり, 誌す, 資すべき材料, 資する, 賛成し, 賛成した, 足軽は, 過ぎないの, 間違は, 附き纏わない, 非ざりし

▼ 考へで~ (138, 1.8%)

16 あつた 3 ゐるの, 浮いて 2 あつたなら, あつて, あらう, いへば, 彼の, 書いて, 樹木を, 筆を

1 [100件] あつたらう, あなたを, あらうと, あらうどんなに, いづれ老, いまだに宿所名簿, いろ, お金が, この恐怖, さう極めました, すぐその, すらすらと, せう, せうが, せうけれど, その調査中, それでどう, ちよつと, つまり実家, まだちやん, もう今, もとは, やつた, やりました相違, やり先, ゐると, ゐるので, ゐるんぢ, プログラムは, 上京し, 主人を, 之を, 事めづらし, 云ひます, 云へば, 今では, 今半分, 今宵は, 以て, 会ふ, 何か, 俳句は, 其よりも, 其言葉を, 出発した, 別な, 割り切れない合理的, 勇の, 勝てばい, 十月六日に, 千代子に, 古人の, 史記を, 國産車を, 執行せられる, 奨励され, 始から, 學問の, 家に, 居ると, 幸ひ, 念仏者の, 或ひ, 持つて, 撒かれるの, 方言を, 正直な, 歴史を, 死に, 死ねれば, 殊に少年, 満たされ不仕合せ, 煙草の, 爲て, 獨りで, 生れた子供, 男性を, 皇室なり, 研究論文でも, 祀られて, 秀吉の, 私は, 笞刑と, 米三合を, 結びつけられて, 自分の, 落伍者の, 蔬食のみを, 蟻の, 行けば, 袋に, 言つたのかは, 言つて見れ, 試みて, 話したか, 語尾を, 身体の, 過去數年間技術の, 道教の, 非常に

▼ 考では~ (125, 1.7%)

2 これが, それは, 当分昔の, 極く

1 [117件] あの中庭, ありますが, ありますまいか, あるけれども, あれも, いかぬある, いっしょに, うんと悪口, おそらく金銭, おやは, お金は, かう考へて, こういう事, この場合, この経文, この観念, これは, さう, そう云う, その人, その時, その男, その著述, それが, それよりも, つまり自分, ない, ないか, ないですよ, なしに, もう少し書いた, もしイエス, やはりこれ, やはり泰西文明, イワンに, オホカミは, カリホと, シユニツツレルは, スバリと, メートルグラムリットルという, ラーガー・ビヤより, ロシアの, 一句でも, 下方に, 世の中に, 世間一般の, 丸鑿の, 之は, 事件後の, 京には, 人が, 人間が, 人間に, 人間教育の, 今の, 仍ほ, 伯父の, 例へば黄河, 個人主義は, 兄の, 光子さんち, 全体に, 公羊傳の, 写本を, 凡そ學問, 前に, 午後十一時飯田町発の, 増岡増造さんに, 外に, 外国劇を, 外國の, 奥山の, 娘が, 実人生, 小野さんより, 岩礁の, 平ヶ岳と, 形は, 影の, 性格などは, 恐らく女, 抱月氏が, 敵の, 日本の, 日本人は, 是が, 普通の, 普通人間は, 最大の, 未来の, 檀那様が, 次の, 欧米の, 此二章は, 此山は, 此峰と, 歴史を, 江南と, 源平の, 無いで, 無くつて, 男つていふ, 皆法界悋気で, 目録學の, 相手が, 社会改良といふ, 私は, 縦い, 聡明な, 自分が, 自分は, 自己の, 自然を, 若しイエス, 謡は, 遠慮という, 非常に

▼ 考~ (114, 1.5%)

4 中に 3 もとに, 上に 2 あつた, ある女, いけないこと, ないこと, なかった, 御有, 方へ, 著者に

1 [88件] あまりにも, あるべき筈, あるもの, あろうよう, おらい, さっぱり足りない, そばへ, であります, できる閑, とおりです, とほり, と人, ない事, ほんの骨組, まとまらないうち, まとまる日, ものの, やうに, ような, ように, アハセ説は, フロイスである, マヰリクラクモに, 一部を, 中から, 中で, 中には, 中の, 中へ, 主たる動機, 主意, 人たち日本なら, 人も, 人間の, 付かないこと, 付こう筈, 何処にも, 余業を, 別記に, 力点として, 及ぶ範囲内, 反證, 各目録, 域に, 場に, 墓前に, 大要を, 嫂から, 学問的でない, 対象と, 届くこと, 慧敏な, 手を, 方が, 方は, 方を, 末白昼衆人中に, 材料と, 根に, 根據を, 椅子が, 淺い, 爲に, 生じたの, 程度の, 稿本を, 經籍考, 經籍考である, 經籍考の, 自の, 色文を, 著者として, 補考を, 解釈の, 言葉までも, 訓によって, 試み, 誤って, 誤りも, 誤を, 調和に, 違う役人達, 都鳥考のと, 酵母と, 門弟の, 題目と, 養子に, 馬鹿気て

▼ 考~ (102, 1.4%)

6 何も 2 あったので, あつた, あるからと, ないん, なかった, なく三千代, なしに, 無い, 私の

1 [78件] あった, あったの, あつて, ありませぬ, ありません, あり対策, ある, ここから, ございましょうし, ちがって, つかぬの, ない, ないが, ないの, ないやう, ない子供, なかったらしい, なかつたが, なかつた訳, なく, なくこの, なくた, なく居られる, なく急い, なく懐剣, なく戸外, なく拵え, なく故, なく時々, なく無, なく薙髪, なく電話, またこの, 一直線に, 出たの, 出で, 出でず夢幻, 出でず鬼, 出ない, 出るん, 勿論です, 同訓, 変るであらう, 實際には, 少しも, 少し混ぜ, 御有り, 持って, 措き難い, 既に定, 有って, 有るので, 機会も, 浮ばなかった, 浮ばなかつた, 浮び申さず嗚呼, 深くは, 溌剌として, 無いし, 無いとて, 無いので, 無かつ, 無論手伝った, 相當, 私を, 繰り返し繰り返して, 纏めなかった, 纏めなかつた, 薄ければ, 要するので, 變ツた, 起って, 起つた, 起つた程, 起らずには, 起る, 起るの, 違う

▼ 考へから~ (98, 1.3%)

6 言へば 4 出たもの 3 すれば, であつ 2 すると, では, 出たの, 出て, 出発した, 見ねば, 見れば, 言ひます, 離れて

1 [64件] いつかさかなにな, いつそ, さうし, その經營, だが, ついて行くと, つくつたもの, でした, でも, どうしても主上, どんな結論, ほよ, もとの, やらなければ, やるの, 一應參加を, 今日の, 作物を, 出たこと, 出たらしい, 出た交訪, 出た語, 出た邪鬼, 出た霊魂, 出た風習, 出発し, 割り出した祈願, 去年以来お姫様と, 夏祓への, 娘を, 宗教の, 導き出されて, 広告の, 弘化元年の, 弟子に, 彼は, 思はず独り, 懷疑的な, 成立つて, 時に行, 曩には, 更に幾分, 森本博士に, 植物類の, 直されねば, 祀られる様, 神に, 稀には, 紙着の, 続いて, 自分でも, 荒魂の, 行けば, 言うて, 起つたの, 起つたもの, 途中から, 道路の, 遠ざからうとして, 遠退い, 集中に, 飼うて, 高年の, 魚を

▼ 考~ (80, 1.1%)

5 あつた 2 一所に, 勝手に, 家に, 新聞記事に対しては

1 [67件] あつて, あらう, いつもこいさん, いました, いるより, おりおり目, かけたの, この商売, この木, それには, そんなこと, そんな事, どういう所置, ね, ゐさ, ゐら, アキラケクコソと, イハバシルと, サブシが, シナスルと, ニヌと, 一一新たに, 一生懸命に, 一生懸命イザ, 七つの, 以て, 伝を, 先生に, 全く勉強, 出掛けて, 千蔭の, 参禅し, 參禪し, 名誉とか, 天子が, 家を, 居る, 幾度と, 想像する, 振り向いた僕, 接木を, 政府の, 数年も, 新しい解釋, 既に今夜印半纏, 早速用意, 書いたもの, 有り美しい, 村の, 浅井の, 白と, 目下材料を, 破談に, 神仏の, 神田とは, 私は, 糊塗し, 結婚された, 考へますと, 育てたくないやう, 自分自身を, 至極もっとも, 見れば, 言つた譯では, 言ひ附ける, 間取りの, 階段を

▼ 考~ (76, 1.0%)

5 して 2 に於, の方面, をする

1 [65件] があつ, がある, が出, が時々, が科學的, したこと, したもの, し畢, じみて, すべきもの, すること, するといふ, するに, するの, せし所, せられて, せる條中, とすべき, とを入れた, と同, と相, などはおよそ, などは今日, にあらざる, になりました, にまでた, にも棒, により, に入る, に及ばず, に幾らか, に從, に應用, に據, に至り, に關, のみを主, の努力, の基礎, の外, の文学, の方, の方法, の書, の正確, の至難さ, の行屆, の際, はあきらめ, はしたくない, は他, は其著漢籍倭人考, は尤も, ものみこん, らしいこと, を主, を事, を加, を待つ, を書き, を欠く, を紹介, を經, を要する, 若しくは隋書經籍志考證

▼ 考うべき~ (72, 1.0%)

6 ことは, 原因ある 3 理由が 2 ことで, ことである, 事である

1 [51件] かも知っ, かを心得, ことだ, ことでした, こと多けれ, こと頭たる者よくよく, ところなし, ところの, はこれら連珠, はずだ, は何故, は古, は奈良坂非人, は現に, は詩それ自体, ものかも, もので, ものである, ものであろう, ものと, ものにも, ものの, 一条は, 事で, 事なり, 事は, 事件らしい, 事情あるべし, 何物も, 原因なく, 原因事情の, 問題だった, 問題であり, 問題であろう, 問題でなけれ, 問題は, 場合だ, 多少の, 必要が, 時です, 時世です, 時勢です, 材料を, 根拠は, 機会を, 灸所も, 由なし, 種々の, 空気の, 重大な, 重要なる

▼ 考うれ~ (70, 0.9%)

3 ばこれ 2 ばこの, ばわれわれ

1 [63件] ども世人, ばあくまで, ばかく, ばその, ばそれ, ばたちまち, ばたとえば, ばともに, ばどれほど, ばむしろ, ばもっとも, ばファラデー, ば一部, ば不明, ば人民, ば人獣動物, ば人間, ば今, ば作, ば億万中, ば単に, ば口, ば国, ば外国, ば外国人, ば大いに, ば孝孺, ば定め, ば小学, ば彼, ば心理的妖怪, ば怨望, ば折角, ば政府, ば敵討ち, ば新潟県, ば方今わが国, ば日本, ば日本従来, ば時日, ば本来物, ば死刑囚, ば水中, ば海上, ば王朝時代, ば生, ば由々しい, ば神, ば私, ば筆算, ば算筆, ば考える, ば蕪村, ば虎, ば蜃気楼, ば複義性, ば西洋, ば言路, ば記憶, ば説, ば賽児, ば邦土偏, ば霊魂

▼ 考へと~ (53, 0.7%)

8 いふもの 4 云ふも 3 いふの, 別々に 2 入り替つて, 私の

1 [31件] いふもん, うその, とうて, なり所謂素王説, なるやう, 一つである, 一つにな, 一つ事である, 一処に, 一緒に, 一致し, 一致した, 上面だけは, 不都合とを, 互ひ, 今一つ神及び, 同じく, 同じところ, 多少変つたの, 實際とを, 思つてそれから, 桃太郎が, 殆ん, 神に, 等しく詩歌, 老橘屋, 言は, 言ひきる, 連夜眠らなかつた, 関係なし, 默契する

▼ 考ふれ~ (52, 0.7%)

2 ば甫刑, ば詩

1 [48件] ども帳合合, ど思ふ, ば, ばあか, ばいま, ばこれ, ばこれ一種, ばその, ば仮令, ば伯夷, ば例へば, ば其大, ば北寿, ば周頌, ば問題, ば安治川口, ば宋風, ば寛文年間, ば年數, ば恐く, ば恐らく, ば支那, ば改めて, ば政友会, ば政友會, ば日本紀, ば是等, ば此, ば殆ど夢, ば毎夜寐つき, ば物的現象, ば物質, ば男子, ば當時, ば疑, ば皆, ば皆氣息, ば真に, ば私, ば罪吾, ば考, ば耳輪, ば舳羅島, ば荒村, ば蕪村, ば隱岐, ば魏國, ば鮮卑

▼ 考から~ (47, 0.6%)

3 して 2 一人で, 沈黙を, 産出され, 見ると

1 [36件] さう, であったこと, であるかも, であるといふ, できるだけ慎み合わなけれ, 一変し, 一疋の, 主人の, 主人は, 云えば, 云ふ, 今迄, 何と, 僕ら二人を, 其の下劣平凡, 出來, 出立した, 割出して, 場所の, 天孫人種とか, 子供を, 少しづゝ拔, 山村舞に, 拙い字, 曜をも, 来たもの, 独我論を, 神代という, 立ちどころに辮子, 聞くの, 虎の子を, 行けば, 起つた事, 超越しなけれ, 近処, 運動せず

▼ 考~ (38, 0.5%)

5 して 2 が今日, したの, せり

1 [27件] さる, されたもの, したい, し得, し数学, すべきもの, するが, するに, するは, する事, する事能はず, せしに, せし妄, せば, せられた, せるもの, せる倭國, せんと, でこの, に就き, に必要, の材料, の材料不足, を其任務, セシ所ニシテ此名モ彼等ニ由リテ始メテ用ヰラレタルナリ, 審判する, 殆ど一致すれ

▼ 考~ (32, 0.4%)

1 [32件] いいライプニッツ, いふと, いわれた評判, である, また一方, アベコベな, ファウスト作者伝とは, 一致しない, 一般の, 事実とは, 云うもの, 云う喩, 云わねば, 全く違つた方面, 反対の, 叡知が, 商売人の, 地図を, 實際とは, 撰進した, 故人を, 暗合し, 比べて, 焦点が, 皇位の, 矛盾し, 謂は, 變つた考を, 阿部孝の, 雖も, 題して, 願を

▼ 考ふべき~ (31, 0.4%)

3 ことが 2 ことで, ことである, ことは, はこの, 事は

1 [18件] かは甚だ, か全然, は処女生活, は家事, もので, ものである, 一つの, 事が, 事実が, 事実の, 人物九人と, 問題では, 問題は, 多くの, 幻影では, 点が, 点も, 理由は

▼ 考~ (30, 0.4%)

4 えて 3 えるほど 2 えてるだ, えられっか, えるん

1 [17件] えが, えた, えたこと, えたもん, えたん, えてや, えてらあな, えてり, えてるか, えて下せえまし, えて引込んだら, えて見る, えで, えもの, えりゃあ他, えりゃ考げ, えると

▼ 考~ (22, 0.3%)

2 をする

1 [20件] から必然的, が現れ, が誤つ, だ, だよ, である, であると, ではある, で野蠻時代, と一方, には少なから, によつて, は主知的感情論, は共に, は夙に, は獨, は素朴, をした, をどうしても, を僕

▼ 考である~ (19, 0.3%)

2 が今, が民族生活, のだ

1 [13件] か, からよろしく, から敢, か伺いたい, がこれ, が併, が其中, が其影響, が然し, が自己, といふこと, に存じ掛, のでいわゆる

▼ 考込ん~ (18, 0.2%)

4 でしまひました 2 でゐた, でゐる, で了 1 でいらっしゃる, でいる, でただ, でばかり居る, でをります, で唯, で居つて, で居りました

▼ 考へには~ (16, 0.2%)

1 [16件] いつて, いつも大, この概念的, なりませぬか, なりませんか, リヴィングストーンも, 乘りません, 信ずること, 別段大, 大方筋道, 嫁入り苦労も, 崇高さが, 普通の, 更に用, 浮んだの, 自分乍ら賛成できない

▼ 考深い~ (16, 0.2%)

6 目付を, 眼付を 2 方です 1 眼つきを, 顔を

▼ 考うるも~ (15, 0.2%)

1 [15件] そうあり, その理同一, われわれの, 世界の, 人身の, 伝承の, 因果は, 山川島嶼内海の, 想出する, 未来世界の, 物質の, 現在の, 甚だ行き, 通俗的の, 霊魂不滅なる

▼ 考には~ (15, 0.2%)

1 [15件] あらざるべし余, ちと不行届, ならないで, 何か, 入って, 右の, 同意する, 天下に, 御説, 心から同情, 我が日本国, 政府も, 確かに, 縁故遠き, 身勝手が

▼ 考へにな~ (14, 0.2%)

1 [14件] つた, つたので, つたのでございます, つたのは, つた上お, つて, つてそれから, つては, つても, つてゐ, つてゐた, つてアヽ気の毒な, つて矢張り人並の, つて貴女の

▼ 考~ (12, 0.2%)

1 [12件] から卒業祝, から御, から本人, かわたくし, が織田信長, つたと, と, ね, のにまだ, ものだ, わ, 誰も

▼ 考~ (12, 0.2%)

1 [12件] いては, かうし, みたいと, ゐた大人, ゐるの, ゐる私, 居るの, 見たところ, 見なはれ, 見ると, 見るべし, 見れば

▼ 考へや~ (12, 0.2%)

2 行ひ 1 がつたな, 信仰に, 命令には, 恨みごとなどは, 感情が, 態度を, 決心などは, 生活の, 行動が, 飛んでは

▼ 考~ (12, 0.2%)

1 [12件] が概ね, にし, のうち, の中程, の區, の末, の末文等, の終り, を有する, を結ばん, を見よ, を除いた

▼ 考とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] かなり大きな, まるっきり違い, 事情が, 別の, 反対に, 反對, 多少計画, 多少違, 大に, 樋口家の, 違ふと

▼ 考~ (11, 0.1%)

2 のです, 話です 1 の, のか, のだ, のである, ので彼等, ので根岸, 訳の

▼ 考にて~ (11, 0.1%)

1 [11件] したがって用語, むろん理屈, 人に, 却て, 如何様とも, 居りし時, 早速これ, 歌と, 特に蕪村派, 随つて用語は, 隨つて用語は

▼ 考にては~ (10, 0.1%)

3 無之 2 新聞紙上に 1 この妙策, この言, 原稿料は, 天智帝の, 異様の

▼ 考へでも~ (10, 0.1%)

1 あつた, あります, あるの, あるやう, ございましたので, しなければ, なささうだし, ゐら, 出たやう, 聞けるかと

▼ 考へとは~ (10, 0.1%)

1 まるで反対, 丸で, 十も, 反対に, 反對, 喰ひ, 大いにそぐ, 少しく性質, 或は反対, 故甲賀三郎君

▼ 考を以て~ (10, 0.1%)

2 投票する 1 するに, たくと, 国内を, 当年も, 朝鮮の, 死にゆく, 神代の, 部下の

▼ 考へなどは~ (9, 0.1%)

3 ちつとも 2 忽消え失せる 1 どうでも, もつと, 忽ち消え失せる, 持つて

▼ 考~ (8, 0.1%)

1 と明治十七八年, と言, にこ, に今, に美津田氏一行, ほど私, ように, 闇さは

▼ 考~ (8, 0.1%)

1 ずには, シ如キハ市民ノ, 又ハ國民, 同胞殘害シテ地獄ヲ, 始メタルハ明白ナリ, 心ニ徴シテ書ニ参シ必シモ書ノ, 心裏實ニ徴兵忌避ノ, 難シ

▼ 考~ (8, 0.1%)

2 の用 1 した, する所, すれば, はすべて, は一般, は他

▼ 考~ (7, 0.1%)

3 故に我 1 ということ, 可から, 可き, 可きもの

▼ 考する~ (7, 0.1%)

2 にその 1 というよう, ときは, に上総, に天下, のに第

▼ 考へしか~ (7, 0.1%)

2 持つて 1 ありません, できないもの, ない, 書かないさ, 浮ばなかつた

▼ 考~ (7, 0.1%)

4 をし 1 して, などが起っ, を又

▼ 考~ (7, 0.1%)

3 へをされ 2 でした 1 であった茶の湯, ひを

▼ 考~ (7, 0.1%)

2 の修史 1 と弘道館, に蔵する, の総裁, をたて, 総目録

▼ 考うべきで~ (6, 0.1%)

2 はない 1 はないだろう, はなかったろう, はなく, もあろう

▼ 考にも~ (6, 0.1%)

1 二人ながら, 価する事, 四考にも, 摘出せり, 誘はれた, 述べて

▼ 考~ (6, 0.1%)

3 故に我 1 に付き, 可からず, 可らざる

▼ 考~ (6, 0.1%)

1 に傾けた, のかたは, の大家, の學, の方法, を離れ

▼ 考えと~ (5, 0.1%)

1 全く一致, 全く同じ, 全く同様, 全く相当, 直接に

▼ 考へだけを~ (5, 0.1%)

2 追ひ 1 究めて, 見るより, 説いたといふ

▼ 考へとしては~ (5, 0.1%)

1 あらゆる學問, 先づ政府の, 災祥, 聊か古い, 雲路を

▼ 考~ (5, 0.1%)

1 その運動, 日本の, 要求とは, 言葉も, 計画を

▼ 考~ (5, 0.1%)

2 そうに 1 さう, さうに首を, そうな

▼ 考~ (5, 0.1%)

1 といふの, といふ本, などがある, には, 郵

▼ 考~ (5, 0.1%)

3 の着物 1 だとか, などが流行りまし

▼ 考~ (5, 0.1%)

2 との二つ 1 する學問, は古く, を知りし

▼ 考うるごとく~ (4, 0.1%)

1 に足利時代殊, 勾形を, 弾性体を, 難事では

▼ 考~ (4, 0.1%)

1 ファウスト作者伝かを, 知らん思うて, 突然僕, 行くの

▼ 考~ (4, 0.1%)

1 その間接, てわずか, て無事, て神託通り

▼ 考であった~ (4, 0.1%)

1 ことは, のだ, のである, のに如何にも

▼ 考として~ (4, 0.1%)

1 さもあり, それを, 先生の, 残つた

▼ 考などは~ (4, 0.1%)

2 あまりない 1 あまり金儲け, 即ちこれ

▼ 考なら~ (4, 0.1%)

2 ばその 1 ば其志, また私

▼ 考ふべきで~ (4, 0.1%)

1 はある, はあるまい, はない, はなく

▼ 考へすら~ (4, 0.1%)

1 ひらり, もつて, 夙く失う, 起した

▼ 考へだけで~ (4, 0.1%)

1 どしどし京, 働いて, 別になん, 慄えて

▼ 考へとして~ (4, 0.1%)

1 妹を, 彼女の, 王羲之の, 非難は

▼ 考へをすら~ (4, 0.1%)

4 否みと

▼ 考一考~ (4, 0.1%)

2 すると 1 して, すれば

▼ 考~ (4, 0.1%)

1 においてそれ, においてギルド, は, へて居る

▼ 考~ (4, 0.1%)

1 であるが, ですよ, やな, や謎

▼ 考~ (4, 0.1%)

1 に結い, を結い, を結っ, を雪

▼ 考えっ~ (3, 0.0%)

2 こなしよ 1 こなし

▼ 考からは~ (3, 0.0%)

1 同じよう, 現在の, 遠く離れ

▼ 考さん~ (3, 0.0%)

1 が十年前, の話, 突然で

▼ 考じゃ~ (3, 0.0%)

1 ござんせんか, なくって, 島田は

▼ 考すべき~ (3, 0.0%)

1 事と, 多くの, 所なるべく

▼ 考であっ~ (3, 0.0%)

1 て何, て居士, て良人

▼ 考という~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 本に

▼ 考といふ~ (3, 0.0%)

1 のが, ものは, 書籍志を

▼ 考としては~ (3, 0.0%)

1 これも, こんな考, それは

▼ 考なく~ (3, 0.0%)

2 男への 1 てはならぬ

▼ 考なれ~ (3, 0.0%)

1 どさすが, どもわれら, ば四

▼ 考によって~ (3, 0.0%)

1 二条為世, 圧え, 歌の

▼ 考ふる如き~ (3, 0.0%)

1 は即ち, は甚だ, は肉體

▼ 考へについて~ (3, 0.0%)

1 云ひ, 言ひもした, 詳しく話し

▼ 考へばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 で定めちま

▼ 考へを以て~ (3, 0.0%)

1 するの, 居れば, 私は

▼ 考~ (3, 0.0%)

1 ば何, ば我日本, ば考

▼ 考ヘテ~ (3, 0.0%)

1 之ヲ自作農, 新ナル長, 見ルニ土針ハ

▼ 考出す~ (3, 0.0%)

1 と勉強, と夜, 野郎さ

▼ 考太夫~ (3, 0.0%)

1 という老臣, はこちら, は微笑

▼ 考~ (3, 0.0%)

1 となすべし, の力, を胸

▼ 考~ (3, 0.0%)

1 に資すべき, に資する, 之備

▼ 考深く~ (3, 0.0%)

1 歩いて, 眺め入, 陰欝で

▼ 考證學~ (3, 0.0%)

1 が盛, に於, は其名

▼ 考證家~ (3, 0.0%)

1 はなるべく, は多く, 若しくば

▼ 考~ (3, 0.0%)

1 さえもし, しなかったなら矢張り, の上

▼ 考あれ~ (2, 0.0%)

2 ども文

▼ 考いや~ (2, 0.0%)

1 なもの, 全くよく作った

▼ 考うて接し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 考うるなら~ (2, 0.0%)

1 ばはたして, ばルイ

▼ 考がへ~ (2, 0.0%)

1 なければ, 居たるに

▼ 考こそ~ (2, 0.0%)

1 ほんとうの, 後に

▼ 考だった~ (2, 0.0%)

1 か, のです

▼ 考とお~ (2, 0.0%)

2 もひ

▼ 考とが~ (2, 0.0%)

1 ひどく違っ, 親しい気脈

▼ 考にな~ (2, 0.0%)

1 つてそれで, つて親分が

▼ 考によ~ (2, 0.0%)

1 つて動き得る, つて各

▼ 考のみ~ (2, 0.0%)

1 でなく昔, 僅かに

▼ 考のみが~ (2, 0.0%)

1 浮んで, 頭の

▼ 考はと~ (2, 0.0%)

1 ほに, 云うと

▼ 考ふと~ (2, 0.0%)

1 云つた我は, 云ふとき

▼ 考ふべし~ (2, 0.0%)

1 と申渡され, よく考

▼ 考へかも~ (2, 0.0%)

2 知れないが

▼ 考へからで~ (2, 0.0%)

1 あらうが, せう

▼ 考へだけが~ (2, 0.0%)

1 型を, 私を

▼ 考へとが~ (2, 0.0%)

1 一つに, 結合した

▼ 考へとを~ (2, 0.0%)

1 ほとんど恢復, 分けて

▼ 考へにも~ (2, 0.0%)

1 あらざるべし, なること

▼ 考へに対して~ (2, 0.0%)

1 皮肉な, 責任を

▼ 考へま~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ 考へまでが~ (2, 0.0%)

1 真面目な, 頭の

▼ 考へまでも~ (2, 0.0%)

2 時として信吾

▼ 考へもので~ (2, 0.0%)

1 此の, 青年は

▼ 考へより~ (2, 0.0%)

1 すれば, 此の

▼ 考へをも~ (2, 0.0%)

1 つてを, 愚である

▼ 考をも~ (2, 0.0%)

1 書き始めること, 起した

▼ 考~ (2, 0.0%)

1 引キテ, 頼ンダラ弁護士云フニハ天川ハ同族ノ

▼ 考一つ~ (2, 0.0%)

1 で人物, やわ

▼ 考付いた~ (2, 0.0%)

1 のであつ, ので突然

▼ 考~ (2, 0.0%)

2 の祖先

▼ 考出し~ (2, 0.0%)

1 てぼんやり, て密

▼ 考居り~ (2, 0.0%)

2 申候

▼ 考慮る~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 考~ (2, 0.0%)

1 変化に, 百年或

▼ 考~ (2, 0.0%)

1 せられたるもの, のある

▼ 考正誤清人顧炎武~ (2, 0.0%)

2 が亭林遺書中

▼ 考~ (2, 0.0%)

1 のもの, の政論

▼ 考直し~ (2, 0.0%)

1 て彼, て見れ

▼ 考~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 考~ (2, 0.0%)

1 下候はば, 為在

▼ 考證的~ (2, 0.0%)

1 でありすぎ, に論ずる

▼ 考贔屓~ (2, 0.0%)

1 とみえる, の娘

▼ 考込む~ (2, 0.0%)

1 でボンヤリ, と実に

▼ 考違い~ (2, 0.0%)

1 があったら直します, でまだ

▼1* [283件]

、艇中からは日出雄少年, 考あったと覚, 考あらざれば到底, 考ありて貴兄, 考ありしに非, 考いうてみなさい, 考いつともなく, 考うにだ治まる時, 考うべきであるからである, 考うべきですか, 考うべきでなくかえってつねに発展, 考うるさえその, 考うるべき事柄が, 考えっづけてきた, 考えむとする, 考かも知れない, 考ぐらい小野には, 考けるに若返, 考この三つの, 考これはかり, 考こわしましたなどと申します, 考ういふ風, 考さえございます, 考され出したにか, 考さんあっしはいつか一度, 考さんそれは本当, 考したには違い, 考じゃああなたが, 考すれども解する, 考せなければならぬ, 考その人々に, 考そのものが実は, 考だけで身が, 考だに及ばなかった寺, 考やない, 考づくめ, 考ても此竹島は, 考てもぞツと, 考でありますと矢張り支那, 考でしたからナオミ, 考ですな, 考でなければいけません, 考といふは恁だ, 考とか伝九郎とかいう, 考とに就ては, 考との結合を, 考どおりに進退, 考ないいいますし, 考なさって, 考なされて見たら, 考なされたがよい, 考なしに生き, 考など最も南支那, 考などが必要であろう, 考などと今更喋々, 考などについてもう一度始め, 考などには詳しく考へ, 考なら思い切ってお, 考なりしも爾来今日, 考なんかないん, 考において韓語の, 考においても国栖の, 考についてはいづれ項, 考にぶッつかった, 考ばかり美くしく, 考ふべきであらうか, 考ふべきであるからである, 考ふべきでなく却て, 考ふるならば是, 考ふるなるべしと思へ, 考ふるなれば此船路, 考ふる如くなれば元, 考かい視線, 考へか其に, 考へからとすれば, 考へがはびこつてゐたからです, 考へこそすべての, 考へだけあつて一寸, 考へだけは卒業させたい, 考へちまふ, 考へでしかなかつた, 考へでと尋ねると, 考へではよ結局それは, 考へでをつてくれ, 考へとか固有名詞で, 考へとに帰した, 考へな血の, 考へながらふと懶い, 考へながらも渠はう, 考へなど甘いと, 考へなどがあつた, 考へなどの彼女に, 考へなどよりも新らしい, 考へなどを持つて, 考へなんぞ起したの, 考へにおいて見れば, 考へにたいしてはどうでなけれ, 考へにだにも知らぬので, 考へにつきまと, 考へにて豆腐の, 考へにては劇の, 考へにでも惱んだ, 考へにのみ傾いた, 考へにより私は, 考へに対しては此章自身が, 考へに対する自信が, 考へに関して別な, 考へのてがかりになる, 考へのみでは, 考へのみは強固なり, 考へはとも角死にかけ, 考へば始めに, 考へへの誠實を, 考へよりも彼一人にと, 考へをかへてその婦人, 考へをと川口から, 考へをば反映し, 考べからずといへ, 考まだなじまず幾分二人, 考までに訊いて, 考やったわな淋しい, 考ようだが, 考より出で, 考よりもむしろそれ等, 考しかつた, 考られコリヤ九助, 考られなかつたかと私, 考をば前に, 考無シデス, 考エへんようにしてん, 考エアグネテ又佐々木ニ相談スル, 考エアナタ方自身デカタヲ附ケルマデ遠ザカッテイルノヲ賢明ダト信ジタノデス, 考エタトコロガ皆ンナオレガ悪イカラ起ッタコトダト気ガツイタカラ, 考エタノデ急ギ, 考エタ方ガイヽ或ル外人ニ聞イタンデスガアメリカンファーマシイニ神経痛, 考エテ見ルト, 考エテイタノデアッテソレユエニコソ白光ノ下, 考エテイルソウデス白イ浴衣着タ叔父サンガフトコロニ石ヲ一杯イレテ, 考エテスレバヨカッタ博士自身ガ神経過敏ニナッテイタノガイケナカッタノダト云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, 考エテミタラバオレガ心得違イダカラ夕方ウチヘ飛ンデ帰ッタラ, 考エテミルト実ハ, 考エテミルナラ別ニ奇抜ナコトデモ何デモナイコトガワカル, 考エテモアノ病的ナ慾求ニ幾分ノ制御, 考エテモノヲ仰ッシャイ, 考エテヤルヨウナマヽジャナインダカラネ学校ノ宿題ダッテアルバイトノ学生ニ任セッキリナンダカラ, 考エテ予ハ和服デ来, 考エテ妻ハ帰宅ノ途中デアッタラシイノデアルガ, 考エテ特ニ念ヲ入, 考エテ間接ニ彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, 考エナイヨウニシテイタノニイキナリハッキリト聞カサレタノデギクリトシタトイウノガ偽ラザル気持カモ知レナイ, 考エマイトシテモソノ家ノ様子, 考エラレル第六番目, 考エルト見ラレタモンジャナイワ, 考エルトアノ奥サン大層オシャベリナ方ダッタカラ, 考エルトイッソ今直グヤリ, 考エルト不安デモアリ彼女ニ罪深イ, 考エルト運ヲ天ニ任シテドウシテヾモ生キタイ, 考エルノニ要スルニ夫レハ主トシテ眉目, 考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, 考て奴, 考デアルガ川村エカシハ天保生レノ御, 考ナカツオホエ古義ナカチオホエ, 考ニ備フルハ大ニ便, 考親写セルモノト校訂セシモノ而已ゾ存セリ, 考フベキ者ニ非ズ, 考フルガ上院制ヲ否, 考フルガ如キハ現實的改造, 考フルトキ實ニ價値ナキ又ハ有害ナル者, 考フルナレバ実ニモ誠ニ噴飯笑止, 考フルニ未ダ金鐵, 考フルハ恰モ政治的特權者ニ向ツテ叫バレタル政治, 考フル時ハ国際法ノ字允, 考フル者此ノ三, 考フル革命論ノ偏向セルコトハ, 考フレバ少シク顧ミザル可ラザル者アルニ, 考フ昨年学友某亦, 考ブルジョアと云い, 考ヘザレバ則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, 考ヘニハ此失敬老人ガヨモヤ大久保公デハ有ルマイ, 考ヘル所ガアツテ好キ勝手, 考モシモ・キミカトであったの, 考一冊詩史顰一冊共に上木, 考一名合類節用集といふ板本, 考一墓誌一雑二となる, 考一墓誌三雑二でその, 考一応尤に, 考に見えざれ, 考久米邦武氏の日本上古史等, 考也赤荻先生にも問, 考付かなかつた新しい試み, 考以上始祖に至る, 考以後自分が頻りに, 考信録などもさ, 考個人は社会, 考は來歳, 考候付宜敷, 考候所何レ急成ハ, 考全然自分と, 考て来, 考出したがこれ, 考するので, 考別記に云, 考する学派, 考千考すべき所, 考半分すけ也, 考反省しなければ, 考被成, 考合してより, 考合せば余, 考吉田東伍氏の日韓古史斷, 考がこの, 考の人, 考大家のお嬢様, 考大金國志或は契丹國志, 考天文和歌注町人嚢長崎夜話草水土解弁ええとそれから, 考委員である, 考のよう, 考少しもまとまらず, 考居候儀に御座候, 考工記には, 考巧忠実な店員, 考巻三に左, 考市野迷庵撰詩史顰を校刻, 考福院殿道詮徳明劉府君之, 考の説, 考弁樋口氏等もさ, 考彼女の手, 考得たる所也, 考度不, 考拠上に大, 考せしめたが, 考訓等も, 考日本人らしい行動, 考は京都, 考最後に史記音, 考次第で宜, 考に稚, 考無きにあらね, 考し追憶, 考照取り調べは史家, 考着くとさあ, 考すること, 考とも高祖, 考祖妣の神衣, 考に疵, 考之精確, 考二回, 考經典題説が解題, 考して, 考じみて, 考という三人, 考藤さんのはやっぱり, 考としては柳田国男先生, 考詰めてした, 考證せんに其の, 考證學的方法は清朝, 考證已に長き, 考證文學は遺憾, 考證時代は既に, 考證派の經學盛, 考證甚だ繁く, 考證的材料を綜合斷定, 考證的研究や文化史的研究, 考證穿鑿を試みる, 考して, 考込まれては困る, 考込みながら八五郎, 考込みました金梃で, 考込むでゐらツしやるの, 考込んだまま一時間ばかりと, 考込んでしまつた平次の, 考にし, 考通りにも行かない, 考速ニ我身ヲ衣食, 考過ぎて, 考道有皆隠医, 考にいで, 考附いたとしたら, 考って足跡, 考頭注に, 考館総裁川口長孺の著, 考驗甚だ顯著, 考