青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「識~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~諸君 諸君~ 諸国~ ~謂 謂~ ~謎 謎~ 講演~ ~講義 講義~
識~
~警官 警官~ ~警察 警察~ ~警戒 警戒~ 警視庁~ 警部~ ~譯 譯~

「識~」 1729, 19ppm, 6145位

▼ 識~ (640, 37.0%)

103 ずの 49 ずに 18 ずその 1411 なかった 8 ずこの 7 ず私, ず識ら 6 ずとも, ず自分, ない, ない人 5 ずそれ, ず知らずの, ぬ人 4 ずこれ, ず手, ないと, なければ, ぬと 3 うと, ず人, ず影響, ず生活, ず眼, ないから, ないこと, ないの, なかつた, ねえ

2 [27件] ずお, ずそこ, ずわたし, ずポケット, ず友人, ず彼女, ず扁理たち, ず抱き込むの, ず深い, ず発して, ず発現, ず目, ず知らずして, ず言葉, ず足, ず身, ず近づいて, ず隆吉, ず頬, ないで, ないであろう, ないもの, ない女, ない彼ら, ない方, なくつて, ぬの

1 [280件] ざりきされど, ざりしなり我, ざりしより, ざること, ざる家, ざる神, ざる読者, しめた, ずあい対して, ずあしき, ずある感動, ずいたずらに, ずいつのまにか, ずこういう, ずここ, ずこんな, ずさ, ずしらず彼女, ずそ, ずそう, ずそういう, ずただ手, ずで, ずでは, ずにか, ずにも, ずばけもの, ずむかッ, ずや, ずウツケ千萬, ずエンジン, ずタイタニック, ずタッチ, ずタメ息, ずブリ, ず一種, ず一致, ず不徹底, ず与へられる習慣, ず与八, ず世に, ず中正公明, ず乃公, ず事務, ず二人, ず互いに, ず互に, ず人々, ず人後, ず人間生活, ず人麿, ず今日, ず今晩, ず他人, ず代弁者, ず似たよう, ず体じゅう, ず作者, ず併行, ず使つて, ず保子, ず偏狭, ず傷, ず傾聽, ず働き出したこと, ず其の, ず凶方, ず出来て, ず前提, ず前途遼遠, ず動揺, ず勝負, ず即ち, ず受驗生, ず同じ, ず向う, ず和合, ず咽喉形勢, ず因襲, ず国民, ず圧迫, ず坂, ず垂れた頭, ず墜ち込んで, ず声, ず変, ず変化, ず多き, ず多少, ず夢中, ず大きな, ず妥協, ず官僚的障碍, ず害する誘惑, ず尊敬, ず導くため, ず巣喰, ず工夫思慮, ず帽子, ず干戈, ず引, ず役に立つて, ず彼, ず彼ら, ず待って, ず微, ず微笑, ず念仏堂, ず悪い, ず悪魔, ず愛国的義憤, ず感傷的, ず我, ず我唇, ず戦, ず戰, ず手足, ず抒情詩人, ず指, ず救命具, ず教訓, ず文学, ず日常, ず日本, ず旧, ず昨日来, ず暗い, ず暗記, ず来て, ず杯, ず東照宮, ず架空的, ず染まつて, ず根, ず棄て難い, ず標題それ自身, ず次, ず歌舞伎, ず歩いて, ず歩まされて, ず歩み, ず歳月, ず歴史, ず死者, ず母, ず毎日, ず気, ず気イ, ず泥足, ず浦安, ず海上, ず涙, ず深入り, ず減退, ず準備, ず然, ず物語, ず特別, ず現実, ず皆, ず盃, ず目下, ず眦, ず知らず彼, ず知らず改進, ず研究, ず神, ず神尾, ず禅, ず私たち, ず私達, ず秋子, ず竜子, ず競争, ず笑顔, ず筋動, ず筋肉, ず精神, ず索漠, ず綾子, ず縁台, ず縋りついて, ず考え込む癖, ず肝腎, ず背負つて, ず胸, ず自, ず自問自答, ず自堕落, ず自己, ず興味, ず芸術的, ず芸術的衝動, ず若, ず若い, ず英雄主義, ず茶, ず落ちて, ず落ち入, ず薫育, ず藤の木, ず血戈汗馬, ず覗き出したとでも, ず親, ず訓, ず詩, ず話す, ず読者, ず走る己, ず軽く, ず通じて, ず造り出した幻, ず遠く, ず酒杯, ず野口, ず釣込まれ感心, ず鏃, ず陥り込んだ女, ず雄蕊, ず震慄, ず頑冥, ず頭, ず顔, ず風貌, ず風雅, ず馴れて, ず髪の毛, ず齎して, せずに, で過ぎ, ないうち, ないかな, ないからこそ, ないからに, ないが, ないけれど, ないし, ないでも, ないといふ, ないので, ないまま, ないわけ, ないん, ない二人, ない人たち, ない俳優たち, ない同士, ない同志, ない大道商人, ない客, ない密偵部員, ない者, ない間柄, ない顔, なかつたから, なかつたつて, なかつたといふ, なかつたので, なくとも, なすぎる, ぬが, ぬでは, ぬでも, ぬに, ぬので, ぬも, ぬ三百, ぬ人となり, ぬ名, ぬ女, ぬ少女, ぬ父, ぬ異国, ぬ稀有, ぬ筈, ぬ間, ぬ顔, ねば, ば添書, るる一種独特

▼ 識って~ (206, 11.9%)

25 いた 21 いるの 16 いる 11 います 8 いるので, いる人 4 いたの 3 いるか, いるが, いると

2 [19件] いたが, いたので, いた人, いて, いますか, いられる, いるから, いること, いるであろう, いるという, いるよう, いるわけ, いる人間, いる女, いる筈, いる者, いる限り, くれて, るか

1 [66件] いたある, いたかも, いたし独り娘, いたんですか, いた時, いた朝野, いた筈, いた親友, いた通り, いた関係, いないとは, いました, いまして, いましょうね, いますね, いらして, いるかしら, いるかと, いるだろう, いるだろうという, いるとか, いるところ, いるならそこ, いるもの, いるらしかった, いるわ, いるん, いる仲, いる古い, いる外崎さん, いる女中, いる奴, いる宮内省, いる寺, いる年増芸者, いる彼, いる御家人, いる本所, いる番頭, いる白鷹先生, いる相, いる相良寛十郎, いる背, いる藤吉, いる踊り, いる車力, いる軽業師, いる関係, おっても, おりそれ, おります, ゆくの, ゐた通り, ゐる北海道産, 二つを, 以来トニオ・クレエゲルは, 俳諧の, 居た其処, 居りますか, 居りますが, 居る人, 広く市井, 急に, 慰めを, 書いたでなかろうと, 見ること

▼ 識~ (132, 7.6%)

5 所の 4 ことが, 人に, 者は 3 ことは, ことを, ように

2 [12件] ことである, といふ, に及ん, もの, ものには, 人の, 人は, 人も, 力も, 畢竟は, 者なき, 者なし

1 [82件] いまだ百歩, ことあり, ことに, ことの, ことも, こと最も, こと最愛吟誦者なる, こと無し, これ憂苦の, す, だけが関の山, とある, というもの, といふ人, ところなり, ところの, とどういう, ともなく, と云, と数十万円, にせよ知らぬ, につれてだんだん, によろしけれ, に及び, に及びたる, に足るであらう, のも, の才, の暇, の法, の術, は, は一面, は普通, ばかりで, ものすら, ものだ, ものなし, やうに, らん人をば, を得た, を得べき, 三千余歳の, 事こそ, 人たちが, 人と, 人とては, 人となりぬ, 人ならず, 人ひとりあり, 以前に, 前に, 力は, 厳君を, 四五人の, 士人が, 彼には, 必要は, 所あら, 所である, 所に, 日本の, 機会を, 欧米人の, 法あり, 直覚的の, 眼が, 眼学問の, 程の, 程度が, 範囲では, 者が, 者と, 者も, 能はず, 能力が, 處なり, 衰残の, 謂は, 賢くし, 銅盂を以て, 顔の

▼ 識~ (107, 6.2%)

24 間に 4 徒に 3 中に, 所依 2 人は, 境遇に, 小野東洋早く, 政治家なる, 方は, 裡に, 説に

1 [59件] ある寺院, いかに博, うちに, うち今の, お講釈, なかで, はたらきが, ま, ままに, 三名の, 三長あり, 三長を, 事, 人々は, 人に, 人民を, 人民諸, 住すれ, 作用であろう, 作用による, 僧侶または, 凡ならざる, 南蛮の, 印たる, 去らば, 去来には, 君では, 哲學を, 在ること, 大学校, 学其他書画碑帖の, 学者を, 常恒不変, 徒は, 従七位花咲く, 性質に, 惰性は, 方が, 本性の, 歐米人を, 消滅せざる, 火事の, 状態に, 現れから, 産物である, 男が, 眼力には, 窓の, 經驗事實なり, 翻訳者などが, 老人が, 者多く, 若い女性, 販馬商の, 資無し師に, 運転遷滅往来は, 際に, 青年輩が, 高いの

▼ 識つて~ (71, 4.1%)

8 ゐる 5 ゐるの 4 ゐて 3 ゐた 2 ゐたこと, ゐます, ゐる人

1 [45件] おかなければ, か, からも一度, から以後, さうし, ゐたの, ゐたので, ゐたのに, ゐたもの, ゐたり, ゐた範圍, ゐた頃, ゐてね, ゐない, ゐなさるかも, ゐました, ゐますよ, ゐるが, ゐるくら, ゐるその道, ゐるだけ, ゐるだらうか, ゐると, ゐるとは, ゐるに, ゐるにも, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐる人々, ゐる人たち, ゐる作家, ゐる同君, ゐる女子, ゐる期間, ゐる絵かき, ゐる誰, ゐる踊, ゐる間違, をり, をる, 居るところ, 居る縁, 重く用, 驚いた

▼ 識~ (66, 3.8%)

4 合ひ 3 書を 2 相手を, 礼節と, 給はず

1 [53件] あいでも, あいの, あひ, かつ認めえた, がたいと, けむ, しは片手, その頃, それから, たりと覺, たるに, て小主, て恆, て泣き入り, て能, になりたい, の仲, もせぬ, ものを, 一線に, 乍ら接触の, 五百を, 候や, 元始は, 合うたが, 合つ, 合つた, 合つた実業家茂木氏の, 合つた日の, 合つた某, 合つた軽井沢の, 四十一歳の, 悪の, 懸命に, 操船に, 文を, 方, 方と, 方とが, 日本を, 時代に, 未来を, 然る, 理想を, 瞑目したる, 第二, 給ふ, 自らを, 自分に, 誰に, 道を, 顔の, 驚きを

▼ 識~ (40, 2.3%)

15 して

1 [25件] あったらしい気, あらはれて, この定斎, なったよう, なって, なる事, のぞきだすの, 云ふ, 化する, 声誉を, 失なっ, 我儘を, 明昧ある, 本性を, 温和に, 由って, 編録せられた, 自分を, 自分自身の, 自然感受し, 訊いて, 質すべき事, 逢うて, 音羽組なんて, 驚いたといふ

▼ 識~ (33, 1.9%)

3 もって

1 [30件] それが, 冷笑する, 出来るだけ, 反省し, 告白した, 喪った身体, 嘲けるよう, 因と, 多くし, 失うの事実, 失う者, 広告し, 待ちて, 感じて, 成せども, 所謂中央文壇に, 持ちながら, 振ま, 明らかなら, 明らかならしめ, 有すると, 棄てて, 求め朝, 生ず, 生ずるを, 発して, 観じやう, 誇っても, 説きゴツホ, 転じて

▼ 識った~ (29, 1.7%)

2 のは

1 [27件] からはあれ, ことで, ことによって, ことは, つもりで, のである, のも, はじめであったろう, ばかりで, ふうに, よりももっと, チャールズ, 人に, 人には, 人間に, 太宰治とかいう, 女である, 女を, 幾何学は, 時君は, 美麗の, 者で, 芸者を, 頃の, 顔が, 顔と, 顔も

▼ 識~ (20, 1.2%)

1 [20件] いう, いって, いわれる人間, され居るので, しこの, したこと, です, なって, なるもの, によつて, ののしられ強暴, 女らしい機敏さ, 害悪な, 常識二つながら, 為す人, 硬腕, 立てられるだけの, 翻訳者の, 言われて, 通人は

▼ 識~ (19, 1.1%)

1 [19件] あるの, その本, その芸術, なお屋中, ひそかに, われわれ個人として, ショウシと, 一と, 免さず, 前五識, 大して違っ, 廣き, 東西を, 沢山ある, 現識, 直ちに運命, 知識を, 秀吉に, 絶息の

▼ 識れる~ (17, 1.0%)

2 デウベンの, ラチオの, 者と

1 [11件] と謂, はなく, ほどの親, もなかりき, もの, ものにて, ものの, んです, 人に, 傍聴席なる, 者は

▼ 識~ (14, 0.8%)

2 ていなかった

1 [12件] ていない, ている, てゐた, て民人, て置いた, て置く, て配慮, わが生活, 我の, 熔鉱濾化鍛冶創造等の, 身読し, 難い個処

▼ 識~ (12, 0.7%)

1 [12件] あっても, ある, ある間, いかに多く, そんな事, 中心です, 外境を, 実に異い, 彼の, 有る, 有るが, 輩出し

▼ 識ってる~ (12, 0.7%)

2 女だった 1 のが, のだ, 人々にとっては, 人だ, 出版社の, 半島生れの, 女編輯者の, 筈だ, 筈俺の, 間である

▼ 識られ~ (12, 0.7%)

3 ている 2 てゐた 1 てこれ, てゐる, てをり, て家, 各国の, 宗円これを, 蘭軒が

▼ 識~ (10, 0.6%)

1 あらうか, おまけに, もって, 何んで, 何んでも, 数多い学者, 滅多な, 無い事, 知らぬ, 話題を

▼ 識~ (10, 0.6%)

2 ない 1 あり村, あればと, ないから, ない私, なく眼, また是, 何か, 転異

▼ 識らずし~ (10, 0.6%)

1 てやはり, てマリユス, て吾, て大きな, て後世, て此詩, て識, て賄賂, て陥れる, て靡き

▼ 識つたの~ (7, 0.4%)

1 です其, は一ヶ月, は彼, は新著百種, は欧洲大戦, もさ, も此

▼ 識なる~ (7, 0.4%)

2 とに因れり, に拘らず 1 新井白石が, 者もしくは, 臆説である

▼ 識らざる~ (7, 0.4%)

1 がため, が故に, とを問わず, なきに, なく殊に, なり, のみならず

▼ 識り合った~ (7, 0.4%)

2 のは 1 のかさえ, のが, のも, 娘の, 者も

▼ 識~ (7, 0.4%)

31 ども各, ばどうも, ばなり, 難い

▼ 識である~ (6, 0.3%)

2 が尊敬 1 からどんな, ことが, と思う, 業識有為佗有であっ

▼ 識~ (6, 0.3%)

1 うえに, 人これが, 人だ, 作家は, 尼僧のみを, 通人で

▼ 識り合い~ (6, 0.3%)

2 になった 1 の文学者, の者, みたいだ, 北村の

▼ 識~ (5, 0.3%)

1 ことに, こと昔よりの, といふ, のも, 地名にも

▼ 識する~ (5, 0.3%)

1 のは, もの始めて, 人格の, 所なし, 所に

▼ 識らん~ (5, 0.3%)

1 といふ罪, と欲, と窺, によって諸々, や

▼ 識ある~ (4, 0.2%)

1 ものとしか, 人々によつ, 傑物である, 行為は

▼ 識~ (4, 0.2%)

1 から勢い, といふ, とも思へない, ね

▼ 識りたい~ (4, 0.2%)

1 と思つたの, と思ひまし, のです, 欲を

▼ 識あり~ (3, 0.2%)

1 うたも, 他は, 才能ある

▼ 識から~ (3, 0.2%)

1 受ける驚き, 生じたもの, 第九識

▼ 識その~ (3, 0.2%)

1 なかへ, 灰色した, 空想を

▼ 識とは~ (3, 0.2%)

1 つまり迷い, 学問上いかなる, 物質に対する

▼ 識らしい~ (3, 0.2%)

1 ものに, 顔が, 顔を

▼ 識り得る~ (3, 0.2%)

1 のが, の明, 事どもを

▼ 識ろうと~ (3, 0.2%)

1 努めた, 志すならば, 思って

▼ 識~ (3, 0.2%)

1 乏キヲ愚ト云ヒ, 千年松ナリ, 千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野ヘ

▼ 識子供~ (3, 0.2%)

2 に智識 1 の時

▼ 識ってから~ (2, 0.1%)

1 以後の, 間もなく旗亭

▼ 識っと~ (2, 0.1%)

1 る, る寛十郎

▼ 識つた~ (2, 0.1%)

1 かといふこと, と言

▼ 識つたかぶり~ (2, 0.1%)

2 はこの

▼ 識つてる~ (2, 0.1%)

1 どころぢや, の

▼ 識でも~ (2, 0.1%)

1 なかった, 私の

▼ 識といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 方に

▼ 識なく~ (2, 0.1%)

1 一語の, 英雄一個の

▼ 識ぶり~ (2, 0.1%)

1 を発揮, を遺憾

▼ 識らしく~ (2, 0.1%)

2 温順に

▼ 識りあった~ (2, 0.1%)

1 ので, 愛人だ

▼ 識りぬ~ (2, 0.1%)

2 人の

▼ 識り合いで~ (2, 0.1%)

1 はない, は御座いましょう

▼ 識り合っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ている

▼ 識り抜い~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 識るべき~ (2, 0.1%)

1 事相を, 鍵である

▼ 識を以て~ (2, 0.1%)

1 或は勳功, 自ら甘んじ

▼ 識不生~ (2, 0.1%)

1 不滅は, 不滅者是智

▼ 識気質~ (2, 0.1%)

1 の日, 未だ分れざる

▼ 識高く~ (2, 0.1%)

1 徳が, 徳進んだ

▼1* [122件]

あらしめなば当時, 識いまだ古今を, 識ただ一般的, 識ここに至った, 識これに託す, 識すでに出でて, 識すなわちなし, 識目科の, 識せざる可らざる, 識せずに自分, 識たるべき手指の, 識ったらお前も, 識ってからは一変し, 識ってて顔を, 識ってのことである, 識ってはいるが, 識ておく, 識ついで生ず, 識つた多くの孤児, 識つた太宰治とかいふわかい, 識つた張華は晉, 識つた時期とに本, 識つた男が四五人, 識つた罪とでも申しまし, 識つた読者に更め, 識つて貰つた分量よりむしろ, 識であってこの, 識でありかつ怠慢, 識であろうか, 識でなくても多少, 識ではないの, 識ということを, 識ところなり, 識としての世界, 識とに教へる, 識とを有し且つ, 識ならしめたるか, 識なりしかるに今回, 識なりといふ, 識にも見えようという, 識ぶつて, 識ますます明らかなる, 識まず滅し七, 識までの高い心態, 識めいた余計な, 識もしやという期待, 識らざらんや, 識らざる三人に交付, 識らすの間, 識らむとした, 識られず二世全, 識られずして何処, 識られないままで, 識らん方なの, 識りあうまで浅草, 識りあっておりました, 識りかたが, 識りければその, 識りたくもない, 識りたらましかばその, 識りたる人なる, 識りたればそ, 識りつくしていた, 識りつくしたあとに, 識りつれば孤兒, 識りませず習慣の, 識り合いだという変, 識り合う仲と, 識り学んで厭かず, 識り得たお茶人, 識り給いなんと詔, 識るでもなく, 識る能わず語声を, 識れず暗鬱な, 識れない連中が, 識れりとて竜, 識れりし者は, 識れ渡りいた猩々緋の, 識ろうとする, 識ろう筈はなかっ, 識アリテ能之ヲ成スベシ, 識ト才トノ二ツニ分ツナリ識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 識乏キ者アリ, 識ニ富ミテ才ニ拙キ者アリ, 識ニ長ズルノ人主ト謂フベク, 識短ナルガ如シ, 識ラズコヽニ永代不滅ノ資産, 識ラズ其本分ヲ盡ス者ナリ, 識ラズ君ガ与メニ名ヅケテ紫陽花ト作ス, 識ラヌ者多ク, 識リ顔ニ披露シタニ過ギナカッタ, 識ヲ要, 識ルニ似ザルナリ, 識一貫して, 識三才を綜, 識不知あまたの幾月, 識君名作紫陽花, 識世間の道法, 識乱れず衣冠を, 識低能の読書人, 識出入す傍人, 識出入傍人見否無也, 識前言往行以畜其徳とあ, 識創作する気持, 識卑屈になる, 識受覚法界を持, 識喪失というデュシェンヌ, 識文武を兼, 識最も老練家として, 識浅く加之, 識無定見から由来, 識營養を得る, 識百世を貫, 識知能を絶ち, 識而千里帯来其意一何厚也既帰欲遺一物以表謝意, 識自己の内面, 識莫不悼惜者親友輯其遺稿若干篇上木予亦跋其後小蓮残香集是也, 識萎縮して, 識訪問して, 識詠嘆的になり, 識逝けば棄てられ