青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~要する 要する~ 要するに~ ~要求 要求~ ~要素 要素~ 要領~ 覆面~ ~見
見~
~見え 見え~ ~見えた 見えた~ ~見えない 見えない~ ~見えなかった ~見えぬ 見えぬ~ ~見えました

「見~」 79573, 824ppm, 105位

▼ 見~ (49374, 62.0%)

1749 いると 1612 いた 831 いる 758 いたが 715 いるの 590 いて 487 いるうち 431 ゐると 418 ゐた 363 いるよう 358 いました 343 いたの 285 ゐる 270 下さい 189 私は 188 ゐるの 183 居ると 182 居た 181 いても 161 いましたが 146 来て 142 ゐたが 139 とった, ゐて 131 いますと 130 やって 125 いる前 117 いるん, ゐました 115 ゐるうち 113 居る 112 います 111 いること 110 いるが 109 とって 101 云った 93 知って 91 彼は 88 ゐたの 87 言った 86 いれば 83 來た 81 いるもの, これは 80 急に 78 自分の 77 くれ 75 いる間 74 ごらん, 笑って 73 笑った 71 何か 69 いたん 67 おいで 66 ごらんなさい, よい 65 ください 64 それを 63 歩いた 62 いるので, 非常に 61 見ぬふり 60 いる人, 居るの 59 いるから 58 ゐるやう, 居て 57 いるだけ, それが, やろう, 居たが 56 いる者 53 いない 51 とると 50 いたもの, いるところ, これを, やろうと, 来た 49 おいて 48 いたので, 歩いて 47 いった, おいでに, しまった 46 いながら 45 いるわけ, おりましたが, 居たの 44 いい, いろ, 驚いた 43 おりました, くれと, 来たよう 42 いたよう, 居ります 41 あれば, おれ, 僕は, 廻った, 来たの, 来ると 40 いるという, いる中, 下さいよ, 見ぬ振り 39 いたまえ, いるに, 置いて 38 いないの, ゐても, 私の 37 いる時, とつた, びっくりした, ゐること, 居るうち 36 いたと, きて 35 おります, それから 34 いたこと, 来たが, 黙って 33 いらっしゃい, すぐに, やつて, ゆくと, よかろう, 手を 32 いなかった, いる内, おくん, 居りました, 行くと, 驚いて 31 始めて, 居りましたが, 彼女は, 来い, 自分は 30 いるより, ゐます 29 いるま, 云つた 28 いないと, いなければ, いるばかり, いる眼, さへ, 平次は, 自分も 27 もらって, ゐましたが, 来ようと 26 いたお, いた者, おりますと, きた, とられた, 心を 25 いたから, いるとき, くれたまえ, しまつ, よいの, 下さいな, 笑いながら 24 いられない, いるか, しまったの, そこに, わたしは, ゐるん, ゐれば, 御覧, 来よう 23 いてから, いられなかった, いる私, びっくりし, みると, ゐるが, ゐる前, 來る 22 いては, きたの, これが, とること, やれ, よからう, ゐたん, ゐる間, 行って 21 いる方, それは, やる, 他の, 口を, 微笑した, 来たん, 来る, 貰ひたい, 貰ふ 20 いた時, いた眼, いよう, おくれ, くれないか, よろしい, ゐますと, 喜んで, 私が, 立って 19 い, とったの, びっくりしました, 微笑んだ, 心の, 来ました, 行った, 首を 18 やった, やりたい, ろ, 呉れと, 安心した, 居る前, 廻って, 彼の, 感心し

17 [16件] あわてて, いたわけ, いた人, いつた, いないから, いるし, きたこと, きたよう, この人, ちょうだい, ゐるので, ゐるもの, 呉れ, 声を, 顔を, 驚いたの

16 [22件] いいだろう, いいました, いたか, いた私, おいた, おこうと, おどろいた, おれば, しまうと, ゐるか, ゐる人, ニヤリと, 下さいと, 來て, 居ても, 御覧なさい, 日本の, 来ましょう, 涙を, 目を, 眼を, 自分が

15 [20件] あれは, いたって, いたところ, いるはず, いる人たち, おけ, おるの, こい, やらなければ, ゐない, 云いました, 例の, 女は, 居りますと, 居る中, 居る内, 心に, 気が, 笑ひ, 言つた

14 [19件] いただけ, いないこと, いないよう, いますが, いる伸子, きました, くると, これに, それに, とりました, 居たん, 居るので, 差支ない, 廻つた, 来たこと, 知るべし, 置こうと, 胸が, 見ないふり

13 [34件] いたり, いますよ, いるらしい, いる人々, いる目, いる訳, おる, くれた, くれ給え, しまいました, とれた, はいられません, まわって, ゐながら, ゐるに, 伸子は, 何と, 大に, 居ました, 帰って, 廻りました, 彼が, 急いで, 来たところ, 来るが, 父の, 私も, 行くうち, 行こう, 行こうと, 言いました, 貰いに, 頂戴, 驚きました

12 [29件] いたという, いたに, いるかも, いるその, いるだけで, いる男, いる自分, おると, おれよ, くれて, くれる人, それと, ひそかに, まわった, やらう, やるから, やるの, わたくしは, 一種の, 下さいませんか, 之を, 今度は, 以て, 居ましたが, 居ること, 来た人, 行くの, 貰って, 貰ひ

11 [36件] あげて, いたし, いたとき, いらっしゃるの, いるだけでも, いるよ, いる事, おきたい, お呉れ, くれたの, くんねえ, これも, しより, その人, とったから, みろ, もらうと, もらうの, やりたいと, やろうか, ゐたと, ゐるだけ, ゐる方, 下されば, 叫んだ, 居るから, 居るが, 居るよう, 微笑し, 暮して, 来たいと, 歩きました, 物を, 置きたいと, 舌を, 身を

10 [52件] あるいて, いただきたい, いないが, いないので, いなさい, いやがれ, いられないほど, いられなくなって, いるお, いるだけの, いるでは, いるとも, いるのに, えに, おかないと, くる, くんな, さすがに, しまって, その中, どうする, みよう, もらいに, やつた, やらうと, ゆくうち, ゐたこと, ゐら, 二人は, 人々は, 今更の, 何を, 半七, 妙に, 居るやう, 来いと, 来たと, 来ます, 歩くと, 気の, 泣いて, 立つて, 笑つた, 第一, 置けば, 胸を, 行く, 見ない振り, 貰うと, 通った, 通る, 頭を

9 [62件] あるいた, いたかも, いたそう, いたその, いただきたいと, いたらしい, いた一人, いた男, いた若い, いやな, いよ, いらつし, いる女, いる様, いる様子, いる気, おいたの, おかなければ, おきたいと, おくが, くれい, くれよ, はっとした, もらおうと, やりたいという, やるが, やろうじゃ, よいと, ゐたので, ゐる中, ホッと, 不思議に, 二人の, 人の, 何の, 何も, 余は, 参りました, 参りましょう, 呆気に, 変な, 安心し, 居たやう, 居ます, 居るん, 居れば, 平次も, 廻ったが, 後に, 慌てて, 昔の, 来たという, 来たよ, 来るから, 楽しんで, 源氏は, 置くの, 豹一は, 貰は, 過ぎた, 静かに, 頂きたい

8 [69件] いたのよ, いた二人, いないん, いなかったの, いましょう, いますから, いようと, いられないから, いられました, いられるもの, いるこの, いるほど, いる所, えな, おかねば, おくこと, おくの, おどろいて, くれという, くれるよう, こよう, こんなこと, さし支, にっこりと, まいりましょう, みた, もらいたい, もらいたいと, やりたいもの, ゆくこと, ゆけば, よめる, ゐたから, ゐたもの, ゐたやう, ゐないの, ゐなければ, ゐるから, ゐるところ, ゐる者, ハッと, 一緒に, 千世子は, 吃驚した, 同じよう, 回った, 嬉しそう, 居た私, 居るばかり, 居る様, 居る間, 御覽, 感じて, 来た話, 歩いたり, 気を, 笑つてゐる, 置きたい, 置くが, 胆を, 腰を, 茫然と, 行くこと, 行けば, 見ぬフリ, 誰か, 誰も, 貰うこと, 貰つた

7 [93件] あげよう, いいよう, いたけれど, いたぞ, いただきたいの, いたらその, いた子供たち, いた後, いって, いないし, いないで, いられないの, いられるの, いるかという, いるじゃ, いるため, いるだろう, いるでしょう, いるものの, いるらしかった, おいでよ, おけば, おったの, おやっと, おられる, きたが, くるよ, くれない, くれれば, さうし, しまったもの, にやりと笑った, びっくりする, びつくりした, みたまえ, みますと, もらうこと, もらおう, もらっても, やらねば, やること, よろしかろう, われは, ゐたり, ゐた私, ゐないと, ゐるとき, ゐるのに, ゐる時, ゐる男, ホツと, 一つの, 云ひました, 俄に, 先生は, 参れ, 君は, 如何に, 岸本は, 差支へ, 彼も, 彼女の, 微笑する, 思わず, 或る, 早くも, 来たので, 来たばかりの, 来ましたが, 来ましたよ, 来るの, 此の, 歩いたが, 歩くの, 気の毒に, 法を, 眉を, 知つてゐた, 神の, 笑いました, 笑ふ, 置き度い, 置け, 腹を, 苦笑した, 莞爾と, 行つた, 覚えて, 訊ねた, 誰が, 貰いたい, 貰うの, 驚ろいた

6 [139件] あるいたが, あるく, いたけれども, いたのに, いたわ, いた人々, いた女, いた彼, いた母, いた目, いた連中, いちゃ, いつもの, いないという, いなかったので, いません, いやしない, いられないよう, いられます, いられません, いられるか, いるあの, いるくせ, いるのよ, いる奴, いる姿, いる彼女, いる感じ, いる暇, いる母, いる筈, いる通り, いる風, おくれよ, おった, おやと, おられた, おられるの, おりながら, おりますが, きたん, きます, くるの, くれませんか, くれると, くれるの, くれる者, くれろと, こいつは, こう云った, この男, こようと, すぐ眼, そう思った, そこから, そこを, そのま, その方, それで, そんなこと, たずねた, なんだ, なんの, にこにこし, にっこり笑った, ほんとうに, まいれ, ものを, もらいたいという, やったが, やると, やるとて, よかった, よろしいの, ゐたのよ, ゐては, ゐられない, ゐられるか, ゐる人々, ゐる私, ゐろ, ニヤニヤと, 人間の, 今の, 今日は, 仰天した, 何う, 俺は, 僕の, 其処に, 前の, 参ります, 吃驚しました, 呉れたま, 呉れ給, 夫人は, 少しでも, 少しも, 居た人, 居た者, 居ない, 居りますが, 居るもの, 居る筈, 居る者, 帰りに, 廻ったの, 彼女が, 後から, 後を, 復た, 微笑んで, 愕いた, 感心する, 時を, 来たやう, 来た者, 楽しんだ, 次の, 生きて, 直ぐに, 眼が, 置かうと, 置く, 置けと, 美しいと, 義雄は, 膽を, 自分で, 苦笑を, 行かうと, 行きたい, 行ったが, 見ぬ振を, 言葉を, 訊いた, 貰いたいもの, 返事を, 逃げようと

5 [206件] あっけに, あなたが, あの人, いいと, いう, いうと, いたかと, いたせい, いたため, いただいて, いたもん, いたよ, いたら, いた人たち, いた子供, いた末, いた筈, いた群集, いないところ, いない所, いない時, いなくては, いは, いましたけれど, いましたの, いらっしゃいました, いらっしゃいよ, いらっしゃるん, いられなくなった, いられる, いるかと, いるだけに, いるほう, いるんだい, いる処, いる最中, いる連中, いろいろの, いろよ, うなずいた, うれしかった, えなもの, えもん, おいたが, おくもの, おく必要, おけよ, おこう, おりまして, おりますうち, おりません, おるが, お前は, かれは, かわいそうに, きましょう, くれる, くれるもの, くれん, しまう, しまったこと, すぐどうした, すつかり, そう言った, その眼, たずねました, ちよつと, つく, である, とったか, とったが, とったので, どうした, なごり惜しみが, なるほどと, ほ, ほしい, ほつと, まいりましょうか, ました, またその, まわると, みい, みましょう, もって, もらいたいの, もらえば, もらったこと, もらったの, もらひたい, やりましょう, ゆくの, ゆこうと, よいだろう, よいであろう, よいもの, よいよう, ゐた時, ゐませう, ゐようと, ゐられる, ゐるばかり, ゐるより, ゐるらしかつ, ゐる事, ゐる女, ゐ給, ゾッとする, 一人の, 一同は, 下さらんか, 下すった, 不思議な, 不意に, 今まで, 今日の, 何が, 俄かに, 僅に, 勝手な, 呉れないか, 夢の, 大いに驚き, 大へん, 大声を, 大臣は, 好い, 妙な, 婆さんは, 家へ, 居た俤人, 居た千世子, 居た寺, 居なければ, 居ますと, 居られたが, 居りますから, 居るお, 居るところ, 居る日, 居る時, 居れ, 己が, 帰った, 廻りましたが, 彼等は, 御覧よ, 微笑を, 心配し, 悚然と, 慇懃に, 成程, 我々は, 手に, 指を, 時間を, 暮らして, 来たから, 来たもの, 来た眼, 来なければ, 来ること, 森を, 歩いたの, 歩く, 歩くこと, 歯を, 泣いた, 渠は, 満足し, 溜息を, 父に, 男は, 男を, 目が, 直ちにその, 矢代は, 神さびたもの, 立った, 笑い出した, 笑う, 置いた, 置いたが, 置かないと, 置かなければ, 置き度, 置くこと, 肩を, 胸の, 腹が, 自分ながら, 行きたいと, 行きますと, 見て, 言う, 言って, 話を, 貰おう, 足を, 通り過ぎた, 面白いと, 面白そう, 頂いて, 飛んで, 驚いたこと, 鼻を

4 [322件] あげなければ, あげましょう, あげる, あげるから, あっと, あとは, あなたの, ありしが, いいの, いさっし, いたあの, いたい, いたじゃ, いたね, いたはず, いたんで, いた事が, いた人間, いた俺, いた処, いた父, いた米友, いた自分, いた青年, いた顔, いつもそれ, いてさえ, いなくても, いひました, いますうち, いますか, いやに, いようという, いらっしゃいます, いられた, いられたが, いられたもの, いられないと, いられましたが, いるあいだ, いるかの, いるけれど, いるけれども, いるぞ, いるだろうか, いるつもり, いるであろうか, いるとおり, いるとは, いるなと, いるにも, いるひと, いるほか, いるわ, いる人間, いる彼, いる心, いる点, いる窓, いる顔, いろと, い給え, うれしかつ, え, えても, えと思っ, おおきなさい, おきましょう, おくため, おったが, おどろいたの, おどろく, おりは, おりますよ, おるに, おれと, お出でに, お気の毒, かすかに, きたと, きたばかりの, きゃっと, くすっと, くださいと, くるが, くれとて, くれねば, くれません, こ, こいと, こう言った, これで, これと, ごらんよ, さう, さしつかへは, しまうの, しまったん, しまひました, すぐ, そういった, そぞろに, そのよう, それだけで, それも, そんなもの, そんな事, たって, では, とったもの, とれば, とれる, どうしよう, どこか, にやにや笑っ, にやりと笑つた, はっきりと, はっと思った, はねる, びつくりし, びつくりしました, ふしぎな, へんな, ほかの, まはつ, まはる, まるでぎく, まわったが, まわったの, まわりましたが, みたいと, みたが, みる, みるが, もらいたいもの, もらった, や, やっても, やらうか, やります, やり度, やるため, やるん, やる方, やれと, やろうという, やんやと, ゆく, よいだらう, ゐたところ, ゐたに, ゐたよ, ゐた人, ゐた方, ゐられなくな, ゐられると, ゐるし, ゐるだけで, ゐるといふ, ゐるとは, ゐるわけ, ゐる僕, ゐる樣子, ゐる筈, クリストフは, ビックリし, 一度に, 三人は, 上げて, 上げましょう, 下さいって, 下さいましな, 下さい私, 下さい親分, 下さる, 下さること, 不審の, 世を, 予は, 事の, 二つの, 云って, 云ふ, 人は, 人を, 仰天し, 來たんだ, 僕が, 兄の, 入らつし, 兵馬は, 内部の, 博士は, 参りましょうか, 口の, 君の, 吾, 呉れ給え, 喜ぶ, 喜んだ, 喫驚した, 変に, 好いだろう, 娘の, 娘は, 子供の, 安心の, 安心を, 宿の, 實に, 居たこと, 居たと, 居たわけぢ, 居らむ, 居り, 居るか, 居るし, 居るに, 居るほか, 居るより, 居る処, 居れと, 居給え, 差支えあるまい, 差支えないよう, 帰ると, 帰れば, 幾分か, 廻ったり, 廻った後, 廻る, 廻ると, 廻るの, 廻ろうと, 待って, 御覧な, 心が, 心持が, 想像する, 愉快に, 愕い, 感心した, 感心しました, 我は, 敢て, 敵の, 旅の, 最初に, 村の, 来たものの, 来たわけ, 来た世界, 来た事, 来ますと, 来ようかと, 来れば, 楽しむという, 正直な, 母が, 母親が, 母親は, 満足した, 父は, 犬が, 独りで, 眼で, 知つて居る, 石に, 確かに, 私達は, 立つた, 笑つてゐた, 答えた, 細君は, 紳士は, 縄を, 繩を, 置かう, 置かねば, 置く必要, 考えて, 耳を, 自己の, 自然に, 興味を, 莞と, 莞爾し, 行かう, 行かねば, 行きました, 行く中, 言ふ, 話しかけました, 貰うよう, 貰った, 貰ったが, 貰ひなさい, 貰ふと, 逃げて, 逃げ出したの, 通って, 通つた, 進んで, 過去の, 部屋の, 重吉は, 金戒光明寺のよりも, 間違いない, 間違いは, 非常な, 頂きたいと, 頂きたいもの, 頂けば, 頂こうと, 頷いた, 駈けて, 駭いた, 騒いで, 驚いたよう, 驚きの, 驚きましたよ, 驚く事

3 [637件 抜粋] あげませう, あなたは, あらき詞を, あるきました, あるに, あわてたよう, いくの, いさえ, いずに, いたいの, いたがね, いたこの, いただかなければ, いただきましょう, いただくと, いただくよう, いただけば, いたばかり, いたらしいの, いたろう, いた万吉, いた僕, いた娘, いた小さい, いた村, いた神尾主膳, いた通り, いないとき, いないもの, いなかったから, いなかったこと, いながらも, いましたから, いましたよ, いますの, いら, いらした, いらしった, いらしって, いらっしゃる, いらっしゃるでしょうね, いらっしゃるという, いられないわ, いられない気, いられなかったから, いられなかったの, いられると, いられるはず, いられるよう, いらッ, いるこちら, いるしか, いるそう, いるて, いるでしょうか, いるなんて, いるに従って, いるばかりで, いるまえで, いるよりも, いるらしいが, いる丈, いる人達, いる以上, いる場合, いる外, いる娘, いる思い, いる方角, いる時間, いる百姓たち, いる矢代, いる青年, えから, えだな, えなこと, えの, えもの, えや, おいでな, おきなさい, おけと, おさよ, おもしろいと, おもらい, おやりよ, おられん, おりますから, おりますよう, おりますると, お前の, お君, お政, お置き, お邪魔, かれの, きたいと, きたとおり, きたばかり, きたやう, きてから, くださいませんか, くるん, くれたり, くれとか, くれなかった, くれば, くれようと, くれるほど, こういった, こう思った, ここに, こころもちを, この, この分, この娘, この話, これだ, これだけの, これなら, これほど, これまで, これらの, さしつかえない, さしつかえないの, しまえば, しまったと, しまったので, しまった以上, じっとし, すっかり安心, せざるは, そうし, そう云う, そこには, そこの, そつと, そのため, そのとき, その場, その心, その時, その頭, その顔, それから外, それには, それに対する, ぞっとした, たまらなくなった, つぶやいた, てください, とったよう, とるや, とれるの, どう思う, どこかで, なさざるは, なにを, にこにこと, にっこりした, にやにやと, にやりと笑い, にやりと笑いました, ひどく驚いた, ひよい, びっくりいたしました, ふいと, ほっと安心, ほんとうの, ぼんやりし, まいりますから, ます, まちがいあるまい, まわったり, みたま, みな, みなさい, みや, みイ, もし自分, もらいたいん, もらいましょう, もらいますと, もらうん, もらう事, もらおうか, もらおうじゃ, もらったり, やったの, やった方, やっと安心, やりたいが, やる人, やれば, やろうかな, やろうよ, ゆきながら, ゆくという, ゆくに, よいで, よいでありましょう, ようやく安心, よく知っ, らっしゃい, ろと, わが, わたしの, われを, われ立て, ゐたその, ゐた子供, ゐた彼, ゐた男, ゐつ, ゐないこと, ゐないに, ゐないので, ゐますよ, ゐよう, ゐられなかつた, ゐられるだらうか, ゐるかの, ゐるかも, ゐるだけでも, ゐるでは, ゐるよ, ゐるらしい, ゐるわ, ゐる丈, ゐる心, ゐる様, ゐる樣, ギョッと, クスクス笑っ, ニコニコし, マンは, 一人で, 一寸の, 一寸頭, 一座は, 上げても, 上げるん, 下から, 下さって, 下さつたら大, 下さらなければ, 下さらぬか, 下されたとへ, 下に, 世の中には, 世間の, 中の, 主人は, 了う, 二人が, 二階へ, 五十銭の, 今さらの, 今更に, 今松, 仕事を, 仲, 低い声, 何かの, 何という, 何に, 何にも, 何事か, 何事かと, 余の, 作ったもの, 來ました, 來ようと, 信長は, 光った, 八五郎は, 出て, 初めて私, 判ること, 別の, 力ちやん, 厭な, 又何, 右の, 吉五郎は, 同情し, 名を, 回って, 回ること, 土地の, 地獄の, 多少の, 多計代, 夢中に, 大将は, 大急ぎで, 大悦び, 大臣の, 失望する, 奇妙な, 奇怪に, 女の, 女房は, 妻が, 妾は, 子供は, 完全に, 宜い, 家康は, 少しは, 居たけれど, 居たけれ共, 居たといふ, 居たもの, 居たよう, 居たわけ, 居た平次, 居つた, 居ては, 居ないと, 居らつし, 居られない, 居られません, 居りますると, 居るだらう, 居るわけ, 居る樣, 居れという, 左へ, 差支えない, 差支えは, 平次の, 平気で, 座へ, 廻ること, 当時の, 彼らは, 彼を, 彼等の, 後は, 後も, 微かに, 思った, 思って, 思はず立ち上つて, 怪しいと, 怪物は, 恋を, 恐ろしさ, 悦んで, 悪いもの, 意を, 意味あり, 愕然と, 感じたの, 感に, 慄然と, 懐から, 我ながら, 我れ, 戴きたいと, 戴きたいの, 戸外へ, 新吉は, 明らかである, 明らかに, 明日は, 時刻を, 智恵子は, 暮すの, 更に驚いた, 来いっ, 来たい, 来たか, 来たため, 来たはず, 来たばかり, 来たまえ, 来たらいい, 来たり, 来たわ, 来た女達, 来た目, 来た芝居, 来た通り, 来ては, 来ましょうか, 来るかな, 来るよう, 枕紙が, 林の, 桜の, 楽しむこと, 欲しい, 歩いたとき, 歩いても, 歩きましたが, 歩くので, 歸る, 死にたい, 母は, 気に, 気の毒そうに, 気の毒の, 氣の, 法水は, 泣いたという, 流石に, 流石の, 満足する, 無用の, 然るべきもの, 物をも, 独語を, 狼狽し, 町の, 異様な, 疑は, 目の, 目合し, 眼の, 知つてゐる, 知るべしと, 石を, 研究した, 私たちは, 窃に, 立ちあがった, 立ちどまって, 立派な, 笑いも, 笑い出し, 笑うの, 笑つ, 笑つて居る, 笑は, 笑顔に, 糸を, 罪の, 置かっしゃい, 置き度いが, 置くかな, 置く方, 美しと, 美を, 老人は, 考へ, 而し, 肝を, 自分を, 色情を, 苦笑し, 莞爾として, 蓋を, 薫は, 行きたまえ, 行きましたが, 行くから, 行く方, 行ったの, 西洋の, 見ぬよう, 訪ねて, 詞を, 詩の, 話して, 變な, 貰いたいと, 貰うて, 貰う事, 貰えば, 貰おうと, 貰ったこと, 貰ったり, 貰へ, 起きて, 近くに, 近頃は, 通りながら, 通ると, 通れと, 過ぎよ, 過ぎると, 遠くより, 面と, 面白い, 面白が, 面白がっ, 頂きましょう, 頂き度, 頂戴な, 顔色を, 風に, 飛び起きて, 馬の, 驚いた様子, 驚き, 驚きこれ, 驚きも, 驚くこと

2 [1853件 抜粋] あきれて, あつと, あやまれば, ある, あるくよう, あわて, いいので, いきなり詩, いけないもの, いたいよう, いたくて, いただいたら, いただくの, いただこうと, いたとしても, いたらしいが, いたらどう, いたら私, いたワケ, いた主, いた切髪, いた同, いた孝之進, いた少年, いた新田先生, いた様子, いた津田, いた白い, いた花房, いた近所界隈, いた間, いったもの, いないかと, いないのよ, いなかったもの, いまさらの, いましたね, いますし, いませんから, いやしなかったか, いらっしたの, いらっしゃるあの, いらっしゃる私, いられたの, いられないという, いられない今日, いられねえから, いられよう, いりゃあ, いるだろうかと, いるとね, いるふり, いるよりは, いるアカデミー, いる世界, いる今, いる光景, いる図, いる影, いる方向, いる様々, いる気持ち, いる百姓段六, いる群衆, いる見かた, いる近藤, いろいろと, うたって, うれしくて, えだべ, えなら見せて, おいたから, おいたので, おかしがっ, おかねえと, おきたい場所, おきな, おく, おくれな, おこうかと, おしの, おつぎ, おののき恐れた, おらぬが, おられたと, おられましょうか, おりましたところ, おりまする, おるうち, おれという, お今, お出でよ, お文, お筆, お置きなさい, かう云, かけて, かような, きたもの, きた男, きましたから, きょとんと, くださいませ, くだされば, くること, くれこれ, くれたもの, くれないので, くれぬという, くれるか, くれる一人, くれろ, くれ綱, けさい, こう言うた, こっちで, このさい, この子, この様子, この草, これこそ, こんなふう, ごらんな, さすがの, さも満足, しつて, しまったばっかりに, しまってから, しまつてから, し秋, すぐそれ, すこしわらっ, すっかり興, そういったの, そう思う, そして今度, その上, その前, その姿, その気持, その美し, その貞烈, その長い, それから東京, ぞっとする, ただにこにこ, ちゃんと知ってるだ, ちょっと驚いた, っから, て, とくな, とったと, とった時, ともかくも, とりましたから, とるという, とれました, どうでも, どこが, どの草, なさって, なにより, ならぬもの, にっこりし, にやりと笑う, はじめは, はっとする, はつと, ひどく喜んだ, ふたりは, ほしいの, ぽろぽろ涙, まいりましょうよ, まず安心, また欺き, まわり台所, まゐりませう, みぬふり, みろと, もう少し控え, もどっから, もらいなさい, もらうため, もらったが, もらひたげの, やにわに町, やらないに, やりたくなる, やりましょうと, やるさ, やるもん, やる者, ゆくん, よいこと, よく似, よめる歌, よろこんだ, よろしいでしょう, わかって, わかるよう, わしも, わらひました, ゐたか, ゐたで, ゐたま, ゐたれば, ゐた作家, ゐた時代, ゐた目, ゐちや駄目, ゐないん, ゐは, ゐられないやう, ゐるかと, ゐるさま, ゐるほか, ゐるもん, ゐる人間, ゐる影, ゐる点, ゐる若い, ゐる駿介, キリスト教に, コゼットは, ゾッとしました, ニッコリと, バラバラと, ビックリしました, 一人が, 一家の, 一度は, 一時は, 丁寧に, 三人が, 上げよう, 下さいなどと, 下さいわたしたち, 下さるそう, 下すって, 不審に, 不快を, 世界の, 乃ち見, 了つて起きよう, 二階に, 人も, 人間は, 今朝は, 伊助は, 佐助は, 何とも云, 何気なく低くつぶやきました, 侍女どもは, 傍の, 優れた方, 先へ, 其の成績, 其處に, 冷汗を, 分かった, 初めて好き, 判る, 別れの, 力を, 動けるほどに, 半蔵の, 占わしめたる, 参りましょうと, 又同じ, 友人は, 古道具屋の, 叮嚀に, 右へ, 合点合点を, 名づける時, 君江は, 呉れとて, 呟きました, 呼んで, 哀れに, 唯その, 啓司は, 喜んだの, 嚇と, 回る, 地下に, 均平は, 報告する, 外が, 夜をと, 夢中で, 大いに喜び, 大丈夫だ, 大過なから, 太郎は, 夫に, 女が, 女房に, 好奇心に, 妻も, 嫣然と, 安堵の, 安心したらしく, 定めて, 家に, 密かに, 尋ねた, 少くとも, 少し笑い, 居たお, 居たらば, 居た彼, 居た時, 居ちゃ, 居ながら, 居られないから, 居りましたところ, 居るこの, 居る事, 居る所, 居る氣, 居れない, 山の, 山田は, 川へ, 巧みに, 差支なかろ, 己れ, 帰る, 平次に, 幾晩か, 廻ってから, 廻る必要, 彳んで, 彼方へ, 後ろから, 御呉れ, 微笑みながら, 心地よさそう, 必ず眉, 怒ったの, 思い出したよう, 思わず声, 怪しからん, 恐ろしく踏み倒し, 息を, 悪くない, 悲しみの, 愁然として, 意味が, 感傷的に, 慈心を, 憤怒の, 我先にと, 戦場ヶ原の, 戻って, 批評する, 挨拶した, 捨てて, 政江は, 故郷を, 敵に, 文明の, 斯んな, 早や, 明日の, 春あさき, 時の, 晴れやかな, 暮らした, 書いただけ, 曹操は, 木の, 村井は, 来たかと, 来ただけの, 来た処, 来た様, 来た確か, 来てから, 来な, 来べ, 来ようか, 来るだけ, 来客の, 松平家の, 業を, 楽んで, 樂しんだ, 次郎左衛門は, 歎く, 此人は, 武蔵の, 歩いた千之助, 歩くよう, 歩行い, 母も, 気持が, 水脈だつ, 決して無駄, 洋服を, 涙が, 淋しそう, 清い心, 滑稽だ, 無理に, 熱を, 牧夫に, 特に日本, 独言の, 獨り, 甚く, 生涯を, 番の, 痛痒の, 白雲は, 皇帝は, 目に, 真淵, 眼血走り, 知つ, 神に, 秀吉が, 私を, 積極的に, 立ちすくんで, 童の, 笑いましたが, 笑うと, 笑ったもの, 第一貴方自身, 箸は, 紅い唇, 総立ちに, 纔に, 置いたん, 置きたかつたの, 置くん, 美しいか, 羨しかつ, 考えた, 育てて, 自分までが, 興味ある, 良いやう, 苛, 茫然たる, 薬を, 衆は, 行きます, 行くん, 行く街街, 行っても, 補祭は, 見ぬ振の, 見ようか, 見物人は, 親の, 言葉が, 詠んだ歌, 読者の, 調べて, 警部は, 貰いたいん, 貰いましょうか, 貰うた序, 貰おうか, 貰つたら, 貰ひたく, 貰わねば, 足れりと, 躊躇し, 軍人の, 近隣の, 逃げるは, 通ること, 進ぜましょうかな, 過ぎたので, 過る度々, 遠くから, 遣るの, 酷く感動, 銀座へ, 間の, 陽子は, 雲の上から, 靜かに, 面白かった, 頂きましょうか, 頂くん, 頭の, 顔色忽ち, 飯を, 首尾よし, 驚いたか, 驚かされた, 驚くやう, 驚喜した, 鶴雄は, 默つて居る

1 [16356件 抜粋] あ, あくがれて, あこがれてるの, あっと思ったらしかった, あの趣向, あやしむもの, あるいはルクレチウス, ある晩, あゝこれ, いい気持, いかん, いこうと, いたいちうの, いたがネ, いただきこまかい, いただけないから, いたはり, いたらしい四つ, いたら人妻, いたら間違い, いた七ひき, いた五郎, いた兵曹長, いた坑夫共, いた婦人雑誌, いた山田, いた折竹, いた林田, いた海図, いた皆, いた縁側, いた見て, いた鐘, いっさん, いつも同じ, いないとは, いなかったとは, いなせえ, いましたそうすると, いますんで, いよいよあなた, いらいらと, いらっしゃい下女, いらりょう, いられない俗悪, いられま, いるあやめ, いるこっち, いるどころか, いるらしい一族家臣, いる一同, いる作家, いる同性, いる婢, いる後ろ, いる柄, いる画面, いる美しい, いる誠, いる雑草, いろいろ穿鑿, いわゆる世, うなされるん, えだった, えな男だ, おいたらどの, おいでなら, おきたいだけの, おくほう, おじゃったろうぞのう, おどろいたふう, おぼえた仕事, およそ何時間, おられましょうぞ, おりました処, おり後者, おれじりじり, お光さん, お妙, お父さんも, お訪ね下さい, かえってこちら, かけつけて, からもう, きたから, きた司馬懿, きた闘牛, きょときょとし, くださるだろう, くれず彼, くれないこんな, くれられない, くれる暇, くれ艶, こいよ, ここでも, このかた, この女の子, この美しい, こまかに, これ何の, ござったは, ご存じで, さっぱりした, さむざむと, しかたない, したいこと, しまう人, しまふと, すうっと, すぐ判っちゃった, すぐ飛び出そう, すっかり悄気, すわや例, そういう風, そこにも, そそられたん, そのますます, その伎倆, その図, その師, その故, その源因, その着たる, その苦痛, その静か, それからまた階段, それから橋, それでは一つおれ, そんなところ, たしかに魔物, たちどころに真, ためらった, ちょっとけげんそう, ちょっと驚きたい, つくづくそう思った, ていねいに, でしょう, とったらしかった, とった頤髯, とられなかった, とり出すし, とれない, どうしても見逃す, どう感じたであろう, どの舌, どん栗という, なさるが, ならぬといった, なんとなくなごり, にっと笑い, ねる, はさうし, はじめて清純, はや何, ひとつ判じ, ひどく驚く, ふくの, ふと御, へとへとに, ほとんど滅心的, まあざっとこれ, ましゅ, まず驚き, また他, また特売, また黙然と, まばゆい感じ, まわるだけで, みたい気, みましたらあなた, みんなけげんな, もうごまかし, もう輕燒, もっと好い, もらいたくないし, もらう方, もらひその, やがてよしあし, やった奥州相馬, やはりさしもの, やらなくちゃ, やりたかったし, やる彼, ゆうべ闇夜に, ゆく必要, よい時, よく眠らなかった, よろこぶ様, わからずしまいであった, わざと落着き払っ, ゐたいもの, ゐたらこいつ, ゐたフランク徳永, ゐた孫四郎, ゐた犬, ゐないが, ゐなすつたよ, ゐられないごろ, ゐるお前, ゐるのさ, ゐる八五郎, ゐる歌, ゐる裡, アイアースうなづく, ウエールスに, ガラリと, コスモスは, ジルベールも, タクシーの, テクテク歩い, ニコと, ハット驚き目を, ビツクリし, プレトリアへの, マアク・トヱンは, ヨブ記の, 一つも, 一同ホッ, 一寸覚え, 一所に, 一滴だっては, 一等重大な, 七十歳の, 三日三晩この, 上さんは, 下さい可哀相, 下されと, 不健全千万な, 不愍に, 世の中に, 中央アジアの, 久慈は, 予の, 二刀の, 云う, 井上が, 人民を, 今一度, 介は, 以ていは, 仰いで, 伝四郎は, 何かしら, 何とか致しまし, 何れも, 何気ないふう, 作つた歌で, 例えば作家同盟, 俥夫は, 傍見, 兄妹は, 光春は, 全貌を, 兵馬の, 其場から, 典膳が, 写したり, 出漁引き漁の, 初めてお宮, 初めて自分たち, 別に驚く, 剪を, 勇美子は, 勢の, 十四年自, 半死半生の, 卯平の, 去年花前が, 又は比較研究, 又菊, 受取った, 可哀さうにお母さん, 右門は, 同じく車臺, 名人が, 吼える虎, 呉れますから, 周囲の, 和議などは, 唸された, 喜び自然, 嘆く人, 噴き出しさうになつ, 回るほど, 圧縮し, 城将貞昌は, 夕方帰つて来る, 夢では, 大いに疑い, 大へんびっくり, 大声に, 大方跣足, 天上の, 太郎左衛門も, 奇麗に, 女達は, 如何許, 始めてわかつた, 婦人も, 子もち, 学ぶ態度, 安行は, 実に愉快, 家康へ, 察しられた川辺氏, 尋常でない, 小急ぎ, 少しずつ, 少佐を, 居たそう, 居た中, 居た歴史つき, 居つたので, 居ようと, 居られるだらうか, 居るあの, 居る光景, 居る毎日, 居れなかったので, 岨ゆ見, 左手から, 市城村青山村に, 帰りたいという, 帽を, 年少氣鋭の, 幾通りもの, 廊下に, 廻り初めて, 引っ張った, 当世の, 彼等止まれるなら, 後頻りに, 御心, 微笑む, 心中甚だ, 必ず一度, 快哉を, 怕れおののい, 思うの, 思ふの, 思わず手, 怪しからぬ, 恐れたり, 悟られてはという, 悪賢い左陣, 情緒を, 愕いたです, 感じの, 感涙に, 慰もうか, 懐かしく思った, 我が振り, 戦く臆病心, 戻り, 手柄を, 投げ出したり, 拝を, 据えた, 損わ, 教職などは, 文字の, 新らしい, 既にこの, 日業を, 明かであつ, 昨日彼は, 晩方の, 暫時は, 曰く君は, 書きたいと, 月を, 未だ一語, 机竜之, 来たあの, 来たとか, 来た人達, 来た子供ら, 来た物, 来た飯倉, 来ましよう, 来るよう万事, 東海道の, 柬牘の, 梅津の, 極めて自然, 榊原健吉が, 機上の, 歌ひ, 正的に, 武夫なる, 歩かれるの, 歩く動物, 歸朝の, 殆独り言かと, 毎日四十五六円を, 気まずく思っ, 氷峰に, 沒理想なりといふは, 泣かねば, 泳いで, 海底の, 深いため息, 渠に, 漕ぎつけた場所, 灰色だ, 無法に, 燒い, 特に虚子抔, 独り岡山に, 率て, 現在が, 甚兵衞は, 田舎者が, 略儀ながら, 病気でない, 白十字で, 皇族など, 直ぐイヤ, 直に膏薬, 相違ない, 眼から, 知つてゐました, 石川は, 神さんは, 私がと, 種々想像, 突然の, 立ち止まった, 竹青は, 笑えり, 笑ひものに, 箱根へは, 紙を, 結城新, 緩急よろしき, 置いてねえ, 置きねえ, 羊の, 羨しくない, 老大家は, 聞いたの, 胸塞がり, 自らまた, 自動車の, 至急を, 芒の, 若し其所, 茶の間から, 葡萄ばかり, 藤枝が, 行かなければ, 行くだろう分析, 行く門, 行隆朝臣も, 裾の, 見な, 見ろと, 覚った, 解つた, 言葉も, 評したもの, 誘った, 調音を, 變だ, 貰いてえもの, 貰う何とも, 貰つたといふばかし, 貴方様が, 走った, 踏み出した栄三郎, 軽い笑, 近世の, 退くなどという, 逃げ去つた, 通らしく言った, 通町を, 逸早く寒, 過ぎるやう, 道子と, 遣んなよ, 酔ふ, 金五郎が, 鎌首を, 間違いの, 陸地を, 雑司ヶ谷の, 露八は, 面白がって, 頂きとうござんす, 頗る味わうべき, 風俗派や, 飯でも, 馮習は, 騒ぎたてるの, 驚きあなた, 驚くなあ, 高台寺の, 魯達は, 黒いリボン

▼ 見ても~ (6239, 7.8%)

77 わかる 36 それは 29 それが 22 左を 17 分る, 彼の, 気持の 16 これは, 何か, 彼は 14 よい, よくわかる, わかること 13 そこに, 横から, 私は 12 いい, 少しも, 聞いても, 自分の 11 わかるよう, 当時の, 明らかである, 知れる, 立派な 10 い, 何を, 分かる, 如何に, 容易に, 察せられる, 彼が, 日本の, 訣る 9 すぐに, それを, わかるが, 判る, 私の 8 それと, わかるの, 人の, 誰も, 非常に 7 これが, これを, さう, わかります, 明かである, 此の, 縦から 6 た, 何も, 分るよう, 女の, 差支ない, 知られる, 確かに, 見ても, 見なくても

5 [19件] いいの, ここに, さうである, そのこと, よいと, 仕方が, 何の, 分ること, 分るの, 判る通り, 同じよう, 声を, 好い, 明らかに, 明白である, 昔の, 気持が, 知れる様, 西洋の

4 [34件] あなたの, いいと, そうだ, その中, その内容, よかろう, わかるとおり, 一つの, 一種の, 不思議な, 中, 二人の, 何ともない, 何に, 分る通り, 同じこと, 同じ事, 君は, 吾, 大師は, 山ばかり, 明らかな, 明瞭である, 普通の, 涙が, 生活の, 直ぐに, 矢張同じ, 知られた, 知れた, 私には, 自分が, 興味が, 解る

3 [88件] あまり結構, いいが, いいです, いかに彼, おもしろくない, かなりの, かれの, ここで, この人, この時代, この点, この男, そう思う, そこには, その時, それに, それには, ただの, どこかに, ない, なんの, よいが, よくわかります, らへ, わかると, わかるわけ, わかる通り, わたしは, カラ元, ゾッとする, 一言も, 今の, 何が, 何でも, 何等の, 僕は, 全く同じ, 分かるの, 分ります, 判るよう, 別に, 口を, 固有の, 土の, 多くの, 大して冷たく, 家を, 尋常の, 差支へ, 平凡な, 平気で, 年を, 彼らは, 彼女は, 心を, 我々の, 或る, 日本は, 日本人の, 明かに, 明らかであろう, 月を, 東京の, 構は, 男の, 當時の, 眼が, 眼の, 知らん顔を, 知れる白粉, 綺麗な, 美しいもの, 美しさ, 胸が, 腹を, 自分は, 色の, 若い, 若い方, 血の, 見ないでも, 解る通り, 面白くない, 飽くこと, 餘り, 駅長や, 骨の, 黙って

2 [369件] あきらかである, あなた方が, あの, あの夫人, あの女, あの通り, ありませんの, あれは, いいこと, いいだろう, いいもの, いい気持ち, いい筋, いかにこの, いかにも樂, いじらしいとも, おいそれとは, おかしくは, おそろしい貧乏, おもしろい, お愛想, お浜, かまは, かれが, がらんと, きいても, きわめて明らか, こいつは, ここは, ここを, こちらを, この, このこと, この二人, この調子, この頃, これと, これなら, これらの, さうだ, さっさと亡び, さつ, しかたが, すぐそれ, すぐには, すぐわかる, すぐ何, すぐ分る, すぐ鼻, すっかりようす, すべての, そうである, そうです, そうな, そう見える, その一斑, その事情, その人, その剃り, その朝, その眼, その通り, ただ杳, どうかする, どこか, どこにも, はっきりし, はつきりしない, ひっそりと, へんでしょう, べつに, べつに気, まさか, またその, また体, また彼, まだその, まだまだ江戸末期, みんな卑屈です, もう見つからなかった, もつと, やはりその, やはり同様, よいかと, よいの, よい程, ようございます, よくもあんな, よく分ります, よく分る, よろしい, よろしいの, よろしくない, らは, わかった, わからないほど, わかりそう, わかるし, わかるだろう, わかるであろう, わかるでしょう, わかる事, わが国の, わずかに, カクテール製法の, カラ, ゴーガンの, ロシアの, 一つとして, 一と, 一個の, 一向つまらない, 一向返事, 一廉の, 一番良い, 一目で, 一目に, 一般の, 一貫した, 一面の, 丁稚や, 三十近い, 上に, 不合理であり, 不敬事件と, 不自然な, 不調和です, 世の中で, 両者の, 中は, 乳母関係の, 二つの, 二人は, 二十四五としか, 人が, 人と, 人に, 人は, 人気が, 人間には, 人間ほど, 今は, 今までの, 今日の, 今日まで, 今迄, 以前の, 何う, 何と, 何にも, 何よりも, 何んにも, 余り好い, 僕には, 僕の, 六ヶしい, 共に語るべき, 其が, 其様な, 内から, 出て, 分からない, 分かるし, 分った, 分らなかった, 分りました, 分るじゃ, 別に何, 別に腹, 前途は, 動きそう, 十七八以上とは, 千兩の, 即位式と, 口外せぬ, 可なり, 各々他人, 同じもの, 同じやう, 同じ場処, 同じ感じ, 同じ様, 同様の, 君達は, 土工たちの, 変って, 多少の, 夜の, 大体この, 大叔父の, 天上の, 夫は, 夫人は, 夫婦は, 奇と, 奇怪に, 奇麗な, 女が, 女は, 好いもの, 姿は, 娘は, 婦人の, 宇治の, 宜しゅうございます, 実際に, 寸分の, 尤と, 山, 山へ, 山家育ち, 差支えない, 差支えは, 平安朝の, 幽霊の, 底の, 当り前な, 彼には, 彼女が, 彼等の, 彼等は, 後を, 念仏の, 怎やら, 怖がって, 悪くは, 悲しくて, 想像する, 意地の, 愚かな, 感じられる, 感心する, 感情の, 懐かしいで, 成程, 我國の, 我輩は, 推知する, 教師は, 整然と秩序, 文学を, 日本人は, 日本人ばかり, 早や, 明である, 明らかであった, 明らかの, 昔は, 最近に, 格別な, 格別嬉し, 棒杭か, 樹を, 欠点の, 正反対だ, 此室の, 武蔵が, 歴史の, 殆ん, 母様に, 気が, 気の, 気持ちの, 水, 水の, 氷ばかりの, 永いこと, 汗の, 江戸の, 泣かずに, 注意する, 源助の, 灰色の, 烈々と, 無い, 無暗に, 燈光の, 猫の, 現代の, 現在の, 理論的に, 瓦を, 生きて, 田舎の, 町人の, 疲れた態, 癪に, 白木造りの, 皆な, 皆言ひ合せた, 目に, 直ぐベソ, 相当に, 眉を, 真の, 矢張り老父が, 知らず識ら, 知れよう, 知れること, 知れるであらう, 社会科学に, 私が, 私より, 科学の, 簡単に, 紅葉を, 素知らぬ顔, 結局は, 結局到底, 絶えた事, 緑いろ, 美しいこと, 美しいと, 美しい日本, 羨ましい, 羨むといふ, 老人が, 耻かしい, 聞えるの, 職業が, 腹が, 自分に, 自分には, 自然と, 自由詩は, 自身の, 舞台の, 良い, 色ンな, 芝居の, 花の, 若いです, 落つる涙, 薄暗い奥, 表面は, 装飾らしい, 見あきないの, 見ぬふり, 見当が, 解ります, 解るぜ, 詩は, 読むな, 誰にも, 貧乏育ち, 賽の河原は, 足の, 逃げようと, 逃げようとは, 違いは, 重大な, 銀簪を, 間違つた, 阿弥陀の, 阿彌陀の, 限りない, 随分立派, 雪ばかり, 雪ばかりの, 青い蘆, 青白い夢幻的, 青葉若葉の, 靜かで, 面白い, 面白いと, 頭が, 駄目です, 驚くべき数, 鹿爪らしい

1 [4281件 抜粋] 〇・一粍という, あたり前の, あのひと, あの生活, あまり大きな, あるいは生れ, あれ程, あんまり陰気, いいぞと, いい日, いかにわが, いかに斯山上, いじらしいもの, いっかなうけひかねえ, いつもヴィナス, いないの, いままで, いられないじゃ, いられません, いわゆる糠, うまうま, おおよそ想像, おとなしくとぐろ, おばけや, おれの, お屋敷風, お里そっくり, かすかに, かなり優れた, かの馬, がらんとして, きわめて明白, げす悪達者, ここから, このよう, この事, この切り込み, この声, この憾み, この欅並木, この矛盾, この運命, これでは, こんな女, さすがに, さもき, しないのに, しろうとの, すぐ吠えた, すこしも不足, すばらしいね, せいぜい三十一, そうした婦人, そうとしか, そこでは, そのいい, その一端, その人気, その凝りよう, その国民, その当座, その悩まし, その推移, その最悪, その水っぽ, その用人, その耳, その部分, それから当時, それに何, それ程とは, そんな人間, そんな細工, たしかに世界, ただまっ暗, ただ自分, たなの, だいぶ大きく, ちっともかんかく, ちょっと気がつくでしょう, つまらなくいつ, できそう, とても駄目, どうしてじっとし, どうにもあまりぞっとしない, どうも上手, どう考え, どこの, どれが, なお気, なかなか智慮, なつかしいの, なるほど, なんにも, はっと襲われた, ひとくせ, ふさわしい人, へえ唐松林, ほとんどそれ, ほめられた柄, まことに優れた, まず甲府全市, また一羽, また同様, また経済的, まだ全く荒みきっ, まだ背丈, まつ赤, まるで男, まんなかの, みんな恐ろしい, むすつとして, もう今日, もう決して陸上, ものよし, やっぱりくすぐったい, やっぱり物凄い, やはりそうな, やはり物, やらなかった子供, やれぬ, よい国魂神, よき夫, よく考え, よほど大, ろくなの, わかりきって, わかるであろうが, わかる次第, わたくしは, われわれには, ア列に, オクタヴィアスの, ゴールは, シエーキスピアの, センチメンタル・ペンドラムだ, チャンと, トマト畑ばつかり, ネクタイとは, バスとしか, ブリキ屋の, ホフマンスタアルが, モオリーは, ルクソルの, 一つところに, 一体吾, 一向に立, 一家を, 一度も, 一杯一杯であり, 一番高雅な, 一言の, 丁度お伽話, 丈夫に, 三十二三にしか, 三四十人は, 三萬兩や, 上腹区と, 不利益であった, 不明瞭である, 世が, 世評を, 並みいる連中, 主戦論などという, 亀津比女との, 事柄の, 二十台で, 云わざるを, 五年生にだけ, 人かげが, 人品の, 人民の, 人間は, 仁科博士の, 仏性を, 他人の, 伸子の, 何うしようと, 何となく変, 何とも感じない, 何んと, 何枚見, 余り有難い, 作者が, 信じられないの, 個人的に, 側から, 元の, 先づ義雄の, 光一閃だ, 全く絶望, 全身の, 公卿一般に, 兵隊じゃ, 其処が, 内容が, 写生といふ, 処女である, 分かるだらうが, 分らないらしくそれ, 分るから, 分るでは, 分明な, 判って, 判るだろうが, 判ろう, 別に変, 別に異, 前に, 勇気だけ, 勝負が, 十七八世紀の, 千浪の, 南無阿弥陀仏の, 印旛沼の, 又それ, 反対する, 古い意味, 古典的な, 只今とは, 可なる, 台所へ, 吉良の, 同じところ, 同一の, 名を, 名馬の, 吾人にとって, 味氣ない, 咳払を, 唯利論, 善良そのものの, 四季, 因襲既に, 国際労働事務局は, 地に, 城廓の, 場処の, 壁土の, 変らない位置, 変哲の, 外村茂の, 夢殿の, 大して嬉しく, 大体テーベーに対する, 大和に, 大巾には, 大抵毎日, 大胆不敵の, 天の, 天草産の, 女と, 女形ばかりか, 好いだろう, 好く見えた, 如何にも羞, 姉の, 婦人でしょう, 子を, 孔子は, 宅へも, 宜かろう, 実にまだまだです, 実は仲, 実験としての, 家内の, 寂しかった, 察し得られるよう, 将来の, 小さな肉饅頭, 小気味の, 少なくも夜半, 居ないよう, 居酒屋の, 山を, 山王祭りに, 嵬の, 差しつか, 差支えないよう, 己れ, 常世の, 平常の, 年が, 幽霊じゃ, 底には, 弱冠の, 当時浅草寺の, 形式から, 影響の, 彼を, 後ろを, 御幣について, 心が, 必しも, 必奇術, 忰という, 思ひ出す, 怨みの, 恁う, 恐れぬよう, 恵を, 悪め, 悲しみの, 惡人らしく, 意味は, 愛せずには, 慥に, 戀患ひ, 我考ふと, 戦争を, 所せん砂上, 手近な, 按摩だ, 推察する, 改作毎に, 数千の, 文句の, 料理を, 新嘗, 旅行記は, 日本人としか, 旦那様の, 早道である, 明かなり, 明り一つ見えなかつた, 明白な, 昔馴染の, 時たま沖, 普通語序の, 暗示する, 更に返事, 最も文学精神, 最早非常, 朝顔の, 木地の, 本物である, 村, 東を, 板垣黨と, 枯れ羊歯, 格別刺戟を, 案じて, 森ばかり, 極近い, 楽める, 横を, 欲しがる, 正月に, 此婦人丈けには, 此桙は, 歴史を, 殆ど垂死の, 毀れかかつた泥人形, 毎日毎日大根引下れ, 民衆に, 氣にな, 永徳に, 決して, 決して単なる, 決して衰, 沈黙の, 泊瀬の, 泥であった, 津田君の, 海でございます, 涙ぐましいほどの, 深目隆, 渡り者, 満目青い, 溜まらないわけ, 潤いと, 火は, 無くなるだらう, 無用の, 焦, 熟慮した, 父を, 物事を, 物足りません, 狂者である, 王侯の, 珍重する, 瓦屋根の, 生まれてから, 生色なく, 田舎者らしく, 男尊女卑が, 畢竟余計もの, 當時は, 疑うべからざる事実, 痛ましい極端, 白くない, 皆さうである, 皆年数物その, 皮砥で, 直ぐ分る, 相当物凄い, 眞暗, 真犯人は, 眩いを, 着実の, 矢張り質屋の, 知らぬ顔な, 知らん顔し, 知れたもん, 知れるやう, 短い草, 碌々話も, 社会混乱と, 神の, 神秘思想と, 秀吉には, 秋の, 穢多に, 空間を, 立ち上りが, 笑はずには, 策の, 約束の, 紙切れと, 素破らしい, 結局この, 結局父が, 絶て怪, 綺麗に, 美いには, 美しい嫉ん, 羨ましかつ, 耀かしい幸運, 考へられない事, 肌襦袢の, 胸糞が, 腹っ, 自分より, 至極尤も, 良いだろう, 艶か, 芳ばしい話, 若い生命, 茂るに, 草鞋を, 萬一旨く, 葦ばかり, 藤田貞資の, 血が, 衛門督には, 西から, 要するに同じ, 見えないよう, 見ないつもり, 見当の, 見飽きないドラマ, 解ったが, 解るよう, 言いしれず胸, 訓練されない, 証拠に, 誤りでないやう, 誰しも, 誰一人席を, 識覚に, 財産の, 貸家建ての, 越えても, 身の, 軍人足か, 農奴の, 近年甚だしく, 逃げるでも, 逢いたいと, 遁げない, 道中の, 遠い昔, 郁次郎の, 醫者の, 野蛮である, 釣りを, 鎌倉は, 長すぎる, 開け放した硝子戸, 関羽の, 陸地は, 際限なく, 雨, 雲や, 青森の, 面会に, 面白い感動, 面白く青野, 頗古い, 頼もしく輪郭, 風景は, 食慾の, 飽かんです, 餓鬼岳は, 駄目だった, 驚くなどの, 高貴な, 鮮明な, 黒光の

▼ 見~ (3154, 4.0%)

168 行った 123 来て 112 行って 104 行く 70 行つた 56 来たの 39 来た, 行くこと 36 行くの 35 行きました 32 行こうと 31 行ったの 26 行くと 25 ゆく 24 行ったり 22 行こう 21 行ったこと 19 きて 17 いって, 来たん, 行ったが 16 行った時 15 來る, 来た時, 来る人 14 いった, 來た, 來て, 行くん 13 出かけた 12 出かける, 来ました 11 来いと, 来るの, 行くよう, 行ったん 10 出て, 往った, 来ると, 行かうと, 行ったとき, 連れて 9 くるの, けり, ゆくと, 出かけて, 出た, 来る, 行つ 8 参りました, 来たが, 来たもの, 行くつもり, 行つたら 7 ゆくの, 往って, 来るという, 行きましたが, 行った事

6 [11件] きたの, ゆくこと, 往つた, 来たよう, 来るよう, 行きたいと, 行きませんか, 行くため, 行こうじゃ, 行っても, 行つても

5 [18件] いらつし, ゆきました, 出かけました, 出ると, 来たこと, 来たとき, 来たり, 来ないかと, 来ること, 来るもの, 立って, 行くという, 行く人, 行く気, 行く約束, 行ったと, 行ったもの, 降りて

4 [26件] いきました, いったこと, いったの, いらっしゃい, くると, やつて, やると, ゆくん, 來ました, 出たが, 出やしやれ, 戻って, 来たと, 来たところ, 来たのよ, 来る者, 来れば, 行かうか, 行かない, 行くから, 行くもの, 行く事, 行く時, 行く筈, 行ったそう, 行つたのです

3 [50件] いらしたの, いらしつたん, おいで, おいでに, きた, きたん, まいったの, やつた, ゆきたいという, 一緒に, 二階へ, 出たの, 出ようと, 来し, 来し印南国原, 来たのに, 来たわけ, 来ては, 来ないか, 行かう, 行かうぢ, 行かずには, 行かないか, 行かないかと, 行かん, 行きたくなる, 行きましたよ, 行きましょう, 行きましょうよ, 行きます, 行きませう, 行き度, 行くかも, 行くので, 行くはず, 行くより, 行く氣, 行く途中, 行けと, 行けば, 行こうかと, 行ったか, 行ったその, 行ったもん, 行ったよう, 行った帰り, 行つたのだ, 行つたのは, 言わせると, 集まって

2 [132件] いきましょう, いくこと, いくの, いこうという, いつた, いつたの, いら, いらっしゃいませんか, いらっしゃいよ, いらっしゃるの, お出でに, きたという, きたところ, きたり, きました, くる, くるが, くるだけ, くる人, くれば, ここへ, なりませんでしたか, なるかと, まいりました, まいります, まゐりませう, やった, やったが, やって来た, やって来たの, やって来る, やって来るて, やつとく, やる下水溝, やる菓子屋, ゆきましたが, ゆきます, ゆけなかった, ゆこう, ゆこうか, ゆこか, 三越に, 上って, 來たんだ, 入ったもの, 入る, 入ろう, 出かけてから, 出かけましたが, 出かけようと, 出かけるつもり, 出たり, 出る, 出るか, 出掛けた, 出掛けた事, 出掛けるの, 參りました, 反對, 基づいて, 寄ったと, 寄るべくも, 庭へ, 往くの, 御出, 支配され, 服するもの, 来たくらい, 来たという, 来たまひ, 来なかった, 来るかも, 来るなんて, 来るので, 来るやう, 来るん, 来る事, 来給え, 私を, 行かうかと, 行かずに, 行かなくては, 行かなければ, 行かれた, 行きしに, 行きたい, 行きたいが, 行きたくて, 行きぬ, 行きました時, 行きましょうと, 行きますか, 行きませんかと, 行くか, 行くからと, 行くそう, 行くところ, 行くとは, 行くべき種類, 行くほどの, 行く価値, 行く心, 行く必要, 行く方, 行く者, 行く自分, 行く風, 行け, 行こうか, 行こうかという, 行こうとは, 行た, 行ったって, 行ったので, 行ったらそこ, 行ったらどう, 行ったわけ, 行った人たち, 行った家, 行った帰り日本橋一丁目, 行った折, 行った方, 行つたの, 行つたのである, 行つた人達が, 行つた時に, 行つてゐた, 誘われて, 走った, 這入った, 野良へ, 飛んで

1 [1051件 抜粋] あがったの, あらず二者相, いかないか, いかばかり美しかろ, いきましょうか, いく, いくだかな, いくよう, いく約束, いけや, いこうと, いったいやって来, いっただが, いったとかいう, いったのよ, いったわ, いった朝, いった連中, いつかま, いでたったいずれ, いらしった方, いらしつたお客様, いらっしゃいましたが, いらっしゃるおつもり, いります, おいでだ, おいでな, おいでよな, お出でな, お出でなさるだろう, お寺を, お廻り, かけつける, きその, きたって, きたらば, きたわけ, きた夕雲先生, きた時, きた高谷君, きまさぬか, きようね, くるだけの, くるもん, くるわ, くる客, くれた親父, けり野辺, ける十年, ここまで, こない, こられては, ござつた, して, すぐかけつけた, ちょっと旅, つけました, でかけた, です, なだれさったあとで, なって, なりたまえ, なりませんか, なるそう, なれるなあ, のこのこ出かけたら, はいって, ほかならない, ぼんやり這入り込ん, まいりましたが, まいりますから, まいる, まかりて, また出懸ける, まゐりまし, ゃあならねえことですからまあ, ゃみやましいものにはなれんでなむ, やったまでの, やった庸太郎, やってきた, やってきたの, やってくると, やって来て, やって来ます, やられ平次, やりませう, やる, ゆかなかったの, ゆかむ, ゆかれましたが, ゆきさ, ゆきそこら, ゆきたいん, ゆきましたという, ゆき出会所, ゆくたび, ゆくつもり, ゆくとき僕, ゆくは, ゆく乙女, ゆく人, ゆく価値, ゆく弥次馬, ゆく気, ゆく筈, ゆく農夫, ゆく道すがら, ゆけるよう, ゆこ, ゆこうかね, ゆずりあらあら右, よって, わざわざ山の手, ゐら, エナメル塗りの, ソフィイを, ブロオニユの, ヘイ共有地へ, マナイールへ, 一寸立寄った, 三井へでも, 上京した, 下に, 久しぶりに, 二十九日でした, 云つた, 人の, 伊通の, 伴れ, 來し, 來たらう, 來つと, 來なく, 來ようと, 來れ, 供えたてまつらん, 倦い, 入ったすると, 入っても, 入らしつた譯, 入らツ, 入り忝, 入ると, 入れたり, 入れますので, 出かけたと, 出かけたり, 出かけた途中, 出かけました私, 出かけようとおつし, 出かけられよう, 出かけるが, 出かけるには, 出かける気, 出かけ帰り, 出すやら, 出たところ, 出たもの, 出た人々, 出た隣, 出で, 出ましょうかね, 出るいぢ, 出るという, 出懸けた事, 出掛けたの, 出掛けたん, 出掛けて, 出掛けよう, 分らぬよう, 参ったが, 参ったもの, 参って, 参りましたのよ, 参りましたん, 参りました時, 参りましょうか, 参りましょうよ, 参りませんけれど, 参るが, 参る予定, 参ろうでは, 友を, 反対せず, 吉左衛門を, 同意する, 四五尺の, 国立皮屋へ, 基かない主張, 堀井, 外ならない, 天神祭り二月の, 守衛室を, 家へ, 宿屋へ, 寄ったが, 寄ったり, 寄っては, 小原と, 少しは, 就くの政党, 山田の, 山野と, 帰った, 帰ったと, 帰ったらどう, 帰っても, 帰つた, 帰ること, 帰るべく仕事, 帰れば, 度々瓶有村, 廻って, 弁当もちで, 往かうぢ, 往きたいと, 往きぬ, 往きますよって, 往くと, 往け, 往こう往こうと, 往っても, 往つて遣る, 徳山と, 急いだの, 成りました, 成るだろうとか, 戻ったの, 戻るが, 押しかけて, 日光へ, 映る我が, 昨日あすこを, 書を, 来いといふ, 来い伊太夫, 来かりると, 来させなかったとかいう, 来しか, 来ず傘, 来たあと, 来たい奴, 来たか, 来たかの, 来たけれども, 来ただけの, 来たついで, 来たといふ, 来たとは, 来たに, 来たのんき, 来たやう, 来たよりも, 来たらしい, 来たらしい東京風, 来たろう, 来たんだい, 来たモルガン, 来た事, 来た人, 来た位, 来た勘定方, 来た土地, 来た好奇者, 来た客, 来た役人, 来た意味, 来た旅, 来た日, 来た柴忠さん, 来た男, 来た者, 来た芝居, 来た警官, 来た鉱山師, 来た面々, 来ちゃ, 来つ, 来てる客, 来ないがい, 来ないという, 来ないので, 来なかったろうと, 来なければ, 来なよ, 来は, 来まして, 来ますからと, 来ます私, 来ませんでしたそんな, 来ようと, 来よ百花園, 来られたもの, 来られた時, 来られて, 来られるの, 来り, 来りしが, 来り夕, 来るうづみ葉, 来るくらい, 来るだけの, 来るっていう, 来るでしょうけれど, 来るとは, 来るほか, 来るモスク, 来る乳母, 来る側, 来る学生, 来る日, 来る村長, 来る町, 来始めて, 東宝劇場へ, 林町へ, 止るのみ, 歩くの, 母屋へ, 波止場へ, 潟へ, 照らして, 玄関先まで, 町の, 病室の, 着するから, 社長, 立ち寄ったと, 立ったそう, 立去た幕の内, 細君同伴で, 聞いて, 草の, 行かうとの, 行かうなぞと, 行かずと, 行かずば, 行かせよう, 行かないかって, 行かないの, 行かない人, 行かなかったから, 行かなかったこと, 行かなかつたかと, 行かなくっても, 行かなくなるに, 行かなん, 行かぬ筈, 行かはるの, 行かれたこと, 行かれたり, 行かれて, 行かれん, 行かんでも, 行き, 行きこ, 行きこれ, 行きしは, 行きそして, 行きたいという, 行きたいとかで, 行きたいな, 行きたいに, 行きたいやう, 行きたくても, 行きたくなるの, 行きたく思ったこと, 行きたる帰, 行きどうか, 行きなすつた, 行きましたの, 行きましょうか, 行きますそして, 行きませんが, 行きゃしません, 行き下, 行き又, 行き始終, 行き毎回僅か, 行き石黒, 行き金, 行くあり吉原小塚原, 行くかと, 行くからとでも, 行くがい, 行くその, 行くだけの, 行くでは, 行くとか, 行くとき, 行くなし, 行くなどという, 行くなり, 行くに, 行くひま, 行くよりは, 行くらしかつ, 行く人々, 行く冷房, 行く前, 行く大船物, 行く奴, 行く小遣銭, 行く度毎, 行く心地, 行く心算, 行く所, 行く方法, 行く時代, 行く機会, 行く為, 行く私, 行く西洋, 行く連中, 行く陰気, 行けないけれども, 行けなくなる, 行けるところ, 行けるもの, 行こうおまえ, 行こうという, 行こうとも, 行こうや, 行こうよう, 行こやありませんか, 行ったあと, 行ったきり順二郎, 行ったけれども, 行っただけ, 行ったっけ, 行ったという, 行ったとは, 行ったのに, 行ったばかりの, 行ったらいい, 行ったらちょうど, 行ったらやけて, 行ったら宿屋, 行ったら或, 行ったら樗, 行ったわ, 行った事実, 行った叔父, 行った子供達, 行った小港, 行った日, 行った留守, 行った鴉片窟, 行ってからだって, 行ってた時, 行つたつて先刻から, 行つたと, 行つたところが, 行つたのあんな, 行つたのその, 行つたほかは, 行つた事が, 行つた平次は, 行つた時その, 行つた時である, 行つた時公園の, 行つた時椴松蝦夷松の, 行つた正夫に, 行つた留守を, 行つた館は, 行つてやら, 行つて上げる, 行つて何が, 行つて圧倒せられる, 行つて大森から, 行つて居る, 行つて接吻の, 行つて胸を, 行つて見る, 行つて遊び相手に, 行て, 裏二階へ, 見世へ, 託して, 訴えて, 誘い出した, 誘ひ得たるにて, 赴くやう, 這入っただけ, 通った幾日, 通つてゐた, 連れられその, 過ぎないと, 遣つて, 遣る家庭, 都の, 降りると, 陥り易い, 障子を, 集まったもの, 集まりました, 集る, 馬で, 馳けて, 駆けて

▼ 見ながら~ (2477, 3.1%)

53 言った 35 云った 34 私は 24 いった 21 彼は 20 何か 15 言つた 14 歩いて 13 云つた 11 いいました, 答えた, 自分の 9 云いました, 云ひました, 煙草を, 静かに 8 伸子は, 考えた 7 呟いた, 手を, 訊ねた 6 平次は, 歩いた, 立って, 自分は

5 [11件] いつた, きまじめな, こう云った, それを, たずねた, どうする, 云う, 口を, 叫んだ, 心の, 言いました

4 [22件] これも, それに, にこにこし, 両手を, 例の, 叫んで, 彼の, 彼女は, 無意識に, 片手を, 私に, 私の, 笑った, 笑って, 答えました, 考えて, 聞いた, 行くと, 言って, 足を, 酒を, 黙って

3 [41件] いって, いろいろの, こう言いました, この人, こんなこと, すわって, そこに, ため息を, ひそひそと, ひとりごとの, 一つの, 二人は, 云ふ, 何度も, 僕は, 前に, 千世子は, 吁お, 商ひする, 坐って, 声を, 山を, 彼女が, 待って, 微笑し, 急いで, 死んで, 熱心に, 物を, 眠って, 眼を, 矢代は, 答へ, 考へた, 聞いて, 葛餅を, 言うの, 訊いた, 車を, 頷いた, 髪を

2 [127件] いう, いふ, おか, お前が, お雪, きいた, こういった, こう言っ, これが, こんな事, さう, さもうれし, しずかに, しばらく黙っ, しんみりした, そういっ, そういった, その子, それから醒めたい, それが, つぶやきました, どうした, どうしてこんな, なぜか, なにか考え, ふと, ふと宮城, ふと気, もう一本, わたしは, ニッコリと, ニヤリと, ブラブラ歩い, 一つ目の, 一人の, 一斉に, 一枚の, 一生懸命に, 一緒に, 丁寧に, 両方の, 之を, 二合瓶を, 云い出した, 云って, 五郎は, 人の, 低い声, 俺は, 先生の, 出来るだけ, 口では, 同年輩の, 夕汐白く, 大きな声, 婆さんは, 家の, 寝て, 小次郎は, 巡査は, 平気で, 幾多の, 座って, 微笑した, 微笑を, 忠一は, 思って, 急ぎ足に, 悠々と, 意味あり, 或る, 操縦を, 敷石を, 斯う, 旅を, 暇つぶしに, 暫く黙っ, 栄介は, 欠伸を, 歩き出した, 涙を, 源太郎は, 溜息を, 澄まして, 独言の, 男は, 病人は, 知らん顔を, 私たちは, 突立っ, 立上りました, 笑つて, 素子が, 細い眼尻, 細い道, 続けました, 緩くり遊ん, 考へました, 肩に, 膝に, 自分では, 船を, 苦笑した, 茶を, 草臥る, 行く, 言う, 言ふ, 言ッた, 話した, 話して, 話し合って, 話を, 誰も, 身分柄にも, 通って, 進む, 酌を, 金銭を, 雲の上の, 頭を, 顔に, 顫ひ, 風を, 飲んで, 首を, 鼻を

1 [1598件 抜粋] ああ構う, あとから, あねさん被りが, あまり千鶴子, あるところ, あゝ構, いうの, いかにも驚いた, いっそうその, いったい取次ぎ, いつか日かげの, いつまでも, いつも微笑, いやは, いろいろと, いろんな口嘴, うっかり酸漿, うつらうつらし, おい誰, おじいさんと, おちかは, おとなしく傍, おもむろに語り始める, お島, お秀, お蔭さまで, かう云, かくべつの, かすれた低い, かるくほほ笑ん, かれら, ききました, きれいな, ぐるりと, こういう点, こうつぶやいた, こう言う, こう訊ねた, ここに, ことによる, この一枚岩, この四十過ぎ, この年老いた, この男, この部屋, こはれ, これは, これを, こんどは, こんなやすっぽい, さうい, さっきから, さびしい歌, さらに言葉, しかも猶, しきりに懐中電燈, しきりに首, しづかに, しばらく佇ん, しんみりと, じめじめした, すこし嗄れた, すこし言い, すっかり感心, せっせと往来, そう云いました, そう叫んだ, そう浮藻, そこの, そっと呟いた, そのいや, そのどちら, そのまま暗い, その側, その可愛い, その夜, その後から, その男らし, その精神, その芸者, その追, それそこには, それに対して, そろそろ自分, そんな冗談, たくさんの, たずねました, たとへば自分, だいじさ, だれにとも, ちびりちびりと, ちょっと思案, つい天下堂の前, つき添つて, つくづく思った, つぶやいて, てくてくと, でないと, とぼけた声, どうしてもとらえる, どこで, なおその, なお戦っ, なぜまた, なにか感心, なんでも, なんといふ, にやにやし, ねころべば, のろのろと, はなしを, はんたい, ひそかに, ひとり合點で, ひょろついて, ふとあの, ふところ手を, ふと思ひ出した, ふと目, ぶらついて, ほうって, ほんとにつまらな, ぼつぼつと, ますます身体, またぞろ人, また村, また話しだした, まだあの, まるい台, むかしの, もうこの, もう一散, もじもじし出した, やきもきし, やっと短い, やはり歩み, やんわりと, ゆく道, ゆっくりやって来る, ゆとりの, より彼方, わざとずるく, わざと門跡, アスファルトの, ウイスキーを, オレンジを, ケースの, コーヒーを, ジッと, スラスラと, テーブルの, ニッコリする, ニヤリニヤリと, ハモニカを, パチパチと, フランソアが, ベルリンへ, ボスコウィッチは, マネージャーに, メリーは, ルウスの, 一々彼, 一人しずかに, 一匙づつ養はせ, 一寸考へた, 一折し, 一服吸いつけた, 一片の, 一礼した, 一門の, 一齊に, 三つ四つ小, 三吉は, 上る非常, 下りて, 不審そうに, 両の, 主人の, 之へ, 予期した, 二三分間彷徨し, 二筋道の, 云うと, 云ったが, 云ひ出した, 井戸ば, 人間は, 今夜あ, 今日は, 今更の, 今頃留守へ, 休んで, 伸子も, 低い腰窓, 体温計を, 何で信長公, 何となし, 何もかも話し, 何を, 何日か, 作って, 保養する, 俺の, 傍の, 働き父, 優しく言った, 入って, 八郎が, 公園の, 其のま, 其れ, 内へ, 再び眠った, 冷静な, 出られないの, 別に, 前の, 加納は, 勝ちほこった, 十三年の, 千吉と, 午前十一時五十五分今度は, 半七, 南行の, 参りますと, 又新らしくけずった, 叔父は, 口の, 口笛を, 叱りつけは, 各道場, 同時にこの, 吐きだすよう, 君枝は, 呆れたよう, 呟きすすり泣くので, 呟やいた, 命令の, 哀しいかな, 唇を, 善光寺平を, 喜兵衛は, 嘲り気味, 四方山の, 団扇を, 地理を, 垂れて, 塩っぱい涙, 変な, 外部の, 夜と, 大あぐら, 大きなためいき, 大口利く, 奇声を, 女は, 好きな, 妹も, 娘が, 嬉しそう, 宇宙全, 安二郎は, 安楽な, 宵闇の, 宿の, 富貴子が, 寝に, 寸前の, 尋ねた, 小さな杯, 小声にて, 小次郎の, 小道を, 少しも, 居たら何だか少し, 山腹を, 岡田辰弥くんかと, 岸本は, 左へ, 巫山戯て, 巻煙草に, 帰って, 帰天斎が, 平井山の, 年中帯封, 幾つも, 庄吉を, 店番を, 庭を, 廻って, 強いて苦笑, 彌左衛門町, 彼に対して, 彼らにも, 徐かに金天狗に, 心にも, 心配そうに, 念の, 思い切って, 思ったきょう一日, 思わずニッ, 思出したい, 息を, 悲しそう, 惘れたよう, 感心した, 我々は, 我知らず苦笑を, 手が, 手近い, 抑揚の, 抜けて, 押しつぶした儘, 拙者嫉妬を, 持って, 指示す, 揶揄し, 放っても, 散歩の, 断えず千代子, 新幡随院, 旅役者を, 旅館や, 日が, 明い洋燈, 明君曰, 昨夜の, 時々みずから, 時々呟い, 時々書院, 時計に, 暑い思ひ, 暫く考へ, 書いて, 朝, 木原は, 未だ嘗てその, 杖に, 東側の, 枕元に, 枯れた芝生, 案外世俗的, 棧敷の, 楡と, 楽しむつもり, 横に, 樹が, 機関部に, 次第にむかむか嫌悪, 歌でも, 正吉の, 此の, 歩いたり, 歩きました, 歩くので, 歯を, 死を, 母親から, 毎日の, 毛布の, 水を, 水飴を, 江戸の, 汽車の, 沈んだ重い, 泣き明し, 注文を, 流れの, 淋しい笑い, 清子は, 満足さう, 溯って, 炉辺に, 然し母, 爭で, 片手で, 特別に, 狂氣の, 狭い間道, 獨り, 甘さ, 由井ヶ浜までは, 甲斐は, 町の, 疎に, 疲れた足, 白檀の, 皆申合は, 目を, 直ぐ心, 眉を, 真西, 眠つた, 眼に, 着て, 矢代の, 確かに, 祈るよう, 私が, 私を, 穂高にまつわる, 突然かう, 立上った, 竹屋河岸の, 笑いだ, 笑ひ, 答える, 米友に, 糧食の, 絶えず微笑, 綾子さんに, 羨ましげ, 老母は, 考えたこと, 考え考え出かけて, 耳に, 聴きながら, 肩を, 背伸びを, 脣の, 腰を, 膝で, 自分だけを, 自分も, 自分達に, 自己の, 良寛さんは, 花屋敷の, 英語で, 茶の間へ, 茶碗に, 落ちついて, 蓬, 藤次郎は, 蝶吉は, 行き過ぎて, 行ったり, 衣嚢に, 裏面の, 西を, 親しそう, 言いかけた, 言うだろう, 言ひ, 言葉は, 訊いた彼女, 訴えた, 話しかけた, 話してるの, 話に, 語りつづける, 誦すと, 請負仕事を, 講釈し, 議論し, 貴島の, 赤井の, 足ぶみを, 足音荒く, 跪坐んで, 跳ねたり, 身體をずつと, 辛うじて外界, 辿って, 近付いて, 迫るよう, 送って, 通つたから, 速力を, 進行すれ, 遊んで, 道を, 配るの, 鉄帽の, 錐打ち, 長く長く起き, 阿賀妻が, 隊長の, 隣から, 雑司ヶ谷辺を, 雨に, 電信柱に, 露台の, 面を, 音を, 頬杖を, 顎を, 顔馴染の, 食うも, 食べるの, 飢えねば, 飯食べ, 馬に, 駒子を, 高橋警部に, 鰻でも, 默つてゐる, 默つて煙草を, 鼠の, 鼻毛を

▼ 見たり~ (1924, 2.4%)

234 して 132 聞いたり 129 した 31 する 30 すると 21 したが, するの 20 しながら 13 すること, 左を 12 感じたり 10 しが 9 しました 8 したの, したもの, 聴いたり 7 きいたり 6 しましたが, するよう, する事 5 しても, 何か, 自分の

4 [11件] ある時, したこと, してから, しに, します, し時, するので, すれば, 机の, 考えたり, 聞たり

3 [22件] うわ言を, こちらを, こんな事, しその, したので, しは, しようと, するだけ, するとき, する時, そうかと, ぴつたりと御, 一人で, 又或, 嗅いだり, 声を, 彼は, 手で, 筮竹を, 胸を, 話を, 附近の

2 [79件] いろいろな, いろいろの, お茶をの, こは, し, したいの, したけれども, したとき, しちゃ, しなければ, しや, しようもの, し乍ら, するが, するころ, するたび, するという, するもの, する人, する癖, それを, そんなこと, はては, ひっくりかえして, また, またその, また自分, まだ, レコードを, 下を, 中へ, 今日は, 何だか意味, 充分突, 先の, 出して, 口笛を, 地方新聞で, 坐って, 坐ッ, 天井を, 左の, 希望を, 庭へ, 後架から, 悟を, 或は又, 或る, 或時, 書いたり, 本を, 枯れ尾花, 枯尾花, 樹木を, 此方を, 深呼吸を, 煙草を, 登山趣味だの, 目を, 眼を, 私は, 竪から, 耳を, 聴診器を, 自分が, 自然の, 舌を, 色々の, 色々景品, 花の, 薪を, 蟒蛇の, 触れたり, 話で, 読んだり, 途切れて, 釜の, 音楽を, 馬鹿に

1 [917件 抜粋] ああしこう, あたしこう, あちこちと, あやしい音, あやしげ, あるいはかえって, あるいはまた日本騎兵, あるいは二階, あるいは向う, あるいは空合, あるいは腿, あるもの, いそがしく身体, いたしますね, いやに, いろいろに, いろいろやっ, うたを, おとの, おもしろいこと, お互に, お前様が, お寺に, お腹の中, お話を, かくヨブ, かみ合わせて, きよき宵, くるりと, ける, けんそのまま, けん心, げに言, こうやっ, ここの, こっちから, こっちを, こつちの空, このごろは, この隈, こまっかい, これから飛騨, これ彼が, こーンと, さはつ, さんざんおもちゃ, さんざん待ちくたびれた, しこと, したがった, したところ, したに, したらきっと, したら大分足, したら末葉, した人, した小説, しだした, しっとりと, しては, しとい, しないほう, しなり, しぶく小雨, しましたけど, しまして, しまひ, しよう, し出した時, し如きうるは, し当時, し彼, し牢屋, し踪, するうち, するから, するであろう, するばかり, するほか, するやう, する人手, する八五郎, する図, する場合, する弊, する必要, する挙動, する暇, する程, する者, せがれの, そう云う, そして最後, そのいう, その上, その中, その他様々の, その前, その影, その數, その衣, その話, その辺中, それから自分, それで夜中, それにも, ただ考, たね茄子を, だいぶ本式, ちょっとした質問, ちよい, とあるにて, といえりと, といへる, となり, とんだり, どうもそんな, なさいまして, なさるの, なすって, なぞし, なるべく軒下, にっこり笑いかけ, にやりと一人笑い, のぞいて, はしゃぐ声, はにかんだり, ふしぎそうな, まことに他愛, またかすか, または内々審議会入り, または自分, または起承転結, また人, また前, また十日, また大分県, また天秤棒, また女, また当座, また時には, また木, また納棺最後, また考え, また胃の腑, また若者, まるで人相見, もとめたり, やあ, やがて日暮, ろくに話, わざと下らない, わざわざ四, われも, われ勝てりで, クリームを, コーヒーを, シャフトの, ダラ幹無産政党を, チェックの, ドーランを, ノルマンヂイの, パパと, ヒョイ, フンフンと, プロレタリア小説などを, ホテルへ, マントの, モックリと, レコオドを, ローマの, 一二三四と, 一日そわそわ, 一日中かまえ, 一杯飲ん, 丁度私ども, 上下逆様に, 下女を, 下眼瞼, 下駄を, 且つては, 世間の, 両足を, 中の, 主義主張から, 乃至は, 二階から, 云ったり, 人に, 人情風俗を, 仁左衛門や, 今度は, 他に, 但し早, 低い声, 佐賀の, 何にも, 何一つとして, 何度言っ, 俯向い, 借り倒したり, 偶然ある, 先生の, 先輩学者の, 全く持てあました, 公園の, 其を, 其邊中の, 冗談を, 写真の, 冷かして, 出て, 出来るよう, 刀豆形の, 前へ, 前方に, 劇場へ, 動脈を, 匂いを, 医者の, 卯平へ, 厚く切っ, 又のせ, 又はソッ, 又は新しい, 又は無意味, 又兵器製造所, 又勘次, 又物事, 及ぶだけの, 口を, 只さえ, 台所手伝っ, 叱られて, 吉から, 味噌を, 咽喉を, 唇を, 善哉を, 喜んだり, 噂に, 土塀から, 地面を, 垢染みた, 場外れに, 塀から, 墨の, 夏と, 夜は, 夜燈火を, 大へん, 大分本式に, 大勢の, 大音の, 天皇御, 奇瑞を, 女を, 好きも, 好んで, 妙な, 姉を, 学生に, 実地の, 家を, 容易に, 寄席に, 寝転んで, 小さな像, 小旗, 小説を, 尻の, 山の, 岩に, 左へ, 幾度か, 座ったり, 庭の, 廊下の, 延棒を, 引き千, 弟の, 彦六を, 彫刻を, 彼女と, 彼等みない, 後ろへ, 後家さんの, 御声, 御馳走に, 心から好き, 忘られた, 怒つて, 思い返して, 性格を, 恐ろしく念入り, 悪い噂, 悪瑞, 想像し, 憎惡, 或いはその, 或は二階, 或は其の, 或は古人, 或は故意, 戸口に, 戸締りの, 手に, 扱うこと, 投りだし, 抽斗を, 拜殿の, 持ち帰らんと, 指の, 捻って, 揃って, 摺り餌の, 擽って, 故更, 整えたり, 新八郎, 新聞を, 新舞踊, 旅の, 明月を, 昔の, 是れ, 時には内乱罪, 時間ごとに, 書くには, 月を, 月光石の, 朗らかな, 木山を, 本堂を, 杜松などの, 杯の, 枕もとを, 枯れ尾花とは, 枯尾花流に, 栓を, 梅子は, 椅子を, 植幸の, 植物園へ, 検温器を, 構成し, 樹に, 機關砲を, 歌を, 歩いたり, 毎日の, 水に, 水を, 沖の, 沙漠を, 浅瀬に, 海の, 濱町遊びを, 点けて, 無門関, 無駄な骨折り, 焼いて, 煙草好きな, 爪を, 父の, 片足で, 物の本で, 物を, 特別に, 犯人に, 狡猾を, 猿が, 現代無法主義の, 甘露水と, 甲の, 疑って, 疳癪を, 白粉と, 百城の, 皆を, 盤を, 目の, 目的を, 相変らず, 省察し, 眉毛を, 眺めたり, 知りたくも, 砂の, 示指と, 神田に, 私語い, 秘蔵の, 空を, 空想に, 突然姿見, 窓から, 窓を, 立て見たり, 竜は, 竪に, 笑つ, 笑ひ, 箱を, 籠の, 納屋へ, 細君の, 経歴を, 結局画面は, 絵を, 絶えず会話, 縦に, 罪なく, 考えさせられたり, 考えて, 耳で, 聞いたりの, 聞かせられたり, 聽い, 肢を, 肩を, 胸や, 腰に, 臥雲震致が, 自分で, 自分を, 自身舞っ, 航路を, 良い映画, 色々な, 色々狂気, 芋は, 芝居の, 花が, 花園を, 茶の間の, 荒れすたれた禁裡, 落しに, 落ちつかう落ちつかうと, 蔵書の, 薄雪, 藥を, 蟹江の, 行きづまつた農村治策, 街で, 表面を, 袴の, 裏へ, 裏返して, 裸足を, 襟元を, 見せたり, 見なかったり, 見事に, 親指で, 触って, 觸れ, 評判に, 誰か, 論じたり, 譫言の, 賑やかな, 赤い上, 赤井を, 起返っ, 踊ったり, 軽蔑し, 近代の, 近頃は, 遊び歩いて, 道具を, 遠くで, 遺作に, 部屋の, 都鳥の, 酷く憂鬱, 金色の, 鉢を, 鏡の, 長押の, 長火鉢の, 開けて, 雑誌を, 離して, 雲助を, 霜枯の, 露店の, 靜脈を, 靴を, 頭に, 額の, 風呂に, 風船に, 飽きると, 香水と, 馬を, 高いところ, 髪の毛の, 髪の毛は, 鴨東一帯を, 鼻で

▼ 見ては~ (1357, 1.7%)

17 ならないもの 16 いけない 11 いなかった 10 いない, さすがに, ならぬ 9 いるが 8 いられない, くれまいか 7 いないの, 何か 6 いけないと, ならない, ならぬもの, 心の 5 いけません, 何の, 私は 4 それが, どうか, 居られません, 彼も, 往きて, 私の

3 [19件] いけないの, いなかったが, それを, どうかと, ならないこと, ならぬと, よろこんで, 人々は, 人の, 何うし, 心を, 悪いもの, 流石に, 誰か, 誰だって, 誰でも, 誰も, 驚かざるを, 黙つて

2 [68件] いかがで, いかな, いかん, いけないという, いけないもの, いまい, いられないの, いられないので, いられなかった, おれまい, かけ出し走って, けじめも, この上, その滑, それも, ちょいちょいやった, とても食べ, どうかという, どうだ, どうで, どうでしょう, ならないと, ならないの, ならないよう, なりません, もう嬉しく, やって来て, ッと, 下さいませんか, 何う, 何も, 俳句も, 僕も, 呉れまいねと, 哀れを, 坐つて, 声を, 多少の, 大将も, 如何で, 居られなかつた, 居られねえから, 居られませぬ, 彼の, 必ず報ゆ, 悪いこと, 惡い, 我々は, 手を, 日本の, 欷歔す, 死を, 気が, 泣いた, 泣いて, 涙を, 済まないと, 満足の, 溜息を, 眼に, 眼を, 私も, 空を, 胸が, 苦い顔, 言語に, 誰しも, 餘り

1 [988件 抜粋] ああ疲れたる, あたくし, あの下, あの高貴, あまりに懸隔, あまり強, あらゆる躊躇, あり余るもの, あれこれ, あわれみの, いいけれども, いかな信雄様, いかに勝家みずから勝家, いけないぞ, いけないですよ, いけないよう, いけない醜い, いけねえ, いけませんよ, いたが, いたしで, いたはず, いちいち排斥, いっそうその, いとど感情, いないが, いないだろうかと, いないという, いないよう, いなかったかしらと, いなかったでしょう, いなさらなんだか, いましたが, いません, いませんでした, いや, いよいよ以, いられないのに, いられないよう, いられないん, いられない心持, いられない気の毒, いられなかったでしょう, いられなくなったの, いられぬと, いられまい, うまそう, うら悲しく思う, うれしき今朝, うんざりし, おかしがった, おふくろを, おれぬ, お手紙, お芳, お長屋, かえって反対, かなり遊心, くすくすと, くまも, くれまいそんな, くれまいねと, こちらにも, こちらの, このまま, この人, この変革, この方, これが, これは, ご飯が, さしぐむ, さすが慢心, さりげなく装う, しきりに待ち遠し, しまったり, すぐ飛び出した, すべての, そう云う, そぞろに, そっちへ, そのままには, その上, その中, その庭, その心, その惡業, その暴言, その血管, その鍵穴, それとなく房子, それほど自然, そんなこと, ただ涙, たとえ一族老臣, たのもしい心, たまらぬという, だめよ, だれより, だんだん古, ちっともわからない, ちょいと, ちょこちょこと, ちよいちよい小さな, つい戰場, つい気, づかしく思ひました, とかくの, とてもそんな, とても見劣る, とれた, どうかといふ, どうかな, どうかナ, どうしてこれ, どうしても口, どうしても落ちつい, どうだらう, どうであろう, どうもそんな, どうも全体, どうも老人, どこも, どんなに辛い悲しい, どんな教育, なおさらの, なおさら自己, なぜか, ならないところ, ならないはず, ならない秘密, ならない自分, ならぬでは, ならぬ光景, ならぬ日, なりませんよ, なんの, はあこれ, はっきり感じられない, はるかうしろな, ひたすらに, ひとに, ひとりでに昂奮, ぴんときた, ぷっと噴き出し, ほうって, ほくそ笑みも, ほとんど絶望, ぼつ, ぽかり, またかと, また一散, また寒く, また折々, まるで遊んでる, むしろ涙, もうおしまい, もうすっかりおびえあがっ, もうろうと, もう矢, もう私議私憤, もう耐えられなくなっ, もっと楽, ものを, やはりその, よくお, よく独り, わからないが, わからないやう, わからない軽い, わしは, わるいもの, われ人共に, ゐないかねえ, ゐないの, ゐなかつた, ゐなかつたので, ゐられない, ゐられない気, ゐられなかつた, ゐられなくな, アと, コッソリ泣き泣き, ジッとしては, スキーの, ティトレリが, ニッコリ笑っ, ハラハラいったいお, パズルを, フランボーや, ポンと, マンドラン, ヴィヨン, 一切だって, 一層慊ら, 一様に, 一驚を, 三十年四十年の, 下さいませんかね, 下らぬ事, 不公平だの, 不可であろう, 不安と, 不当なる, 世に何等, 並々の, 予期した, 事実呂布が, 二三度続け, 二葉亭の, 互に軽蔑, 人間の, 今こそ, 今日誰か, 今起き, 仕事を, 他愛の, 伊古麻の, 伏せまた, 体を, 何だかそわそわし, 何となく胸, 何べ, 何んとか, 何事か, 何度と, 何方が, 余計に, 來た, 俺は, 健康な, 僕は, 全く面喰つた, 其の様, 其以前の, 写して, 冷笑っ, 分かりませんけれども, 分らないよう, 判らなくても, 別に何, 到底同一, 剥くり返して, 助言を, 勿論何物, 千世子の, 卑い, 卒気ない, 単調らしい, 厭な, 厭味に, 又何万石, 又半眼, 又水, 取りにがすの, 只私, 右へ, 合格品と, 同情の, 君の, 吾人豈, 呆気に, 哀憫の, 唯ポッチリ, 問題の, 喜びいよいよ, 喜び太陽, 喜び居所さ, 單に, 嘔吐を, 囁いて, 四十石の, 地図を, 城中の, 墓の, 変ったところ, 多くの, 夜道にて, 夢みがち, 大いに満足, 大勇なる, 天人は, 天賦の, 失笑を, 奈何に, 如何でございましょう, 如何にも嫌, 妙に, 嫌です, 子供の, 学説の, 安心した, 宋江も, 宜しくない, 実に静か, 家の, 寂しい八, 寝ました, 小さな溜息, 小走りに, 居たで, 居ないらしいの, 居ましても, 居られない, 居られないよう, 居られない樣子, 居られぬ, 居られぬ這いながら, 居れませぬ, 屡々山岳, 岡っ, 岩でも, 川とも, 左様な, 己にも, 希望と, 常套的の, 平和論者の, 平静であり, 幸福感に, 幾度も, 引っこむ, 彼とて, 彼らが, 彼女の, 彼女らは, 往路では, 微かながら, 微笑しない, 微苦笑する, 心に, 心中すこぶる, 忌憚なき, 怖れない, 思はず不思議, 思わず立ち止まっ, 恐ろしいよう, 恐喝される, 恬淡で, 悪いよう, 悪い妖精, 悲しいもの, 愈, 愈々飢, 意外の, 愛想も, 慄然たら, 憂慮い, 我が傍, 戦慄を, 投網に, 押しても, 拾って, 振り向く度び, 捨ておけぬ江戸, 捨てて, 描きした事, 攻めたてた, 敵呼わりを, 文芸部へ, 旧式の, 早く私, 春の, 春耕し, 時々沈み顏, 暗記する, 本部あてに, 杯を, 柄にも, 楠木一族の, 楽しみ多く, 樽に, 歌か, 止めたり, 正義を, 此柑子を, 死ぬ気, 母にな, 母親の, 気を, 気持ちを, 氣が, 水へ, 水中に, 決して単独, 河岸へ, 泣きました, 泣くにも, 泣くん, 泰軒先生も, 流転が, 涙の, 深い河, 深く心, 渡さないで, 激怒に, 火の, 無条件に, 煙を, 熱湯に, 片時も, 物欲し, 独りで, 猶更, 甘えた聲, 生家の, 町の, 疑って, 登らずには, 皆さんくすくす, 直ぐその, 眠って, 眼閉じ, 矢代は, 神樣が, 私が, 私語しつ, 稽古に, 穏しく, 竜次郎如何, 笑いこけたり, 笑いながら, 笑い物に, 笑って, 笑ひました, 笑み人, 簡傲も, 素子の, 続稿, 縦ひ, 罰金を, 美しと, 義理にも, 老父は, 考え風, 聊か気の毒, 胸の, 能う居ぬと, 能く, 膝へ, 自らの, 自分こそ, 自分ながら, 自分も, 至つて無精な, 興味深く感じた, 舞台を, 色眼を, 若い者共, 苫船へ, 落つる涙, 落語界に, 蔦を, 血痕を, 行けないもの, 裏面の, 見当が, 解らんが, 言いようの, 訪ねたい気, 訴えて, 訴へて, 話しに, 誠に平静無事, 誰かは, 諌めて, 豊麗な, 賃銭稼ぎに, 赤い赤いと, 走り出して, 起たざるを, 軟くしなだれかかり, 逃げださずに, 逃げ出そうと, 過ぎかねる動き, 過ぎ難い, 違う, 遠きを, 鉛筆を, 鋭い感情, 鐵砲傷と, 間違ひである, 隠岐から, 零落と, 震災の, 面白がっ, 面隠さるる, 頭髪を, 顏を, 風流な, 馬は, 馬鹿, 駄目ね, 駒平は, 驚く舷側, 高氏も, 鳴て, 鶴の, 黄葉を, 黙って

▼ 見~ (606, 0.8%)

47 もつきません 25 もつかない 23 がつかない 21 をつけ 18 はつきません 16 も付きません 15 が付かない, りません 13 はつかない 12 が付きません 11 が付かねえ, はついた 10 がつい, も付かない 9 は付いた 8 がつきません, は付い, をつけた 7 がつかなかつた, がつかなく, が付いた, のつかない 6 が附かない, は, はつく, もつかず 5 ちが, る 4 がつく, が付く, が違, でも付いた, は付きません, もつかなかつた, もつかぬ, も付かず 3 がつきました, が付かなかつた, でもついた, でもつきました, はつかねえ, はつくだらう, も付かぬ, も付かねえ, をつける

2 [29件] がついた, がつかず, がつかなかった, がつかぬ, がつきかねた, がつきませんでした, が付い, が付きます, だ, だけは付い, で下手人, で人, に間違, の付かない, の外れた, の違, はお, はつい, はつきます, は付かない, は付きました, は付きます, は付く, は付くだらう, もつかねえ, も付かなかつた, りは, を付け, を付けた

1 [147件] かい, がつかなくなった, がつかなくなります, がつかなくなる, がつかねえ, がつかん, がつき, がつきます, がつき兼ねた, がつけられた, がはつきり, が付いてる, が付か, が付かず, が付かなき, が付かなく, が付かなくなりました, が付かなくなります, が付かなくなる, が付きませう, が付け, が外れた, が違つた, が違つた樣子, が違つて, が附いた, が附いたらしい, が附かぬ, が附かん, すらつかない, たらざれば, たらず細工屑, たらない, たらないので, たらぬ, だけで, だけでもついた, だけでもつきません, だけでも付いた, だけでも付かなき, だけでも付きました, だけでも付け, だけでも附かない, だけはつい, だけはついた, だけは付いた, だけは付きました, だけは付きます, ついたくら, つかず既に, つかない感じ, つたら教, てたもの, です, ですネ, でどこそこ, では其處, では多分, では小田卷直次郎, では橋, でも付かなき, でも書いた, で掘り始めた, で探す, で東京音頭, で橋, といふこと, などはまる, なんか付きやしません, にする, にはまだだいぶ, に掛つて, ぬ位それ, のある, のつかぬ, のもの, の付けやう, の違つた事件, の違つた心持, の違つた批評, の附け, はさすが, はその, はつき, はつきました, はつきませう, はつけました, はづれ, はづれて, はづれな, はづれに, は二千兩, は付かなかつたらう, は付きやしません, は外れませんでした, は心細い, は直ぐ, は血, は見事, は附く, へと行く, までは錢形, もついた, もつかなく, もつかなくなりました, もつかなくなるでせう, もつきませんでした, もつきやせん, もつく, もつくまい, もつけかねた, も付かなく, も付かぬらしく, も怨み, も狂, も附かない, りぬ一つ, りまするのみ, りませぬ, りませぬが, りませんか, りませんが, りませんぜ, りませんでした, り不, り兼ねる, り次第に, り次第教, るが, る場合, る樣, る白い, る筈, る迄は, を付けさせません, を付けました, を付ける, を取, を君, を地圖, を失つて, を失つて身體, を定める, を聽, を附け, を附ける, 外れでしたよ

▼ 見~ (518, 0.7%)

95 して 66 されて 23 すこと 14 される 13 すの 9 すべきもの 7 したの, すところ 6 さなければ, しても, す 5 された, されること, されるもの, した, せるなり 4 さねば, されたり, されるよう, される場合, し, したり, せば 3 されるという, され易い, し之, し候, すならば, そうと

2 [17件] されたの, されたもの, された事, されねば, される事, される理由, したから, した結果, しての, しては, し最も, すと, すべきいかなる, すべきも, すもの, す時, す點

1 [161件] え, さず不用意, さなかつたと, さるべきであります, さるべきもの, されしなり, されし者, されそう, されたが, されたという, されたらしい, されたるかと, されたる義経, されたダンス教師, された処, された文芸, された時代, された為, された現在, された結果, された赤, された迷信, された道庵, されては, されてると, されないの, されながら, されなければ, されぬの, されました, されるかも, されるし, されるその, されるだろうから, されるであらう, されると, されるに, されるにも, されるの, されるべきだ, されるべき個別的事物, される他, される例, される先験的, される処, される勢, される平沼男, される恐れ, される情愛, される様, される点, される社会科学, される自明, される限りそう, されん, され出して, され商業報国会, され天刑病, され存在, され島民一般, され得る時代, され恐れられ憚, され芝居, しここ, しこれ, しそう, しそして, しその, しそれ, したいの, したがる風習, したこと, したとて, したよう, したる, したるや, したブルックハルト流, した上, した報道現象, した浮浪人, しつ, しつまり, しつ遊説者, しはじめて, しまして, しわが国, しキリスト, しダンテ, しマルクス, し下さって, し世, し主, し五雷正法, し勝ち, し卑彌呼, し去らんと, し受けし災禍, し合理的, し地上, し天命, し妻, し宗教, し將來, し弾左衛門支配, し彼, し得ないの, し得べき程強烈, し得よう, し得られる, し得る文学者, し教育, し月, し来ること, し正路, し殊に, し渠ら, し猫, し獣肉, し目下, し社会主義, し神, し神君, し道行く人, し頭, し高等, すかの, すことも, すでありましょう, すであろう, すという, すとき, すべきであらう, すべきであるそれ, すべきはか, すべき一群, すべき多く, すべき彦太郎, すべき詩文, すべしなど, すまい少く, すわけ, す云々, す他, す先輩, す処, す如き不, す心理学的立場, す手がかり, す普通, す物体論, す理会, す理由, す習癖, す迷信, す運動学, せないもの, せるか, せるほどの, たもの, ふもの, れて

▼ 見~ (466, 0.6%)

34 しないで 18 聞きも 13 せずに 11 知らぬ人 10 知らぬ男 8 知らぬ人間 7 しなかった, 知りも 4 しない, しないのに, し聞きも, 知らぬ一人, 知らぬ他人, 知らぬ土地, 知らぬ遠い

3 [12件] した, しないうち, しないが, しなかつたが, しなければ, せず口, せず聞きも, せぬうち, 知らない人, 知らない男, 知らぬ少女, 考えも

2 [26件] したが, したし, しないの, しなかったし, しねえが, しまた, しらぬ国, すべきおん身, せず知りも, せず覗き, 思想も, 感じも, 知らで世間, 知らないところ, 知らない女, 知らぬ, 知らぬふるさと長崎, 知らぬ婦人, 知らぬ子供, 知らぬ家, 知らぬ町, 知らぬ通行人, 返らず, 遣らず傍目, 飽かず眺め入り, 飽かず終日

1 [242件] あった, あったの, あへず, あへぬ, いれば, かえらぬの, かすむらし芽独活, ききも, さびしまじ下, されぬ奇異, しかねない, しき, しずまして, したこと, しないし, しないその, しないという, しないもの, しないよう, しない中, しない事柄, しない知りも, しなかったから, しなかったが, しなかったけれど, しなかったよう, しなかったらしいとの, しなかった人物, しなかつた, しなかつたから, しなかつた物さ, しねえ, しねえうち, しねえで, しねえで何, しま, しらざる潔白清浄, しらないよそよそしい, しらない婦人, しらない舞姫, しらぬこの, しらぬ人, しらぬ人々, しらぬ国国, しらぬ女, しらぬ恋人, しらぬ氷原, しらぬ漁師, しらぬ男, しらぬ道路人夫, し出会い, し技師たち, し知りも, し私, するが, すること, せいで, せざりし, せずお, せずしたがって, せずしつこく, せずすぐ, せずその, せずちょうど, せずぽん, せずまた, せずもちろん, せずサト子, せずスプウン, せず何, せず往来, せず東野, せず相槌, せず知らぬふり, せず聞, せず走りやがて, せず車, せず駈けて, せず麦酒屋, せなん, せぬか, せぬに, せぬもの, せぬ人, せぬ作りごと, せぬ卯平, せぬ夢, せぬ振り, せぬ目, せぬ西洋, せぬ雁, せまじ然, せんで, その募り, できない, できなかったし, でき翻訳, ないはず, ない小児, ない新, なかつた證據, なくその, なれぬ海辺, やらずなお, やらず心, やらず意味, やらでかの, 亦大略是, 出ず, 出来ないので, 出来ない様, 出来なかったこと, 及ばず聴きも, 取らず冷, 如らぬ, 御能弁, 思いも, 特に初, 猶ほ, 発生する, 知らざる廊下, 知らず, 知らずに, 知らず聞きも, 知らないという, 知らない人々, 知らない人間, 知らない他人, 知らない他国, 知らない他所, 知らない土地, 知らない売笑婦, 知らない女子, 知らない家, 知らない小男, 知らない怖い, 知らない次, 知らない死体, 知らない男女, 知らない私, 知らない素町人, 知らない老, 知らなかった女, 知らなかった様, 知らぬいろいろ, 知らぬお, 知らぬおお, 知らぬこの, 知らぬどこ, 知らぬもの, 知らぬゆひな, 知らぬベッケル, 知らぬヨー, 知らぬルンペン風, 知らぬ一行, 知らぬ不思議, 知らぬ世界, 知らぬ中国人, 知らぬ中年, 知らぬ乗客同士, 知らぬ人同然, 知らぬ人相, 知らぬ他国, 知らぬ僧, 知らぬ兒, 知らぬ処女, 知らぬ半, 知らぬ南, 知らぬ印度人, 知らぬ場所, 知らぬ変化, 知らぬ外国, 知らぬ外国人, 知らぬ外地, 知らぬ夫人, 知らぬ女, 知らぬ女性, 知らぬ子, 知らぬ子供たち, 知らぬ学生, 知らぬ実在, 知らぬ宮殿, 知らぬ寂しい, 知らぬ年頃三十歳位, 知らぬ広い, 知らぬ恋びと, 知らぬ手紙, 知らぬ推参者, 知らぬ敵方, 知らぬ新しい, 知らぬ日本人, 知らぬ気味悪い, 知らぬ法苑林, 知らぬ浮浪人, 知らぬ無数, 知らぬ父, 知らぬ犬, 知らぬ猛, 知らぬ男入り, 知らぬ目的地, 知らぬ相客, 知らぬ私たち, 知らぬ級友たち, 知らぬ老人, 知らぬ老女, 知らぬ若い, 知らぬ若者, 知らぬ荒くれ男, 知らぬ華麗, 知らぬ行きずり, 知らぬ街頭, 知らぬ西洋人, 知らぬ議論好き, 知らぬ運転手, 知らぬ野ずえ, 知らぬ鈴, 知らぬ隣人, 知らぬ青二才, 知らぬ飛鳥, 知らぬ鳥取, 知らねば, 知りませぬが, 穢わしと, 立腹致し, 識らぬ, 迎えないで, 返へらず心, 返らざりし背後, 返らずに, 返らずハタ, 返らず勢籠め, 返らず取るにも, 返らず女, 返らず少年, 返らで夫, 返らで琵琶, 返らなかったら, 返らなくなった愛子, 逢いも, 飽かず繰りかえして, 飽かぬらし, 馴れぬ獣

▼ 見てから~ (419, 0.5%)

9 急に 7 私は 5 それを, では 4 後の, 死ね, 私の 3 ものを, 云いました, 後は, 物を

2 [26件] いった, ここへ, こちらが, そんな事, だまって, でいい, でないと, でんしん, もとの, ゆっくりと, 一時は, 二三日後の, 二三行書き出した, 云ひました, 今日までに, 休みましたよ, 口角に, 叫んだ, 小太郎の, 年甲斐も, 河岸の, 胸の, 自分の, 言った, 静かに, 音も

1 [317件] Мой, ああと, あたしに, あたしは, あっしは, あの谷間, いつも鋏, いよいよその, おいおいと, お勝手, お妾さん, お言, お言い, お話します, お返事, かつて笑つて, こう云い出した, この七十歳前後, こらえこらえて, こりゃ抜かった, これを, さて着換え, さらに, しきりに彼, しばらくは, しばらく廊下, じっと目, じっと考え, じゃ, すぐに, すぐには, すぐ南玉, すっかり元気, すっかり恐怖, すつかり脅え, すても, そう言う, そこを, そっと良平, そのまま部屋, その家, その後で, その掌, その眼, その研究, それから室, それにも, そんなポオズ, そんな気分, たぶん郡山, だった, だ他, ちやんと, つとめて, つとめて自分, であった, であります, でしょうか, でなけりゃあ, でも, でよい, どうも欲しく, どこか, どこやら, なぜか, なにかコチン, なるほどそれ, なんとか着物一枚, にわかに作笑, にわかに心配, ひる過, ほかのも, ほんとうに, また一層, また一層思いだす, また俯, また繰り返し眺めた, また親爺, まるで病人, もうすっかり安心, もうもう胸, もう一度多鶴子, やがて牛乳, ゆつくり申しあげる, よい智慧, ようやく車, わからなくなりました, わたしは, グランパへ, スーッと, ゾーッと, トロミエスは, ネネムは, プロテアに, ホテルへ, ボロきれ, ユックリと, ラザレフと, ルクサンブールの, ロケットの, 一と, 一層不愉快, 一服する, 一隅に, 三人の, 三日後東野の, 三日目に, 三日目義雄の, 下り坂にまで, 不愉快に, 中に, 久慈が, 二三日し, 二三日の, 二三日夜も, 二人は, 二十年も, 二十日ぐらい, 二時間半です, 二階へ, 云うん, 云って, 人物を, 今度は, 伊織は, 会釈を, 伸子に, 何か, 何となく勿体ない, 作ると, 侍に, 俄に, 借りて, 入って, 入れた様子, 入れた樣子, 入口の, 其上, 其女に, 再び毛布, 出掛けなければ, 包んで, 北村に, 匙を, 十日と, 十日ほど, 千歯の, 却つて些と, 又ぐったり, 又ぐつたり顔, 又夕方, 又話し, 右斜に, 名前を, 吐ざけ, 呟いた, 命と, 四五年立った, 圓覺寺の, 城内へ, 堪らなく氣, 変に, 外へ, 夢ば, 大して時間, 大に, 大急ぎで, 大跨, 妙な, 安積に, 実世界, 寄って, 富士春が, 寝ても, 寝室の, 封を, 尋ねた, 小さい声, 小名浜で, 小林秀三君は, 小菅は, 小走, 小野が, 尼の, 岩へ, 峯子は, 左手に, 帆村の, 帰りに, 帰りの, 帰る, 帰ろうと, 広言を, 当分飯が, 役所へ, 待合の, 後あんたはんの, 後であった, 後でなけれ, 徐ろに, 忽ちその, 怒鳴るなんて, 思いついて, 急いで, 慾を, 振り返って, 振返り, 散歩にと, 数日後に, 敵も, 敵を, 既に八か月, 日本橋辺へ, 早々の, 早速この, 昨夜じゅう夜通し, 暇が, 更に奥, 書いたこれ, 朱筆を, 松島へ, 校長も, 格子の, 植物園を, 機械説を, 正成の, 武蔵の, 歯ぎれのいい口調で, 死なせたかつたとも, 死にたい, 死にたいと, 死にたいなあ, 死んで, 殆ど眠られない, 気味が悪いよう, 水を, 水雷長に, 注文した, 洗面器の, 火縄を, 炎の, 無駄だった, 爪先上がりの, 父に, 狼狽し, 玉島の, 産後の, 申しました, 申し上げたいため, 申上げます, 番頭は, 病みつきに, 盛に, 盤に, 目を, 知りました, 禁慾同然ボロ, 積取りに, 空の, 空へ, 立って, 立会いに, 答えました, 約半ヶ年, 紙の, 紹介するならした, 考えたの, 考えて, 耳を, 脚を, 脳の, 腰を, 膝から, 自分も, 艶つ, 薬を, 藤吉郎は, 行ぬ, 衣服も, 袁紹の, 袁紹も, 視線を, 親しみ深く, 言うこと, 言ひました, 言ふ, 話を, 談話室へ, 謙信は, 警察を, 買わねば, 赤子の, 起った浮気性, 足掛け七年目航海術の, 車掌さんは, 辞退した, 退く, 退屈屋の, 退院されたら, 遠大に, 遠藤並びに, 選択します, 銚子に, 間もなくまたまた何, 間もなく帰っ, 間違いない, 降参し, 隣の, 隣室へ, 頤を, 頭が, 顔を, 食べるよう, 首に, 馳せつけるは, 魚の, 鮎子さんたちの

▼ 見~ (391, 0.5%)

90 はした 86 はし 39 もつて 24 はしました 16 はすと 10 もつた 9 はす 6 がふ, はりに 4 はせ 3 はします 2 はすとして, はつたり, はらぬ舌, ほしく物, ほしとの, ゐら

1 [86件] がはれる, がひたる, さば立ちさわぎ, つりて後かれ, はさう, はしあれか, はししきりに, はしたくなる, はしつ, はしなすつた, はしはじめた, はしみんな笑つてゐる, はしを, はし出した, はし助, はし恐ろし, はし片隅に, はし義雄は, はし首を, はし鮮やかなる, はすうち, はすきつ, はすけれど, はすとき, はすには, はすまあ, はす折しも, はせし, はつて, はらば, はりの, はりましたが, はり今夜は, はり山を, はり役人の, はると, はるやつぱり秋田蕗が, はる事に, はる楽し, はれたの, ひきやく, へと思つて万事, ほか, ほしい, ほしいいま一人, ほしいくらい, ほしいと, ほしいといった, ほしいところ, ほしいほお, ほしいもの, ほしい人体, ほしい姿, ほしい美少年, ほしい腮, ほしき, ほしきに, ほしき人, ほしき人物, ほしき優男, ほしき心, ほしき振袖す, ほしき欲, ほしき美少年, ほしき美少年一人柁, ほしき美貌, ほしき肥満, ほしく, ほしく四五年間探索, ほしく思ひ, ほしく思ひしか, ほしけれ, ほしけれと, ほしけれど, ほしさに, ほしさはよの, ほしの, もつたが, もつたま, もつた人, よ, をした, 欲しいたっぷり, 欲しいという, 欲しい二十四歳, 欲しい姿

▼ 見~ (325, 0.4%)

24 もなく 21 を切っ 19 も外聞 18 を切 14 を切つて 13 を切る 11 を切った 9 にし 7 もない 4 をきる, を切り 3 がある, とに功夫, にした, もあり, も何, も色氣, をきっ, をきった, をはり

2 [18件] になる, にも振り, に接し, のよう, の式, の為め, もわすれ, や外聞, をきつ, をし, をした, を切つたの, を切ります, を張つた, を張らない, を張り, を搆はず豆, を示し

1 [118件] があった, があり, があれ, がいい, が手伝っ, が文次, が溢れ, だけに止つて, でデカ, で云つたの, で余, で幕, で鵜呑み, とからくる, として居る, とを持たない, なんかどう, にすぎない, にする, にて, にてわざと, にでも言, にときどき, になり, になりました, にまた, にもならない, にも自慢, にやって来る, に出る, に勇み立ち, に後退り, に技師, に来た, に秘か, のこと, のため, のつもり, のない, の切りついで, の切り方, の切れ, の場所, の張りたい, の旅館, の立った, の通り, の際, はこれ什, はつつん, はない, は何, は言わねえです, もあるだらう, もうちわ, もかざり, もかなぐり捨て, もなかっ, もなかつた, もなし, もはり, もまじっ, もよろしく, も体裁, も何物, も嗜み, も嘲笑, も得意, も必要, も忘れ, も振り, も棄て, も糸瓜, も義理, も荒風, も風, や世間, や慰み, や打算, よりなぜ, をいった, をかざる, をきり, をきりました, をしたがる, をする, をそなえたる, をつくらう, をもつ, を云うまい, を切つた, を切つた批評家, を切つてイヤ, を切つて割腹, を切つて口, を切つて斜め, を切つて稚拙, を切らなけれ, を切らぬ, を切りたがる, を切りました, を切り給, を大事, を大切, を失っ, を守り立て, を張った, を張らなけれ, を張りませんでした, を張りや, を張る, を悪く, を感じた, を持つ, を捨ててる, を知らない, を示す, を見せた

▼ 見~ (315, 0.4%)

1496 ひて 4 へ君 3 ふに, へさり, へそれ

2 [16件] えこれ, は, はじ, ふ, ふまじ, へかしこ, へこの, へその, へと云, へな, へ代議士, へ僕, へ彼, へ我が, へ解散, へ諸君

1 [115件] えきっと, え千種君, え支倉君, え星田君, はざりき, ひけり同, ひけん入り, ひしが忽ち, ひしこと, ひしならん, ひしの, ひし何, ひし後, ひし所, ひそ, ひぬと, ひぬといふは, ひ汝, ふならん, ふにも, ふもたまさか, ふらむ, ふ三人, ふ大将, ふ如く今, ふ度毎, ふ昔, ふ時, ふ汝, ふ窃盗, へあんな, へいくら, へきつ, へこいつ, へこれ, へこんな, へさ, へそして, へつて, へとの返事, へと指, へと質問, へどもナポリ, へども遂に, へな屹度好き, へば, へばさりとて, へばほどなく, へば人, へば蒼海, へほか, へまあ, へまた, へまだ, へよ僕, へり, へわれ, へアベツク, へキリストそつくり, へセザンヌ, へボンヤリ, へ一家, へ三井木材, へ世界, へ二三年間, へ二十錢, へ二服, へ人々, へ人間, へ会話, へ何, へ僕等, へ全く, へ剛一, へ北条家, へ十囘, へ半, へ吉岡, へ四十二箇月, へ土屋君, へ大抵, へ妹, へ宛然死人, へ尠, へ尾上君, へ屍蝋, へ巡査の, へ彼奴, へ恐しく, へ我々, へ投げ出した, へ斯, へ新, へ既に, へ最近, へ此處, へ此野, へ水, へ源義経, へ生き, へ男女, へ皆それぞれ違つて, へ直に, へ社長, へ第, へ細君一人, へ紳商面, へ結節, へ身長, へ重役様, へ金剛石, へ阿, へ飛びゆく, へ駿州有渡郡田子の浦, まへ

▼ 見~ (282, 0.4%)

4419 るべきもの 16 るる通り 14 るる 12 るるとおり, るるもの 11 るるよう 9 るること 8 るるの 6 るるに, るるも 4 るるところ 3 るべきである, るるか, るるが, るる恐れ 2 せえ, るべし, るると, るるは, るるばかり, るる没我, るる者, るる船, るれば

1 [91件] つたら怒られつから, つるもんぢ, るべ, るべきであらう, るべきであると, るべきであるという, るべきであるよりも, るべきであろうが, るべきでしょう, るべきです, るべきでない, るべきでは, るべきと, るべきところ, るべき事情, るべき人体, るべき地域, るべき徴証, るべき有らゆる斜線, るべき権利, るべき犯人, るべき理由, るべき視野, るべき高貴, るべくそして, るべしと, るるあの, るるごとく慶応三年, るるごとく既に, るるごとく物質的, るるすぐ手, るるであろう, るるという, るるとおりこれ, るるとおりわれわれ, るるとおり僧形, るるとおり女文字, るるとおり彼, るるとおり衰え, るるとともに, るるなき, るるなり, るるにおいては, るるにも, るるので, るるのみ, るるふし, るるを, るるアカネ科, るる一般普通, るる下水道, るる人, るる人々, るる公園下, るる卍字, るる城址, るる場合, るる大日沢, るる如き, るる如くただの, るる如くわれら, るる如く某, るる如く至って, るる広大, るる形, るる徴候, るる愉快, るる新, るる星, るる最も聖, るる林, るる棒, るる様, るる永遠, るる活力, るる浅まし, るる特異, るる程一生懸命, るる美, るる美しい, るる老, るる色, るる虞, るる辛, るる通り裏表, るる通り首, るる重, るる限り, るる霜月丑の日, るる風俗, る可

▼ 見~ (268, 0.3%)

44 して 9 しながら 4 すると, するの, もって, 禦いだ 3 した, したり, した時, すれば, ろす, 異にする

2 [17件] いたした時, さめだな, したか, したこと, すること, するので, つづけました, る我, 乞いに, 交へ, 抛棄し, 持し, 持つて, 異にす, 異にすべく, 願つて來て, 願つて来

1 [147件] いたしました, いたすまで, いだきて, お奉行神尾, かくして, させたり, させましたが, さめでは, さめを, された様, したくらい, しただけの, したの, したもの, したらしい人, した夜明け, した王生, した瞬間, した香具師, してやろうか, しないで, しないという, しました, すえましょう, すてて, する, するか, するだけに, するという, するのみ, するやう, する人, する対象, する私, する迄は, する鏡, す可, せずた, せねば, その若, たまわりたくまた, とおして, なすった, ひん曲げて, もたずに, もたない, もった批評, もつて, もてシエクスピイヤ, やめないなと, やる, ゆるされ今朝, り, れ, ウチの, ズッと, 一々自己, 主張し, 交易し, 企てたの, 企てて, 伺ひませうツ, 修習せしめ, 入れかへて, 具えて, 具へる, 出した, 出来ないやう, 取り去つて, 叩きの, 同じゅうして, 否定すべき, 啓蒙し, 変えついに, 大きくすれ, 奉ずる故, 容れず, 導きて, 弁護しよう, 強請んだ末, 得に, 得ましたなら呉翁, 意識し, 憎悪し, 懐くこと, 懷いたれ, 扶け, 抜きに, 抱いて, 抱かさせられそれ, 持たしめては, 持たせて, 持ち合うて, 持って, 持て働いて, 捨てて, 捨て切れないため, 排して, 擲ちしが, 擲つこと, 散ずるの, 有した少, 有つ, 欠き罪福, 欠くを, 求めざるを, 求めました, 注ぎこんだりするおそれがあるとは, 申し込まれ星氏, 立てこれ, 立てたの, 立てて, 立候よりの, 約束した, 終へ, 終へて, 終ると, 終るまで, 続けた, 綯り合せたるごとき, 義と, 聞いて, 脱せず, 致して, 良くしよう, 虚偽として, 見抜きなさいなどとは, 言上致します, 請うたの, 護持す, 起こして, 起さねえとも, 起したならそりゃ, 起したの, 起したん, 起した政党, 起しちゃ, 起すまいもの, 起す和尚さん, 述べて, 遂げた程度, 開き富国兵強, 防いだ, 集め談話, 願って, 飾る出仕, 養ひし

▼ 見~ (253, 0.3%)

1465 神の 3 すが, ような

2 [17件] あたたかや, あを, すがすがし昼寝, 一義に, 人は, 名人が, 強味, 水路と, 滝に, 為に, 船, 親しかも, 謂ならずや, 間に, 間の, 面に, 面の

1 [188件] あの雅之, あること, いわゆる維乗法, おせまい, お歸途, お瀧, お節句, かうかうと, くせに, こちごち, この日, さみしさ, すずしさ, ために, できないよう, ときアメリカ海軍軍樂隊の, ない己, ない新, なごやかになりに, もの, ものと, もの他の, もの辛うじて, やうな, やって来たこと, ように, よくない, よろし不, トム, 一件を, 上の, 下がり候後は, 下まで, 世界への, 事實を, 云う通り, 五に, 人から, 人が, 人に, 人を, 体で, 侍が, 催頗る, 僧に, 処此方が, 出来る千里眼, 判断で, 力を, 反身, 呑みこめない為, 命の, 命は, 命一柱, 命三柱, 喜を, 喪山の, 囚と, 土地へ, 地口まじり, 坑に, 埼の, 埼近づきぬ, 大悲, 大気が, 大氣, 天眼鏡, 奇妙なる, 女性達の, 妓に, 妙案も, 始なり, 宇治行きを, 客が, 客と, 室ほ, 宴からの, 宴の, 宴を, 家で, 小宴を, 尾根づたいから猫背山の, 峠から, 市と, 幼な, 強味である, 強味を, 当れる, 役を, 彼の, 恍れ, 惚れむ光, 惡者でも, 意味が, 愛しもよ, 或る, 拝を, 指図を, 挨拶を, 捕虜と, 方は, 方を, 日でございます, 明あり, 星の, 春めくは, 時から, 時の, 時足音を, 晩, 本質それが, 杯を, 機あらざるべき, 淺まし, 済んだ馴染, 源を, 滝へと, 滝其滝の, 滝等の, 滝道の, 濟むまでは壻の, 濱, 濱から, 濱が, 為にも, 狭いもの, 狭い人間, 狭い商人, 狭い話, 狭い酒客, 狭隘なる, 申し候こと, 病気を, 痛快な, 発明に, 目蔭し, 真似で, 眼では, 眼と, 礼を, 神ぞ, 神に, 神まで, 神より, 神を, 神石長比賣, 神野椎の, 禮が, 稽古台に, 立見に, 箇所を, 節句にゃ, 紙着板を, 結果な, 罪が, 美しかも, 老人, 自分も, 興味が, 船よそほひ, 苦繩人間の, 荒澤の, 菓子を, 見て, 言葉が, 話を, 誤謬について, 論と, 論という, 谷へ, 身分も, 輩が, 道具立てを, 違いこそ, 邑に, 酒へ, 野郎だ, 金を, 間, 間は, 間を, 階子と, 霊魂の, 顔が, 顔さへ, 飽かずさ, 飽かず不二, 魔と

▼ 見~ (236, 0.3%)

30 おしの 29 おしが 24 おしに 21 おしを 13 おしも 10 おしで, おしは 6 おしだ 5 おしな 4 ほして 3 ほされて 2 いふ, おしから, おしとに, して, ほしに, 良心とに, 言って

1 [67件] いうべからざる, いった, いっても, いわざるべからず, おしきって, おしさえ, おしだった, おしだろう, おしていらっしゃいます, おしていられる, おしておられた, おしてやって来た, おしてゆこう, おして居ります, おして私, おして置い, おしでは, おしと, おしとしては, おしとを, おしには, おしをも, おし給う, しゃれたの, し難し, するとか, たたかって, つたのか, つて置く, ときたまひ, どこまで, なる, なるやろなあ, ほすの, ほすので, ほす力, ほす視野, ほせたらねえ, ほせの, むるとは実に, むる間も, アヘンだ, 一致せない, 云わざるを, 人殺しと, 信と, 信とを, 到底疑問, 寛斎とは, 思ひます, 想像を, 手柄に, 推測とに, 書いたそう, 来て, 気狂い染みた, 申します神, 申す比丘尼, 申そうか, 稱します, 絵葉書屋と, 見ゆる月影, 言う時節, 言う言葉, 言えば, 言ひ, 言ふこ

▼ 見つつ~ (225, 0.3%)

5 偲ばむ 4 あかずも 3 あるもの, あれば, わが, 東へ

2 [12件] あり, ある, おもしろ, かなしき天の河, ぬくもる吾, よろしも, ゐし生み, 偲べと, 思ふなり, 行かむ, 起きむともせず, 閑かなり

1 [180件] あった二つ, あやなし, あらむか, ありしが, ありし事情, ありては, ありますにつき, あるから, あること, あるこれら, あるの, あるやを, ある事実, ある吾人, ある常盤範貞, ある思い, ある旨, ある間, ある風景, うねった道, おぼめくまでも, かがんで, かつ聞き, かなしき天の川, かなしも, かの国, こうやっ, ここに, こころかなしも, しゐたり, し行き, し親し, すべなし, そこを, そっと眼, その伝承, その写象, その告白, その間にも, ともしき小舟, どうしよう, どこへ, なほ自らを, はるあき, ひそかに, ぶっ通し, ぽんぽん舟, また一句, まだ午, ゆく, わかぬに, われ俯向きぬ, ゐて, ビールぽんぽん, 一ト息入れ, 下タ手に, 下女から, 且つその, 中田圃, 久慈を, 乗放し, 人目を, 今日に, 今日は, 何か, 俥にて, 俥は, 偲ばせ, 偲ばも, 内助の, 前進し, 北叟笑むよう, 南方へ, 去るに, 受話器とる, 君を, 呂宋兵衛も, 問いぬ, 喘ぎあるいた, 嘆くらむ, 四ツん, 壁を, 声なし, 声を, 多計代, 夢の, 夢みて, 大字除川に, 大孤山沖, 奉行所の, 子は, 安らに, 寄りて, 小半日も, 居すくんだまま, 居残って, 帆ぐるま, 彼の, 待つまを, 後にけぶ, 心しづけき, 心も, 心得顔に, 思わず引き入れられ, 急に, 恋しむ, 恋せよと, 息も, 想う, 愉しむ心反射, 我も, 折々傷む, 抜手を, 旅を, 春琴の, 昼寝さめゐる, 書いて, 来し御津, 松崎が, 森の, 榜ぎゐる, 榜ぎ行く, 横川熊の, 歩いた, 歩いた奈良街道, 歩けば, 歩める我が, 池の, 河を, 涙ぐんで, 渡良瀬川の, 港内の, 漫に, 父という, 物を, 狭けど, 真赤な, 破れ御簾を, 私は, 笑ましも, 米国民の, 終始ふたり, 経たりき, 育ち清澄山, 胴ぶくれ, 臥す晩, 自ら安んずる, 自分いろいろ, 自分達の, 船は, 行きけり, 行く, 行くと, 行く薄日, 行けば, 袖を, 見あかず騒ぐ潮, 見つつ, 観ざりき, 詠まれたもの, 詠んだもの, 起きて, 越え来つ枯山, 足を, 近江路を, 進むといふ, 進む内, 過ぎたりかむぼちやの花, 過ぎにき, 過ぐし, 道を, 重傷に, 野上, 金魚鉢を, 順に麓, 頸筋両, 飯待つ, 馴れに, 騎り行く, 黒山に

▼ 見~ (209, 0.3%)

43 して 18 すこと 14 しては 12 がし 7 しは 6 しを 4 がせねえ, すまいと 3 さなかった, さなかつた, しがたい, し難い, すべき 2 されること, したこと, した人, しに, しませんでした, しやしませんよ, すわけ, す筈, す虞, せない

1 [66件] がさない, がさなかった, がさぬ, がされ, がされよう, がしてやる, がしも致しましょう, がすこ, がす訳, がせぬ, さずに, さず裁くこと, さず覚られずに, さず覺, さず認めて, さなかったの, さぬと, さぬという, さぬやう, さぬよう, されて, されぬの, されやすい, され勝, したと, したもの, した事実, した大事, した大月玄蕃, しつこありません, しても, してやったが, してやったため, してやった千坂兵部, してやら, してやるが, しできなかった, しましたは, しましょうか, し下さいまし, し下さいませ, し下すって, し得ないで, し得ない共通, し得ない示唆, し遊ばして, すという, すところ, すとは, すの, すはず, すまいもの, すまじき筈, すもの, すもんか, すよう, す処, す平次, す気, せとは, せないぞと, せないもの, せない悪影響, せねえなあ, せば, せるもの

▼ 見っとも~ (203, 0.3%)

23 ない 8 ないと, なくて 7 ないから 6 ないじゃ, なさ 5 ないの, ない事, なかった 4 いいもの, ないこと, ないもの 3 ない真似

2 [15件] いい事, ないくらい, ないし, ないぞ, ないなどと, ないので, ないよ, ないわ, ない奴, ない様子, なくっても, なくない, なくも, ねえから, よくない

1 [85件] いいかお, いいこと, いいもん, いい者, ないかお, ないかっこう, ないけど, ないざま, ないざまさ, ないその, ないた, ないだけ, ないで, ないです, ないという, ないとか, ないところ, ないね, ないや, ないん, ないダラシ, ない一つもの, ない下らない習慣, ない人間, ない以上, ない俺, ない先陣, ない光景, ない処, ない声, ない大声, ない媚び, ない家鴨, ない幸子, ない形, ない恋人, ない恰好, ない情ないジタバタ時代, ない態, ない手紙, ない板, ない格好, ない様, ない泣き, ない物, ない状態, ない男らしくも, ない町, ない者, ない船, ない葉, ない言い出した, ない跣足, ない雄, ない面してる, ない顔, ない騒ぐ, なかったです, なかなくっ, なくお, なくされて, なくなったので, なくなって, なくなってるの, なく仕て, なく写った, なく無かった, なく薄汚いじゃ, なく見えた, なく見える, なく這いつくばっ, ねえぜ, ねえぞ, ねえや, ねえ事, ねえ傷, ねえ鬼, よい図, よくは, イイもの, 好いもん, 好い事, 好くない, 宜いもの, 無い亭主

▼ 見はり~ (200, 0.3%)

48 をし 11 をする 10 をつづけ 7 がつい, をつとめ 6 の男, やぐら, をつづける 5 のもの, の警官 4 をさせ, をつけ 3 のおまわりさん, の中, をつづけました 2 の刑事, の目, の部署, はやっぱり, をつける, をつづけます, をつとめる, を厳重, を立て

1 [54件] があります, がい, がいる, がつき, が多けれ, が始まりました, が立ちました, さえげんじゅう, さえし, につかせる, につごう, にのこし, にはかなわなかった, にもおよばない, に残し, に立ち, に立っ, に負けず, のほか, のもと, の人々, の刑事たち, の巡査, の書生, の番, の砂山, の窓, の順番, はおいら, はたしか, はだいじょうぶ, はよほど, は今晩, は昼, は水夫, もひつよう, やぐらにのぼった者, やぐらにむらがりのぼって, をいたせ, をいよいよ, をうけもっ, をおこたらなかった, をげんじゅう, をさせます, をしない, をしなくっ, をしよう, をたのもう, をつづけましょう, をひきうけます, をふやそう, をやらせ, をやる, を命じました

▼ 見~ (184, 0.2%)

5 しない, 何でも 4 なされて 3 したが, して, しなかつた, 見たが 2 ぐつた, すや, つてゐた, つてゐました, ないの, なされたの, ッた, 綺麗にも, 要するに之

1 [140件] いうまでも, いかにも気持, いたしません, いたしませんもの, おそらく氏, おとなしいよう, かつてそうつと鐘, かなり込み合っ, からいメンダイ, からい彼, ぐしていたから, ぐる気づかい, こちと, これなる, さずに, した, したものの, しては, しないか, しないかと, しないで, しなかった, しなかったが, しなかったでしょう, しなかったの, しなかつたが, しなかつたけれど, しまいか, しまいかと, しまいな, しませぬ, しませんが, しませんよ, し地数震動, すと, すに, すの, すまい, するが, す者である, す者に, その出発, それで, つたあの, つたのは, つて, つてためつすがめつした, つて反問した, つて女を, つて居ります, つて新しい, つて見, づして了うたので, どうでござんす, どこの, どちらも, ない, なかなかトボケ, なさせて, なされたとき, なされたらずいぶん, なされた場所, なされた感じ, なされた獸, なしたらしい道具, なした母親, なして, なほも, よろしく取り払っ, らしのきいた, るれば, わからぬが, わたくし大, 三十二三と, 三成には, 中りいると, 久米邦武先生の, 二十歳そこ, 二年ほど, 今が, 何か, 何の, 何を, 供の, 僕等の, 入港した, 全然ない, 其れ, 出すな, 到底普通, 努力を, 北海道廳屬井口亢一郎氏, 十四五にしか, 千年のち, 唯物論は, 善事であり, 嘆息し, 四十七八でした, 大きい土, 奈良や, 如何な, 少しも, 少し変, 彼自身も, 微塵も, 徹するも, 必ずし, 怖いけれど, 思い出したよう, 恐らく恋風, 恥じ入って, 我が敵, 持つもの, 日本書紀の, 昨今の, 最も正当, 柔和な, 梅見, 棒で, 止さう, 止めたが, 正しと, 武門に, 無いという, 秀林院様に, 私にゃ, 私より, 竟に, 致しませぬこの, 致しません直に, 蝦夷から, 見たものの, 見つれども, 言ふ, 遠く蝦夷, 鋭く見える, 間違って, 関係ない, 露ほども, 顕微鏡を

▼ 見張つて~ (169, 0.2%)

17 ゐて 15 居て 8 居ります 7 ゐた 5 ゐるの 4 ゐる, 居たの, 居るやう 3 居りました, 居りましたが

2 [11件] ゐたの, ゐるから, ゐるが, ゐるばかり, 居たと, 居た八五郎, 居ます, 居るが, 居るの, 居る樣子, 居ろ俺

1 [77件] ありますから, かう云, そして笑, その暗がり, てくれ, ばかりも居られない, まるで憤つ, ゐたあつし, ゐたか, ゐたが, ゐたやう, ゐた下, ゐても, ゐら, ゐるうち, ゐるお, ゐると, ゐるに, ゐるにも, ゐるのこりの, ゐるので, ゐるよ, ゐるん, ゐる女, ゐる子分, ゐる我子, ゐる戰士, ゐる支那人巡警, ゐる樣, ゐる町役人, ゐる部屋, ゐる酒席, ゐる鳶頭, ゐろ, をつた, をりました, 動かぬ池, 存外怯, 居さ, 居た, 居たかつたの, 居たといふ, 居たところ, 居たわけ, 居たわけぢ, 居たん, 居た二三人, 居ても, 居ましたが, 居ましたがね, 居ますよ, 居りましたところが, 居りますが, 居るお前, 居るから, 居ること, 居るさうかと, 居るだらうな, 居ると, 居るところ, 居るとは, 居るん, 居るガラツ八, 居る中, 居る仲間, 居る明神樣, 居る最中, 居る筈, 居ろ, 居ろと, 抱いて, 来た, 来たの, 直ぐ俺, 相變ら, 置くの, 親しく尋ねた

▼ 見かた~ (159, 0.2%)

4 をする 3 だと, である, をし 2 がある, であった, です, というもの, の問題, はし, をもっ

1 [132件] かの, からすれ, から批判, があり, がこの, がさけられず求められる, がどうして, がない, がイデオロギー的, が人間, が文学的, が緊急, しかあり得ない, しかなかっ, だ, だってもね中共, で, であったと, であるが, であると, であるという, であるに, でいえ, でどんな, でないのみか, ではあろう, で女, で女房, で書いたら, で肉体, で自分, で蜂谷, で見, で見た, とか観察, となっ, との対比, との違い, とはしから, とオオドゥウ, とガリレオ的, と云い, と判断, と扱いかた, と機械文明, と正反対, なの, なり現, なんかもいろいろ, におかれた, にしたがっ, について, にとらわれず, になる, にふれ, にも変化, にも文学史, によつて, によれ, に一つ, に二人共通, に今日, に又, に固執, に対して中野さん, に従う, に私, に科学の, に自分, に跟, に適合, のこと, のなか, のアナーキスティック, の不十分さ, の商人根性, の土台, の小さ, の差異, の所謂完成, の方向, の本質, の発見, の範囲, の違い, はあまりに, はいつも, はおぼつかなく, はされ, はどこ, はまた, はわたし自身, はファブル, はプロレタリア文学, は一つ, は一知半解, は上流社会, は個性的, は勿論, は古い, は大, は実に, は慇懃, は現代, は見る, は間違っ, もあった, もある, もその, もゆたか, やその, や感じかた, や新, や書きかた, よ, をされる, をしたくない, をのべ, をもつ, をわれわれ, をクルト・レヴィン, を人間, を個人, を変える, を失わない, を定められ, を教えられるであろう, を正しい, を現代, を私, を身, 描きかた

▼ 見やう~ (130, 0.2%)

15 によ 13 見真似 87 と云 6 とする 4 とした, と言 3 といふ氣, と思, と思つて, と思ふ, 見眞 2 さうし, といふ氣風, と思つた, と思ツ, によれ, に依

1 [46件] かとも思ふ, かと旅行案内, かなと思ひ, かなど, かナ, かランチ, が上手, が何, が慾張, が腰拔, が違つて, さうだ, といふも變, といふ好奇心, といふ態度, といふ気, といふ気風, としても見られぬ, としてゐる, として居た, として龕燈, としました, とすれ, となら, とはしない, とはせず, とは意外, ともしない, ともせず, とも思はなかつた, と少しく, と彼, と思つて学校, と急, と横浜, と此事, と答, ならば, なんとそんな, には, のない美しい, の無い, は知らない, もある, 聴き真似, 若しや

▼ 見~ (128, 0.2%)

18 をし 7 の男, の者 5 をする 3 の人, の兵 2 がいる, が付い, が出, の中, の目, をした, をつけ

1 [71件] からの伝言, からの合図, がきびしい, がきびしく, がつづけられ, がはられ, がアア, が一人, が中絶, が云った, が叫ん, が呟いた, が斬られたらしい, が立った, が要る, として坐っ, となる, にのこし, にやりました, に出, に出た, に残し, に立ち, に立っ, のきびしい, の一名, の人夫, の侍, の兵隊, の土人, の塔, の役, の役人それぞれ床机, の様子, の看守, の講習, の軍艦, はお, はし, はそれ, は勿論, は正しい, は死にました, は終った, へ廻っ, へ行っ, も大変, をいいつかっ, をいいつけられた, をお, をさせた, をしてやる, をしのばせ, をしばらく, をせられ, をたのん, をつづけさせた, をのこし, をまかせ, を出し, を就, を忘, を抜いた, を抜かる, を斬らなく, を立て, を行おう, を譲っ, を頼む, を頼ん, を頼んだ

▼ 見ての~ (125, 0.2%)

6 お戻り 5 驚きは 4 上で 3 お帰り, 上の 2 おもどり, きり棄てた, ことです, 上だ, 完全で, 帰り道いつも, 後の, 私の, 話, 話だ

1 [84件] お寺である, お楽しみ, くされを, ことか, ことだ, ことで, ことであっ, ことであり, ことである, ことであるらしい, ことであろう, ことでしょう, ことばかり, こと何も, せいか, とおり新, わけで, カラクリだ, 一方的, 上さ, 上である, 上でない, 上では, 不安や, 事であっ, 事に, 人格と, 作, 作で, 偏見その, 分です, 判断です, 制限について, 刹那に, 厳粛な, 口上に, 同情は, 名では, 善い部分, 善であれ, 営業不振が, 大己, 好男子を, 完全であっ, 帰りに, 帰りには, 帰りらしい, 帰り道始めて, 帰途大雨に, 愉快である, 感じは, 感じを, 感想を, 戻り叔母さん, 拙者これまでの, 推断では, 推論なるべし, 文献ものと, 最初の, 様子だ, 様子で, 活躍です, 狼狽て, 狼騷ぎはつまらない女共の, 癖である, 真実を, 眼の, 至難で, 至難は, 要求と, 言い方である, 言か, 言である, 言ひ, 詠歎と, 話さ, 話であっ, 話であります, 話である, 誤つた観察, 追求です, 連想からか, 長幼の, 陣沙汰

▼ 見~ (122, 0.2%)

8 かひも, つし 7 かひ, へすれ 6 っしゃい 5 いな, かひなく, した 3 くる高峰, っしゃれ 2 うして, えすると, えな, かえ, くるや, されたよう, されて

1 [51件] いあこンとこ, いこつち向いて, いん, いナ, い軍艦, うだ, うもない息子, かひす, かひなくつかまへ, かへもつかぬ, がし, くる山, されただけ, されたの, された熔鐡, されるの, したの, したり, した夢, しったろう, しつけえ此家, しつけな, してやった, してやると, しめる美, しょうぞ, だむ, だむべ, だむら, っし, っしゃります通り, っしゃる, っしゃるか, っしゃる目, っしゃる通り, っし長州, つせ, つせい, つせえ, つせえいま, つせえこんな, つせえよ, つせえ名所, つせえ形, つせれ, つせわし, へすり, れるの, れるよう, んせ, 来るつもり

▼ 見それ~ (121, 0.2%)

8 して, 申しました 7 申して 6 いたしました 3 しましたと, 申しましたと, 申しましたよ, 申しまして, 申しやして, 致しました 2 いたしまして, したわね, しました, 申しやした

1 [66件] いたして, いたします, いたしやした, からいそい, からすぐ, からつぎつぎ, から昨夜, から立っ, から長い, が入学許可, が名誉革命, した, したお, したな, したの, しちやつて, しましたは, しますわ, すること, ってこと, と結びつい, にいちおう, にかこまれた, にきめ, について九条殿, には目はし, に備えるべく, に対する評判, に従つて歴史, に微笑み返し, に触れた, は変, への羞恥感, も私, も途中, をいたしまし, をいたしました, をし, を些か, を体験的, を愛した, を支那, を理想, を繰りかえした, を聞き, を聞きし, を聞く, を語り, を語り合っ, を追う, を進む, 申したが, 申したがね, 申したわけ, 申しちゃ, 申しましたお, 申しましたが, 申しましたどうぞ, 申しました御苦労様, 申しやしたよ, 申しやした道理, 申すぢ, 申す顏, 申す顔, 致しやして, 話しに

▼ 見~ (121, 0.2%)

6 かつた 5 いと思ふ, くなつ 3 いと思っ, いと思つて, いやう, え, くな, くなるの

2 [12件] いといふ, いと思う, いと思ひ, いな, いので, いんだ, い心持, い気持, くて, くなり, くなる, くば

1 [63件] い, いこと, いつて, いつまり, いとその, いとは, いとも思, いと仰, いと仰しゃ, いと其頃, いと存じます, いと志し, いと思い, いと思いまし, いと思ひました, いと思ひ込んだ, いと考へだした, いと考へる, いと言え, いな角, いの, いのです, いのも, いばつ, いひつれい, いわ, いわけ, いわね, いわ何処, いんだよ, いネ, い一心, い夫, い念願, い所, い案内, い気, い確り, い處, い顏, い願, う御座いますと, えが, えよ, かった, かったの, かったら水族館, かア, がつて, がるの, がるもの, がる一人, き願ひな, くなった, くなつたん, くなりました, くなります, くなるほどの, くなるよ, く二里, く思う, しぬ, と思ふ

▼ 見その~ (120, 0.2%)

5 声を 2 そばで, のちしばしば, 強烈なる, 眼で, 聲を

1 [105件] あとを, うっとりと, お話を, たびに, ために, どこか, なかに, はなはだ富強, もの語を, ように, デザインや, 一人一人が, 上で, 上細かい, 上自分で, 下に, 世界に, 中には, 乞いを, 人は, 値段の, 光輝ある, 兵力も, 内面に, 危険をも, 可憐な, 命ずる令, 回転はなはだしき, 堂内に, 場に, 声に, 夏には, 外形を, 夜の, 夜燈下で, 大志と, 姿について, 學殖の, 宗教の, 家の, 家主人の, 容儀神妙なる, 山の, 心の, 心持を, 忠胆から, 快楽から, 怖ろ, 思ひ切つた振舞, 恵日寺見学も, 愛を, 憂苦を, 手で, 手を, 手当を, 手遅れである, 挑みかかるよう, 挙動その, 文章を, 方に, 時だけは, 晩は, 暴言を, 最初の, 構図トーンすべて天平式である, 様子を, 横に, 樹容の, 機に, 機械は, 歩数から, 淨火の, 熱き息, 物の, 玉を, 真っ向へ, 眼を, 空を, 笑声を, 経済的利用価値だけを, 美を, 肉を, 脊の, 自分の, 自然的な, 苦悶の, 華麗壮大な, 行動の, 裏に, 要求に, 言葉に, 言葉を, 身売り証券は, 身既に, 運びに, 郊外を, 重さ, 鈴の, 鏡に, 隙に, 震ふ唇, 面で, 顏に, 顔面の, 飄逸豪邁の

▼ 見ちゃ~ (115, 0.1%)

5 いられない 3 いけない, いやよ, おれん, どうだ 2 いけないわ, いられないと, いられねえ, いられねえから, アいられねえ, 嫌よ

1 [86件] あっしだって, いかがでしょう, いかな, いけないって, いけないよ, いけません, いけませんね, いけませんよ, いないから, いないさ, いないな, いないね, いないの, いないよ, いねえ, いまい, いめえ, いられないが, いられないし, いられないなんて, いられないの, いられないほど, いられないよ, いられないわ, いられないわい, いられなかったせい, いられねえっていう, いられねえの, いられねえもの, いられねえや, いられんな, いるけどな, おらんから, おれないと, おれねえ, おれませんでした, おれや, お房, かえっていい, このまま, どう, どうかね, どうだい, どうだろう, どうです, ならぬという, ならねえ, ならんと, ひとつこの, また今日, また桁, ァいくら, ア, アいけません, アいられません, アなりません, アなんねえと, ア居られません, イヤ活字, ダメだ, 一服頂戴せず, 不可え, 不可ね, 不可ません, 何うです, 分りませんが, 厭よ, 厭よと, 可厭, 困るね, 居ない筈, 居られない大急ぎ, 居られぬ, 居られねえ, 居られませんよ, 居られん, 居れねえの, 居れん, 帰って, 毎日おなじ, 泣いてる, 泣き出して, 泣出し, 済まないよう, 笑わざるを, 良い心持

▼ 見~ (114, 0.1%)

49 えの 32 えが 16 えは 2 えある, えてゐる

1 [13件] あるフオヽルム, えず, えた幇間, えた藥屋, えた趣き, えた道, えて置いた, えなけれ, えも, がない, のある, はあつ, は無い

▼ 見わけ~ (110, 0.1%)

18 がつかない 10 がつかなかった, がつく 9 がつきません 8 のつかない 5 がついた 4 がつかず, のつかぬ 3 がつい, はつかなかった, はつく, もつかず 2 がつかぬ, のつく, もつかない

1 [24件] がたくし, がつかなかつた, がつかなく, がつかなくなり, がつかなくなります, がつきませぬでした, がつきませんでした, がつくらしい, がまったく, が丸, が付かない, つかず, によって重症, に熟する, のつきかねる, のむずかしい, はついた, はなかなか, もつかなかった, もつかなくなり, もつきだした, もつきませんでした, をとつこうつ抱い, 憎くかつ

▼ 見~ (110, 0.1%)

16 へるやう 14 へるほど 8 へる程 3 へた, へる筈

2 [11件] ひぢ, へて喧嘩, へられ, へられた, へるばかり, へるほどに, へるほどの, へるわけ, へる位, へる樣, へを致しませう

1 [44件] ではない, ひかも, ひでした, ひの, ひ申しての, ふない, ふなんて, ふべきも, ふやう, へたれ, へたんぢ, へてしまつた, へてしまふ, へてそんな, へては厭, へてゐるらしく, へて了つて, へて宜, へて後悔, へて或, へて生, へではない, へね, へられます, へる, へること, へるだらう, へると, へるに, へるの, へるばかりの, へる様, へる相貌, へる程乱雑, へる程変, へる程整理, へる程派手, へる程狹, へる程立派, へる程色, へ候, るほど, れ申しましたよ, れ申すくれえ

▼ 見當ら~ (109, 0.1%)

2419 ない 15 なかつた 3 ないが, ぬの 2 ないで, ないの, ぬ樣

1 [39件] ざりき, ざる時, ざれども, ず, ずその, ず傷害, ず反, ず奉公人, ず奉公人達, ず年月日, ず本, ず毒死, ず神社, ず私, ず餘儀, ないからね, ないしかし, ないもの, ないやう, ない事丈, ない何, ない樣子, ない相川, ない色, ない處, なかった, なかつたから, なかつたの, なきア, なくなつた, ぬが, ぬけれども, ぬと, ぬ咄, ぬ場合, ぬ砂丘, ぬ貴重, ぬ道具, 無い

▼ 見~ (99, 0.1%)

4 っていた, なッ 3 うな, った, っちゃ, ってしまった, のうた 2 う, ったこと, ったの, つちや, なつたの, なや, ふな

1 [62件] いか, いだ, いです, いでない限り, いとのみは, いとは, いましたネ, いやがったな, うない, うなと, うの, うはず, う事, う傾がある, えば, たの, ったおれたち家来, ったか, ったかな, ったから, ったと, ったという, ったに, ったもの, ったら一生, ったわ, ったッ, った真似, った見損, っちゃった, っていやがる, っている, っているらしい, ってしまう, っては貰う, ってもらう, ってやしない, ってる, ってるぜ, ってゐた, って怪我, って逆, つた, つたが, つたもの, つたわ, なつた夢, なつた訳, なつた譯, なひや, なやが, のうて, のうておわした, のうとる, ひいづれも, ふない馬鹿野郎, ふなよ, ふなんて, ふワカ, へば痛手, やがつた, われた事

▼ 見~ (98, 0.1%)

5 けりや 2 ちやい, はれお, ほしました

1 [87件] あけびを, あの森, あの躯つき, あの通り真紅, あるぜ, あれ蛇に, あんだけ, いい国主, いったって, いまやんまが, ええと, おれが, おれにも, お前一人で, ここが, ここさ, この岩, これ新, すっかりあの, その岩, それとも竹, とても強い, どっちが, どんな工場, どんな筋, はらずと, はれあの, はれそんな, はれな, はれもう一度, はれ何處, はれ兎, はれ大きかろ, はれ当家, はれ無理, はれ稽古, はれ鹿児島, はんなら, ほした, ほしたり, ほした數百年, ほして, ほすと, ほすや, まだ少しは, もう七人, もう十五ぢ, やあ, やっぱりそれ, やつだ, アグーシャ, ッせい, ドマついちまう, 万年町の, 不動様の, 事と, 何か, 俺は, 公方様の, 勇気を, 友様四方の, 古い鎌, 名古屋の, 向こうの, 女は, 寄合でしょう, 島が, 左官の, 平四, 時々雲, 木乃伊取りが, 此の間帰った, 此辺の, 泥棒に, 無事に, 皆んな白状し, 肥後の, 花よ, 行き仆, 谷中から, 足が, 重量を, 野郎じゃ, 金の, 鏡を, 面白い奴, 顔を

▼ 見~ (91, 0.1%)

3 ある, てら, 聞きたく候 2 ございません, てらその, てらに, 解りません

1 [74件] あったし, あって, あつて, あらたまらぬとき, あり又, あるから, おもしろいよう, くみきれない, この町, これからキャラコさん, せまいこと, せまいという, せまいよう, たかるべし物言, ちがって, てらそれ, てらの, てら二ツ三ツ四ツ五足, てら夜, てら寄り集うて, てら少し, てら村山教授, てら返歌, てら阪, てら電報, できて, できるかと, ない, ほしとこそ, まえて, まず中った, まちが, まちがって, もとで, よくねえ, わからない, わからないの, わからなくな, わからぬ, わからねえ, わからんでは, わるかろう, 一番みじめだ, 不思議に, 僕には, 全部でない, 凡て虚偽であるなら, 分らぬ, 定まんねえから, 小さい, 嶺ろは, 広うない, 店を, 強い, 当然な, 欲し君, 欲し国, 滝, 滝へ, 濟みまする, 濟んでから, 狭いか, 狭いで, 知れねえな, 知れませぬ, 笑うと, 第一, 終つて始め, 貴様にも, 違ふんだ, 間違い居候, 間違ひ, 間違ひ居り, 頭へ

▼ 見また~ (90, 0.1%)

2 バケツの, 凹地の, 遠くから

1 [84件] いよいよ剣磨, いろいろな, かくお, これを, しても, そういうふう, その体, その剣, その語, その貞操, それを, よく蜜柑, わが足元, わが身と, サールディニア島及び, マイケルソンや, 一個人の, 一片の, 一言いっ, 人から, 人に, 佐太郎が, 何の, 作られたもの, 側近の, 充分な, 印度の, 取扱って, 同時の, 大将の, 子供の, 孤城を, 官人貴紳の, 尼の, 山原の, 左手の, 広い農園内, 彼が, 彼の, 後に, 心中に, 戦争済みたら, 数年に, 晩には, 景色に, 末期的な, 次郎を, 汝の, 浅草仲店を, 海を, 清盛頼盛両, 爐の, 父が, 生きて, 用意の, 画板に, 眺め話したり, 知って, 石を, 秀吉の, 空を, 童貞の, 竿の, 箱を, 精兵弓馬や, 総ての, 義眼者の, 老いたる縫物師, 聞きわけたいと, 聞くけれども, 聞くよう, 聴いたところ, 腰縄の, 自分を, 舟橋の, 蜀の, 表を, 見られること, 辺りの, 近づいては, 霧の, 馬印を, 鯉を, 黎明の

▼ 見~ (84, 0.1%)

3 らしくも, らしさ 2 らしい, らしいよ, らしい住居, らしい尋常科, らしい恰好

1 [68件] しいの, しい一人, しい女, しい小さな, しい母親, しい限り, しくみえたの, しく感じられて, しく見えたこと, しさ, らしいあっし, らしいそれら, らしいぢ, らしいなりを, らしいもの, らしい一つ, らしい中年, らしい人家, らしい借家, らしい冠, らしい商人宿, らしい安居院, らしい家並, らしい小, らしい小屋, らしい展覧会場, らしい工場, らしい彼自身, らしい持物, らしい新開街, らしい服, らしい様子, らしい比べもの, らしい生活, らしい田舎者, らしい相手, らしい石版画, らしい穗, らしい繪馬, らしい義男, らしい老人, らしい自分自身, らしい草木, らしい荷物, らしい薔薇, らしい裝, らしい西洋人, らしい身裝, らしい鉱山, らしい門, らしい陰気, らしい風, らしい風体, らしい鳥打帽, らしかったが, らしかったので, らしかつ, らしくな, らしくなった, らしくなった先生, らしくは, らしくはなつたけれど, らしくッ, らしく感じられたか, らしく扉, らしく目先, らしく見える自分, らしげ

▼ 見てを~ (82, 0.1%)

9 ります 8 れば 5 りました 3 りましたが, りますと, るの 2 り, りは, りますが, りません, るや

1 [41件] かしいの, きたい, くこと, けばよ, つた, つたこと, つたのが, つたのだ, つてそれが, つては, のみゐる, ばさんは, られるの, らんもんだ, りし, りそして, りて, りまして, ります従つて女, りませうか, り候, り否定的態度, り吾, り夜為事, り夜爲事, り年, るだけ, ると, るに, るよ, るを, る児童, る処, る吾, れあつ, れかう侍臣, 居り人, 居り人間, 行くべき梅, 通らむ, 過ぎなむ

▼ 見~ (74, 0.1%)

12 がれ 4 がれと, つてゐた, アがれ 2 がれだ, まねこ, アがって

1 [44件] あがれこの, あがれ川, あがれ血, いせな, うさへ, うじや, がれとでも, がれとは, がれとばかり, がれ殺しは, ぐらの, さんまが, それこそ, それだ, つては, つて云つた, つて眼を, はつた, むちゅうになって手を, もう月, ア, アがれだ, アがれぶん殴る, アがれーッ, アがれ彼様な, アがれ此の, アがれ殴れ, アがんな, アしねえ, アしません, ア仏様の, ア此の, 一時の, 余りしづか, 十一屋の, 寄席入りに, 寛斎に, 島田を, 捕物同心が, 着物で, 踵と, 銭形とか, 長屋の, 鼻薬の

▼ 見ちや~ (73, 0.1%)

6 どうです 5 どうだ 4 いけません, 居られませんでしたよ, 居られませんよ 3 居られません 2 どうだらう, ゐられないよ, ゐられねえや, ゐられませんよ, をられない

1 [37件] あいけない, あ引張り出し, いけない, いけないです, いけないのよ, いけませんか, いけませんね, えかね, つたので, つたわ, つまんねえもん, なん, ゐられない, ゐられないお, ゐられないと, ゐられないな, ゐられないん, ゐられない馬鹿臭く, ゐられません, ゐられませんでしたよ, ゐられ無え, 休んでも, 同じ屋根, 啼いた, 居ないから, 居ないだらうし, 居ないな, 居ないん, 居ない筈, 居られないよ, 居られねえおまけ, 居られねエ, 居られませんね, 居れない風景, 本當, 縛る氣, 酷く困んねえ

▼ 見~ (73, 0.1%)

43 やと, やと思ひ 2 のよい, 人の, 恐らくは維新, 汝の, 猿にかも, 誰か

1 [51件] いとど匂ひも, すぐ兵, なるまいと, の歌, まことに未だ河東, もとの, やといえる, やとこれ, やとてあちこち, やとて後手, やとて漕手二人, やとて身, やと吾, やと存じ, やと思へり, やと相談, やと笑い, やにわに射殺, や妖霊星, や小, や浜, や見, や飽かぬ, ウンドが, 兎に, 再び上, 問うべき事, 善の, 堯典の, 嫉妬も, 定めて, 実際に, 小銃にて, 弓を, 彼には, 思ひ半ば, 我が, 曙覧翁眼前に, 更に其時, 此方武村兵曹を, 汝は, 焉ぞ, 目も, 積らぬ, 筆の, 詳細を, 請ふ, 足りぬべし, 足れり, 静緒は, 顔の

▼ 見~ (71, 0.1%)

29 いて 5 いたの 4 くこと 2 いた, いたが, いたらしかつ, いた奴, きました

1 [23件] いたお, いたつもり, いたので, いたやう, いたらしく女房, いた上, いた如く, いた樣子, いても, かした, かしめ, かせたところ, かれて, き下品, き且之, き後ろ, くが, くため, くだけの, くで, くと, く事, けなかつた

▼ 見~ (68, 0.1%)

9 へれば 7 へるに 6 へりて 5 へりながら 3 へらず店口, へり, へる, へると 2 わしも, 馬頭観世音の

1 [25件] うみぶらぶら, くること稀ら, はれる玉櫛笥, へす, へすの, へす機会, へりぬ, へりました, へりも, へること, へるだにも, へるの, へるもの, へるやう, へる敵, みんな脚部の, 天然自然に, 婦人の, 子でも, 毀して, 沢庵は, 知らんてな, 聞いて, 英語を, 黙殺し

▼ 見~ (68, 0.1%)

3 お顧客, とふも 2 と記す, なり, 黒き屋

1 [56件] あゝ神, おもふ, か, かつて山, されどウェルギリウス, されど兩者, されば, さればこそ, しかしてその, その配下, たちまち二三人, とあり, とある, というのみか此山, というもの, という文句, という由, とし, とぞ, との證, との警報, とはゴカイ類, とは何, とふ, とふか, と申す, と見, と覺ゆ, と言いし, と載す, なる, の序で, の警報, また人これ, もしこれら, やと思ふ, やと星空, やと覗く, をとめらし, 但しアダム, 何しろ此言葉, 円き枯山, 又遊女高尾, 射す日影, 少しく高し, 従って仲秋月, 忽ちに又, 最もし, 泣けとごとくに, 然る, 然れ, 親しくも, 赤き燈台, 霞む夕浪, 青きま, 高きみそら

▼ 見たま~ (66, 0.1%)

343 へまあ 2 へばその, へり

1 [25件] はざり, はで, へあすこら四列, へあんなに, へかし, へこの, へそん, へたちまち, へちよ, へて始め, へと彼, へな, へば國, へば物言, へ公衆, へ千曲川, へ君, へ君達, へ学士, へ御, へ東京, へ澎湃, へ病気, へ石, へ第

▼ 見~ (66, 0.1%)

3 ないの 2 ない街, なかつた, ません, 申候

1 [55件] ざる敵, しなるべし, し薄, たつて, たらうが, つる山その, つ隱れつ, ない, ないが, ないもの, ないやう, ない午前, なかつたから, なかつたが, なかつたのに, なくなつた, なされても, ぬ方, ぬ様子, ふに, まして時々は, ますが, ますけれど, ませんな, また更に, やつがれも, 之を, 今小い沙魚の, 例の, 候よし, 候故, 入る左団次, 其直ぐ側の, 出かけた, 出した見ると, 分かぬを, 初めし, 割れるやう, 広い, 搖藍の, 時計は, 柳の, 正直なる, 此時可愛らしき, 渡りおもしろ, 濱島の, 私達は, 莱畑の, 薩州へ, 行く人達, 行く山, 行く路, 透いた怪し気, 透いて, 透きて

▼ 見よう~ (63, 0.1%)

16 がない 12 によれ 4 に依っ, もない 3 ではない 2 にも見られない, は斯

1 [20件] がありませんでした, が無い, でなし, なん, には過ぎる, にもどちら, にもまた, にも浜田山, にも言葉, によっ, による, に冬, のない, の無い寂し, の無い暗い, はありません, はない, は無え, もなかっ, もなく

▼ 見~ (62, 0.1%)

3 さびしからず, 来た 2 来べが

1 [54件] あつたの, あの死骸, あらうか, いやすんで, いられると, おざった, おひき, おられちゃ, お巡りなんぞに, けろよ, こね上げられた精神, この徳利, これは, だけちゃ, どういうこと, どこへ, まなざしのみを, やったこと, やつた, やつつけろ, ブーラール夫人に, 不承不精突出された, 何時まで, 別に気, 加勢する, 区切って, 危いとも, 古くからの, 君は, 在つ, 大丈夫の, 失敗し, 嫁いて, 容子を, 居られちや共倒れぢ, 居るの, 当って, 微笑した, 息子の, 押し通すなどと, 来たの, 来たん, 樂み, 泥棒なぞ, 知りました時, 社会の, 笑つた, 紅葉先生の, 絵かきになんぞに, 羽目の, 考えずに, 考へずに, 逝きませしか, 都を

▼ 見~ (59, 0.1%)

36 れて 4 れた 3 れるの 2 れぬ

1 [14件] れずに, れたもの, れたり, れても, れでございますか, れながら, れました, れまったく, れる, れるとき, れるほどの, れるよう, れる人形師, れ合った

▼ 見てさえ~ (58, 0.1%)

2 あのくらい, 忠臣蔵の, 頭が

1 [52件] あまり気味の, いなければ, いれば, うまくない, ことごとく尋常以上, この通り, これな, そう思う, そこに, なかの, なつかしさ, なんとなくものすごい, なんと云っ, ももういっぺん, キビキビした, ボッと, マブしいよう, 人口増加が, 低頭平身した, 何とも知れず, 叛反する, 可愛いの, 哀れを, 商売上得な, 嘲笑し, 大きな力, 妙に, 引きつけるほどに, 彼の, 彼女は, 悪か, 感動せず, 所謂世論なる, 時々ありがたい, 正にそれ, 気味の, 気持が, 気絶の, 池田家の, 町中が, 目が, 眼が, 知れる事, 美しい光景, 胸くそが, 胸の, 自分の, 虫唾の, 起こった, 身に, 身の毛の, 陣気も

▼ 見~ (58, 0.1%)

21 った 11 っていた 6 りながら 2 っている, ってると, ってるよう, つた

1 [12件] って, って成, られながら, りいたわって, りそれから, りましたが, る, ること, るだけ, るの, るばかり, る何もの

▼ 見それから~ (55, 0.1%)

2 ふんと, 全身を, 家の, 私の, 蛤を, 阿賀妻を

1 [43件] うしろに, ずいと東, そこに, その視線, みんなの, イーサル川の, コップを, ドガーの, 与助に, 両手を, 今迄の, 仰向, 伸子に, 冷やかに, 又其の, 受けた怖, 向ふ, 多徳島, 大急ぎで, 実験室に, 屋敷の, 崇元, 市立浴場を, 形ばかりに, 形許り, 彼の, 彼女を, 御存じでは, 扉の, 斃れ, 文造を, 死骸の, 液に, 淋しげ, 甲斐に, 白翁堂の, 通行人たちの, 酌を, 鍵を, 隅田川の, 順々に, 鬼怒川に, 鼻の

▼ 見さかい~ (54, 0.1%)

5 なしに 4 のない 3 がつかない, がなく, のつかぬ 2 がない, なくつかまえ

1 [32件] があるべし, がつかなくなっ, がつかなくなった, がつかん, がつく, ができねえ, がなくなる, が無くなった, なき相, なくこの世, なく一席, なく人, なく好き, なく怪我, なく戯れかか, なく持っ, なく斬りつけ, なく民家, なく破裂, なく飛び出し, なく食いつく, なしだ, なしの, のある, のつかない, のつかなかった, のな, のなくなっ, を失っ, を失った, 一つつかない, 一つつきゃあしねえ

▼ 見まわり~ (52, 0.1%)

4 に来る, をし 3 に来 2 にまいりました, に来た, に行っ

1 [35件] が済ん, だけは私, にいきました, にいった, にいったる, にき, につい, にでかけた, にもこない, にも来ず, にやってきました, に出かけた, に出ました, に外, に歩き, に行きます, に行く, に行った, に這入っ, の三人組, の工夫, の時, の者たち, の金蔵番, は夜中, もとだえます, も出来る, をいたそう, をすませ, をする, をつづけさせ, を命ずる, を済ませた, を自分ひとり, を行っ

▼ 見~ (50, 0.1%)

22 して 3 されて, した 2 しても, し得べき程強烈, せば

1 [16件] さなければ, されては, されるだろうと, される彼女, しこの, した上, しました, し得なかった, し得べき, し得ます, し得るならば, すとき, すんだね, す女, す弊, ふ様

▼ 見には~ (45, 0.1%)

2 童なれ

1 [43件] いかにも技術的, いかにも腹心, いっても, いや味, いるん, くすんだくらいの, たいへん, つんとし, どれが, ゆかなかった, ゆかぬ, 一度も, 九つぐらい, 九州本土に, 全くの, 分らないが, 分らなかったが, 十五六と, 四角な, 大きな混乱, 大入場, 御意なされ, 来たが, 来るが, 枯山芝生春日照りねも, 棧敷が, 温良そうな, 狂人である, 瓢枕に, 町むす, 病人の, 経すくい, 美しい女たち, 茗荷の, 行かないでしょうか, 行かなかったよう, 行かぬが, 行きません, 行きませんよ, 行つた, 見えるの, 誰も, 餘程の

▼ 見~ (45, 0.1%)

4 に聞いた, に聞き 3 で聞いた, で聞き, に聞く 2 に聴く

1 [26件] できいた, できき, できく, で聞かなけれ, で聴いた, にきき, にした, にその, につたえ, には空虚, にも聞き, にも聞く, に入る, に壮快, に左門, に当夜, に朗々, に狐, に留める, に知り, に聞い, に聞える, に聞き得る, に聴い, は徒ら, もて聞き手

▼ 見~ (44, 0.1%)

33 ともない 4 とも無い 1 かったん, から, からねえ, かると, ともなくっ, とも好い, とも宜

▼ 見~ (44, 0.1%)

8 わされ 5 わされる 4 わされた, わした 2 わさない, わされたら, わして

1 [17件] はされた, はされる, はすこと, わさず, わさね, わさるる, わされまし, わされました, わしお前の, わしたる, わしてく, わしては, わしと, わしの, わすこと, わすの, わすよう

▼ 見はるか~ (43, 0.1%)

4 し大君 3 す限り 2 す健気, す円き, す山, す田ンボ

1 [28件] した時, しつつ, して, し太陽, し登る, し白き, すこと, すこの, すこれ, すと, す四方, す天草灘, す左手, す幾重, す形勝, す松, す桑, す段丘, す水田, す淡, す温泉, す眼下, す越後平野, す遠, す野, す頭上, す高原, す高地

▼ 見真似~ (43, 0.1%)

2 でその, に憂身

1 [39件] で, でい, でそれ, でなかなか, でやたら無性に, でわたくし, でズボン, で子供, で彫刻, で狡獪, で繰り返し, で自分, で覚え, で覚える, で足踏み, で踊っ, と松山君, に其の, に娘, に帳場格子, に書いた, に無用, に猿, に竈, に覚え, に遊ばしませ, に過ぎなかっ, に遣るでがす, のそれ, の戯れ, の模倣, の灸, の舞台, の落語家, の道念踊り, の針, もあ, をし, をしたがる

▼ 見~ (41, 0.1%)

2 けて私, けよう, けると

1 [35件] けさせたの, けさせて, けさせるまでと, けさせる爲, けずに, けてお前, けてからいろ, けてから二人, けてから文吾, けてくれ, けてくれた, けてくれました, けてその, けてやらう, けてゐた, けてゐなすつたさうです, けてゐます, けてゐる, けて來, けて其の, けて別れた, けて行つたの, けて貰ひたい, けなく, けに來, けました, けるまで, ける事, ける積り, けれア, けんもの, け強硬, け損ね, け松泉寺, け終る

▼ 見やつ~ (40, 0.1%)

154 てゐる 2 たりし

1 [19件] たが, たところ往來, たので, たばかり, たりした, た佐太郎, た宝生栄, た時, た眺め, て, ていかにも, てお, てぎツくり, てしまひました, て又, て坐ら, て滿, て立つてた, て頑固

▼ 見~ (39, 0.0%)

13 つて 6 つた 4 なって 2 つたやう

1 [14件] つたか, つたが, つたけれども, つたこと, つたふり, つたま, つたらう, つたり, つたんぢ, つちや, なうの, なった, なったか, なった金雀子街

▼ 見自分~ (39, 0.0%)

2 は種々

1 [37件] が絵画, でおどろく, にかけよる, にも知っ, のうみ, のヤケ, の元, の判断, の周囲, の妻, の延そう, の弟, の心, の想像, の感覚, の病気, の立っ, の聞く, の舌, の身体, の醜, の青春, はおや, はそれ, は云い, は何だか, は何ん, は大声, は実際, は暗然, もその, もまた, ももと, も亦, も紙帳, を見つけ, を見る

▼ 見~ (39, 0.0%)

18 のある 10 がある 2 がなかっ 1 があっ, があつ, があります, がありませぬ, でも, のない, はない, は違うまい, をつける

▼ 見~ (39, 0.0%)

3 いで 2 つて, つては, つて自分に

1 [30件] いて, いでようございます, いでようございますが, いながら, いは, い置洋燈に, い表の, うこと, うて囁くやう, うのが, つておしげは, つてやる, つて僕が, つて女史の, つて始る, つて宗助は, つて彼は, つて徐々と, つて必ず, つて桂班長は, つて箱の, つて自, つて良人に, つて行く, つて行ふこ, つて饅頭の, つて高雄へ, わなく, ラッテ郁子ガ付ケタ, 世に公

▼ 見てと~ (38, 0.0%)

2 つて, つてさすが, つてゐた

1 [32件] いう所, いふよりや, うるさい子供式, それを, つた, つた大阪の, つた様な, つてかへ, つてここで, つてはつと, つて一晩考へ, つて光子が, つて努めて, つて彼は, つて心から, つて心の, つて愈々, つて無理にも, つて素早く, つて胸を, つて観る, つて通訳を通じて, つて長久保宇治は, ほつた兩岸, めぐりて, 云って, 入牢させ, 思って, 思っても, 申しますと, 行く, 言うこと

▼ 見はから~ (38, 0.0%)

3 つては 2 つて, つてから, つてそつと, つてその, つてゐる, ひ官兵衛, ふに, ッて

1 [19件] つてお, つてすご, つてまだ, つてわざと, つてゐた, つて凝, つて出かけた, つて合図を, つて執筆し, つて太田は, つて太鼓が, つて小幡氏の, つて満身の, つて総, つて船は, つて責任を, つて近頃, ひその, ひ荷物

▼ 見むき~ (38, 0.0%)

16 もせず 12 もしない 2 もしなかった, もしません 1 すらしなかつた, もし, もしなかつた, もしなけれ, もしねえで, もせん

▼ 見~ (38, 0.0%)

4 僧都一人の, 年に 2 聴くこと

1 [28件] あの支那人, た或, つくった, も一人, ゴンクール氏の, 今日本邦所産, 伊沢氏の, 受けつづけた, 同じ頃, 名前だけを, 堕落し, 存在の, 寢る, 母を, 波靜なる, 漢書地理志の, 王莽時代に, 生の, 畏るべき, 畫板に, 祖先の, 美容術と, 聖摩西の, 聖母を, 自ら経験した, 遠山の, 青くも, 高松南陵の

▼ 見違い~ (38, 0.0%)

3 じゃあるまい 2 じゃない, だ, である, ではない, をした

1 [25件] かと思ってた, かも知れなかった, かも知れぬ, かも知れません, から置去り, だったの, だったらしい, だったん, だと, だよ, だろう, だろうと, だッ, ちまつたよ, でないたしかに, でないと, でなかったばかりか, ではありません, ではあるまい, ではなかッ, なされたか, には相違, をする, 申して, 申すよう

▼ 見失つて~ (36, 0.0%)

8 ゐた 7 しまつ 3 ゐる 2 はならない, ゐるの

1 [14件] はいけない, はならぬ, は大変, まるで化物, もう止めよう, わあつ, ゐたの, ゐた父, ゐた自分, ゐました, ゐるかの, ゐるから, ゐるころ, 光る視線

▼ 見~ (35, 0.0%)

3 でつれ 2 ださる, だせり, だそう, でしは, でつる

1 [22件] だせしゆえ, だせしホンゴウソウ, だせないので, で, である, でし暗き, でたり, でたる, でたるわが, でたる古文, でたれば, でつ, でなどし, でぬかく, でぬま, でぬ其部下, で記事, で驚き, に資本主, の新聞記事, をつける, デ諸

▼ 見これ~ (32, 0.0%)

2 をその, を指し

1 [28件] こそほん, とかたり, なら贅沢, によりていかなる, により望み, に七川, に反し, に対して実践理性, に応ずる, は何かと, は全然, は怪しから, は濁り井, は自分, は著しく, は魔物故, までの一念, より西利根水源, をやっ, を侮り, を戀, を教, を斷, を知る, を聞い, を聞き, を見, を跳

▼ 見~ (32, 0.0%)

2 の兄, はお, は榮三郎

1 [26件] が何ん, が女主人, その手, といふ男, との交渉, と申します, と話し, などに慰められ, に頼ん, の強健, の手, の方, の鍬, は, はこれ, はどう, はどつか, は二人, は元, は兄, は大, は居間, は思はず, をやりました, を加, を顧みました

▼ 見そして~ (31, 0.0%)

2 それが

1 [29件] お祖母さんや, こちらを, その, どうしてプロレタリア, どんなコース, ひそかに, また言い続けた, コラムをも, 七十郎にも, 之を, 具体的な, 内側から, 口を, 愛しただけ, 承認する, 担いで, 採集する, 現在のみが, 生や, 番号を, 笑いだした, 聞きました, 胸に, 自分が, 訊ねた, 遂に自分, 都会特有の, 雑踏し, 驚きも

▼ 見とおし~ (31, 0.0%)

3 である 2 と計画

1 [26件] ある観念, だから玻璃窓, でかなり, です, でその, でわれわれ, というもの, とそれ, とともに日本, との対比, とひろがり, と方向, と確信, と統制, と行動, と覚悟, においてもともに, について, についていろんな, について懐疑的, によって貫かれ, に対してだけいわれる, ばかりきく, 不可能です, 描き出し得るまでには, 立たず

▼ 見乍ら~ (31, 0.0%)

1 [31件] お月樣, かう云, からかひ, かんたん, さう, さて種々, しっとりと, その母, そんなこと, でないと, どうして地球, どうする, のめば, の訴訟話, をぢさん, 云った, 低声, 何気なしに, 半十郎, 寝た, 帰る九段坂上, 思ひ出し思ひ出し續, 時々思い出した, 暫く立つ, 楽しく遠い汽車, 歩き歩く, 直ぐ警察, 立って, 立つて, 討ち果すこと, 食べ飲み握手

▼ 見~ (30, 0.0%)

13 なは 3 なはし給, なわ 2 なわし, なわせ 1 せめて阿片, なはし, なわす, ぼらしいとは, ぼらしき貰い小袖, ぼらしくも, を童貞

▼ 見かへ~ (29, 0.0%)

7 した 4 して, つた 2 せば

1 [12件] したこと, してから, しては, しても, してやらうと, しながら, しの, つたり, つて笑つた, つて笑ひ, つて険しい, りや

▼ 見てや~ (29, 0.0%)

7 がれ 3 がる, 雲隠り 2 しない, はるん, 雲隱り 1 がらあ, がるかと, がるぜ, がるだろうが, がるな, ぐらの, しないだろうな, むかし安倍の, ろうにも, 冬ごもり

▼ 見~ (29, 0.0%)

13 を見 4 を見し

1 [12件] から見し, に天王山, に桂川, に聳立, に能勢, に蘆葭, に見, に際涯, をうかがい, をながめ, を眺め, を眺め廻した

▼ 見さえ~ (28, 0.0%)

25 すれば 1 したの, しなければ, すりゃほし

▼ 見とも~ (28, 0.0%)

3 なかり, なき事 2 ない, 飽かめ

1 [18件] ないから, ないと, ないほど, ないや, ないナア, ない人間, ない顔, なく喧嘩, ねえから, ねえな, 好くは, 好くも, 戦わねば, 無いほど, 無い態, 見飽かめ, 覚え申さん, 親しい

▼ 見ながらも~ (28, 0.0%)

2 夢の

1 [26件] いよいよ院, お妙ちゃん, この機会, そのうち真紀子, それによって, ちょいちょいと, なお初志, なお疑い, また哀れ, もっと深く, やがて来, より若く, 一度繰り返した, 主人の, 二人は, 変な, 張, 徒に, 御息所は, 怨めしさ, 手は, 救くる, 矢代は, 職業意識に, 自分も, 芸術的統一の

▼ 見限り~ (28, 0.0%)

11 をつけ 2 をつけた

1 [15件] だね, だねえ, で, でしたネ, では鐚, と変った, なく, なく美しい, をうけた, をした, をつけず, をつけだし, を付けた, を付け出した, を附ける

▼ 見~ (27, 0.0%)

3 たから, て仲 2 て中

1 [19件] たと, たもん, て, てか親切, てそっと, てマア兎, て丹治殿, て其所, て助ける, て又, て口, て山三郎, て引い, て慰め, て此, て真赤, て飛ん, ましたから, ると

▼ 見~ (27, 0.0%)

2 に, の如き

1 [23件] があつ, が立ち, が見える, が見ゆる, だけはそれでも, とがその, とも見えた, と川向う, などが空明り, にまでああ, の, のよう, の下, の八百屋お七, の影, の梯子, の赤い, は高く, までがその, も物すごい, をのぞめるごとく, を眺めた, 並んだ軒

▼ 見きり~ (26, 0.0%)

20 をつけ 1 が悪, なくて, のつい, をつけず, をつけた, をつけなけれ

▼ 見~ (26, 0.0%)

532 えその, ふこの

1 [14件] えこれ, えまた, え又, え必ず, え必ら, え有則, え棺, はじ, はば明治年間花柳風俗, ひけむ, ふ如き不思議, ふ我神, へ久しく, へ我学問

▼ 見~ (25, 0.0%)

18 ともない 2 ともなく, ともよく 1 けてあげる, ともなかつた, ともねい

▼ 見わたし~ (24, 0.0%)

1 [24件] かかった年, けり, その基本的, たって, ておもてに, て一言, て小さし, て快, て足がかり, と水照, ながらここ, ながらそう, ながら唇, ながら天井, ながら派手, ながら近く, になります, のきく場処, の付く, の広い, を族, 一寸肩, 終ると, 赤い実

▼ 見張所~ (24, 0.0%)

2 の番人

1 [22件] があった, がある, だ, でありまた, でいちいち, でね, で敵機投弾, と池, と谷戸橋, に入っ, のよう, のキノコ屋根, の上, の下, の前, の硝子窓, は応急救援所, へやって来た, へ行っ, もあった, をこし, を建て

▼ 見~ (24, 0.0%)

3 も外聞 2 にし

1 [19件] えの, がする, する, だか, であんな, で女, のせぬ男, のない, のよう, もなく, も命, も忘れ, も恰好, も捨て, も氣取, や洒落, をきりました, を切ります, を張り度

▼ 見誤り~ (24, 0.0%)

2 ではない, はない

1 [20件] があっ, がある, がなかっ, じゃないでしょう, だったとしても, であった, であろうと, でなければ, ではありません, ではなかっ, でイチハツ, で次に, で済ん, なしに, なぞで, なんかしませんです, に気がつく, はしなかつた, はなかっ, らしいです

▼ 見さかいも~ (23, 0.0%)

1 [23件] つかないほどに, つかぬうち, なくああ, なくして, なくそれ, なくとびあがったもの, なくなって, なくなるの, なくなん, なく一人, なく出しゃばって, なく吹きまく風, なく帯, なく掴んだ, なく男, なく男たち, なく薙ぎ払われ, なく身, なく頭, なしに, 備わって, 忘れ余りに, 無くなったらしい

▼ 見~ (23, 0.0%)

4 によらぬ 3 によらない 2 はよぼ

1 [14件] に寄らず, の一番, の惡, は余り, は御, は悪くっ, は枯木, は気, ばかりで, ばかりの奴ら, ばかり大きな, よりはもっと, よりもまた, 倒しの

▼ 見~ (23, 0.0%)

3 ふばかりの 2 ふて理

1 [18件] はれた, ひさうだ, ふけれど, ふこの, ふので, ふは, ふばかり, ふべきが, ふべくも, ふほどの, ふやう, ふ口腔, ふ奴, ふ弾道, ふ梢, ふ灰, ふ花々しい, ふ長柄

▼ 見張番~ (22, 0.0%)

2 をし

1 [20件] だ, だけは祭り, だったが, という事, とを二人, にみつかっ, に倅, に立たせ, の他, の姿, の役, の知らせ, の谷兵曹長, の近, の魂, は双眼鏡, まで勤める, をした, をやった, を勤めた

▼ 見~ (22, 0.0%)

3 しの, るか 2 の欄干

1 [14件] しでも, しへ, し美しい, で駕籠, と一々, に上り, の丘, の四阿, の座敷, の湯島, の野山, へ上る, へ出掛ける, へ帰りました

▼ 見かえって~ (21, 0.0%)

4 訊いた 3 声を 2 言った

1 [12件] いった, おまえ達は, ささやいた, その烏帽子, わざとらしく吸い, 一緒に, 半七, 女中部屋の, 狡猾そうな, 眼顔で, 答えた, 苦にがしげ

▼ 見ちゃあ~ (21, 0.0%)

2 いられねえ

1 [19件] いけません, いけませんよ, いられない, いられないから, いられねえん, いられませんからね, いられませんからねえ, こうして入, さもさ, じっとし, たって居た, どうか, 喋りっこである, 少しばかり, 悪いけれど, 憐れがる, 指を, 日ごろの, 笑って

▼ 見~ (21, 0.0%)

10 った 4 っていた 21 ってると, ってるよう, ってる私, りながら, るの

▼ 見當違~ (21, 0.0%)

8 ひの 7 ひを 2 ひでした 1 の所作, ひが, ひでしたね, ひでないこと

▼ 見~ (20, 0.0%)

4 とりが 2 くりに, くりの

1 [12件] くりには, くりを, それの, とりの, ぬいさんを, ゆるしが, 声を, 心に, 新にも, 瀧と, 雪を, 鶴を

▼ 見から~ (20, 0.0%)

2 出て, 引離すこと, 我々を, 解放せられ

1 [12件] では, なくなって, 出たところ, 出たもの, 出発し, 動き出すん, 慈觀瀑の, 注文の, 無足, 計らずも, 邦語を, 長浜へ

▼ 見この~ (20, 0.0%)

4 耳で

1 [16件] 初期活字本から, 口で, 女に, 川端の, 後は, 懲治に, 手に, 時ほど, 枝を, 熱き風, 畫を, 異国情調を, 盒の, 答えを, 罪を, 考えが

▼ 見たりと~ (20, 0.0%)

3 いう 2 せば

1 [15件] いいそれ, いひ会, すれば, せるが, 予に, 云う題, 云ふ, 信じおれる悪夢, 信ずそ, 思ひたれば, 感じたり, 感じ神, 申すの, 言ふ, 訴ふる

▼ 見てか~ (20, 0.0%)

1 [20件] あきらめてか, あらむ瞳凝らす, おむつましい, この縁談, とにかく重大事件, どや, ひどくいけぞんざい, へり公教会報, 不残白状, 両名, 人じらし, 司会者の, 場を, 婆さんは, 子供にでも, 強いても, 急に, 重三郎が, 雲かすみ, 頼朝自身黄瀬川の

▼ 見てからの~ (20, 0.0%)

3 ことに 2 ことである

1 [15件] おれの, ことだ, ことです, そんなせんさく, 上の, 事で, 事で御座います, 事と, 孫権は, 心情を, 私は, 称呼である, 立ち騒ぎだった, 米友という, 議論と

▼ 見では~ (20, 0.0%)

2 先生の, 推量も

1 [16件] あったが, お恥しい, ないので, まず賽の目, 久右衛門の, 五雲の, 分らないが, 判官として, 天下が, 女に, 子供に, 決して世道人心, 済まされじと, 済まぬ女中, 濟ま, 行く末が

▼ 見もし~ (20, 0.0%)

12 聞きも 2 聞も 1 ききも, 又語り, 知りも, 聴きも, 見られも, 顔を

▼ 見~ (20, 0.0%)

1 [20件] が六月下旬, の, のま, の声, の女, の小さ, の教, の方, の肩, の車, の野望, の頭脳, の馬, はその, ほどにいろいろ, もそのまま, れに, を聞き, を観察, を認むるを

▼ 見こう~ (19, 0.0%)

8 見して 3 見しながら 1 見したか, 見するうち, 見するの, 見するまでも, 見する宮坂, 見やがて, 見刺繍, 見素晴らしい

▼ 見たりなど~ (19, 0.0%)

7 した 3 して 1 したが, したこと, したわけ, した夫, しながら, すること, するの, するもの, する時

▼ 見てよ~ (19, 0.0%)

3 見てよ 2 かつた

1 [14件] あたしの, おかあちゃ, おぽ, その上, それを, だれを, ねえ言つて, はやく末, ジエィン, 何かと何遍, 当るかナ, 御馳, 木だの, 眼を

▼ 見做す~ (19, 0.0%)

2 も汝等

1 [17件] が故に, が適当, にある, において妨げあらじ, に一定, に及んだ, に於い, に至り, に至れり, の価, の外, ばかりでなく, もダンテ, も愛, よりほか, を得べきである, を要せず

▼ 見ごろ~ (18, 0.0%)

9 しに 2 であった 1 しには, だという, というある, どッ, な所, になっ, の時分

▼ 見~ (18, 0.0%)

6 もしない 4 もせず 2 もしなかった 1 したりなんぞ, ふ, もしたくない, もしなかったらしい, もやらず, も仕ない

▼ 見~ (18, 0.0%)

7 ている 2 たり考へ, て居る 1 ある平次, た, たまま, て, ていた, てゐた, なければ

▼ 見そこ~ (17, 0.0%)

5 なつて

1 [12件] からもう, なつた, なは, なひだ, なひに, なひも, なひを, なや, なやあ, に美三昧, に陥っ, の櫓楫

▼ 見りや~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの胡麻, あんなもの買, おつ, およそどんな, こんな時, その気, それで沢山, たつた一つしき, とんと見, どうか知りません, 全く冷汗もん, 好いもん, 寒いと, 押し出された奴, 決して可愛, 白い, 直に悪縁

▼ 見~ (17, 0.0%)

1 [17件] に耳, を慕, を聞く, 不忘年來合眼, 助, 助から, 助が, 助と, 助などが, 助なども, 助に, 助や, 助よりも, 助多見, 助後多, 名也, 理且其忠告憂

▼ 見~ (17, 0.0%)

2 に付

1 [15件] てため息, てはさすが, てよし, て皆, に草, ぬ, ひしは, ひし時, ふことも, へなど申, へば, へばさ, へば小, へば雲, まことに罪

▼ 見~ (17, 0.0%)

2 して

1 [15件] か, がつづけられる, した, したが, した一學生, し得る機會, にも習得, に便利, に出かけた, に費した, の意味, の折, の爲め, はすませた, をいたしました

▼ 見~ (17, 0.0%)

2 に触れる

1 [15件] が何故, だという, であるとか, でさわっ, でさわる, で触れる, で触れ得る, と笹, に触れ, の一人, はない, よりか心太だい, をふった, を合せる, を目当て

▼ 見てからに~ (16, 0.0%)

2 しましょう, しましょうか

1 [12件] されて, したい, したほう, した方, しないと, しよう, しようと, しようという, しろ, しろと, しろなあ, するわ

▼ 見てさえも~ (16, 0.0%)

2 これは, それは

1 [12件] お苦し, その男, もしや人ちがい, われわれとは, 主婦や, 冥眩し, 加賀様の, 地獄へ, 悲しくて, 最初の, 見えないのに, 身を

▼ 見~ (16, 0.0%)

3 い, えか 21 いか, いと思っ, いや, えかと, えかな, えじゃ, えと言う, かし

▼ 見かつ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お経, かれら, その会話, その裏, わが同囚, 他の, 地上の, 己の, 思う毎, 書簡を, 没落世界の, 特に聖母, 画学生の, 義枝が, 聞きし事

▼ 見てに~ (15, 0.0%)

1 [15件] こ, ことしながら, こと笑い, こッと, っこと, つと微笑, つと笑つた, つと笑つたやう, はかに, はかにけは, やりに, やり笑った, ッこりした, ツこり, ーっと

▼ 見てばかり~ (15, 0.0%)

4 いた

1 [11件] いずと, いたらしかった, いた加藤, いないで, いるだろう, いると, おるため, では, ゐた顏, ゐないで, 居ると

▼ 見~ (15, 0.0%)

2 この十柱, は御

1 [11件] が紐小刀, その御, それから, とが鉤針, と火闌, に勅, のお, の御, は九州北部, 或は亦, 約に

▼ 見張つた~ (15, 0.0%)

2 ほどです, ま

1 [11件] かと思ふ, があたり, がろくな, し娘, だけで澤山, といふ頬冠, なりカリフ, よ親分, 丸い眼, 大きい眼, 黒い美しい眸

▼ 見忘れ~ (15, 0.0%)

4 でございますか 2 でございましょうか 1 だったの, でご, でございましょう, でございましょうが, でござるか, でござんしょうか, でござんすか, でもございませう, をし

▼ 見~ (15, 0.0%)

2 の意識

1 [13件] だけだった, というもの, といふもの, とがあった, と色, につき, の内容, の役目, は間ちがい, は頗る, やハルラ山洞, をさながら, を将

▼ 見~ (14, 0.0%)

1 [14件] つること, なく何時, なさろうと, られたら何うしよう, られるよりは, られる男, ること, ると, るならあたし, るの, るのみか, る了簡, る人, る気

▼ 見~ (14, 0.0%)

4 によつて 1 かと思つて, かと考へる, かな, で棒, といふ考, と常, に依, に由つて, も變つて, をした

▼ 見てからは~ (13, 0.0%)

1 [13件] いよいよ烈しく, さすがに, その気持ち, その男らしい, 三四日めごとには, 僕は, 小川は, 意馬心猿とやらが, 更に其感, 自分が, 衛門督の, 見られませんよ, 面影に

▼ 見でも~ (13, 0.0%)

1 [13件] されは, して, しましょう, しようか, するやう, するよう, だん, なしこんど, まだ社会, よいが, 中年の, 善いじゃ, 重複は

▼ 見にも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いかなかったの, いくさ, どれという, なにか閑, ゆくはなはだ, 依りけりサ, 出られまい, 囚われない白紙的, 廻れば, 戻れず淋しかっ, 来ないで, 来よちふ畑, 行かなかった

▼ 見~ (13, 0.0%)

1 [13件] くること, くるを, くる目, くる目印, した, したところ, すべき機会, せるもの, づかに, るるところ, るるもの, るるものなれ, るるを

▼ 見~ (13, 0.0%)

3 だして 1 から見し, だしたよう, だすこと, だすと, だすよう, ている, ないで, を見る, 果た, 渝州

▼ 見~ (13, 0.0%)

2 を感じ

1 [11件] かの話, か言いた, に耐え, に触れる, の疑う, をしてる, を思う, を拾, を發見, を聞いた, を聞かね

▼ 見~ (13, 0.0%)

1 [13件] く, くるところ, くるに, くるは, くる法師, くる田舎町, した, られるが, る, る所, る物, 申す所, 申せば

▼ 見~ (13, 0.0%)

2 書目録

1 [11件] 天際臨瞰海中観其霊基所盤連亙, 太上玉皇天尊未來金闕玉晨天尊が, 書の, 書目に, 書目の, 書目録が, 書目録で, 書目録に, 書目録は, 書目録以前の, 雄を

▼ 見晴しの~ (13, 0.0%)

1 [13件] いい処, いい場所, いい曲路, いい独立, いい部屋, きくところ, ひらけた岩角, よい一室, よい家, 好い処, 好い峠, 好い茶屋, 広庭

▼ 見~ (13, 0.0%)

2 なしに, もなく 1 がなくなる, が付かぬ, なくすべて, なく母, なしの, の付かない, はつかない, はない, を異に

▼ 見開ら~ (13, 0.0%)

2 かれて

1 [11件] いたまま, いたまま腰掛け, かれた, かれたその, かれた両, かれ睡りの, かれ見つめそして, き, き眼, き義雄, き茫然

▼ 見そう~ (12, 0.0%)

2 なので, な気 1 して, じゃあない, だ, ですね, ないい, なもの, ふたつの, 思う

▼ 見做さ~ (12, 0.0%)

2 ないの, なくては, るるに 1 ない, るるという, るるは, るるも, るるフェナコズス, るる理由

▼ 見出だし~ (12, 0.0%)

1 [12件] えぬこと, その大き, つ, てゐる, て以来, て我黨, にくい芸風, 得ないから, 得ないよう, 得なかった彼, 得べきに, 得んため

▼ 見張器~ (12, 0.0%)

3 の前, の映写幕 1 で見る, に食い入る, の六つ, の拡大, の拡大ハンドル, の特長

▼ 見~ (12, 0.0%)

4 して 1 くした, さずには, されて, されます, しあらゆる, したる地, しましたが, すこと

▼ 見さげ~ (11, 0.0%)

1 [11件] はてたやつ, はてたよう, はてた二タ股者, はてた奴め, はてた腰, 果てたお, 果てたこと, 果てたといった, 果てた者ども, 果てた腰抜け野郎, 果てた逸楽

▼ 見すぐ~ (11, 0.0%)

1 [11件] して, しに, にその, にまあ, にまた, に目礼, また眼, 右側には, 掛金を, 物見の, 第一

▼ 見てね~ (11, 0.0%)

3 平常優しい 1 あなたが, でもこんなに, どうしてもしん, なかなか面白い, キジマと, コップの, 浩子さんが, 病人なら

▼ 見という~ (11, 0.0%)

1 [11件] お子様が, かたの, ことに, ものが, 事を, 人から, 人が, 奴は, 字は, 山名の, 武器が

▼ 見~ (11, 0.0%)

1 [11件] ああ我, が爲, と思ふ, と思へる, に深川八幡, も君子, も知られず, よりは身, わが戀人, 我が軽き, 知らねども

▼ 見やすい~ (11, 0.0%)

1 [11件] こっちゃないわけだなあ, とか見やすく, 事が, 事実を, 位置に, 形では, 観念などと, 道理であった, 道理である, 道理も, 道理を

▼ 見~ (11, 0.0%)

3 しては 2 すこと 1 さうから, さなかつた, しが, して, し下さいますれば, すべき

▼ 見~ (11, 0.0%)

1 [11件] う見し, から見, に三峰川, に村役場, に鈴ヶ嶽, の方, を見, を見しなかった, 見しながら, 見と, 見天井

▼ 見更に~ (11, 0.0%)

1 [11件] この因, 三四の, 亜米利加は, 幸福化する, 広大な, 東北には, 歩むうち, 眼を, 紙の, 説文をも, 驚く可

▼ 見果て~ (11, 0.0%)

2 むかきつば, もつかぬ, もない 1 がつかない, ない衰微, もない広い, もなく, もなし

▼ 見~ (11, 0.0%)

2 の別荘 1 が用意, が白山芸者数名, だったん, と前後, のお嬢さん, の令嬢, の塋域二箇所, は, を知ってる

▼ 見~ (11, 0.0%)

2 の上 1 から觀望, に立つ, のあたり, の横, の眞下, の茶屋, へか, へ到る, より少し

▼ 見~ (11, 0.0%)

5 わされ 3 わされた 1 はさず, はされた, わした

▼ 見かぎり~ (10, 0.0%)

21 だったねえ, で, ですね, ではない, で御座いましたね, ない愛情, のよう, をつけ

▼ 見すゑ~ (10, 0.0%)

41 し, つつ, ながらや, ながらスープ, ながら大体, ました

▼ 見まちがい~ (10, 0.0%)

2 をする 1 じゃねえ, であった, ではありません, ではない, といっ, はない, は三両, をし

▼ 見ゆる~ (10, 0.0%)

2 かげ物いふ 1 しなを, 像を, 分の, 故にわれら, 方が, 方なる, 方の, 群山の

▼ 見われ~ (10, 0.0%)

2 たりといわん 1 がたし, しめたり, しもの之, し者, たりと思うべからず, たるところ, に聞く, ん

▼ 見~ (10, 0.0%)

1 つらつら續, と云う, においては佐久間, にも見, の心, の折ら, の身, よりも先, をも甘く, を知ら

▼ 見~ (10, 0.0%)

7 をつけ 1 にたったら, をつける, を付け

▼ 見張人~ (10, 0.0%)

1 が見張っ, が詰め, です, でもない, として手伝, に眼, のいる, の不注意, の頭骸骨, はなかなか

▼ 見~ (10, 0.0%)

2 に気惚, る 1 て何, と云, ると, るよう, るる, るる山ざくら花

▼ 見~ (10, 0.0%)

2 ゑました, ゑます 1 うと, うる流盻, たが, ってあんぐり, ってくる, ゑましたが

▼ 見据ゑて~ (10, 0.0%)

2 怒鳴るやう 1 叱りつけるやう, 居た官人, 居ながら, 居ります, 居る, 居るの, 更にその, 自か

▼ 見~ (10, 0.0%)

3 わめる 1 がつく, はめる事, むるは, むるひまもなく貪ぼる, わめその, わめて, わめん

▼ 見~ (10, 0.0%)

10 みて

▼ 見~ (10, 0.0%)

2 の顔 1 が触れ, が觸, なら天地, の声, の行く, はいそい, は悲しい腹立たしい, は自分

▼ 見~ (10, 0.0%)

1 が屬, たる僕, とがそこ, として最初, として最後, には何, の, を出した, 古之事曽所念, 唯有

▼ 見あるいは~ (9, 0.0%)

1 いろいろの, そこに, その手記, イギリス政府が, ボルドオの, 地獄を, 悪しと, 櫓の, 聴き取らんと

▼ 見しか~ (9, 0.0%)

1 ど低山, ど鬼怒川, ねつ, を知る, 午さがり, 姫百合は, 御燈, 水無月の, 立枯の

▼ 見せんべい~ (9, 0.0%)

2 へ行く, を買い 1 とべい, の店, の手前, の職人, も団子坂

▼ 見そうして~ (9, 0.0%)

2 こんどは 1 あの響き, 唇と, 日本の, 知識よりも, 科学者に, 綱宗の, 驚いたか

▼ 見てさ~ (9, 0.0%)

2 うして, う云 1 いっしょに, ういふ, う唸る, う思, ツせ

▼ 見なよ~ (9, 0.0%)

1 あの天井, このとおり, すぐだから, まア大きく, 一と, 俺達の, 八, 手だつ, 指を

▼ 見~ (9, 0.0%)

1 やるその, イロイロ世上, 亦ソノ愚轍ヲアエテ趁ワントスルトハ, 取リ, 取ル, 後ニモ戦ヒ有リト思ヒ, 恐レ, 見ナイ, 見ヌ

▼ 見二人~ (9, 0.0%)

2 の間, の間柄 1 が嬉しき, で旅, の視線, を手, を眺め

▼ 見互い~ (9, 0.0%)

2 じゃ 1 だ, だ貴様, ということ, という事, と云い習わす, 見, 見て

▼ 見~ (9, 0.0%)

2 むれば 1 むべくもあらぬ, むるとも其一方が, むるについては, むるよりも難い, メテカラニシテ下サイト泣クヨウニシテ頼ンダガ予ハ聴キ入, メテカラ僕ハ最後, 交同

▼ 見張台~ (9, 0.0%)

1 からおり, でグラマン, と反対, にいた, に登りつめた, に立ち, に行く, に近い, の男

▼ 見~ (9, 0.0%)

1 が久しく, なども其役, など大, になつた, に認められ, のそれ, のやつ, の芸, の襲名

▼ 見ある~ (8, 0.0%)

3 人は 1 ひは, 少数だけの, 日その, 標石の, 者他日かく

▼ 見~ (8, 0.0%)

2 婚ひ, 恍くる, 醉ひしれ 1 夢む暮春の, 惚けぬ

▼ 見つき~ (8, 0.0%)

1 からし, から見る, がい, で殊に, にあしら, にはシヤモ屋, のガラス戸, はあまり

▼ 見とは~ (8, 0.0%)

1 いえないの, なんの, まるつ, 俘囚たるに, 全く違った, 思えぬほど, 正しき見方, 異なるもの

▼ 見はつ~ (8, 0.0%)

21 たが, たもの, たやう, ている, て僕, て私

▼ 見且つ~ (8, 0.0%)

1 おもふ, 傘の, 其迅速なる, 同君の, 屋根越に, 想像し始めた, 生もうと, 越えて

▼ 見~ (8, 0.0%)

2 る程 1 きたやう, きた昨日, きた風景, きて, きると, ぬという

▼ 見~ (8, 0.0%)

1 うしろに, この事業, その中央, には平常, に病死, の一時間, ベアトリーチェと共に, 次第に愛慕

▼ 見~ (8, 0.0%)

3 して 1 し, しが, した, した宏壮, し亭

▼ 見染め~ (8, 0.0%)

2 そこで人 1 たつてと, なした, の場, もし見染められ, 合ったお, 寝ても

▼ 見次に~ (8, 0.0%)

1 またテーブル, また視線, エッセイの, モンミライシャトー・ティエリークランマルヌ川岸エーヌ川岸恐るべき, 利助の, 室中を, 日の出を, 第二嚢

▼ 見當くら~ (8, 0.0%)

8 ゐは

▼ 見~ (8, 0.0%)

2 という所 1 かあるいは, でライスカレー, で与次郎, というミルク, は内容豊富, へ行こう

▼ 見難い~ (8, 0.0%)

1 が往来, この形式, ほどわずか, ほど少し, ものである, 名画とか, 女でも, 星の

▼ 見~ (8, 0.0%)

2 して, はされ 1 されて, されないもの, はさう, はし

▼ 見あの~ (7, 0.0%)

2 松あの 1 やうに, サン・テチエンヌ寺を, 名画を, 火を, 雑色的な

▼ 見あら~ (7, 0.0%)

2 はされ, はし 1 はされた, はされない, はされる

▼ 見いい~ (7, 0.0%)

1 し罪, ところを, ものじゃ, んだろう, 図では, 空気を, 風を

▼ 見かは~ (7, 0.0%)

2 すばかり 1 すと, すばかりに, す月, す眼, す顏

▼ 見~ (7, 0.0%)

5 たへの 2 たへが

▼ 見ずし~ (7, 0.0%)

1 て去る, て帰家, て心, て摸索, て石階, て走り去るなり, て逃

▼ 見ちがい~ (7, 0.0%)

1 であったかしら, であったろうか, でしょうか, です, ということ, はすまい, をし

▼ 見つつも~ (7, 0.0%)

1 なぐさめつあはれ門, なほまど, むりに, 八弥は, 思い捨てて, 憫に, 見えなかった大

▼ 見てこそ~ (7, 0.0%)

1 おかしいが, 分らぬが, 止まめ, 止まめという, 裃だ, 過ぐれ, 頷きけれ

▼ 見てぞ~ (7, 0.0%)

1 くと, つとする, ゆく, 仲麻呂の, 行く月, 西東を, 身を

▼ 見ぶつ~ (7, 0.0%)

1 しても, するかな, に交った, に切符, のひっそり, の男女, をした

▼ 見ルト~ (7, 0.0%)

1 又痛ミ出シテイルノニ心ヅク, 多少興奮スルワネ, 実ニ不思議ナ顔, 実ニ何ト云ウ相違カ, 恐ロシイホド, 案外ニモソウ云ウ才能, 痛イコトガ溜ラナク楽シイ

▼ 見~ (7, 0.0%)

1 がつかない, がつく, が出来, つ法, はちやん, ること, をつけた

▼ 見~ (7, 0.0%)

2 をせず 1 しきもの, する, すること, つかまつれば, まへの

▼ 見~ (7, 0.0%)

1 に行きまする, のフスマ, の一室, は藤沢, へまいり, へ旅立った, まで同行

▼ 見屆けた~ (7, 0.0%)

2 といふ 1 あの煙, から俺, が蚊帳, ぞ, よ

▼ 見度い~ (7, 0.0%)

1 から当分, から近道, という外, という望, という熱心さ, など, な碌

▼ 見彼女~ (7, 0.0%)

2 に近づく 1 がまだ, が自分, の失明, の心, の程度

▼ 見~ (7, 0.0%)

21 うて天上皇帝, うもの, ない樹木, ふ有徳, へ

▼ 見損い~ (7, 0.0%)

2 をし 1 ではあるまい, なぞということ, はしなかった, は許し, をした

▼ 見澄し~ (7, 0.0%)

1 たのち, た上, てから丸裸体, てから根元, てこう, てその, て滝太

▼ 見知人~ (7, 0.0%)

1 がある, が來, で此世, は兩夫人, よ姿形, をよこす, を一間

▼ 見石先生~ (7, 0.0%)

1 から戴いた, が御, だね, では眼, のところ, の盛つたもの, は人

▼ 見~ (7, 0.0%)

1 とともに語った, において自己, の声, は底, を怨み, を知らん, を知り

▼ 見~ (7, 0.0%)

1 らしい平服, らしい様子, らしい流転, らしい生活, らしい紋付, らしい風, らしく見えた事

▼ 見あらゆる~ (6, 0.0%)

2 ことを 1 人間が, 憂き目と, 政策の, 状況や

▼ 見がたき~ (6, 0.0%)

3 後を 1 これを, ものなるべし, 宿なれ

▼ 見がち~ (6, 0.0%)

1 だったすこし, だつた, であるだけ, なもの, な私, のもの

▼ 見すごし~ (6, 0.0%)

1 ができない, するはず, もならず, 万一にも, 兼ねて, 出来ぬもの

▼ 見たりなんか~ (6, 0.0%)

2 したこと, して 1 した末, するの

▼ 見っけ~ (6, 0.0%)

1 ものだ, ものでございます, ものと, ものな, らへ, 物で

▼ 見てからと~ (6, 0.0%)

1 しよう, 云うこと, 云うもの, 云う者, 云ふも, 宮は

▼ 見ながらに~ (6, 0.0%)

1 これを, それ程までの, やっと笑, やっと笑う, 終ったの, 釣れるの

▼ 見など~ (6, 0.0%)

3 して 1 したあげく, なさりながら, サラリと捨て

▼ 見なん~ (6, 0.0%)

2 まで 1 しよこつちの, しよこれ, しよ黒, やと

▼ 見にや~ (6, 0.0%)

1 ならん, わからんこと, アなりません, 寢覺めが, 済まぬ, 解らん屹度誤解が

▼ 見むと~ (6, 0.0%)

1 は思ひ, 凭れば, 思ひおこ, 思ひし月, 思ひて, 欲するやみ

▼ 見ナイ~ (6, 0.0%)

41 デ食堂ニ, 振リヲスルカモ知レナイ

▼ 見乍ら平次~ (6, 0.0%)

1 は先づ金六, は斯, は用心深く, は苦笑, は訊ねました, は靜

▼ 見~ (6, 0.0%)

4 の機 1 の兵法, の機微

▼ 見張つたの~ (6, 0.0%)

2 も無理 1 はその, は内儀, もこの, も深い

▼ 見張員~ (6, 0.0%)

1 が口早, として活躍, に事情, をあと五名, をのこす, を僕たち

▼ 見~ (6, 0.0%)

5 でて 1 で目

▼ 見映え~ (6, 0.0%)

2 のせぬ 1 がしない, がしやしない, のしない, のする

▼ 見~ (6, 0.0%)

2 を見る 1 の裏面, を云わざる, を思え, を思へ

▼ 見當位~ (6, 0.0%)

2 はつくだらう 1 はつき, はつく, は付くだらう, 付きます

▼ 見~ (6, 0.0%)

1 が変っ, に驚き, を変え, 共に, 変えて, 對性を

▼ 見~ (6, 0.0%)

1 へた, へてゐる, へて一ツ莞爾, へられる, へ見送, へ見送る

▼ 見難き~ (6, 0.0%)

1 と見, なり, ものである, も水, 技能を, 甚だ微細

▼ 見かく~ (5, 0.0%)

1 て, てすでに, てまた, て階, の如く

▼ 見がたい~ (5, 0.0%)

1 ものである, 他の, 家に, 物を, 苦痛を

▼ 見さだめ~ (5, 0.0%)

2 をつけたら 1 がつかない, のつく, もつかぬ

▼ 見さッ~ (5, 0.0%)

1 しゃい中, しゃれ, し遊びざかり, せ, せい

▼ 見しかも~ (5, 0.0%)

1 それで, にわかに身, 小豆長光の, 戦が, 私語は

▼ 見しも~ (5, 0.0%)

1 さる物, しばし下, フロオベルドオデエゾラ等の, 君が, 実にこの間

▼ 見じゃ~ (5, 0.0%)

1 ありませんか, だめだ, ないん, 似たところ, 取り換えた方

▼ 見そく~ (5, 0.0%)

3 なって 1 ない, なったと

▼ 見たりという~ (5, 0.0%)

2 人に 1 事実と, 人は, 者は

▼ 見っともねえ~ (5, 0.0%)

1 そんなもの, そんな形, 世間へ, 人が, 聟に

▼ 見つら~ (5, 0.0%)

5 むか

▼ 見てかの~ (5, 0.0%)

1 君早く, 女等は, 家に, 対象化された, 有名なる

▼ 見てからといふ~ (5, 0.0%)

2 もの私は 1 ものそして, ものは, もの僕が

▼ 見てなんか~ (5, 0.0%)

1 いたら男, いない, いないで, いないの, おれるもん

▼ 見てはは~ (5, 0.0%)

1 ああれ, あかなり, あと一切を, あと感心する, アこれは

▼ 見やがて~ (5, 0.0%)

1 うなずいて, かへり, また他, 余吾, 裏を

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 たら, な何, な茶, 死んだ連中, 読んだる

▼ 見ン事~ (5, 0.0%)

2 颯と退く 1 しくじり与力, その初一念, はづれる

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 識の 1 申候面白能にて, 申專風聞, 聴不言に

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 りて, れば 1 りしことども

▼ 見~ (5, 0.0%)

3 ましたの 1 て植木店, むる時に

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 けもつかない, けもつかなかつた, けもつかぬ, ける力, け難い

▼ 見又は~ (5, 0.0%)

1 何を, 夫に, 槌が, 自己等の, 迷信から

▼ 見呆け~ (5, 0.0%)

5 て居る

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 であつ, ともお呼び, など, の妻, の神話中

▼ 見失つた~ (5, 0.0%)

1 かの有名, からだ, と云, ならもはや, または見出し得ない

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 と親しく, のうち, の人々, へは帰っ, も幸

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 の運命 1 が眞状, が郷國, に向かっ

▼ 見張小屋~ (5, 0.0%)

1 から見とどけられた, が建っ, の方, の朝, を後

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 で買, とでも言う, と云

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 で感じ得る, なしと, には人, に可, 動きて

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 れたが, れた時, れた瞳, れて, れるな

▼ 見戍つて~ (5, 0.0%)

1 ゐた, ゐたの, ゐられなかつた, ゐるの, ゐるわけ

▼ 見損つて~ (5, 0.0%)

2 ゐたの 1 ゐるらしい, ゐるわけ, をつたの

▼ 見~ (5, 0.0%)

3 うよう 1 う可, う様

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 は口 1 と弟同苗兵三郎, の妻京, の弟同苗兵三郎

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 たくないばかり, たペリカン, つ, つべき次第, 下さらないで

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 似か, 似て, 似で, 似でなか, 似に

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 かつた 1 からず, からない, かると

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 したと, と成っ, ぬ顔, の人たち, の顔

▼ 見~ (5, 0.0%)

1 が鮮, と二人静, と云う, と云っ, を眺め

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 けて來, けて居た 1 けてゐる

▼ 見~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 見遁す事~ (5, 0.0%)

2 の出来ない, はなかつた 1 が出来ない

▼ 見~ (5, 0.0%)

2 かし 1 かすの, かす山なみ, かす景勝台

▼ 見遠く~ (5, 0.0%)

1 て不便, なつた耳, の銃声, 港外に, 行った

▼ 見間違い~ (5, 0.0%)

1 じゃないだろう, ということ, として却って, など決して, を説明

▼ 見きき~ (4, 0.0%)

1 すると, するよう, する範囲, する間

▼ 見けむ~ (4, 0.0%)

3 かも 1

▼ 見ざら~ (4, 0.0%)

1 しするすると, しめたりとて, しめた責任, むことの

▼ 見たて~ (4, 0.0%)

1 がない, だった, ながら上着, のほやほや

▼ 見たりは~ (4, 0.0%)

1 して, しなかった, しなかったろう, 必し

▼ 見ついで~ (4, 0.0%)

1 に, に御, にRKO, 決して危険

▼ 見てすら~ (4, 0.0%)

1 ぎらぎらと, その程度, 少なからず, 惜む世に

▼ 見てな~ (4, 0.0%)

1 きっと今, わを, 毎日考へ, 銃殺を

▼ 見なんか~ (4, 0.0%)

1 して, してちゃ, ぢや, 耳へ

▼ 見にと~ (4, 0.0%)

2 夕方から 1 吾が, 来て

▼ 見はり役~ (4, 0.0%)

2 をつとめる 1 になっ, をつとめます

▼ 見または~ (4, 0.0%)

1 さらに多く, すべての, 求むるにあたりて汝等を, 足音を

▼ 見むと欲~ (4, 0.0%)

1 して, すれば, りせず, る吾が

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 えて柄, た, も美くし, や

▼ 見やあ~ (4, 0.0%)

1 がったかな, がれ, しませんけれど, という

▼ 見やう見まね~ (4, 0.0%)

1 でだ, で靜子, に手, に縄

▼ 見よく~ (4, 0.0%)

1 プラン調べた, 聞け, 覚えて, 酬いよく

▼ 見わが~ (4, 0.0%)

2 指を 1 いまよりも, 耳にて

▼ 見を以て~ (4, 0.0%)

1 するとき, すれば, 常人の, 逍遙子が

▼ 見不知~ (4, 0.0%)

2 の他人 1 なん, の実に

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 だもの, と云う, な事, のよう

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 ある離れ, を考え, 一層深く, 衣冠文物の

▼ 見做す事~ (4, 0.0%)

1 さえできれ, によってその, の出来ない, 及び津軽家

▼ 見傚す~ (4, 0.0%)

2 よりほか 1 からで, だろうと

▼ 見切品~ (4, 0.0%)

1 とか何とか, ばかりが眼, を付した, を買取っ

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 を聞き 1 をきく, を聞いた

▼ 見多く~ (4, 0.0%)

1 は老人, を聞い, を調べ, 聞き多く

▼ 見天井~ (4, 0.0%)

2 を見 1 の方, をながめ

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 が三々五々, と同じ, は庭, も三々五々

▼ 見少し~ (4, 0.0%)

1 の落度, は感覚, 廻り道を, 気まずそう

▼ 見尤め~ (4, 0.0%)

1 て寄, て環, て静緒, られる心配

▼ 見崩れ~ (4, 0.0%)

2 をする 1 の手合, もする

▼ 見~ (4, 0.0%)

4 へば目

▼ 見度いもの~ (4, 0.0%)

1 だ, だそれ, では, と思つて

▼ 見張場~ (4, 0.0%)

1 である, に見出された, の一つ, へ来

▼ 見張役~ (4, 0.0%)

1 がやぐら柱, として案内役, となる, の者

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 にはない, の方, の第, は九種

▼ 見徳庵~ (4, 0.0%)

2 におびき寄せ 1 の火薬爆発, の火藥爆發

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 へがある, へのある, への充分, へ読み

▼ 見悪い~ (4, 0.0%)

1 ほどお辞儀, ほど窮屈, 外を, 衣装も

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 と評, なもの, な様子, に違

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 に飮, はあたかも, 何ぞ顏, 頻申者

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 る偏向, る処, 女が, 時は

▼ 見損つたの~ (4, 0.0%)

21 は稍遺憾, を残念

▼ 見最後~ (4, 0.0%)

1 には海水着, に余, に家庭, に絨毯

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 を見 1 ふを, を作る

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 が自分, の声, の法華経, を眺め

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 した土地, した樂, した館内, して

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 と極める 1 のほか, を制服

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 のつかぬ, もつかぬ

▼ 見生王~ (4, 0.0%)

1 という王様, のため本国, は生身, は自身

▼ 見當ぢ~ (4, 0.0%)

1 やない, や下手人, や伜, や圍

▼ 見知り合い~ (4, 0.0%)

1 である, の, のない, の面

▼ 見知越し~ (4, 0.0%)

1 のやくざ, の彼女, の老人仲間, の連中

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 をながめ 1 に鮮紅, の遠く

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 かなあ, となった, になる, にモウ一度

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 して 1 もその, も殺した

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 に鮎, を巻い, を見, 赤くニヤリ

▼ 見~ (4, 0.0%)

1 天の, 戸山, 戸山を, 比丘を

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 の裏 1 はついた, もつきません

▼ 見~ (4, 0.0%)

2 をつけ 1 をつけた, をつけられ

▼ 見あれ~ (3, 0.0%)

1 から山, を聞く, を遊ばせ

▼ 見いろいろ~ (3, 0.0%)

1 の人, 批評は, 空想し

▼ 見かたそのもの~ (3, 0.0%)

1 に現れ, よりそれ, を事実

▼ 見かの~ (3, 0.0%)

1 像の, 比丘説法し, 熱海ホテルの

▼ 見くら~ (3, 0.0%)

1 ぶれば, へながら, ゐは

▼ 見さん~ (3, 0.0%)

1 ですか, のもの, の二

▼ 見ざらん~ (3, 0.0%)

2 とする 1 と欲する

▼ 見しり~ (3, 0.0%)

1 のこと, の客, の芝居道

▼ 見すべて~ (3, 0.0%)

1 に共通, を知り, を知る

▼ 見それからまた~ (3, 0.0%)

1 その証書, 自分を, 霧笛の

▼ 見たりとて~ (3, 0.0%)

1 おいおい噂, ともに一驚, 面白くも

▼ 見たりも~ (3, 0.0%)

1 した, するが, するの

▼ 見だし~ (3, 0.0%)

1 で報ぜられ, で宣伝, で宮

▼ 見だて~ (3, 0.0%)

1 が無かっ, のない, の無い

▼ 見ちょ~ (3, 0.0%)

1 りますが, る, れ

▼ 見ちょっと~ (3, 0.0%)

2 考えて 1 前歯で

▼ 見つる~ (3, 0.0%)

1 が上, や, より旅寝

▼ 見てけ~ (3, 0.0%)

1 つかるだ, つかれ, ふも野

▼ 見てでも~ (3, 0.0%)

1 いるよう, ゐたらどう, 来たよう

▼ 見てもよ~ (3, 0.0%)

1 きいを, ござんすか, 俺達ん

▼ 見てわ~ (3, 0.0%)

2 ッと 1 つとばかり

▼ 見とり~ (3, 0.0%)

1 にその, は出来ません, もせで

▼ 見とを~ (3, 0.0%)

2 しが 1 具へ

▼ 見どんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 恐怖から, 態度を

▼ 見なお~ (3, 0.0%)

1 あたりを, 偏光も, 見たり

▼ 見ながらの~ (3, 0.0%)

1 ことである, 応対です, 退屈さは

▼ 見なむ~ (3, 0.0%)

1 昔見しか, 海をも, 雲中観音図

▼ 見にく~ (3, 0.0%)

3 かりしを

▼ 見にくい~ (3, 0.0%)

1 それという, 少しすいた, 時計です

▼ 見~ (3, 0.0%)

2 ただすこし 1

▼ 見ばかり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 見まひ~ (3, 0.0%)

1 に出る, に見え候, の人

▼ 見む人~ (3, 0.0%)

1 そのくだ, のため, や誰

▼ 見もう~ (3, 0.0%)

1 いちど, 一つの, 十町も

▼ 見やうぢ~ (3, 0.0%)

2 やありません 1 やない

▼ 見ゆめ~ (3, 0.0%)

2 れど 1

▼ 見ゆるし~ (3, 0.0%)

1 たまえ, またあゝ, 東北の

▼ 見ゆ麦林寺~ (3, 0.0%)

3 とやいふ

▼ 見より~ (3, 0.0%)

2 良きもの 1 生ずこの

▼ 見よりも~ (3, 0.0%)

1 一歩先に, 周章狼狽逃げ行く, 堅実な

▼ 見らく~ (3, 0.0%)

2 しよしも 1 しかなし

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 つけた, やれ, やれむゥ

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 るは, るホド, 來る

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 ナド匕首ノゾカセタル態ノケチナ仇討チ精進馬鹿投ゲ捨テヨ, 彼等ノ, 諸君ハ現

▼ 見一つ~ (3, 0.0%)

1 でやっ, でやる, は人肌

▼ 見一人~ (3, 0.0%)

1 ずつ名, でどんなに, まず認め

▼ 見一方~ (3, 0.0%)

1 この地方, では所謂積極, の眼

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 た, たる谷間田, た人

▼ 見不思議~ (3, 0.0%)

1 な話, にそれ, に対して知らず知らず

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 などで宮戸座, などという大阪上り, などの上方俳優

▼ 見乍ら云~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 はし, はした, はしました

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 の心, は彼, も亦

▼ 見初めて~ (3, 0.0%)

1 公表された, 蚊に, 陣寄せを

▼ 見判断~ (3, 0.0%)

1 に於, の確否, を以て国民

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 がする, せらるること夥, もしまい

▼ 見受候~ (3, 0.0%)

1 に就, に就者, はば得

▼ 見受申~ (3, 0.0%)

2 したところ 1 します

▼ 見同じ~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものを, 年の

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 その室, のあくる, はバスティーユ広場

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 が父親, であると, の

▼ 見子爵~ (3, 0.0%)

2 の邸内 1 に招

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 た所, てやる, の重任

▼ 見巡り~ (3, 0.0%)

1 がすんだら, に出られます, に出掛ける

▼ 見度いため~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 であった

▼ 見度くも~ (3, 0.0%)

1 ないといふ, なりますぜ, なるぢ

▼ 見度さ~ (3, 0.0%)

1 で居残った, にもう一度, に後

▼ 見廻役~ (3, 0.0%)

1 が博多辻, として治安, を二十人三十人

▼ 見彼等~ (3, 0.0%)

1 に対する考え, の感情, の會話

▼ 見律毘婆沙~ (3, 0.0%)

1 は, 第十三, 第十二

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 されるので, せただろうほど, せるやや

▼ 見或いは~ (3, 0.0%)

1 慾に, 新例, 織田遺族の

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 てある, れて, 下されば

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 へちや罰, へられ, へんもの

▼ 見損うの~ (3, 0.0%)

1 は当然, は残念, は無理

▼ 見改めて~ (3, 0.0%)

3 いましたが

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 から自分自身, である, に支配

▼ 見日本人~ (3, 0.0%)

2 の歴史 1 に対して非常

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 やドーム・ゲルツェナ, をよみ, を見た

▼ 見横丁~ (3, 0.0%)

1 で, の家, の隣家

▼ 見毛利~ (3, 0.0%)

1 と浅野, と淺野, に寄せ

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 においては遠, をもつ, を見

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 が無言, の姑, の熱き

▼ 見深く~ (3, 0.0%)

1 うなずいて, 動かされたらしかった, 見そこ

▼ 見無え~ (3, 0.0%)

1 か知ら無, やうに, 間に

▼ 見~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 見理想~ (3, 0.0%)

2 といひ 1 の外

▼ 見當さ~ (3, 0.0%)

1 へつかず, へ付かなかつた, へ付け

▼ 見當違ひだ~ (3, 0.0%)

1 つたよ, な, よ

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 なもの, な鑑賞, な風景

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 がくらみ, につかぬ, 逆え

▼ 見真実~ (3, 0.0%)

1 を愛し, を聞き, を観照

▼ 見瞻つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 共にあくう, 来た人

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 だで, だな, を取っ

▼ 見自己~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を解釋

▼ 見~ (3, 0.0%)

2 るしき失敗 1 るしい立ち往生

▼ 見茂四郎~ (3, 0.0%)

1 は或は, は長崎, より

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 がする, れたる千里, 付いた風

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 と言った, の一子佐太郎, を討ち果し

▼ 見言葉~ (3, 0.0%)

1 に触れる, をも交えたかった, を俗語世界

▼ 見調べ~ (3, 0.0%)

1 くださいまし, に参りましたら, まするでご

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 って蛇, まッ, られたり

▼ 見護つて~ (3, 0.0%)

1 ゐら, ゐるか, 居たの

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 といった見巧者, などという団体見物, を催し

▼ 見遁さ~ (3, 0.0%)

1 ないから, ないやう, ない点

▼ 見遂に~ (3, 0.0%)

1 策を, 自ら聖なる, 閉眼す

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 すらんやう, す庭, せば

▼ 見難く~ (3, 0.0%)

1 なりし君, 再び遇, 臥してのみ

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 されて, す神話, はし

▼ 見首筋~ (3, 0.0%)

3 が薄

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 の口輪, の呻く, より下っ

▼ 見~ (3, 0.0%)

1 ぬせい, ぬ女, るれば

▼ 見高い~ (3, 0.0%)

1 市女笠やらが, 精神と, 諸君に

▼ 見ありのまま~ (2, 0.0%)

1 に描く, に見つめ

▼ 見おそろしく~ (2, 0.0%)

1 うなさる, 興奮した

▼ 見および~ (2, 0.0%)

1 候, 声を

▼ 見かすか~ (2, 0.0%)

1 な鐵瓶, に笑い

▼ 見かも~ (2, 0.0%)

1 しれぬ, 知れないね

▼ 見きょう~ (2, 0.0%)

1 を出発, 立って

▼ 見ぎたなく~ (2, 0.0%)

1 投げられた荒くれ男, 逃げ出した

▼ 見ここ~ (2, 0.0%)

1 が心, まで離れ

▼ 見こし~ (2, 0.0%)

1 だった, をつけた

▼ 見こそ~ (2, 0.0%)

1 惱へ, 醉ひ

▼ 見こちら~ (2, 0.0%)

1 は珍しく, を見

▼ 見さて~ (2, 0.0%)

1 弓を, HOW

▼ 見さながら~ (2, 0.0%)

2 自分を

▼ 見さらに~ (2, 0.0%)

1 意欲し, 驚けるさま

▼ 見さる~ (2, 0.0%)

1 も多少, 通り二十八方仏子柑の

▼ 見しもの~ (2, 0.0%)

1 かくも, 殆ん

▼ 見じっと~ (2, 0.0%)

1 外のけ, 物に

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に我性格, らくは

▼ 見すべ~ (2, 0.0%)

1 からざる, からざるもの

▼ 見すら~ (2, 0.0%)

1 くも, む

▼ 見そしてまた~ (2, 0.0%)

2 喚きたてた

▼ 見そめし~ (2, 0.0%)

2 は初夏

▼ 見ため~ (2, 0.0%)

1 に尊氏直義, の珍しい美し

▼ 見たりというは~ (2, 0.0%)

1 自家撞着の, 鷲鷹の

▼ 見たりといふは~ (2, 0.0%)

1 人物の, 猶イエルサレム

▼ 見たりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ 見ちげ~ (2, 0.0%)

1 えだ, えの

▼ 見ちやつたん~ (2, 0.0%)

1 だもの, です

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ 見つつか~ (2, 0.0%)

1 へり来, へるや

▼ 見つつは~ (2, 0.0%)

1 なげけやがて, 籠れ若葉

▼ 見つもり~ (2, 0.0%)

1 だと, を國会

▼ 見つゆ~ (2, 0.0%)

2 ふべ

▼ 見てからでも~ (2, 0.0%)

1 お茶菓子, 楽に

▼ 見てからという~ (2, 0.0%)

1 ことです, もの役者の

▼ 見てしか~ (2, 0.0%)

1 ど, 帰さには

▼ 見てすらも~ (2, 0.0%)

1 そうである, 不愉快で

▼ 見てという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事に

▼ 見てながら~ (2, 0.0%)

1 フフフ, 望遠鏡で

▼ 見てには~ (2, 0.0%)

1 かになつかしく, かに面色蒼ざめ盃を

▼ 見てのみか~ (2, 0.0%)

2 居らむ

▼ 見てへ~ (2, 0.0%)

1 いきで, いを

▼ 見とい~ (2, 0.0%)

2 へば可の

▼ 見といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 職業も

▼ 見とお~ (2, 0.0%)

1 しだい, み子供みたい

▼ 見とか~ (2, 0.0%)

2 云ふ

▼ 見との~ (2, 0.0%)

1 協力の, 相違である

▼ 見どこ~ (2, 0.0%)

1 がある, の樹木

▼ 見などの~ (2, 0.0%)

1 人たちが, 峠を

▼ 見なほ~ (2, 0.0%)

1 判らぬとき, 疑解けぬ様子

▼ 見におい~ (2, 0.0%)

1 でという意味, でなさい

▼ 見にか~ (2, 0.0%)

1 へると, へる位

▼ 見にだけでも~ (2, 0.0%)

1 もう一度ここ, 行かずには

▼ 見にといふ~ (2, 0.0%)

2 人は

▼ 見にゃ~ (2, 0.0%)

1 ならん, 解らんきっと

▼ 見ねを~ (2, 0.0%)

2 りを

▼ 見ば人~ (2, 0.0%)

1 にとぶ, 無き雨

▼ 見ふと~ (2, 0.0%)

1 んの, 物好きを

▼ 見べか~ (2, 0.0%)

2 舟が

▼ 見ほど~ (2, 0.0%)

1 おもしろいもの, 悲しいもの

▼ 見まだ~ (2, 0.0%)

1 日本という, 雪の

▼ 見まち~ (2, 0.0%)

1 がうまい, がはれる

▼ 見まで~ (2, 0.0%)

1 やったと, 議会や

▼ 見まもり~ (2, 0.0%)

1 にけり, 進み

▼ 見まもる者~ (2, 0.0%)

1 はその, もあれ

▼ 見むとて~ (2, 0.0%)

1 或ひ, 来れるガリバルヂー

▼ 見むとや~ (2, 0.0%)

1 少しく色, 淋しさ

▼ 見むと云~ (2, 0.0%)

1 ひたま, へばさらば

▼ 見もの~ (2, 0.0%)

1 がじかに, の本

▼ 見やはり~ (2, 0.0%)

1 そこに, 欣しい

▼ 見ゆ可~ (2, 0.0%)

1 からざる, きか

▼ 見ゆ頼~ (2, 0.0%)

2 無き影

▼ 見わし~ (2, 0.0%)

1 ている, 得ざるなり

▼ 見わたし数百~ (2, 0.0%)

2 の廻船

▼ 見カプリ~ (2, 0.0%)

1 に相, の島

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 くれしより, たまふや

▼ 見テ憂悶手足~ (2, 0.0%)

2 ヲ措クニ処ナシ

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 入ル場所ハ何処, 入候時

▼ 見マネ~ (2, 0.0%)

1 でいくらか, で一人

▼ 見ラレテハ~ (2, 0.0%)

1 困ル写真ダガ, 極マリガ

▼ 見ルコト~ (2, 0.0%)

1 多シ, 猶他国人

▼ 見レバ~ (2, 0.0%)

1 即チ枯没ス, 各

▼ 見ン事お前~ (2, 0.0%)

1 の腕一ツ, はお

▼ 見一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 の看板, の自動車

▼ 見一般~ (2, 0.0%)

1 に毛嫌, をおしはかり

▼ 見三度め~ (2, 0.0%)

2 に見

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 てる方術秘伝, で強く

▼ 見丸木橋~ (2, 0.0%)

1 のこちら, へ来

▼ 見乍ら一通~ (2, 0.0%)

2 の封書

▼ 見乍ら何~ (2, 0.0%)

1 か探し, てエ言

▼ 見乍ら大儀相~ (2, 0.0%)

1 に枕, に枕頭

▼ 見乍ら續~ (2, 0.0%)

2 けました

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 って充分, れば

▼ 見予て~ (2, 0.0%)

1 心得いた通り牛乳一桶, 訓え

▼ 見人間~ (2, 0.0%)

1 という煩悩, の真実

▼ 見人類~ (2, 0.0%)

1 の人文発達, の精神

▼ 見今日~ (2, 0.0%)

1 まで庶民, 親しく此

▼ 見今朝~ (2, 0.0%)

1 の京都新聞, は下痢

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の請, 不自惜身命

▼ 見仔細~ (2, 0.0%)

1 をただし, を話す

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の一方, の多く

▼ 見他人~ (2, 0.0%)

1 の中, を権威

▼ 見他方~ (2, 0.0%)

1 の目, は他国

▼ 見仙千代~ (2, 0.0%)

1 の三人, まで使者

▼ 見仰天~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の勢, の大きな

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 して, しては

▼ 見做す間~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 見傚さ~ (2, 0.0%)

1 ない訳, ない譯

▼ 見傚す事~ (2, 0.0%)

1 ができます, ができる

▼ 見免さ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないアノ邪慳非道

▼ 見再び~ (2, 0.0%)

1 冷水浴を, 聞き得べき声

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の冷めたい, の日

▼ 見出だしこれ~ (2, 0.0%)

1 を学会, を認め

▼ 見切札~ (2, 0.0%)

1 の悪戯, の惡戯

▼ 見判斷~ (2, 0.0%)

1 に於, を以て國民

▼ 見前人好捕魚鰒水無~ (2, 0.0%)

2 深淺

▼ 見勝ち~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 刻ごとの, 空残雪堆

▼ 見參ら~ (2, 0.0%)

1 する小, すれば

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の扶, の死

▼ 見受業師~ (2, 0.0%)

1 と云, と限定

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 はゆがん, を利かぬ

▼ 見古人太祇~ (2, 0.0%)

2 が句

▼ 見合し~ (2, 0.0%)

1 もしなかった, 呉れよ今

▼ 見同時に~ (2, 0.0%)

1 ピアノの, 軍事経済の

▼ 見命様~ (2, 0.0%)

1 が姉君, と豐玉姫様

▼ 見咎め~ (2, 0.0%)

1 でもする, もしませんで

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 見喧燥~ (2, 0.0%)

2 の巷

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 なったよう, はれて

▼ 見喪つたの~ (2, 0.0%)

1 か, かまたは

▼ 見噪音~ (2, 0.0%)

1 を聴き, を聽

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 である, ほどちかく

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 は廬原郡, を通っ

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に応じる, へると

▼ 見夕べ~ (2, 0.0%)

1 に見, に見あき

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 悦曰我聞海西有大, 滿足の

▼ 見大急ぎ~ (2, 0.0%)

2 で階段

▼ 見天下~ (2, 0.0%)

1 の再, の害賊ここ

▼ 見失つたの~ (2, 0.0%)

1 に失望, は何と

▼ 見失つたマグダーレン~ (2, 0.0%)

1 に似た, の女

▼ 見如何~ (2, 0.0%)

2 に独創

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 であろう, は疑い

▼ 見婦人~ (2, 0.0%)

1 の間, 不淫妬

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 い者

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 といえる, 答えて

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 ざつぱりとした絣に, 物見の

▼ 見屆けたん~ (2, 0.0%)

1 だもの, ですよ

▼ 見屆けた證人~ (2, 0.0%)

1 でもある, はない

▼ 見届よう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と煩悶

▼ 見崩れ人種~ (2, 0.0%)

1 が大将, ではない

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の行動, の誰

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の入口, を下り

▼ 見帰り~ (2, 0.0%)

1 に加賀, ひょんなことから俊雄冬吉

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 ない時, ない者

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 美しい街

▼ 見度いところ~ (2, 0.0%)

1 がある, を心

▼ 見庵先生~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, はあの

▼ 見庵樣~ (2, 0.0%)

1 が癆症, もさ

▼ 見張つた眼~ (2, 0.0%)

1 にも妙, は余

▼ 見張ツ~ (2, 0.0%)

2

▼ 見張船~ (2, 0.0%)

1 に徹宵, の用意

▼ 見後ろ~ (2, 0.0%)

1 から押し, を見

▼ 見思わず~ (2, 0.0%)

1 声を, 笑った

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 らしい装, らしい鳥打帽

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 クキヲ, 虎の

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひの

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 しに, に一ツ横ツ腹

▼ 見或は~ (2, 0.0%)

1 外を, 想像出来る

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 見据ゑつ~ (2, 0.0%)

1 つ漫語, つ言

▼ 見損つた~ (2, 0.0%)

1 と嘆, と腹

▼ 見支那~ (2, 0.0%)

2 にも既に

▼ 見收め~ (2, 0.0%)

1 だと, といふ積り

▼ 見改め~ (2, 0.0%)

1 もしない, 申したところ

▼ 見斯く~ (2, 0.0%)

1 感じて, 物を

▼ 見旅行~ (2, 0.0%)

1 にでる, に出る

▼ 見日和~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, の空

▼ 見明るい~ (2, 0.0%)

1 顏を, 顔を

▼ 見映画~ (2, 0.0%)

1 を作る, を見た

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の流れ, はぼく

▼ 見~ (2, 0.0%)

2

▼ 見最初~ (2, 0.0%)

1 はその, は燐火

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 も見る, を見る

▼ 見未了~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 見本所全体~ (2, 0.0%)

2 もこの

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 のつかぬ

▼ 見染五郎以下~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 見桃寺~ (2, 0.0%)

1 に移つて, の鶏長

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を横切, を見

▼ 見榮坊~ (2, 0.0%)

1 でね, の東京

▼ 見構え~ (2, 0.0%)

1 したが, に変った

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 と外濠, の名

▼ 見次第小田原~ (2, 0.0%)

2 へ駈けつけ

▼ 見正直~ (2, 0.0%)

1 なところ, に感じ

▼ 見此方~ (2, 0.0%)

1 の要求, を見し

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の字, の首

▼ 見殊に~ (2, 0.0%)

1 ニイチエが, 王莽鏡と

▼ 見段六~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 見民衆~ (2, 0.0%)

1 の希求, の生活

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を変える, を悪く

▼ 見気絶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 見波瀾万丈~ (2, 0.0%)

1 恐しい渦, 恐ろしい渦

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 しもの

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に話し, を越し

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 が迫っ, さえこぼす

▼ 見深い~ (2, 0.0%)

1 感に, 蒼空が

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 して, まし各自棍棒石斧抔

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 見特に~ (2, 0.0%)

1 日本における, 顯著なる

▼ 見現に~ (2, 0.0%)

1 おもふ, 千金を

▼ 見現在~ (2, 0.0%)

1 でも作つて, の性格

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 ない, ないから

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の意義, 絲と

▼ 見甲斐~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, は微笑

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に顔, のいる

▼ 見男爵~ (2, 0.0%)

1 と名乗る, の令嗣

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の作物, を眺め

▼ 見留印~ (2, 0.0%)

1 の指環, を見出した

▼ 見當外れ~ (2, 0.0%)

1 に觸つて, の馬鹿

▼ 見當違ひで~ (2, 0.0%)

1 せう, 逃して

▼ 見眺望~ (2, 0.0%)

1 のある, よし

▼ 見眼瞼~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 見知合~ (2, 0.0%)

1 の郵便配達夫, ひの

▼ 見知合い~ (2, 0.0%)

1 で不断, のなか

▼ 見社会~ (2, 0.0%)

1 の規矩, を動い

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の奉, は新

▼ 見秦篇~ (2, 0.0%)

1 には彼, には秦

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を計, を計っ

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 はめて, はめねば

▼ 見立替~ (2, 0.0%)

1 という事, を勧めるで

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 三の, 九巻の

▼ 見給はず~ (2, 0.0%)

1 ともいちど, や

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 る年, 九日天皇親臨王政復古の

▼ 見者以婢千人~ (2, 0.0%)

2 自侍

▼ 見而悔~ (2, 0.0%)

2 之急

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 べからず, 生きるべきでは

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 をつぶし, を冷やし

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 が痛く, の上

▼ 見臆病~ (2, 0.0%)

2 のそば

▼ 見自然~ (2, 0.0%)

1 に接する, を玩味

▼ 見苦い~ (2, 0.0%)

1 所でございます, 自己忘却から

▼ 見苦から~ (2, 0.0%)

1 ず唯, ぬ一台

▼ 見苦き~ (2, 0.0%)

1 ばかり弥, 子供遊べり

▼ 見苦笑~ (2, 0.0%)

2 しない訣

▼ 見草鞋~ (2, 0.0%)

2 のひも

▼ 見蔑げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, られるの

▼ 見虚無~ (2, 0.0%)

1 という詩, といふ詩

▼ 見街路~ (2, 0.0%)

1 へ思い, を見

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 の方, を見し

▼ 見西洋~ (2, 0.0%)

1 の話, の鞍

▼ 見試験~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 見詰むる目~ (2, 0.0%)

2 は物凄く

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 をぼりぼり掻き, を見

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に例, をかわし

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 ぶるに, ぶれば

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 かされた, かされる

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 に切り殺させ, のさく

▼ 見遊山~ (2, 0.0%)

1 というの, をかねる

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 けてあげます, けてない

▼ 見違つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる事, 今あすこ

▼ 見部下~ (2, 0.0%)

1 の国, の要求

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を酌み, を飮

▼ 見間違~ (2, 0.0%)

1 ふことは, へはしない

▼ 見限つて~ (2, 0.0%)

1 はならぬ, ゐた世間

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 かりし太平洋, さに

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を聞い, を聞き

▼ 見電車~ (2, 0.0%)

1 に乗り, に乗り合わし

▼ 見静か~ (2, 0.0%)

1 な寝息, に後ろ

▼ 見音楽~ (2, 0.0%)

1 を聞い, を聴き

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 り, りも

▼ 見高く~ (2, 0.0%)

1 内庭にまで, 推掛った

▼ 見~ (2, 0.0%)

1 を聞きつ, を鳥

▼ 見~ (2, 0.0%)

2 で嗅いだ

▼1* [1997件]

あいをした, 見あえて自己を, 見あかね巻雲の夕照, 見あきず美しさ, 見あきず時間をかけ, 見あげくに妙, 見あたりに銀鱗, 見あとの者, 見あらたに望み, 見あらためていましたが, 見あるは日ごろ半ば神の, 見あんまとって, 見いかに感じたかという, 見いかにもはぐらかすよう, 見いくらかでもこれ, 見いささかあきれ顔, 見いつのまにか若さ, 見いつも何か, 見いまどこにいる, 見いよいよそばに, 見うしろを見し, 見うたた思い出に, 見うつつにおもう, 見うらみかさなる尊氏, 見うろこ雲で飾られた, 見えっこは, 見おしのが, 見かえってたちまちに生きた, 見かえってやはり黙って, 見かぎッたよう, 見かしこみて, 見かじめ役が日田, 見かたがたその又, 見かたがた子供の世話, 見かたく秘して, 見かたは一人の作家, 見かた世界のでき, 見かた人間の良心, 見かた個人の生き, 見かた制作意慾が熾烈, 見かた化学の実験, 見かた取扱いかたとがどうして, 見かた描写大したもの, 見かた焦点はよい, 見かた理想とを相, 見かた考えかた観察のしかた, 見かた電気の情趣, 見かと云ふ, 見かよに向かっ, 見からばかりであの, 見からをとつひ, 見がいのある, 見がたみけ, 見がたく再び遇い, 見がてに常葉木も, 見がわりにない, 見きくにつけ, 見きのうは鞍馬, 見ぎたなくじたばた, 見ぎたない百姓と娘, 見ぎっしり立ち並んでる古い, 見ぎょっとした顔つき, 見ぐさい風して, 見けんかし, 見こういうことを, 見こうした現実を, 見こくってなん, 見こころ飽かなく, 見ことに相当な, 見ことばを聞い, 見こぼれ聞きこぼれ, 見こまかく写して, 見これから砧を, 見これらの物, 見さうにするので, 見さかいくらいはつけて, 見さかいというもの, 見さぐる事はひと, 見さげ果た奴, 見さしったでおら, 見さぞ寒からう, 見さっそく話の, 見さてはこの物我ら, 見さようさネ菊, 見さ連でぐはんて泣ぐな, 見ァなら, 見ざめのしない, 見ざらましを我一人残り, 見ざらむは堂, 見ざらむとして目を掩, 見ざらむとし衆理想の本, 見ざらむ寺まちの高き, 見ざらめや御門柱, 見しかし待ちかねたよう, 見しかして後常に, 見しかたけふ, 見しかわぎも子が, 見しなに日, 見しばらく坐って, 見しまにはやも散, 見しりおきくださいませ, 見じいいと深く, 見すでに駅に, 見すやすやと眠る, 見ずぼらしい青年, 見そぞろ後宇多, 見そのまま大坂, 見その他の大, 見その後爬虫や両棲類, 見その間に漏れ, 見そばの松, 見そめとあれ, 見それだけは償却, 見それっきり何も言わない, 見それに藤吉郎と, 見それらのおのおの, 見それ自身が虚偽, 見そろそろ児童の, 見そ言も咎むな, 見ぞっとして, 見ぞろぞろとその, 見ただで手, 見たちゅうて花輪をとどけ, 見たっとくなはれと, 見たまたま砲声を, 見たりかはるが, 見たりかと思ふと, 見たりけむ不尽のや, 見たりといふ如し, 見たりの一人舞台だ, 見たりばかりして, 見たりやかの後, 見たりを生田氏より, 見だけでもこういう家, 見だっしゃないかいな一日位ゆっくりさしたげ, 見ちやおれんです, 見ちやそれあもう, 見ちやつたから, 見ちやつたのよ, 見ちやア解りませんが, 見ちやツた折角, 見ちや何うだい, 見ちや居めえ, 見ちや虫の毒, 見ちや酷でえ, 見ちや鯱もなか, 見ちよつと気, 見っけては喜んで, 見っていうんだ, 見っと言うの, 見っともねえったっ, 見ついで九州へ下るべき, 見ついに太子を, 見つぎ奉るべし後生, 見つくづくあわれ, 見つつなほぞ過ぎうき, 見つつましけむ国, 見つつもの思ひも, 見つつや春日くらさむ, 見つつよかりしあの, 見つねに一藩の, 見つぶしにすれ, 見つもりがちなほとんど, 見つもり処グランドホテル・ド・ヨコハマに設計, 見つもり若干を与え, 見つるらむ雀声立てて, 見ていう伊織の, 見てかへつてその, 見てからが俺が, 見てからにでもしたら何, 見てからも島の, 見てがつかりしました, 見てしもたら立売堀, 見てじゃない, 見てすらと立って, 見てっきり均平の, 見てといふやうな, 見てなどいられるもの, 見てなんぞいるの, 見てにが笑ひ, 見てにやついたの, 見てのみや泣きてこらへ, 見てはとすすめました, 見てはにこ, 見てはばあと両手を, 見てまで笑いも, 見てもかも知れない, 見てもぞッと, 見てもといふ句が, 見てもとに角科学者教育と, 見てもやばん人どもが, 見てやらわかるまいにと, 見てやらにゃ誰も, 見てよりも聞いて, 見でしかない, 見というは同じく小正月, 見とおしなしにあり得ない, 見とかにやなるまい, 見とから遠くかけ離れ, 見として叙出し, 見とつてみなさい, 見とつちや駄目やない, 見とに抗し, 見とにかく肺に, 見ともあれ平定に, 見おしに, 見どうしようかと, 見どの位彼も, 見ないと見る, 見なおさらその澄んだ, 見ながし三国山脈を, 見ながらと胸を, 見ながらといふこれも, 見ながらにやあご, 見なしと見る, 見なぞはその, 見なというよう, 見などこそせめとばかり, 見などは微塵も, 見なにがしの邦楽会, 見ならいをさせる, 見なりの惡, 見なるほどああやれば, 見なんかのまっさき, 見なんせえ, 見なんぞしえへん, 見なんてわしらにゃ, 見なんとす, 見なァよゥ, 見にけむその百舌, 見にこりと笑つて酒, 見について啓蒙しよう, 見にて楽み, 見にては今天が下, 見にでもいって, 見になつた堤防と, 見になど行き候, 見になんぞ来るもん, 見にまでいった, 見によつて蔽はれ, 見によって蔽われて, 見にわかに恐怖を, 見に対して逆に, 見に従って理解し, 見ぬきになっ, 見ねエだからな, 見のち獄内に進む, 見はし玉へ, 見はじめ低くでたらめ, 見はっきり一言一言区切っ, 見はっと我に, 見はては自分も, 見はなし給うか, 見はなはだしく疲弊してる, 見はり人が立っ, 見ばかりをし自分, 見ばしか見ても, 見ば何人も起すべき思ひなるべし, 見ば可なりと言, 見ば百中の九十九, 見ば語らむわが名, 見ひいては源氏の, 見ひとことひとことをあい, 見ひとつではゆるせぬ, 見ひとまず烏丸の, 見ひとりはこれ, 見ひとり現世の人間, 見ひやひやするこみち, 見ひろ子は一層, 見ふたたび出ては, 見ふっとしなを, 見へて正吉が, 見へにける, 見へもしない足柄上, 見へやしないわよ, 見べと思ふんで, 見ほんとうに生き, 見まごふばかりの, 見まさにそれと, 見まず煙に, 見また一方巨石の, 見まちがいようがない, 見まっしゅう, 見まっ白に塗られた, 見まもり合ふやう, 見まもるにつけ, 見まるでからだ, 見まれにも省作, 見むがためである, 見むごとにおのれひとり, 見むそはかの聖なる, 見むためなりしが如し, 見むといそげるこころ騒ぐも, 見むといふ不尽の山いま大空, 見むとおもひ玉はばこなた, 見むとおもふ心を命, 見むとしつれ幾程もあらぬ, 見むとする心と絶對, 見むとすれば疾う遁れき, 見むとせば舟をや, 見むとぞ呼ぶ, 見むとぞ念ふ, 見むとてつどひ來らしき, 見むとて人々騒げどかへりみぬさま, 見むとて來れるガリバルヂー, 見むとて寢もやらず, 見むとて明石町の海岸通, 見むとて溪流を下る, 見むとて漫歩神田仏蘭西書院に赴き, 見むとて火にあたり, 見むとて神流川の上流, 見むとて街をゆく, 見むとて門に立て, 見むとて鶴見に徃, 見むと念ひし情今, 見むと朝晴れのけふ家, 見むと母の里, 見むと無益にも靈, 見むと煤たりし, 見むと草鞋脚半のいで, 見むと願ひしか, 見むには却つて此位, 見むわが知らぬ, 見むわれもはた今をさかり, 見むわれをためしに引くと, 見むアイネーアスの御, 見むッと眼, 見む一二三四五六七八九の十手, 見む人本書を開き, 見む今は飮食, 見む君亦心, 見む心もここ, 見む志賀の大津, 見む日さへ無き, 見む春のゆ, 見む汝牛王の目, 見む秋の暮, 見む詩題と汝, 見む郷人に心, 見む郷国は童, 見め黄昏れに, 見もう一度朝倉先生の, 見もしくは声を, 見もんであったとよ, 見やうものなら屹度猫, 見やうラフオンテーンの物語, 見やう下だらない遠慮, 見やう彼等はどんな, 見やう而して, 見やう聞真似に発句狂歌, 見やがて再びこれを, 見やさしい声の, 見やさしく触つて, 見やっと砂の, 見やっぱり叩き大工は, 見ゆあまの釣舟, 見ゆいずれも混雑, 見ゆかたへに人, 見ゆかつは臭, 見ゆこれも何, 見ゆそれなお竜, 見ゆっくりくつろいで, 見ゆったりした足どり, 見ゆみづうみの岸辺の紅葉照り匂, 見ゆむやみに国産奨励, 見ゆらくを知ら, 見ゆるからである, 見ゆわがいのち, 見ゆ一八三二年インドのマニプル州, 見ゆ三重県の磯部, 見ゆ上は黒雲海, 見ゆ丘の邊, 見ゆ乃ち船をば捨てつ, 見ゆ伯母は未だ, 見ゆ俊秀独歩の秀高岳, 見ゆ勝手元には七輪, 見ゆ南インドマドラスの少し, 見ゆ城ヶ島も見, 見ゆ声高になにか, 見ゆ太陽のしたなる, 見ゆ孔廣林の輯本論語鄭氏注, 見ゆ富士筑波はいふも更, 見ゆ山の背並, 見ゆ彼は一座怪訝, 見ゆ彼女は言葉, 見ゆ後から見れ, 見ゆ数あかる蟻, 見ゆ敷島を買はん, 見ゆ數あかる蟻, 見ゆ是れ著しき, 見ゆ木瓜のさく頃, 見ゆ本艦の士官水兵, 見ゆ松山のこ, 見ゆ浄水池の土手, 見ゆ海見えて, 見ゆ海人の釣船, 見ゆ淨水池の土手, 見ゆ神が凡て, 見ゆ群衆の上, 見ゆ身に影, 見ゆ軒ちかき松, 見ゆ遠山の尖, 見ゆ金色の日, 見ゆ釣り負けまじもの, 見ゆ銀杏めでたき熊本, 見ゆ雨なほそぼ降りて, 見ゆ雨後の松島, 見ゆ霜のふれ, 見ゆ麦刈る秋, 見ようやく近づきて, 見よかったと, 見よし一時間でも, 見よほどな老, 見らくし好しも, 見らく愛しも, 見らつても屹度, 見らむ佐保道の青柳, 見らむ本あら小髯, 見らめやそこ, 見らめども人, 見らめ真野の榛原, 見りやおれの股ぐら, 見りやそれで充分, 見りやちやんとお, 見りややつぱり憎うは, 見りやわしはし, 見りやアまア神さま, 見りやアおれのお, 見りやア僕も何だか, 見りやア後ろにあやつり, 見りやア結晶した家, 見りや一ぺんに判, 見りや三年前はまるで, 見りや丹子も可愛, 見りや今までよりは一層, 見りや今時の若い, 見りや何の為め, 見りや僕は寧ろ, 見りや始には富山, 見りや媽の正月, 見りや家の奴等, 見りや實は何, 見りや此れえ, 見りや発狂したの, 見りや私たちを怨む, 見りや裏の土手, 見りや豚小屋から臀, 見りや貴方豈夫, 見りや順吉さんはあれ, 見わかね, 見わきがつかない, 見わけかたを覚えよう, 見わけかた質問の答えかた, 見わけても徒然ごとに, 見わさんと, 見わざと通り過ぎて, 見わし以て物, 見わせたが, 見わたしそれを一つ, 見わたしたちがいっしょ, 見わたし字の見えなくなった, 見われんとす, 見われ井中火ありて, 見われ形は意, 見われ敵にこの, 見われ日のごとし, 見われ汝不孝極まると, 見わんわんとその, 見ゑず心にとまる, 見をがむしやらに, 見をとすこと, 見をも能く, 見んで美しい想像, 見アッと叫ん, 見アフリカの大, 見アンナを見る, 見イバチじゃ, 見イ僕は是, 見又豐後風土記日田郡五馬山ニ, 見エカツ少シズツ歪ン, 見エタガソノ見セカケニモカカワラズ, 見エタノニ顔ハドウモハッキリ見エナイ, 見エタリスルノハ悪クナイナト, 見エタルコト無ケレバ, 見エテオレノ所ヘ手紙ヲヨコシテ, 見エテコリーノヨウナ大キナ犬ハ飼ワナイ方ガイヽト云ウ意見ガ, 見エテハンドバッグカラレースノ手袋ヲ取, 見エテヤガテ佐々木マデ心配ソウニ庭ヘ出, 見エテ仲好ク颯チャント話シ出シタン, 見エテ我儘ノシタイ程シテ, 見エテ知レヌカラ帰ッタソノウチ大兄ニ近親共ガ来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 見エナイハズデアッタガ気取ッタカモ知レナイ, 見エナカッタノハ朝寝坊ノ彼女, 見エマスガ左様デ御座リマスカト云ウカラ, 見エル御旗本, 見エルダロウナ薄イ鼻, 見エルノデ同ジ行, 見エルノハ何故デアロウカ, 見エルノハ神経衰弱ガヨホドヒドイ証拠ダナト夢ノ中, 見エルヨウニ彼女ヲ追, 見エ天然變ズ可ラザル者ノ如ク, 見エ彼女ノ胴体, 見オサメ申シ候夜ノコトモ今ナオマザマザシク覚エ候エド, 見オザンナを歌ひつ, 見カウ見して, 見カッフェーに出入, 見カ如ニ而邂逅道理ヲ知ルトイヘトモ, 見ガ此ノ殺戮, 見キエルケゴールは最初, 見ケーベルさんのピアノ, 見ゲルンハウゼンの隘路, 見サモワアルで温めた, 見ザル國字改良漢字廢止言文一致羅馬字採用等ノ議論百出ニ, 見嘲ヒヲ解ケ, 見シガ同夜半以来急速ニ発達シテ野氷, 見ジャアナリズムを感じた, 見ジャヴェルを見, 見スエ子が母, 見スプリングを揺すっ, 見助六ダケガ目的, 見ズンバアラザルナリ故ニ邇言, 見セカケテ寝タフリヲスル積リダッタガ, 見セカケニモカカワラズ昨夜ハ特ニ明瞭ニソレガ彼女ノ芝居, 見セタガ大キニ, 見セタゲルカラ這入ッテラッシャイト云ウノカ, 見セタッテ何デモナイワソレヨリ自分デ自分, 見セタラ金十郎ハコワガッタ金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 見セテイロイロオレ, 見セテイル程度ノガ, 見セテリキンデ見セタガ, 見セテ己ニ見セタイッテ云ウンダヨ, 見セテ身ノイマシメニスルガイイ今ハ書クノモ気恥カシイ, 見セナケリャナルマイ何ダカ極リガ悪クッテ死ヌニモ死ニ, 見セヌト脇差ヘ手, 見セヨウトテ隅カラ隅マデ見, 見セラレタ場合ノ, 見セルソノ病気ハ多分病名ヲ頸肩腕症候群ト称スルモノト考エラレル, 見セルノガ目的デプール, 見セルノハ好マシクナカッタ, 見セ候所皆粟田口忠綱位の目利, 見セ接吻デモシカネマジク頬擦リヲシテ, 見ソコデ人為工作と天然工作, 見ソノ反応ヲ見, 見ソルファタラ旧火口, 見タイノ, 見タイトイウ念願ヲ抱イタワケデアッタガ, 見タイ方ハ裏表紙ヲゴランナサイ, 見タカッタノデアルガ団欒ノ中, 見タガ寝タト思ウト, 見タガッテイルカノ理由ヲ解シ, 見タガルモノデカエッテ他人ヨリモ迂濶ナノカモ知レナイ, 見タクナッテ不意ニ廊下ヘ出, 見タケレバ見セタゲルカラ, 見タコトガナイ妖婦ト云ウノハ正シクアンナ女, 見タコトハナイト仰ッシャイマスシ, 見タコトモナカッタトコロヘハジメテソウシキノオソナエモノヲミルトモウ矢モタテモタマラズ目ガクラクラットシテソレニ小サイ弟ヤ妹ナノ, 見タッテ面白クモナサソウダナ, 見タトコロデハキャッツ・アイト云ッタッテアンナ大キナ立派, 見タトコロデモ死骸ハ大概同ジヤウナ形ニナツテヰタ頭ガヒドクフクレ, 見タトコロデ何ノ楽シイコトモナイシ, 見タトコロ彼女ハ深イ, 見タヨウニ云ウカラ橋本ニ聞イタラソノ通リダト云ウカラ大キニ, 見タランモノハ粛然トシテ恐レ, 見タラ三島ニ近クナッテイタ, 見タラ二重ガコイニシテ厳重ニ拵エタ故, 見タラ南平ガ女ヲ呼ン, 見タラ四時半デアル, 見タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシアノ時分ヨリ又一倍オ美シクナッテラッシャルンデスモノッテ, 見タラ玉ガ下リテイタ故幸イ外科, 見タラ諏訪部ハ六百両ホド勝ッタ故オレガ, 見タリ触レタリシタ, 見タリシニソノ脛ハナハダ白カリシカバ忽チニ染著ノ心, 見タルトコロ傾斜セル山腹ガ截リトラレアルヲ見タリ, 見タルハ亦實ニ此時ニアリトス, 見タルハコレ単ニ, 見タル如ク現時マデノ國際的戰國時代ニ亞ギテ來ルベキ可能ナル世界ノ平和ハ, 見タンデショウネソレデ颯チャンモ気ガ差シタト見エテハンドバッグカラレースノ手袋, 見タンデスガオ望ミナラ墓地ヲオ分ケ致シマス浄土宗ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, 見タヾケダッタガ変ニ冷イ無愛想ナ顔ヲシテイタ, 見タヾケデモ大事ヲ取, 見タ上デ君, 見タ時ノ彼女, 見タ證據程當テニナラナイモノハナイトイフ, 見タ通リノ女装ヲサセテチョットデモイヽカラ一緒ニ寝テミタイ, 見ダメを出し, 見ダンテを威嚇, 見チガエルホド大キクナツタ, 見チップにし, 見ットモナイト思ッテイルノダガソノ実案外, 見ツケテ附イテ来タノデ一向, 見ツケラレルト怖イデス, 見ツケ出サレタノハ口惜シイケレドモ夫トイウモノハ見馴レタ妻, 見ツケ出シタオ蔭デ目下ノトコロ, 見ツツ久里浜村ヘ入, 見ツメ溜息他ニ手段ナキ, 見テイル前デハソレヲ解カナカッタ, 見テイルニ過ギズ, 見テイルノデアルカラ他人ニ委嘱スルトスレバ彼ヲ措イテ, 見テイルノハ予一人デアル, 見テカラ次ニ颯子, 見テカラウチヘ帰ッタガソノ時甥メラハ脇差ヲサシテ次ノ間ニ残ラズ結ン, 見テカラ死ニタイ読者ソウカト軽クウナズキ, 見テシマッテ奈良ホテルデ夜, 見テモ実ニ寒心ニ, 見テモクレナカッタシ口ヲ利イテモクレナカッタ, 見テモヨクハナイカ萬一運ガナカッタトコロデ何ヲ惜シガルコトガアルンダ, 見テモライマシテカラ故郷デ貧乏漁夫, 見テモ気ガ悪カロウ, 見テモ立派ナ奥様, 見テルダケデモイクラカ痛ミヲ忘レルンダ, 見テヽクレルカプールヘ飛ビ込ンデシンクロナイズド・スウィミングデモシテヽクレタ方ガイヽ, 見テ其レガ高利貸ニヨルト忠實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 見テ凶天ヲ知ル, 見テ勝様ハ三匁五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 見テ右手ヲ挙テ摘ミ, 見テ奈良ニ行キ東大寺新薬師寺, 見テ富豪タルト同シ, 見テ居タカラ是カラハオレガ威勢ヲ見, 見テ必ズヤ心ニ喜悦ヲ禁ジ得ナイデアロウ, 見テ恰モ百萬圓ヲ貯蓄シタル結果ヨリ, 見テ曰ク我ニシテ彼幼者ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 見テ来タ銚子ニテ足ガ痛ンダカラ勘次ヲ上総房州, 見テ西洋ヘ往タヨウナ気ニナッテ愉快デタマラヌ, 見テ許ス可カラザル大錯誤ヲナシテ彼, 見テ貰ッタラト云ウノデ先日虎ノ門病院, 見テ貰ッタ上デハッキリシタ御返事ヲシヨウシカシ専門デナイ私ガ, 見テ間モナク強烈ナ光線ガ, 見テ驚ク穴トイフハ小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, 見デも羸弱く, 見デンマーク人は善く, 見トドけて危ない, 見トレテソレト知ラヌ間ニ早クモスギル幾十里, 見ドイツ語で哲学, 見ナイセイカ三人トモ見違エルホド, 見ナバ曹操自ラ迅兵ヲ率シテ協力シ, 見ニ行クト云ッテ三人デ出, 見ニ行ッタ晩馬道デ喧嘩ヲシテ, 見ニ行ツタケイ馬ハ面白イ馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, 見ニ誘ウ文高津君ノ悔ミノ文ナドヲ凌駕スルコトト思召シ下サイ, 見振リデ, 見ネジをまき, 見ネロに勝る, 見ネーナたちまち饅頭, 見パンテオンの内, 見パン屋の地下室, 見ピエル・ロチの, 見ピカソに同情, 見ファシズムに反対, 見フィルムをもっ, 見フラミニアの才, 見ベアトリーチェの教, 見ベルリンの病的, 見ベレジナを見, 見マシテカラヤット昨晩家ニ帰ッテ見マシタラ, 見マショウカ福島博士ノ仰, 見マスヨダカラコンナ悪戯ハオ止メナサイ, 見マテルダ及びスタティウス, 見マドレーヌ氏をふり向かした, 見マロニエという花, 見マワシテモ書ク文字ト同ジ活字, 見ミ次第死ヲ覚梧シテ生前, 見メキシコを見出し, 見モノだろうと, 見モーモーと立つ, 見共ニフヂト訓スベシ, 見ユル村の屋根, 見ユル町の軒, 見ユ蓋シ信府統記ノ著者モ国師甲武信, 見ヨウ即針ハ萩ノコトナリ, 見ヨガシニレスリーヲ愛撫シテ見セ, 見ヨーロッパのあらゆる, 見ラウドスピーカーの強, 見ラレタクナイラシク慌テヽ浴室ヘ逃ゲテ行ッタ, 見ラレタノハ悪クナイ, 見ラレタル上ハト王ガ其王女ヲ乞食, 見ラレチャッタンダカラ急イデ帰ッタラ却テオカシイッテ云ッタンダケレド, 見ラレテ彼女ハバツガ悪ソウデアッタ, 見ラレヌヨウニソット口ヘ放, 見ラレヌ物マデモ其ノ中, 見ラレルデス人ニ見ラレルト, 見ラレルト黒船ニ乗込ム前ニ, 見ラレルヨウナテスリガ付イタリナンカシテイルダンダンガアリマスナという表現, 見ラレ浴場ヲ覗ハレタ上ハ, 見ランプへ思い, 見と云, 見ルガイイト云ウカラウチヘ帰ッタラ座敷ヘ三畳, 見ルコトアル可シ今ヨリ以後, 見ルタメニ子供ヲ預, 見ルッチェンバウチェンドレスデンワルシャワライプチッヒなどを見, 見ルトアンナニ怒ラナイデモヨカッタ, 見ルトキ大資本, 見ルトキ國家ハ當然ニ土地兼併者ノ自由, 見ルトコノ出来事ノ記載ガ詳細, 見ルトソノ美シサガ全ク違ウ, 見ルト五月雨ヤ大河ヲ前, 見ルト共ニジョットーノ偉才ニ襟ヲ正, 見ルト角膜ノ下, 見ルト顔ダケデナク性質モ残虐デアルカノヨウニ思イ又ソウデアルコトヲ希望スル, 見ルナリコンナ心配アル故一生溺レタ女ハ救ヒクレタル男, 見ルニ堪ヘザル, 見ルニソノ富強ハ所詮四国, 見ルニモ必ズ母ヲ誘ッテ出カケル, 見ルニ及ハスシテ西軍降ヲ乞ヒ戰爭忽チ終結, 見ルニ土針ハ今云フれんげさ, 見ルニ足ル故ニ写置, 見ルノガ好キダ, 見ルノハ久シ振デアル, 見ルノハ止メヨウカト思ッテイタノダガ婆サンニ窘メラレタノデ却ッテ依怙地ニナリ痛イノヲ怺エテ明日, 見ルノモ癪ダカラ附イテ来ルナラ別ノ箱ニ乗レト云ッテヤル, 見ルヘキナリ抑, 見ルモノアリ得テ見ザルモノアリ, 見ルモ合理的改造案ガ必ズ近代的個人主義ノ要求, 見ルモ根本的體育タルヲ以テナリ, 見ルモ絶対不可能ノ事ニ, 見ル一楼上人影紙障ニ満チ履靴戸内ニ盈ツル, 見ル如キ無政府状態ニ放任スル者, 見ル所ヲ以テスレバ, 見ル所ニテハ唯二道アルニ, 見ル時ハ肩ヲ摺リ, 見ル時日本ノ極, 見ル樹ヲ遶ッテ箭, 見ル毎ニ未ダ嘗テ, 見レドモ我輩ハ其顔ヲ知ラネバ何分ニモ見当ラズ, 見レハ當時業已ニ實地ノ經驗, 見レバソレハ人ノ児, 見レバ兩ツノ者相反スルガ如クナレドモ實ハ兩相待テ他國, 見レバ分ル通リ当工場ハマサニ, 見レバ我等ノ生計ニ忙シキ, 見ロアンの運河, 見ロシア人の持つ, 見ロトイウカラ水ヲ浴シテ, 見ロト云ウカラ出テ, 見ローダノを滿, 見ロ南平ハ何処ノ馬, 見ンごと盛り上ったそこで, 見ンコトヲ約シ, 見ント欲ス嚢ニハ其宿望遂ニ抑フ可カラズ僅カニ一介書生, 見ン事かなりにき, 見ン事釜のふた, 見ン事鉄嶺以北に退却, 見ン事鐵嶺以北に退却, 見ン事鳥を貫いた, 見ヴェートウヴェンがワグナー, 見と箸, 見一つトク名で注意, 見一ツなさらずに, 見一塵侵最好清談披素襟, 見一夕その正体, 見一層卑賤に, 見一年少くとも, 見一手酬いては, 見一斉に何とも, 見一様に偏すれ, 見一歩を退く, 見一歩一歩と行く, 見一歩一歩風に吹き消される, 見一無法は難題, 見一粒の粟, 見一聞にしかなかつた, 見一見更に再見せざる, 見一詩を壁, 見一調を聞いた, 見一野蛮国扱いなの, 見七十郎だってと訊き返した, 見万一右ヶ所へ, 見万事は雲, 見万端手落ちのない, 見三人で旅行, 見三十・四十・五十に近づく, 見三國山にて越後, 見三成は山城, 見三月三日の決行, 見三条小川の陪従信賢, 見三階節の由来, 見上下のもの, 見上杉に寄せ, 見上総の海, 見不審しそう, 見不意に目ざめ, 見不明瞭に, 見不自然な暢, 見且お世話をいたします, 見且感ずるを得る, 見世人共通の弱, 見の頂, 見両国間に正式, 見両親の愛, 見中国東亜連盟運動発展の一動機, 見中将般若釈迦などの仮面, 見丸木小屋に坐っ, 見體が, 見主婦を見, 見主観に映じた, 見主観的には自己, 見乃懷所謝知とある, 見久能はまだ, 見乍らゆつくり呑んで, 見乍らツイ自訴し兼ねて, 見乍ら上機嫌で歸つて行, 見乍ら丸髷に結った, 見乍ら今は疎々しく, 見乍ら卓子に手, 見乍ら南老人へ渡し, 見乍ら和七は一生懸命辯解, 見乍ら唾でも吐き, 見乍ら太平樂を言つて, 見乍ら嫁さんの顔, 見乍ら年のせい, 見乍ら心を慰め, 見乍ら惡かつた, 見乍ら手を差し出した, 見乍ら手紙や日記, 見乍ら按摩をとる, 見乍ら挨拶した, 見乍ら斯う宣告, 見乍ら智恵子は室, 見乍ら智惠子は室, 見乍ら殘惜しさうに, 見乍ら港を当て, 見乍ら王子の稻荷樣, 見乍ら立止つた, 見乍ら茶店でサイダー, 見乍ら許し包む丈, 見乍ら誂を聞く, 見乍ら長閑にパイプ, 見乍ら顏馴染の片瀬, 見乍ら首を縊, 見乍湯家吾が背子, 見乱暴なこと, 見乳糜に飽かれた, 見了つたのである, 見了つたものである, 見了つた平次は座下駄, 見了つてしまつ, 見予期せざる事, 見予自身半年もい, 見事件を取り扱い, 見事情をきく, 見二十二歳でシャビエル, 見二十人から八十人, 見二度三度斯う云う, 見二様の中, 見互に扶け, 見互ひだよ, 見五つ六つ頃天長節の団子坂, 見亘すのみ, 見けられるの, 見京都に入る, 見亮三氏は岳南鉄道以外, 見人情眞不眞, 見人格に對, 見人民の權利, 見人生を見, 見人相見のやから, 見人種にはこの, 見今ここにまた, 見今度は泣, 見今故清道飾館以待大使冀聞大國惟新之化, 見今日世界は大体四個, 見仏等の人達, 見仏聞法の最初, 見請うて, 見仙千代様なども安土, 見へられ, 見代りの聟, 見以外に堺屋, 見以後次第に衰微, 見仲春風惟疆を長崎, 見伊波貝塚を經, 見の帰り, 見会釈だけし, 見伸子は一, 見伽羅の油, 見はひきそばめ, 見体験したからこそ, 見何でわれわれに, 見何と云う日本, 見何度も首, 見何故に革紐, 見何物をも考へず, 見何百という小さな, 見何處にある, 見が聞き入っ, 見余りに経世的, 見余等二人に噛附ん, 見を見, 見作家なり, 見使をし, 見使いを引い, 見かにこの, 見俊基朝臣も赦免, 見俊斎の方, 見信仰ある人, 見信長からも随身, 見修道女を見, 見の顔, 見個人が語り, 見候ゆへ二望嶽, 見候処四五ヶ所より出火焔立上り, 見候処砲声漸く近く, 見候時には実に, 見候者にも無く, 見はう, 見倣つて進んで, 見倦きのしないよう, 見倭国秋津洲倭国などの称号, 見做さんければ, 見做すかた自然, 見做すその根拠, 見做すようになった, 見做す人もあらまし, 見做す説採るべきに, 見做す説多くの點, 見做そうとした, 見偽りの真珠, 見におとなし, 見傚す点から云え, 見傚す訳には参りません, 見傚つて貰ひ度いもの, 見傲然として軽く, 見僻説委巷の曲士, 見優に彼の, 見元気な声, 見光秀の勢い, 見克礼という男, 見克礼さんの言, 見國各, 見全くいやな, 見全姿をジロジロ, 見八方へ小手, 見八月三日辰の刻, 見八郎が落選, 見ない始末, 見共に聞きそれ, 見共相語去年痴僧又今, 見と富, 見兵助の死, 見兵四百を率, 見語る処, 見其人と一緒, 見其信仰様式がしきたり, 見其日は帰った, 見其糸を断つ, 見其面者唯有, 見其音を聞き, 見内側に雕, 見内匠頭一人のため, 見円らに笑, 見冬子は惜しい, 見凡夫の偽, 見出だしつるをり, 見出づ夕月のもと, 見出サレ介抱サレ引取ラレ忽チ駒井ニ愛恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 見出シタ故ニ, 見出シタ心地デ或, 見出シテクレロト云ッタラ取扱ガ来テ御支配ヨリオンミツヲ以テ, 見出シマシタカラ遅マキナガラ返上ニ及ビマシタノデ, 見出來ない筈, 見出入りの門, 見切ない自分の, 見切場に, 見切屋で古典二冊二十銭, 見判断固より一頭地, 見判斷固より一頭地, 見利家の方, 見到頭クゲヌマ饅頭の, 見刺繍など熱心, 見脚が, 見前川に対する気持, 見前非を悔いあらため, 見割合おだやかな, 見助右衛門の部下, 見助手たちから故意, 見労役用にも食用, 見勇ましさう, 見勇気と熱誠, 見動きもならぬ, 見動搖を來す, 見勝利を要求, 見勝手が悪く, 見勝道上人の所持, 見包含量の甚だ, 見北条に寄せ, 見北極はいと, 見北極熊の一種, 見十余年於此故詩中及之, 見十字架上の耶蘇, 見十左衛門の跡目, 見十年以後のこと, 見十指が指し, 見十時半ホノルル港に入る, 見十月二十六日にヴァッヘル, 見千葉三郎兵衛を見た, 見と父, 見午後驟雨来たり, 見半ば身体を起しかけ, 見南山の如し, 見単にその点, 見占いが商売, 見を出し, 見即ち逍遙子の, 見なされたら苦しい, 見に逃, 見はしないだらう, 見又一方巨石の, 見たるや, 見及ビタル事アリ小生ノ宅, 見及候得共我一代は兎角, 見及聞及すの筆抄, 見友人の誇らしい, 見えるよう, 見反対して, 見受ケシタトコロ大層オ元気デ, 見受候分は無, 見受申候外に倒れ, 見古した蓑, 見古老伝云山名富士取郡名也, 見可愛らしいことな, 見右歩して, 見各自の才能, 見吉凶を判ずる, 見吉岡道場との約束, 見同じく雷鼓し, 見同心のからだ, 見も落合村, 見名所もたずね, 見向きもしない, 見向上の奮闘, 見の詞, 見君家の滅亡, 見否運と目すべき, 見吾我の判別, 見掠抄邊隸, 見周りて略, 見周囲の変転, 見うこと, 見呼吸を感じ, 見られずに, 見咎むべし彼, 見咎めらるること, 見商売のよう, 見喪つてゐた, 見に自性, 見嘉四郎氏であったので, 見に違わぬ, 見四年五年ごろは世界館, 見四肢わななかし畏れたり, 見四隣にたいしては前代, 見て取り, 見図書室クラブを見せ, 見国内統一に力強く, 見をつまん, 見土地の古老, 見土木工事の飯場, 見土産に鮭, 見土穴に水, 見地上の緑, 見地獄にあり, 見地球儀をみ, 見均衡とか完成, 見坊獣医から分け, 見坊田鶴雄警察署長の助川徳輩, 見城中に入った, 見城壁の下, 見もなく, 見を見, 見を見, 見士げた賢い眼, 見は雷, 見には仮面舞踏会, 見夕飯は家, 見へも手, 見外れをいたしました, 見外治を計り, 見多量の製炭, 見の中, 見夢中の口, 見夢寐相逢諸星方寸億劫且暮待来者之折衷, 見大いに怒って, 見大人所敬但搏手以當跪拜, 見大冠を頂ける, 見大坂の開市, 見大坂城と美濃地方, 見大変ためになった, 見大悲心を発し, 見大津までは加藤光泰, 見大炊頭が真意, 見大胆にも進ん, 見大阪に此書, 見の逆, 見天武紀のを, 見天王山の北側, 見天皇と言, 見天神祭りは二十五日, 見太史慈を生, 見太祖に直言, 見太陽に多く, 見夫妻はもう, 見失つたわが子をふたたび, 見失つた一途なもの, 見失つた人間どもの悲慘, 見失つた当時うか, 見失つた感じになつ, 見失つた時代がつ, 見失つた馬鹿者でないと, 見失つてしまつたぢつと死, 見失つてしまつた仕方がない, 見失つて乗馬の鞍, 見失つて了ふの, 見失つて了つたといふの, 見失つて了つたのです, 見失つて人生の疑惑, 見失つて仕舞ひさうなの, 見失つて何者かの手段, 見失つて分解しさ, 見失つて救はれざる不満, 見失つて根こぎにされた, 見失つて迷路の中, 見失つて雨の足, 見奇麗な娘, 見と楽しく, 見の方, 見はなるべく, 見女がたを片, 見女子を指し, 見好きなり, 見好んで読む, 見如何に僕等は, 見如何程日本の, 見妖怪を見る, 見に緊張, 見妙見宮のほとり, 見をその, 見の声, 見姉娘の妙子さん, 見始めの見納め, 見姜維は胸, 見も憐れみ, 見娘子となる, 見が經卷珠數, 見子供の顔, 見子供達に本当, 見子細を尋, 見子規居士は旅, 見季杏坪惟柔を江戸, 見学校にも之, 見學團に加入, 見安二郎が言っ, 見宋江の卑下, 見宗派を知っ, 見定理にされた, 見宛然己が飛立つ, 見宝塔品という経文, 見実在の音, 見実業家の一つ共通, 見じま, 見宮内はつねにお, 見宮室を見, 見宮島にて古, 見宮殿も, 見家臣一同の色代, 見密かに覚悟, 見富士山にて駿河甲斐, 見富士川対陣の序戦, 見寒風の吹き込む, 見対象について対象, 見専用に候, 見いて, 見将来の発達, 見專ら法に任じ, 見尊からその前, 見尊氏としては道誉, 見導者とともにさらに, 見小山内さんの死, 見小田原の城, 見小間使いが女, 見小鳥の声, 見少年に出会った, 見少雨来たる, 見屆けたことだらうな, 見屆けたのだ, 見屆けた上卜傳流の極意, 見屆けた人があつ, 見屆けた平次があの, 見屆けた處で捕獲, 見屆けた通り床の中, 見屈けたから俺, 見届けの附く, 見屋根葺が涼み, 見展覧会をのぞいた, 見のあいだ, 見と称し, 見に登り, 見した, 見左腕を男3, 見巧雲は彼, 見市十郎はこんど, 見市振で午後五時三十七分の汽車, 見帝国のうち, 見帰陣を見, 見帳貧民一件その他がある, 見を見, 見常に其言ふ, 見をはねた, 見平八郎もあきらか, 見平家の末路, 見平年の漁獲高五百石, 見幾分弱く云い張った, 見序文があれ, 見度いが梯子を借り, 見度いが橋は無い, 見度いし懐かしいわね, 見度んだもの, 見が夜, 見く考へること, 見式部は遠流, 見引窓を開き, 見弦絃二つに割っ, 見張つたことは言, 見張つたさまである, 見張つたまま耳を掩, 見張つたわけで, 見張つたわけぢやありません, 見張つた位ぢや防ぎ, 見張つた形になつ, 見張つた瞳には既, 見張つた者に聽, 見張つてぐにやりとして居し肩, 見張つてちよツと不安さうに, 見張つてセセラ笑ひを, 見張つて一人でも逃げ出す, 見張つて喜三郎の子分, 見張つて壯侠の顏, 見張つて夜が明けかけた, 見張つて居ちや潜る工夫, 見張つて居ちや何うだ, 見張つて心靜かに奏したなら, 見張つて斷末魔の迷, 見張つて男の顔, 見張つて直ぐあつしに, 見張つて耳を疑, 見張つて聞入るばかり, 見張つて聲を掛けます, 見張つて貧乏動ぎもさせずに平次を待つ, 見張つて貰ひたかつたの, 見張つて默つて, 見張つて鼠一匹這ひ出させまいと, 見張ッたままであッ, 見張場所から飛び出し, 見張番一同顏色を失つて, 見張番役を仰, 見張番所のところ, 見張等の配置, 見張舟がある, 見当てにし, 見当惑したよう, 見を去っ, 見彼らと語る, 見彼方の堅固, 見彼是正午に近い, 見往來織るが, 見後そこを通して奇異, 見後方にゆく, 見後日の参考, 見後身を震, 見従って神の, 見得ばりでそれ, 見得ようもない, 見得らる, 見得可からざる, 見得者の彼, 見御息所の言葉, 見御社の庭, 見御蔵方それ以外の者, 見微妙にこれ, 見徳嘯吹上髭思い思いの, 見徳嘯吹上髯の面, 見徳川に寄せ, 見心理状態を観察, 見心耳にその, 見必然に代える, 見志保を見た, 見志津はやがて, 見志賀の山, 見になりました, 見忽ち一歩引下り, 見怒りのあまり, 見怒気を含んだ, 見れて, 見思い思って, 見思想に見れ, 見に気がついた, 見に勝った, 見恍れつひるさ, 見を売っ, 見をひい, 見息子の顔, 見恰好よく一人, 見した, 見悪からむを, 見悪きものなる, 見悪く鉄格子を, 見悲憤の余り, 見悵然として感, 見惆悵として帰る, 見惑塵思の海, 見惚ざるを得ない, 見惚レナガラ今夜ノ, 見く鐵格子, 見れて, 見惨めを見ない, 見惱ふさまや, 見意地悪法師に思え, 見愚者は成事, 見愛らしく美しく思った, 見愛我慢の心, 見感じもした, 見感動した, 見感情の高翔, 見感慨無量なりもと, 見慈母のごとく慕っ, 見じて, 見憂いし, 見憤激して, 見へも恰度, 見懐しさ寂し, 見我邦人はこれ, 見戸口のところ, 見房一が挨拶, 見の芝, 見手書の一定, 見手本にしたい, 見眺めたるすえ, 見技巧を見, 見を窺, 見抜きやれば, 見抜イテイル彼女デアルカラマサカ悪ク, 見拔くんだね, 見持前の感傷癖, 見でふれる, 見指揮をさずけ終る, 見挿画を見る, 見捨テズニ世話ヲシテクレト云ウカラ聞届ケタト挨拶ヲシタカラ悦ンデ翌日死ンダカラ, 見捨品を日本内地, 見据ゑ思ひきり冷酷, 見据ゑたがくそ垂れ, 見据ゑたものだといふ, 見据ゑた千種は急, 見据ゑてぢやない, 見据ゑてゐたが暫くする, 見据ゑてゐたが何も發見, 見据ゑてゐる凄い図, 見据ゑてゐる光の褪せた, 見据ゑてゐる娘の肩, 見据ゑて声のする, 見据ゑながらさう, 見据ゑながらかすかにそれ, 見据ゑながらやうやく興奮, 見据ゑながら威丈高に瑠璃子, 見据ゑながら彼女はそこで, 見据ゑられると背筋がぞつと, 見据ゑるやうな恰好になつて帰つて行, 見据ゑる時わざとらしく見える, 見据ゑ乍ら少しかすれた, 見据則今般各國, 見掛計りでは其眞價, 見描写しなければ, 見揚ぐるはどこぞ, 見損いしことを, 見損いやあがったいいけ巫山戯た真似, 見損うたなら斬って, 見損うた男と犬千代, 見損うた過ちによろう, 見損つた中津川が荒川, 見損つた位の不満足, 見損つてとんでもないところ, 見損つて政友会に飛び込むだ, 見損つて政友會に飛び込むだ, 見損なつたか, 見損イマシタッテ奥サンハ仰ッシャルンデス, 見しても, 見擬いの金剛石, 見擬人性がますます, 見放牧された牛, 見ひを, 見教会はこれ, 見敦盛に笛, 見整髪法が如何にも, 見敵必殺の意気, 見文王の気持, 見文章才學一世を曠, 見斑らな新しい, 見いては, 見新しい知識の, 見新たな風韻, 見新八を見た, 見新吉と記せし, 見方今天下転変の状, 見方法論を以て窮竟地, 見既に彼が, 見日夏耿之介の日本詩史, 見日本アルプスの幻, 見日本媼の所, 見日記ヲ附ケ, 見日露戦争以後はことに, 見に考へる, 見明日を考へよう, 見明治八年半ばごろ厳重なる法律, 見ならば, 見は牧, 見昼間蝉吟を聞き, 見時には畳の, 見時代の理解, 見時分から伊勢新, 見時計を見, 見晩年には実行, 見景色をながめし, 見晴しの露台の誂ゆえ, 見暗く怪奇な, 見暗やみの中, 見でした, 見暴力を揮つて妹, 見更にじろりと皺一つよらない, 見更めるよう, 見曹操の兵, 見曾孫三人の遊ぶ, 見と本意, 見最も遠く見た, 見最大級の歓び, 見月今井に落ちた, 見月夜にコロシウム, 見月波澄を解し, 見修行起瞋毒, 見有名な鏡, 見服従と自由, 見朝日を浴びてる, 見朝臣となり, 見期待する, 見の名, 見木の間を見, 見木ぶり枝ぶりを見, 見木曾谷中御年貢上納, 見未知の人々, 見本当の事, 見本郷から下谷, 見朴琴山の橋梓, 見机上の統計表, 見村童を顧み, 見にて撃ち, 見たった五十年, 見来歴を参考, 見東海道を経, 見林檎の木, 見林間より突出, 見果てずして死ぬ, 見て毒牙, 見染たんだ, 見染め周旋人のゴロー, 見染め恋煩いをし, 見染め戀患ひまでして, 見染め手紙に添え, 見染め方が紋切型, 見柔らかな色, 見栗鼠のやう, 見根生を起さず, 見桃寺冬さりくれば, 見梧桐の葉, 見の上, 見森源はすでに, 見椅子直し襤褸ッ, 見べました, 見検べたきりで何物, 見極力噛み付いたので, 見楽器の音, 見榊原式部のかどから四番原, 見榮みたいなもの, 見樂翁公を出, 見模様によってやめよう, 見樣ぢやない, 見樣見眞似の, 見権田時介を見, 見横山城は夜襲, 見横町の長屋, 見横顔をのぞき, 見を眺め, 見樹木の間に太陽, 見樹林の間, 見次々の駕, 見次いで焼け野原に, 見次室の武者溜り, 見次第スグに, 見次第に此神の, 見次第堂木神明の二塁, 見次第夜分おそくとも構わない, 見次第直ぐに他, 見次第鞄を持っ, 見歌頌の聲, 見思惟正語正業正, 見正しいものを, 見正しく犬以上の, 見正視するに, 見此処の正月, 見此家の戸, 見此純潔な生活, 見武松は一隊, 見歩き給ふに, 見歩行きしが父, 見歳華新挙杯先祝天皇寿不背真為日本民, 見歸朝して, 見歸路にはボロニヤ, 見死地を脱し, 見に助太刀, 見残念至極に奉, 見母親になる, 見毎日の聚議庁, 見は宜, 見毛布などを直したる, 見氏郷は秀吉, 見気味悪がったこと, 見気持を察する, 見氣色晴やかに答, 見水仙の花, 見水底の柄杓, 見水流に翡翠, 見ねば, 見をながめ, 見決意するの, 見汽声独破暁烟来, 見の河上, 見油断はいたし, 見治それは隣り, 見泄らすまいと, 見法制の粗, 見法悦にひたっ, 見法王軍はその, 見に映ってる, 見波瀾の外, 見泣声もきいた, 見泰等潜渓の詩, 見海中に雪山, 見海面を睨め, 見消防を託され, 見深き印象を, 見淺間山にて信濃, 見清水の顔, 見の島, 見渡り鳥を見る, 見渡竹木は一本, 見仙岳, 見湯本に遊び, 見源因を知り, 見源氏の空しく, 見滝川教授罷免問題をこの, 見漁舟を見, 見演説をきき, 見のにおい, 見すと, 見澗水の鳴る, 見瀬兵衛の声, 見の熱, 見火事ありと, 見火桶の火, 見火炎のまわり, 見無上の宝, 見無数の名前, 見無礙玄妙千里を走る, 見然しそれを, 見しては, 見と共に活き, 見片方のは花, 見牛肉の罐詰, 見牢獄同様に仕切られた, 見物の本では読ん, 見特別の音, 見特殊の批評, 見独リハ善夢ヲ見, 見独断を否定, 見将多忠誠誰負, 見猛然として悟り, 見に加勢, 見玄徳は西蜀, 見の許, 見王叔明の瀑布, 見王笏の勢力, 見現場をよく, 見現実の運動, 見現象について現象, 見理想といはむこと, 見理論でなし, 見生活の中, 見産業を檢, 見甲冑馬具刀劍沓等の類, 見かよき, 見申候て安心, 見申候得は右, 見申候間所用にて江戸表, 見男女間のくどき言, 見町家で手代, 見界いもなく轍, 見じゃない, 見留めもつき, 見留有之出, 見った時分, 見番地をよむ, 見んで, 見當らざるは我が, 見當らなかつたりした, 見當らなかツたの, 見當らんぢやない, 見當掛つかないと, 見當時既に蘭人, 見當違げえだ, 見當違ひだつたと思ふ, 見病人が何, 見を専門, 見は門番小屋, 見白つつじの咲く, 見白樺の装幀, 見白沫立つて, 見白石などはその, 見白鷺を見, 見的知識よりも彼等, 見と共に, 見盛りで実に, 見目前に父, 見ひて, 見直ちに手を, 見直に引返え, 見相応の小さな, 見省作の声, 見をひそめ, 見眞大師も錫, 見眞帆片帆を望む, 見がまわる, 見るか, 見り, 見瞻らなければ, 見知力に長, 見知識に富み, 見知顔で私, 見短く笑った, 見石橋をたたい, 見石見四方田但馬守萩野彦兵衛並河掃部助などみな, 見破綻を生じ, 見確かに聞いた, 見に寄せる, 見常不飽香聞, 見礼バ人壱人もなし, 見社会哲学はそこ, 見祝着これに過ぎませぬ, 見神仏を見, 見福岡の友, 見秀吉はどしどし, 見科学的冷静の態度, 見租税を怠らず, 見の文, 見秦存韓及び卷末, 見秦獻言別五百載復合, 見種々のたまり, 見穏やかな口ぶり, 見のう焼け残す, 見の中, 見究むるあたわずかかる間, 見究わめるらしい, 見空しく止まらんよりは, 見を見, 見に莞爾, 見停つて, 見立賢に逢, 見竜院徳翁収沢居士とつけられた, 見竹それより東北一帯, 見筑紫の空, 見答使を発し, 見ってみる, 見精騎数千を帥, 見紅毛之人, 見粹形相, 見紛ふたらしい, 見ぼらしいであろうと, 見素性を知りたい, 見素晴らしい午後の, 見紫綬の勢力, 見細君は少し, 見紿へ, 見終つたせつない安堵, 見終つたのです, 見終つて何にかしら腑, 見終つて心に一種, 見終に情夫の, 見経ぐり見分けながら, 見経済でゆく, 見経済学者は数, 見結婚を市民的常識, 見絞殺されたコンデ侯, 見絞首台上で欣々然, 見給はん人ありや, 見給はん時は私, 見給ふところは人間の, 見の樣, 見絵画彫刻を見, 見絶望に近い羨まし, 見の韈, 見継ぎは一生, 見がずば, 見の柳, 見から見, 見繕つた二三品の肴, 見繕つてゐると, 見繕つて文豪の許, 見續けた事寢汗の出た, 見羅馬にある, 見を愛した, 見美くしい裡, 見美しくなつた魂, 見群臣と共に之, 見義侠人憐我衷情傾意待故国難, 見義兄の後手, 見羽柴に寄せ, 見翌年の三月, 見翌日別れに臨み, 見翌朝これをその, 見習慣に見, 見近侍は, 見老来やや人生に, 見老衰した母親, 見者悲霜無き人, 見者流が考へる, 見者皆歔欷とある, 見而知之此萬世所共聖, 見耳聞心識等にあらず, 見聖地荒廃の態, 見も高く, 見き暖, 見肉体で感じた, 見肉情の挑發, 見肥後に入り, 見の低い, 見背中ヲ調ベ深呼吸ヲサセ携帯用ノ心電計, 見脇差を差し, 見しかけやっと, 見腕組みをし, 見をつぶし, 見たり起き, 見自ら画して, 見自ら判断するに, 見自分のを読ん, 見自分ひとり大きな動物, 見自分らが十人, 見自分達で食べ, 見自由な明るい, 見自身の体, 見致候而来の胸, 見舞台の悪党ぶり, 見を見よう, 見船田ノ入道, 見の黒い, 見を見, 見花森氏が, 見花見頃のむかし, 見の下, 見苗子の声, 見為憐, 見若くは想像, 見苦く腫起り候て, 見苦シキハ折助ノ附合ヨリ甚シカラシム, 見苦敷体にて御座候, 見茂助母子の口, 見茂四郎西湖之柳, 見をつい, 見茶園を立派, 見茶番と見る, 見茶色のエプロン, 見を見, 見草屋の廂, 見荷物にゴッタ, 見菊枝の表情, 見落サナイヨウニセヨ日帰リスルニハ日程ガ少シ無理ダカラ, 見を覚え, 見けて飛び込んだ, 見蔵上京して, 見蔵大阪に死す, 見赤い色, 見という字, 見の有る, 見蛇楽で好んで, 見蜃気楼に欺, 見を聞く, 見のにおい, 見血液ガ混入シタカドウカヲ念ノタメニ慥メテ見ルノガ常識ニナッテイル, 見衆愚のうわさ, 見行く手の遠い, 見行田への荷物, 見行走者の騎乗者, 見すなわち測量法, 見術士より自分, 見表現作用的に物, 見もし, 見装いを見, 見を見, 見西の廻廊, 見西又入道丸いよいよ深い, 見西桔梗門を通っ, 見西行の伝記, 見要路の人, 見見物人に媚, 見視線が合つた, 見なども或いは, 見観照のため, 見覺えがおありぢ, 見言語を研究, 見記憶をたどっ, 見証者たるなるべし, 見試験場へその, 見の音律, 見詩歌を弄べる, 見詰むることによつて多少とも, 見詰むる紙に, 見をきき, 見罰す可, 見認むる者は悉く, 見誘探梅以詩答之, 見誠に謂えらく, 見誤りぢやない, 見誤り自分の小, 見説話構成の際, 見もいない, 見誰彼となく, 見調べ初めた, 見に據, 見請不申候夫より栂谷, 見請候得共何分近頃通行人有, 見請御座候乍併山中之小屋, 見を聞く, 見警察署よりこれ, 見譫言をいい, 見豊後では府内, 見豐岡川の方, 見貧困や窮迫, 見貴族を見, 見賦役令万葉集云々之レニテ判ズレバ古ヘハ, 見に入れた, 見した一静物, 見ひ帰りて, 見起居振舞を見, 見足もとの明るい, 見足利といえ, 見足許には道玄坂, 見があれ, 見跡宅毛見金手里見跡里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 見跫音と感じれ, 見の悪い, 見路傍の老耄, 見身ぢかにも体験, 見身体で暮し, 見身近く尾張訛りの聞きつけない, 見を見, 見車掌も振り返っ, 見車蓋の上, 見車附椅子に用, 見軍事にも熱心, 見軍人はあたかも, 見軍隊を見, 見娘子と, 見軽らかな空気, 見較ベンニハ可笑キバカリ, 見辛いさね, 見辛くし居り紅き, 見辛棒強き労力, 見農民を発展性, 見淺に, 見近くの三, 見近代の黎明, 見りに, 見追分へ出る, 見退嬰的と云われる, 見透一筋お宮様でないの, 見連れの男, 見進らせて, 見進路をかえ, 見遁さうたつて迚も見, 見遁しなすって, 見遁すより外, 見遁すべからざること, 見ぐすもの, 見をすら観じた, 見道元の思想, 見道具のかざり, 見違い探偵吏は多く, 見違げえだ, 見違ひだぞ, 見違ひで十一時四十五分とある, 見違へちまつたよ, 見違エルホド大キクナッタネ, 見違申しましたまだ, 見遙かす眺望は気, 見遙かす防府はだいぶ, 見遊孤客身, 見遠き天の橋立, 見遠心的の課題, 見遠方のこと, 見るかす道灌山, 見適当なところ, 見遮二無二身を, 見遺書として公表, 見郊外の国境, 見郡兵衛も頂上至極, 見部分のデテール, 見郷親神策軍正將羅, 見酒倉の小さから, 見なら下手, 見金力によつて殆ど何事, 見銀座ルパンへ屋井, 見鋭く判断する, 見りであったかも, 見長いこと良人の, 見長く延びた唐玉黍, 見長嶋の討伐, 見長紳を, 見を出, 見れて, 見開イタガソレハアラヌ方角ヲ見, 見阪東派の盛ん, 見附近の桑畑, 見限つた現政府, 見限つた女でも欲しけれ, 見限つてしまつてた, 見限つて何等かの新, 見限つて北方支那に移り, 見限つて南支那に移轉, 見限つて姿を隱, 見限つて直接行動を贊, 見限つて自暴自棄の穴, 見隆寛律師などもその, 見の屋根, 見隨從の工夫幸八, 見しに, 見雄々しい力は, 見集まつた人達, 見雑司ヶ谷の九日, 見雑念せず, 見離散した多く, 見離騒を探り, 見難し他の, 見をながめ, 見雲仙を知ろう, 見電灯連終夜船来去汽声, 見電話の受話器, 見のみちびき, 見すむ稲田, 見霰弾の下, 見露わしたり片方, 見露悪的に微笑, 見面白かった, 見面白き境遇を, 見韃靼騎兵を縦, 見のある, 見音戸ノ瀬戸へもまわった, 見頓思漸理先事後詮方もない, 見で詠ん, 見頻りに倉知へ, 見を顰め, 見顕わして遣りたい, 見顕わし恐れ逃げた一点, 見にはなんとも, 見風俗畫報などを讀み得る, 見風物を情象, 見飛行機を見, 見りて, 見食つても飮ん, 見食事の世話, 見とも申します, 見養老胆吹の山, 見りに, 見に卷, 見首つてゐる親, 見首尾よく行け, 見馬放島を左, 見馴レタ妻ノ見, 見馴レタ姿ヲノミ, 見馴染の快い, 見駒形の渡船場, 見驚きして, 見高らかに云, 見高層な洋式建物, 見高氏のまわり, 見高貴非俗, 見鬼神の声, 見なりに寝そべっ, 見鷲羽連峰等飛んで, 見鹿島に遊ぶ, 見麗人である, 見大癡, 見黄八丈の夜具, 見黄金や乳香, 見黒土の土, 見黒岳から遠く, 見黒雲の外