青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「諸国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

談~ 談話~ 論~ ~論文 論文~ ~論理 論理~ 諦め~ ~諸君 諸君~
諸国~
~謂 謂~ ~謎 謎~ 講演~ ~講義 講義~ 識~ ~警官 警官~

「諸国~」 1963, 21ppm, 5417位

▼ 諸国~ (673, 34.3%)

5 人が, 豪族に 4 大名が, 天女, 武士を, 間に 3 人の, 人民が, 名物を, 大小名, 情実を, 源氏が, 源氏を

2 [42件] ような, ように, 人を, 人口を, 人情風俗を, 介や, 例が, 例に, 俳士を, 切支丹が, 労働者が, 名物は, 城下に, 大名も, 大名や, 大名を, 大部分, 女の, 学者の, 守護人に, 守護人等に, 山中に, 山野を, 役人どもにおいて, 志士を, 有様を, 武士が, 武士に, 武士の, 武士は, 武夫は, 武将の, 武門が, 源氏は, 為政者に, 物語を, 王を, 荘園を, 荷前の, 要塞の, 通常価格以上には, 運動を

1 [542件 抜粋] あいだで, あいだには, あるもの, いずれよりも, うごきや, うわさを, お大名方, お客様の, お寺や, お救い小屋, ことなれ, ことなんか, ことは, ことを, ごとくはなはだしく, ごとく野蛮, そうず, その田, それぞれの, それとは, それに, それら価格とは, とおり日本も, なかでも, ひなぶりなど, みそを, やうに, アンチャン関取も, キリスト教徒は, シバルリイとは, ニュースを, ファシズムへの, ブルジョアジーと, 一切の, 一流の, 上に, 上流社会にて, 上流紳士学者の, 不平武士と, 不心得者が, 中魏に, 乱は, 事情が, 事情にも, 事情を, 事物が, 交易いたし候え, 交通事業に, 人, 人々が, 人々に, 人々の, 人々貧富貴賤の, 人にとっては, 人口は, 人士の, 人心だ, 人民は, 人民生活と, 人買いから, 人買いと, 人間が, 人間の, 人馬を, 仏国と, 代官所, 代表者であった, 伝説に, 伝説には, 伝説や, 例には, 例の, 侍たちが, 侍の, 俗伝に, 俚諺を, 俚謡だの, 信徒や, 信者は, 信長の, 借り武者, 側に, 僧を, 僧侶や, 僧徒が, 先輩を, 入海の, 公民は, 共有とも, 兵と, 兵法家を, 兵法武術の, 兵法者の, 内部へまで, 出版業者が, 刀鍛冶ぜんたいへ, 刑典を, 初期の, 利益に, 剣人の, 剣士の, 剣客や, 劇史を, 動乱は, 動植物と, 動静を, 勢の, 勤労大衆が, 勤労大衆は, 北条領の, 協力や, 南党も, 博労や, 卜部の, 反平家機運, 古へと, 古典研究などは, 古塚, 古墳の, 史筆を, 史類を, 各地に, 各時代, 同志を, 名山大川に, 名所に, 名手が, 名物等を, 告状に, 呼応なども, 商人の, 商人も, 商人を, 商売取引の, 商売振りについても, 商家は, 問題第, 噺を, 国状を, 国王また, 国語は, 国語を, 国際的に, 土耳古に対する, 土豪という, 圧迫に, 地下に, 地方神に, 地理の, 地理人情風俗に, 地理水利を, 地謡という, 地頭たらし, 地頭に, 地頭は, 地頭御家人は, 城下では, 城主を, 城主貴族僧侶を, 城地を, 塵取の, 声聞師部落に, 変った町, 変転に, 多くが, 多くの, 多数の, 多額な, 大作家たち, 大名から, 大名との, 大名の, 大名小名の, 大地震, 大学植物園などへも, 大将どもへ, 大巫女, 大王太子大臣等に, 大祝日, 大藩において, 天女は, 天女女たちが, 女や, 妻母でも, 婦人たちが, 子供と, 学を, 学者に, 学者は, 守や, 守護, 宗教なり, 実情を, 客に, 宮方も, 富が, 富と, 寺, 寺院に, 対立から, 寿詞が, 寿詞中から, 尊王攘夷の, 尊王武族の, 山から, 山の, 山や, 山上に, 山伏の, 山川を, 山村には, 山林において, 山河の, 川には, 川を, 巡業を, 工商社会を, 市民たちが, 常備軍なる, 平均生産物は, 形勢は, 徒らな, 御料所在方村, 心ある, 志士に, 志士や, 悪者の, 悪者退治に, 情勢を, 慣例に, 憐れな, 戦乱や, 戦国時代の, 投身志望者が, 援兵である, 援助とか, 摸倣を, 支配的な, 政府が, 政府は, 政府または, 文化が, 文化の, 文化人が, 文学が, 文庫に, 文明と, 文明の, 文物について, 料理に, 料理を, 新知識, 新聞の, 方が, 方へ, 方言を, 旅です, 旅びとから, 旅を, 旅人を, 旅人七八人あり, 旅行者が, 早馬は, 昔からの, 昔話浄瑠璃草紙の, 書も, 最も破壊的, 有名な, 有様とわが, 有様に, 染座へ, 桑ある, 様子は, 模範を, 檀那場を, 武備だの, 武備や, 武士から, 武士どもが, 武士どもの, 武士へ, 武士へも, 武士も, 武士領へ, 武家は, 武家地頭への, 武家豪族どもが, 武将に, 武族は, 武者の, 武者修行が, 武芸者が, 武門で, 武門へ, 武門も, 武門を, 歴史が, 歴史においては, 死亡率に, 残党の, 毎家, 民あすこにも, 民俗と, 民心に, 水夫や, 水泳の, 治乱興亡の, 治安は, 法を, 法律で, 法律においても, 法律は, 法律はなはだ, 法律書中に, 浪人や, 浪人四千余人を, 浪人者に対しても, 浪士が, 浪士に, 浪士の, 海人の, 海岸に, 深山幽谷の, 温泉の, 港湾に, 源氏の, 源氏へ, 源氏や, 溺死人は, 滝めぐり, 煙火の, 牢人衆へ, 牧から, 物権法においては, 物質文明精神文明は, 独立を, 狸和尚ないしは, 猿曳が, 猿楽の, 王侯が, 王様達は, 王様達も, 珍しい品, 珍味が, 珍器で, 現状が, 現行法は, 理学に, 生れが, 生活の, 産を, 産所, 田楽でも, 田舎に, 町, 町でも, 町を, 町人百姓から, 異分子が, 疫病は, 百姓が, 百姓の, 百姓課役を, 盗賊の, 知識人は, 碁天狗どもが, 碁打に, 社会にも, 社会の, 社会生活の, 社会的推移の, 神, 神宮寺なぞを, 神社に, 神社や, 神社仏閣の, 神社仏閣を, 禅林を, 科学が, 稲の, 穀物の, 空に, 窯の, 立法の, 立法者が, 立法議院に, 立派な, 紙, 経済組織は, 経験が, 総大将たる, 繍における, 織物については, 織物工芸品会主鳩渓の, 織物金や, 置かれる状態, 美女を, 群雄と, 群雄にとって, 義士祠官僧侶を, 老若貴賤, 者たちには, 者の, 聖哲の, 脱藩者それから, 腕自慢の, 自然と, 船, 船員及び, 船着場には, 船頭を, 色里に, 花明柳暗, 英雄に, 荘園に, 菜食主義の, 著しいもの, 行く先々, 行脚を, 街道筋にまで, 見物は, 親分が, 親分衆が, 言語に, 記録簿から, 記録簿なかんずく, 訴訟の, 評を, 評論兼報告と, 話が, 語に, 語にも, 調査研究機関の, 諸大名, 講中が, 豪族に対して, 豪族は, 豪族や, 貢税による, 貴女紳士が, 貸元衆が, 資本主義社会が, 走りの, 軍とは, 軍備や, 軍勢も, 軍勢八十万騎, 輩は, 農工を, 農業に対する, 辺土に, 連合の, 遊び場所を, 遍歴に, 遍歴を, 道場を, 郡司の, 郡司や, 郡郷名に, 郷土玩具を, 都会を, 金山を, 金山銀山に, 金山銀山を, 金座人を, 銘酒なども, 間にて, 間の, 間を, 防人を, 防人部領使が, 雄藩は, 雄藩も, 集まる勢, 需要が, 霊場を, 霊場巡りを, 青年貴公子が, 革命的要因の, 頑強な溢れ, 領事館や, 領地も, 風上記等は, 風俗に, 風俗に関する, 風俗や, 風俗人情の, 風土記に, 風土記的叙作其他, 風景を, 風習たる, 駸々として, 騎士音楽家の, 騎士音楽家を, 騒乱も, 高山で, 高山には, 高貴の, 鮎を, 黄金が

▼ 諸国~ (305, 15.5%)

16 遍歴し 11 流浪し 5 巡って, 廻って, 歩いて 4 修行し, 旅し, 経巡って, 遊歴し 3 あるいて, して, めぐりある, 侵略し, 凌駕した, 歩いたと, 漫遊し, 行脚し, 遍歴した

2 [19件] 侵略した, 修行に, 巡回し, 巡歴し, 往来し, 打って, 放浪し, 旅行し, 旅行した, 歩きまわって, 歴遊し, 歴遊した, 流浪の, 渉り歩かね, 経歴し, 統一する, 見るに, 遊歴した, 遍歴せし

1 [182件] あるいたこと, あるき識者, あるく者, うかがう間諜, うちまわって, うろついただけの, うろついて, かなり足まめ, ご遍歴中, さがし歩いて, さして世界, さまよい歩いて, たずね幾山河, たぶらかしわれ密詔, ひきまわされたあげく, ふらついて, ふらふらし, へめぐって, へめぐり鐘, まはつ, まわって, まわりこの, まわるつもり, まわる旅人, めぐって, めぐり歩くもの, めぐること, めぐる六部, よく日本, わたりあるいてる五六人ぐみ, わたり歩き辻, 亡命し, 伝道し, 併合した, 併呑せん, 修行しあるく, 修行した, 修行の, 修行中多くは, 六週間で, 凌駕する, 勧進し, 包むこと, 医者に, 去来し, 合せて, 合わせて, 周遊し, 回って, 売り歩き大いに, 天皇中心の, 奔放に, 実地に, 巡ぐり, 巡った後, 巡った露人ニキチン, 巡りまして, 巡り後, 巡り練磨, 巡ること, 巡る傀儡師, 巡れとの, 巡業し到る, 巡歴した, 巡游, 巡礼し, 巡遊し, 巡錫し, 平均し, 平定し, 廻ったそれら, 廻つたと, 廻つたもの, 廻つてゐる, 廻りめぐつて婦人たちに, 廻り田沼, 廻る様, 廻る職人, 廻わり国々の, 廻游した, 廻遊し, 征服し, 征服した, 徘徊し, 御信心, 探し回った, 攻撃し, 攻略し, 教化し, 旅行する, 検討し, 概観する, 武者修行し, 武者修行に, 歩いた, 歩いたとき, 歩いた神楽, 歩きつつ, 歩き廻つて, 歩く, 歩くという, 歩くところ, 歩くには, 歩く浪人輩, 歩けたもの, 歩み天文地理, 歩行く, 歴遊する, 治むるに, 流れあるいて, 流れて, 流れ渡って, 流浪した, 流浪します, 流浪するであろう, 流浪です, 流離し, 渡りあるいた末, 渡りあるき地震, 渡り有徳, 渡り歩いて, 渡り歩きこの, 渡る武芸修行, 渡る門, 漂泊された, 漂泊した, 漂泊って, 漂泊中に, 漫遊する, 潜行し, 破れ衣, 私自身が, 窺ひ歩いた, 管領し, 経めぐらんとその国の, 経めぐり, 経巡りて, 経廻ろう, 経歴した, 統一し, 縫って, 興行し, 虜掠し, 行乞教化し, 行商した, 行脚せられ, 行脚なす, 行脚なすった, 表面上の, 見しるは, 見て, 見よ, 見渡しても, 見物にも, 試合し, 貫いて, 跋渉した, 跋渉したであろう, 踏破する, 転々と, 逃げあるいて, 逃げ廻って, 遊ビ下の, 遊歴する, 遊行し, 遊説し, 遍歴いたしまし, 遍歴したい, 遍歴しただろう, 遍歴しました, 遍歴する, 遍歴も, 遍歴り, 遍歴致し, 釣りして, 釣り歩いた, 除くの外, 飛びまわりますから, 飛びまわるあなた, 飛び歩いて, 駈けずりまわって, 駈け歩いて

▼ 諸国~ (263, 13.4%)

8 於ては 3 地震が, 大地震, 於て

2 [13件] あった, ある, その名, 令し, 分散定住し, 向かって, 国分寺が, 散亡, 散在し, 於ける技術家, 於ても, 比して, 見られ之

1 [220件] あって, あつたの, あてられること, あまり多く, ありて, ありては, あるが, あるけれども, あるこの, あるのみ, あるよう, ある徳川, ある百八十所, ある穴居, ある餅, おけると, おこって, かなり広い, この人, これを, しかざるもの, すまって, その普及, たくさんある, たくさんつたわっ, たくさんの, つくられるので, つげ男女老少, はたしてそうたくさん, ふえた武士, みだれ飛んで, やかましくなった, わかれた御, ゐて, コウの, 一汎で, 並立し, 乞食の, 亘つてある, 亘つて漸次増加し, 交わりかの, 令し賊, 伍し, 伍せん, 余戸の, 使節派遣と, 供養所を, 侵略を, 俊傑が, 充満し, 入り込んだ基督教, 其んな, 出そう, 分布し, 分布した, 分散し, 分置, 割拠する, 勃発し, 勅し, 勢を, 十幾つも, 及びその, 及んだと, 史家を, 号令し, 同じ一つ, 同名の, 名も, 名山を, 向かいて, 向ひ, 命じて, 国分二寺を, 多い, 多いの, 多い余戸, 多い地名, 多かりき, 多き栗栖, 多くある, 多くそう, 多くの, 多く実在, 大力に, 奔った, 存するのみ, 学んで, 宮廷生活, 寄り道した, 対って, 対立する, 小さな戦争, 居る, 居住した, 居候を, 布令を, 布教し, 常習の, 広く物語らるる, 広く行わるる, 弘く行わるる, 弘まつた, 張って, 当つる, 往々三度グリ, 往来し, 念流を, 戦は多く, 拡つてゐる, 拡まり今は, 持ち歩かれた物, 持って, 持つて, 探しある, 撒く, 播がり, 放浪する, 政策の, 散って, 散らばって, 散在する, 散遣して, 数々の, 数多き大人, 数多く伝わっ, 数多の, 斯る, 新しい土地, 於いて, 於ける例, 於ける所謂, 於ける武士, 於ける法医学, 於ての, 明の, 朝命が, 東洋学校の, 残って, 比するに, 比すれば, 比べて, 比較し, 沢山に, 洩れた, 派し次々, 派遣し, 流された人々, 流派を, 流浪し, 淡島信仰を, 温泉を, 満ちて, 溢れて, 漫遊せしか, 漲る急激, 無数の, 率先し, 現れたよう, 現われた農作凶荒, 甚だ多し, 産所村ある, 疫癘の, 発して, 発見する, 発達した, 盗賊が, 盗賊蜂起し, 盗起り, 知れて, 神も, 神道の, 祭られた中, 私田を, 移された蝦夷, 移して, 移住させます, 移住し, 移住せしめ, 立対い居る, 算所あるいは, 縁起せし, 聞えて, 背を, 至っては, 荒廃した, 荼枳尼天を, 蘇民将来子孫の, 蜂起し, 行なわれるもの, 行はる, 行わるるところ, 行われた, 行われ土地, 要塞を, 見られた, 詔し, 諸種の, 起こって, 起こりしは, 起これる出来事, 起源せりという, 跨って, 送られた信者, 通ずる民法法典, 通ぜしより, 遊んだという, 遍くまた, 遣して, 還り住んで, 邪教禁止の, 野生し, 金銀の, 限らず広く, 領地の, 頻発する, 風聞する, 飛ばしたさい, 高まって, 鳴らし自

▼ 諸国から~ (83, 4.2%)

2 上って, 流れて, 稲穂を, 集まって

1 [75件] いろいろの, ここに, ここへ, こぞってお, その都度, ソヴェトへ, モスク, ヨーロッパの, ロシア風の, 三百年おくれ, 二百万以上の, 供給を, 信者が, 入りこんで, 入込んで, 出た皇帝, 出て, 出府する, 出開帳の, 初穂を, 到来した, 多くの, 大木巨岩を, 奉つた処, 奉つた稲, 嫉視された, 宮廷へ, 差し上げた稲穂, 巴里に, 帝の, 恩賞を, 懐疑された, 戦争犯罪国として, 日本へ, 本山へ, 来た病人, 来て, 松茸が, 武士たちが, 武芸達者な, 無数に, 牢人や, 独逸の, 献ぜられた五人, 真珠貝採取船や, 米を, 紀州まで, 続々と, 職人たちが, 腕節の, 腹の, 荷前の, 語部が, 貢物を, 貢進せられ, 貢進せられた, 賢才や, 賭博に, 身分も, 輸入された, 遊学に, 金が, 銘刀を, 間諜が, 集ったあまり, 集ったこれら, 集った音楽家, 集まった労働者, 集まった落伍者, 集まる好学, 集まる見世物, 集るお, 集る信者, 頻々と, 馬持や

▼ 諸国~ (47, 2.4%)

2 親密な

1 [45件] あらゆる革命, いかにし, これを, さきに, しばしば永い, しばらくの, そのゆたか, その文物制度, その胸腹, それぞれ全面的に, ただ一, なし西鶴四十四歳刊行, みずからキリスト教国と, みな同一に, もちろん全欧米, ナポレオンの, パンを, ヨーロッパ諸国だけの, 一方には, 三階級に, 互いにその, 人種的にも, 仏国の, 侵略せられし, 全部露西亜の, 協力し, 商工業の, 富んで, 寛めば, 幸運な, 広い木曽, 支那に, 政治的より, 果して至文至明, 歴史の, 疲弊し, 疲弊の, 発達は, 皆わが, 禍乱の, 自然外国の, 西洋の, 貧に, 近江方の, 通じて

▼ 諸国~ (47, 2.4%)

2 出て

1 [45件] ありがたそう, おふれ, さっそくに, たいして発せられた, だすもの, ちらばって, ふれを, むかって, 亘って, 京師より, 令を, 令書を, 兵を, 写しを, 出される監察使, 出したが, 出ては, 出張し, 分散させ, 分散させた, 分遣され, 去るの, 売りだすよう, 売りに, 密使を, 廻る旅券, 往来の, 採薬旅行, 放ち居ながら, 放てば, 散ったの, 普及せしめられた, 檄を, 流されるうち, 発せられて, 目薬売り, 苛烈な, 落ち延びたの, 行商に, 輸出入する, 逃げ散った手下, 通じる宿駅, 運ばれました, 釣りの, 飛ばして

▼ 諸国~ (31, 1.6%)

1 [31件] あげられた違犯者, いわゆる水怪, この事情, この大戦後, この戦争, もう朝飯, ザラに, 今日までに, 他の, 伏蔵すなわち, 何十もの, 十八世紀十九世紀の, 十年ごとの, 厄介者扱いに, 国際的な, 手の, 支那の, 数学教授の, 新年の, 栽培せられ, 機械制限論が, 皇国とか, 神に, 穀を, 結婚問題やかましく, 行われて, 製作され, 見た奇俗, 見て, 詐欺の, 馬を

▼ 諸国~ (30, 1.5%)

2 古え

1 [28件] ことごとく耶蘇紀元, これらの, すでにファッショ, その各々, その穀物, その貨物, たくさんの, はたしてそのいかなる, アメリカ化され, 一斉に, 争って, 今日の, 他の, 初めて日本, 叛乱者の, 古い喫茶法, 困難し, 地球の, 大旱で, 富と, 弱い者, 徒費し, 復興し, 支那分割を, 欧州より, 精神的に, 資本輸出の, 飢饉に

▼ 諸国では~ (25, 1.3%)

2 今日既に

1 [23件] おそろしい飢饉, その恐し, みられるかという, よく見受ける, アラビアから, ジュウスミルヒの, 一般経済恐慌と, 人道上から, 今云った, 十七八世紀頃より, 古くから, 彼らの, 得られない天然, 既に人類, 既に千万ボルト, 既に嫁ぐべき, 民間機関に, 法は, 現在特に, 科学研究に, 節分の, 翻訳と, 近代的産業に

▼ 諸国~ (19, 1.0%)

1 [19件] ソビエト同盟との, 交易し, 交通する, 交通を, 合衆国との, 同じよう, 同等な, 同調しなく, 少し事情, 平和なる, 極めて異, 比べて, 無関係に, 生ずると, 申しまた, 葛藤なき, 諸国民, 連繋を, 関係を

▼ 諸国において~ (19, 1.0%)

1 [19件] かくの, さへ, しばしばこれ, その真価, その資本, ベルギーにおいて, 出版された, 制定された, 各国の, 多数の, 大人に, 建つるところの, 日本美術の, 極めて著しかっ, 正確な, 盛んに, 経済学上の, 都市の, 騰貴した

▼ 諸国にも~ (17, 0.9%)

1 [17件] あって, あれば, この機密, これに, 事あら, 例が, 及んだ, 園の, 売春婦は, 天狗が, 寺院の, 影響を, 愚民の, 此に, 負けて, 責任が, 迷信は

▼ 諸国より~ (14, 0.7%)

2 続々と

1 [12件] お集り, はるかに, 一般に, 入り込みたる野師ら, 出て, 十万以上の, 同志を, 巡礼日夜至っ, 烏合せる, 購求し, 集りし騎士音楽家, 高僧大徳の

▼ 諸国には~ (13, 0.7%)

1 [13件] たくさんの, ほとんど外道, まだ聞えわたらぬ, 今山賊と, 以前子丑寅卯の, 国分寺が, 広大な, 当時の, 波及する, 海嘯が, 積極的に, 頼みある, 鼠の

▼ 諸国における~ (12, 0.6%)

1 [12件] 一切の, 人口に対する, 努力にも, 如くに, 富の, 小学児童食事公給問題の, 木材に対する, 生産物の, 著名な, 調査研究機関の, 農業上の, 食物生産の

▼ 諸国修行~ (11, 0.6%)

1 [11件] が済みましたら, せしより, に出しやっ, に出た, に越す, のこと, の傍ら, の兵法者, の甲斐, をすすめました, をなさる

▼ 諸国行脚~ (9, 0.5%)

2 の旅 1 なさる, にでかけます, に出かけた, の話なぞ, の途, の途次, もした

▼ 諸国~ (9, 0.5%)

3 大名の 2 民族に 1 大名は, 大名を, 流諸, 街道を

▼ 諸国との~ (8, 0.4%)

1 いきさつの, 交通が, 交通の, 往来文書鎌倉に, 提携の, 文明の, 経済協定の, 貿易には

▼ 諸国においては~ (8, 0.4%)

1 その数もと, 人口増加を, 国君の, 富においても, 年出生の, 従来教育と, 早婚が, 近来読心術である

▼ 諸国よりも~ (8, 0.4%)

1 はるかに, 先に, 大きな比率, 少なくも十年, 急速に, 数等高い, 遥かに, 高いと

▼ 諸国遍歴~ (8, 0.4%)

3 の旅 1 いたし, に出, に旅立つ, の修行, の六部

▼ 諸国~ (7, 0.4%)

1 ではその, に欧州, の交換, の帝国主義戦争, の為替, の貿易, の通商

▼ 諸国への~ (6, 0.3%)

1 使は, 大号令, 旅行の, 模倣に, 貢税の, 軍勢催促状な

▼ 諸国~ (6, 0.3%)

1 でざっと, でホッビー・ホールス, にすっかり, に通じる, や支那語, を泡立たせ

▼ 諸国でも~ (5, 0.3%)

1 一時華々しく, 一般社会が, 上等の, 栽培し, 生物学という

▼ 諸国とも~ (5, 0.3%)

1 にやや, 今日から, 兵は, 臣の, 静謐な

▼ 諸国一見~ (5, 0.3%)

2 の僧, の旅僧 1 の途次

▼ 諸国~ (5, 0.3%)

1 その水, の多く, の寄合, の群がる, の集まり

▼ 諸国からの~ (4, 0.2%)

1 客を, 寄せ集めもので, 朝貢は, 落伍者の

▼ 諸国においても~ (4, 0.2%)

1 しばしば耳, クルップ砲と, 多く見るべからざる, 皆然

▼ 諸国にて~ (4, 0.2%)

1 あけびと, その公園, 東洋学を, 身上を

▼ 諸国また~ (4, 0.2%)

1 奥州や, 支那でも, 欧州に, 然り

▼ 諸国をめぐって~ (4, 0.2%)

1 あらゆる反, 信州から, 居りまする, 杖や

▼ 諸国巡歴~ (4, 0.2%)

2 の旅 1 に迷い出た, のため

▼ 諸国廻歴~ (4, 0.2%)

1 と称し, の目的, の途中, を致し

▼ 諸国にわたって~ (3, 0.2%)

1 大きな地震, 大地震, 皇子なる

▼ 諸国~ (3, 0.2%)

1 その人民, ほとんど共和国, 来りて

▼ 諸国~ (3, 0.2%)

2 巡り諸 1 巡り名橋奇覧

▼ 諸国物語~ (3, 0.2%)

1 の誤り, を書く, を読ん

▼ 諸国遊歴~ (3, 0.2%)

1 いたし国々人物, となった, とはいう

▼ 諸国からも~ (2, 0.1%)

1 多くの, 黄菊花を

▼ 諸国とは~ (2, 0.1%)

1 今まで, 何処何処であったろう

▼ 諸国どこ~ (2, 0.1%)

1 でも同じ, の領土

▼ 諸国にては~ (2, 0.1%)

1 当局の, 演説の

▼ 諸国に対しても~ (2, 0.1%)

1 かならず背後, 同様の

▼ 諸国に対する~ (2, 0.1%)

1 夢の, 比率と

▼ 諸国まで~ (2, 0.1%)

1 名を, 相手に

▼ 諸国~ (2, 0.1%)

1 アメリカは, 南洋の

▼ 諸国を通じて~ (2, 0.1%)

1 他に, 千人近くに

▼ 諸国一般~ (2, 0.1%)

1 にもある, にヤソ教国

▼ 諸国~ (2, 0.1%)

2 の悩み

▼ 諸国及び~ (2, 0.1%)

1 アメリカは, 南米に

▼ 諸国商人宿~ (2, 0.1%)

1 に入り, の主人

▼ 諸国~ (2, 0.1%)

1 という題, の一つ

▼ 諸国武者修行~ (2, 0.1%)

1 の御, の者

▼ 諸国浪士~ (2, 0.1%)

1 の動静, の精鋭

▼ 諸国漫遊~ (2, 0.1%)

1 に, の途次

▼ 諸国~ (2, 0.1%)

1 是れ, 蛇また

▼ 諸国諸道~ (2, 0.1%)

1 からここ, の法令

▼ 諸国逓信省~ (2, 0.1%)

1 が鉄造船, は郵便物

▼1* [182件]

諸国あるを知るべし, 諸国あんぎやにでかけ候得バ西ハなが, 諸国いい合せたよう, 諸国いずれも寺院, 諸国およびアメリカで, 諸国からは見られて, 諸国ことに東京, 諸国修行の, 諸国じゃ日本でも, 諸国その比を, 諸国それもすっかり, 諸国それぞれに異なる, 諸国たとえば北条徳川織田斎藤などに, 諸国だけのヨーロッパ連合を, 諸国での名を, 諸国とが相違する, 諸国とても同じ天地, 諸国とともに駸々乎として, 諸国と共に歴史が, 諸国どこ晦くなく, 諸国なかにもそれらを, 諸国などなかなかえらい, 諸国などとは比較に, 諸国などにおいて多大の, 諸国においてのみは正しい基準, 諸国におけるが如くに, 諸国にたいして侵入し, 諸国について述べたところ, 諸国にても執政の, 諸国にとってはまだ占領日本, 諸国にばかりでなくアフリカ, 諸国によってソヴェート自身が, 諸国にわたりべに絵売りと, 諸国にわたる神社仏閣の, 諸国に対し決戦戦争を, 諸国に対して恥かしい, 諸国に関しては最も出産性, 諸国のみのことで, 諸国ばなし大下馬, 諸国へまでもウタワレルように, 諸国ほうぼうにまだまだ, 諸国みなしかり, 諸国よからぬ事, 諸国よりの黄金の, 諸国よりは櫛の, 諸国よろしく承知し, 諸国をばその民等, 諸国を通じての漢人中にも, 諸国ニあらハれおり候, 諸国行ッタ時イカイコトトクニナッタ事ガアル歩イタトコロデオレガ名ヲ, 諸国一人として頼朝, 諸国一般人の称える, 諸国一般飢饉にいためつけられ, 諸国七月初め頃の茹, 諸国三道の合言葉, 諸国にある, 諸国中埋葬地の最も, 諸国が為, 諸国乱麻王城の地, 諸国交通の衝路, 諸国人数を引つれ, 諸国人種と入れまじっ, 諸国代表に訴える, 諸国何地へ行っ, 諸国使節を大, 諸国例ヘハ暹羅比律賓印度阿富汗, 諸国修業の僧, 諸国にさし合い, 諸国の巫女, 諸国到る処に, 諸国はスカンディナビア, 諸国即ち呂宋媽港安, 諸国より最も, 諸国古来みな然り, 諸国其地を, 諸国各地のホテル, 諸国同志は協力, 諸国同門の人たち, 諸国名勝などであります, 諸国和製砂糖殖え立, 諸国商人の往来, 諸国商人宿風の店, 諸国噺胸算用などが好き, 諸国により多少, 諸国土一升に金一升, 諸国土産が一揃, 諸国地図唐山蛮方地図草木金石珠玉点介鳥獣古銭古器物, 諸国小名まで, 諸国大名の城下, 諸国大小の大名屋敷, 諸国大小名の家族, 諸国大抵これに, 諸国大風雨大飢饉, 諸国天理の自然, 諸国天長七年一月には出羽, 諸国婦人を重んずる, 諸国実に蝦夷の, 諸国専制流の慣手段, 諸国居る所に, 諸国巡礼に出よう, 諸国廻りの人買, 諸国廻船の目印, 諸国往来の風俗, 諸国大名ところどころの, 諸国悉く貴国の, 諸国情調の物語, 諸国慢遊に, 諸国戦乱の絶えま, 諸国の面影, 諸国担ぎ売りが, 諸国放浪の浪人, 諸国亡の, 諸国方言中にイチシ, 諸国をし, 諸国旅人の泊まる, 諸国旅人宿やなぎ, 諸国旅行ばかりし, 諸国日新の勢い, 諸国有志と提携, 諸国未だ同意せずし, 諸国正月行事の投書, 諸国武士どもの希望, 諸国武者修業の豪傑, 諸国武者修業人じゃ, 諸国民間の最も, 諸国江戸表にまで出, 諸国流浪をはじめる, 諸国流行の唄, 諸国流転の末, 諸国浪人や新撰組あたり, 諸国浪士共がじっと, 諸国浪生らを命じ, 諸国源氏の旗上げ, 諸国滝巡りとはその, 諸国滝巡り等に比すれ, 諸国漫遊中の秋山, 諸国潜行の隠密, 諸国炎旱を愁, 諸国為替問屋茶中の手, 諸国特にフランス・インテリゲンツィアの, 諸国が城, 諸国甚だ多く何, 諸国生漉紙よごちり, 諸国留日学生ノ保護善導, 諸国謀りて, 諸国相対峙して, 諸国窮民にみち, 諸国糸商人共へ相場状, 諸国紛端の折, 諸国美人の品定め, 諸国から漸, 諸国自慢の鮎, 諸国自由正直の風俗, 諸国船歳の塩鰤競り, 諸国良家の女子, 諸国蛟竜の誕, 諸国行く先々で, 諸国西洋諸洲, 諸国でもお, 諸国諸侯の御, 諸国諸宗の書生坊主, 諸国諸家が騒ぎ立てない, 諸国諸山の宮方, 諸国講社の名, 諸国近世の新, 諸国近郷の人々, 諸国週遊せんとする, 諸国進年料雑薬の条, 諸国遊歴中も天守閣, 諸国遊説の間, 諸国遍歴中に偶然手, 諸国遍歴旅行に出発, 諸国に必, 諸国銘酒の根本, 諸国鍵取り衆などの影, 諸国鎮撫の重大, 諸国雑貨販売と為替両替, 諸国雲水の旅, 諸国雷応して, 諸国領事から書記, 諸国餉参の衲子, 諸国馬牛牧式を見る