青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「諸君~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

調査~ 談~ 談話~ 論~ ~論文 論文~ ~論理 論理~ 諦め~ ~諸君
諸君~
諸国~ ~謂 謂~ ~謎 謎~ 講演~ ~講義 講義~ 識~ ~警官

「諸君~」 5298, 57ppm, 2017位

▼ 諸君~ (1256, 23.7%)

33 前に 25 ために 21 中には 13 中に 8 ような, 想像に, 注意を, 眼に 7 うちに 6 うちには, 中にも, 前で 5 生活は, 眼の, 耳に 4 うちで, うちの, ように, 中で, 大部分, 方が, 方で, 面前に

3 [19件] ご想像, なかに, 万歳を, 大多数, 家へ, 将来の, 御承知, 心に, 意に, 手に, 清聽を, 為に, 目の, 眼前に, 知って, 知られる通り, 良心の, 芸術は, 顔を

2 [93件] あるもの, うちから, お話を, ことです, ことを, ご承知, すべては, ための, なかには, やうな, やうに, 上に, 不名誉で, 中の, 主人が, 企てた新, 会議は, 作物は, 健康と, 健康を, 僕に, 先輩を, 共鳴を, 内には, 前には, 前途に, 勝手で, 勝手である, 厚誼を, 参考に, 參考に, 双肩に, 句の, 周囲に, 周囲を, 地位を, 多くは, 夫や, 好奇心を, 家の, 寛恕を, 幸福なる, 御判断, 御厚意, 御厚遇, 御参考, 御同情, 御意に, 御意見, 御教, 御注意, 御記憶, 御説, 忘れては, 愛顧を, 手によ, 手を, 手数を, 才能を, 敏感と, 未来は, 机上を, 村の, 爲め會社の, 理性を, 理想は, 生命は, 生活と, 生活に, 生活の, 生涯に, 眼には, 眼は, 眼を, 知識と, 私有に, 義務である, 脳髄の, 興味を, 良心が, 言は, 言ふこ, 記憶に, 詩に関する, 進むべき道, 間の, 頭の, 頭数に, 顔も, 驥尾に, 高教, 魂は, 鼻の

1 [817件 抜粋] あとから, あらゆる悪夢, あらゆる想像, いうところ, いは, いふ通り, うしろから, うしろに, うちその, うちでも, うちフィラデルフィアに, うち英語の, うち誰ひとりとして, うとまれ者, おことば, お仕事, お仲間ぢ, お小使, お慰みに, お父さんお母さんが, お父さんや, お目通り, お聴き, お話の, お認め, お金は, お骨折, かつて排斥, からだの, が一枚づつ, ことは, この厚意, この土地, この武器, ごとき反省, ごとき日本人, ごとく, ごとく確信, ご意見, ご熱望, ご詮議, すでに記憶, すべてに, すべてによ, そばを, ためにだけ, ためには, ためを, ため悪い, つとにご, とは少し, とるべき道, どんな薬, なしたこと, は山口, ほしそう, まえで, まえに, まちまちの, まわりを, もっとも高尚, ゆたかな, よく承知, アタマなら, ジャマに, ヂャケツの, ビックリする, ブルジョア的見解を, ヴェルサイユ宮殿乱入の, 一人一人を, 一大奮起を, 一生に, 一粲に, 一粲を, 万葉集を, 三木哲学批判も, 上へ, 不満は, 両親と, 中へ, 中若し, 主人と, 主張は, 予想した, 予想通りに, 事実に, 云いたいこと, 云うよう, 云ふ, 人格を, 人生指標と, 今まで, 仕事である, 仕事に, 以前の, 仲間が, 仲間に, 仲間は, 任務は, 何人と, 作に, 作も, 作品が, 作品だけを, 作品の, 來る, 來集の, 信念と, 修養を, 健全なる, 健在を, 健闘を, 兄さんか, 先人らが, 先例に, 先生ぢや, 先生達には, 先祖は, 先輩だ, 先輩の, 光栄ある, 全部が, 全部の, 公平な, 共感を, 内で, 内支那, 内部から, 冒すべき危険, 出崎戦国の, 出逢ふそれ, 判断に, 利己的謬想は, 前にも, 劇場を, 力を以て, 功績だ, 努力でありましょう, 努力によ, 努力を, 勇気は, 勉強による, 勉強は, 動物性が, 動物性は, 勝手です, 勧誘も, 勸める, 卒業を, 南島研究が, 厚情によ, 参考の, 参集を, 友だち仲間へ, 友情を, 友達に, 反対説を, 反駁に, 口吻から, 叱責まことに, 合唱の, 同胞とともに, 同胞子弟更に未だ, 名に, 名誉にも, 周旋にて, 味方である, 咽を, 問題に, 嘗て排斥, 器用な, 器量次第である, 団結の, 国に, 土地に, 地方も, 多くも, 多数の, 大きな作, 大切な, 大半は, 天国と, 天文学は, 夫人の, 失策である, 奮起力に, 好むと, 好奇心は, 好意で, 如きもの, 如き教育, 如き立派, 妹や, 妻が, 妻子にとっても, 威勢に, 子供が, 子供等が, 子孫が, 子孫の, 学問が, 学問見識が, 宥恕を, 家が, 家を, 家族は, 寮の, 専門技芸以外に, 将来に, 小さな子供たち, 小切手を, 小説それ等を, 居所を, 已に熟知, 市長が, 希望も, 席が, 帰ること, 帰国の, 常識を, 平素の, 幸に, 幾人かの, 影の, 彼女に対する, 御もて, 御一考, 御侠情, 御叱正, 御名前, 御噂, 御存じの, 御後援, 御意見通り, 御批評, 御損, 御研究, 御聽, 御覧に, 御記臆, 御認め, 御足労を, 御軽蔑, 御集会, 御馳走に, 御馳走の, 徳誼の, 心持を, 心臓の, 心臓を, 志願を, 忠告によって, 念頭に, 思想そのものは, 性格を, 恵みであり, 悪趣味, 想像されるごとく, 想像を, 想像以上に, 意の, 意を, 意志を, 意見が, 意見は, 愛する生徒, 感情が, 感情と, 感想に, 感覚に, 感謝に, 態度が, 憎まれ者, 成績は, 所依, 所有に, 手懸に, 批判に, 承知を, 持つ旗, 指導者でも, 指針と, 推薦によって, 援助を, 政府である, 故郷, 故郷が, 教えを, 教育も, 教謝しお, 敵だ, 文化に, 文学的訓練は, 新しい言説, 方にも, 方へ, 既にご存じ, 既に知られる, 日常御, 旦那さまで, 旧知の, 時代だ, 時代は, 晴れの, 暮らしを, 更に慾, 最も恐る, 最良の, 望みの, 望を, 朝倉先生に対する, 未来圏から, 本当の, 本籍は, 村へ, 枕辺に, 格別なる, 検討を, 楽しみに, 権利だ, 権利として, 歌は, 歯は, 死に, 死屍を, 気に, 沈毅に, 法律を, 洞は, 活動は, 清凉剤と, 清鑒に, 溜りへ, 為すべきこと, 為にも, 為めを, 熟知するごとく, 熱心な, 熱情が, 熱情に, 熱血が, 熱血を, 爲めに, 父や, 父祖は, 特權でも, 現世発明には, 理会を, 理想を, 理窟を, 甚大なる, 生は, 生ひ, 生活そのものから, 生活を, 生活様式では, 生産關係および, 用心は, 町が, 疑問が, 発明の, 盛んな, 目で, 目に, 目を, 目前に, 目指す人間, 目的地から, 目的達成を, 真実とは, 眠りを, 眼にも, 眼前にまで, 睾丸を, 知らない名前さ, 知られるごとく小泉くん, 知らんと, 知る通り, 知識は, 研究の, 確信する, 祖先の, 祖先を, 神経衰弱が, 神経衰弱を, 秀でたる技倆, 積極的支持を, 空いて, 立派な, 笑は, 答案の, 精一ぱいの, 精神に, 精神は, 精神的健康を, 素晴らしい水管車, 細君や, 絵や, 經驗されつ, 総意が, 罪だけ, 署名を, 美しい協力, 美わしい死よりも, 習慣や, 考えて, 考えは, 考と, 考案に, 耳には, 耳次第である, 肉体的健康を, 胃袋に, 胸に, 胸を, 胸中には, 腕っぶし, 腕に, 腦裡に, 自ら持っ, 自我の, 自由な, 自重と, 興味の, 良友を, 良心は, 花々しい活動, 芸術を, 若い美しい奥さん, 藁に, 血と, 血判までを, 行動と, 行為と, 行為を, 親と, 観察は, 言い分を, 言葉に, 言説が, 討論を, 記憶から, 記憶を, 証券は, 評議によって, 話から, 話題を, 詳説を, 誤解し, 誰かに, 調査に, 財産を, 責任だ, 貴重なる, 賃金を, 資格は, 賢覽に, 質問は, 赤恥を, 足の, 路は, 蹶起を, 身上は, 身自らを, 身辺に, 軽蔑する, 迂を, 退屈な, 進み来つた道, 進出を, 道を, 遺した記念, 郷土に, 配慮を, 金属器類は, 銀行紙幣は, 門出が, 間で, 間にばかり, 関する所, 関心を, 階級の, 随意である, 隣りに, 霊能を, 青年時代の, 音楽鑑賞力の, 領内の, 頭で, 頭は, 頭脳は, 頭脳を, 顔面筋肉は, 風貌は, 食べ物が, 首が, 高免, 高説に, 魂と, 魂の

▼ 諸君~ (1218, 23.0%)

20 諸君の 9 自分の 8 それを 7 何を 6 ここに, 偉大なる, 私の 5 よくご, 僕が 4 ここで, それに, どう思う, 今日の, 僕を, 各々の, 如何に, 私が

3 [12件] かれら, すぐに, もうお, 僕に, 学識深遠なる, 彼の, 彼を, 私を, 舞台の, 試みに, 諸君が, 青年の

2 [80件] お察し, かの憎むべき, こ, こういう時, こう云う, この悲痛, この書, この物語, この血書, この話, これまで, これを, こんなこと, ごぞんじです, ご記憶, すでに御, すでに正当, そうやっ, その中, その形式, その時, その良心, それが, それらの, そんなこと, た, とっくにお, とっくにご, どうか, どこに, なんという, なんの, まづたいてい迷惑, よく余, よく御存知, よく知っ, 上品です, 不当に, 井戸の, 人間として, 今こそ, 何かの, 何故に, 何故彼, 信じて, 南欧の, 夫婦であり, 学生だ, 官吏と, 定めて, 實に, 彼女たちに, 彼等が, 彼等の, 御存知でしょう, 御承知, 心を, 我々が, 承知しない, 正義を, 死後も, 気絶せん, 気絶以外の, 猥褻名状すべからざる, 男女の, 眼の, 知って, 知らないだろうが, 科学の, 第一, 自重し, 芸術の, 英語を, 見たの, 詩を, 赤らんだ麦藁帽, 軽率に, 辛抱強く待たなけれ, 遺書だけが, 音信を

1 [918件 抜粋] あえてそれ, あくまでも純真, あざ笑わないこと, あとにも, あのとき, あの寝台, あの庭, あの祭壇, あまり多, あるいはこう, あるいはこの, あるいは失望, あるいは私, ある黙, いうだろう, いうべからざる淋し, いかなる減少, いずれを, いつかの, いつもこの, いまだ途中, いま私と, いま笑はれた, いよいよ健在, うたが, うなずかれるであろう, おとなも, おのれの, おばけを, お忘れ, お茶とは, かういふこと, かう云ふか, かくしてた, かくして幾度, かねての, かの道, きっとおぼえ, きっとそう仰有るでしょう, きっともうお, くやしく思っ, けっしてカッパライ, こうした町, こう思うだろう, ここにおいて, こちらに, ことごとく我ら, このうえ, このやう, このわな, この一しゅんかん, この主題, この事件, この二様, この働き, この唐突, この島, この工場, この幕, この怪物, この改革, この新, この時代, この歌学書, この活ける, この点, この物語讀了, この男, この目標, この翼徳張飛, この農場, この辺, この風采, これからくりひろげられる, これから十五ヶ年, これから飯, これに対して, これまでに, これまでも, これら優等生の, こんな人間, ごぞんじ, さう, さぞかしと, さても, さながらロンドン, しかしこの, すぐシューベルト, すっぽんの, すつぽん, すでにすでに悪魔, すでにわたし, すでに定められた, すでに幾多, すでに快活, すでに気付かれた, すなわちいも, すべての, そういいたい, そういう理想, そう言いたく, そこに, そのとき, そのよう, その個人的, その地平線, その子供たち, その才能, その研究, その稲野谷, その軽薄, そもそもなんぴと, それぞれ御, それぞれ戦争を, それと, それ等を, そんなバカ, そんな事, たしかに今夜グレンディニング卿, たしかに伸びた, ただそれ, ただちに平安朝時代, ただほこり, ただ単に, ただ窓, たちどころに昔, ついにわれわれ, つかれはてて, とうに御, とてもできません, どういう積り, どうかこの, どうした, どうだ, どうぢ, どう思はれます, どう考へる, どっちかな, どっちから, どんなふう, なおこの, なによりも, なれたもの, なんのみ, はたしてこれ, はるか前, ふしぎに, まことにその, まずここ, まず有史以前, またそう, また子供, まだ青空, まもなくあれらの, まんまといっぱい食った, みずから知っ, みずから身を, みんなヒステリイで, むやみと, もうご, もうとっくにお, もしかしたら, もし人間, もし諸君, もちろん与謝野晶子女史, もっとも大切, もとより冒険, もはやハッキリと, もはや悲, やがてこの, やって, ゆる, よくその, よく自覚, よく菓子, よもやお, よろしく公平, わかったと, わしが, わたしたちの, わたしを, イサベラ女王の, ウクライナの, エレメンタリーな, キスしよう, コペイキン大尉が, ゴメズが, ゾツと, ダンネベルグの, テニスだの, トランクに, ナゼ僕の, ハイリゲンシュタットの, ハマモノという, パイ軍曹と, ブラブラ遊ん, モルグ街の, レパアトリイの, 一つの, 一つ奮発し, 一体何, 一層この, 一度教育者, 一斉に, 一驚を, 一體どこに, 三行讀まぬ, 不審に, 世界の, 並に, 主の, 主人の, 乾杯し, 二年程, 云うかも, 云はれるで, 云ふかも, 云わば, 人に, 人生を, 今そういう, 今の, 今回も, 今回卒業の, 今度の, 今日から, 今更ながら, 今流行, 他に, 他の, 伊東市の, 低調な, 何かという, 何が, 何と見る, 何の, 何らの, 何故都会人, 何者です, 例の, 依然として自分, 信じてを, 信ずること, 個性が, 假名遣, 先づ飛び出し, 先年, 先生が, 全く気の毒, 公娼の, 六馬立ての, 共和民主, 其処に, 其研究から, 内心で, 円タクで, 冷淡だ, 出馬を, 利根川の, 労働者階級の, 勇敢に, 勞働が, 勿論の, 卑怯な, 原稿の, 友吉おやじの, 友愛塾における, 受け取れるでしょうか, 古い形, 右を, 同時にかういふ, 哲学を, 喜んで, 嗤わ, 四つ目垣とは, 国防的にさえ, 國語學を, 地主様然, 地球の, 塚原俊夫君の, 夏中なにを, 外国に, 多くの, 多く農, 多分どこ, 多少長短, 夜中なんか, 夢にも思わなかった, 大佐に, 大智勝観氏の, 大至急, 大衆という, 奥の, 好奇心から, 婚礼の, 子供でも, 存外お人好し, 学問を, 学校の, 學問を, 安ん, 安心するであろう, 安部磯雄氏を, 官臭も, 定めしあさ子, 定めし俊夫君, 宜しく微々たる, 実にけしからん, 家に, 家庭の, 富者が, 尋ねる, 小学生の, 小部落バスク, 少しも, 少なくともその, 尚も馳走, 山中に, 已に御, 常に, 常識の, 平素の, 幸福な, 幾度か, 弁護するであろう, 役人たる, 彼らが, 彼らに, 御出, 御存じの, 御存知です, 御随意, 心の, 心底において, 必ずよくもまあ, 必ず勉強, 必ず家, 必ず朝夕, 必ず社会主義, 必ず笑われる, 必要な, 思われて, 思われるでしょう, 恐らくそれらすべて, 悉く満, 想像すれ, 愈々と, 成功し, 我等の, 或はそういう, 或は御存じ, 戦争中ただの, 手伝って, 承知しないでしょう, 折々この, 探偵と, 支那の, 政府を, 教養ある, 数こそ, 文字或は, 文章が, 料理屋の, 断じて旧い, 斯樣な, 新劇俳優の, 新聞社の, 既に, 既にもういろいろ, 既に前回, 既に承知, 日本語を, 早暑, 星岡茶寮に, 是からの, 時を, 暗い海上, 最早疾くに, 有閑階級である, 望むであろうか, 朝から, 未だかつて科学, 未だ御, 本当の, 東の, 東京市某区某, 果してあの, 果して尊敬, 校長を, 桜田門外の, 極めて寛大, 次の, 止まる所, 此の, 此時破顔一笑会心の, 死の, 死刑台の, 民衆でない, 民衆芸術を, 気づかれても, 気づくだろう, 永久に, 決してそんな, 決して其の, 決して枕, 法水が, 法水の, 海水で, 混沌と, 渠が, 為に, 無論満腔, 無辜の, 煤煙は, 牛肉と, 特にこの, 猶シヨーパン, 現在タッタ今脳髄で, 現実の, 理窟を, 理解するであらう, 田丸の, 画工に, 病人でない, 病人の, 白状し, 皆それぞれの, 皆一様に, 皆少なくとも, 皆詩人の, 盤得沙婆の, 直ちに武力抵抗, 真つ, 知らないかも, 知らないがね, 知ること, 知るだろう, 短歌俳句詩といふ, 社会主義を, 社会主義者と, 神を, 種種の, 立派な, 笑うこと, 笑うだろうか, 第一此處, 純所得, 紙幣を, 紹介状を, 終局に, 義務を, 考えて, 考へる, 聴かれたこと, 能く, 腐った空気, 自ら去るべき, 自分が, 自己の, 自身の, 芝居を, 芸術家だ, 荒川放水路を, 葉巻きを, 藤十郎の, 裏側から, 西郷南洲を, 見るだろう, 親方の, 言うであろう, 言われるか, 証拠を, 認められるであろう, 誠心誠意を, 誰の, 論理的に, 諸処の, 謀叛人を, 講談乃至, 貨幣の, 足利尊氏平清盛源頼朝をも, 身体の, 近世の, 進んで, 運よく, 過去の, 道を, 選手である, 野生の, 鉱毒も, 長い間松村氏, 長談, 雨だれを, 非常に, 音楽会の, 頭の, 顧りみずし, 食事の, 餓死する, 黒い魔物

▼ 諸君~ (537, 10.1%)

5 それを 4 御承知, 私に, 自分の 3 かれら, これを, 人生の, 思想を, 私の

2 [16件] あれほど, ここで, これによって, そうである, そこで, よくご, 一致し, 人道及び, 今日も, 合同し, 學校を, 少しでも, 心から欲する, 汲々として, 法律の, 諸君の

1 [473件] あくまで諸君, あたつ, あった, あったらウン, あって, あてられるやう, あまりに女, ありましたら, あれだけ, いかなる感情, いかなる門, いかに私, いたが, いっぱい集っ, いつまでも, いつもなしてる, いつも日本一, いつも誘惑, いは, いるかも, いろいろな, いわゆる革命的, うけて, うらやましくて, おあり, おいでに, おちついて, おとなしく聴い, お互いに, お前餅屋の, お気づきに, お聽, かかる際, かく考え来るなら, かつて夢にも見た, かの古, こ, こういった, ここへ, ここ二三年は, この, このへん, この上, この会議, この先例, この博大, この塾堂, この教材, この文章, この書, この案, この老人, この聖火, この見解, この部屋, これから文豪, これらの, これをば, ごぞんじ, さよう, しいて話せ, すでにわれわれ, すでに十分感, すでに御存知, すでに自覚, そういう意志, そうしたいなら, そうでない, そう思う, そう思われるなら, そこへ, そのい, そのため, その人間, その大きな部分, その宿命, その愛他的, その方, その目標, その研究, その脳髄ソレ自身, その言説, その車輌, それぞれの, それぞれ特色ある, それだけの, それである, そんなにわし, そんな小説家, たとい中学時代, だいぶ見えた, だんだんやってき, つづいて, つねに忌む, つまりその, とんぼとりに, どういう考え, どのよう, どんなに頑張っ, どんなふう, どんな苦しい, どんな身分, なお細しく, なやみを, はっきり知っ, ぶじであったの, ぶち毀そう, ぼくに, まさかそんな, まず実行, まだ腕白小僧, みずから判断を, みずから意識しない, みずから正しい, みんなで, もう一層熱心, もう少しこれら, もしこの, もし一個, もし以上, もし国家, もし恋人, もし恋愛小説, もし折, もし政治家, もし海岸, もし自然科學, もし足一歩, やっつけるその, よく知っ, よく知る, よく考えなけれ, わかったろう, わざと彼, わざわざ私, わめき立てた, われわれに, ゐた, ゐら, カムチャツカ号で, ギリシャ語や, サクラ号の, サード・ディグリー, ノウノウと, バラックの, ボロを, マズイ出来のを, レーニンさんに, ロシアの, ロンドンに, ヴィクトル・ユウゴウの, 一つ忘れ, 一人, 一人一人に, 一寸菜っ葉, 一寸葡萄, 一度世界劇場の, 一度諸君自身, 一日も, 一日三回ないし, 一見下され, 万年筆と, 三人駈けつけ, 三年間に, 上役の, 与へ, 世界地図を, 中国に, 中学時代に, 丸善へ, 主である, 乱暴するなら止む, 二人も, 二人峠まで, 二十ヵ月の, 二十世紀の, 二十人御, 云はれる, 互いに個人, 些かの, 人々の, 人形町を, 人民の, 今ごらん, 今に, 今まで, 今までに, 今少しく, 今日死を, 今朝東京の, 今知っ, 今足下, 今降り, 仏蘭西西班牙両国の, 仏蘭西語を, 仕事の, 他日中村屋を, 代る代る飜訳, 以上の, 休憩時間を, 伝手を, 何か, 何の, 何れも, 何故に, 何日ぶりかで, 何物よりも, 余を, 作られたの, 俳句を, 倒れて, 偉大で, 健かに, 傍へ, 働いて, 働いても, 僕を, 先刻御, 先生の, 入つた, 入りました, 入り浸る其賭博, 入京せん, 内外に, 出て, 出迎, 劇中の, 劇文学の, 力を, 助演し, 勇敢であり, 勇敢に, 動物園に, 勝手に, 北に, 北の, 北海の, 医者に, 十分感じ, 単に教えられた, 原子核に, 厭き厭きして, 参られたからは, 反對, 受取らせられる分量, 古いと, 古代の, 吃驚する, 各々おきめに, 合体し, 吾, 呑気であった, 哲学について, 善く理め, 善良な, 喰べ, 執筆の, 境遇次第どう, 夕飯の, 多い事, 多い我等, 多忙を, 夢にも見る, 大いに励まれるなら, 大すき, 大陸に, 奉る黄金, 好んで, 好奇心からでも, 妨げ得るの, 姑息の, 存分に, 學校に, 実際に, 寄附の, 寝藁打乱れたる, 将来そういう, 将来どこかで, 将来社会的に, 小さな暗い, 小説を, 少々目ざわり, 尚疑, 已に想像, 希望に, 常に忌む, 常に緊張, 庶務には, 廉酒を, 引きついで, 引留めたいといふ, 後年故郷でも, 得るところ, 御困り, 御存じない, 御存知の, 御眞面目, 御記憶, 御集会, 心を, 心中に, 忙しい時間, 思つ, 思われたかも, 悟られるであろうから, 悪いの, 悪い音楽, 悪を, 想像された如く, 意志するなら, 愛他主義を, 感ずる必要, 戀を, 我々を, 我が中村屋, 戦に, 戦場に, 戯曲を, 手を, 挙つて認め, 提携を, 攻撃される, 教育を, 文学の, 斯う, 斯様な, 新たに, 新劇を, 新劇殊に, 旅行の, 既にそれ, 日常フンダンに, 日常御, 日本の, 早速私, 明日から, 映画を, 時間を, 智慧を, 暑苦しい研学, 最も広き, 最も美しく, 朝倉先生留任運動の, 期せずして, 本当に人類, 本案を, 本業に, 本気に, 来られたから, 来るならそれ, 来訪せられ, 東京の, 果して金, 案外心境的, 機械を, 欲すると, 欲するの, 此の, 此不可思議なる, 死刑の, 殆ど配役, 殊にこういう, 民衆を, 気を, 水を, 沢山私, 法律に対して, 洋行し, 海へ, 熱心に, 熱意を, 独立し, 独立に, 独身で, 狼狽し, 現実に, 生に, 生れた子供, 生命を, 生産を, 町の, 病気に, 登院の, 發想法に, 白鳥会員である, 皆勇敢である, 皆心の, 目撃した, 真に美貌, 真摯でなかった, 真面目に, 眼を, 眼前に, 知つておらるる, 知らずして, 知らるる如く節間, 知るべきこと, 知る如く肥厚, 知識階級に, 社会主義の, 祖先の, 禽獣視する, 科学的教育を, 立入ること, 立派な, 笑うか, 第一, 第一作, 第三者として, 米国における, 精神的契約を, 糊口に, 組織する, 経験にも, 結婚する, 考えて, 考へて, 聴きに, 腕を, 自ら失う, 自分たちの, 自分で, 自由に, 自由文化權利等に, 自発的に, 舞台の, 芸術的価値といふ, 若し彼, 英雄たる, 菓子饅頭を, 萩原夫婦を, 蛇蝎の, 行かれたところ, 行わないならば, 見はり番, 見られたところ, 見られた通り, 見るとおり, 見逃されたであろうと, 許さるるならば, 詳しく御存知, 認められること, 語給いし, 読まれんこと, 読み採ること, 讃美し, 負わなければ, 資本家の, 足利時代以前の, 身を, 辞退されるなら, 述べる, 進み来り進み行く幾多, 進上された, 遊びに, 適當と, 選んだこの, 野暮天であり, 金儲けが, 関心が, 随処淡路島通う, 集まって, 雑然として, 露西亜討たざるべからず, 非常に, 革命的連帯の, 鞄を, 額を, 顔と, 食事を, 高校には, 鴎外全集を, 黒い風船

▼ 諸君~ (507, 9.6%)

18 して 10 よろしく 7 向って, 御訴 4 お目 3 向かって, 告ぐ, 對し, 私の, 語って

2 [28件] あれが, きいて, これを, しても, それを, とつて, 一応御, 代って, 僕の, 取っては, 向つて, 告げて, 告別し, 報告する, 御紹介, 御迷惑, 感謝する, 日本人及び, 望むところ, 次の, 申上げたい, 相すまぬ, 紹介する, 聞いて, 言って, 訊いて, 語るところ, 課せられた任務

1 [390件] ああ止んぬる, あたえられたこの, あたえるであろう, あやまらなければ, あらかじめ記憶, ありては, ありは, いうまま, いうジョン, おかれましては, おかれましても, おくるという, おことわり, おしらせする, おはかりください, おもしろい話, おわび申し上げたい, お伝, お守り願わね, お尋ねしたい, お尋ねする, お授けしましょう, お注意, お目にかかるそう, お目見得を, お知らせしたい, お礼を, お訴え, お話が, お話しくださる, お話した, お説教, お集まり, お願, お願いしたい, お願いしなけれ, お願いします, お馴染, かい摘んで, かぎり発表する, くれるの, こ, こうした経験, ここへ, ことわ, このお爺さん, このなんとも, このニイチェ, この世に, この前代未開, この場所, この建物, この書物, この機会, ご報道, ご相談, さいわいでした, しげ, したって, すっかり有名, すまないが, すまないけれども, すゝめて, そういう方, そうだ, そのこと, その気, その点, その証拠, それだけの, たいしてである, たずねたい, たずねて, たとい一時間, だ, つくの, つつしんで, どうあっ, どんなに気に入らなく, なしたかも, のぞんで, はっきりと, はなはだ相, ひとしく認められ, ぶっつかるつもり, まじって, まだ紹介, もさも, もっと時代, ものごとを, ものを, もらして, やつて, よき指示, よくお, よくよく御, よく御, よく説明, よろしくお, よろしく真さん, わからなければ, わかるとき, わかろう, われわれの, コンナ愚痴を, チョイス・リイダアを, ピストルを, 一カク千金の, 一度見, 一座の, 一言したい, 一言する, 一言せん, 一言を, 一言挨拶を, 一言申しあげたい, 一言言いたい, 与う, 与へ, 与へられたもの, 主人学の, 之を, 二人会を, 云ひたい, 云ひます, 云ふであらう, 交際久し, 今語っ, 令を, 仲よくする, 伍し, 会おうとは, 会つた, 会わす顔, 伝えて, 伝える為私, 伝へたいと, 伺いますがね, 何か, 何を, 作者に対する, 依頼し, 依頼しなけれ, 促したいと, 僕が, 僕は, 僕自身の, 僭越ながら, 先じ, 先生と, 党派の, 其慶を, 分かるまい, 分けたいと, 分けて, 分つべき諸種, 判るか, 判断し, 別る, 別れて, 別れ予, 利益だ, 十二分に, 及びも, 反撥し, 反省を, 取っても, 同情し, 同情する, 向い, 向いて, 向て, 告げる, 告げんと, 告げ得れば, 告別の, 告白しなけれ, 哲学を, 問いたい, 問おう君等, 噛んで, 報じまた, 報告し, 報告すれ, 報告せざる, 外ならない, 多大の, 大体理会せしめた, 大変御無沙汰いたしました, 大衆文芸の, 天分さへ, 夫, 失敬した, 失礼だ, 奉謁, 官臭, 宛てて, 宜しく言, 寄せたからと, 寄せる, 寄りそって, 寄贈する, 尋ねて, 尋ねる, 就て, 差し上げて, 差上げました, 希望する, 希望を, 広告し, 引渡せば, 強いようと, 強ひたいが, 強要は, 御信用, 御心配, 御挨拶, 御目, 御相談, 御礼を, 御聞かせ申そう, 御訴え, 御話しする, 御賢察, 御願ひ申す, 心配かけ, 忠告する, 思い出して, 悪いこと, 感得せしめるだらう, 感謝しなけれ, 感謝の, 感謝を, 愬へ, 愬へる, 懇願し, 戻され諸君, 手柄顔を, 承知し, 折り入っての, 披瀝しなかった, 押し寄せるであろうから, 指し示されて, 指し示されるとして, 挙つて尽力し, 捧げようと, 接触し, 接近し, 推薦し得た, 提供する, 放出してやろう, 教えた私, 教える労, 敬意を, 斯の, 斷言する, 於いて, 於かれても, 於て, 於ても, 日本に, 明らかに, 易々と, 書き残して, 書き送らんと, 望みます, 期待を, 欲望の, 此の, 此上の, 氷河の, 注入しよう, 注意します, 注意を, 深く期待, 混つて博士の, 渡して, 熟読し, 物を, 特に希望, 特別に, 献じても, 理解させたい, 申しあげたい, 申しあげて, 直接に, 相談したい, 知られて, 知られると, 知れずに, 示して, 示すかも, 神経衰弱の, 私から, 私は, 立ち代, 答えようと, 紹介した, 考えて, 考へて, 聞いた話, 聞かせること, 自惚, 與へるであらう, 興味が, 興味または, 良い案, 色々の, 若し私, 英語を, 薦め今日誰, 裨益を, 見えなければ, 見えんとには, 見せたいもの, 見せびらかすつもり, 見せるの, 見せるもの, 見て, 見ゆる光栄, 見られても, 見事負けた, 観せたいといふ, 解せられたに, 解るもの, 言い残すこと, 言う, 言うの, 言う必要, 言ふま, 計りたいん, 訴えて, 訴えとると, 訴える事, 訴へ, 訴へて, 訴へる, 詫びて, 話しかけるの, 話した事, 話して, 話しても, 話すであろう, 話すのに, 話すよう, 誇らうと, 認容し, 誓う, 誓うところ, 語った事, 語りましょう, 語るであろう, 語るの, 語るべきもの, 語ろうと, 誤解されたくない, 説いて, 読んで, 請うて, 諮り諸君, 警告する, 警報したい, 讀まうと, 責任を, 質して, 贈呈する, 起らないん, 返済せね, 迫って, 述べた, 述べたところ, 迷惑を, 追いつくよ, 通じかねるやう, 進言したい, 違いない, 重大な, 銅臭が, 關東の, 限らず普通人, 限り与へられ, 面会し, 面接, 願う, 願うこと, 願ひた, 食道楽の, 首肯し, 驚かる, 龍村さんの

▼ 諸君~ (264, 5.0%)

13 御承知 9 知って 5 ご承知 4 御存知の 3 ご存じの, 想像される

2 [12件] ごぞんじ, すでに御, それを, またこの, また私, 亦男女, 御存じの, 御心配, 承知の, 既にお, 気を, 皆その

1 [203件] あまりいないよう, あまり要求, ありましょうが, あるいは知っ, あるかも, いよいよかくご, いろいろ困難, いろいろ御苦労, うちの, おぼえて, お察し, お聞き, かねて, きっとこの, けっして少なく, このやう, この価値, この際われわれ仲裁会委員, これが, これなら, これは, これを, ごぞんじです, さうで, さだめし小首, し他, じゅうぶんお, すぐに, すでにお, すでにお気づき, すでにご存知, すでに一読, すでに察しられたであろう, そうした境涯, そうだ, そのこころがけ, そのまま寝ころんだ, その五歳, その志, それから, そんな家, ただそれ, つぎの, とっくにお, どうかこの, どうかその, どうする, ないとも, なにくわぬ, なるべく公徳, なるべく精出し, なるほど, なるほどと, ひとつこの, またいま, またこれ, また三更無人, また全力, また知る, また諸君, まだお, みな手を, もう既に気付い, よくお, よくこれ, よく御, よく知っ, よく解っ, よく足, よほどしっかりし, より以上, われわれも, アチコチで, ゴリラや, ブラツク・リストの, ボルドーに, ボートの, ユックリ読ん, ワルツワン, 一度こころみる, 不満であります, 中学へ, 中學の, 久板君の, 亦党派的感情, 亦明らか, 亦東洋, 亦演じ, 京都へ, 今の, 今度立ち上っ, 以って, 作た, 信じられること, 俳優に, 倦き, 倦きられたであろう, 僕等も, 先刻御, 其誰たるを, 内部において, 十分に, 十分沈着元気に, 十分認められる, 同じ目, 含んで, 吾輩も, 呆ん, 唖然として, 商売の, 国を, 国史を, 地理で, 夙に熟知, 多いであろう, 多かった, 多分年を, 多分御, 大いに後援, 大分ゐた, 大学生諸君も, 大抵御存知, 大抵来会した, 大方御存知だらう, 大方御存知だろう, 大自然, 天下の, 好く考へ, 妙である, 嫌ひでは, 安心し, 定めし不審, 定めし御, 尊敬仕, 少くなからう, 居られるし, 屍に, 御同感, 御同樣, 御存じかも, 御存じぢやらう, 御存じでしょう, 御存じに, 御存知だらう, 御存知であろう, 御存知でしょう, 御想像, 御經驗, 心がけて, 必ずやさう, 必ず不審, 必ず其出身, 思い出されること, 恐らく此邊, 想像する, 想像出来るであろう, 我々の, 我々日本人を, 措いて, 救は, 新年からは, 既に御, 日本的とは, 早く見, 昔は, 最も憂慮, 業に, 此の, 民間の, 氣を, 無論絶えざる, 熟知される, 熱辯を, 熾んに, 理解し, 画架に, 皆無事です, 監視の, 相当に, 相手の, 眼前に, 着いた, 知ってるだろうが, 知る通り質素, 社外に, 私が, 私と, 私に, 私の, 精出して, 考えて, 能く, 蕨の, 衷心を, 記憶が, 語れ予, 諒解されたであろう, 選挙区を, 閑人では, 附け足した, 随分いる, 随時参加を, 静粛に

▼ 諸君~ (139, 2.6%)

4 毒すること 3 して, 見て 2 奮ひ起たせる, 歓迎する

1 [125件] おいて, おくこと, おとしいれたもの, おどろかすだろう, お払い箱に, お頼み, お騒がせした, こうして見渡す, ごく真面目, しばる繩, しぼり取ろうと, そこへ, その各室, たわむれに, だまって, ながめてる者, はりこませたらかえって, ひとりひとり頭において, みんな終身懲役に, よんで, アッと, フランス現代の, 一夜作りの, 一層惨め, 一挙に, 一斉に, 一渡り見まわし, 不良とは, 乗せ科学推理, 今なやまし, 保護する, 信用しなかった, 優遇する, 初めての, 刺激し, 前に, 助けて, 動かさずには, 化かしたわけ, 十二三人わしの, 十八歳か, 取り巻いて, 只だ, 叱りつけたやう, 叱正し, 吸ひ込むべく待つ, 呼び出すの, 喜ばせて, 困らしめるに, 圧迫し, 奴隷に, 妄に, 子どもと, 完全に, 容れて, 対手に, 導いて, 導く指導, 引連れて, 待って, 怒らせたこと, 怖がってるわけ, 思えばこそ, 悦ばせる程, 打たずには, 披露会に, 招待した, 指導し, 振るま, 捕まえようと, 救ふも, 敵に, 本国へ, 歓迎は, 治めるという, 浅草の, 瀕死の, 父母の, 片端から, 特に相手, 獲得する, 生むため, 病床に, 皆崇拝する, 益するよう, 監視する, 目指して, 相手に, 真似て, 眼下に, 罵倒する, 羨むの間, 肥らせて, 肯定的に, 苦しめて, 草木に対しては, 表象する, 裏切るなんて, 裏切ろうという, 見つめて, 見ながら, 見に, 見物する, 見知ってる者, 見舞ふ, 誘惑する, 迎いに, 迎うる, 迎える私, 退屈がらせない, 退屈がらせる, 退屈させ, 退屈させよう, 退屈させる, 送る, 除いて, 集めて, 青年だ, 静かに, 馬鹿に, 駆って, 騙さうとして, 驚かしたの, 驚かすニュース, 驚かす積

▼ 諸君~ (131, 2.5%)

6 一緒に 5 いっしょに 2 いつしよ, 同じよう, 相倚, 私とは, 訣別すべし, 語ろう, 進退を, 違って

1 [104件] いえども, いつでも, および諸君, この銀幕上, そういう関係, そうして諸君, それに, たしかその, なしおく, はじめてあった, ゆびさし, わかれること, マメイドに, 一二時間この, 一処に, 一堂に, 一点うしろ暗い, 一致し, 争って, 云う声, 人間同志として, 今夜こうして, 仕事を, 会う時, 会し得るかを, 伴さんと, 似て, 僕の, 全然正, 共に悲しみます, 共に有り, 共に祈り上げる, 再び会う, 再会し, 再会の, 初めて, 別居したく思う, 利害が, 北海道最後の, 協力し, 各地に, 同じくもつ, 同じくらいに, 同じく愛, 同じく男, 同じだ, 同じに, 同じ事, 同じ動き, 同一な, 同年です, 同様, 同様の, 同様厳正で, 同様漂流者の, 同様瘤の, 品川沖へ, 喜を, 多少違う, 嬉々として, 室中を, 少しも, 幽冥境を, 我輩は, 戦うこと, 手を, 振りかざす帽子, 教場で, 教室を, 数学が, 會合が, 朝暮接触し, 歓語する, 毎週一回以上集会し, 無駄話を, 煖炉にあたって, 申せ, 申合わせ, 白鷹氏に, 相見る, 知己に, 私とに, 私とを, 膝を, 自然疎々しく, 落ち合うよう, 落合つてそこで, 血闘を, 行動を, 複数に, 見ゆる事, 言って, 訣別す, 話して, 話し合, 話を, 読者諸君と, 識り, 議論する, 逢えて, 集まるの, 雖も, 面会する, 食後の

▼ 諸君には~ (62, 1.2%)

2 おなじみの, これが, わからないの

1 [56件] あたらしい力, おわかりでしょう, お馴染, きっとそれ, しばらく眼, その意味, その考, その通り, だいたい想像, とうてい察し, どうにかし, はなはだお, まだ人生, もうお, もうちゃんとわかっ, スリルの, ハハアと, ビスケットの, 不親切の, 中央委員の, 今は, 何の, 信じられないと, 出来ないだろう, 分らない, 十分には, 十分の金を, 可なり, 塩せんべいと, 多少重複, 天性, 想像が, 想像も, 意見を, 既に承知, 明白と, 映画レビューその他禁断の, 昨今地方に, 最早この, 案内が, 殊に必要, 特におすすめ, 申訳ない, 着物の, 知れなからう, 考えられないの, 興味が, 見えないだらうが, 見えないだろうが, 見えるであろう, 覚えの, 誠に気の毒, 讀み過して, 追, 頭が, 高い低いとかいう

▼ 諸君~ (62, 1.2%)

9 諸君は 2 かの憎むべき, 翌日の, 諸君が

1 [47件] ああ友, ここで, この争闘, この戦争, この材料, しっかりと, しばらくの, すべからく夜, そういう場合, たとえ預金, もう新, もし諸君, わが, わし等は, エロも, ナント妖怪の, ナント迷信の, 五月に, 今の, 今日は, 今暁吾, 仕事という, 余が, 余の, 僕を, 古くさい比喩, 向うを, 君は, 吾輩は, 四十余年の, 天分という, 家庭という, 山に, 怖れず, 恒藤権右衛門はみごとわれら天誅を, 我が四畳半, 我等は, 昨日まで, 此の, 注意し, 癩運動が, 私が, 私は, 笑ひ, 紺いろした, 諸君に, 願わくは死

▼ 諸君にも~ (52, 1.0%)

2 容易に, 心あたりが, 想像される

1 [46件] あまりお, いくらか興味, お礼しよう, お聞き, かねて, この少年, この顛末, そむいて, ただこんな, なしたいの, ひみつ, みんな同文の, やって, わからぬかも, わかるであろう, バラック建へ, 一寸申し上げ, 以後の, 以来の, 出来るかな, 多少の, 大いに助け, 大かた想像が, 幾らか既往, 御心配, 必ず何, 恐らくこんな, 想像出来ない, 想像出来るだろう, 感染させたい, 感謝の, 手っ取り早くお, 會員外の, 爾来彼, 研究を, 私が, 私にも, 納得できるであろう, 考えて, 臓器の, 自然感謝の, 行ける限り, 記憶新しい, 諒解された, 責任が, 酒を

▼ 諸君この~ (35, 0.7%)

3 秘密が 2 ことを

1 [30件] ときの, へんに, ままだ, ものしずかな, わけが, マツの, 一篇の, 一項は, 事件は, 事実を, 二つの, 人は, 会話は, 問題を, 大任は, 婦人たちを, 少年たちは, 明智の, 機会を, 男は, 男も, 病気の, 被害地の, 被害地を, 詩は, 酒を, 銀貨の, 青銅の, 顔に, 風船の

▼ 諸君~ (29, 0.5%)

2 はここ, はこの, は市長, は諸君

1 [21件] がこう, が市長, のいう, のお話, の余り, の疑問, はこれ, はこれ以上先, はさき, は二ツ, は今, は今日, は偶然, は心から, は断言, は昨日, は此秘密, は神様, は誤っ, は謹ん, は谷

▼ 諸君諸君~ (23, 0.4%)

2 はこの, は私

1 [19件] が一寸, が今, にも責任, のある, の勉強, の御, の数, の熱情, の資格, はこれ, はその, はよろしく, はエックス光線, は共和民主, は各自自由, は既に, は未来, は神, も内部

▼ 諸君から~ (22, 0.4%)

1 [22件] いろいろ有益, このたび, しきりに, しきりに痩せた痩せた, それを, ひやかされに, みれば, よく質問, 余輩に, 収めるの, 受けた害悪, 受ける種々, 叩きつぶされても, 寄せられた答案, 徴集し, 日本料理の, 甚だ多く, 絞り取ろうとして, 聞いた話, 聴きたいと, 自由に, 見れば

▼ 諸君と共に~ (22, 0.4%)

1 [22件] こ, この難問, なお一段, 二列に, 其處へ, 刮目し, 大日本帝國萬歳, 悦びたい, 故浜尾君, 早稲田の, 杏楽天楼に, 此書に, 熱心に, 珍らしく, 目標として, 私は, 自分も, 荷って, 進退する, 郊外に, 食事を, 香華を

▼ 諸君自身~ (22, 0.4%)

2 のこと, の道

1 [18件] がすでに, と諸君, にも知れぬ, の, のこれ, の不為め, の利害, の努力, の印象, の口, の愛読書, の生活, の脳髄, の良心, の言, もこの, も二人, も信じかね

▼ 諸君これ~ (18, 0.3%)

2 はいったい, は明らか

1 [14件] がいったい, がいつも, でお, によつて, はスペイン式, は人形, は何とか, は偽, は友人, は尋常, は皇室, は私, は老人, より程遠から

▼ 諸君~ (17, 0.3%)

3 は諸君

1 [14件] がこの, がわるい, が思う, が誣告者, には一つ, のところ, の竹馬, はわが, は先輩, は全く, は実に, は幸徳君ら, は素晴らしい, は鯨狼

▼ 諸君とともに~ (14, 0.3%)

1 [14件] あくまで力, あれ, ここに, この銃, もう少し研究, 万あやまり, 五稜廓に, 働かんこと, 取扱って, 喜ぶ者, 応分の, 次の, 続けたいと, 考えて

▼ 諸君~ (14, 0.3%)

3 は余 2 の悪徳, の教養たる, は禿頭, は秘か 1 が驚く, に先, は結局

▼ 諸君に対して~ (12, 0.2%)

1 [12件] いささかで, お前は, かえって満腔, とてもこの, もっと悪い, 妖怪の, 御話, 忠実な, 暴力を, 深く遺憾, 衷心同情を, 責任を

▼ 諸君に対する~ (12, 0.2%)

1 [12件] おわびと, 人格尊重の, 健康の, 待遇の, 抱負を, 最後の, 熱烈な, 私の, 絶大の, 非常な, 非礼を, 面目が

▼ 諸君どう~ (10, 0.2%)

2 です 1 かお, したもん, する, だ果して, であるか, であろうか, でございませう例, 思います

▼ 諸君ここ~ (9, 0.2%)

1 が二十面相, で一度, に列席, に第, に至っ, に至つて彼, の戸, は考える, を見なさる

▼ 諸君それ~ (8, 0.2%)

1 がいい, がまあ, が却, はふたり, よりも気がかり, を知らせろ, を祝っ, を聞かし

▼ 諸君たち~ (8, 0.2%)

1 がおられる, が考へ, のよう, のランチ, の仕事, の役目, もまた, もソウ

▼ 諸君とは~ (8, 0.2%)

1 この五大学リーグ戦加盟, とりわけ親しく, 余り話し, 同じ生き物, 少し意見, 生活が, 異なって, 軌道を

▼ 諸君~ (8, 0.2%)

2 は何, を指し 1 は判事閣下, は奮然, は奮然蹶起, は敗北

▼ 諸君その~ (7, 0.1%)

1 ときでした, とき漁師町へ, 不可解な, 巣を, 悪魔が, 晩空は, 武田博士が

▼ 諸君に対しては~ (7, 0.1%)

1 いうまでも, た, たしかにむづかしい註文, ソグハない, 一言いっ, 私は, 親類の

▼ 諸君もう~ (7, 0.1%)

2 一つの 1 お午, 一つ出す, 一息だ, 十一時だ, 十日も

▼ 諸君~ (7, 0.1%)

2 諸君の 1 写真班諸君の, 吾, 吾輩にも, 村長なんかにも, 私や

▼ 諸君よりも~ (7, 0.1%)

1 さらに苛酷, そんな方面, なおより, なお数段, 事実の, 同君の, 馬鹿で

▼ 諸君~ (6, 0.1%)

1 わかりですか, 丈夫で, 情が, 目出たう, 目出とう, 芝居は

▼ 諸君~ (6, 0.1%)

2 あつた 1 あとは, もし料亭, 名前を, 容易に

▼ 諸君にとって~ (6, 0.1%)

1 たいせつな, また我が, 最も苦しい, 無意義な, 甚だ容易, 迷惑だろう

▼ 諸君~ (6, 0.1%)

1 ダンピングした, 夫婦で, 宜奉, 御会合之度, 意見の, 贈つて

▼ 諸君われわれ~ (6, 0.1%)

1 がいる, はこの, は今, は侮辱, は君がた, を種

▼ 諸君~ (5, 0.1%)

3 安心ください 1 心配には, 異議が

▼ 諸君とも~ (5, 0.1%)

1 これで, 同行しよう, 血においては, 計つたこと, 話して

▼ 諸君にと~ (5, 0.1%)

2 つては 1 つて参考に, つて國語學程, つて新顔の

▼ 諸君より~ (5, 0.1%)

1 いくらか, 一足お先に, 十層二十層なお, 寄せられた温かき, 種々御

▼ 諸君~ (5, 0.1%)

1 こそ諸君, の私, は畠, 料理人が, 法廷を

▼ 諸君今日~ (5, 0.1%)

1 のやう, のよう, の事, は中央執行委員, は慶應義塾五十年

▼ 諸君~ (5, 0.1%)

1 心配は, 情が, 承知の, 覽なさい, 随意に

▼ 諸君我々~ (5, 0.1%)

1 の脈管, はあの, は五年計画, は人格, は生きね

▼ 諸君自ら~ (5, 0.1%)

1 が掠奪者, が知っ, の力, の眼, 破るもの

▼ 諸君ああ~ (4, 0.1%)

2 諸君おお, 諸君永遠に

▼ 諸君からも~ (4, 0.1%)

1 どんなに酷しく, 実情を, 毎日平均二通は, 被害民諸君に

▼ 諸君こそ~ (4, 0.1%)

2 不具者で 1 まさに公務員法違反, 現代に

▼ 諸君~ (4, 0.1%)

1 うした, うだつたでせう, う喰つて許, へその

▼ 諸君では~ (4, 0.1%)

1 なかった, 世界は, 怪獣を, 精一杯に

▼ 諸君にとっては~ (4, 0.1%)

1 これが, すばらしい教材, 一場の, 本当の

▼ 諸君~ (4, 0.1%)

1 の動静, の方, の望む, は安

▼ 諸君全体~ (4, 0.1%)

1 がこの, に寄付, に無償, の共有

▼ 諸君君たち~ (4, 0.1%)

1 が安心, はただ, はアスパジア, はリンゴ菓子

▼ 諸君吾人~ (4, 0.1%)

1 はどこ, は内外多数, は政府, は被告

▼ 諸君若し~ (4, 0.1%)

1 兩方を, 左の, 昔の, 此書に

▼ 諸君あれ~ (3, 0.1%)

1 は俺, は偽, を誰

▼ 諸君および~ (3, 0.1%)

1 その他の, 全世界, 近所の

▼ 諸君こんな~ (3, 0.1%)

1 ことで, 散歩が, 汚らわしいもの

▼ 諸君においても~ (3, 0.1%)

1 このへん, 十分わかりましたであろう, 早く知りたい

▼ 諸君ぼく~ (3, 0.1%)

1 の大罪, はぼくら, は高慢

▼ 諸君まず~ (3, 0.1%)

1 これを, 橋を, 第一

▼ 諸君~ (3, 0.1%)

1 コノ地ヘ, 山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君, 納得セシメルノハ恐

▼ 諸君~ (3, 0.1%)

2 に諸君 1 に諸姉

▼ 諸君偉大~ (3, 0.1%)

3 なる博士

▼ 諸君同じ~ (3, 0.1%)

1 大きさ, 車の, 高さ

▼ 諸君吾輩~ (3, 0.1%)

3 が考

▼ 諸君大いに~ (3, 0.1%)

1 やろうぜ, 奮発努力を, 油断は

▼ 諸君如何~ (3, 0.1%)

1 でございませう, でございませう何たる, でしやう

▼ 諸君~ (3, 0.1%)

3 の如し

▼ 諸君~ (3, 0.1%)

1 の御, よりもなるべく, を信用

▼ 諸君決して~ (3, 0.1%)

1 このこと, 軽々しいこと, 金権党の

▼ 諸君聡明~ (3, 0.1%)

3 なること世界地図

▼ 諸君試み~ (3, 0.1%)

1 にやっ, に四年前, に次に

▼ 諸君請う~ (3, 0.1%)

1 吾人を, 学者と, 誤認の

▼ 諸君~ (2, 0.0%)

2 ばよ

▼ 諸君あたり~ (2, 0.0%)

1 から, の力

▼ 諸君いったい~ (2, 0.0%)

1 これは, どんなもの

▼ 諸君おお~ (2, 0.0%)

1 諸君, 諸君余は

▼ 諸君ごらん~ (2, 0.0%)

1 なさい, なさい関東

▼ 諸君しばらく~ (2, 0.0%)

1 われわれを, 聞いて

▼ 諸君そう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だろう

▼ 諸君そこ~ (2, 0.0%)

1 が二十面相, へ踏みいっ

▼ 諸君それから~ (2, 0.0%)

1 作者である, 運転手

▼ 諸君たいへん~ (2, 0.0%)

1 に遺憾, よ

▼ 諸君だが~ (2, 0.0%)

1 ね僕, ね諸君

▼ 諸君だけの~ (2, 0.0%)

2 署名を

▼ 諸君ちょっと~ (2, 0.0%)

1 待ちたまえ, 思いだして

▼ 諸君であった~ (2, 0.0%)

1 ように, 早速代表三十名

▼ 諸君である~ (2, 0.0%)

1 かどう, と云

▼ 諸君でも~ (2, 0.0%)

1 新聞記者諸君でも, 鉱毒事件なり

▼ 諸君という~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ 諸君とうとう~ (2, 0.0%)

1 手懸りが, 来た

▼ 諸君とても~ (2, 0.0%)

1 否み得まい, 御同様

▼ 諸君とに~ (2, 0.0%)

1 その好き, よると

▼ 諸君との~ (2, 0.0%)

1 会見の, 共同生活を

▼ 諸君など~ (2, 0.0%)

1 思ひも, 驚くべき人数

▼ 諸君などが~ (2, 0.0%)

1 いた, 二十人あまり押寄せた

▼ 諸君なに~ (2, 0.0%)

1 をわれわれ, を踊っ

▼ 諸君なんだか~ (2, 0.0%)

1 心配では, 心配に

▼ 諸君について~ (2, 0.0%)

1 これまで, 僕は

▼ 諸君にとっても~ (2, 0.0%)

1 かなり必要, 諸君の

▼ 諸君によって~ (2, 0.0%)

1 是非開拓されなけれ, 西鶴調なる

▼ 諸君に対し~ (2, 0.0%)

1 ことさら面目, また父兄

▼ 諸君はか~ (2, 0.0%)

2 の憎むべき

▼ 諸君ほどは~ (2, 0.0%)

2 容易に

▼ 諸君まで~ (2, 0.0%)

1 私共の, 驚いては

▼ 諸君までも~ (2, 0.0%)

2 非常に

▼ 諸君もしいやしくも~ (2, 0.0%)

1 安心の, 迷信の

▼ 諸君よく~ (2, 0.0%)

1 心に, 注意したまえ

▼ 諸君よりは~ (2, 0.0%)

1 年は, 御嘲笑

▼ 諸君ハ支那~ (2, 0.0%)

2 ノ労働者

▼ 諸君一撃~ (2, 0.0%)

1 を加, を加え

▼ 諸君乞う~ (2, 0.0%)

1 らくは, 意を

▼ 諸君人間~ (2, 0.0%)

1 の不幸, は無限

▼ 諸君以上~ (2, 0.0%)

1 が湖畔亭事件, は物語

▼ 諸君作者~ (2, 0.0%)

1 はかく, はここ

▼ 諸君先生~ (2, 0.0%)

1 のばんざいをとなえようじゃないか, を訪うなら

▼ 諸君先週わたし~ (2, 0.0%)

2 の申し上げた

▼ 諸君全部~ (2, 0.0%)

1 に対し週給, の敵

▼ 諸君再び~ (2, 0.0%)

2 明敏なる

▼ 諸君勉強~ (2, 0.0%)

1 が足りない, し給えだ

▼ 諸君及び~ (2, 0.0%)

1 同氏に, 諸君の

▼ 諸君喜ん~ (2, 0.0%)

2 でくれた

▼ 諸君大阪市~ (2, 0.0%)

1 の人口増加, の煤煙

▼ 諸君太刀川青年~ (2, 0.0%)

1 はけっして, はすこし

▼ 諸君失望~ (2, 0.0%)

1 したでしょうね, なさること

▼ 諸君~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の名

▼ 諸君安んぜよ~ (2, 0.0%)

2 余の

▼ 諸君少し~ (2, 0.0%)

1 待ち給え今, 風にあたり

▼ 諸君帰っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくれたまえ

▼ 諸君~ (2, 0.0%)

1 に同志, に安心

▼ 諸君幸徳君ら~ (2, 0.0%)

1 は乱臣賊子, は時

▼ 諸君御覧~ (2, 0.0%)

1 の後, の通り

▼ 諸君我ら~ (2, 0.0%)

1 はこの, は決して

▼ 諸君我輩~ (2, 0.0%)

1 が平生羽衣, の叫声

▼ 諸君手っ取り早く~ (2, 0.0%)

1 云うならば, 云ふなら

▼ 諸君本員~ (2, 0.0%)

1 はこの, をし

▼ 諸君永遠~ (2, 0.0%)

2 に蛸

▼ 諸君熊手屋~ (2, 0.0%)

1 が, の待っ

▼ 諸君~ (2, 0.0%)

1 の共同便所, は猛獣

▼ 諸君目前~ (2, 0.0%)

2 に露出

▼ 諸君自分~ (2, 0.0%)

1 の真意, は其夜更

▼ 諸君~ (2, 0.0%)

1 たまえ, てい

▼ 諸君見よ~ (2, 0.0%)

1 いよいよはじまった, こうこうと

▼ 諸君許し~ (2, 0.0%)

1 たまえ, てくれ

▼ 諸君釈迦~ (2, 0.0%)

2 を見ならえ

▼ 諸君開いた~ (2, 0.0%)

2 形跡の

▼ 諸君頃日余~ (2, 0.0%)

2 の戸口

▼ 諸君驚く~ (2, 0.0%)

1 ことなかれ, なかれあんまり

▼1* [418件]

諸君あたらしい時代は, 諸君あなたがた, 諸君あの条項書は, 諸君あるのみです, 諸君あんなものを, 諸君あんまり陰気な, 諸君いいね, 諸君いかがでございます, 諸君いかさま師を引っ張っ, 諸君いつ来た, 諸君いな全地球人諸君, 諸君いま警官が二三十人, 諸君いやこれは, 諸君いよいよ蜂が, 諸君うちの婆さん, 諸君うるさしと歎, 諸君おそろひでよく, 諸君おそろいだな, 諸君おどろくな, 諸君おらあほんとう, 諸君おん手をし, 諸君お互いの修練, 諸君お先へ失敬, 諸君お断りの制札, 諸君お役目御苦労, 諸君かくして二十面相と, 諸君かつて記した海豹島, 諸君からの切なる, 諸君かれ等, 諸君がとつくに, 諸君たまえ, 諸君きみたちのおかげ, 諸君こいつを打ち殺そう, 諸君こうやって, 諸君こういうわけだ, 諸君こうした一家の, 諸君こうして紅玉島の, 諸君こころみに想像, 諸君こしを低く, 諸君こそは天地の, 諸君こちらへ来た, 諸君こっちへ連れ, 諸君ことに深尾横田の, 諸君この大きな組織の, 諸君これから最近政府によ, 諸君これから当然悪漢たちの, 諸君これぢやいかん, 諸君ごくろうさま, 諸君さいきん中国側, 諸君しずかにし給え, 諸君しっかり頼みますぞ, 諸君じつはこの新聞, 諸君すべてが一致, 諸君せめて決闘を, 諸君そういったもので, 諸君そこでお茶でも, 諸君そのまま駈け出しては, 諸君その他船員達の接客法, 諸君そもそも物語の, 諸君それでは到底諸君, 諸君それにしても諸君は, 諸君そんなに妙な, 諸君たち自身が横, 諸君たって出立なさるなら, 諸君たるもの, 諸君つてさう, 諸君だけでなく多く, 諸君だけにでもすなお, 諸君だったらあるだけの金, 諸君だまされてはいけない, 諸君だまるんだ, 諸君ちょうちんを持っ, 諸君今の, 諸君つまり本員も, 諸君てっきりコペイキン大尉に, 諸君であり何れも, 諸君といふものは, 諸君とうぜんここに, 諸君としても私の, 諸君とっくにご承知, 諸君とてもすぐに疲憊, 諸君どうか僕の, 諸君どうせ君達は, 諸君どうぞ自己紹介を, 諸君どうもあなたたちは, 諸君んだ, 諸君なかなか頭が, 諸君なかんずく聖人君子英雄豪傑らは, 諸君なぜ大阪市に, 諸君なぞはとても彼女, 諸君なにかほかに, 諸君なに遠慮の要らない, 諸君なら誰だって, 諸君なら笑いそうである, 諸君なり自分なりが, 諸君なんて退屈な, 諸君におきましても質問の, 諸君にだけある重大, 諸君にのみ込めたこと, 諸君にまで興味を, 諸君によつて組織され, 諸君に対しても余り放てき主義にて, 諸君に対するの義務は, 諸君はかへつて僕の, 諸君はちよつと考へざる, 諸君はも一度, 諸君ばかりぢや, 諸君ばかりのように, 諸君ひとつ考えて, 諸君ひとつ想像して, 諸君ひとつ本をおい, 諸君へは御気の毒, 諸君ほんたう, 諸君ぼくらは一団, 諸君まあ靜かに, 諸君まさか木乃伊取りが, 諸君まだ安心は, 諸君までがロダン号の, 諸君みたような, 諸君みなさんも一つ, 諸君みんながその, 諸君みんなどこかしん, 諸君めいめいで考え, 諸君もう一度君達の, 諸君もし諸君が, 諸君もちとあの, 諸君やがて一時頃まで, 諸君だん, 諸君よなんてふざけたものの, 諸君よろしいか, 諸君よろしく婦人を, 諸君らのはどちら, 諸君ら現代人にも不審, 諸君わしの一身, 諸君わたくしは今, 諸君わたくし高橋はです, 諸君われ等のまち, 諸君をも刈り取ろうと, 諸君を以て遇せられた事, 諸君アヽ我等は何等, 諸君エライ占星師にはそんな, 諸君カラノ搾取ヲマスマスヤサシクシ, 諸君ガ革命的連帯ノ固, 諸君ギリシャにもエジプト, 諸君コオヒイはほか, 諸君コロボックルなる名, 諸君ゴルドン君を選挙, 諸君ゴンクウル氏の言, 諸君サア浮揚の部署, 諸君シグナルの胸, 諸君タマの今日, 諸君ッ満場の諸君, 諸君も御, 諸君ニハ諸君ノ努力, 諸君ニ応ジ分割スベシ諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 諸君努力と, 諸君現ニ, 諸君ハ一文デモ利益ヲ得, 諸君ハ別荘ト云フ言葉ヲ聞イテドウ思ハレルカ, 諸君ハ山東侵略ノ命令ニ服スルコトヲ止メヨ, 諸君ハ工場ヤ銀行ヤ病院ヲ守ッテイルダケデアル, 諸君ハ日数ハ少しおくれ, 諸君ハ知ラズ識ラズコヽニ永代不滅ノ資産, 諸君ビックリしたかね, 諸君フムベールはイカサマ, 諸君メロンを食べ, 諸君思エ, 諸君ラガドの門, 諸君レールモントフがどう, 諸君ヲシテ銃ヲ携エ砲, 諸君一つ戦ひませうか, 諸君一つ吾輩の健康, 諸君一体私は, 諸君一同ここで拱い, 諸君一日で往, 諸君一時間経ち二時間, 諸君一石にし, 諸君万一僕の, 諸君を謝絶, 諸君不二子さん初瀬さんが集まつた, 諸君世に馬鹿と, 諸君並びに吾人に, 諸君にはかく, 諸君中津川まではもう, 諸君主催者並に審査員, 諸君久保井先生がなけれ, 諸君乗ろうじゃない, 諸君九時はすぎた, 諸君はここ, 諸君事件は却, 諸君二つの立派, 諸君二円五十銭じゃ言うた, 諸君二度と俺に, 諸君万一の, 諸君五六十名の出迎, 諸君五分間の沈黙, 諸君五月一日の事件, 諸君今一人土佐で亡くなった, 諸君今回検閲官はジャン・アジュルベエル氏, 諸君今夕はわざわざ, 諸君今夜は, 諸君今夜なんの用, 諸君今夜みんなで相談, 諸君今度こそ誰, 諸君今後はいささか, 諸君今新たに之, 諸君今日私は神, 諸君今晩はモン・ブラン登山, 諸君今朝のマルサス人口論, 諸君仕合せよし, 諸君他日もし北陸, 諸君以前にも極刑, 諸君のもの, 諸君余輩のこの, 諸君來給へ, 諸君に注意, 諸君個人の特殊, 諸君健康でいろよ, 諸君元気よく注意深く, 諸君充分いびきを, 諸君光明を求め, 諸君八十一人の議員諸君, 諸君公徳などと云う, 諸君はみんな明日, 諸君ま, 諸君其三尺四方の溝, 諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 諸君出るんだ, 諸君出発だ, 諸君分かったかい, 諸君別れに握手, 諸君助かるかもしれん, 諸君努力せよと, 諸君労働とは実に, 諸君動かないのは, 諸君北村青年はいったい, 諸君医学は偉大, 諸君十九世紀は偉大, 諸君十六人はむろん, 諸君十数名も見えた, 諸君原田は情ない, 諸君又は故郷から, 諸君道湖西抵越前, 諸君えか, 諸君各自の意見, 諸君池亭看, 諸君同道である, 諸君探偵が, 諸君君がたの誤解, 諸君君らは約束, 諸君君等はいうだろう, 諸君君達は自分, 諸君善く御承知, 諸君善良なる諸君, 諸君喝采し給え, 諸君四人の少年, 諸君四十面相のさい, 諸君回数にかぎり, 諸君困ったことには, 諸君團結せよ, 諸君地下へくぐった, 諸君地主は遂に, 諸君堀口君の退校届, 諸君報告があります, 諸君大佐をおびえさせた, 諸君は窮余, 諸君奇講甚面白し, 諸君奪ってご, 諸君奮い立って味方勧誘, 諸君婦人なるかな, 諸君安心して, 諸君実にいや実は患者, 諸君富士男君を選挙, 諸君小林勇だの池島信平, 諸君小林君はいったい, 諸君小林少年が何, 諸君屋内にいる, 諸君左様なら, 諸君帽子をとり給え, 諸君弁護の労, 諸君彼女を見た, 諸君彼奴等はブン, 諸君待ちたまえ待って, 諸君御身等にこの, 諸君心配し給うな, 諸君忠臣は孝子, 諸君速力に, 諸君急ぎお引, 諸君急ぐなかれだ, 諸君怪盗二十面相はこうして, 諸君恐怖時代は目前, 諸君悲しむべき結果を, 諸君意志を鞏固, 諸君いては, 諸君感心したか, 諸君憲政の擁護, 諸君戦時の艦隊編制, 諸君を貸し, 諸君手足をグルグル, 諸君も此, 諸君押してくれた, 諸君拙者が, 諸君探偵小説というもの, 諸君政治というもの, 諸君散歩の時季, 諸君を前, 諸君斯樣なこと, 諸君新聞美術雑誌記者美術批評家諸君それから作者, 諸君方多数の手, 諸君早くして, 諸君明後日から, 諸君明日というもの, 諸君明智探偵はなんと, 諸君明治に生れた, 諸君は皇室, 諸君時勢の展開, 諸君晩めしはどう, 諸君書物は学者, 諸君最う馬鹿に, 諸君最上の帽子, 諸君會議をはじめよう, 諸君未来には暗黒, 諸君大臣は, 諸君本日臨時議会を開きました, 諸君東京の埃, 諸君果してどんな感, 諸君植物をたべる, 諸君楽匠ブラームスにたいしてあえて, 諸君されるな, 諸君止したまえ, 諸君正しき考えを, 諸君の被害地, 諸君歯磨にも種々, 諸君死屍となっ, 諸君と云, 諸君民衆の民族的, 諸君洋杯を挙げ, 諸君浅草の観音堂, 諸君あらば, 諸君焚火の粗朶, 諸君物持階級は百万円, 諸君特に反対意見を, 諸君て小諸町, 諸君甚だ御面倒, 諸君田中先生はやむを得ぬ, 諸君画家諸君新聞美術雑誌記者美術批評家諸君それから作者, 諸君疑ふ余地は, 諸君登志子は登志子, 諸君云何分, 諸君真綿の飛び, 諸君つて, 諸君知恵をしぼっ, 諸君社会主義協会の諸君, 諸君祭司長は只今, 諸君程はその怪物, 諸君竝びに會社, 諸君競馬ばかりに熱中, 諸君笑ってくれる, 諸君二にも, 諸君のシャツ, 諸君紅玉島は海軍, 諸君素晴らしいってこんな, 諸君紳士になったら, 諸君繰り返して言う, 諸君聞かずやむかし彌次郎, 諸君肉身に供養, 諸君く私, 諸君臨時国会もいよいよ, 諸君自然は竟, 諸君自身吟味比較して, 諸君色々の御, 諸君落書きをし, 諸君落着きたまへ, 諸君蒐集の民謡, 諸君蓮華岳の洞窟, 諸君被告を放免, 諸君被害民の方, 諸君西郷も逆賊, 諸君解脱は苦痛, 諸君言ったって無駄, 諸君詐欺だぺてん, 諸君誠実な煩悶, 諸君誤解しては, 諸君読者諸君に於, 諸君にし, 諸君誰ひとりとしてここ, 諸君請う恕せられよ, 諸君謀叛を恐れ, 諸君議会における花井弁護士, 諸君議会政治で重大, 諸君賛成して, 諸君せずや, 諸君足もとに気, 諸君身辺ノ若干, 諸君辻占がいい, 諸君辻野氏はとうとう, 諸君蒐けて, 諸君連れてっ, 諸君逮捕された田中病院長, 諸君進もうではない, 諸君運動場へ出, 諸君遠藤博士の大, 諸君を呑まない, 諸君金剛石砲台の上, 諸君銘記したまえ戦争以来, 諸君鎌倉に来遊, 諸君集つてゐるね, 諸君青年はこの, 諸君面倒だから, 諸君鞍男が調査, 諸君順番に勝手気儘, 諸君頼む危険だ, 諸君願わくは自分の, 諸君願わくは大いに諸君の, 諸君騒ぐな拙者, 諸君騙されちゃアいかん, 諸君騙されたと思っ, 諸君黄いろなシャッツ