青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~良心 良心~ ~色 色~ ~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~
芋~
芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 花火~

「芋~」 1695, 17ppm, 6767位

▼ 芋~ (386, 22.8%)

21 葉の 17 皮を, 葉を 9 葉が 7 煮たの 6 ように, 葉に 5 子の, 尻尾と, 葉と 4 やうに, 煮えたも 3 収穫は, 子, 子を, 株を, 湯煮た, 頭を

2 [29件] ちまきや, できは, ひとつ葉風吹き, ような, スープ, 中に, 串を, 事を, 入ったザル, 塊から, 子が, 子でも, 山水のみ, 方が, 方に, 株へ, 様な, 田楽を, 皮も, 穴の, 立葉の, 莖は, 莖を, 葉から, 葉は, 葉ひらひら, 葉や, 酢煮, 間に

1 [204件] あかきが, うまさ, うらなり先生, おでんを, おみおつけだ, お菓子です, から積む, きれはし, けむりが, ことを, ころ煮, ごとく, さやを, しっぽという, しっぽばかりしか, しっぽを, せいろや, せい籠に, それを, だんなも, つるが, つるに, できが, できを, にころばし, にほ, ひとつさへ, ふくよかさが, ほかに, まわりは, まわりを, やうな, やつに, ゆでて, われらうながす, アクが, ケは, コロッケー, ソースです, ニヒルだ, フライは, フライ繊に, 一つを, 一片が, 一番胴中の, 三つか, 上に, 下品なる, 中へ, 事か, 二つ三つを, 作り方, 使い方は, 俵を, 先は, 先生ひとの, 光景に, 冷たいの, 出店が, 出来るの, 切れ端し, 切れ端だの, 切れ端とで, 切れ端も, 匂いや, 匂が, 句は, 味が, 味は, 味ひとつに, 図太さ, 壺焼とか, 大なる, 子みたいな, 子も, 子や, 子やら, 子同志, 子山の, 子頭白髪, 尻尾が, 屑だ, 山は, 山乾く, 山水を, 形が, 形を, 御馳走出し合ひで買ふじや, 摺ったの, 数に, 新鮮な, 方を, 柔煮, 根だらけで, 根も, 根を, 様に, 樣に, 横腹から, 欠片さえ, 欠片さへ, 歌なぞ, 残りは, 水氷つた, 汁はずんだ, 洗ったの, 涙豆の, 澱粉質は, 濁ったスープ, 無味な, 焦た様, 煮ころ, 煮ころばし, 煮しめが, 煮しめの, 煮たては, 煮つけを, 煮付が, 煮転ばし位, 煮込みで, 王様かう, 王様が, 王様です, 王様を, 環を, 生干しが, 田楽左に, 皮が, 皮なんぞを, 皮に, 皮ばかり, 盆を, 看板を, 砲煙弾雨に, 秋, 種, 種が, 種の, 種葉広く, 穴と, 突起を, 立食なんぞを, 紅いの, 紅提灯が, 繊を, 羊羹です, 肉から, 肴で, 胸や, 花が, 花の, 花は, 花を, 芽には, 苗を, 苞持っ, 茹で汁, 莖の, 菓子と, 葉かげに, 葉かげへ, 葉それを, 葉だ, 葉で, 葉でつ, 葉など, 葉などを, 葉なり, 葉には, 葉へ, 葉むらがりむらがり, 葉ゆこぼれ, 葉ッパが, 葉ッパに, 葉ッパの, 葉ッパを, 葉槿垣熟した, 葉豆の, 蒸したの, 蒸したるもの, 蔓でも, 蔓に, 蔓の, 蔓は, 蔓みた, 蔓みたいに, 蛻遠慮の, 裏漉しに, 親を, 親根, 貯えたの, 買い入れの, 通りすぎたこと, 釜の, 附きたる如し, 露を, 露連山影を, 頭か, 頭と, 頭や, 類を, 養分は, 高茎, 高莖

▼ 芋~ (359, 21.2%)

18 洗うよう 6 掘つて, 洗ふ, 食って 4 揉むよう, 買って 3 入れて, 口に, 持って, 煮て

2 [20件] かきだした, ふかして, 主張した, 俵へ, 半分即ち, 口へ, 売って, 売る店, 洗って, 焼いて, 生の, 盗み食いした, 盛ったよう, 詠みたる俳句, 買いに, 買うて, 隠した場所, 食う, 食った, 食べて

1 [263件] あけた, あたら落とし, あらうよう, いただきます, いつまでも, うんさ, おかみへ, おとしたと, お茶受に, かいに, かじりながら, きざんだり, くいかわりばんこ, くれたり, くれないかと, こつそり食つた, すっかり倉, すゝり, たくさん買いいれ, たべたいと, たべて, たべては, たべてる, たべる, つ, つくりたるあり心, つけて, つついたり, つつき三ツ, つつき雲, つぶすとき, とりあげて, とりこむところ, とり出しそこら, どう致します, ねだったの, はがして, はぎとって, ほして, ほつたり, ほりちらし, ほり出すやう, ぼり, もって, もむよう, もむ樣, やった, やったり, やって, やつて, やると, やろうね, よく炒り付け, クログワイと, サイの, 一つの, 一つ掬った, 一側並べ, 一斤半お, 一斤半砂糖を, 一日乾し, 一束ねに, 七輪で, 三つ四つ箸へ, 三つ四つ食い終った, 上の, 両方の, 二つ三つとる, 作ったり, 作って, 作らせたり, 作り甘蔗, 作るのに, 供出せ, 入れさせ二杯食, 入れたり, 入れた籠十, 入れれば, 切っては, 切ってる, 切るよう, 刺した, 十ばかり, 半分ほど, 半分裏漉しに, 双方から, 取って, 取らないの, 取りだして, 取り押えて, 取ろうと, 口の, 召し上りながら, 吹き出したもの, 喰ったら船中, 喰って, 喰つたら, 喰つてゐた, 喰ひあきる, 喰ひ過ぎた, 喰べて, 喰べながら, 喰わされる, 噛ぢつて居た, 噛る, 四分肉六分の割で, 囲う一畳敷, 地上へ, 埋めながら, 売った, 売らなくなった, 売りきって, 売りに, 売りはじめると, 売る, 売るの, 売る家, 壺に, 大匙五杯, 大匙四杯, 好まず二錢, 小さな点, 少しばかり, 少し残し, 届けるの, 山地の, 崇めた社, 差したよう, 干すと, 平げて, 引きに, 得たよう, 御牧から, 投げて, 拍子木形に, 拵へ, 拾って, 拾へば, 指しながら, 指で, 掘ったん, 掘って, 掘ってたン, 掘らせられるよう, 掘りだした, 掘りて, 掘りに, 掘りましたから, 掘るの, 掘るよう, 掘る手, 掘る時分, 掘上げて, 掻き廻して, 揉むと, 揉んで, 揚げるの, 擦りつぶして, 攫んで, 旨がった, 最上の, 植えたもの, 植えては, 植えると, 植えるの, 植へ, 植ゑたり, 植ゑたり麦を, 洗うの, 洗うほどの, 洗う必死, 洗う様, 洗つてゐた, 流しへ, 混合し, 添ゆる, 灰に, 焼く竈, 煮ても, 用い肉, 百匁が, 皿に, 盆に, 盗むもの, 盛ったと, 盛った彼女, 盛りこんだ, 眺めて, 石と, 石に, 突きつけられながら, 竈の, 竿の, 笊の, 箸に, 耳に, 育て眺め, 自分の, 自慢し, 與へ, 船へ, 芋と, 蒸して, 裏漉しに, 裏返してるところ, 裏返してる彼女, 裏返し桃色, 見て, 見ると, 見物の, 計って, 詠みたらば, 詠みたる俳句云々, 調え牡丹餅, 貫いたの, 貰うて, 貰えば, 貰って, 貰つて食べる, 買い半分, 買い我力, 買うの, 買う時, 買った, 買っても, 買つて来, 買わせる, 贈って, 転がしたよう, 載せて, 輪切に, 追っ懸けて, 遣るからと, 適度に, 野に, 鍋いっぱいに, 頬張ったり, 頬張りながら, 食い栄養補給, 食い鼻汁, 食うて, 食うては, 食うところ, 食うの, 食うも, 食うよう, 食ったばかり, 食ったり, 食は, 食はせる, 食べた芋, 食べながら, 食べましたなんて, 食べません, 食べるだけ, 食べる習慣, 食べ乍ら喋舌, 食べ進んで, 食わされては, 食わせる母, 食わないかね, 食卓の, 餌に

▼ 芋~ (78, 4.6%)

2 あって, まじっても, ゆにも, 出来ると, 山の, 煮えたと, 落ちて

1 [64件] あったからの, あったナア, ありさ, ありさえ, あるの, いくつついた, こぼれて, しらの, しらを, すっかり水, たくさんできた, たくさんとどい, たべたい, たまさか子, できる, なくなつた, はじめて水, ほとんどとれませんでした, ゆを, 一つころが, 丁度凍った, 五ツ六ツころげでた, 何を, 八分目ばかり, 凍って, 出て, 前の, 十二匁で, 半分ばかり, 単なる副食物, 取れませぬから, 取れませんから, 咲き乱れ正午, 嗜好き, 季節でない, 少々性, 少しばかり, 山程, 文化祭を, 来ねえではあ, 来れば, 欲しい卑屈, 残った, 残って, 水の, 混つてゐる, 焦げて, 焼いて, 煮えた目刺, 町に, 皆石の, 種な, 統制品と, 繁つ, 置かれて, 肥え枝豆, 育つ, 蔓延って, 赤く重なっ, 転がった, 食いたいなあ, 食いたくても, 食える, 食道を

▼ 芋~ (61, 3.6%)

4 の中 3 のあいだ, の向う 2 そして遠く, とそして, のふち, の向方側, は世にも, を八方, を踊舞台

1 [37件] があっ, があつ, が沢山, が見え, だ, とだ, と松露, になっ, にはレントゲン科, には真横, に人, に変わった, に眼, に連れ出し, に遊び, のまん中, の一葉一葉, の上, の丘, の彼方, の方, の畔, の芋, の連なる, の隅, の露, は真青, へいっ, へも散ら, もすっかり, やキャベツ畑, や崖, や雜木林, をながめ, を回想, を自然観賞, を見物

▼ 芋~ (59, 3.5%)

2 丸の

1 [57件] あやまる, あら, かぶり振り振り子, かんで, ここでは, この赤ん坊, こんなによくできた, すばらしく大きかった, その面積, それから, たいへんに, ただ取られる, だんだん下, どうでございましょう, どんなです, なおさら結構, まったくでき, まったく成熟, もう何時の間にか鼻垂れ共, もちろん三次元, よきかな, チベットで, 一升いくらだ, 一年に, 一旦湯, 上等の, 今年は, 作りて, 南洋系民族の, 口に, 味の, 堅くって, 大好きだ, 大抵母猿, 大部分, 好芋, 尻と, 平年作の, 彼女の, 恐ろしい強情, 持って, 支那へ, 母さんに, 生き残りの, 白く凝りつ, 百姓の, 石芋です, 節より, 肉を, 腐って, 芋だ, 見たこと, 遂に芋, 鉢に, 随分大きな, 食べないが, 黒芋で

▼ 芋~ (59, 3.5%)

2 が俄然, のおばさん, の娘, の小母さん, の店, の隣, をやめ

1 [45件] から前垂, があった, がありまし, がある, がまだ, そして鍼灸治療院, だが, ではない, でもやる, でも何, で十円, で焼, で芋屋, といっ, と云え, と云っ, にかはつて, になった, になり, によって五厘, に入っ, に変わった, の, のあたたか, のお, のよう, の並び, の商売, の女, の子, の店さき, の店先, の後家さん, の息子, の横腹, の灯, の看板書き, の竈, の老人夫婦, の角, の軒先, は夏, へ走りたくなる, へ飛び込んだ, を過ぎ

▼ 芋~ (57, 3.4%)

2 いって, ふかし芋, ヴァレリイの, 剣術し, 椰子水を, 麦の

1 [45件] いうものの, うなぎの, この店, ゆびわ, ゆびわとの, バターを, ヒトモジ葱は, ヤマベを, 交換する, 人参なんぞを, 人参を, 剣術する, 化し赤玉, 南瓜ばかり, 同じ味, 同じ程度, 唐黍を, 大根の, 子供の, 小豆の, 思えないね, 昆布, 書いたらいい, 梅干を, 水の, 玉葱を, 発音する, 穀物の, 穀類の, 肉の, 肉を, 肉桂でも, 芋とを, 茹でた豌豆, 蕪菜を, 薄く切った, 蜆汁を, 西洋人参を, 訓じた, 豆腐, 豆腐と, 豚と, 鮭の, 麥の, 麦が

▼ 芋~ (33, 1.9%)

3 大根を 2 大根や, 草花などを

1 [26件] いもと, にんじんが, 串肉を, 人参などと, 人参の, 人参を, 人参牛蒡を, 何か, 八つ頭や, 南瓜ばかり, 南瓜を, 唐黍を, 夏は, 大根が, 大根などの, 大根などは, 大根なども, 握り飯など, 果物を, 油揚ばかり, 牛蒡や, 菜は, 葱を, 蕪などが, 野菜や, 馬鈴薯で

▼ 芋~ (31, 1.8%)

8 が云 2 のやう, は口

1 [19件] から, がこんな, が其口, が後, が復, が非常, と愛ちやん, の如く, の眼, の訓誨, は嚴, は恰も, は氣短, は腕, は話し, は身, は輕蔑, ばかり殘, を怒

▼ 芋~ (28, 1.7%)

2 大根も

1 [26件] あらへ, ある, ちょっと手, なくな, もうねえ, 一緒に, 何か, 何もかも刈つてしまつた, 入れるか, 堀らせ, 堀る, 売るから, 好きな, 子持たず, 存外味は, 捨てて, 掘る近い, 東洋的な, 栗も, 植ゑたり, 生えて, 知らない様, 肥えに, 芋じゃが, 落花生も, 食べられない人間

▼ 芋ヶ瀬~ (27, 1.6%)

19 の荘司 4 の郷 1 から玉置, の荘司め, の荘司殿, の荘司殿身内

▼ 芋でも~ (23, 1.4%)

4 大根でも 2 買って

1 [17件] かこうよう, くらって, なんでも, ほッ, 一人で, 人参でも, 人參でも, 其季節の, 植えそう, 菜っ葉でも, 買つ, 買つて來て, 転げ出すと, 野菜でも, 長く蒸し, 食うべ, 食って

▼ 芋~ (14, 0.8%)

2 懐手を, 肥料を 1 おだん, して, しようかと, するの, 似て, 心を, 豆腐いろいろ, 限られて, 鷄卵を, 黄な

▼ 芋~ (13, 0.8%)

3 のよう 2 を抱え 1 が引上げ, が積まれ, でも引っ提げる, のやう, は彼, らしいの, をめぐって人, を馬

▼ 芋~ (12, 0.7%)

1 [12件] がまんする, それが, 一杯飲ん, 今夜も, 包むリソー, 包んで, 可いや, 塞ってる, 大半黒く, 生徒は, 質の, 飼ったの

▼ 芋~ (12, 0.7%)

2 の場, へ降りる 1 で団子, のおだ, の名物羽二重団子, の団子, の方, の津田角右衛門, へ行っ, を下りた

▼ 芋掘り~ (11, 0.6%)

3 の人々 2 に, には此 1 だなあ, ではそち, に行っ, 碁と

▼ 芋~ (10, 0.6%)

1 かきでも, スープで, 何か, 何かと, 何かの, 何でえ, 木から, 葉巻煙草かという, 魚でも, 魚でもは

▼ 芋焼餅~ (9, 0.5%)

1 でも出さず, といふもの, なぞを冬, なぞを数え, に大根おろし, は火, も焼き, を焼いた, を背中

▼ 芋~ (8, 0.5%)

1 から無論, か分らない, か稗, がじや, がな, てこと, のが, のを

▼ 芋だの~ (8, 0.5%)

1 いろんな野菜, お菓子の, ネギだの, 人参だ, 大きなパン, 大根だの, 牡丹餅だ, 豆の

▼ 芋という~ (8, 0.5%)

1 のは, のを, ものが, ものは, 字が, 立体が, 里芋と, 頭の

▼ 芋焼酎~ (8, 0.5%)

1 だと, ですよ, とかをもらう, と知れた, の燗, をかかえ, を売り物, を飲んだら

▼ 芋とを~ (7, 0.4%)

1 ならべると, 兩手の平で, 加役として, 持って, 混ぜたもの, 白い皿, 見せました

▼ 芋~ (7, 0.4%)

2 出え出えの 1 っとさけん, でなかったらどう, といっ, とちがう, にきまっとる

▼ 芋~ (7, 0.4%)

3 の人々 2 作業に 1 も忌, 書生を

▼ 芋~ (7, 0.4%)

1 すなわち里芋, でもある, なんてえ, の如し, の柱, を樽, を負う

▼ 芋ばかり~ (6, 0.4%)

2 食って 1 なるは, 喰って, 食いながら, 食ってる

▼ 芋~ (6, 0.4%)

1 なら不足, にもたれ, に引渡し, のよう, の中, は野暮

▼ 芋がら~ (5, 0.3%)

1 の干した, の汁, もうま, を取っ, を壁

▼ 芋ぼう~ (5, 0.3%)

1 がうまい, とって, の朝めし, をとっ, を頼む

▼ 芋~ (5, 0.3%)

2 にする 1 だ, になつ, になつて

▼ 芋~ (5, 0.3%)

1 であった, に二人, のま, の向う, を吹く

▼ 芋です~ (4, 0.2%)

1 かいと聞い, がそれ, と嘘, よ

▼ 芋などを~ (4, 0.2%)

1 くれた, 並べ, 昨日から, 食わせられた

▼ 芋~ (4, 0.2%)

1 今度こそ, 手を, 牛乳と, 蠅が

▼ 芋大根~ (4, 0.2%)

1 つくりたてるとは, の畑, の類, を切り交ぜた

▼ 芋~ (4, 0.2%)

2 ふ女 1 ひ, ふ子

▼ 芋との~ (3, 0.2%)

1 合戦には, 煮付, 關係は

▼ 芋など~ (3, 0.2%)

1 うまし, とりそ, 煮て

▼ 芋などは~ (3, 0.2%)

1 ない, 人々いずれも, 人々何れも

▼ 芋なども~ (3, 0.2%)

1 そこらの, 用いるが, 食った

▼ 芋みたい~ (3, 0.2%)

1 であまり, にのつ, に転がった

▼ 芋やの~ (3, 0.2%)

1 奥深く溝板がたがた, 奧深く, 屋台を

▼ 芋~ (3, 0.2%)

1 入替ウルモノトス, 焦焼, 置キテ先ズ半

▼ 芋干し~ (3, 0.2%)

1 の売れ口, を七八貫, を出し

▼ 芋料理~ (3, 0.2%)

1 が最も, を致しました, を致しましょう

▼ 芋民譚~ (3, 0.2%)

1 で対照的, となる, は宗教家

▼ 芋~ (3, 0.2%)

1 が出, は出, を樂しみ

▼ 芋田楽~ (3, 0.2%)

1 などといふもの, に鶉, を買っ

▼ 芋~ (3, 0.2%)

1 が珍しい, とか清水晴風, などという風変り

▼ 芋~ (3, 0.2%)

2 と羊歯 1 と羊齒

▼ 芋~ (3, 0.2%)

1 のある, のゐる, の山水

▼ 芋から~ (2, 0.1%)

1 ネバリが, 見れば

▼ 芋では~ (2, 0.1%)

1 なかった, 罰を

▼ 芋とでも~ (2, 0.1%)

1 剣術しよう, 名を

▼ 芋とも~ (2, 0.1%)

1 木の根とも, 芬と

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 のか, ので私

▼ 芋にも~ (2, 0.1%)

1 化さうなもの, 禅が

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 食いてえや, 食わして

▼ 芋ばかし~ (2, 0.1%)

1 喰って, 食って

▼ 芋やき~ (2, 0.1%)

2 ゅうりやなすをつくることもできないです

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 ですな, を附合せ

▼ 芋倉長江画伯~ (2, 0.1%)

1 が死人, を取り合わせる

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 の白, 餅

▼ 芋入れ~ (2, 0.1%)

1 だけでも, て汁

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 に訴え, を

▼ 芋兵衛~ (2, 0.1%)

1 と御両人, は襖落し

▼ 芋商ら~ (2, 0.1%)

2 が建立

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 りに, りにか

▼ 芋女出~ (2, 0.1%)

1 でない小さな, ときめ

▼ 芋~ (2, 0.1%)

2 玩具などを

▼ 芋明月~ (2, 0.1%)

1 であるが, も豆明月

▼ 芋~ (2, 0.1%)

2

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 となむ, なんぞもよく

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 うと, うる曩

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 の乏しき, を積ん

▼ 芋泥棒~ (2, 0.1%)

1 にゃなりたくない, をした

▼ 芋焼器~ (2, 0.1%)

1 の, の発明

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 てかじめ, て庫裡

▼ 芋燒餅~ (2, 0.1%)

1 といふもの, は私

▼ 芋畑麦畑~ (2, 0.1%)

2 で肥柄杓

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 の御馳走, を手作

▼ 芋~ (2, 0.1%)

2 より小

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 などの野菜類, のう

▼ 芋買う~ (2, 0.1%)

1 て歸, て臺所

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 は, は言

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 と交易, の釀造

▼ 芋錢子~ (2, 0.1%)

1 のもの, の畫境

▼ 芋~ (2, 0.1%)

1 に肉桂, はいけません

▼ 芋~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼1* [180件]

ありますとの貼紙, 芋かじりながらこの, 芋かなんかのやうに, 芋かにブツカる, 芋くつて豆くつ, 芋くらゐは, 芋ぐらいが好物であった, 芋こじりの御多分, 芋こそ九つも, 芋これらを生かし, 芋ざしに突い, 芋ざしだぞというはげしい, 芋しか食ふも, 芋じゃがお咲坊, 芋じゃの云う物, 芋すくつちや, 芋すし野猪鹿の肉, 芋すら食えずに, 芋そらお酉さまで, 芋だけはあやまるよ, 芋だったらどんな煮, 芋だつて手当り次第, 芋てんぷらとおでん, 芋といふ例を, 芋とかその他の, 芋とともに出せとある, 芋とは失礼な, 芋どころでなかった, 芋なぞの湯煮た, 芋なぞは繊維が, 芋などが多く取れました, 芋などにはそういわぬらしい, 芋などの夏作は, 芋なら炉に, 芋なんか盗み食いしません, 芋なんぞでも日本のは, 芋なんて下等な, 芋ぬきで二合七勺配給, 芋はといはれて, 芋ばかりしか食へ, 芋ばかりで保ちつ, 芋ばかりを売つて, 芋ほどの瘤が, 芋ぼう食ひに, 芋まぜてくっとる, 芋また梨は, 芋まで持って, 芋てえな面, 芋むきボーイとでも呼ぶであろう, 芋やいて暮らせ, 芋やけてほろほろ, 芋やけます紙芝居が, 芋やっぱりうまい, 芋やんねぞ, 芋ようかんあん玉の舟和, 芋よりとはあまりになさけな, 芋よりは大層味が, 芋こみてえな, 芋ガユや粟, 芋ガラと粟, 芋ハ蓋ヲ取去, 芋ムシですかな, 芋ヶ瀬十津川蕪坂といえ, 芋ヶ瀬玉置蕪坂その他十八郷の辻, 芋ヶ瀬荘司の館, 芋たば, 芋一つ菜一葉とれないの, 芋一二片と青菜一, 芋一昨日も芋, 芋一茎をもらつ, 芋へ下さる, 芋七分これも去年到来, 芋三つとを細かく, 芋三ツ葉蒟蒻紅生姜鯣鰯など一銭天婦羅, 芋三個くれたもの, 芋三分肉七分の割で混ぜ, 芋のヽヽ, 芋を買つて, 芋二庵の諸, 芋二斤を湯, 芋二皿鮭の乾肉, 芋五合大汁鍋の底, 芋井戸というの, 芋以上のもの, 芋伸びよ唐辛, 芋作りだとか, 芋倉長江が嬉しい, 芋六つばかりと中位, 芋六貫も重く, 芋だ, 芋十なぞの地廻り連, 芋南洋産のタピオカ等, 芋合鴨バタ茄子田楽天ぷら食って, 芋同然あるいは芋虫, 芋味噌団子烏賊の腸, 芋味噌醤油を与える, 芋唐黍大根が一度, 芋に飼つて, 芋団子やら焼鳥, 芋地獄から読本, 芋に小, 芋見たよう, 芋売リ茄子売リヲ始メ日毎ニ門過グル人々, 芋大根人参ゴボウなどとタダ, 芋大根米などでつくり, 芋太郎の匿名, 芋女ォってどなる, 芋女出身だった, 芋女芋女といっ, 芋子村の大尽, 芋家族の愛情, 芋専門じゃない, 芋小屋の中, 芋屋六兵衞と云者, 芋屋小間物屋ぐらいがチラ, 芋屋漬物屋三味線屋古道具屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 芋屋駄菓子屋挑灯屋なぞ昔ながら, 芋山水を描いた, 芋魚豆腐寒い, 芋の前, 芋慈姑の串団子, 芋掘つてこれ, 芋数千株になつ, 芋明神という, 芋明神社で次, 芋書生の用語, 芋書生妓の冷遇, 芋と呼ばれ, 芋栗枝豆薄の類, 芋植ゑて既に久し, 芋椎茸蓮の根, 芋殻一名ズイキの乾した, 芋殻鮎などといっ, 芋洗フヲ見, 芋洗坂下であつ, 芋瀬中津川吉野十八郷の荘司ばら, 芋えがった, 芋芋だけは, 芋えて, 芋百合紫蘇山椒枸杞の類時, 芋盗人となり, 芋盜人がよく, 芋目板しじみ汁, 芋稻大豆等の農作物, 芋章魚と言う, 芋を喰ろう, 芋紫蘇とても豊富, 芋羊羹が入っ, 芋胡麻陸稲田稲等々二十一種の参考品, 芋脂桃不喰梨, 芋をた, 芋を野, 芋を売る, 芋などの姿, 芋や騷ぐ立葉, 芋蕎麦ごも, 芋蕎麦大福の謎, 芋蛸汁か何, 芋蟲一疋を解剖, 芋豆腐を肴, 芋に応ずる, 芋責豆腐責になってる, 芋足して暖め返した, 芋野老などを掘りまし, 芋金米糖と云う, 芋錢子のよりも靈山子, 芋錢平福百穗竹久夢二などいふ, 芋錢氏に私淑, 芋錢翁も珍重, 芋の羽二重団子, 芋雑炊でもつくろう, 芋類豆類を好かない, 芋食い武士と思っ, 芋食って破れかぶれ, 芋食べさせてよ, 芋食わず梨と, 芋は五月五日, 芋魁香飯当鶏黍, 芋麥黍の三作, 芋麦飯数碗おいしい