青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「襟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

製~ 製作~ 製造~ ~裾 裾~ ~複雑 複雑~ ~襖 襖~ ~襟
襟~
~襲 襲~ ~西 西~ ~西洋 西洋~ ~要する 要する~ 要するに~ ~要求

「襟~」 3506, 36ppm, 3205位

▼ 襟~ (1059, 30.2%)

67 立てて 46 正して 13 つかんで 12 掴んで 11 立てながら 10 かき合せて 9 直して 8 かけて, 正した, 立て 7 はだけて, 合せて, 掛けて, 直したり 6 かき合せました, くつろげて, たてて, 合わせて, 扱いて, 掻合せ, 立てた 5 かき合せます, 合せた, 掻き合せて, 深く立て, 直しながら 4 かき合, かき合せながら, かき合わせた, 取って, 外して

3 [15件] かきあわせて, かきあわせながら, ひろげて, 合はせ, 合わせた, 握って, 敲いて, 正さねば, 正し, 正すよう, 立てたまま, 立てると, 襲ね, 重ねて, 高く立て

2 [69件] かきあわせた, かき合せた, かき合せるの, かき合せるやう, くつろげた, そろへて, ただした, つくろいながら, つくろって, つけた座敷着, つけて, とらえて, はだけました, ひたして, ひっ掴んで, ひらいて, ふかく立て, グッと, 下ろさうと, 出して, 剃らせながら, 割って, 合せ片寄せた煙草盆, 噛むよう, 圧え, 埋めて, 堅く合せ, 夏の, 大きくし, 少し開ける, 後へ, 思出した, 手で, 折って, 抜いて, 披き, 掴むもの, 掻き合, 掻き合せました, 掻き合わせながら, 掻合せた, 掻合せる, 正さざるを, 正しくし, 正しく合せない, 正したり, 正し粛然, 正すという, 正だ, 洩れて, 深々と, 直しました, 着けた坂井, 突きあげた, 突き上げると, 立てた美しい, 立てる, 立てソフト, 立てポケット, 立て帽子, 立て無帽, 縫ったの, 背広の, 見せて, 覗かせて, 重ねたよう, 開く様, 開けて, 附けて

1 [569件 抜粋] あくまでも固く, あけて, あけては, あけると, あとへ, あはせ, あわした, あわせたり, あわせた姿, あわせ前, いきなり掴ん, いなし乍ら受取つて, いなし乍ら銚子, いなす, うつむいて, うるほし, おさえたの, お披, お預けなせ, かきあわせたり, かき合せうと, かき合せたが, かき合せたカスケード高原, かき合せながらは, かき合せると, かき合せ上眼, かき合わす, かき合わせたり, かき合わせ刀, かき合わせ眉, かき寄せ息, かき拡げた, かけかえて, かけたり, かけた丹前姿, かけた時, かけた縞縮緬, かけた藍縞, かけた袂, かけた銘仙, かけ出したり, かけ島田髷, かけ白粉, かけ直すありあたかも, かけ黒繻子, かさね同, かすかに, かすめたと, かぶった, かぶって, きちんとしめ, きちんと合してた, きちんと掻き合わせ, きっと合した, きっと合わせた, きつく合わせ, きつちり, きりっと合せ, くけて, くつろげました, くわえて, ぐいと抜い, ぐっと帯, ぐつとあけて乳の, ぐつと開き, ここぞと, こじ上げるの, この人, さしなおして, しっかりと, しっかり噛み締め, しっかり掴んだ, しっかり掻きあわせ, しめ, しめつけて, しめ加減に, すくめた, すくめも, すこし小さく, すぼめるよう, ずらせて, そった剃刀, そっとひっぱっ, そつと, たださしめて, ただしたの, ただし髪, ただす, たてた, たてたレンコート, たてた若い, たて波, たて門, だらしなく開けた, ちょいと, ちょい出し, つかまえて, つかませたが, つかまれた若者, つかみて, つかみふり廻し, つかんだ, つかんだの, つかんだ双手, つき上げて, つくろい絽縮緬, つけか, つけず深く, つけた優雅, つけた兄嫁, つけた時, つけた晒木綿, つけた服, つけた重い, つけに, つけようと, つまんで, つめた大柄, とって, ととのえて, とり替えて, なぞへに, なほし, にべも, ぬらして, のぞかせたエプロン, のぞかせた黒小袖, のぞきこんだ, のばして, はずし一ばん, はずすは, はだけたり, はだけると, はだけるの, はだけ加減, はだけ胸毛, はみ出させて, はめて, ばたり, ば掻きひらきた, ば掻きひらきたまい, ひきかぶった, ひろげあてづつぽうに検温器, ひろげた, ひッ, ほころばせたが, また立てた, みせて, むずとつかんだ, ゆすり直すと, ゆりあげながら, ゆるめたり, わし掴みに, コスリ直した, ソット引上げて, 一つし, 丁寧に, 三寸ばかり, 下げて, 下の, 両手で, 両手に, 乱して, 二寸もだし, 二枚白縮緬の, 付けた騎馬, 伏せて, 伝つて首筋に, 伝は, 伝わって, 伸して, 併せて, 併せ併せいううち, 使ふ, 俄かに, 俯向い, 傳ふ, 光らせた上着, 冷たくし, 冷たく吹いた, 出し足袋, 出た肩, 分けて, 切り開いた衣服, 剃って, 剃るなァ, 剥がして, 剥くって, 剥して, 十字に, 半ば開き, 厭味でない, 取つて劒, 取られたまま, 取られて, 取変, 取換えて, 口で, 口を, 召て, 合した沢子, 合して, 合す, 合せながら, 合せましたよ, 合せる様子, 合はせる, 合わせたん, 合わせながら, 合わせはじめると, 合わせる, 合わせ是, 吹くすゞしき風, 吹く秋風, 唐流に, 啣える, 嗅いで, 噛まれながら, 噛み眼, 噛んだ, 固く締め, 圧えた, 圧へ, 堅く合せた, 堅く掻, 堅く掻き合わした, 塗りかけて, 売ること, 外したり, 大きく見せ, 大きく開き, 好んだよう, 寒そう, 寛げて, 寛げようと, 島田を, 左右に, 左手で, 帆の, 広げて, 弄りながら, 引いて, 引かぶったきり, 引きさげるよう, 引きちぎる程, 引き寄せて, 引き立てながら, 引き開けながら, 引き開け奇蹟, 引き除けネクタイ, 引っとらえ, 引っぱって, 引っ張って, 引ツ張りながら, 引合はせ, 引合わせた, 引合わせて, 引合わせ引合わせしたそう, 引張りながら, 引張ると, 引掴ん, 引掻合せる, 弛める風, 当って, 後から, 恐る恐る引張り, 態と開い, 扇で, 手探りに, 打ったり, 打って, 払って, 抑えた, 折ったシャツ, 折返しながら, 抜いた大柄, 抜きヌッ, 抜き出し衣紋, 披い, 抱き締めた, 押えて, 押さえながら, 押しひろげて, 押へて, 押開け, 拔け, 拡げたままルイザ, 拭いてると, 拭い胸, 拭ひ, 持って, 持つて, 指さきで計, 指さして, 指先で, 挟み乳, 振りもぎっ, 振り離そうと, 捕へて, 捕まえようとして, 据えて, 掛けたぜ, 掛けたり, 掛けた黄, 掛けながら, 掛て, 探って, 掴まれた, 掴みましたが, 掴み吊り上げるやう, 掴む, 掴むと, 掴んだまま, 掻いつくろって, 掻きあわす袖口, 掻きあわせ帽子, 掻き合せくるり, 掻き合せたい氣持, 掻き合せたもの, 掻き合せたり, 掻き合せながら, 掻き合せぬ, 掻き合せる, 掻き合せ左右, 掻き合せ澄まして, 掻き合わし掻き合わしなつかし, 掻き合わせた, 掻き合わせたあやめ, 掻き合わせたが, 掻き合わせたり, 掻合す, 掻合は, 掻合わせ, 揚げなど, 握つて, 握つて首, 揺り, 搜る, 摺って, 撫でた, 撫でたり, 撫でて, 数えれば, 染めて, 染めぬいた法被, 止める爲, 正う, 正さしむる, 正さしむるものがあった, 正さしむるものがあつた, 正さしむるもの也, 正さしめた, 正さしめられたの, 正さしめるもの, 正さしめる寂寥, 正さしめる筆, 正さしめ完璧, 正さしめ或は, 正さずには, 正させられたもの, 正さないもの, 正さないわけ, 正されい, 正しうし, 正しうす, 正しうやうやしく, 正しくせず, 正しく坐っ, 正したいよう, 正したい気持ち, 正したくなるほど, 正しただの, 正したと, 正したもの, 正しました, 正しましたが, 正しまだ, 正しゆう, 正し兩手, 正し吹き靡く焔, 正し威圧, 正し形, 正し渡辺温氏, 正し肩, 正し謹んで, 正し項, 正し髪, 正す, 正すが, 正すと, 正すなんて, 正すべき名, 正すも, 正すもの, 正すより, 正す折しも, 正す読者, 気に, 汚して, 汚すこと, 沽した, 沾す, 洗うに, 洗うまでには, 洗う振を, 深くた, 深く俯向, 深く拝ん, 滌う, 滑らせると, 濡らし男, 煽いだ, 片手で, 直した, 直したの, 直し帯, 直し髪, 眼元まで, 着けたの, 着けても, 着た私服, 私の, 突きあげて, 立てその, 立てたレインコート, 立てた外套, 立てた洋装, 立てた田中君, 立てた私, 立てた西洋泥棒みたい, 立てるので, 立てるよう, 立て両, 立て両手, 立て二三歩あと, 立て兩手, 立て前, 立て寒, 立て巻煙草, 立て秋風落莫, 立て肩, 立て襟巻, 立て言葉, 立て通り, 立て雨, 立て風, 立て鳥打帽, 立て黒, 綺麗に, 総司の, 締めつけたこと, 締めて, 締め直した顔, 縫い終ったらしく糸, 縮めながら, 繕って, 聳やかして, 背中の, 胸まで, 脱ぎ捨てると, 脱ぎ返さうと, 艶, 血に, 被っても, 被つて耳, 裾を, 襟止で, 襲ねた端に, 見せた縞, 見やう, 見ようと, 覗いて, 解いたらこんな, 解いて, 詰めた後姿, 豁うす, 買ったの, 買ひ, 走る, 軽くおさえる, 辷らした紅, 辷り凭れか, 重ね, 重ね合せたよう, 長くのめる, 開いた, 開いて, 開きて, 開くの, 開けた, 附け換えて, 附け赤い, 附け黒, 頤の, 頭から, 頭まで, 食い裂きました, 高くし, 高くたて, 高く立てた

▼ 襟~ (454, 12.9%)

15 中へ 10 中に 9 あたりを 7 あたりに 6 間から 5 ところを, 白さ, 間に 4 あたりで, か, ところに, 外側に, 汗を 3 かかった着物, なかに, 中から, 印の, 所に

2 [30件] あたりは, うしろに, かかった筒袖, かかつ, ついたマント, ように, よく似合う, 上から, 上に, 下へ, 冷, 処が, 処で, 合せ目から, 合わせ目, 女の, 後の, 所を, 掛った小袖, 服を, 汚れを, 洋服の, 白くなる, 着いた暖か, 着物に, 裏にも, 記印の, 辺を, 間からは, 間へ

1 [297件] あいだを, あたりからは, あたりには, あたりの, あたりまで, あたりも, あたり俯向いた, あたり冷いやり, あったこと, あわいから, うえに, うしろへ, うすぐらい胸, うつむき伏す時, うてなから生えて, えり付けから, おかみさんに, かかったお, かかったこざっぱり, かかったはで, かかったふだん着, かかったもの, かかった半纏, かかった南部ちりめん, かかった厚子, かかった双子, かかった双子縞, かかった唐桟柄, かかった寝衣, かかった平素着, かかった打, かかった渋い, かかった白唐桟, かかった素袷, かかった絆纏, かかった綿, かかった縞, かかった荒い, かかった衣, かかった襦袢, かかった銘仙, かかった雨ゴート, かかって, かからない着物, かわりに, きちんとし, くずれた懐中, くり方が, こはぜも, ごとくとりかこみ海, ずり落ちてるところ, その様子, たかい海軍服, ついたの, ついたインバネス, ついたスモーキング, ついたブルーズ, ついた二重, ついた剣術着, ついた半纏, ついた厚ぼったい, ついた合羽, ついた四十がらみ, ついた外套, ついた汗取り, ついた灰色, ついた緋縮緬, ついた褐色, ついた金, ついた銀鼠, ついた銘仙, ついた長い, ついた黒い, ついて, つけかへは, つまった紺サアジ, つまった黒い, ところだけ, ところで, ところには, ところへ, ない着物, なかへ, なりで, なりふっくり, ねえさん, はだかったところ, はだかったの, はだかった胸, はだけたやせた胸廓, びらうど身にぞ, ほうは, ほこりを, ほとりの, まっ黒に, まわりに, ものを, ゆるやかに, ような, よごれた着物, よれかかつた, カラーが, カラーを, グタグタに, ネクタイを, ホックを, ボタンでも, ボタンを, ボタン穴に, ミモザの, レースそれが, 一番頂上まで, 一部を, 上には, 下から, 下に, 下着に, 下重にも, 両端を, 中で, 中まで, 中や, 乱れたのさ, 乱れを, 事を, 五つい, 付いた西班牙犬, 付きたる, 低い学生服, 低い薄い白衣, 内に, 処には, 処を, 制服は, 制服目に, 剥げた袖, 力が, 包みが, 包みは, 半纏の, 半纏を, 取合, 合い目, 合せ方, 合せ目を, 合わせめ, 合羽に, 合羽を, 周りへ, 周囲へ, 周囲を, 品好く麗しい, 唾掛めいた, 埃を, 塞つた背広の, 塞つた背廣の, 夏服に, 外へ, 外套などを, 大外套, 天鵞絨に, 天鵞絨の, 奥を, 女は, 女人を, 女車掌, 好み, 好み八つ口, 妖性色顔への, 娘たちの, 寒さ, 将軍顕家の, 小女が, 小桜, 小紋縮緬, 少女だった, 少年郎だった, 屑を, 崩れから, 左右へ, 平常着の, 後に, 心持ち下がり過ぎ, 所が, 所へ, 扇子を, 折りかえしが, 折り返しに, 折れて, 折返しの, 掛ったどてら, 掛ったド, 掛った少し, 掛った木綿物, 掛った秩父絹, 掛った縞御召, 掛った縞物, 掛った袢纏, 掛った黄八丈, 掛つた半, 掛つた地味な, 掛つた少し, 掛つた木綿物に, 掛つた着物の, 掛つた袢纒を, 掛つた襦袢の, 掛つた黄八丈の, 掛つた黄八丈妙に, 方へ, 服と, 机に, 框に, 母や, 毛すじが, 毛も, 泣かま, 洋服を, 洗われるよう, 浅葱と, 浅葱の, 深い毛糸, 潤ふ, 烏羽玉にも, 特に高き, 狭い肩, 生え際に, 留め金まで, 番号札破れ, 白い短, 白かったごとく, 白かつ, 白服にて, 白粉垢の, 真中まで, 着いた伝法, 着いた女の子, 着物昔ゆかしい, 礼装の, 糸を, 紅を, 紐を, 紫なる, 細く掛った, 細君が, 綺麗な, 線である, 縫目に, 美しい女たち, 美しい姿, 肩から, 胸に, 舞の, 色までも, 花を, 芸妓衆の, 若々しく紫色, 若い女, 華美な, 蔭の, 藍鼠は, 處を, 衣物を, 衣紋を, 衣紋正しく, 衣装に, 袢纏か, 裏に, 裡に, 裾の, 裾短かな, 見える寝間着, 角の, 詰った裾, 赤い裏, 赤と, 辷った柔かい, 辺に, 返らないの, 返る縞, 途中まで, 邊より, 邊を, 釦穴には, 鋼鐵の, 長い外套, 長い撫肩, 長い背, 開いた着物, 開いて, 開きを, 附いた外套, 雪が, 青さ, 頸もとに, 飾りには, 高い軍服, 黒い毛皮

▼ 襟~ (373, 10.6%)

23 顔を 20 埋めて 12 手を 10 顎を 7 埋めました, 頤を 3 しみた, 埋めた, 白ぬきの, 顏を

2 [18件] かくれて, さした, さして, しみて, ついて, つけて, なって, 入った半纏, 大きな数珠, 掛って, 擦つて, 毛皮の, 深々と, 縫いこんで, 附けて, 顋を, 風を, 黒の

1 [246件] あてた手拭, あり護身刀, ある, あるいは器物, あわれ口紅, うずめて, うづめて, おしつけた, かかった素戔嗚, かかって, かかる, かくした, かくして寝, かけた手拭, かけて, かける, かけること, かけると, かけるの, かける風習, かすかな, かみつきながら, くぎられて, くぐらせて, くけ込んだ分, くっついて, さしたる扇, さした爪楊子, さして先達, さし両手, さし忘れた縫針, さし手, さし絹帽, さし込むよう, さし込む旭かな, さす温室咲き, しようかとも, し海, すがらんばかりに, その巡査, それを, ぞくぞくと, つきさして, つっこんで, つつんで, つみ顔, どんな文字, なったの, なった花, なるところ, にじむ汗, ぬいつけて, のぞかせ長, はさめる舞扇酔, はらはらと, ひどく血, ひやりと滑る, ぴたりと, ふけを, まだ滲ん, まわしながら, むすんで, カーネェションの, トゲを, ドイツ出来の, ハンケチを, マフラを, マリー, モールつきの, 一々番号札, 一雫ほろり, 三四円入っ, 三枚襲を, 世話ぶりに, 両肱, 両袖, 乙女椿の, 乱れかかって, 乱れた鬢, 五年の, 付ける布, 伏せながら, 俯向く, 傳はつた, 入れる, 其の明山閣, 再会する, 冷たい頬, 冷り, 凍りつく, 別にまた, 刷い, 刺して, 包んだ胸, 匍出す, 半分程, 卷いて, 口もとを, 吹いて, 吹きこんだ, 商標が, 喰つい, 噛みつかせて, 囲まれたその, 垂れかかって, 埋つた, 埋まって, 埋みて, 埋めたま, 埋めたまま, 埋めたまま何事, 埋めた圓, 埋めた時, 埋めた頬, 埋めながらも, 埋めば, 埋める頤, 埋め一, 埋め込み腕, 大島の, 大形の, 大輪の, 婀娜に, 射して, 小提灯, 属して, 差しつ, 巻いて, 巻き帯, 店名を, 引き入れて, 当る秋, 後れ毛が, 御幣を, 感じた, 或は手首, 手先が, 括られて, 挟んで, 挿して, 掛け, 掛けさせる習い, 掛けて, 掛つて精一杯の, 掛りました, 插し, 擦って, 擬ふ, 散って, 散りひやりと, 映り肌, 映る雪, 春月亭と, 松と, 染み込んで, 染めぬきたる, 染め抜いた小頭, 桜の, 檜扇を, 残る, 殘つて口紅の, 水兵服喉まで, 沁む山風, 河獺の, 泛ぶ, 流れて, 消えも, 淡色の, 深く手, 深く黒, 満たしむべし, 溜まつ, 溢れさして, 滲みる其の, 濃くいつの間にか, 烏賊の, 狼の, 番号の, 番号を, 白い頤, 白うその, 白く花, 白粉が, 白粉っぽい, 相違ねえ, 眉を, 真鍮の, 眼を, 着きながら, 着ものには, 秋の, 秘し持った縫針, 移った, 結びつけて, 絡まり込んで, 緋縮緬, 縛され, 縫いつけて, 縫込ん, 縫附け, 肥った頬, 至るまでの, 落ちるの, 落ちる雨だれ, 落つるなど, 落る, 葡萄色の, 藍大島の, 藍色の, 蚤たちが, 蜜を, 衛られ, 袖に, 西田屋と, 覆いかぶせて, 覆ひかぶせて, 見えるから, 講中の, 豆絞りの, 貂の, 貝釦の, 赤いカアネーション, 赤いリボン, 赤い吹矢, 赤つ, 赤と, 這って, 銀と, 防ぎながら, 附いて, 附けた外套, 障子の, 隠れて, 頤埋め, 頤深く, 頬を, 頬白う, 頸を, 食ひ入る, 首を, 首垂れ, 鮓の, 鹿の子を, 黄色いミモザ, 黄色い菊飾, 黒紋附の

▼ 襟~ (302, 8.6%)

173 みを 9 みへ 5 はだけて 3 かかって, ついて, 折れて 2 あった, かけて, みに, みの, 曲ってるよ, 汚れて, 開けて

1 [92件] えを, おっ開いて, かけずに, かすかに, かぶさって, くつろげて, さきへ, さめざめと, すうっと, すきという, すり切れた, それにつれて, たぶん緋鹿の子, たぼの, だらしなくはだけ, ついた黒チョッキ, でて, なんだか薄ら寒く, のぞくの, ひんやりと, みから, みつかまれ, みつかんで, みつかんでずでんどう, みでも, みの掴みを, みは, みへそ, みや両, み取って, み取ッ, をの, ダブダブに, バリバリだ, 乱れて, 余りにも, 冷くありません, 動いて, 咽喉を, 寒かった, 寛いで, 小さい頸, 小柄で, 少し開い, 崩れて, 広くおそろしく派手, 後頭部までも, 得も, 折り重って, 折れず肩, 折れぬの, 指に, 捲くれ円, 掛けて, 掛つてゐた, 揮発油で, 斜に, 楔形に, 歩く度び, 氣に, 水色で, 汚れるから, 狭くて, 白いが, 白かった, 白襟の, 短かく, 紫の, 細い首筋, 緩い, 肉置の, 芝居の, 著るしく, 薄ら寒いほど, 薄黒く, 軟かく頬, 辷ると, 近づき, 這入って, 重なるのに, 重苦しく艶, 開いて, 開け緋, 附いて, 離れ離れに, 頤の, 頸に, 首から, 首の, 高いと, 黄色に, 黒くな

▼ 襟から~ (105, 3.0%)

8 顔を 5 着物の 3 胸へ 2 帽子に, 彼方向の, 手を, 現して, 覗いて, 財布の, 頭へ, 顏を

1 [73件] お祖父さま, すっきりのぞいた, それが, でて, のぞいて, のぞかせ白い, はみ出して, もぎ取ろうとして, ヌッと, 上と, 上には, 下に, 人形の, 円めた, 出して, 出し小机, 出し片, 出たこつこつ, 出て, 口元などの, 咽喉首が, 喉仏を, 引きぬいて, 息が, 懐中へ, 手元から, 抜いて, 抜きとり, 抜け出させ両手, 抜け出したよう, 抜け出した白い, 抽で, 拇指を, 拔い, 横顏だけが, 毛糸の, 泥と, 潜り込んで, 痩せてるわり, 白い可愛らしい顏, 真白な, 窺は, 肩の, 肩へ, 肩背にかけてを, 背中に, 胸元を, 胸毛の, 胸腰に, 脂切った, 花の, 蒼白の, 薔薇を, 虱を, 袖から, 袖にかけて, 袖を, 袖口背中から, 裾から, 裾の, 見えて, 覗いてる男, 覗き出した滑らか, 覗き出してる, 釦ことごとく, 離して, 頬へ, 頸の, 頸筋と, 頸筋の, 首す, 馬の, 鼻でも

▼ 襟~ (103, 2.9%)

5 をした 4 をつけた 3 へ手 2 と, に手, のレース, の歪んだ, をつけ, を出した, を掛け, を掛ける, を掴ん, を結ん

1 [71件] がまるで, が一つ, が初夏, が時々, が神田, が翩翻, が長く, だの絹帽, です, とあの, という一種, と白襯衣, などを緩め, など致し, なり, にし, にはダイヤモンド, にゴム長, に手紙, に穴, のこと, のやう, のピオニェール, の下, の入っ, の好み, の小さな, の持主, の横っちょ, の結び方, の絽刺し, の色合い, は例, は前夜厩舎, は最近流行, は滑っ, へ仔細, へ斜かい, もいく, もつけない, も同じ, も着け, を, をかけた, をちょい, をつけさせよう, をつけない, をつけ水色, をとつ, を一度, を並べ, を代え, を引きちぎり, を押し込ん, を持った, を持つた, を棄てる, を直し, を着け, を紐, を結え, を結び, を結んだ, を継ぎ合せ, を編ん, を落し, を見, を見せる, を見た, を赤く, を隠し

▼ 襟もと~ (102, 2.9%)

2 に付い, の汗, まで紅く, をつかんだ, を打つ

1 [92件] からのぞく, からは湯上り, からゾー, から延び, から引, から恋風, から手, から水, から胸, から覗い, から香料, があわさる, がうすら寒く, がゾクゾク, が光る, が清潔, が直, が肌着, が薄ら寒く, だけボウッ, でめくれ, で擦れる, で短く, と共通, におち, にとめ, にねばり付い, に品位, に感じ, に痛く, に白い, に着く, に突込み, に落ち, に迫っ, に隱, に顎, に顔, に鳥, のあたり, のところ, の感じ, の白, の薄寒く, の重ね, はやはり, は冷たかっ, ふかく埋め, へおちた, へこぼれた, へさわった, へつかまっ, へぱら, へも沢庵, へ富森助右衛門, へ目, へ落ち, へ触れん, へ賤しげ, までを信盛, まで沁み入る, も垢, も直し, や四肢, や腰紐, や首, を, をあわて, をかき合わせ, をきつく, をじっと, をつかまえ, をつかみ, をつかみよせ, をつかん, をなし, をひ, を力まかせ, を合した, を寒, を掻き合せた, を掻き合せよう, を擽った, を氣, を涼やか, を直し, を直しはじめた, を締めて, を見せ, を見つめ, を離し, を顫わせ

▼ 襟~ (63, 1.8%)

2 あごを, うずめて, かけて, 差した, 胸へと, 腕へ, 落ちる柔かい, 顎を

1 [47件] あてて, おとして, かかったところ, かかってな, かけての, かけると, さしたもの, しみる夕風, ちょいと, ついて, もぞもぞと, ゴツゴツした, ベットリ冷汗, ベツトリ冷汗, 三角形の, 入って, 同じよう, 喰いついて, 垢の, 埋めたが, 小柄を, 少々誇張, 左手を, 巻くと, 布団を, 惜気も, 手を, 手拭を, 手紙を, 抜けるほど, 挟んで, 春団治と, 滴って, 滴つて居るで, 突込んだ, 突通るよう, 笹色の, 縫い込んで, 縫込ん, 縫附け, 腰へ, 血が, 頤を, 頸を, 飛んで, 首筋へと, 黒繻子を

▼ 襟~ (49, 1.4%)

9 びへ 5 びに, びを 3 びの 2 びまで, び掴ん

1 [23件] びから手に, びから手の, びから杯の, びが, びが何時までも, びで, びと手頸から, びにくッついた, びにしがみついたまま梢に, びにも, びに手と, びに流込んだ, びへやりながら, びも, びや瞼を, びをつかむ, びをつかむんだ, びをつかんでズルズル, びをつかんで引きずり出し, びをつかんで押した, びをつよくたたいて廂の, び彼の, び膝頭と

▼ 襟~ (48, 1.4%)

4 裾も 2 汚れて, 白襯衣も, 肩も, 胸も, 袖も

1 [34件] かけかへ, くずさない, しどけなく古風, すっきりと, たつぷり, どこかの, ふっくり高い, よごれて, 乱るる, 乱れて, 交ったが, 全部緑色だ, 前垂も, 動かばこそ, 咽喉も, 唐縮緬じゃ, 垢や, 帯と, 帯も, 帶も, 引さらげて, 手も, 枕も, 白くなけれ, 白く透く, 目に, 立て, 腕も, 萎えたよう, 袖口も, 褄も, 襟飾も, 隠れて, 顔な

▼ 襟~ (44, 1.3%)

2 が雪, はいや

1 [40件] から二尺, から動かなかった, がくっきり, がのびる, がめっぽう, が二つ, が夕顔, が止む, が滅法, が透通っ, きよき娘ら, にナヨナヨ, に気がつい, に白くつめたし, に落ちた, に障った, のあたり, のよ, の中, の処, の可, の太く, の好, の手, の確乎, はいう, は冷めたい, をすらり, をむさぼる, を剃ろう, を白, を眺め, を脅かす, を茫然, を見送る, を釣る, 白い手, 白く女房, 細く紺蛇目傘, 長く玉

▼ 襟~ (44, 1.3%)

2 を掴んだ

1 [42件] から両, から肩, から背筋, から頬, がすっきり, が坊主襟, が顫, だとか, と袖, にかけて抱い, に入る, に感じ, に水, に飛びこん, の俯, の皮膚, ばかり驚く, へ余沫, へ滲み込ん, まで真っ赤, もあまり, や懷, や腋の下, をかるく, をつかん, をひっつかんだ, を伸ばし, を取, を引っ掴ん, を引つ張る, を引ッ, を後ろ, を抑, を抜き出す, を押, を押え, を捉, を捕え, を曲げ, を簡単, を縮め, 薄紅

▼ 襟~ (41, 1.2%)

8 のついた 3 がつい 2 の着いた, の附いた

1 [26件] がついてない, がぴかぴか, がべつとり食, が見え, が附い, だ事, と白粉, にとどめた, には少し, に女子, のこびりついた, のした, のついた見すぼらしい, のつく, の付いた, の有無, の附, の附かぬ, の附く, の香, は残り勝, や白粉, をつけ, を以てすがすがしい, を見る, を防い

▼ 襟~ (37, 1.1%)

2 質素なれ

1 [35件] おのずから寒かっ, ぐっと小さく, さぞ雪, ひらいて, ひらけて, もう折り目, もっとずっと後日, よくキチンと, わななく指, 一本残らず, 一鋏だけ, 丁寧に, 上等の, 仰向けに, 冷い, 卸し立て, 垢で, 年ごとに, 手を, 有るか, 汚されるまま, 汚れて, 没収する, 用捨も, 繻子でした, 苦しいほどに, 茶か, 茶褐色に, 藤色で, 藤色フェルトの, 赤い, 赤らしく, 足の, 遺言を, 銀被せ

▼ 襟~ (37, 1.1%)

8 を掴ん 5 を取 3 を掴まれた 2 を掴んだ

1 [19件] から離れました, に手, に掛りました, に無手, へ手, をさいなみます, をつかまれた, をギユツ, を八五郎, を取つ, を取ります, を左手, を手繰り寄せる, を押, を掴まない, を掴まれ, を掴まれました, を掴む, を放しました

▼ 襟~ (34, 1.0%)

2 おくみ, カフスを, 袖とに

1 [28件] いわれて, まだ日本髷, シャツとの, ワイシャツの, 二つの, 云ふ, 八つ口に, 又その, 同意義, 浅黄と, 爪の, 片方の, 短く刈込んだ, 細い一線, 紺の, 紺色の, 耳との, 背中に, 袖に, 袖口, 袖口に, 袖口の, 襟とに, 襟飾を, 角帯と, 言はず肩と, 長い燕尾, 順を

▼ 襟あし~ (27, 0.8%)

2 の奥, の白粉, を見

1 [21件] から久しく, から褄先, が見え, が誘う, が馬鹿, といい細い, に燃えつい, に生, に茜, のなまめかしい, の上, の俯, の横, の衰え, の魅力, は武蔵, まで紅く, をハッタ, を上, を抜い, を見た

▼ 襟~ (27, 0.8%)

3 に顎, をした 2 で包ん

1 [19件] がだらり, して, でふかふか, で顏, とも付かない, なんか出し, に埋め, に禁呪, へ深く, もマフ, も合羽, をし, をとり, をとる, を卷い, を取, を捲き直し, を擴げ, を首

▼ 襟~ (26, 0.7%)

4 顔を 2 耳を, 頤を

1 [18件] その銀貨, つつんだ, つと爪, もって, スカートの, チクリと, 半分かくし, 口を, 埋めて, 小紋の, 控えて, 窪んだ目, 襲衣の, 赤い帯, 隠して, 隠し切れない顔, 青い方, 頸の

▼ 襟~ (26, 0.7%)

2 が女

1 [24件] から両方, から胸, がぞーッ, がむづむづする, が朝日, が青々, だけである, にうつすり, に剣, に垂れかかる, に小さな, に熱い熱い, に縫, のあたり, のなまめかしかっ, の白粉, へ隠れかかっ, へ飛びつきました, をかすめた, をつかんだ, をガックリ, を剃るべく, を掴み引きずり出す, を見詰め

▼ 襟~ (24, 0.7%)

2 帯の, 帯揚の, 腕を, 袖口を

1 [16件] レースや, 佩剣などが, 帯や, 横顔の, 江戸前の, 着物の, 着物や, 紅梅色が, 肩へ, 胸にも, 腹帯に, 袂に, 袖に, 袖口に, 袖口や, 裳紐を

▼ 襟~ (15, 0.4%)

1 [15件] から一片, から紅色, のあかい, の紅, の紅縮緬, の附いた, ふかく埋もれ, へ縫, も水浅黄, をつかむ, をのぞかせました, をイヤ, を引っ繰り返し, を濃, を返し

▼ 襟にも~ (14, 0.4%)

1 [14件] かけられた, こぼれました, これほどの, 帯にも, 帶にも, 彫りの, 微塵も, 母乳の, 白い獄舎虱, 白粉氣は, 袖にも, 裾にも, 頭の, 香りさ

▼ 襟には~ (13, 0.4%)

1 [13件] ネクタイも, 両方に, 何かの, 新しい妻楊枝, 明らかに, 水晶の, 深山竜胆が, 濃くり, 自分でない, 色染めの, 黒の, 黒繻子が, 4の

▼ 襟~ (13, 0.4%)

5 をつかみ 3 を掴む 1 に刺さる, を取っ, を取られ, を捉えた, 取って

▼ 襟~ (13, 0.4%)

1 [13件] から優しい, から氷, から汚れた, から片目, がぞく, が刳っ, が寒, に着きやがっ, に落ち, の浴衣, へ颯と, を視る, 白く褄

▼ 襟~ (12, 0.3%)

3 の若 2 の半 1 から手, と蔵元屋, に出入り, に届けたなら, の内輪, の方, をタタキ

▼ 襟巻き~ (12, 0.3%)

2 をし 1 か髪の毛, に埋め, に頤, を, を母, を結び, を裳衣, を首, を鼻, 次にコゼット

▼ 襟白粉~ (12, 0.3%)

1 [12件] だけであった, ではなく, に唐縮緬, の刷毛, までつけ, も水, をこつてりつけ, をつけ, をつける, を濃く, を襟, 薄いが

▼ 襟すじ~ (11, 0.3%)

1 [11件] からぞっと, から耳, から赤い, にほ, にも仄, に落し, の白, へスウ, をすくめた, を寒く, を撫で

▼ 襟~ (11, 0.3%)

1 [11件] あるに, だから, ではある, に服し, は穏, を滌ぐばかり, を示さ, を示す, ヲ陳ズ, 常に洒々落々, 想い見るべし

▼ 襟クビ~ (9, 0.3%)

3 をつかん 1 つかまえられ腕, ふんづかまえ, へフトコロ, をつかまれ, をとっ, を捉えられた

▼ 襟~ (8, 0.2%)

2 の袷 1 で帯, の不断着, の外套, の小袖, の紡績縞, の黄八丈

▼ 襟~ (7, 0.2%)

2 から冷水 1 から松葉, に挟ん, に縫いつけ, へかけ, を貫い

▼ 襟~ (7, 0.2%)

1 には勿論, に利用, の上, までが何となく, をはずした, を引き裂く, を指

▼ 襟かけた~ (6, 0.2%)

2 を着 1 三条縦縞の, 白の, 白着に, 糸織の

▼ 襟~ (6, 0.2%)

4 首に 2 首を

▼ 襟~ (6, 0.2%)

2 を掠め 1 きから, へ揉挿, を一寸, を手

▼ 襟化粧~ (6, 0.2%)

2 をした 1 が残っ, と赤ゆ, をし, を復活

▼ 襟かけ~ (5, 0.1%)

1 て大, て月, の丹前, 餅と, 餠

▼ 襟つき~ (5, 0.1%)

1 のワイシヤツ, の合羽姿, の服, の縞八丈, を着

▼ 襟との~ (5, 0.1%)

2 間に 1 み二枚, 中に, 合い具合

▼ 襟まで~ (5, 0.1%)

1 ジメジメとして, フサフサと, 垂れて, 流れた血, 総

▼ 襟~ (4, 0.1%)

1 て, て島田, て見, て髪

▼ 襟でも~ (4, 0.1%)

1 あたらして, つけて, シャツの, 帯でも

▼ 襟などを~ (4, 0.1%)

1 つけて, 掻き合せます, 注意する, 立てた黒い

▼ 襟ホック~ (4, 0.1%)

3 をはずした 1 をかけた

▼ 襟~ (4, 0.1%)

2 をくつろげ 1 をかき合せた, をつくろい

▼ 襟~ (4, 0.1%)

1 に廻り合う, に恨み, は車掌用語, もその

▼ 襟深く~ (4, 0.1%)

1 仰向, 埋められて, 隠して, 頤を

▼ 襟あて~ (3, 0.1%)

1 もね, も下着, をし

▼ 襟うら~ (3, 0.1%)

1 からかれ, から抓み出した, に紅い

▼ 襟かざり~ (3, 0.1%)

1 がつけ, の長き, はきら

▼ 襟からは~ (3, 0.1%)

1 初めて典型的, 水が, 見る見る汗

▼ 襟とに~ (3, 0.1%)

1 二人宛枕違ひ, 住む虱, 見るも

▼ 襟~ (3, 0.1%)

1 め, めか, めぐらいは

▼ 襟より~ (3, 0.1%)

2 品を 1 後は

▼ 襟~ (3, 0.1%)

1 正サザル, 正サザルナシ, 正シ

▼ 襟卷き~ (3, 0.1%)

1 と一緒, はたしか, もつけない

▼ 襟捲き~ (3, 0.1%)

1 で鼻, に引き立つ, を捲い

▼ 襟~ (3, 0.1%)

1 でとめ, で止め, はきれい

▼ 襟紋付~ (3, 0.1%)

2 の瀟洒 1 を着ろ

▼ 襟~ (3, 0.1%)

2 のあたり鬢 1 で少し

▼ 襟あしみなほのか~ (2, 0.1%)

2 なれ

▼ 襟おしろい~ (2, 0.1%)

1 の匂い, をつけ

▼ 襟さえ~ (2, 0.1%)

1 縫えば, 羽二重の

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 ぢが, ぢに

▼ 襟だけ~ (2, 0.1%)

1 ですが, 殘つてゐる

▼ 襟とを~ (2, 0.1%)

1 双手で, 赤地に

▼ 襟なし~ (2, 0.1%)

1 の小袖, の着物

▼ 襟など~ (2, 0.1%)

1 ふきながら, 手の

▼ 襟なんか~ (2, 0.1%)

2 油光りし

▼ 襟へと~ (2, 0.1%)

1 落ちるの, 駈けめぐつて

▼ 襟また~ (2, 0.1%)

1 ブロンドの, 明色の

▼ 襟をな~ (2, 0.1%)

1 ほしたり, ほして

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 処へ, 処へか

▼ 襟付き~ (2, 0.1%)

1 にチラリ, の縞物

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 い島田, く少し

▼ 襟寛げ~ (2, 0.1%)

1 て喉笛, て寄道

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 が三寸五分, が広い

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 の婀娜女, をし

▼ 襟掛け~ (2, 0.1%)

1 の袷, をし

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 と云, と云う

▼ 襟止め~ (2, 0.1%)

1 がハヤつて, が要ります

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 つかんで, へ伸びよう

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 だの紙入れ, なる真珠

▼ 襟留め~ (2, 0.1%)

1 とこれ, なら胴着

▼ 襟紋服~ (2, 0.1%)

1 で出た, の正

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 を誇つたさうである, を重ねた

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 のとめどころ, をぴっちり

▼ 襟~ (2, 0.1%)

2 の広い

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 の絆纏, の黄八丈

▼ 襟~ (2, 0.1%)

1 を引, 少し弛めつ

▼ 襟飾り~ (2, 0.1%)

2 さへ

▼1* [151件]

あきシャツの, 襟あし肩の線, 襟あるいは背広の, 襟らの, 襟袖か, 襟かき合す五衣, 襟かきあはす, 襟かき合はせて, 襟かき合せ店に, 襟かけし少女を, 襟かけたるを着, 襟かたのところ, 襟からかかすかに, 襟からにゅうと抜け出し, 襟からの前垂幅廣な, 襟ぎみに湯, 襟くらい棄てる所, 襟こそなまめかしけれ, 襟さみしく乳の, 襟じゃないか, 襟そむるに歌, 襟のといふ, 襟だけに金襴に, 襟だけのショールの, 襟だけをツンと, 襟だって価の, 襟だの着物だ, 襟つき一枚何かで, 襟つき襦袢の襟, 襟つき銀杏返し前垂掛と云, 襟つくろふや富士, 襟つぶらな眼, 襟でございますか, 襟というところに, 襟とか襟飾りとか, 襟とが附いて, 襟とは脂と, 襟ならんと, 襟なる檜扇の, 襟にまでぬひが, 襟のみ濡らす雨, 襟ひきはだけて胸毛, 襟までが彼を, 襟やはり紫がかった, 襟やら首やらを, 襟よりも白かった, 襟をかきあわす者, 襟をば掻あけ胸の, 襟ん中から奇態, 襟アカ娘のため, 襟アカ足アカ手アカそんなもの, 襟ツ首に一杯ぢ, 襟満シム, 襟フックをはずした, 襟一掛をとのお気, 襟二つであった, 襟付外套で股火, 襟付黄八丈の衣物, 襟何故にぬる, 襟元首を冷たい, 襟の半襟, 襟前髪をとった, 襟化粧引眉口紅パッチリ, 襟半様の暖簾, 襟を見, 襟及び袖の, 襟唐人髷の美しい, 襟の中, 襟垢だらけの襟, 襟垢云々と言われた, 襟垢膝ぬけと, 襟寒き苦学自炊の, 襟寒き苦學自炊の, 襟屋半三郎と書いた, 襟巻き二本毛糸の靴下, 襟布止めに用い, 襟布頭にアウグスチン尼僧, 襟して, 襟帯止等は入れてない, 襟が安物, 襟引き合わせ履物を, 襟引合せ胸少し, 襟当の汚れて, 襟は紛然雑然, 襟懐俗了せしを, 襟懐己を空し, 襟をも想, 襟手首などに毛皮, 襟などが華やか, 襟掻き合は, 襟掻きなおして両, 襟晴れがま, 襟替えには大分間, 襟替えさせてしまう, 襟桃色の衣裳, 襟正し胸躍らせ, 襟毛つきの厚っぽ, 襟毛孔雀の羽毛, 襟により会田さん, 襟洋服の前, 襟清く振返って, 襟游戯文章猶寓意, 襟烏帽子の紐, 襟留せるも指環, 襟留なぞが光る, 襟留玉ズボンは白, 襟留用ゐ着けし後, 襟番号をジイッ, 襟白粉襷がけなるが, 襟に在る, 襟着いたる粗き, 襟空色紋着の廂髪, 襟立てマントは短, 襟紋着迎いの人数, 襟紺生平に白小倉袴, 襟絆纏御神燈, 襟の長襦袢, 襟緋鹿の子の半襟, 襟の綺麗, 襟者流をし, 襟の裏, 襟肩章に飾帯, 襟のくぼみ, 襟脚黒髪と水際立っ, 襟を重ねた, 襟薄お納戸の, 襟を買っ, 襟を掻, 襟袖手首には灑ぎ, 襟ふくらんだ袖, 襟になり, 襟角ばった肩斜にさし出されてる, 襟許清らに見え, 襟許肩附褄はづれ, 襟つとつて, 襟赤裾の人, 襟長くくッきりと, 襟附きのワイシャツ, 襟の膚, 襟面長の顔, 襟頭咬はへ, 襟頸膚に白い, 襟飾といつてはこれ一つ, 襟飾斜に結びたる, 襟飾燦爛と光, 襟飾絹のブラウズ, 襟飾黒地のタキシード服, 襟を尖らせ, 襟鶴翁才気元天性, 襟つぽい, 襟黒い帶膝の