青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「調子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~誰 誰~ 誰か~ 課長~ 調~ ~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子
調子~
~調査 調査~ 談~ 談話~ 論~ ~論文 論文~ ~論理 論理~ 諦め~

「調子~」 10402, 112ppm, 941位

▼ 調子~ (3776, 36.3%)

168 言った 132 云った 65 いった, 云つた 62 答えた 59 言つた 33 あつた 32 言って 23 口を 21 彼は 18 始めました, 答へ, 話した, 話を 16 云って, 斯う 15 言ふ 14 それを, 云い出した 13 いって, 叫んだ, 尋ねた, 物を 12 こう云った, 何か, 彼女は, 書いて, 話して 11 言いました, 言葉を 10 たずねた, ものを, 彼に, 私に 9 自分の, 行けば, 訊いた 8 こう言った, こんな事, そんなこと, つぶやいた, 彼の, 書かれて, 話しかけた, 話し出した 7 いう, かう云, 呟いた, 行くと, 言ひました 6 いうと, やって, 云うの, 声を, 次の, 答えて, 訊ねた

5 [15件] いいました, いつた, こたえた, こんなこと, そう言った, 二人は, 彼を, 私は, 答えました, 言い出した, 言う, 言出した, 訊ねる, 返事を, 進んで

4 [21件] いうの, いて, いふと, きいた, こういった, そう云った, そう言っ, それに, つづけた, ゆけば, 云う, 家の, 挨拶した, 早口に, 私を, 続けた, 續け, 自分に, 話しかけて, 話しかけました, 迎へ

3 [50件] かう言, かれは, こう言いました, こう言う, これが, さう, さう云, すらすらと, そんな事, もって, 云いつづけた, 云いました, 云ふ, 体を, 僕の, 半時間も, 囁いた, 女の, 始まりました, 尋ねて, 左と, 彼が, 歌って, 歩いて, 男を, 相手の, 私と, 窕子は, 笑いながら, 筋を, 答えたが, 答えたの, 素子が, 素子は, 続けました, 繰り返した, 聞いた, 自分は, 苦も, 言うの, 言ったが, 言ったので, 言ふと, 訊ねました, 話の, 語って, 読んだ, 運転手に, 響いて, 鳴いて

2 [190件] あなたの, あらう, いいながら, いくと, いっしょに, いったが, いったので, いつまでも, いふ, いる時, いろいろな, いろんなこと, お世辞, お前が, お書き, お珊, かう云つて, かう八五郎, かう言つて, かたい木片, きめつけた, こう云う, こう答えた, ことばを, こんな風, ささやいた, しきりに僕, せう, せがんで, そういった, そう云いかけ, そう言い, その場, それが, それと, つけ加えた, つづけて, なに訳は, のろのろと, ぼんやり浮い, やった, やりだした, やります, やり込めると, ガラツ八の, チェーホフが, トントンと, ナオミは, ベラベラと, ポンと, ヴェリチャーニノフは, 一と, 三味線を, 世話人の, 二三日中に, 二人の, 云いだした, 云い返した, 云ったが, 云ったので, 云つ, 云はれる, 人を, 今まで, 今日は, 代助, 伜の, 低い声, 低くかう, 何かと, 例の, 先生に, 入りました, 出発した, 切り出した, 半分は, 取合, 取縋らぬばかりに, 口に, 叫びました, 叫ぶ, 向うから, 呟いて, 呟く, 呻くよう, 呼びかけた, 呼んだ, 喋りだした, 土地の, 地に, 地代家賃の, 声高に, 大きな声, 太い声, 女房に, 客の, 少しも, 岸本に, 岸本の, 平次に, 平次の, 平次は, 平次を, 庭から, 彼女に, 彼女の, 微かに, 心の, 意味あり, 意外な, 或る, 手を, 押して, 挨拶を, 斯う繰り返した, 斯う言った, 斯んな, 日傘を, 書けば, 木片を, 松太郎は, 柄に, 歌ひ, 歌を, 歩き出した, 段々はずみ, 母親の, 注意し, 演説を, 物惰げに, 独特の, 由良松に, 男は, 男達と, 病人は, 盛んに, 相手にな, 相槌を, 眼を, 磯野に, 礼を, 私の, 竹山が, 笑つた, 答えながら, 細君に, 細君を, 続けて, 繰返した, 繰返して, 置火燵を, 耳近く聞えた, 聞いて, 聞かず急ぎ足, 聞こえて, 行くもの, 行って, 言いつづけた, 言うと, 言ったもの, 言つてお, 訊きました, 訊くの, 話が, 話しかけるの, 話しながら, 話し乍ら, 話し始めた, 話し始めました, 話すだけ, 語り出した, 語を, 説きつけた, 説明し, 説明の, 議論を, 返辞した, 述べたて, 述懐し, 追及しました, 追求し, 進めば, 遮った, 隣室にも, 非常に, 音楽の, 頤を, 飛込んで, 鳴り込むので, 龍子に

1 [1938件 抜粋] あきらめて, あしらわれた, あだ, あの三河町, あの夫婦喧嘩, あの秘密, あらせられる, あんなこと, いい出したこと, いい放った, いかにも業, いくもの, いけば, いった僧, いつも断っ, いふたので, いやいや私, いろいろ巡査, いわれて, うたい始めた, うなずきました, おかみさん, おちつき払つて口, おなじ声, おめでたを, お今, お喋舌, お延, お朝, お粂, お高, かういふ質問, かえって慰める, かつおれ, からみついて, がらっぱちに, きこえて, きまりきつ, くりかへ, ぐずついて, けれど声, こうつけ加えた, こう描き出され, こう答える, こう言い, こう言訳, ここまで, こっちを, この世相, この場, この書, これは, こんな歯切れ, こんな齒切れ, さ, さかんに, さとして, さらさらと, しきりにしゅっしゅっという, しっかりたのむ, しばらく貴島, しみじみと, しゃべった, しゃべりつづけて, しりぞけた, じろじろと, すべて消費の, ずばりと, そういえ, そうです, そう云ってる, そう答えた, そこらあたり, そして敏子, そのかみさんに, そのラジウム入り, その女, その日, その清子, その言葉, その驚いた, それらの, たずねる, ただいまと, たゆまずやって, だけれど, だらしなく, ちゃらちゃらと茶碗, つかまへて, つけ加える, つぶやいて, では, とぎれ勝ち, ともかくやりきれない, どうやらこうやらずうっ, どてらを, どんな好い, なきだした, なだめに, なるべく何事, にこにこ笑っ, にんじんに, のしかかるよう, はいったが, はつきりと, ばつを, ひきしめられて, ひょいと拗れる, ぶっきら棒, ぶつぶつ祖母, べらべらし, ほんとうに, ぽつりぽつりと, まくらから, また云った, まるで考え, むしろ逆, もうそんな, もう見込み, やったの, やつて, やられたら今, やるぜ, やれグラン・ブウルバアル, ゆけばほど, よいと, よく津田, わざと空, わたしに, アトは, アリョーシャは, オカアサンと, ガラガラと, グイと, コップを, ゴタゴタと, ジョーンに, スリツパを, タミノに, ドイツ人の, ニヤリと, ネチネチと, ハンドルを, ヒョイと, ブラームスを, ヘッヘッヘッと, ポツリポツリと, マリユスに, ヤーシャが, ワイワイ騒ぎ立てた, 一くさりづつやるのだからその, 一人の, 一向平気, 一層猫背, 一瀉千里の, 一週間でも, 丁寧に, 三吉から, 三次が, 下方から, 与八に, 世間の, 並べ立てて, 中流生活の, 乗しかかっ, 事件の, 二三度くり返した, 二時間目は, 云いだしたの, 云い初め, 云い直してから, 云うと, 云ったにも, 云った時, 云つたが, 云つて, 云つて目を, 云ひ出した, 互いに生国, 五月一日に, 人に, 人間の, 今から, 今更らしく, 他意も, 以前には, 会社に, 伸子を, 何かと質問, 何で庄司, 何事か, 余程変, 促されて, 働いて, 僕を, 兄は, 先穂の, 入座希望, 全篇, 八五郎を, 其人既に, 再び言葉, 冷笑った, 出しにくい, 出掛けて, 分るの, 切出した, 初対面の, 別れの, 割りこんで, 力み返ってね, 労働歌の, 勝重らに, 十言か, 半畳を, 卑下の, 博士が, 又繰返す, 反駁した, 受けたが, 受け答, 口ずさんで, 口授を, 口答えを, 古典や, 叫ばれ何となく, 叫び出して, 叫んで, 司法主任へ, 同じ一つ, 向かい合って, 吟じた, 否定した, 告げた, 呟いたが, 呟くと, 呼ばれるの, 呼んで, 和助を, 唱えて, 唾を, 問いかける, 問はず語りに, 啼いて, 喋つてゐた, 喋りつづけて, 喋舌り立てる, 噴き井の上, 四ツ五ツ手を, 団子坂と, 地団駄踏ん, 壯健の, 声は, 変わって, 外国人の, 夢とも, 大事の, 大變, 夫自身の, 奥様に, 女房と, 妹を, 姉さんの, 始めます, 始終問答, 子供に, 孤独の, 孫井筒屋の, 客を, 宮崎は, 察する, 寿平次の, 尋ねたの, 小さな花環, 小山松吉氏をも, 小歌に, 小鳥の, 少し笑い, 居ると, 山口専次郎が, 川瀬は, 巣を, 己に, 常人の, 広重描く, 庭を, 弁っ, 弁明した, 引き受ける気, 張飛巡査は, 彼にも, 後ろを, 得意然, 微笑を, 志村を, 応対し, 念を, 怪物どもに, 恋人たちを, 恐る, 悪かった, 意味の, 感じそれ, 憶ひ出し, 我物顏に, 手錠を, 抑えつけた, 折入, 押しまくって, 拍子を, 挨拶された, 掛けた, 掻き鳴すの, 撒いて, 放送を, 整えて, 文学志望を, 斯う云っ, 新吉を, 日本アルプスを, 日記を, 旻へ, 星を, 時々笑わせ, 晴れやかに, 暫く響いた, 書いた物, 書かれてさえ, 書こうと, 有る, 朗詠される, 木の, 本間さんの, 束髪の, 極端にわたる, 横から, 次ぎつぎ, 歌いかけたの, 歌ふ, 正太は, 此処でも, 母へ, 毎日百句位は, 気づかなかったの, 気負って, 求めたの, 泣いて, 流行歌を, 涙を, 深く私, 湧いて, 演劇の, 瀬川が, 無造作に, 照子は, 爪楊枝一本無駄には, 父親と, 物乞いらしく感じられる, 狩猟の, 独言の, 猶云, 現われて, 現場の, 甞めて, 生涯働かされる, 由平を, 町から, 留めるの, 痛烈な, 登高の, 皆に, 皿や, 直ぐに, 眉を, 真っ向から, 眠りこけたガラッ, 眼は, 矢代を, 硝子窓を, 神と, 秋川に, 穏やかに, 窓ご, 立政が, 笑ったり, 笑談や, 筆者の, 答えるの, 精一杯の, 紅葉山人の, 素子に, 経文の, 結果としては, 絶えず歩い, 続けるし, 縁先に, 繰り返されて, 罵つて, 群がって, 考えると, 耕吉の, 聞えます, 聴衆に, 胡琴を, 自ら娯んで, 自分を, 舅は, 船岡の, 芝居氣が, 若い女, 英語で, 莞爾と, 落着き拂つてやる, 薫は, 虱さへ, 行きますと, 行つ, 衰運に, 西洋風の, 見知らぬ男, 解けば, 言いかけた, 言い上着, 言い放した, 言い渡されたの, 言うかよ, 言う癖, 言ったブロッス, 言つて, 言つて皆の, 言つて腰を, 言ひ足した, 言われて, 訂正する, 訊かれること, 訊ねかける, 詞に, 詫びるよう, 話されるだろうかと, 話しかけられるの, 話しこんだ, 話しだした, 話しつづける, 話し厳粛, 話し続けた, 話す, 話すので, 話す方, 話込ん, 誘つ, 語られたそして, 語りつづけました, 語りました, 語り合, 語り進みました, 誦した, 説きすすめた, 説明した, 誰も, 論戦を, 謡ふ, 譫言の, 豹一は, 質問した, 起つて, 身の上語りを, 軽々しいと, 軽く夫, 迎えた, 返した, 返答しました, 述べパリー, 追っかけ引っかけ, 進むこと, 運んで, 過ぎる日, 遮断機を, 酒肴を, 重大な, 鉄火箸の, 錢形平次の, 長々と, 開き直って, 附け加えた, 隆造が, 隨つて何日でも, 雑ぜ, 静菓が, 鞭撻を, 頬にも, 頼んだ, 願った, 飛び込んで, 飛込んだの, 饒舌って, 駆けて, 高い帯揚, 鬼を, 鳴る紙芝居師, 黒い可愛い眼玉

▼ 調子~ (1517, 14.6%)

65 合せて 56 合わせて 37 変えて 30 取って 26 つけて, 帯びて 21 とって, とりながら 19 かえて 15 合せた 13 あわせて, もって, 持って 11 とつて, 合わせた, 変えた, 変へて 10 出して, 合わして 9 揃えて, 落して, 高めて 8 取りながら 6 あわせた, そろえて, 合して, 合せる, 合は, 合わせるよう, 強めて, 持つて, 改めて 5 こめて, 下げて, 低くし, 保って, 合せながら, 變へて

4 [14件] おろして, つけるため, とった, 合せると, 合はせ, 合はせる, 合わせようと, 合わせる, 含めて, 張って, 悪くし, 改めた, 易え, 真似て

3 [30件] あはせる, かえた, とりつつ, もつて, やって, やると, ゆるめて, 上げて, 交えて, 低めた, 出す, 取った, 取つて, 取ること, 取るよう, 合せること, 合わした, 合わせながら, 合わせること, 合わせると, 和げて, 変へ, 張り上げて, 持った木, 狂わせて, 装って, 見ると, 變へ, 高くする, 高める

2 [74件] あらため, あわせる, あわせること, あわせるよう, おとして, おびて, おろした, かえたり, がらりと, くるわ, さへ, して, つけながら, とつた, とるため, とるの, はずして, ふんで, まとめるため, やる, ゆるめた, わるくし, 一段と柔, 交へ, 交へて, 付けて, 代へる, 低めて, 出した, 取ったり, 取るため, 合した, 合せはじめた, 合せました, 合せるよう, 合せる音, 合わせたり, 合わせました, 和らげて, 変えると, 変へる, 変化させる, 外して, 失って, 失わないで, 帯びた, 帯びたもの, 帯びた声, 張りあげて, 強めたり, 思い出す, 感じた, 整えて, 早めて, 狂わして, 現わし, 異にし, 真似し, 眺め次, 砕いて, 砕き, 破って, 破らず楽くに, 破るよう, 穏やかに, 脱して, 自分で, 落として, 装うて, 見せて, 見て, 覚えて, 覚え町, 計って

1 [685件 抜粋] あげた, あげて, あらためた, あらためて, あわせながら, あわせる取り巻き連, あわせ無意識, いまうっとり, うけて, うね, おかえ, おかしくした, おだやかに, おとし馬田, おのづか, お合わせ, かえ, かえずに, かえた吟じ方, かえないで, かえようと, かき合わせて, かぎつけたので, くずさないよう, こちらから, こなして, こめた声, これから許し, さげて, さらに加える, しづめ, しようと, しらべる三, じろりと見, すっかりのみこん, そっくり, そっとまね, そのまま変えない, その爲め, その説明, そろへ, そろへて, たしかめようと, たたえて, ためすいい, だして, だん, ちがえて, つくって, つくらねば, つくり, つけたり, つけましたので, つけるだけの, つけるつもり, つけるの, つけ高低さまざま, つたえて, つづけて, つとめて合わせ, つよめて, とがめるよう, とった静か, ととのえてから, とらなくては, とられた接ぎ合わされた一組, とられ真珠, とりせつなき, とりて, とりとりねって, とりはじめた, とりました, とり戻して, とり私, とり綾之助, とるよう, とる時, とる為, どこかに, どこにも, ないがしろに, なおして, ねばるよう, のせて, はからいまして, はさんで, はずしたキンキラ声, はずした大, はずした日本趣味, はずした陽気, はずしては, はずませて, はずれたところ, はねとばす様, はりあげると, はり上げた, ふくんだ, ふくんだその, ふりまわして, まず外させられた, まぜながら, まつたく変, みせ不, もう一本, もじくり, もった音響, もってるよう, もつたジヤズ, もつと, やったので, やってる, やってるし, やめないで, やりヴァラエティー中, やり声ムザン, やわらげ, やわらげて, ゆるくし, よみがえらせたもの, わるくする, われ知らず茲に, ユリが, リリカルな, 一つ二つの, 一に, 一層狂, 一新した, 一本上げ, 一段張り上げ, 上げた, 上げた遣手部屋, 上げましたが, 上げるその, 上げ全, 下げおった, 下げさせて, 下げさせる, 下げるなどといふ, 下げるの, 下げれば, 下すなと, 下ろさなくては, 下ろす, 不快に, 与えて, 乱さぬほどに, 乱した足音, 乱して, 二つ三つ鳴らす, 二度繰返され, 云えば, 交ぜて, 付けしもの, 伝えて, 伝へる工夫, 低くした, 低く落し, 低げ, 低める事, 作つてある, 作つてゐる, 作るため, 使う必要, 使って, 保つこと, 保つて, 備えて, 傷け, 僕の, 入れ代えて, 兵馬が, 具体化する, 写すこと, 出さうと, 出さないの, 出すため, 出すだけの, 出す事, 出そう, 出そうと, 分析し, 初阪, 加えて, 勝手に, 包んで, 十にまで, 収めた, 取ったという, 取ったゆるやか, 取った言葉, 取った重い, 取つて答, 取つて踊り上, 取らうと, 取らない, 取られ候, 取りつ, 取りながりシンコペエト, 取り一足, 取り唄, 取り戻した, 取り戻す機会, 取り舞うよう, 取り返す, 取り除かうと, 取るたび, 取るだけで, 取る為め, 取る間もなく, 取ッ, 取戻すつもり, 受けるほど, 受取ること, 口惜しく思ひました, 合させようと, 合しながら, 合すどころ, 合すべく余儀なく, 合せし琵琶, 合せずいつも, 合せたの, 合せてでも, 合せでも, 合せなければ, 合せに, 合せようと, 合せるため, 合せるという, 合せるとは, 合せるに, 合せるほど, 合せるやう, 合せるを, 合せる声, 合せる気味, 合せる為, 合せ今日, 合わさせようと, 合わしてること, 合わしてると, 合わすと, 合わす三味線, 合わせたため, 合わせたの, 合わせたばかりの, 合わせたよう, 合わせた浪, 合わせてから, 合わせに, 合わせるかの, 合わせるから, 合わせるとも, 合わせるの, 合わせるヴァイオリン, 合わせる三味, 合わせる欽吾, 合わせろとは, 合わせ出した, 合わせ始めた, 合わせ正論, 合点し, 含めようとして, 含んだ微笑, 含んだ条文, 含んでは, 呈して, 告げるばかり, 呼んで, 和げたり, 和らげハスレル, 喪って, 喪つて何か, 回復した, 図々しいの, 圧え, 声に, 変え, 変えず直次, 変えた三次, 変えた作り声, 変えました, 変えませんでした, 変えも, 変えるため, 変え一緒, 変え声, 変え思い, 変え紋太夫, 変じて, 変て, 外さなかった, 外した童謡, 外す妙, 外ずして, 多分に, 大切に, 失い進歩, 失して, 失なっ, 失ふ, 失わない男, 奏するの, 好んで, 妻木君は, 学び習わしめようと, 寓する, 尊重しすぎ, 少しも, 少し張りあげた, 少し落し, 居心地よく, 崩さなかった, 崩して, 巧みに, 帯びさせようと, 帯びたその, 帯びたの, 帯びた決議文, 帯びみんな, 帯び始めた, 帶びたのはこちらの, 帶びて聞えた, 底に, 引戻して, 弛めずに, 弛めて, 張つた戦況の, 張らうと, 張らざるため, 張り上げた, 張り上げた時, 張り上げながら, 張り上げ泣くよう, 張上げて, 強ひ, 強めた, 強めたが, 形容する, 役立たせるため, 彼の, 御米, 心の, 忠実に, 思いかえしながら, 思い出した, 思ひ出さずには, 思出した, 急に, 想起され, 意識し, 愛しはじめる老衰, 憲庵は, 成す一つ, 打ち出して, 打った, 払ひのけ, 投げつけた, 押えること, 押して, 持たせ続けて, 持ちながら, 持った言葉, 持つた女, 持つた手, 持つた隣, 持つ音楽, 持込んで, 振込んで, 揃えながら, 揚げるので, 換えて, 撥ね飛ばすよう, 改め, 改めたが, 改めた父, 改めて云, 改めて切り出した, 改めて極めて荘重, 改めること, 整へて, 斥し, 早める, 早め上げ下げ, 明ら樣に, 明るくし, 易へて, 更え, 更えた, 更へて, 替え, 替えて, 最も露骨, 有して, 朝子は, 柔げ静かに, 柔らげたと, 正常に, 気に, 気分を, 決めるという, 沈ませ, 沈めた, 河田から, 洩らして, 浮かせて, 浴びせて, 混じへながら, 無視し, 無遠慮に, 爽やかに, 狂はせ, 狂わされて, 狂わした, 狂わせた, 狂わせるもの, 生む胴, 画面に, 発し合唱, 発見する, 盛り返すため, 直さうとして, 直し直し芝居, 直そうとして, 真似ること, 眺める事, 知らざる中, 知らない人, 研究し, 破つて, 破られては, 破り凄, 破ると, 破ろうと, 示して, 私の, 移そうと, 稍強めた, 競って, 経験する, 締めた, 考えなければ, 聞いたばかり, 聞いた時, 聞いて, 聞かせて, 聞き惚れて, 聞き覚えて, 聞くと, 聞けば, 聴き分けて, 能く, 荒だてるよう, 荒らげて, 落したり, 落してさ, 落とした小声, 表は, 装った, 裏切つて, 要する者, 見せた, 見せ出した, 見ても, 見る事, 見守って, 覚えること, 解くため, 計る必要, 訳す事, 試し, 試むるとそれに, 調べつつ, 變へる, 跳ね付けるやう, 跳ね付けるよう, 踏んで, 述べ立てそして, 進め浅, 違えずと, 避けただ, 避ける, 鐵心道人は, 附けずには, 隠すこと, 震わしはじめた, 露は, 露骨に, 静めそれから, 食って, 高くおっしゃっ, 高くし, 高く別, 高く早く, 高め, 高めたり, 高めたるもの, 高めながら, 高めると, 高めるの, 高尚に

▼ 調子~ (1103, 10.6%)

25 出て 22 狂って 21 あった 16 変って 10 変だ 9 あつた, こもって 8 違って 7 ありました, ある 6 いいと, ついて, 合って, 変に 5 あつて, いい, よくて, 急に

4 [12件] あって, あります, おかしい, ちがって, とれて, よくない, 取れて, 含まれて, 変な, 彼の, 悪いの, 悪いので

3 [13件] あるの, すつかり, でて, 出ない, 出る, 取りにくい, 可い, 合わないよう, 妙に, 悪い, 悪くて, 揃って, 私を

2 [73件] あったが, あるが, あるので, いいから, いいぞ, いかにも可笑し, がらりと, くるって, つくと, ととのって, どうにか母親, ひびいて, ふくまれて, まるで違っ, よい, ようございます, よかった, よくありません, よければ, よすぎる, わるいと, アリ, 一変し, 一種の, 上ずって, 乱れて, 何ともいへず, 何時もの, 冴えて, 出たの, 出ないから, 出ないの, 出ると, 十分に, 可いです, 変だった, 変った, 変つてゐる, 変です, 変わった, 外れます, 大変に, 少しずつ, 少し変, 岸本を, 弱くなっ, 悪くない, 感じられああ, 気に, 気に入って, 派手で, 湧くとき, 狂いそう, 狂つた, 現われて, 甚だ不愉快, 異って, 皮肉に, 目に, 砕けて, 続いて, 落ちて, 調子だった, 責めてるじゃ, 身裡に, 軽かった, 違う, 違つた, 違ふ, 面白くない, 響いて, 高くなる, 高まって

1 [692件 抜粋] あうまでには, あったっけ, あのの, あまりつよ, あまりに穩, あまりに突拍子, あまり真面目, ありは, ありリズム, あり節, あること, あるでしょう弾力, あるよう, あるわ, ある點, あんまり不, あんまり平らか, いいところ, いいもの, いいもん, いいよう, いいわね, いい気, いかにもそらとぼけた, いかにもよく彼, いかにも感傷的, いかにも皮肉, いかにも鄭寧, いかんそれに, いきなり大声, いくぶん弾み, いくらか柔, いけない, いっぱいには, いつもと, いつもの, いやに, いよ, いろいろの, いわば一オクターヴ, うつって, うまくない, うまく行かなかった, おかしいと, おかしかった, おかしく黒田組, おもしろいよう, お庄, お得意, お雪, かわったので, きき手の, きこえた, きつくなっ, きまって来た, きまるわけ, くだけて, ぐっとまし, ぐらついて, この自由, この良い, こもっても, さういふ態度, さうでなく, しだいに収まった, しっくり合う, すぐ明朗, すっかりうつった, すっかりなくなっ, すっかりよくなっ, すっかり気に入っ, すっかり治った, ずっと快活, そういう二, そこに, その人, その口つき, その胸, そろわないので, そんな仕事, ただごとでなかった, たまらなく平次, だんだん移っ, ちがうかも, ちがうが, ちがう酔い方, ちがってるの, ちっとも出ない, ちよいちよい混つては, ついことば, ついたと, ついたとき, つかなければ, つまって, つよいと, できた, とてもいい, ととのいそれ, ととのわないの, とび出した, とまっちまって, とれなかったの, とれなくて, とれるところ, どうかする, どうしてもわざとらしい, どうもうまく, どうやら歌舞伎芝居, どう狂, どこまでも, どす一てん張なる, どんなに激越, ないでも, ないと, なくなつ, なくなりからだ, なく味わい, なだらかで, なだらかな, にわかに早まる, ねっとりと, はいって, はげしく私, はずまないので, はずんで, はたで, ひどかった, ひどく拙い, ひどく緊張, ひどく變, ひどく違っ, ぴったりともり, ふと変っ, ふと彼, へんだ, ほとんど憎悪, まじり誇張, まだ高座, まるでいつもと, まるでお侠, まるで違う, みえて, みなぎって, みんなの, むかしとは, やっとそこ, やっと合い出した, やはり何となく感じられる, やや半蔵, やや高く, ようやく出揃った, よくつて, よくなった, よくわからない, よくわかる, よく分る, よく四月十日貞子, よく整っ, よく重なり, よさそう, よほど違っ, よろしい時, よろしくなかつた, わかったら大いに, わからないと, わざとらしくなく, わたしの, わるい, わるくうまくきこえる, わるくて, わるくときどき, わるくなり, わるく新聞, アッコルティ先生の, クラリと, クリストフの, センセーショナルすぎる, ゾッとする, ハッキリと, ワルツの, 一つ出来ません, 一変する, 一寸可笑しい, 一段高く, 上るん, 不可んと, 不意に, 乗って, 乗っては, 乗らなかった, 乗り唄って, 乱されは, 交つた, 交つてゐた, 人なみでない, 人物の, 今と, 今度の, 他と, 付いたと, 以前と, 以前よりは, 伝説的悲劇性を, 伸子を, 低い, 低くなり, 低く今の, 低く気分, 低く落着, 何うにも, 何だかばらばら, 何だか落付, 何という, 何とも言, 余りに唐突, 余りに真剣, 余り強かっ, 余り白々し, 佶屈で, 依然として女, 全然違っ, 六ヶ敷い, 再び変わっ, 冷淡で, 冷静であった, 凜として, 出てね, 出ないし, 出なかった, 出なきや, 出なくて, 出ぬ, 出ますわね, 出るの, 出来て, 出来る, 出来文字, 分らないよう, 分ります, 初めて恒夫, 初めとは, 前とは, 加は, 加わった, 勝った薄, 勝って, 匂ひます, 卑下慢で, 参りか, 反って, 取れないで, 取れなくて, 取れやしねえ, 叙景に, 古風に, 可笑しくて, 号を, 合うこと, 合うところ, 合うの, 合せ切れなくな, 合ったの, 合ってるの, 合つて行く, 合は, 合ひ兼ねる, 合わずいちばん, 合わないそう, 合わないそういった, 合わないの, 合わなくなったので, 合わん, 呑み込めましたか, 塩さびた, 変だつた, 変ったもの, 変ったよう, 変った点, 変で, 変である, 変みたいな, 変りそして, 変りました, 変り唄, 変る, 変ると, 変る人, 変わったかを, 変わりました, 変わる, 変化し, 多少柔か, 女が, 好いやう, 好かった, 好くて, 好んで, 好過ぎ, 好過ぎます, 如何にも冷, 如何にも附元気, 妙な, 始まったと, 婀娜に, 安易に, 完全に, 宜い, 宜しい, 宜し酒, 少しあまい, 少しへん, 少し受太刀, 少し悪く, 少し皮肉, 岸本の, 崩れるから, 己には, 年月を, 幾らかわかつ, 引き締つて, 弱められて, 強かった, 強過ぎ, 当に, 影を, 律に, 心に, 忽ち逆上性, 思ひやられる態度, 思ひ出された, 怪しくなっ, 息ぜわ, 悪いが, 悪いと, 悪いという, 悪いやう, 悪いよう, 悪いん, 悪い時, 悪い途上, 悪かったり, 悪くても, 悪くときどき, 悪くなつた, 悪くまた, 悪く何, 惡く, 愈又気に入らない, 感じられた, 感ぜられた, 折れた, 探訪記者として, 揃うの, 揃つてゐ, 揃つてゐた, 揃つて奇れいな, 揃は, 揃わなければ, 揚って, 改まったので, 改る, 整って, 整つて蓋し, 整ひ, 斷乎として, 既に平安朝, 日本語の, 早くなっ, 昂つたのは, 昨夜の, 更に彼女, 更に高く, 最初から, 最初伸子の, 本当で, 本当で無かった, 本当になら, 板に, 柔かいなと, 格別で, 植えこみの, 次第に乱れ, 歌の, 歴然と見える, 残って, 母と, 気持ちに, 決まつたらしい, 沈む, 沈んで, 流れすぎて, 浮いたり, 消え消えと, 深く応用, 混乱し, 激しくなれ, 烈しくなっ, 父や, 特色で, 狂いだしたらしく様子, 狂うところ, 狂えば, 狂ったよう, 狂った奴, 狂ってるの, 狂っとるです, 狂つてゐ, 狂つてゐる, 狂つて意ひ, 狂ひ, 狂ひました, 甘い, 甘たれ, 甚だ変, 町娘らしい, 異っ, 皆の, 目立つた, 直って, 相変らず, 真面目くさってるだけに, 私の, 程好く, 空までも, 立派に, 笠に, 籠って, 籠もっ, 紀代子の, 緊って, 緩漫, 罩って, 罩つてゐました, 美しく合う, 耳立つ, 聞えたので, 聞え出した, 脱れ, 脱れた, 自分らと, 自然に, 至極眞面目, 良いし, 良くて, 良くなつた, 英国近代の, 荒くなり, 落ちたり, 落ついて, 落付い, 落着い, 表われ, 見える, 見えるの, 見え透いて, 解れば, 記事に, 読者観客の, 調つてゐます, 變つたやうにな, 變つて愈, 變で, 谷一面に, 起る, 軍医の, 輕うて, 近頃益々変, 迫って, 途中から, 途中で, 途方も, 連続する, 違います, 違うた, 違うので, 違う殆ど, 違つち, 違つてゐ, 野暮らしかった, 鈍って, 鎮経剤以上に, 開けつ放しで, 間違ふと, 随分現われ, 面白いせい, 響くの, 餘程違ひます, 馬鹿に, 驟か, 高いごく, 高いので, 高かった, 高かつ, 高く, 高くて, 高くまた, 高く大きな, 高く最も, 高く高くなっ, 鼻に

▼ 調子~ (984, 9.5%)

95 なって 87 乗って 27 なった 24 のって 19 乗つて 15 なり 9 合せて, 変って 8 合わせて 7 なりました, なります, なる, 戻って 6 つれて, なつた 5 乗り過ぎて, 乗ると, 変った 4 乗る, 云った, 出て, 引き入れられて, 私は, 返った

3 [13件] あらはれぬ, あわせて, つりこまれて, どこか, なつて, なるの, 千世子は, 圧倒され, 彼は, 戻つて, 落ちて, 釣られて, 釣り込まれて

2 [39件] かえって, なりながら, なると, なるん, のると, 一種の, 乗せられて, 乗った, 乗ったよう, 乗っては, 乗つて何杯, 乗るくせ, 乗るの, 乘り, 乘りました, 似て, 似も, 何処か, 元気づい, 出た, 出来て, 叩きました, 合つてゐる, 呑まれて, 変つた, 変りながら, 変わって, 平次は, 微笑した, 心を, 於て, 比べると, 氣を, 物を, 至つては, 話し出した, 誘われて, 驚ろい, 驚ろかされ

1 [495件] あしらって, あまりにも, あわなければ, いくらか心, いくらか怒, いけば, いつとは, いら立ちその, うって, おかみは, おずおずし, おちて, お龍, かえった, かれこれ常識的, かわって, きこえた, きょとんと, くるりと, この色, こもって, さへ, されて, したもの, しつくり合, しては, しなければ, しろ身振り, すっかりセリグマン氏, せずに, そのこと, その笑, そむいた心, それが, それなり追随する, それを, そんなユーモラス, たたきつけられて, たよって, ちが, つきて, つつまれ何とも, つられて, つり込まれて, ていはく, です, とんがり声, なかなか作用, なぞらえて, なだめられて, なったが, なったこと, なったの, なったら梃, なった声, なっても, なってるサン・メーリー, なってる今, ならずどこ, ならなければ, なりがち, なりそう, なりつ, なりて, なりは, なり切つて, なり声, なり妙, なり度, なり素子, なり運転手, なり顫音, なるお, なるから, なるそう, なるだらう, なるので, なるよう, なれないの, なれば, にやにや白歯, のった今日, のった語, のらないこと, のらないで, のりすぎて, のり掛声, のるの, はさのみ, はずれて, はずれない平明, はもうや, ひきかえて, ひきこまれそう, ひき廻されながらも, ひどく胸, ひどく苦心, まかせるの, またうかうか, また釣りこまれ, まとめられたと, まるで外れ, みえるこの, みずから気づかなかった, みても, むつかしい味, もどった, もどって, もどらないの, やがては, やったならば, よく調和, ウソが, キビキビした, ハッと, マリユスは, 一つの, 一声啼い, 一寸不快, 一寸険の, 一座の, 一抹の, 一日一日と, 一筋に, 一脈の, 不愉快な, 並んで, 中てられ, 中途で, 主人は, 乗じて, 乗ったところ, 乗ったらしい, 乗ったり, 乗ったピグミー, 乗った勘次, 乗った彼, 乗った慢心, 乗った私, 乗つた狸, 乗つてるだけで, 乗つて了つて, 乗つて云, 乗つて安静, 乗つて悪ふざけ, 乗つて悪戯, 乗つて歌, 乗つて盲目, 乗つて長持, 乗つて雲脂だらけ, 乗つて頭, 乗らず, 乗らずまじめ, 乗らないごとく私, 乗らないところ, 乗らなかつた, 乗らなければ, 乗らぬため, 乗らんよう, 乗り, 乗りいま, 乗りおって, 乗りきったつづみの与吉, 乗りすぎたと, 乗りすぎたの, 乗りすぎて, 乗りながらも, 乗りました, 乗りレコオド, 乗り一体, 乗り完全, 乗り映つて索漠, 乗り過ぎた, 乗ること, 乗るだろうが, 乗るもの, 乗るわけ, 乗るん, 乗る質, 乘つた, 乘つた小菅が, 乘つた狸の, 乘つて, 乘つていい, 乘つてしまつてゐた, 乘つてなほ笑ひ, 乘つてなほ言葉を, 乘つては, 乘つてひ, 乘つて三輪の, 乘つて來た, 乘つて勢が, 乘つて名乘り, 乘つて噺を, 乘つて女連に, 乘つて法螺を, 乘つて波を, 乘つて終ふ, 乘つて語つてし, 乘つて饒舌つてを, 乘つて馨さんが, 乘る, 乘るで, 乘れない, 云い難い, 云つた, 人世上の, 今度は, 任して, 伸子の, 似ずなんとなく, 似ず何, 似ず妙, 似たり, 似合はずひそひそ, 佐吉は, 何かしら落ちつきが, 何でも, 何となく役人, 何となく源氏, 作つて居る, 依って, 依つて, 俊夫君は, 倭文子は, 傍の, 働かせるため, 僕の, 僕は, 全く平たい, 八五郎は, 六郷左京は, 出すこと, 出ようと, 出られたら女, 切り出したの, 則つたもの, 前夜は, 千世子が, 却って慎一, 厭きて, 厭でも, 去って, 又元, 反響し, 口から, 口の, 叫んだ, 合せた冗談, 合せては, 合せようと, 合せる様, 合った, 合って, 合っても, 合はず又, 合わされて, 合わしながら, 合わずまた, 合わせこもごも, 合わせること, 同時に些か粗忽, 向うで, 含ませた深刻, 吹出しさうに, 呼吸を, 和声を, 唄えば, 唄ったり, 喋舌つた, 喫驚し, 噴き上った, 圭子は, 地方堕落の, 均衡を, 堕ちて, 声を, 売る品物, 変ってるの, 変つて合図が, 変つて行つた, 変な, 変に, 変り, 変りしかも, 変りました, 変り二人, 変化が, 変化の, 変化を, 外記は, 多計代, 夢から, 大粒の, 女の, 姫君は, 威圧された, 家庭の, 専斎は, 小刀の, 小県, 小言を, 少しの, 少しも, 少し顫, 少し驚かされた, 就いて, 屈辱と, 展開しはじめ, 崩すと, 巻きこまれて, 巻き込まれ自分, 帰った, 帰って, 帰つた, 平次の, 幾分不快, 度を, 引きこまれた, 引きこまれたもの, 引きさげられて, 引入れられるとも, 引入れられるやう, 引込まれて, 彼らは, 復し, 微妙な, 微笑しない, 心から嫌, 心動かされ, 思いやりと, 思える, 思はずど, 性急な, 惹かれて, 慄え, 慈愛が, 慣れて, 慣れる, 慣れると, 憤慨したらしく, 成って, 成りかけて, 成りかねた, 成る, 成るの, 或る, 戯言やら, 戻った, 戻つたこと, 戻り, 戻りながら, 戻りました, 拳固で, 持込むの, 撲殺の, 改まって, 明るい色, 明治の, 景子達の, 暮した, 曳きずられて, 書いて, 朝鮮人らしい, 染まざらしめた, 業を, 業腹気味と, 構えて, 歌い出されて, 歌つ, 歌ひ出す, 殊にぐいと胸, 比べて, 気がついたと, 気がついて, 気づかない程, 気を, 気圧されて, 江原は, 沢子は, 油斷を, 泣いては, 注意する, 流れ過ぎて, 流動的に, 浮かれある, 淀みが, 満ちて, 満足を, 溢れて, 激しさ, 煽動した, 玉の, 現われて, 用心した, 相当折り紙つきの, 確かめて, 私には, 私の, 私を, 移りて, 空の, 立ち返つて, 竹の, 筑阿弥は, 答えた, 答えて, 答える, 結んで, 統一が, 綜合せられ, 耳傾け, 聞いて, 聞えた, 聞えたので, 聞えて, 聞えてたので, 聞き覺, 聞こえた, 聞こえて, 聴えた, 聴える, 自分を, 自然分解し, 色つ, 色を, 芳子の, 若干の, 苦も, 草間六弥も, 蔦子は, 蘇ったよう, 行くもの, 行つたら, 表して, 表はれ, 見えた, 見える, 見事な干, 見交わした, 言つて彼女は, 言葉を, 託して, 記入方が, 話しかけた親切, 話しては, 話し合った, 話を, 誘はれるやう, 語尾を, 説明し, 賑やかさは, 走つて, 躍った, 身の, 載せられて, 辿り付いて, 近いの, 返されその, 返されたる厳粛, 返ったものの, 返って, 返つて, 迷い右, 迷ひ, 連れて, 進行しなかった, 運んで, 違ったところ, 遣る男, 部屋を, 重きを, 釣り合って, 釣り込まれながら, 鈍感なる, 鎌を, 長谷川は, 閉口させられた, 陥るの, 随い, 隠居も, 静葉も, 響いたので, 響が, 響きます, 響く, 頭を, 馴, 驚いた, 驚いて, 高まって, 高まりました, 魅せられたと, 魅せられて, 鳴り出し升

▼ 調子~ (760, 7.3%)

15 中に 9 高いもの 8 声で 6 声を 5 うちに, ものである, 声が 4 い, うちには, 上に, 手紙を

3 [11件] あるの, いいこと, ものが, よさ, 中には, 外れし紀伊, 良さ, 言葉を, 高いこと, 高い声, 高さ

2 [60件] ある, いいとき, いい時, いい男, いい音, いたく異なりたる, が始まります, ことを, さり氣, ためすっかり, ために, とれた生活, どこかに, なかに, なかには, なだらかな, ままに, ものだ, ものだった, もので, ものであろう, ものでした, ものと, ものに, よいとき, よいゼラール中尉, よい日, よい賑やか, よい響, ような, ように, 中で, 中にも, 低いもの, 冷たさ, 合は, 変な, 外に, 巧まない朗かさ, 底に, 弱い色, 強き事は, 悪い時, 悪さ, 歌を, 深さ, 物々しさ, 狂った楽器, 狂つた, 狂つてゐる, 男の, 男は, 笑ひ, 聲で, 英語で, 詞で, 軽さ, 連続であっ, 高いの, 高い撥

1 [538件 抜粋] あう逢って, あまりに事もなげ, あまりに突然で, あらぬ言葉, ある二十二三, ある人物, ある叩き方, いいところ, いいの, いいよび, いい事, いい交際家, いい人なつこいやう, いい口前, いい声, いい師匠, いい応待, いい愛想, いい態度, いい文句, いい稽古, いい速歩, いたういやしきに, いや高い, うえで, うちで, うちにも, うめきを, おけさ, おりが, お国, お稽古, かげんで, きびしい言葉, こころなり, ことなどに, こもって, こわれたよう, ごくごくいい, さり気ない, さわぎを, ざっかけなのと風采挙動の, しまり方, すばらしさを, すらりと, せいか, せいです, その紳士, そろわないもの, たかい笑い声, たかい英語, ちがう会話, ちがった彼, ちがった静か, つくもの, つけられた環境, つづきでは, つよくしみ出た, とてもいい, ととのつた滑らか, とれたこの, とれた服裝, とれないぎこち, とれないこと, とれないもの, とれない変, とれぬところ, とれぬ頓狂, と中位, と低い, どら声を, なおさら面白く, なつかしい人, はずれた歌, はずれた神経的, はずれるよう, はっきり理解, はづれた甲聲, ひそひそ声, ひどく拙い, もつれた聲, ものかは, ものであり, ものでし, ものとが, ものな, ものも, ものよ, もの或は, やうな, ゆるやかなる, よいまとも, よい布, よい折, よい文調, よい時, よい澄んだ, よい白河半平, よい神経衰弱, よい鍛冶屋, よくない, よわさ, わからないよう, わかる人間, わるいわけ, を出した, アルコールの, インターナショナルが, インターナショナルの, グズだ, セロの, フオツクス・トロツトが, ミウーソフは, 一層高い, 一幅の, 一風変った, 丁寧さだった, 万歳節に, 三十近い, 三味の, 三味線の, 上から, 上からは, 上って, 上で, 上では, 上より, 下劣さを, 下女と, 世だ, 丸みの, 乱れた音楽, 亂暴さに, 予告音楽を, 事が, 事は, 人だ, 人だった, 人だらう, 人であった, 人である, 人に, 人よし, 人物でした, 人間が, 会話が, 伴音と, 似た句, 似て, 位は, 位合に, 低いおどかし, 低いの, 低いはず, 低いほ, 低いまた, 低い世界, 低い主題, 低い日本語, 低い様々, 低い清ん, 低い物, 低い甘っぽい歌, 低い空気, 低い而, 低い色, 低い音ら, 低い類型的, 低かりけれ, 低きなどは, 低くし, 低さ, 傾向は, 優しさ, 兄弟を, 全く續, 八五郎です, 其れ, 出るところ, 出来上つた後の, 刺戟を, 区別も, 半面を, 取りよう, 取り樣, 取れなくなった孝之進, 口ぶ, 口上が, 口上も, 口笛を, 句が, 合せ方も, 合ったこと, 合わないとかいう, 合わないところ, 合わないもの, 合わない広告, 合わない楽隊, 合わぬまごまご, 唄を, 善きは, 嗚咽が, 囃子が, 国訛の, 声であった, 声と, 声色で, 変ったので, 変った地味, 変った声, 変った底力, 変った激しい, 変った響き, 変って, 変に, 変らない人, 変化に, 変化の, 外れた大声, 外れた小唄, 外れた弦, 外れた慌てた声, 外れた笑, 外れた笑い声, 外れた胴間声, 外れた門付, 外れを, 大きな音, 大切さを, 大小を, 大活躍, 太いもの, 太鼓を, 女は, 女らしい節, 好いこと, 好いの, 好い事, 好い人間, 好い会話, 好い千代, 好い文句, 好い日, 好い歩様, 好い釣, 好い高木, 好か, 好さ, 如何よりも, 妙な, 存在だ, 安定より, 定まらぬ足, 宜い, 宜しいその, 実現を, 実際の, 小さい河村武友氏, 尾鰭が, 差は, 市馬を, 平凡な, 延びた止め, 弁信な, 弁護士の, 弱いの, 弱い従って, 弱さ, 張った詩, 張つた上に, 張りが, 強いはでやか, 強い何処, 強きこと, 強度の, 強烈な, 弾むうち, 弾むにつれて, 弾む程余計, 後れ加減に, 微塵も, 恐もて, 悠々閑々ぶりを, 悪いとき, 悪いの, 悪い太い声, 悪い日, 悪い機械, 悪くなった, 情熱と, 情熱的な, 感傷とともに, 態度が, 手紙, 手紙が, 手紙は, 抜けた頃, 掠れるまで, 揃った五本, 揃った四人, 揃わない気分, 揃わぬもの, 整った三味, 整った時計, 整つたものだつた, 文章が, 文章であった, 文章に, 新文体, 方から, 早い口調, 明けつ放しなの, 明瞭さで, 時には, 晦渋なる, 曲である, 曲の, 曲を, 曲折を, 書物である, 最も消極的, 最中に, 朗かさに, 村な, 極めて卑陋, 楽器が, 楽音の, 横に, 横柄さ突慳貪な, 横槍を, 次第によ, 歌が, 歌だ, 歌である, 歌の, 正直者だ, 殿樣でした, 気高さ, 沈んで, 沈着な, 油を, 洒落れた将平, 活発さは, 活達な, 流れこんだ, 流行歌なぞは, 滑らかさなどは, 滑らかな, 滑稽さに, 狂う時, 狂ったところ, 狂ったの, 狂ったものの, 狂ったよう, 狂ったゼンマイ人形, 狂った幻想, 狂った者, 狂って, 狂ってる自分自身, 狂つたガサツさに, 狂つた楽器を, 狂ひたる, 狂乱の, 独立した, 現れて, 生活の, 発奮んだ, 盛んなる, 相川おけ, 真剣な, 真実らしき, 眠そう, 研究, 破れたよう, 破壊や, 磊落な, 立つた歌, 笛の, 笛を, 節を, 粗硬, 綴りを, 緊張が, 緊迫した, 総ざらいは, 緑が, 纏綿し, 美しさ, 聲が, 胡弓を, 脱れた, 自然な, 興趣は, 船乗物語や, 良いこと, 良い使える, 良い報告, 良い方, 良い男, 良し悪しや, 若い男, 荒いところ, 薄っぺらの, 薄色の, 見当を, 見當, 言葉で, 言葉に, 記憶力を, 訴えとを, 話から, 話し声が, 話ばかり, 話を, 話声が, 読経の, 變つた, 變つた蟇股や, 變化を, 變化極なき, 豆太郎の, 跡を, 軽い仲, 軽い問い, 軽い飄々, 軽やかな, 迅まる, 返事が, 返辞だった, 途惑いが, 連続, 運動の, 違うこと, 違った二通り, 違った人物, 違った声, 違った語, 違つた処の, 違つた嘔吐を, 違つた處の, 遙かに, 重々しい声, 重い太い聲, 重大さに, 野卑な, 鈍さ, 鉦の, 長閑な, 間に, 間にも, 関係から, 階段と, 階段を, 随筆と, 隠居の, 集合が, 震動音が, 青が, 静かな, 面白いところ, 音だ, 音で, 音です, 音は, 音も, 音頭取りは, 響きを, 響を, 馬鹿, 駄洒落などを, 高い, 高いうまさ, 高いこと類, 高いこんなに, 高いだけが, 高いつ, 高いなまこ, 高いクラリネット, 高いジェスチュア, 高いニイニイ蝉, 高い室内装飾, 高い文字, 高い文學, 高い料理, 高い明けつ放し, 高い物売, 高い管絃楽, 高い美食, 高い聲, 高い胡弓, 高い裏声, 高い詩文, 高い陽気さ, 高い音, 高まった身, 高声, 高砂やの, 高音を, 鹽梅を, 黒川隆三だった

▼ 調子~ (499, 4.8%)

8 づれの 4 づれに, 少しも, 急に, 私の, 靜か 3 弱く感ぜられ, 彼の

2 [24件] かわって, しんみりし, それを, づれた高い, どうです, どこにも, やや荒々し, 五七五調に, 伸子に, 低いながらに, 何処までも, 冷たくて, 妙に, 平淡な, 最初は, 沈んで, 淡々と, 火の, 穩か, 自分の, 自分を, 鋭く聞く, 長吉の, 非常に

1 [417件] あたかも彼, あって, あまりにも, あまり高く, あるが, あるもの, あるテ, あれきり爪の, あんなにまで, いい, いいくらい, いいそう, いいには, いいん, いかにも日, いかにも明るく, いかにも暴慢, いかにも柔か, いかにも皮肉, いかにも真面目, いかにも苦々し, いきなり崩れた, いくらか, いくらかずつ, いくらか穩, いけない耳, いっそう粗野, いつのまにかしみじみと, いつもとまるで違っ, いつもに, いつもの, いつも本気, いよいよ割れ出し, いよいよ皮肉, おっとり聞こえた, おのづか, お新, かう言, かえって店, かなり興奮, きっと英国の, くだらなく見え, くるつて, けっして愛嬌, ここで, この前, この女, この時, この時急, こもって, これでよござん, さほど折れ, さらによかっ, さり氣, しごくまじめ, しごく良好, しみじみと, しんみりしました, すぐに, すぐ葉子, すつかり, すでに御, ずいぶん酔ってる, そういう屋台店, そこい, そのニュアンス, そのメロディー, その三つ, その娘, その言葉, その運動, その風貌, それが, それだ, それでも色, そんなこと, たしかにあの, たしかに彼等, たたみこむよう, ただそれ, だいぶ熱心, つづいて, づれこの, づれと見た, づれなオルガンの, づれな聲を, づれの声で, づれ是等の, ていねいに, とにかく文句, ともするとう, どうしても平常, どこか, どこから, どことなく悲し, どこまで, どこ迄もや, どもりどもり言うところ, どんなに相手, どんなに頑是, なかった, なかなか高い, なくて, なく呼吸, にわかに変ッ, はげしいと, はじめて湖, ひとりでに可, ひどくよ, ひどく冷淡, ひどく崩れる, ひどく打ち解け, ひどく棄鉢, ひどく激昂, ひどく物憂げ, ふけた老人, ふだんと, ふだんとは, へんに, ほかの, まことに行屆, まことに軽く, まこと近世での, ます, ますます変, まだよく分らない, まだ整っ, まだ整つて, まだ青年将校, まづ申分, まるでメチャメチャ, まるで何, まるで私, みぢん, もう一言, もう全く枯れ切った, もう精, もう落, やがては, やさしく扱かれ, やりきれない気, よいとして, ようございます, よく合った, わかって, わきから, わるくない, アメリカの, イタリアに, ドイツでは, ドイツの, ヌケヌケとして, バラバラである, ブツ切ら, ホントに, 一同を, 一層鋭く, 一時の, 一瞬に, 丁度奇麗, 三分とは, 三輪の, 三造にまで, 上摺りました, 不安な, 不平を, 不断とは, 不斷, 乱暴だった, 事務的だった, 二人を, 今までの, 今日の, 似て, 低いが, 低かった, 住居を, 何か, 何と, 何とまざまざと, 何時でも, 例によ, 例の, 依然として同じ, 依然として直らない, 党派的態度とも, 全くたまりません, 其言葉と共に, 冗談とは, 冷徹氷の, 冷笑的に, 凜, 出たこと, 出ないもの, 刃の, 分らない, 初めから, 別に, 別に皮肉, 到頭平次, 制える, 前に, 前よりも, 前代未聞の, 前夜アリョーシャが, 前者に, 勇壮であった, 勝ち誇ったもの, 半ば弁解的であった, 卑猥で, 厭に, 又いけない, 古と, 只の, 合った, 合わせたが, 合わせられない, 同じだ, 名調子, 含まれて, 含んで, 呵は, 哀訴に, 喧嘩腰だ, 嘲笑, 噛んで, 壓倒的でした, 変です, 変に, 変らざるを, 夕闇の, 大分この, 大分変っ, 大分静まる, 大喜劇, 大袈裟で, 太く濁っ, 女の, 如何にもしんみり, 如何にも冗談, 如何にも落ち附い, 妹の, 娘の, 存分に, 存外落つい, 宛然芭蕉その, 実に博士, 家持の, 寝そびれた子供, 小鳥の, 少々亂暴, 少しこっけい, 少しとがっ, 少しふざけ, 少し劍, 少し年寄, 少し暴くなった, 少し皮肉, 少し穩, 少し腹立たし, 少し自棄, 少し講釈師, 少し開き直ります, 峻烈でした, 崩れて, 巧みに, 常に変る, 常時と, 年にも, 幾らか今, 幾分私, 張りきつて, 強くわし, 彌吉, 彼女が, 彼女の, 後の, 微塵も, 忙しいところ, 快活に, 快適だ, 悉くそんな, 悪くない, 情を, 愉快な, 意地悪く, 意地惡く, 意外な, 愛想が, 慇懃で, 慇懃です, 慈愛深く, 懺悔室においては, 我々の, 掴み出せないの, 斯る, 既に生長, 旧時代, 早くも, 明るい, 昔と, 昔通りだ, 暗に内, 曇りを, 最早心, 未だ冬, 板について, 柔かで, 根限り忍耐を, 案の定今, 極くい, 極めて気軽, 次第に激しく, 次第に猛烈, 次鶉, 歌に, 正しいいたずらに, 此の, 此処では, 此時急に, 段々い, 母は, 比較的辛い, 毫も出, 気力の, 気味わるい, 決してわるく, 活溌に, 湿布を, 滑か, 滑らかです, 激怒に, 熱心で, 爭ふべく, 父吉左衛門に, 物々しく小さくなります, 特別に, 特殊な, 独言の, 猪牙船に, 率直でした, 甘ったれて, 画家自身の, 異うが, 異様に, 異状ありません, 皮肉だ, 皮肉です, 皮肉でも, 相変らずやめず, 知らないが, 短歌の, 私に, 私を, 穏やかです, 糸が, 素子が, 素晴らしいとか, 結構だ, 老画学生そのもの, 考慮の, 自信に, 自分が, 自分で, 自嘲的と, 自己流の, 自然と, 自然に, 至つて平坦でした, 至つて穩や, 至極面白, 良好で, 色つ, 荒かった, 荒っぽいが, 莊重を, 萎えて, 落付い, 落付いた, 落着い, 藤原の, 街の, 表情や, 見られない, 見られなかった, 見込よりも, 親切そうで, 説いても, 誰だって, 誰とも, 諄々と, 身に, 軈て幾分, 軽かった, 軽率で, 輕快なりき, 返答を, 道化て, 鄭重で, 重々しく, 重々しく真面目, 重病人の, 鈴木の, 鋭かつ, 間違いも, 間違ひもなく, 阮東の, 隠す事, 静かでした, 非常な, 順調です, 頗る良い, 頭ごなしです, 高いが, 高かった, 鳴沢イト子の, 鼻に

▼ 調子~ (177, 1.7%)

5 出て 2 ある, よくなっ, 妙に, 悪かった

1 [164件] あった, あり読み, あれ歌, い, いいん, いい眼, いくぶん穏, いくぶん落ちつく, いくらか, いちじるしくさばけ, いつもと, いろいろございます, うき, うきうきと, おかしくその, おかしく思われました, おかまひ, かえないいつも, かなり有る, かわって, この作, この動機, この句, この浪人者, こもって, これと, ごく悪い, ささやくよう, すつかり, するどく変っ, ずっと良い, そっくりそのままに, そのままで, その方, その風貌, それに, そんなに悪い, たかいと, だんだん沈ん, だんだん激越, ちがいます, ちがう, ちっとも和らい, でて, どうやら親切気, どことなく漢文調, どこやらで, ない人物, ない呼声, ない咳払, ない大きな, ない柱等, ない響, なかった, なくむしろ, なく大きく張りあげ, なんだか渋面, なんとなくくだけ, のんびりと, ひどくは, ひどく慇懃, また分類, まったくの, まるで変っ, むしろ独自, やはり上野風, やや若輩, よい, よくこれ, よくそつ, よくとれた, よくない, よくなられた御, よくやがて, よく上昇, よわよわしく彼, わるくない, カン処も, テンポの, ハキハキし, 一九二八・九年ごろから, 上々の, 不揃, 不揃いに, 二上りも, 五七五では, 交って, 交つてゐた, 似た音, 何となく低まっ, 何んと, 併し, 備えて, 出ず時々, 出せ朝酒, 出ないの, 勝ち誇った調子, 単に歌, 即興的で, 厭わぬ言葉, 取つて, 古く感じ, 合は, 和らげず強める風, 四本出る, 声高でなく, 変えずに, 変えなかった, 変って, 変に, 大店の, 太くなる, 妙だ, 嬉しそう, 字に, 小さく聞える, 少しも, 少し変え, 少し變つて, 平然たるもの, 幾分からか, 御疲れ, 忘れたの, 怪しかつ, 態度も, 抑揚が, 晴々と, 最もよかっ, 毛色も, 沈みながら, 滑らかで, 滑らかに, 烈しく決定的, 煽動的である, 物足りなくなっ, 甚だ悪く, 皆張る, 皮肉な, 相手の, 知つて居る, 穏か, 空気の, 立ち直ろうとの, 笹村が, 終始狂はず, 續い, 聞こえて, 自ら分るであらう, 自然と, 良く取った, 荘重で, 落ちついて, 見えた, 見えて, 詠みやう, 誠に卑い, 身體の, 身體も, 軽かった, 静かだった, 飛んで, 高く, 高くなり, 高く気組

▼ 調子には~ (125, 1.2%)

3 何か, 妙に, 少しも, 詠むまじく候 2 これまで, どうも旅さき, どこか, なか, 低く明らか, 何の, 何処か, 何処かに, 梅子の, 非常に

1 [93件] いくらか, いつに, いつも見えざる, いろ, おだやかで, こういう意味, こう云った, こう値, この夫婦, これまでに, こんに, しゃにむに, しんから, じょうだんめいたところがあった, すこしも興奮, どこかに, なんの, ひどく三次, ひどく小, ほとんど打ち沈んだ, まだほんの, まるで豹一, やさしいいたわり, やはり真実, スーッと, ヨーロッパの, 一層眞面目, 一種の, 一縷の, 不意と, 並々ならぬ, 何とも言, 何にかしら, 僅かに, 充分な, 全く醉, 内地にばかり, 冷酷に, 初対面の, 別に含む, 利根の, 創作に, 勞はりが, 受け売りらしい, 吹出さずに, 変りも, 変わりが, 好意と, 妥協的な, 子供とも, 存外沈着, 実感が, 少しの, 少し反感, 年寄らしい, 幾多の, 弁解の, 微かな, 微塵も, 心惹かれてる, 慣れて, 成り上り者, 我慢の, 抗弁し, 明らかに, 杯が, 棘が, 極度の, 此反問を, 漸く温か味, 激しい非難, 片輪者, 百兵衞を, 皮肉な, 真面目とも, 確かに, 私に, 絶対に, 耻辱を, 船に, 行かない, 行かなくなって, 規則正しい連続, 言うに, 言ふ, 軽い皮肉, 隙も, 隠しようも, 非難が, 頓着なく, 風流で, 馴れて, 鳴いて

▼ 調子では~ (118, 1.1%)

5 なかった 4 あったが 3 あるが 2 そっちへも, ひとも, オレも, 今に, 何を, 全く手

1 [94件] あつた, いって, いつに, お作, お医者さん, この奴, この学校, この通路, これから先, さだめし全国的, その三十分, だれも, つきりわ, とうに貞世, とても博士, とても受けきれない, とても泥坊, とても紀元二千七百年, どうだ, どうも当分見込, どんな勢い, ない, ないかと, ないが, ないけれど, ないどうしてなかなか, なくいくらか, なくた, なくて, なくもっと, なく淡々, なしに, また一寸, また何, まだそうとうの, もう先日, もう間もなく血, もし先生, もとより埒, やがて神職, スキーを, パリ組も, ヘタに, 一寸犯人, 七十円くらいまで, 上衣の, 世間に, 二人とも, 二回戦だ, 今に一日, 今に自分, 今年中に, 佐久間町まで, 何だかいや, 何年先に, 何物も, 保胤自身を, 俺ときゃつ等の, 先ず絶望, 先方から, 又午後, 四十五六にも, 墓埋め, 夕方までには, 夕暮までに, 夕飯の, 大して望, 奴さん別に, 子供育て, 屹度また, 市ヶ谷中に, 彼が, 彼も, 怪塔ロケットの, 惣兵衛ちやんは, 手のひら位の, 手もとの, 日本も, 日本画は, 春に, 未だ安心, 本艇を, 根賀地か, 無事に, 私に, 私の, 芦名兵三郎に対する, 見とおし, 言わなかった, 諸侯を, 間もなく追いつく, 関西者らしい, 音頭取も, 馬鹿に

▼ 調子~ (113, 1.1%)

5 なった 4 なって 3 それに, 違って 2 ニュアンスの, 云うもの, 今のとは, 色彩と, 言ふ

1 [88件] いい, いいいかにも, いいすべて, いいその, いいたしかに, いいまったく, いいまるで, いつたところ, いつたもの, いふたら世にも, すこしも, すこし変っ, その明る, それを, ぞんざいな, ちがったすこし, ちぐはぐな, ちっとも変っ, つりあった外交団的雰囲気, つり合い深い, なつた, なつて, なりたり, なりでも, なる, なる音楽, ひどく調和, もっともやさしい, 一つに, 一緒に, 云いどこ, 云い音色, 云ひ, 云ふ, 人に, 今日の, 似て, 何の, 來たら, 全く人, 全く違う, 匂いは, 厳格なる, 叙景態度とには, 同じ似通った, 同じ態度, 善く調和, 声色において, 大道乞食の, 尖らした口, 工場の, 形の, 微笑する, 心境と, 思えば, 思わなくっちゃ, 意味とが, 態度とを, 日本らしい, 比較的引き締った, 消極的な, 濃淡とで, 為り, 画家の, 相待っ, 真白の, 知って, 筆触は, 等しく冷やか, 細工に, 色彩に, 色彩の, 色彩を, 蓮葉な, 行きあって, 見る, 言へ, 諾威の, 象そのものの, 趣味との, 近代主義の, 道学者流臭味とを, 違つて意外にも, 重厚な, 非難の, 音とは, 頭の, 顔つきを

▼ 調子よく~ (100, 1.0%)

3 進んで 2 やって, 喋る時, 行くもの, 話して

1 [89件] あるいて, いつに, うたって, おいでに, しかも楽々, しゃべって, しゃべるの, すてんと, つづけられて, ないので, なおりました, なる場合, なれバ, にげて, は行かなかった, ひっぱった若い, ひょいと飛び出した, もつと, やつてる, やれよ, ギンネコ号の, タクシーが, トントンと, ネ考えなくっ, ヒョイヒョイと, ピストンの, 万事運ぶ, 世渡りも, 交わること, 元氣, 内側に, 出るでしょう, 前に, 動く大きな, 合わない以上, 吹く口笛, 唄って, 喋り出すこと, 外で, 廻転する, 引受けたが, 当ったので, 彼を, 捗って, 旋回する, 書きはじめて, 木琴は, 枯れた木体, 柏手を, 機関の, 歩いて, 治つて, 波に, 活動する, 活動を, 煖炉が, 煙を, 登って, 相槌を, 竜之, 納まって, 続けられて, 聞こえて, 背の, 舞い謡いつつ, 舞台賑かに, 行かなかつた, 行きそう, 行くのに, 行って, 行つてゐた, 行進曲を, 見えるもの, 覚えられたもの, 言って, 話かけられ, 読み下した, 走る, 跳ね上った空元気, 踊った, 踊り始める, 運んだ, 運んだので, 醉つて來て, 階段を, 響いて, 響く, 鳴つた, 鳴り渡るので

▼ 調子~ (95, 0.9%)

11 のである 6 のだ, のです, んだ, んです 3 スパークの 2 のか, んでしょう

1 [53件] あても, ところも, の, のだった, のだらう, ので, のであった, のであつ, のでお, のでこの, のでせう, のでだんだん, のでテレサ, ので乳母, ので何事, ので残念, ので皆, ので目的地, ので自分, ので訊問, ので道子, ので音楽, のにふと, のを, へらへら微笑, ものだった, やうにも, ように, んである, んでございます, スパーク, フランス風の, 三味の, 事は, 叫びが, 叫声が, 喜多流擬いの, 大勢の, 平凡な, 意味の, 所が, 時も, 時勢に, 時雄の, 構えで, 気ぜわしない, 氣持が, 海岸に, 無責任な, 町人ことばで, 鉦太鼓鐃, 靴音が, 鼓動は

▼ 調子~ (91, 0.9%)

2 がその, し怎, と, と朝, と自分

1 [81件] から, からたまった, からとても, からソースビン, から世話, から人樣, から何, から別に, から勿論, から女房, から定石, から座敷, から時たま, から火の見櫓, から目, から私, から突っぱね通したろう, から自分, から頼り, から驚くです, がこっち, がそういう, がそれほど, がどことなく, がね, がねだ, がもちろんあんなに, が本気, が見る, けれどガラガラ, けれど果して, しそれで, つた, つたから, つたと, つたのに, とあんぐあい転換, ときょう, とここ半年, とこの, とこれ, とする, とどこ, とはすぐ, とまだ, とも言えない, とわたし, とパパ, と七日, と今に, と今夜あたり, と今年, と今後, と俺, と君, と善良, と奈良, と左翼, と当分, と思う, と思へ, と情なかっ, と或いは, と明日, と書い, と来ない, と此月, と母さん, と水, と浅草中, と目, なと考えさせられる, もの, もの祖母さんや, もんな, よ, よその, わ, ナア, 何事も, 私は

▼ 調子から~ (49, 0.5%)

3 して 2 判断し

1 [44件] いっても, かまたは, しても, そのくら, その主, それは, では, ほのかな, みて, みると, やはり垂水, ソレと, 一人の, 事件解決の, 二人とも, 云って, 伸子が, 何だかぴったりせず, 何んか, 囘復し, 姉の, 察するのに, 少しも, 彼が, 心境まで, 急に, 推して, 様子まで, 次第に独語, 歴史を, 涙声にな, 激しい武装衝突, 理性への, 私と, 私は, 素子の, 考えられるその, 苦労では, 見て, 見ると, 見れば, 言へば, 醒めたやう, 離れようと

▼ 調子~ (43, 0.4%)

1 [43件] お嬢さんの, けばけばしいこと, それから壮士, ともう, なにかで, りか, アクセントまで, パースペクチブなどに, メリハリの, 何かで, 何も, 光の, 切れの, 匂いや, 北の, 可愛がり, 声まで, 心持は, 拍子が, 拍節や, 方向を, 楽器の, 様子などから, 様子に, 気分の, 気組によ, 無作法な, 眼つきから, 種々な, 素振りで, 組立てにまで, 緩やかな, 能力を, 色合が, 蒼白い顏, 蒼白い顔, 表情で, 表現を, 言葉使ひ, 貞順という, 趣味や, 身振りに, 顔付を

▼ 調子です~ (31, 0.3%)

4 もの 2 がそれでも, が昔, ね

1 [21件] か, から, からね, から先生, から平次, から蟹江, から釘勘, が, がお客, がなか, がひどく, が今そこ, が思いの外, が文句, が眞實性, が突, が結局自分, が高木博士, と云ったら, ね家賃, の

▼ 調子なら~ (30, 0.3%)

2 大丈夫と

1 [28件] いくらでも, いましばらく, きみの, しのため, じきにもと, そうむき出し, と思つて氣, と田丸浩平, ば結構, ほほ百, まず何事, もう心配, ユリも, 二三日は, 今日は, 僕にも, 先生やっぱり, 利助も, 吾輩が, 夜は, 好いだろう, 安心だ, 広河原まで, 心配は, 立派な, 筆屋も, 蠅男も, 面白いもの

▼ 調子にも~ (30, 0.3%)

2 明白で

1 [28件] ある, いよいよ父圓太郎, その感じ, それが, それぞれ型という, どつて, また目, よく出, アヤされ, 不平満々という, 世なれた, 似ずそして, 何かしらキ印らしい, 何んの, 兄さんの, 創作の, 少年らし, 成った, 明かです, 格別の, 歩み振りにも, 溢れます, 無頓着で, 狂いが, 現われて, 聞えないでは, 複雑な, 身の

▼ 調子だった~ (27, 0.3%)

2 が私, ものだ

1 [23件] からお, からシガレット, から吾輩, から正造, から私, か室内, が, がしかし, がその, がそれ, が底, が見合用, のだろう, のであります, のである, のでそれ, のでまるで, ので周平, ので彼, ので彼女, ので或は, ものです, 自分には

▼ 調子とは~ (22, 0.2%)

2 似ても, 異って

1 [18件] いつも食, うって, うつて, すっかり変わっ, すっかり違っ, どうしても違う, まるで心臓, まるで違っ, レンズのみ, 何ぞ, 何と言, 全く趣き, 別である, 別人の, 容易に, 少し違う, 思えず言葉づかい, 違つてひどく

▼ 調子にな~ (17, 0.2%)

6 つて 3 つてゐた 2 つて云つた, つて來た 1 つたお光, つたのを, つて居た, つて来た

▼ 調子じゃ~ (15, 0.1%)

1 [15件] ありませんな, いつ江戸表, この事件, どこまで, なかった, やっぱり山一, 俺も, 八百から, 到底物, 困ったもん, 火を, 私今日少し, 行進なんか, 解らねエぞ, 駄目です

▼ 調子~ (15, 0.1%)

3

1 [12件] すぎると, であ, な声, な返事, にしかし, にものいい, に云ッ, に呼んだ, に愛吉, に直ぐ, に笑っ, に若い

▼ 調子である~ (14, 0.1%)

3 と訂正

1 [11件] から仲間, から病気, から部下たち, がそれ, が印象, が言葉, ことを, というよう, には驚かされた, のを, 家の

▼ 調子にて~ (13, 0.1%)

1 [13件] それに, 上手に, 下を, 何か, 唱ふ, 御す, 御前は, 我よりは, 早口に, 物うたふ, 物尋ね, 独言の, 長々と

▼ 調子によって~ (13, 0.1%)

2 黒い紙

1 [11件] 何か, 動き角, 多少心, 往々見過ごされる, 感じ易い, 気合いが, 真摯の, 細々と, 胸の, 述べられるの, 頭の

▼ 調子~ (12, 0.1%)

3 外れの 1 ぱずれだ, ぱずれだったりする, ぱずれなのであたしは, ぱずれなラッパの, ぱずれな声を, ぱずれになった歌が, 外れだ, 外れで, 外れに

▼ 調子とを~ (12, 0.1%)

2 聞き分 1 つきまぜて, ないまぜた声, 一つに, 一変した, 一時取る, 伝えること, 具えて, 好んで, 扱は, 突きまぜた話し方

▼ 調子さえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] すっかり日本風, わかれば, 下げれば, 乱れて, 出れば, 含んで, 帯びて, 描き得ないに, 見せて, 響く声, 高くなっ

▼ 調子高く~ (11, 0.1%)

1 [11件] うなぎ, そして晴れやか, その上, なって, はっきりし, 吹き鳴らし先, 吹奏した, 大鼓, 歌は, 歌ひなばかへ, 語り出しても

▼ 調子であった~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 から困難, から子供心, から政江, が杉山茂丸, が良助, ことに, しわたし

▼ 調子~ (9, 0.1%)

1 であつ, でありました, で性格, のセカンド, のヂャズ, の嘉平次, の杉浦, の真似, の非

▼ 調子だけは~ (8, 0.1%)

1 どうする, ほぼ分った, 何にかを, 割合おだやか, 喫驚し, 強く胸, 快活に, 現代式である

▼ 調子でした~ (8, 0.1%)

1 から一時, が坪谷, が板戸, けれどもソプラノ, けれども私, し食卓, まるであなた, よ

▼ 調子まで~ (8, 0.1%)

1 ちごた, もうすっかり昔, もうすつかり昔, ガラリと, 変えて, 恐ろしく変え, 悲しげ, 落着き払って

▼ 調子やり~ (8, 0.1%)

1 えらい声, かたをもって, が大, になっ, になり, の状態, セリフが, 多く石田

▼ 調子~ (7, 0.1%)

2 へ解れ 1 のうち, へ処々, へ出, へ加, へ聴い

▼ 調子ばかり~ (7, 0.1%)

2 でございます 1 でなく以前, でなく様子, では, で一向, 見えた

▼ 調子~ (6, 0.1%)

1 その一つ, 一尺ばかり, 三調子気持ちの, 山風に, 插楽劇的な, 話頭が

▼ 調子その~ (6, 0.1%)

4 調子 1 氣分が, 眼つきそして

▼ 調子づけ~ (6, 0.1%)

2 たりする 1 て得意, て擦り, はしないだろう, 文体の

▼ 調子という~ (6, 0.1%)

2 ものが 1 ので, ものは, ものを, やつ

▼ 調子とで~ (6, 0.1%)

1 こういった, すぐに, 久しぶりに, 云いみの, 歌った, 江戸っ子の

▼ 調子にの~ (6, 0.1%)

1 つて, つてあんまり, つてそれから, つてでたらめな, つて義雄は, つて過去の

▼ 調子やっ~ (6, 0.1%)

2 て, てゐる 1 ても別, て休んじまったさうで

▼ 調子やってる~ (6, 0.1%)

1 せいも, のだけが, ので驚いた, のに, のは, んじゃ

▼ 調子であり~ (5, 0.0%)

1 ながら高低, 今にも泣き出し, 弟が, 慈愛に, 自分にとっては

▼ 調子でなく~ (5, 0.0%)

1 おつ, 内容と, 描線は, 真面目な歌い, 考へ

▼ 調子でも~ (5, 0.0%)

1 ここに, ない, よくわかります, わかること, 取るよう

▼ 調子などが~ (5, 0.0%)

1 宏子には, 平次を, 彼の, 明らかな, 連歌誹諧歌趣味を

▼ 調子好く~ (5, 0.0%)

1 できるもの, ステップに, 手に, 打込み得るの, 揺れて

▼ 調子だけ~ (4, 0.0%)

1 ですべて, とりますから, 優しくし, 冗談らしく甘える

▼ 調子だつた~ (4, 0.0%)

1 がそれだけ, ので私, ものです, んだ

▼ 調子とに~ (4, 0.0%)

1 気を, 満ち満ちて, 現したが, 私は

▼ 調子などから~ (4, 0.0%)

1 いずれは, これが, 気質や, 見て

▼ 調子によっては~ (4, 0.0%)

1 いつそれが, ぐさと人の, その横, 何を

▼ 調子よい~ (4, 0.0%)

1 ありがとうが, ことが, 口前に, 羽音とともに

▼ 調子をも~ (4, 0.0%)

1 味は, 工合よく, 押し破つて歌, 計算に

▼ 調子取り~ (4, 0.0%)

1 たるところ, たる処, たる處, ながら一郎

▼ 調子抜け~ (4, 0.0%)

1 がし, がした, が致し, のした

▼ 調子からは~ (3, 0.0%)

2 生れないもの 1 自信の

▼ 調子がを~ (3, 0.0%)

1 かしいと, かしくおまけに, かしくなつた

▼ 調子そして~ (3, 0.0%)

2 決してごまかし得ない 1 眼つきから

▼ 調子だけで~ (3, 0.0%)

1 かうは, 物ごとを, 親しみ難かっ

▼ 調子~ (3, 0.0%)

1 ぱづれの塩辛声を, 外れだ, 外れな

▼ 調子でない~ (3, 0.0%)

1 と反, もんです, 斉興の

▼ 調子といふ~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 のであります

▼ 調子とか~ (3, 0.0%)

1 ヂエスチユアとか, 意気な, 特種な

▼ 調子との~ (3, 0.0%)

1 二つの, 切れるため, 連続であっ

▼ 調子とも~ (3, 0.0%)

2 なるの 1 違ひ

▼ 調子ながら~ (3, 0.0%)

1 この娘, 啖呵が, 悲しげ

▼ 調子など~ (3, 0.0%)

1 まるで無い, 愛を, 自然である

▼ 調子などで~ (3, 0.0%)

1 どしどし決定, 作りあげること, 当人か

▼ 調子によ~ (3, 0.0%)

1 つて思索の, つて覺え, つて騒がれ

▼ 調子に対して~ (3, 0.0%)

1 不安な, 坪井は, 相手に

▼ 調子に従って~ (3, 0.0%)

1 おやり下さい, ひたすらその, 舞い踊ったので

▼ 調子のみを~ (3, 0.0%)

1 取り來, 取り来りしに, 取り来りしによる

▼ 調子よりも~ (3, 0.0%)

1 その返事, 其返事の, 見物に

▼ 調子をかへ~ (3, 0.0%)

3

▼ 調子をかへて~ (3, 0.0%)

1 さつきから, 言つた, 静かに

▼ 調子をと~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて連呼した, つて駈け降り

▼ 調子ツ外れ~ (3, 0.0%)

1 だが, だよ, に笑

▼ 調子一つ~ (3, 0.0%)

1 でその, で売れ, 乱さないで

▼ 調子全体~ (3, 0.0%)

2 でそれ 1 はブランカ

▼ 調子放れ~ (3, 0.0%)

1 に大き, のした, のだが

▼ 調子昨日~ (3, 0.0%)

1 の万歳, より少し, より稍

▼ 調子~ (3, 0.0%)

1 が十分, のあらゆる, の有様

▼ 調子良く~ (3, 0.0%)

1 きわめて自然, 滑かに, 行かないの

▼ 調子附い~ (3, 0.0%)

1 て来た, て来る, て長い

▼ 調子高い~ (3, 0.0%)

1 のに僕, 声で, 芸術の

▼ 調子ある~ (2, 0.0%)

1 が如く, 人声が

▼ 調子からも~ (2, 0.0%)

1 また何ら, 殆どありとあらゆる

▼ 調子かわった~ (2, 0.0%)

1 お島, ところの

▼ 調子こそ~ (2, 0.0%)

1 異様なれ, 細いが

▼ 調子すら~ (2, 0.0%)

1 帯びて, 混つてゐる

▼ 調子ずつ~ (2, 0.0%)

1 余裕を, 高まって

▼ 調子そのもの~ (2, 0.0%)

1 は音声, を破る

▼ 調子それ~ (2, 0.0%)

1 だけにある, は知っ

▼ 調子だけが~ (2, 0.0%)

1 ぐっと自尊心, 主に

▼ 調子だけを~ (2, 0.0%)

1 合わして, 教えて

▼ 調子~ (2, 0.0%)

1 やいま, やほんとに

▼ 調子であっ~ (2, 0.0%)

1 ては我々, ては生産

▼ 調子でしか~ (2, 0.0%)

1 書いて, 話さなかった

▼ 調子でもの~ (2, 0.0%)

1 の仰, 語ろうと

▼ 調子として~ (2, 0.0%)

1 私の, 自覚的に

▼ 調子などの~ (2, 0.0%)

1 ために, 間には

▼ 調子などは~ (2, 0.0%)

1 よく親, 朝からの

▼ 調子なども~ (2, 0.0%)

1 ほんの一度, 洋画風に

▼ 調子なり~ (2, 0.0%)

1 人の, 姿態なりが

▼ 調子なれ~ (2, 0.0%)

1 ばと一安心, ば話声

▼ 調子なんか~ (2, 0.0%)

1 かまわずに, 私の

▼ 調子~ (2, 0.0%)

1 あわれ, づれの

▼ 調子ひとつ~ (2, 0.0%)

1 がみな, 張れずお辞儀ひとつ

▼ 調子までが~ (2, 0.0%)

1 はっきり私, 全く子供

▼ 調子やった~ (2, 0.0%)

1 のでなく, のに

▼ 調子より~ (2, 0.0%)

1 察して, 推して

▼ 調子らしい~ (2, 0.0%)

1 わね, んです

▼ 調子わるく~ (2, 0.0%)

1 て十時就寝励行, まるで似ない

▼ 調子を以て~ (2, 0.0%)

1 描き初, 述べ立てること

▼ 調子を通して~ (2, 0.0%)

1 二十四曲の, 組合だの

▼ 調子ッ外れ~ (2, 0.0%)

1 だよ, でない限り

▼ 調子互いに~ (2, 0.0%)

1 応合する, 相応合する

▼ 調子及び~ (2, 0.0%)

2 意味の

▼ 調子~ (2, 0.0%)

1 だ, のこと

▼ 調子同じ~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃるでしょうか, 情報の

▼ 調子善き~ (2, 0.0%)

1 ものなれ, 者ある

▼ 調子外れ~ (2, 0.0%)

1 ぎごちな, て腦天

▼ 調子~ (2, 0.0%)

1 てい元の, 不都合を

▼ 調子張り上げ~ (2, 0.0%)

1 て, て弁じ出した

▼ 調子~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ 調子態度~ (2, 0.0%)

2 は固

▼ 調子揃つた足~ (2, 0.0%)

1 擦の, 擦れの

▼ 調子~ (2, 0.0%)

2 にも信吾

▼ 調子苦しく~ (2, 0.0%)

1 て汗, ラドンナモビレなど

▼ 調子莞爾~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 調子言葉~ (2, 0.0%)

1 のふし, の魅力

▼ 調子面白い~ (2, 0.0%)

2 喇叭の

▼ 調子高き~ (2, 0.0%)

1 事を, 理想主義は

▼1* [220件]

調子いかにも八五郎と, 調子いかん憂鬱である, 調子互の, 調子おなじ声で, 調子おもしろくはやしたてたので, 調子お知らせ下さい, 調子かっぽれ続いて, 調子かと思って, 調子かなりひどい養生, 調子がよかつた, 調子ぐっと悪くなり, 調子こきまぜて書い, 調子こっちは弱い, 調子こんなのに, 調子しかもこの寸法取り, 調子やまるで, 調子そいつで小一郎, 調子そっくりでしたから, 調子それ自身が我々, 調子たかいロマン精神も, 調子だけでも二度とこんな, 調子だけに媚びを, 調子だけについて云へば, 調子だけの名と, 調子だってその通り, 調子だらあぶねえわ, 調子ちっとも立たずくさりつ, 調子ちょいとした, 調子つけてかかり, 調子つまり真実をも, 調子づけたのだ, 調子づけられている, 調子づけられた私は, 調子づけるように, 調子いつて, 調子でありましたから兵馬, 調子でいらっしゃるように, 調子でかう述べた, 調子でからかつてばかりも, 調子でございましてツイ威勢, 調子でさえぎつた, 調子でしてド, 調子でしやべつた, 調子でしょうか, 調子でずつと今迄, 調子でとはいえじっと, 調子でねえけれくたびれてねえ, 調子でのしか, 調子でへうきんな, 調子でもとつてゐる, 調子でやはらかに, 調子で御座いますからロスコー, 調子といった事柄を, 調子とかいうものは, 調子とかいふもので, 調子とから一貫し, 調子とかを整えるよう, 調子とが急に, 調子とてもいけない, 調子とでも云ひたい位だ, 調子とれた人は, 調子どうでも年, 調子どころか二千年來歌の, 調子なかんずくその主張全体, 調子ながらに昔し, 調子ながらもよくお話し, 調子なき思の, 調子なく大きく笑った, 調子なぞは不思議な, 調子などにそうしたもの, 調子などをまじえずに, 調子ならざる事を, 調子ならびに意味に, 調子なら頼めば首, 調子なりが決定され, 調子なりしが理性, 調子なりとせば, 調子なりとも世は, 調子なるものを, 調子において曙覧は, 調子においても画面の, 調子にかはる, 調子にさえゆかしい薫り, 調子にだけなりと示されて, 調子については例を, 調子によるよりほか, 調子に対しおりき, 調子に関するくふう, 調子ぬけがし, 調子はりあげて又, 調子ぱずれには少しなさけなかっ, 調子ぶりの, 調子ぶりかえしは閉口, 調子落ち込んで, 調子ほぼととのいたり, 調子ほんとならず何しろ, 調子またはほとんど作りもの, 調子まだいけない, 調子までを使いなかなか, 調子まるでいかん全然, 調子もかへてべつな, 調子もっとも日本の, 調子もてかかる大, 調子もんの貧乏人, 調子やがて声が, 調子やったら浜寺の, 調子やってない位らくに, 調子やるってこと, 調子よからずくさる, 調子よくすらりと腰, 調子わたしを見る, 調子わるく苦しいが金, 調子をすら帯びて, 調子をなほした, 調子をはづして歌つた, 調子をやはらげ, 調子ガ弾ミ九時近ク食事ガ終ル, 調子外れですが, 調子ッぱずれのおどろきの叫びが逃げた, 調子ッぱずれの可笑い処へ自分主人, 調子デハ試験的ニシテ見ヨウカト云ウ気ニモナル, 調子ナラコレカラ後モ気狂イ的行為ヲ繰, 調子ニ頭カラ水ヲ浴ビセルヨウナ皮肉ナモノガアッタ, 調子ビールってやつ, 調子ピッタリ合はず石田を, 調子リズムとなる, 調子一つ亂さないで, 調子一本饂飩はかけ, 調子一言いっては, 調子揃なりき, 調子不都合を見, 調子乍ら怯え切つて, 調子乍ら一絲亂れずに, 調子乗らざればいつ, 調子今朝に至っ, 調子付けて歌う, 調子低くまたギヨブツ, 調子何となく一致せず, 調子何処からか流れ出, 調子便所へは新聞紙, 調子光空間階調構図色彩等の相, 調子全く治った, 調子出ずいやな, 調子出るが, 調子出始め気持よく, 調子劇的要素によって十分読者, 調子即ち一種の, 調子そのよしあし, 調子取って行く, 調子合わして, 調子合わず何か, 調子がわかつ, 調子呼吸によってあいつ, 調子張り上げて, 調子の声, 調子外れたような, 調子大して悪くも, 調子大分悪し, 調子奇妙にあがっ, 調子好い水嵩を, 調子で脚気, 調子くして, 調子対照をつくりだし, 調子小不都合の眼, 調子少しも亂, 調子張上げて弁じ出した, 調子に介さぬ, 調子意味のまったく, 調子一種の, 調子けたる, 調子揃つてゐること, 調子放歌の激, 調子無理を, 調子旋律に重き, 調子明暗の鋭い, 調子なり, 調子最後の一カット, 調子朗々たる音吐, 調子構はずに云つて, 調子様子というもの, 調子様式は, 調子次第で後, 調子気味の悪い, 調子気持ちの調子, 調子深く静かである, 調子焔硝の香, 調子無心の口々長閑, 調子すれば, 調子熱演まさに二時間, 調子ひたり, 調子狂った母子の, 調子甚だ美妙なる, 調子を貼っ, 調子確乎さ立派なところ, 調子が一つ, 調子の調子, 調子を貼っ, 調子絶句なら絶句, 調子の性質, 調子も若き, 調子自身に江戸末期, 調子色彩リズムの不, 調子荒い浴衣の, 調子荒くなり一層, 調子表情姿態までが浮び出, 調子大體同感, 調子變つた意見から出る, 調子込んで先日案内人, 調子迄も変えて, 調子へず, 調子違いの結果, 調子違っている, 調子違った行きかたを, 調子遠近奥行き容積重さ, 調子重ねの取り合わせ, 調子を燻し, 調子鋭き叫び声は, 調子面白くはやしたてたので, 調子までもうすっかり, 調子風狂も亦