青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「調~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰 誰~ 誰か~ 課長~
調~
~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子 調子~ ~調査 調査~ 談~ 談話~

「調~」 2093, 23ppm, 5104位

▼ 調~ (235, 11.2%)

6 もって 5 なして 3 巧に, 帯びて, 弾いた, 成就し, 用うべき, 用うべく

2 [13件] あは, して, つくって, つくりながら, 冒して, 受けて, 学びしかども, 容赦なく継ぎ合せた, 用ゐたる, 耳に, 見よ, 試みて, 響かせながら

1 [180件] ある点, いちはやく理会, おのずから要求, おびた, かえた由, かき鳴らす, かたちづくるの, これに, さへ, されて, した, その武装, その轟き, つけて, つたへる, とり戻したらしい, とり戻すこと, とり込む様, なした, なしたまでの, なした人, なし得るもの, なすところ, なすは, なす人, なす六七五調, なせるもの, なつかしむ, ひいた自分, ひいて, ひっそりと, ひつそりと, ふりかざしその, まざ, もった節廻し, もてわが, ゆたかに, 一に, 上手に, 世に録, 主としてゐる, 主張し, 乱す気, 今の, 代表する, 仮せしに, 休むと, 作るの, 便利な, 借りて, 借りなければ, 傾聴した, 全うし, 全うした, 具えて, 凝らして, 出さんと, 出来るだけ, 刻むといふ, 加えたあの, 加え次第に, 半分ほど, 取入れて, 口に, 合せる, 同じうせしか, 吹き出しお座敷, 味い学びたい, 味ふ, 味わっても, 問ふ, 失い結合, 失う口実, 失った, 失ふと, 奉らん, 好んで, 子に, 存し, 存外すら, 学ばんと, 学びしこと, 学びし事, 学び初め, 学ぶ元義笑つて顧ざる, 学んだので, 学んで, 完うし, 実行し得た, 尊んで, 帯びたが, 帯びたその, 帯びたところ, 帯びた声, 帯びた恋歌, 帯びてる, 帯び悲哀惨憺, 帯び甚, 帯び賛美歌, 帶びて來つた, 帶び來つた現在は, 帶べ, 常識的に, 引いて, 強めました, 弾いたすると, 彈じ, 得篳篥, 心掛けた結果, 成さしめて, 成さず, 成して, 成す, 成す松風, 手ほどきし, 打ち立てたこと, 捨てて, 改めないで, 整へ, 整へる, 日本の, 昨今は, 有しながら, 概論すれ, 欠いて, 混じた故, 混入した, 渡して, 為さ, 為す六七五調, 爲し, 爲すに, 狙ひ過ぎ, 用いたるところ皆, 用いてたら一番前, 用う, 用ゐ, 用ゐた, 真似た極めて, 知らずただ, 知るもの, 破って, 破らんとて, 破壊し, 笛で, 等しくする, 終えること, 聞きながら, 聯想せしめる, 脱して, 脱する能, 脱れた, 脱却しなけれ, 落とすこと, 装ふと, 見い出したであろう, 見ても, 見出して, 覚えたこと, 解したる時, 解せざるがため, 解せず, 課せられて, 調和し得たる, 謳いつつ, 讚美し, 責めて, 賦した, 輕くさ, 辞して, 迎うる, 送つた歌, 這個の, 這箇の, 通わす幽, 選んだかといふ, 選んで, 銀の, 離れること, 頭に

▼ 調~ (212, 10.1%)

5 歌を 4 詩の 3 味は

2 [14件] あからさまに, あるの, いいところ, ために, ものが, ように, 句, 幼稚な, 歌である, 歌にて, 流れが, 詞曲に, 詩が, 雄弁が

1 [172件] あがれること, あしき處, いいもの, いい文章, いい難い, いにしへより, うちに, える以上, かなしきに, が上手, こ, こなたに, この一首, しかも貫, しっとりと, すべてを, ためであり, ためである, だらしない, ところが, なかの, はえか, ひすぎたきらひはありますけど, ままの, まま書かれ, もと, ものである, ものなれ, ものを, よい方面, ようである, よろしいもの, わびしさ, サンプルという, セリフを, バイオリンの, ユニイクな, ヴォカビュラリーは, 一代表的技法を, 一大交響楽であっ, 一節には, 一節を, 一語を以て, 一面が, 三つの, 上では, 上において, 中から, 中に, 中には, 中間に, 主流と, 人生感且つ, 付いて, 伝授を, 体を, 佳いところ, 例で, 俳句が, 俳句も, 傳ふと, 先蹤を, 党馬や, 写生の, 冴えが, 冷たい声, 分子を, 制度は, 勉強が, 區別を, 単純素朴が, 厳かな, 叙事詩的なる, 口説である, 古典では, 名詞止めの, 和なりと, 和歌を, 唄が, 善惡と, 園, 均斉は, 報いえさせむと, 多いの, 大きく堂々, 奇想を, 奥から, 妙味実に, 尊さ, 小唄, 屋号が, 平滑な, 広告文, 弔詞を, 弥撒曲の, 復活とも, 情けない魅力, 抒情味の, 挟み撃ちには, 掻き合わせ, 擬古作品を, 整厳なる, 文語体で, 新体詩などを, 新體詩, 旋律な, 日本語を, 時代だ, 根幹を, 歌と, 歌と共に, 歌の, 歌は, 歌人であった, 歌人として, 武家坡の, 歯切の, 汾河湾とか, 汾河湾よりも, 渾沌として, 演劇殿堂は, 熟語や, 狂歌に, 現象が, 琴柱の, 番組を, 疳癪声で, 真似手の, 研究とかいう, 私的評論が, 竪琴と, 端正なる, 第二, 結句で, 結句と, 結果を, 絶えないよう, 緩急韻で, 美しさ, 自身の, 芝居は, 行届かぬの, 表現は, 裏枯声で, 言葉など, 詞づかひ, 詩である, 詩に, 詩を, 論を, 論文の, 譜とが, 譜とを, 足しに, 迷夢から, 部に, 長所と, 長歌に, 雄弁で, 雛, 面目が, 音に, 音を, 音楽と, 音楽とが, 韻律された, 高い自分, 高きため, 高きは, 高きを, 高くなる, 4

▼ 調~ (181, 8.6%)

76 の部屋 54 はこう 3 の残し, はそれ, は脣 2 に入門, の倅, の眼, の言葉, は寝床, は自分, は金網, は静か, は黙っ, へ

1 [130件] がおったなら, がせっせと, が一生, が何ん, が出し抜け, が参った, が声, が太鼓判, が戻っ, が斉彬呪, が本当に, が死ん, が死んだ, が深雪, が百城, が立, が笑っ, が筆, が考え込んだ, が自害, が襖, が軽輩, が近々, が首, さえそう, じゃ, だけ死ぬ, って野郎, ではあった, でもいい, とがちらっと, との眼, と云う, と取計っ, なぞのすでに, にある, にこう, にねだっ, にはこの, には好意, には返事, に代った, に無かっ, に行, に遠慮, のいう, のいった, のかんかん, のこと, のところ, のもと, のやった, の一面, の人物, の件, の供養, の利殖, の受け, の声, の妾, の居間, の心底, の手, の死, の死んだ, の深い, の爺め, の神経, の罪, の臥床, の親切, の許, の金, の頭取, の風評, はこうして, はその, はそのまま, はもう一度, は一息, は一生, は云いすて, は偉物, は十分, は半分, は叫ん, は可哀そう, は国許, は夜具, は少し, は島津家, は微笑, は心, は思い出し, は手, は斉彬, は江戸下り, は洋書調所, は熱, は番頭, は畳, は白麻, は目, は眠っ, は立, は立った, は答えなかった, は老人, は肩, は膝, は自滅, は蒲団, は行燈, は袋, は鈴, へざまあみろ, へ差出し, もこれ, も一寸, も協力, も指, も熟睡, も老い, を一つ, を九段坂下元小姓組番頭格竹本主水正正懋, を失った, を御, を探る, を敵, を途中

▼ 調~ (138, 6.6%)

3 した, して, なったの, なるの, 非ず 2 あは, なつて, まじれる, ゆき銀笛, 定めたと, 近きか, 適合せしめ

1 [109件] あはせ, あらざるやの, あらずや, あらずやと, あらず大統領, いえば, したもの, なったらまるっきり, なった日本, なって, ならって, ならないかぎり, ならなかった, なりもしまた, なり勝ち, なり得なかった, なると, めいめいの, もって, もどって, よせて, よると, スラスラと, 下げて, 付金三百疋下賜, 任ぜ, 似た悠長, 似た物, 似ない巧, 何処かに, 倣ひたる, 入らん時, 及ぶもの, 取かかったり, 合せる位, 同じ麗らか, 命じて, 和合し得, 嘆じ, 堪えて, 変って, 変ります, 定めたが, 寄せて, 富んだ雰囲気, 対抗を, 就任する, 庶幾く, 弱音から, 復しかけて, 復したもの, 復った, 復りきらない, 徴状を, 心絃挽歌寥々として, 思わず耳, 惹けたやう, 愛敬あり, 感心した, 慣れぬ胸, 懶殺せられ, 戻すため, 戻つて, 於ても, 日支の, 比して, 比較せよ, 澄まし返って, 激し, 用いたるは, 用ゐたる, 癒や, 移り得ない前, 笛を, 答へて, 統一せられ, 緊まっ, 緩急文野の, 耳を, 聽かれんことを, 見とれない者, 訳し直し, 近いから, 近い句, 近い形, 近きやう覚ゆ, 近き事, 近き者, 近くなっ, 近づいた嫌, 返して, 返そうと, 返って, 返ろうとは, 追随し, 逆転しよう, 通わせて, 遊んで, 過ぎないの, 還って, 配合され, 陥り居らずやと, 雜る, 非ずや, 音は, 響いたの, 響くから, 頓着し, 飾った内容

▼ 調~ (128, 6.1%)

10 うよう 8 った 5 ったり 4 っていた, つた, われて 3 うと, ふやう, ふ様 2 い出した, だした, ったの, っている, ふ

1 [74件] いながら, いなすったん, いました, い半分, い始めた, い始める, い居るところ, い方, い返した, い過ぎたん, う, うからいけない, うたび, うつもり, うとは, うの, うのかしら, うもの, うんだと, う事, う勇気, う暇, う様, う父, かける, じゃない, たがる台助, たくなった, だす, ったこと, っただけの, っちゃ, ってくれる, ってみ, ってみる, っても須永, ってやろう, って代, って焦らし, って縋付い, って苛, って見た, って誠太郎, って通った, つたり, ている, となれる, にお, にやっ, に私, はれたり, はれようが, はれる, はれると, はれるに, ひあそばすゆゑ, ひなさらなかつたが, ひ出した, ひ居るところ, ひ面, ふつもり, ふ勇気, ふ樣, ふ眼付, られて, られると, わなけれ, われずに, われたって, われたん, われました, われるの, われるほど, われる自分

▼ 調~ (82, 3.9%)

3 俳句の, 和歌の 2 あって, あると, ある故に, なくて

1 [68件] あった, あつた, あり極, ある, あるけれども, あるという, あるゆえに, いかにも好く, いたずらに柔軟微温, その芸術, それだ, ちょっと船, つかねえ, とぎれ, なくなって, のびのびとして, はじめてズバリと, ぴったりしなくなり, ほの暗い闇, ぼきり, まことに快い, もどるうち, もはや吾等, やっと一通り, スッカリ変っ, 一番哀しく美しい, 万葉人的生気を, 下なる, 乱れた, 京から, 伸, 保ち難, 出ず旅芸者, 出て, 力を, 合って, 基本の, 奏でしこと, 存し, 当時の, 後世の, 快く音楽的, 思想と, 悪い, 明朗, 概ね直線的, 欲しい, 歌って, 此歌に, 波の, 清らかで, 済んで, 減って, 無くて, 生れて, 破壊される, 私の, 突然空, 能く, 自然の, 色彩の, 血と, 見えぬの, 見事に, 読んで, 食えるん, 驚くべきもの, 高いが

▼ 調~ (82, 3.9%)

3 云った, 始まる 2 やらうかと, 吹聴し, 唄われるさえ, 書いて, 歩き出した, 自分とは, 行つた, 面白い

1 [60件] あしらうもの, いける, お前の, くだけて, ござります, しかも第, そうした断片的, たずねた, たださえ, なかでも千樫, なかなかいい, なかなか高, ひどく勇ましい文章, ぽつりぽつりと, やる, わざと兄さん, ツイと, ヨ, 一席やる, 上って, 云つて一寸突つ立つた, 伴奏を, 佐倉ソウゴロ, 佳い歌, 光三は, 十間許り, 反射し, 受け答, 吟じて, 命令する, 唐犬ゴンベエ, 囃すが, 四郎は, 変な, 大言壮語した, 庭の, 揉まれたり, 描き出すところ, 書かれた感想, 朗吟しはじめた, 松太郎が, 歌う, 歌って, 止めて, 水戸黄門, 特有な, 猛然とはむかった, 社会時評を, 神意を, 統一せられた, 草木の, 落着き払って, 表現した, 言いました, 言つて輕い, 言ふ, 語を, 謡って, 述べるの, 飜訳せざる

▼ 調~ (78, 3.7%)

2 五七五調の, 擬しがたき, 私の

1 [72件] あたかも最前, いづこ, おのずから痛切, かの笛ふき, げにいかなる, この時あらた, この絹布, さまで激越, すべてなだらかなる, そういう手軽, その山車, その普及, ないから, ないといふ, ない字, なむに, なんとなく饒舌, ぬみちのく山, ねばだめ, ひとり読む, まさに感じ, まずいが, むしろ意匠, もはや美, やがて絶海, やはり後鳥羽院, やまぬ松, 一そうおもしろい, 二十一歳以上六十歳以下の, 人麿あたりから, 人麿でなけれ, 人麿の, 人麿ほど, 偽りである, 到底国, 十七字歌の, 単純でした, 古今風が, 地獄の, 天平に, 太く余り, 女の, 好かれ悪かれ西行急, 家持あたりが, 山で, 平常よりも, 年の, 幾分純粋, 我に, 擬し難き, 時間的には, 構圖と共に, 次第次第に, 流行した, 深し, 溪水の, 特別の, 短ホ調, 破れて, 稍弛ん, 稍弱い, 立田川月の, 絹, 総てなだらかなる, 總て, 耳より入りて, 能く, 荒鷲の, 誰も, 貴むべ, 院の, 顫が

▼ 調~ (63, 3.0%)

3 なつて, なりて 2 いって, いふ者は, なるべし, 明治の

1 [49件] いい去るには, いうべきか, いうべきもの, いえないこと, いえば, いふとも, いふを, おぼしき句, すること, するならば, たけ高調とを, なったもの, なつた, ならぬけれども, なり五丈原頭凄惨, なり純, なるべき一色, なるべき緑, なるもの, はいふもし, アリア, オモムキが, 三四郎の, 下図の, 云ひ, 云ふ, 同額の, 哀婉切々の, 変つた, 天保調との, 天保調の, 天明調との, 思えば, 思へる句, 態度は, 新調とを, 暢びらかに, 申す, 申す万葉, 申す萬葉, 称して, 築地調とに, 絶対主義を, 言うて, 言ふ, 趣向とを, 軍隊的戦術的および, 違った重厚, 音色の

▼ 調~ (47, 2.2%)

42 木工は

1 [41件] いつもの, かけて, がたしと, これに, しみこんで, たの, たまひ, たる金なる, たる食を, た反射器, た娘, た新, た龍夫, つ, てあつた, ていざとばかり, なかつた, むと, ようと, られる早処女, んは, 下さると, 丹田を, 之を, 供饌を, 候丈は, 出発しよう, 又は小舟, 善行者は, 夫に, 旅隊を, 日本媼の, 智者は, 林の, 留守を, 畢り, 直すやう, 給ふなり, 貰ひし, 辞世の, 饗せらる

▼ 調へて~ (26, 1.2%)

2 上るよと, 謂は

1 [22件] ある其の, おいた, お廂, くれるか, ゐる娘, 両国から, 人に, 呉れるか, 子供の, 居りました, 居り幸徳, 川端の, 携へ, 来ましたれば, 柳原土手の, 校長の, 献上仕る, 置きながら, 船に, 謂はば, 運ぶこと, 重立つ人々

▼ 調~ (24, 1.1%)

3 べる 2 へて上げられる, へるがね, べられ

1 [15件] えた形跡, えなさい, えましたが, ぶる事, へてくれ, へて呉れ, べその, べておく, べてみ, べてみた, べてみる, べて帰っ, べにやって来, べ二つ三つ, べ方

▼ 調所殿~ (24, 1.1%)

2 の御

1 [22件] が咎め, が敵党, が見込まれた, のあずかり, のため, の一生, の二世さん, の仰せ, の前, の功績, の命, の後, の急死, の死すべき, の相談対手, の負わね, はこの, への知己, よりお話, を初め, を殺す, を訴え

▼ 調~ (20, 1.0%)

2 から出る, に呼ばれ

1 [16件] からかえされた, から秘密, が出来, で三宅, で小耳, にし, に入っ, に出された, に呼ばれた, に引張り出され, に歩い, に現われた, の壊れかかった, の模様, の真中, へ行っ

▼ 調餌室~ (20, 1.0%)

2 の前, の連中

1 [16件] かそれとも, から爬虫館, というの, というもの, という建物, に入っ, に搬, の主任, の人たち, の人達, の内部, の直ぐ, へと考えられる, へトラック, へ搬, を想像

▼ 調馬師~ (19, 0.9%)

2 の細君

1 [17件] が自分, だった, でなければ, として七年大佐, には吾家, に事, に出会った, に牽かれた, のサイラス, のジョン, の利害, の夫人, の家, の惨殺, の死体, の耳, の黒川

▼ 調~ (18, 0.9%)

6 有之

1 [12件] おのずから華朗, この粛然, のびのびと, 万葉歌人全般という, 出て, 大きく荘厳, 定てこ, 手に, 母が, 清らや, 美しく, 聞こう

▼ 調~ (17, 0.8%)

2 つた

1 [15件] つたもの, つた嬉し, つて, では困ります, はうかと, はうと, はれたやう, はれでも, ひながら, ひ出した, ひ気味, ふ, ふと給仕, ふ気, ふ程

▼ 調から~ (14, 0.7%)

2 いえば

1 [12件] 出る無邪気, 和蘭陀絵の, 哀願する, 招かる, 独逸語に, 盤渉に, 破って, 脱却せん, 見て, 除外された, 離れて, 離脱し

▼ 調~ (11, 0.5%)

1 [11件] のであろう, のです, ので忽ち, ので恰も, のよ, 北國の, 口吻で, 殆ど紀行文, 経過を, 英語で, 言葉を

▼ 調なる~ (11, 0.5%)

3 ものが 2 一種の, 者が 1 か, ものと, ものは, 月給取

▼ 調ぶる~ (11, 0.5%)

1 [11件] がよろしい, ことあり, に元来, に餘念, は下司, は深き, ほどますます, ように, を専ら, 用件が, 者が

▼ 調馬場~ (11, 0.5%)

2 がある 1 があり, だけだ, で馬, のある, のすぐ, の厩舎, の彼方, の柵, も見逃し

▼ 調~ (10, 0.5%)

1 てささげ, てとかける, て上げる, て今昔, て僕, て出した, て祖霊, て鉱山用, 人が, 合せを

▼ 調である~ (10, 0.5%)

1 がいい, がこれ, がなか, が必ずしも, が結句, ことは, のに, のにこの, 丈で, 経験的傾向を

▼ 調~ (10, 0.5%)

2 たる人, られたる 1 てのみ往くべし, て而, て誹謗, ぬれば, られたる騾, 善く己

▼ 調という~ (9, 0.4%)

3 ものは 1 ことを, ところで, のかナ, ものも, 中には, 特性は

▼ 調~ (9, 0.4%)

1 があつ, しかもその, しか取, て, て今, を以てする, を失ふ, 候上は, 日曜毎には

▼ 調~ (9, 0.4%)

5 羅坊は 3 羅坊の 1 羅坊という

▼ 調あり~ (8, 0.4%)

2 といふ, 悪き調 1 ということ, 御坐います, 惡き, 愚痴ありのろけあり

▼ 調~ (8, 0.4%)

21 ああ短ホ調, つたのに, とおもう, とかいふ事, とかこの, 可かろう

▼ 調~ (8, 0.4%)

1 あるいは, はらかに, 万葉調が, 僧侶の, 八五調の, 其他の, 好戦癖を, 錦繍振りが

▼ 調~ (8, 0.4%)

1 つたり, との幾つ, はれたもの, はれようが, はれる, はれると, ふ樣, ふ眼附

▼ 調つて~ (7, 0.3%)

1 ゐた, ゐて, ゐます, 居り贅澤さ, 居るの, 居れば, 行くありさま

▼ 調にて~ (7, 0.3%)

3 少しも 1 あらば, 千態万状を, 嘲る, 始まりしが

▼ 調には~ (7, 0.3%)

3 なだらかなる 1 何か, 大分私の, 肯んじ, 読者諸君も

▼ 調へる~ (7, 0.3%)

1 ことが, ことも, ことを, に好い, に心付き, に若く, 上の

▼ 調戯半分~ (7, 0.3%)

2 にあなた 1 に, に君, に実際, に言った, の叔父

▼ 調~ (6, 0.3%)

2 なりと 1 なるもの, のみなら, の物, を求め

▼ 調戯つて~ (6, 0.3%)

2 ゐる, 行き過ぎる 1 代助, 焦らして

▼ 調所笑左衛門~ (6, 0.3%)

1 が一人, と改名, のこと, は十年, は年一度, を訪い

▼ 調~ (6, 0.3%)

1 が当家, に惚れ込ん, の事, の人, もその, も頼もしい

▼ 調~ (5, 0.2%)

1 て塞, て戒行, て猝, や知らね, 詔あり

▼ 調では~ (5, 0.2%)

1 あるが, なく散文, 戸数は, 最早や, 決してありません

▼ 調といふ~ (5, 0.2%)

2 事を, 語は 1 のは

▼ 調とか~ (5, 0.2%)

1 万葉調とか, 擬古調とか, 破格といふ, 萬葉迷執とか, 限定する

▼ 調にも~ (5, 0.2%)

1 あらざる一種, あらずわれら, その他の, 似て, 似通ふた

▼ 調~ (5, 0.2%)

2 奧樣風これをば 1 に於, 奥様風これをば, 時いたれ

▼ 調弄気味~ (5, 0.2%)

1 にそつ, になつ, になつて, に京訛, に訊い

▼ 調~ (5, 0.2%)

3 をし 1 がある, の残り

▼ 調~ (5, 0.2%)

1 ある日, され淡い, の方法, を見せた, 或はマチス

▼ 調~ (5, 0.2%)

1 などさすが, の指揮, は主人, は侍, は未

▼ 調として~ (4, 0.2%)

1 お眼, 会見しなけれ, 出頭する, 受けとられる要素

▼ 調など~ (4, 0.2%)

2 いふ調の 1 いう調, いふ事

▼ 調~ (4, 0.2%)

1 の代り, を免ぜ, を取り, を徴乞

▼ 調弄つて~ (4, 0.2%)

1 ゐるの, ゐる間, 見たくな, 見て

▼ 調~ (4, 0.2%)

2 して, するの

▼ 調~ (4, 0.2%)

1 して, し其の, する大, を取つ

▼ 調歌人~ (4, 0.2%)

1 ということ, によつて, の伊藤左千夫等, は人間

▼ 調~ (4, 0.2%)

1 の事, の見込み立つべき, の道, を奔走

▼ 調する~ (3, 0.1%)

1 ものであった, ように, 計画を

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 てステテン, て手拍子, 灯を

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 いた, 愈々お前, 見ましょう

▼ 調であっ~ (3, 0.1%)

1 て万葉, て今日, て西文

▼ 調でも~ (3, 0.1%)

1 あった, あるが, なすってるよう

▼ 調との~ (3, 0.1%)

1 ある直観的把握, 中間に, 相違による

▼ 調とは~ (3, 0.1%)

1 云ひ, 是で, 言ふもうた

▼ 調を以て~ (3, 0.1%)

1 凡百の, 詠まんと, 詠む時

▼ 調~ (3, 0.1%)

3 食調の

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 が為す, たらしむる, は遠く

▼ 調弄う~ (3, 0.1%)

2 て居る 1 のも

▼ 調強き調~ (3, 0.1%)

2 などいふ調 1 などいう

▼ 調所様~ (3, 0.1%)

1 はこっち, はよい, も

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 が御所, に夜, の器

▼ 調~ (3, 0.1%)

2 の牲 1 はその後

▼ 調神社~ (3, 0.1%)

1 に集まっ, の方, へ参詣

▼ 調~ (3, 0.1%)

2 にて終六言 1 を毎々

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 ださうだねえ, です不浄, のこと

▼ 調~ (3, 0.1%)

1 の主, の知識, の美術

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 で他, へし

▼ 調たる~ (2, 0.1%)

1 が故, に施寧

▼ 調であった~ (2, 0.1%)

1 ということ, のである

▼ 調でない~ (2, 0.1%)

1 のが, 方が

▼ 調でなく~ (2, 0.1%)

2 屹度大

▼ 調とが~ (2, 0.1%)

1 田山白雲によって, 自分の

▼ 調とも~ (2, 0.1%)

1 いい得るが, いふべきもの

▼ 調とを~ (2, 0.1%)

1 懷しく思ひ出し, 現代世相の

▼ 調と共に~ (2, 0.1%)

2 最も

▼ 調ながら~ (2, 0.1%)

1 まんざら全く浮薄, 暗くは

▼ 調なり~ (2, 0.1%)

1 しを, 内容なりが

▼ 調につれて~ (2, 0.1%)

1 うつくしい勇士, 幾組の

▼ 調により~ (2, 0.1%)

1 血液の, 銅山の

▼ 調ばっ~ (2, 0.1%)

1 ていない, ていぬ

▼ 調ふる~ (2, 0.1%)

1 にいたれる, に青黛

▼ 調ぶべき~ (2, 0.1%)

1 事これまた, 百五十個が

▼ 調へたり~ (2, 0.1%)

1 給金の, 部屋の

▼ 調または~ (2, 0.1%)

1 漢詩調より, 言葉を

▼ 調やら~ (2, 0.1%)

1 辞令やらを, 辭令やらを

▼ 調より~ (2, 0.1%)

1 ましだろう, 受ける吾

▼ 調よりも~ (2, 0.1%)

1 ゆるやかなる, 太い

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 ぞ, のさ

▼ 調五九五調五十五調~ (2, 0.1%)

2 の句

▼ 調五八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.1%)

2 にて終六言

▼ 調五十五調~ (2, 0.1%)

2 の句

▼ 調伊企儺~ (2, 0.1%)

2 の妻大葉子

▼ 調候丈~ (2, 0.1%)

1 は給候, は給候爲め

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 の優勢, の第

▼ 調六七六調六八六調等~ (2, 0.1%)

2 にて終六言

▼ 調六八六調等~ (2, 0.1%)

2 にて終六言

▼ 調劑室~ (2, 0.1%)

1 であつ, にも醫員

▼ 調呂旋~ (2, 0.1%)

2 であるべきこの

▼ 調四分の二拍子それ~ (2, 0.1%)

2 が最後

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 に, に聖母頌

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 と音楽的律動, はフィルム

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 しく口, しとか

▼ 調成功~ (2, 0.1%)

2 の時期

▼ 調戯ふつ~ (2, 0.1%)

1 もりなの, もりに

▼ 調戯れ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ながらも彼等

▼ 調枯淡~ (2, 0.1%)

1 な作品, に過

▼ 調~ (2, 0.1%)

1 には無い, は

▼ 調自身~ (2, 0.1%)

1 がそう, だと

▼ 調興象~ (2, 0.1%)

2 の合

▼ 調色板~ (2, 0.1%)

1 の油壺, は乱雑

▼1* [246件]

調あしく口に, 調あらば, 調ある声, 調はゆる, 調いひ替へれば明治新調, 調うる事なかれ, 調りくおその二人にて, 調はる, 調かと思ふ人, 調かなでて, 調からの脱化を, 調からは一つ高い, 調させた見積り書とを, 調しかもおのづか, 調したもので, 調し得し眞先の, 調す法を善く, 調す者があった, 調ずること得意なれ, 調ずる細君と臆断, 調しめて, 調たる所を聞く, 調だったということ, 調てしまひ, 調つたのとは町中, 調つた六疊たしなみの, 調つた少女の上, 調つた時私は何, 調つた景色の歌, 調つた歌が少し, 調つた話をする, 調つた頃奥様は台所, 調つた顏に力んだ, 調つた顏容といひ, 調つた顔に力んだ, 調つた鼻よりも何, 調つて來たが, 調つて焼地に焦りつく, 調つて行つてゐること, 調でありそしてここ, 調であるべきだなどとは云はん, 調でいらっしゃるらしく何よりです, 調でしたからお雪ちゃん, 調でしょうか, 調ですから融通, 調というは監督の, 調といったような, 調といふは理窟めきた, 調としての本格である, 調とぞ言ふなる, 調とでも命けて, 調とに区別される, 調とを以て遣る種, 調なき愁ひ, 調などと較べると, 調などに入り次に, 調なりがその傷痕, 調なりといふには, 調なりというこは, 調なるべきであるが恋歌, 調にさえたれひとり苦笑, 調について書いて, 調につき啓發する, 調によつてう, 調によって落着を, 調のみならず広い, 調はずとは誰, 調はずして新田, 調はず動植漸く衰萎, 調はず国の風俗, 調ばかりの句を, 調ひかねてきまり, 調ひたる頃は, 調ふと矢玉の, 調可きこ, 調ぶれば調, 調へしかど鞍空しく, 調へてはおらぬの, 調へても樂と, 調へてをりました所, 調へにかそんな詮議, 調ほど切実でない, 調みな白雲先生の直伝, 調むるは實に難し, 調む己を調むるは實, 調やさしき断章小曲の, 調らしに出た, 調らしく見ゆれど実際, 調らべたら何んでも, 調ブル時ノ為ニハ入用ナレバ一枝, 調耳ニハ常, 調ベズニ打チ棄テテオカレタナラバ貴官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス, 調ベタリスルノデ若奥様ト聞クト女中達ハチリチリシテイル, 調ベルヨウニ詳細ニ彼女ヲ調べ始メタ, 調ベ深呼吸ヲサセ携帯用ノ心電計, 調ベ矢ヲ矯ム, 調モードをどんなに, 調一高又七, 調不調の結果, 調教授のみ, 調の, 調主義の音楽, 調を拡げ, 調れざること, 調云々といふやう, 調以上の変った, 調会衆は皆, 調使丸という召使い, 調俳句にていは, 調候ため渡來之異船而已, 調はらざる文士, 調先生昂然として自ら蕭何, 調先生私かに自ら当代, 調を顧, 調しようと, 調制しもってそれ, 調制すべきことを, 調よりも派手, 調の方, 調劑助手に強請つて, 調勅撰集入選の為, 調高きは, 調十四行を一つ, 調十四行詩がこの, 調ことごとく心, 調唐辛子調で面白い, 調問題が八釜, 調嚴正なるますら, 調四通中二通計三通分, 調国語調を調和, 調とか蟹沫塗, 調を行い, 調声人を嘲ける, 調る神, 調の手末, 調という扱い, 調が成り立った, 調がって離すまい, 調実は平和の, 調実言を換, 調少しく異る, 調川島のため, 調庸二年を復し, 調弁論などの手続, 調弄ってやらう, 調というもの, 調して, 調息數息の道, 調をなし, 調或は堂上風など, 調戯いに来た, 調戯うに当人の大原, 調戯うのはない, 調戯つて誠太郎と遊ばう, 調戯ひなどした, 調戯ふんだと, 調戯れたものです, 調戯われたり, 調戯半分岡田を怒らした, 調戯半分彼女に訊い, 調戯半分茶の間の方, 調戯面にあてつけた, 調戯顔に, 調所あれから密貿易, 調所さんのため, 調所め何う申す, 調所一人の自, 調所党の顔触れ, 調所教授となつ, 調所教授森山は才氣, 調所笑左の密貿易, 調手末の調, 調を以てし, 調掛兼勤となりし, 調へてズン, 調を求めざるべからざる, 調摂し且つ能うべく, 調教授が駆けつけ, 調文学で押し通す, 調の有利, 調旌旗とどよもし, 調明快でありながら, 調時代の二葉亭, 調月光ほのかに心, 調の曲, 調に恣, 調構図色彩等の相, 調は新, 調あり試合, 調と墨, 調しうるの, 調流行がきざしかけた, 調清き樂に, 調温器があっ, 調に待ちましょう, 調とりて, 調生活は当時私, 調略トイヒ弓矢ノ面目, 調略策動をやった, 調番所へ名前, 調発すその毛, 調盤渉調黄鐘調といったよう, 調短歌固定時代にも言, 調するの間, 調程が出来ないこと, 調笑等の企て, 調等それらを如何, 調簿をもっ, 調を値切, 調を緊め, 調の走る, 調をゆるめ, 調の者, 調美しき讃歌の, 調美之体いとにが, 調の大部屋, 調を管理, 調衣部へ出し, 調仰付, 調詠歎調であって, 調にていは, 調して, 調諧相應ずるもの, 調して, 調の御, 調貢収税も怠っ, 調貢船を狙っ, 調辨等にも己, 調運動を爲, 調配したのが, 調里坊かあ, 調顔は, 調面白く吾も, 調音楽もあれ, 調食法に最も, 調馬中に筋, 調馬師兄弟はすべて道路, 調馬師夫婦で越智, 調馴した獣を, 調馴することに, 調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 調高し鼓舞作興の, 調高し幽草の, 調もしない, 調黄鐘調といったよう, 調鼓草の鼓