青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「課長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰 誰~ 誰か~
課長~
調~ ~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子 調子~ ~調査 調査~ 談~

「課長~」 1508, 16ppm, 6941位

▼ 課長~ (469, 31.1%)

5 博士の 4 部下を 3 いった, そういっ, それを, 叫んだ, 机の, 首を

2 [22件] がっかりし, そう言っ, それに, ただの, ほんとうに, 今夜の, 今日俺の, 大湯呑, 居るだらう, 彼の, 後を, 新田先生の, 椅子から, 満面を, 溜息を, 無論唯若い, 目を, 自分の, 蟻田博士が, 衝立の, 顔を, 驚きの

1 [398件] あせり立った, あまりにも, あまりのばかばかし, あらためて部下一同, あわてて, いかにし, いきなり声, いささかふるえ, いささか得意, いそいそと, いって, いま出, いらいらし, うなずき, うなずくと, うなって, えらいこと, お花, かざりけの, かんかんに, きかない体, きつい顔, きらりと, けっして生活権, この事件, この光景, この場, この大, この怪人, この火星兵団, この言葉, こびるよう, これに, ご機嫌, ご自慢, さっきから, しばらく地上, じろりと上目, すきな, すぐさま怪人, すぐに, すぐ新田先生, すこし周章て, すこし暗, すこし顔, すっくと立ちあがった, そういう, そうでなかった, そう呼んだ, そこで, そこでいつ, そこで溜息, そのあと, その仲間, その善後処置, その報告, その報告文, その場, その夜, その悪漢ども, その日, その時, その朝, その翌日辞表, その警官, その途端, それが, それと, それには, それに対して, たいへん興奮, たずねた, ただちに自ら指揮, ただにがにがしく, ためいきを, だまって, ちょうど麻布, ちょっと言い, ついにそういっ, ついに前進, つつしみ深い, とうとう一大決心, とうとう本音, ときどきそれ, どうかし, どうした, なかなか出, なるほどと, にがにがしく顔, にがりきって, にこにこし, にわかに別人, はじめて頬杖, はじめの, はっきりしない, ひとりごとを, ひとりで, びっくりした, ふしぎな, ますますいきりたった, また言っ, まだ誰, まどろこしい, むりな註文を, もうその後, もうグッスリ, もう部屋, もしや外, もちろん面くらった, もどかしそう, やっと一言, やにわに起上る, ようやく一大事, よくこんな, よっぽど洋裁, よほど驚いた, カンカンに, サッと青ざめた, ジュリアを, スックと, ツカツカと, ニコリとも, ヌッと, ホテルへ, ポントスの, ルウスに, 一人離れ, 一伍一什を, 一同を, 一向こだわる, 一夜明ける, 一日向こうに, 一旦自室, 一言で, 一言また, 一通りの, 一郎の, 三分と, 三十年間勤め, 上気した, 不審げに, 不審そうな, 不審に, 不思議に, 不機嫌に, 不満そうに, 不満の, 不真面目, 両国駅には, 主任刑事の, 九人の, 事の, 二つ三つ向こうの, 二十万円の, 云った, 云ったけれど, 五分間だけの, 五十を, 人気の, 人造人間を, 今その, 今宵三人の, 今日は, 今村の, 低く呻, 佐々が, 佐々の, 何か, 何が, 何とか博士, 何も, 何事も, 何故俺, 何気なくその, 余程口惜しい, 例の, 傍を, 元気者の, 先刻から, 先刻と, 先手を, 先生の, 先生を, 先登に, 其の儘桑港, 再びこの, 再び何等, 冗談とも, 冷かに, 函を, 刑事時代からの, 判断し, 別にそれ, 前の, 勝ち誇った勝軍, 勝手に, 勢い上そう, 化学反応の, 十分痛い, 半信半疑であった, 卓子の, 博士が, 博士に, 博士を, 厚く礼, 又叫んだ, 双眼鏡を, 受け取って, 口を, 口をへの, 叫んで, 呆気に, 呻った, 唖然として, 噛みつくよう, 固く主任刑事, 地上に, 地球の, 声を, 大いに迷った, 大きくため息, 大阪の, 天の, 失敬な, 失笑した, 奮然として, 安治川の, 客に, 室内を, 家具ドアの, 容易ならぬ, 寝衣, 小首を, 少しいらいら, 少し興奮, 尚も先, 崖の, 巨体を, 市三が, 帆村に, 帆村ほど, 帽子の, 帽子を, 年齢の, 庁内の, 強く言っ, 弾みを, 彼女が, 彼女を, 彼独得の, 後にも, 御存じない, 微笑し, 心の, 忙しい, 怒りに, 怒鳴った, 思わず体, 思わず卓子, 思わず太, 急に, 怪人に, 意地悪い, 愕い, 慌てたが, 慌て気味, 憂鬱に, 憤然として, 成宗巡査を, 或る, 手を, 指を, 挨拶に, 掛長の, 推定し, 改まった口調, 数日前に, 斜ならざる, 既に階段, 昇の, 昨夜来詰めかけ, 更に機嫌, 更に気がかり, 最も重大, 最初に, 最初の, 有名な, 木の, 机を, 村の, 校長と, 椅子に, 検事が, 検事の, 気がかりであった, 気ぜわしそう, 気を, 気色の, 永年の, 決然と, 油汗を, 泣きだしたいよう, 洋裁知らない, 涙を, 渋しぶ, 溜息ばかり, 火星の, 火星兵団の, 烈火の, 焼跡を, 煤煙禁止運動の, 照れくさそう, 狐に, 独り合点し, 独り言を, 玉川へ, 現場の, 用務員を, 目の, 目賀野を, 相変らず, 相手を, 眉の, 眉を, 真先に, 真剣に, 矢の, 石を, 禿かかった, 私も, 私を, 穴の, 突然竹法螺, 立上りながら, 笑いも, 笑い出した, 笑って, 経験で, 緊張を, 緘黙し, 練習場で, 聞くの, 聞咎めた, 肝心の, 肥った身体, 胆を, 背のびを, 胸を, 腹立たしいよう, 興味を, 舌打ちを, 舷から, 色々ガニマール, 苦が, 苦り切った表情, 苦笑した, 薄笑いを, 蜂矢が, 西村茂樹君なりき, 言う, 言った, 言葉と共に, 言葉を, 記者の, 話題を, 語気を, 説明しだした, 読み終わると, 調べ室の, 警察医の, 警視庁の, 警視庁へ, 走せ集った研究所, 車を, 車上に, 軽くうなずいた, 返事を, 重大決意のほどを, 鉱石の, 鋪道に, 鋭くいった, 間もなく臼井, 雁金検事の, 雪子の, 青竜王の, 面目ない, 面目なげ, 靴を, 頤で, 頭を, 飛びあがるほど, 駭い, 驚いて, 驚くべき報告, 驚愕の, 鮮やかに, 鶴の, 黙って

▼ 課長~ (314, 20.8%)

15 机の 10 前に, 顔を 6 所へ, 顔は 4 ところへ, 椅子に 3 処へ, 前へ, 手を, 方へ, 机を

2 [21件] そばに, 仕事は, 前の, 前を, 口から, 命令で, 姿が, 姿を, 最も世俗的, 机上から, 椅子を, 正体を, 気に入るため, 眼の, 耳に, 職を, 言うこと, 言葉に, 部屋を, 顔色を, 鼻息を

1 [202件] あとから, いって, お言葉, きも, こととて, このだしぬけ, さしずで, じろりとした, それとは, たまの, ところへも, にせ者, ひきいる突撃隊, ひとと, ひどい仕打ち, ふかい考え, ふとった顔, ほうへ, もとへ, ゆっくり書類, ような, ように, ポッター・フード氏を, ラジオ体操を, 一行が, 一隊は, 丁寧なる, 不眠に, 乗った自動車, 井下清君に, 仕業に, 位置に, 何とかいう, 信用三文不通の, 修養の, 入って, 写真であった, 冷酷峻烈な, 処から, 出るの, 出動を, 出動活躍, 出勤する, 出鱈目に, 利益だけ, 制帽とが, 制帽は, 前で, 労は, 勇猛心に, 卓上に, 呼ぶ声, 命令一下その, 問うの, 問に対して, 土井という, 堀口警視も, 報告に, 報告によって, 場合と, 境田氏が, 声を, 夢を, 大江山です, 大江山も, 大江山警視に, 大江山警部です, 大湯呑, 女秘書マデリン・ケリイ, 奴おれの, 奴が, 奴め定めし, 奴め恐ろしく, 姿は, 家庭生活と, 審問, 左セン騒ぎが, 席を, 当面の, 後へ, 後を, 後姿に, 後姿を, 心には, 心を, 心臓を, 意が, 感想この, 戦術は, 所に, 手で, 手に, 手によって, 指さす方, 指揮の, 指揮下に, 指摘した, 推察の, 揶揄も, 故幾野氏, 敏速な, 方が, 方じゃ, 方ぢや, 方で, 方は, 方を, 机が, 机上に, 杉山氏に, 杉山氏を, 村山が, 村山の, 村山面の, 某が, 柔和な, 案内で, 椅子が, 椅子の, 椅子は, 椅子より, 樺島正義氏を, 次席に, 武藤某氏が, 死骸の, 殺害事件は, 消息は, 犬, 生計の, 田鍋が, 癇癪の, 癖に, 目は, 眼は, 眼鏡が, 知って, 知らぬこと, 示した統計, 秘書で, 竹場好明氏会計課長の, 篠崎承, 紹介で, 耳の, 耳許で, 職と, 肝付兼弘氏と, 肩を, 肩越しに, 背後の, 腕を, 腕時計の, 腰巾着, 膝詰談判が, 臨席を, 自信を, 自宅に, 苗字だった, 苦しい胸, 苦しそう, 苦心亦, 虻熊警視が, 行方不明の, 見込みな, 視線に, 言うよう, 言う意味, 言付を, 言葉つきだった, 言葉には, 言葉は, 訊問である, 訊問に対して, 記憶の, 許へ, 誘惑を, 説明が, 談話に, 諸戸吉彦に, 谷山大佐は, 負と, 賞讃に, 辞職に, 返事は, 遺行, 部下は, 電話で, 霊腕に, 頓死と, 頭は, 頸の, 頼みも, 顏を, 顔が, 顔と, 顔とが, 顔には, 顔の, 顔も, 顔色は, 首に, 首へ, 驚きは

▼ 課長~ (120, 8.0%)

3 私を 2 声を, 洋服地を, 言った, 顔を

1 [109件] あっけに, いつもの, いま社に, うたがって, おばけの, お呼びです, お目通り, かんしゃくを, かんに, こともなげにいう, こんなこと, しばらくし, すこし弱り目, それを, とりなすよう, なんども, ひどく興奮, びっくりした, ふりかえると, また室内, まだ腰, もうしわけな, やられた日, 一人で, 一行を, 下に, 云った, 云って, 今しがたそこの, 今朝ほど, 仲裁する, 何か, 信ずるもの, 僕と, 僕等と, 先生の, 入り込んで, 公式の, 出た, 出張し, 勝手に, 勤まりましょう, 千葉の, 単身オートバイにて, 博士の, 取って, 口に, 古市加十が, 叫んだ, 叫んだので, 同席し, 吸いかけた煙草, 困った顔, 土の, 大きくうなずきました, 大学理科の, 天狗岩の, 奥を, 孤影凝然と, 学界の, 室を, 家出か, 尋ねた, 左センされ, 帆村たちと共に, 帰ると, 幻の, 引っ懸っ, 引出に, 彼に, 急遽上京, 悠然と腰, 悪いサ, 我輩を, 日本の, 有明荘に, 火の, 火星人に, 無理やりに, 爆発させた, 牀柱の, 皇帝に, 目賀野を, 眼を, 知るはず, 破れ鐘, 立ちあがって, 立った, 笑って, 箱の, 自席へ, 蒼く顔色, 言ったので, 誤射されたの, 謹厳な, 警視総監に対する, 警視総監の, 赭い, 蹶起した, 近づいて, 進みでて, 進んで, 酒場に, 重症の, 隣席の, 雁金検事の, 馳け, 黄表紙の, 黒川警察医に

▼ 課長~ (71, 4.7%)

2 いった, ちがいない, とりいる才子, 向って, 電話を

1 [61件] あれを, おさまって, おべ, お話しに, したん, するだろう, その旨, それを, たずねるの, なげつけた言葉, なにかささやく, ならねば, なる男, ぶっつけた, ヤルー衣裳店に, 今報告, 会うたんび, 会うと, 会った, 依頼し, 出さなくては, 出すはず, 出世した, 出逢った, 分って, 分る文句, 別れを, 取入るも, 向かい, 君は, 呑込ませ, 囁いた, 報告する, 声を, 尋ねた, 就任し, 居ても, 当る身, 憎まれて, 手わたしました, 抜擢され, 持ちかけられた, 接近した, 昇進し, 渡した, 渡しました実物, 示した, 福田と, 約束した, 而已取入ろうと, 耳うちした, 聞いて, 見せて, 誘惑され, 警告を, 賄賂を, 質問を, 進み明治三十二年三月二十八日, 面会した, 願って, 馴染の

▼ 課長~ (57, 3.8%)

4 して 2 お父さんと, たずねて, 勤めて, 呼びに, 肩車に, 隊長と

1 [41件] いたして, だきおこし背中, とりまき三人, どうん, のぞく全員, はじめおお, はじめ山ノ井小松などという, はじめ手練の, はじめ検察官一行は, はじめ警視庁の, やっつけた火星人, グルッと, 一口に, 中心に, 何かしら味方に, 促した, 元気づけたいと, 元気づけたい一心, 初め警視庁の, 助けて, 取りかこんで, 命ぜられて, 大変おどろかせた, 始め課員, 引きよせると, 必要と, 怒らして, 抱え起した, 拝命した, 接待し, 掴まえるから, 更迭しろ, 検事局の, 横あいから, 殺したか, 睨みすえると, 見た, 辞職し, 辞退せしめ, 順次に, 驚かせそうして

▼ 課長さん~ (54, 3.6%)

5 の所 4 のお 3 の令妹

1 [42件] あたくし, あの舞台横, あらためて凶賊二十面相, かなんか, がいったい, がもう少し, がよく, が使っ, が大きな, が男, が見せ, そのこと, だ, である, といっ, との関係, とも一人, と語りあっ, にぜひ, にもそう, にも申, にも睨, にも立会っ, によく, に取, に取り, に取り入ろう, の友達, の御, の意見, の方, は, は大阪, は居ます, は御存知, は赤外線男, への義理, へも, も赤見沢博士, やみんな, や部長さん, よくわかります

▼ 課長~ (46, 3.1%)

2 中村警部も, 声明し

1 [42件] あれで, あわてだした, そこではじめて, その場, ついに折れ, なければ, なるほどそりゃ, なんともいえなかった, にわかに自分, はっきり認め, まいった, まさか自動車, タイムスの, ルパンの, 今度は, 何か, 動かなくなる, 卓子を, 取り調べを, 困って, 声を, 大へん, 大阪支店と, 席から, 引入れられて, 待って, 思わず愕きの声, 息を, 我等の, 替は, 真剣な, 知らなかったけれども, 胸に, 苦笑した, 見極めること, 訴えて, 課員と共に, 課長だ, 面目まる, 首を, 驚いて, 黙って

▼ 課長~ (39, 2.6%)

2 ふたりの, 係長に

1 [35件] いい属官, ご懇意, し大いに, なったの, なり十月来, やってきました, 中村係長は, 中村警部は, 主任刑事の, 係長の, 保安課の, 初対面の, 同郷の, 大同小異の, 差向いで, 帆村探偵とが, 帆村探偵の, 帆村荘六とは, 思うもの, 手を, 數次の, 明智小五郎とが, 校長に, 検事とは, 火木は, 相対し, 禿頭問答を, 私と, 緊急の, 義一の, 考えを, 肩を, 蝋山教授は, 課員が, 部下二名は

▼ 課長~ (30, 2.0%)

5 を出 2 から出, の扉

1 [21件] から動き出そう, だよ, では今, で堂島, で鈴, につめ, に戻っ, に繋い, に電灯, の中, の卓上電話, の大きな, の机, の椅子, へはいっ, へやってき, へ入っ, へ引きかえした, へ戻っ, へ真名古, へ行った

▼ 課長殿~ (22, 1.5%)

2 ですか

1 [20件] が, がこれ, が窓一ぱい, が窓際, というお方, と呼んだ, と打合わせる, に事える, に物, のお話, の御, の戦時夫人, の私邸, の背後, の身態声音, の顔, は, は誰, もこれ, も一杯

▼ 課長から~ (21, 1.4%)

1 [21件] して, すぐ放免, すべて現状維持と, そう云われ, その言い渡し, なげつけられた言葉, 二週間の, 今回の, 命ぜられて, 声を, 大いに叱られた, 局長へと, 忠告された, 散々に, 此処の, 聞いたところ, 聞かされた, 見あやまりでは, 説明し, 説明するじゃろう, 貰った通行証

▼ 課長~ (13, 0.9%)

2 中村係長の

1 [11件] ちょくせつ二十面相の, 中村係長を, 中村警部には, 係長に, 局長といった, 山長さんに, 或は桶川, 警官を, 部長の, 重なる, 重役に

▼ 課長~ (9, 0.6%)

1 あつた, この方, さへ, 三十六に, 泰平郷テニス, 生涯に, 緻密な, 転任するなら, 重要な

▼ 課長とは~ (7, 0.5%)

1 このとき目, ちょっと顔, クラブを, 存ぜずに, 非難を, 顔を, 驚きの

▼ 課長であった~ (6, 0.4%)

1 が, 伊佐庭如矢氏勧業課長であった, 南挺三氏も, 毛利基が, 著者の, 藤野漸氏その他伊藤鼎氏辰川為次郎氏これは

▼ 課長とも~ (6, 0.4%)

3 あろうもの 1 あるべき真名古, あろう者, なれば

▼ 課長どの~ (6, 0.4%)

1 すっかり種, ですか, へ逢い, 唯今女給の, 殺されたの, 総監閣下の

▼ 課長という~ (5, 0.3%)

1 のが, のも, ような, 掛官で, 重職に

▼ 課長として~ (5, 0.3%)

1 乗り込んだ人, 内実は, 恐しがられ, 本省に, 訓令に

▼ 課長としては~ (5, 0.3%)

1 こういうわけ, このお化け鞄事件, 何等自信, 果して目白署, 自分が

▼ 課長にも~ (5, 0.3%)

1 主任刑事の, 全く見当, 呈上した, 営業の, 報告し

▼ 課長以下~ (5, 0.3%)

1 がそこ, が協議, の立場, はすぐさま, は鑑識課員

▼ 課長~ (5, 0.3%)

1 が出る, が各, が幾人, が思想犯人, は彼

▼ 課長~ (4, 0.3%)

1 いった, その由, 話を, 通報する

▼ 課長補佐~ (4, 0.3%)

1 が住い, に祝辞, の如き, はなかなか

▼ 課長だけ~ (3, 0.2%)

3 あって

▼ 課長です~ (3, 0.2%)

21

▼ 課長会議~ (3, 0.2%)

1 における当時, に於, は傾い

▼ 課長狭山九郎太氏~ (3, 0.2%)

1 が出動, の出動, はこの

▼ 課長~ (3, 0.2%)

1 がワッ, の反対, は新顔

▼ 課長~ (3, 0.2%)

1 かな, さては中学校, とあっ

▼ 課長あなた~ (2, 0.1%)

1 のおっしゃる, の河童

▼ 課長さん土日~ (2, 0.1%)

2 は部長さん

▼ 課長たる~ (2, 0.1%)

1 真名古, 足下が

▼ 課長~ (2, 0.1%)

1 が残された, が至急

▼ 課長だけは~ (2, 0.1%)

1 心配が, 総監室の

▼ 課長である~ (2, 0.1%)

1 と云う, 武内氏は

▼ 課長とか~ (2, 0.1%)

1 何とか偉, 持ち上げられるの

▼ 課長とが~ (2, 0.1%)

1 入って, 六ヶ敷い

▼ 課長としての~ (2, 0.1%)

1 木村通君某, 石川鐵雄君其他一二の

▼ 課長などの~ (2, 0.1%)

1 お歴々が, 首脳部一行は

▼ 課長には~ (2, 0.1%)

1 それが, そんなこと

▼ 課長より~ (2, 0.1%)

1 外に, 聞く所

▼ 課長ジュズイ氏~ (2, 0.1%)

1 が心配, もガニマール刑事

▼ 課長一行~ (2, 0.1%)

1 が到着, は一向

▼ 課長大江山警部~ (2, 0.1%)

1 だけは眼, などの刑事部首脳

▼ 課長~ (2, 0.1%)

2 が可愛

▼1* [130件]

課長いけませんや, 課長何かが, 課長からの電話だ, 課長からもほどなく報告書, 課長こっちに殺され, 課長この話ばかりは, 課長秘蔵の, 課長さえよければ, 課長さっきから面会人, 課長さんこれに答え, 課長さん下役を二人, 課長さん春山様のは陸軍中尉, 課長さん目をぱちくり, 課長さん重傷ですが, 課長しっかりやって, 課長すぐ本庁へ, 課長その気味の, 課長それから中村係長も, 課長たしかにすっと壁の, 課長たちに屍体, 課長たる者に向っ, 課長だったけれどそれ, 課長だの大の, 課長だろうと思う, 課長でありその次, 課長でありますが他方, 課長でさえも明智の, 課長でしたね, 課長といふ椅子に, 課長とに説明した, 課長との間に, 課長と共に私が, 課長どうかもう少し, 課長どのこういう方が, 課長なぜだめです, 課長などに火星人が, 課長などは何處かの, 課長なら文三の, 課長なんてのが, 課長について千葉へ, 課長にでも聞いて, 課長にとっても亦同様, 課長に対して申しわけの, 課長に対する敬愛の, 課長のみは今以, 課長はじめみなさんに申しあげたい, 課長はじめ刑事部の人々, 課長はじめ地中突撃隊の一同, 課長はじめ警察の人々, 課長ひでえや, 課長みたいに仏頂面, 課長もっと話を, 課長やうやく捜し出しましたよ, 課長らしい年配で, 課長シュークリフ女史が今年義務教育, 課長ダヴィッドスン捜査係長とともに署楼上, 課長ダヴィッドスン捜査係長フォニックス地方検事アンドリウス氏などが一時, 課長テイラア氏へ, 課長ドュフラス氏がホテル, 課長フェルスター中佐の著書等, 課長ベイジル・タムスン卿の手, 課長ベルチョン博士モウパア警部等の率いる, 課長一わたり机の上, 課長三名事務官七名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 課長両方と関係, 課長中村警部が席, 課長丸木は人間, 課長久保田万太郎氏からラヂオ放送用, 課長以上の行員たち, 課長以下八係官を現地, 課長以下眼を丸く, 課長以下鑑識課員大森署より司法主任綿貫警部補以下警察医等十数名現場, 課長の十字架, 課長係長というよう, 課長係長刑事小林少年少年探偵団員あわせて, 課長と目賀野側, 課長兼人事課長現在京城, 課長加藤次郎氏という, 課長喜んで下さい, 課長国家の重大問題, 課長大変です, 課長大江孝文の如き, 課長夫人の疎開あと, 課長女坂染吉は家, 課長奴社長の前, 課長を勘当, 課長局長次官の出世コース, 課長におさまった, 課長帯広警部をはじめ多数, 課長帰って来ました, 課長彼等を殺し, 課長待って下さい, 課長心得に五年目, 課長志免友衛警視日比谷署長東馬健児警視通訳その他新聞記者と共に同, 課長志免警視は総監, 課長杉山氏であった, 課長村山の遠縁, 課長村田光敬氏から, 課長ている, 課長検事判事など十四五人, 課長楢崎次郎八等がやって来, 課長が可愛, 課長次席の奴, 課長武内某氏は, 課長も小生等, 課長深井の奴, 課長無理ですよ, 課長狭山氏と標題, 課長在京城の, 課長田中技師及び刑事, 課長真名古警視, 課長から見れ, 課長秘書のマデリン・ケリイ, 課長等合計七名の一行, 課長等重だった人達, 課長総監がお呼び, 課長自身は信ずる, 課長落合済三氏を当選, 課長視学官になる, 課長として同様, 課長警視総監内務大臣と出世, 課長近藤氏の賛助, 課長追いかけてあの, 課長部長等三名が送っ, 課長部長重役立身出世の順序通り, 課長酔って接吻, 課長階級すなわち大納言級, 課長雁金検事中河予審判事帆村探偵それから本庁, 課長雁金検事中河予審判事等係官一行が急行, 課長にペコ