青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「誰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~読む 読む~ ~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰
誰~
誰か~ 課長~ 調~ ~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子 調子~ ~調査

「誰~」 45130, 488ppm, 202位

▼ 誰~ (9289, 20.6%)

398 彼も 134 いない 111 いなかった 109 それを 92 知って 90 見て 83 彼もが 62 知らない 56 相手に 55 出て 50 手を 48 かれも 46 いないの 42 返事を 37 口を 36 それに, 来て 35 居ない 31 知らなかった 30 居なかった 29 なかった 28 いないと, 気の 26 彼を, 氣が 25 そんなこと 24 黙って 23 これを, 人の 22 ゐない, 何も 20 彼の, 来ない, 私の, 誰も 19 ゐなかつた, 自分の 17 知る通り, 見た者 16 何とも, 居ません, 気に, 知らないの, 知る者 15 いないので, 住んで, 気が 14 いないよう, 一言も, 知つてゐる, 私を 13 いやしない, そんな事, 外へ, 来ては, 聞いて 12 お前を, 好んで 11 いないところ, いなかったの, いません, いませんでした, 人は, 声を, 居ないの, 持って

10 [11件] いないで, 入って, 居なかつたの, 怪しむ者, 気がつかない, 物を, 知らなかつた, 知りません, 見えない, 見たもの, 起きて

9 [17件] いないのに, いないん, そんなもの, 信じて, 居ないと, 居りません, 来なかった, 氣の, 知つて居る, 知らずに, 知らなかったの, 知らぬ, 知ること, 知るもの, 笑わなかった, 答えなかった, 見たこと

8 [20件] かまって, ない, 人が, 口に, 外に, 居ないん, 彼に, 本気に, 来ないと, 異議は, 知らないこと, 知らないと, 知らないところ, 知るまい, 立って, 答えるもの, 答える者, 考えて, 考えない, 訪ねて

7 [22件] いないこと, いないらしい, いない時, おりません, お前の, かもが, そこへ, そのこと, ないの, ゐないの, 何んとも, 問題に, 姿を, 居ないから, 怪我を, 文句は, 来ないの, 異存は, 知らないが, 知らない間, 聽い, 返辞を

6 [32件] いう, いないじゃ, いなかったので, かれもが, これに, して, そこには, ついて, なんとも, ほんとうに, ゐない部屋, 世話を, 來ない, 助けに, 咎める者, 彼が, 思って, 怪しむもの, 教えて, 文句を, 異存の, 異議を, 疑うもの, 知らないうち, 知らないもの, 知らないよう, 知るところ, 私に, 笑う者, 覚えて, 進んで, 顔を

5 [44件] いない筈, おらぬか, ここに, それが, なかつた, なんとも云, ものを, やって, ゐないで, ゐないので, 他に, 來て, 信ずること, 信用しない, 僕の, 入れて, 同じこと, 咎めるもの, 家の, 居ないので, 居なかったの, 居なかつた, 彼もの, 彼女を, 忘れて, 此の, 気がつかなかった, 注意しない, 異論は, 疑う者, 真面目に, 知つた, 知らないん, 知らない者, 知らぬもの, 知る人, 笑うもの, 自分らの, 自分を, 見ては, 見る人, 見る者, 言葉を, 認めて

4 [72件] あなたに, あなたの, あの人, いないから, いないでは, いないはず, いない家, いなくなると, そこに, その男, その辺, はいっては, よく知っ, ゐないところ, 一人も, 一口も, 一致する, 中へ, 何ともいう, 何とも云, 何等か, 來なかつた, 來る, 僕に, 入つて來, 入れません, 及ばないといふ, 口には, 口へ, 名前を, 外の, 好きな, 嫁に, 対手に, 尋ねて, 居ない事, 居ませんでした, 居や, 居りませんでした, 席を, 彼女の, 忍んで, 思わなかった, 手に, 指を, 本名を, 本気で, 来なかったか, 気がつかずに, 気がつかなかったが, 気がつかなかったの, 注意を, 理解し, 皆, 皆な, 眼を, 知った者, 知っては, 知つ, 知つてる, 知らぬ者, 知りませんでした, 知るまいと, 答へる, 考へて, 聽く, 自分が, 自分に, 行って, 見えなかった, 追いかけて, 這入って

3 [163件] あたしを, いないか, いないが, いないし, いないよ, いない部屋, いなくて, いなくなったの, いねえの, いませんから, いやな, おらぬと, お前が, お前に, かまい手, ここへ, こない, この家, この男, これが, これには, さう, しばらくは, そうは, そこまで, その正体, その顔, そんな話, たずねて, だまって, とがめる者, どうする, はいって, はつきりした, ひそかに, ほかに, まこと, まだ帰っ, まだ気, みな, みんなやさしい, やって来ない, わたしの, わたしを, ゐないと, ゐないのに, 不平を, 不思議とは, 不思議に, 世話の, 予期し, 二階へ, 人かげは, 人影は, 今まで, 今までに, 他の, 他人の, 付いて, 何とも云う, 何とも言, 何とも言う, 何の, 來た, 來ては, 信ずる者, 信用し, 信用する, 俳句漢詩等に, 傍に, 僕を, 出た者, 出る者, 初めから, 及ばないと, 反対する, 取って, 取りに, 取合, 同じだ, 同じよう, 名を, 君に, 君の, 呼びに, 呼んでは, 嘘だ, 居ないお, 居ないが, 居ないのに, 居ない部屋, 居なかった筈, 居なくなると, 居なければ, 居ませんから, 店に, 彼もは, 彼等の, 心を, 怖がって, 思った, 思わない, 怪しみは, 想像する, 愛して, 手の, 手出しを, 承知する, 教へて, 本当にし, 本当の, 本當, 来ないで, 来ないので, 来なかつた, 来やしまいな, 来る者, 構ひ, 正確に, 正面から, 気がついて, 気が付かなかったの, 水を, 生きて, 登って, 知ったもの, 知ってや, 知ってるもの, 知らないので, 知らない事, 知らない秘密, 知らない筈, 知らぬと, 知りませんが, 確かに, 笑って, 答えない, 老人の, 耳を, 聞いては, 聞く人, 腰を, 自由を, 苦情を, 行ったこと, 褒めて, 見えて, 見えませんでした, 見とがめる者, 見咎める者, 言いませんでした, 言うこと, 言って, 誰もが, 買い手が, 通らない, 部屋に, 金を, 長塚君に, 頭を, 頼みは, 頼みも, 顧る

2 [478件] あそこに, あの部屋, あやしむもの, あれを, いいは, いい得ないでしょう, いうこと, いって, いないきやす, いないその, いないという, いないのね, いないわ, いない処, いない台所, いない夜明け, いない広々, いない所, いない留守, いない隙, いなかったが, いなかったし, いなかったよ, いねえ, いねえから, いまいと, いませんよ, いやしねえ, うなずいた, えう抱けなかつた, おそろしいもの, おねがい申し上げる, おまえを, おらぬ, おらん, おらんか, おりは, おりませんでした, おれを, お前さんが, お礼を, かいて, かまつて, きいて, きくなり, きく人, ここでは, こないで, このこと, この中, この大, この室, この新, この穴, この老人, この自然, これと, ごぞんじない, さほどの, しなかったの, すぐには, すること, するよう, する事, そうする, そう思った, そう考え, そのままに, そのよう, その事, その名, その夜, その後は, その悶える, その話, そばに, そばへは, それと, それとは, それには, そんな者, たしかに, つけて, でて, どこへも, ないから, ないじゃ, なんとも言, なんとも返事, なんにもしない, ひとつよ, ほかの, ほつと, ほんとの, まだそれ, まだ來, まだ来, まだ自殺者自身, まだ見た, まだ起き, もう何, もう口, もう声, やったこと, やって来るもの, やらないの, よく省みね, わからうと, わしを, わたしに, ゐないこと, ゐないん, ゐない家, ゐない時, ゐない樣子, ゐない橋, ゐなかつたと, ゐなかつたの, ゐなかつたのに, ゐやしない, ラジオに, 一人で, 一人として, 一度も, 一様に, 一緒に, 上げません, 不思議と, 不思議を, 世話する, 乗って, 云うもの, 云は, 云ふ, 云ふこ, 人を, 今は, 今までの, 仕事を, 令嬢の, 伝へるもの, 住む者, 何とも思っ, 何とも答えなかった, 何とも言っ, 何とも質問, 何にも, 余り口を, 余計な, 來や, 信じるもの, 修理に, 俺を, 倉へ, 借り手が, 傍へ, 傳へる, 充分に, 入っては, 入ること, 入るもの, 入れては, 入れない, 入れないこと, 入れないやう, 其を, 出すな, 出ない, 出ませんでした, 出入りした, 出迎える者, 分って, 分らなかった, 助けて, 動こうと, 勝手を, 化物屋敷の, 博士に, 参りは, 参りません, 及ばないという, 及ぶもの, 友達が, 取らずただ, 取らずに, 口ずさみ候, 古人の, 可愛がっ, 可笑しがらなかつた, 同一だ, 同情する, 名も, 名乗って, 否定する, 呼ばずに, 咎めは, 咎める人, 哂う, 問題には, 喝采し, 坐って, 墓参りにも, 変な, 大人と, 妙に, 妻に, 嫌がって, 子供の, 存知の, 家に, 容易に, 寝たこと, 寝ては, 居ずさ, 居たやう, 居ないこと, 居ないじゃ, 居ないで, 居ないという, 居ないやう, 居ないよ, 居ないよう, 居ない夜, 居ない店, 居なかったので, 居なかつたので, 居なくて, 居なくなったの, 居ねえの, 居ねえ時, 居ませんよ, 居やしない, 居らない, 居らんから, 居りは, 居りませんから, 山へ, 己の, 帰って, 帽子を, 彼もに, 彼れ, 彼女に, 待ってや, 従いて, 御金, 心得て, 忘れること, 思うもの, 思ひがけ, 怪しまない, 怪しまないの, 怪ま, 息を, 想い起す所, 想像も, 意見を, 應へる, 戻っては, 手前の, 手向っ, 承知の, 拍手を, 拝みに, 拾いに, 持ち上げない巌石, 挨拶を, 振り向いては, 振向いても, 捨てて, 掛声ひとつ発する, 救ひ, 教えては, 教へ, 文句の, 明瞭に, 時間を, 曲者の, 村の, 来たもの, 来た様子, 来ないところ, 来ないのに, 来ないん, 来なかったかい, 来なかったと, 来なかったの, 来なかつた誰, 来なかつた郵便, 来は, 来やあ, 来やしない, 来やしないよ, 来るもの, 来る気遣い, 構い手, 構って, 止める者, 此處へは, 死なないもの, 死ぬ者, 殺して, 気がつかないくらい, 気がつかなかったそう, 気がつかなかったと, 気がつかなかったろう, 気がつく者, 気が付かずに, 気が付かなかった, 気が付きません, 気づかない, 気づかない隠れ場所, 気には, 気を, 気付いて, 気付かずに, 気付かずやっと, 気付かぬよう, 氣に, 汝に, 泣きやみませんでした, 注意し, 満足は, 無い, 父様を, 理由を, 用心し, 異論を, 異議が, 疑いを, 疑ふもの, 疑を, 皆知っ, 皆黙っ, 監視し, 相手が, 相手には, 看病する, 真似の, 真剣に, 眼に, 着て, 知った人, 知ってる者, 知らず, 知らずただ, 知らず係り, 知らず眼, 知らず私, 知らないから, 知らないで, 知らないという, 知らないやう, 知らない事実, 知らない人, 知らない土地, 知らない場所, 知らない山, 知らない日, 知らなかったが, 知らなかったと, 知らぬこと, 知らぬま, 知らぬ間, 知らぬ顔で, 知りぬいて, 知りやしないの, 知りやしません, 知る, 知るとおり, 知るはず, 知るまいし, 知るまい俺, 知るよう, 知る世界, 知る器, 知人の, 祖父の, 私が, 私と, 私には, 私に対して, 笑えなかった, 笑は, 笑わない, 第一, 答えて, 答えること, 米友を, 粗末な, 経験した, 考えないだろう, 考えは, 考えも, 考へ, 聞いちや, 聞く湯揉, 聞人は, 聴いちゃ, 聽いちや, 肚の, 自信が, 自分で, 自身の, 興味を, 苦労は, 苦情は, 行きません, 行くこと, 行く人, 表に, 袖を, 見えず静か, 見えませぬ, 見たわけ, 見た事, 見た人, 見ても, 見てる者, 見ないところ, 見やしないから, 見るもの, 見る通り, 見向きも, 見舞って, 見識って, 見送りの, 見逃すこと, 覗いて, 親分の, 親切には, 言は, 訪ねては, 詮議を, 詳しいこと, 語って, 読むもの, 責めやしません, 責任は, 責任を, 貰い手が, 貰おうと, 貴方を, 買いに, 買つ, 買ふも, 買わねえの, 賞めない, 起きないうち, 足を, 踊って, 近づく者, 近よっては, 返事しない, 送って, 這入っては, 通って, 通らないの, 通らない路, 通らなかったの, 通りゃア, 通るもの, 通る人, 遊びに, 道で, 邦訳し, 邪魔を, 開けて, 降りて, 非難する, 頼まれて, 顧みては, 顧みるもの, 顧みる人, 顧みる者, 食は, 驚きは, 鶏の

1 [4200件 抜粋] ああそう, あずかろうという, あなただ, あの小枝, あの阿, あまり知っ, ありません, あれの, あんまり能, いう常識, いずただ, いちいち紙で, いないだろうし, いないね, いないらしいん, いない以上, いない奥, いない改札口, いない海, いない空間, いなかったかい, いなかったはず, いなくなった人, いなくなる上高地, いねえと, いは, いませんですから, いやがる仕事, いやだ, いる筈, いわないの, いッつけ口, うらみません, おこるの, おもわないほど, おらぬ所, おらんの, おりませんです, お前さんと, お媼さん, お菊, お願いし, かくこそ, かなしむから, かまわぬわけ, がまだ, きませんでした, くれるわけぢ, こう同情, こないとき, このヘクザ館, この医務室, この峰口, この憂, この次男坊, この美しい, この霊物, これほどの, こんな有り難い, さうで, さとるに, さわるな, しない, しばらく物, しんとして, すぐ考えつく, すみてが, する通り一遍, そう不思議, そこから, そっぽを, そのほか, その五十両包み, その先, その叫び声, その大, その存在, その役, その才能, その死, その病人, その脱線, その運命, その高い, それまで, そんなところ, そんな僕, そんな考え, たしかな, だ, ついて行かなかつたし, つづいて, とがめる人, とりあわなん, どの位グレシア人, ないとばかり, なかなか実際には, なしただ, なんとも云い, なんにもいう, はいその, はずかしがっ, ひとしく家庭, ふりむいて, ほんとに見た, また民子, まだそんな, まだ一人, まだ感, まだ混沌, まだ続い, みずからすすん, みなただならぬ, みな不審がらない, みな善い美しい, みな怖, みな疲労の, みな隆夫の, みんな子供でした, めづる花も, もう彼, もらい手さえ, やって来て, やらぬから, よくいふ, よく眠った, ろくに口, わざわざ踏ん, ゐな, ゐないはて, ゐない入口, ゐない後, ゐない筧, ゐない食堂, ゐなくなつ, ゐやしないよ, エラクは, サーヴィスに, チラと, ハッキリ云い得ず, ホメちゃ, ムクをと, 一つの, 一向何, 一挙手一投足の, 一瞬眼が, 一議に, 上げなかつた, 下手人らしい, 不思議がりも, 不馴れで, 中へも, 久さんの, 乗客の, 予想外なり, 事物を, 二階へは, 云うこと, 云ってや, 云わないまた, 人ど, 人間らしいもの, 今迄に, 仙人に, 会わなかった, 住む人, 何と, 何らの, 余り好ましく, 作る普通, 使わないん, 便器も, 信じないが, 信じられないだろう, 信用を, 偏人として, 傷つけまいと, 免かれない, 入らなかつた筈, 入れずに, 入れない一間, 入ろうとは, 共鳴し, 其書架に, 写真を, 出さないが, 出てない, 出入しなかった, 出来ないだろう, 分つて, 判るもの, 別に不思議, 制止しなかった, 助かって, 助ける者, 動かなかったし, 包を, 卑怯とは, 参らぬか, 及びの, 取つて食, 取る事, 口ずさみ候えども, 口誦むのは, 叱らないやう, 号令に, 同情しない, 同行し, 君こんな, 否定しない, 呑み込めない顔つき, 呼ばないという, 命惜しく, 喚び起さうと, 四畳半に, 土蔵からは, 壁の, 外出すれ, 大きな声, 大沢が, 夫婦らしくない, 女の子だ, 好き好んで, 娘を, 嬉しさ, 存じないよう, 宅助の, 実際には, 室内へ, 宿つてゐなかつた, 寄りついて, 寄り付けない絶壁, 寝られるもの, 尋ねては, 小言は, 少年と, 居な, 居ないな, 居ない人通り, 居ない巴里, 居ない洗面所, 居ない空家, 居なかったら自由自在, 居なくな, 居ぬのに, 居ねえよう, 居ませんのね, 居やせん, 居らない筈, 居らんじゃ, 居りませんで, 居る筈, 届けた者, 工場から, 帰っては, 平吉を, 庇つてやらない, 引き取る者, 引受人は, 彦兵衛が, 彼もと, 彼等に, 待つて, 御存じない, 心あたりが, 心服する, 忘れた様, 応じる者, 怒るもの, 思いがけない浪人衆, 思うまいが, 思はなかったらう, 思ふまい, 思わないよう, 怨みやこだはり, 怪しまずその, 怪しもうとは, 恐らく禁制, 悔みに, 悪むものはあるまいと, 惚れやせんがな, 想像せぬであろう, 愛したこと, 感じて, 感心するでありましょう, 憎いとは, 成功しない, 戯談に, 手入れを, 承知し, 折助を, 拂つ, 拾いての, 持合せんの, 挨拶しねえ, 捕まらない, 掛けては, 描かない, 携えて, 故障申し立つべき, 教えちゃ, 教室には, 斉しく, 斯様である, 日本名を, 明けなかったん, 昨日の, 曳く人, 替らず, 未だ心配, 本気の, 来ず来ても, 来ないいくら, 来ないでしょう, 来ないらしく何処, 来ない月, 来なかつたほう, 来ねえかね, 来ませんよう, 来やしないッ, 来るはず, 来んですよ, 格別関心を, 極意を, 権太左衛門に, 欧州列強の, 止めるなっ, 正面からは, 此處へ, 死ななかった, 死体を, 殺し手, 比目魚を, 気がつかないふり, 気がつかぬ所, 気が付きそう, 気づかない内, 気づきませんけれど, 気付かないが, 気付きませんでした, 気狂いだ, 水が, 決してつい, 泡鳴の, 注疏など, 消しやしなかったの, 淺川團七郎の, 演奏旅行に, 烏の, 無理とは, 然申しましょう, 熱心に, 物申に, 狼に, 現場へは, 生ま薯, 用意し, 留守居の, 異存を, 疑いさえ, 疑ひを, 疑わないもの, 発言する, 白老で, 皆そういう, 皆今日の, 皆前方を, 皆心に, 皆検事と, 皆知らぬ, 皆言ひ, 盗まない, 目醒めない, 相当に, 真に受けない, 真紀子の, 着手の, 知った通りヒンズー教, 知つた人間の, 知らず因, 知らないくらい, 知らないであろう, 知らないま, 知らない処, 知らない戦争, 知らない洞, 知らない知つて, 知らない金之助, 知らなかったので, 知らぬた, 知らぬ二人, 知らぬ銀, 知らんですよ, 知りつくして, 知りゃしない, 知り人, 知るごとく新井白石, 知るまい私一人, 知る如く学校, 知る番町, 知る通り平安朝この方, 知ッて, 碁を, 礼拝し, 私なんぞに, 秘して, 空地へ, 立ち聞きし, 立停まっ, 笑つたん, 笑わずわたし自身異, 答うる, 答へ, 経験せず, 縁側に, 美しく見えた, 義経の, 考えないだろうと, 考へたんで, 聞いたこと, 聞かなかったという, 聴いて, 胸が, 腹を, 自分以外にはは, 舟に, 花電車にだけは, 荷物を, 落着い, 虚と, 行うに, 行きたかろう彼, 衛生という, 裸で, 見あたらずまた, 見えない暗い, 見えぬと, 見ずに, 見つけた物, 見とどけた者, 見なかったの, 見は, 見定めること, 見破る者, 見返りも, 見馴れて, 親しんで, 解きは, 触って, 言うた事, 言てや, 言わないが, 訊いて, 訪れた声, 試みて, 話し草, 話相手が, 誘惑しない, 誤解を, 読んで, 議論の, 財布の, 貰うという, 買は, 賞め手は, 起きた樣子, 起して, 踏み込んだ形勢, 軽蔑する, 迎に, 近づきません, 近寄ること, 返答を, 追ひ, 逍遙子と, 通さないの, 通らない星あかり, 通らぬ時, 通わぬ筈, 遊び相手に, 遠慮せん, 邪魔になんか, 酔いの, 金公の, 銀行から, 長襦袢を, 防ぐもの, 降者, 雇おうとは, 雪子を, 面喰っ, 頭に, 頼みには, 顧みて, 食いたくて, 食わない, 飲むこと, 駿三の, 驚かない, 高村軍曹の

▼ 誰~ (5650, 12.5%)

179 見ても 83 そんなこと 61 そんな事 58 何と 51 それを 35 何を 31 持って 28 これを 27 考えても 26 殺したか 24 目にも, 見たって 22 何んと, 来ても 20 持つて, 来て 19 聞いても 18 眼にも 17 こんなこと, 知って 15 ために, 出て 14 何と言おう, 何の, 誰やら 13 いるの, するの, 子ぞ, 来たの, 知ろう 12 なんといっ, みても, 書いたの, 誰を 11 お前に, どうした, どこで, なんと言っ, 斯んな, 見て, 誰に, 連れて 10 お前の, やっても, 家の, 誰だ 9 したの, するん, 何と云おう, 殺されたん, 殺したん, 見付けたん

8 [11件] きても, した, して, 云い出したの, 住んで, 先に, 嘘を, 悪いの, 来たって, 私の, 誰が

7 [12件] そのよう, そんなもの, どこに, どこへ, やったの, 何と云, 作ったの, 居たん, 書いたか, 殺したの, 見たつて, 読んでも

6 [19件] あの男, この俺, したか, つけたか, です, どのよう, やつても, よいか, 一番お, 何といおう, 何と言, 何と言つて, 死んだの, 火を, 私を, 考へても, 行っても, 言つた, 誰の

5 [32件] あなたを, いい得よう, いう, いるもの, こんなところ, こんな事, どう見, なんといおう, なんと云, なんと言おう, なんの, やつた, やられた, 云い出したか, 云った, 何う, 投げたか, 書いたん, 最初に, 来たか, 来たん, 止めようと, 為に, 盗んだの, 知らう, 聞いて, 自分を, 言います, 言い出したとも, 言ひ出した, 買って, 金を

4 [56件] あなたに, あんな奴, お前を, ここへ, この私, したという, するとも, そこに, そんな, どこから, なる, なんと云っ, やって, やられたん, 一番先に, 一體こんな, 一體そんな, 云い出すとも, 云えよう, 云ったの, 云ふ, 何んの, 何処から, 保証する, 保證する, 其, 其様な, 否まう, 外へ, 居るもの, 彼を, 思おう, 手に, 手を, 拵えたの, 教えたの, 断言出来よう, 昔より, 来た, 死ぬか, 殺したと, 犯人だ, 発明した, 真面目に, 知つてゐる, 笑ふも, 考えたって, 行くもの, 見たとて, 見るの, 見付けたの, 言ったの, 言ったん, 言出した, 身に, 驚くもの

3 [105件] あなたの, ありましょう, あんなこと, いいか, いったいここら, いっても, いて, いひ出すとも, いる, いるん, お好き, このかた, こんなもの, したん, しても, すき好んで, するもん, その女, そんなところ, そんな馬鹿, ついて, どういふ, どこの, どんな理由, なるもの, なんと云おう, なんと云つて, なんと言, のるもの, まあ, わたしの, ゐる, ゐるの, ゐるん, 一番偉い, 世にか, 乗って, 云い出したとも, 云い出したとも無し, 云ひ出した, 人を, 今日ある, 何といふ, 何處に, 作ったか, 作るの, 來て, 來る, 信じて, 俺を, 僕を, 其の様, 切ったか, 君に, 君を, 吹いて, 命令した, 好んで, 子か, 子ぞや, 宜かろう, 実際に, 密告した, 居るの, 建立した, 弾いて, 彼に, 彼女を, 思い及びましょう, 悪いと, 想像し得ただろう, 想像し得よう, 拵へ, 挽き捨てた荷車, 料ろかも, 日本の, 書いたもの, 来るの, 来るもの, 殺されたか, 殺されたの, 殺した, 毒を, 決めたか, 為ねろ, 留めても, 相手に, 知るもん, 経営し, 給仕にても, 考えたの, 船を, 言い出したこと, 言い得よう, 言い得るの, 言う, 訪ねて, 許した, 訴人を, 誰とも, 讀んでも, 運んで, 酒を, 降参する, 頼んだ

2 [342件] あ, あたしに, あの子, あの部屋, あるだろう, あれを, あんたに, あんな, あんなむごたらしい, いいました, いい出したか, いうもん, いうん, いえるか, いたか, いったい人間, いったい佐渡屋, いったか, いつそんな, いつどこ, いつ持って, いつ結って, いても, いふの, いよう, いるもん, うたぞ, お前さんに, お前なんかに, お嬢様を, お身, お辞儀を, かけて, きて, きめたの, くそ一々, ここに, このよう, こんないたずら, こんな処, こんな寒い, こんな恐ろしい, こんな悪戯, こんな目, こんな虐, こんな詰まらない, さうし, させるの, しのぶべき, しめたの, しようと, じゃ, する, するかという, そう言った, その父親, その確率, それだ, そんなつまらない, そんなばかばかしい, そんなひどい, そんな目, そんな細工, そんな風, そんな鬼, ためにか, ための, だまされるもん, つけたの, つけたん, ですか, とったの, とつた, どうし, どうして殺した, どうと, どうやっ, どう打込ん, どう考え, どう言っ, どっちへ, どのやう, どんなこと, どんな女性, どんな顔, なるか, はいって, ふくの, ほんとにする, まず第, また那, まだ貰, もって, やったん, やるん, わざ, わったの, ゐるもん, リードし, 一体あの, 一体そんな, 一番ずるい, 一番勇ましい, 一番好きだ, 一番心配した, 一番長く, 一等先に, 一緒だつた, 一體, 一體お, 一體お前を, 一體どうして, 上ならず, 下手人か, 之を, 二番に, 云いました, 云い得よう, 云うの, 云うもん, 云おう, 云ったか, 云ひだした, 人に, 人の, 介抱し, 仕事を, 仕業だ, 企らんだ, 伝えるとも, 何が, 何という, 何といつ, 何と云う, 何と云つて, 何と勧め, 何と申し, 何と聞い, 何ん, 何故彼, 何時来, 何處で, 作つた, 作り誰, 使つたのか, 供えたの, 侯を, 保証し, 保証するでしょう, 信じようか, 信じる, 信ずるもの, 俺の, 倉へ, 僕の, 先で, 先とも, 入って, 内通した, 出したとも, 出すもん, 刀の, 助けに, 動かしたん, 勝つで, 参っても, 参る, 取らないで, 君の, 呼ぶとも, 呼んだの, 命じたの, 咎めるもの, 喫み, 報らせ, 夕ぐれと, 夜舟とは, 夫, 女の, 女子ぞ, 好き, 好きか, 好きだ, 好きな, 好き好んで, 嫁に, 完全に, 家か, 家ぞ, 宿の, 居たか, 居て, 居るん, 左様な, 帰って, 彼らを, 彼女が, 彼女に, 彼女の, 往つて見た, 後か, 怒について, 思って, 恩, 悪いん, 悪か, 想像する, 感心な, 我々に, 戸を, 戸締りを, 手か, 持つかと, 持つてるんだい, 持出して, 教えたか, 教へたでも, 敵だ, 文句を, 斬られたの, 断言するだらう, 断言できる, 斯様な, 昌作さんなんかに, 書いても, 書けるだらうと, 書た, 本當, 来たら何とか屋, 来べ, 来ようと, 来るか, 来るん, 植えたか, 次の, 正気で, 歩いても, 死ぬもの, 死ぬもん, 死んだがナ, 死んで, 殺されたと, 殺されて, 殺されるか, 殺したんで, 殺し誰, 殺せしぞ, 殺ったん, 気の毒がらう, 氣の, 汝の, 汝を, 泊って, 泊つて居る, 消した, 渡る, 測量した, 為にか, 爲ねろ, 父さん, 片附けた, 物に, 犯人か, 犯人である, 犯人でも, 生きて, 用意する, 田にか, 申しました, 疑い得よう, 病人の, 盗んだかな, 盗んで, 盜つた, 盜んで, 目に, 直次郎を, 真の, 知つて居ました, 知るもの, 知ろうぞ, 砥にかけて, 立てた, 笑おうと, 笥か, 絞めたか, 締めたか, 考ええたであろう, 考えたろう, 考えだしたか, 考え出したか, 考へ, 考案した, 聞いたって, 聴いても, 腹を, 自分の, 自首なんか, 虎を, 裁くであろうか, 覗いて, 覚えて, 親と, 親分なんかに, 解いて, 言い出したか, 言い出したの, 言い出したもの, 言うた, 言えよう, 言つたい, 言ひました, 言ひ得よう, 言ひ附けた, 言ふ, 言ふと, 言へる, 診て, 試みたか, 話した, 話したの, 読んで, 誰な, 貰つた, 買うの, 起きて, 踏みそめしかたみぞ, 迎へに, 送つて, 通ったか, 鉄道で, 開けたか, 電報を, 頼んだか, 頼んでも, 飲むもん, 養って, 馬鹿に, 驚ろいたんだ, 高めて, 鬼, 鼓を

1 [2832件 抜粋] ああ云った, あっただろうか, あの, あの傅次郎, あの爆発, あの軟かく, あり得べきこと, あれらを, あんなお爺さん, あんな事業, あんな家, あんな慾張り親父, あんな眞, あんな計画, いい, いいそめけん, いい出したもの, いうと, いえる, いけないという, いたずらを, いだししか, いちばん正しく, いったいそんな, いったい拙者, いったい責任, いつこの, いつてる, いつの間に知らせた, いつ切り取ったかも, いなくっても, いひ得よう, いました, いや何, うけたまわって, うぬら, おかしくって, おまえを, おるか, お内儀さん, お前さんを, お前なんぞに, お勢, お汝等, お眼鑑, かう云つて, かくさせたかを, かんがえ出したの, きめたか, くさいとか, くるな, こういう面倒, こしらえたかたい, ことじゃ, このん, この刀, この善良, この岬, この柳行李, この真夜中, この絶好, この階段, こは, これしきの, こわしたん, こんなにさせ, こんなに自分, こんな嘘, こんな小, こんな気違, こんな薄汚, こんに, さされるか, させる, したので, しましょう, じよらうぐもにその吊橋, すまぬお, すんで, そういう心, そう云う, そう決めた, そちだ, そのこと, その勝つた, その婿, その手, その潮流, その親, その責任者, それなら, そんなでたらめ, そんなもん, そんな口, そんな噂, そんな寝言, そんな手, そんな気違い, そんな約束, そんな途方, たてて, ためにとて, つかまっても, つくったと, つけたかと, つてつまり, とがめましょう, どういう方式, どうしてさら, どうして何, どうして階段, どうわるい, どう処分, どう清算, どっちのを, どんなこと言つて來, どんなに工夫, どんな人, どんな恰好, なかうどしました, なったの, なるつて, なんちゅうても豹一, なんと吐かそう, なんと話しかけ, はいっても, ひきかえせといった, ふざけるもん, ほうた, まいたとも, またもう一度, みたって, めぐんで, もっぱら当今, やったか, やった仕業, やつて, やるに, よからう, よく懲らします, わがため, わるいん, ゐるかも, カギを, サクラと, ダンスホールの, ドバル, ヒイキという, ミヘーエフが, 一たい, 一体この, 一体それら, 一体反対するだろう, 一体新聞紙, 一体歴史上, 一体農民の, 一杯の, 一番すきだ, 一番多く, 一番幸福な, 一番深く, 一番適当で, 一體お前と, 一體下手人だつた, 一體大事な, 一體死んだ, 一體知つてゐた, 一體音も, 上さんなぞに, 下へ, 不幸でないであろう, 世話を, 主人でも, 丼の, 乗るもん, 予想し得たであろう, 予算で, 二六時中考へ, 云いそめたの, 云い出した言葉, 云い得るでしょう, 云う事, 云つたのか, 互に家, 亭主という, 今どきみ, 今日の, 介抱する, 付けても, 仰いでも, 休めと, 住まって, 何し, 何とも云い, 何と申しましょう, 何処で, 何時に, 何時締めた, 何處から, 作ったであろうか, 作って, 作られたか, 使ひはじめた, 例へば百年前, 保ちけん東父西母, 保証できましょう, 信じ得よう, 借りたで有ろう何故, 偽善的でないであろう, 僕たちの, 先だつた, 入つた, 入れるもの, 共犯か, 写したの, 凡ての, 出たとて, 分るッ, 初伝を, 利鎌の, 創つたのか, 勅使にな, 勝つか, 勧めても, 千世子を, 卵なんか, 参る約束, 取つたん, 取るか, 取次ぐもん, 受取ったん, 古くから, 召捕れと, 号令した, 名づけたか, 君なんかに, 否定し得る, 吾, 告げると, 呼びはじめたとも, 命けた, 命ぜられて, 咎めう行かで済まぬと, 善で, 喧嘩なんか, 嘘なんか, 囚人の, 国王に, 坊やを, 埋めたか, 売るの, 夕ぐれとは, 夜中に, 天刑病だ, 奧樣を, 女房に, 好きで, 妹なら, 始めた事, 嫁を, 子でもよ, 子啣楊枝し, 字を, 宗教心に, 実験室の, 寅を, 寝起きし, 射った, 小六さん, 少年です, 居ないから, 居残りに, 巣を, 差し上げました, 師匠を, 幇間に, 幽霊に, 建てたの, 引く袖, 引張るもん, 強かった, 彌惣, 形容する, 彼是云ふ, 後生大事に, 御存じな, 心中の, 忍び込めと, 怒鳴るよう, 思いついての, 思い初めるとも, 思うもの, 思ってる, 怪しいん, 恋中の, 悪いといふ, 惜し気, 想像したらう, 想像致しましょう, 感じたか, 懐手を, 戯名にや, 手伝ふと, 手桶で, 打つたか, 払った, 承知する, 投げこんだもの, 折つたのかと, 抜けること, 拔いた, 拝みに, 持ちだしたの, 持ち込んだん, 持ってるん, 持出したん, 挙げられたの, 捕ったん, 捨てたもの, 掏摸じゃ, 掛けたか, 採掘する, 描いたと, 描き始めたもの, 撃ったって, 操縦し, 放二, 教えたもの, 教へて, 敢て, 敷いたかと, 斬ったの, 斬れる, 方へ, 明けます, 暗殺された, 書いたつて類型的, 書いて, 書くという, 最も的的, 本位田家へ, 本邦古典劇の, 来たとて, 来ましたかって, 来るぞ, 架けたか, 案内する, 植えたしや, 楽しみを, 權威にか, 歌か, 此処で, 武や, 歸る, 死ぬので, 死んだんだい, 残って, 殺したかの, 殺したらう, 殺しました, 殺すん, 母さま殺しに, 気が付いたもの, 気分だの, 汝ごとき, 決めたわけ, 治安維持法の, 泣いて, 洋夷に, 消すらむ, 潜るもの, 為ぞ, 無事だ, 煎じる習慣, 燃やしつるぞ, 爲め思へ, 特赦を, 犯人かって, 献る, 現われたかを, 甚, 生命を, 申しましたろうね, 畜生な, 疑る者, 発したかは, 発起とも, 皇帝を, 盜賊で, 直したの, 眞面目にな, 着たの, 睨まれること, 知つてゐた, 知らなくっても, 知り得るであろうか, 知ろうか, 確実な, 祈祷にあたっても, 禅みたいな, 秘密の, 突いた毬, 立てたとも, 立花先生の, 筆に, 糞おか, 純粋に, 結婚なんか, 総大将, 繋がって, 置いたの, 義経の, 老婆を, 考えたよりも, 考えるだろうか, 考へやう, 聖なる真理, 聽い, 育てて, 自らの, 自殺し, 船に, 芸術的に, 苦しめるの, 落したもの, 蒔いたか, 蜀朝を, 行かずに, 行くもん, 行ったら村重, 袖を, 襲ったとも, 見たつて唯事ぢ, 見たんだい, 見つる, 見ようと, 見付けました, 見破ったか, 親に, 角兵衛に, 言いきること, 言いました, 言い出すと, 言うたうしろ, 言ったい, 言って, 言ひきれる, 言ふんだ, 訊ねても, 許されるので, 診ても, 証言し得よう, 話したね, 話を, 語ったの, 説明した, 読むだろうそう, 読んだつて差支, 誰より, 調節し, 講中な, 警察なんぞへ, 豫期しよう, 責任負う, 貴公を, 貴様の, 買ったか, 貸しますえ, 賛成し, 赤い扱帶, 足を, 身の, 轢かれたんだい, 退こうと, 逃げる, 通らうと, 造つたのだ, 遊びに, 適任でしょう, 酌なんか, 金が, 鉄砲を, 鐘を, 開きしぞ, 開こうと, 陣中で, 集まらんの, 雪に, 面倒くさいわざわざ, 音頭を, 頼んだの, 願ひも備はり, 食うの, 食物を, 飼つて居る, 馬へ, 馴れ初めし, 騙し打ち, 鬼か, 鳴らしてると

▼ 誰~ (3903, 8.6%)

135 来て 31 他の 30 ほかの 21 能く, 見て 18 それを, 僕の 16 自分の 15 これを 14 いるの, 出て, 女の, 来たの, 知る 13 来たよう 11 知って, 私を 10 ある, 來て, 彼の, 男の, 誰か 9 いる, 来る, 自分を 8 ここへ, そんなこと, 來た, 助けて, 呼んで, 後ろから, 私の

7 [11件] いないか, うしろから, こっちへ, ッ, 何か, 持って, 知らぬが, 訪ねて, 起きて, 連れて, 適当な

6 [13件] お前の, ついて, ほかに, 一緒に, 他人の, 俺を, 叫んだ, 戸を, 来い, 来さうな, 歩いて, 立って, 若い女

5 [14件] いい人, いう, うしろで, おれの, しっかりした, ひとりが, 尋ねて, 探して, 来た, 此の, 知らないが, 知らむ, 見た者, 送って

4 [36件] あなたの, いねえの, いるよう, おらぬか, きつと, この部屋, そこに, その辺, たずねて, どこかで, 上って, 之を, 今に, 住んで, 入って, 取って, 好きな, 彼を, 後ろで, 斯う, 来たよ, 来たん, 来ると, 来るよう, 死んだの, 気の, 男が, 登って, 相当の, 眼の, 知らんが, 私に, 窓から, 聞いて, 覗いて, 迎えに

3 [72件] ある誰, いいひと, いった, いて, いないの, いるか, いるらしい, うしろの, きて, この中, この辺, しる, そこへ, その中, その時, やつて, よくこの, よその, ゐるの, 一人でも, 一人の, 不意に, 乗って, 云ふ, 人影が, 人間の, 他に, 他人に, 來る, 信ぜむ, 倒れて, 分らないが, 別な, 前に, 友だちを, 叫んで, 呼んだ, 外に, 大きな声, 客が, 寝て, 居るの, 廊下を, 忍んで, 忘れて, 扉を, 教えて, 新らしい, 日本の, 早く来, 昔の, 来いッ, 来るの, 案内し, 死んで, 残って, 氣が, 汝を, 火を, 烏の, 盗んで, 知つ, 知つた人が, 立つて, 答えた, 答へ, 耳の, 親切な, 親戚の, 走って, 近所の, 部屋の

2 [247件] あ, あすこに, あたしの, あの人, あの男, あれを, いい聟, いふ, いると, いるん, うちの, お前を, お孃さん, お客が, お客さんの, お馴染, けがしたもの, ここで, ここに, ここの, こっちを, このおれ, この夜中, この獣, これに, ころろと, こんな体, ささやくよう, しかるべき人, すうと, そこい, そこらに, そつと, その不思議, その奇術, その始末, その子, その方面, その道の, そばへ, それだけを, つけて, つぶやいた, つれて, どなった, ないか, のっそりと, はや来, ひとり笑っ, また, また思ひあがり, また我, まはり, もう私, やったの, よく彼, よく知, よんで, わからない女, わからなかった, わからなかったが, わからぬが, わかる人, わしを, わたしに, わたしの, ゐないか, ゐるん, ア, マッチを, ムクの, 一人が, 七兵衞に, 世を, 二人家の, 云ったの, 井戸へ, 人が, 人待ち顔に, 人間が, 今の, 今日時代の, 他人が, 代りに, 会って, 佐々木を, 何でも, 何の, 余程元気, 信用の, 借りて, 偉い人, 傍に, 先に, 入ったもの, 入ったよう, 入つて, 入つて來, 其懐に, 分らぬが, 判らないが, 加勢に, 去りたり, 参りて, 又独自, 又私, 友人でも, 友達が, 叔父の, 取次が, 口笛を, 否むこと, 呼びに, 呼ぶ, 呼ぶので, 呼ぶ者, 四五人立っ, 堪え得るであろう, 大声で, 大臣に, 奇妙な, 妙な, 婆さんの, 射撃の, 居ませんか, 居るか, 居るぞ, 帰って, 彼か, 彼かと, 彼が, 彼らに, 後から, 御客, 復論ぜん, 忍び足に, 忍び込んで, 忠実な, 怪しい者, 恃ま, 患者の, 悪い奴, 愛する人, 我を, 手を, 抑, 持つて, 持出して, 探しに, 斯民に, 早く, 早く出, 昇って, 昨夜の, 来いよ, 来さうなもの, 来たか, 来たこと, 来たと, 来たな, 来たなと, 来たやう, 来た様子, 来てるの, 来るかも, 来るやう, 来れば, 来客が, 案内者を, 梯子段を, 死ぬぞ, 死んだ, 気が, 気の毒な, 気を, 水を, 波路を, 注意する, 消えつも, 潮の, 焚火でも, 然るべき人, 町の, 異議が, 白頭の, 盗んだに, 相手が, 相手を, 相撲を, 着物を, 知ってる人, 知つてゐる, 知ら, 知らせたべ, 知らん, 知らんと, 知らん千丈, 知る人, 知人の, 私たちに, 穴の, 笑った, 第三者が, 紙燭を, 紹介者が, 聞いた, 背を, 自ら省れ, 自分に, 自分へ, 若い娘さん, 若い衆が, 茶讌を, 行って, 見えないもの, 見む, 見違, 解るもの, 言ふ, 調べに, 調停者が, 貸して, 赤いジュパーン, 起って, 跟い, 躍り出して, 身内の, 迎えを, 迎ひ, 迎へに, 近処, 逃込んで, 途中で, 這入って, 這入つて, 通行人が, 遊びに, 過去の, 遠いところ, 郵便局に, 鋭き鎌, 門を, 障子の, 雄弁で, 面を, 頼んで, 駆けて

1 [2281件 抜粋] あいってた, あすこへ, あたりまえの, あつて, あなた方が, あの小坊主, あの猫, あばれて, ありましょう, あるだろうか, ある彼奴, ある退治, あわれと, いい医師, いうたの, いたずら者めが, いないかと, いねえか, いふただ, いませんでしたか, いるかなと, いるでしょう, いるのねえ, いれて, うなって, おい前掛, おのれの, おらんか, おん身の, お供の, お半, お団子, お客さんかね, お客様だ, お常, お相手, お花, お酌, かえって来た, かわりの, きいたこと, きたらつつと, くすくす笑っ, くれたと, こういう者, ここを, こないかな, このうち, このミマツ曲馬団, この仲間, この処, この変, この天地, この床, この手毬, この林, この浄地, この白骨谷, この聖天堂, この覇業, この近辺, この銀杏, これから考へ, これは, こんな真似, しかるべき大将, しきりにどなっ, して, しるらん新星, すすんで, するどくいった, せめて途中, そう云う, そこまでは, そのうち, その何, その女, その後から, その正体, その男, その長足, そばに, それらの, そんな風, ただ自分ひとり, ちがうひと, ちよいと, つまらぬひとり, とたんに落馬, と腹を, ないかしら, なりたいもの, はっきりと, ひきかへ, ひとりさ, ひとりの, ひとり監督に, ひやかした, ふとい息, ほかを, ぼやぼや言っ, またえらい, また哀別離苦, また知ろう, まだ何, みずからの, もうこの世, もう一人二階, もう少し本当, もっと確りした, やってきて, やって来たよう, やられたか, ゆっくりやって来る, よくその, よく頭, よんだ, わからぬと, わが此墳墓, わたくしには, ゐさうな, ゐるやうぢ, エヘンと, ギシ, コマ村を, ゴホゴホ唱え, シャクが, セリフを, チョボを, ヅカヅカと, ノコ持っ, ハヤクチで, ブツカッタという, ホテルの, モスク, ヴォートカを, 一人あげよ, 一人と, 一人クスリと, 一人起き, 一寸と, 一應訊い, 一番後で, 一走り行っ, 三四人の, 上から, 上陸って, 不幸な, 不法と, 世話し, 両脚の, 主君を, 乱暴する, 二つ三つ氣ぜは, 二人がかりで, 云うもの, 云ってたが, 五六人居た, 人々に, 人を, 人生行路の, 人間に対して, 仇をば, 今夜案内せぬ, 介抱する, 付けて, 代つて教, 代れ, 仮りの, 仲間を, 伴が, 低く言った, 何とかきっかけ, 余所で, 使いに, 來さうな, 供の, 俑を, 修行の, 倒れたらしい, 偉大なる, 僕に, 優れた連作, 先生にでも, 兎の, 全き, 其の濡衣, 其奴には, 内通した, 凋落の, 出ないか, 出会い頭の, 分って, 分らなかつた, 分る人, 前には, 助手さんの, 動いた者, 医者を, 半紙を, 参ったかの, 参りますの, 又予, 又所謂天譴, 又蒸気ポンプ, 友兄いに, 取扱い方, 口を, 叩くよう, 可羨し, 合宿が, 同じ方向, 同志が, 同行を, 名簿を, 君の, 吾人に, 告訴した, 味ひ, 呻く, 呼ぶ声, 呼出しの, 唐紙の, 商売の, 喜次郎と, 器用な, 土間の, 坊主が, 塞いで, 夕闇の, 外部の, 大え馬ア引出し, 大きな聲, 大学へ, 天下の, 天火を, 奉行所へ, 女に, 女中の, 女部屋の, 妖星の, 妾に, 婦人を, 子どもが, 孔明を, 安彦さんの, 実際に, 客を, 家の, 宿屋へ, 密報した, 専門家に, 小さな跫音, 小机の, 小説を, 尻押しを, 居た筈, 居ないでは, 居らんかな, 居るん, 屋外から, 屍体の, 川上糸子の, 希望者は, 帰る者, 幽かな, 座員が, 引きずり出されたらしい, 強いて, 影の, 彼女に, 彼方の, 往来の, 後でコソコソ話し声, 徒為に, 御堂の, 御推挙, 徳島城の, 必ず附い, 志士として, 応答を, 怒鳴ったと, 思ひを, 怪しみは, 恩に, 悟り切れない坊さん, 悪戯を, 悽惻として, 意趣でも, 慈悲ある, 憂懼に, 懸け金, 我に, 或は私, 戸外で, 扉の, 手伝つて, 手燭を, 技師さんぼくを, 押入れへ, 拾た, 持ちもどったん, 挙げられるナ, 捺摺り消し, 支うべき, 故郷を, 教へては, 斬られて, 新しいお客, 日本を, 旧き生涯, 早くお, 早く漕ぎだした, 早く這入つ, 昨夜十一時頃あの, 昼間の, 時折吹い, 晴らさん, 有る, 有志家に, 木の, 未熟な, 本宅へ, 来そう, 来たぜ, 来たでしょう, 来たらしい盛子, 来たわよ, 来た気配, 来てるだろうから, 来ないかなあ, 来ました, 来やが, 来りて, 来るって, 来るわ, 来合せたり, 東京湾内の, 林檎を, 桔梗様を, 棒材を, 棲んで, 楊柳の, 槍を, 横合いから, 欠然, 止めて, 此研究所の, 歩いた足跡, 歯医者さんにでも, 死ぬって, 死んだそう, 殊勝な, 殺した奴, 殺られたん, 毛利一族の, 気づいたが, 氣まぐれに, 汝等を, 沃度ホルムが, 泊り客を, 泣きました, 注意した, 洞窟の, 混ぜ返した者, 測り誰, 満腔の, 潘璋を, 炉端の, 然るべきひと, 熊谷君の, 爐に, 爾に, 物好きの, 特定の, 独逸語に, 玄関から, 珠を, 甚内の, 用事か, 町から, 留守番を, 當年の, 病気です, 痍を, 登ったらしい, 盗み聞きし, 監視者が, 直ぐ忘れ, 相当な, 看病人が, 真実を, 矢立を, 知つた人に, 知らずその, 知らないかね, 知らぬ人, 知らん一滴黄金水, 知らん此二人, 知ら玄関, 知るべき小山田, 知るべき秋, 知る山, 知ろう, 知ろう真, 砂糖壺に, 礫を, 禅家の, 私と, 私事を, 突然歌, 立ち聞きを, 競爭に, 笑ったが, 笹木へ, 糸を, 統計を, 緞帳下ろし, 罪悪である, 羊に, 老年の, 聞えた武術家, 肉親が, 能くお, 腕を, 臨時に, 自分より, 舊き, 色情なから, 芸術家でも, 若い将校, 若い衆でも, 英語を, 莫迦な, 葡萄なぞ, 薬研堀へ, 蝋燭の, 行かなければ, 行ったぞ, 袴を, 裏門を, 見せに, 見つけた, 見付けて, 見張つてでも, 見知らぬ男, 覗いたと, 親しい人, 解らないながらも, 言って, 言ひ出した, 訊いて, 訪問すべき, 詩人の, 話の, 誘いかける奴, 誦んで, 読手は, 諸公の, 豆を, 貰ひたい, 貴客, 赤山の, 起きずには, 起ち上つて紙片, 跳ね起きた, 身うちの, 身分の, 輕慢の, 迎え出ぬばかり, 近所にか, 追ってくる, 逃がしたので, 通らば, 通るから, 連が, 遠くで, 適當な, 部屋へ, 醒めとろ, 金持の, 鍵穴から, 門口へ, 開墾する, 陶然として, 階段を, 隣室で, 電話を, 面倒を, 頑丈な, 頭を, 顔見知りの, 飛び込んで, 食堂へ, 飼主が, 馬を, 駈けて, 高徳な, 鷹を, 麾下の

▼ 誰にも~ (2817, 6.2%)

21 逢は 19 分らない 17 知られずに, 言は 16 言ふ, 顔を 13 わからない, 判らなかった 12 知られて 11 わかりません, 云は, 彼にも, 知らさずに, 知れないよう 10 わかって, 手を, 知らせずに, 秘密に, 言はずに 9 わからなかった, 見られずに, 見当が 8 それを, 容易に, 言うな, 言っちゃ, 言わずに, 話したこと, 迷惑を 7 いわないで, 会わずに, 分らなかった, 氣が, 知らせないで, 知られないよう, 言わないで, 話さずに, 頭を

6 [11件] わからないよう, 云わずに, 云わないで, 会は, 分って, 分らないよう, 見つからずに, 見られて, 見られないで, 遺すこと, 邪魔されず

5 [19件] ある, あること, あるもの, おっしゃらないで, そのこと, わからぬ, 云っては, 云へ, 分りません, 告げずに, 姿を, 気づかれずに, 相手に, 知らさないで, 見せずに, 話して, 認められて, 遠慮は, 黙って

4 [21件] それと, ないの, 云っちゃ, 出來, 出来ない, 出来ること, 増して, 想像が, 想像される, 想像の, 教はらない, 気づかれないよう, 相談せず, 知れずに, 絶対に, 見せては, 見とがめられずに, 見られないよう, 解らなかった, 言つ, 話しませんでした

3 [60件] いっちゃ, お目, かれにも, したこと, すぐ分る, それは, そんな事, ない, ひけを, わからないの, わからないもの, わかりませんでした, わかる, 云ったこと, 云わなかった, 似て, 内緒に, 内証に, 出来ないこと, 分かる, 分ること, 判って, 判らない, 判らぬ, 口を, 問題に, 嫌はれる, 愛されて, 打ち明けて, 書けないと, 気づかれないで, 洩らさないと, 物を, 用の, 発見されず, 知らさないよう, 知らせない方, 知られないで, 知れないやう, 聽かせ, 興味を, 見えない, 見せたこと, 見られぬよう, 覚られずに, 覚られなかったの, 言いません, 言って, 言つては, 言や, 言わないよう, 話さない, 話さないで, 話しては, 語らなかつた, 逢ひません, 逢わずに, 逢わなかった, 邪魔を, 顏を

2 [180件] あは, あり勝ち, いうなと, いっては, いはないと, いわない, いわないから, この話, その処置, その場所, それの, そんなこと, できないの, ところを, どうにも出来ない, まねの, めいわくかけず, よくわかる, よく分る, わかった, わからない処, わからない疑問, わからなかつたさ, わかり易い言葉, わかること, わかるの, わかるはず, わかるよう, わかるわけ, わかる筈, スベらせ, 一応は, 一様の, 不満を, 世話に, 云いません, 云うな, 云うまいと, 云うん, 云っちゃあ, 云って, 云つ, 云や, 云わないから, 云わなかったが, 休息も, 会はずに, 何とも, 出来なかった, 分からなかつた, 分らないの, 分らないらしい, 分らないステーション, 分らなかったが, 分らなかつた, 分らぬ, 分りませんでした, 分りゃしません, 分りやしないの, 分りようは, 分る, 分る事, 判らないこと, 判るやう, 判断が, 到着を, 受け取れない位, 口外した, 同じよう, 告げないで, 咎められずに, 売らないで, 好かれて, 好かれる, 嫌われ憎まれよう筈, 害は, 思いやられること, 恐れられて, 想像された, 想像されるであろう, 愛嬌を, 憚から, 手が, 打ち明けないし, 指も, 敬遠され, 文句は, 明かされないこと, 明らかである, 明瞭な, 書けさうに, 會は, 會ひたくなかつた, 楽に, 殺されないの, 気が, 気どられずに, 気どられないよう, 気付かれて, 気付かれないよう, 気取られないよう, 氣づかれず, 氣取られない, 決して知らせる, 沈黙って, 洩さ, 洩らして, 洩らすな, 理解し, 申しません, 相談した, 相談を, 真似の, 着られる, 知らさぬ様, 知らしては, 知らせないよう, 知られず誰, 知られたくない一つ, 知られては, 知られないうち, 知られぬこの, 知れぬよう, 知れる気遣い, 確かな, 秘密だ, 聞いて, 聞えないよう, 聞こえないよう, 自分の, 興味が, 苛責された, 見せたくは, 見せて, 見せないと, 見せないよう, 見られないという, 見られなかつたから, 見られるよう, 見付かつて, 見咎められずに, 見捨てられた苦蓬, 覚られないよう, 親しまれて, 解せられぬこと, 解らない, 言うこと, 言うて, 言うなと, 言うわけ, 言うん, 言わないから, 言わなかった, 言わんで, 許さるる美, 訴えなかった, 話さないこと, 話さなかった, 話さなかったが, 話した事, 話しちゃ, 話す事, 話の, 話を, 語らなかったが, 読むこと, 誰にも, 負けぬくらいに, 起されずに, 返答など, 迷惑は, 逢いたくないと, 逢はずに, 逢ふ, 遠慮する, 遠慮も, 邪魔されない, 隠して, 顧みられずあの, 黙ってるん

1 [1637件 抜粋] ああいう, あけられずに, あなたの, あまり同情, あらう又, あります, あるが, あるの, ある人間, あれそれが, あれ人見, あわなかったので, いいたくなかった, いうまいと, いえない一つ, いえまいが, いちばんなし易い, いなみ給, いへずただ, いわぬよう, うちへ, うなずかれた, おなじみの, お早うとも, お辞儀を, かえりみられること, かかわりなし, きかんで見付けちまおう, きずが, ことわつて, このちらし, この仕掛, この鍵, これ程な, さっぱりわかりません, さまたげられないで, した事, しては, しばしばあの, しゃべりは, しろ目映, すぐ感じられた, する, せよこの, せよ女王, そう仕組まれ, その一言, その意, その着物, その苦しみ, それが, そんなに知られ, そんな経験, ちょっとわかり兼ねた, ちょっと見当, つけた事, できないよう, できます, できると, できる作, とがめる権利, どうもしかた, ないこと, ないよう, なくただ, なじみ深い, なれない根性, なんにも言わず, はじめは, はっきりわかる, はばからずに, ひとことも, まさって, ましてその, まして勢力, まして愛し, まして真, まだ言わず, みとられずに, もらすこと, やりゃしねえ, やれないこと, やれるから, よいお雪ちゃん, よく分らないだろう, よく悟られた, よく見える, よさ, わからず, わからないかも, わからないん, わからなかったでしょう, わからなん, わからねえの, わかりすぎるほど, わかりは, わかりやすい, わかるまいと, わかる道理, ジジである, ハッキリと, ファシズムの, 一と, 一人も, 一再ならず迫つ, 一文も, 一様に, 一言も, 不平や, 与り度, 中を, 予想される, 云いませんから, 云い給うな, 云えやせんやろだから, 云つては, 云ふんぢや, 云わないが, 云わないもの, 云わなかった本心, 云わねえが, 今も, 他に, 代って, 仰しやらないやう, 仰言っては, 会いなされへん, 会いませんね, 会って, 会わしたくない殊に, 会わず何, 会わせぬよう, 会わないが, 会わなかったが, 会わんよう, 伝えられずに, 似たり, 住所を, 何の, 何んにも, 何物にも, 使はれ, 信じられて, 傷を, 兄弟が, 入用の, 内しょ, 内密に, 内通など, 出来そう, 出来ない事, 出来ぬ, 出来ません, 出来るよう, 刀と, 分からないこと, 分かりません, 分かる位, 分つても, 分らないかも, 分らない秘密, 分らなかつたらう, 分らぬこと, 分らぬ方法, 分りきった軍需生産者, 分りつこないの, 分りませんが, 分りまた, 分りやあ, 分るだろうが, 分るめ, 分る普通, 分る話, 判らず店, 判らなかったが, 判りませんから, 判りやしません, 判る一般性, 別れを, 剣術を, 劣らず拍手, 劣らないでしょう, 劣らないほど, 劣らなかった英語自慢, 劣らぬ一方, 動く女, 勝し, 午飯を, 取られたくないの, 取扱える, 口外し, 口外する, 可愛がられないの, 可愛がられ誰, 合いませんと, 合点され, 名前は, 吹聽しない, 告げず窃, 告げやう, 咎められず英国大使館, 咎められる事, 喜ばれて, 困難な, 夢が, 大概は, 好かれませんみんなわたし, 好かれ信頼, 好ましかつ, 妨げられずに, 嫌われた或, 子供が, 學生と, 実感され, 尋ねずひとり, 屈したこと, 巻かせませんでした, 平易に, 弁解一つせず, 強いようと, 当り触り, 心の, 心置かぬ, 必要は, 快い感じ, 思い掛けない全く, 思えないだろうが, 思わせたろう, 怪しまれずとうとう, 怪しまれること, 恐らくは困難, 悟られないよう, 悪感を, 想像され得るでしょう, 意味が, 愛されないで, 愛される好, 愛を, 感ぜられること, 感得されるであろう, 憎まれること, 懐かしがられる, 手に, 打あけなかった, 打ちあけなかつた, 打ち明けずに, 打ち明けず自分ひとり, 打ち明けられない苦痛, 打明けない秘密, 承認されるであろう, 披露しなかった, 指一つ触らせる, 指一本指させるこっ, 挨拶も, 掣肘せられる, 支持されず, 敗は, 教えられずに, 教わらないで, 断らずに, 断わらないで出て, 明かさずに, 明かされません, 明さ, 明らかに, 明瞭に, 暗澹であった, 書斎の, 會ふ, 本当には, 本当は理解, 案内されない, 構わず遣ったです, 次郎の, 残らざるを, 気がつかなかった, 気が付かれない中, 気づかれず露台, 気づかれないやう, 気づかれぬかに, 気づかれませんでした, 気づかれる筈, 気に入るよう, 気付かれないやう, 気兼なく, 気兼ねを, 気取られないやう, 気附かれず, 氣付かれまい, 汚されて, 決して云わない, 沙汰無しに, 洩しては, 洩らさないという, 洩らしたくは, 洩らしませんから, 洩らすなと, 渡しません, 湧いて, 漏らしません, 煩は, 特別な自惚れ, 理解されない, 用いられず今年, 画の, 異議の, 疑われずに, 疑われぬ様, 疵が, 発見されぬ, 皆な, 盗まれぬよう, 目撃せられ, 相談は, 省みられないけれども, 看取出来る, 真相は, 知った人, 知らさずそっと, 知らさず訪ねて, 知らせずこっそり, 知らせず永遠, 知らせて, 知らせないこと, 知らせなかつた尤も, 知らせようとは, 知られず人生, 知られず来たの, 知られず谷, 知られたくないの, 知られたり, 知られない自由, 知られなかつた, 知られぬよう, 知られぬ様, 知られぬ秘密, 知られること, 知れず一仕事, 知れないかと, 知れぬ様, 知れること, 知れッこ, 確な, 示すこと, 神秘で, 私の, 秘密が, 秘密な, 窘められること, 約束しない, 素性を, 累わ, 絶對に, 習ったこと, 考えられなかった, 考へられること, 聞えないと, 聞えない言葉, 聞かする話, 聞きこまれないうち, 聞こえやせん, 肖ては, 肯けましょう, 腹立たしい, 自由が, 莫迦莫迦しい, 行先を, 見えないという, 見えない処, 見えなかった, 見えなくなること, 見えるわけ, 見せず永遠, 見せたくなかった, 見せないこと, 見せない大切, 見せなかったという, 見せぬふさふさ, 見せませぬ, 見せられます身体, 見せる訳, 見つからないやう, 見つからなかつたが, 見つからねえよう, 見つかるまいと, 見つけられずに, 見て, 見とがめられる気づかいは, 見られず本人, 見られたくない, 見られたこと, 見られないと, 見られなかった事, 見られへん西洋間, 見られやしねえ, 見付からずに, 見付かる気遣い, 見付けられまいと, 見咎められなかった, 見当らなかったかという, 覚られず殊に, 親しくし, 親切に, 解されない慾望, 解らなかったが, 解りこないから, 解ること, 解る筈, 触れさせて, 言いたいだけの, 言いふらしたり, 言いやしないよ, 言うたらあかんぜ, 言うまい, 言えないが, 言えまい取るに, 言つて呉れ, 言ひつかり, 言ふんぢや, 言わず今, 言わないうち, 言わないであろうか, 言わなかったくらい, 言わなかったの, 言われぬの, 言付かったこと, 訪客には, 許されないところ, 訳を, 診て, 詮議は, 話さず直ぐに, 話さないと, 話さない秘密, 話さなかったに, 話さなかったん, 話さなかつたの, 話したくないこと, 話しは, 話しゃしませんよ, 話すつもり, 話すまいと, 話せない鬱積, 認められたところ, 語ったこと, 語らずまた, 語らなかったもの, 語られたこと, 説き聞かせがたい, 説明する, 読まれる雑誌, 諒解されない, 謝罪を, 豊かな, 負けず好奇心, 負けないくらいに, 負けないだらうと, 負けない善人孫兵衛, 負けない綺麗, 負けぬ自信, 負けませんが, 負けを, 貸さないで, 貸したこと, 賄賂なんか, 起らなかった, 迎向, 退け取らんいうことお腹, 通じなかったの, 通じること, 通用し, 逢いたがりませんでした, 逢いたくないし, 逢いませんよ, 逢つた樣子は, 逢ひたくない, 逢わず電話, 逢わなん, 逢わん, 遇わなかった, 遠慮しない, 遠慮なくずばずば, 遠慮会釈が, 邪魔される, 鑑定が, 開く様, 附いて, 隠したいが, 面会という, 面会謝絶を, 頼まれたの, 頼らず誰, 顔向けが, 顧みられないこと, 食事さえ, 饒舌りません, 首肯される, 馴染だ, 默つて下關行きの, 黙つて

▼ 誰~ (2577, 5.7%)

178 目にも 134 眼にも 54 ために 32 胸にも 30 顔も 29 耳にも 2826 姿も 24 手に 21 ことを, 心にも 20 前でも, 子だ 18 ことな, 口からとも, 顔にも 17 ことだ, もので, 仕業か 15 だか, 頭にも 13 ことです, 眼も 11 ためにも, 仕業だ, 罪でも, 考えも 10 ことか, 口から, 口にも, 顔を 9 ものな, 事だ, 口からも, 手にも 8 こと, です, 仕業とも, 子か, 子な 7 ためでも, だえ, 事を, 手を, 為に 6 ことも, せいで, ものだ, ものとも, ものに, 上にも, 前にも, 手で

5 [12件] お蔭だ, だい, ゆるしを, 事だらう, 作か, 力でも, 心も, 手から, 手によって, 物だ, 罪だ, 胸の

4 [24件] おかげだ, ことだい, ことで, ためだ, ところに, めにも, ものか, 世話に, 世話にも, 事だい, 事です, 云うこと, 作だ, 場合でも, 声だ, 妻に, 子, 子とも, 家で, 家でも, 所へ, 指圖だ, 注意も, 頭の

3 [46件] いうこと, いふこと, お墓, お蔭で, しわざ, せいだ, ためか, ためにでも, ための, ところへ, とも知れない, ものであった, アミが, 上に, 事か, 事も, 仕業でも, 作かと, 作で, 作は, 名を, 品だ, 墓とも, 声とも, 子である, 家に, 家の, 影も, 心の, 所有に, 手からとも, 手も, 物か, 物とも, 番だ, 目も, 真似でも, 眼に, 紹介も, 言葉も, 許しを, 責任でも, 迷惑にも, 部屋へでも, 顔だ, 顔の

2 [138件] いたずらであろう, か, かんがえも, ことかしら, ことかと, ことじゃ, ことだろう, ことであろう, ことでございます, ためだろう, だと, でしょう, ともしれない, ともわからぬ, どこの, にしろ, ものだろう, ものである, ものです, 一生も, 予想も, 事かと, 事ぞ, 事だって, 事とも, 仕業だろう, 仕業であったろう, 仕業に, 作品に, 作品の, 作品誰の, 使う英語, 傘か, 児か, 写真だ, 利益の, 前だって, 前ででも, 力で, 力とも, 助けも, 口に, 名誉にも, 命令で, 命令も, 噂彼の, 国でも, 声か, 声だった, 声も, 妻でも, 妻にでも, 子ぞ, 子供か, 字だ, 家だらう, 家な, 屋敷だろう, 役にも, 役目だ, 心にでも, 心をも, 心持も, 惡戯か, 意志です, 意見にも, 所に, 所業と, 所為という, 手が, 手でも, 手の, 手へ, 持物だ, 指だ, 指図で, 書いたもの, 案内も, 様子にも, 歌とも, 死骸です, 気も, 気配も, 注意をも, 為, 物と, 物に, 生活を, 番だろう, 目から, 目からも, 眉にも, 真似だ, 眼から, 眼からも, 竦毛を, 筆か, 筆とも, 答えも, 紹介で, 絵に, 罪だろう, 罪でしょう, 罪な, 考えにも, 耳を, 肖像か, 胃袋へ, 血だ, 血も, 衣服を, 視線も, 言うこと, 言ふ, 言葉だ, 記憶にも, 許可を, 訳詩を, 詩にも, 話も, 語か, 足だ, 足も, 足跡も, 迷惑に, 邪魔を, 部下だ, 部屋の, 金で, 鈎にも, 門を, 面にも, 面も, 顏にも, 顏を, 顔か, 骨を, 魂でも

1 [986件 抜粋] あたま, あだ名だい, あなどりも, あんたの, いかなる恋, いたずらだ, いた所, うえにも, えおい, おかげぢやと, おかげでございましょう, お下屋敷, お世話にも, お供, お子さんな, お家, お庇, お役, お母さんな, お蔭か, お蔭やと, お顔, かいたどういう, かしらんが, かわからん, か判断, か知, か知らん, があらわ, が好き, こった, こったね, ことかな, ことさ, ことである, ことでござる, ことでも, ご機嫌とり, さしがねで, すさびか, せいだい, せいだろう, せいと, たしなみか, ためかくも, ためぞも, ためとも, だいこいつは, だつけ, だらうやつぱり将軍, だろうと, だ聽, だ誰の, つもりで, であったか, ですか, でも, でも値段, でも文章, でも見た目, といっ, ときだった, ところでも, ところへさ, ともわかりません, とも判断が, とも定らねど, と思う, どういうところ, どれという, どんな贈り物, にでもふた種, に比し, ひとみも, まえにでも, もくろみでも, ものかと, ものかも, ものだらう, ものでしょう, ものと, ものも, ものを, もんだ, も一つ, も出した, も明るく, やつた, ゆるしが, よりもふくらん, よりもまん, よりも余程, よりも小さい, よりも熱かっ, よりも親しみ, を聴い, イタズラでも, コップが, ツラの, ナイフです, パンが, フルサトの, ポケットだって, 上さんだろう, 上品な, 不注意か, 世話も, 中にも, 乞ひ, 事じゃ, 事で, 事やら, 亭主で, 人数か, 仇を, 仕事だ, 仕事です, 仕事の, 仕業かね, 仕業であった, 仕送りで, 仮声, 企図か, 伯父やら, 住まいであった, 住まひに, 住居だ, 体温でも, 何, 何という, 作かは, 作った川柳, 作である, 作でござん, 作と, 作なる, 作の, 作品だ, 使い, 使つた, 側に, 儲けの, 兄誰の, 先祖だ, 児だ, 児であった, 党な, 内輪の, 内閣だった, 写真を, 処へでも, 出現を, 出迎いでも, 刀が, 刀である, 刃でとは, 分の, 別荘な, 前へ, 前掛, 前身とも, 剣です, 力である, 功業に, 助けを, 助力も, 努力や, 反對, 受持ちなの, 口へ, 口入で, 口跡にも, 句だらう, 叫び声だらう, 名と, 名前が, 名声も, 名誉に, 呪いで, 呼吸も, 命令, 命令にも, 咽喉も, 唇からも, 唸きとも, 嗅煙草入に, 噂が, 噺も, 國でも, 地所でも, 場合にも, 墓だ, 墓な, 墓石に, 声いろ, 声である, 声とは, 声に, 声より, 声を, 壺でも, 女か, 女房な, 好みか, 好奇心も, 妻としても, 妾だ, 姿ぢや, 姿を, 娘だ, 嫁さんな, 子かは, 子かを, 子だろう, 子でござんしょう, 子です, 子と, 子の, 子供な, 字である, 字なる, 家, 家だ, 家ぢや, 家にでも, 家へ, 家やら, 家族と, 寢部屋へ, 小説でも, 尺度だろう, 屋敷か, 屍体だ, 差し金かは, 差料だ, 席が, 常識でも, 干渉をも, 弁当にも, 弟子でも, 弟子として, 形見か, 影でも, 影響を, 得にも, 御所有, 御蔭だ, 心でも, 心中にも, 思いつきか, 思い附きであった, 思ひも, 性質, 恋でも, 恨みを, 恩だ, 息づかいも, 悪口も, 悪戯, 悪戯だろう, 情けの, 情花守詩人の, 惡戯とも, 意向である, 意志だ, 意志によって, 感化だ, 懐で, 懐にでも, 懐へでも, 戸口だらう, 所にも, 所有が, 所有である, 所有地で, 所有物な, 所業だろう, 手であっ, 手です, 手にだって, 手にでも, 手によ, 手の者である, 手もとにも, 手勢やら, 才能に, 承知で, 拘束も, 持ち家か, 持物であろう, 指し図とは, 指一本でも, 指図とも, 指環かという, 指紋も, 挨拶も, 捌きによる, 捨石にだって, 摸倣も, 支持する, 故かな, 故な, 救いも, 料理だ, 方が, 日彼の, 時代か, 時計も, 智慧をも, 曲です, 書くもの, 書物とも, 書簡だ, 本かと, 本心も, 柿でも, 業, 機嫌を, 歌だ, 歌であっ, 歓送やら, 死体も, 死骸だ, 気もちも, 気質を, 注目も, 洗濯機であろう, 深い注意, 為でも, 為めだ, 為めに, 煙草入だ, 爲にか, 爺さんと, 物かという, 物で, 物を, 犯すところ, 猿智慧な, 生れ代りか, 生んだ子, 生活も, 用にも, 用事でも, 田に, 画かと, 画風という, 番かな, 病気を, 癪に, 発声かなどと, 発案かね, 発言かと, 發意だつた, 皿の, 目に, 相手だ, 眉を, 真似な, 真似も, 眼で, 眼にでも, 眼をも, 着た浴衣, 着物だ, 着物でしょう, 着物を, 睾丸を, 知行所だ, 社中の, 神経でも, 種だ, 種と, 種を, 竿も, 笛か, 筆に, 筆跡な, 米噛もふくれ上っ, 精神でも, 紫の, 細君に, 細工だ, 紹介をも, 組だ, 結婚です, 結核とも, 絵な, 縫ったもの, 罪か, 罪で, 罪であろう, 罪に, 罰さ畜生ッ, 考だい, 考案といふ, 者に, 耳へ, 聲だらう, 職業でも, 肖像である, 胤である, 胸に, 胸も, 胸中にも, 脳裡にも, 腕に, 腹へ, 舟ぞ, 芝居も, 芸を, 芸風は, 荷物とも, 著です, 著述が, 蔭に, 血です, 血に, 行灯でも, 衷心にも, 見た眼, 見る目, 見送りにも, 親の, 言い出したこと, 言にも, 言ひつけ, 言を, 言葉だつたらう, 言葉である, 言葉に, 言葉やら, 言葉を, 計画か, 設計でも, 許へ, 評にも, 試合の, 詩に, 話し声も, 話に, 話を, 話相手にも, 語ったこと, 説などと, 誰, 調髪も, 請売りだ, 負担する, 責任か, 責任であろう, 責任にも, 質問に対しても, 赤ん, 足しにも, 足でしょう, 足跡あれは, 足跡と, 足音だ, 足音でも, 身に, 身の上にも, 身上だ, 身体であろう, 身辺に, 軍と, 返事も, 運命に, 過失であろう, 道具でしょう, 邪魔も, 邸だ, 邸宅か, 部屋だ, 部屋でも, 部隊が, 金, 金庫で, 鉢が, 鑑定にも, 門下で, 間違いという, 附けしか, 隣に, 面上にも, 面影が, 靴よりも, 頭だって, 頭よりも, 頭脳にも, 頼みだ, 顏でも, 顏色にも, 顔でも, 顔に, 飲むお茶, 餓鬼だ, 首です, 首謀という, 鼻だ

▼ 誰でも~ (2409, 5.3%)

190 知って 24 いいから, 知つてゐる, 自分の 21 いい 20 ない 16 一度は 1411 彼でも 10 勝手に 9 一應は, 知つて居る 8 すぐに, 一応は, 容易に, 持って, 構は 7 宜い, 気の, 経験する, 自由に 6 これを, よい, 相手に 5 ありません, そう思う, やれる, よく知っ, 云ふ, 心得て, 気がついて, 考えて, 見て

4 [15件] いいじゃ, いいの, いい誰, いうよう, して, する, そうだ, そうであろう, それを, 左樣だ, 知ってる, 私の, 考えること, 考へて, 自分が

3 [29件] あの男, かういふ山の端, かまわないから, かれでも, これに, すること, するやう, そう云う, ないこと, ないよ, はじめは, よかった, わかる, わかること, 云うこと, 他人の, 出入出来る, 可い, 同じである, 好き, 彼の, 想像する, 気を, 氣が, 然う, 知つ, 知る通り, 私を, 考えそう

2 [115件] あの屏風, あること, あんなこと, いいで, いいや, おなじだ, この場, この推定, この話, これが, これには, すべての, するよう, そうする, そうである, そうでしょう, そうです, そうなる, そう思っ, そこに, そのこと, その通り, それに, それは, そんなこと, そんな工合, ちょっと妙, できること, ないこの, ないわ, ない推せ, ない私, なかった, なるほどと, まずそこ, みんなその, みんな死ぬ, やること, よいから, わたしの, 一つの, 一度か, 一度や, 一生に, 人に, 人は, 人好が, 人間の, 会員に, 使ふ, 偉くなれる, 出来るん, 分る, 判って, 十分に, 取って, 取れます, 口に, 同じこと, 同じよう, 同じ人間, 善人に, 多かれ少かれユートピアン, 多少の, 大抵は, 好きな, 好きに, 客に, 少年の, 年を, 彼に, 彼を, 御前の, 心の, 思う, 思うこと, 思うであろう, 思ひましたらう, 想像が, 意外に, 感じて, 我我自身の, 或る, 承知し, 拾って, 持つて, 持出せます, 教えて, 新聞小説を, 普通の, 最後まで, 来い, 構わずに, 構わん, 気が, 海とか, 物を, 申すこと, 男の, 直ぐに, 知っとる, 知つてゐ, 知らない者, 知らぬ者, 知るよう, 石に, 美人に, 考えるよう, 自分だけは, 自分自身の, 芝居の, 言ふ, 認めなければ, 読む, 驚く

1 [1529件 抜粋] あたしに, あの場合, あの議席, あまり感心, ありがたいもん, ある, ある事, あれ, あわてますよ, あんまり好い, いいこと, いいだらう, いいという, いいよう, いい伴, いい新撰組, いい早くは, いい片, いい雪, いう説明, いくぶんこの, いざという, いつでも, いやがる役, うたへる, え, おかまいなし, おなじよう, おれたちが, お前たちの, お家に, お通さん, お金持, かう言, かならず福々しい, かまわないといった, かまわん, きいて, きっと踏み込む, ぐる, こういう要素, こう思わなけれ, こう言う, ここに, この世に, この作品, この問答, この婦人, この小, この方法, この白髪小僧さん, この街, この部屋, これから起る, これへ, こんなに食うまい, こんな姿, ございません, ごぜん, しさうな, しみじみと, すぐジュリア, すぐ思ひ, すぐ貴方, するわ, する病気, そういう, そういう友達, そういう風, そうじゃが, そうに, そうや, そう云っ, そう感じ, そう言っ, そこまで, そのひとり, そのまま受け容れるでしょう, その上, その体力, その名所旧蹟, その場所, その家門, その後一日中嵐の, その意外, その根気, その片, その知人, その義務, その袖幅, その証跡, その通り滋養物, それが, それ以外の, そんなら死ぬが, ただは, だが, だんだん図々しく, ちょっとびっくり, ちよつと, てっきり犯人, できる, できる下, ですよ, どこかで, ないが, ないそれ, ないわが, ないん, ない余裕, ない千種屋, ない大学, ない山村, ない自分, ない誰, ない黒岩万五, なく, なりたいもの, なる丈, なれるの, ねるし, ひと, ひどく早足, ふざけて, ふとそんな, へどもどします, ほめるだ, ほんもの, まず故, また食わし, まぬかれ難い, みな印形を, みんなあの, みんなが, みんな仲の, みんな子供だ, みんな通りたがる, めいめい口で, もし狼狽, もろもろの, やって来た者, やられるという, やるもの, やる妙, やれますが, やれる仕事, よいいる, よいの, よい同志, よい王様, よく知つて, よさ, よしっこの, れんげ草を, わし達を, エリザベートを, ジロジロ見られ, ゾッとして, ノスタルジアを, バタバタと, ピタゴラスの, ペッと, ロオマに, 一々記憶, 一ぺん見とく, 一人が, 一人は, 一号か, 一寸面喰います, 一度ある, 一度召し上る, 一度貰った, 一応の, 一応満足, 一日に, 一時或, 一生の, 一番先に, 一目見た, 一種特異の, 七時間労働だ, 三錢とられる, 下駄の, 不満を, 世渡上手な, 世間的な, 主人が, 乗られる, 乗れるだろう, 争うて, 二十五六歳だろう, 二斤貰ってる, 云う, 云って, 五六十年の, 五月は, 人から, 人格完成の, 人生問題に, 人間は, 今夜は, 今晩まで, 他人を, 仲間の, 何かの, 何の, 余りいい, 作り得た作, 作風の, 來いなん, 信用する, 俳優に, 借りたい人, 側に, 僕の, 先ず第, 先生の, 免れる事, 入りたて, 入れては, 全身麻酔に, 其の儘受, 其那に, 冗談ぐらい, 処女作を, 出来る, 出来るの, 刀剣の, 分りきって, 列を, 初めて船, 別に, 前人以外に, 助けたり, 動けるもの, 医学を, 博士は, 危険極まりなき, 參拜せしめる, 反応しなけれ, 取り出せまさア, 口から, 可笑しくない, 台所の, 同じぐらい, 同じやう, 同情が, 同様に, 君にと, 呑んで, 哀れな, 問屋場にか, 喜ぶ誰, 喫驚する, 囚えず, 図書館とは, 地図を, 境遇という, 外へ, 夙かしがり, 夜眠らずさわぐ, 大っぴらに, 大抵の, 大概そうです, 大衆に対して, 奧さんが, 女の, 好い心持, 好な, 始めの, 嫌えだ向う, 安らかに, 宜かった, 宣教師に, 家庭料理を, 容赦する, 寂しいの, 實際に, 小便が, 小屋を, 小道徳, 少しばかり, 少し物, 尻ごみする, 左うである, 師であり, 帳中に, 平常でなくなる, 度胆を, 引く例, 引金を, 強い軍人, 当を, 彼女を, 往かれる, 後を, 御存知の, 復興の, 心付くこと, 必ずやっ, 必要な, 快く感じ, 思いつけるという, 思い付くこと, 思つてゐよう, 思ふ, 怪訝な, 恐れるの, 悟れます, 惚れるよ, 想像し, 意気地が, 愛して, 感じるであらう, 感じる暖か, 感ずること, 感付く, 感服し, 憐憫の, 成るほどと, 所謂想像力が, 払うもの, 承認し, 招待する, 拾ひ出せる, 持ってる共通的, 持つ活気, 捕まるという, 探しに, 接客日でない, 描き得る處, 放れ散って, 故郷に対する, 整理しなけれ, 文学は, 文章の, 斯うなんです, 日常経験する, 早呑み込み, 昔の, 是には, 時間を, 暮しが, 書けさうな, 最初に, 月給の, 有る事, 未知の, 朱実と, 来い家, 来い負けるもん, 柔道の, 構いません, 構はん人殺しが, 構わないいい, 構わないのよ, 構わんから, 欲しいと, 歌ひ得る, 歓迎しないであろう, 此を, 歩いた, 歴史を, 死ななければ, 死ぬじゃ, 死を, 殴りたいと, 毎日フランス語で, 気がつきそう, 気がつくが, 気がつく通り, 気づかぬほどの, 気づく処, 気の毒に, 気持よく, 水潜りの, 泊めると, 浮いて, 海郷に, 満腔の, 火の, 炎天を, 無い俺, 無意識にも, 無条件で, 然うな, 熾んに, 爺ガ岳のと, 狂人の, 猛獸使, 生れると, 用いて, 男たちに, 画家だ, 疑いを, 癩に, 登場人物を, 皆こんな, 皆その, 皆よく, 皆店を, 皆自然に, 目を, 直ぐ眩惑, 相当バタバタやるらしい, 眞似られる, 眼を, 知ってること, 知ってるとおり昔, 知ってるん, 知つてる, 知つてゐるだらう, 知つて居り, 知つとるえれ, 知りたいこと, 知るあの, 知る居候, 研究といふ, 礼を, 神さまに, 私と, 秩父の, 突つかけられない, 笑って, 簡単に, 精神に, 経験し, 絶えず動い, 習いさえ, 考えずに, 考えるだろうが, 考え付く事, 考へられること, 耐えなければ, 聴き手, 胃が, 胸を, 臆病に, 自分は, 自我の, 良かつ, 芥川さんが, 若い者, 苦労っていう, 著述に, 虎を, 行かせて, 行って, 表から, 覆面の, 見たこと, 見出すで, 見馴れて, 覚られそう, 親しめよう, 親友扱いする, 言うこと, 計れるだらう, 話して, 認めずに, 認めては, 認める, 認めるだろう, 認識しない, 誤って, 読みそしてまた, 読める言葉, 變だ, 負けが, 買うさ, 買える品々, 資本主義を, 路の, 軽蔑する, 追いかけます, 這入れないこと, 逢いつけぬ人, 遊びに, 過失が, 遣って, 避けられるまた, 野原で, 釣れる, 鏡花宗に, 長い間, 開いた口, 間が, 附けます, 雨の, 非常な, 面白いだろう, 頭が, 題材に, 顔の, 食って, 食物の, 飢えた時, 首を, 驚くだろう, 鳥渡頂上へ

▼ 誰~ (1631, 3.6%)

33 しても 31 遠慮も 26 向っても 24 したって, 頼まれて 23 向って 20 いうとも 19 憚る 17 だつて 16 聞いても 12 返すの 10 ことわって, 云うとも, 断って, 殺されたの, 聞いて 9 です, 言うとも 8 きいても, したつて, たのまれて, 云ふと, 向かって, 殺されたか, 聞いたの, 遠慮が 7 そんなこと, 似て, 許されて, 逢っても 6 ですか, 気兼ねも, 聞いた, 聞いたん, 見られても, 訊いても 5 だい, 向つて, 教わったの, 断わって, 見せても, 起させること, 頼まれた, 頼まれたん

4 [15件] いふとも, それが, やられたの, 何を, 對し, 聞いたか, 聞かれても, 言はせ, 言ふ, 言ふと, 訊くとも, 話しかけるとも, 話しても, 遠慮する, 頼まれたか

3 [28件] さ, したところ, なんの, むかって, もらったの, 会いに, 会っても, 何と, 何の, 向かっても, 宛てて, 就いて, 教えて, 来て, 殺された, 殺されたん, 気兼も, 習つた, 聞かしても, 聞きましたか, 聽いた, 見て, 訊いて, 訴へ, 話を, 貰ったの, 遠慮を, 頼まれたの

2 [92件] あげよう糸瓜, あっても, あるの, いうの, いかなる遺恨, かぎらず若い, かけたか, きかれても, さとられること, したツ, して, しろ, しろその, しろ当然, しろ有るさ, するよりも, たずねても, だつて必要, だつて白状, だとて, です誰, どうして殺された, もって, わかって, わしの, 云ったの, 会った覚え, 似てるの, 別れるの, 取っても, 向ってか, 向ってでも, 向ってとも, 向つて言, 咎められること, 姿を, 定めて, 対っても, 尋ねるとも, 御遠慮, 怨まれて, 怪しまれること, 惚れて, 惚れようと, 憚かる, 投げるとも, 持って, 持つて, 教えられたの, 教えられるとも, 教わったか, 気がねの, 気がねも, 気兼ねを, 沙汰を, 相談し, 罪が, 習った, 聞いたって, 聞かせても, 聞かせようといふ, 聞かせるとも, 苦情を, 見せようといふ, 見せよとて, 見せるため, 解かそと, 言って, 言つたので, 言ふで, 話したこと, 話して, 読んで, 責任が, 貰った, 買って, 贔負も, 踏まれたの, 返したらい, 迷惑が, 迷惑の, 迷惑を, 逢うても, 逢つても, 連れられて, 遠慮し, 遠慮の, 遠慮は, 頼まれた訳, 頼まれても, 頼もうという, 頼れと

1 [822件 抜粋] あいさつする, あの, あの娘, ありて, いいかけるでも, いい感じ, いうと, いくらに, いったい保証, え, ええ, おそわったでも, お会, お打ち明け, お聴きなす, お送りに, お金もらった, かお逢ひなさり, かたらむ冬, かたらむ血, かても, かて見放されるの, き, きいたの, きいたんだい, きかせても, きまりました, きめたらいい, こたへたわらひで, ことわつて, ことわる必要, この仮面, この大事, この手紙, この苦悶, さしても, さらはれ, したとて, したもの, した辛抱, しましょう, しましょうお, します, しようか, しようかと, しろいい, しろそう, しろたとえ, しろよく, しろ何, しろ余技的気分, しろ力一杯, しろ厭, しろ持ち出せない, しろ最後, しろ海, しろ結局, しろ苦しい, しろ踏付, するかと, すると, するとか, するやら, せよこういう, せよそんな, せよまず, せよ死, せよ約束, そういったの, そそのかされたかと, そっくりそのまま伝える, その特権, その相談, その陷沒, それを, そんなに酔わされた, そんな事, そんな芸当, たしかめて, たのまれなくても, たのんだらいい, たのんで, たよる的, たよれと, だ, だつて出來, だつて出来, だつて明白, だつて神經, だらう, だろう叔父, つて, つれられて, ですの, とがめだて, とがめられる事, とどけたという, ともない大きな, どうされた, どうして求める, どう分け与えられる, なりお, なるだろう, なんといわれよう, ぬくめさ, のぼせて, のませるの, はっきりいい切る, はらうん, ひけめ, ぶつかつて, ほめられなくても, まれ共に, むかっての, むかっても, もさう好かれぬ代り, もしゃべってはなりませんぞ, もしやしねえだ, もっぱら聞かそう, もめあは, もらったか, もろた, やったらええ, やったらよかろ, やられたん, やられました, やるつもり, やるの, やるもん, ゆだねて, よく解る, よったかと, よらず門人名簿, わかるもの, わるいといふ, わるいの, コーチし, 一厘の, 一番好意を, 下命した, 不愉快を, 与える, 乗り移ろうと, 云うでも, 云う人, 云ったと, 云はれなく, 云ふこ, 云われたの, 交つた, 仕えて, 仕えても, 仕込まれた嬌態, 会いましたの, 会うか, 会うはず, 会おうと, 会ったの, 会って, 会つたら, 会ひ, 会ふこ, 会わねえもん, 伝えられますか, 伝は, 伝八が, 似たか, 似たやら, 似たるかを, 似たるぞの, 似たん, 似むのおもひ問, 何といはれ, 何と怪しまれ, 何も, 何者に, 作らせたの, 依るという, 保証が, 保證が, 候ひけん, 借りようと, 備えて, 出す手紙, 出会したかという, 出来るもん, 刄を, 分る, 分る筈, 別れようと, 別れるひま, 剣難が, 劣る可, 助けら, 助けを, 勧めても, 勧められたとも, 医学士と, 又何, 取らせるの, 取られたん, 取られて, 口上言う, 叱られても, 叱られようと, 合力を, 同意し, 名誉を, 向かいて, 向けられて, 向けられるとも, 向けるべき皮肉, 向つて云, 向つて訴, 向ッ, 告ぐべき, 告まし, 味方しよう, 呼ばれたの, 命じたもの, 命令され, 問うとも, 問われも, 喜んで, 喰べ, 報告が, 売るとか, 売ろうと, 女の, 妨げられること, 嫁した, 嫉妬し, 嫉妬してる, 学ばれたか, 宛て, 宛てたか, 宛てるという, 寄附させられた, 対してとも, 射ったの, 尋ねて, 導かれて, 小鍋, 届けて, 属すべきであるか, 差し障りも, 師事した, 帰すべきもの, 当たるか, 当って, 当てて, 当りよう, 当るもの, 徐州の, 得を, 御き, 心を, 忠告を, 忠実なれ, 恥じるにも, 恥て, 悪戯を, 惚れられるつもり, 惚れる権利, 憎まれて, 憤って, 我がこの国, 手あてに, 手紙を, 打たれたえ, 打ちあけると, 打ち明けようと, 托そうかと, 抱えられる訳, 拘らず遺言抔, 拾われなすったい, 挨拶さっせるだ, 挨拶を, 撃ち殺されたの, 教えられたか, 教せ, 教は, 教へ, 教わった, 教わったこと, 教わったと, 教わらずとも, 教育を, 敬礼し, 斬らす, 斬られたという, 断った縁, 断わる必要, 斷つてその, 斷つて人の, 書いた手紙, 書けと, 最大の, 會つても, 未練も, 案内され, 案内を, 極まりましたかと, 此の, 死水取っ, 殺されたかと, 殺されたなんて, 殺されると, 殺されるという, 殺られたの, 比べても, 比べやう, 気がねが, 気づかれること, 気兼ねする, 気兼遠慮も, 決めるの, 注いだとも, 洩して, 洩らされたの, 済まないの, 渡した, 渡したん, 渡す, 渡せと, 焦れたか, 煽動された, 狙はれてる, 狙われてるん, 献じたの, 率いられるの, 理解させる, 用が, 用心しろ, 申すぞ, 疑られも, 疑われても, 疑われること, 盗られたろう, 相談いたしましょう, 相談したら, 相談なさる, 相談も, 真実の, 知らせる必要, 知らせる浮いた気持, 知られて, 知られなくとも, 確かめたわけ, 礼を, 祈って, 私が, 笑いかけて, 答へる, 編んで, 縫って, 縫わせし袷, 罵しられても, 義理を, 習うた, 習ったの, 習ったのよ, 習って, 習びなされた, 習んだ, 聞いたそんな, 聞いたと, 聞いたとも, 聞いたもの, 聞えたって, 聞えるもの, 聞かされるとも, 聞かしたつて腹, 聞かせたって, 聞かせようという, 聞かせるの, 聞かせる心算, 聞かれたか, 聞かれたって, 聞かれるわけ, 聞きました, 聞き合せて, 聞く術, 聞せるといふ, 聴いたもの, 肖て, 自慢できる, 落ちるかと, 薬を, 行うと, 行かせたん, 衝る, 裁かれても, 見しょうとて, 見しよとか, 見せうとて, 見せむと, 見せようとして, 見せようとの, 見せるつもり, 見せるん, 見せる気, 見よとて, 見られるお, 見られるか, 見付けられて, 見付け出さるる虞, 見咎められも, 見破られまいもの, 言い切れよう路上, 言うたの, 言うんだい, 言う語, 言えるの, 言ってるの, 言つて居る, 言われずとも, 言葉を, 言訳する, 訊かれても, 訊ねても, 訊問を, 託せん, 許しを, 訴えよう, 訴へる, 診て, 話しかけて, 話しかけること, 話した, 話したって, 話すこと, 話すの, 誘はれも, 誘拐された, 語っても, 語らむ, 語らむよしもない, 語るよし, 説明し, 説明を, 読ませるため, 誰に, 謝るの, 讓る, 負けまい彼, 負われて, 貰ったと, 貸しが, 貸したとか, 貸したもの, 貸したん, 贈らんと, 贈るの, 踏み蹂, 返えさ, 追いかけられたの, 追いたてられること, 追われて, 這入つて來, 通じること, 逢うの, 逢えるか, 逢った, 逢ふこ, 連れて, 遇うこと, 遇ふこ, 遠慮え, 遠慮なく受けつぐ, 遠慮会釈なく, 遠慮會釋を, 遠慮気兼ねも, 遣るべきかを, 遣る手紙, 鑑定さし, 限らずいい, 限らずいや, 限らずなにごと, 限らず一度, 限らず子供, 随身し, 隠しも, 隠そうと, 面を, 預けたかを, 頼まれしにも, 頼まれたわけ, 頼まれなくとも, 頼むかという, 頼むよりも, 頼めば, 頼もうかという, 頼りてか, 頼んだとか, 頼んだもの, 頼んだらよい, 顔を, 食べられたか, 食わせて

▼ 誰~ (1388, 3.1%)

10250 と思う 373428 と思ふ 27 誰だ 25 か知らない 22 かわからない 21 か分らない 14 えそれ 13 か, な 12 そこに 11 と思います 10 お前は, かよく, か判らない, と思っ 9 そいつは, それは 87 か分らなかった, か知っ, っけ, ということ, と思, と思ひます 6 か見当, よ, ッて 5 か知ってる, とお, 誰が

4 [11件] えお前, かわかりたく, かわかりません, か判らなかった, か知つて, か私, か解らない, それを, といふ, と思ってる, 相手は

3 [26件] えあれ, えその, おまえは, かその, かまだ, かわからなかった, かわからぬ, かわたし, か人, か少し, か知りません, か見, か解らなかった, そこへ, その男, つけ, つけな, つてあの, と, というの, と云, と声, エ, 今ごろ, 今頃, 君は

2 [77件] あの娘, あの小僧, あれは, いったい, えそんな, おぬ, お前たちは, かあて, かえ, かお, かそれ, かということ, かまったく, かわからん, かわかり, かわかります, かわかる, かハッキリ, か中国人, か何処, か分からない, か分った, か分らぬ, か分らん, か判らなかつた, か判り, か判然, か呼んだ, か存じません, か容易, か当て, か忘れた, か来, か直ぐ, か知らねえ, か知りたい, か禿山, か解る, か言っ, か言った, か鉦, か長い, か雨乞, か食べた, か首, この剃刀, っけね, つた, つたと, つて, つてあんな, つてこんな, つてさう, つて一思ひ, つて同じ, つて平常には, つて怒る, つて驚く, という, ときい, と云い, と思ひなさる, と聞いたら, と聞き返し, と若い, べえ, んべ, ア, ッけ, ツて, 人の, 俺の, 俺を, 刀抜いだ, 吹矢を, 崖の, 騒々しい

1 [562件 抜粋] あつや子, あね, あの大将, あの音楽, あやい, あ今ごろ, いその, いたずらを, いまから, えああ助さん, えあの, えお勝手, えお母様, えどこ, えなア, えなア今頃戸を, えもう, え人, え今頃戸, え八, え其処, え君ぢ, え外, え安どん, え己, え市ヶ谷, おい, おくま, おめ, お國さん, かい, かいっこう, かいや, かいよいよ, かうまく, かおじさん, かおわかり, かお気, かかたばみ, かからきし, かが何, かが悪口, かこころ当り, かこの, かこれ, かさっぱり, かさへも, かしきりに, かしらん, かじゃぶじゃぶ, かすぐ, かそいつ, かそいつア, かそして, かそつ, かそば, かだしぬけ, かちょっと, かってこと, かつて事, かというの, かとくどく, かなははそんな, かに叱られた, かに衝, かね, かねえ, かのモンターヂュ論, かの落語, かはどうか, かは後, かは知らない, かば, かぼく, かまた, かもう, かもちろん, かやっと, かやっぱり, かやつ, かわかっ, かわかった, かわかってる, かわかつ, かわからなかつた, かゐる, かを思ひ出さう, かを探偵, かを知る, かガヤガヤ, かチャン, かトン, かヨーヨー, か一人, か一向, か一目, か二人声高, か二階, か云う, か云ってた, か何, か作さん, か俺, か側ら, か僕, か兄さん, か分からなかった, か分からぬ, か分かりません, か分っとる, か分らなかつた, か分らねえ, か分りません, か分りませんでした, か分りゃ, か分りよう, か分れ, か判らぬ, か判らねえ, か判るだらう, か判るだろう, か判断, か判明, か別ら, か千世子, か友達, か名乗っ, か名乗らぬ, か名前, か呼ぶ, か呼ん, か唐紙, か奥様, か婦, か寝返り, か屋根, か左膳, か庭, か彼, か後刻, か念入り, か怒号, か思ひ出したらしく, か悪魔, か戸, か手, か指輪, か木乃伊, か本人, か来た, か洋服, か焼い, か甲斐, か男, か男の子, か百歩, か皆さん御存じ, か皮匣, か知らないけれ, か知らなかった, か知らぬ, か知りたかつた, か知りたく思う, か知れ, か知れない, か知れる, か石膏, か箱丁, か簡潔, か聞い, か聞かせ, か肩, か色々, か薩張當, か見分ける, か覚え, か解, か解りました, か解りません, か言, か言い, か訊き糺し, か評, か詮議, か諸君, か識, か買主, か近寄つ, か鑑別, か障子, か頸, か飛びこんだ, か駕籠屋, か高い, か鴎外, か黒, きみは, ここへ, この森林, この男, この道場, こりゃア, これは, これも, これ近寄っ, こんどの, じゃあございません, そういう声, そこで立聞き, その下手人, その曲者, それ聞こう, そんなあわてた, そんなこと, そんな悪口, そんな所, そんな間抜け, そんな馬鹿, っけか, っけかなあ, っけかよ, っけな, っけ僕, っけ強気, っけ忘れちまった, つたつけね, つたの, つたのか, つてあさましく, つてあつし, つておどろく, つてお母さんの, つてお金を, つてかうした, つてこの, つてさ, つてさういふ, つてさうな, つてしんから, つてそうだ, つてそんな, つてぞ, つてほつ, つてほんた, つてみんな深い, つても, つて一年さきには, つて一生の, つて万事休矣だ, つて人に, つて他人の, つて信ぜられません, つて分りやしません, つて初, つて初めは, つて厭だ, つて厭気ざさず, つて参つてゐる, つて取れあんすともせ, つて同情せん, つて味ふ, つて命が, つて命の, つて困る, つて堪る, つて変にも, つて大, つて天真な, つて女の, つて好きぢや, つて好ん, つて安心し, つて家の, つて容易には, つて尊敬せられる, つて小さい, つて左様さ, つて平気で, つて忘れ, つて思や, つて悪く, つて惡く, つて憤慨する, つて成ります, つて我慢し, つて打て, つて持つ, つて斯んな, つて書きは, つて望ましく, つて本気に, つて構は, つて歯は, つて死ななく, つて死の, つて河流れの, つて泣きます, つて泣く, つて泥棒は, つて為ようと, つて無名よりは, つて獨り, つて甘い, つて目を, つて知つてまさ私は, つて知つてゐる, つて知つて居まさア, つて知つて知らん振りを, つて知らない, つて章魚の, つて笑はずには, つて羅馬字が, つて羨ましく, つて考へない, つて職務の, つて腹を, つて膽を, つて自分で, つて自分などより, つて若い, つて苦しけれ, つて苦しみは, つて行つたと, つて見境は, つて言ひも書きも, つて變ちきりんと, つて買ひます, つて過失は, つて道具に, つて選択に, つて那の, つて野心の, つて鎖で, つて閉口だ, つて開ける, つて面白が, つて面白さうな, つて飢ゑてゐる時は, つて驚きます, つて高慢税は, というお, というふう, というよう, という事, という御, という評議, といっ, といった, といひなさるだ, といらぬ, とおも, とかいうよう, とか検事, とか皆それぞれ, とか裁判所長, とか言, ときき, とききかえしたい, とこっち, とそれ, とてこ, とてその, とて物, とて腹立たしく, とはっきり, とは人間, とは何事, とまあ, とも別ら, とも思い出せない, とも訊かず, と云う, と云え, と云った, と仰し, と先生, と咎め, と問, と問い合っ, と問うたら, と尋ねれ, と思いなすっ, と思うたらのぼ, と思つた, と思召, と想う, と振向いた, と物笑い, と私, と考える, と考へる, と聞かれたら, と言つて祖母さん, と訊い, と訊きました, と訊ね, と訊ねた, と論議, どういう因縁, どんな国, などと言うで, なんだ, な今, な覗い, ねあの, ねあんた, ねお前さん, ねそれ, ね君, ね早く, ね門, ひでえ, べ, ほかに, もうよさぬ, もすさん, よとか種ん, よ出し抜け, よ御, よ貴島, わしの, わたしを, ィ, エ誰だ, ッそこに, ッと, ッ何, ツけ, ツたらう, ツてい, ツ名, ネーこんな, マッデンかい, 一体, 一體, 下手人は, 不届きの, 人が, 人を, 人気者である, 今のは, 今度は, 今戸に, 今斬られた, 今歌った, 今行った, 伊八じゃ, 何が, 何奴だ, 何者だ, 來らんと, 其処へ, 其女は, 判然分らん, 博士か, 名を, 君たちは, 味方を, 地獄, 坊つ, 大きな音, 女嫌, 女嫌いの, 妙な, 字喜多氏に, 己の, 巴屋の, 平次話し, 強盗, 彼だ, 彼女を, 手前は, 文七か, 斎藤か, 昨夜は, 時間に, 案内も, 横町の, 次は, 水戸行を, 洋服細民などという, 清さんか, 照明を, 畜生誰だ, 相助, 相手という, 立ち聞きし, 聞覚えの, 芸者か, 裏切り者は, 誰だいッふ, 誰を, 謡を, 豆を, 貴様は, 重くて, 錢形の, 隼人か, 順序を, 髪の毛を

▼ 誰~ (1327, 2.9%)

44 彼れ 1714 も彼 12 も知る 10 も知らない 9 もその 8 がした 7 が, 一人として 6 が何, もかれ, 憚らず 5 かが, の手, もゐない

4 [17件] からともなく, か之, か其の, か能, がこんな, がそんな, が言, であらう, でもが知っ, と誰, にも逢, に向っ, の事, の仕業, もいなかった, も見, やらに似

3 [40件] か伯, か呼ん, か彼, か知ら, があんな, がその, が來, が教, が来, が知らう, が見, ぢや, でもこれ, でもそれ, に, にでも出来る, に操, のため, のよりも, の守り, の目, の眼, の言, もこれ, も出, も哀れ, も居ない, も居らない, も憂き, も時候, も相手, も知っ, も知らなかつた, も知る如く, も願, やらがよろしく, よりもよく, より一はな, 一人私をば, 白鬼とは

2 [94件] あつて立憲政治, かが云, かが叫んだ, かが囁いた, かさき, かその, かちょっと, かの手先, か中間, か図らん, か己, か引かし, か復, か本, か来, か果し, か知人, か背後, か自分, か買物, か鼻緒, がいつ, がこれ, がそれ, が作つたの, が好き, が好ん, が子, が建てた, が待っ, が思おう, が想像, が手, が知る, が知ろう, が聞い, が読ん, が買っ, ぞ下院, ぞ彼等, ぞ暇, だい, だって知っ, でもいい, にか慨, にしよう, にしろ, につき, にも出来ない, にも濟, にも笑つて, に向, に打明け, に聽, に訴, に貰つて來, のか, のだ, のです, のもの, の処, の墓, の心, の處, の顔, も, もいない, もいふ, もいません, もお前正太, もこんな, もそれ, もよく, も來, も居, も得, も思ひ寄らぬ, も怪我, も手, も春, も来ない, も歸, も皆, も知った, も知らぬ, も知りません, も笑はず, も蝋燭, も誰, よりもさき, ェも, 一人女主人の, 言ふと, 野の

1 [790件 抜粋] ああ容子さん, かいい, かいな, かいません, かお, かがあるいは, かがいる, かがそれ, かが乱雑, かが争論, かが倒れ, かが処置, かが南室, かが呼ん, かが小説, かが怒鳴った, かが手提蓄音器, かが棒, かが海, かが自分, かが見, かが言う, かが靴, かが馬車, かこの, かでもある, かとしたる, かと喧嘩, かと相談, かにいい加減, かにお, かにその, かにやられた, かによって称え, かに似た, かに似てる, かに合図, かに射撃, かに甘い, かに相違, かに私, かに聞いた, かに聽, かに話したく, かに身, かに連れられ, かに鼻, かの, かのアミー, かの吸, かの大人下駄, かの掠奪, かの樣, かの蒲団, かの言葉, かは今日, かは敵すべき, かひ, かまた, かやられた, からきいた, からこの, からも一顧, からも侮蔑, からも可愛がられた, からも教えられない, からも聞かない, から何, から先, かをつけとる, かを打つ, かを立て, か一人大人, か一人楽しみ, か一種, か不仕合せ, か世間, か今宵, か仕合せ, か俺, か傳, か其処, か別, か取, か唖然, か外, か天賦, か夫, か専門, か帰せ, か彼処, か応援, か思はん, か斯民, か最後, か朝, か本物, か来た, か来ました, か来やしない, か此小児, か殴, か永久, か流れ, か狐, か狭隘, か生きた, か男, か盗伐, か相棒, か知つて, か知り, か窓, か編輯等, か耳, か艇庫, か見とめけ, か言った, か誤っ, か追, か連れ, か過失, か金主, か金朴, か階段, か隣人, か震災, がいきうつし, がいつも, がこういう, がこれから, がほか, がやつ, がハガキ, が一等きれい, が争議, が云, が云う, が亜太郎, が伝えたろう, が住む, が何ん, が何時, が保證, が傷, が其の, が出来した, が出迎え, が勝った, が受ける, が奏で, が定められよう, が富, が強, が強いる, が御免, が心血, が戦争, が払う, が持っ, が損, が故郷, が断言, が書いた, が杜若, が来る, が桜, が構つて, が権威, が死んだ, が熱, が爲, が發, が皿眼, が眉山, が秘密, が空気, が血痰, が行こう, が詠んだ, が話しました, が負けた, が貼った, が金庫, が飯, さお, しもかく, しもが影, しも心得, しも思っ, しも警戒, その上, それが, ぞ, ぞおこさう, ぞと問う, ぞに問われたら, ぞ何人, ぞ放し, ぞ早う, ぞ来た, だいたった, だってそんな, だって一応, だって考え, でもが囚, でもが感じる, でもが知つて, でもに振りかかる, でものため, でもは幻影, でもやつ, でも一, でも何処, でも同, でも彼, でも持っ, でも考えつい, でも魂消んだ, とがむるものもなけれど, とどうにも, とにしよう, とも知れず, とも知れぬ, と一緒, と与, と云っ, と思ひき, と知らさぬ, と語らん, なんだい, にかへさむ, にきいたら, にし, にだ, にだって出来ねえ, にです, にでもああ, にでもいくら, にでもしれ渡っ, にでもよく, にでも出来ます, にでも出来得る, にでも勝手, にでも好かれる, にでも好ん, にでも強い, にでも愛好, にでも疑い, にでも自分, にでも起る, にでも釣れる, にとなく, にともなく, にどうして, にもい, にもこの, にもその, にもとつかず, にもはっきりそう, にももう, にもやらず, にもわからない, にも一通り, にも乗っ, にも予想, にも云わなかった, にも似, にも余り, にも分りません, にも判り, にも勝, にも喋らず, にも喋らなかった, にも強かっ, にも御, にも恐しく, にも指, にも推されず, にも教わらない, にも断言, にも柔, にも気づかれず, にも済ませぬ, にも知つた人, にも知らさなかった, にも知らせない, にも知られ, にも知られたくなかった, にも秘密, にも習いませぬ, にも見えない, にも見せ, にも見られたくなかつた, にも見咎められず, にも解らなかった, にも言わなかった, にも訳, にも話す, にも認められない, にも語りませんでした, にも読み, にも誰, にも負けず, にも負けない, にも逢いませんでした, にも遇, に乗ぜられた, に会いたい, に借りたる, に向け, に問う, に対して用いる, に御, に恐れる, に恨み, に愛, に會, に来, に洩, に相談, に祈念, に聞かせ, に聞かん, に言, に言う, に誇, に質問, に遠慮, に飲まし, ねぶの, ので, のと, のところ, の作, の前, の句, の名指し, の学説, の家, の弾丸, の手先, の払, の推察, の料理, の望み, の棺, の爲, の発議, の私有財産, の考え, の話, の鼻, は結びつける, ひとり知らない, へともなく, もいう, もいなくなる, もいれ, もお, もお前, もかえり見る, もがする, もがよく, もが一向, もが好ん, もが心, もが感ずるらしい, もが授からぬ, もが未だかつて, もが深い, もが異議, もが知っ, もが知ってる, もが祖母, もきらい, もさずかり得なかった, もそんな, もどこそこ, もの見, もまだ, ももう, もやって来ない, もわざわざ, もゐなかつた, もカンジキ, も一寸, も下る, も不思議がり, も云, も井戸, も人情, も何, も働く, も其の, も其本分, も劣らぬ, も千代子, も口, も同じ, も國家, も妙子, も嫌わぬ, も察し, も少し, も屁, も山内, も帰つて, も後生, も後生顏, も御馳走, も忘れ, も思ひ, も怪しむ, も慎, も承知, も持っ, も敬服, も文句, も杉本さん, も来なかった, も極地, も欲しがる, も死ぬ, も気, も気がつくまい, も気づかぬ, も沸かす, も注意, も無意義, も無理, も番, も異論, も疑わし, も發病, も盛暑, も着ぬ, も知らないだらう, も知らねえ, も知るまい, も確答, も私位, も聞かなかったであろう, も自制, も行かなく, も行っ, も見えなかった, も見る, も解く, も言, も認めよう, も迎, も遊ん, も闇, も降りなかった, も顧みる, も食わない, やらがいった, やらが言, やらの孫, やらの發案, やらの老女, やら分らぬ, やら男達, ゆゑぞ原を, ゆゑ惜しみてか, よりもあと, よりも可愛, よりも唯, よりも心頼み, よりも此, よりも真先, よりも素, よりも聡明, よりも賢い, をやっつける, を何, を恨ん, を愛する, を捨て, を殺しました, を見, 一人が, 一人も, 一人変つた服装を, 一人太政官の, 一人応じなかつた, 一人死児の, 一人顔を, 云ふと, 人も, 彼が, 彼れかまわず, 彼れ見分る, 故かは, 故とこそ, 時の, 町名番地は, 脅迫する, 言ひ

▼ 誰かに~ (874, 1.9%)

15 聞いて 11 似て 10 頼んで 8 自分の 6 殺されて 5 向って, 怨まれて, 持って, 殺されたの, 見せて, 連れられて, 頼まれて 4 呼ばれて, 話して, 誘拐された, 頼まれたの 3 後ろから, 書いて, 狙はれ, 聞いたこと, 肖て, 見て, 見られて, 訴えたいん, 追われて, 追われてでも

2 [45件] いたづら, して, それを, どうかされ, ぶつかって, よびかけられた, 任せて, 会つ, 似た顏, 何か, 何かを, 可愛がられて, 向かって, 向つて, 命令した, 失恋した, 尾けられ, 恋して, 恋してる, 悪戯を, 手紙を, 拾われて, 持つて, 斬り殺された, 来て, 殺されさ, 殺されたと, 気付かれは, 理助が, 甘えて, 聞いた, 聞いたん, 聞かされて, 自惚れられるの, 見つか, 見つかると, 言葉を, 話しましたか, 読んで, 譲って, 貸したこと, 返さるべきもの, 連れて, 頼まれでも, 麻酔薬を

1 [653件 抜粋] ああ云う, あいに, あげるのに, あつて, あてた手紙, あれを, いった, いのちを, いはれるまでも, うしろから, うらまれたの, うんと智慧, おさせなさりとうございましょうね, おじぎを, おどされて, おッ母さん, お低頭, お母さんて, お見せなさい, お送りさせる, お逢いでしたら, かう云, かわつても, きいたこと, きいた田舎者, きかれたよう, きれいに, くすぐられてでも, こういわれ, こうし, こっそり持っ, ことづけて, この感情, この現場近く, この絵巻物, こんなこと, させて, させれば, しゃべったそう, しゃべったと, しゃべったん, すがりつきたくって, すがりつきたくなった, すがりつきたくなる, すがりつき度, すっかり調べ, そういっ, そう云われ, そそのかされたと, そそのかされたの, そそのかされて, その仕事振り, その旨, その話, そんなこと, たくさん書かせ, たすけて, たずねて, たんと持つ, だしぬかれて, だまされそこ, つけさせ箱自動車, つけて, つけねらわれてること, とらせなければ, とられて, どういうわけ, なって, ぬすまれたので, のぼせちまうなんてさ, ひどく頭, ぴしゃりと, ぶっつかられて, ぺこぺこ頭, また手紙, みせたらい, みつかりそう, むんずとばかり, めあわせようなぞとは, もう少しいろいろ云っ, もう当分私小説, もらしたと, もらったキャラメル, やって, やられたという, やられるから, やられるもの, ようすを, よく似, よばれ慌てて, オダてられ, チヨイチヨイ覗かし, ドシンと, ドヤしつけられます, 一ツ呼びかけ, 一度は, 一服盛られました, 上げます, 不幸が, 与えて, 云って, 云ってる, 云つて居る, 云はれた, 云ひ, 云われたの, 今日行く, 仕官を, 代えられたならそれで, 代って, 代筆を, 会いその, 会いたくないか, 会いは, 会い其人, 会う必要, 会えませんか, 会ったり, 会って, 会わなかったか, 伝えて, 伴われて, 似てでも, 似てるん, 似とるぞ, 体を, 何とかし, 何らかの害, 何処かへ, 作らせて, 使って, 使われて, 來いと, 借りなきゃなるまい, 僅かな, 僕が, 先鞭を, 共感されたい, 冗戯けられ, 出会つ, 出会つたと, 出会ふと, 出逢ったならば, 利用され, 刺されたと, 刺されたもの, 前から, 創作された, 力一杯押しもどされた, 参っちまってるのよ, 取られた調べ書き, 取られるなら他人, 取出されて, 口説いて, 叩かれなければ, 叱られたよう, 合い図, 合図し, 合図でも, 同情し, 名前を, 吹かれるの, 呉れたか, 呶鳴りつけられ, 呼ばれたと, 呼ばれたのに, 呼びかけた, 呼びかけられたよう, 呼びたてられたよう, 命を, 命令され, 命令を, 喋りに, 嗅ぎ出されるよう, 嗤われる, 嘘を, 嘲笑されるだろう, 声を, 売って, 売るの, 売るん, 売る積り, 奪られた, 奪われて, 女に, 威かされて, 嫌疑を, 子供の, 密告され, 寝ずの番について, 射殺された, 尋ねて, 尾行され, 屆けさせます, 届けさせますよ, 師事した, 弁解する, 引かれて, 引撲かれ, 彼を, 後を, 御馳走したい, 復讐する, 復讐を, 忍びこまれでもすれゃこれァ, 思し召しが, 思ひ切つて, 怨の, 恨まれて, 恨みを, 恩でも, 悪口を, 悪意を, 悪戯でも, 愛して, 慰め労, 憎まれて, 懸けながら, 手つだって, 手ほどきを, 手を, 手伝つて貰つてこれから, 手傳つてもらはう, 手暴く, 打たれたよう, 打ち明けて, 打ち殺された無念, 打ち殺されて, 扶けられないで, 抑へ, 投げ込まれた者, 押されるやう, 押されるよう, 押しよせられたら目, 拐され, 拾われたこと, 拾われるかも, 持ち出されて, 捧げては, 掘出して, 掛けると, 掠奪される, 摘まれて, 撫でて, 教えて, 教えられたの, 教えられた通り, 教えられ自分, 教は, 教へ, 教わったこと, 教わったの, 教わったまま, 教わった覚え, 斬られたん, 斬り伏せられたこと, 昨夜ひそかに, 智慧を, 書いてでも, 書かされた文章, 書きたかった, 最初教へて, 會いたく, 會つたなんて, 来馬様を, 林田の, 案内を, 欺かれたよう, 欺された, 歎聲を, 此の, 殴られたなら落ちついて, 殺させます, 殺されたこと, 殺されたに, 殺されたのに, 殺されたらしいの, 殺されてるよ, 殺されやしないか, 殺されるかも, 殺されるの, 殺され絵図面, 殺害された, 毆られたなら, 気づかれは, 求められたら, 汲ませて, 決定づけられて, 法外の, 注射された, 流されたの, 流れを, 渡したんぢ, 滴らす段, 滾して, 無理に, 物を, 狙はれてる, 狙われてでも, 甘えたいやう, 留守居を, 當て, 疵を, 白状しなけれ, 盗ませる, 盗まれたの, 盗まれて, 盗み出されは, 盜まれて, 相談し, 相談した, 相談したかったら, 相談しました, 相談を, 眼配した, 睨まれて, 知つて貰ひたいそして, 知らせたに, 知らせて, 知れて, 知れると, 知己に, 移し返して, 突き当たったが, 突き落されたの, 突き転がされて, 突つかけられ, 突然扉, 立ち会って, 簡単に, 精しく訊い, 素晴しい, 紹介し, 紹介でも, 紹介を, 締められて, 縄で, 縊られた, 縋りを, 罪が, 習んで, 翻訳を, 聞いたか, 聞いたの, 聞いた事, 聞えたら妙, 聞えると, 聞えれば, 聞かされたそんな, 聞かせたくて, 聞かせて, 聞かないこと, 聞かれそう, 聞かれて, 聞かれても, 聞きましたが, 聞け, 聞けば, 聴いた事, 聴いた茨海狐小学校, 聴かしたくなって, 聴かせて, 聽かれる, 肉体を, 肩でも, 脅迫され, 自動車に, 自殺を, 苛められたの, 蛙だ, 蜂蜜でも, 行つち, 襟っ, 襲われなすったこと, 襲われやしないかと, 見せたい, 見せたの, 見せたよう, 見せようとでも, 見つかったよう, 見つかりでも, 見つかれば, 見つけられたらきっと, 見つけられたら復, 見つめられて, 見られたという, 見られたなんて, 見られたらいよいよ, 見られた日, 見られでも, 見られは, 見付かつて, 見付け出されたの, 見咎められたと, 見張らして, 見張らせたんで, 見張りを, 見当を, 見舞の, 見附かったら, 見附かつたら, 覗かれるよう, 覗き見でも, 覗き込まれると, 言いつかったの, 言い触らすよう, 言えば, 言っちゃ, 言って, 言つた, 言はれた, 言われた, 言われて, 訊き度, 訊ねて, 訴えたいの, 訴えようと, 診せたの, 話さなかつたか, 話しかけて, 話したい, 話したく私, 話したそう, 話したのに, 話すこと, 話す声, 誘い出されて, 誘ひ出されなかつたか, 語ったという, 語りたいという, 調べられて, 警察へ, 譲り渡そうとして, 讀まれて, 負うところ, 負けて, 負はれ, 貰って, 貰つた, 貰つたと, 買収された, 貸したろう, 貸した覚え, 貸すのででも, 賛を, 質して, 贈った歌, 赦されて, 起された, 跟けられる, 踵を, 蹴倒されて, 蹴飛ばされて, 身を, 返す時間, 追いかけられてでも, 追ひかけられる, 追われとるの, 追われます, 追跡され, 送らせて, 送らせるわ, 送れ九日間, 途中で, 逢いたいの, 逢う, 逢ったら燐寸, 逢った記憶, 逢っても, 逢わなかったか, 遇うと, 遇って, 運ばせて, 道案内を, 邪魔され, 鉄漿の, 附け狙, 附添っ, 附狙はれ, 雇われて, 電話かけさせましょう, 電話かけさせる, 電話を, 頗るぐわんこに荒縄, 頭から, 頼まうと, 頼まれたはず, 頼みたいと, 頼むと, 頼んだらよかろ, 頼んでも, 顔に, 食らいつくため, 飲まされて, 飲まして, 餌を, 馬鹿に, 馬鹿めと, 騙されて, 髻を

▼ 誰よりも~ (829, 1.8%)

76 先に 16 先き 8 自分が 6 よく知っ, よく知つて 5 愛して, 遅れて 4 一番よく, 僕を, 私が

3 [15件] すぐれて, 先ず節子, 喜んで, 多くの, 大事に, 彼よりも, 早く起き, 気に, 熱心な, 熱心に, 狼狽し, 真っ先に, 自由という, 見愛し且つ, 驚いたの

2 [41件] お偉い, さきに, それが, それを, まず自分, よい看護婦, よくあの, よくその, よくそれ, よく知る, 一番熱心に, 一番色が, 僕の, 先へ, 先頭に, 十戒を, 大きな声, 好きだ, 好きだつた, 平凡に, 幸福な, 彼自身が, 御礼申すべき, 御禮申, 心得て, 心配し, 愛を, 早かった, 早く気がついた, 正直な, 民衆を, 痛切に, 真先に, 知って, 知つてゐる, 私の, 私を, 興奮し, 高く愛し, 高く買っ, 魅力が

1 [568件 抜粋] あきらかな, あなたが, あなたこそ, あなたの, あふれるやう, あるまた, いそいで, いちばんあの, いちばんに, いちばん卑劣な, いちばん早く, いちばん死身に, いちばん立派に, いつもひどく, いつも一番屋敷, いやな, うとんぜられて, えらいと, お, おとき, おとなしゅうていらんこと, おなかの, おぬ, おばあさんに, おばば, おまえの, お姫様に, お母さんが, お美しい, お蓮様, お覚え, お露さん, きちんと落ちつい, きみの, くわしい甘寧, ここに, この右門, この噂, この孔明, この書, この曹操, こわい兄さん, さきへ, さき泪を, さし迫って, しなやかで, しょうばい, すきな, そのこと, その到達, その力, その末, その責め, その身, その間の, その驚異, どうだ, にがい顔, はしゃいで, はしや, はつきり云つた, はやく形勢, はやく殆ど, まじめで, まずお, まずこの, まず捜査課長, まず清澄, ませて, またこの, まづ先, むしろ船の, よくお, よくご存じ, よく八雲, よく分っ, よく彼自身, よく承知, よく自分, よく覚っ, よく話し, よく諳んじ, よく静虚, よけいに, われわれ自身が, ウンと, エリザベートを, エリスを, オレ自身にとって, シラー自身が, スラヴ的, ダラシなく, ハッキリと, ポーが, マヂメに, マヌエラが, ロシアでは, 一ばん多く, 一人おくれ, 一層懐疑的, 一番あの, 一番ぎょうさん, 一番その, 一番に, 一番よけいに, 一番似つ, 一番僕を, 一番先に, 一番困つ, 一番多く, 一番女君の, 一番好い, 一番妾を, 一番威張りだした, 一番思慮分別が, 一番恐ろしい, 一番数多く, 一番早く, 一番沢山や, 一番深い, 一番激しい, 一番燥ゃいで元気で, 一番確実に, 一番苦労を, 一番親しく, 一番親孝行で, 一番近く位置し, 一番迷っ, 一番頼りに, 一等あとで, 一門の, 三枝子の, 上手だった, 上機嫌で, 下劣な, 不為合せだ, 与の, 二人を, 人の, 今の, 仕合せに, 以上に, 仰天した, 伯爵の, 何よりも, 促進する, 信任の, 信長を, 信頼します, 信頼申上げる, 俳優が, 偉いと, 偏見が, 偏頗に, 僕が, 僕自身が, 優しい親切, 優しく思ひやり, 優れて, 先ず若い, 先ず途中, 先づわれわれ文学者が, 先づ描いた, 先づ母に, 先にと, 先んじて, 八釜しい, 劇しく, 劇詩の, 劣らないし, 劣らないほど, 劣るという, 劣るの, 勇ましいこと, 勇壮に, 勇気が, 勝ったもの, 勝代が, 十兵衛が, 単純だった, 博士が, 厚くありました, 厭に, 厳粛な, 受付に, 吉次は, 君こそ, 呉侯が, 品行が, 哥薩克の, 善いの, 善く働い, 喜んだの, 嘆きの, 困って, 困ること, 土に, 堪えられるの, 変だ, 多かったであろう, 多く知っ, 多く篠咲, 多く身の毛, 大きい声, 大きかった, 大きく久慈, 大きな権力, 大きな辱, 大きな魅力, 大なる, 大股に, 大胆だ, 太ッ腹, 太閤であった, 夫が, 失望し, 奈良を, 奴に対して, 好きだった, 如水が, 妾が, 委しい事情, 子には, 子供が, 子供の, 孤独であらう, 安いもの, 家族達が, 寧子が, 将門の, 将門を, 尊い守り本尊, 尊敬し, 小さい今中, 小さかった, 小圓太, 小寺政職が, 小心者で, 屋敷に, 巧に, 巧みであった, 幅の, 年が, 年より, 年を, 幸子が, 幸福だった, 幸福であった, 幸福を, 幼な, 度を, 弥生が, 弱いの, 弱って, 強い, 強い決意, 強い興味, 強くあこがれ, 強く寒さ, 強く感じ, 強く明るい性格, 当に, 役立つた奴隷, 彼が, 彼に, 彼の, 彼は, 彼を, 彼女に, 彼自身を, 待って, 待つの, 後から, 後れて, 御和睦, 心配した, 必死に, 忠勤を, 怖い気, 怖ろ, 思いだすよう, 恋々と, 恐らくベルグソン, 悪い, 悲しい思い, 悲壮な, 惨たる, 愚で, 愛されて, 愛したから, 愛したこと, 愛するん, 愛情深い, 感慨深そう, 感激した, 慕わしく懐かしく天, 慾の, 憎く思っ, 或は優れ, 所謂, 手剛い, 手間取って, 打撃を, 持って, 持てはやされて, 敏い蘭丸, 敏感であった, 敏感であり, 斬った当人, 新介, 日に, 日本の, 旦那が, 早くごはん, 早くもぐりこむ, 早くわれ, 早くゾライズム, 早く乘船, 早く信長, 早く出し, 早く吉三郎姉弟, 早く名護屋本営, 早く奉仕, 早く庭手, 早く恐怖, 早く感づいた, 早く新, 早く朝, 早く海中, 早く私, 早く突然, 早く自分, 早く見たい, 早く誰, 早く起きた, 早く転がった, 旻さんが, 明かな学者, 明るくお年, 明断に, 明瞭に, 最もその, 最も罪, 有力な, 望み若しくは, 本人自身で, 東野だった, 柳生家は, 梅軒その, 楽しさうに, 歎き悲しんだ, 歓んだの, 正直だ, 正直で, 正直に, 正確に, 此の, 母親が, 気が, 気を, 気持良く, 浮気である, 消化吸収され, 消極的で, 淡かった, 深いもの, 深くとか, 深くわかる, 深く博, 深く憎み, 深く玩賞, 深く理解, 深く聞き, 深く赦した, 深く重く感じ, 温い血, 温かい血, 温和で, 源三郎が, 激しかった, 激越に, 烈しい主戦論, 烈しく攻勢, 無関心, 熊谷が, 熱心で, 熱心らしく見える, 物事を, 特に粟野さん, 特殊な, 狼狽の, 現実を, 現實的, 理想に, 理解の, 甚く, 生きかえったよう, 生れが, 生意気だ, 畏い, 疑わしい犯人, 皆に, 盤側に, 目の, 真ッ先, 真剣そのものであった, 知つてゐます, 知り尽して, 知り悉, 祖母さんに, 秀でて, 秘密に, 穏やかでない, 突き入って, 立ち勝って, 精巧な, 精通する, 素早く余計, 素気なく, 綺麗な, 美しい, 美しい顔, 美しかった, 美しく輝い, 群を, 義経こそ, 翁自身が, 考えて, 聞いて, 肚の, 背の, 能く, 脊丈が, 腕力が, 腹が, 自分だ, 自分である, 自分の, 自由に, 若い積り, 若かった, 苦行を, 菊池が, 落ち着きを, 蔭ながら, 血相を, 血眼に, 見事であった, 親から, 親しくし, 親しめて, 親しんだ女, 詞遣いが, 詳しい, 詳しく知っ, 誇りに, 読者自身が, 誰が, 誰よりも, 謙信こそは, 豊なる, 貞盛自身が, 責任上仰天した, 貴方を, 賢いここ, 躁ぎたててまだ, 身ぢかに, 辛い心地, 辛い思ひ, 辛抱づよく彼女の, 迅速だった, 速く客, 遅いの, 遠かった, 遠慮深く, 適任な, 適任の, 適当でしょう, 適當な, 酒に, 酔って, 重い負傷, 重視し, 金目が, 銀子に, 鋭敏に, 雪子の, 露骨に, 音を, 頼みと, 頼朝の, 食事に, 飲んで, 馬鹿だ, 高い, 高いところ, 高かった, 魏の, 魯粛自身が, 鶴子が

▼ 誰しも~ (763, 1.7%)

13 知って, 自分の 8 それを, 一度は 7 一応は 4 いちどは, 好んで, 異存の

3 [11件] ご存じの, そう思う, 容易に, 心に, 承知し, 新開へ, 知つてゐる, 考えて, 認めて, 身に, 面白しと

2 [39件] あること, そうだ, そこを, はじめは, やって, 之を, 事の, 二人の, 云って, 休暇前に, 反対する, 同じこと, 同じ事, 否定し得ない, 土曜日の, 好きに, 恁, 悪い気持, 想像する, 感じること, 感歎する, 手前の, 持つて, 推察する, 朝の, 気が, 気づいて, 涙なし, 異論の, 異論は, 疑わない, 経験する, 肯かざるを, 認むるところであろう, 認めるであろう, 遂にその, 関係したく, 難を, 類人猿以来の

1 [591件 抜粋] あいまいにしか, あきて, あきらめて, あのよう, あのキリスト, あまり気附, ありあまるほど, ありがち, あるの, あんな境遇, いい加減, いかにも自分, いくらかは, いくらか分る, いさ, いなまぬところ, いやは, いやサ, いろいろと, うっかり見逃し, おもうところ, おもおう, お思ひ, かくあれかし, かなり興味, こういう一夕, こういう文官的, こうした, こう云う, こう思わず, こう考える, この世に, この世の中, この事, この小さな天地, この小僧, この折柄, この現実, この社会, この社会的優遇, この響, これが, これには, これは, これらの, これを, こんな文句, さうで, さうです, さうなの, さだかならぬ, したいだから, すぐに, すぐ様, すぐ西, そ, そういうもの, そうであったろう, そうとしか, そうな, そうなる, そう信じ, そう信ずる, そう心得, その事業, その作家, その優雅, その光景, その力, その妙技, その異常, その真相, その美しい, その胸, その脈絡, その荒唐, その見事, その詳細, その金碧燦爛, それこそ, それは, そんな氣, そんな経験, た, ただちに強い, ただちに頭, たんのうしきっ, ちょっと江戸, ちょッと, ちよいと, つい忘れる, であろう, とやかく云うべきでない, なるほどと, なるほど法律, ひとりこの, ひとり帰る, ほしいと, まさかトランク, まず法隆寺, まず第, また必ず, みとめるであらう, みなこれを, もって, やさしくされた, よくない, よく知っ, わが子の, わたしの, アコガレ的な, エチオピアの, オレは, クサルのが, スランプという, ダイヤの, テレる, ノドが, ピンと, フランボーを, ブラブラ致します, ベートーヴェンの, ムク犬を, 一つ買わない, 一味の, 一場の, 一夏新潟で, 一寸困る, 一往佐助に, 一応の, 一応予想, 一応周信, 一応戦争ジャーナリズム, 一応文化人, 一応認むるのであるが悲願を, 一意向一家言を, 一應は, 一時は, 一生に, 一番夏の, 一言半句さえ, 三枝子さん自らの, 上品な, 不安だった, 不審を, 不平が, 不愉快だろう, 不満な, 両人を, 之に, 了簡し, 予想した, 予測し得なかった, 二度の, 云えない, 云つてゐる, 云ひ得まい, 享楽主義に, 人に, 人の, 人は, 人情であろう, 人間という, 人間精神の, 今は, 今夜は, 仏蘭西革命史を, 会得し, 但馬守宗矩を, 低級な, 何かに, 何げなく, 何だらう, 使うよう, 信じがたいバカバカしい, 信じて, 信じ易い, 偉大な, 傷心やみが, 先ず体, 先づ, 先づ青磁, 其分に, 其馬と, 出て, 初めは, 利害を, 勉強した, 動搖を, 勝負に, 十分知っ, 単に釣る, 及びなき, 双の, 反つて味, 反撥し, 口に, 口癖を, 古典の, 合理的には, 吉い日を, 同じながら, 同じよう, 同じ思, 同じ思い, 同一だ, 同情なく, 否定出来ない, 告口屋の, 周囲が, 周圍が, 唐詩を, 回向院に, 国の, 基本なり, 堪えがたい恐怖, 変らぬの, 外貌も, 多少の, 夢にも信じられなかった, 夢にも思い付くまい, 夢の, 大いに賛成, 大して好感, 大都会, 天下一品と, 太陽を, 夫に, 奇異の, 女を, 好ましく思ふ, 好奇心を, 妙な, 始終喋りちらし, 嫌な, 存ずべく候えども, 孤独だ, 学問が, 学界に対して, 家の, 富裕に, 實驗する, 対句, 少しそれ, 少し考え, 屡々吐息, 屡々経験, 山の, 山中に, 己れ, 常に意識, 年下の, 幽霊と, 当然, 当然懐い, 彼の, 後ろ髪を, 御免です, 御免蒙っ, 御免蒙りたい, 御無沙汰を, 心づいたこと, 心づく, 心を, 心得て, 心得ぬるもの, 必ずこの, 必ず心, 必要以上に, 忌む大, 忌わしい誘惑, 忍び笑, 忘れない時機, 思いがち, 思いつくの, 思いつく兵営, 思い出すよう, 思い過しとは, 思うであろうが, 思うところ, 思うの, 思う所, 思ったこと, 思つてゐた, 思つてゐなかつた, 思はず息, 思ひがけ, 思ひつくこと, 思ひつく的, 思ふだらう, 思ふで, 思ふの, 思わない, 思わないだろう, 怪漢に, 恋という, 恋の, 恢復する, 悪くない, 悪戯盛りの, 想像したくなる, 想像しなかった, 想像しなかったろう, 想像し得ない, 想像し得られる, 意外らしかった, 意気は, 愕ろき, 愚痴が, 愛着を, 感じて, 感ずること, 感ずる特色, 憂世に, 憤慨し, 憶えて, 我が家は, 我子は, 或活動, 戦さに, 戦争時代の, 戰爭を, 打たれずには, 承知の, 承認しなけれ, 承認する, 投げ槍, 持ち易い, 持って, 持ってること, 持つであろう, 持つの, 持てる力, 揮ひ得べからず, 支倉が, 敬意を, 敬畏, 文句は, 断言出来ません, 斯うい, 斯かる, 斯く驚き, 新しい政府, 旅行する, 日記を, 早く婆さん, 時としては, 有勝ちな, 望むべくして, 期待した, 未だこ, 未練の, 東京中に, 機嫌が, 欲しかった, 殺人の, 殺生という, 気の, 気付かずには, 気附くに違ひない, 決心の, 法隆寺を, 注意を, 涙ぐましさ, 涙ぐまずには, 深い注意, 炉辺で, 無理の, 無限の, 然う, 然樣自分, 狼狽の, 珍客と, 理想といふ, 理想の, 理窟では, 生きて, 生れた時, 生れて, 田舎から, 申すこと, 異性の, 疑い得なくなるで御座いましょう, 疑うこと, 疑うまい, 疑うもの, 疑う者, 疑つた, 疑られるの, 疑わない姫草ユリ子, 疾病を, 発狂し, 皆毎年, 直に徹底, 看過すかと, 真実の, 眠くなる, 眼が, 眼を, 知るところ, 研究上の, 社会的権威として, 私と, 秘密という, 笑は, 第一感, 答えるの, 米の, 精の, 純氣, 結核の, 經驗する, 美くしい, 老年に, 老醜を, 考えつくの, 考えぬところ, 考えませんからね, 考えやすく, 考えること, 考えるであろう, 考え得られるるよう, 考え違えを, 考へてること, 考へてを, 耻か, 肩を, 肯うと, 胸に, 腹の, 自ら意識し, 自分が, 自分を, 自分一人の, 自由を, 自由主義者であり, 船に, 若いうち, 若い中, 若干の, 苦痛で, 苦痛心配は, 英雄に対する, 華々しい功名, 落胆する, 落車を, 虫の, 蛇が, 見て, 見まいとして, 見ら, 見るその, 見苦しい, 見覚えの, 覚醒剤を, 親しみ感ずるとは, 覺え, 解つて居る, 言いきれないの, 言われたくないので, 言下に, 言葉の, 記憶し, 話しかける機会, 話しかける機會, 認めざるを, 認めたそう, 認めないわけ, 認めなければ, 認めるだろう, 認め得るところ, 認め得る事實, 認め得る特色, 誤解された, 読んで, 貧困には, 貸して, 賛同する, 軽く思いこん, 返すこと勿, 迷惑だった, 逢着する, 遠藤が, 部屋の, 都会が, 野本氏こそ, 野獸に, 門の, 閉口です, 陰気よりは, 青春の, 頭痛の, 首肯する, 馬術と, 駭く, 騒音も, 驚くに, 驚くの, 鳥羽僧正の, 鼻を

▼ 誰かが~ (633, 1.4%)

24 云った 9 叫んだ, 言った 5 叫んで, 手を, 私の 4 云って, 云ひました, 呼んで, 声を, 来て, 見て

3 [13件] いった, こんなこと, それを, どこかで, 出て, 叫びました, 持って, 私を, 笑った, 答えた, 自分の, 言ったよう, 降りて

2 [35件] いいました, いう, いま帰ったらしく, いるの, うしろで, これを, どなった, また叫んだ, まだ朝飯, アノ隅に, 云ふ, 云ふと, 南を, 叫び声を, 呼んだ, 心配する, 怒鳴った, 我が名, 持つて, 橋の, 死んで, 気の, 発見した, 盗んで, 砲弾の, 私たちに, 立って, 絶えず今, 絶えず八月六日, 絶えず死ん, 自分を, 言いました, 言って, 言つた, 誰かと

1 [443件] ああお前たち, あなたに, あの子, あるひと, ある関東, あゝお前たち, あッち, いい出しました, いうと, いくぶんの, いたずらを, いたづら, いったっけ, いったの, いつて, いふだらう, いふと, いま歸つ, いやと, うめいた, うんこを, おさえてでも, おもて, おらに, お取次ぎをしてからでないと, かくまでに, からかって, けたたましく叫ん, こう云った, ここへ, この島, この白痴, この診察台, この話, この説得, この長屋, これは, こんなむつかしい, さう云って, じっと息, すでに借り出し, そういい放った, そういう, そうきめた, そう呟いた, そこに, そっと忍ん, その君, その四角, その悪口, その木, その樹, その言葉, その話, その離れ家, そんな事, たて代え, だしぬけに, ちょん切った, ちらりと見た, つくったに, つけ火を, つぶやいた, つれて, とりあげても, とんで, どこか, なにか金目, のび上ってるよう, はまりこむと, ひき裂いて, ひっくりかえして, ひと足でも, ひょっこり出, ひょっと見たら, ぶち殺し, ぼくの, まぜっかえすよう, まぜっ返した, また嘲笑, また恐怖, また火, もう云, もう考えた, もがいてでも, もっとも千万, やったな, やって, やってきたの, やってきますか, やって来た, ゆっくりと, よう玄さん, よけいな, わたしに, わめき唄, オルガンを, カントを, クスツと, ケレンスキイを, ジャマし, ドアを, バツを, ピアノを, 一つこんな, 一度はいった, 一枚の, 万の, 上から, 上つて来る, 不作法に, 不幸に, 不正な, 世話を, 両手を, 中村へ, 主に, 久助に, 久助君の, 乘る, 予想し, 二階の, 云いまた, 云い出す, 云うと, 云う声, 云ったので, 云った事, 云った通り, 云ってでも, 云つた, 云つてゐた, 云ひだした, 云ひ出した, 亦吐息, 人間という, 仕事を, 仰有るもん, 低くけれども, 住んで, 何か, 何かの, 作り出したであろうと, 作るといふ, 使えば, 使用されるだろう, 來て, 俺の, 俺を, 偶然私の, 僕の, 兄上を, 先き, 入って, 冷かした, 冷やかしました, 判定し, 前夜一時的に, 前路, 千早館を, 參籠所の, 取出して, 口を, 口笛を, 叩いた, 叫ぶと, 叫んだが, 台所働きを, 君を, 吾, 呟いた, 呻きを, 呼ばれると, 呼びかけた, 呼びかけるの, 命ずるよう, 唱って, 喋って, 喚いた, 嘔吐した, 噂した, 囁いた, 土いじりし, 土牛の, 圧迫を, 外で, 外の, 外套, 大声に, 大聲, 始め別荘に, 嬉しそう, 実は秋子, 室内へ, 密かに, 寝室の, 尋ねること, 小声で, 居ます, 屈んで, 届けて, 崩れるやう, 崩れるよう, 川へ, 年中怠らず, 幸に, 床板に, 引き上げるよう, 引っ擁, 引張る, 引抜いて, 引越の, 彼に, 彼らの, 彼を, 彼女に, 待って, 待伏せて, 後から, 後で脚立, 後に, 御舎弟, 徳川に, 心づくの, 忍びよって, 応じた, 応ずる, 応へる, 怒号した, 怒濤, 怒鳴つて, 怒鳴る, 息せき切って, 悪いと, 悪宣伝, 悲しんでると, 懐中を, 扉の, 扉を, 打たれ, 承知しない, 拒否し得, 拵えた当字, 捉ま, 据わって, 探しても, 探しに, 接吻した, 故意に, 教えたん, 斬り合いを, 斯う, 昇降の, 時間表と, 景気よく, 智恵を, 書いたもの, 書いて, 月曜日とか, 服を, 朝まで, 未亡人に, 来たらば, 来る筈, 来合わせて, 板倉侯に, 案内を, 森林の, 椅子を, 極めて静か, 模倣し, 武器に, 歩いただけ, 歩いて, 歩くよう, 死ぬ, 死ぬと, 死んだ, 死んだしるし, 死体を, 残さにゃ, 残って, 殺されちまったじゃ, 母の, 毛沼博士の, 民雄の, 気軽な, 水を, 池の, 決めたの, 汽車の, 沖繩の, 河豚にでも, 注意を, 海へ, 溜息を, 溺れさうに, 溺れそう, 滔滔と, 漢文を, 灯を, 煽いで, 片假名, 狐に, 独逸語の, 現われること, 當時イタリヤ滯在の, 病気に, 発明すれ, 発見し, 皮肉ったこと, 盗むの, 盗んだの, 目ざめたころ, 目を, 相槌だ, 真似た, 眼を, 睡気, 短艇に, 石を, 硝子を, 硝子提灯を, 私たちを, 私に, 空想した, 窓の, 立上り荒々しい, 立上る, 立派な, 立派に, 笑って, 答え返しそう, 結婚式の, 縄を, 繩を, 考え出したの, 耳の, 耳もとで, 耳許で, 聞きました, 聞き出して, 肩を, 腹を, 膳を, 自動車へ, 自発的に, 舌打ちを, 船を, 若干は, 茅針で, 落したらしい紙入れ, 落した大きな, 薄暗い土間, 血を, 袖口を, 要求した, 見たと, 見つけて, 見つける筈, 見つけ黙つて, 見付けて, 見守って, 見物の, 覗いた, 言いあって, 言いかけた時, 言いだすと, 言い出したから, 言い出しました, 言い出すと, 言う, 言ったでは, 言った言葉, 言ひさう, 言合わせて, 訊いた, 訊くと, 訊ねたとしても, 評したが, 詩人の, 認めて, 説いて, 読んでも, 誰でもが, 調子を, 谷底の, 買収にでもか, 質問を, 赤く充血, 起して, 蹲って, 身を, 転んだり, 転嫁し, 軽く外部, 軽く抱き上げた, 轡を, 迎えに, 近づいて, 近寄って, 返辞を, 迷惑を, 送り迎えを, 這入って, 通りかかって, 造るべき, 運んで, 道端へ, 遠くで, 邸内に, 部屋の, 酒屋の, 酔っ払って, 野次ったもの, 釦鈕を, 鉄道自殺を, 鍬を, 鎧櫃へ, 門の, 開いたという, 開けたらしい, 附添っ, 降りたらしく, 隅の, 階段を, 随分古く, 隙見, 雑誌社から, 雷に, 電話を, 音盤を, 額に, 顔を, 風の, 飛び掛って, 飛んで, 高い所, 高く歌, 高倉祐吉の, 鳴らして, 鵞筆を, 鼻で

▼ 誰にでも~ (585, 1.3%)

8 あるもの, 出来ます 6 できること, 容易に 5 ある, すぐに, 出来る, 出来ること, 好感を 4 聞いて 3 あること, 知られて, 訊いて, 通用する

2 [41件] あるの, いつでも, くって, その違い, それを, ただで, できる, ものを, やれる事, よいから, よくし, よくわかる, わかって, わかります, 人気が, 会って, 出來, 出来そう, 出来ない事, 出来るから, 出来るもの, 出来る事, 分って, 同じよう, 好かれそう, 嫌はれ, 愛されるの, 敵意と, 書けるもの, 目に, 簡単に, 考えられること, 親切で, 解る, 話しかけて, 話を, 読まれ得る小説, 謡って, 造作なく, 逢はせ, 飛べさ

1 [434件] ああする, ああ書ける, あって, あなたは, あらうから, ありがち, ありさうな, あります, ありますが, あるからな, あるが, あるくらいの, あるはず, あるよう, ある共通, ある単なる, ある煩悶, ある筈, あんな風, い, いいたい, いい思ひきり心, いえないこと, いつかは, いろんな引掛り, うるさがられます, おのづか, お土産, お愛想, お譲り, かう怒鳴りつけるであらう, かわいがられもの, きいて, くっつき誰, くれて, この心がけ, この理想, この筆法, この身体, こんなこと, ござります, さういふ時, さうなん, さらけ出す, した, しなだれかかるん, しや, しやべ, じき覚えられる, すぐそれ, すぐにわかつてもらへさうにもない, すぐわかる, すぐ出来る, すぐ勧めよう, すぐ売る, すぐ気づく, すぐ目, すぐ考えられる, すぐ自分, すこし気, すすめるという, そうくらせる, そうした打開, そうだ, そう云っ, そう呼ん, そう容易, その後肢, その感じ, その焼酎, その皮膚病, その話, その道理, それほどの, そんなこと, たやすく連想, つくが, つくの, つとまるじゃ, つや子にだって, できなければ, できるという, できるとは, できるの, できるやう, できる事, できる手加減, できる雑巾がけ, とかく国自慢, どこででも, なびく浮気, なれそう, なれなれしい口, なれまさア, なんの, ほめられた, ほめられるほどに, ほれますし, また如何なる, まったくわかりきった, もっともと, やさしく読める, やれるので, よい心, よくなつきます, よく分る, よく合います, よく合点, らくに書ける, わかつて, わからないだろう, わかりやすい, わかり切った問題, わかり易い例, わかり誰, わかるくらい, わかること, わかるの, わかるもの, わかるよう, わかる事, わかる文章, わかる自分ら, わかる通り, わけなくできるもの, イワンは, ハッキリわかる, ヒョコ, ベコベコ頭を, ペロペロなめ, 一人でも, 一目に, 三十円五十円百円こと, 下から, 不快な, 与えて, 与えられるべきだ, 与ったが, 了解できる, 云へる, 五万フランを, 五百円, 人見知りを, 付いて, 会います, 会へる, 何か, 何でも, 作れる個性, 使えるよう, 使へる, 偽造出来る, 僞の, 優越し, 元気そうだ, 児煩悩である, 入ること, 共鳴する, 共鳴せられる, 其の名, 其人相応の, 冷淡でいらっしゃる, 凡そ女, 凭れ掛りたいよう, 出す, 出せるが, 出来て, 出来ましょうから, 出来らあ, 出来るが, 出来るけれども, 出来るさ, 出来るし, 出来ると, 出来るという, 出来るといふ, 出来るとも, 出来るの, 出来るやさしい, 出来るよう, 出来るらしい, 出来る一万円貯金法, 出来る平々凡々振り, 出来る所作, 出来る手法, 出来る氷屋, 出来る物, 出来る芸, 出来る貴様, 出来得る事, 分からぬ事, 分った, 分つて, 分るが, 分るけれども, 分るであらう, 分るという, 分る科学, 分る言葉, 切れます, 判りっこないわ, 判り切つて, 判るであろう, 判ると, 判るよう, 判る処, 利用され得る, 割合に, 匂ふ, 十分に, 参加し, 又何, 又如何なる, 取られて, 可い, 可愛がられてを, 可愛がられますわたし, 可愛がられる娘, 可愛がられる質, 合いますし, 同情される, 吸いつく女, 吹聴する, 呑みこめるよう, 呶鳴って, 呼びかけどんな, 喜ばれます, 喜ばれよう, 喧嘩を, 堪能させる, 売られる危機, 大抵気に入られる, 天井へ, 女には, 好かれさうな女, 好かれさうな爽やか, 好かれた人, 好かれる, 好かれるでしょうが, 好かれるの, 好かれるもの, 好かれるん, 好かれる女, 好かれる資質, 好き嫌ひ, 好くしよう, 好意を, 嫌われるの, 子供らしく, 安心し, 容捨なく, 容易く出来ます, 容易く出来る, 寄りついて, 察し得られる, 少し馴れ, 尻尾を, 山が, 左様云つて呉れ, 差しつけて, 差し上げます, 平等に, 幾分か, 底知れぬ, 強ひる, 当てはめる, 当て篏, 御幣を, 必ずある, 必ず精神異常, 必要で, 応用が, 応用の, 思い切って, 思ったとおり, 思はせたの, 急っつかれる, 怪しい愛嬌, 悟り得られれば, 想像が, 想像されよう, 想像される, 愛さるべき, 愛されたらしい, 愛され多く, 愛され易い好い, 愛嬌を, 愛想が, 愛想よく, 感じられること, 感じられる彼, 懐古の, 或る, 手軽く出来, 打っつかったらそれ, 指摘できる, 捕れるもの, 授けて, 料理の, 明らかである, 明らかな, 明言し, 時として起る, 普通に, 書くこと, 書けさ, 書けないとある, 書けるだろうと, 書けるわけ, 書ける俺, 有名な, 望まれるもの, 望むこと, 柔順である, 案内させる, 検討さるる, 楽しまれるだろう, 楽です, 歌える宴会, 殺される理由, 毒藥は, 気に, 浮びそう, 淋しがり, 満腔の, 満足を, 漠然と奈良朝, 濃厚な, 物優しく, 理解され, 理解される, 甘く見られる, 留守だ, 直ぐその, 直ぐ分ります, 直ぐ推定出來, 直ぐ気持, 相手を, 真似が, 着られる羽織, 知らせますそれ, 知れますが, 示されて, 私の, 穿ける靴, 突つか, 突掛かりたがる, 立てられました, 笑いかけそう, 笑いかけて, 笑顏を, 精神異常の, 純粋に, 細心な, 経験の, 翻弄される, 考えつく事, 聞える, 聞かれては, 能く, 腰が, 自分の, 自分を, 自然と, 自由に, 與へるだらう, 興味の, 茶代を, 行き得る境地, 行って, 褒めて, 見えるが, 見えるよう, 見える帰納的, 見つかるので, 見られて, 親しく挨拶, 親しめさ, 親しめる芝居, 親切に, 解って, 解らなければ, 解り切った理窟, 言いふらして, 言って, 許されては, 許す肌, 許せるもの, 訳しいい, 話しかけるの, 話せるはず, 認めさせる程度, 読ませて, 読まれ読むに, 読めるもの, 読める戯曲, 謙遜し, 謝りたかった, 豫測される, 貸そうと, 賛成する, 起こって, 起せる程度, 起りうる, 起りがちな, 起りやすい, 軽蔑され, 近寄る事, 這入り易い, 通じること, 逢う人, 道を, 遠慮を, 遣りたいという, 郷愁の, 金を, 金貨を, 開閉できた, 間違いという, 附けられる名, 隔てなく注ぎかける愛情, 難物だ, 青春の, 面会します, 頭を, 頷かれる事, 頼母しがらせず, 食べられるの, 飯が, 飲ませること, 饒舌る, 首肯される, 鬼を, 魅力の

▼ 誰~ (539, 1.2%)

55 誰が 49 誰だ 20 誰とが 12 誰と 11 話を 10 一緒に, 誰です 8 誰, 誰か, 誰だい 6 いって, 思う, 誰を 5 なくこんな, 誰で, 誰とは 4 言って, 話して 3 かする, 云う事, 云って, 喧嘩した, 誰だった, 誰だつた, 誰との

2 [34件] いうまでも, かさんも, しても, だ, ですか, どこで, どこでし, どこへ, なす, もちがった, やっても, ゆく, 一番の, 与に, 会つて愉快気な, 何の, 何を, 怎か, 申して, 目星を, 相談し, 知りてか, 言うか, 言ふか, 言葉を, 誰だろう, 誰であった, 誰である, 誰であろう, 誰とに, 誰とを, 誰な, 誰の, 限らず優しい

1 [218件] いいあてるほどの, いうほどの, いえば, いたんだよ, いちいち明記, いちゃついて, いっしょに, いつたらい, いつて, いつ試合, いても, いるねん, いるの, うなずけるよう, おぼし召しますな, おもうぞ, お話し, かおも, かするすなわち, かする七十八歳, かする即ち, かする紋床, きかされた上, さ, さア, して, してからが, じゃ, する読者, その姓名, その時々, そんなひそひそ, だい, だか, だかが, だね, だれの, だろうね, ちやんと, てこの, てない, であるかが, であろうか, でござるか, です, どうしてどういう, どのポマード, どんなお話, どんなになろう, どんな話, なくさ, なくパリス, なく口々, なく名づけた, なく囁かれ, なく宗厳, なく注意, なす村田清風, なって, なんです, ねてた, ねるの, はよう当てず, むるとはなけれども, エレーナは, 一々説明, 一字一点毛頭, 一所に, 一族の, 一晩呑みあかした, 一番よく, 一番親しく, 不義を, 与にか, 世間に, 云うこと, 云つて腹の, 云て, 云ふ, 五人の, 交ろうと平気だ, 仕事する, 付き合うん, 会うて, 会うわけ, 会つて何を, 低くきく, 何んの, 何処へ, 共に住ん, 共に足り, 再婚しよう, 出会うか, 分らば, 判じて, 判りそう, 取引しよう, 口を, 名を, 名指すこと, 喧嘩し, 喧嘩を, 契って, 契らんと, 婚礼する, 定めて, 定めては, 密談し, 寝たなどという, 寝て, 寝ん常陸介, 尋ぬべき, 居たって, 帝劇に, 彼が, 御一しょ, 思いますか, 思い当ったわけ, 思うか, 思うとの, 思ひ出せない艶, 怪しいとか, 恐ろしく厳, 成績を, 戦うか, 戦うん, 戦って, 指して, 指呼できぬ, 明智とが, 暮らそうと, 最も親密, 来た, 来たの, 来てるん, 極めてする, 次第に時, 此方へ, 歩いて, 歩いても, 母系統の, 比較したら似, 江口へなど, 決定する, 決闘したら, 河豚食うた, 浮名の, 消え失せるか, 温泉へ, 目指す可, 真先を, 知らる, 知りがたし, 知るや, 知る浪速, 知合に, 碁を, 答えて, 約束する, 組み富山, 組むらん, 結婚した, 結婚しよう, 結婚する, 結婚せよ, 結婚を, 聞くと, 聞けば, 芝居へ, 芝居を, 行こうと, 行ったか, 行ったという, 行って, 行つたのお, 見た, 見たとき, 見まちがえたの, 見られた, 見るや, 見ん十七娘, 見定める便宜, 見當, 見較べても, 親しくせよ, 親しく交わろう, 言うまでもないあの, 言つて, 言ッて, 話してたの, 話しを, 話すにも, 語るため, 語るべきだらう, 語ろうて, 誰いつてる, 誰がくッついた, 誰てえ, 誰とど, 誰に, 誰は, 誰二番目は, 誰誰を, 誰鼓の, 論ぜん, 識別し, 議論を, 賭けたの, 踊って, 逃げました, 逢ったん, 連に, 遊ぶ, 遊んだらいい, 道契が, 限らず皆, 顔を, 食べて

▼ 誰~ (532, 1.2%)

23 見ても 13 相手に 10 待って 6 つれて 4 さがして, です, 力に, 呪って, 指して

3 [11件] さして, しも, たずねて, 差し措いても, 待つの, 待つやら, 憚る, 殺したの, 疑つて, 訪ねて, 連れて

2 [37件] あてとも, いちばん好きな, うらむわけ, さしていう, つかまえても, どことも, みても, やるか, わたしは, 中心に, 何を, 信じて, 告訴する, 呼ぶの, 尋ねて, 師に, 待つとて, 御訪ねなさる, 怨みやう, 恋して, 恨むこと, 愛して, 憎むといふ, 憚るで, 捉まえ, 敵に, 最後に, 殺したといふ, 殺そうと, 疑う, 相手とも, 空想した, 縛つた, 見ること, 訊ねるの, 迎えるの, 食は

1 [353件] あいてに, あてに, あてにとも, いうの, いったい呼ん, うらむという, おつかわし, おつれ, おびき出すの, お世継, お召し, お后, お待ちでございます, お怨み申そう様, お指図, お連, かかへすと, かすゑむ, かその, かたづけるなどと, かやどし, かわしへ, がなと, このお, さしたの, さしたもの, さして仰せられる, さし措いても, さすの, して, しまかむ, し貰, そして何事, そしるという, その任, その後継者, そんなにお待ち, たのみに, たのむべき, つかまえて, つかまえようかと, つかまえるつもり, つかわしたらよい, つかわしましょう, ですか, でも千客万来, でも牢獄, でも相手, でも草庵, でも菩薩, といつて, どこで, どこへ, どんな風, にらむか, のせて, はばかるところ, ば次の, ひッこぬき, ほめたこと, ほめ誰, ほんとに愛し, まずまっさきに糾弾, また欺き, まつと, み空, めあてに, や, やったもの, やつた, やつつけた, やるより, やれと, やれば, やろう, やろうか, よぶの, イケニエに, ウヰールまた, スパイに, セント・ジヨーンに, タンクに, モデルに, ロビンに, 一番えらい, 一番先に, 下手人に, 乗せて, 人民が, 代表者として, 代表者に, 仲間に, 任命したい, 任命したら, 伴にとて, 何處で, 使えよとも, 使者に, 侮辱し, 候補に, 偲んで, 先に, 先手の, 刺して, 副えたらよかろ, 副へ, 助けるの, 助太刀に, 友軍の, 口説いて, 口説いても, 召捕るため, 可愛が, 同伴しない, 名乗って, 告発する, 呪ひも恨みも, 呪咀した, 味方に, 呼びかけて, 呼びだして, 呼び出すつもり, 呼ぶとも, 呼べ, 呼んだの, 咎むべ, 咎むべき, 咎めん途, 啓発し, 啓蒙しよう, 喚ぶ, 噫請ずる一室なる, 困らせたこと, 埋めたとも, 埋めるの, 好くとか, 好くとも, 妬むの, 媒妁人に, 嫁に, 学んだという, 学芸会に, 宗とせる, 対手に, 射抜きましたか, 尋ねたいの, 尋ねるの, 差しおいても, 師として, 師匠と, 幹として, 引っ張るん, 当てに, 待ちてか, 待ち合わせて, 待ち得て, 待ったの, 待つこと, 待つとも, 心あてに, 思って, 思ひ出すといふ, 怨まんよう, 怨まん者, 怨みなげこうすべ, 怨みましょう私, 怨みまた, 怨みよう, 怨み何, 怨むこと, 怨むせき, 怨むでも, 怨むという, 怨むところ, 怨むべきよう, 怨むる筈, 怨む力, 怨む筋, 怨む訳, 怨めば, 怨もうよう, 恐喝する, 恨まんよう, 恨みましょうみんな殿様, 恨みも, 恨みやう, 恨みよう, 恨むと, 恨むところ, 恨むもの, 恨むよりも, 恨む由, 恨む筈, 恨む訳, 恨もうすべて, 恨もうと, 想い出しても, 愛しも, 慕うの, 憎み誰, 憎むという, 憎んだらいい, 憎んで, 憐むのだ, 憚かる, 憤り誰, 打つか, 打とうか, 扶養する, 押えに, 招ぐ, 招待する, 持たしたって, 持たしたつて, 持って, 持つて, 指します, 指し何, 指すでしょうか, 指すの, 指すもの, 挙げたん, 捉えても, 捉へて, 捕えたらそれ, 捕えに, 捕まえても, 捜して, 捜しに, 捜しにだって, 据ゑて誰の, 掛けてるん, 探が, 探して, 探偵だ, 掣肘出來る, 掣肘出来る, 推すか, 推すかという, 推薦する, 撃ったの, 操る傀儡子, 支那兵に, 政敵に, 救うの, 教えに, 斥し, 斬った, 斬ったの, 斬り遁そう, 斬るつもり, 斬るの, 斬ろうと, 明らかに, 書いても, 書かないでも, 最も大きな, 槍玉に, 模し, 模した, 歓迎しましょう, 殺したか, 殺したって, 殺したん, 殺した疑ひで, 殺しました, 殺す, 殺すつもり, 殺すの, 殺すん, 殺そうかと, 毒害する, 派すか, 滅せる, 激励したい, 焼くの, 煽いだつもり, 父に, 犯人と, 犯人とも, 犯人の, 狙って, 玄徳の, 町奉行へ, 疑えば, 疑つてるの, 疑ひやう, 疑ふ氣, 皆連れ, 目當てに, 目的であろう, 相手という, 相手にとも, 眞先に, 眼に, 立てたら好い, 立てて, 縛ったん, 縛りやう, 縛るでも, 縛るん, 罪すべきか, 習われたの, 裁き得ようぞ, 裏切ること, 見て, 見ましても, 見ると, 見るとき, 見立てたもの, 見送って, 親補すべきであろう, 訪ねたもの, 訪は, 診るの, 誘うて, 誘うでも, 誘ひ入れるん, 誰でも, 誰と, 誰とも, 誰もが, 調べても, 調べるに, 識り, 警察に, 負かすの, 責めるわけ, 貰て, 貶めるという, 贈物に, 走らせよう, 起こす考え, 踊らして, 迎えに, 送って, 送るため, 送るとも, 進級させる, 適として, 選ばず飛びかかり噛みつき引掻きなぐりかかつた, 選ぶべきかについて, 選挙し, 防ぎに, 陥れるといふ, 隠したか, 頼みに, 頼み何処, 頼むべき, 頼る, 頼るべきか, 食うと, 食わして

▼ 誰だって~ (512, 1.1%)

10 自分の 6 いいじゃ 5 それは 4 知って 3 そうだ, 一度は, 同じこと, 君を, 気が

2 [24件] あの人, い, いい気持, これを, こんな所, するよ, そう思います, そんな事, そんな風, ほかの, ほんとうに, むしゃくしゃした, やって, ビックリする, 一応は, 人間なら, 口を, 夏海岸へ, 拾った, 気持ちの, 眼を, 貧乏すら, 馬鹿じゃ, 驚きますよ

1 [424件] ああいう, ああし, あいつを, あなたいつ, あなたの, あなた好きな, あのよう, あの時代, あの石, ありふれたアルミニューム, あるかも, ある時間, いいと, いいレコード, いうの, いうのに, いきなり茨海狐小学校, いざこざは, いつだって, いつまでも, うきうきした, うしろに, うるさいよ, えのに, おどろく, おどろくわ, お前の, お寺の, かなわねえ武者修行なんざあ甘え, きくから, きくの, きっとお, きれいな, こういう危険, ここで, ここでは, このみすぼらしい, この光景, この深夜, この物語, この縁先, この赤ン坊, こりゃア気, これが, こんなに云われる, こんなに急い, こんなに結構, こんなピカピカ, こんな下駄, こんな圧し, こんな奇妙, こんな山, こんな暗示, こんな煙, こんな親, こんな途方, したいよ, しやしないもの, しんから, しんそこの, すぐに, すぐには, すぐわかるだろう, すぐ考えつく, すること, そういう不意, そういう気持, そういう風, そうおもわねえ, そうじゃ, そうする, そうだろう, そうであろう, そうでしょう, そうで御座いましょう, そうに, そうよ, そうらしい, そう思うだろう, そう思っ, そう思わざる, そう有り余る, そう能, そこへ, そのくらいの, そのピストル, その中, その感, その目, その要素, それぞれ哲学者に, それに, それを, そんな, そんなこと, そんな話ホント, だしぬけに, ちょっとびっくり, ちょっと不愉快, ちょっと不機嫌, ちょろちょろ歩かない, できまさア, できるわ, とてもおとなしく, とてもなれ, どこに, どんなエライ人, なにかで, なりますが, はいれねえところ, ふいに, ほっとします, ほんた, まがった事, まず第, まちがえるかも, まア本当に, みな孤独な, みむきも, みんな深い, むっとする, やり切れないですよ, よかった, よくなり, よくわからぬ, よろこぶもん, わかる, わたしたちを, わりきれた心持, アイツに, ギョッとすら, クビを, コーヒーの, ハッと, ビクビクし, ポケットナイフを, ロクな, 一人も, 一寸変, 一度ぐらいは, 一晩中汽車に, 万代不易と, 三人の, 不思議に, 不意を, 二つ返事で, 二人を, 二度使おう, 云うさ, 人と, 人情の, 人間が, 人間である, 人頭税を, 今の, 今日埃っぽい, 仕合せを, 他の, 他人の, 住むの, 何だって, 何の, 何ぼうでも, 何処で, 使いに, 使う者, 信じて, 信用出来ゃしない, 健康に, 僕と, 僕に, 僕みたいな, 元気が, 先ずそれ, 先生あんな, 先生一つ処に, 入れて, 全くそう, 全く云われ, 冷静な, 出し抜けに, 出られないやね, 分りやしません, 初めてだろう, 判別が, 利口に, 前後不覚に, 勝たれませぬそんなに, 厭だ, 叔父さんの, 可能性から, 吃驚します, 同じよ, 同じ旅行, 同じ男, 同一人間, 同情するでございましょう, 同感し, 君今この, 君同様の, 君年を, 命を, 喋って, 喰うに, 嗅煙草と, 困りますよ, 国家の, 変るじゃ, 外国に, 外米を, 夢に, 大く, 大体は, 女と, 女を, 好いじゃ, 好んで, 姫様を, 嫁に, 嫌いだ, 実務を, 実際現場, 寝るん, 察しが, 少しは, 少年時代には, 山賊と, 岡っ, 岩見重太郎を, 張り倒して, 当分オジ気は, 彼に, 彼処に, 彼女が, 後悔する, 後閑さんを, 御後室さま, 心底から, 必要の, 忘れて, 怒りまさあ, 怒りますとも, 怒る気, 思うこと, 思うに, 思う者, 思ってるでしょう, 恥ずかしい, 悪いという, 悪くない, 悪党だ, 悪党に, 惜しいとは, 意外に, 愛国心だけは, 感服の, 憎むでしょうよ, 憎めません, 憐れまずには, 手首を, 抽象的に, 持って, 指一本差さねえ, 教わらなきゃわからんよ, 教師は, 文句は, 文句を, 斬られるの, 新しいもの, 旗本で, 日まわりの, 昔は, 暑いん, 書き捨てたもの, 未来の, 本を, 本当に見た, 本当に覚悟, 楽な, 構うもん, 構や, 構わない, 機嫌好く, 欠点ある, 欲しがる, 歩く日中, 死にきれないだろう, 死にたくないに, 残虐性を, 母ちゃんを, 毎年年は, 毎日毎日いつは, 気がついて, 気がつくはず, 気味が悪い, 気味が悪くなります, 気持が, 泊めたくない, 泣かあ, 泣きたくなるだろう, 泣くさ, 泣くん, 泳ぐより, 浮ばれまい, 涼しいと, 深く悲しん, 清浄な, 満四年, 満足に, 溜らなく好ましい, 漬けもの, 無名の, 無理は, 煩悩を, 物騒な, 狂気という, 生れた時, 生れつき片輪じゃ, 生涯に, 生物の, 留めて, 疲労れ, 病気に, 病気より, 痛い傷あと, 痩せる外, 発砲しよう, 皆同じ, 皆悪かっ, 盗ませるため, 相当に, 相手に, 相手の, 真似の, 眠って, 知ってる, 知ってること, 知ってるわ, 知らないけれど, 知らないだろう, 知らないウチ, 知る者, 破りたくなりますよ, 確かな, 確でない, 立腹致す, 章魚の, 笑いだすでしょう, 笑わずには, 絶対に, 考えねえ馬鹿, 考えやしません, 考え及ばないからね, 耳を, 聞いたこと, 聞きたい人, 職場が, 肉親に, 胆を, 胸中から, 脅されら, 脛に, 腰を, 腹を, 自分でない, 自分は, 自分一人だ, 自分自身が, 自慢でも, 自慢を, 良い百姓, 若い男, 苦痛に, 薬を, 虫が, 血の気の, 行き違い, 見ちゃあ, 見落すわけ, 見附けた人, 覚えずには, 親しめるもの, 解りっこないわ, 解るはず, 言う筈, 言えます誰, 訊いて, 評判は, 話だけ, 貧乏したくない, 貴方が, 賛成しない, 賞める, 質問か, 贔屓に, 身体が, 迷うの, 迷わずに, 這入れるわ, 通りに, 通れやしないよ, 遅かれ早かれ一度, 遊びたいですよ, 道徳の, 違った人間, 適任者では, 部屋へ, 酔興と, 里に, 金は, 間違えらあな, 関係が, 隙が, 際限は, 電車の, 頼りが, 願って, 飛びつきますよ, 驚いたに, 驚かずに, 驚くに, 骨は, 高慢税は, 魔が

▼ 誰一人~ (508, 1.1%)

10 としてその 8 としてこの, 握りしめたる拳 6 として彼, 知って, 知るもの 5 としてそれ, 知らぬもの, 知る者 4 とし, としてそんな, として気, 出あふ者 3 そんなこと, だつて, として彼女, なかった

2 [28件] あって, この大, として, としてお, としてこれ, としてそこ, として信用, として怪しむ, として異議, として相手, として知らぬ, として知る, ない, ないよう, もいない, 信ずる者, 出て, 存じて, 来る者, 特に草木, 知っては, 見えない, 見たこと, 起きたもの, 起きて, 通るもの, 進んで, 頼る者

1 [365件] あのちび, あの源様, あの男, あらわれる者, ありは, ありませんでした, あるべき事, いず地平線, いない, いないと, いないところ, いない浜, いない風呂場, いなかった, いなかったと, いなくなった, いなくなって, いまだかつて官権, いるでは, い合わせないの, うんともす, おさえること, おらんそう, おりなかつた, かえりみて, かえりみる者, からも來, から騷, がイプセン, がスタニスラウスキイ, が中国, きて, こうすれ, この下手, この不思議, この乞食, この事件, この因循, この女中, この字, この小さい, この恐ろし, この点, この秘密, この美しき, この謎, この辺鄙, この部屋, この風呂番, さう, さうと, しかもまた彼, して, しめくくりの, そうした彼女, そのこと, その事実, その名, その塔, その女, その姿, その存在, その富士山, その屋上, その弾奏, その我儘, その時刻, その犬, その理, その移る, その薬, その話, そんな安い, そんな者, たうとう, たよるもの, だって僕, だって君, だって好き, だつて慰, ついぞお願い, ついて, つかまえること, てんで最上清人, でて, でも討った, とがむるものなければ, とがめない互に, としてあの, としてあらう, としていいわけ, としてうろたえる, としておら, としてか, としてこれら, としてさほど, としてたのみこむ, としてつめきった, としてとりついた, としてやって来ません, としてやれなかった, としてイタリア, としてコックス家, としてハンドバッグ, として不思議, として主, として主役, として事件, として人間らしい, として今, として仕事, として仲, として余計, として信ずる, として入っ, として冬, として出入り, として加勢, として動かない, として声, として好感, として室, として家, として寝具, として小, として崇拜, として差入れ, として帝, として席, として帰っ, として帰国, として座, として思う, として思わなかった, として悦ん, として想像, として意地わる, として拷問, として支払う, として桔梗様, として此処, として演, として無かっ, として狼, として現われ, として甘い, として生きた, として生まれ, として疑っ, として病気, として目明し, として知っ, として知った, として私, として立, として糸子, として総長, として聞きつけ, として自分, として自殺, として蠅男, として行き着いた, として表, として見た, として親身, として解っ, として解答, として起き, として近づかない, として適当, として遺憾, として集っ, として顧みる, として香取, とてなかった, とて信用, とて死因, とて知る, とも親しい, と人間, どうしてい, ないやう, なく一旦, にだ, にだって目, にもそれ, にも会う, にも手, にも朝鮮, にも自分, にも行き, にも診て, に向, のこらずてんでに, の例外, の塹壕, の来, の眼, の見送り, はかばかしく口, ふり向いて, ぶつぶつ言おう, ほとんど跫音, まだ穢多町, みぬき得なかったでしょう, もある, もいなかった, もいや, もうその, もおこつた顔, もおりません, もがその, もそれ, もなかっ, もなかろう, も上陸, も他, も入る, も悟らず, も日本, も点灯夫, も登った, も自分, も見た, やって来ませんでした, やつて, よく云う, わかって, わかろうとは, ゐないのに, ゐなかつたといふ, をも決して, 之れ, 乗りこなす人, 云う者, 信ずるもの, 傷つく者, 入った者, 入らせまいと, 入らなかったこと, 出あう者, 出たもの, 出迎えなかった, 分って, 判って, 助けて, 動く者, 叱られずに, 向かって, 呼べないこと, 執成して, 堂々と, 実際に, 寄せつけないこと, 寄りつくもの, 尋ねて, 居ないと, 居るもの, 帰ろうと, 引き取ろうという, 引き受けて, 応ずるもの, 応ずる者, 怒り出さうとも, 怖がっては, 怖ろ, 思い及び得よう筈, 思い通り望み通り, 思っちゃ, 思って, 思ってさえ, 思はないので, 思ふ者, 思へる訳, 怪しむもの, 怪しむ者, 惜しまないもの, 感づいた者, 慰めて, 憎い可愛いと, 憎むべき人間, 抜け出た者, 持ち合せ, 振り向いて, 振向いて, 暗い思ひ, 本当にする, 本当に親切, 来るの, 気づかないであろう, 気づかなかったけれど, 気づくもの, 無い, 無い寂しい身分, 無い筈, 無関心, 疑う者, 疑ふもの, 疑わなかった, 疑を, 登った者, 真にその, 眠れない, 知った人, 知っちゃ, 知らさうと, 知らない, 知らないうち, 知らないもの, 知らないやう, 知らないよう, 知らない者, 知らぬ, 知らぬうち, 知らぬ間, 知りません, 知りゃしねえ, 知るはず, 知るよし, 確たる証拠, 立ち去る様子, 立ち退かなかった, 立って, 笑って, 続いて, 罪せられる者, 罹らぬ者, 考えた者, 考えて, 聴いたこと, 聴かなかった, 行きたがらぬもの, 行くもの, 見た事, 見て, 見ない, 見る人, 見向いて, 見張って, 見知らぬうち, 触れたこと, 訪れるもの, 診せぬもの, 誉めない者, 認めて, 責める者, 貰って, 起きる気配, 迎えに, 近しい者, 近づくもの, 近づく事, 通らない, 通らない田舎道, 連れ立つて, 醜い世, 開くこと, 雇い手, 頼るもの, 願って, 顧みて, 顧みるもの, 飛んだ事, 餓えて, 驚かぬ者

▼ 誰もが~ (471, 1.0%)

8 知って 7 自分の 6 するよう, それを 5 一度は, 知つてゐる

2 [17件] いふやう, さういふ自信, それに, 初めの, 口を, 彼の, 思いも, 想像しなかった, 最初に, 用いる器, 着て, 私の, 考へて, 訊ねる, 認めて, 身に, 黙って

1 [400件] あっと, あなたの, あの作, あまりし, いう, いう通り, いだいて, いつて, いつの間にか行く, いつも当り障り, いつ死ぬ, いないと, いひさうな, いふで, いふほん, いふ冷たい, お角さん, きいて, こういいだし, こう呼ん, この, このごろの, この世に, この光景, この坂, この新しい, この時, この演出通り, この男, これに, これ以上大国の, ご赫怒, さういふ, さういふ傾向, さう思ふほどの, さぞと, すぐに, そういう余裕, そういう疑問, そうである, そう云った, そう思った, そこへ, そこまでは, その事, その二つ三つ, その準備, その男, その花, その願ふところ, それから, それぞれの, それぞれ特色を, それと, そんなに熱心, そんな哀愁, たいてい入らない, ただ疲れ, だ, ちっとも物, ぢつ, どうもしない, どう描い, にこりとも, のんびりし, ひとしくそう, ひとりぼつちの心寂しい, ぶつつかるの, ほとんど同時にある, まことに気軽, またどうも, まだ手がけ, まだ知らなかった, まともに, みなそれを, みんなさびしい, みんな手を, もう毛沼博士, もう覚悟, もって, もつ結婚, やるが, よくやられる, よく天幕, よく知っ, よく知つて, よく覚え, よく言, わが事, サインや, ザラに, シモンを, シュンと, ハッキリと, ベントレーの, ホツと, ラ氏の, 一人として, 一向に怪しもう, 一城の, 一度饗応役, 一応受け入れ, 一応渡らね, 一様に, 一種冷ややかな, 一緒に, 一致した, 一言も, 三田の, 三高生である, 不思議と, 不断に, 不機嫌な, 不自由を, 予想さえ, 予想さえも, 予想した, 予期し, 予期しない, 予期し得る, 事実どおり家康の, 云いあわしたよう, 云ふ, 云わなかったという, 享樂しむ, 人の, 今年の, 今更の, 仕掛花火見物, 住んで, 何ともする, 何時の間にか電子, 作り得た一個, 使う日常, 使ふ, 保証する, 信じて, 信雄である, 偉そう, 傷もつ, 僕と, 僕を, 儲からない, 兄や, 入り難い, 入れて, 入門書として, 全く予想, 共通に, 写って, 冷たくなんか, 出征せず, 出来そう, 到達し, 刹那それを, 勧めるほど, 南京虫に, 単に助, 厭が, 去るに, 反対も, 反抗し切れない, 取って, 口に, 口癖に, 叱咤された, 合點した, 同じこと, 同じやう, 同じ思い, 同意する, 呆然自失し, 味う, 味は, 命は, 唖で, 唱い手, 商売を, 喜んで, 地味な, 均一に, 坊さんに, 執権高時の, 墨の, 変えようと, 変幅対の, 外国に, 大火の, 天を, 天下無敵の, 好いて, 孤独を, 孤獨を, 学問を, 寄れば, 小さく思った, 少くとも, 少しずつ, 少年の, 居らずただ, 居らんでしたが, 山を, 希ふ, 年は, 幸福そうに, 幸福である, 幾分か, 弁信を, 彼らの, 彼女の, 得て, 微笑で, 徹底し, 心から驚嘆, 心の, 心を, 心配そうな, 心霊という, 必要と, 忙しが, 思った, 思ったが, 思ったこと, 思って, 思つた程, 思はず見惚れて, 思はなかつたらう, 思わず面, 怪人ガスコの, 怪訝しく, 息を, 想像し, 想像し兼ねる, 意外に, 感じないわけ, 感じるやう, 感ずるであろうよう, 慌てるの, 憎いお, 憚る, 懺悔すべき, 成功する, 戦争の, 戦争は, 戦闘帽をか, 戸惑うよう, 手を, 打ち解けて, 批評し, 批評を, 承知し, 抑え切れぬ憤りを, 抱いて, 持たなくては, 持ちたいもの, 持って, 持つて, 持久戦争に, 指摘する, 推服する, 斯んな, 既に知っ, 是に, 時代感の, 暗さ, 暴れ放された, 曾て, 最も迷い, 有って, 望み, 本気に, 来かかろうとは, 来て, 次の, 止めないの, 此の, 死の, 毎日目撃する, 気がついて, 気がつかなかったこと, 気が付かなかった一つ, 気に, 気の, 気を, 気恥ずかし, 気持の, 決ったよう, 河中に, 無遠慮に, 無關心, 燃料の, 片附けかね, 生から, 生きて, 用いしもの, 用いる器物, 用ゐし, 申し合わせたよう, 疲労の, 痛いところ, 發する, 皆どこかに, 皆ハッ, 皆感心, 皆揃う, 皆生真面目な, 皆言う, 皆黙っ, 盃を, 直ぐ考へる, 相当に, 相手に, 真剣に, 眼が, 知らずに, 知らず識ら, 知らないので, 知らなかった, 知らぬという, 知らんよう, 知らん者, 知りぬいて, 立ちあがらないで, 立騒ごう, 笑わずに, 筆と, 答えるもの, 納得しない, 経験した, 緊張した, 老人夫婦の, 考えそう, 考へつか, 聞きます, 聴いたこと, 職員会議の, 肩で, 胸の, 胸を, 自分といふ, 自分を, 自分自身には, 自動車の, 自由に, 自身の, 興奮し, 良沢の, 苦々しい顔つき, 苦しんで, 莞爾し, 蒼茫と, 血臭い, 行きしぶって, 行ったもの, 見きはめて, 見るよう, 觀念的で, 言い合わせたよう, 言う事, 言う苦情, 言って, 言葉も, 言葉を, 許す権利, 証人に, 詣らなければ, 詣る生目様, 詩とは, 話すやう, 語らうと, 説破し, 説破しなかった, 読むべきもの, 警戒の, 豹一の, 賞美した, 走り出て, 軽はずみに, 軽忽, 返辞を, 迷信家に, 迷惑しよう, 酒の, 酔を, 金に, 闇を, 陽氣だ, 雪の, 電子を, 頭が, 食べて, 食われたこと, 食傷し, 首肯する, 馬鹿, 驚いたらしい, 驚かされますが, 體を, 鹿の, 齒を

▼ 誰かの~ (462, 1.0%)

12 口から 10 声が 9 手で 8 ように 7 手に 6 ために 5 姿を, 手が 4 声に, 言葉に, 足を 3 声である, 悪戯だ, 悪戯であろう, 来るの, 耳に, 胸に, 足音が, 顔を

2 [32件] ことを, ものに, 冷評した, 処へ, 半身が, 名前を, 呼び声が, 声を, 大きな手, 妾を, 小説に, 影が, 悪戯に, 惡戯だらう, 所へ, 梯子を, 歌に, 発議で, 目を, 眼が, 着物を, 聲である, 言葉が, 言葉を, 話した語, 話に, 話を, 調子を, 邪魔に, 頭に, 頭を, 顔色を

1 [300件] あずきを, いたずらか, いたずらじゃ, いたずらだ, いたずらで, いたずらです, いたずらでは, いたずらな, いたずららしい, いたづら, うえに, うきうきした, おみやげに, お尻, からだに, こしらえごと, こんな話, ためでなけれ, ためにも, ところから, ところへ, ふところの, ほっとした, やうに, わっと, わめきごえ, アガリ竿を, アッという, イタズラだろう, イタズラである, グチを, シュプールを, タクシードを, ピアノを, フルサトが, ボオイに, 一ト声を, 一人三役で, 一句詠んだ, 万年筆の, 上に, 不断着を, 中の, 中傷です, 予言どおりかなり, 仕業らしく, 仲裁で, 企み深い, 似顔絵の, 体に, 体温が, 体臭を, 何万坪か, 作品に, 作品にも, 作品を, 作為だ, 來る, 保護を, 借り物に, 借物で, 兩手に, 内室に, 写真を, 冥福を, 出迎いかい, 出迎いに, 分とも, 分捕りと, 切実の, 初の, 判断に, 前に, 割鹿の子の, 力を, 加勢を, 助けを, 単なる悪戯, 博物書を, 口で, 口に, 口によ, 口真似の, 口真似よ, 古い狐, 句が, 句であった, 句に, 句を, 句集の, 叫びが, 叱咤する, 右傾した, 名を, 名文句, 名畫, 吸いがらが, 呪文を, 和訳文は, 品物を, 唇が, 噂か, 土産に, 場合に, 墓石らしい, 声で, 大きな掌, 大声が, 大病を, 夫人で, 女婿だ, 妬みだろうという, 妻だった, 妻だつた, 妻君と, 妾宅と, 姫君様といった, 姿態の, 娘さんに, 子供といふ, 存在を, 家で, 家へ, 寝たあと, 寝て, 小さな影, 小品で, 小説を, 希望の, 帽子を, 幽かな, 幽霊かも, 幽霊が, 幽霊に, 式を, 引用で, 待ちに, 心づくしで, 心遣いでも, 念入りな, 思いつきで, 悪口を, 悪戯か, 悪戯かな, 悪戯かも, 悪戯だろう, 悪戯で, 悪戯です, 悪戯としか, 悪洒落と, 悲鳴, 情婦でも, 惡戯かな, 惡戯に, 意見が, 戸を, 手拭を, 批評に, 投げた雪球, 拝仏の, 拳骨に, 拵えたもの, 拵へ, 持ち家で, 掌の, 故意の, 救いを, 文句に, 文句らしい, 文庫を, 文章で, 文章に, 文章の, 文章を, 文芸評論の, 旦那さん, 早合点でありましょう, 時間を, 晩餐に, 智恵を, 書きたしたところ, 書に, 本を, 机, 枕の, 欠席で, 歌集らしい, 歯と, 死亡証明書を, 母に, 気配だ, 沓音が, 法服を, 泣く声, 泣く聲, 泣声を, 注意で, 注意を, 洋行送別会に, 独創である, 生活の, 発言を, 發起で, 目に, 真うしろ, 眼だ, 眼に, 短い詩, 私生児で, 穿き棄てて, 答案を, 策謀は, 紀行に, 細工だらう, 細工です, 紹介が, 紹介で, 紹介を, 縁談に, 縁談の, 繪ででも, 罪で, 置き忘れて, 署名が, 耳にでも, 肖像で, 肖像や, 肘に, 背中に, 背中の, 背中へ, 背中を, 背負つた藁束が, 胎内から, 胸へ, 胸もとに, 胸別の, 腕を, 臨終に, 臨終の, 良心に, 艶書に, 若い思ひ, 著書で, 葬式で, 血が, 血液に, 血縁の, 行為に対して, 補助を, 裾が, 言ひだす, 言葉だ, 言葉だつた, 言葉という, 記念像が, 詩に, 詩を, 詩集を, 話し声が, 話であった, 説明で, 読者ならざる, 論文を, 論文中, 講義で, 貼つた, 質問に, 質問を, 足に, 足元へ, 足跡が, 足音, 足音か, 足音だったろう, 足駄から, 跫音が, 跫音でも, 身代りに, 選挙事務長かも, 邸宅の, 部屋で, 野辺送りか, 鉛筆を, 銅像の, 間違いでしょう, 雅号と, 面影が, 頭や, 頼みを, 顔だ, 顔である, 顔へは, 養女分にも, 餓鬼を, 鬼の, 魂が, 魔手が, 鴎外研究を, 黒っぽい羽織

▼ 誰かと~ (338, 0.7%)

14 思えば 12 思って 11 一緒に, 話を 9 話して 8 見れば 6 いえば, 思った, 思ったら, 思つた 5 思ったらお, 結婚する 4 しよりらしい人, 思うと 3 いうと, 会って

2 [25件] いっしょに, なると, ウヰンザアで, 云ふ, 会見する, 喋って, 喧嘩し, 喧嘩でも, 対談し, 思ったら貴方, 思つたら, 思つて遂, 思や, 思ッたら, 恋を, 碁を, 約束が, 結婚し, 結婚したい, 見ると, 訊いて, 話しながら, 話す合, 面談しよう, 驚いて

1 [175件] いいつつ, いうに, いうより, いちや, いって, いふと, うんと戦争, おもえば, おもったらなん, お尋ねに, お約束, きかれたって, きくの, こそこそ話, しきりに心がけ, しきりに話し, しみじみ母, すれちがいましたか, そうだ, そっくりの, そっと合図, ただすまでは, なせば, ならんであるきながら, なりの, なるが, みると, みれば, アベックで, ウィスキイを, オブツカリに, ジオゲンの, ゾッとする, ヂオゲンの, 一しょに, 一つ部屋に, 一緒で, 丸テエブルを, 二人きりで, 云うて, 云うと, 云うに, 云う問題, 云えば, 云ふこ, 互に尋ね合っ, 五体を, 人々が, 人違え, 会いましたか, 会う約束, 会ったの, 似て, 何か, 使ったこと, 僕は, 入れかわろう, 公園で, 出會, 出来て, 分れば, 切り合ったん, 取り違えて, 口論を, 叫ぶと, 同一ように, 問えば, 問へば, 喋つてゐなけれ, 喋つてゐれ, 喧嘩した, 喧嘩を, 夜遲くまで, 夫婦の, 婚約が, 射ち合うところ, 尋ねあった, 尋ねたが, 差担いで, 心中する, 思うた, 思うたのに, 思うたら, 思うたらばば殿, 思うたら七兵衞さん, 思うたら休暇, 思うたら大庭, 思うたら此爺さん, 思ったいや, 思ったじゃあ, 思ったぞ, 思ったと, 思ったらああ, 思ったらいつか手紙, 思ったらおまえ, 思ったらこれ, 思ったらご存じ, 思ったら中村, 思ったら二郎さん, 思ったら曹家, 思ったら樫原砦, 思ったら犬千代, 思ったら甘糟三平どの, 思ったら米友さん, 思ったら義兄さん, 思ったら菅谷さん, 思ったら貴, 思ったら赤シャツ, 思つ, 思つたわ, 思ふたらお, 思ふと, 思へば, 思やあ, 怪しみながら, 恋し合っ, 恋に, 恋愛した, 手分けを, 打ち合わせも, 挨拶し, 挨拶を, 振向いて, 振返れば, 末席の, 来たこと, 殴り合いの, 決闘したい, 泊った手, 泊りに, 湯煙の, 玄関の, 甘いさ, 生活する, 立ち話しし, 立ち話を, 競馬へ, 笑いながら, 約束してた, 結婚しなけれ, 結婚しよう, 結婚すれ, 結託し, 考えざるを, 考えても, 耳を, 聞いて, 聞きますから, 聞くと, 自分の, 衝突した, 見まわせば, 見るに, 言う事, 訊くと, 訊く元気, 話してるの, 話し合つて, 話でも, 語り合つて, 諸人目を, 踊って, 逢ふ, 逢引する, 逢引の, 逢引を, 間違へて, 関係する, 頻りに話し, 顧みて, 饒舌って, 駈落, 駈落ちでも, 駐在所へ, 駒を

▼ 誰とも~ (312, 0.7%)

28 口を 7 顔を 4 なくその, 知れぬ者 3 分らないが, 知らずに, 言葉を, 逢わずに

2 [17件] しらず, なく, なしに, わからぬ, わからぬ相手, 一緒に, 交際せず, 交際わ, 仲が, 分らない, 知らぬ者, 知れずこう, 知れぬ人, 結婚は, 親交を, 親友では, 話を

1 [223件] あひませんでした, あまり親しく, あまり語り合わず, いい加減な, いかなる氏素性, いやはれへん, うちとけて, おくびにも, おしゃらばおしゃれ, お話しなかった, さりげなく別れ, それは, たやすくは, だ, ちがい勤労者, ついに判明, ない衆, なくあれ, なくそんな, なくつと, なくわっ, なくワハハハ, なく一同, なく加勢, なく叫ぶ, なく呼ぶ, なく富太郎, なく息, なく罵りかは, なく訊いた, なく金, なく静か, はっきりしない, はなしも, べつに当て, ほとんどひとこと, まんべんなく口, もあい, ろくに口, ろくに話さなかった, わかず何, わからざる人, わからない, わからないそこ, わからない人間, わからない女, わからない真黒, わからぬが, わからぬひと, わからぬ人, わからぬ女, わからぬ敵将, わからぬ者, わからぬ黒い, わからん者, わかりません, わかりませんそれ, わけの, 一緒で, 一言も, 一語を, 争ひ, 事件を, 云わず先生, 云わない先, 互いに識ら, 交渉なし, 交際しない, 交際する, 交際なさらず, 人種の, 会いとうない, 会いません, 会うこと, 会話しなかつた, 余り口を, 共同生活を, 分からず急報, 分からなかったので, 分かりませんでした, 分らいでは, 分らないほど, 分らないほどに, 分らないよう, 分らない人, 分らぬ人物, 判らないま, 判らない人, 判らない相手, 判らぬ屍体, 判らぬ男, 判りませんが, 判りませんでした, 判断が, 判明しない, 判然しない, 別れの, 口も, 名を, 名乗らず無礼, 名乗らなかったが, 喧嘩しない, 喧嘩なんか, 土地の, 変りは, 夫婦に, 宿めど沖つ, 彼が, 思ひだせない声, 恋が, 愛情の, 折合は, 握手を, 更に, 書いてないけれども, 最初は, 比べられないくらい, 異なる特異, 相談し, 相談しない, 相談する, 知らず, 知らずお, 知らずかく, 知らずの, 知らずはじめ, 知らず助け, 知らず叫んだ者, 知らず女, 知らず恁, 知らず横, 知らず百草園, 知らず空, 知らず越後, 知らず静まった藤, 知らず頃, 知らず風呂場, 知らず高らか, 知らで中等待合, 知らないから, 知らない一人, 知らない墓塲, 知らぬ一人, 知らぬ二, 知らぬ姿, 知らぬ男, 知らねど, 知られぬやわらかき, 知ること, 知れずに, 知れずまた, 知れずもう, 知れずギョッ, 知れず叫んだ, 知れず声, 知れず心, 知れず殺されて, 知れず表, 知れず身, 知れない一人, 知れない乱刃, 知れない人, 知れない別, 知れない彼女, 知れない悪い, 知れない無数, 知れない者, 知れぬが, 知れぬもの, 知れぬ四十歳余り, 知れぬ女, 知れぬ怪しい, 知れぬ戀人, 知れぬ淫魔, 知れぬ男, 知れねえ白覆面, 答える事, 約束した, 結婚なんか, 結婚出来ない, 縁を, 美しく附き合っ, 舞踏の, 融和する, 見わけつか, 見境いもつかぬ, 見境え, 見境ひもつかぬ, 見当が, 見當, 親しい交, 親しくな, 親しく口を, 覺えて, 解りません, 言は, 言わずそのまま, 訊いて, 話さずどの, 話さずぼつ, 話さなかった, 話しなんか, 話し合えるよう, 話し合ったこと, 話し對手, 話す気, 話は, 認める事, 踊らずに, 逢いません, 逢って, 逢わずまっすぐ, 逢わず午後, 連絡が, 遊びますまい, 道で, 違ふわ, 附き合いが, 離れて, 面識が, 顏を, 顔の, 顔見知りだった

▼ 誰です~ (246, 0.5%)

11621 それは 13 親分 5 あなたは 4 その野郎, の, 下手人は 3 かその, かな, そんな事 2 かあの, かい, そいつは, そこに, その下手人, それを, ね, ッて, 君は, 誰です

1 [50件] あいつは, あつしは, あの人, あの子供, いったい犯人, お前さんは, お客は, かあなた, かお客, かこんな, かとおうかがい, かときいたら, かときく, かと聞かれたら, かと訊く, かと訊ねた, かどなた, かねパーヴェル・イヴァーヌィチ, かみんな二列, か先ず, か其の, か其保証人, か原田さん, か帆村さん, か御存じ, か男, か相州, か知ら, か聞かせ, か誰, そして何処, そのお, そのたずねる, その惡者, って水道, と明, と聞い, と静, と靜, ねん, は情ない, わたしを, ウ, ッ, 一体その, 一體下手人は, 何といふ, 何者です, 僕を, 四分の一などと

▼ 誰~ (233, 0.5%)

5 です, ですか, もお 4 が見え, に返し, も 3 か, から, がお, だか, だね, でございますか

2 [28件] かお, かこの, かと存じましたら, かと思いましたら, から習つて, か喚い, か待っ, か来, か知らない, が一番お上手, じゃ, だえ, だと, でご, でございます, でござるか, でしょう, ですの, なの, なん, にも秘密, にも見せ, の, もおいで, もお変り, もよく, も御存じ, も被

1 [132件] え, かいらっしっ, かおいで, かおられませぬ, かお出で, かからか聞い, かがお越し, かしらといふいぶかし, かと思ッ, かにお, かに向っ, からつて, からツ, かを俟, かオーバー, かハア, か一寸, か何, か取り, か尊い, か御存じぢ, か怪我人, か患者さん, か玄関, か知りません, か見えましょう, か見廻り, か話, か誰方, が, がおい, がおいで, がそう, がです, がみえ, がよろしかろ, が云った, が何と, が側, が失敬, が相続, が草刈, ぞお, ぞ参詣, ぞ来, ぞ聞かう聞かう, だ, だってもそう, だって作者, だな, だの, だろう, であるや, であろう, でいらっしゃいます, でいらつ, でがんすか, でございますえッ, でした, でしたかしら, でしたかナ, でしたつけ, でしょうもう, ですい, ですえ, ですかい, ですね, でもこの, でもどう, でもよろしい, でも國書刊行會, でも御存じ, ということ, という挨拶, とお, とでもお, ともまことに, と誰方, にさ, にしまし, にでございましょう, にでございませう, にもお知らせ, にもまして, にもやれ, にもよく, にも仰し, にも劣らぬ, にも只今, にも名刺, にも相, にも負けん, によりもロシア革命, に診, に誰方, のお, のお年, のこと, のご, のところ, のねえ, の兒たち, の墓, の御, の所有, の所領, の蹟, へ, へも等しく, もいらっしゃい, もこ, もさう, もしばらく, もはじめまして, も佳い, も変りあっ, も御, も御苦労様, も思はれよう, も怯氣, も早く, も此, も此拠, も滅多, も留守, も花, も身分, も青い, やみせえ, やらに助け, やら最前, をお

▼ 誰やら~ (202, 0.4%)

3 来て, 泣いて

2 [13件] そんな事, まだ私, わからない, わかりません, ドアを, 人の, 分らなかった, 呼ぶ声, 年増の, 知らない人, 耳の, 自分を, 若い女

1 [170件] あがって, あげられたでは, あちこちに, あとから, あの晩, あわただしく門, いった, おもて, おれの, くすくす笑い出します, こう云う, ことことと, こんな菓子箱, ごろ寝し, さだかには, しゅくしゅくと, そこで立, それとなく中, そんなこと, ぢやつた, つね日ごろ, であつ, どんな為事, ふところの, ほかの, むと, む呼ぶ, わからないが, わからない風来坊, わからぬこの, わからぬ奇妙, わからん, わかりも, わるくち, ガタガタと, クシクシ泣いてる, クツクツ笑っ, クド, コトリコトリと, シク, 一人うるみ, 一人ゐる, 一向に見定め, 一向存じません, 一寸は, 一将が, 一度通ったらしい, 下の, 二人の, 云うた, 云った, 人影, 付いて, 似たり, 何日か, 側の, 入って, 入込んで, 六畳の, 其處で, 分らぬ男, 切腹する, 判じが, 判らないが, 判らない有様, 参ります, 友の, 受話器を, 口を, 向うから, 向う岸で, 声を, 大声を, 女の, 女史の, 客らしい, 家の, 寝床の, 対坐し, 小手招き, 尺八を, 尾い, 居るらしい様子, 屈強な, 帰ったらしい物音, 帰って, 店の, 庭の, 庵の, 後の, 後ろから, 後ろの, 後を, 忍び歩い, 悲鳴を, 慨嘆した, 憤って, 手を, 抜き足で, 拍手鳴らし, 持病に, 新聞で, 旅人が, 早足に, 暗闇に, 暗闇の, 来たらしいその, 柴の, 歩いて, 歩るき廻る, 気が, 水仕事を, 水汲み, 沓の, 為体が, 狐格子の, 玄関に, 玄關に, 申す元お, 男が, 當て, 登って, 知らぬ, 知らぬが, 知れないが, 確と, 立って, 笑う者, 笠を, 絶叫し, 縁側から, 義朝の, 聞きおぼえの, 聲を, 肩幅の, 背後から, 背後に, 脹脛を, 船室から, 若い男, 若き衆一人, 行灯に, 見当が, 言った, 言った者, 訪れて, 話し, 話ししかけるよう, 警戒を, 議論を, 谷底から, 赤い顔, 起きあがったよう, 起きた様, 起きた樣, 路傍から, 近づく気配, 逸見に, 金槌で, 闇の, 降りて, 階段を, 頬被りを, 頻りに陣柵, 馬の背に, 馴染の, 駆けつけて, 駆け上がって, 黒い人影, 黒髪長き

▼ 誰かを~ (190, 0.4%)

12 待って 7 呼んで 4 待つて 3 待ち合わせて, 殺して

2 [11件] おんぶし, 呼ぶ, 射ち殺し, 庇って, 庇つて居る, 待ってでも, 愛して, 探して, 見あやまったの, 連れて, 麾いて

1 [139件] あの辺, いじめて, うって, おとうさんが, お使い, お尋ねなさる, お相手, お訪ねな, しきりに呼んだ, そこへ, その根本, たずねるらしい, だまして, つかまえて, つれて, どいつか, どなりつけようとして, やって, よく考える, よんで, 今よりも, 仕合せに, 伴れ, 何物かを, 作り出すであろう, 使いに, 使って, 供応し, 出征させ, 助け度, 取りに, 取捉えてるに, 叱りとばした, 呪つた, 呼びこんだん, 呼びたいほど, 呼びたいよう, 呼びながら, 呼びに, 呼び起して, 呼ぼうと, 呼んだ, 埋葬し, 塔に, 好きでした, 好きに, 妻に, 威すはかりごと, 娶って, 媒介に, 寄越します, 対手に, 小田原へ, 己は, 庇うため, 庇おうとしての, 庇っては, 庇つては, 庇つてゐた, 引っ張り出して, 引入れて, 引込んで, 征服した, 待ちぶせて, 待ち受けて, 待ち合してたん, 待ち合せてでも, 待つてでも, 待つという, 待つ様子, 待受けて, 怖がつて, 思い出して, 思ひ出せさ, 急きたてて, 怨みたくて, 恋しは, 手引し, 手招きした, 折檻し, 抱き込んで, 指して, 捜すよう, 探が, 探し求めるやう, 探し求める声, 探すらしく落ちつかぬ眸, 探す手段, 掴えて, 攻撃し, 救ふと, 欺した, 殺したのに, 殺すだろうしかし, 殺すと, 殺すに, 殺めたの, 比較し, 水中に, 疑って, 白裸に, 相手に, 笑談に, 置いて, 罵る, 背負うよう, 茶化しながら, 葬った者, 裏切ったこと, 裏切った事, 見つけます一緒, 見ようと, 見ると, 見分けるの, 訪問に, 訴えたのに, 誘ったこと, 誘惑し, 貰わなけりゃ成らない, 走らせて, 身代りに, 迎いに, 迎えに, 追って走りくる, 追って走り来る, 送った帰り, 送って, 送つて, 送り出したばかり, 連れこみで, 連絡の, 選定せね, 野次って, 隠まつて, 雇って, 静かに, 非常に, 非難しよう, 馬鹿に

▼ 誰から~ (184, 0.4%)

7 聞いたの 5 でも 4 お聞き, 聞いた 3 そんなこと, 何と, 聞いたん

2 [16件] それを, だ, だろう, です, ですか, 何を, 出て, 別段たのまれた, 教えられたの, 生れたんだい, 聞いたもの, 聞いて, 聽いたんだ, 許されて, 誰に, 買ったの

1 [123件] あの桜, いくら引出した, いったいお, おきき, お礼を, お聞きです, お聞きなすった, かお聞き, かお聴き, かさう云, かたった錐一本, かね, きいたか, きいたと, きいたね, きいたの, きくとも, これ買った, されたと, されたとも, そのこと, その舞踊, その芸, その話, そんな事, だかは, だつて, だと, であろう, とったかと, どの列, どんな信任状, どんな風, なにを, もらつたの, やつつけ, ゆずられたもの, 云うよりも, 云ったって, 云ひ聞かされた, 云わしても, 仕入れて, 任命され, 何の, 俺の, 借りて, 先にと, 出たの, 勧められたの, 受けて, 受け取ったの, 呼び立てられたの, 嗅ぎ出そうと, 大権を, 如何なる批評, 左様の, 幾ら儲けた, 彫って, 彫れて, 影響を, 御身は, 怨まれるという, 戴いた刀, 授けられたもの, 掛って, 教は, 教へ, 教わった, 教わりました, 書かれ, 最初来た, 来たてがみ, 来たの, 来たん, 注意を, 渡されたとも, 瀬川君の, 石を, 祝が, 突っぱなされようと, 笑うとも, 習うたか, 習ひ覚えた, 聞いたあんた, 聞いたいうでも, 聞いたか, 聞いたと, 聞いたとも, 聞いたな, 聞いた話, 聞かなくつて, 聞かねえでも, 聞かれて, 聞かれようと, 聞きなすった, 聞きましたか, 聞こうと, 聴いた, 聴いたと, 聽いた, 苦情が, 融通が, 見たって, 言出した, 訊いたか, 訊いたの, 訊かれても, 話を, 説明を, 誰から, 誰へと, 貰つた, 買いましたよ, 買った, 買ったか, 買ったん, 買つたの, 贈って, 贈られたの, 送って, 送られたか, 金を, 頼まれたわけ

▼ 誰からも~ (184, 0.4%)

3 愛されて, 邪魔を

2 [14件] うるさいこと, そんな噂, 何の, 何も, 保護を, 先生の, 好い感じ, 忘れられて, 知られずに, 聞いた事, 見捨てられたと, 言付かりません, 軽蔑される, 離れて

1 [150件] いわれるでしょう, お金を, かまわれなかった時, これほどの, すかれずことに, その存在, そんな解釈, そんな話, ただの, つかまえられようと, とがめられる筋合い, はっきり聞いた, ひとことも, また何物, やさしくなんて, よく聞く, わたしより, トレースされない, 一向発表, 一大危機と, 一度は, 一時忘れられ, 一顧も, 丁寧に, 不足を, 云はれません, 互いに紹介, 何んの, 侮られて, 信頼され, 全く過去, 切り離されたところ, 助けを, 勧めずに, 勧められずに, 包んで, 受けて, 受けること, 声を, 好かれたが, 好かれない, 妨げられること, 嫌われは, 嫌われるふてぶてしい, 嫌われる人間, 守護せられ, 密告されない, 尊敬され, 尊重されず, 庇護を, 強いられずに, 強ひられず, 強ひられる, 強制され, 彼の, 後ろ指を, 得られぬ温か, 徳としては, 快くあつかわれた, 愛されず内心, 愛されないし, 愛されも, 愛される資格, 愛して, 慰めの, 手紙は, 払われないという, 抑圧を, 抑壓, 指一つさされたくない, 採用されなかつた, 攻撃せられる, 放れて, 教えられず極めて, 教えられは, 敬愛されべき, 暴力を, 本当に可愛がられる, 本気で, 本質的な, 気づかれずに, 気づかれまいと, 氣づかれず, 氣づかれまい, 求めても, 求められては, 注意されない, 注目され, 理解されませんでした, 生活に, 申しつけられた覚, 疑われる地位, 相手に, 真面目に, 眼を, 知られるよう, 習得せず, 考えられて, 聞いたこと, 聞かれぬよう, 聞くこと, 聞く機会, 聞されずに, 聽い, 腕環なんか, 臆病者に, 自分の, 苦情の, 蔑まれ隣れまれ, 見えないよう, 見て, 見られいわれなかったよう, 見られずに, 見られたくないという, 見られぬという, 見捨てられて, 見離されたもの, 親しまれこの, 触れられてない, 言は, 訊きだすこと, 訓えられなかった, 許されようとは, 話しかけられず考え, 認められるでありましょう, 認知される, 語られては, 買うてえへんわ, 買は, 賞められ, 軽蔑され, 軽蔑された, 迎えなど, 迷惑がられず, 遅れたもの, 遠く離れた, 邪魔されない, 邪魔されません, 金を, 頭を, 頼まれず誰, 頼まれたわけぢ, 頼まれも, 顧みられなかったけれども, 顧みられなかったヨハネス, 顧みられなかった償いと, 顧みられなかつたけれども, 顧みられなかつたの, 顧られない, 黙殺され見捨てられた

▼ 誰ひとり~ (177, 0.4%)

7 知る者 4 それを, 説き明 3 それに, としてその, として彼, 彼の, 知らぬ者 2 いない, その自動車, として知る, 出て, 真面目に, 知らぬもの, 知るもの, 確かな, 考えて, 見て

1 [127件] あの事件, あんたを, いい考, いたしませんわ, いないこの, いないもの, おそれる者, おぞけを, おれの, お銀様, かうした村長, かうした私, こちらを, この世の中, この人, この地方, この席亭, この思い設けぬ, これに, これを, そうかと, そこい, そっちを, そのみなもと, その丘, その末路, その銀鍍金, それと, そんなこと, そんなもの, できる者, として, としていや, としてここ, としてこざ, としてこの, としてたとえ, としてなく, としてラザルス, として一日, として俺, として別, として味方, として屋敷, として山椒魚, として彼女, として後年, として悪く, として敢, として村, として果さず, として白骨, として私, として答え, として考える, として自分, として顔色ひとつ, とび出す者, とめる者, ない, ないの, なかつた, なかつたの, なんらの, にも知られず, もが彼女, ゐない山, ゐない真暗, をも笑う, 入ること, 出ないもの, 出会わす者, 剥がしたという, 動こうとも, 可愛い息子, 喜ばぬ者, 好いていねん, 完全に, 宗皇帝の, 寄って, 寝やしません, 役に立つもの, 彼を, 彼女の, 忍んで, 怖れ, 恋した, 悪かった, 愛したこと, 愛するでも, 抑える者, 振向いて, 振向くもの, 控えて, 斎藤一族の, 来なかつた, 来る者, 正気な, 正造の, 残って, 気づいた者, 気付かぬうち, 生きた心地, 疑うひと, 省みる者, 知らないうち, 知らないもの, 知らなかった, 知らぬ朝, 私に, 私を, 立ちあがる気, 立って, 笑って, 考えても, 見に, 見る者, 見當, 見知ったもの, 覚えちゃ, 身近かには, 近づく者, 近よせよう, 近よる, 雇って, 頼る者, 顧みる者

▼ 誰~ (160, 0.4%)

85 弓を 4 ある 3 来て 2 あるか, おらぬか, そこの, 來てえ, 天降る, 見て

1 [128件] あの片目, あの飛び交う, あるや, いぬか, ええ人, お人, お伴でも, お酌, かわんな, この次に, この童, この老爺, こんこんか, さっきから, しろ桔梗さく伽藍, すぐにでも, そこらで, そこらに, その辺, それが, それは, たしかな, といへり, ひとり秀忠の, ほかの, まずい歌, またけたたましく, もう一人電話口, もう一名, もう少し好意, もの思ふ, やと, やといふは, よほど不屈, わが花, キリストの, ヘイ上げまよう, 一つ二つ気味の, 一人から, 一人でも, 三河殿の, 二三, 二三騎で, 人世の, 伸びそして, 似た顔, 何れに, 供に, 光悦を, 入院してん, 具足の, 写生した, 制先の, 助けて, 取りに, 口を, 地を, 夕ひがし生駒の, 外に, 外の, 外へ, 天を, 宇治山田の, 宇津木兵馬は, 宗教革命における, 尼へ, 山案内を, 彈きすて, 悟らざるもの誰, 悪かった, 我等の, 手引を, 抱き取りてよと, 持合せが, 救って, 早く行かね, 是れ, 月に, 月には, 杖を, 来いあの, 来い来い, 来たと, 来ました, 東京へ, 死んだ, 汝を, 海南島, 涙せきあ, 犬奉行を, 発句せぬ, 白湯を, 盜んだ, 知ってるお, 知る行けルージャ, 神器を, 立って, 第三者に, 筆を, 答へて, 約束でも, 義助を, 習われたろう, 腕に, 臥して, 蒼蠅なす, 蔭乍ら予の, 行き細る, 行って, 行つて見, 角吹か, 話の, 誰ぞ, 貰つて呉れ, 路地を, 踊れ, 踏海の, 身軽に, 通りかかりの, 道誉を, 酌し, 重立った者一名, 隠る, 隱る, 雀射つ, 風狂も, 駒の, 駒鳥を

▼ 誰~ (158, 0.4%)

48 せう 14 あつた 10 せう親分 8 あらう, あらうか 5 あらうと 3 すい, せうね, もちよ 2 あらうが, え, すえ, もさうかねえ, もさうだと

1 [46件] あつたか, あつて, あらねば, あり得るん, いつごろという, えてんで, え首, おぜ, がんす, げすと, すかっ, せうあの, せうか, せうこんな, せうそいつ, せう然, せう王, せう視学, その気風, どうし, どこへ, またどういう, また何やつ, もうけと, もさういふ, もさうするやう, もさうだが, もさうだらうが, もさうであるが, もさうでは, もさう云, もちょっとかんがへさう, もつれて, 何の, 何を, 出なかつた者, 如何なる理由, 有った, 有るかと, 有ろう爾, 有ッ, 祝言の, 蒔絵が, 裏書が, 許されたの, 誰で

▼ 誰~ (151, 0.3%)

30 んだ 29 のか 2616 んです 9 のだ 6 んでしょう 4 のであろう, のです 3 のだろう 2 のかしら, のでございます, のやら, んだろう, んで

1 [14件] のあなた, のお, のお前, のお前さん, のかと, のかは, のかもと, のかを, のじゃ, のそんな, のでありましょう, のでしょう, もんかね, んだらう

▼ 誰~ (150, 0.3%)

4 もこの 2 かよく, にもその, に對, も知る, も経験

1 [136件] か, かお, かおのれ, かかく, かこっち, かしらん, かにお, かによき, かに似, かに序文, かに新しく, かに訴, かの半身, かの娘, かの懷, からな, か手, がいた, が不正, が判官, が気づいた, が胡語, が誰, ぞ大谷刑部, ぞ朦朧式, だその, だつて足踏, であって, であるか, であるかを, ですか, でも之, でも好い, でも忘春, でも支那, でも真, でも諸, といえ, とし, として此島地, ともつき, とも会はず, とも口, とも応酬, と言う, と雖ども, なの, なりやを, なるかは, にしろ, にてもあれ, にても当局, にでも眞, にもあれ, にもなく, にも修得, にも嘱望, にも増し, にも大事, にも天才的, にも愛された, にも明かした, にも知らさず, にも知られず, にも知られずおこなわれ, にも見出し得ぬ, にも起る, にも頼まれました, にやありけん, によつて, に向っ, に妨げられる, に対して感じた, に従い, に来た, に聴い, に行く, に限らず, のおくび, の信仰, の優しき, の前, の妻, の子, の意志, の所業, の手, の指, の発案, の目, の胸, の説, の調法, の跫音, も, もいない, もがよく, もこれ, もその, もついに, もみな芸術家, も一, も傍, も僕, も先づ想, も口ずさむ, も名, も命, も士, も彼等, も思いよらなかった, も思う, も思わなかったでしょう, も探偵小説, も支那, も疑, も登る, も知りたら, も知る如く, も考え得るであろう, も聴きたい, も藤十郎, も讀む, も迎え, も銘じ, よりも勝っ, よりも秀, より聽, をもこの, をも包摂, をも圧迫, をも驚かした, を伝, を遣, 与脱, 憎しとか

▼ 誰である~ (139, 0.3%)

188 かということ 4 かを知っ, もので 3 かそれ, か何 2 かわからぬ, かを今, か分らなかった, か知らない, ものでしょう

1 [89件] かがわからなかった, かがわからなかつた, かが分からない, かが私, かが竜, かご存じない, かそち, かたずねた, かちよつと, かといいます, かという事, かと云, かと云う, かと問え, かと訊ねた, かどんな, かはお, かはともかく, かはもとより, かはわかりません, かは云わず, かは分らなかった, かは分らなかつた, かは彼, かは直に, かまだ, かもとより, かも御存じ, かも解らない, かやっと, かよく, かをおぼろげ, かをしきりに, かをすぐ, かをまだ, かをよく, かを半, かを君自身, かを定めます, かを悟つた, かを打明けろ, かを検, かを父, かを物語っ, かを発見, かを知った, かを知つて靴, かを知らなかった, かを知り, かを知りたく思うであろう, かを空想, かを突き止めました, かを考え, かを聞いた, かを聞きたい, かを聞きだそう, かを聞きわけ, かを見極める, か一つ, か今, か分らず, か判った, か判らない, か判明, か大抵, か彼, か御存じ, か恋人, か探し, か更に, か東条, か理解, か疑念, か直ぐ, か知っ, か見当, か見極めよう, か里見さん, か長男, というその, という事, とも示す, とも記してない, にし, にしまし, にしろ, に関ら, のか, ものか

▼ 誰でもが~ (127, 0.3%)

3 自分の 2 するよう, 云ふ, 作り得たの, 持って, 描いた絵, 気持よく

1 [112件] あらわす昂奮, かう望むだらう, この三つ, この同じ必至, この町, この讃, こんな考, さういふ, しっかりもの, しなければ, すぐに, すぐ思い出す, すること, する通り, そういう活眼, その一つ二つ, どうしても憶えきれない, なるやう, なれる心境, ぶつかって, もちそう, もって, アルピニストに, キリストの, ハンド, 一つ宛持つ, 一様に, 一般的に, 丁髷を, 予想し, 予言出来, 云はれ, 交す様, 交際わ, 何かの, 何とはなし, 入道と, 共通に, 其処に, 初夏六月の, 卓越した, 単独で, 印を, 口に, 各自持つてる, 同じ質問, 唯もう無, 喜ぶやう, 嘗めた恐怖, 多かれ少なかれ感じ, 天才に, 嫌程, 容易に, 富豪の, 少し心, 平等に, 彼らの, 心の, 想像し得られる, 感じる老, 手を, 持ち合わせて, 持合はせ, 挨拶だけは, 捕へ, 捨てて, 描き得た絵, 携わったもの, 昨今の, 未だに自分, 極って, 此矛盾を, 殆ど宿命的に, 気がついて, 気づいて, 気にも, 気まぐれに, 熟く, 特別賑やかに, 生れた時, 病的に, 知ったらそれ, 知って, 知つてゐ, 知つてゐる, 知らない, 私に, 私の, 経験する, 緊張し, 美校出身だ, 聞くだらう啄木, 背負うもの, 自由に, 行って, 覚えにくがる栄蔵, 覚える画, 言ったこと, 言ふ, 認めて, 誰でもの, 誰とでも, 踏むべき大通り, 迂闊に, 近寄れなかつた, 遊ばすこと, 遺恨の, 醜悪や, 革命家に, 頑張らなければ, 高田の, 鼻の

▼ 誰にとも~ (125, 0.3%)

12 なく 8 なしに 7 なく云った 4 なくそう 3 なくこう, なく云, なく呟いた 2 つかない怒り, なくお辞儀, なくこんな, なくまた, なく恥しい思ひ, なく投げつけ, なく訊きました, なく訊ねた, 分らないの

1 [67件] つかず, つかず云って, つかず拗ねたよう, ない暗い憤り, なくいいました, なくいっ, なくいった, なくいふ, なくいや, なくうやうやしく祈る, なくお, なくさようなら, なくその, なくひとりごと, なくふと, なくぼんやり, なく一言, なく両手, なく云う, なく余りいつも, なく出鱈目, なく口, なく叫び, なく呼びかけ話しかけ, なく命じた, なく命じる, なく命令, なく咳払い, なく喰つて, なく四辺, なく声, なく大, なく大きな, なく大声, なく女, なく尋ねかけた, なく彼, なく恥ずかしい思い, なく手, なく正, なく焼き焦げる, なく相談, なく確かめたう, なく祈りたい気持, なく私, なく聞い, なく聞いた, なく腹, なく藤吉, なく言いかける, なく言っ, なく言った, なく言ったらしい, なく言葉, なく訊ねました, なく討ち果たされ, なく訴, なく詫び度, なく話しかけ, なく路易, なく闇, なく頭, 無き忿懣, 無き言い, 無くお, 無く呟い, 知れない恥かしいわく

▼ 誰やらが~ (123, 0.3%)

3 叫んだ 2 いう, かう云, この猿, 初めて此市, 呟いた事, 小声で, 後から, 聲を, 言ふ, 言出した

1 [100件] いきなり飛び込ん, いひましたすると, いふと, うまいこと, かついで, この退っ, こぼして, こんなこと, こんな事, さう叫んだや, それに, それは, つけて, とっさの, どこからか, ひざまずいて, ふいに, よい歌, よく言う, わざと落馬, セイフだ, トン, ランプを, 一本参った, 下の, 不平そうに, 中音で, 二葉亭を, 二階の, 云う, 云ったばかり, 云った様, 云ッた, 仰っしゃっておいでたではございませんか, 何とか云いました, 來て, 先を, 入って, 前から, 口調を, 叫んで, 合槌を, 告げる, 呼ぶと, 咳払ひ, 問うた, 嘆息する, 声を, 大きい聲, 大分経っ, 女の, 川柳すら, 左の, 心細い声, 怒鳴ると, 思はず驚き, 悲鳴を, 愚痴ッて, 慌てて, 持ったとかいう, 教えた, 斯う, 早くも, 来て, 植幸の, 樺太の, 欠びを, 次の間の, 歌つた, 歩いて, 混ぜッ, 演説を, 申すの, 真面目さうに云ひ出した, 私の, 立ち聽, 竹の, 答えた, 答へ, 答へて, 素食論の, 絶えず仏壇, 自分の, 英国の, 茶碗を, 蕉門の, 衝立の, 袖を, 覗いて, 言い出したの, 言って, 訊いた, 足を, 近い所, 近付いて, 非難の, 頓狂な, 頓狂に, 飛んで, 麦稈帽を

▼ 誰だろう~ (100, 0.2%)

204 と思い, ね 3 と思っ 2 という, ということ, と考え, な

1 [61件] あの女性, いったいこの, かしら, かといった期待, かとお互い同士疑い, かと思った, かと検事, かと物色, かと考えた, かなあと想像, か武蔵, がお, が容赦, が平気, きっとほか, くらいな, ここで, ここに, この作り人, この音曲師, こんどの, といった時, とそっち, とよくよく, と不安そう, と云う, と吉良, と声, と大変心配, と好奇心, と待っ, と思いました, と思った, と暫し, と構わず, と水, と王, と耳, と見る, と議論, と首, どうかし, どんな人たち, などとそんな, ッて, 人の, 今時分何し, 今頃, 今頃あの, 向うの, 圓太っ, 此方へ, 目, 自分の, 自殺だろう, 誰が, 誰だ, 誰だろう, 警, 賛の, 道庵先生か

▼ 誰だった~ (94, 0.2%)

105 のだろう 4 かしら, のでしょう 3 かね, か覚え, んだ 2 かな, かな云っ, かの話, かはっきり, かナ, か知ら, っけ, と思う, の

1 [44件] かおれ, かが, かささやい, かしらと考え続けた, かそこ, かということ, かと思い, かなあ, かなあをぼんやり, かなと思う, かに気がつく, かねと聞い, かね見忘れ, かのう, かはちょっと, かもわからなかった, かやっぱり, かを思い出した, か一寸, か丸く, か今, か今朝, か何, か分った, か判っ, か判りません, か大人, か天文学, か忘れた, か思い出せ, か日本山岳会, か早く, か知っ, か知らない, か知らん, か解ろう, か討たせ, っけね, と思っ, のか, のかしらん, のじゃ, のでございましょう, んです

▼ 誰れで~ (90, 0.2%)

5 もない, も知っ 4 あつた, もよく 3 も自分 2 もその, も先生

1 [65件] もあんな, もい, もいい, もうるさい, もおし, もかかる, もぐづ, もこれ位リアリスチック, もそう, もそこ, もそんなに, もびつくり, もほんの, もやるべき, もゴ, も一定, も一度, も一応, も上つて, も中, も五月蠅, も便所, も出, も出来る, も利用, も又, も合点, も同じ, も外米, も大根さん, も好い, も字, も少く, も少し, も思いつく, も思ふ, も想像, も我が, も手, も敵味方, も斬りきざむ, も木版, も構ふか, も止めりゃ, も気がつく, も渠, も熱く, も男子, も癖, も登らう, も盗み, も直ぐ, も直ちに, も眼, も知つて, も知らぬ, も結婚, も自信, も苦しむさう, も見る, も蹈ん, も通告, も閉口, も雲, も顔見知り

▼ 誰にだって~ (86, 0.2%)

2 あるの, 出来ます, 出来る, 分るもの, 接吻させる

1 [76件] あなたの, あります, あり勝ち, あること, いうもん, いくらでもあやまる, いけない性分, ここんところ, こたえるもの, こんなこと, させるだ誰, じき覚えられる, そういうふう, そうならね, その無茶苦茶ぶり, できそう, できないだろう, どんなこと, はっきりとは, びくびくする, ほこれるもの, まっ赤, むずかしいこと, もう分っ, やり損, わからない, わからんさ, わかるはず, ナイショ話は, 一人しきゃないことはきまってるじゃないの, 一度ある, 一度は, 使える機械, 出来そう, 出来たもの, 出来まさあ, 出来ますからね, 出来るぜ, 出来るはず, 出来るん, 出来心って, 分からなかろう, 分けて, 分って, 分らないでしょうけれど, 分りそう, 分りは, 分りやしません, 向けられるもん, 呼び返すこと, 在るの, 売るよ, 売れないさ, 大体の, 妙な, 妨げに, 富麿なんて, 心配ごとが, 怕いものは, 想像は, 意味の, 愛されるに, 書けるじゃ, 気がつきますよ, 泣き顔などは, 理解出来る, 盗むこと, 秘密は, 自分が, 要求すれ, 讓って, 負けるもの, 負けるもん, 野心だの, 音の, 馴れますわ

▼ 誰より~ (85, 0.2%)

16 先に 3 真っ先に 2 先き

1 [64件] おくれて, お秀, この老人, この自由, さきに, さよう, ずっと後, それを, ちかしい友人たち, どうだ, なついて, なりとも, まっ先に貴様, よいそして, ようご存じじゃろ, よろこんだの, ツライのである, マセた, 一番し続け, 一番ふかい, 一番信吾さんに, 一番信吾様に, 仲介役の, 僕ら自身気が, 出でしやは, 反対し, 大切な阿, 娘たちに, 強く覚えた, 彼よりも, 怖れ, 怯えた臆病者, 愛読し, 懐しく聡明, 敏感だった, 日本に, 早くこれ, 早くまた, 早く出し, 早く来, 早く私, 深く彼女, 深く理解, 無愛想で, 煙たがるくせ, 父の, 真っ青に, 真先き, 真実に, 眼光鋭く, 知って, 知ってるはず, 確か, 美しくし, 聞きいかなる, 自分を, 血相変えた, 誰の, 退屈しきつ, 鋭く響きわたっ, 長命した, 頼もしい方, 驚いたの, 高い

▼ 誰かは~ (80, 0.2%)

5 いって 4 これを 2 いはむ末, そを, 之を, 前に, 彼の, 色彩に, 花を, 見えない手

1 [55件] あはれなり, いつて, きっとこれ, きっと私, こ, ここに, このほとり, これに, その垢, たしかに僕, どこか, はっきりと, ひつた, ひやかすかも, もとの, 一度やっ, 三人いる, 上甲板に, 乞食の, 分りませんが, 切られて, 善くも, 壮なり, 外に, 大なる, 存在しない, 寝衣, 心伏せざる, 思ひ誰, 恋ひざらん, 想ふべき, 感づいて, 懼然として, 斷ずべき, 更に次, 植えん, 植ゑん一つ松, 欠乏に, 知らずお, 知らず知己, 知らないが, 知らぬが, 知らねサラア, 知らん, 知らん郭公, 知りて, 考えついて, 脱なく, 腸断え, 要すべき大内, 解かむ, 訪はん楢の, 越えん逢坂, 通ったもの, 間もなく捕えられるであろう

▼ 誰とでも~ (78, 0.2%)

4 すぐ友達 2 喧嘩を, 結婚し, 話が

1 [68件] あたり前に, いい, いい道連れ, いらっしゃい, お附き合いなさる, この術, じゃれて, すぐお, すぐに, すぐ仲よし, すぐ心, すぐ懇意, そうであった, できるやう, ほほえみ交して, よい結婚, ゐたかつた, 一しよ, 一緒に, 不即不離の, 交際した, 仲が, 仲ようしたい, 仲よしである, 仲良く出来る, 会いたがった, 会うだろう, 口の, 口論を, 喜んで, 喧嘩が, 夫とでも, 如才なく, 妥協し得る, 宜しい相手, 容易く懇意, 寝たの, 寝よう, 寝るため, 対等に, 工合よく, 御交際, 快よく, 快活に, 戦いを, 手を, 杯を, 枕は, 構は, 死にたがって, 洒, 物を, 直ぐ懇意, 直ぐ肝胆, 相応に, 相應, 競争せよ, 腹蔵なく, 融和できる, 衝突した, 親しくその, 親友だ, 親密に, 調和し, 調子の, 踊れるだけ, 酒と, 隔てなく交際

▼ 誰であろう~ (73, 0.2%)

213 とそれ, とそんな 2 と, とここ, と妾

1 [40件] かこちら, かとお迎え, かと思わずぞっと, かと東儀与力, かなどと問うた, かぶえんり, がぶつかっ, とあやまる, とお気, とかまわない, とかもう, とこの, とその, とそば, とたいがい, とたとえ, とどうも, とほとんど, とまぬがれ, ともいささか, ともう, とも火の粉, とも無, と何, と何もの, と先, と助けつかわす, と危険, と大義, と容赦, と店台, と思っ, と恩人, と私, と駕, な, な牧氏, 今向こう, 多分薬鑵, 昨夜此の

▼ 誰知らぬ~ (73, 0.2%)

27 者も 11 ものも 4 ものなき 3 人も, 者は, 間に 2 ものない, ものは, 墓うら, 者ない, 者の

1 [12件] うちに, と思いの外, ふかき恐怖, ものとて, ものなし, ものの, 人と, 場所とは, 深萱むらに, 物の, 者が, 者とては

▼ 誰それ~ (72, 0.2%)

32 がその, の小説, は油絵

1 [63件] からの紹介, があり, がき, がそんな, がつとめる, がヒツトラア総統, が何, が出現, が変, が持っ, が斯, が来るなら出掛け, が見えたら, が転勤, だという, っていう場合, っていう独立, であるという, であろうと, というよう, といふ人, といふ個人, といわれる, とくっついた, とし, とすぐ, とは日頃仲, とは言えない, と人, と寝た, と疑う, と絶交, にお辞儀, にといっ, にとり, に焼かせた, に逢いたい, のもの, の一座, の展覧会, の息子, の愛, の愛情問題, の持場, の施行記, の稲, の門下, の顔, の館, はこう, はそこ, はというふう, はとその, はどう, はチベット, は今度勲三等, は夫婦合意, は近頃, へは何, もあんな, をそんなに, を特別, を迎え

▼ 誰なる~ (68, 0.2%)

2 かは遂に, かを, かを問う, か逢, らん, をみん, を知ら, を知らない, を知る

1 [50件] かについて大分, かはわたくし, かは久しく, かは未だ, かは未詳, かは知るべく, かは記し, かを偵知, かを問わず, かを弁ずる, かを検, かを検せよう, かを知っ, かを知らず, かを知らなかつた, かを知りたる, かを知り給う, かを究め, かを討, と其生誕, や, やまた, やを告ぐるを, やを問へ, やを問へる, やを恩ひ, やを憶出せるなり, やを我に, やを我等に, やを知らず, や如何, や彼, や微, や此罪人, をここ, をさだか, をしり, をも何, をも知らず, を告ぐる, を問, を思ひ, を思出さん, を推窮, を汝等, を知らなかつた, を知らん, を詳, 人, 意義を

▼ 誰からとも~ (65, 0.1%)

7 なく 2 なく叫び, なく洩れ, なしに

1 [52件] ない鬨の声, なくあたし, なくくすくす, なくこういう, なくすぐ, なくすすり泣き, なくつたわっ, なくまた, なくパツ, なく一度, なく一時, なく云, なく云い伝えられ, なく云い出された, なく伝わると, なく使, なく出た, なく口, なく口々, なく君, なく唄い出す, なく噂, なく夜露, なく客, なく家, なく届けられた, なく幾の, なく弓, なく彼等, なく復興, なく念仏, なく思い切った, なく昨年, なく暇, なく本能寺, なく橋, なく沙汰, なく清盛, なく皆, なく私, なく笑い出した, なく算, なく聞き込ん, なく西鶴, なく見出されました, なく起っ, なく露八, なく頭, なく騒ぎ立っ, なく鼾, 分らず斬り殺されたものの, 認めてなかった

▼ 誰をも~ (63, 0.1%)

2 愛して, 憚らない, 訪ねて

1 [57件] あとに, うらまなかった, うらむ資格, この家, そこには, たのまぬ, パアソナリティには, 下に, 不愉快に, 仕事場へ, 信じないこと, 傷つけずに, 可哀, 同じよう, 喜ばさないご, 塔の, 好かないことに, 好かなかった, 好き誰にでも, 妬むには, 害うまい, 寄せつけなかった, 弁護する, 怒らさざる人, 怨まず誰, 恐れないという, 恨みよう, 恨むこと, 恨む事, 愛さずそれ, 愛しない誰, 愛すること, 感動させる, 憎まない, 憚る, 打つこと, 檀那と, 求めたくは, 泣かせぬうち, 満足させる, 滿足させる, 理解し得ない, 異存なく, 疑うわけ, 疑わず唯, 疑わせた, 発見する, 皆仇敵, 納屋へ, 襲は, 見て, 見ようとは, 訪ねなかつたもの, 近づけずに, 近づけないほど, 近づけませんでしたの, 醉は

▼ 誰~ (55, 0.1%)

4 という女

1 [51件] からの品, がどうも少し, が売れっ, が寮, が引いたら, というん, とは奥, とやらの骸, とやらはゆめ, とを脅迫, と京橋花園小路糸屋六兵衛, に代る, に可愛がられる, に案内, に袖, に通いつめた, に頼まれ, のお, のそば, の云う, の仕業, の声, の家, の急所, の折檻, の抱え主, の文使い, の番, の花魁, の行状, はお, はおととし, はその, はそれ, はどうして, は主人, は入谷, は当時川長, は所詮, は永太郎, は病気, もか, もこれ, も行方, よく聞け, を寮, を手, を手生け, を殺す, を見, を請出し

▼ 誰れだ~ (52, 0.1%)

5 誰れだ 4 そこに, と思ふ 3 えもう, と大きく, と指, 誰れで 2 おいお這入, つてさう, つて大人に, と思う, 龍華寺か

1 [17件] かは察しられた, か分らない, か明日, か知らない, そこへ, つていい, つてたまりやしねえ, つて渡る, つて生を, つて知り, と云, と云っ, と思, と思うたら, な俺, ッた, 汝ゃ

▼ 誰であった~ (51, 0.1%)

133 か記憶 2 かその, かは分らない

1 [31件] かあの, かが疑問, かそんな, かと訊い, かどうしても, かに気がついた, かは自然, かは遺憾, かまた, かも今, かをここ, かを思い出そう, か一人, か不意, か今, か何, か何もかも, か元, か名, か名前, か彼, か忘れ, か思い出せなかった, か未だ, か西洋, か覚え, か警官, か越野氏, か隣, にし, やら判然

▼ 誰に対しても~ (51, 0.1%)

2 一様に, 打ち解けて, 自己を, 親切な

1 [43件] あのよう, あまり話しかけなかった, お愛想一つ, すまない, そうであった, そうであったろう, そうな, どうか, やって, インギンで, 不正な, 何に対しても, 使ったこと, 使つた, 公平でありたい, 再びあの, 厳格であった, 厳秘を, 友情を, 同じでした, 同様であった, 城府を, 強いて気に入られよう, 御寛容, 心から如才, 愛嬌を, 愛想が, 憎しみ丈を, 気がねが, 無遠慮な, 相手を, 礼を, 私, 絶対に, 自分が, 自分に対しても, 見せる信長, 親切で, 語るの, 近頃は, 遂にそうなる, 遠慮なしに, 降参した

▼ 誰~ (51, 0.1%)

2 何を, 何科へ, 誰を

1 [45件] うゐ, ええ彼, ここ誰は, この蛙, これと, さうでないといふ, そこという, つい先刻, どうし, どうした, どうなっ, どこに, どこ彼は, どの夫, どんな癖, なんぜんつて吹聴, なんぜん誰, なんと言っ, サラダに, サンドウィッチを, スープと, ゼリーの, 何歳と, 何百貫賣つたさうだ, 初めに, 吉田白河方面へ, 差置ても, 年に, 幾日に, 幾歳誰は, 彼はと, 文學者な, 死ぬる前, 河豚を, 無能な, 生きる資格, 結婚し, 舞台に, 誰の, 誰よりも, 資格が, 迷子の, 風邪気味かれ, 鮮しい, 鳥羽七条方面に

▼ 誰やらの~ (50, 0.1%)

1 [50件] ポケットから, 下屋敷に, 作った明治小説史, 別荘を, 半折物, 口から, 句だ, 句にも, 句も, 呼ぶ声, 啜り泣く声, 墓の, 声, 大喝が, 寐台に, 寐臺に, 小説に, 帽子が, 悪口を, 惡口を, 手が, 抒情詩では, 提案を, 書いた本, 書いた額, 本に, 歌を, 減らず口を, 演説が, 狂歌に, 猛りたつた声, 申しました, 異見を, 空き屋敷を, 聲が, 聲に, 脚本を, 膝に, 著書に, 言ひ, 言草では, 言葉も, 詩で, 詩集を, 話を, 返事に, 連歌にも, 邸で, 鼾声が, 齒が

▼ 誰あっ~ (47, 0.1%)

2 てこの, て彼, て気, て知る, て耳

1 [37件] て, てこれ, てこんな, てこんなに, てそこ, てそれ, ても助ける, て一緒, て主, て二人, て先, て刀, て咎むる人, て墓参り, て声, て外界, て小次郎, て当る, て御殿, て怪しむ, て感づいた, て末席, て来り救おう, て来る, て生命, て異議, て登った, て知ろう, て米友, て育てる, て行こう, て趙雲, て進み出でよう, て進ん, て障子, て鞘当, て驚倒

▼ 誰じゃ~ (46, 0.1%)

64 そこに 3 どなたでござる 2 そこで水, な

1 [29件] あの叫び, あの喚き, いお, いったい, いッ, おのれ強盗か, この方, こんどは, そこを, それへ, そ奴, ろか, わが女, ッ, ッたれ, ナ, 一体, 何し, 何しとる, 其女は, 其奴は, 名告, 庭面で, 笑ったの, 西の, 言って, 誰じゃ, 誰を, 貴様は

▼ 誰~ (46, 0.1%)

2 の議論, 公が

1 [42件] から取上げ, がお前, が何, が彼女, が日本内地, だと, だね, です, と, という指名, と一座, と人, と仲違い, と判り, と名, と名前, と時, に対する偽証被疑事件, に花, に靠, のし, のメカケ, の世話, の作, の作る, の夢枕, の家, の弟子, の書, の末孫, の繪師, は, はかく, は偉い, は女, は屁玉, は恩人, は法王殿下, は誰某, もまた, も診, 宅にて

▼ 誰かしら~ (45, 0.1%)

4 自分を

1 [41件] あげられる, いるという, から病毒, がハンドバッグ, そういう資格, それを, つかまえて, ないけれども, に此, に負ける, まし, むやみに, んと, テーブルで, 人殺しが, 今ある如く置いた, 俺の, 僕の, 入つて, 友人の, 召使いの, 吹き鳴らす昼, 声を, 外部の, 好きで堪らない, 子供や, 待つてたや, 斯う, 木戸を, 理性の, 男の, 番を, 絶えず跳ね廻っ, 自分の, 血潮を, 見知らぬ人影, 賭に, 酔ひに, 障子の, 顔を, 飲口を

▼ 誰いう~ (44, 0.1%)

40 となく 3 ともなく 1 となくいい

▼ 誰かれ~ (42, 0.1%)

5 の差別

1 [37件] から好かれる, がこの, がその, がそろそろ, が一様, が不審, が大概洋傘, が小銭, となく, とみんな知合い, と似, と呵々, と立合, につく, にもこんな, にもとうてい, にわかっ, に当, のうち, の区別, の名前, の屍体, の成績, の様子, の画, の見境, の見境いも, の話, は一体どう, も集まっ, をあの世, をお寺さん, を引合, を愛した, を憎む, を憚ら, を眺め

▼ 誰あろう~ (37, 0.1%)

1 [37件] いま都下第, おまえの, かくいう, がこの, この前, この吾輩, この小さい, この清澄, この駒井, つい先頃皮肉, ともに餓え, ほかでも, われ等が, ウラル丸で, ライカの, 一名四谷とんびという, 他ならぬ, 兵馬の, 十五郎な, 右大将頼朝の, 宇治山田の, 当代の, 当時の, 彼の, 思案外史であった, 恋仇南部集五郎であった, 時の, 机博士貴様の, 毎週水曜と, 水潜りにかけては, 活動の, 聚楽第における, 藤原家の, 虎御前こと丘田お, 覆面の, 足利の, 通油町の

▼ 誰しもが~ (37, 0.1%)

2 温められかき擁, 經驗し

1 [33件] いうよう, こんな時, さうで, そういう考, その労賃, その時, なんらかの理由, 先入主的に, 前々より, 各々如何, 国の, 堪へ忍ばねば, 多かれ少かれ有し, 多少とも, 当時そういう, 当然かくあるべき, 愼しんで, 掴まんと, 斃れる, 本能的に, 格闘の, 申し合わせた如くまず, 知りたいところ, 祈りたいところ, 経験する, 耳に, 自然と, 言う処, 説いて, 選ぶたった, 避け難い, 願うところ, 黄白には

▼ 誰とて~ (36, 0.1%)

2 無事を, 耳に, 自分の

1 [30件] これを, こんな瘋癲者, それに, それについて, ひそかな, 人は, 何事も, 信じて, 分らないが, 口を, 咎めるもの, 弁信の, 思い寄る筈, 意外とする, 感嘆しない, 斬るん, 気づき得るはず, 気を, 泣かざるを, 火事場へ, 異論も, 知って, 笑う者, 蛇の, 袂別を, 變らぬ, 這麼瘋癲者の, 遊んで, 駒井を, 驚かざるは

▼ 誰もの~ (36, 0.1%)

2 友達とは, 口に, 生活に, 頭に, 顔が

1 [26件] ぜひ知りたい, つてゐない, 信じて, 利益では, 常識であろう, 役に, 心が, 心に, 心理と, 態度や, 旅の, 日常に, 注目の, 理想の, 目に, 眼が, 眼に, 考えが, 胸を, 胸中を, 苦患は, 話題に, 通念に, 顏を, 顔つき, 魂の

▼ 誰でしょう~ (33, 0.1%)

153 親分 2

1 [13件] あっしには, かどうも, かな, かねえ, それが, わたしの, ハーモニカの, 一体私を, 中房, 御老女様, 用が, 親分さん, 誰かが

▼ 誰からか~ (32, 0.1%)

3 聞いて

1 [29件] かつた, からかわれでも, きまりものの, つけねらわれてること, はっきり判断, もらって, コンナ話を, 借りて, 外国土産に, 帝範臣軌の, 引っ張られてる, 後を, 恨みを, 悪知恵を, 手紙が, 教は, 暇を, 無理に, 病気と, 知らせて, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いたよう, 聞かされたこと, 聴いて, 補助でも, 言われたの, 遺伝し, 金を

▼ 誰だつた~ (32, 0.1%)

54 かな 2 かお前, か忘れた

1 [19件] かさ, かそれ, かと気がつく, かなとこの, かなと考へ, かに, かを思ひだす, かを思ひ出せない, かを知, か名前, か嗅ぎわけ, か思ひ出せない, か気, か西洋人, か覺, か訣, か赤入道, か通詞, んだ

▼ 誰だい~ (31, 0.1%)

1 [31件] あの遅刻組, あんな人, いきなり戸, いじめて, いったいお前さん, いったい彼奴, お咲さん, お染さん, お母あん, お豊さん, こりゃあ, こんなところ, こんな悪戯, こんな目, さア此方, そこでピンピン, その凄い, その友だち, その名, その曲者, その男, その糸, その縛られた, その野郎, そんな悪い, そんな趣味, と云わぬ, ぶっぱなしたの, 今親方, 何だつて人, 笑うやつ

▼ 誰憚ら~ (31, 0.1%)

2 ず大声, ず笛, ず鳴らした事, ぬ高

1 [23件] ず, ずとぐろ, ずに, ずめしあがっても, ずわれわれ, ず出来ようと, ず声, ず大, ず嶺太郎, ず廉介, ず本職, ず牛, ず罵り合, ず装飾, ず見たい丈, ず話, ず遊弋, ず金蔵, ぬ搏, ぬ正気, ぬ狂態, ぬ聲, ぬ酒興中

▼ 誰なり~ (30, 0.1%)

8 しや 6 しやを 2 と好き

1 [14件] しかるべき筋, しやは, といふ, とせしか, ともかく, とももしか, とも好いた, とも妻, とも手助け, と誤れる, や告げよ, 呼び出して, 女手が, 家族中の

▼ 誰へとも~ (28, 0.1%)

3 なく言 2 なく斯, なく訊きました, 限らず源助

1 [19件] なく, なくかう, なくさう言, なくつよく首, なくぶつけた, なく云っ, なく云った, なく呟い, なく問, なく大声, なく差出し, なく平次, なく心, なく怒つ, なく藤吉郎, なく言いました, なく言った, なく訊ねました, なく辺り

▼ 誰~ (28, 0.1%)

2 ねん, のん, 彼が, 彼や

1 [20件] おたく, お前は, かやに, こんなもん, と思う, ねんあの, らん水を, ッ, 一所懸命に, 下駄履い, 倒れたはる, 倒れて, 彼いつか七八人に, 彼から, 思う丸官, 思って, 思てけ, 知らぬその, 知らん, 言うてもな

▼ 誰にとっても~ (27, 0.1%)

1 [27件] いい年, いくらか, いなくては, かけがえの, きっと便利, しのぎがたい, そうで, みんな自分の, 不快であった, 似たりよったりの, 何も, 切実な, 否定し得まい, 基本的人権の, 家庭が, 必要の, 明瞭で, 最重要, 望ましい事, 極めていい, 極めて理解, 男は, 終りまで, 経過する, 脅かしの, 解けぬ不審, 迷惑な

▼ 誰さん~ (26, 0.1%)

3 の誕生日 2 が私, と誰さん, は何

1 [17件] か意氣, がずぶ濡れ, だ, とあなた, といわせる, とは私, と呼び, にも愛敬, のお, の愛人, はいない, はちっとも, は二十, は金, もみんな, もゆく, も誰さん

▼ 誰という~ (24, 0.1%)

2 ことも, 見当も

1 [20件] お好み, ことなし, ことに, ことの, ことは, ことまでは, ことを, ハッキリした驚き, 人か, 人の, 人を, 名前は, 女を, 当ても, 当りなんぞは, 意識も, 明かな, 歴として, 特定の, 風に

▼ 誰にか~ (24, 0.1%)

2 あるらむとつくづくみまもりぬ, 見せむ, 誓でも

1 [18件] あらむ火点し, あらん, だまされて, やらう, 一言言い置い, 劣り候, 助けられて, 告げん, 棄てられけむ, 番を, 竢つ, 罵られたの, 言ひつけられ, 訴へ, 詫び入るその, 語らむ, 語らんと, 語るべきと

▼ 誰~ (23, 0.1%)

32 あるか, やと, や夜ぶり, や彼

1 [12件] ある, あれ水, かくて, か思ふ, その吾, や思はれ, や棊局, 巻け, 我が國, 早う, 早う来てた, 来てたもれ

▼ 誰だらう~ (23, 0.1%)

1 [23件] あゝ誰, かと思, かと考へ, がそんな, こんなすばらしい, といふ心当り, と云, と出会, と好意, と宿, と思, と考へ, と言つた顏, な, 今日の, 何処かで, 八, 和尚か, 斯んな, 母親の, 細工事などの, 蓄膿症奴が, 親分は

▼ 誰へも~ (22, 0.0%)

2 一樣に

1 [20件] いうて, こうも, その大きな手, ない, まずこうである, やかましくなり, 丁寧で, 傲倨に, 同様に, 向けよう, 平等であっ, 平等に, 彼へも, 彼れ, 憚る, 正月だけは, 正直に, 洩らしたこと, 言って, 顔向けが

▼ 誰やらに~ (22, 0.0%)

7 似て

1 [15件] そしてどこ, なぶられたな, 似た横顏, 呼びとめられた, 山田と, 引きさらわれて, 得し, 抱かれて, 縄を, 繩を, 蒔き掛けた, 藤枝税務署長の, 言わしたら拳固, 追われて, 顔を

▼ 誰~ (21, 0.0%)

6 る者 5 るもの 2 からず, ること, るところ, るとも 1 るお, ると

▼ 誰言う~ (21, 0.0%)

18 となく 2 ともなく 1 となし

▼ 誰だつ~ (20, 0.0%)

2 てそう, てそれ, て愛さない, て皆

1 [12件] たかね, たかの, てあなた, ておいそれとすぐ, ておこつ, てお前親, てそこ, てそんなに, てまさか, てわたし, て何, て左様

▼ 誰とが~ (20, 0.0%)

2 わかれなければ, 一緒に, 入って

1 [14件] それに, とつた, もっとも曹操, やられたか, ゐました, 一体批評の, 仲が, 何を, 危険と, 喧嘩した, 家に, 幅を, 結托し, 行くと

▼ 誰とは~ (20, 0.0%)

1 [20件] いまは, つきり, なく侍女たち, なく和田喜兵衛, なく敗戦, なく武蔵, なく睨みつけて, なく花, なく院, なしに, なす時, もとより定め, 何さ, 女高師を, 尋ねずも, 当りが, 心が, 必ず二日, 残るよう, 言えないが

▼ 誰一人それ~ (20, 0.0%)

2 に応じ

1 [18件] について噂, に対して異存, に気づいた, はその, は飲まなかった, をそう, をとめる, を信ずる, を取出さう, を怪しむ, を望まない, を消し止めよう, を疑おう, を聞い, を見た, を追おう, を非難, を顧み

▼ 誰云う~ (20, 0.0%)

18 となく 2 ともなく

▼ 誰かという~ (19, 0.0%)

4 ことは, ことを 2 ことも 1 ことが, ことに, ことについて, ことをさ, のが, のは, 問題が, 問題と, 疑問である

▼ 誰~ (18, 0.0%)

2 向けて

1 [16件] いうとも, じゃ, だ, どんな禍い, ふいて, 呉れても, 声を, 婿が, 差入れたいん, 意中を, 挨拶する, 気がねも, 沙汰を, 縮緬五巻晒し五反代, 言ふと, 遠慮も

▼ 誰からでも~ (17, 0.0%)

2 いい

1 [15件] い, いいから, きける話, ちょっとでも, 世間見ず, 云われる人, 愛されたいまた, 愛されるよう, 愛される不思議, 手数料を, 構は, 構わん余計, 直ぐに, 眼に, 金は

▼ 誰ぞに~ (17, 0.0%)

2 貸さんかい

1 [15件] おもかげ, お売り, わるさ, 似てても, 何とかいはれた, 切られたっと, 半分助け, 崇拝ささんと, 申しつけ馬, 相談しときましょう, 見つかりは, 見て, 見られたらいかん, 話して, 調べて

▼ 誰かから~ (16, 0.0%)

2 突落され, 自分の

1 [12件] このよう, そういう説明, 吉野の, 朝貌を, 紹介され, 聞いた, 聞いたかも, 聞いただらう, 聞いたっけ, 聞いて, 貰った, 高利貸から

▼ 誰からの~ (16, 0.0%)

1 [16件] お望み, 乞いであろう, 使いか, 償いも, 切抜だ, 差入れでございましょう, 怖い手紙, 愛情も, 手紙, 手紙とも, 投げ入れ文, 挑戦, 端書で, 紹介も, 紹介状です, 音沙汰も

▼ 誰ぞや~ (16, 0.0%)

2 仰ぐは

1 [14件] こぬかの, この深, 一人だに, 他なし, 内行を, 半山の, 吾人豈, 指して, 智きわが, 汝を, 汝等の, 遥け, 野風呂の, 麓にけは

▼ 誰によって~ (16, 0.0%)

1 [16件] いかにし, この地方, この毛織布, これが, それが, ともなく, どういう問題, どこへ, やり来ったかと, 何の, 創成せられた, 描かれたか, 支払わるべきである, 有たれる, 知られたの, 称え出された

▼ 誰をか~ (16, 0.0%)

2 向けん

1 [14件] 出さねば, 呼びつらん, 待って, 怨み何, 恨まん, 恨まんや, 教へん, 斬ったもの, 欺かん, 相手に, 責むることかある, 頼み申すべきと, 首将と, 鬼神と

▼ 誰しもの~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことだ, 人情でしょう, 實際で, 實際である, 常識だ, 心に, 抱くべき思念, 本能からの, 知る所, 胸にも, 胸の, 胸を, 胸裡に, 額や, 驚くこと

▼ 誰~ (15, 0.0%)

81 やと心得る, やな, や不躾千萬, や何, や君, や媒酌, や水

▼ 誰なるや~ (15, 0.0%)

2 を告げよ

1 [13件] をしり, をしる, をその, をもしか, を告げじ, を告げん, を知らず, を知らん, を知り, を知る, を考え, を見ん, を説かず

▼ 誰袖華魁~ (15, 0.0%)

2 が馬喰町

1 [13件] が中屋, が仕込, が可哀想さ, が昨夜主人貫三郎, だ, だと, といふの, と來, なんかは豪勢, の内儀, の見物, も全く, より歳

▼ 誰かも~ (14, 0.0%)

4 解かむ 1 いったじゃ, そんなこと, つと非凡, わからずに, 一人の, 一人行く, 云うて, 云ったよう, 云って, 言ったよう

▼ 誰れかれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことに最も親しい, と率直, と自分, と言, と連れ立っ, にともなく, にみせました, の別, の差別, の悪口, の眼, へ挨拶, をひとり

▼ 誰方様~ (13, 0.0%)

31 かは存じません, でげす, でしょうか, ですか, にも優し, のお, のウ, の御, の所, やら存じませぬ

▼ 誰あらう~ (12, 0.0%)

1 [12件] もと國光社を, イリノイス州の, ベスレム製鋼会社の, 今尚, 今米国, 其が, 名高い植物学者クルト, 後には, 支那歴代の, 此日の出艦長こそ, 母一人です, 石原の

▼ 誰ぞと~ (12, 0.0%)

2 見れば 1 問うと, 問う声, 声かけ, 思う, 思うか, 思えば, 怪しむ迄も, 糺問せり, 見るに, 視れば

▼ 誰一人口~ (12, 0.0%)

5 を利く 3 をきく 1 にしない, にする, をき, を開く

▼ 誰~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一番好, が好か解りません, だらうと, だろう, だろうが, のお, のお嬢様, のお越し, の外, も又, や, 乗せた

▼ 誰でもの~ (11, 0.0%)

1 [11件] こと, 云つてゐる, 人の, 保証を, 友である, 口から, 巴里, 常識内で, 気持に, 生活だ, 要求を

▼ 誰であっ~ (10, 0.0%)

2 てもかまわぬ 1 ていつ, てどんな, てもあんな, てもいい, てもかまいません, てもその, ても一度, ても僕

▼ 誰とても~ (10, 0.0%)

2 それらの 1 このよごれた, それ等の, 不意に, 出来ません決して, 同じこと, 否み得ないところ, 彼らの, 知って

▼ 誰にと~ (10, 0.0%)

4 つても 1 つてだ, なく呟い, なく大声, 云う事, 言う事, 訊き返すまでも

▼ 誰~ (10, 0.0%)

1 いつも見知っ, が咎める, が頼む, だな, だよ, です, と五人, と彼, の事, を踊らし

▼ 誰って~ (9, 0.0%)

1 きまってま, つまりアブラ虫, 事は, 別にハッキリした, 彼女以外に, 怪しみは, 皆の, 誰の, 誰も

▼ 誰でした~ (9, 0.0%)

51 か成功, か私今, っけね, っけね書き手

▼ 誰との~ (9, 0.0%)

1 交際にも, 会話な, 喧嘩, 場合にも, 思い出な, 結合な, 逢いびき, 間に, 関係も

▼ 誰なら~ (9, 0.0%)

3 んと 2 むたまぎる声し 1 なくに, む, む小枝の, ん階子を

▼ 誰なりや~ (9, 0.0%)

2 我に 1 といはん, といふ, また汝等, 嘲りを, 我知らず, 我等汝の, 石橋の

▼ 誰にても~ (9, 0.0%)

2 あれ 1 あれこの, あれ我, ひとり離れ, 取扱ふ, 感動する, 理の, 苦心懸

▼ 誰一人これ~ (9, 0.0%)

2 を知っ 1 を, を助け, を安彦, を真面目, を知らなかったらしく, を破りうる, を餘所

▼ 誰からと~ (8, 0.0%)

1 なくまず, なく広間, なく校長先生, なく此咄, なく聞いた, なく薄々, 云う事, 思わっしゃるか

▼ 誰それさん~ (8, 0.0%)

3 ならミルクホール 1 にかて, にかて聞い, のところ, は少し, 御茶

▼ 誰といふ~ (8, 0.0%)

2 ことも 1 ことが, ことさへ, ことは, はつきりした, 事が, 特定の

▼ 誰とか~ (8, 0.0%)

1 なす, なすと, はんの, 云う意識, 今一本は, 思う, 為す, 無數

▼ 誰一人声~ (8, 0.0%)

2 をかける, を出す, を発する 1 をだす, を立てる

▼ 誰~ (8, 0.0%)

2 だろう 1 かな, か来い, がやりやがった, だ, だッ, にやられた

▼ 誰知る~ (8, 0.0%)

3 者も 1 はずも, ものも, よしも, 人が, 者は

▼ 誰知るまい~ (8, 0.0%)

2 と思い 1 とこっそり, と埋め, と思うだろう, と思つて, と思ひ, と思ふだらう

▼ 誰あれ~ (7, 0.0%)

1 が誰, もこんな, も可哀相, も意志, も来, も来やしなかったろう, も面倒

▼ 誰かいた~ (7, 0.0%)

1 か傍, ということ, と見え, のか, のかい, のかね, 方が

▼ 誰だいそれ~ (7, 0.0%)

61 を持出した

▼ 誰はばからず~ (7, 0.0%)

1 そのままの, それを, 悠々と, 本能の, 痴態を, 絶叫する, 身ぶるいを

▼ 誰への~ (7, 0.0%)

1 みやげか, 嫉妬やら, 気兼ねでも, 涙何が, 義理だ, 責任でしょう, 責任でも

▼ 誰やらと~ (7, 0.0%)

1 ここで, しきりに言い争っ, 一緒に, 札の, 試合を, 話を, 違って

▼ 誰~ (7, 0.0%)

6 ふとなく 1 ふとも

▼ 誰いふ~ (6, 0.0%)

5 となく 1 となし

▼ 誰かしらと~ (6, 0.0%)

2 思って 1 きっと似, 一緒に, 思いましたが, 結婚させない

▼ 誰かといふ~ (6, 0.0%)

1 ことに, ことは, ことも, ことを, 其他一切の, 見当が

▼ 誰かによって~ (6, 0.0%)

1 ちゃんと書かれ, 別れの, 撮られなかったという, 書かれるべきもの, 殊に文学者, 確実に

▼ 誰がって~ (6, 0.0%)

1 みんな来た, 伊東が, 数えきれたも, 親分呆けちゃ, 訳じゃ, 里春が

▼ 誰だったろう~ (6, 0.0%)

31 かそして, と考える, 何処だったろう

▼ 誰でございます~ (6, 0.0%)

31 え, の, 作名は

▼ 誰には~ (6, 0.0%)

1 ある, かかる醜行, 一つ誰には, 三つベルの, 何万石を, 赦されなくとも

▼ 誰もは~ (6, 0.0%)

1 かかないもの, ひらないらしく硫黄, 入れないやう, 弓と, 皆ほとんど, 私らの

▼ 誰やらん~ (6, 0.0%)

1 おうっ, 傍へ, 我より, 見知らぬ武士, 訪ふ, 逞ましき

▼ 誰れである~ (6, 0.0%)

1 かそれ, かと千代松, かを思ひ出した, かを直ぐ, かを知る, かを認め

▼ 誰一人彼~ (6, 0.0%)

1 に同情, に媚, の方, を可愛がる, を相手, を見

▼ 誰一人私~ (6, 0.0%)

1 に向っ, に失礼, のところ, の外, の所業, を見向い

▼ 誰~ (6, 0.0%)

1 ぞ様, ぞ様故, でしょう, と思ったろう, の御, 来るは

▼ 誰有っ~ (6, 0.0%)

4 て知る 1 て来る, て止める

▼ 誰~ (6, 0.0%)

5 ふとなく 1 ふと無く

▼ 誰かき~ (5, 0.0%)

3 さう 1 さうなもの, はしない

▼ 誰かしらの~ (5, 0.0%)

1 お弁当, みだらな, 例に, 身に, 面倒を

▼ 誰かれとなく~ (5, 0.0%)

2 すべての 1 それを, 一樣に, 煙草を

▼ 誰だいそいつ~ (5, 0.0%)

5

▼ 誰でもさ~ (5, 0.0%)

2 う思ふ 1 うすれ, うだつた, う考へ

▼ 誰でもを~ (5, 0.0%)

1 打つに, 捉えて, 捉へて, 支配し, 相手に

▼ 誰ならず~ (5, 0.0%)

2 我があゆむ, 日の 1 夜を

▼ 誰はばかる~ (5, 0.0%)

2 ところなく, 事なく 1 ものも

▼ 誰ひとり口~ (5, 0.0%)

1 にしなかつた, をきかない, をきく, を挟む, を開かなかつた

▼ 誰れな~ (5, 0.0%)

5

▼ 誰一人其~ (5, 0.0%)

5 を聞かせる

▼ 誰待つ~ (5, 0.0%)

2 と家 1 とし, 人は, 絽の

▼ 誰~ (4, 0.0%)

1 つて和議成立を, つて嫁婿の, つて抄寫し, つて面を

▼ 誰あり~ (4, 0.0%)

1 て, て之, て彼等め, て知らざる

▼ 誰かい~ (4, 0.0%)

1 ぢめた, はつ, ナア, 喃とお

▼ 誰かって~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことまで, そんなりに, 綺麗な

▼ 誰かれ見~ (4, 0.0%)

3 さかいなく 1 さか

▼ 誰じゃと~ (4, 0.0%)

1 お尋ねが, 咎めて, 思う, 思うか

▼ 誰その~ (4, 0.0%)

1 ひとだけに, また母, 中に, 中には

▼ 誰ぞの~ (4, 0.0%)

2 吩附で 1 とこの, 領所を

▼ 誰たる~ (4, 0.0%)

1 に係らず, に拘わらず, を審, を認めた

▼ 誰だい君~ (4, 0.0%)

31 に女

▼ 誰であれ~ (4, 0.0%)

1 同じよう, 味方が, 母は, 男から

▼ 誰とやらの~ (4, 0.0%)

1 手で, 書畫帖なぞ, 短册, 色紙これは

▼ 誰と共に~ (4, 0.0%)

1 不足を, 世も, 吾, 過すかといふ

▼ 誰なと~ (4, 0.0%)

1 代りに, 拾え, 聞いて, 見に

▼ 誰に対して~ (4, 0.0%)

1 ですか, もさういふ性質, 云ふと, 済まないこと

▼ 誰のせゐ~ (4, 0.0%)

1 でもあり, でもあるまい, でもない, にもならない

▼ 誰ひとり其~ (4, 0.0%)

4 を否む

▼ 誰ひとり手~ (4, 0.0%)

1 に取っ, をかけさせる, を出さう, を取っ

▼ 誰ひとり眼~ (4, 0.0%)

2 にもとめね 1 もくれよう, も呉れよう

▼ 誰へでも~ (4, 0.0%)

1 ない, ない腹, 応対する, 話しかけた

▼ 誰もを~ (4, 0.0%)

1 いうの, らず, りませんよ, 不安に

▼ 誰れなり~ (4, 0.0%)

2 とも一人 1 とも, と手

▼ 誰一人姿~ (4, 0.0%)

1 は見えない, は見せなかつた, をあらわしません, を見せず

▼ 誰一人気~ (4, 0.0%)

1 がつかなかつた, が付いた, のついた, を揉む

▼ 誰一人異議~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, をいふ, を唱, を申し上げる

▼ 誰一人自分~ (4, 0.0%)

1 に同情, に慰め, の感じる, の用事

▼ 誰先生~ (4, 0.0%)

1 と尊敬, に直接, は一銭五厘, は四銭

▼ 誰かこつち~ (3, 0.0%)

2 に来る 1 へやつ

▼ 誰かによ~ (3, 0.0%)

1 つていはれね, つて唱へ, つて知悉せられた

▼ 誰かね~ (3, 0.0%)

1 あの老人, その気, 一體

▼ 誰~ (3, 0.0%)

1 あれ, までげした, 羽織なんて

▼ 誰~ (3, 0.0%)

2 哀れと 1 の老女

▼ 誰そこ~ (3, 0.0%)

1 から覗く, にいる, の小

▼ 誰ぞという~ (3, 0.0%)

2 質問も 1 質問が

▼ 誰だいあれ~ (3, 0.0%)

1 は, や, を吹い

▼ 誰だいお前~ (3, 0.0%)

3

▼ 誰だい誰~ (3, 0.0%)

1 か来た, が來, にことわっ

▼ 誰だっ~ (3, 0.0%)

1 こらって, 汝は, 相手は

▼ 誰であったろう~ (3, 0.0%)

3

▼ 誰でござる~ (3, 0.0%)

1 か, な, やらお

▼ 誰でもねえ~ (3, 0.0%)

1 お前さんの, 喜助だ, 親分なし

▼ 誰でん~ (3, 0.0%)

1 知らんばってん, 行た, 起きろおおい

▼ 誰とかを~ (3, 0.0%)

1 崇めるとかいう, 恋するとか, 警察の

▼ 誰とだって~ (3, 0.0%)

1 いいじゃ, 出来るじゃ, 愛を

▼ 誰なれ~ (3, 0.0%)

1 ばかの, ばしか問, ば誰

▼ 誰について~ (3, 0.0%)

1 習ったの, 腕を, 道を

▼ 誰にという~ (3, 0.0%)

1 あても, ことは, 当も

▼ 誰によっても~ (3, 0.0%)

1 このよう, 埋めること, 語られて

▼ 誰に対する~ (3, 0.0%)

1 どいつの, 何奴の, 目と

▼ 誰はばからぬ~ (3, 0.0%)

1 夫婦生活である, 楽しい生活, 気軽さ

▼ 誰ひとり声~ (3, 0.0%)

2 を大 1 を出す

▼ 誰ひとり知つて~ (3, 0.0%)

3 ゐる者

▼ 誰もと~ (3, 0.0%)

1 いえる位, 同じよう, 相次いで

▼ 誰もに~ (3, 0.0%)

1 私は, 自由な, 親しみを

▼ 誰やらを~ (3, 0.0%)

1 求めて, 誘つて不, 金魚の

▼ 誰ゆえ~ (3, 0.0%)

1 かと言え, に, 小桜ゆえ

▼ 誰よりは~ (3, 0.0%)

1 お次さんが, 忘れ得ぬ人, 複雑な

▼ 誰れかれなし~ (3, 0.0%)

3 に丸める

▼ 誰れと~ (3, 0.0%)

2 て言葉 1 て人間

▼ 誰れやらで~ (3, 0.0%)

3 有つた

▼ 誰をでも~ (3, 0.0%)

1 懐しく思う, 赦したかった, 送って

▼ 誰~ (3, 0.0%)

2 とこへ 1 とこに

▼ 誰~ (3, 0.0%)

2 れも 1 れにも

▼ 誰~ (3, 0.0%)

1 之ガ為メニ暗涙滴, 助ケテ下サイト, 好キナ人ガアルラシイノヨ

▼ 誰一人ここ~ (3, 0.0%)

1 に同じ, へ出, を訪わん

▼ 誰一人僕~ (3, 0.0%)

1 に組付い, のまき, を助け

▼ 誰一人己~ (3, 0.0%)

1 が事蹟, の気持, の氣持

▼ 誰一人彼女~ (3, 0.0%)

1 を, を娘, を誘

▼ 誰一人手~ (3, 0.0%)

1 さえ触れよう, を出そう, を振る

▼ 誰一人敢~ (3, 0.0%)

2 て此時計 1 て丘陵

▼ 誰一人聲~ (3, 0.0%)

2 を出す 1 をかける

▼ 誰一人返事~ (3, 0.0%)

2 をする 1 をしなかつた

▼ 誰一人頭~ (3, 0.0%)

2 を下げない 1 を横ざま

▼ 誰~ (3, 0.0%)

1 の二世たち, の前身, の見境

▼ 誰方樣~ (3, 0.0%)

2 でしよう 1 も其處

▼ 誰~ (3, 0.0%)

1 で, に何, も又

▼ 誰知らない~ (3, 0.0%)

3 ものは

▼ 誰お前~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰かいます~ (2, 0.0%)

1 よ, わ

▼ 誰かて~ (2, 0.0%)

1 まだ二三年, 自分の

▼ 誰かとは~ (2, 0.0%)

1 きっと再びどこ, ジャンバルジャン

▼ 誰かについて~ (2, 0.0%)

1 気を, 諸君が

▼ 誰かには~ (2, 0.0%)

1 会えるだろうから, 話さなきゃならないん

▼ 誰かに対する~ (2, 0.0%)

1 信号だ, 嫌がらせの

▼ 誰かを通じて~ (2, 0.0%)

1 お知らせくらいの, それを

▼ 誰がの~ (2, 0.0%)

1 じゃ小さい, ぢや

▼ 誰がよ~ (2, 0.0%)

1 誰が, 誰がよ

▼ 誰しもさ~ (2, 0.0%)

1 ういふも, う云

▼ 誰じゃった~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰じゃろう~ (2, 0.0%)

1 かい, か諸君

▼ 誰ぞが~ (2, 0.0%)

1 ぜひにとか, 来ても

▼ 誰だいいたずら~ (2, 0.0%)

1 するの, をする

▼ 誰だいそこ~ (2, 0.0%)

1 の節穴, へ来た

▼ 誰だい下手人~ (2, 0.0%)

1 といふの, は

▼ 誰だい何~ (2, 0.0%)

1 か用事, の用

▼ 誰だい手~ (2, 0.0%)

1 なんか出す, をタタク奴

▼ 誰だったでしょう~ (2, 0.0%)

1 か, 国民は

▼ 誰だつたらう~ (2, 0.0%)

1 忠志君, 自分に

▼ 誰だの~ (2, 0.0%)

1 ウ, 彼だ

▼ 誰だらう見~ (2, 0.0%)

1 當くらゐ, 當は

▼ 誰だ笑う~ (2, 0.0%)

1 のは, 奴は

▼ 誰っても~ (2, 0.0%)

1 盃よごさない, 負げる

▼ 誰つた~ (2, 0.0%)

2 ゆるとも

▼ 誰であります~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰でしたろう~ (2, 0.0%)

1 か, 呉の

▼ 誰でもと~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 同樣苦

▼ 誰でもとの~ (2, 0.0%)

2 交友と

▼ 誰で御座いましょう~ (2, 0.0%)

1 か, 私で

▼ 誰とど~ (2, 0.0%)

1 いつが, つちが

▼ 誰とに~ (2, 0.0%)

1 こう呼びかけ, 適用いたす

▼ 誰とを~ (2, 0.0%)

1 殺せば, 真の

▼ 誰にって~ (2, 0.0%)

1 あんた陳大人によ, 校長に

▼ 誰にて~ (2, 0.0%)

1 あるか, 何の

▼ 誰にでもさ~ (2, 0.0%)

1 ういう体験, う見える

▼ 誰にでもは~ (2, 0.0%)

1 やれない地唄, 望めない

▼ 誰にといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, 区別も

▼ 誰にとって~ (2, 0.0%)

1 有利な, 現在が

▼ 誰にとは~ (2, 0.0%)

1 なく, なくこう

▼ 誰にもは~ (2, 0.0%)

1 ひらせないの, 出来ない

▼ 誰によ~ (2, 0.0%)

1 つては, つて發明された

▼ 誰に対してよりも~ (2, 0.0%)

1 ひどく彼女, まず自分

▼ 誰ので~ (2, 0.0%)

2 せう

▼ 誰のでも~ (2, 0.0%)

1 ない, ないから

▼ 誰はん~ (2, 0.0%)

2 がよろし

▼ 誰ひとりこれ~ (2, 0.0%)

1 が上野攻め, をどう

▼ 誰ひとり人影~ (2, 0.0%)

1 のない, はありません

▼ 誰ひとり味方~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 誰ひとり家人~ (2, 0.0%)

1 にも見とがめられず, の影

▼ 誰ひとり振り~ (2, 0.0%)

2 は仰がず

▼ 誰ひとり本当に~ (2, 0.0%)

1 しない, する者ア

▼ 誰ひとり米友~ (2, 0.0%)

1 だと, にお礼

▼ 誰ひとり自分~ (2, 0.0%)

1 に競争者, を侮辱

▼ 誰やかれ~ (2, 0.0%)

1 が既に, やみんな叫び

▼ 誰やし~ (2, 0.0%)

1 人も, 老女ぞ

▼ 誰やった~ (2, 0.0%)

1 かな, なあ

▼ 誰やらも~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 驚いて

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 そこに, そのばか

▼ 誰よりかも~ (2, 0.0%)

1 一番忠僕に, 私が

▼ 誰れいう~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 誰れだった~ (2, 0.0%)

1 か柳沢さん, と思う

▼ 誰れだろう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, ね

▼ 誰れっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ持っとり, ちゃ知った

▼ 誰れです~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰をと~ (2, 0.0%)

1 問はる, 申して

▼ 誰をとが~ (2, 0.0%)

1 むべき, むることもできないと私は

▼ 誰ガ家~ (2, 0.0%)

1 ノ女, ノ玉笛ゾ

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰ニモ~ (2, 0.0%)

1 洩ラサナイヨウニシタ, 見セナイデスベテヲ君自身デシテクレタマエ

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 子デアルカ教ヘテクレ, 所業ダミンナ田舎者ノ

▼ 誰モデル~ (2, 0.0%)

1 にし, にしたかち

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 モデルニシテイルカヲ悟ラセヌヨウニスルコトハ出来ル, 連レテイラッシャルオ積リ

▼ 誰一人あなた~ (2, 0.0%)

1 に対して悪い, を理解

▼ 誰一人ひと~ (2, 0.0%)

1 に会, の儲け

▼ 誰一人今~ (2, 0.0%)

1 じゃそれ, まで夢

▼ 誰一人何~ (2, 0.0%)

1 かを見つけた, の思い出

▼ 誰一人健~ (2, 0.0%)

1 を片田舍, を片田舎

▼ 誰一人反対~ (2, 0.0%)

1 する者, を打つ

▼ 誰一人味方~ (2, 0.0%)

1 になっ, のない

▼ 誰一人女~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ 誰一人席~ (2, 0.0%)

1 を立つ, を譲つて

▼ 誰一人想像~ (2, 0.0%)

1 し得る者, するもの

▼ 誰一人挨拶~ (2, 0.0%)

1 のできない, の頭

▼ 誰一人水汲~ (2, 0.0%)

1 が來, が来

▼ 誰一人滅多~ (2, 0.0%)

1 に造らなかった, に造らなかつた

▼ 誰一人目~ (2, 0.0%)

1 に留る, をさまさず

▼ 誰一人相手~ (2, 0.0%)

1 にしない, になつ

▼ 誰一人真実仕事~ (2, 0.0%)

1 をよく, を好く

▼ 誰一人知人~ (2, 0.0%)

1 に會, はありません

▼ 誰一人笑~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 誰一人解き方~ (2, 0.0%)

2 知らぬ神秘

▼ 誰一人身動き~ (2, 0.0%)

1 するもの, もせず

▼ 誰一人身寄り~ (2, 0.0%)

1 が無い, もない

▼ 誰一人金~ (2, 0.0%)

1 を払っ, を貸し

▼ 誰一人顔~ (2, 0.0%)

1 や声, をしかめる

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 共, 我同

▼ 誰人様~ (2, 0.0%)

1 でござるな, にも申し上げます

▼ 誰何処~ (2, 0.0%)

1 では誰, にゐる

▼ 誰先立つ~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 江南処処栽, 江辺処処栽

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2 知れるかへと

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2

▼ 誰方さ~ (2, 0.0%)

1 まで, までいらっしゃいましょう

▼ 誰方さま~ (2, 0.0%)

1 も愚僧, よりも耻

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2 然矣

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 が近く, の空

▼ 誰曰く誰~ (2, 0.0%)

1 と言っ, 一々名

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2 て動く

▼ 誰某さん~ (2, 0.0%)

1 がこられる, に強いられ

▼ 誰~ (2, 0.0%)

1 の夫人, の家

▼ 誰独りそれ~ (2, 0.0%)

2 を知らなかった

▼ 誰白浪~ (2, 0.0%)

1 の俺一人, の夜働

▼ 誰~ (2, 0.0%)

2 と諷諫

▼ 誰袖さん~ (2, 0.0%)

1 という花魁, の花魁

▼ 誰袖源七~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の幽霊

▼ 誰袖花魁~ (2, 0.0%)

1 には真夫, は小間物屋

▼ 誰誉め~ (2, 0.0%)

2 てくれる

▼ 誰誰誰~ (2, 0.0%)

1 いつも見知っ, と彼

▼1* [721件]

あてのでもいいです, 誰あの人, 誰あやしむ者も, 誰ありしやと問はる, 誰あるか, 誰あろういうまでもない, 誰いい出すとなく, 誰いつてるの, 誰いつも見知って, 誰来ると, 誰おし巻かむ, 誰およそ今日その, 誰かいます行ってはいけません, 誰かおもはむ, 誰かおったか, 誰かお入りなさりは, 誰かお連れが有るなら, 誰かかに追われてでも, 誰かががちゃりと, 誰かきます森様その, 誰かくびじろを見た, 誰かこつそりや, 誰かさンて, 誰かさえ分らない程, 誰かしつかりした奴, 誰かしらん払ふてしまふ, 誰かちやんとした, 誰かっ早く, 誰かつぐなんでおるようではないか, 誰かつらからむ, 誰かでも帰って, 誰かというまでもなくそれ, 誰かどつかへ, 誰かなむ, 誰かなと私が, 誰かにからかはれて, 誰かにつきおとされたの, 誰かにとって大事な, 誰かにもさう, 誰かに対してありました, 誰かに買はれたなと, 誰かに買つて帰るつもり, 誰かのわつと叫ぶ, 誰かへ声を, 誰かよほどな大物, 誰かより立優り, 誰からかはわからないけれど, 誰からだってホントに, 誰からということは, 誰からにもせよ扶助金, 誰からもはははッとは, 誰かれかまわず遠慮なく引っくくっ, 誰かれかまわずとっ捕まえては沈め, 誰かわかつた, 誰かをねそれであそこ, 誰かをりはせぬ, 誰かを以て征夷大将軍に, 誰か敢て当らず, 誰がくッついたとか, 誰がじゃないよ, 誰がぞなもし, 誰がぞなもしって, 誰がてて我々, 誰がですい, 誰がと聞くん, 誰がという火元の, 誰がとは何じゃ, 誰がどどうしてそんな, 誰がなんて云つても, 誰がにもいう男, 誰がはいつて, 誰がへをひった, 誰がもでるだと, 誰がやッたんだろう, 誰ここにいる, 誰この女優は, 誰これは誰, 誰こわくない, 誰さま御病氣, 誰さんことかはぶたねえ, 誰さんコイコイという, 誰さん某さんおいとま, 誰ししらずも, 誰しもと云つて医者は, 誰しらぬものの, 誰し知らねば海雀, 誰や汝, 誰じゃという事は, 誰じゃとて飯も, 誰それから両親の, 誰それさんこうして, 誰それサン作文を書きなさい, 誰それニーナと書かれ, 誰それ個人の上, 誰それ様だとも, 誰それ烏森の何, 誰それ雀よかろ, 誰そんな事を, 誰そ今われの曰ふところ, 誰そ我に, 誰そ言へる, 誰そ青簾に氣勢, 誰ぞいの, 誰ぞといふ段にな, 誰ぞとも知らない間, 誰ぞをお呼びやおへんのどしたら, 誰たり何たるを, 誰だいあすこに入っ, 誰だいあたいの脚, 誰だいあっちへ行っ, 誰だいお前さんは, 誰だいかんじんな所, 誰だいここんちへお化け, 誰だいそりや, 誰だいッふふざけたまね, 誰だい一ばん先に言葉, 誰だい一体猫が死ぬ, 誰だい人を呼び捨て, 誰だい今のは, 誰だい俺を呼んだ, 誰だい入口の漆喰壁, 誰だい其處から覗く, 誰だい其袋を開けた, 誰だい其許たちは, 誰だい危ねえと言った, 誰だい島村の秀公, 誰だい悲鳴を挙げた, 誰だい才吉は小男, 誰だい拙者は長者町, 誰だい昼と夜, 誰だい此の年寄, 誰だい母さんに黙, 誰だい玉ちゃんかい, 誰だい石を投げる, 誰だい誰かへえっ, 誰だい誰か門を叩く, 誰だい赤ん坊を泣かす, 誰だい酔ッ払って, 誰だい関の奥さん, 誰だい髑髏かい竹如意, 誰だかえれえ袋, 誰だかこつそり笑声を, 誰だかしめてゆく, 誰だかちつともわからない, 誰だかちやんと知つて, 誰だきさん, 誰だったでありましょうか, 誰だったであろうか, 誰だってやわらさえ, 誰だれに贈っ, 誰だろか, 誰だ交ぜるない嘉吉が, 誰だ分るか分るまい, 誰だ斬ったのは, 誰だ斬られたのは, 誰だ明けてお, 誰だ書いたのは, 誰だ歌っている, 誰だ残っている, 誰だ盗んだのは, 誰だ笑ったのは, 誰だ解っているだろう, 誰だ言ってくれ, 誰だ言わないと警察, 誰ゅう実在の, 誰ちやんとは來年, 誰ちゃ見, 誰ちや知つたひとがを, 誰てえことは, 誰であったでしょうか, 誰であり彼である, 誰であるべき筈も, 誰でございましたかしら, 誰でございましょう先の, 誰でした仰しやつて, 誰でしょう聞いて御覧, 誰ですさわらないで下さい, 誰です笑っている, 誰でと云ふ, 誰でなくてもその, 誰でなければならない, 誰でもかわいげの, 誰でもがかぶつて, 誰でもということでした, 誰でもといふ次第の, 誰でもに対するどんな助け, 誰でもは気が, 誰でもワラジを, 誰で御座いますか, 誰といったっけなあ今川長へ, 誰といったとか位の, 誰とおもふ, 誰とおしやすか, 誰とかいう名人の, 誰とかから庸三に, 誰とかと喧嘩を, 誰とかに肖てるッ, 誰とかの手許に, 誰とかもわからぬ槍, 誰として一の, 誰とってそいつ, 誰とでもと云うこと, 誰とともに生き誰, 誰とも組になっ, 誰とよりもやはり, 誰と共にか曾遊を, 誰と共にもいない, 誰どっしゃろ, 誰どれでは誰, 誰どんにゃ, 誰ならぬお大尽, 誰ならんよ, 誰なりしぞ彼答, 誰なりしか好事の, 誰なんだか分らないの, 誰にかけても難攻不落の, 誰にかは献げむ, 誰にかも見せて, 誰にたいしてもかならず約束, 誰にだってもわけてもこの, 誰にだってよ相手に, 誰についても云われること, 誰にでもかまはず, 誰にでもと云た, 誰にでもわかつて居ります, 誰にでもワラジをは, 誰にとて話す相手, 誰にもかもはれなくて, 誰にもがこれを, 誰にもへだてを, 誰にもわての顔を, 誰によってかこれを, 誰によりも私自身にとって, 誰にをそは, 誰に対してか彼等自身, 誰に対してはこう云わ, 誰のせゐだといふ, 誰のって言うこと, 誰はばかって慎もう, 誰はばからずうじゃつい, 誰はばかろうとはし, 誰殺そとて, 誰ひとりあなた様を自分, 誰ひとりおれを瘋癲病院, 誰ひとりお姫様をわら, 誰ひとりそなたを, 誰ひとりそつちを, 誰ひとりそれに対してかれこれ, 誰ひとりランプの下, 誰ひとり下谷へは立ち寄っ, 誰ひとり不平はつぶやかなかった, 誰ひとり予想もしなかった, 誰ひとり二人の路, 誰ひとり他人を不幸, 誰ひとり助けに来よう, 誰ひとり反対をさけぶ, 誰ひとり召使すら迎えない, 誰ひとり号泣者を顧みよう, 誰ひとり同情の眼, 誰ひとり君を弁護, 誰ひとり命はなかっ, 誰ひとり外套を着, 誰ひとり夢にも見たこと, 誰ひとり安否を訊ね, 誰ひとり宗易の提案, 誰ひとり寄りつきもしない, 誰ひとり彼の系図, 誰ひとり後悔して, 誰ひとり怖気をふる, 誰ひとり怪我をした, 誰ひとり悲観する者, 誰ひとり憚る者, 誰ひとり才蔵の味方, 誰ひとり教へてくれる, 誰ひとり文句を言う, 誰ひとり晝食を濟, 誰ひとり本当のこと, 誰ひとり松葉杖の厄介, 誰ひとり椅子から立っ, 誰ひとり橋の上, 誰ひとり歎いては, 誰ひとり止め立てをする, 誰ひとり武蔵を弁護, 誰ひとり気がつかない, 誰ひとり湯沸だと, 誰ひとり異存があっ, 誰ひとり異論がなかっ, 誰ひとり瞞しおおせること, 誰ひとり耳を傾ける, 誰ひとり腹を立てる, 誰ひとり膝をつく, 誰ひとり街はずれのお宮, 誰ひとり記憶して, 誰ひとり話を始めよう, 誰ひとり誰ひとりとして答え, 誰ひとり身動がう, 誰ひとり身支度して, 誰ひとり返事をする, 誰ひとり返答をする, 誰ひとり途の通りがかり, 誰ひとり通路の窓, 誰ひとり部屋へは入れない, 誰ひとり鎌倉へ馳せ参ずる, 誰ひとり間違いが無かっ, 誰ひとり阿古十郎などと呼ぶ, 誰ひとり陸遜に, 誰ひとり隙見など, 誰ひとり離婚などあらわ, 誰ひとり静山に反, 誰ひとり頭の抑え手, 誰ひとり顔をあたっ, 誰ひとり鳥居という名, 誰びとの頭, 誰びとにも口だしをし, 誰びとも不尽を忘れ, 誰へでござります, 誰へとなく拡がっ, 誰へとはなく訊ねた, 誰ぇとも, 誰まだ起きて, 誰みたいの人物, 誰もかような, 誰もかの首切り人の, 誰もから歓待され, 誰もがをかしがる, 誰もしつかりつかんで, 誰もじゃない, 誰もちよいと, 誰もって誰, 誰もねひとりで, 誰もみよりがない, 誰ももうじつ, 誰やらがからかつた, 誰やらじゃないが, 誰やらそッと, 誰やらとは誰の, 誰やらへ呶鳴っ, 誰ゆえみんな忠義のため, 誰ゆゑかはその, 誰ゆゑ今の別, 誰よと人に, 誰よりか一等知りたい, 誰よりもてまえが, 誰よりものさばつて行儀が, 誰という話, 誰らしいと云, 誰らろかのう, 誰れあらん小松殿の, 誰れたのまねば義務, 誰れだらうと思つた, 誰れであったかを秘密, 誰れであろうと兎, 誰れでもさういふや, 誰れとくツつい, 誰れなるにや扨, 誰れなれや千年, 誰れはばからず子供に, 誰れやこしだったんだ, 誰れんだか, 誰れ帰るとて立田姫, 誰れ待ちて隅, 誰れ有って知る, 誰れ棲みぬらんと見る, 誰れ知るもんで, 誰れ知るべきならねば心安けれ, 誰れ知れる人も, 誰れ見ても恨解けし, 誰れ見ねども膝, 誰れ見るともなく, 誰われは知る, 誰をかは頼まんうから, 誰をや見出しけん, 誰を以て丞相の, 誰エ小言云った能, 誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 誰カ僕ヲ助, 誰カ我ガ禅ヲ会スヤ, 誰カ是等ノ石器, 誰カ来テクレタ人ニ云ウヨウスデシテ決シテ一郎トイウ名ヲタダヨンダノデハナカッタト思イマス, 誰カ母ノ子, 誰カ犬好キノ人, 誰カ近所ノ親切ナ人ガ投ゲ込ン, 誰ガコノムズカシイ仕事ヲ引キ受ケテクレルカ, 誰ガソノ手ニ載ルモンデスカ, 誰ガ云ッタ嫌イドコロカ好キ, 誰ガ大兄ヘススメテ詰牢ヘマデ入レヨウトシタカトテ, 誰かが見, 誰デアルカト云ウコトヲ彫リ手ニ知ラセズニ, 誰デモアンナ風ニ内股デ歩イタ, 誰デモソウカモ知レナイガ近頃予ハ一日トシテ自分, 誰デモ女房ニソウ云ワレルトソンナ負惜ミ, 誰ニコノ製作ヲ依頼シタライヽカ, 誰ニモシャベッチャイケナイッテ仰ッシャラレマシタンデ, 誰ニモ何モ語ラズ気ヅカレモセズニ過シテシマッタガ, 誰モ世話ヲシナイ, 誰モ云イ返ス者ハナイニ, 誰ノ所有ニ属スルモノデアルカ, 誰レカ歎声ヲ放, 誰一々名を, 誰一人あたしの大事, 誰一人おれが今ここ, 誰一人おろかはあらね, 誰一人お前遇うたもの, 誰一人お婆さんの繍とり上手, 誰一人お通夜に來, 誰一人ことばを出す, 誰一人これら小遊星, 誰一人それらの言葉, 誰一人どうしようといふ者, 誰一人なじみのない, 誰一人のも覚え, 誰一人はつきり覚えて, 誰一人ものを云う, 誰一人わたしの自由, 誰一人アパートにはいない, 誰一人アリバイの成立, 誰一人ウンとは言, 誰一人スクリーンを通じて真に, 誰一人スパルミエント大佐を怪しむ, 誰一人ソンナ事に気付い, 誰一人タラス王の仕事, 誰一人テープを投げ, 誰一人ヨネの手, 誰一人ヴィタミンを除外, 誰一人一秒も部屋, 誰一人一言半句の答, 誰一人一語も発しない, 誰一人一郎に借す, 誰一人万年筆は持つ, 誰一人三宅坂の上, 誰一人上を見, 誰一人上京して, 誰一人不服はない, 誰一人中へはいろう, 誰一人久政に一言, 誰一人之を目, 誰一人予想しない手, 誰一人予期したもの, 誰一人事件の終焉, 誰一人事実の真相, 誰一人京都から出, 誰一人人はいや, 誰一人今日までこんな, 誰一人付きあったという, 誰一人以前弟であった時代, 誰一人仲裁の任, 誰一人仲間のない, 誰一人会得したもの, 誰一人作品を發表, 誰一人俺の潔白, 誰一人入院料などを持, 誰一人全体の大勢, 誰一人兵隊になる, 誰一人其理由を知る, 誰一人出迎へるもの, 誰一人前にあなた, 誰一人助けには来ないだろう, 誰一人労働者の膏血, 誰一人十分読みこなせる人, 誰一人千葉の事, 誰一人南満州鉄道の大, 誰一人博士に自殺, 誰一人口髭なんぞを生やし, 誰一人叫び出そう, 誰一人号外を配達, 誰一人同情を寄せ, 誰一人同行致そうと, 誰一人君を相手, 誰一人否定し得ない現象, 誰一人吾領主に同情, 誰一人呑気に飾窓, 誰一人唇を動かし, 誰一人問ひまゐら, 誰一人夢想すること, 誰一人大ぴらに學校, 誰一人大声で話し, 誰一人大宮島について語る, 誰一人好意を示す, 誰一人妾の本当, 誰一人娘を見かけた, 誰一人婚礼の席, 誰一人婿に来る, 誰一人安心できない, 誰一人完全な機械, 誰一人客のない, 誰一人害心を持つ, 誰一人家内には居なかつた, 誰一人寝言でさ, 誰一人将来を見よう, 誰一人尊敬しないもの, 誰一人小平太の心底, 誰一人少女の無礼, 誰一人就職の世話, 誰一人年賀状を寄, 誰一人弱音を吐く, 誰一人彼らを訪れ, 誰一人彼等を見る, 誰一人往来に立っ, 誰一人徒食の遊民, 誰一人御身の心, 誰一人微傷だも, 誰一人怪訝せぬもの, 誰一人息をする, 誰一人感心したよう, 誰一人憐みをかくる, 誰一人成功したもの, 誰一人戯談を云, 誰一人打撃を受けない, 誰一人抗争するもの, 誰一人拝見をいたし, 誰一人拝領を願い, 誰一人攀ぢ登つた者がない, 誰一人支払つたのがない, 誰一人故郷の家, 誰一人文句をいふ, 誰一人明月の昇り, 誰一人昨夜の刑, 誰一人暖炉のある, 誰一人月代を剃らう, 誰一人本能的に同情, 誰一人村では通わそう, 誰一人柿を名物, 誰一人森へ入, 誰一人機嫌伺ひに, 誰一人機嫌伺いにさえ来よう, 誰一人正論を唱え, 誰一人此の素ばら, 誰一人此時弊を打破, 誰一人歯の立つ, 誰一人殉死のこと, 誰一人残酷な, 誰一人沈とし, 誰一人注意する者, 誰一人泳ぎに来, 誰一人浅間山を心配顔, 誰一人浜を通らぬ, 誰一人深切づくにも, 誰一人濱を通らぬ, 誰一人灯火なんて持つ, 誰一人災難が起つ, 誰一人無し数へてみる, 誰一人煙草を吸, 誰一人献策する者, 誰一人現場に馳せつけよう, 誰一人理解するもの, 誰一人生命を惜, 誰一人生命財産を危なく, 誰一人田万里の哀訴, 誰一人異存のある, 誰一人異見を立てなかった, 誰一人疑いを抱く, 誰一人病室に出入, 誰一人病気に罹, 誰一人登つたといふ話, 誰一人相談相手のありません, 誰一人真似手のない, 誰一人真名古の笑った, 誰一人眼を泣きはらし, 誰一人知つた者もない, 誰一人知つて居るもの, 誰一人知らずに幾百年, 誰一人禅僧の存在, 誰一人義太夫を呼び, 誰一人考へもしない, 誰一人考えもしない, 誰一人聲高に物言, 誰一人肉親のもの, 誰一人肩で呼吸, 誰一人自信をもたぬ, 誰一人菩提を弔う, 誰一人葉之助, 誰一人薬を飲め, 誰一人行つた者のない, 誰一人見当さへつかないらしい, 誰一人見知り越しの男, 誰一人見舞人を持たなかつた, 誰一人見附からない, 誰一人觀てくれる, 誰一人訪ふもの, 誰一人訪ンねたげる, 誰一人詩人や芸術家, 誰一人諫めなかった, 誰一人財布の膨, 誰一人贋物などとは思うまい, 誰一人趣味を解する, 誰一人身代限やお仕置, 誰一人身勝手で無え, 誰一人道三の意見, 誰一人遠藤の自殺, 誰一人適切な発言, 誰一人醫者を呼び, 誰一人金五郎が友田喜造, 誰一人釣をする, 誰一人銅鑼を叩かう, 誰一人間違つた事を止め, 誰一人陰口を利く, 誰一人陰気な顔, 誰一人障子に手, 誰一人霊廟を訪おう, 誰一人非の打ち, 誰一人面を冒し, 誰一人額に手, 誰一人顧るもの, 誰一人顧慮する者, 誰一人高声で話す, 誰一名駈けつけて, 誰一時は兄文, 誰一箇も愍, 誰上總の誰, 誰女子耶, 誰乎彼の黯, 誰也行燈の灯かげ, 誰二番は誰, 誰二番目は誰, 誰云い出すともなく, 誰人忽来女娘微笑封曰風流之士, 誰今日は誰, 誰企つる者もなかっ, 誰うると, 誰になり得れ, 誰でもする, 誰は容易, 誰佩きたちて, 誰信死生同, 誰にとなく, 誰其訳は是, 誰労働者小説は誰, 誰そめて, 誰呼ぶとなく, 誰咎むる者も無い, 誰問はんわが後, 誰回身上旧青春, 誰へも出し, 誰將といふでも, 誰夫人にも劣る, 誰学者にこれ, 誰の誰, 誰の内, 誰といふこと, 誰家のか小男, 誰家挑菜女載雪, 誰小舟漕来るけ, 誰少しこわい, 誰前脚, 誰ふ人, 誰脚は, 誰得想恐有, 誰怒るすぢも, 誰思想家に誰, 誰怪しまれぬ言訳けも, 誰恨んだり怒っ, 誰憎しとか思す, 誰憎まぬ者なけれ, 誰批難するもの, 誰推すとなく, 誰掴まえても綿貫, 誰摘み採る人も, 誰教えねど自ずと, 誰教えるとなく, 誰料春徂君亦逝, 誰料越而纔旬日君忽獲病而遂不起, 誰方かお来なさりゃしませんか, 誰方かお使を願いたい, 誰方だい今お騒ぎ, 誰方のか御, 誰方モ参リ被下度, 誰方モ喉ガ干涸ビテ, 誰望哉と, 誰望父執有君存, 誰朝見川朝日橋のほとり, 誰てくん, 誰し梅, 誰此女優は誰, 誰殺された者は, 誰殿へ使い誰, 誰母親は誰, 誰にか粧い, 誰狂女は, 誰は誰, 誰町会議員からの使, 誰疑うものも, 誰発明するとも, 誰白魚といふ, 誰白魚上場につき, 誰の, 誰当此夜, 誰知らむ, 誰知らうことわりも, 誰知らずの間, 誰穢多村の出身, 誰笥歟将持の意, 誰考えぬ者も, 誰坐從容, 誰英国の誰, 誰葬るゆふ, 誰行くらしの車路, 誰行つても押, 誰袖東路などと名前, 誰袖様白萩様のお, 誰袖源七何じゃい, 誰袖華魁ぢやねえ, 誰袖達をどこぞ, 誰見る者も, 誰言い出すともなく, 誰言わぬ者も, 誰言風月元無價, 誰誤らぬものなき, 誰説天地茫茫知己無今対遺影感, 誰読者は前回, 誰誰誰誰いつも見知っ, 誰大英風景, 誰謂うとなく, 誰貞節凜として秋霜, 誰民之, 誰辺作半秋, 誰亦逢春, 誰でもない, 誰は誰, 誰顧みる者も, 誰の役