青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「読者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~読み 読み~ ~読む 読む~ ~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者
読者~
~誰 誰~ 誰か~ 課長~ 調~ ~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子

「読者~」 4867, 53ppm, 2213位

▼ 読者~ (1124, 23.1%)

36 心に 32 ために 23 注意を, 記憶する 22 心を 21 中には, 前に 18 胸に 11 想像に, 方で, 興味を, 頭に 10 寛容を 8 判断に, 参考に, 好奇心を, 方が, 知るとおり 7 うちには, 中に 6 うちで, ためには, 胸を 5 中で, 声を, 多くは, 大部分, 既に知る, 目を, 眼前に 4 一人として, 側から, 寛恕を, 心の, 心臓を, 頭を

3 [25件] ための, 一人から, 一粲を, 中にも, 倦怠を, 内に, 思い起こすとおり, 既に見た, 為に, 為めに, 理解を, 生活の, 眼に, 眼を, 知って, 知識を, 血を, 要求に, 見るとおり, 記憶に, 記憶にも, 間に, 関心を, 頭の, 魂に

2 [73件] ある事, ある者, お察し, ためにも, なかには, みなさんに, みなさんは, ように, よく知っ, アタマを, 一覧を, 中の, 倦むをも, 側からは, 側にも, 共感を, 参考と, 反響を, 受ける感じ, 叱正を, 問題は, 嗜好に, 嗜好を, 好みに, 好奇心に, 実感を, 客観を, 希望に, 御想像, 心が, 心には, 心は, 悲しみと, 悲しみに, 想像力を, 感情に, 感情を, 感興を, 感覚が, 手に, 批判に, 支持に, 教えを, 数は, 数を, 数量によって, 方から, 方に, 方には, 注目を, 生活に, 直接な, 真の, 眼から, 知ってるとおり, 知るところ, 示教を, 神経に, 立場から, 立場に, 範囲を, 肺腑を, 胸の, 脳裏に, 自由な, 要求が, 要求を, 観照によ, 記憶を, 諒察を, 退屈を, 連想の, 頭脳を

1 [522件 抜粋] あいだにも, ありよう, あるべき性質, ある種, ある部分, うちに, うちにも, うちの, うちまだ, おたずね, おゆるし, お叱り, お目, お笑い草, お考え, お耳, かたがたには, かたも, きわめて小, こころに, こころを, ことが, ことには, ことを, ごしんぼう, ごときは, ご参考, すでに了解, すでに充分了解, すでに承知, すべてを, その真意, それらに, ためでは, ためにだけ, だれかが, つもりで, ところに, どういう特質, ない文学, ない著作家, ない訣, なかの, ふるさとと, ほうから, ほうで, ほうの, ほとんど全部, まえに, みなさん, みなさんが, みなさんこの, みなさんの, むねに, もの狂しく, よく推察, わずかな, ウイットと, ウケが, オモチャに, コンフェレンスを, サークルで, チャンスは, ポケットから, レベルの, 一, 一人だ, 一人で, 一人と, 一人山口県豊浦郡豊田町西市の, 一団を, 一定の, 一時的の, 一条に, 一歩前を, 一笑を, 一群が, 一般的な, 一見し, 一覧に, 不平は, 中からも, 中でも, 中不満を, 主観界に, 予想を, 事大主義という, 二三氏から, 人気に, 人生そのものによって, 人生を, 人生経験の, 人間たる, 人間性の, 代弁の, 代表だ, 代表として, 代表者である, 休養の, 低められて, 何かに, 何が, 何という, 何人が, 何人も, 何割かは, 余りにも, 便宜の, 便宜を, 俎上に, 信念を, 信用を, 個人的心情を, 側からの, 側だけの, 側でも, 側などから, 側に, 充分な, 先輩である, 全部が, 公的, 内には, 判断から, 判断が, 判断と, 判断を, 利害と, 前には, 助力を, 努力を, 勝手である, 十分に, 千差万別の, 半ば睡り, 半分以上は, 半数は, 印象に, 原田氏の, 原田氏は, 厭倦を, 厭悪を, 参考にも, 反応という, 反感を, 反響です, 反響も, 受ける印象, 口元を, 叱責あるいは, 同情を, 周知の, 味覚は, 回顧的反動的趣味と, 在りよう, 地盤は, 垂愛にたいして, 場合とは, 増加率に, 声, 声なき声に, 声要求との, 多い, 多いこと, 多い本, 多数からは, 多数の, 大半これまた, 大多数, 奴隷根性と, 好きな, 好むやう, 好奇を, 好意ある, 好意だ, 好意について, 好評を, 如何やうに, 嫌疑を, 子供が, 官能的印象的な, 定着を, 実感に, 客観界に, 家の, 審判の, 対世界観ひいては, 少いの, 少い世の中, 少い当時, 少数階級に, 層と, 層という, 層は, 希望も, 希望を, 常で, 年齢とか, 年齢職業など, 幻想に, 幻想を, 幻象と, 度胆を, 当然な, 御不審, 御好意, 御迷惑, 徳性を, 心々に, 心と, 心にも, 心へ, 心もちは, 心をも, 心持ちは, 心持の, 心持を, 心理でなけれ, 心理に, 心理の, 心理を, 心理学的機関に, 心理状態を, 心理過程の, 心目を, 心耳に, 心臓に, 心裡を, 心魂に, 忍耐と, 忍耐の, 忍耐を, 思いやりに, 思い起こし得るところ, 思い起こすところ, 怠慢で, 性格, 性格の, 性質という, 息をは, 息抜きに, 悦びが, 悪感情, 悲みと失望は, 悲劇は, 情操生活は, 惑いを, 惰性的な, 想像さるる, 想像し得る, 想像の, 想像を, 想像力に, 意を, 意見が, 意識の, 愛するスリル, 感を, 感情は, 感情も, 感想では, 感想と, 感想を, 感興が, 感覚から, 感覚で, 感銘に, 態度いかんによって, 態度と, 憂鬱を, 憤激は, 或る, 手紙にも, 手紙を, 手許に, 批判な, 批判は, 批判を, 批評の, 抗議に対しては, 持って, 指, 探知する, 推察に, 推断に, 推読を, 推量に, 支持が, 支援によって, 支配的な, 教養人格は, 敬慕する, 数が, 数よりは, 文化の, 文化水準に, 方々の, 方からは, 方にばかり, 既に充分知つて, 既に察し得たろう, 既に知っ, 既に知られる, 既に知れる如く, 既に見, 既に読まれた如く, 既知の, 早合点である, 明朗なる, 智恵くらべ, 智恵比べ, 曲解なき, 書く小説, 最も多い, 期待する, 期待に, 期待は, 未だ記憶, 本を, 机上に, 権利である, 横暴とは, 横暴時代に, 欲求なり, 正体が, 殖えた時代, 比較と, 比較研究に, 気にいるため, 気分による, 水準に, 求めようと, 求めるところ, 注意が, 注意と, 消化不良は, 温かい意識, 満足と, 演出にまで, 激励と, 激減せし, 瀏覧に, 為には, 為事でない, 焦点を, 焦躁は, 熟知せらるる, 理知のみ, 理解に, 理解には, 生きた共感, 生活が, 生活にも, 生涯を, 異議なく, 疑問は, 疑惑と, 病的な, 皆さん, 皆さんどうも, 皆さんへ, 皆さんも, 皮肉な, 目から, 目に, 目には, 目にも, 目の, 目標と, 直ちに気づく, 直覚を, 眼が, 眼には, 眼の, 眼は, 眼頭に, 知った事実以外, 知っての, 知ってるもの, 知らない男, 知らるる如く物語, 知らるる通り, 知るごとくである, 知るとおりアンジョーラ, 知るとおり席, 知るとおり非常, 知る所, 知る通り, 知る通りジャン・ヴァルジャン, 知れる如く駿太郎, 知れる通り, 知を, 知性を, 知識慾に, 研究に, 神経と, 私的, 科学する, 積極的努力によって, 空想される, 立ち場とを, 立場を, 範囲は, 精神を, 素心による, 素直な, 組織は, 経済能力と, 網目と, 縁も, 繙読に, 習性を, 習慣と, 考へが, 耳に, 耳を, 聴きたいこと, 肺を, 胸には, 胸にも, 胸へ, 胸中には, 胸底に, 胸裏に, 脳中に, 脳裡に, 腋の下を, 腹に, 腹の中に, 自分が, 自然成長性といふ, 自由に, 興を, 興味も, 舌の, 良心とが, 血肉としての, 血肉の, 裏を, 要求する, 要求と, 要求に対しては, 要素, 見て, 見る通り, 観念する, 観念界に, 記憶するごとく, 記憶へは, 許容を, 試案にも, 誨を, 読まれた事実, 誰も, 諒察せられん, 諒解を, 論理性を, 警戒に, 賢明に, 質が, 質について, 贅沢であろう, 赤鉛筆で, 起こしうべきあらゆる, 趣味概ね, 身にも, 迷惑のみ, 追随を, 連想に, 連想は, 連関にまで, 選択の, 選択を, 遺憾と, 酌み取る余情, 銷閑パズルの, 錯覚認識不足を, 鑑賞に, 鑑賞を, 閑暇を, 間で, 間には, 関係は, 関心の, 限りない, 随喜の, 需めに, 非難が, 非難を, 領分で, 頭も, 頭次第では, 頭脳次第では, 髪の毛一本をも, 魂と, 魂の, 魂は, 鮮い, 黄金権です, 鼻息ばかり

▼ 読者~ (781, 16.0%)

12 記憶し 9 私が 8 それを 7 知って 6 この, 私の, 覚えて 5 ここで, これを, それらの 4 これらの, それが, 作者の 3 この物語, 小説を, 次の, 此の, 自己の, 見るだろう

2 [44件] あれを, おそらくそういう, おぼえて, ここでも, このこと, この点, これが, さう, すべてこれから, そのいずれ, その中, その外貌, それらを, だれしもさ, ついて, つり込まれ, どうか, もちろんの, カルメンの, 上述の, 他の, 何か, 何と, 作品を, 作者が, 僕の, 充分に, 去年の, 夫, 定めて, 容易に, 少しの, 彼が, 彼の, 思い出して, 恐らくある, 想像し, 推理が, 文学の, 気が, 理解されるであろう, 自分が, 記憶せられるであろう, 里見君に

1 [594件 抜粋] あああれ, あたりさわりの, あなたの, あの紫, あらかじめ知っ, あるいは知つて, あるいは私, あるいは自分, ある程度まで, いかにそれ, いない, いわば相当判断力, うるさいであろう, おそらくは一層満足, おのずから行間, お前を, かえってこういう, かえって好むだろう, きっと, きっと河内介, きっと知りたい, きびしい, きめて, こういう風, ことによる, このエピソード, この一冊, この一女性, この一連, この云わ, この人間, この作家, この兇器, この全く, この分析, この妙, この娘, この学校, この書物, この物語り, この複雑さ, この語, この資本主義社会, この部分, この門田虎三郎, これだけの, これ等二人の, こんなこと, こんなばかばかしい, こんな言葉, こんな話, ごぞんじでしょう, しばしば興味, しばらく措き, すくなくともこの, すぐ, すでに, すでにあらかじめ知っ, すでにお, すでにお気づき, すでにそもそもの, すでに察し, すでに記憶, すべてそういう, せんこく, そういうもの, そうしたもの, そうでない, そう沢山, そこが, そこで, そしてこの, そのとき, その一項, その人間, その作品, その写す, その単純, その天才的推理, その底, その思いつき, その怪しい, その感想, その点, その生涯, その百ページ, その矛盾, その程度, その記録, その調子, その鏡, それから, それと, それに, それに従って, それ等に, それ自体即, そんなこと, そんなに甘く, たいがい作家である, ただちに潤ちゃん, ただ古い, ただ息, たった一度, たぶん彼女, たぶん思い起こすであろう, たぶん記憶, ちょっと首, どういう感銘, どうぞ私, どう議論, どこに, どんなに愛情, ないか, なにごとかを, はじめは, はじめ五六行読ん, はつきりおぼえ, ひどく精密, ひどく興味, ふいと, ほかに, ぼくに, ますますあるいは, まずその, またかと, またそこ, まだ報道, まれであろう, みな既に, みんな逃げ出す, むつかしいこと, めいめいの, もうあまり安心, もういちど, もうこの, もう幾分お, もう想像, もう房一, もう最初, もう気付い, もどかしく思われる, ものを, もはや充分, やはり忘れ, やはり昔, やはり東北地方, ゆっくりお, よく注意, よく記憶, よろこぶぜ, よろしくタウンスエンド氏, わかつて, わたし一人でなかったろう, ゐながらに, インテリの, オヤこの, ガヴローシュが, キット途中で, ジュウスミルヒの, ジュウスミルヒ氏の, スッカリ有頂天に, チチコフが, ドイルの, ドストイェフスキーをよ, パラパラと, フランスの, ブック・レヴューを, ペテンに, マリヴォオは, メッタには, ユーゴオの, 一も, 一人の, 一冊の, 一向興味, 一度掴んだ, 一方に, 一般に, 不審を, 不思議に, 世にも自尊心, 主に, 之に, 予防的妨げの, 事件の, 事実的に, 二三の, 二度も, 今の, 今度国定教科書の, 今後赤鼻の, 今日の, 仏蘭西の, 他人の, 以上の, 以上掲げし, 似而非, 低劣な, 何かで, 何と思われるだろう, 何の, 何よりも, 何万人と, 何時の間にか作者, 作中の, 作家と, 作家との, 作者から, 作者に対して, 作者側に, 依然として翻訳物, 信じて, 信じるだろうか, 信吉と共に, 信頼を, 倦怠したであろう, 健全な, 僅かな, 僕に, 僕を, 全てを, 全情景, 出生死亡結婚が, 分業制そのものは, 初めてハッキリと, 初めて路傍, 到るところ, 到底ついて行く, 刻下に, 前に, 前回の, 勿論既に, 十中八九真に, 半分以下に, 卓越した, 単に読む, 却って自由, 却って退屈, 却つて退屈を, 又作者, 受身に, 叱責するであろう, 吁ッと, 各々勝手, 各人各様の, 各自自身の, 同じくらい, 吾, 吾等の, 呆れる, 周囲に, 咎めて, 唯一人より, 唯平安朝, 喜ぶに, 嘔吐感を, 嘸かし自, 圧迫を, 増加された, 外国文学に, 多くそんな, 多分こういう, 多分この, 多分満州, 多分覚え, 大体それぞれ納得しないだろう, 大助の, 大和への, 大概推量し得たであろう, 大衆を, 夫人の, 好む儘, 如何に, 娯楽する, 完全に, 定めし或, 宜しく自己, 実に我まま, 実地に, 容赦ない, 察せられたこと, 察せられるであろうが, 寧ろ彼自身, 専門家の, 山本有三氏に, 崑山の, 左程, 已に仮令以上, 常にその, 常に身軽, 平気で, 幼時こんな, 広い道路, 彼もしくは, 彼作者が, 彼女の, 待ち兼ねて, 御存じが, 御存知の, 御自分, 微笑の, 必ずここ, 必ずしもその, 必ずしも資料, 必ずや失望, 忘れたであろうか, 忘れては, 怒ったかも, 思い出すだろう, 思い起こすであろうが, 思い起すだろう, 思はずこの世, 思わずこの世, 思われるか, 思われるかも, 思われるであろうが, 急に, 怪しい隆夫, 怪しまないで, 恋うと, 恐らくこの, 恐らく出会う, 恐らく私一人, 息が, 悲しい蟹, 想像する, 愈々恵まれ, 感じて, 感じ取って, 感激し, 或いは私, 房一の, 投げられた輪, 折々見られたであろう, 敏感である, 文化的に, 文化的自由主義者としての, 文学作品と, 文学作品ばかりを, 新しい外国文学, 新しく遺憾, 新奇の, 新聞現象の, 新聞記者其他の, 既にお気づき, 既にそれ, 既に察したであろう, 既に察知, 既に御存知, 既に思い附かれた, 既に推察, 既に知っ, 既に第, 日常の, 日本の, 日本中に, 日本人の, 旦那である, 早まっては, 映画の, 是から, 更に現実, 更に進ん, 書かれた範囲, 最初の, 最後の, 最後まで, 最早露西亜, 未だ首, 本当にし, 本当に平林さん, 本文と, 本書において, 本書の, 朱雀院女三の, 果して何人, 案外少ない, 極く似た, 極めて幼稚低俗, 機械論から, 次第に北国, 次頁, 正に彼自身, 正直に, 此が, 殖えこそ, 毒なく, 氏の, 気付いただろうアルフレッド, 気持の, 決してすらりと, 決してそんな, 決して作家, 決して壮大, 沙翁の, 法師丸の, 泥古, 注意し, 注意しなけれ, 注意すべきだ, 注意すべきである, 活動写真の, 涙の, 深く之, 湯屋の, 漠然と, 漫然とそれ, 無判断, 無用の, 無論の, 無関心, 物理学や, 特に注意, 現に近代文学, 現在文学作品を, 異様な, 疑いも, 病人に, 発見するだろう, 皆作中の, 皆善人な, 皆芸術鑑賞の, 益, 直ちに化生, 直ちに理解, 直ちに田舎娘, 直にそうか, 直に希臘哲学, 相手に, 知つてゐるだらう, 知らないに, 知られるであろうよう, 石崎光瑤氏の, 社会生活の, 社会的分業の, 私に, 私を, 私共の, 私達の, 種々の, 突き放された思い, 突き放された思ひを, 突っ込むかも, 竹造の, 精彩に, 納得し得るであろう, 純正な, 素直に, 索然と, 編集者の, 縦に, 繰り返して, 羽蟻という, 考えないわけ, 胃酸過多に, 胸を, 自ら, 自ら団子坂菊人形の, 自分などの, 自分も, 自然に, 自然科学の, 至る処, 船長の, 藤原氏の, 西田幾多郎博士, 見るであろう, 見落さなかったろう, 親しみと, 解決に, 証券と, 試みに, 認識するであろう, 誤解し, 読ませられる, 読まれること, 読者で, 読者自身何も, 諒と, 諸君の, 貨物の, 近代哲学に, 迷ふ, 追ひ, 遂にこう云うだろう, 過去の, 野寺という, 長い説明, 長江の, 間もなく後悔, 限定され, 陸軍の, 零落に, 青年が, 面白く読む, 頁の, 驚くだろうか, 鹿太が, 黙っては

▼ 読者~ (578, 11.9%)

9 して 7 紹介する 5 与える 4 とつて, 取つて, 向かって, 提出し 3 サスペンスを, 与えること, 伝えること, 提供し, 迫って

2 [27件] おことわり, お伝えしよう, なって, わかりやすい, 与える印象, 伝へる事, 向って, 呑み込んで, 多少にも, 多少の, 悲しさ, 感じさせる, 押し売りし, 提供する, 断って, 暗示する, 犯人が, 甘えて, 示すこと, 紹介したい, 要求し, 要求する, 見て, 見参する, 訴へる, 話して, 読んで

1 [472件] あたえること, あたえる印象, あたへ, あっては, あなたを, あらんかとも, ありがたいの, いきも, いだかせるよう, いったいどんな, うけが, うけるという, うっちゃりを, うりつける隙間, うるさいこと, おかしみと, おしらせしたい, おそらくは筆者, おのずから判る, お任せする, お伝えし, お伝えしたかった, お断りし, お目, お知らせし, お詑びしたい, お願いする, かいて, かけて, かこまれても, このさき, このやや, この評論集, こびるの, これらの, こんな羞, さういふ訓練, ささげるという, しうるつもり, しばしばその, すぎないという, すすめても, すまない, すまないことみたい, すまない結果, すまぬと, せまらねば, そういう意味, そうした隠れた, その人, その作品, その日記, その本, その難渋, それが, それだけの, それなりの, それについての, それを, たずねられたならば, ただそれ, つたえたい何もの, つたえようと, つたへよう, つまらぬ読み物, とうてい推察, ときあかされる, とくと了解, どうして伝へ得る, どれ丈人生の, どんな感銘, なした約束, なじみの, なせる作者, なったこと, なったばかり, ならないこと, のこされるもの, のぞむ所, のみこめるよう, のりうつり其の, はっきりした, まかせる, まじって, まず探偵小説的興味, まみえるには, まみえる日, まみえ平家, まれには, みられない屈従, むかって, むつかしい感じ, もう一度詫びなけれ, もたすよう, やんやと, よくわからせる, よまれて, よりて, わかって, わかつたらうと, わからないかも, わかるであろう, わかるところ, われわれが, アッピールする, アナクロニズムの, ウケが, ゴルバートフの, 一つの, 一も, 一事を, 一任し, 一定の, 一層はつきり, 一度読まれる, 一様に, 一種の, 不快不潔感を, 不愉快な, 不満の, 不純な, 不親切な, 不足を, 与うるの, 与えずには, 与えた人間的, 与えて, 与えないこと, 与えない陳腐, 与えられて, 与えられるだろう, 与えるかも, 与えるけれど, 与えるし, 与えるであろうか, 与えるなれば, 与えるの, 与える丈, 与える何もの, 与える効果, 与える寧ろ, 与える感銘, 与える虞, 与えれば, 与え得ると, 与ふるに, 与へ, 与へること, 与へれば, 主観的分子を, 了解し, 予め御, 予想し, 予期し, 予期しない, 二つの, 云わせたら女優, 些かてれくさく, 享け, 今の, 今まで, 今日無限の, 代って, 任せる方法, 会うと, 会っても, 伝えて, 伝えようと, 伝えるかも, 伝える悦び, 伝え以, 伝は, 伝ふべき, 伝わって, 何かを, 何の, 何を, 何心なく, 余りにも, 余計な, 作中の, 作者と, 促さないとしても, 保障しよう, 信じて, 倦きられる, 働きかける仕組, 共通な, 出来て, 分からないだろうかと, 分って, 分らないと, 分らないので, 分りよく, 分ること, 分るまい例, 分る時, 判りにくい, 加る, 加速度の, 北海道へ, 十分な, 十分の理解を, 千度読まれとうござる, 千度読まれる, 印象される, 印象せしめ得れ, 印象づけたらいい, 印象づけること, 印象を, 厭かれて, 取っては, 取次ぐに, 受けたもん, 受けとられる場合, 受ける, 受けるか, 受けるん, 受け取られるかを, 受け取られる場合, 右の, 各, 同じ紙面, 向っては, 向っても, 吹聴しよう, 吹聴する, 告げて, 告げるまでも, 告げ得れば, 喜ばれること, 報告し, 報知する, 報道される, 報道し得る, 塔その, 売りつける方法, 多くの, 奇異の, 好かれるという, 媚びようと, 媚びる本, 媚を, 完璧の, 実在と, 実感として, 寄す, 寛宥を, 尚沢山指摘, 当たらぬの, 形ある, 役に立つよう, 御紹介, 心ゆくまで, 必ずある, 忠告する, 忠言を, 思いも, 思い浮ばすよう, 思い起こさせるだろう, 思ひ出させる, 思われて, 惜し気, 愛されて, 愛せられる娘, 感じさせて, 感じさせないでは, 感じさせること, 感じさせるだろう, 感じさせるの, 感じられねば, 感ぜられるよう, 感受せし, 感想を, 感謝し, 感銘せしめる, 感銘を, 感銘深く, 或る, 批判力が, 投ずること, 抱かせつつ, 抱かせる習, 押しつけたくは, 持つやう, 探偵と, 推察せらるる, 提供し得たなら, 提示する, 教えて, 教える, 教へて, 文化的に, 断わって, 断わつたの, 断わるべきである, 於ては, 於ても, 日本の, 早川辰吉の, 明かに, 明らかな, 明らかに, 暖い, 更めて, 最も生々, 最も直接, 有したと, 本質の, 欠けて, 款待や, 歓迎され, 歴史的な, 比べれば, 比較的縁遠かっ, 氏が, 気づかれ無いよう, 気に入りそう, 気の毒な, 決定的な, 注意した, 注意したい, 注意ぶ, 注意を, 流させる涙, 消化吸収せらるる, 深い感慨, 清新な, 満足を, 漠然とながら, 片眼, 物語らんと, 物語ろうと, 特に, 犯人の, 珍しさ, 珍味異, 理解させ, 理解される, 理解し, 甚だ好もしい, 生活感情として, 省察させる, 真夜中の, 真相を, 眼光を, 知って, 知らしめる, 知らすわけ, 知らせたいだけ, 知らせたくなる, 知らせて, 知らせないという, 知らせるため, 知らせる事, 確かめ置きたき事, 示さうとは, 示さねば, 示して, 示しほか, 示すため, 示すほう, 示す工夫, 示す必要, 私と, 科学に対して, 種々なる, 種々の, 立証する, 端書を, 笑われるかも, 篤と了解, 約する明日, 約束し, 納得させたい, 納得させる, 紹介し, 紹介しなけれ, 紹介しよう, 絶対的必要な, 考えさせるもの, 考えさせる言外, 考えて, 背負い投げを, 膝を, 自分たちの, 興味が, 興味の, 行渡らず種々, 見えると, 見えんと, 見せて, 見せること, 見当の, 親しく話しかける, 親しく読み酌まれるであろう, 親しませるか, 親しまれて, 親しみが, 親しみを, 親切で, 親切な, 親密, 観せること, 解説する, 言い直そう, 言う私, 言外の, 記憶され, 訴えたいもの, 訴えるの, 訴えるもの, 訴え暗示, 訴え読者自身, 詳しくわかっ, 誇示できない, 語って, 語られようとして, 語る義務, 誤った知識, 誤解なき, 誤解を, 誤読の, 読ませたら途中, 読ませるため, 読ませると, 読ませるよう, 読まれたこの, 読まれようと, 読みやすい, 課した中, 謂わば, 譲ること, 負うて, 賞品を, 起させて, 起させるの, 起らざるを, 迎えられた, 迎えられたの, 迎えられないのみ, 迎えられるよう, 近づきやすく, 迫るもの, 迫る力, 追随する, 送りわが, 送るぐらい, 通じたとき, 通じないの, 通じるだろうと, 連想せしめよう, 違ひあるまい, 配布され, 鈴木茂三郎君を, 電光の, 響くだらうし, 頒つ, 顔を, 願うところ, 願って, 風呂場の, 飢餓の, 首肯させる, 馬鹿馬鹿しさ, 馴じみの, 馴染ぶ, 馴染深く, 驚異を, 高雅な, 鬼頭博士の, 魯迅の

▼ 読者諸君~ (406, 8.3%)

14 はこの 7 はよく 6 の想像 5 の御, はご, もご 4 のご, の前, はすでに, はその, はとっくに

3 [12件] この秘密, ご安心, にお, のため, の中, の注意, の興味, はきっと, はもう, は御存知, もすでに, よ

2 [25件] がよく, なんだか心配, にし, にはおなじみ, に取っ, に私, のうち, のお, のよく, の健康, の方, は, はあの, はあるいは, はお, はここ, はそれ, はそんな, は法水, は私, もご存じ, もよく, も御, も御存知, も気

1 [258件] いったいこれ, おわかりです, かくして二十面相, からの切, からみれ, から余輩, が, がお気づき, がこ, がこれ, がこれから, がご, がさ, がすでに, がその, がとつく, がみずから判断, がヴィクトル・ユウゴウ, が伝手, が余, が先刻, が厭き厭きし, が吃驚, が各々おきめ, が已に, が御存知, が悟られるであろう, が想像, が最も, が認められる, こうした一家, こころみに, このとき, このわけ, このマツ, この一篇, この二つ, この会話, この少年たち, この明智, この詩, この銀貨, この青銅, これから当然悪漢たち, ご心配, じつはこの, そのとき, そのとき漁師町, その不可解, ちょっと思いだし, でもし, とっくにご, と僕, と共に, と共に故, と共に熱心, と共に私, と無駄話, どうか僕, にあらかじめ, においてもこの, においても早く, におくる, にこの, にこれ, にとってはこれ, にのみ込めた, にはお, にはだいたい, にはっきり, にはどうにか, にはなはだ, にはもう, にはスリル, にはハハア, には何, には明白, には興味, には見えるであろう, には覚え, にもこの, にもただ, にもひ, にもらし, にもわからぬ, にも容易, にも想像, にも研究, にも臓器, にも諒解, にわかる, にコンナ愚痴, に一応, に一言, に伝へたい, に作者, に向かっ, に告げ, に報告, に失礼, に対していささか, に対する非礼, に広告, に御, に披瀝, に挙つて尽力, に接近, に推薦, に於, に明らか, に特別, に申しあげたい, に紹介, に興味, に訴, に詫び, に語った, に語る, に迷惑, に龍村さん, のあらゆる, のいくぶん, のつとに, のゆたか, の一粲, の今, の何人, の共鳴, の内, の同意, の大, の大半, の好奇心, の常, の想像以上, の批判, の推理, の教え, の既に, の旦那さま, の旧知, の殆, の理会, の甚大, の目, の眼, の知られる, の裁断, の記憶, の重い, はあさ子, はあっと, はいつか, はうずうず, はうなずかれるであろう, はくやしく, はこ, はこれから, はすこし, はすでにすでに, はそれ等, はた, はただ, はとくに, はなにゆえ, はふしぎ, はみだりに, はもうとっくに, はもしか, はやむなく, はよもや, はわかっ, はわし, はスペイン, はダンネベルグ, はパイ軍曹, は一応, は一驚, は不審, は井戸, は人間, は低調, は何故, は先年, は六馬立て, は其為, は嗤, は塚原俊夫君, は多分, は大智勝観氏, は大菩薩峠, は女主人公滝人, は学校, は定め, は定めし, は宜しく, は小学生, は御, は御存じ, は心, は思ひ当るであらう, は想像, は戸山ヶ原, は承知, は支倉, は次, は此, は水道, は盤得沙婆, は眼, は知るだろう, は神戸牧師, は聴かれた, は自分, は論者, は講談, は黒い, まだ安心, もお, もけっして, もさだめし, もじゅうぶん, もすぐ, もその, もつぎ, もとっくに, もまだ, ももう既に, もゴリラ, も中学, も倦, も多分, も大方御存知, も安心, も定めし, も御存じ, も思い出される, も想像, も既に, も知っ, も考え, も蕨, よここ, よこの, よしばらく, よ此, を今, を化かした, を益する, を草木, を退屈, 名探偵, 御承知, 特に反対意見, 甚だ御, 程はその, 若し昔, 請う誤認

▼ 読者~ (330, 6.8%)

27 して 7 もって 6 獲得し, 納得させる 4 あっと, 導いて, 相手に 3 予想する, 想定する, 持って, 煙に

2 [19件] ある数, うつもの, ひっぱって, よろこばせること, 侮辱する, 共同作者と, 吸収し, 大衆的に, 待つて, 怯し, 意識し, 最後まで, 欣ば, 欺す, 満足させる, 繋縛し, 釣って, 面白がらせる, 馬鹿に

1 [222件] あまく見, あやまるという, あんまりだまさない, あッと, いざなって, うって, うつ真実性, おどろかすもの, かなり持っ, ぐいぐい引込ん, ごまかして, ごまかし説教壇, その血, それほどまでに, ぞっとせしめる, たいくつ, ただ眼前, たのしませるだけ, たぶらかす, だまして, だましは, つき離す処, つよく動かした, とらえて, なして, ねらうスリラー小説, ひいて, ひきずつては, ひきつけない, ひきつけると, ひきつける牽引力, ひきつけ労働者, ふやすため, みんな悩まし, もつ, もつて, もつと, もつ作家, もつ作者, ゆたかに, よろこばすこと, よろこばせるばかり, よろこばせる小説, わざわざ鉄砲, ケムに, ゲラゲラ笑, ノッピキならぬ, 不安の, 不必要, 中途で, 予想した, 五里霧中に, 作中の, 作品の, 促が, 信じて, 倦ませるの, 倦ませる恐れ, 倦怠の, 共同作者として, 刺戟する, 助手に, 動かそうと, 区役所や, 医した, 占有する, 反撥せしめる, 吃驚させる, 哄笑せし, 唆か, 問題に, 啓蒙し, 喜ばす, 喜ばすに, 喜ばせるの, 嚇かす, 圧するよう, 圧迫する, 大向と, 失うこと, 失望させただろう, 失望させる, 始終喜ばせる, 威嚇し, 婚姻の, 将来に, 導き入れるため, 少数の, 尤もに, 居心地わるく, 市場と, 弄ぶ探偵小説, 引きつけた人, 引きつけて, 引っかけて, 引っ張って, 引入れる, 待つに, 得たとき, 得ること, 微笑せし, 心に, 怒らせては, 怖がらせて, 思い出す, 悩まして, 悩ませる, 情痴読者だ, 惑わすたの, 想定した, 惹きつけたの, 惹きつけた原因, 惹きつけながら, 惹きつけようと, 惹き付ける大, 惹くもの, 惹く他, 意識した, 感じた, 感動させた, 感動せしめ, 打つ, 打つ理由, 拉したいの, 持たないから, 持ち得ない, 持ち続けて, 持った時代, 持つて, 持つ娯楽雑誌, 捉えようという, 掴む秘伝, 放置した, 救って, 教へる, 教訓する, 旋風に, 最後の, 有するもの, 有する新聞雑誌, 有する訳, 有た, 有って, 極度に, 楽しませるといふ, 次へ, 殆ん, 民衆的に, 深く愉しませる, 深く考えさせ, 混乱させる, 混乱に, 満足させた, 満足させなかった, 満足せしめる, 無視し, 無視する, 焦らすよう, 牽きつけつ, 牽くに, 獲得した, 獲文壇, 現場に, 甘く見, 益すること, 目的として, 相手として, 笑は, 糾合する, 納得させられない, 納得せしめなけれ, 組織し, 絶叫せしめた, 考えさせその, 考えて, 聴き手, 肯かせるところ, 興がらせる術, 興味索然たらしめる, 苦しませる, 茶化す思い, 要求いたします, 見出すよう, 誘い寄せた, 誘うため, 誤解させる, 説得し得ない, 説服する, 軽蔑し, 軽蔑しきっ, 軽蔑します, 軽蔑できるだ, 迷わす, 迷わすだけの, 迷わせるところ, 追いつめて, 退屈がらせた, 退屈させ, 退屈させた, 送迎に, 釣り歩い, 釣るすこぶる, 限定し, 除ける一天四海, 随喜せしめる, 面白がらせよう, 頭の, 飽かすはず, 飽かせつ, 首肯せしめる, 驚かせずには, 驚かせるに, 驚かそうと, 驚した, 驚異せしめる, 魅し, 魅するであろう, 魅するもの, 魅了すれ, 魅惑し, 魅惑する, 魔術し

▼ 読者~ (259, 5.3%)

4 自分の 3 あるならば, そこまで, 既に見

2 [13件] あるかも, あれば, この点, そこに, それを, ひとりも, 作家に, 容易に, 彼の, 既に瞥見, 次の, 知るとおり, 私の

1 [220件] ああいう, あったなら私, あったら一つ, あったら教え, あの作品, あまりハキハキした, あやしむという, あり更に, あるそう, あるだろう, あると, あるという, あるなら僕, あるよう, ある事, いって, いる筈, おどおどした, かかる本性, かなりおります, かなり居る, きめて, ことごとく, この一点, この上なく完全, この定義, この小説, この思想, この抑揚, この最後, この男, この著作そのもの, この論文, これから読まん, これまで, しばしばああ, しまいまで, すでに, すでに充分, すでに光源氏, そう思う, そこから, そのうち, その作品, その前句, その場, その旧き, その歌, その部分, それに, それによ, それによって, ただ面白く, たぶん知っ, ちょっと面白, ついて, つくこと, とんだに, どれほど, どれ程, ひきこまれて, ふえたという, ふえて, ふえ地位も, ふさわしい時期, へったわけ, ほんの三年前, まじめに, まだ少なく, まだ知らない, まだ考え, まるで僕, めいめい胸の, もし丁坊, もし更に近く, もし私, もって, よくない, よりよく理解, よろこばぬという, わの, ゐないとは, ゐるかも, ゴルボー屋敷で, ズンズン減っ, トリックを, マーク・セーバーに, 一万人は, 一人の, 一人も, 一人や, 一層山本氏, 一日も, 一見し, 不自然を, 与えられて, 二階に, 五里霧中に, 今日の, 今眼前, 佐伯は, 何か, 何十万という, 作品から, 例えば五千人, 信任と, 倫理的に, 光源氏を, 出会うページ, 前に, 労を, 勝手に, 十二まで, 単にその, 同様の, 名称などに, 喜んで, 困って, 増したこと, 夏の, 多い, 多すぎる, 多分に, 大仏氏に, 夫, 好むから, 嬉しいの, 子供達の, 寝ながら, 小説を, 少いばかり, 少くて, 少なくない, 当時の, 彼に, 御存知の, 心を, 必ずしも, 怒らないうち, 思うかも, 思ふほど, 悦ぶだろから, 悪いの, 想像する, 感じて, 感心する, 戯曲形式を, 承知しない, 承知しなく, 文章に, 新聞小説に, 新聞紙で, 既に察するだろう如く, 既に御, 既に知っ, 既に知られた, 既に知り過ぎる, 既に認め, 明晰に, 最も眉唾物, 最初の, 東洋を, 次郎, 此方を, 歯がゆがっ, 歴史に対して, 氏から, 民衆という, 沈黙し, 泣いて, 泣こうと, 深い興味, 清少納言に, 減ったという, 演出者たる, 漢字の, 為すところ, 無くなろうとも, 生じるの, 皆そうした, 知って, 知らず知らず楽しい, 知る如くである, 社会記事や, 私と共に, 笑ふ, 精神を, 納得させられない, 絶無であった, 継続し, 緊張し, 羨むから, 考えたって, 考えなければ, 自ら所有する, 自分において, 自分自身にとって, 自分自身の, 興味を, 若し此問題, 苦情を, 著者に, 血肉を, 要求し, 見たとおり, 見れば, 見誤らないよう, 記憶する, 読む, 読むの, 読んで, 読者な, 誰である, 誰よりも, 軽率にも, 近づきであるところ, 閑静なる, 雑誌を, 面白さ, 飽いたらすぐ

▼ 読者~ (186, 3.8%)

5 知って 4 あろう 3 あるかも, しこの, 作者も, 御承知 2 そのつもり, また私, よく知っ, 先刻御, 厳粛で, 御存じの, 想像された, 想像されたであろう

1 [149件] あったろうと, あの性格, あらうが, あらかじめ頷かるるであろう, ある, あるであろうが, あるであろうと, あるとか, あるの, あるべけれども, あろうが, あろうし, いくらかの, うんざりするだろう, おありであろう, おそらく想像, おられる, お互いに, お気を, お聞き及びであろう, お解り, お馴染, かかるもの, きっと思いあたられる, ここに, このこと, この作, この回, この寸刻, これだけは, これを, ごぞんじ, ご存じの, ご案内, しその, しばらく我慢, し難波, すでに察せられるだろう, すでに御, すでに御存知, そういう点, そう想像, その人柄, その意義, その暗い寒, その積り, その細君, その識別, それだけを, それを, ついぞこれ, どうかし, どうかその, なかろう, はじめの, ほぼ察し得たであろう, またすでに, またはればれ, また原田某氏, また実際, また探偵小説, また明日, まだよくおぼえ, もとより御, ウンザリし, ソー, ドギモを, プロレタリア文化出版物の, 一人のこさずよむべき, 一般にこの, 不満を, 之と, 亦辛い, 亦面白から, 何ら変り, 余り当て, 作中人物さえも, 作家も, 信じて, 充分の, 公衆なら, 共々に, 出て, 前山翁も, 十分お, 可なり, 合点されるであろう, 合点せられる, 同様であらう, 堪へ得ない事, 堪らないだろうし, 多いかも, 多いこと, 多いと, 多いの, 多かろう, 多分もうお, 定めしそれ, 定めし鼻持ち, 実にとまどい困惑, 容易に, 少なくも多少の, 已に気づかれたであろう, 従って批評者, 得るところ, 心に, 必ず僕, 必ず聞いたろう, 忘れないで, 思い出されるであろうが, 思掛けなかっただろう, 想像出来るだろう, 憂鬱だろう, 成るべくなら他人, 或はゴーリキイ, 折が, 探偵小説の, 数多くあっ, 新東亜, 既に御, 既に想像, 昔の, 更めて, 気が, 気らくに, 注意が, 津村と, 深く考えなけれ, 特定の, 獲得出来よう, 用心し, 看過し給え, 知るよう, 私を, 笠井さんを, 絶望し, 義仲にたいして, 肩を, 記憶されるであろう, 記憶し, 記者も, 認められるであろうよう, 警戒御, 銘々に, 銘肌せよ, 陶酔的で, 陶酔的であったらしい, 高橋氏自身も, 高級に

▼ 読者には~ (144, 3.0%)

4 何の, 先刻お 3 興味が 2 あまり面白く, もはや明瞭, 分らないの, 私が, 興味の

1 [123件] あまりに平凡, いくらか興味, いちいち眼, いっこう痛く, おそらく分かり, おのずから明らか, おわかり, かえって肩, かなり立派, がまんが, きっと受ける, こういう層, このなぞ, この人物, この本, この点, こまかい心, ぜひ熟読, そのまま呑みこめない, その全部, それが, それに対して, そんな程度, たぶんまた, ちょっと分らないであろう, ちょっと想像, つきり, とうてい端倪, どうしても当人, どうで, どちらが, なお更, なんとも古典, はっきり分る, ひっきょうこの, ぴったりと, ふり仮名なし, また多少, まだおなじみ, まだそれほど理解, まだ明, むしろ迷惑, もう剣, もの足りない, もはや往年, やっと始め, やはり人間正成, やや意外, わからずに, わからない, わからなくても, わかりが, 一人の, 一向興味, 一応参照, 一種の, 一般に, 下界で, 不向きかも, 久江という, 何か, 何を, 余り興味, 余り面白く, 余程難, 便利である, 偏愛される, 充分理解, 先生が, 全く親しみ, 分って, 分るけれども, 判りきったマヌケぶり, 別に陰気さ, 別段不思議, 匿名だけが, 十分の満足を, 十分望めぬ, 受けないか, 古典が, 向かぬかも, 多少難解, 大阪の, 如何か, 定めし意外, 容易に, 少しく説明, 少しも, 少年の, 弱るが, 忍び難い, 思はれるだらうが, 恐らく分らないであろう, 或は不満, 或は詩人哲学者, 既に悟られた, 歓迎され, 殆ど一顧だに, 気にいられないよう, 水夫が, 物語全体が, 珍らしく, 理解し, 申し訳ありません, 眼新しく, 知らせて, 私は, 紅葉の, 細い不満, 絶対に, 自明の, 草心尼や, 親しみの, 観取される, 解しかねるであろうが, 訳の, 誤解を, 読みよい, 通じないかも, 適用しない, 面白い場合, 面白くあるまい, 馴染の

▼ 読者~ (58, 1.2%)

4 作家との 2 なり自作, 協力し

1 [50件] いうものの, いえども, おわかれする, お別れしなく, この作者, したの, して, してと, しなければ, し得るし, するよう, する婦人大衆, する雑誌, すれば, ちがって, なつた, ひとしく味, わざわざ私, ゲームを, バルザック西鶴を, 作者との, 倶に, 先輩と, 共にだ, 共に語り, 初めてお, 別れるに, 別離を, 半々に, 友達に, 各の, 同水準, 戯れて, 批評家とを, 智恵くらべ, 智恵を, 書かない方, 武子さんの, 異つて, 筆者たるを, 編集者たちとの, 老人とに, 聴取者とは, 自己との, 観客の, 記者, 記者併し, 購買者とは, 違つてゐる, 雖も

▼ 読者にも~ (55, 1.1%)

2 なじみの

1 [53件] あの当時, いろいろある, おぼえが, おわかり, お飲み込み, お馴染, するであろうし, そのアスパラガス, ひろくよまれた, またありあり, またべつ, また懐しい, もう判つ, よく判る, わかって, 不評判の, 中途半端で, 何等かの, 先刻お, 全部知らされ, 分かりやすい, 受けるし, 和やかな, 唐突たらしめ, 多幸なる読む, 強制し, 彼の, 従ってロシア, 御推読, 想像が, 感じられた, 感ぜられる, 我慢の, 或る, 推察が, 明白に, 歓迎された, 気にいって, 無用で, 理解される, 知らせて, 考えさせるといった, 考えて, 肩を, 興味ある, 解って, 諒恕し, 退屈だろう, 都合の, 鑑賞される, 間もなく知れよう, 馴染の, 黄村先生の

▼ 読者から~ (54, 1.1%)

3 云えば

1 [51件] いうと, いただいたこと, いただいた手紙, いろいろの, おたずね, おほめ, きくよう, こう云う, ずいぶんいろんな, その自我, そんな誤読, ぼく宛てにも, また絵図, フロイドを, 何かの, 作家へ, 出たの, 厚い感謝, 反問され, 叱られるに, 叱責され, 同地方, 名が, 寄せられた考証, 寄せられた資料口碑, 寄せられた遺蹟, 影響され, 得る事, 愛情の, 愛惜の, 手紙を, 批判され, 批評や, 抗議が, 数通に, 日記や, 時々誤謬, 次の, 無縁な, 種々お, 笑って, 笑つてもらふ, 笑はれる, 紀行文家を, 色々愚, 若干の, 蒐め, 見ると, 観て, 贈られたもの, 集めた批判

▼ 読者~ (54, 1.1%)

2 余は, 吾人が, 記憶せよ, 請ふ

1 [46件] あの卓越, いかに勇気, いろいろと, かくの, この世には, これで, これ実に, その少し, それは, それを, そんなにおそく, もしここ, よもや貴方, わずかな, 乞うこの, 乞う吾儕, 今こ, 今暫らく詩人, 何うであろう, 何卒茲, 余の, 初めて此犯罪, 判断あらん, 卿等若し, 吾人の, 呆れては, 命あら, 如何にも是, 小山夏吉は, 思わずはつきり自分, 愛する美しき, 我は, 旦那に, 是だけの, 是等の, 目科は, 老人の, 聞かないで, 自分は, 見物よ, 許されよ, 許し給へ, 許せ我が, 試みに, 誤解する, 読者は

▼ 読者~ (46, 0.9%)

3 の質

1 [43件] からでも考えついた, からは完全, がかわっ, がまだ, が之, が過去, が階級的, でもない, となる, との政治的文化的イデオロギー, とよぶ, においては社会, にそれら, に人望, に参加, に応じ, に訴, に訴える, に輸入, に迎えられ, の中心, の何割, の大, の如何, の為, の興味, はこの, はさすが, は再び, は必ず, は所謂総合評論雑誌, は芸術小説, をなし, をひろげ, をも検, を包含, を持つ, を捉えるべく, を満足, を獲得, を発見, を組織, を見出し

▼ 読者にとって~ (37, 0.8%)

1 [37件] あの人, かなり重要, これほど, せめて読ん, そう理解, その作家, それは, たぐい稀な, どうあろう, なんらかの意味, はっきりし, やはりそれ, ゾシチェンコは, ムツかしい, 一種の, 不快で, 二が, 今日何か, 他の, 刺戟が, 幻滅以外の, 後述の, 感銘的な, 明かに, 最も注意, 最も知りたい, 甚だしく, 相当親切, 義務意識を, 興味ある, 興味が, 興味と, 良書な, 非常に, 馴染ふかい, 魅力が, 魅力を

▼ 読者として~ (31, 0.6%)

2 何度この, 私は

1 [27件] あらわれて, この座談会, そういう諸点, その消費者, その質, それを, ちよつと, どんな作家, 云わば, 今日立ちあらわれ, 土台その, 婦人の, 彼の, 心から楽しく, 心に, 或る, 手に, 批判の, 批評する, 数々の, 本格物に対する, 男と, 私たちは, 置かれて, 考えて, 見ず作品, 農村教師としての

▼ 読者大衆~ (30, 0.6%)

2 の中, の間

1 [26件] から要求, がどういう, が支持, ではなく, と, との生きた, との関係, と作家, に切実, に報告, に小説, に説明, の, の側, の小説, の手, の文化的, の複合的, の選手, は知的, も含めよ, をこの, をみない, を五里霧中, を喜ばし, を捕える

▼ 読者である~ (27, 0.6%)

5 我々は 3 かということ 2 ばかりでなく, 私たちの

1 [15件] かというところ, かという点, が未来, よりひろい, わたしたちに, 一人の, 大衆に対して, 己れ, 我々に, 方々くらいの, 暇が, 知識人労働者すべてからの, 私を, 私達が, 自分の

▼ 読者との~ (27, 0.6%)

3 間に 2 関係は

1 [22件] いきさつを, ために, むすびつき, インチメートな, 一般的関心の, 上に, 前に, 問答で, 微妙な, 懇談会を, 直結を, 相関の, 結びつきは, 諸関係, 謎解き, 間にすら, 間には, 関係からだけ, 関係では, 関係には, 関係を, 黙契的諒解の

▼ 読者諸氏~ (22, 0.5%)

2 は本書

1 [20件] から寄せられた, が依然, と共に起稿当時, にいか, にことわっ, には二回, に於い, の参考, の反響, の援助, の望外, の燈下, はこの, はその, は何物, は此等, もそう, もたぶん, も少なく, を以て最も

▼ 読者たち~ (21, 0.4%)

1 [21件] からは此, がその, が書物, が案外, とは知っ, にとって, にも極めて, によろこばれる, に奉仕, の数々, の熱心, はあの, はこの, はそれ, はとくに, はぴくり, はマリイ, は大仏氏, は検閲, は誰, もアンタン

▼ 読者としての~ (21, 0.4%)

2 大衆の

1 [19件] あなたは, ゴーリキイの, 一定の, 不満とを, 作家, 作家や, 大衆は, 婦人に, 婦人も, 心も, 感情も, 日本人に, 私たちの, 立ち場から, 立場から, 自分たちが, 興味を, 見地に, 関係で

▼ 読者という~ (20, 0.4%)

9 ものは 4 ものを 2 ものの 1 かたまった存在, ものが, 側から, 表現の, 関係でだけ

▼ 読者にとっては~ (18, 0.4%)

1 [18件] あるいは国家主義, かなり有益, こうした一見奇怪, この種, どのよう, なんの, また特殊, むしろ問題, むしろ来る, 不快な, 不思議の, 余り面白く, 全, 唯祖先語, 必要欠くべからざる, 或いは煩わしい, 推理小説は, 既に日本

▼ 読者自身~ (16, 0.3%)

1 [16件] がしっ, がよく, が今度, が日常, に一任, に切実, のこと, の心境さ, の思索, の想像, の生活, の研究心, の胸裏, の自由意志, の見識, の身の上

▼ 読者と共に~ (15, 0.3%)

1 [15件] きかうと, この消防法, しばらく空想, もう一度芝居, ゆっくり読みすすめる, 刮目し, 旧稿, 早速次郎, 残念で, 相酌む, 眼を, 考えて, 芭蕉俳句における, 記憶すべき, 遊ぶ気

▼ 読者諸子~ (15, 0.3%)

1 [15件] からいろんな, が上, が名前, が決して, に伺つて, に描写, のうち, の一覧, の御覧, の身近, は赤裸々, もすでに, も御多, よ, をこんな

▼ 読者からの~ (13, 0.3%)

1 [13件] お叱, こまかい反応, とがめを, 反響が, 反響である, 反響も, 年賀や, 手紙に, 手紙の, 注意によって, 特徴の, 称讃状感謝状です, 要望も

▼ 読者~ (13, 0.3%)

2 批評家や

1 [11件] 演出家や, 私なぞが, 筆者に, 聴衆が, 著者の, 見物の, 見物を, 見物客を, 観客という, 観客も, 観衆は

▼ 読者~ (12, 0.2%)

2 あつて 1 あつたの, すらあつ, その時, また後, 出京の, 利害は, 小説が, 小説をも, 直接注文も, 終ること

▼ 読者諸賢~ (12, 0.2%)

1 [12件] とともにこれ, に対して作者, に謝罪, の判断, の叱正, の為, の理会, の諒解, は恐らく, は首肯, もし, も小生

▼ 読者への~ (11, 0.2%)

1 [11件] あいさつだった, サーヴィス, 勧誘状を, 問題と, 序言, 影響いかんが, 影響を, 注意までに, 礼を, 説得力を, 責任という

▼ 読者にとっても~ (10, 0.2%)

1 おそらくあまりにも, なかなか面白い, また新聞当事者, 作家にとっても, 作者にとっても, 十分関心を, 害悪しか, 歓喜の, 興味深かった, 苦難を通じての

▼ 読者~ (10, 0.2%)

1 お断りを, お答えする, ささげる, よませる素材, 作品を, 挑戦, 断わって, 無関心, 特別の, 相当興味

▼ 読者では~ (9, 0.2%)

2 なかった 1 あるが, あるもの, いくら田舎新聞, ない, ないつもり, なかつた, なくて

▼ 読者にと~ (9, 0.2%)

8 つては 1 つて煩わしい

▼ 読者に対して~ (9, 0.2%)

1 さながら愛郷塾, その総て, アンフェアだ, 一定の, 一足飛びに, 全的に, 江戸時代の, 著者の, 頼むわけ

▼ 読者とが~ (8, 0.2%)

1 いつの間にやら, そういうもの, 互に困難, 智恵くらべする, 熱狂し, 現代に, 理解する, 茶の間に

▼ 読者とともに~ (7, 0.1%)

1 これから注意, その不備, もう一度この, 事件を, 喜びたいと, 次の, 考えて

▼ 読者に対する~ (7, 0.1%)

1 報道の, 愛敬とから, 気兼ねや, 誠実さが, 譲歩が, 責任です, 関係は

▼ 読者よりも~ (7, 0.1%)

1 かく云う, はるかに, もっと幹部, 作家自身の, 数等優れ, 気違ひじみ, 遥かに

▼ 読者~ (7, 0.1%)

1 からいえ, ではどよめき立っ, にある, において生ずる, にも日本, の方, の要求

▼ 読者大会~ (7, 0.1%)

1 だけには去年, で, では昼夜, の帰途, はあす, への出席, へ行く

▼ 読者とは~ (6, 0.1%)

1 ほんとに敏感, 併し, 共通でなかった, 出版物を, 実に卿等, 平凡な

▼ 読者なら~ (6, 0.1%)

1 ばおのずから, ばジャーナリスト, ば彼, ば私, まず頼もしい, 誰でも

▼ 読者~ (6, 0.1%)

1 で私, には甲, には粗雑, にも必ず, の読者, もし小児

▼ 読者諸兄姉~ (6, 0.1%)

1 にお, にもこの, の多幸, の御, もお, よ卿等

▼ 読者たる~ (5, 0.1%)

2 私であった 1 人間の, 僕の, 民衆の

▼ 読者でも~ (5, 0.1%)

1 一旦それ, 段々この, 知って, 知る事, 考えられなかったでしょう

▼ 読者をも~ (5, 0.1%)

1 その中, ひきつける一応, ひっくるめての, 含めて, 科学的な

▼ 読者自ら~ (5, 0.1%)

2 作り出すこと 1 が学問, も指, 聞いて

▼ 読者諸兄~ (5, 0.1%)

1 にこの, に安心, の峻烈, は彼等, へのよき

▼ 読者諸君私~ (5, 0.1%)

1 がこう, のお話, の余り, はここ, は偶然

▼ 読者からは~ (4, 0.1%)

1 ずいぶん怠慢, 動きが, 常に無, 思い切り非難

▼ 読者~ (4, 0.1%)

1 からです, といふ, とするなら, ね君

▼ 読者であった~ (4, 0.1%)

1 ことが, のだ, 中間層の, 私は

▼ 読者においても~ (4, 0.1%)

1 この方面, すでにお, 必ず異議, 賛成せられる

▼ 読者にまで~ (4, 0.1%)

1 そう予備的, 写真入りで, 直接, 移入しよう

▼ 読者によって~ (4, 0.1%)

1 割引きされる, 考えられるならば, 誤解され, 電車の

▼ 読者~ (4, 0.1%)

1 がこの, のため, の者, の趨向

▼ 読者諸君これ~ (4, 0.1%)

2 はいったい 1 がいったい, がいつも

▼ 読者諸君諸君~ (4, 0.1%)

1 はこの, はエックス光線, は既に, は私

▼ 読者からも~ (3, 0.1%)

1 勧めら, 同様な, 君の

▼ 読者だけが~ (3, 0.1%)

1 あああの, その常識, 残って

▼ 読者といふ~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, ものを

▼ 読者としても~ (3, 0.1%)

1 それからそれ, 作品そのものの, 特にその

▼ 読者とに~ (3, 0.1%)

2 相済まぬ 1 お詑び

▼ 読者とを~ (3, 0.1%)

1 広くとらえた, 貫いて, 貸与し

▼ 読者~ (3, 0.1%)

1 のだらう, のであります, のである

▼ 読者について~ (3, 0.1%)

1 いひますとね, 私は, 考えると

▼ 読者にとっての~ (3, 0.1%)

1 ひとつの, 幸運である, 手引きである

▼ 読者に対し~ (3, 0.1%)

1 其苦心は, 古典を, 茲で

▼ 読者代表~ (3, 0.1%)

1 が一般読者, である, としてその

▼ 読者~ (3, 0.1%)

1 と広告欄, の単位, は十倍

▼ 読者諸君それ~ (3, 0.1%)

1 がまあ, が却, はふたり

▼ 読者あるいは~ (2, 0.0%)

1 この論文, 諸作家

▼ 読者かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 読者しか~ (2, 0.0%)

2 予想できない

▼ 読者だけ~ (2, 0.0%)

1 なるべくなら, 切りは

▼ 読者としては~ (2, 0.0%)

1 中野好夫が, 例えば自分

▼ 読者とに対して~ (2, 0.0%)

1 その評価, 評価の

▼ 読者なり~ (2, 0.0%)

1 演出者なり, 観衆なりと

▼ 読者なる~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 読者にな~ (2, 0.0%)

1 つて潤一郎の, つて考へ

▼ 読者による~ (2, 0.0%)

1 批評と, 時事的な

▼ 読者に対しては~ (2, 0.0%)

1 どうかと, 勿論の

▼ 読者のみが~ (2, 0.0%)

1 センチメンタルでない, 作者の

▼ 読者ばかりに~ (2, 0.0%)

2 なるから

▼ 読者一般~ (2, 0.0%)

1 より先進的義務, をその

▼ 読者不要~ (2, 0.0%)

1 の理窟, の穿鑿

▼ 読者乃至~ (2, 0.0%)

2 批評家の

▼ 読者~ (2, 0.0%)

2 て如何

▼ 読者~ (2, 0.0%)

1 というもの, を組織

▼ 読者受け~ (2, 0.0%)

1 がしない, もよし

▼ 読者本位~ (2, 0.0%)

2 に作られる

▼ 読者皆さん~ (2, 0.0%)

1 の注意, の熱心

▼ 読者~ (2, 0.0%)

1 がもし, は詩壇

▼ 読者範囲~ (2, 0.0%)

1 が限定, に止っ

▼ 読者若し~ (2, 0.0%)

1 渠が, 詳に

▼ 読者観客~ (2, 0.0%)

1 の心, はこの

▼ 読者請う~ (2, 0.0%)

1 これを, 刮目し

▼ 読者~ (2, 0.0%)

1 君子の, 嬢は

▼ 読者諸君ここ~ (2, 0.0%)

1 が二十面相, で一度

▼ 読者諸君そこ~ (2, 0.0%)

1 が二十面相, へ踏みいっ

▼ 読者諸君以上~ (2, 0.0%)

1 が湖畔亭事件, は物語

▼ 読者諸彦~ (2, 0.0%)

1 に対しても同じく, へのお詫び

▼ 読者~ (2, 0.0%)

1 はその, も共に

▼ 読者~ (2, 0.0%)

1 には, にはやはり

▼ 読者階級~ (2, 0.0%)

1 には科学小説, はもと

▼ 読者願わくは~ (2, 0.0%)

1 その意, 左の

▼1* [142件]

読者あわせてこれ, 読者いやいや聞き手な, 読者どっちかが, 読者かの紀州の, 読者がくひつかない, 読者この書を, 読者これを了せよ, 読者へもが昏迷, 読者その人の, 読者そのものの生活現実, 読者たち山本氏の作品, 読者だけにその恵み, 読者だったあのレニン, 読者だつたらそのあたり, 読者であってその, 読者であらばこの, 読者であろうと思われる, 読者でさえ作品と, 読者ですなどと言われた, 読者でなく一般的に, 読者とか大衆とか, 読者としてといふ風に, 読者としてばかりでは, 読者とでも言って, 読者とに対するある種, 読者どもから今に, 読者など彼等にと, 読者などは先輩としての, 読者ならざるを得ない, 読者ならびに同門下諸賢, 読者なりの考と, 読者なんのこと, 読者なんか見やしません記事, 読者においては中学校の, 読者にこそ之を, 読者にだけ限定する, 読者によつては, 読者によっては面白いの, 読者に対してのことで, 読者に対しても甚済まない, 読者に関しては常に, 読者はかへつて鬼, 読者はははあこういう, 読者ばかりでは, 読者ばかりを相手に, 読者へに代えて, 読者へも繰返して, 読者ほか持って, 読者まかせとしたら, 読者まず私の, 読者までがこの光栄, 読者もし応用心理学の, 読者より見たる自然派, 読者よりは広く読ん, 読者よろしく心理学講義の, 読者らしく支配され, 読者をば選ばれたる人々, 読者イメージを混雑, 読者カードに所感, 読者サークル員通信員のみなさん, 読者スナワチ立チテ君ガタメマコト乾杯痛イッ, 読者ソウカト軽クウナズキ, 読者一私個人の利害, 読者万人は打たれず, 読者中憫な人, 読者中病身の細君, 読者中繊弱なる女子, 読者中親に孝行, 読者中誰か貸し, 読者ふ之, 読者以外の知識階級者, 読者作家志望者に読ませたき, 読者共通の弱点, 読者原田氏の手紙, 読者又は批評家の, 読者及びいわれるところ, 読者各位の御, 読者各位辱知の日比谷公園, 読者各自の能知, 読者名簿を調べれ, 読者翁が, 読者啓蒙を等閑, 読者へ作用, 読者大衆自身は云っ, 読者れも, 読者寄稿による, 読者少数の円本, 読者層文学作品とよみもの, 読者後半は後で, 読者心理である, 読者必ずしも不定で, 読者感想を拝見, 読者批評家の想像, 読者採点を募集, 読者既に在り予約, 読者杉山氏へのわが, 読者果して興を, 読者欺かるる勿れ, 読者然るべき幕末史観に, 読者特に相当水準の, 読者知るや, 読者確保にのり出した, 読者を読者層, 読者自ら此の時, 読者自分に対して抱かれ, 読者自身何もはっきり, 読者見物諸君は存外, 読者観者もしくは聴者, 読者記臆せよ老人, 読者試みに想像, 読者読後の感じ, 読者調整のカード, 読者調整カードというもの, 読者調整事務所といういかめしい, 読者ふこれ, 読者せよ, 読者諸君あたりの力, 読者諸君うちの婆さん, 読者諸君ごらんなさい, 読者諸君ひとつ想像して, 読者諸君ひとつ本をおい, 読者諸君みなさんも一つ, 読者諸君一つ戦ひませうか, 読者諸君事件は却, 読者諸君人間の不幸, 読者諸君作者はここ, 読者諸君北村青年はいったい, 読者諸君回数にかぎり, 読者諸君女の名, 読者諸君小林君はいったい, 読者諸君小林少年が何, 読者諸君怪盗二十面相はこうして, 読者諸君手足をグルグル, 読者諸君探偵小説というもの, 読者諸君明智探偵はなんと, 読者諸君試みに四年前, 読者諸君辻野氏はとうとう, 読者諸君逮捕された田中病院長, 読者諸君銘記したまえ戦争以来, 読者諸士滅多に夢, 読者銘々の想像, 読者階級者であるの