青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「船長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~
船長~
船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 艦隊~ 良~ ~良い 良い~ 良く~ ~良人

「船長~」 2838, 28ppm, 4139位

▼ 船長~ (796, 28.0%)

10 云った 8 いった, 言った 7 自分の 6 いって 5 口を, 眼を, 私の, 答えた 4 叫んだ, 急に

3 [11件] いいました, おどろいて, きいた, さすがに, そういっ, そういった, それを, 何も, 僕の, 入り口の, 首を

2 [48件] いまは, うなずいた, きっぱりと, ここに, これを, しばらくの, しゃがれ声, どこへ, なんの, ふと頭, また狡, むかしの, やはり冷笑, チーフメーツの, ノーマ号の, ボートの, 凭れて, 十七号船から, 十八歳の, 可笑しそう, 呟き声, 喉で, 声を, 大声で, 小首を, 平気で, 彼等の, 徽章と, 或る, 望遠鏡を, 東湾汽船に, 東湾汽船の, 欠伸を, 欲しくない, 片手に, 登別の, 私が, 私たちの, 笑った, 答えました, 考えぶか, 腕っこきで, 舵輪に, 舵輪を, 船長の, 船長室で, 非常に, 黙った

1 [600件 抜粋] あかくなっ, あくびを, あごで, あっけに, あっとひと声, あの小僧, あらたまった口調, あれからも, いかにも穏, いくらかむっ, いささかと, いつのまにかここ, いつの間にかボルク号, いつもより, いつ見, いやでも, いやどこ, いよいよ敵国, いよいよ逃げ腰, いら立って, いろいろと, うなずきながら, うなずきました, うむとうなって, おちつき払って, おどろきの, おどろくべきことば, おもわず愕きのこ, おれたちの, おれを, おろかだれでも, おろかボースンにも, お前を, かねて, かんかんに, ききかえした, きっと死ん, きびしい口調, けげんな, こいつ一つ脂を, こう云う, こう若者, こえを, この乃公, この僕, この島, この恐ろしい, この様子, この絵, この辺, これから上速力, これが, ころげ歩くばかりに, さいご, さっきから, さっきは, さっさと洞穴, さっそく船, しかし今, しきりにとめ, しきりに頭, しばらく若者, しゃべりながら, じっと怪船, じっと海面, じれ切って, じろりと正太, すぐさまこの, すぐに, すっかりあわてた, すっかり感心, すっかり驚いた, すっかり黙っ, すべての, せきこんだ, そうした不思議, そうたずねた, そう言っ, そのとき, そのマスト, その一声, その使者, その回転椅子, その家, その時, その晩, その男, その逃げ, それから, それが, それきり黙っ, それこそ, それにゃ, それほど笑わなかった, それらの, そんな口振り, そんな曰く因縁, たいへんおちついた, たいへん気の毒, たたき落とされた熊蜂, ただちにその, ただ軍隊, ため息を, だんだんストキ, ちょっと立ちどまり, ちょっと苦し, ちょっと言葉, ちょっと頭, ぢつと, ぢろり, ついに大砲, ついに激怒, ついに球, つづいて, つぶやきながら, てきぱきと, どうしても一個, どうしろ, どこへか, どんな措置, なおもじっと通りすぎよう, なかなか自信, なにかしらない, なにか変った, なるべく無電, なるべく陸, なるほど, にせ切符, にやにや笑った, ぬかりなく, のべつに, はじめて叱咤, はじめて大, はっと顔, はやる船員, ひとりごとを, びっくりした, ふしぎそうに, ほろりと, まさか後, またあくび, また言った, まだ今度, まだ十分, まだ護摩かし, まだ陸地, まだ食堂, まっかな, まったく元気, まっ赤, まるでばか, まるでチーフメーツ, まんいちの, みんなが, みんなに, むろん独身生活者, もうおはらい箱, もうすこしで, もう悪しき, もっと高い, もとより運転手, やおら起った, やきもち, やっと吃驚, やっと眼, ややその, わざとおち, わざとまわりくどいいい, アフリカ人にて, イヨイヨ平気な, インド総督の, カルルの, ガンウェーを, コウスを, コメカミを, コルクを, コーニッシ海岸に, サロンに, ジヨスリングと, スタンバイの, スタンバイを, ストキや, スミス警部と, セキストン団長の, セバスチアン・デル・カノ乗組は, ソンナ事が, ソーンダイクを, ターナーといったな, ニヤリと, ビクトリアで, ビックリした, ピストルを, ピタリと, フラン紙幣を, ブリッジから, ブルツクス牧師の, ホッと, ボーイに, ポケットから, ポーチに, マリアナ諸島まで, マントルの, ヤジローに, ルーマニア人ばかりを, ヴィデが, 一こと返事を, 一人残らず, 一同の, 一揖し, 一撃の, 一時は, 一睡も, 一箇の, 一言船客を, 丈高く, 三上が, 三人の, 三千夫が, 三千夫少年の, 三太を, 下を, 下級運転士が, 不審で, 両手を, 中央公論の, 亀の, 事務長の, 事態を, 五十銭玉を, 人ごみを, 人を, 今いった, 今では, 今ブリッジ, 今取上げた, 今鼠の, 他の, 代りの, 会社の, 会釈し, 低い声, 何か, 何だ, 何とも返事, 何を, 何時見, 保険会社から, 俺, 僕が, 僕等にも, 僕等を, 元來非常, 先にも, 全く始末, 全員を, 全能者です, 全身の, 再びその, 冷ややかに, 処女航海の, 処女航海も, 函の, 切り出した, 力に, 労働者よりも, 北上せん, 十二人の, 十円に, 午後の, 危険を, 厳然たるなか, 双眼鏡を, 反響の, 古くから, 只者では, 叫び立てました, 右顧左顧頻りに, 同情の, 吾, 周章て, 呻って, 命令し, 命令を, 唸りながら, 唸ると, 喘ぐよう, 單に, 四十恰好に, 困ったという, 坐って, 報告書を, 変わった解雇方法, 夢の, 大いに安堵, 大きくうなずい, 大きく肯いた, 大きな口, 大きな手帳, 大きな腕, 大東亜戦争, 大洋丸が, 大病に, 大聲, 好きに, 始め, 始終ちょっとそれ, 威儀を, 嬉しい事, 子煩悩な, 安楽いすの, 定よりも, 室蘭から, 寒くて, 小峰に, 小説が, 少年に, 局長と, 岩の, 帆村探偵の, 帰って, 帰りを, 帽を, 平気でした, 床の, 弥次, 弥次郎の, 当惑そうに, 役所の, 待ち受けて, 徐ろに, 微笑した, 微笑を, 微苦笑を, 心の, 怒るよりも, 怒鳴った, 怒鳴りつけた, 怒鳴りつけると, 悲しげ, 悲しさうに言, 悼ましい死, 愉快に, 意外に, 成るべく高い, 扉に, 手で, 手に, 手招きし, 技師を, 指さきで, 操舵手を, 数えた, 斬罪に, 方向を, 既に寢臺, 日ごろに, 日毎に, 早速引っ込ん, 明日積荷を, 明朝に, 明朝まで, 星を, 時計を, 暖い, 暴化の, 書類箱の, 曾呂利を, 月の, 期待に, 木像の, 未だに些か非難, 本船を, 東郷正作氏なり, 棒杭より, 椅子から, 極力それ, 概ね自室, 樟の, 横浜で, 機嫌を, 欧洲大戦生き残りの, 止めの, 正太を, 殺されて, 毛だらけの, 気つけ薬を, 水夫らには, 水夫らの, 水路組合の, 決してそんな, 決然と, 泣けり叫べり屍, 泰然と, 海員合宿所から, 海図から, 深刻な, 無念やる, 無視する, 無電技師に, 爆発した, 片目を, 猛烈な, 猟の, 甲板という, 甲板に, 甲板へ, 異様な, 発着の, 監督が, 目を, 直ちにそれ, 直ちに乗組員, 直江津の, 相変らず, 相変わらず無感覚, 真向いの, 矗立し, 矢代に, 知つて居りました, 砲の, 私に, 私を, 私達が, 突然に, 立派な, 竹見に対して, 笑いながら, 笑い出した, 答えて, 米国に, 精良なる, 紅蓮渦を, 紙の, 練習船琴ノ緒丸の, 繰返して, 考えるだろう, 考えるところ, 考へました, 肥えた女, 肩越しに, 背の, 胸や, 胸を, 腕を, 腰を, 自分が, 自動車によって, 自重し, 航路に, 舵手に, 舵機を, 舵機室に, 舷を, 船の, 船を, 船員たちに, 船員の, 船客名簿を, 船長としての, 艱難辛苦の, 若い日, 若者たちの, 苦にがしさうに, 苦笑し, 苦笑を, 葉巻に, 虎の, 蛆虫どもの, 要求書を, 見て, 言い過ぎて, 言ったが, 言っとったが, 警部の, 賛意を, 赤ら顔に, 足を, 足早に, 軽蔑しきった, 逞しそう, 遂に真相, 遠くから, 遭難した, 鋭敏らしい, 鏡の, 長いあいだ雑談, 陸まで, 階段を, 静かに, 鞠の, 頭の, 頭を, 頸と, 顔色を, 風が, 飛び上がった, 鰹船に, 鳥の, 黴菌を, 鼻で

▼ 船長~ (474, 16.7%)

14 ところへ 7 前に 6 顔を 5 命令を, 話に 4 ように, ブルさんは, 顔は 3 こえは, ことを, 前で, 命令に, 声が, 手を, 顔が

2 [37件] いうこと, くちびるが, ことだ, ほうを, もとに, ワトソンの, 一日の, 乗った船, 交換条件は, 前へ, 口ぶりは, 名前は, 命令だ, 命令で, 妻は, 席に, 席は, 思慮と, 手の, 指さしたほう, 方は, 方を, 正装である, 目撃したる, 眼で, 私は, 考えでは, 腕が, 腕を, 船乗り気質について, 荒木さんは, 視力は, 言ふ, 言葉が, 許可なくし, 部屋は, 頭の

1 [330件] あとから, あとで, あの金嚢, いうと, いったん鎮まっ, いる, うしろに, うち九人は, おかげでした, おじさんに, おもて, お話は, か, こしから, ことか, ことが, ことであった, ことは, ことばに, ことばには, この話, さした, そばに, そばへ, ただふたり, たどたどしい筆蹟, ために, ちょっとした癖, つもりだった, とこへ, ところで, とりはからいにて, のって, はなしじゃ, はらは, ほかに, めちゃくちゃな, もとへ, やくめ, やくわり, やつ癇癪もちだ, ゆるしを, ような, アトホームに, アローさんが, クエリョを, グランパスは, ゴムまりの, ジョン, ジョン・ビデルは, スコツトランド人と, スコツトランド人は, ディールさんは, ビリヤードを, ポケットに, ポケットの, ポーニフ氏は, マントルは, モケットに, レポウトを, ワトソンが, 一人娘の, 一言によって, 一語二語を, 一身上の, 三人が, 三分の一くらいの, 上半身, 下で, 両側に, 両脚は, 乃公の, 乗ったボート, 乾児だろう, 了簡が, 二つなき, 二倍だけの, 云い草を, 云うに, 云ったこと, 人物を, 人物描写を, 人相書を, 仲間であった, 会主にて, 体を, 例で, 倒れると, 偉業であり, 像, 免状が, 入って, 公室が, 公室へ, 冷酷から, 処へ, 利己心からのみ, 制服に, 前でも, 前にまで, 前まで, 力一ぱいに, 助力を, 勘定高を, 卓子に, 友愛な, 口からは, 口を, 口元に, 叫び声の, 右肩を, 号令が, 号令とともに, 同僚である, 同情ある, 同情者に, 名は, 名まえ, 名前が, 周到なる, 味方だった, 命の, 命を, 命令か, 命令である, 命令でございます, 命令どおりつかい, 命令により, 命令の, 命令は, 命令も, 回転椅子の, 地位も, 報告が, 報告により, 報告の, 声だ, 声に, 声を, 大きい朦朧, 大使は, 大馬鹿野郎め, 失敗な, 奇癖の, 奥さんが, 奥さんの, 如く地球, 姿勢だ, 威令が, 威令を, 室の, 室へ, 寝床の, 居る方, 屍は, 屍体は, 屍体もろとも, 左の, 己を, 帰って, 帰るの, 帽子を, 役を, 後ろからは, 後ろ姿に, 心を, 心理に, 忍耐が, 忠告を, 怪力を, 恐しさ, 恐れる最大, 悲痛な, 悲観的な, 意気を, 感激の, 態度から, 態度が, 憤怒の, 所に, 所へ, 所へと, 手から, 手で, 手の平, 手当を, 手紙を, 手頸を, 承諾を, 拒むを, 持つ正確さ, 持物だった, 指揮によって, 指揮を, 捜査を, 掌の, 新しい事業, 方が, 方でも, 方に, 方へ, 日本語の, 昔なじみだ, 時計で, 書いたもの, 書類, 最初の, 服と, 朝食の, 松木弘安, 案内に, 模型ぐらいに, 横顔は, 横顔を, 次なり, 死に関する, 死体の, 死体やら, 気に入るほど, 気遣って, 決心, 決意は, 注意に, 渋紙面は, 特徴な, 生涯において, 申しいでが, 申し出る値段, 申出を, 畑中利平は, 疲労し切った, 発声で, 発声にて, 目には, 眼が, 眼に, 眼は, 碇泊所へ, 碇泊所へは, 礼儀正し, 福永という, 私だ, 私ばかり, 私も, 私を, 私用の, 立腹した, 笑い顔な, 答えに, 細君で, 細君と, 細君は, 細君も, 紳士姿を, 組に, 考えとしては, 考えは, 職務に, 背後で, 背後まで, 船に, 船友達とりわけ, 花村機関士の, 苦心は, 行動を, 衣類箱の, 表情は, 袖を, 裁判権に, 裁断を, 襟元から, 見込だけ, 見込みでは, 言, 言いつけたよう, 言うの, 言ったよう, 言った先生, 言葉で, 言葉について, 言葉に従って, 言葉は, 言葉を, 記録を, 許さないもの, 許しを, 話, 話で, 話では, 話によって, 語るところ, 語気は, 説得が, 説明によって, 質問だ, 赤い顔, 足が, 足跡ぐらいは, 身に, 躰は, 返事が, 返事を, 遺言書と, 遺言書には, 遺言書にも, 遺言書は, 遺言書を, 部屋に, 部屋を, 醜態は, 金, 金を, 鋭い声, 長い物語, 長談議, 間に, 隠れたる, 隣座に, 電話は, 非常な, 非常用ボウト, 頭に, 額に, 顔, 顔と, 顔に, 顔も, 顔色の, 顔色を, 鼻の

▼ 船長~ (336, 11.8%)

34 言った 9 答えた 8 叫んだ 5 云った 4 いった 3 さけんだ, それを, 入って, 尋ねた, 彼の, 続けて, 船を

2 [11件] あつた, きいた, この小さな帆前船, そばを, カンテラを, 出るところ, 後者に, 突然に, 船へ, 言つた, 顔を

1 [233件] あおくなっ, あけに, あたりを, あったと, あなたに, あの小僧, あの打明け, あやまれと, あらわれたと, あるかも, あれが, あわてて, いきなり, いくら変者, いったとおり, いったよ, いつでも, いなくなったもの, いなくなると, いるの, いろんな注意, おこりだした, お答えすべきです, お話申したい, かえってきた, かわって, きっと堡塁, きつくたずねた, くやしそう, こいという, こっちに, このとき, このボイラー揚陸, この土地, この島, さう, さっと高く, しかしそう, じっと考えこん, ずきんを, そういいかける, そういえ, そうした水夫長, そのダイアモンド, その一切, その廊下, そばから, そんな考, たずねますと, ちがうの, ちょっと隊長さん, つと手, とつおいつ覆面, とぶよう, どうしても診せる, どこかに, どんな男, のぞいて, びっくりした, ぶっきらぼうに, ほとんど画面, また口, まだし, もっと無遠慮, やや少し若く, よびとめた, ウンという, コンナ下らない, コンナ弱音を, ジョーブ・アンダスンに, ソンナ半間な, タジタジと, パイプを, ヒューウと, ブラブラし, プープ甲板から, 一度いかん, 七年ぶりで, 丈夫だった, 三人謝罪の, 三箇年の, 上海で, 上陸できなかったら, 乗組み白人真珠貝採集者, 乗組んだ, 二百ドルづつ船員が, 云って, 今おり, 今日ある, 他所事の, 代って, 代りの, 作業を, 僕と, 僕に, 僕の, 先ず拘禁中, 先頭に, 入つて來, 入歯を, 其の朝急, 再びその, 出ました, 初めて見出し, 卑劣にも, 双眼鏡を, 口を, 吉長武と, 吾輩と, 呟いた, 命令を, 嗄れた声, 固くなった, 土産物を, 多大の, 大きなこえ, 大きな鯉, 天気が, 女から, 始めて, 安吉の, 寝て, 小屋には, 島に, 帰ったらすぐ, 帰ったら渡すよ, 帰ってから, 帰ること, 床の, 弱って, 強要された, 御託を, 思わず心臓, 怪しんで, 悪業を, 想像する, 憤らねば, 憤るの, 戦争に, 手に, 手を, 承知した, 日本人の, 旦那に, 明かり窓を, 是非とも, 最近に, 望遠鏡を, 杓子定規だったら, 来たとき銀, 来て, 来られたから, 桟橋に, 椅子の, 正しい沈没, 死んで, 気を, 永い間寝泊り, 決定権を, 火夫にとって, 無理な, 無線局長を, 無電室へ, 片目を, 牝山羊を, 猛烈に, 理由を, 甲板に, 申しました, 皆あの, 眼病で, 知って, 私に, 私を, 突然危険, 立ち去ると, 立って, 立てる船橋, 立て換, 笑いかけて, 笑いました, 答えました, 絶対の, 聞きかえした, 聞きつけて, 腰かける, 自ら舵器を, 自分で, 自分の, 自若たる, 航海に, 船で, 船に, 船人らしい, 船員に, 船員や, 船影らしい, 船橋より, 苦笑した, 落ちつき払って, 蒼くなっ, 薄暗い穀置場, 虫の, 見て取ったもの, 言いました, 言い添えた, 言ってるよ, 言葉を, 訊き返した, 訪ねて, 許可した, 話を, 認識せざる, 語り過ぎるほど, 負傷し, 負傷した, 質問した, 赤き頬髯, 身を, 迎えた, 返事した, 返答した, 部屋に, 防柵で, 降したん, 陸に, 電話に, 電話を, 非常に, 頭と, 飛出して, 飼って, 馬鹿だった

▼ 船長~ (207, 7.3%)

4 なって, 向って 3 して

2 [14件] こっちの, なった, なったが, なってから, なってるん, めぐり会ったの, 代って, 何か, 借りたもの, 叫んで, 呼ばれて, 報告し, 言った, 頼んで

1 [168件] あやまりに, あれほど, あわてて, いいお知らせ, いいだそうかと, いろいろこわい, おれから, きいた, くって, くるりと, くれた, さう言つて, しても, しらせること, しろ, しろほか, しろチーフ, しろ椅子, すがったまま, すがりいつか目, すこぶる有能, そう云い給え, そう怒鳴りつけられ, そう言われ, そっくり, その訣, そんなこと, そんなにいっ, たのんだ, たのんで, だまされて, ちょっと挨拶, ついて, ついでは, つぐる, つたえました, ともなわれて, とりなすから, なげた, なったあなた, なってな, なり象牙棕櫚, なるつもり, なると, なるの, なれと, なれるぜ, なれるん, なろうかと, なろうと, まかせて, また船, みせた, みんなで, むかい, むかって, むかつて, もう一度いっ, やりました, よびかけた, よろしく, ボースンの, 下船の, 与えた侮辱, 云う事, 云った, 云わなかったん, 五円借りた, 交渉した, 今の, 今日一日は, 代つて, 代つて号令, 任ずる, 任命され, 会いたいと, 会った日, 会って, 会ひたいと, 伺って, 似て, 何かの, 何とか云ったらしい, 便利な, 便船かたを, 具申した, 別れを, 取りついだだけ, 可愛がられて, 叱られるからねえ, 告訴け, 呼掛けられた, 問うと, 型ばかりの, 報告される, 報告したら, 報告する, 報告だ, 大へん, 子細を, 室蘭で, 対して, 尋ねた, 少くも, 帰航を, 強要し, 急用だ, 手わたした, 手を, 手紙を, 打ち明けた, 打っつかるんだい, 挨拶した, 提出しよう, 損害賠償を, 料金を, 村田氏は, 根室の, 格別の, 注意する, 泳ぎを, 浴びせると, 渡して, 用が, 用事を, 白眼み付けられた, 目玉を, 目礼します, 相談し, 示すこと, 立身する, 米と, 絶対信任を, 繃帯を, 聞いといて, 腰を, 船賃は, 艦隊行動を, 苦情を, 要件を, 見つかりたくない一心, 言わせると, 話しかける, 話しすると, 話した, 話したところ, 話したん, 話して, 話しました, 話す間, 認められました, 課する会社, 謝するところ, 賀状を, 贈り, 近よらねえ, 返せるかも, 通じて, 逢った, 逢って, 選んだのでさ, 酷である, 闘争を, 雇った, 雇われて, 電話が, 面会す, 面識を

▼ 船長~ (140, 4.9%)

4 で船長 3 の扉 2 から電話, だ, に入っ, のドア, のベッド, の前, の方, の窓, へはいっ, へ持っ

1 [113件] から, からやってき, から掻き消えた, から至極, が見え, でしたく, でしばらく, ですか, でのきょう, でみずからコーヒー, でシクラメン, でブツカリ, で二人, で何, で午前, で汗, なん, にある, にあんないされ, にい, にちがい, につづいた, にとじこめられました, にはいった, にはいなく, にはこの, には種々, にも無電室, にカンカン, に並べられた, に伴われ, に入る, に出掛ける, に在る, に安らか, に密議, に居りました, に忍びこんだ, に招待, に無電係, に私, に突進, に行き, に近い, に連れ, に集まり, に飛びこん, に飛込んだ, に駒井甚三郎, のあたり, のあの, のどこ, のほか, のよう, のカンカン, のスグ, のデスク, のドーア, のヒキダシ, のボーイ, の中, の傍, の内部, の卓子, の受話機, の外, の戸, の机, の煖炉, の燈明, の真向い, の籐椅子, の電灯, はわたし, は蒸し風呂, へとびこん, へはいった, へふみこんだ, へもどった, へゆく, へ入れられ, へ又, へ引っぱりこまれた, へ引っ張っ, へ引返す, へ往, へ戻っ, へ押しかけ, へ押しかけた, へ来, へ案内, へ歩い, へ深切, へ連れ, へ部屋, へ降りた, へ集っ, へ駈けつけた, まで手, まで搬ん, まで来, もそのまま, をおそった, を守る, を引下, を物色, を立ち, を覗いたら, を飛び出し, を飛び出した, を飛出した, を駈出し, を驚かし

▼ 船長~ (119, 4.2%)

3 一緒に

2 [13件] して, しめし, なって, チーフメーツが, チーフメーツとが, 一等運転士とは, 三上とが, 相談し, 船医が, 言って, 話したり, 話を, 語りあかした

1 [90件] いっしょに, おなじこと, おんなじよう, この問題, するポルトガル船, それを, たたかう時, である, なお戯談, なった以上, なられた, なり八艘, なり所有主, なるには, ふたりで, ふたりの, ぼくとは, われ, アローさんと, アローさんとが, エンジナアとで, ガリヴァとの, ガリヴアの, グレーとが, スミス警部の, チーフメーツとの, チーフメーツとは, チーフメーツは, ドクトルの, ノルマンとの, ボースンとが, ヤジローは, レッドルースとの, レッドルースとは, 一等運転士が, 一等運転士の, 一等運転士は, 一等運転士を, 並んで, 主人とに対する, 事務長とを, 事務長の, 二三の, 二人の, 云ってりゃ大きな, 五十歩百歩だ, 何か, 例の, 俺が, 俺とが, 全で, 別れて, 同じよう, 同じ国, 同じ措置, 向い合って, 変りは, 大地主, 大地主さん, 契約いたし, 幽霊に, 思って, 懇意な, 懇意に, 打ちあわせしよったと, 技師とに, 木乃伊の, 村田氏と, 来た日, 格闘する, 水夫長それに, 瀕死の, 無線電信技師と, 生残り, 白雲の, 白雲画伯とに, 私とは, 称する不可解, 総監, 肩を, 船橋に, 言われも, 話して, 認めるから, 賢吉少年の, 運転士と, 運転手が, 運転手の, 雑談, 青木に

▼ 船長~ (103, 3.6%)

4 して 2 さがしに, はじめ, はじめ船員たちが, 訪ねては

1 [91件] おどかしたって, おどかすつもり, かつて一度, したこと, したり, それほど, つかんで, つとめて, つまみ上げました, とまらせて, ながめました, はじめ一同も, はじめ一等運転士や, はじめ余人を, はじめ多くの, はじめ皆の, はじめ船員一同の, はじめ衣裳風采まで, めがけて, やめて, ゆりうごかした, よびだした, よんで, タタキ出す, 一人雇う, 上座に, 上陸させ, 両脇, 代えたが, 信頼し, 催促し, 出せ, 前に, 勤めて, 厄介払いし, 取巻いて, 呼びこの, 呼べ, 呼べ船長, 呼んだ, 喜ばせたり, 困らせる, 夕ごはんに, 好みません, 射撃した, 心の, 思う, 悪く云う, 扱って, 押しこめて, 拾い上げて, 捉えもう一度, 探しに, 探すらしく巨大, 揺り起こすと, 支えて, 斬ったり, 斬りさげ, 日本波止場まで, 殺して, 片時も, 発作的の, 相手に, 脅かしたん, 興奮させ, 船室の, 襲いこの, 見かへ, 見たとき, 見た時, 見つめた, 見るよう, 見ろやい, 見下すよう, 見据えて, 解放し, 訪問し, 誘つて船を, 説き伏せる事, 護るの, 護摩か, 護摩かすんです, 責める事, 軽蔑した, 辞職だ, 送った伝馬, 送り届けて, 連れて, 鑑定させる, 難詰するだろう, 驚惑せし

▼ 船長~ (82, 2.9%)

2 いちおう訊問, いっその, 頑強に

1 [76件] あって, あまりの, あるし, いつの間にか深い, いまは, いわれたよう, うなずいて, おどろく眼, ことの, さすがに, そこへ, その姿, その試験航海, その辞書, それを, それ切り忘れ, たぢろ, ときどきは, どうしてよい, どちらとも, はじめから, やらねば, ようやく帆村, わたしの, ギクリと, コックも, コレには, チーフメートも, ボーイ長の, ポーニンには, ヤキが, 一等運轉手も, 一緒について, 二等運転手も, 云ったよう, 今は, 仕方が, 会社の, 会社も, 会計主任も, 八月半ばの, 共に食べる, 内心愕然と, 同じよう, 同意した, 同様であったろう, 名探偵, 安眠した, 家を, 小さい船, 小倉も, 帆村も, 憤つて, 文句が, 既に重傷, 最初から, 機関長も, 死んだだ, 水先案内も, 水夫も, 水夫もまん, 火を, 片手で, 物好きじゃ, 白雲も, 知って, 砲の, 竹見も, 船員も, 誰も, 警部の, 賛成した, 途方に, 長いす, 非常に, 驚いて

▼ 船長さん~ (34, 1.2%)

1 [34件] おどかしっこなし, から受取るべく, がいられる, がこういう, がご, がその, がもっ, がよい, が機関士たち, が目きき, が鈴, きっとひどい, じゃない, たいへんです, だけが, だってそう, ですか, と一緒, と大, と田山さん, にサルーン, に願っ, のお, のため, の判断, はあんた, はきっと, はその, はなかなか, は以前, は絵具だらけ, は陸, をわずらわす, 並びにみなさん

▼ 船長から~ (29, 1.0%)

2 じかに聞い, 椰子の

1 [25件] おくられたコーヒー, このアンコウ, この船, じきじきの, とわれて, はっきり停められ, もらった紹介状, やるべき仕事, よばれて, ガミガミやられる, ポルトガル人の, 下は, 人間に, 今度の, 何からを, 何とか公式, 口うつし, 次の, 水火夫に, 波田に, 特別製の, 聞いたが, 船医の, 貰つた星の, 鯨の

▼ 船長~ (27, 1.0%)

1 [27件] あなたの, それから敦賀警察署, サルベージ会社の, チーフや, パイロットたちを, ボーイその他の, 一等運転士などと, 乗客を, 事務長から, 客が, 技師などと, 汽船会社の, 田山白雲の, 監督に, 監督の, 監督は, 監督工場代表などの, 監督等は, 竹見水夫が, 船主などが, 船員達の, 船童に, 賢吉君の, 運転手なんかに, 運転手まで, 雑夫長や, 黒犬や

▼ 船長として~ (17, 0.6%)

2 同行した

1 [15件] ぜひあなた, 再びサン・フアン, 勇ましい働き, 寝る間, 役に立たず水夫たち, 彼の, 憩いの, 有名な, 生残り, 米国へ, 船の, 船客が, 貴様に, 部下に, 青錨会社

▼ 船長たち~ (12, 0.4%)

1 [12件] が小人, とバクチ, と連絡, のほう, の訴え, の趣味, は三月ぶり, は皆捕縛, は神父, は船団, やその他, を召集

▼ 船長~ (11, 0.4%)

2 大部分 1 しこたまこれ, その共同所有者, 一八一四年から, 妾は, 威張ってや, 有勢な, 無器用な, 私にとっては, 長崎丸が

▼ 船長には~ (11, 0.4%)

2 息子と 1 こっぴどくおこられる, はら立たしくひびくばかり, もうケチ, ペコペコだ, 俺が, 分らない, 見かけに, 謎の, 貸しが

▼ 船長~ (11, 0.4%)

2 だ, のお 1 が教え, でいらっしゃいます, に言いつけられた, のほか, の御, へわたし, を頭

▼ 船長との~ (10, 0.4%)

1 あいだに, 一件で, 万歳を, 会話と, 戦いに, 最初で, 最後の, 未解決, 間に, 間は

▼ 船長だって~ (8, 0.3%)

1 おれが, おれの, お前だって, 何も, 出て, 憤るん, 涙金位寄越さない, 軍艦の

▼ 船長とは~ (7, 0.2%)

1 やはりよそよそしい, 一体何だ, 吾, 漁師の, 甲板に, 船長が, 血眼にな

▼ 船長以下~ (7, 0.2%)

1 が予期, が僕, の乗組員, の幹部, の硬い, ははからずも, もとメリー号

▼ 船長自身~ (7, 0.2%)

1 がその, そう言っ, であって, にもまだ, の個人, は一人一人, もそれ

▼ 船長~ (6, 0.2%)

2 が停年, と 1 から八十吉, ぞいい

▼ 船長だった~ (6, 0.2%)

1 しのっぽ, のよ, んだ, グレプニツキーだった, 八住衡吉に, 時なら

▼ 船長という~ (6, 0.2%)

1 のは, ものは, 男にゃ, 男の, 立派な, 職は

▼ 船長としての~ (6, 0.2%)

1 公の, 態度を, 職務も, 責任ある, 駒井には, 駒井甚三郎が

▼ 船長です~ (5, 0.2%)

41

▼ 船長では~ (5, 0.2%)

2 ないの 1 ないかも, なくなって, なく今

▼ 船長~ (5, 0.2%)

1 ぶつかって, よくお話し, 歯を, 渡してさえ, 渡すこと

▼ 船長ロロー~ (4, 0.1%)

1 にひきずられ, はその, は上陸, をかたづける

▼ 船長代理~ (4, 0.1%)

1 だ, だから, としてご, として船長室

▼ 船長および~ (3, 0.1%)

1 バクスター氏とともに, 東洋汽船会社出張員小林氏とともに, 船員に

▼ 船長これ~ (3, 0.1%)

1 が眼ざわりだな, をごらん, を見

▼ 船長その~ (3, 0.1%)

1 人が, 人に, 人には

▼ 船長そのもの~ (3, 0.1%)

1 が船, の言葉, の風采

▼ 船長たる~ (3, 0.1%)

1 ものは, 自分に, 駒井は

▼ 船長である~ (3, 0.1%)

1 かだ, が南ブラジル, けれども商人

▼ 船長でも~ (3, 0.1%)

1 出船前の, 着そう, 私が

▼ 船長とともに~ (3, 0.1%)

1 上陸し, 郵船代理店および, 食事半夜快

▼ 船長どう~ (3, 0.1%)

1 されました, しました船長, しろと

▼ 船長~ (3, 0.1%)

1 なにを, のである, んだ

▼ 船長にとっては~ (3, 0.1%)

2 ぞうさも 1 全く不愉快

▼ 船長ドン・ペドロ・ダルメイダ~ (3, 0.1%)

1 との代理, はフロイス, は非常

▼ 船長ノルマン~ (3, 0.1%)

2 であった 1

▼ 船長事務長~ (3, 0.1%)

1 と言, などを相手, 及び数百

▼ 船長殺し~ (3, 0.1%)

2 の犯人 1 の汚名

▼ 船長~ (3, 0.1%)

1 がその, の顔, をあの

▼ 船長~ (3, 0.1%)

3 のボーイ

▼ 船長あの~ (2, 0.1%)

1 曲馬団の, 爆音が

▼ 船長あれ~ (2, 0.1%)

1 について私, をつかっ

▼ 船長お前~ (2, 0.1%)

1 だって幾らか, は裏切られた

▼ 船長さんたち~ (2, 0.1%)

1 は僕, は海

▼ 船長だけが~ (2, 0.1%)

1 トルコの, 住めるん

▼ 船長って~ (2, 0.1%)

1 え鬼, 言ってるん

▼ 船長であった~ (2, 0.1%)

1 そうだ, 主人と

▼ 船長であり~ (2, 0.1%)

1 それと, 太平洋を

▼ 船長でさえも~ (2, 0.1%)

1 船を, 風下の

▼ 船長にも~ (2, 0.1%)

2 すすめたが

▼ 船長に対して~ (2, 0.1%)

1 特に敬意, 非常に

▼ 船長のべか~ (2, 0.1%)

2 舟の

▼ 船長はと~ (2, 0.1%)

2 言えば

▼ 船長より~ (2, 0.1%)

1 一がけも, 無線電信を

▼ 船長よりも~ (2, 0.1%)

1 先に, 風采が

▼ 船長~ (2, 0.1%)

1 と協議, は神父

▼ 船長らしい~ (2, 0.1%)

1 スッキリした, 大男と

▼ 船長ダ・ガマ~ (2, 0.1%)

1 とその, の側

▼ 船長チーフメーツ~ (2, 0.1%)

1 は共謀, への示威運動

▼ 船長ボート~ (2, 0.1%)

1 の中, は全部無事

▼ 船長ヴァン・シュトラーテン~ (2, 0.1%)

1 の上陸, は嵐

▼ 船長以外~ (2, 0.1%)

1 に於, のすべて

▼ 船長及び~ (2, 0.1%)

1 士官らの, 船員らと

▼ 船長~ (2, 0.1%)

1 はかなり, は立ち消え

▼ 船長~ (2, 0.1%)

1 の振舞, は如何

▼ 船長~ (2, 0.1%)

1 がそちら, が一人

▼ 船長閣下~ (2, 0.1%)

1 早く早く難破船, 起き玉

▼1* [238件]

船長あてに是非便乗, 船長あなたのもうけ, 船長あんたはパイプ, 船長いいか, 船長いませんよ, 船長いま本船はどこ, 船長いよいよメリー号が, 船長帰りは, 船長船長の, 船長かが我に, 船長かもしれない, 船長がな今度の, 船長がね今夜じゅうに, 船長ぐらいになって, 船長このボルク号の, 船長ごらんなさい, 船長さえ満足の, 船長さんあなただってこの, 船長さんさっきから何度, 船長さんはじめ大ぜい, 船長さん本船は明日, 船長さんSOSの無電, 船長じゃないね, 船長すかさずさっと進路を, 船長せっかくここまで, 船長その他の幹部乗組員, 船長それはいけません, 船長ただ今SOSを, 船長たちのきげんを, 船長たちゃいつもビフステーキ, 船長だけは船尾に, 船長つまり虎松と, 船長でありまして今日, 船長であれ何であれ, 船長でさえこの配置, 船長でしたがホーソン, 船長でなきゃ考え出せねえ名案だ, 船長とかなんとかを, 船長とが甲板の, 船長としてはそれが, 船長とてこのへん, 船長とても彼の, 船長とに銘々ただ銃が, 船長とも分らぬ異人, 船長と共に朝飯の, 船長どういうお話です, 船長どうか一つたのむ, 船長どのに左様, 船長なかなかすごいこと, 船長なき後の, 船長などがその音, 船長などというのも, 船長などに語ったの, 船長などよりもはるかに, 船長なにが見えました, 船長ならどんなに彼等, 船長なるものは, 船長なんかよくそんな, 船長なんかは逃げたとて, 船長にさえ逆って, 船長について来いと, 船長にでも機関長にでも, 船長にとってもかけがえの, 船長にともなく葉子, 船長になつて船主達から, 船長にゃうんざりしてる, 船長によって取られた, 船長に対し私を, 船長に関することを, 船長のうでに, 船長はうでぐみ, 船長はじめこれを聞い, 船長はじめみんなが相, 船長はじめ一等運転手機関長水夫長無電技師に私ら, 船長はじめ乗組員たちはハリ, 船長はじめ乾児たちは声, 船長はじめ公室の一同, 船長はじめ検分の一行, 船長はじめ船員たちが呀, 船長はつつッと, 船長はやくいって, 船長ばかりなので, 船長ひどいことを, 船長船を, 船長へといわれるの, 船長まって, 船長また怪飛行機です, 船長まであわてて, 船長までもがそのなれ, 船長みたいなもの, 船長むこうは何, 船長むしろこの際, 船長どうした, 船長もう一杯水を, 船長やは全部が, 船長漁夫よ, 船長らしくどこまでも, 船長わが平靖号が, 船長わっしを, 船長をかなぐしに, 船長をも怒鳴りつけた, 船長とこへ, 船長イルベリイ氏はワラタ号, 船長イーベン・ホーレイの多難, 船長エバンはふしぎそう, 船長カックス氏は, 船長カルバリコ及び宣教師三名, 船長ガマを指揮官, 船長クリージイはリンドバーク大佐, 船長グレプニツキーとともにベーリング海峡, 船長ゲュエルムルの帆走つて, 船長ゴルドンから種痘具一式, 船長サリスの, 船長シュヴァリエ張りで歌, 船長ジョルジ・アルバレズであった, 船長ストロングが打ちかけた, 船長スモレット島の男ベン, 船長セキストン伯は何, 船長ゼムリヤ号のこと, 船長ヂュアルテ・コレアの手記, 船長ディールとは私, 船長ディールさんは今日, 船長デスピノーザはヴィクトリア, 船長デュアルテ・コレアの記録, 船長デ・ランダは憤慨, 船長ドン・ジョアン・ペレイラなどに会い, 船長向ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, 船長ピコルはじめ海賊たちはどんなに, 船長フアン・セラノなどである, 船長フランシスコ・セランは部下, 船長フリーマンは船橋, 船長フロストの遭難記, 船長マルタンやバルベ氏, 船長マルチン・ヴィセンテはサン・ヴィセンテ岬, 船長メラーフェロン師その朝鮮人, 船長モルガン氏に面会, 船長ラルヴォエルであつ, 船長リヤノという者, 船長リンドボーン大佐は航空羅針儀, 船長リンドボーン大佐以下四十五名の乗組員, 船長ルイスを始め, 船長ロロー役の警部モロ, 船長ロングはさっそく, 船長ワトソンの家, 船長一人のみこれ, 船長一人ロシアのユダヤ人二人, 船長一流の冒険, 船長一等運転手賄長屈強の水夫, 船長一行を款待, 船長一運の二人, 船長三人の助手, 船長丸尾の話, 船長事務長葉子を相手, 船長二人だけは英艦, 船長二年間も忘れ, 船長二度とああは, 船長代理ぶりに妨げられ, 船長以下ポルトガル人たちは盛装, 船長以下メーツらはその, 船長以下一同がいや, 船長以下乗員に対して総, 船長以下二十三名の船員たち, 船長以下国賓級人物を以て組織, 船長以下数百の乗組員, 船長以下澤山の船員, 船長以下犬射事務長, 船長以下竹見も丸本, 船長以下舵もコンパス, 船長以下船員たちが避難作業, 船長仲間でも指折, 船長伊藤駿児君それは確か, 船長佐伯公平はそれでもなお, 船長ではそれ, 船長免状を取る, 船長八住の引揚げ作業, 船長六十フィートごとに完全, 船長初め思い込んだらしいん, 船長初め七人の水夫, 船長初め小倉らブリッジにある, 船長初め高級船員がひた隠し, 船長の御, 船長大変です, 船長天虎来こと淡島虎造でござんす, 船長夫妻と云, 船長夫婦と, 船長抜かしやがった, 船長始め皆が相談, 船長室ニ安置シイキトス号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 船長室内のそこ, 船長室蘭にはボーレン, 船長専任であったが, 船長工場代表監督雑夫長が待っ, 船長工場代表雑夫長がハッチ, 船長の指図, 船長をかぶった, 船長平山常陳以下船員十数名が投獄, 船長甲板の, 船長或は会計役へ, 船長づからこれ, 船長捜索から疲れ切っ, 船長時間が来たら, 船長暗闇の中, 船長服携帯用の床几, 船長本船は翻弄, 船長様熊がおります, 船長機関士達水夫二人つきの美事, 船長機関長を初め, 船長気取りで船主, 船長を呑ませ, 船長氷山が, 船長浜田弥兵衛が台湾, 船長漂流物が見えます, 船長漕がなくてもいい, 船長の代価, 船長甲板で葉巻, 船長畑中の気風, 船長畑中冒険心に富み, 船長畑中利平通辞今村善光らの手記, 船長監督それにカムサツカ, 船長空中からの命令, 船長竹下氏の話, 船長竹内氏の話, 船長竹見のいっ, 船長二号艇から, 船長の男, 船長結局のところ, 船長自身ブリッジに立っ, 船長自身出頭せらるべし, 船長見物に来た, 船長試みにあの, 船長が二, 船長遠藤友吉機関長鈴木豐馬事務長吉田信夫諸君その他船員達の接客法, 船長閣下越權ながら報告, 船長附きになっ, 船長附専務のよう, 船長風浪がはげしく, 船長驚いて身, 船長をひねり