青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「裡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏 裏~ 裏口~ ~裡
裡~
~裸 裸~ 裸体~ 製~ 製作~ 製造~ ~裾 裾~ ~複雑 複雑~

「裡~」 2802, 29ppm, 4039位

▼ 裡~ (1639, 58.5%)

10 あって 7 一種の 6 ある, 生きて, 身を 5 あった, あるの, 彼女の, 感じて, 於て 4 一刻も, 信一郎の, 入って, 彼の, 或る, 持って, 瑠璃子の, 私の, 自分を, 青年は

3 [22件] あっては, あっても, あつた, 二人は, 何か, 何を, 働いて, 動いて, 包まれて, 取って, 早くも, 浮んで, 消えて, 男性の, 眠って, 神を, 私を, 立って, 自分の, 行われて, 隠れて, 頭を

2 [134件] あつて, あり, あること, あるもの, ある諸, おだやかな, お帰り, こもって, これを, こんなに鮮やか, その鉄, それが, ふと三尺, ふと気, みじめな, 一の, 一分ばかり, 一双の, 一時が, 一杯に, 事を, 二つの, 二三分過ぎた, 二人を, 二時が, 五月が, 人の, 仕事を, 以前の, 伏在し, 何処かへ, 信一郎は, 傾むいた, 入る, 入れて, 全身の, 其処で, 処理せね, 到頭三時, 勝平と, 勝平の, 十二時が, 厳重なる, 唐沢家に対する, 國し, 在り, 在る, 埋めて, 変って, 変つてゐた, 変化し, 夢みる人, 夫人は, 女の, 如何なる男性, 姿を, 存す, 安置せられた, 完成した, 展開し, 幾度も, 幾時間も, 微笑とも, 憤死した, 戻って, 抱いて, 接取せられ, 攫取した, 放置し, 新しい望, 於ける生命, 日を, 日比谷から, 暮して, 此の, 残しながら, 母の, 汽車は, 沸騰する, 浮んだ, 渦巻いた, 潜む深い, 火を, 無数の, 燃えて, 父も, 瑠璃子は, 甦が, 甦って, 発見し, 眠つてゐる, 私たちは, 私は, 移したる王城, 立派に, 精神的に, 繋がれて, 美奈子達の, 聴いた呻き声, 聴衆は, 胸一面に, 脈を, 自分自身を, 自分達の, 自然物として, 良人を, 苦しみ抜い, 萌して, 落したり, 葬られて, 葬式の, 蔵し, 蘇返る, 衆僧が, 行われた, 行われるもの, 衣ずれの, 見せた, 認められて, 起した動揺, 軽く打ち振り, 近く腰を, 返すべき時計, 退場した, 通過し, 過さねば, 避難しなく, 閉じ籠って, 降下した, 隠して, 隠れようと, 雨が, 預ること, 顔を

1 [1205件 抜粋] あたつ, あでやかな, あの児, あばれつつ, あらはれる様, ありて, あり違った生活, あるから, あるより, ある作家諸君, ある可能, ある官兵衛様, ある彼女, ある新, ある生活力, あればこそ, いくらか隔て, いた, いたらちらりといかにも, いつの間に開いた, いて, いよいよ闃寂, いるその, いろんな事, うつらうつら瞬く, うなづき合つて, おかれるの, おさえ兼ねたよう, おどる快, お使者, お告げも, かくして, かくれ矢倉, かずを, かの歌笑, ききがち, きらめいて, くっきりと, こういう感情, ここまで, この, この世を, この奇妙, この成層圏飛行, この熱烈, この空前絶後, こみあげて, これが, ごく短時間, ございましょう, しつかりと, してさ, じつと, すっかりうずまっ, そういう見知らない, そう呟い, その主演者, その同志, その年, その手, その相剋, その言葉, それらの, それ等を, たたみ込んだ, たよりな, つい習慣, つたえながら, つづけられたので, とざされること, どれだけの, どんなこと, なお看取, なにか永遠, のこされて, はげしい不安, はなはだ重し, ひそみまだ, ひそむ久遠, ぴったりと, ふんご, ほのめかして, ぼくらの, ぼやっと真珠色, まざまざと, まとめられたもの, みちて, もつと, やがて近く城中, やはりあの, よみが, より高い, わが昔日, わだかまって, ゐて, カラダを, コサック式の, サラリーマンとしての, ステッキを, チラリと, ツブやきつ, ネパール国における, ピピーッという, リアクションを, 一つあっ, 一つ一つと, 一人の, 一夜に, 一層強く, 一歩一歩静に, 一滴の, 一筋貫い, 一致し, 万人の, 上は, 不吉な, 与えられる暗示, 両腕, 乾児の, 事務長の, 二度とは, 云って, 交渉を, 人にも, 人知れず包み, 今まで, 仏を, 他の, 仮令或, 佇立し, 住みその, 住む人物, 何がなしモゾクサ, 何やら重大, 何処とも, 何時とは, 余は, 例の, 保持され, 働くところ, 僕も, 光りの, 入った一細胞, 入りたる後, 入り二塊, 入るもの, 入ツ, 全然別種, 円成せる, 再び思ひ出し, 冷たく横たわっ, 凱歌を, 判然と, 力の, 動きつつ, 包まれ生きては, 十分その, 千年の, 博多の, 印記したる, 原始時代の, 参つたが, 又一本, 取り囲まれて, 古書の, 只三つ丈, 台へ, 合流し, 向うで, 含まれた其の, 含んで, 吸収され, 呟いた, 呟きつつ, 呻吟し, 呼吸せる, 善後の, 嘆いて, 在ったの, 在っては, 在り腰刀, 在るべき叡智, 在る愛さずには, 在る真実, 坐し媼, 埋め真に, 堕ちながら, 変形し, 多分の, 夥しく蓄積, 大茶釜, 天正十五年の, 奪い去られて, 奪還できない, 如何なる量, 妙な, 妻に, 姿も, 学生の, 安置した, 定かならぬ, 室内の, 宿りたるは, 寝泊りし, 封じて, 尊敬すべき, 少しずつ, 居るの, 屋後の, 巨利を, 巻き溢れて, 帰して, 帰りを, 帰来した, 常に抑へ, 常よりは, 平安時代の, 幼児の, 幾人大学教育を, 廻状が, 引き入れたり, 引込まれて, 弦三は, 強く握りかえす, 形勢の, 彼も, 彼女を, 彼等を, 後伏見院, 復活せしめ, 微笑を, 念ぜられる云わば, 忽ちそんな, 思い出さずには, 思い定めて, 思った, 恋愛と, 恍惚として, 悲しく甦つた, 悲哀を, 想像し, 感じたの, 感じ対抗的, 感激を, 成就する, 成長しました, 我を, 或情味, 所謂良妻賢母を, 打ち崩しつ, 打合, 投げ込んだオリヴィエ, 抱いたまま, 拡大強力化し, 持つて, 指した, 挑戦した, 捕へる事, 掛り合ひ, 描いたもの, 描き出すについて, 握られて, 擲ちたり, 收めて, 政治性が, 教訓し, 散歩する, 数日を, 敵あり, 新九郎は, 於ける孤立, 旗艦移乗なんて, 日本諸島の, 明かに, 明るい笑, 映そうと, 昭和維新を, 時々トランプ, 時を, 普遍的傾向包括的統一に対する, 暗に訣別, 暗殺し, 更した記憶, 最善を, 最早や, 朦朧と, 未だ顕, 朱実が, 松もどきと, 枕を, 某海域, 根づいて, 棲めり, 椅子を, 極めて危険, 横溢する, 機体から, 次第に膨脹, 正木博士撮影の, 武将として, 歪めて, 死ぬ, 殆ど聞き取れ, 残り昭君村, 母親を, 民衆の, 氣味わるい, 求むるとき, 求めるほか, 江戸中へ, 決するところ, 沁み込まされた教訓, 沈思黙考し, 沒せる, 没入し, 河内の, 洗はれた, 洲股へ, 活かしめたの, 流した涙, 流れ渡る快感, 浮びも, 浮み, 浮んだか, 海外発展の, 浸つて, 消えた, 消え去って, 淡く盛り上げられた, 深く入り, 混同し, 湛えた燠, 湧き上る思想, 湧き立つた, 満ちる, 溢れて, 滅びたり, 漂つてゐた, 漠と, 潜って, 潜む奇妙, 潜む自然, 潜んで, 灰の, 炭を, 焚き秘めて, 無事に, 無残の, 無限の, 焼き付いたよう, 熾した, 燃ゆる, 牛乳車の, 犬死にを, 犯人を, 献じたと, 現れた, 生々し, 生きる一人, 生きる限り, 生き生きと, 生活し, 甦つて, 用意なし, 画策され, 異邦人, 発布せられた, 発達した, 白衣を, 盛りあがって, 目標と, 直ちに市内某区, 相許した, 真実の, 真理の, 眼と, 眼覚めたる, 睡るとも, 矢の, 研究し, 磁石の, 示唆し, 禍の, 秋が, 秘密の, 移り來, 空っぽに, 窓框に, 立つこれら, 立てて, 笑ひ, 第一回, 籠って, 精神と, 紫色に, 細君の, 終ったの, 終るかも, 絶え間ない, 綺羅の, 緯であり, 繋が, 置いて, 置かるべき者, 美しく葉裏, 習ったと, 考えられて, 聴いて, 肇も, 胡坐を, 腰から, 臥し給, 自ら描く, 自分も, 自覚し, 至急何とか始末, 花を, 若しこの, 苦しげ, 荷車を, 落ちて, 葬った否, 葬られたやう, 葬りさ, 葬れ, 蓄積され, 蘇らせたり, 虐待を, 蟻の, 血肉化され, 行いひそか, 行つてゐた, 行われたものの, 行われること, 衝いて, 複雑な, 見きといふ, 見るの, 見本製作中なれ, 覚悟の, 言つた, 許されて, 註文さした, 認めた, 認められた, 認めると, 語るとかいふ, 誰も, 談話を, 識別する, 譫語を, 讀んだ, 賦与された, 走るという, 起きて, 起こった何故か, 起ったとき, 起臥し, 踏み入った世界, 軍を, 輝く太白星, 迅速という, 迫れる彼ら, 退化だの, 送るが, 透く光, 通して, 通過を, 進められて, 遊んだ, 過ぎ去りに, 過さんとは, 道化男は, 選ばれた人, 遺棄さるる, 重臣たちの, 釣つて置い, 銀の, 鎖される事, 閉じこもって, 開け放されて, 陷つた, 陽の, 隠されて, 集る, 雨戸の, 霊活なる, 青いが, 青春を, 静かに, 音も, 音樂を, 風が, 飽食暖衣する, 駭きの目を, 高き哲人, 高度の, 鳴って, 鴎が, 鼠の

▼ 裡~ (248, 8.9%)

7 側に 6 まはり 4 人と, 動揺を 3 ふちに, 中に, 側へ, 傍で, 前に, 双, 横座に, 火に

2 [15件] そばに, ふちで, 側から, 傍らで, 兄に対する, 友を, 寒月, 幸福が, 張順を, 日だまりで, 榾火の, 苦しさ, 誰か, 逸眠を, 隠者めいた

1 [173件] おこころ, おはなし, かたちに, ことだった, ことである, この, すみの, そういう必然, その真上, そばへ, それから自分, たしなみでせう, なにかが, まわりには, ものだ, やみがたい, ような, ように, 一つの, 一人に, 一房に, 一日正造は, 一枚の, 一端に, 不安が, 不純さと, 世間を, 両側に, 中には, 中へ, 主君の, 人であった, 人となりぬ, 人にも, 他人が, 会飲やら, 何かに, 何かの, 何と名, 何処かしらに, 何物かへの, 側で, 側にて, 側へもに, 傍へ, 光景は, 内外ばかり, 切つ, 前には, 前を, 十二門の, 千浪の, 卑猥陋醜なる, 印象は, 叔父の, 古人に, 台地へと, 名花が, 名香美人を, 向う側まで, 周囲へ, 喜びも, 囚人が, 圧迫に, 変化が, 夢にも, 奇癖とは, 女を, 妄想, 実情を, 容子を, 小禽をば, 彷徨だ, 彼方で, 息しずかに, 悦楽に, 憂目, 憤りは, 憤懣を, 我影に, 戦闘だ, 戦闘は, 所から, 所に, 政治的なうごき, 故郷に, 故郷を, 敵を, 日の, 日常嗜好の, 明眸や, 時間が, 智的努力に, 暖気なお, 暗黒な, 書窓より, 最初の, 根粗朶が, 梅見, 模様は, 横座, 次団太は, 正面には, 歩行では, 歳月は, 気持だった, 洞察でも, 洞窟へ, 火で, 火の, 火は, 火を, 灯で, 灰の, 炭火が, 炭火には, 烏曇鉢, 焚火を, 煙で, 熟眠にて, 燭は, 牙兵を, 物々しい争奪, 物の, 状態は, 状態を, 猛火が, 玄蕃の, 珠をでも, 瓶花は, 痴夢に, 発育個性という, 目ばかり, 真上に, 眺の, 窮措大翁と, 筋斗翻に, 紙入れを, 経過歴, 縁までが, 美人琵琶を, 自分の, 自在留, 自在鍵に, 良きもの, 若い女性特有, 苦痛はよな, 英雄なるべし, 薄暗いの, 薄暗さ, 薔薇一輪摘み, 虚実を, 虹と, 蛇なんぞを, 血が, 衆人一致の, 衆僧眠り疲れ, 被告, 角を, 解剖は, 説明は, 読経, 辱は, 辺に, 鏡に, 闇でしか, 陽炎の, 隙を, 際にも, 靜人の, 面を, 面白さ, 骨と

▼ 裡~ (214, 7.6%)

2 [16件] それが, つぶやいた, 反噬する, 叫んだ, 呟いた, 呟きながら, 小さい悲鳴, 思った, 火を, 父母の, 病死した, 美奈子達の, 荘田の, 見ると, 言った, 身体を

1 [182件] いった, いって, うなずきながら, おかしくも, お互いに, お悦, お誓, こういった, この朝, これは, こんなこと, こんな密談, さうし, さう思ひながら, さかんに, じっと噛みしめる, じっと瞼, そうした決心, その名, その関係, それとは, そんなこと, たとい彼女, ぢつと, つぶやいて, なおこの, はいと, はくづれてしまつた, はっきりと, ひつきりなしにより, ふと気づいた, また繰り返される, みんなぬかし, むぐむぐ言った, われとも, オオまだ, ゴーリキイは, ゴーリキイを, ドキリとして, フト唄っ, プロレタリア文学と, 一歩二歩擬宝珠へ, 乙女は, 云うと, 云って, 人の, 人間が, 何か, 何かの, 何とも, 何度も, 何時と, 僅か三日, 優しい音, 先刻から, 光つてゐる, 八卦よい, 六蔵は, 刻々に, 動かず静か, 動くの, 十分緻密な, 千世子は, 叫びつづけた, 合流した, 吸収呼吸しなけれ, 呟いたと, 呟いて, 呟きました, 呟くが, 呟くと, 呟くやう, 呟くよう, 唱うるで饗応振, 喜蔵も, 固く思う, 大きい声, 大きな花弁, 大流行, 夫人から, 子守唄は, 家庭と, 密かに, 密と, 小説に, 居ても, 屋根へ, 島野は, 幽霊は, 幾たびも, 強調する, 彼女も, 御馳走を, 微笑した, 心太を, 思い起して, 思つた, 思はずさ, 思ひながら, 思ひ起して, 思わずそう, 恐ろしく集った, 愚かな, 懸命に, 手を, 掌を, 文鳥は, 早熟な, 時場合人に, 暮したいと, 暮したの, 更にゴーリキイ, 未経験な, 極めて変化, 欣びながらツウと, 欲求される, 正当な, 歳月を, 死なずに, 求めて, 泣くの, 溶け崩れて, 焚火を, 無限に, 父を, 爺さんを, 特別の, 独語した, 生死の, 生涯を, 男の, 疑問が, 的場の, 真紅であった, 眠って, 碓氷峠で, 秘かに, 答えました, 籤引を, 細君の, 結びつき反, 結び合, 繍を, 繰りかえした, 繰り返して, 繰返したが, 繰返して, 群集の, 考えて, 考えながら, 考へつ, 考へて, 聞いて, 育ちつづけること, 臥て, 自分が, 自分こそ, 自身の, 舌を, 若さゆえ, 苦笑し, 虫が, 蜂谷良作は, 見えざるもの, 覚ったよう, 覚悟し, 覺つたやうな, 言ったと, 計って, 詩も, 誦む, 読まれたので, 読み上げた, 責めるの, 近頃出版, 選んで, 音には, 音も, 顔を, 颯と化猫, 飯を, 髪を

▼ 裡には~ (106, 3.8%)

3 彼の 2 もう半面紫色, 何か, 信一郎には, 火が, 自分の, 鎌倉殿を

1 [91件] いつもの, いつも円頂, いと応えた, いと應, いろ, かえって孤独, こうした横木, この暑い, さほ, しっくりと, そういう化粧法, そういう要素, そして一語, そのロザリー, それでも真黒, たしかに孫四郎, ちょっと他人, ないの, なくどこ, なにも, まだ赤壁以来, むしろ下品, もっと何, もっと鋭い, もつと, やはり私, やみ難い, よろこびが, 一かたまり, 不安と, 不思議が, 不羈な, 乏しくほか生来持, 交響楽の, 今日の, 何という, 何となく現在, 何とも云, 何と多く, 例の, 兵火に, 凝り固まって, 十年前に, 只心, 可なり, 始終物, 存在し, 実に千万無量, 寂愁が, 当時の, 御用の, 惜しかつ, 愛すべき両親, 慕しい, 憎んでも, 或る, 手堅く成り立つ, 抑えきれないほど, 文学として, 最も深い, 本所の, 案外なかなか複雑, 楼主が, 殆ど東洋的, 汲めども, 深刻な, 潜んで, 無数の, 燈が, 生死の, 甲賀世阿弥が, 白い十手, 真個に, 矢張鳥籠が, 私共でなけれ, 種々な, 種々の, 精根が, 純銀の, 素子も, 綺麗な, 綿々として, 若い時, 落ちぬ, 蒼ざめた果敢な, 血の, 貴女でなけれ, 鎌倉の, 闇が, 随分下らない, 黙契が

▼ 裡から~ (85, 3.0%)

2 その罪, 不安な, 出て, 善良な, 抜け出して, 救って, 正しいもの, 立派に

1 [69件] あの真に, あるが, あんたは, いかにその, いった, お祖母さんの, ぎいと啓け, さもなつかしい, ただ一語, でなければ, にじみ出すよう, のぞかせて, ひびいた, またその, ものが, やや乱れた, よく知れる, ギコ, ゴーリキイの, ヘンリー四世の, 不意に, 乱れて, 人間生活に, 仄白く, 仰いで, 佐野を, 何にも, 僅かなり, 出た, 出たか, 出たよう, 出る煙, 去ったのに, 叩き起した, 声を, 天女の, 小さな聲, 小脇を, 庭の, 引き出そうと, 思いがけなく好い絵, 扉を, 押出さう, 暗い白粉, 柔らかな, 欠点ばかりを, 残って, 母を, 決して一般的, 沢庵が, 消去った, 涙の, 湧き出して, 湧き出す期待, 滑り出たの, 猶響い, 現実を, 生れ出た, 発せられて, 白木蓮の, 糸の, 美しい姿, 聞こえたの, 膨脹する, 身震いする, 近づいて, 銘々に, 髣髴と, 黙読し

▼ 裡~ (82, 2.9%)

2 お前は, かけ巡ること, さぐりつつ, 囲んで, 圍んで, 縦横に, 覗いた

1 [68件] かきさ, かけ巡った, かこんで, さまよいながら, そっと覗き, つたえて, ぬけ, のぞいた岡ッ引, のぞいて, のぞかせるよう, のぞき見する, わきに, 一貫させ, 今に私共, 修理し, 俯向い, 写出する, 半ば過ぎ, 反省し, 取りまいて, 取り巻いて, 囲こみ, 大部分, 娯ま, 差覗け, 思えば, 想い出した, 想うと, 想ひ出した, 或は南方, 抜けられるよう, 押されながら, 捜り, 控えた横座, 攻める, 派手な, 涼しくさせる, 深く眺め, 熟と, 疼くの, 眺めその, 知る筈, 私は, 窺えば, 綿々と, 肘度し, 脱して, 行く私, 行った, 衝と, 見つめて, 見る, 見上げた, 見送ったが, 見透かされて, 見透したよう, 覗いた途端, 覗くやう, 解する能わずますます, 解剖し, 話して, 造つてゐた, 造営し, 逸して, 隅から, 隱れる, 離れた小柄, 静かに

▼ 裡~ (64, 2.3%)

2 に何者, の消息, の真相

1 [58件] から考える, から英国, から重要, が如何に, が最, でどんな, というもの, においては惨, にこの, にはこうした, にはこの, にはこんな, にはその, にはよしや, には到る, には千束町, には呉家, には堪切れぬ, には大抵, には常に, には自堕落, には風儀, には魔窟, にグングン, に今一歩, に何等, に卑怯, に反映, に哲理的批判, に巨大, に於ける, に横たわっ, に涵養, に脈動, に葬り, に蟠踞, に逆流, に遺憾, に重大, のダラシ, の傍観者, の活気, の秘密, はよく, はハッキリ, は一魔教, は仏界, は即ち, は魔界, より之, より如何, を往来, を御存知, を波打ち流れた, を縦横ムジン, を見せ, を見る, を返し

▼ 裡~ (47, 1.7%)

2 入ったが, 身を, 隠れました

1 [41件] かえして, かくさせ美しく, さしむけられたよう, しまいこんで, はいった, はいった時, ぴょんと隠れ, コツコツと, ツカツカと, 一市民として, 云った, 倒れて, 入ってや, 入ると, 叫んで, 吸って, 呼びかえして, 堕落し, 巻きこんだ, 帰って, 影を, 抱き合って, 押し込んだ, 注いだ, 漲っても, 漲つて, 登りつめて, 登場し, 真珠でも, 私は, 突き放されたやう, 突き放されたよう, 籠めながら, 置くの, 落ちて, 葬った, 踏み込もうと, 逃げ去った, 銑吉を, 隠れた, 麁朶ア一燻した

▼ 裡にも~ (41, 1.5%)

2 お墓, 彼等の, 肉親に対する

1 [35件] おのずから世の中, その詩人, ちょうどその, なお粗, みちて, 一抹の, 何か, 優しみ, 充分相手を, 其の境遇, 哀調が, 奪ふ, 存じて, 孝道を, 家格とか, 少しづつその詩趣, 平凡の, 彼は, 後事を, 微かに, 忘れなかつた, 感じられる, 我我を, 東男の, 母親らしい, 深き秘密, 無事に, 生存の, 當時親殺しを, 直ぐ湧く, 神の, 膝の, 荘重に, 謂わば, 髣髴として

▼ 裡では~ (30, 1.1%)

2 可なり狼狽, 青年の

1 [26件] あなたは, いつと, この成りゆき, それは, なかつたの, ふっと駭, もってのほかなと, やがて備前美作, 一箇の, 一葉に対する, 助右, 婢の, 師匠の, 彼は, 思うの, 思った何と, 思つた何と, 日夜焦慮いたし, 気に, 疾くから, 盛に, 直ぐその, 自分を, 行うべからざるもの, 貫徹しなけれ, 起らずに

▼ 裡~ (28, 1.0%)

2 それに, 燃えた, 父と

1 [22件] あるもの, さまざまに, しめっぽくよごれた, すぐに, なかなかの, まずまずと, 依然濛々漠々, 出来る丈豊饒, 千々に, 寂然として, 暗くて, 暗そう, 死という, 殆ど火水の, 沈痛な, 真暗である, 自分に, 誰も, 譬へば大, 酒好き酒飲みでない, 鉛を, 飛んだ確か

▼ 裡~ (24, 0.9%)

2 あって

1 [22件] ある, うるんで, すこぶるハッキリし, ひとしお引きしまり, アリアリと, 不透明で, 二つ切られ, 光るばかりに, 切って, 切つ, 刺すよう, 嬉しくなった, 寂しい灰, 寒々として, 広場の, 掻きむしられるよう, 水臭いよう, 温まつて, 湯どのらしい, 煮えかえった, 見える様, 騒ぎ出した

▼ 裡~ (16, 0.6%)

2 には彼, に坐り, に番頭 1 でもそろ, で沼, で腕組, で茶, に大層, に集った, の上座, の火打石, の連中, へ引きあげた

▼ 裡なる~ (15, 0.5%)

2 面色にて

1 [13件] ことよその, 人生への, 我に, 手水鉢の, 暗き道, 白晝に, 線路を, 老爺は, 聲は, 長き絹, 隊商の, 食は, 黒猫も

▼ 裡より~ (12, 0.4%)

2 去れよ 1 す予, 下枝姉妹を, 其調を, 出づ, 出で, 叫ぶ声, 吐きさった, 我心に, 起りて, 響く

▼ 裡にのみ~ (10, 0.4%)

2 籠りて 1 在ったの, 宿る, 歴史は, 生活の, 発育する, 知る者, 自分の, 閉じ籠

▼ 裡でも~ (7, 0.2%)

1 ハッキリと, ハツキリと, 建国以来の, 日本の, 最も風格, 私だけは, 袖口でも

▼ 裡~ (7, 0.2%)

1 あり炊事場, だ, 外も, 媼の, 少しは, 平和に, 漸う汲まれ

▼ 裡にて~ (5, 0.2%)

1 はたと出合った, 五六行読みもて行けり, 思ひ出す, 爪繰りながら, 謡ったの

▼ 裡~ (5, 0.2%)

1 たで子供, たの, たへ, たへう, たまで

▼ 裡にこそ~ (4, 0.1%)

1 このバッハオーフェン, 人生の, 信仰の, 眞の

▼ 裡~ (4, 0.1%)

2 で片耳 1 で五人, へは毎夜

▼ 裡において~ (3, 0.1%)

1 では, 宗教と, 氷雪を

▼ 裡~ (3, 0.1%)

2 から心象 1 から素朴

▼ 裡まで~ (2, 0.1%)

1 水彩画の, 逼って

▼ 裡一杯~ (2, 0.1%)

1 になった, になつ

▼ 裡~ (2, 0.1%)

1 なしとでも, をし

▼ 裡半歳~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 裡攻めん~ (2, 0.1%)

1 との謀り, と大

▼ 裡~ (2, 0.1%)

1 だけが言葉どおりかすか, に背

▼ 裡白跳張順~ (2, 0.1%)

1 か黒旋風李逵, など痛く

▼1* [89件]

あるいは鬼神力宿り, 裡郊外か, 裡かならず朝廷を, 裡からのみ湧き立って, 裡からは白い煙, 裡くねくねと体, 裡こそ私は, 裡さながらのよう, 裡する粋美の, 裡だけでも美しい菩薩, 裡だったが決心, 裡でのみ目に, 裡でまで彼那勢いで, 裡というものは, 裡ところきらわず妖舞, 裡庇護が, 裡などわかりませぬ, 裡にかけて玉子を, 裡にさえも尚お, 裡にぞありける, 裡にだけ何かが, 裡にだってそう云う, 裡にてと答ふ, 裡にというより, 裡になつてゐ, 裡にまでそこはかとない旅情, 裡にをさむるや, 裡のみの夢想家に, 裡はいッぱいだった, 裡ふかく突然孫策, 裡へと影を, 裡へも偲ばれようと, 裡まるで神仙の, 裡をば死んだ姫君, 裡ニ有リ又我兵馬ニツツマレ終ンヌ, 裡一万二千を以て西条村, 裡一様に薄い, 裡一物なしそして, 裡一瞬君の御, 裡一祖廟ヲ建テ, 裡だと, 裡三生を証す, 裡帰来, 裡世界第一, 裡二つの雷鳴, 裡に春, 裡へ置く, 裡に其所在, 裡全体に対して行, 裡として, 裡刀光閃めく, 裡別荘でも旅館, 裡の飛ん, 裡牽掣, 裡呼吸を引く, 裡大衆のさとる, 裡如何に生き, 裡家風情の例, 裡平生の和敬ひと, 裡幽寂にし, 裡愛吉は苦い, 裡に就く, 裡攻めがある, 裡日月のおそき, 裡春風を斬るごとく, 裡櫛笥の奧, 裡歌合の八番右, 裡歌合せは女房歌合せ, 裡の中, 裡生涯, 裡無一物米も醤油, 裡無双の士, 裡猶且つ煢然たる, 裡玄徳は国主, 裡生活の一片, 裡の底, 裡松の, 裡の壺二個, 裡を生じ, 裡自ら一種の正気, 裡自在米でもある, 裡自然石の手水鉢, 裡花陰の夢, 裡蓋し察する, 裡薩州より俄, 裡誰かに訊い, 裡返事は聞きつけない, 裡を開かせ給うべし, 裡鹿爪らしき八字髯