青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「読んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~説明 説明~ 説話~ ~読み 読み~ ~読む 読む~ ~読ん 読ん~ ~読んだ
読んだ~
読書~ ~読者 読者~ ~誰 誰~ 誰か~ 課長~ 調~ ~調べ 調べ~

「読んだ~」 2243, 24ppm, 4803位

▼ 読んだこと~ (335, 14.9%)

93 がある 22 がない 20 があります 19 のある 16 があった 15 のない, はない 10 もない 6 もある, を覚え 4 があるだろう, がなかっ, はある, はなかっ 3 があっ, があつ, がありました, がありません, はありません, を記憶 2 ありません, か, がございません, がなく, がねえ, が無い, だが, である, になる, もありません

1 [59件] あって, ありますか, あるか, あれへんのに, からで, から母, か聞いた, があり, があるでしょう, がある云う, がお, がございました, がなかつた, が一度, が思い出された, が本当, が素地, さえあります, そしてまた, だけはおぼえ, だろう, であろう, ない, なくても, などが書い, などは無い, などをおぼえ, にする, になっ, のなかっ, のよう, はあつ, はあと, はいわゆる, はかつて, はございません, はすでに, はみんなほん, はめったに, は次, は無い, は疑う, は私, もあった, もあり, もありませぬ, もなかっ, もなかつた, もなく, もなけれ, も記憶, をさとらせ, をそのまま, を予期, を告白, を忘れない, を思い出した, を考える, を覚えてるだろう

▼ 読んだ~ (252, 11.2%)

25 である 10 であるが, では 9 だが 8 です 76 であった 53 か, だった, であるから, でしたが, ですが, はその, もこの, もその

2 [11件] だから, だろう, であったが, であったならば, でしょう, でも, はこの, はそれ, は何, は第, も

1 [126件] かある, かえ, かしら, かその, かそれ, かと取散らし, かと思ふ, かはっきり, かも知れぬ, かチツト, か何, か察せられます, か湯, か誰, が与っ, が乃木希典, が全く, が始まり, が工合, ぐらいな, じゃ, じゃない, じゃなかろう, だか, だけれども, ださうである, だったが, だつた, だという, だらう, ぢや, であって, であります, であるひは, でございましょう悠々, でございます, でした, でしょうか, ですか, ですがね, ですけれど, で御座いますが, とは全く, とは大分, と三十代, と同じ, と同一, と大して, なら表紙裏, に似, はあたかも, はおそらくやっと, はごく, はそりゃ, はつい, はどういう, はどれ, はなん, はもう, はもう少し, はもちろん, はジンメル, はセエラ, はハンブルヒ, はポー, はワット, は一回きり, は一昨日, は丁度, は三十余年, は三十過ぎ, は与謝野さん, は中学, は予定記事, は二人, は二十頃, は今, は佐川春水氏, は僕, は先づ彼, は勿論, は十二, は十二三, は十年, は吉宗公, は大正十四年春, は好い, は宗教的, は小説, は岡本綺堂さん, は彼, は彼女, は心理学, は忘れちゃった, は恐らく, は改造社版, は明治二十二年, は明治以後, は昔, は書き上げた, は木崎好尚さん, は極小部分, は気, は深く, は目, は自分, は詩, は誰, は谷崎潤一郎, は豊後, は遠い, は遥か, もある, もこの間, もジャイルズ, もティッチェンズ, も僕, も同じ, も悉この間, も此, を聞い, を記憶, ん, 何を, 覚えてるわ, 読まぬの

▼ 読んだ~ (139, 6.2%)

3 のやう 2 にその, には色, に彼, のこと, まさしくこれ

1 [126件] ああと, ああ福島慶子さん, あたかも曠野, あんまり感心, いずれ近い, から三吉, から今度, から残され, から清く, から知っ, このさ, この凧, だった, である, でも父, とお, とその後, と同じ, と文句, どんなに変てこ, どんなに外, なの, にあの, にあまりに, におおよそ, にこれら, にさぞ, にそれ, にそれほど, になつて, になる, になんと, には, にはあんまり, にはかなり, にはこの, にはしみじみ, にはそりゃ, にはなるほど, にははつきり, にはまだ, にはセエラ, には何だか, には別に, には大西洋, には思わず, には流石, には自然, には面白い, にふと, にも僕, にも起らぬで, に一撃, に与えられた, に何だか, に何故, に受けた, に唯, に地蜂, に大変感心, に少し, に当時, に悩まし, に感じた, に最初, に望見前面, に現代, に理解, に直ぐ, に私, に笑い出した, に節子, に考えついた, に見た, に頭, に黒田, のあの, のごぼう, のとおり, のよう, のイプセン, の信吾自身, の僕自身, の印象, の彼女, の心持, の面白, の驚き, は, はあたかも, はい, はそれ, はなん, はまるで, はをかしく, は人間, は余計, は作者, は僕, は変った, は嬉し, は彼男, は思わず, は甚だ, は私, は読終, は面白, は鼻, ひょっとかし, ほど未亡人, ほど残念, ほど芥川龍之介, まで寝返り, もそう, も思い出さなかった, より数層倍, 何だか薄気味, 余程以前, 全く私ども, 始めて自分, 実際苦笑, 已に恐し, 思はず笑, 思わず笑って, 特にかう思はず, 程人間

▼ 読んだもの~ (112, 5.0%)

12 である 5 だ, の中 3 です, らしい 2 についてのゴーリキイ, のうち, の一つ, は誰

1 [76件] か遠く, がじゃあ, がゾーッ, が三つ, が身, じゃが良, だから, だが, だった, だよ, であった, であるが, ですが, では, でも, でもう, でジェーン, で二冊, で少々, で彼女, で最も, で特に, で面白かっ, と云, と推察, と見え, と見えまし, と見える, と認められる, などの報告, について云う, に一九, に対する感じ, に違ひな, のこと, のぼんやり, の不, の受け売り, の幾分, の結果, の話, はあるまい, はきつ, はこの, はすべて, はその, はまず, はアテネ, はマルリツト, は作者, は兄丈太郎, は墓表中, は学者, は幾人, は彼, は必ず, は恐らく疾く, は最小限, は歴史家, は洋, は知つて, ばかりであり, もありません, も稀, も重, や苦しんだ, らしく上, をもう, をもう一度, を巧, を年取っ, を忘れる, を有意識, を良く, を話しあう, を誰

▼ 読んだ~ (105, 4.7%)

3 これも, それは 2 これは, その中, 一冊だけ, 私の

1 [91件] あなたは, あの文章, あまり抜い, あゝ駄目, いささかも, いつもの, お経, この五年生, この長篇, これが, これらの, さりげなく, しおれたふう, すなわち系統, そこで息, そのころ, そのとき, そのなか, その一枚, その世界, その後ゴルスワージの, その情熱, その時, その書名, その詳細, それぞれに, それについて, それも, たまたま黒海震, ためだ, ために, どうも現実, どんな用件, なかなか適切, なるほど地理, はたして, ふとスカイライト, またどこ, むしろ坦々, やはり由起しげ子なん, やはり面白, よくは, わからなかった, オイケンの, ジャンナンという, ディッキンスは, 中でも愛好, 今から, 今その, 今ちょっと, 仲間は, 会葬者の, 余は, 余儀なき依頼, 先ずこれ, 六かしい, 判らないという, 南フランスの, 原本の, 口の, 子規も, 小説体に, 少し驚いた, 度胆を, 彼は, 往々に, 成島柳北も, 我々の, 或る, 所謂熱情に, 書名も, 最もこの, 最も愛読, 果してコンポジシヨン, 気乗が, 活字が, 滑稽な, 特に, 特に感銘, 私が, 私には, 私は, 第一, 腹が, 若しきょう, 菊田としては, 読むに, 読めればこそ, 読んで, 非常に, 面白くない

▼ 読んだ~ (67, 3.0%)

20 がある 5 のある 4 があります, のない 3 がありません, がない, はない 2 があつ

1 [23件] がありました, がなかっ, がなく, が有る, が無い, が群, が群がっ, だ, である, なしと, などがスケッチ, などを不思議そう, の無い, はなかろう, は信吉, は有る, は毎度, は無かっ, もある, もない, も聞いた, を人, を今

▼ 読んだとき~ (53, 2.4%)

2 でスタンダール

1 [51件] あの人, からこの, からだ, から今, さう, すぐに, すばらしい発見, そうした心, そぞろに, た, ただ苦笑, である, とつぜん妾, にいわゆる, にこの, にそう, にはくだらない, にはこれ, にはずいぶん, にはどれ, には何と, には夜, には非常, にも例えば, にも思った, に乾燥, に共鳴, に実に, に所謂武陵桃源, に突然, に自分, に自分たち, に身, に面白い, の一種, の感激, の感銘, の重吉, はじめてこの, はじめて萎みました, はもう, は惨, は逆上, もこれ, もやつぱり折目, よくわからなかった, 何だか喫驚, 何となし, 強く感銘, 思はず微苦笑, 最も先

▼ 読んだ~ (51, 2.3%)

4 はその 2 は相当, は知っ, は誰

1 [41件] がそこ, がつまり, が不幸, が役, が知っ, だが, であります, でござんすつまり, で五月丸, で慶, なら私, にその, にだけは想像, にはおそらく, の信仰, の意見, の考えた, の話, はおそらく, はこの, はだれ, はストリンドベリイ, はプルウスト, は一様, は三度, は丹生津媛, は主人公ラスコルニコフ, は二度, は何人, は作者, は必ず, は思わず, は是非, は皆, は稀, は翁, は老人, または本庄栄治郎著, もあつ, も多かろ, も忘れる

▼ 読んだだけ~ (38, 1.7%)

15 では 3 だが, である 2 でこの

1 [15件] あとは, だった, だつた, であった, でありますが, ですが, でその, でもう, で一寸, で何ら, で作者全部, で具体的, で原本, で強く, で自分

▼ 読んだ~ (38, 1.7%)

4 のこと 3 の中 2 を読み返し

1 [29件] からは私, が, があるなら, が何, だ, であった, であっても, でありませんが, である, で今, で自然, といえ, といへ, についてお話, に刑務所, のうち, の十分の一, の噺, の間, は二度と, は十年前, もあった, もとう, や見た, をこれから, をすぐ, を回想, を思い出し, を繰り返し

▼ 読んだ~ (37, 1.6%)

5 云ふ 2 いう, いって, 云う事, 云って

1 [24件] いうだけ, いうだけでも, いうより, いえるであろう, いふ気, したら, したらその, したら果して, します, すると, 云うの, 云うわけ, 報告した, 思う, 思うが, 思うと, 思うのに, 白状し, 考えた人, 言つたら, 言われました, 記憶し, 話して, 謂うよりは

▼ 読んだ~ (30, 1.3%)

2 だんだんこの, も判然

1 [26件] かう言, であった, でそれ, では, ではどんな, でも褒めた, で喰, で戒名, で気, で禅宗, とで人生, とで人生観, にこういう, にそれ, には古本, にルクレチウス, に内々自ら, に漸く, に読まない, の, の印象, の彼女, の私, の自分, は要領, 更にそれ

▼ 読んだところ~ (22, 1.0%)

2 である

1 [20件] がある, が分っ, だ, だったの, であなた, ですがね, では武郎君, では結局, では色彩, で何, で康子, で決して, で犯人, で自分, にある, は少し, までな, まではっきり, をもう一度, を人見

▼ 読んだ小説~ (22, 1.0%)

4 の中 2 のこと, の女

1 [14件] かなにか, か母もの映画, だけれど, であるけれど, で阿部知二氏, にはやはり, のうち, はない, は赤本, や新聞種, や詩, をいまわたしたち, を思い出し, を話しっこし

▼ 読んだという~ (20, 0.9%)

2 人が

1 [18件] ことを, のが, のです, のは, シェークスピアの, ルパンの, 事だけでも, 人に, 人には, 人は, 四箱か, 心持で, 書物は, 気持ちが, 熱心な, 話から, 話を, 項の

▼ 読んだ~ (19, 0.8%)

1 [19件] した記憶, して, しれないほとんど, どうかを, また我々, 二三の, 人に, 兎に, 分らない癖, 忘れて, 知らないが, 能く, 解らない, 読まないか, 読まぬかは, 読みながら, 誰かに, 誰の, 賛美歌でも

▼ 読んだあと~ (18, 0.8%)

2 では無数, で平気

1 [14件] から忘れ, がある, この窓, であわて, でこれ, で室, で尼君, で手当り次第, で書物, で自分, に小娘ども, の印象, の気分, はくだらぬ

▼ 読んだ書物~ (18, 0.8%)

6 の中

1 [12件] からは知識, なら滅多, のうち, のこと, の名, の数, の耳学問, の言葉, はいろんな, はこの, を二度読み, を御

▼ 読んだ記憶~ (17, 0.8%)

10 がある 1 があった, があつ, が一分一厘, が残っ, のある, はある, もある

▼ 読んだって~ (16, 0.7%)

1 [16件] いいじゃ, いい加減な, いい訳, おなじこと, しまいから, わからないからねエ, ダメだろう, ハンスは, 何物も, 堕落し切っ, 始まらねえ, 役に立たないと, 明かな悲しき, 読まなくったって, 面白いよう, 面白くない

▼ 読んだから~ (15, 0.7%)

2 で他

1 [13件] あんたが, つて人間は, であった, である, なの, なん, もう一度読みかえす, エライ政治家に, 感銘が, 攷うる, 知って, 私も, 私共は

▼ 読んだよう~ (15, 0.7%)

2 な気, に思う

1 [11件] だが, であるが, な小説, な心もち, な手紙, な鋭い, な顔, におぼえ, にはっきり, にも覚え, に思っ

▼ 読んだので~ (13, 0.6%)

2 同病相憐れむ

1 [11件] あつた, あらう, すっかり安心, その頃, それは, やっとこっち, 今思い出せない, 初めの, 思想的影響という, 時と, 法然が

▼ 読んだ~ (13, 0.6%)

1 [13件] があるだらう, がなかっ, なら苦笑, にはこういう, にはその, に向っ, の永く, の神経, の胸, はひじょうな難解, は唖然, もなかっ, 世に幽霊

▼ 読んだかと~ (12, 0.5%)

2 思うと 1 いうと, きかれるなら私, きくと, 云う, 思ふと, 考えて, 聞いたら読んだと, 訊いた時, 訊くから, 訊くと

▼ 読んだ~ (12, 0.5%)

2 だよ 1 だ, だが, だがね, だけれど, だろうか, であります, ですか, ですつて, ですよ, なら何で

▼ 読んだ~ (11, 0.5%)

2 相違ない, 違いない 1 しても, しろ何, ちがいなかった, 相違なく, 過ぎない, 違ひなかつた, 関はらず

▼ 読んだ覚え~ (11, 0.5%)

7 がある 1 があります, すらない, のある, もない

▼ 読んだ時私~ (10, 0.4%)

1 の小説, はおかしく, はずつと以前, はどきんと, はようやく, は幻滅, は思わず, は悪い, は或, は生

▼ 読んだけれども~ (9, 0.4%)

1 まったく脚本, まつたく脚本, よくわからんです, ドウーゼを, 実につまらない, 特に愛読, 猫の, 私の, 自分の

▼ 読んだばかり~ (8, 0.4%)

2 では 1 だから, であった, である, で軈て, なので, なんだ

▼ 読んだ~ (8, 0.4%)

1 があり, がお, がどれほど, がよかり, が或は, が自分, が面白い, だが

▼ 読んだ人々~ (7, 0.3%)

1 の中, の心持, の生活, の間, はこの, は一層, は燈火管制下

▼ 読んだ~ (7, 0.3%)

2 のこの 1 あの将校, から, から後, が思出, は文学

▼ 読んだある~ (6, 0.3%)

1 人から, 人に, 全くズブ, 新聞の, 歌を, 死刑囚の

▼ 読んだとき私~ (6, 0.3%)

1 にはそれ, の心, の胸, は子供, は思った, は感心

▼ 読んだところが~ (6, 0.3%)

1 あしたの, あなたの, この先生, すっかり感心, その中, 其中に

▼ 読んだわけ~ (6, 0.3%)

4 では 1 である, であるが

▼ 読んだ~ (6, 0.3%)

2 もあった 1 から己, にはその, に偶然, のこと

▼ 読んだ~ (6, 0.3%)

2 だが 1 が出, です, のなか, をし

▼ 読んだ限り~ (6, 0.3%)

1 ではシェストーフ, では全部佳作, では大した, では有無, でも十, で云え

▼ 読んだからと~ (5, 0.2%)

3 いって 1 云って, 言って

▼ 読んだきり~ (5, 0.2%)

1 であつ, であるという, で急い, で投げ出し, になっ

▼ 読んだその~ (5, 0.2%)

1 奇蹟の, 奥さんは, 心理遺伝の, 抜萃の, 読後の

▼ 読んだだけで~ (5, 0.2%)

1 この小説, そういうこと, チャント見当が, 何故か憂鬱, 舞台が

▼ 読んだだけでも~ (5, 0.2%)

1 まぶたの, 之は, 瀬越の, 稗田阿礼は, 紙面に

▼ 読んだとか~ (5, 0.2%)

1 人に, 何とか云う, 子供の, 相撲を, 蛍を

▼ 読んだばかりの~ (5, 0.2%)

1 ことを, ところな, ところを, 新智識, 沢は

▼ 読んだものの~ (5, 0.2%)

1 努めと, 文字の, 純粋無垢なる, 話しくら, 誰れ

▼ 読んだ~ (5, 0.2%)

1 にはつら, にはややともすると, の作品, の日誌, もほんとう

▼ 読んだ~ (5, 0.2%)

1 からうけ, が之, であろう此, です, を以て読まない

▼ 読んだ手紙~ (5, 0.2%)

1 といふの, は元, も一緒, を出し, を巻き納め

▼ 読んだ瞬間~ (5, 0.2%)

1 から彼, から絶えず, つと立ち, にこれ, 受けた衝撃

▼ 読んだかも~ (4, 0.2%)

2 しれないが 1 しれない, 知れん

▼ 読んだだけの~ (4, 0.2%)

1 書物は, 本と, 範囲で, 詩に

▼ 読んだとき伸子~ (4, 0.2%)

1 の視線, はいつ, はそういう, は相川良之介

▼ 読んだはず~ (4, 0.2%)

1 だ, だつたね, であるが, なの

▼ 読んだひと~ (4, 0.2%)

1 が尠, には其, はきわめて, は同書

▼ 読んだ~ (4, 0.2%)

1 いろいろ考え迷った, でまとまった, でエミリー, でプロレタリア文学

▼ 読んだ作品~ (4, 0.2%)

1 の半分, の数, は何れ, や本

▼ 読んだ場合~ (4, 0.2%)

1 と性質, にどんな, は画家, やあるいは

▼ 読んだ文章~ (4, 0.2%)

1 だつた, の一つ, の意味, を再現

▼ 読んだ~ (4, 0.2%)

21 だ兄, に今日

▼ 読んだ~ (4, 0.2%)

1 の妻, の態度, は元, は趣味的

▼ 読んだ通り~ (4, 0.2%)

1 の句, の啖呵, を暗誦, を繰り返す

▼ 読んだ~ (3, 0.1%)

1 定書その, 秀の, 経の

▼ 読んだかは~ (3, 0.1%)

1 ある意味, つきり, 殆ど忘れ

▼ 読んだがね~ (3, 0.1%)

1 あれは, 然し本, 米国では

▼ 読んだそう~ (3, 0.1%)

1 だ, です, で女主人公

▼ 読んだため~ (3, 0.1%)

1 にそれ, に私, に西鶴

▼ 読んだつもり~ (3, 0.1%)

1 だが, でい, で云つた

▼ 読んだといふ~ (3, 0.1%)

1 人に, 悔恨に, 点に

▼ 読んだとたん~ (3, 0.1%)

1 にそう, に僕, 大喀血

▼ 読んだとて~ (3, 0.1%)

1 同じぢ, 死には, 粽の

▼ 読んだどの~ (3, 0.1%)

2 作品よりも 1 旅行記にも

▼ 読んだほど~ (3, 0.1%)

1 だった, だつた, 小説らしく

▼ 読んだ一人~ (3, 0.1%)

1 であり実は, である, は黙

▼ 読んだ人たち~ (3, 0.1%)

1 には自明, は感心, は案外

▼ 読んだ初め~ (3, 0.1%)

2 である 1

▼ 読んだ多く~ (3, 0.1%)

1 のこと, の書かざる, の物理学者

▼ 読んだ感想~ (3, 0.1%)

1 としてパール, なの, にアグネス

▼ 読んだ探偵小説~ (3, 0.1%)

1 の中, の知識, は涙香

▼ 読んだ~ (3, 0.1%)

1 だが, だと, にはなかなか

▼ 読んだ~ (3, 0.1%)

1 だ, の誰, はその

▼ 読んだ~ (3, 0.1%)

1 である, なんで, の本

▼ 読んだ色々~ (3, 0.1%)

1 な外国文学, な文章, の歌人

▼ 読んだ~ (3, 0.1%)

1 かが幸, かの小説, は何

▼ 読んだ雑誌~ (3, 0.1%)

3 のなか

▼ 読んだあの~ (2, 0.1%)

1 ファウストの, 石この

▼ 読んだいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な戯曲, な文章

▼ 読んだおかげ~ (2, 0.1%)

1 である, でどこ

▼ 読んだかという~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 読んだからとて~ (2, 0.1%)

1 之を, 決して立派

▼ 読んだけど~ (2, 0.1%)

1 貴方は, 閉口した

▼ 読んだけれど~ (2, 0.1%)

1 今読め, 阿呆らしい

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 ドンキホーテも, 鏡花ばりで

▼ 読んだとき自分~ (2, 0.1%)

1 の妻, はその

▼ 読んだには~ (2, 0.1%)

1 読んだがね, 読んだ筈

▼ 読んだふり~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ 読んだまま~ (2, 0.1%)

1 しばらく戸口, のあの

▼ 読んだやう~ (2, 0.1%)

1 な覚え, に記憶

▼ 読んだスヴォーリン~ (2, 0.1%)

1 が何, が何かしら

▼ 読んだトルストイ~ (2, 0.1%)

2

▼ 読んだワイルド~ (2, 0.1%)

1 の作品, の葡萄酒

▼ 読んだ一行~ (2, 0.1%)

2 は忽ち

▼ 読んだ世間~ (2, 0.1%)

1 の人々, はふたたび

▼ 読んだ人人~ (2, 0.1%)

2 に本当に

▼ 読んだ人達~ (2, 0.1%)

1 の, はやがて

▼ 読んだ何人~ (2, 0.1%)

2 が屋久島

▼ 読んだ作家~ (2, 0.1%)

1 の二三, の作品

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

2 の手記中

▼ 読んだ八犬伝~ (2, 0.1%)

1 の中, もここ

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 でその, で斯

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 は何, まで繰り返し

▼ 読んだ刹那~ (2, 0.1%)

2 の陶酔

▼ 読んだ名前~ (2, 0.1%)

1 であって, のところ

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 のこの, の憧れ

▼ 読んだ夕刊~ (2, 0.1%)

1 だ, の記事

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 であったよう, は

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 が父, の心

▼ 読んだ当時~ (2, 0.1%)

1 の私, を憶

▼ 読んだ影響~ (2, 0.1%)

1 が十分, のあら

▼ 読んだ感じ~ (2, 0.1%)

1 だけでなく, では例えば

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 にも心, にも漠然と

▼ 読んだ新聞~ (2, 0.1%)

1 を故郷, を飽かず

▼ 読んだ旧約~ (2, 0.1%)

2 聖書の

▼ 読んだ時代~ (2, 0.1%)

2 であったが

▼ 読んだ時俺~ (2, 0.1%)

1 はもう, は今

▼ 読んだ時僕~ (2, 0.1%)

1 はひそか, も今君

▼ 読んだ時分~ (2, 0.1%)

1 から私, に嘘

▼ 読んだ時自分~ (2, 0.1%)

1 は一つ, は益其感

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 には新刊, の一種

▼ 読んだ書籍~ (2, 0.1%)

1 の中, も右

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 がし, がする

▼ 読んだ沢山~ (2, 0.1%)

1 のお話, の本

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 の名, は馬琴

▼ 読んだ物語~ (2, 0.1%)

1 の中, や伝記

▼ 読んだ痴川~ (2, 0.1%)

2 が忽ち

▼ 読んだ直後~ (2, 0.1%)

1 であった, にこの

▼ 読んだ聖書~ (2, 0.1%)

1 の中, の句

▼ 読んだ脚本~ (2, 0.1%)

1 が自分, のなか

▼ 読んだ若い~ (2, 0.1%)

2 男女の

▼ 読んだ英国~ (2, 0.1%)

1 の小説, の気象台長シムプソン博士

▼ 読んだ西洋~ (2, 0.1%)

1 のもの, の婦人みたい

▼ 読んだ証拠~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 読んだ読者~ (2, 0.1%)

1 の方, は記憶

▼ 読んだ~ (2, 0.1%)

1 だからねえ, を貸し

▼1* [346件]

読んだああいふレニン, 読んだあと危く前へひかれ, 読んだありのままの感想, 読んだいいかたを, 読んだうちでも一番, 読んだおもしろ味は, 読んだおもしろいおとぎ, 読んだおりの感想, 読んだお前の友達, 読んだお方がちょっと, 読んだかいこの本, 読んだかて気違いとより, 読んだかねハンス, 読んだかの問題に, 読んだからには悪魔の, 読んだかをお話し, 読んだくらいでは, 読んだくらいのもので, 読んだけどねこういうとき, 読んだるから, 読んだこと丈け省い, 読んだこと晩酌がうま, 読んだこと自分もこの間, 読んだこんがら重, 読んだすべてのひと, 読んだせいか内宮, 読んだせつな思わずも, 読んだそうしてその思想, 読んだそして人間友心といふ, 読んだそれはとくに, 読んだ万一轆轤首, 読んだついでにあなた, 読んだつてこの実際, 読んだつて差支ないん, 読んだせう, 読んだでもなく勅命, 読んだとおりだ, 読んだとおり紙に書い, 読んだときそこを大, 読んだときクリストフは憤激, 読んだときリップ・ヴァン・ウィンクルの話, 読んだとき主人公が苦境, 読んだとき二児とは稍長, 読んだとき何が巧妙, 読んだとき僕はこれ, 読んだとき工芸学校の先生, 読んだとき彼はにやりと, 読んだとき彼らはむしょうに, 読んだとき彼女は一種白昼夢, 読んだとき志賀氏もずいぶん, 読んだとき忠直卿の人間真実, 読んだとき断頭場に用, 読んだとき荒らくれた水夫, 読んだとき貴方の本, 読んだとき足許に踏ん, 読んだとき過去のプロレタリア文学運動, 読んだとき道江は君, 読んだとき青年はこの, 読んだとき非常に印象, 読んだとこどす, 読んだところこれと云つて心, 読んだ貴公は, 読んだなと思った, 読んだなりで打ち遣って, 読んだのよいいわねえ, 読んだ佐伯に, 読んだばかしで何が, 読んだばかりで稽古も, 読んだほうがいい, 読んだほかには月月, 読んだまでのもので, 読んだむずかしい詞を, 読んだもの下のほう, 読んだもんだと, 読んだ一寸い, 読んだよりも数倍数十倍に, 読んだわたしは直ぐ, 読んだわれわれがそれ, 読んだアゼンスの娘達, 読んだアメリカの大, 読んだアンションの, 読んだアンデルセンの童話, 読んだエマアソンの文, 読んだカミユの, 読んだキリストに関する書物, 読んだスタンレーの探検記, 読んだセルバンテスの短篇, 読んだダアウィンやヘッケル, 読んだドイツの哲学者たち, 読んだパンの中, 読んだフランスの小説, 読んだブハーリンの厚い, 読んだヘプバーン批評のうち, 読んだミュラーの詩, 読んだミラボーが読んだ, 読んだモンテスキューが読んだ, 読んだユジン・オニイルの, 読んだラスキンの中, 読んだラ・フォンテーンに, 読んだリルケの詩, 読んだワッサーマンの, 読んだ一つの犯罪物語, 読んだ一七一三年ロンドン板ホイストンの, 読んだ一刹那水木氏は, 読んだ一口噺からこの, 読んだ一外国人が自分, 読んだ七八冊は概ね, 読んだでは勿論, 読んだ三国史中の人物, 読んだ三年前の季節, 読んだ上俳人芥川龍之介論を書かう, 読んだ不案内な読者, 読んだにも実例, 読んだ主人はかく, 読んだ事小説で見た, 読んだ事柄などをたがい, 読んだ二階の窓, 読んだ五十代の人, 読んだい学友, 読んだ人さへが単なる, 読んだ今一切は明白, 読んだ今日の感想, 読んだは舌, 読んだ仏教以下だと, 読んだ仏蘭西の小説, 読んだ仏語訳に十分の信用, 読んだのすぐれた, 読んだ他何もし, 読んだ代物があらわれ, 読んだ伝説かはつ, 読んだでその他, 読んだかの書物, 読んだ何冊かの本, 読んだ作中人物の一人, 読んだの高札場, 読んだ信者に法, 読んだ健三はその, 読んだ僧たちへの布施, 読んだ先生はだまっ, 読んだ全体を分類, 読んだ八五郎は袂, 読んだ八代公は紙片, 読んだ兵書に南蛮国, 読んだ内外の作, 読んだ冒険物の絵, 読んだ分量は先生の, 読んだ切りで純情, 読んだ刊本は, 読んだ前川千帆作ひどいもの, 読んだ動物試験で心臓, 読んだ勝則の疑いぶか, 読んだ千一夜物語の中, 読んだ半蔵にはいろいろ, 読んだ印象よりもずつと面白く, 読んだ友人から, 読んだ友達が遊び, 読んだだが, 読んだ古典はあと, 読んだ句集の中, 読んだ呉一郎の前後二回, 読んだ告白書の文句, 読んだ哲人の書物, 読んだ唐時代の世相, 読んだ四五桂の謎, 読んだ国民は更に, 読んだ国民ひとりひとりの表情, 読んだ均平の頭脳, 読んだ場合史実から見た, 読んだ塞外舎営の光景, 読んだ外国のある, 読んだ計代の, 読んだ大したことない, 読んだ大阪の人びと, 読んだ太閤記や水滸伝, 読んだだからね, 読んだ女天一坊だの華族, 読んだ女性ならびに恋愛, 読んだ奴等が足下, 読んだ姿だけが妙, 読んだ婆さんと阿, 読んだ子供の時, 読んだ孤蝶さんの随筆, 読んだ実見者の記事, 読んだ室生犀星の, 読んださには, 読んだ将棋雑誌の某, 読んだ将軍夫妻は生前顔, 読んだ小林少年は泣きだし, 読んだ少し心ある, 読んだ少年の時, 読んだ少数の哲学書, 読んだ尚侍は非常, 読んだに入, 読んだ巴里画報の記事, 読んだ希臘悲劇が邪魔, 読んだ幣帛の切り, 読んだ平次の方, 読んだ当時子供心の私, 読んだ後これを巴里, 読んだ後やつと僕, 読んだ後場末の町, 読んだ後目のあたりにベアトリチエ, 読んだ経の, 読んだ思想と憧憬, 読んだ文学から, 読んだ悪霊のなか, 読んだ悲惨な小説, 読んだ感銘もなかなか, 読んだ戦後小説の作者たち, 読んだ戯曲六篇について, 読んだ所見についていろいろ, 読んだ振りして, 読んだ支那の小説, 読んだ支那小説に頭, 読んだ文作は新聞, 読んだ文字のまま, 読んだ文学の作品, 読んだ文学上の作品, 読んだ文明人が野蛮人, 読んだ文部省の役人諸君, 読んだ文面による, 読んだ新聞記事によれ, 読んだ方々には御, 読んだ旅行記たしか北杜夫, 読んだ日本のうら若い, 読んだ日本人は激し易く, 読んだ日蓮聖人も親鸞聖人, 読んだの人, 読んだ星占師の広, 読んだ時これなら脚色, 読んだ時ゾツとした, 読んだ時フリイチェの文学史的, 読んだ時ラシイヌもレザール, 読んだ時一すじの閃光, 読んだ時上海を全く, 読んだ時予の心, 読んだ時二十前後であったと, 読んだ時他の心, 読んだ時以来夜となく, 読んだ時何とかしたいと, 読んだ時彼の手, 読んだ時我々の忘れ, 読んだ時木賃宿でも主従, 読んだ時栄介は考えた, 読んだ時此人は僕, 読んだ時此句に躓い, 読んだ時母親の胸, 読んだ時涙が出る, 読んだ時翻然として悟った, 読んだ時誰が書いた, 読んだ時譬喩の文学的効果, 読んだ時鳥渡一種の憤激, 読んだ時鶴雄はほっと, 読んだ暑いのにマスク, 読んだ書中の美しい, 読んだ書籍パンの問題, 読んだ最も熱烈な, 読んだ最初の小説, 読んだ最後の手紙, 読んだ木村さんはすぐ, 読んだ案内書や聞いた, 読んだ楊博士は団扇, 読んだな理屈, 読んだ横文字の小説, 読んだ樽野はそちら, 読んだ武林無想庵氏の, 読んだ死後の硬直状態, 読んだ約論, 読んだ気持である, 読んだがひたい, 読んだ浩澣な医書, 読んだ測量係の男, 読んだ為めに生涯托氏, 読んだは嬉し, 読んだ牧野信一との交友録, 読んだ犯人の人相書, 読んだ理論其れが, 読んだ田山花袋の紀行文, 読んだ直後僕はやはり, 読んだ真面目な読者, 読んだから見れ, 読んだ瞬間これまであまり, 読んだ短い詩の, 読んだ社会科学の本, 読んだ私たちの高等学校時代, 読んだ私どもは翻っ, 読んだ科学小説の中, 読んだ種類の書籍, 読んだ箇所はその, 読んだ範囲では歴然たる, 読んだ紙数の多い, 読んだ結果ではなく, 読んだ結果頭脳が論文的, 読んだ胡蝶の国, 読んだ自分と今, 読んだ艦内の水兵, 読んだ若干の書物, 読んだ英語読本の中, 読んだ荷風の, 読んだ蕗子がここ, 読んだ藤原基経に関する史書, 読んだ藤村文学読本のどこ, 読んだ藩士らは皆, 読んだ裏面の方, 読んだ西洋人の心象, 読んだ西遊記の如き, 読んだ言葉がしつっこく, 読んだ言霊という本, 読んだである, 読んだ証拠書類と云, 読んだ詩編か小説, 読んだ読み手がただ, 読んだ読物はみんな友, 読んだ論語さへも今日邪魔, 読んだ者は, 読んだ諸君はさて, 読んだ講談を更ら, 読んだ講談本にも豊臣秀吉, 読んだ講釈本による, 読んだ辰野氏のセナンクウル, 読んだ農民文学には最も, 読んだ途端女房の奴, 読んだ途端将来洋行しても, 読んだ通りこちらで求める, 読んだ道庵が大きな, 読んだ遺言書の説明, 読んだ部分だけでも作中人物, 読んだ部屋のよう, 読んだ都民のおどろき, 読んだ里見八犬伝もここ, 読んだ野球雑誌に日本野球, 読んだ金五郎を当惑, 読んだ鈴木は, 読んだ鏡花つくるの, 読んだ閑枝は深い淋し, 読んだに子供, 読んだ間接通信の記事内容, 読んだには気, 読んだはまだ, 読んだ頃サンデー毎日の, 読んだ頭脳だから, 読んだ願書もたくさん, 読んだに取りつくろった, 読んだ馬琴や近松, 読んだ髑髏の話, 読んだ高札場のあたり