青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「裏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏
裏~
裏口~ ~裡 裡~ ~裸 裸~ 裸体~ 製~ 製作~ 製造~ ~裾

「裏~」 12024, 124ppm, 848位

▼ 裏~ (3289, 27.4%)

102 方へ 44 方に 35 方から 23 山へ, 方で 21 方の 19 林の 17 山から 16 方を, 裏まで 15 畑に, 畑の 14 井戸へ, 家へ 12 ほうへ, 物置の 11 家の, 戸を, 方は, 畑へ 10 山に, 林に, 物置に, 空地で, 空地へ, 竹藪の 9 土蔵の, 空地に, 窓から, 縁側の, 藪へ, 裏を 8 川へ, 木小屋の, 木戸を, 物干, 納屋の 7 ほうで, ような, 井戸端で, 崖の, 田圃へ, 空地の, 老爺さん, 隠居所の 6 井戸の, 家で, 山の, 或る, 方には, 松林の, 畑で, 裏が

5 [17件] あたりを, ところで, 下座敷, 事情を, 井戸で, 井戸端に, 井戸端へ, 垣根の, 小部屋, 山を, 池の, 畑から, 竹藪へ, 藪から, 部屋に, 長屋に, 雑木林の

4 [28件] ほうから, ように, 丘に, 丘へ, 二階へ, 井戸から, 井戸に, 家に, 家主の, 小高い丘, 崖から, 川に, 広場で, 方まで, 木戸から, 林は, 森の, 物置から, 田甫で, 畑を, 畠の, 稲荷の, 窓を, 納屋に, 自分の, 藪の, 藪を, 路地へ

3 [66件] お鷹, さ, へい, カフェで, テニス, バーへ, 一と, 事情が, 二階に, 井戸ば, 側へ, 入口の, 原へ, 古井戸, 坂を, 垣根を, 大雪渓, 家を, 寮に, 小さな家, 小窓, 山で, 山は, 崖を, 川で, 座敷で, 庭で, 掘立小屋, 文字を, 方角へ, 木戸の, 松林に, 板塀の, 林を, 森で, 田圃で, 畑は, 畠には, 白壁の, 秋の, 空地を, 竹林の, 竹藪から, 竹藪に, 笹藪の, 背負ひ, 胡桃の, 船着き, 草履を, 薪や, 藪に, 赤いの, 路地に, 路地を, 通りに, 酒場に, 闇へ, 陰気な, 階段から, 階段を, 障子を, 隠居所まで, 雑木林から, 雑木林へ, 雨戸を, 静かな

2 [213件] あること, いやに, おでん屋で, お寺の, お尻, お山で, お稻荷さま, ついそこ, ついた着物, ついた黒, ついた黒い, ほうに, ほうの, まぼろし, アパアトへ, バアに, バアの, バーを, 一角をば, 三軒長屋を, 上り屋敷の, 上部, 下水の, 丘が, 二階で, 人の, 何とかいう, 便所へ, 倉賀屋, 傍に, 僧院でも, 光景と, 入口に, 六疊に, 内外套, 切つ, 切通しを, 前半に, 勝手口から, 原っぱの, 厩です, 古着屋で, 名を, 土俵の, 土手を, 土藏の, 坂井と, 垣根から, 垣根に, 垣根をね, 埃溜へ, 堤へ, 塀に, 大きな厩, 大きな栗, 大テント, 大梁, 天井に, 女教師, 奴寿司で, 如くあたりは, 子供に, 家まで, 密閉した, 寮へ, 小さい窓, 小屋に, 小屋の, 小川へ, 小座敷に, 小座敷へ, 小庭, 小料理屋に, 小路を, 山が, 山には, 峰が, 崖へ, 崖山が, 川岸へ, 川波の, 川端の, 平に, 平次も, 広場も, 庭に, 庭園で, 廊下へ, 廊下を, 弟と, 怪談の, 意味も, 戸口に, 戸口まで, 戸口を, 新道を, 方だ, 方にでも, 方勝手口から, 木小屋に, 木戸が, 木戸は, 木戸へ, 木戸も, 木立の, 杉の, 杉林に, 杉林の, 松山の, 板の間に, 林, 林へ, 某てんぷら屋, 柿の, 栗の, 桃の, 桜の, 梅の, 梯子を, 椿の, 樅の, 横丁だった, 橡の, 殉教を, 水面に, 池に, 池へ, 沼の, 流の, 流れで, 流れに, 浜辺に, 淋しい木立, 温和さも, 潜り戸を, 瀦水池で, 火の, 火の手が, 炊事場, 物置かき廻し, 物置き, 物置を, 物置部屋を, 狭きなか, 甚助殺しも, 田には, 田圃に, 田圃へでも, 田圃路を, 田圃道を, 畑地へ, 畠へも, 畠を, 皺の, 私の, 移轉を, 稲荷へ, 空き地へ, 空地まで, 空家へ, 空屋敷には, 窓の, 窓も, 竹垣の, 竹籔の, 竹藪で, 竹藪を, 納屋へ, 細い坂道, 細い路次, 細道, 線路に, 縁側へ, 羽織を, 耕地へ, 臆病馬吉奴まだ, 芝生に, 芭蕉を, 茶の, 草原に, 菜園の, 菜園へ, 藪で, 螢に, 裏の, 谷に, 谷合の, 路地の, 車屋の, 通な, 通りを, 遊廓へ, 邊は, 部屋へ, 酒場, 酒場の, 酒場や, 酒蔵の, 野菜畑の, 長屋を, 門から, 闇から, 防堤に, 陽秋といふ, 隅に, 離室に, 離屋に, 離屋へ, 雪渓は, 電車で, 露路にか, 青蛇, 鬼神を

1 [1768件 抜粋] あかいが, あき家, あつさ, あるの, ある女, ある貧乏, いかさま宗匠が, いたんだ外套, いて, うず高く, うつし見返し, おでん屋へ, おばさんに, お宮への, お山へ, お濠, お長屋, かくれ戸, かや山を, きたないぞうり, くぐり戸, ことが, ことは, ごみ捨場や, しどけない裳, しょんぼりした, すみかに, ずっと神田, そのくずれ, それでなく, ため池には, ついたの, ついたフロック, ついた大きな, とある古い, ところ, ところ三間間口を, どぶ, ない行き止まり, にしん料理小原女へ, はきだめに, は紙障子, ひろびろと, ふじ松て, ほうが, ほうを, ままずかずか, もつと, やうな, やわらかい鉛, よほどの, わたしたちの, アパートを, エレヴエタアで, カルメンという, コンクリイトの, ゴミ箱へ, スター食堂へ, タツノオトシゴの, トバ口に, ドン, バアフロントで, バーで, ブレーキの, ベルを, ホリモノ, ポンプの, ラバサンと, 一夜を, 一寸派手な, 一番奧で, 一部が, 七本の, 三日月の, 三疊に, 三角形の, 三郎は, 上さんは, 上段十三四行で, 下に, 下宿屋へ, 下部, 丘の, 丘上の, 中に, 中学の, 中庭とに, 丸治の, 了解が, 事実は, 事情さえ, 二十日鼠がちゅうちゅう鳴い, 二軒は, 五坪の, 五衣打ち重ね, 井戸は, 井戸傍で, 井戸釣瓶が, 人影, 人生の, 付いた糸織, 低い丘, 何ものかを, 佗しい, 侠客出石屋四郎兵衛が, 倉に, 側で, 傷が, 入口などは, 八幡で, 六地蔵様とに, 六里が, 内で, 写真画を, 冷や冷やする, 処には, 出入口からは, 分らぬよう, 切戸から, 前, 北側に, 千切れ, 半面は, 卵塔婆へ, 原始林の, 反応は, 叢の, 古樹, 叫び声の, 台所口へ, 向こうは, 吾妻コオトに, 品質が, 嚊とも, 四疊半多分, 四辻は, 圃に, 土佐の, 土塀の, 土手の, 土手伝いに, 地べたを, 地形が, 地蔵には, 地面を, 垂幕の, 垣で, 垣根へ, 埃箱に, 堂守に, 場で, 塀を, 塀越しに, 墓を, 墓地まで, 墓山へ, 壁らしく, 夏目さんには, 外に, 夜の, 大きな垂木, 大きな納屋, 大創造, 大尽の, 大工へ, 大溝, 大通りなんか, 天井綱を, 奥さんに, 女の子と, 女房に, 好学生, 姫竹の, 婆さんへ, 子供が, 字は, 安宿へ, 家からは, 家でも, 家も, 家主さんの, 家鳴り, 寂しい裏町, 寝小屋を, 寢卷で, 射撃場で, 小さい盆栽, 小さい部屋, 小さな建物, 小さな酒場, 小園に, 小屋さ隱れた, 小山あたりから, 小山の, 小川に, 小料理屋を, 小林さんとかいふ, 小溝, 小袖二襲を, 小道を, 局女郎茗荷屋若鶴の, 屋根烏を, 山と, 山まで, 山前の, 山径の, 山續き, 山腹に, 岨路を, 峰から, 崖つ, 崖崩れの, 川から, 川づたひに路地の, 川より, 川端に, 工面の, 市太郎殺しの, 干潟に, 平屋を, 広い板敷, 広っぱでは, 広場の, 店に, 座敷には, 庭は, 庭先で, 庭球コートの, 廂の, 廊下伝いに, 延寿春へ, 当り屋という, 影像の, 待合で, 後家さんが, 御浪人神山守さん, 御門へ, 忍びの, 怪しい処書, 怪人脚から, 恒藤権右衛門宅でした, 情事の, 意味を, 成木という, 戸は, 戸口の, 扉から, 投炭練習場へ, 掃きだめ, 掘り割り, 探険に, 摩擦で, 擦切れた下着, 教會からは, 敷乱れ, 料理屋へ, 新聞雑誌売場, 方で御座います, 方へでも, 方金の, 日蔭で, 明るい世界, 春の, 景色, 暗い街路, 暗がりを, 更科へ, 最も人間的, 木の下暗に, 木戸からも, 木戸口から, 木戸口へ, 木立で, 木立を, 本当に重大, 材木堀の, 松原で, 松山へ, 松田さんの, 板塀を, 林から, 林より, 枯れたよう, 柚子を, 柿が, 桐の, 桜亭という, 梅月夜から, 梨の, 棚田で, 森から, 森まで, 植木屋の, 植物は, 楽屋から, 様子を, 権現様の, 横手を, 橋を, 欅山も, 武家出らしい, 殺場, 毟られた袷, 気持を, 水壺の, 水道共用栓の, 汚れ草履が, 池で, 決心を, 河原で, 河原へ, 沼地あたりに, 波とを, 洋画家の, 洗濯川もと, 流で, 流れへ, 浄蓮寺の, 浪人者, 海岸を, 清水を, 温かさ, 溜池には, 溝の, 溝板の, 滝本の, 潜門から, 潮入の, 火も, 灰白色の, 炊事場の, 為吉を, 無花果の, 焼鳥屋の, 牡丹亭って, 物干し場へ, 物置だった, 物置小屋などを, 犬小屋の, 狭い空地, 狹い, 玉蜀黍の, 甘蔗畑が, 生墻, 生際, 田とかいう, 田を, 田圃の, 田圃道で, 田園に, 田町の, 男, 町へ, 画伯の, 畑には, 畑或は, 畠に, 番屋の, 病院まで, 登記所の, 白い燈台, 百姓家に, 皺は, 盲縞の, 眺めは, 着物が, 石垣の, 石灯籠の, 禅寺の, 稼ぎも, 穴蔵へ, 空き地を, 空地だけ, 空地一杯, 空瓶屋と, 竈場へ, 端に, 竹むらに, 竹林から, 竹籔から, 竹藪です, 笹むらの, 筧から, 篁から, 篠原梅甫という, 篠笹山に, 籠屋の, 米蔵へ, 紅いの, 紅の, 納戸代りの, 紫色の, 細道らしく, 絹も, 綱に, 綿毛が, 緞子などを, 縁側まで, 縫目から, 署名捺印は, 羽二重だ, 老人も, 肉刺に, 背戸開く, 自主性を, 色は, 花園から, 花壇に, 花畠へ, 若い娘ら, 苺畑の, 茶室の, 草むらでは, 草原へ, 草履で, 草空地に, 莖を, 菜畑は, 萼の, 蒲團を, 蔭弁慶でございます, 薄汚く赤ちゃけた木目, 薮から, 藪隅の, 蛇でも, 蜜柑畑の, 蝙蝠傘を, 行きと, 袋小路に, 裏, 裏という, 裏も, 裏返ったの, 褄さきに, 西洋料理店某で, 見えないところ, 覗いて, 親友ミチルちゃんと, 触感が, 言葉が, 話の, 谷です, 谷間には, 豪華な, 貸家に, 赤い更紗, 路の, 路次づたいに往来の, 車井戸は, 農家の, 近藤さんという, 通りだった, 通路から, 道, 道八て, 道路改正とともに, 邊に, 部屋にだけ, 部屋を, 酒亭に, 酒藏の, 野営地附近から, 金剛寺の, 鉄道線路これが, 長作の, 長屋で, 長屋住居で, 門の, 闇に, 防空壕に, 附きましたのに, 階段が, 隠れ場所へ, 隠居所から, 隠居所までは, 雑木林いちめんに, 雑木林に, 離れから, 離れは, 離屋の, 雨戸に, 雲雀が, 電線に, 露路から, 青う明るは, 音は, 飄葉空中の, 馬小屋から, 馬鈴薯畑へ, 高いすぎ, 高くな, 高塀, 鬱を, 魔海を, 鳥小屋の, 鶏舎で, 鹽瀬の, 麻も, 黒いマント, 鼠の

▼ 裏~ (1628, 13.5%)

27 住んで 14 なって 8 して, ついて, 何か, 隠れて 7 あって, 出て, 書いて, 潜んで 6 ある, あるの, 鉛筆で 5 ひそんで, まわって, タツノオトシゴの, 到るまで, 私の, 見つめて, 隠して 4 あった, あるもの, かくれて, くっついて, はりたる串, 何かが, 出ると, 待って, 文身を, 自分の 3 あたる, いて, かくれた, ギーイギーイと, 別の, 君の, 来て, 立って, 裏の

2 [92件] あざの, あたるところ, あつた, あと叫ぶ, ありありと, あります, あると, あるに, ある小さい, ある小さな, いたの, いても, うちつけて, かくされて, きらめいて, さがる紋白蝶, さして置いた, しがみついて, つく絹, つめたいや, つれて, どうどうと, なります, ひそかに, やはり, ヒヤリと, 上って, 事情が, 住み, 住む家族, 何が, 何処にか, 入って, 入れば, 入れると, 八幡宮大塔宮引返し, 凝って, 分れて, 南瓜の, 名まえ, 埃溜が, 姿を, 小さい花畑, 居る編笠乞食, 居を, 年久しく, 廻った, 廻ると, 当って, 当るところ, 影を, 彼の, 忍ばせて, 忍んで, 描かれて, 文身の, 春風を, 月の, 没頭し, 活躍した, 浪宅を, 浮かんで, 浮んで, 潜み初めて, 潜む意味, 潜めて, 濁つた澱み, 火を, 無限の, 物を, 用意され, 真鍮の, 私は, 秘めて, 積んで, 穴でも, 立派な, 籠り居り候もの, 落ちて, 蓮池が, 薄萌黄, 身を, 迷ひ, 連想せず, 違いない, 金色の, 銀色の, 閉じ籠め, 隠した, 隱し, 隱れ, 電光を

1 [1223件 抜粋] あかと, あがりました, あざやかに, あたりますかね, あったかき, あったん, あった茶, あった農民運動社, あなたの, あふれ過ぎる人情, あらはれたるは, ありても, ありましたよ, あるささやか, あるその, あるわが, あるタイプライタ学校, ある二十坪, ある僧, ある土俵, ある大きな, ある子供, ある心法兵法武術, ある扉, ある松林, ある榎木, ある狂人病院, ある監房, ある秘密, ある美男葛, ある腐れかけ, ある谷間, ある野菜畠, ある間, ある青色, あんなまやかし文字, いくらも, いたでしょう, いた妾, いた時分, いながら, いよいよ不平, いるお, いるの, いわないでも, うって, おごりたかぶった, おびき出したり, かかって, かくるる持主, かけた提灯箱, かつ子のみ, かりる店, きらきら光り出した, くっつくひどい, くつつい, こういう待合, ここの, この下, この光, この自分, こびりつく, こもる情感, これを, こんなもの, ござるの, さ, ささやかな, さら, したってね, した人, しても, しのびこんで, しめりを, じっとりと, すぐその, すらすらと, すること, そっと犬山, そのとき, それが, それ相当の, そんなこと, ただそれら, ちやんと, ちょっと鳥, ちらちら揺れる, ついて行った, つく土, つけた外套, つけて, つつんで, つづく竹藪, でた, とびついた, どうやら踏みわけ, どっさりの, どんな策略, なお複雑, なげ込む, なった棟割り長屋, なった雑木林, なにかあるなら, なにが, ならねば, なるの, ぬたくって, はいったところ, はきつと, ひそむ何者, ひそむ重大, ひとりあらなむ, ひやりと触れる, びっくりする, ふくむ真意, へばりつくという, ぼんやり潜ん, まげて, またダッシュ, まだ別, まだ針, まはれ, まわった彼, まわる, みなぎる春, もう一つ, もぐりこみ秘密無線電信機, もっともっと複雑, もつと, やっぱり唐子, ゆれながら, わが家に, アリアリと, ガランと, ジャガ薯畑が, セロリの, ネオンサインが, ピカピカする, ベニイの, ペタンと, ポッと, 一たい何を, 一ぱい生みつけた, 一同をかば, 一段高い, 一縷の, 一貫した, 一軒小さな, 一軒講釈場が, 一體何が, 三人ずつ, 三株の, 三軒長屋が, 上つていつ, 下松町が, 下駄の, 不可解の, 不平を, 不變, 丹下左膳, 之に対する, 二つはねえ, 二十三円の, 二年の, 二階借りし, 五斗俵市と, 井戸が, 人一人とおれる, 仕掛が, 仰いだ, 伝は, 似たそれ, 住って, 住むもの, 住む漢方医者, 住んでるそう, 住居し, 何かの, 何だか気, 何となく教, 何を, 何十本という, 何時でも, 作者の, 便所見つけねえだ, 倒れて, 借りて, 借屋住い, 兀, 先代が, 入らんと, 入りしより, 入れて, 六畳と, 其形體を, 写し得たごとく吹聴, 冷り, 出ては, 出でた時, 出口の, 出来た道路, 分け入って, 列記せられたる, 副え物, 加野の, 動く慾心, 匿す, 十一谷君が, 十分な, 十字に, 半ば出来上った, 印して, 収めた, 収めればこそ, 取り教えられた通り, 古の, 右の, 名前を, 向いた腰, 向った四畳半, 含まれて, 吸ひつい, 吹いて, 味噌蔵を, 咲乱れる眼花, 唾を, 囚はれ, 四十は, 団員の, 土が, 在つて, 在りても, 在る湯, 坐って, 埃が, 埋没し, 執拗に, 堆高く積重ね, 塗りつけ上登, 変な, 夕日の, 大きいの, 大佐は, 大塔, 太田正雄さん文壇での, 如何に, 娘の, 字が, 安価な, 定めて, 実際に, 家の, 寝ころんでから, 寫つた, 導きぬ, 小さい小屋, 小さく書かれ, 小さな寺, 小体な, 小松と, 小間物屋孫兵衞と, 少なからぬ, 居た頃, 居るよ, 居る母, 峰が, 川に, 巣くう鼠, 平凡ならざる, 年下の, 幻影の, 広い畑, 座敷が, 建って, 建前が, 廻った二人, 廻つてみ, 廻りました, 廻り金本, 弁慶と, 張って, 張りついて, 当たりて, 当るんで, 当る東北側, 当る青物市場, 彫った文字, 彷徨し, 彼女の, 御座候, 微笑を, 忍び込んだ, 快く吸いついた, 怒りを, 急いだ, 恐ろしい悲劇, 悲喜を, 想像した, 感ずる悩, 戦死した, 手を, 打ち込んで, 折釘を, 抜けて, 拈出し, 拭うべからざる大伴, 拵へ, 持った素材, 振り分けて, 据って, 探りを, 掲げたる熊手, 描きながら, 揺れながら, 撩乱せし, 擲げ込むべし, 收め入る, 故郷の, 整均妙巧な, 斃れた, 斑, 斯る, 日は, 日本左衛門の, 早くお前, 映ったこの, 昼は, 時機を, 暖気の, 暗闘する, 更に一人, 書かなくては, 書かれて, 書込みなど, 最近の, 月日と, 本人さんが, 本能寺が, 来いとの, 板が, 棠の, 横たわる, 正直な, 武州川越次郎兵衛と, 残った, 母親が, 毛ある, 水を, 水虫の, 求めしめたの, 沁みて, 泉が, 波文久永宝よく, 津田と, 浮かべて, 浮びあがつた, 浮上って, 海波橘樹を, 消えた, 涙を, 測り知られぬ, 滑らかに, 潜みおること, 潜むあらゆる, 潜む吾人今其如何, 潜り込んだ, 潜り込んで, 火が, 火打あり, 焚火を, 焼け残った土蔵, 熟して, 燃立つ, 父の, 物うい, 物食まず, 狹んだ, 現れさうな, 球と, 瑛子は, 環が, 生きて, 産卵する, 男役者と, 略図を, 當の, 疎林が, 登って, 白い布, 白い粉, 白羽二重の, 白銀の, 相互の, 看過し, 眺めると, 着けた狐, 確と, 神事関係が, 秘められて, 移転し, 穏れ, 空費ある, 突き抜けて, 立ちばん, 立った四国屋, 立つ山, 立つ悪戦, 筆戰墨鬪の, 籠りを, 粧を, 紫外線灯を, 紫色を, 絶えず, 絶えず薪, 縞物の, 縫い込んだな, 繋がれて, 繰返しつすわとばかり, 置いて, 美妙に, 聊か懐, 脈々として, 自分は, 自身は, 舌を, 芋虫多く, 花心を, 苔むした三基, 若い鉄, 草の, 萃めて, 葦簀を, 葬り去られて, 蔵し, 薪が, 藤棚で, 藩の, 虹が, 蜘蛛の, 蟠居, 血飛沫の, 行なわれた意外, 袖口を, 見えたので, 見られる二人, 見るは, 見出されない祕密, 親戚総代として, 觸れ, 記された, 詩と, 認めたこと, 誦したの, 豆つぶほど, 貼って, 贅を, 赤き金魚鉢, 踏みつけられ皆, 踏付けた飯粒, 轉が, 近いのに, 近づき床下, 返したり, 迷い出ること, 追ひ詰められました, 送る者, 這いよった, 這って, 造られた離れ座敷, 進行し, 過ぎた, 道場らしい, 郡代と, 金サンの, 釘の, 銀の, 銕の, 阿難, 附属し, 陸橋が, 隠されたしんじつ, 隠した金銀, 隠れる虫, 集って, 震ふもの, 青い円い体, 面した窓, 面して, 頬白が, 風が, 飛揚跋扈の, 飛躍させ始めた, 食べごろの, 養はれ, 騒ぐ子供, 高座へ, 鳥も, 鶏を, 黒い毛皮, 黒眸を

▼ 裏~ (1042, 8.7%)

63 返して 28 かいて 25 見せて 23 掻いて 16 見ると 13 かえして, 返すと 12 通って 10 見て 9 かかれて, 行って 8 返せば 7 掻かれて, 歩いて 6 まわって, 見た, 覗いて 5 流れて 4 かいたの, つけて, ひるがえして, 出して, 抜けて, 見れば, 走る, 透して, 這って 3 かえすと, かくよう, ひるが, 廻って, 歩いたり, 翻して, 行くの, 見せながら, 読んで

2 [62件] かいた, かいたり, かえせば, かかれたと, かくつもり, かく手, く, くすぐられるよう, しらべなさいよ, すこしばかり, ちらちら見せ, つけた紅, つけた羽織, ながめた, のぞき込む鼻うつ, のぞくと, はいまわって, ひっそりと, まくって, まわったり, もって, ウロウロし, 云ふ, 代助, 出て, 前に, 向けて, 天井に, 引覆へ, 抜けた岩, 持って, 推測する, 掻いたよう, 掻かれ尻尾, 掻きながら, 掻く, 斜に, 書いて, 歩くの, 流して, 焼きこがして, 相手に, 眺めた, 知って, 破り脛, 縫って, 考えて, 考える, 行く, 見たが, 見ましたが, 見ようと, 見られよ, 見るが, 見るに, 見張って, 覗いたよう, 読めば, 返したり, 通り抜けて, 開けて, 飜し

1 [589件 抜粋] あばかれた捨てバチ, あらためて, あるいて, いく執拗, いそいで, いって, いへるなり, うかがうと, うかがう眼鏡, うるさく訪れ, うろついて, おさへて, おっつけて, おびえるやう, お君, かいたつもり, かいたと, かいた敵, かえしたよう, かえし表, かえたり, かかうなど, かかにゃ, かかれたこと, かかれたという, かかれたの, かかれたり, かかれた盗人, かかれようと, かかれると, かかれるな, かかれ通し, かきかねて, かきその, かきつ, かき合って, かく, かくかも, かくこと, かくとでも, かく作戦, かく手だて, かく方便, かけて, かこうと, かさねて, かさね針, きれいにこそ, くぐった, くぐつた, くぐつて, くぐりぬけなければ, くすぐったく揺すった, くすむるよう, こすつて, こすりこすりもと, こっちに, これからは, ごそごそやっ, さがしましたが, さがせ裏手, さぐって, さすもの, さとり, しきりにこすりつけ, じかにあて, すこしさい, ずっとはいる, ずッ, たずねると, たたいたの, だしやるせなかっ, ちょっとこすっ, ちょっとでも, ちょっとナイフ, つかって, つかむや, つぎは, つけお送りします, つけたトレンチ, つけた外套, つけた新調, つけた木綿, つけた黒い, つける心持, つけ黒繻子, とおして, とおって, ともすれば危, とり巻いた, どこかへ, ながめる私, におわす何物, のぞいたり, のぞかうなどといふ, のぞかせました, のぞきこみました, のぞき込みました, のぼって, はじめてのぞかせ, ひっくりかえして, ひっくりかえすと, ひっくり返して, ひっぺがしたりした揚句, ひねくり廻して, ひるがえすという, ひるがえす畑, ぺろ, ほどきはじめその, まざまざと, みせた川魚料理, みせて, みせてるの, みた丈, みんなはが, めくると, ゆけば, よぎった, よく焼く, よく飮ん, よんで, イヤな, ガリガリと, グイグイと, グルリと, コトンと, コンコンと, ハネ返し, レンズで, 一つ驚かし, 一寸ほども, 一尺の, 一週し, 上に, 下へ, 両手で, 中ぶらりんで見せられ, 乱して, 云い現, 云えば, 云ったもの, 些と, 今の, 今年の, 付けて, 仰ぐこと, 何か, 借れちや, 健三から, 光らせて, 冥府へ, 冷く, 出しては, 出す, 出た, 出ました, 切ったまま砂浜, 切らないよう用心, 前齒, 剥いで, 匍い廻っ, 匍って, 半ば返し, 半分白い, 反えし, 反す, 叩いて, 合わせ両手, 向うへ, 向けながら, 吸うの, 吹きかえす春風, 咎めたの, 喜ばせる, 四十がらみの, 囲むよう, 変に, 大塚へ, 奥穂高岳の, 妻恋坂に, 妻恋稲荷の, 媚めかしく返した, 安, 小突かれたよう, 川が, 巧みに, 市電が, 帰って, 平べ, 廻る, 廻ると, 引っ繰り返して, 引ッ剥い, 引ッ繰りかえす, 張りこんで, 弾ね, 念入りに, 思い出す洋装, 悟るに, 愛が, 手繰って, 打ち明けて, 折り返して, 折曲げ, 抜けると, 抜けるまだ, 抜け坂道, 押しきって, 押すよう, 拔けて, 拝見し, 指さして, 指さしました, 指して, 指すだけ, 指摘し, 挾んで, 捩って, 掃除し, 掘り始めましたよ, 掠めて, 探ぐったが, 探すとか, 探険しよう, 掴んで, 掻いたため, 掻いたと, 掻いたの, 掻かれたか, 掻かれたの, 掻かれましょうぞ, 掻かれる事, 掻かれる以上, 掻かれる恐れ, 掻き鼻, 掻くが, 掻くつもり, 掻くとか, 掻くほど, 掻くもの, 掻くよう, 掻く兵法, 掻く戦法, 掻く積り, 掻て, 摩って, 摩擦し, 撫でつけながら, 撫でて, 撫でてを, 擽っちゃ, 擽ると, 放浪し, 教えるの, 散歩する, 映す鏡, 暮方本を, 曲げて, 書て, 来往する, 板の, 染めたれば, 横ぎり一つは, 横切る, 正札附ずらりと, 歩いた, 歩いたついで, 水田の, 決して他人, 河が, 波が, 注意ぶ, 洩れた日光, 流る, 流れる白石, 潜った, 潜って, 潜るお, 濃化粧, 点検する, 無益に, 焦かれながら, 焼けど, 煤だらけにな, 照らして, 熱くし, 爪で, 猫が, 現わし, 用いたまいたる事, 申せば, 町に, 畠づたいに歩い, 痛めたので, 登って, 白くかへ, 白くひるがえし, 白く戦がせ, 白く翻し, 白く見せ, 白く飜, 皆打仰ぐ, 眞正面の, 真平ら, 真黒に, 眺めたの, 眺めた時俺, 着けると, 睨ませたほどの, 睨みつけた, 知つた, 知られたという, 破った袷, 硯に, 磨き小さい, 磨き火, 示した, 示したり, 私の, 私は, 突かけて, 突き刺すばかり, 突き通して, 突破した, 窺ふ, 綺麗に, 縫うて, 縫つて星の, 縱に, 繞つて坐り, 美しく取り扱っ, 翻したよう, 翻しながら, 翻然と, 考えたり, 聞いて, 聴きましょう, 肥桶載せ, 背中に, 背負ったよう, 能く, 脱けた広場には, 脱して, 膝を, 膠で, 自由自在に, 舐めて, 舐める, 舐めるよう, 草で, 華岡が, 著け, 行きあるいは, 行き行き, 行くその, 行くやり方, 行く働きかた, 行けば, 行こうと, 行った, 行つた逆手さ, 行つてこれぢや, 行つてその, 衝く眼, 衡て, 表てに, 装修せ, 裏が, 見えが, 見するまで, 見ずに, 見せた, 見せた事, 見せつけられて, 見せないですっすっと, 見せられて, 見せる, 見せると, 見せるの, 見たまえ, 見たら近刊予告, 見たら魚, 見た伸子, 見ても, 見ぬいた反駁質問, 見まわした, 見られないもの, 見る, 見ること, 見るや, 見ろえ, 見上げたり, 見上げて, 見上げながら, 見上げるよう, 見周囲, 見抜いて, 見拔, 見表, 見詰る, 見透かされるよう, 見透されるよう, 覗いてるよう, 覗き召さるな, 覗き笠, 覗き見る, 覗き込んで, 覗くと, 覗く気持, 親しく眺め, 観よう裏, 観察し始め, 言えば, 読み耽って, 読んだつもり, 誰かが, 調べた, 諷して, 象徴的な, 貫くよう, 買い事務所, 贅澤に, 赤い光線, 赤い眼, 赤くそめ, 走りま, 越えて, 越路の, 足ばかりで, 踏んだ, 蹴かえして, 転がるやう, 辿って, 辿れば, 返さざるなり, 返さない, 返した, 返したの, 返したよう, 返しては, 返しまして, 返しゃ盆, 返し少し, 返し紙型, 返す, 返すという, 返すに, 返す此家, 迭る, 逆さまに, 逆押し, 逆立てて, 逆立て今にも, 這いあ, 這い出して, 這ひ廻り, 通ったもの, 通ったら木戸, 通ったら雨戸, 通つて博物館の, 通つて袖と, 通つて駅の, 通りかかりますと, 通りすぎて, 通りましたので, 通り抜けたよう, 通り過ぎ田圃, 通るうち, 通るたんび, 通る上り下り, 連立って, 過ぎて, 選んで, 酔遊なさろう, 金庫に, 銀座に, 鍵の, 閃かせながら, 閉めて, 開いた, 附けずして, 附けて, 附けますと, 降りて, 隠して, 露出し, 頂いたが, 領し, 頻繁に, 飛ぶ様, 飜え, 飜へ, 飾る彫刻, 馬に, 駈けて, 駈けぬけて, 駈け回り己, 高く上げ, 鳴らしながら, 鼠の

▼ 裏~ (674, 5.6%)

52 廻って 48 出て 26 廻ると 17 まわって 14 出ると 9 出た, 廻った 8 回って 7 行って 6 まわった, 抜けると 5 出ました 4 とびだして, 入って, 入ると, 出ますよ, 廻りました, 抜けて, 拔ける, 来て, 行くと 3 それて, 出る, 這入ると, 針を, 飛び出して, 駈けて

2 [24件] あがって, いつて, つれて, ぬけて, はいって, まはり, まわると, まわれば, 上がって, 上って, 出てから, 出るの, 出れば, 口を, 回ると, 廻つて見よう, 引っぱって, 来ると, 案内し, 歩いて, 河岸ぶち, 行くの, 走り出て, 運んで

1 [365件] あいた穴, あがった, あがる口, あてがって, あるいは胸飾り, いきゃあわかるこった, いったとき, いって, いつたらもう, おいといた, おどりこんだ, お出でに, お前に, お廻り, お金を, お魚, かえし表, かえった, かえって来た, かかるでしょう, かかれば, かくれこんだ, かくれた, かくれて, かくれる, かくれ込む, かけあがりました, かけこんで, かけだして, かけて, かけての, かけ上って, かけ出した, かけ出したという, かざした, からすが, きて, きわめて大まか, この手形, さらさらと, じかに小石, じかに感覚, すっきりと, するりと入る, その余韻, その玉, その頃, ちゃんと乗っかりました, ちょっと着け, ちょッと, ぢかに, つくった家, つれ出して, つれ込んで, でかける決心, でたこと, でて, でると, なにか隠す, なんか細工, にげこんだ, ぬける土間, ぬりつけて, はいりこんで, はいると, はこびそこで, ひっくりかえして, ぽとぽとと, まはる, まわして, まわったよう, まわった仲間, まわつて, まわりこんで, まわり井戸端, まわり寺男, まわり裏口から, まわれと, まわろうと, むりやりに, もぐる通路, やり寺, ゆこう, ゆこうと, よび出し, らに, イキの, ヌッと, ヌツと, ベタベタ吸いつく, ミコサマを, ロンドンの, 一人は, 一直線にと, 上げるの, 上ろうと, 下りて, 不意に, 今年の, 今度は, 今日まで, 伴った, 伴れ, 伺ったらもう, 何か, 何ぞ認め, 何んか, 來いと, 來て, 先廻りした, 入ったある, 入ったきり, 入ったろう, 入った形, 入つたの, 入つたらう, 入り込んだので, 入る場所, 入れて, 入れば, 八五郎を, 写された, 出かけて, 出たと, 出たの, 出た次手, 出た表, 出ましょう, 出やしたよう, 出られさうに, 出られるよう, 出るという, 出るところ, 出るん, 出る暗がり, 出る近道, 出勤し, 出山の上, 切れ, 初めて家, 刻印を, 去った, 取つて返し, 吹き抜けて, 呑まれたお, 回った, 回っても, 回つて見たら, 回るもの, 回れ, 垂れかかって, 塗った青酸, 大廻りに, 大弓場を, 子供を, 家が, 家を, 導いて, 小判の, 廻して, 廻ったが, 廻ったの, 廻ったひとり, 廻ったり, 廻った奴, 廻った広, 廻った狂信者, 廻つた, 廻つたやう, 廻つたり, 廻つた奴が, 廻つて, 廻つてお, 廻つてその, 廻つてどうやら, 廻つて下女を, 廻つて二人つ, 廻つて何かと, 廻つて來る, 廻つて勘次郎の, 廻つて墓場から, 廻つて戸を, 廻つて泥だけでも, 廻つて無駄話を, 廻つて窓から, 廻つて見た, 廻つて見る, 廻つて飛び込む, 廻らう八, 廻りまた, 廻りゃア商売往来, 廻り出入口, 廻り暫く, 廻り暫らく, 廻る, 廻るの, 廻る人間, 廻る時, 廻れ, 廻れるよう, 廻れ一人, 廻れ人, 廻ろう八, 廻わると, 引き移った, 引っ返して, 引つ込まない, 張つたものである, 急ぐ, 愛馬の, 手を, 抓み出して, 折り返して, 抛り込むやう, 抜けた, 抜けちまうからナ, 抜けようとして, 抜けられないかしら, 抜ける半間, 抜ければ, 抜け出して, 抜け道を, 抜け首尾, 拔けた樣子で, 拡げて, 括って, 挨拶に, 曲がって, 曲って, 曲り込んだ, 曳いて, 書きつけて, 来い, 来る表, 検査に, 極めて大まか, 橋げたまで, 次の, 泥が, 浮んだ, 消えて, 深紅の, 滑り込むはず, 潛つて見ませう, 潜りこんだ, 潜り込んだ処, 潜り込んで, 燻るの, 物を, 狐狗狸の, 猫を, 獣の, 瓦斯を, 甚い, 登って, 目的物が, 眞つ, 着いて, 石垣取る, 石灰か, 確りと, 私は, 移りそこで, 移り廻っ, 移ると, 移転し, 穴を, 突きと, 突き通って, 突抜けた薬屋, 突抜けに, 立てるこの, 筆太に, 紙に, 絡まって, 絵が, 絹物を, 緊急な, 縫ひこんで, 縫留められた, 署名し, 胡瓜を, 脊の, 舞い上って, 苺の, 落ちこんだお, 行かない, 行きいろ, 行きました, 行き魚, 行けば, 行こうと, 行ったが, 行ったの, 行つたら, 行つて尺八を, 行つて見よう, 行抜けである, 裏へ, 見廻りに, 誘ひだした, 豆を, 貫を, 走りまた, 走り書きを, 走馬燈の, 越して, 跳び上がり目明し万吉, 蹈揃え, 身を, 転置する, 近づいたとき, 近づくと, 返さなくては, 送り込み滝村, 逃げこんだが, 逃げたと, 逃げだして, 逃げて, 逃げ込んで, 逃出し, 逆手に, 這いこむ, 這入って, 這入つて, 這入ッ, 這込んだ, 通う板廊下, 通りぬけると, 通信の, 連れ出した, 連れ込んで, 道が, 道順を, 鉛筆で, 降りて, 降り山門, 隠したが, 隠して, 隠し込まれて, 隠れた, 隠れたよう, 隠れて, 集まるん, 青酸を, 響ける, 頭を, 飛びおりて, 飛び下りた, 飛び抜けて, 飛んで, 飜然と, 飼棚を, 首を, 香水を, 駈けこんだが, 駈けつけて, 駈け出した, 駈け込んだ鋭, 駕籠を, 鴫を, 麁朶を, 黄土を, 黙って, 鼠の

▼ 裏から~ (596, 5.0%)

15 出て 13 床下まで 8 廻って 5 反省に, 表へ 4 入って, 入つて, 覗いて 3 そつと, 家の, 昌平橋を, 梯子を, 表から, 見て

2 [36件] いえば, そっと入っ, まわって, 三つ葉葵の, 上って, 下の, 二人の, 入りお, 勝手に, 受けて, 大きな芭蕉, 帰ったの, 帰って, 廻ると, 御小人屋敷, 忍び込んで, 投げ付けた程, 抜けて, 指先で, 斜に, 植惣へ, 水瓶の, 消えて, 秋の, 表へと, 表まで, 表通の, 裏へと, 裏まで, 見る, 見ると, 見るという, 見るよう, 逃げるつもり, 頭の, 飛び出して

1 [448件] あたりを, あてるもん, あとは, あまり遠く, あらは, いきなり這入っ, うすきみわるくひびい, おかしそう, おりた谷間, お絹, お綱, お茶の水の, お這入りなすっ, お通夜の, かすかな, かちかち聞え, くびれて, くるっと, ぐつと大廻りに, けたたましくドア, ここへ, こちらを, こっそり入っ, こっそり出, こつそり, ごうッ, さし込む光線, しきりにドア, しばらくは, じっと覗いてる, じんじんじんと, すうつと, すぐ山, すぐ梯子段, すぐ海, せまい露地, そっとお, そっと出, そっと廻っ, そろ, ちやんと, つぎを, つめたく藪風, つれ出します, でなければ, では, とって, とびだして, とび込んで, どこかへ, なだめさせた, なだれ込んだとき, にじみ出て, ぬけ出して, のぞいて, はいだして, はいって, はいりますと, はいろうと, はい出して, はい出し大手, はがれたよう, はじまって, はだら, はっきりと, ばさり, ひそかに, ひたひたと, ぼんやり感じ, また一人, みれば, もうひろ, もぐりこんだうえ, もじゃもじゃした, もぞもぞと, やって来る人間, やわらかな, よろば, わざわざ匂わせられた, エカルテに, ガラスの, ゴミ箱の, ジリジリと, ジワジワと, ソッと, ヌツと, ボロ片, ミットを, モロコシ酒を, レヤチーズを, 一片の, 三人で, 三江へ, 上がって, 上つたのだ, 上るで, 下った銀, 下手人が, 不思議な, 丹沢山の, 久七を, 久保山へ, 亀沢町へ, 事物の, 二葉, 二階に, 二階へ, 云えば, 云ったらどう, 云って, 井上孤堂の, 今夜秘密な, 体に, 何か, 何が, 來て, 僧房の, 光らせながら, 入つて來, 入らう, 入りました, 入ること, 入るの, 入る人, 入る積り, 全身に, 八風を, 兵糧を, 其頃は, 内へ, 冷い, 出あ藤作さん, 出かけたん, 出た, 出たり, 出る手, 出発し, 分泌する, 切って, 前の, 剥ぎとり, 助けて, 動坂の, 勢の, 半弓の, 去年とは, 又八が, 反覆し, 叫んだ者, 右の, 各種の, 合せ鏡で, 同じ男, 吹矢を, 告げて, 呼出して, 商店街を, 四人の, 四角に, 回った, 回ったほう, 回って, 土手の, 地ひびきでも, 地中に, 塀を, 増屋まで, 墜落し, 壊しに, 夜の, 夥しい知識, 大きなダイヤモンド, 大きな棒, 大丈夫と, 大股に, 夫の, 奇妙な, 女の, 始まり部落, 始まるの, 子供たちが, 字が, 宍戸第, 宗教的, 家へ, 家を, 容易ならぬ, 密と, 察しるしか, 小判を, 小屋へ, 小舟に, 小舟を, 小高い石山, 少し行く, 屋敷の, 山道を, 左手へ, 師匠文字花の, 幾の, 床下に, 床下までも, 床下屋敷の, 床冷えを, 廻つて, 廻つてお, 廻つてみる, 廻つて二軒置い, 廻つて來た, 廻つて豫て, 廻はりませう, 廻るツ, 廻わるんです, 御車に, 忍びこんだ, 忍んで, 念入に, 念入りに, 怪し氣, 想像を, 感じだして, 手まね信号で, 手を, 打ちだしたもの, 抜かれたヒルム, 抜けだして, 抜け出すよう, 抜け出ろ, 押せば, 押入の, 持ち出して, 持って, 振動が, 捕える, 掘り出したという, 描いて, 握り爾し, 数日の, 敵を, 新調らしい, 旗岡巡査は, 早くも, 明石町にかけて, 昨夜の, 時計屋へ, 暑い日光, 更に奮, 月形の, 本堂へ, 朱を, 来たので, 来て, 来るん, 来る涼風, 東端唯一の, 枝折戸を, 枯れ草を, 柳町の, 栗の, 桜の, 梅屋敷の, 楠木勢を, 機関銃を, 次第に消え去る, 歩いて, 歩み出しますと, 歸つたの, 歸る, 水を, 水戸邸の, 水車場の, 汗タラ, 河崎屋んげさ, 洩れる可, 洩れる白い, 洩れ聞えた, 流れでる水, 流石に, 浜辺づたいに一町ほど, 浮き上がるの, 涙が, 滴りを, 潜んで, 火が, 灯が, 照り透す仕掛け, 牡丹の, 物置落しの, 現れた, 現在の, 甘く見る, 生なましい血, 甲板に, 発止と, 発見された, 登つた時は, 白い光, 白と, 白髯を, 直ぐ対岸, 直ぐ海, 直ぐ登り, 直ぐ荒漠, 真紅の, 真赤な, 眺めたり, 眺めて, 眺めると, 眼へ, 石田の, 砂を, 秀次に, 私と, 移つて一時牛込の, 種子島の, 突通るほどの, 窺うた経験, 筍二本, 答える声, 策動した, 策謀する, 築地河岸へと, 簡單な, 粟倉村山を, 紅色を, 紙で, 紙を, 続いた滑らか, 総身へ, 縫へ, 繕ったの, 羊毛が, 聞いたと, 聞こえて, 肉汁の, 肥った白い, 肯定しよう, 脱け, 脱出し, 脱出した, 臺所鼠の, 芋を, 花火の, 草履を, 荒駒が, 落しの, 落ちたもの, 薄白い, 薬師寺に, 藪に, 蛍が, 蝉の, 行った, 行ったよう, 行って, 衣嚢を, 表通りへ, 裏から, 裏と, 裏を, 裏をこそ, 見せられたの, 見たおかみさん, 見たとき, 見たので, 見た其中庵, 見た場合, 見た所, 見た時, 見た港, 見た秩父連山, 見た長所, 見ても, 見る思いがけない, 見る方, 見れば, 見れるん, 見上げるの, 見張って, 見張つて, 見物させ, 覗かれた心地, 観ると, 觸れ, 言い直すと, 言うと, 言えば, 言ったもの, 証明する, 認識しない, 語って, 説明し, 読みとった新しい, 誰にも, 諸卿, 警部の, 貼った繕いの, 起こるなだらか, 越して, 跳ねだ, 軒の, 迅い, 退散した, 送り出されるや, 逃がす術, 逃げた地蔵行者, 逃げようと, 逃げようまごまご, 逃げる積, 逃げ出さなくっても, 逃げ出して, 逃込ん, 透けて, 透して, 這い上がって, 這って, 這入って, 這入つてランプ, 運動場へ, 金を, 金泥を, 金色の, 釣舟に, 鍵束を, 長さ三尺, 閉めて, 間から, 降りて, 陰気な, 隅田川の, 雑貨商の, 電車と, 青い顔, 風呂場へ, 飛びだした, 飛び出した若い, 飛び込むよう, 飛び込んで, 飛出したま, 飛出したまま, 飛込んで, 飯時ちかく, 香りの, 馳け, 駈け出して, 駕籠で, 鶯渓の, O町の

▼ 裏~ (425, 3.5%)

36 えしに 13 へしに 10 えして 8 ある 7 わを 5 あるの 4 えしたり, わの 3 あると, えされた, えす, へして, へしの, 柔らかいから, 見えて

2 [24件] あった, あって, ありその, あること, いやに, えしと, ぬらぬらする, へす, みえた, よごれないよう, 上に, 出る, 出るか, 口を, 妙に, 川に, 熱くなっ, 痛くなる, 私の, 美しい, 花嫁の, 見えた, 見える, 馬鹿に

1 [269件] あいてるだあ, あいも, あたたかくぬれ, あつくなっ, あらあ, あらうとは, ありうるだろうか, あります, ありますよ, あり底, あり特に, あり綾, あり逆手, あり闇舟屋, あるかにも, あるかの, あるだらう, あるといふ, あるとは, あるなどと, あるに, あるもの, あろうとは, いつの間にやら, いつもちがっ, うるさかったり, えしたもの, えしだったかな, えしである, えしである闊達さ, えしにすぎない, えしの, えしの合図, えしの形, えしの文字, えしの札, えしを, かえらねえ, かゆくなる, かんさんの, きされて, きして, きするため, きすると, きれいに, こっち向に, このインフレーション地獄, さうであるやう, さけて, すうっと, すぐ屋敷, すぐ木立, すぐ水田, すぐ覆いかぶさり, すぐ雑木林, すっかり濡れる, すっかり見える, すべてこれだ, するりと辷った, せまい露地ひとつ, そこの, その隣座敷, ちくちくと, ちら, ちらりと光る, ちらりと見え, ついた綿, ついて, つめたい, どんなになっ, ないから, ないのよ, ぬる, ぬるっと, ひろい墓地, ふみごたえある, へしになど, へすと, へるころ, ほつれたの, ほてるやう, ぼんやりと, ぽくぽくする, まる見え, まわって, むずむずし, むずむずする, もうなく, もう海, もう火の手, もう線路, やかましいぜ, やかましいので, やはりからたち, やや深い, ようやく堅い, よく光る, わかつて, わから, わが今日, わが合掌, わぐらいの, わでは, わに, わに彼の, わは, わや底を, クスクス笑いました, サヤサヤと, チラチラ袖口, チラリと, ビチビチと, ポカポカと, ムズムズし, ムズムズする, 丈夫なら, 乏しき光線, 乾いた赭土色, 二つその, 今温い, 何となく熱い, 何となく生, 何を, 僅かに, 優しく手の甲, 光るよう, 全部それに, 冷, 冷たい, 冷たからう, 冷たくッ, 冷たく霑, 出たこと, 出て, 出ては, 出るの, 出る次第, 切って, 切つ, 切れましたって, 切れるなんて, 判つてゐた, 半ば土間に, 向き合って, 吹上の, 土手の, 地上を, 垢で, 塗料工場に, 墓場にな, 夜目にも, 大変寒く, 太陽に, 女中に, 婀娜な, 媚かしく搦んだ, 定石通りの, 宜しゅうございます, 寂しく見える, 寄席で, 小さい公園, 山の根が, 山続, 床板に, 廊下に, 建って, 搖れた時, 敬太郎の, 新しい道路, 明いて, 明るく照らされ, 有るかも, 朱と, 板じん道に, 極樂, 気に, 気にか, 気味悪く懐中電燈, 泥だらけに, 浅葱の, 火の, 火ぶくれ, 無くなったよう, 無感覚に, 煤だらけな, 熱い様, 熱くなつ, 熱くなりました, 燃えるやう, 燃える様, 狭くて, 猛宗, 甚しく色褪せ, 生々と, 生えたよう, 田圃で, 當る, 疊み, 痒ゆくなる, 痛くなつた, 痛んで, 白, 白い, 白いぢ, 白くなる, 白く光る, 白く普通, 白く湧き立つ, 白く爛れ, 白く白く飜, 白く風, 白粉を, 白色を, 百姓家で, 目の, 直ぐ大川, 直接私の, 眞赤な, 破れて, 空へ, 突然熱く, 細い道, 紺屋の, 緞子同, 腫れて, 腫れてると, 腫れぼったく熱くなっ, 草履の, 荒らい弁慶縞で, 荒れて, 蒼白いよう, 蘇民の, 血だらけじゃ, 行方で, 表だ, 表口に, 裏だ, 見えすくけ, 見えました, 見え余裕, 見わたせた, 覗かれるとき, 読めないの, 買えそう, 路上に, 返った敷蒲団, 返らなかったり, 通じたと, 通って, 重吉の, 釘に, 銀の, 鏡の, 附いて, 階子を, 隠されて, 雑木林で, 雪の, 靄に, 静かな, 面白い位, 韈の, 頭に, 顔を, 飜り, 首く, 黄色い田舎縞, 黒い, 黒かった

▼ 裏には~ (403, 3.4%)

9 何か 8 裏が 4 彼の 3 居られない吉ちや, 次の

2 [18件] いつでも, いろいろな, レモンの, 一寸した, 何やら重大, 得意の, 情夫が, 或る, 敷居の, 斯う書い, 明らかに, 昭和十四年歿九歳と, 柿の, 歯車が, 濃厚な, 貧しい漁夫, 開いて, 麁朶の

1 [340件] あの死神, あの灰色, あはれな, あまりに強き, ありは, いくぶんさっき, いや行司, いると, いる出入口, うどが, おためごかしの, きっとこういう, きっと情夫, この均斉, この女, これらの, さきに, しかし葉子, すぐ仕事場, すっかり毛皮, すでにこの, そういう重荷, その刺戟, その場所, その季節, その建て, その男, それに, ただの, ただ一字, ただ牛込区富久町, ちょうどイタリア, とんだ罪, どうしても父, どうせ余っ, どことも, どれだけ, どれほどの, なにか深い, なんと, はね釣瓶, また, また少々, また常磐津, また彼, まだ他, みつ子の, みんな曲った, もうひと, もう一つ, もう夕暮, もう鳩, もっと凄い, もつと, やはりさまざま, やはり伊太夫, イ, イヤとは, ケリッヒ家の, シナふうの, ジゴンの, ゾッとする, テニスコートぐらい, トコトンの, ベツトリ膏藥が, ルパンスリイシスタシラムレンなど, レスラア某氏の, レニエエか, 一つも, 一双の, 一種の, 万兩分限の, 三人の, 三四間離れ, 三棟の, 三菱が, 三郎愛子兄妹の, 下町文化的儀礼と, 並々ならぬ, 丸に, 丸亀へ, 予想され, 二た, 京子と, 人っ子一人来ない, 人に, 人情観察が, 人間よりも, 今も, 仕掛が, 伊達かよ子という, 伝と, 何かしらもやもやした, 何かの, 何が, 何だ, 何と, 何よりも, 何れは, 何んか, 何んの, 依然それ, 信長の, 優雅に, 兄さん夫婦の, 充分に, 先刻見た, 全体主義なる, 八月二十七日出發と, 公園の, 共同便所が, 冷評的分子が, 出がけ, 切つて放した, 別な, 別に細い, 北畠親房の, 十二支と, 十字架三基あり, 十重二十重の, 半平の, 半死半生の, 印刷術の, 厳重な, 叔父さんの, 古いの, 可なり, 各ふたり, 同じく三ヶ寺, 同じ切支丹伴天連, 同じ手蹟, 同じ相好, 嘲けるよう, 四軒の, 場合によ, 墨黒, 多分に, 大きい貯水池, 大きな棗, 大きな樅, 大変な, 大威力, 大根が, 大正十四年八月一日二代清三郎建之と, 大金の, 天の, 天井から, 天井にも, 奇怪な, 女あり, 女女の, 妹に対する, 宇宙の, 実は反対, 家とか, 封も, 小さいアパート, 小さい土藏, 小さい畑, 小さい酒屋, 小さな稲荷様, 小屋なども, 小石の, 少し濕, 屋方と, 山之口君は, 山村家でも, 州と, 左上に, 己れ, 帰ると, 常に, 常に裏面, 幾つもの, 幾多先輩, 幾年の, 広い空地, 度盛が, 強い事実, 当り障りの, 当人の, 御覧の, 心がは, 心という, 心喜び顫える, 必ず不浄行僧, 必ず威圧, 必らず, 志賀に, 怪人物が, 恋だ, 恐るべき智恵箱, 悍婦の, 悪いこと, 悪い女, 悪夢の, 悪辣老獪の, 悲哀が, 我々を, 我輩の, 戸敲きを, 手奇麗に, 散乱の, 数へる, 文子に, 斯んな, 新らしい, 新宿の, 既に照子, 明治二十六, 昔の, 時の, 普通の, 暖かい火, 暗に鎌倉殿, 更に細い, 曹操自身にも, 最も繊細, 月ありで, 本来いつでも, 松の, 果してどんな, 栗の, 梅林も, 棘が, 森鴎外の, 極く, 概ね久子, 様々な, 権力を, 正しい林檎畑, 武蔵の, 母と, 毛ほどの, 水色の, 江崎写真館の, 沁みず裁縫, 沢庵の, 泥こそ, 深い影, 深林と, 清冽な, 減食減給の, 湯呑が, 満蒙の, 溢る, 激しい焦躁, 激しい生存競争, 煙突が, 煤埃り, 照子から, 爪先に, 父の, 牛込区若松町百卅七田山花袋と, 物寂びた, 物干場も, 独り合点な, 独身主義とでも, 狭い庭, 猛毒薬青酸, 猫婆が, 猶数行, 王冠が, 琅, 男という, 男性全体に, 白日の, 白楊の, 白毛を, 百千鳥を, 百坪ほどの, 真桑瓜が, 真面目が, 矢張り得体の, 石原の, 石田と, 砂でも, 社会は, 社会的に, 禍いを, 秀吉が, 私位の, 私服刑事が, 種馬といふ, 空地が, 空地も, 立派な, 竜模様が, 竹籔と, 第十七代, 紅絹の, 紅絹甲斐絹等を, 細い流, 細い竹, 絶えず厭世的, 緑色の, 織田尾張守信長と, 羽二重を, 肉少し, 自分と, 自分の, 自嘲と, 芭蕉の, 薄く琺瑯, 藪だの, 虚偽が, 螺旋梯を, 裏ある, 裏と, 裏の, 見事な, 誠実なる, 誠意が, 貝殻や, 赤い三日月, 赤い糸, 赤黒い渦, 走るべからざるもの, 通二丁目山本と, 邪悪が, 野菜畠の, 鉋屑などが, 鉛筆の, 錫二層, 鍵を, 間違いなく, 限定された, 陸軍通訳官正, 青い唐草, 青蛙の, 顕官の, 颯と音, 飛んだ罪, 首へ, 首を, 馬糧を, 魔者の, 鯉に, 黒い汚点, 黒く煤けた

▼ 裏木戸~ (343, 2.9%)

17 の方 13 の外 12 を開け 8 から外 7 のところ 6 のあたり, の前, をあけ 5 のほう 4 の錠, へ内外, を入, を押し, を開ける 3 から, から路地, が開い, の鍵, へ通ずる, を入っ, を出る

2 [33件] からは入れない, から入っ, から入りました, から出, から勝手, から勝手口, から薬師堂, から行っ, から逃げる, から顏, から飛び込ん, があっ, が一つ, が開く, に並べた, に吸い込まれた, のあき, の中, の内, の所, の材木, の辺, の近く, の音, は外, は私, も鉄, やお, をそっと, を出, を出た, を押しあけ, を覗いた

1 [156件] からあの, からかえって, からこっそり, からこの, からでも庭, からの研究所, からはいっ, からは列んだ, からは此, からふい, からも二人, からも最近人, からコソコソ, からズラ, からヒョッコリ児供, から上總屋, から中庭, から入, から再生, から出た, から出る, から取り乱した, から台所, から姿, から寺, から崖下, から幌がけ, から幽霊, から度々, から廻つて, から忍び, から抜け, から抜け出す, から断崖, から桑畠, から武士達, から水, から畑, から竹籔, から見立たぬ, から覗いた, から路次, から逃, から逃げた, から逃げ出した, から這入っ, から通り, から連込ん, から隣家, から飛出す, から駈け出した, があい, があく, がある, がぎしい, がこの, がすうっ, がどうか, がギイ, が中, が何, が内, が外, が開け, が開放, が雑木林, が風, で二人, で入れちがい, と便所, と言っ, と言われてる, と遠見, にいた, になっ, にもぬかり, にも店さき, に声, に廻つて, に手, に早, に落つる, に近く, に近づい, に面した, のあった, のあつ, のくい, のすぐ, のそ, のそば, のよう, の上, の両, の傍, の具合, の出口, の夜分, の建物, の桟, の潜り, の瀬川, の瀬川さん, の萩, の輪鍵, の辺り, の開く, の闇, はちゃんと, は内, は半ば, は大抵, は小児心, は本, は苦, は閉つて, へお父さん, へまわっ, へ來, へ出た, へ出る, へ引き返そう, へ抜けられます, へ来たら, へ積込む, へ續, へ行つた時, へ触る, へ走りだし, へ顔, まえの, までスルスル, まで来まし, まで行く, まで行ける, まで通り抜けた, まで通り抜ける, も庭口, も見えた, や所々, をくぐっ, をくぐる, をこじあける, をソッ, を入る, を押しやぶっ, を押す, を明けた, を膝, を見, を訪う, を調査, を蹴飛ばす, を門, を閉める, を音

▼ 裏~ (308, 2.6%)

6 何か 4 働いて, 殺されて 3 それを, 張物を, 手を, 絞め殺されて

2 [12件] お町, にくしみ, ひとりしょんぼり首, ひどく愚劣, 仲吉を, 洗濯を, 独言を, 話を, 車を, 遊んで, 閃く色, 飲んで

1 [258件] あつた, あの男, いって, いま合図が, うたったり, うわさべ, おさえて, おれが, お友達, お嬢さんと, お孃さん, お島, お爺はん, お葉さん, ぐぐぐと, けたたましい音, げすな, げらげらという, こすられたと, こっそり金蔵, こんなところ, ごそごそや, さあ, しく, しばらくは, しよんぼり新聞, すしを, すべって, するとは, ぜひなく, その張り物, それが, ちょいちょい闇商売, ちょっと小綺麗, でしょう, ときどきに, とって, どんな塩加減, どんな軋り, なにかある, ばったりすみ子, ひょっこり例, びっくりする, ふんづかまえた, まあり, まいて, もう片方, やつて, よほどの, カフェーバー立飲屋おでん屋麻雀屋周旋屋飲食店旅館等が, カラカラと, カラリッと, ガラスの, キゲンの, キラキラ光る, ギャング同志が, ゴトンといふ, ゴミを, ストライキが, ニッと, ハタと, パッタリと, ブルン, ベチャクチャやる, モルモットの, ラジオ研究中の, ワン, 一つ踏んづけ, 一二枚洗ひものを, 一切焼き捨てさせます, 一匹の, 一生懸命に, 一番勝を, 三分刈の, 三造に, 下宿する, 下手な, 不用意に, 与茂七, 両親と, 丹薬を, 久し振りに, 二人に, 二人の, 云いながら, 云って, 互いに往来, 五箇山の, 人の, 仕事を, 他の, 代々の, 何やらの, 何を, 信濃南安曇郡が, 働くもの, 光ってる, 出来た女竹, 前に, 剣道の, 動くアジヤ主義者, 半日を, 取消したり, 受けた数ヵ所, 口の, 唱えそれ, 喋られ大, 喧嘩でも, 四五人の, 地主の, 地團駄を, 地蹈鞴を, 垣一重へだてた, 場所柄至つて靜かなと, 声が, 夜間出勤の, 大道具が, 天井を, 太平洋を, 奇妙な, 女の, 嬰児の, 子供の, 安酒を, 宋江一行が, 宮家住居の, 容易に, 密造の, 小さく呟い, 小女の, 小学校の, 小道具が, 山羊に, 岸田宇之助の, 崩れた石垣, 床の, 弟達と, 彰義隊の, 彼の, 待って, 御方に, 念じながら, 急に, 怪青年が, 戸を, 手練を, 拳銃の, 掘り出されたの, 支度を, 放した, 数匹の, 敲いて, 日本一太郎と, 日本銀行と, 昇降し, 晩に, 暗かった, 暴れはじめたの, 枝豆を, 桶風呂の, 橋の, 歌を, 死もの, 毎夜踊り廻る, 水の, 水を, 水浴する, 洗い物を, 洗濯婆さんの, 洪積層と, 海老の, 湯加減の, 烈しい音, 燃えて, 燈す, 物音が, 産育する, 異相の, 相会した, 真事の, 真剣の, 眺めて, 石炭集めし, 空箱を, 突き殺された二つ, 突当りに, 突飛な, 立ちながら, 立話し, 立話を, 笠の, 紙漉きだの, 繰返して, 美しい, 羽根を, 羽虫の, 考えて, 聞いて, 聞きながら, 腋臭の, 膝を, 自転車おりてる, 興味ある, 舌を, 花夜叉と, 花見宴を, 荼毘, 莞爾と, 薪割りを, 藍染川の, 行き倒れが, 行逢った, 見える度, 見かけたあの, 見た女アパッシュ, 見た小さな, 見届けた事実, 言ッた, 誰とも, 豆を, 貧しい誓, 赤い襟飾, 足の, 身体を, 軽く鳴つ, 迷惑そうに, 通用する, 逢った彼, 逢引し, 連に, 遊ぶ, 遠眼鏡を, 酒を, 野糞を, 鈴木三重吉の, 鋭い叫び声, 鋲の, 鍬を, 間口の, 雌鶏を, 静な, 頻に, 風呂を, 颯と藪, 飛びこみ自殺を, 食事を, 飼われて, 首肯わ, 高く呼んだ, 高声放談腹が, 鯛煎餅の, 鳴いたり, 鳴いて, 鳴くよう, 鶏が, 鼠が, 鼠でも, 鼻子の

▼ 裏~ (254, 2.1%)

2 [18件] いまだいちど, お壕, すぐ饗庭, ひどく泥, らに, 一面の, 低い崖, 千の, 小庭, 小高い墓地, 新潟の, 炭も, 痛い, 礼を, 神田川だ, 隅田川に, 高い崖, 黒板塀を

1 [218件] ある, いいが, いいん, うす赤く透ける, うその, おろしたばかりの, お勝手の, お寺左隣が, お金女の, かくせない, きたない水, さうと, さらでも憎から, すいつい, すぐに, すぐ四谷見附, すぐ土手, すぐ川, すぐ左内坂, すぐ神田川, すこし背, すべて墨書きの, すべて新聞紙を, そんなもの, とど松, どうした, どこの, ない, ふっくりし, ふつうと, まつくら, まるで音, もう海, もう田圃, もとよりなり, もとより丈夫, もみ紅梅に, やや窪み支える, よその, らの, らは, グレーです, ゴウゴウと, ハア真白, ピカピカし, ベタ金に, マキ屋の, 丁度銀座通, 万年雪を, 丸亀へ, 主に, 二た, 二側あっちまで, 些か強く, 人力車一台やっと, 今少し, 何に, 何色だった, 便所に, 倦怠ばかり, 元どおり, 先刻越えました, 全部旅館時々, 加賀侯以来の, 双子縞で, 双生児トリックである, 右書きに, 四条の, 坂に, 堤それを, 外套同様, 大きすぎ, 大きな帆, 大変です, 天井裏でも, 天地で, 奈落の, 女きまつてる, 女房です, 妻なし, 宵の, 小広い, 山が, 山で, 山と, 山際から, 崖下の, 川筋を, 平靜である, 広告でした, 庫裡も, 往来でない, 御母さん, 必ず真鍮, 思ひの, 悪きもの, 悪なり, 感覚が, 描いて, 新しいもの, 日に, 早くも, 明るき入日, 昔の, 昨日までの, 時刻だ, 月に, 木に, 本緋, 朱色の, 朽ちた木塀, 柘榴の, 案外からりと, 案外ひろい, 案外綺麗, 桐畑でござる, 森が, 櫻の, 武徳殿あたりは, 死の, 段々畑で, 毛の, 毛ばだって, 汚れも, 決してかかる, 河に, 浅桐絹, 浅草の, 海峡に, 海峽に, 淋しい田圃, 深い断層, 深山を, 濡れて, 焚火で, 無礼不, 煮え出して, 燕の, 物干しに, 狆と, 生年月日に, 甲斐機に, 甲斐絹が, 白い, 白かった, 白く滑稽, 皆荒削りの, 直ぐお, 直ぐ今, 直ぐ大きな, 直ぐ山, 直ぐ森林, 直ぐ沢, 直ぐ神田川, 直ぐ雑木, 直ぐ雜木, 直ちに表, 直接に, 看護婦や, 真っ暗な, 真四角な, 真白だった, 真綿で, 矢印の, 知らず料亭, 石垣そのまま, 砂利場山の, 私と, 穢く狭く異臭, 竹やぶに, 篝火が, 紅絹で, 紫海ある, 細い通り, 紺屋の, 繻子でなく, 自分で, 至って閑寂, 花色木綿では, 英文の, 茶色ズボンの, 萌黄であった, 萎びて, 蒸し暑いのに, 蓋し大蔵省裏, 薄桃色, 藪で, 表に, 表より, 表よりも, 裏という, 襤褸つ, 西木屋町に, 見えたって, 見通しです, 言って, 象牙の, 赤き羊毛, 赤くなかった, 車町の, 返して, 透さずに, 道が, 釉薬なく, 野とも, 鉄工所, 鉄色の, 間に合せものである, 隣町の, 静かだった, 風に, 駒形河岸河岸の, 高い赤煉瓦塀, 鬱蒼と, 鹽瀬の, 黒地に, 黝い, 鼠の

▼ 裏二階~ (183, 1.5%)

12 の方 10 の下 4 から母屋, を降りた 3 に上る, の一室, の六畳, の四畳半, の廊下

2 [17件] から見おろす, では, で十五夜, にある, に下宿, に気持, に足, の六疊, の奥, の梯子段, の瀟洒, の窓, の縁先, の自分, の部屋, へ上がっ, へ登りました

1 [104件] からは廊下, から不, から出, から小さく, から庇合, から懐中鏡, から桑畠, から表側, から見える, から見渡す, から金兵衛, から降り, から首, があり, がいい, が見えた, で, で何となく, で十時頃, で吉左衛門, で呑ん, で昨日, で甲州, で酒宴, とは階子, と合図, と合圖, と向かい合った, なぞに帽子, なぞに話し込ん, なの, なる八畳, にあった, にそぼ降る, には座敷先, に住み込み, に住む, に住ん, に十日あまり, に吉左衛門, に夫婦, に寝かされ, に寢, に明り, に残った, に泊った, に見つける, に起き臥しし, に迎えた, に近い, に部屋, に集まった, の, のいい, のすみ, のほう, の一, の一間, の三疊敷, の二つ, の人殺し, の前, の君子, の女中部屋, の客二人, の室, の座敷, の梯子, の欄干, の無縁畳, の無縁疊, の爲之助, の疊, の羽目, の老, の降, の隅, の階子段, の障子, の隠居所, はもう, は六疊, は大, へあがっ, へのぼりかけた, へまわっ, へ声, へ床, へ忍ん, へ現, へ登る, へ續, へ行っ, へ通る, まで行っ, もう掌, や何, や地下室等, や離れ, をまで横眼, を出, を月三圓, を見, を降りる

▼ 裏書き~ (150, 1.2%)

49 して 13 されて 8 した 3 された, されたよう, された木部, されるの, したもの, しました, でもする, をする 2 されたこと, したに, しながら, します, すべきもの, するに, をした

1 [42件] が毛利君, させようと, さるべきもの, されいひやう, されたから, されたので, されたものの, されてるのみ, されないよう, されました, されまた, される, されるか, されるでは, されると, される段取り, される資料, したまで, したよう, した旅行券, しては, してるよう, しないもの, しようと, すべき材料, すべくスバラシク成功, するでは, であります, であり僕, に, にし, によって七百名, のし, の意訳, をさせられる, をされた, をされたで, をし, をつける, を与えられた, を与える, を施された

▼ 裏~ (144, 1.2%)

17 表の 9 表に 7 表と, 表を 4 表から, 表が, 表とに 3 表とが, 表とを 2 なり表, 同じやう, 珠との, 表, 表だ, 裏とを

1 [74件] あの塀, あり逆手, あれば, いい一軒, いうと, いえば, いっても, かぎ廻っ, きいて, したもの, しるされて, なって, なってる神保町筋, なつて, なるため, ほぼ同一, ビルディングの, 不忍池, 両面から, 二つの, 二の, 二ヶ所に, 二人きりしか, 二軒に, 云っても, 共色の, 南門の, 合せると, 壁とに, 変わった感じ, 外と, 大地の, 奇麗な, 如何に, 引っくり, 思ったの, 思ふ高, 断じ, 来て, 柔かい外套, 桟を, 機密が, 歩いた, 歩いて, 毛拔き, 氣が, 湯島の, 申すこと, 町の, 神田の, 組み合せるん, 綿と, 綿とを, 縁の, 膝頭が, 自動車の, 草履の, 荷蔵ばかり, 表で, 表である, 表です, 表とから, 表とでは, 表は, 表へ, 表人物と, 表双つ, 西狩りの, 見えて, 言つても, 記した赤い, 違うところ, 青山墓地との, 鼻の

▼ 裏~ (117, 1.0%)

35 表も 5 床下も 2 ある, あるもの, 一面の, 厳重に, 念入りに, 枕も, 横も, 集ふ

1 [61件] あるし, あれば, おもても, からたちの, きゅっきゅと, ことごとく同時に言い現す, この家, ごらんの, すぐあと, すっかり開け放され, そう近い, その又, ない古, なき御, なくその, なさそう, ねえもの, はげた中身, ほんとうの, まるで黄金, 下水の, 中戸も, 倉田邸内の, 内から, 出入り口という, 大受け, 大奥の, 家毎に, 左の, 底も, 最初の, 残るクマ, 気張ったの, 水浅黄でした, 焚かずに, 疊などは, 皆淡い, 皆開け放し, 糸も, 素足も, 総革, 芸者屋の, 裏相応に, 褪せて, 見はるか, 見ゆ, 見るん, 見境へも, 見張りが, 覗きたし, 観とおし, 輝いて, 輪相は, 辺に, 野暮に, 随分堅い, 障子を, 雨戸も, 騒ぎ出した, 鯊の, 黒山の

▼ 裏切者~ (106, 0.9%)

74 が出 3 が出た 2 がある, がいた, だと, であると, と言っ, なら裏切者, らしく振舞うが

1 [78件] かやう, がいる, がかけた, がその, がひそん, が上がっ, が呂布, が居る, が火, が火の手, じゃありません, だぞ, だっ, だという, だ裏切者, っ, である, であるからに, である彼, です, という疑い, とさえ言われました, としてたちどころに, としてのお, としての厳酷, として指弾, として深, となっ, となり, と云う, と同然, と呶, と思ふ, にしか過ぎない, になっ, になつ, にならない, に対してどんな, に顛落, のこと, のため, のよい, の三浦左衛門尉義村さま, の中, の大野木, の小屋, の小早川殿, の小早川秀秋, の岩形圭吾, の成経, の机博士, の汚名, の秀秋, の豚, の質子ひとり, の金吾中納言秀秋, の顔, の首, の高田郡兵衛, は, はこの, は今頃, は相, よりもあの, をそのまま, をひきだし, を中心, を以てしなけれ, を出し, を手, を斬っ, を片, を見出した, を踏みつぶせ, を顧み, ヲ買収シ, 不義士, 高い精神

▼ 裏まで~ (103, 0.9%)

3 来ると 2 來る, 入り込んで, 来て, 知って, 見て

1 [90件] あるという, きこえる, きたとき霧, くり抜いた空洞, すき透った日射し, ずっと見通し, それを, ちゃんと頭, つけて, つれて, ぬけて, ぬれた, のぼって, はさのみの, ぼかし模様の, みて, ゆく約束, 上ったら右, 上って, 世間を, 仄明るく, 何といふ, 全体唯, 出て, 出直すの, 刈り込んで, 剥がして, 剥して, 取調べたけれども, 土間が, 容赦なくやる, 引っ繰り返して, 後を, 忍び寄って, 押し迫って, 担ぎ上げたもの, 捨てに, 探が, 探つたり, 搜し, 搜した, 日に, 柔い, 武人である, 歩いて, 残る隈, 沁み亘つて, 泥ンこに, 流れついたもの, 渡る, 物を, 理解し, 田圃つづきです, 看破し, 知り尽くして, 砂利擦れ, 穿ちすぎた辛辣さ, 突きぬけて, 突き当ると, 突き抜けて, 筒拔け, 細々と, 繰返し繰返しとっくりと, 聞えて, 蒸し返されて, 行かなくとも, 行き届く鋭, 行って, 行つて人を, 見せて, 見とおして, 見ぬいた, 見ぬくの, 見られること, 見上げさせる, 見透かされるよう, 見透しに, 見通された, 見通されるよう, 覗いて, 赤くなる, 身装を, 迫つたが, 送って, 這って, 通った一丁, 通りの, 遡りつくと, 開けっ放しに, 雨水づかりで

▼ 裏梯子~ (80, 0.7%)

10 を降り 6 の下 5 の方 3 から二階 2 から登り, から風呂場, をおり, を上ッ, を下り, を下りる, を降りる

1 [42件] から, からすぐ, からそつ, から三階, から上っ, から下, から信玄袋, から山名国太郎, から標本室, から歸つて行, から登つて, から自分, から表, から転げる, から降り, があります, がある, なきを以て, に雨, の上り, の跫音, の降, へ, まで出, をお, をかけ, をかまわず, をそっと, を上がっ, を上り切った, を下, を下りよう, を二階, を伝っ, を登った, を登つた若旦那, を登つて, を踏ん, を通っ, を降りかけた, を馳, を駈けおりる

▼ 裏にも~ (69, 0.6%)

7 表にも 2 人間が, 何か, 必ずや厳密, 押入にも, 横にも, 自分の

1 [50件] あるから, あるの, あんな手, おもて, こんなに種類, そこには, ちょっとあるまい, なほ涕涙潜然, べつな, やつぱりひどく土が, やはり人, やはり酌ん, よく餌, ゴミ捨て, フラネルを, 一つの, 一分時毎に, 一片の, 中から, 乳の, 二人の, 人間の, 似た様, 伽羅油の, 何も, 厳重な, 唾を, 地面の, 坂上親子の, 多勢寢て, 小屋の, 山が, 山桜の, 斯の, 書いた, 書いて, 東西の, 毒が, 泌み付いたらしい, 物の具着けた, 白山羊が, 破綻は, 立派な, 繩は, 血は, 起居の, 須弥壇の, 須彌壇の, 黒いかげ, 黒い刀痕

▼ 裏~ (67, 0.6%)

2 にある, の, の割栗石, の方, の貧民窟, の酒場

1 [55件] からホテル, がまるで, ですらも, ではどんな, ではまだ, では天幕, で一体, で売春婦たち, で昔, で生活, で袋叩き, といえ, とさま, に散在, に眠りし, のやう, のガラン, のホテル, の下宿, の中, の二階家, の交響楽, の入り込ん, の夜, の家, の家々, の小さな, の小料理屋, の居酒屋, の床屋, の彷徨, の抜け裏, の探検, の煙草屋, の芥捨場, の裏まち, の軒下, の隱, の露西亜人, の露路, の顔役, の風景, へでも行ったら, へ二回, へ行け, をいたずら, をぬけ, を歩い, を歩み居り, を流し, を流れ, を流れる, を煎餅屋, を行く, を飲ん

▼ 裏~ (63, 0.5%)

4 を歩い 2 の角, へ曲る, を行く

1 [53件] から尾張町, が好き, だけにひつそり, である, では闇, といわず, とが背, と夜, と対比, なる小流, なる日吉町, にあ, にあっ, にあった, にある, にこの, になっ, にはきまって, には正しい, には膨れ, にま, にもラジオ, に伏見町, に住ん, に出, に在る, に母親, に移され, に立つた, に親譲り, に面し, のおでん屋, のカッフェー, のカフエエ, のバア, の到る, の或, の暗, の深, の茶館, は山谷堀, は島, へと上る, へはいっ, へ曲り, へ滑りこんだ, も亦, をぬけ, を参ります, を歩く, を見下す, を隔て, 寂しい処

▼ 裏~ (60, 0.5%)

4 をあけ, 覗いて 3 を開け 2 に, の口, の方, を叩く

1 [41件] からひそか, から南瓜, から去らず, から静山, があいた, が外, が幽か, が明い, が開けつ放し, が開け放し, が鳴りました, と表戸, にいる, に向い, に行っ, に走り出, に跫音, に近づい, のあたり, のがたがた, のわき, のカンヌキ, の垣根口, の無花果, の破られた, の陰, の音, へ体, へ出る, へ走らせ, へ駒, を, をがらり, をくぐつ, をガラリ, を叩い, を蹴破っ, を鍵, を開い, を開けた, 覗くは

▼ 裏座敷~ (59, 0.5%)

2 には二階, の方, を借り

1 [53件] からさも, から歌声, から表側, がない, だの, であった, でした, では四女, では当時俳諧, で主人, で大, で姉, で屏風, で清元, で琴, で目立たない, で酒, というの, にだけ畳, にはさらに, には誰, にゃア誰, に並べた, に主人, に二人一組, に互い, に取り敢えず, に妹, に寝, の一室, の二畳, の二階, の余ら, の前, の四畳半, の崖, の庭先, の廻縁, の有様, の縁側, の障子, はございます, は上, は出し, は母屋, は薄暗く貧し, へ, へいった, へ俺, へ通しました, も大した, らしいところ, を人

▼ 裏日本~ (54, 0.4%)

3 の秋 2 の一部, の川, の市振, の海辺, へ行っ

1 [41件] いったいへ, からは丹波, であった, であって, では新潟, で研究, とはどう, には水田, には都鄙, にもちょっと, に大雪, に迫り, に雪, に面した, のよう, の事態, の伝説, の北部, の各所, の味, の山陰, の平家村, の平家部落, の方, の河豚, の海, の潮風, の物, の特例, の草木, の諸, の諸方, は山嶺近く, は美食, への展開, へもまわっ, へわたる, へ出る, へ注ぐ, よりも大まか, よりも豪快

▼ 裏~ (38, 0.3%)

6 にし 4 にかけます, にした 2 で漉し, にする, へかける

1 [18件] が便利, だけ略し, だの擂鉢, にかけた, にかけてやっぱり, にかけて使う, にかける, にしない, にしません, に掛けられます, のパン, の下, の豆, は直ぐ, へかけ, や擂鉢, を混ぜ, を置い

▼ 裏~ (35, 0.3%)

3 をした

1 [32件] から私, が出, が起った, じゃない, だ, だからな, だッ, であるから, であるが, では, でもされた, でも起った, となる, と卯八, なん, には将監, によって失敗, の一, の遺恨, の香, はあきらか, はおろか, をさせ, をし, をしました, を大谷刑部, を封じ, を承知, を摘發, を楽屋裏, を次男左馬助, を約し

▼ 裏~ (34, 0.3%)

2 押入には, 縁の

1 [30件] ぐらすそつぎ直, ぐら裾つぎ網打場大, 一応家, 圃の, 土手の, 大川端, 寮の, 屋根の, 市中の, 床下に, 指の, 新橋京橋あたりの, 暗い小路穴, 椽の, 橋の, 泉水の, 私の, 空家の, 紙の, 膝こぶしに, 若芽に, 表につき, 表の, 表までが, 表も, 襦袢の, 遊廓なぞに, 金糸の, 長持の, 驛の

▼ 裏では~ (33, 0.3%)

1 [33件] あり得ない, あるが, くっついて, これだけの, どうです, どんなこと, ないか, ぱち, やつぱり, わたくしの, 上を, 初やが, 別莊管理, 十メートルほどの, 吉本を, 坂田村長の, 女や, 家族が, 徐々に飽く, 日米両国の, 木に, 村の, 案外得意, 欄間の, 泣いて, 父信長を, 益々同じ, 盛に, 相變ら, 秀吉が, 薄く生きる, 金吾が, 長いあいだ

▼ 裏~ (31, 0.3%)

3 の竹 2 や菫さく辺

1 [26件] から一輪, から眼, から笠, から蚊帳, がざわめく, が騒々しい, で今年最初, で鉦, で雀共, で鶲, に傾く, に戸, に棄てられ, に生える, に避難, のあたり, のし, のなか, の下, の中, の小, の明ける, の筍, はまさに, へ身, や表

▼ 裏~ (26, 0.2%)

2 へ来る, もある, を自棄, を辿る

1 [18件] から這入ります, がすがすがしく, である, なん, になっ, に都大路, のわき, の寂しい, の役目, の海岸伝, へ入っ, へ向け, へ曲がった, へ這入りました, を行, を選ん, を選んだ, を黄金沢

▼ 裏~ (24, 0.2%)

3 はまして, より赫奕姫 2 に人目, に限れる, の友達

1 [12件] さりとては, ずまい狂うて, だから, に住, に物貰, の二階, の如し, の者, の貧しい, の路次, は甲州屋, も風流閑雅

▼ 裏階子~ (23, 0.2%)

2 の口

1 [21件] からそっと, から三階, から便所, から登っ, が大, で幇間, とで他, に彳ん, に急いだ, の上, の折, の方, の様, の横手, へ出る, へ消える, をかけ上る, を下りた, を下りる, を掛けた, を駆下りる

▼ 裏~ (22, 0.2%)

2 の中, の梨, を頭

1 [16件] から採れた, から菊, では若い, とかを宗太, には近頃, に土塀, の三本, の柿, の竹藪, の細径伝, の細徑傳, の茗荷, の麦, へでる, へ出, や向う

▼ 裏あたり~ (21, 0.2%)

1 [21件] からも追われ, から凄まじい, から川幅, から黒い, であらう, である, であろう, では一応, で育てたら, にあの, にどうとう, になる, に響い, のごみごみ, の大分, の明暗, へきた, へも五十, へ垂直, へ来, をノシ

▼ 裏~ (21, 0.2%)

4 か表 2 という, よ

1 [13件] か, かこう, からな, から心配, から表, から雨, がその, がなそこ, と, という感じ, と云う, と申します, のに

▼ 裏階段~ (21, 0.2%)

1 [21件] から伸子, から入る, から勝手口, から登る, から駈け上っ, がある, で母屋, にのぞんだ, のある, の方, へ逃れた, や内庭, をまた, を上っ, を下り, を伸子, を案内, を通っ, を降り切った, を馳, を駈け降り

▼ 裏小路~ (20, 0.2%)

2 へ紛れ込ん

1 [18件] から往来, だなあと, で殺人事件, で長唄, に, に二階, に人, に出れ, に向く, に起った, に踏みつけられた, の富, の小さな, の隈, へぬけ, へ抜け, らしい風景, を捜

▼ 裏~ (20, 0.2%)

1 [20件] がふと, がめくれ上る, が片端, にもつい, に見る, の海, の色, の返し, の飜, まで, も肌膚, をかえし, をかえした, をひんめくらせ, を七枚, を書い, を白く, を翻, を見せ, を返す

▼ 裏でも~ (16, 0.1%)

2 あり私

1 [14件] あるかの, お構いなし, その天井, つけて, 取って, 大勢の, 扉が, 掻かれたらたまらない, 時々そうした, 汐が, 若い娘たち, 表でも, 通りかかって, 食えない撃剣家

▼ 裏とを~ (15, 0.1%)

2 照らした

1 [13件] そのテープ, やや暫く仔細, 双方が, 合せて, 父が, 糊で, 縫い合せる, 表わす相, 見くらべたり, 見せたらり, 調べた, 離して, 離すの

▼ 裏~ (14, 0.1%)

2 なんかに, 何かに, 包の, 表か 1 どこかで, どこかへ, コートの, 京橋へんで, 横かには, 藪の

▼ 裏より~ (14, 0.1%)

2 生まれたればとて

1 [12件] 二町ほど, 云えば, 出て, 外に, 得來たるや, 怪き奴, 材木の, 洩れ来る, 索め出さう, 聞き出せり, 行などといふ, 見るも

▼ 裏~ (14, 0.1%)

1 [14件] か何, がぱっと, にも蝋, のバネ, へめり込む, へ大きな, へ紫外線, まではがし, をあけ, をハネ, を上げ, を引く, を打ち始めた, を見せ

▼ 裏河岸~ (14, 0.1%)

1 [14件] から石垣づたいに住居, との間, につないだ, に人目, に大, に異彩, のあたり, のある, の四五間目, の橋, の火の見櫓, の病院, を歩い, を見る

▼ 裏なる~ (13, 0.1%)

1 [13件] ポケットより, 密室に, 小山の, 尼少女の, 常盤津の, 文字が, 新高臺の, 狭き宇宙, 空茶店の, 舫船に, 豆州家お, 雪渓に, 黄金の

▼ 裏~ (13, 0.1%)

2 住み

1 [11件] から高, がご, なれど, に住むべく育てられた, に此表札, の二階, の何階, へ逼塞, 住みでも, 住みに, 住みの

▼ 裏田圃~ (13, 0.1%)

2 が見え, ともまた 1 で秋, の大金, の景色, の蛙, は一面, へ抜け, まで出, まで軒, を見晴

▼ 裏戸口~ (12, 0.1%)

2 を突 1 から, から一同, から出, から小便, にもう, に立たね, に立つた, の, の風呂, へ廻つて

▼ 裏~ (12, 0.1%)

3 の滝 2 が滝, へ行く 1 から慈觀瀑, の滝道, の荒澤, の谷, 寒話

▼ 裏路地~ (12, 0.1%)

2 は相 1 で今度, に, に近頃, の二階, の佗住居, の奥, へそっと, へそつ, を, を歩いた

▼ 裏からも~ (11, 0.1%)

2 若や 1 あまり人が, 入れるん, 座敷からも, 母屋からも, 登つた, 表からも, 見えないよう, 見て, 谷へ

▼ 裏という~ (11, 0.1%)

1 [11件] あたりから, あまり泊り, ことが, ことである, のは, ものが, ものは, 感じな, 言葉を, 隠れ簔に, 順序に

▼ 裏~ (11, 0.1%)

2 をさかさ 1 からここ, から植木屋弥平, で逢った, に向った, に沈ん, の下, の草藪, へ向いた, へ誰

▼ 裏にあたる~ (10, 0.1%)

1 二階建ての, 御前山へ, 日野から, 木立の, 横丁の, 海の, 男松女松そこから, 街でし, 部分の, 門から

▼ 裏へと~ (10, 0.1%)

1 口笛吹き吹き行く, 小走りに, 攀登っ, 次第に上流, 歩き出して, 秘めたその, 續い, 舟を, 解けて, 越して

▼ 裏ゆく~ (10, 0.1%)

6 土手下の 2 星の, 月の

▼ 裏向き~ (10, 0.1%)

3 お岩 2 にし 1 に, に押し込んだ, の図書室, の日, は筑前

▼ 裏~ (10, 0.1%)

1 がまた, で喜多実氏, として裏, なんぞにし, の裸体美人, は執筆画家, や図案, をよせ, を出したら, を見つめました

▼ 裏~ (10, 0.1%)

2 の障子 1 が見え, にでも繋い, に出た, に引いた, の立ち話, の風, へ出た, へ来

▼ 裏~ (10, 0.1%)

1 からこの, さえ何, で採った, に黒沢衆, の上, の沢, はほとんど, へはいっ, へ取り捨てろ, へ追いかけさせ

▼ 裏からは~ (9, 0.1%)

1 いるん, どうして這入った, 何所へも, 眠たげな, 祇園島原あたりから, 荒縄で, 長い手, 馬岱王平馬忠張翼などが, 鮮かな

▼ 裏とか~ (9, 0.1%)

2 戸袋の 1 人の, 幹の, 廊下の, 縁の, 芝公園の, 金の, 長襦袢の

▼ 裏屋根~ (9, 0.1%)

2 の物 1 から立ち上る, の上, の冴えた, の出窓, の方, へ来る, へ躍りでよう

▼ 裏廊下~ (9, 0.1%)

1 からぐらぐら, から階段, と云, にはいり, に当る, に添, のところ, の一部, へ出

▼ 裏~ (9, 0.1%)

1 がめくれ, にさらに, のヘリ止金, の厚, の粒塗胴, へ抜けまし, をとりかえさせ, を張り変, を貼りつけ

▼ 裏神保町~ (9, 0.1%)

2 の宿屋 1 にあった, に住ん, に在った, の或, の眼路, まで歩い, まで歩いた

▼ 裏金剛~ (9, 0.1%)

3 から千早 1 から大和, から葛城, にあたる, の宋万, の抜ケ道, を抜け

▼ 裏とに~ (8, 0.1%)

1 あり表, その趣味, トランクや, 出入口が, 帰する, 晧, 重なったり, 階段が

▼ 裏などに~ (8, 0.1%)

1 その夏虫, ベタベタ貼りちらし, 使用した, 入って, 大きな蜘蛛, 屡, 比べても, 気づくよう

▼ 裏~ (8, 0.1%)

1 に美人屋敷, のほう, の上, の仁作, の方, の石段, へ向っ, を降り

▼ 裏~ (8, 0.1%)

1 にピタリ, に手, に這い上っ, の上, の切り戸口, の隙, を乗り越える, を越え

▼ 裏~ (8, 0.1%)

2 の防寒外套 1 にする, になつ, の付いた, の外套, ばかりを売っ, を白く

▼ 裏草履~ (8, 0.1%)

1 が三足, といういでたち, の小娘, の男, の脚, の音, をつっかけ, をはい

▼ 裏ぐち~ (7, 0.1%)

1 から, から忍び, から顔, にすわり, の梯子, は一つ, へのふたつ

▼ 裏とが~ (7, 0.1%)

3 ある 1 あって, ごつちや, また素敵, 巳之助の

▼ 裏との~ (7, 0.1%)

2 やうに 1 ほんの空地, ように, 両面から, 色の, 間に

▼ 裏~ (7, 0.1%)

2 叩カセテ貰ウ 1 タオルデ, 佛足石ニ彫, 叩キ色紙, 拓本ニ取, 汚ス

▼ 裏~ (7, 0.1%)

1 でせう, とかいった, なんて言, に, へ, も助かる, を見送り

▼ 裏御門~ (7, 0.1%)

3 の内 1 から女王, のお, のすみ, のほとり

▼ 裏附け~ (7, 0.1%)

1 があり, がない, がなけれ, となる, を与, を確め, 捜査が

▼ 裏附ける~ (7, 0.1%)

1 ためには, となれ, にかの, やうな, 事実つまり, 俳優の, 為めに

▼ 裏隣り~ (7, 0.1%)

1 とかに夏目, にい, には五〇キロ直撃, の二階, の家, の寺, の有尾さん

▼ 裏うち~ (6, 0.0%)

1 がなく, されたもの, されて, しようと, でもし, となる

▼ 裏~ (6, 0.0%)

2 もての 1 もてつて, もてを, もて虫, 咲の

▼ 裏です~ (6, 0.0%)

2 もの 1 から二, がなん, ね, よ

▼ 裏とは~ (6, 0.0%)

1 思想上においては, 無情にも, 物の, 覚束なき, 逆の, 違った男

▼ 裏にでも~ (6, 0.0%)

3 印度素馨が 1 いたずら書きの, して, 竹の

▼ 裏ばかり~ (6, 0.0%)

1 掻かれて, 歩くより, 焼いちゃ, 覗いて, 讀んで, 駈けさせとくの

▼ 裏へは~ (6, 0.0%)

2 近い頃 1 まわれなくなる, 何し, 急造りの, 行けなかった

▼ 裏合せ~ (6, 0.0%)

1 だった, な煮え切らない, にし, にした, になっ, になりし

▼ 裏家住い~ (6, 0.0%)

1 だそう, に馴れ, はし, をいたしまし, をし, を致し

▼ 裏~ (6, 0.0%)

1 で殺させ, へ掛った, へ掛ったら, へ掛ります, へ掛る, へ通り掛ります

▼ 裏~ (6, 0.0%)

1 の形, の彫り, の模様, の紋, の紋所, の金蒔繪

▼ 裏玄関~ (6, 0.0%)

1 といっ, の石畳, へ, まで, までのこのこ, も二階

▼ 裏秩父~ (6, 0.0%)

1 と御, に接する, に隣, の山, の神流, の神流川

▼ 裏飛騨~ (6, 0.0%)

1 の吉城郡坂上村巣, の宮川, の方, の漁師, の釣り旅, へ入っ

▼ 裏とも~ (5, 0.0%)

1 いい家賃, いうべき妙, つかない一体, 分ちが, 思う町

▼ 裏にまで~ (5, 0.0%)

1 かいくぐり現実, しみこもって, のびて, 広告出し, 飛びあがった

▼ 裏~ (5, 0.0%)

3 しご 1 たに, 踏んじゃ

▼ 裏まち~ (5, 0.0%)

1 と市場, にしかも, に甲府, までこの, をうろつく

▼ 裏~ (5, 0.0%)

2 へのぼる 1 の, のなぞ, を中心

▼ 裏~ (5, 0.0%)

1 には少し, の名人, は間違ひだ, を打つ, を飛ばしたら

▼ 裏向け~ (5, 0.0%)

2 にする 1 て受け, て隠す, にし

▼ 裏四番町~ (5, 0.0%)

1 に屋敷, の屋敷, の屋敷町, の横, の近所

▼ 裏~ (5, 0.0%)

2 の奥 1 が附い, で寝よう, の中

▼ 裏海岸~ (5, 0.0%)

1 です, に捨て, に自分, の荒野, を通りかかった

▼ 裏~ (5, 0.0%)

2 は自我 1 けされたもの, の袴, をする

▼ 裏~ (5, 0.0%)

1 のすぐ, の一室, の別業, の秘密会, へ王允

▼ 裏からの~ (4, 0.0%)

1 告白であり, 声は, 批判だ, 表現だ

▼ 裏だの~ (4, 0.0%)

2 縁だ 1 所嫌わ, 脂粉の

▼ 裏である~ (4, 0.0%)

1 とする, と云, やうな, ように

▼ 裏どなり~ (4, 0.0%)

1 が空家, の担ぎ, の物音, を克明

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 のかな, のです, もんです, んだ

▼ 裏へでも~ (4, 0.0%)

1 じゃおいで, 持って, 行ったらしい, 隠したかい

▼ 裏へも~ (4, 0.0%)

2 廻る方法 1 廻り横堀筋, 顔を

▼ 裏一面~ (4, 0.0%)

1 が巧緻, が着く, に何, に惜気

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 があっ, として, のない, を持つ

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 から境内, のお, のほう, の方

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 が少し, につけ, に茶碗, までおよそ

▼ 裏悲しく~ (4, 0.0%)

2 頼りなき 1 もあり, 彼方此方に

▼ 裏掻い~ (4, 0.0%)

1 てこないだ, てその, て自分, て貫いた

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 および虹, とはあ, とはいひ, は最う

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 にはいつのまにか, の北方, の方角, の漁業組合

▼ 裏淋し~ (4, 0.0%)

1 さうでした, さと, さを, さ象徴樹の

▼ 裏淋しい~ (4, 0.0%)

1 心持でした, 情味である, 昼下りの, 諦めの

▼ 裏玄關~ (4, 0.0%)

1 にま, のおり口, のがら, へ來

▼ 裏~ (4, 0.0%)

1 で餘, になつて, を使, を出し

▼ 裏からと~ (3, 0.0%)

2 表からと 1 その行く

▼ 裏ぞうり~ (3, 0.0%)

1 をはい, をペタペタ, をペタリペタリ

▼ 裏だけ~ (3, 0.0%)

1 やけないので, 凝るとは, 日の

▼ 裏だけが~ (3, 0.0%)

1 じりじり枯れ, 生臭く焼け残る, 目立って

▼ 裏だった~ (3, 0.0%)

1 からだ, が私, のだ

▼ 裏~ (3, 0.0%)

1 側に, 側の, 返しや

▼ 裏であった~ (3, 0.0%)

1 か表, が笹村, に相違

▼ 裏にて~ (3, 0.0%)

1 下り小路, 汗を, 観測

▼ 裏にゃ~ (3, 0.0%)

1 あ師匠, なにかが, ア何が

▼ 裏ばかりを~ (3, 0.0%)

2 覗いて 1 ひとまわりし

▼ 裏へま~ (3, 0.0%)

2 はつて 1 はつたの

▼ 裏~ (3, 0.0%)

2 寂びたる 1 いが

▼ 裏までも~ (3, 0.0%)

2 響く 1 見て

▼ 裏~ (3, 0.0%)

1 てえな, 一方には, 南へ

▼ 裏をかへ~ (3, 0.0%)

2 して 1 しき

▼ 裏ポケット~ (3, 0.0%)

1 から例, から紙, へしまい

▼ 裏井戸~ (3, 0.0%)

2 の側 1 には千姫様

▼ 裏伝馬町~ (3, 0.0%)

1 というところ, のなんと, の常磐津

▼ 裏~ (3, 0.0%)

3 ひに

▼ 裏傳馬町~ (3, 0.0%)

1 の萬屋, の萬屋善兵衞, へ行

▼ 裏切に~ (3, 0.0%)

1 なんの, よつて失敗, 氣が

▼ 裏参道~ (3, 0.0%)

1 にトグロ, の入口, の登り口

▼ 裏~ (3, 0.0%)

1 から舟, は水紋, は藻

▼ 裏小屋~ (3, 0.0%)

1 で烈しく, に泊った, の屋根

▼ 裏~ (3, 0.0%)

2 ののぼりくだり 1 になほ累

▼ 裏~ (3, 0.0%)

2 には鬱々 1 の石段

▼ 裏~ (3, 0.0%)

2 が燃え出した 1 の下

▼ 裏掻く~ (3, 0.0%)

1 ことは, ばかり平安朝型, までに突き刺し

▼ 裏日本側~ (3, 0.0%)

1 とを結ぶ, の水源, の雪

▼ 裏~ (3, 0.0%)

1 へ數, をそこここ, をひるがえす

▼ 裏透く~ (3, 0.0%)

1 ばかり友染, ばかり唇, ばかり霜

▼ 裏~ (3, 0.0%)

2 ふ蛍 1 ふ螢

▼ 裏部屋~ (3, 0.0%)

1 の方, の破れ簾, へこっそり

▼ 裏~ (3, 0.0%)

1 の地所, の御新造さん, の時計

▼ 裏あかり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 裏ある~ (2, 0.0%)

1 かの如く, 人の

▼ 裏あわせ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に帯

▼ 裏いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に描いた, に貼られ

▼ 裏いよよ~ (2, 0.0%)

2 染みたり

▼ 裏うがつ~ (2, 0.0%)

2 月の

▼ 裏おも~ (2, 0.0%)

1 て, て隠れ里

▼ 裏からでも~ (2, 0.0%)

1 一度位, 出入は

▼ 裏がはを~ (2, 0.0%)

1 ものの, 切り開かれ鼻

▼ 裏がへ~ (2, 0.0%)

1 しそこ, した聖人君子

▼ 裏さえ~ (2, 0.0%)

1 ありますぜ, 全く未知

▼ 裏じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ない電光影裏

▼ 裏すき~ (2, 0.0%)

1 て胴間常, て胸間常

▼ 裏すく~ (2, 0.0%)

1 ばかり目のあたり, 水の

▼ 裏そして~ (2, 0.0%)

1 あの裏庭, 遅く吉原

▼ 裏そよぎ~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ 裏そんな~ (2, 0.0%)

2 ところは

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 裏つき~ (2, 0.0%)

1 で鼻緒, の破

▼ 裏つづき~ (2, 0.0%)

1 の例, の紙問屋

▼ 裏でし~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 裏とから~ (2, 0.0%)

1 二手に, 聞こえ遙

▼ 裏どおり~ (2, 0.0%)

1 にある, をしずか

▼ 裏なき~ (2, 0.0%)

1 衣なり, 錦の

▼ 裏などを~ (2, 0.0%)

1 抜けたり, 通路に

▼ 裏なり~ (2, 0.0%)

2 勝手に

▼ 裏なんかに~ (2, 0.0%)

1 ウロウロし, 現われたの

▼ 裏にかけては~ (2, 0.0%)

1 もう何, 畑が

▼ 裏にこそ~ (2, 0.0%)

1 この犯罪, 出でたれ

▼ 裏にさえ~ (2, 0.0%)

1 出れば, 甲斐機を

▼ 裏については~ (2, 0.0%)

2 全く説明

▼ 裏にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて居ります

▼ 裏に当たる~ (2, 0.0%)

1 不動新道の, 先々代忠篤が

▼ 裏のぞき~ (2, 0.0%)

1 ふうな, 的な

▼ 裏はず~ (2, 0.0%)

1 うっと, うと

▼ 裏はと~ (2, 0.0%)

1 問は, 見ると

▼ 裏べを~ (2, 0.0%)

2 立ちのぼりつつ

▼ 裏までが~ (2, 0.0%)

1 疑惧, 血の気を

▼ 裏までを~ (2, 0.0%)

1 一日の, 覗いたり

▼ 裏みたい~ (2, 0.0%)

1 だな, なあぶり肉

▼ 裏みち~ (2, 0.0%)

1 でつづみの与吉, もある

▼ 裏むらさき~ (2, 0.0%)

2 のほ

▼ 裏らしい~ (2, 0.0%)

1 ぜ, 芝生の

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 口の

▼ 裏ヅケ~ (2, 0.0%)

1 となるべき, はちゃんと

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 オ染サント二人デ, 公衆電話傍ニ急行シテ黄色

▼ 裏一帯~ (2, 0.0%)

1 の畑, は磯浜

▼ 裏丹波~ (2, 0.0%)

1 の三草, を西

▼ 裏九州~ (2, 0.0%)

1 には中津, の方

▼ 裏仕立物~ (2, 0.0%)

2 などをし

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひの

▼ 裏住居~ (2, 0.0%)

1 の気楽さ, の生活

▼ 裏出し~ (2, 0.0%)

1 て畳ま, て疊まさつてら

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 のこと, をつき

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 に打ちます, を打った

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 机の, 材の

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 の二階, ひの

▼ 裏向う~ (2, 0.0%)

1 の家, の御

▼ 裏吹かれゐる~ (2, 0.0%)

2 蝉の

▼ 裏吹く~ (2, 0.0%)

1 白き昼, 白き晝

▼ 裏土塀~ (2, 0.0%)

1 から台所口, の壊れ

▼ 裏土蔵~ (2, 0.0%)

1 の向う, の陰

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 から抜け出し, の方

▼ 裏垣根~ (2, 0.0%)

1 に近づいた, の門

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 にある, を叩い

▼ 裏天さん~ (2, 0.0%)

1 か, まあ待つ

▼ 裏家根~ (2, 0.0%)

1 に点け, に點

▼ 裏屋住居~ (2, 0.0%)

2 に成し

▼ 裏岩菅~ (2, 0.0%)

1 が出る, 大真名子

▼ 裏崩れし~ (2, 0.0%)

1 て了, て真昼間

▼ 裏川岸~ (2, 0.0%)

1 にそっ, の土藏

▼ 裏廻り~ (2, 0.0%)

1 のさ, をする

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 からどことなく, の路地

▼ 裏敷居鴨居~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 裏日吉町~ (2, 0.0%)

1 の傍, の民友社

▼ 裏木戸ごと~ (2, 0.0%)

2 に引上げ

▼ 裏木戸口~ (2, 0.0%)

1 で浪速あやめ, に佇ん

▼ 裏本屋~ (2, 0.0%)

2 の裏二階

▼ 裏枯れ~ (2, 0.0%)

1 たり, 声で

▼ 裏枯れた~ (2, 0.0%)

1 真冬でさえも, 芝生である

▼ 裏欄干~ (2, 0.0%)

1 から上, の梁

▼ 裏海沿岸~ (2, 0.0%)

1 にいたる, に住む

▼ 裏淋しく~ (2, 0.0%)

1 更けて, 面を

▼ 裏田んぼ~ (2, 0.0%)

1 の印象風景, へぬける

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 とかどこ, の中

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 から脱, を捜

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 なぞを例, に面した

▼ 裏紅絹~ (2, 0.0%)

1 の上着, を抜いた

▼ 裏絵覚束~ (2, 0.0%)

2

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 といつた, の中

▼ 裏羽目~ (2, 0.0%)

1 からはあなめあなめ空地, に添っ

▼ 裏若い~ (2, 0.0%)

1 のが, 心の

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 の紋, の門

▼ 裏葉入り~ (2, 0.0%)

2 揉む雪おろし

▼ 裏葉色~ (2, 0.0%)

1 の手絡, の裾模様

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 をあけた, を開け

▼ 裏行く~ (2, 0.0%)

1 キチガイ地獄じゃ, 低き冬

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 も雨, をとらむとする者

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 とかぎ, と歩い

▼ 裏見る~ (2, 0.0%)

1 ような, 姿も

▼ 裏路許~ (2, 0.0%)

2 り走つて

▼ 裏~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 裏辺り~ (2, 0.0%)

1 から東京高等学校, に当る

▼ 裏近く來~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 裏透い~ (2, 0.0%)

1 てさながら, て宛然金屏風

▼ 裏透き~ (2, 0.0%)

1 てすら, て家内

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 の大, の枇杷

▼ 裏露路~ (2, 0.0%)

1 だった, にし

▼ 裏面談~ (2, 0.0%)

1 がある如く, は以下

▼ 裏~ (2, 0.0%)

1 が裏口, ぐらいのもの

▼1* [457件]

あたり明りと云, 裏あの土藏の, 裏あみばかりで, 裏うち透かし吾れ命あれ, 裏かいてやりとうなりなさる, 裏かいたのさ, 裏かけてしきり飛び啼く, 裏かと思われる辺, 裏かの當て, 裏かへしをり火を, 裏かも判らないが, 裏からとはなんだ, 裏がきを求め, 裏がたんねんにつかっ, 裏がはが見えるところ, 裏がはの大浦の, 裏がまはつて來, 裏がれたる声, 裏がわ祝氏の, 裏ぎっている観がある, 裏ぎって微かにふるえ, 裏ぎられてそののち, 裏ぎりの一味, 裏ぎりつゝも其郷の, 裏ぎりをなされて大津にろうじょう, 裏ぎり者のてびき, 裏ぎり者何しに, 裏ぎるものである, 裏ぎるものとては物語の筋, 裏くれなゐ, 裏ぐらいのことで, 裏こそ中, 裏へなく, 裏空向けつ, 裏したる狩衣を, 裏しめておく, 裏めりやや, 裏すいて乱, 裏すいた襟巻を, 裏すそから見つけ出した, 裏すなわち空家の, 裏すら熱かった, 裏そこから幽霊, 裏そっと降りて, 裏その裏口へ, 裏ただの一株, 裏だけでもおさまりません, 裏だけの着物が, 裏だけはいやに, 裏だったりいろいろ, 裏だって調和しない, 裏だろうが台所, 裏ついたる袷と, 裏つき水色縮緬の裾, 裏つけたるをはおる, 裏づたいに帰って, 裏づたいに桑畠の間, 裏づたいに酒蔵を回っ, 裏づたいの畦路へ入ろう, 裏づたひに夜叉ヶ池の奧, 裏づたひに柿の樹, 裏てに出ると, 裏できしきしと鳴った, 裏でございますよ, 裏でとなって, 裏でなく表で, 裏でばかり現れたこと, 裏といった形相で, 裏といふことが, 裏とかに限るよう, 裏とだけは聞いて, 裏とちがつて, 裏とには制服の, 裏ながら埃の, 裏なく語らうの, 裏なぞといふ詩句, 裏なぞで死んだの, 裏なぞといふやうな, 裏なぞはすっかり擦切れ, 裏などのと, 裏などで聞きますの, 裏などには大きな蛇, 裏などの草履ば, 裏なりの糸瓜みたいに, 裏なれば群雀, 裏なんか変だ, 裏なんかへ夜中に, 裏なんかを隠れ場所に, 裏なんぞに酔い潰れてるそう, 裏なんぞの恐らく四方, 裏なんて見る機会, 裏にあたって七月とは, 裏においてさえせせら笑いを, 裏にすらうかがわれないの, 裏にだけ遠慮を, 裏についている白い, 裏にてもおのづか, 裏にと申しますより, 裏にどつかと, 裏にながむべきもの, 裏にね昔おしおきに, 裏にぶきみだ, 裏によぢの, 裏に当たり果たして怪音, 裏のりどといふグリル, 裏のろじへ捨てる, 裏はらなものに, 裏ふかく埋もれて, 裏へだけはお入りなさらなかったであろう, 裏へなど長く出, 裏への通路という, 裏ほど白く白くその, 裏ほどの値打ちも, 裏ほのかに男, 裏がひ, 裏または腹下に, 裏むきになった, 裏むき表むき立ったり, 裏むけたといいます, 裏むけるんです, 裏む喜悦の本, 裏一体どうする, 裏やがては太股, 裏やら袖口やらに, 裏ゆ金覆輪に噴きいづる, 裏泥溝板に, 裏をとひっくり返して, 裏をにほはす何物, 裏をね寿という, 裏をめぐって戻って, 裏をも表をも, 裏んで飽き足らず横に, 裏ア何処だ, 裏カラ第二ノタンポデ, 裏見エタリシテ, 裏ガ明瞭ニ見エルヨウニ, 裏ガ蠱惑的ニ顔ノヨウナ表情ヲ浮カベテイル, 裏ゴミ溜めの, 裏ッ側の方, 裏ッ側みたいなとこ, 裏ッ先に節, 裏印ヲ, 裏向ッテ, 裏ニテお参リノ途中, 裏ニ二又ヅヽ二枚ヲ出, 裏ニ千輻輪ノ相, 裏ヘペッタリ貼リ着イテイル感ジデアル, 裏ヨーロッパおでんお勝, 裏ン町で火事, 裏一本筋の幅, 裏一重には悲哀, 裏丈けが頭上遙かに揺曳, 裏三つボタン赤い日傘, 裏両国のしもた, 裏主人萬兵衞の部屋, 裏助良雄, 裏乍ら埃の一つ, 裏二番町通り麹町谷町北側表二番町通り南側を含み, 裏二階夜分だけ定, 裏五条源治の茶屋, 裏五重塔等に屯, 裏りは, 裏京橋の一帯, 裏付いて, 裏付股引に足, 裏仲町にある, 裏伝いへかかった, 裏平秩東作ら四, 裏住竹杖の為軽, 裏何だか仏壇みたいに, 裏に曙, 裏屋に, 裏借家から家主同道, 裏傅馬町だ, 裏働きから店, 裏全く無毛, 裏八五郎はザワ, 裏八洲亭のビフシチュウ, 裏八百の健児, 裏出口をで, 裏出口芥川の家, 裏切つて蒼ざめた顔をぽ, 裏切に最も喜んだの, 裏切発見随一の重臣, 裏切的な態度, 裏切者みたいに両親, 裏切者め出て, 裏切者めなんの顔容, 裏切者一人の寝, 裏切者策士忘恩の徒, 裏切者蒋介石の軍司令部, 裏切行為がある, 裏切露顕の報, 裏に幾分, 裏北向きの留置場, 裏北斗星の傍, 裏十二の中, 裏南洋が日本, 裏を押した, 裏厨房の芥捨場, 裏参道入口にはサフラン湯本舗, 裏反しにし, 裏右門流で出かける, 裏一面に, 裏合わせになっ, 裏吉田法眼様のご, 裏同じ裾を, 裏向いの酒屋, 裏ほどや秋, 裏咲きの小さな, 裏ふ心, 裏問題の錢箱, 裏の今日, 裏噴水の辺, 裏団子坂下の方, 裏のはるか彼方, 裏土蔵納屋の中, 裏土藏の後ろ, 裏土藏納屋の中, 裏土間の藁, 裏地獄などの釣り場, 裏坂下から広小路近く, 裏敷からの, 裏や台所, 裏がつい, 裏あれば, 裏墓地を通り抜け, 裏変表の不測, 裏天さんこれを, 裏天はんでも, 裏天井の明り取り, 裏天目の北, 裏太く汚れて, 裏妙義つつじにほへり, 裏の姿, 裏安亭松作門看書松下, 裏官体と稼ぎ過ぎる, 裏客間でもあり, 裏家住ひ, 裏家住い搗て加え, 裏家住居の所, 裏寂くも花の咲, 裏法師の, 裏小料理店や旅館, 裏小町門からあふれ, 裏小路ごまごまとした, 裏小路原つぱ, 裏少し荒れた窓寄り, 裏局女房曹司の室, 裏屋かしこの裏屋, 裏屋住いに成り, 裏屋住まいをし, 裏屋敷の二階, 裏屋敷珠緒さんが寝室, 裏屋根伝いに逃げ走った, 裏山越をし, 裏を越え, 裏峡道から物, 裏崩れをし, 裏を幾重にも, 裏帯紫色の厚い, 裏帰りの寅さん, 裏冷なる, 裏床下と手分け, 裏に伴, 裏庭續きの, 裏廊下伝いにこの, 裏に沢山用, 裏往来忙士女如花満会堂, 裏門番と, 裏御覧なさい, 裏を見抜かない, 裏に相, 裏急後重があり, 裏かしげに, 裏恥かしく為しが, 裏の世, 裏悲しかった, 裏戸棚にしまっ, 裏戸覗きやる, 裏戸近くに人かげ, 裏打った生活を, 裏抜けて行く, 裏押し潰されたやうな, 裏しまでに, 裏掻かるるな, 裏掻かれるような, 裏文表文にだにかく, 裏春風此詩です, 裏斬りをされ, 裏新道の豆腐屋伝兵衛, 裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 裏日光の連山, 裏日光八千尺の太郎山, 裏日本一帯の吹雪, 裏日本唯一の貿易港, 裏日本敦賀の海, 裏日本海の鯖, 裏日本特有な波濤, 裏日本表日本の区劃, 裏昇鯉へ行く, 裏の中, 裏景気のうごき, 裏をかぶせ, 裏木戸傳ひに, 裏木戸寄りの凉, 裏木戸生垣の幾, 裏木戸番で滿, 裏木戸近くの風呂場, 裏東宝を出, 裏松宰相資清卿大徳寺清巌和尚南禅寺妙心寺天竜寺相国寺建仁寺東福寺並びに南都興福寺, 裏板塀との細い, 裏枯声で言った, 裏柳葉色を曇らせ, 裏に白い, 裏梅月といふ天ぷら屋, 裏梓山の高原, 裏梯子づたひにミヅグルマの蔭, 裏梯子段の上, 裏模様の, 裏櫺子の竹, 裏は表, 裏毛つきメリヤスのシヤツ, 裏毛附の冬外套, 裏河づたひの細道清水の槽, 裏河岸づたいに帰って, 裏河岸伝ひ思ひがけ, 裏浄林の蔭, 裏には純白, 裏海岸港とは反対, 裏涸れたり, 裏淋しき心地せらる, 裏湯灌場買い津賀閑山の古道具店, 裏へ降り, 裏とはいひ, 裏尖を, 裏には必ら, 裏破几, 裏狭い路地を, 裏い路地, 裏猿楽町二番地へ御, 裏玄関レッキとした, 裏ははだ, 裏申すもなかなか, 裏を画く, 裏白きは神, 裏皮チヤラリと出懸け, 裏目ざして足, 裏盲目の太助, 裏相応に発達, 裏のあたり, 裏石薬師門外のあたり, 裏硝子の中, 裏磐悌の火山湖地帯, 裏磐梯をふりかえる, 裏へ出る, 裏神樂坂の賑やかさ, 裏に山火事, 裏空しうして食べる, 裏空中に, 裏立樹の蔭, 裏で芋燒, 裏端山匂ふ霞, 裏一人だ, 裏よりは石鏃, 裏の巴旦杏, 裏籠城でほこり, 裏を解い, 裏を見ない, 裏なるを, 裏紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 裏紋床に役介, 裏納戸の濡縁, 裏紙長短のかまい, 裏の欄干, 裏細廊下の横, 裏絲目を絞つた, 裏絶えて無, 裏続きの家, 裏維盛様の首, 裏綿をふくら, 裏籬等を, 裏を日, 裏先生, 裏脊戸あたりに佇ずみ, 裏の雪, 裏至妙剣の小, 裏舞台へ入り込んだ, 裏と艶, 裏花園町の坂, 裏花開いて人, 裏落葉を踏ん, 裏葉あれも程なく, 裏があっち, 裏に染っ, 裏行三十間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 裏街みたいなところ, 裏街一番地ツェ氏は昨夜, 裏街区域へすっとばす, 裏街莨店や駄菓子屋, 裏街裏街とさま, 裏裏表と繰返し繰返し, 裏褄はずれ目立たないで, 裏襦袢の袖, 裏見せてしろき, 裏覗きばかりしない, 裏まで来る, 裏諏訪栄三郎が佗び住居, 裏買ってザブトン, 裏赤羽根橋手前に仏書経典, 裏越えから戦線, 裏越す日の, 裏越中の国境荘川, 裏足袋のバリバリ, 裏路づたいにしずかに歩いた, 裏路今までさのみで, 裏路伝ひに, 裏路伝いに急い, 裏路傳ひに, 裏路地今日一度訪ねたお, 裏路次で撲り倒された, 裏路次でぶざまに倒れ, 裏の小, 裏のほう, 裏辻公風と同じく, 裏突き拔, 裏迄も通つて来, 裏近く来れば, 裏近く寄つた母の肩, 裏送迎来去舟, 裏通みたいだ, 裏通屋敷町の小路, 裏通路からその, 裏看尽吟情, 裏もあった, 裏銀座の街上, 裏銀杏芝雀夕顔皿輪よこ, 裏に, 裏鋩子を胴, 裏鋩尖何や彼, 裏長屋の入口, 裏長崎屋七郎兵衞と言, 裏関西料理錦潟へ行く, 裏附けだったのでした, 裏附けられて居た, 裏附けられるはっきりと, 裏附近時候は旧暦, 裏陋屋の放浪詩人樹庵次郎蔵, 裏陣備も身構, 裏階子三階見霽, 裏階段下の押入れ, 裏霧積川の河鹿, 裏露地を切っ, 裏青みどろの浮い, 裏青山の方, 裏を与う, 裏鼻腔唇喉などとひと通り