青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「読む~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

説い~ ~説く 説く~ 説教~ ~説明 説明~ 説話~ ~読み 読み~ ~読む
読む~
~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰 誰~ 誰か~

「読む~」 4092, 44ppm, 2621位

▼ 読む~ (559, 13.7%)

7 私は 5 すれば 4 いかにも美し, 云ふ, 自分の 3 いうより, これは, すぐお父さん, すぐに, 僕は, 彼が, 彼の

2 [37件] いい, いうならば, いうよりは, おどろくべきこと, すぐその, すぐ細か, その書き出し, それが, それに, それは, イギリスの, 云うの, 云っても, 何か, 何だかこの, 全然通俗小説, 吾, 岸本の, 彼は, 彼れ, 急に, 惹きこまれるから, 意味が, 我々の, 昔の, 極く, 毒蛇に, 田舎の, 眠くなる, 私の, 見えて, 言ふ, 誰でも, 足を, 近眼に, 長男にだけは, 鬼の

1 [440件] あの多様さ, あの観察, あれほどの, あゝこれ, いい気持, いうだけの, いうには, いうにも, いうので, いえば, いくらか甘い, いって, いっても, いつでも, いつも不思議, いろいろな, いろいろわたくし, いわゆる郷士, おこられるん, おもいつつ, お前の, お茂登, かういふ一事, かの女, かの蛙, かれは, きっと橋本博士, きのふの, きまって人間味, げっそり労, こういうこと, こうであった, この作者, この批評, この文人, この時代, この玉, この稀有, これが, こんなこと, こんなふう, こんな話し, ごつん, しきりにまた, したら結構, しよう, すぐ自分, すぐ藩公, すぐ裂い, すべての, すると, せっかくの, そうで, そうらしい, そのこと, その中, その中隊, その住民, その寛大さ, その愚直さ, その文体, その新聞, その本質, その短刀, その辺, それと, それを, そんなこと, たいがい理解できる, ただならぬ声, たちまちクルッ, たちまち顔色, たちまち驚き, たといプッ, たのしんで, たまらなくうれしくなる, ちゃんと書い, ちやうど, ちょっと身, どうしても, どうも妙, どうも樗牛, どうやら現, どことなく超脱的, どっちも, なかなか気骨, なにしろすっきりし, なるほどそう, なんだかこう一層その, なんだか急, なんと思った, ねずみ仲間の, はかような, ひどく面白い, びっくりし, ふとあの, ほんとうに, まことにつまらない, まずここ, まず驚いた, またいっそう, またちがった, また気, また面白い, まっ青に, みなせが, みんなが, もうそれ, もう百倍, やはり天才, やはり当時, よく抑揚, わかるの, わたし何だか, われわれの, アメリカの, アレキサンドリア的な, エスプレシイヴォの, ギリシアの, ジイドが, ジャンシェンと, スペインの, ダニウブ河へ, デフォルメされた, ドン助の, ハッキリします, バカげたこと, バルテルスが, パリの, パリーから, ヘラクレスが, マニ教と, モーゼの, モーレツな, ヨーロッパの, レオナルド・ダ・ヴィンチが, 一人は, 一向つまらぬ, 一向取り止め, 一寸出, 一層かき立てられる, 一年生でも, 一応は, 一日中の, 一月ほどの, 一枚は, 一種の, 一等珍しく, 一茶の, 一面の, 三十名の, 三谷は, 上州の, 不快な, 不思議な, 中に, 中味において, 中国の, 串戯では, 之が, 事理すこぶる, 二三日は, 二人の, 云うから, 云うので, 云う事, 云う小口, 云う時, 云う有様, 云つても, 云て, 云われて, 人々は, 人が, 人物, 人生は, 今の, 今は, 今後これを, 今日は, 他にも, 他人の, 仲, 伊東市署からの, 伊藤松雄の, 伸子にも, 何だかこの世, 何だかさ, 何でも, 何となく天, 何となく妙, 何やら思い付いた, 何よりも, 何れも, 作家という, 作者は, 例の, 俄に, 俳味津々たる, 俺は, 僕が, 先ず右, 光が, 全然もの, 八巻三十五章に, 写すと, 冥々の, 切ない気, 別に大した, 前に, 剣客物などで, 勝麟その, 十七十四十七十四と, 十分か, 単に時代, 又, 可笑しくな, 号泣又, 各務房之丞から, 吉川氏の, 同じで, 同じに, 同じやう, 同じ書き方, 同じ気持, 同じ興味, 同一です, 同時にあとかた, 同時にそれだけの, 同時にまた, 同時によく, 同時に主人, 同時に触り, 同時に貯, 同氏が, 名月に対する, 名義だけは, 君は, 否とは, 呆然とし, 周馬は, 嘘らしい, 四千万円という, 回復する, 地球の, 坐ると, 報道された, 墓を, 壮快と, 多くの, 多少憂鬱, 夜分尾で, 大使は, 大変巧, 大抵三峰あたりより, 大概の, 天啓に, 如何にも親し, 妾は, 娘が, 子供の, 完全な, 官界の, 実に彼, 実生活の, 室に, 害に, 寝ながら, 寺田物理学には, 小僧の, 小栗と, 小生が, 尻に, 屡々文壇的会合, 山田わか子女史は, 岸本には, 岸本は, 島ノ内復興聯盟が, 島村抱月が, 巍々たる, 平凡愚拙甚だしい, 平手酒造が, 平水の, 幾分か, 幾分この, 当時が, 当時の, 役には, 彼女が, 彼女は, 彼等の, 後は, 徐庶は, 必ず睡魔, 思わず, 思わず噴き出します, 急いで, 性欲が, 恐ろしい顔, 想思の, 我々専門家が, 我知らずはっと, 或る, 捨てられるもの, 探偵の, 描き方, 攻城野戦英雄雲の, 故馬生, 文句が, 文壇離れの, 文章で, 新十郎, 新旧両, 日本の, 日本は, 日本震災の, 明朝何時までに, 明朝何時迄に, 明治廿四年, 昔は, 昔ホーヘンスタウフェン末路の, 是は, 時計を, 普仏戦争を, 更に面白い, 書くばかり, 最初は, 朝納豆売が, 木村六之助君の, 木村毅君の, 末後に, 本邦でも, 果して至, 様々の, 横に, 正直の, 残酷な, 殺人犯である, 氏が, 氏の, 民族や, 汗顔に, 沁む文字, 流石に, 漸っと, 濃州徳山, 父親は, 物足りないの, 特別保護建造物で, 狂人に, 猛然として, 猪を, 現代人の, 現在この, 生きる事, 甲谷は, 町名は, 異様な, 病人の, 百姓達はも, 皆で, 直ぐに, 直ぐ楼梯を, 直に, 直に蕪村, 眼が, 眼に, 矢張平中は, 研究の, 神官の, 私が, 私にも, 私も, 私共は, 種々の, 第一, 米連艦隊は, 約束した, 総髪の, 老人は, 肉感的動物的である, 胸が, 自ら写真を, 自分だけには, 自分は, 自分を, 自分自身の, 自然の, 興味が, 興行主の, 舟橋氏の, 良沢が, 花袋君と, 芸妓や, 苦い顔, 英文と, 葉書から, 著者の, 血相を, 衆人に, 見える, 言々血を, 言い切ったほどの, 言うわけ, 言った様, 言って, 言っても, 言文一致の, 詩で, 読まないと, 誰が, 谷崎潤一郎が, 豪語し, 貴方の, 貴族が, 買切ったもの, 転が, 近所同士が, 遊びほうけ, 遠近と, 遺書としか, 銅山主や, 鐘師の, 長過ぎる, 零落れた貴族, 青い瓢箪, 青山墓地に, 非常に, 面白く感ぜられる, 頗る単調, 頭痛が, 顔の, 顔色が, 飛んでも, 馬に, 馬は, 驚くべしだ, 魯迅が, 鳥肌立っ, Rが

▼ 読むこと~ (507, 12.4%)

21 ができる 19 が出来た 12 ができない, が出来る 11 ができた 9 も書く 8 にし 7 にした 6 ができなかった 5 が出来ない 4 が出来なかった, のできる, はできない, もある 3 ができ, が大切, が必要, と書く, になった, をやめ, を知っ, を覚える

2 [39件] がある, がお, ができます, ができません, が出来れ, が好き, だ, だけが詩人, であった, である, となった, にしよう, になっ, によつて, のできた, の出来る, の好き, はある, はお, はできなかった, は不可能, は京都, は出来ない, は出来なかった, は好き, は容易, は承知, は罪悪, は読書, もかなり, もなく, を好む, を得た, を志し, を止め, を私, を覚え, を許された, 書くこと

1 [279件] あり, いよいよ深き, からそして, からも遠く, から大きな, から少し, から影響, があっ, があつ, があります, がきらい, がそのもの, がたのしい, ができず, ができなく, ができなくなっ, ができました, ができませぬ, ができませんでした, ができるであらう, がなかなか, がなく, がひどく, がまるで, がもちろん, が不可能, が他, が何より, が億劫, が凄味, が出来たなら, が出来なかつた, が出来なく, が出来なけれ, が出来るだろう, が変, が多く, が好, が嫌ひで, が忘, が思想, が我々, が揃わね, が普通, が禁じられ, が精しく, が良識, が許され, さえ罪, すら斯, そして出来たら, だから, だけの相違, だけは一日, だけは読みます, だけをした, だってただ, だろうと, だろうなどと, でそこ, でも, で感受, で持続, で特に, ととう, とを失ったら, と同じ, と場, と日記, と本, と正道, なくし, なく今, なく寝る, なく心, なしに, など覚えし, なんかできません, にかけては彼女, にかけては福沢先生, にすれ, にてあまり, にもなつ, にも書く, によってこの, によってそれ, によってひと, によってようやく, によってアフンルパ, によって人, によって何, によって作者, によって保子, によって善い, によって成長, によって明白, によって最も, によって最初, によって本当, によって生活, によって蘇生, によって軽率, により, により寺田さん, により自分, に使われた, に依, に努めた, に夢中, に専念, に慰藉, に決め, に聡い, に致します, に費やした, に達し, のできぬ, のほか, のみを勧むるにあらず, のみを知り, のみ特別, のむだ, の出来た, の出来ぬ, の出来るべき, の多い, の好, の忠告, の快感, の方, の明らか, の深く, の習慣, の要, の遅かっ, の達者, の驚く, は, はきらい, はこれ, はすぐ, はせず, はその, はそれだけ, はだれ, はつねに, はできた, はできなかつた, はできなくなった, はできる, はない, はよしんば, は一種, は仕方, は僕, は先ずよく, は出来る, は即ち, は同, は堪へ, は大切, は大好き, は寧ろ, は慣例的, は日本国中, は概して, は気, は禁じられ, は禁ぜられ, は第, は細部, は自分, は覚えた, は読みました, は読む, は読んでる, は遠慮, は青年, は非常, また少時, まるで何, もあった, もあまり, もありました, もかく, もした, もできず, もできない, もできれ, もない, もほとんど, もむずかしい, もめちゃめちゃ, もめった, ももう, も人後, も働く, も出来ず, も出来ない, も出来なかった, も固, も嫁, も彼女, も必要, も意味, も止め, も物, も知っ, も知らない, も考える, も計算, も許されず, も許された, も許されない, も釣り, やもの, や音楽, よ, よりほか, よりもより, を, をおそわった, をおぼえた, をしない, をしないなら, をすすめたい, をそして, をそんなに, をば流石, をやさしく, をフト, を余儀なく, を僕, を制御, を前提, を勉強, を勧め, を同僚, を否定, を好まない, を好んだ, を妨げられた, を始め, を廃め, を強, を強制, を彼, を得, を心得, を愛する, を折, を教, を教えた, を教える, を斥ける, を欲, を知ってる, を知らない, を知らなかった, を禁じた, を禁じられ, を禁じられてる, を禁止, を罷め, を翁, を習う, を習っ, を習慣, を考える, を自ら, を要求, を覚えた, を覚えました, を許され, を避けよう, 漸く多き, 読むこと, 読んだこと, 驚くばかり

▼ 読む~ (422, 10.3%)

22 である 14 では 13 が好き 11 であろう 106 であるが 5 が本当, だから, であろうか, ですか, をやめ 4 か, だと, であった 3 さ, であったが, ですが, に骨, は無理, を見

2 [21件] かと聞いたら, が楽しく, が私, が聞こえ, だが, だそう, だろうか, でしょう, です, ですから, でも, はお, はこの, はごく, をお, をやめた, を楽しみ, を私, を聞い, を聞け, を聴い

1 [249件] おも, おやめ, かいと訊ねた, かえ, かが知りたく, かきい, かしら, かしらと怪しみおどろいた, かたずね, かと思う, かと思っ, かと思ったら, かと聞く, かね, かね何故, かも知れない, かプログラム, か今, か判断, か判然, か又は, か自分, が, がいい, がこのごろ, がすき, がずいぶん, がたいへん, がたのしみ, がだんだん, がつらい, がのろい, がほんとう, がめんどうくさく, がよろしい, が一番好き, が一番本当, が一等, が一般的, が上手く, が人生至上, が何, が何となく, が何より, が原書, が厭, が厭わしかっ, が好い, が好から, が寿阿弥, が巧, が常, が幽か, が怖い, が愉し, が愉快, が探偵, が敏く, が時間, が普通, が最上, が最大, が正当, が無理, が礼儀, が自然, が苦労, が苦痛, が近頃, が面白く, じゃない, すら勿体ない, だか, だからと, だがね, だなどと, だよ, だろうし, でありました, であります, であるから, であると, でございます, でございますか, でさえ, でした, でしょうが, でしょう三眺, でなく, でなく自分, といいまとまった, とそれ, とではおの, とではずいぶん, とでは大, とに相違, とは自, と云う, と似た, と余り, と別, と大差, と実際, と托鉢, と書く, と林泉幽邃, と比べ, と深夜人, と目, と選ぶ, なら一冊, にいい, にこれ, にその, には図書館, にも早, にや, に一生, に三時間, に何故か, に妾, に忙, に我が, に敏感, に時間, に煩, に独特, に用いる, に疲れた, に耳, に貴下, に飽きた, はあなた, はいったい, はこれ, はそれ, はたいへん, はたしか, はたのしみです, はつらい, はとにかく, はどう, はどういう, はどうせ, はなかなか, はま, はまた, はむずかしい, はやめ, はやめた, はよく, はジャンクリストフ, はタダゴト, はヤキモチ, は一番ため, は上手い, は人間業, は凡て, は分からない, は利口, は利益, は勿論, は危険思想, は君, は呉音, は多分初めて, は大人, は実に, は家常, は小説, は平常, は快楽, は怖い, は日曜, は本格物, は校正, は楽しみ, は殊, は気, は決して, は男, は目, は真に, は自由, は苦しく, は苦痛, は試験, は誠に, は読まない, は誰, は辛い, は退屈, は飜訳物, もいけない, もいや, もおもしろい, もなかなか, もハッ, もラサ府, も一つ, も一興, も主人, も二人, も同じ, も女, も好んだ, も容易, も巧い, も散歩, も気, も考える, も臭い, よ, よりも速い, をかかる, をこの, をたのしみ, をだけ姫君, をつね, をなに, をぬかし, をまった, をやめる, をよす, をわずか, をタノシミ, を中断, を億劫, を其処, を厭わしく, を厳, を好え, を好む, を小説, を平一郎, を待っ, を待つ, を忘れ, を楽, を止め, を止めた, を止めろ, を気遣う, を眺め, を置く, を聞く, を聴き, 快, 止めて

▼ 読む~ (166, 4.1%)

11 及んで 7 しても 4 堪えないもの, 至って

2 [11件] あたつ, けだし近時英国, したがって, たえない時ちゃん, つけて, 到って, 及んでは, 堪えない, 堪へないもの, 実に左, 随って

1 [118件] あらざれば, いささか文字, およんで, きのふの, きめて, この書, これは, しては, しろずっと, その初め, たえるプロレタリア文学, たえる人間, たへ, たへずと, ちがいありません, ちょうどいい, つけても, なかなかそんな, なんの, ほねの, むずかしいもの, やはり数首, イヤハヤ御, 云ふ, 云ふあり, 人の, 伊太利と, 伴れ, 似て, 価しない記事, 価する滋味, 便なる, 便に, 便利な, 便宜の, 値するもの, 先だって窺う, 六方の, 其のチヤムバーレーン, 其邦君の, 勝るもの, 及びこの, 困る, 困難は, 在て, 堪えざるもの, 堪えないこと, 堪えないで, 堪えないほど, 堪えない作品, 堪えない程度, 堪えぬ, 堪えぬまでにな, 堪えぬ新人, 堪へうるやう, 堪へず, 堪へないで, 堪へないので, 堪へぬ読, 堪へまい, 堪へられずあまり人, 大体自然の, 大抵禅子, 天下の, 如くは, 姉と, 始めに, 子珍, 孔伝を, 寝言また, 層雲, 当たりても, 当って, 当っても, 当て特に記憶, 従つて拙劣な, 従つて読んだ, 忍びない, 応文は, 恐ろしい事柄, 慣れて, 慣れぬしろうと, 数週間かかった, 文字を, 最も都合, 最小限必要だ, 本あり, 此の, 決って, 独逸の, 相違ない, 粋の, 耐えないもの, 至ったの, 至ったもの, 至った実例, 至った本, 至った来歴, 至ってその, 蜀王が, 見えず大いに, 詩に, 起因し, 越したこと, 足らない, 足るだけの, 足るべきもの二, 足る十篇, 輓近エスキモ人が, 過ぎない, 過ぎないとも, 道衍が, 違いない, 都合の, 難くない, 雨声虫語と, 頼山陽の, 骨は

▼ 読むよう~ (162, 4.0%)

20 になった 8 になっ 6 にしなけれ 5 になりました 4 なもの, な気, にする, になり 3 に, にした, になる 2 である, なふり, な心, な気持, な調子, にしたい, に心掛けね, に成った

1 [82件] すすめ合おう, だったので, でございますのね, なあんな, なこと, なふう, なまだ, なむずかしい, なやさしい, なる仮名書, な人, な医者, な口調, な呑気, な味, な声, な情けない, な感, な本, な機会, な気取り, な気忙し, な無定見者, な生, な目つき, な眼つき, な眼遣い, な積り, な節, な簡単, な考え, な表, な表情, な言, な連想, にあちこち, にお, にし, にしかも, にじっと, にすぐ, にすすめた, にすっかり, にすれ, にと一冊, になさい, になったら, にはよく, には読め, にぼんやり, にまた, にまわりくどく, にもう, にわかる, にエマーソン, にスラスラ, に云っ, に全国, に写, に努めなけれ, に努力, に命ぜられた, に命令, に導い, に心がける, に指, に書い, に朗, に漫然と, に目, に眼, に節, に系統的, に聞えます, に聞かせた, に詳細, に読みくさる, に読み出す, に赤い, に非常, に顎, に願

▼ 読むもの~ (120, 2.9%)

3 がある, がない, の心 2 がなく, だ, であるという, では, はその, は何びと, は読書家

1 [97件] か, かと考えられるだろう, かね, があった, があります, がその, がどう, が多い, が殖え, が直接, が第, が舌頭, たれか, だから, だけはある, だと, だよい, であ, であり戯曲, である, であるかの, でいわゆる, でこうして, です, でないこと, でも, でも読ん, で見るもの, としてはあり, としてわたしたち, とすれ, と云う, と心, と思っ, と見, などとも別段, なら横文字, にあっ, についてすこし, にとってはかえって, にとつて, にはおのずから, にはちょっと, にもリンディー, に一つ, に事, に何, に決して, に課せられた, に迫ります, のひとつ, の以外, の傷心事, の気持, の目, の誰, の馬鹿, はありません, はいかに, はきわめて, はそこ, はたか, はない, はまた, は休みました, は何人, は偽っ, は妙, は小さな, は少数, は屹度自分, は必ず, は文字, は新作小説, は決して, は演説中, は猶, は知っ, は西洋人, は読ん, は講談, もありました, もある, もつまらないだらう, もない, も持っ, らしい, をし, を入れ, を夢心地, を手招き, を是非自分, を楽しませる, を殺せ, を精密, 又は聞いた, 訳するもの

▼ 読む~ (115, 2.8%)

6 の心 2 がある, がない, だと, によつて, のため, はその, は誰, もある

1 [93件] が, があった, があったなら, があつ, があるいは, がいる, がそんな, が何, が小説, が文, が有る, が猶, が眠気, その心して, であったら決して, であつ, である, でも外国語, で蘭文, とあれ, といったあんばい, と劇, なんか無い, にもおもしろく, にも平気, にタッタ二冊, に作品, に分らせる, に分る, に書こう, に相当, に頼む, のこと, のなか, のなくなった, の一人一人, の人格, の体験, の参考, の受用, の喜び, の小生, の当面, の心持, の感興, の成長, の手引, の教養, の数, の直ちに, の眼, の胸, の自発的, の視角, の読み方, の誰, の随意, の面影, の顔, はあまり, はありがたがる, はことごとく, はこの, はごく, はそれでは, はただ, はほうぼう, はみな驚き, はやはり, はわたくし, はロシア人, は他人, は多く, は少数, は怖, は既に, は考え, は英国人, は軽く, は非常, への意味, も, もなる, もみんな, も多い, も少く, も後, も整理, も違おう, をあまり, をし, を感動, を持つ

▼ 読むという~ (85, 2.1%)

20 ことは 10 ことが 4 ことである 3 ことにも 2 ことも, のは, 必要は

1 [42件] ことさらにまた, ことであり, ことでなけれ, ことと共に, ことに, ことについての, ことにのみ, ことの, ことを, こと或は, のであった, のである, ふうな, 事が, 事に, 事は, 人洋学に, 余り柄にも, 動作を, 善い習慣, 場合には, 娘は, 寸法である, 小さな会, 手が, 時代に, 有様である, 様な, 活動の, 活動自身に, 無限の, 目的で, 目的よりは, 結構な, 習慣は, 訳です, 話です, 調子です, 輪廓だけしか, 途を, 隠語などを, 風でも

▼ 読む~ (80, 2.0%)

6 が出来た 5 が出来る 4 にし 3 が出来ない, が好き 2 を知つて

1 [57件] がある, ができた, ができなくなる, が出来なかった, が出来よう, が厭きた, が可能, が既に, が最, が自慢, さえ出来ず, さえ禁ぜられ, だば, と書く, などは出来ぬ, にした, にしたら, にしよう, になった, にまだ多少, に重き, に飽きざる, のできなかった, のできる, のみには限らざるべし, の代り, の価値, の出来ない, はない, はなるべく, はもちろん, は出来ない, は出来ないであろう, は楽しみ, は殆ど, は落つい, は読み通す, もありました, もどう, も何, も出来, も出来ません, も好き, も文章, も許され, や色々, を好まない, を好まなかった, を好みけれ, を好みた, を得, を止められた, を知らない, を約束, を覚えた, 能わず書く事, 誠に難く

▼ 読む~ (66, 1.6%)

9 をし 3 はその 2 があったら, の心, の趣味

1 [48件] がその, がない, が一人, が二人, が五人, が五十人, が真面目, が知っ, が自由, では, とては一人, と読ます, にた, にとつ, に何, に作者自身, に向っ, に感銘, に自分, に苦渋, のなかっ, の尠, の年, の心しなけれ, の心得一つ, の手, の熟知, の生じた, の胸, の間, はあるまい, はトラクター, は亦, は僕, は夫妻, は比較, は漢籍, は精神未熟, は鴎外, もなけれ, もまた, も亦, よろしく推量, をどしどし, を打たず, を雇う, 強ち, 聞く者

▼ 読む~ (65, 1.6%)

6 がしない 5 になれない 3 にならない 2 がしなくなった, になった, になつ, になる, になれなかった, にはなれない, にもならなかった, はしなかった, もなく

1 [33件] がし, がした, がしなくなる, が起らなかつた, さえ起らなかった, では, で見た, で隣家, などはなかっ, ならわたし, なら貸して, になっ, になどはならない, にならず, にならなかった, になれず, にはなれなかった, にもならず, にもならない, にもなれず, にもなれなかった, に成つた, のしない, はしない, はない, もしない, もしませんでした, もない, もなくっ, もなし, も出ぬ, も起らず, 出ず

▼ 読むため~ (59, 1.4%)

4 のもの 2 に一役

1 [53件] しがないので, だったん, だ本, であった, であつ, とばかりは考えない, に, にこれ, にごく, にすでに, にである, にどういう, にのみ書かれた, にはじめて, にはテープ, には既に, には書物, には相当, には緩やか, には賛成, にひざまずかなけれ, に一つ, に上陸, に休み, に卓上, に問題用紙, に夫婦, に室, に彼, に拵え, に持つ, に携, に書かれ, に書かれず, に書かれね, に殿下, に気, に温泉, に目, に立ちどまった, に網棚, に自分, に要求, に読まず, に買う, に電燈, の, の役人, の戯曲, の童話, の英語, ばかりで, ばかりでなく

▼ 読む~ (56, 1.4%)

3 にはこの 2 にも始終

1 [51件] があったら, が来る, この一作, そういう興味, その文字, たといそれ, だけしか眼鏡, だけ懸ける, になつて, にはほとんどいつも, には何人, には作家, には出来得べくん, には可, には声, には多分, には浮ばない, には間違う, にも案外, にわずか, にわれ, に今, に唇, に唱える, に小説, に快い, に於い, に明白, に若し, に起る, に音, に風呂敷包, のやう, の小谷さん, の感官的活動, の様, の気持, は, はわれわれ, は上衣, は多少, は屹度, は既に, は百何人, は芸術, ほど児玉, ほど堪へ, もある, もそんな, よりも一生懸命, 最も注意

▼ 読む~ (54, 1.3%)

4 でも 2 がいかに, と書く

1 [46件] からいへ, があたり, がかえって, がどれ, がまだ, がよう, がよほど, がより, が労, が同じ, が好き, が恥, が悪い, が愉し, が要領, が適切, が面白い, でつまらない, と知得, にも参与, にも悩み, に楽, に気, に耽っ, に耽つ, に骨, のこと, のみで, の人, の力, の勝手, の愛書家, はおのずから, はペコペコ, は筆者, は面白い, はABC, ばかりであった, もそこ, もそんな, もちつとは, も共に, も書く, も食う, をすゝめ, を廃

▼ 読む~ (47, 1.1%)

7 いい 3 よい 2 よかろう, 僕が

1 [33件] いいか, いいと, いいとかいう, ええ, かかる小説, こっちの, この辺, ごときこれ神知, ごとき話し振り, そして面白い, それは, ちっともえろうならん, どんな本, ものは, よい二度, よい買う, ようだった, よろしい, 何んな, 善かるべし, 均平が事件の, 好で, 如き思い, 如き感, 如き有様, 如き面白味, 如く, 如くに, 如く云った, 故である, 日本の, 狸に, 詩も

▼ 読む~ (39, 1.0%)

6 です 5 だ, だから 2 だろう, でしょう, ですか, ですもの

1 [15件] じゃあどうせ, じゃア, だか, だからな, だぜ, だそう, だね, だよ, だろうと, ですぞ, ですな, ですね, ですよ, で吾儕, や

▼ 読む~ (39, 1.0%)

3 もない 2 でもない, は何と

1 [32件] がある, がなくなっ, がなくなった, がなくなれ, で一番, といふより, との間, とを選りわけ, なら感激, にある, になっ, に釘一本, のなか, の内容, の番号, の種類, の重, は, はある, はいつか前, はなく, は一冊, は英雄的, までなく, もなし, をあげよう, をもっ, を数, を用意, を読む, を読むべきで, を買いつけ

▼ 読むには~ (38, 0.9%)

3 読んだが

1 [35件] その人, ちょうど手頃, どんな歌, まず丹道, もって, やっと読みえた, よみますが, よむが, 一生が, 一番不, 上衣を, 不適当, 余り惜しく, 値しない誰, 全く不, 別に漢字仮名, 励みが, 十分ばかし, 堪えないの, 堪えまいと, 少なくも二十四時間, 殆ん, 確かに, 自分自身に, 英和の, 行の, 語学の, 読んだ, 読んだん, 読んで, 読んでも, 適して, 適しません, 面白いの, 骨格肉付きの

▼ 読むとき~ (36, 0.9%)

1 [36件] いかにも敗れたる, だつて, でも私, にいつも, にじつに, にその, には, にはみんな, には一廉, には亡ぼされた, には読む, には顔, にもやはり, にも全, によく, にわれわれ, に思え, に着る, に頭, のよう, のイメージ, はこういう, はこの, はすべて, はそれ, は一たいこんど, は其中, は必ず, は決して, は犬, は狐, は金色光, ばかりは見, もっとも強烈, よく意味, 若い世代

▼ 読むにも~ (31, 0.8%)

4 書くにも 2 走るが

1 [25件] おのずから何, それに, たえぬ, ほぼ日本, また近代, もはや懸念, ソフォクレエスを, ダンテを, ピンダロスや, 一千頁は, 人に, 勝る恐るべき, 勝る懊悩, 及ばず近く朋友共, 増して, 学校に, 数か月かかっ, 此境地が, 申し分ない, 考うる, 英訳の, 診察的な, 軽量で, 道程に, 頭や

▼ 読む~ (29, 0.7%)

3 書くか 2 聞くか

1 [24件] うまい酒, さもなく, そうしたゆとり, その感想, でなければ庭, どうか, どうかといふ, びくびくし, または外, または黒猫, 何か, 判らぬ新字, 字を, 或は歩く, 日記を, 明でない, 書見に, 熊の, 知れませぬ, 紅茶でも, 訣らない, 読まないに, 読まぬか, 読まぬに

▼ 読む場合~ (29, 0.7%)

2 その中, と違つて, 勿論私

1 [23件] がある, と, と殆ど, にいかに, においてそう, にさ, にどう, には, には十年, にもその, にもつ, にも成, にも芸術的趣味, に一番気, に作者, に想像力, に比し, に浮び出し, に用いられる, に禅宗, の感じ, もある, 特に注意

▼ 読むから~ (24, 0.6%)

2 である

1 [22件] お聞きなさいまし, こんなこと, そういうこと, そうなる, それが, そんな事, だ, だと, ねむれない今夜, やって, よく書け, よく聞い, 君の, 妙だ, 昔でも, 構わぬと, 皇海を, 相違した, 私も, 筋なんか, 聴いて, 面白い

▼ 読む人々~ (21, 0.5%)

2 が健全, の心

1 [17件] が自分たち, に特に, のため, の作家的主観, の便宜, の態度, の箇性, の総て, の頭, はいつたい, は先ず, は自分, への注意, もかく, も恁, や解釈, よあながち

▼ 読むといふ~ (19, 0.5%)

3 ことが, 事は 2 ことは

1 [11件] ことで, のは, やうな, わけで, 人は, 努力を, 彼我二人の, 思ひが, 手は, 手も, 智慧が

▼ 読むので~ (19, 0.5%)

2 なしに, 本屋の

1 [15件] あつた, あらうか, きき覚えて, そりは, どうかし, みずから考え方を, 一般には, 今の, 何れも, 前, 動も, 困ります, 多くの, 御暇, 解らぬ所

▼ 読むほど~ (19, 0.5%)

2 考えれば

1 [17件] おそろしいやつ, おもしろい本, おもしろさ, おもしろみ, なるほどそう, ふしぎだらけである, よろしいに, 企業者としては, 判らなくなるので, 利益が, 味が, 底の, 愉快である, 敬服させられる, 訳語を, 頭が, 黄河という

▼ 読むやう~ (19, 0.5%)

2 な口調, になつ

1 [15件] でございますのね, な信頼, な同感, な塩梅式, な小さな, な感, な感じ, な文学, な調子, に, になつかしく, になり, に勝手, に眺め, に見た

▼ 読む機会~ (19, 0.5%)

3 があった 2 を得た

1 [14件] があっ, があり, がある, がない, がなかつた, がもし, が多い, が多く, に出会さない, のない, はなかつた, を失っ, を得ず, を持ちたい

▼ 読むたび~ (18, 0.4%)

2 にあかず, にその

1 [14件] にいつも, にこの, にひたすら, にわたし, に僕, に出し, に土民, に左, に心, に此子供, に私, に舞台, に色, カンカンに

▼ 読むだけ~ (18, 0.4%)

2 では

1 [16件] だ, だと, だろう, である, でいい, でここ, ですのよ, で十日, で道, なの, ならば, なら田舎, 余計な, 無益である, 良い, 苦痛を

▼ 読むよりも~ (18, 0.4%)

1 [18件] その逸話, ために, シェークスピアか, ハシヒトと, 一冊の, 下手でも, 例えば三田村四郎氏, 先に, 写真に, 却って楽しく, 支那の, 無駄な, 物語聞く, 狭く深く読む, 立派な, 絵画の, 考へるよりも, 見るはうが

▼ 読む必要~ (18, 0.4%)

8 がある 4 はない 2 もない 1 がなかっ, が起り, のある, はありません

▼ 読むとか~ (16, 0.4%)

1 [16件] あるいは内職, この人, または新体詩, イプセンを, ジイドの, ストリンドベリイを, 似非風流に, 作るとか, 字を, 学問を, 新聞を, 本を, 汽車の, 眼の, 編物を, 読まないとか

▼ 読むより~ (16, 0.4%)

2 ほかは, 外は, 戦争に 1 ずっとおもしろい, ほかに, まつたく作者, 他は, 外しかたが, 外に, 外の, 得る処, 火に, 筆に

▼ 読む~ (16, 0.4%)

2 がない, もない

1 [12件] がありますまい, がなかっ, がなかつた, がなく, が有ったら, だってありません, はない, もありゃしない, もなかっ, もねえ, も無, も芝居

▼ 読むうち~ (15, 0.4%)

1 [15件] にいつ, にそう, にはなど, にもう, に人生案内, に何, に何ん, に彼, に持っ, に日, に疲れ, に読み, に読み終った, に辛抱強く, に馬庭

▼ 読むごと~ (13, 0.3%)

2 にこみ上げ

1 [11件] にいつも, にきれい, にそこ, にその, にわたくし, にロシア, に大正, に心平, に浪子, に物, に薔薇

▼ 読むだけの~ (13, 0.3%)

2 本を

1 [11件] ことな, 価値は, 光が, 力が, 力も, 気力も, 気持の, 素養などは, 話で, 違いである, 隙が

▼ 読むとも~ (12, 0.3%)

3 なしに 2 なく読み終る, なく読ん 1 なく二三行目, なく想う, なく読みあげ, なく読む, 読まないとも

▼ 読む~ (12, 0.3%)

1 [12件] いかに自分, にその, にどうして, にほ, に今日, に味, に土屋, に岸本, に感嘆, に涙ぐん, に瞼, に自分

▼ 読むつもり~ (11, 0.3%)

1 [11件] だ, だろう, であったの, でじゃあ, でせう, でもっ, で二三枚, で決心, にし, の書籍, らしくて

▼ 読むところ~ (11, 0.3%)

1 [11件] が好き, が無い, だけの頁, であった, でまあ, となる, の如く, の書, はた, をお, を指

▼ 読む~ (11, 0.3%)

1 [11件] がきこえ, がする, がちゃんと, が続い, が聞えました, さえ通りがかり, に聞き惚れ, は段々, は荒々しく, は隣席, も聞こえませんでした

▼ 読む~ (10, 0.2%)

1 づはないとよく解つてゐ, また更に, 何ぞや, 取りも, 左までの, 憂患の, 毎朝の, 無為の, 第一, 随分辛い

▼ 読むほどの~ (10, 0.2%)

1 人々は, 人で, 人間に, 余裕は, 余裕を, 冒涜は, 少年諸子には, 書も, 者は, 趣味と

▼ 読む~ (10, 0.2%)

1 あり酒, その心事, その意義, また不都合, よからう, 亦思ふ, 懶し来客, 書くも, 涙, 読まぬも

▼ 読む~ (10, 0.2%)

1 好みたまわぬも, 常と, 得, 得べし, 怠らないの, 緊務と, 聞いて, 聞き古今, 聴きつつ, 要する

▼ 読む~ (10, 0.2%)

2 と読んだ 1 から分りきった, から自分自身, すでにいかに大いなる, にこれ, にすでに, にその, の彼女, の著作

▼ 読む読者~ (10, 0.2%)

1 がふえた, のほう, の半数, の心, の心理, の数, の試案, の質, は彼女, も成るべくなら

▼ 読むなり~ (9, 0.2%)

2 して 1 どうなり, 一寸した, 勝手に, 古義, 御自身, 自分も, 見るなり

▼ 読むひま~ (9, 0.2%)

3 も読む 2 がなかっ 1 があったら, さえもない, なんか無い, はなかつた

▼ 読む~ (9, 0.2%)

1 がありません, があれ, がなかつた, さえあれ, では実に, のある, は少しく, は自, を失わぬ

▼ 読む~ (9, 0.2%)

4 あり 1 のひと, の人, の後, は多けれ, をそれ

▼ 読む時間~ (9, 0.2%)

1 がない, さえ出, と場所, にひと切り, のない, も沈思, も金, を与える, を遠慮

▼ 読む勇気~ (8, 0.2%)

2 がない 1 がなくなる, と時間, はない, もなく, も出ない, を鼓舞

▼ 読むその~ (7, 0.2%)

1 傍で, 味は, 声は, 少数の, 智慧でなけれ, 特殊な, 脚本の

▼ 読むだけで~ (7, 0.2%)

2 沢山だ 1 その外, へとへとに, 好いから, 書くこと, 訳が

▼ 読む~ (7, 0.2%)

1 あらうし, 一刻前泣いた, 一時が, 日を, 置けばよ, 行けば, 見るだけは

▼ 読む~ (7, 0.2%)

1 なお心, 否や, 矢も, 紙面に, 罪と, 花の, 躍るや

▼ 読む~ (7, 0.2%)

1 があらう, がどこ, でアイツ, で断食, と書いた, は直ぐ, を殺す

▼ 読む~ (7, 0.2%)

3 にし 1 な目, になった, に楽, を眼

▼ 読む~ (7, 0.2%)

2 で言論, のない 1 がない, だった紀行, の幾ページ

▼ 読む習慣~ (7, 0.2%)

2 になっ 1 がつい, を作る, を持ち始め, を附け, を養わなけれ

▼ 読む~ (7, 0.2%)

1 なかりしを, にも幾度, に女, に米, もなから, も待たず, も御

▼ 読むばかり~ (6, 0.1%)

2 では 1 いけません, です, でそれ, で何

▼ 読むほう~ (6, 0.1%)

2 が悪い, では 1 がずっと, がどれ

▼ 読むわけ~ (6, 0.1%)

2 には行かない 1 にいかない, になる, にも行きますまい, はない

▼ 読む~ (6, 0.1%)

1 での不便, にその, にのみ求めん, には必要, にも仕事, の調子

▼ 読む~ (6, 0.1%)

2 の事 1 なら, に過ぎなかった, のもの, ゐの

▼ 読む~ (6, 0.1%)

1 がある, なら何, のない, はない, よりも食し, 書くもの

▼ 読む興味~ (6, 0.1%)

1 などから離れた, もまったく, も全く, を倍加, を持っ, を起した

▼ 読む~ (5, 0.1%)

1 つき合いを, 経の, 経は, 経を, 軽も

▼ 読むかと~ (5, 0.1%)

1 いえば, いふと, 思いの外彼は, 思うと, 思ったら四つ

▼ 読むなんて~ (5, 0.1%)

1 そんなシニスム, まだそんな, 初耳だ, 天下の, 失敬だ

▼ 読むふり~ (5, 0.1%)

5 をし

▼ 読むもん~ (5, 0.1%)

1 じゃありません, じゃない, じゃア, だから, ですよ

▼ 読む~ (5, 0.1%)

2 の人 1 にならざる, は句ごと, もない

▼ 読む手紙~ (5, 0.1%)

1 かな, に聴き入っ, の内容, もことごとく, も読む

▼ 読む書物~ (5, 0.1%)

1 のない, の沢山, は皆, もそれ, をもっ

▼ 読む~ (5, 0.1%)

3 がある 1 がつい, を棄てない

▼ 読む真似~ (5, 0.1%)

4 をし 1 をした

▼ 読むかも~ (4, 0.1%)

1 しれないが, 知れずカロリーネ, 知れないが, 知れないといふ

▼ 読む~ (4, 0.1%)

1 もう少しも, 漫然とした, 私自身も, 稀に

▼ 読む~ (4, 0.1%)

2 又そんな 1 ア, 聴くな

▼ 読むに従って~ (4, 0.1%)

1 彼の, 拙劣な, 読んだ事, 飛び出して

▼ 読むのに~ (4, 0.1%)

1 あの洒落もの, かなり多く, 彼も, 運を

▼ 読むひと~ (4, 0.1%)

1 がある, にし, は評論, もあるだらう

▼ 読む人間~ (4, 0.1%)

1 が人間, だと, の内, の号外

▼ 読む余裕~ (4, 0.1%)

1 が欲しい, なんてあり, はなかっ, を与える

▼ 読む~ (4, 0.1%)

2 の書 1 ではなくし, は玉田氏著

▼ 読む根気~ (4, 0.1%)

1 はない, はなく, はもつ, をもたないなら

▼ 読む~ (4, 0.1%)

1 に, に必涙, に未だ嘗て, に語中

▼ 読む~ (4, 0.1%)

4 をつける

▼ 読む義務~ (4, 0.1%)

2 はない 1 を, を負わせる

▼ 読む~ (4, 0.1%)

1 と同じ, には細心, にも教師, に読者自身

▼ 読む雑誌~ (4, 0.1%)

1 でも買おう, にいきなり, にはかなり, もなけれ

▼ 読む~ (4, 0.1%)

2 には私 1 には感動, はもう

▼ 読むかという~ (3, 0.1%)

1 ことを, 問いに対しては, 大切な

▼ 読むけれども~ (3, 0.1%)

2 あの御方 1 昔は

▼ 読むしか~ (3, 0.1%)

1 ないもの, ないよう, なくなって

▼ 読むそう~ (3, 0.1%)

1 であるが, な, 考える作者

▼ 読むそして~ (3, 0.1%)

1 まづ, 宿の, 読経しづかに

▼ 読むだけが~ (3, 0.1%)

1 そして飲む, 学問では, 能では

▼ 読むとしても~ (3, 0.1%)

1 主人公の, 仮りに, 私の

▼ 読むと共に~ (3, 0.1%)

1 その中, 他の, 俄に

▼ 読むなと~ (3, 0.1%)

1 いうん, いふと, いわれたら恐らく

▼ 読むにつけ~ (3, 0.1%)

1 あざやかな, 万事に, 自分自身に

▼ 読むのみ~ (3, 0.1%)

1 だつた, では, ならず後世

▼ 読むはず~ (3, 0.1%)

1 がありません, で読めなかった, のない

▼ 読むほか~ (3, 0.1%)

1 にはない, に策, に素子

▼ 読むよりは~ (3, 0.1%)

1 やはりチェホフ, 今日, 耳で

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 には又, にまざまざ, に喜怨色

▼ 読む代り~ (3, 0.1%)

1 にいつか, に他人, に見る

▼ 読む以外~ (3, 0.1%)

2 に仕方 1 に術

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 で, のすぐれた, の人

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 きである, く彼女, し

▼ 読む小説~ (3, 0.1%)

1 だけに川口, である, であると

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 の不幸, の信念, の純

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 が思わず, もふるえ, を休め

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 から向, にまでそんな, のよう

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 があったら差し出せ, にもあまり, の声

▼ 読む理由~ (3, 0.1%)

2 があった 1 になる

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 がある, であった, はただ

▼ 読む~ (3, 0.1%)

1 にはやつぱり読書, のやう, の眼

▼ 読む自分~ (3, 0.1%)

1 で読む, の方, を見出す

▼ 読む訓練~ (3, 0.1%)

1 があつ, が或, のある

▼ 読む資格~ (3, 0.1%)

3 がない

▼ 読む順序~ (3, 0.1%)

1 には自我流, のシステム, は独断的

▼ 読むかたわら~ (2, 0.0%)

1 に消え, 判りも

▼ 読むくらいの~ (2, 0.0%)

1 意気込で, 知識を

▼ 読むこと五~ (2, 0.0%)

1 返であったけれども, 返釈迦

▼ 読むこと鏡~ (2, 0.0%)

1 にかけ, のごとく

▼ 読むこれ~ (2, 0.0%)

1 が僕, と並ん

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 その代わり君ら, へ忌

▼ 読むそば~ (2, 0.0%)

2 に若し

▼ 読むそれ~ (2, 0.0%)

1 は判らん, は碧巌録

▼ 読むたんび~ (2, 0.0%)

1 この作者, に新

▼ 読むだけでも~ (2, 0.0%)

1 充分に, 独逸的軍隊教育の

▼ 読むだけに~ (2, 0.0%)

1 止まるという, 止まるならば

▼ 読むだけは~ (2, 0.0%)

1 最後まで, 読んだところ

▼ 読むとき何~ (2, 0.0%)

1 がその, にたとえん

▼ 読むとて~ (2, 0.0%)

1 万葉もどきに, 短冊片手に

▼ 読むとは~ (2, 0.0%)

1 ひとり日本, 言わなかった

▼ 読むどうも~ (2, 0.0%)

1 具合が, 翻訳は

▼ 読むなど~ (2, 0.0%)

1 して, 出来ない

▼ 読むなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 馬鹿な

▼ 読むにあたって~ (2, 0.0%)

1 もう一つ大切, われわれの

▼ 読むのみを~ (2, 0.0%)

2 もって

▼ 読むばかりが~ (2, 0.0%)

1 学問では, 自分に

▼ 読むまで~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 知らなかった

▼ 読むまでは~ (2, 0.0%)

1 安心しなかった, 恐らく馬琴

▼ 読むまでも~ (2, 0.0%)

1 なく神尾主膳, なく私

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 でございますかねえ, では

▼ 読む井師~ (2, 0.0%)

1 の一面, の見識

▼ 読む人人~ (2, 0.0%)

1 の知つて, はみな私

▼ 読む代わり~ (2, 0.0%)

1 にさ, に自分たち

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 であったから, にならっ

▼ 読む先生~ (2, 0.0%)

1 の癖, を見詰め

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 にそんな, に何処

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 にかわり, も分り

▼ 読む地名~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ 読む場所~ (2, 0.0%)

1 のスペース, もこんなに堂々

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 が訪れ, などをかしかりける

▼ 読む学力~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 読む徒読~ (2, 0.0%)

2 にあらず

▼ 読む心地~ (2, 0.0%)

1 さえする, で遠い

▼ 読む心持~ (2, 0.0%)

1 あり, のあり

▼ 読む心持ち~ (2, 0.0%)

1 が小説その他, と根本的

▼ 読む愛読書~ (2, 0.0%)

1 をもたない, をもたぬ

▼ 読む態度~ (2, 0.0%)

1 もその, を急

▼ 読む放哉坊~ (2, 0.0%)

1 が死生, はよい

▼ 読む方々~ (2, 0.0%)

1 にこんな, に断わり置く

▼ 読む時彼~ (2, 0.0%)

1 が生き生き, はどんな

▼ 読む機能~ (2, 0.0%)

1 を一歩, を問題

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 がつくられはじめた, は急速

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 が幾度, はある

▼ 読む短篇~ (2, 0.0%)

1 なぞの方, にならなく

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 の熱, は日

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 のなかつた, を知つて

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 ができます, もできる

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 では, には行きません

▼ 読む~ (2, 0.0%)

1 としてもある, の初頭

▼ 読む~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 読む青年子女~ (2, 0.0%)

2 が猥セツ

▼1* [393件]

読むひだは, 読むあまり面白くない, 読むあれやこれ, 読むいつ読んでも, 読むいろんなものについて, 読むいわゆる愛詩家および, 読むうち私の顔, 読むうまいことは, 読むうまくないがっかり, 読むおしまひの方, 読むおもしろさは, 読むおもしろいけれどどことなく, 読むお方にも退屈, 読むかぎりの人みんな, 読むかとも目を, 読むかにいたっては, 読むかのように, 読むかは読者の, 読むからと言ったところ, 読むからという理由で, 読むからには判るだろう, 読むからばかりでないどこ, 読むかを予め考へ, 読むくせにいや, 読むくだりは例, 読むくらいでその, 読むぐらいなこと, 読むぐらいが関の山です, 読むぐらいの事は, 読むぐらゐで日本人の生活, 読むぐらゐで此の草双紙, 読むぐらゐのことならば何もわざ, 読むけれどそれさえも, 読むこいつは読ん, 読むことあれこれのこと, 読むことこれを繰り返し, 読むことさへできた, 読むことぢや, 読むこと原稿を書く, 読むこと寸に盈ち, 読むこと指を大変, 読むこと数年であつ, 読むこと無用である, 読むこと皮相な知識, 読むこと蓮華床にし, 読むこと詰碁詰将棋をとく, 読むこと銀行や会社, 読むさえ忌わしい談, 読むさえも許されずその, 読むさ君は声, 読むすると彼女は, 読むせきもない, 読むそれから彼は, 読むだに総毛立つよう, 読むだり耕作し, 読むってむずかしいこと, 読むつなぎに言ってる, 読むつまらなくて弱った, 読むつもり書物は同時に, 読むではBELPでは, 読むといった法体の, 読むとかいうので, 読むときわたしたちは手記そのもの, 読むときわれわれは異様, 読むときフェリクスがあまり, 読むとき季題という言葉, 読むとき真理王国建設の情熱, 読むとき納得しないわけ, 読むとき革命議会の最後の審判, 読むとこがない, 読むとさつぱり見当がつかぬ, 読むとしてその小説, 読むとでも思われて, 読むとなまいき, 読むとね母様の, 読むともすれば昨夜の, 読むどころの沙汰, 読むどころか表紙を, 読むどの位涙を, 読むなかれといふ, 読むなどはあり得ない, 読むなどを参考し, 読むについて何か, 読むについての態度を, 読むについても一つ考え, 読むにつれて昔の, 読むにでも食事の, 読むにゃ重くって, 読むに当たってその記述, 読むに際しいまだ一, 読むそれは, 読むのこれあ, 読むの作あり中, 読むの修業として時として, 読むの外又他意, 読むの後猶卿等, 読むの思いがある, 読むの書経を読む, 読むの業はきわめて, 読むの楽みに, 読むの機会が多く, 読むの眼に訴, 読むの習癖を馴致, 読むの自由を持て居ます, 読むの術を解せしめたい, 読むはじめの図書館, 読むあいは, 読むばかりか際どいこと, 読むばかりじゃあない, 読むばかりで満足し, 読むひとたちもまた, 読むふうをし, 読むふとどきな, 読むまあさう云, 読むまた禅宗の, 読むまだそれは, 読むまでと読後とでは, 読むまでに私共が, 読むものすべてはっと魂消した, 読むものすべてはつと魂消した, 読むよい本だ, 読むよしもない, 読むよみかたと, 読むよりか僕が, 読む頂戴よ, 読むわたしたちに滑稽, 読むアンリエットは渦巻く, 読むヒマもない, 読むフアウストを軽蔑, 読むフロラの表情, 読むモウパツサンはわるく, 読むレーニンの写真, 読むロハだ, 読むと通り, 読む一つの興味, 読む一人は写す, 読む一向に原作を, 読む一時間三十ページの割合, 読む一時間百頁のスピード, 読む一種の困難, 読む一般人の表情, 読む万葉仮名のたくさん, 読むけのとし子, 読む世界と遠く, 読む世話をし, 読む久々でたんのう, 読む了見もない, 読む予定だから, 読む事位は私, 読む事数行にし, 読む二・二六事件の記録, 読む二宮金次郎までがカンコ, 読む亡き常夏君を, 読むの中, 読む人それで指揮, 読む人たちの中, 読む人口は全, 読む人幸ひに, 読む今日は妙, 読む今月はもう, 読む仕事だけが残され, 読むの女, 読む以上に買わね, 読む以前既に読者, 読む仮名ばかりのもの, 読むや文化サークル, 読む伝記も読む, 読む伸子にとっては素子, 読む便宜をもっ, 読む働きであり読む機能, 読むが夜明けごろ, 読む先づ役には立つ, 読む先聖古徳の行持綿々密, 読む公案である, 読む六年前二年前そして今日, 読む共に感心せず, 読む内天暗く暴風至り戸, 読む内容などには頓着, 読む内閣改造問題で賑やか, 読む努力を続ける, 読む勉強をヘビー, 読む十分の一の読書, 読む参列者が万歳, 読む参考として極めて, 読む眼が, 読む可らず, 読む可能性はない, 読む合図をする, 読む同学の読者, 読む吸収力が加速度, 読む哲学書も読む, 読む善助の日やけ, 読む喜びを知る, 読む困難を避け, 読む図書館のよう, 読む堅苦しさを, 読む場合以上の点, 読む場合専門の特別, 読む場合小説を読む, 読む場合自分の今, 読む声鈴を振る, 読む外国の本, 読む多くの文字, 読む多数者のこと, 読む夜半の, 読む夜長かな, 読む大してよくはない, 読む大丈夫である, 読む天窓のてらてら, 読む夫人は朝寝, 読む夫婦の者, 読む奴スケッチに行く, 読む好奇心といや, 読む始末だ, 読むを震撼, 読む婦人公論も, 読む子供の声, 読む子供漫画が廃, 読む子供達は屹度僕, 読むはわかる, 読むを求める, 読む学者だ, 読む実に浅い見地, 読む実際戦争の, 読む害毒よりも探偵小説, 読む家植木が好き, 読む寂しい小説だ, 読む小国英雄近頃の傑作, 読む小説本とやらいう, 読む小野さんといふ著者, 読むから弟, 読むはただ, 読む尼君達さえ立派, 読むの中, 読む山間の模範少年, 読む工夫をした, 読むの一節, 読む常識読本とでもいはう, 読む年来の愛読誌, 読むな心, 読む度ごとに自分, 読む度毎に新た, 読む弁慶の像, 読む徳安爆撃同乗記に心, 読むにて記憶, 読む心理にこういう, 読む忍耐力のある, 読む快楽はここ, 読む思いがした, 読む悠長をもたぬ, 読む悪いもので, 読む悪文で楽しめない, 読む惟然坊句集も面白く, 読む意味であり広く, 読む感じで唱, 読む慣習の人, 読む我々はこ, 読む我心似秋月, 読む戯曲的排置にする, 読む所謂愛詩家及び自己, 読む手数を省く, 読む振りをし, 読む政治家がエライ, 読む故に字に, 読む教科書以外は目, 読むに止まる, 読む数字が聴き取れない, 読む文字が水, 読む文学の消費者, 読む文章もムツ, 読む斉藤内閣が総, 読むの如く, 読む新聞を切り抜く, 読む新聞小説では前後, 読む新聞紙ははじめ, 読む新聞誰でも聴く, 読む方専門にしました, 読む方法がございます, 読む日数積りていつの間にか, 読む日本の若い, 読む明りに窮, 読むさがり, 読む時これら二人の人物, 読む時一番困つたの, 読む時以外は老眼鏡, 読む時次第でをかしく, 読む時諸君の胸, 読む時露骨に嫌悪, 読む書籍彼の書く, 読む最も熟す, 読むの午後, 読む朗誦はますます, 読む完成半分だけ, 読む札幌小樽の新聞, 読む杉本中佐寺原少佐の純真, 読むを励め, 読む楽しみに胸, 読む機械も日進月歩, 読む次郎吉の声, 読む欲求というもの, 読む歌書なぞを自分, 読むになる, 読む気力もなく, 読む気持さえも削い, 読む気風が流行, 読む淫売なぞに特に, 読む渋い殆ん, 読むにはそれ, 読む無慮三千句そのうち, 読む牧水の紀行文集, 読む物語の味いも, 読むもあらず, 読む画家の代表, 読む白痴のケティ, 読む百冊の本, 読む直前まで気がつかなかった, 読む真面目な書物, 読む眠たければ眠る, 読む知事が祝詞, 読む知識も持たなかった, 読む碧巌はいつ, 読む社会問題などの本, 読む社会層のその, 読む程丑松はこの, 読む程度に知っ, 読む程感心した, 読む稽古をし, 読むと相対, 読む第三者がこの, 読む範囲で, 読む米人の心持, 読む素直な作品, 読むは何と, 読むをかきたい, 読む絵草紙然たる, 読むも聞く, 読むの心境, 読む老人のだみ声, 読む者堵のごとし, 読む者必らず徳川氏文学中, 読む者誰かこれ, 読むにせまる, 読む能はずと雖, 読むの据え, 読む芥川龍之介の自殺, 読む芭蕉の物品, 読む若い人たちの, 読む若き人々の, 読む術御存じござらぬか, 読む言葉を得た, 読む計画がある, 読むりでその, 読むでも昔, 読むが有力, 読む読切りが皆, 読む読書鳴弦, 読む読者層がかわっ, 読む諸君なかんずく聖人, 読む講談落語は頓に, 読む講釈師はなき, 読む責任があり, 読む貰いの技巧, 読む貴島の, 読む趣向にする, 読む趣味が加わっ, 読む身体じゃ肌, 読む身体ぢや肌さ, 読む辞典である, 読む通りの子供達, 読む連中よりは自分, 読む連句を味ふため, 読む道元禅師は讃, 読む邪魔にならぬ, 読む都度にありがたい, 読む鍵語でこれ, 読む閑暇が無かっ, 読む間あっちへいっとれ, 読む間一時間半より二時間半, 読む間主人は一言, 読む間心配を面, 読む間息をもつかず聞い, 読むがない, 読む電報をわき, 読むぐらい奇妙, 読む音楽をやる, 読む領分を一寸, 読む類これである, 読む風采であった, 読むの先生, 読む馬鹿がある, 読む高天ヶ原の祝詞, 読む高畠夫人の身, 読む高祖の遺訓