青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「読み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

説~ ~説い 説い~ ~説く 説く~ 説教~ ~説明 説明~ 説話~ ~読み
読み~
~読む 読む~ ~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰

「読み~」 2005, 22ppm, 5310位

▼ 読み~ (259, 12.9%)

19 なって 12 なれば 8 なるの 7 なりましたか 6 なったこと 5 する場合, なったの, なると 4 して, なったでしょう, なつた 3 すると, なった, なっては, なっても, なること, なる時, なる本

2 [15件] かかった, けり, しながら, するため, なったかしら, なったでしょうが, なった方, なった読者諸君, なってから, ならん事, なりながら, なりますか, なるでしょう, なるん, 行って

1 [129件] かいると, かかったが, かかって, かかるの, きた人, くければ, くるこういう, くるの, した場合, しても, しなければ, する, すること, するについての, するの, するほど, する漢詩, する際, たどらなければ, つれて, なったが, なったため, なっただけ, なったでしょうか, なったでしょうマーガレット, なったですか, なったとき, なったところ, なったもの, なったらいかが, なったらしいわ, なったらしいん, なったらすぐ, なったらたいてい, なったろうと, なった人, なった単行本, なった読者, なった諸君, なつて, ならないか, ならないせい, ならないで, ならないで長く, ならないと, ならないの, ならないん, ならなかったでしょう, ならなければ, ならぬ読者諸君, なられたらおそらく, なりお, なりさ, なりたいと, なりたくない, なりたければ, なりは, なりました, なりましたかな, なりましたですか, なりましたならば, なりましたろうか, なりました小説一篇, なります, なりますね, なりますの, なりますれば, なります分, なりませぬよう, なりませんか, なりませんでしたか, なり夫人, なり熱心, なる, なるあなた, なるでせう, なるならば, なるよう, なる事, なる声, なる御, なる文籍, なる方, なる気, なる皆さん, なる読者, なれそう, なれるでしょう, なれるの, なれ見たもの, わざわざこの, ユウと, 出かけた, 夢を, 帰ります, 彼の, 成ったって, 掛らなかったり, 掛ると, 換えると, 時を, 来たん, 来た自分, 来て, 来ても, 来ないかと, 来る人, 来る者, 止めて, 没頭しはじめた, 温和しく, 焼きが, 私の, 耽けつて, 行かなくなった, 行きたいの, 行くこと, 行くと金, 行く者, 行った, 行つた, 行つたらしい, 読み上げました, 読んだ, 読んだ文章, 近い, 返って, 通って, 馴れて

▼ 読みながら~ (231, 11.5%)

7 私は 5 歩いて 3 そこに, 上着のぼ, 自分の 2 うとうとし, たべた, 伸子は, 十二歩歩いた, 店番を, 泣いた, 行くこと

1 [196件] あみものを, いった, いつかうとうと, いつか午睡を, いつに, いつまでも, いつも一人, いろいろな, うた, うつらうつら眠っ, うとうと居眠り, おととい届いた, おやと, かう云, ことに種々, この状態, こりゃあ大変, こんなに女, しきりに恋, しきりに文学, すわって, せめてこの, そうした場合, そのおりおり, そのお話し, その紙, その絵本, その綺麗, それらを, それを, たうとう, たずねた, たぶん笑っ, ぢかに, つく, つひ銀, でないと, ときどきくだらなく, ときどき目, とても涼しい, とりとめも, なら歌つて, なんだか知った, ふと, ふと振返っ, また手, まだどういう, もう一本, ゆくりなくも, よみながら, ろくに訳, わたしは, スグに, ドストエフスキーを, ヤグラ岳の, 一八五〇年に, 一冊の, 一寸興味, 上に, 不幸を, 云った, 井伏流の, 今の, 今日の, 休む, 何を, 何時間でも, 余り煙草, 係長の, 傍の, 僅かに, 先生が, 全然別, 初めてドイツ, 到着した, 創痍満身に, 劇しい, 勇吉は, 可笑しくて, 台所に, 右手より, 右近は, 吹き出した, 咽喉を, 唄う, 嘉吉は, 噴き出した, 噴き出して, 地下鉄へ, 壁間の, 外を, 大体今までの, 天を, 女は, 嬉し泣きに, 寝た, 市内電車から, 平気の, 年を, 幾島の, 幾島暁太郎は, 幾度さう, 幾度も, 引き裂いて, 弟子や, 彼は, 彼を, 待って, 待つて, 微笑せず, 思いましたが, 思った, 恥ずかしかった, 悪意から, 悪魔の, 感じたこと, 感じたの, 戦争まえ, 手不足な, 押しつけるよう, 指で, 排泄する, 日を, 昼寝を, 時間を, 朝食の, 本に対して, 本は, 来て, 梁山泊の, 植えて, 構想や, 武田さんと, 泣いたり, 泣いて, 浮かび出すその, 浴衣の, 涙が, 清子は, 滑り落とし, 焼飯を, 畳の, 疣だらけの, 皮肉な, 知らずこの, 神尾主膳は, 私でさえ, 私の, 種々の, 窓から, 第一, 答えました, 編輯室を, 考えようと, 聞いた未だ, 聞いて, 聴いて, 胡桃の, 膨れっ面を, 自ら皇帝と, 自分たちの, 舌に, 舞台の, 若干の, 行き来する, 行こうと, 行った, 見向きも, 見得よく, 解るかい, 討議の, 訳すといふ, 話した, 読んでる私, 読者は, 誰かが, 誰にでも, 護国の, 買つて見よう, 足の, 農夫の, 通りすぎようと, 通りすぎる, 造詣も, 進退を, 過すの, 道庵は, 遠い東京, 酒を, 長い習慣, 長岡といふ, 顔見世の, 飲んで, 飽いて, 駻馬と, 髪を

▼ 読み~ (69, 3.4%)

2 卑猥なり, 寝る, 都を

1 [63件] ありぬ, いくばく, うなづかば, おり, かの恨, こもれど, これが, その人, その出来加減, その義理, その陰所, であ, ひたり味ふし, まさに終らん, みよ, もらふて聞く, 世の, 世間に, 主イエス, 何某は, 俄かに, 六分の侠気四分の熱, 其奇に, 其清節の, 十中五人は, 口占数句, 古今同, 君が, 吾もの, 四子を, 国民的性情の, 坐ろに, 夜には, 大尉の, 学者と, 宅に, 小生は, 徹頭徹尾賛同, 心づきし事一つ二つ, 心安け, 志を, 忠孝の, 悲し, 感ずる処, 感ずる所, 感動す, 打興じ, 政を, 教うる, 書中の, 楽しかり, 此一節も, 此処だ, 涙ぐましくかつ, 然して後学びたり, 痛切に, 皇軍連勝わが, 盲ひし, 知るべし, 知れかし, 神気俄に, 義を, 遂に最後

▼ 読み~ (55, 2.7%)

6 る, ると 4 った 3 えて 2 ってねる, ってもそれ, るの

1 [30件] えた新子, えて僕, ったころ, ったどうにも, ったら母, った先生, った大野順平, った慢心和尚, った時, った直也, った米友, った頃, った駒井, ってそれから, ってまた, って元通り, って多少, って第, へし, へて後一章, りける後, りねる, りました, り参ります丁度用, り山田多賀市, り恐しい感動, り退屈, ると共に, る事, る毎

▼ 読みにくい~ (42, 2.1%)

5 字で 2 のを, ものだ, 原稿の, 字を, 文字を

1 [27件] おまけに, かも知れない, が, し漢字制限, ですよ, ところも, のだった, ので宛名, ほどな, ものだった, ものである, ものでございます, ゆえ私は, ローマ綴りの, 上に, 原稿を, 彼の, 文字です, 文字の, 文字も, 文章である, 昔の, 活字で, 編輯方法である, 草書体で, 許りで, 訳文です

▼ 読み~ (39, 1.9%)

8 しないで 3 しない書物 2 しないサルトル, しない本

1 [24件] しその, した, して, しない, しないやう, しないよう, しない物, しない詩集, しなかった, しなければ, し写し, すること, せずたがい, せず持って, せず書き, せぬ半可通, せぬ小説, せぬ小説家, せぬ書物, ドイツ読みも, フランス読みも, 交って, 書きも, 終らずに

▼ 読みその~ (37, 1.8%)

3 中に 2 第一回, 美しい語

1 [30件] やうな, ような, 人の, 作家の, 公平の, 又作家たち, 地の, 妄誕不, 尊ぶところ, 広い相互関係, 度毎に, 影響は, 快文章, 思想を, 時代的背景に, 次に夫人, 演劇を, 生きて, 皇子伝を, 結果前回に, 義が, 翌日出立し, 老衰の, 興奮から, 茶の間での, 言葉を, 読声に, 辺の, 雰囲気から, 風俗を

▼ 読み~ (35, 1.7%)

5 して 3 すること 2 した, したり, とって

1 [21件] あてれば, したい希望, しただけで, しては, しながら, し若い, すると, するとき, つづけて, はつて, はるであらう, はると, へて, やって, らんあ, れば, 始めたが, 欠き升田, 誇つたなごり, 願いたい, 黙許し

▼ 読み~ (31, 1.5%)

5 深さ 2 皆さんは, 論語知らず

1 [22件] こした分, ことと, ところを, ひとは, ひろさ, ようです, 事でありましょう, 妻君に, 尻あがり, 居る家, 山の, 日で, 模写を, 浅い日, 浅さ, 深い, 深いところ, 深い女心, 深い計算, 漢文調または, 習慣では, 苦心も

▼ 読みまた~ (22, 1.1%)

1 [22件] そういうもの, その短篇集, 先程お話いたしました, 六かしい, 写さんと, 古本屋で, 古老の, 夷蛮に, 始終これ, 小説なども, 思いあたる点, 文部省雑誌と, 日本書紀や, 日頃の, 正田嬢の, 永きユダヤ, 湯に, 筆を, 考えるよう, 若い女優, 茶を, 読み返して

▼ 読み~ (20, 1.0%)

4 しない 3 ぢめた

1 [13件] しないが, しないけど, しなかったが, しなかったけれど, しなかったであろう, しませんが, ぢめて, できないだろう, できませんぜ, 一千年と, 拙者が, 読みながら, 読んでも

▼ 読みかた~ (19, 0.9%)

3 をし

1 [16件] がちがっ, が失われ, が粗雑, だった, とは違つた読みかた, と反映的よみかた, なの, においてそれぞれ, に創造的読みかた, の特殊, はむしろ, も出来, も次第に, をした, をします, をなさった

▼ 読みつつ~ (17, 0.8%)

1 [17件] あり, あるお, あるかを, あるところ, ある物, その純真さ, その自然主義的, ふと一等墓地, まきを, 午後の, 彼は, 後代より, 日々腹ぐすり, 書いたと, 歩いた, 歩いて, 窓の

▼ 読みづらい~ (17, 0.8%)

2 だらうと

1 [15件] おわかり, という本意, といふ批難, といふ苦情, と感じない, のでそのまま, ので余, ものに, ものを, 佶倔, 字が, 所でも, 方言を, 本であった, 本を

▼ 読み且つ~ (16, 0.8%)

2 議論を

1 [14件] 写すとき, 吟じて, 吟ずるから, 味わって, 理解し, 研究する, 研究を, 翻訳する, 考えて, 考える人, 見せて, 解して, 訳して, 講じたので

▼ 読み~ (16, 0.8%)

1 [16件] が好き, であった, である, として, としての, とする, にも浄瑠璃, に教え, の上, の中, の側, の挿画, をおい, を伏せ, を覗いた, 世界に

▼ 読みかへ~ (14, 0.7%)

7 して 2 した 1 されたので, されるからの, したすぐれた句, したの, した片々

▼ 読みよう~ (14, 0.7%)

2 がありません, のない 1 がご, がない, が判らない, によっては大津屋橋, によっては義務, はおのおの, はないでしょう, は無い, もなかろうで, もなく

▼ 読み易く~ (14, 0.7%)

2 なるもの, 解り易く 1 して, すること, するそこで, するため, する適当, なって, なつた, なるよう, 覚え易く, 解し易い

▼ 読みそれ~ (13, 0.6%)

1 [13件] からうとうと, からその, について正当, に倦む, は大概語学, をすぐ, をみんなみんな, を合せ, を幾層倍, を我もの, を機縁, を理解, を舞台

▼ 読み易い~ (12, 0.6%)

1 [12件] が本文, そして作者, とか考えず, ので私, やうに, 仏教の, 古典英詩の, 字で, 形に, 本である, 本では, 解り易い

▼ 読み~ (12, 0.6%)

1 [12件] が通訳, の心, の意志どおり, の頭, はある, はこれら, はぼんやり, は作者, は千葉氏, は天来, は日本, は鼻

▼ 読み難い~ (11, 0.5%)

1 [11件] ことは, この遺書, のは, ほど画, ほど石, ものな, 仮名を, 文字だ, 文字は, 綴りが, 草稿の

▼ 読みては~ (10, 0.5%)

2 歌に 1 むせびたもう, 又眺むる許, 又読み, 天井を, 最早眠気, 涙ぬぐい, 自分と, 菲才を

▼ 読み~ (10, 0.5%)

2 を教える 1 がありましょう, がある, が出来, と算術, はおぼえた, を学んだ, を教え, を教え初めた

▼ 読みかつ~ (9, 0.4%)

1 は作っ, 嘆かれて, 批評する, 書くこと, 研究した, 答えた, 綴らせて, 耕すこと, 茶を

▼ 読みそこ~ (9, 0.4%)

1 でまた, なはず, なひ来れる悪癖, なひ解り損, には男湯, に一段, に作家, に書かれた, を出る

▼ 読みやすい~ (9, 0.4%)

4 ように 1 やうにと, ようにも, 文章では, 本を, 記号が

▼ 読みあるいは~ (8, 0.4%)

1 それを, 丘浅次郎博士の, 修身論を, 彼の, 抜書き, 絵画写真に, 英語の, 茶を

▼ 読みちがい~ (8, 0.4%)

2 を論拠 1 でもそう, でもない, なんかする, なんていう, をし, を指摘

▼ 読みづらく~ (8, 0.4%)

1 おかしな節々, てお, て退屈, なく日本語, はない, またその, 墨は, 窮屈に

▼ 読み~ (8, 0.4%)

1 つたのでした, つてゐた, どこほり声無き, 云って, 意味とを, 敗者への, 算術, 言つ

▼ 読みにな~ (8, 0.4%)

1 つた後拝借し, つた御, つて, つてお母さまも, つてない, つても, つて待つ, ッた

▼ 読み~ (8, 0.4%)

1 くりかえし考えここ, 一つ一つの, 一方からは, 其撰者の, 四編五編を, 天つ, 手紙を, 説経する

▼ 読み或は~ (8, 0.4%)

1 いろいろな, 兵書を, 奥へ, 左翼運動の, 断腸亭雑, 考へ, 芭蕉を, 近傍を

▼ 読みそう~ (7, 0.3%)

4 もない 1 して, である, にしない

▼ 読みそれから~ (7, 0.3%)

2 不意と 1 もとの, 古本屋へ, 政治面の, 第三, 裸に

▼ 読み古し~ (7, 0.3%)

2 た本 1 たる植物, た医術, た講談本, た軍記, の夕刊

▼ 読み~ (7, 0.3%)

1 で籤, になっ, になる, の勘三, は多く, をつとめた, をやらされ

▼ 読みそして~ (6, 0.3%)

1 それと, 一先づ帰庵, 信じるの, 徐ろに, 私に, 終りまで

▼ 読みふるし~ (6, 0.3%)

3 の本 1 たもの, た本, を開けた

▼ 読みやすく~ (6, 0.3%)

2 するため 1 すると, するを, てまことに, て明快

▼ 読み乍ら~ (6, 0.3%)

1 どうしてどの, ねる, も唯もう, 待つ, 揉ませる, 珍しく気前

▼ 読み辛い~ (6, 0.3%)

1 かして, が手捜, といふ, といふこと以外, と思ふ, 苦汁の

▼ 読み違い~ (6, 0.3%)

2 ではない 1 がここ, にあった, の宝庫, はヘーゲル

▼ 読みいい~ (5, 0.2%)

1 ためでしょう, でしょう, と云っ, と思ふ, ように

▼ 読み~ (5, 0.2%)

1 すむ間, 何時か, 出来ないので, 深すぎ, 終つてから

▼ 読みこれ~ (5, 0.2%)

2 を読み 1 は君, は此, を浮世絵

▼ 読み~ (5, 0.2%)

1 うな, へしたら, へしなけれ, へすれ, 行くか

▼ 読みさえ~ (5, 0.2%)

5 すれば

▼ 読みとつ~ (5, 0.2%)

41 たが

▼ 読み~ (5, 0.2%)

2 ほして 1 ほすよい, ほすギツシング, 七度で

▼ 読みながらも~ (5, 0.2%)

1 そのこと, その三人, 劇中人物の, 思い出されたが, 深く感じた

▼ 読みにくく~ (5, 0.2%)

1 ていけません, なるという, なる震えた手跡, わかりにくく, 絵は

▼ 読み~ (5, 0.2%)

1 と歌, にも聴きました, にも読ませた, も差, をかの

▼ 読み~ (5, 0.2%)

2 りて 1 えたリルケ, って顔, りぬ

▼ 読み~ (5, 0.2%)

31 ふべしそれ, ふ若楓

▼ 読み~ (4, 0.2%)

2 つても 1 がつた, りくかな

▼ 読み~ (4, 0.2%)

2 くれば 1 へすと, へす機会

▼ 読みこの~ (4, 0.2%)

1 掟を, 演劇を, 篇を, 芝居を

▼ 読み~ (4, 0.2%)

3 たへの 1 たへは

▼ 読みにくかっ~ (4, 0.2%)

21 たし, たり仮名遣い

▼ 読みには~ (4, 0.2%)

1 なったの, ならなかったの, なれまいと, 無関係何にも

▼ 読み~ (4, 0.2%)

1 かの話, か書い, を学ん, を考え

▼ 読み~ (4, 0.2%)

1 の批評, は座布団, は感情的, は更に

▼ 読み多く~ (4, 0.2%)

1 の学者, 想わねば, 考えそして, 考えよ

▼ 読み~ (4, 0.2%)

2 うこと 1 ってそれぎりにする事, つて

▼ 読み~ (4, 0.2%)

1 かつた, からしめむがために, さを, に通ず

▼ 読み~ (4, 0.2%)

2 へた 1 へて後一章, へて稍

▼ 読みいま~ (3, 0.1%)

1 なお読ん, はただ, もノート

▼ 読みかき~ (3, 0.1%)

1 が自由, すること, だの百

▼ 読みごたえ~ (3, 0.1%)

2 のある 1 がある

▼ 読みそれら~ (3, 0.1%)

1 の人, の作家, の悲しい

▼ 読みっ放し~ (3, 0.1%)

1 である, にし, の云わ

▼ 読みづらかっ~ (3, 0.1%)

1 たが, たでしょう昔者, たハイネ

▼ 読みても~ (3, 0.1%)

1 ますます陳腐, われわれの, 伯の

▼ 読みにく~ (3, 0.1%)

2 そうに 1 かつた

▼ 読みもう一度~ (3, 0.1%)

1 この文章, この煙, 神

▼ 読みよい~ (3, 0.1%)

1 ために, ものかと, 方の

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 すったかしら, すったならば, すった事

▼ 読み写真~ (3, 0.1%)

2 を見る 1 をながめ

▼ 読み初めて~ (3, 0.1%)

1 この詩人, はいません, テオデュールとか

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 の中, の内, や作者

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 つた, ひ誰, ふ瞬間

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 と一緒, について文句, を聞い

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 で読み, の片すみ, へ帰っ

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 いと思う, いと思わせる, りし

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 がそれ, の提議, も亦

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 へある, へのある, へのする

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 きわまれば, に打, 深し

▼ 読み感動~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 読み煙草~ (3, 0.1%)

1 をくゆらし, をふかし, を吹かし

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 の面, をかい, を画い

▼ 読み自分~ (3, 0.1%)

1 から書く, の仕事, の心

▼ 読み~ (3, 0.1%)

1 へ, へず, へたる

▼ 読み難く~ (3, 0.1%)

1 そのため, なつて, 解し難

▼ 読みあなた~ (2, 0.1%)

1 の為, は縫う

▼ 読みあの~ (2, 0.1%)

1 印度の, 日記に

▼ 読みいつも~ (2, 0.1%)

1 ああ惜しい, 薄手でない

▼ 読みいろいろ~ (2, 0.1%)

2 な感慨

▼ 読みかも~ (2, 0.1%)

1 知れないけど, 知れませんけれども

▼ 読みから~ (2, 0.1%)

1 しだ, 浸み出たもの

▼ 読みこんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 事を

▼ 読みさし~ (2, 0.1%)

1 を取り落し, を膝

▼ 読みしかも~ (2, 0.1%)

1 その読後感, それが

▼ 読みしづか~ (2, 0.1%)

1 に寝る, に考へる

▼ 読みづら~ (2, 0.1%)

1 かつたこ, そうに

▼ 読みなど~ (2, 0.1%)

1 して, し乍ら

▼ 読みなどを~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 読みもっぱら~ (2, 0.1%)

1 力を, 勉強と

▼ 読みやがて~ (2, 0.1%)

1 五銭白銅を, 自分の

▼ 読みよく~ (2, 0.1%)

1 滑らかさを, 考へた一夜

▼ 読みアナーガランガ~ (2, 0.1%)

2 を読んだ

▼ 読み一生懸命~ (2, 0.1%)

1 に作る, に考え

▼ 読み七歳~ (2, 0.1%)

1 にし, の少女なほ

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 性で, 正確な

▼ 読み人知らず~ (2, 0.1%)

1 の咲いた, の歌

▼ 読み~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ 読み伸子~ (2, 0.1%)

1 が本気, は愉快

▼ 読み傍ら~ (2, 0.1%)

1 には村, またミル

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 つた, つて居た

▼ 読み其の~ (2, 0.1%)

1 他の, 地の

▼ 読み午後~ (2, 0.1%)

2 には東京

▼ 読み又は~ (2, 0.1%)

1 その戯曲, 書くもの

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 されたの, の聖君英主海外蛮夷

▼ 読み和歌~ (2, 0.1%)

1 も上手, を楽しみ

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 に低俗, は檜

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 はラジオ, は二階

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 の上手, を書く

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 一時間寝る, 一時間昼寝する

▼ 読み少し~ (2, 0.1%)

1 だれて, ばかりささやき

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 に向っ, に野

▼ 読み彼ら~ (2, 0.1%)

1 が好ん, の思想

▼ 読み徒然草~ (2, 0.1%)

2 も読んだ

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 がある, が或

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 るとき, る者

▼ 読み手紙~ (2, 0.1%)

1 を口述, を読ん

▼ 読み易き~ (2, 0.1%)

1 に従, やうにとの

▼ 読み昼寝~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ 読み時に~ (2, 0.1%)

1 はかく, はその

▼ 読み更に~ (2, 0.1%)

1 この感, 読みかえし私

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 の上, の下

▼ 読み樹明君~ (2, 0.1%)

1 に会, に逢

▼ 読み次に~ (2, 0.1%)

1 奥付を, 月月の

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 のペエア・ギュント, は僅

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 せる孔明, をおもいとどまった

▼ 読み毎朝新聞~ (2, 0.1%)

2 を開く

▼ 読み活字~ (2, 0.1%)

1 の大小, を拾い

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 つた, つたもの

▼ 読み漠然と~ (2, 0.1%)

1 した愕, わからないと

▼ 読み無理~ (2, 0.1%)

2 に幽霊

▼ 読み甲斐~ (2, 0.1%)

1 あるもの, のある

▼ 読み相当~ (2, 0.1%)

1 の敬意, 感服し

▼ 読み種々~ (2, 0.1%)

1 な屁理窟, な感想

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 を負う, を貰う

▼ 読み終つた後~ (2, 0.1%)

1 では, で私

▼ 読み終つた時~ (2, 0.1%)

1 ふと同君, 長い深い沈黙

▼ 読み終り~ (2, 0.1%)

1 に近く, のこされた

▼ 読み続き~ (2, 0.1%)

1 の, を読ん

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 を解する, 解せざるあれば

▼ 読み芝居~ (2, 0.1%)

1 に行き, をし

▼ 読み英語~ (2, 0.1%)

1 を解する, を語る

▼ 読み角力~ (2, 0.1%)

2 の記事

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 が審査, でも同じ

▼ 読み鉛筆取り出~ (2, 0.1%)

2

▼ 読み陀羅尼~ (2, 0.1%)

2 をへん

▼ 読み難き~ (2, 0.1%)

1 は文字, 句を

▼ 読み難し~ (2, 0.1%)

1 と云, 高嶺の

▼ 読み韋編三たび~ (2, 0.1%)

1 絶つ, 絶つなどとは

▼ 読み~ (2, 0.1%)

1 を炊い, を焚く

▼1* [486件]

読みあとから考える, 読みあまりぱつとせぬ生涯では, 読みある時は, 読みあるはてにはの, 読みあれを叫んだ, 読みいか許りか感慨無量たら, 読みいかに彼の, 読みいかにも真実ありがたく, 読みいきなり小説を, 読みいくつかの, 読みいぶかしさうにそれを, 読みいまさら何を, 読みいま易筮を終っ, 読み民にも, 読みお茶の道楽, 読みかかる虐政行なわれたれ, 読みかじッている, 読みかたそのものに大, 読みかたわらには村, 読みかた使いかたを教えない, 読みかた学びかたについての指示, 読みかつまたお庇, 読みかわいそうにどんなに, 読みがたさかな, 読みがたい文字句読も, 読みがたがた震えまして, 読みがたき者その, 読みがちである, 読みがらをそば, 読みきつたん, 読みくせを持つ, 読みこう感心するだろう, 読みここより一, 読みことごとくを忘れる, 読みこれらの人々, 読みさしたる歴史談を, 読みしか味気なし, 読みしずかに考える, 読みしだいどこそこまで来, 読みしばらく何か, 読みすぎは実に, 読みすゝんでゆく, 読みすゝむに伴, 読みすゝんで行く, 読みせめてそこから, 読みそうしてその解説, 読みそくないなにかたいへん, 読みそこで寺院に, 読みそしてまた誰でも, 読みそのまますやすやと寝入っ, 読みその他は叔母, 読みその他必要な書籍, 読みその後これを翻訳, 読みそんな遺憾を, 読みたいへん不愉快であった, 読みたくさん考えて, 読みたちどころに太宰治ファンに, 読みたての書物, 読みたりし木の実食ら, 読みたりと言は, 読みだらしない作品, 読みっぱなしで分った, 読みついに森具と, 読みつぎつぎにそば, 読みつけの新聞, 読みつまらないのでおくら, 読みづめにせられるものでもなし退屈する欠伸, 読みづらかろうと, 読みての声が, 読みてんぷらを喰, 読み同時に歌式学者, 読みということです, 読みとか歌人とか, 読みとんだ時間つぶしを, 読みなお薬物学及び, 読みなかなか感心した, 読みながらの実感が, 読みながらものべつに, 読みなぜだか, 読みなどはしなかったらしい, 読みなまぬるい煽動的な, 読みなんでも, 読みなんて図々しいの, 読みにかかつた, 読みにくき物を, 読みにて拈り出したる, 読みにでも読業は, 読みはじめに記した, 読みばかりを受け遂に, 読みびとの態度, 読みふとその貘, 読みべつなところ, 読みほとんど賑やかな, 読みほぼ洋学の, 読みまことにつまらない思い, 読みまじめに注意, 読みまたはその舞台, 読みもしくは書くこと, 読みもて行けば, 読みもはや私の, 読みがれ, 読みやっと食物に, 読みやはり歩兵の, 読みよきように, 読みよっていささか考え付きし, 読みよみては開らく, 読みわりに早くアガった, 読みなりましたか, 読みアダリンのむ, 読みエミイは絵, 読みオンタケと呼ぶ, 読みキュリー夫人について書かれ, 読みクリストフを眺め, 読みゴーリキイが婦人, 読みシーザーアントニオカトウ時代のギリシア, 読みシーボルトを読み, 読みジョウは通路, 読みスウェン・ヘディンを読んだ, 読みスリッパをすぐ, 読みタクシスの説, 読みダンテとかリオナルド・ダ・ヴィンチ, 読みチェルヌイシェフスキイを読み, 読みディッケンズを読み, 読みドストエフスキーは, 読みハガキを貰つて澄太君, 読みバルザックを読み, 読みバルザックゴンクールオータア・スコットなどの作品, 読みパラマウント発声映画ニュースでその, 読みヒステリーのひとつ, 読みフローベルやモーパッサン, 読みポーリン探偵は我ら, 読みラムの諧謔, 読み一人が縁, 読み一層好きに, 読み一枚も多く, 読み一枚翻訳すると, 読み一貫して, 読み一首一首を大切, 読み万世不朽の金言, 読み万葉集を読む, 読み三ページ読みたうとう, 読み三分たてば, 読み三時近くなった朝, 読み三百年の昔朱印船, 読み上ぐべき或る, 読み上ぐるそうだ, 読み上ぐる毎に作者名のり, 読み上ぐる罪状を聞く, 読み上機嫌のその, 読み且それと同意語, 読み且思索を重ねた, 読み世間に奔走, 読み中学三四年ぐらいで, 読みに新, 読み乍ら東京駅へ六時四十分着, 読み乍ら眼の隅, 読み乍ら食事を終った, 読みはぼんやり, 読み九歳にし, 読み了つた直也は最後, 読み了つて之を桑野, 読み了つて先づ第一, 読み了らなければ, 読み了わりて限り, 読みも亦, 読み事務もとり, 読み二ページ読み三ページ, 読み二三大家の門, 読み二度三度くりかえして, 読み二時からか, 読み二時近くねる, 読み五六行読みては, 読み亢奮が鮮, 読み亭主が仕事, 読み人一倍立優つた成績と評判, 読み人口百分の一以上の軍兵, 読みも座右, 読み今夜は一時前, 読み今日までその, 読みを礼, 読み仏頂寺はよく, 読み仕事にか, 読み以前に変った, 読み伊東静雄の詩集, 読み住居の方, 読み何事を談ずる, 読み何冊かの本, 読み何故に此, 読み余計なところ, 読み作家が金ボタン, 読み作者のつくろわぬ, 読み供養をし, 読み信濃に小谷, 読み修養につとめる, 読み俳優の閲歴, 読みに君, 読みれた俳優, 読みを越え, 読み全部読み終えてから, 読み八時頃又飯, 読み公式的な評論, 読み六篇とも追, 読み共和および帝政時代, 読みれを, 読み其撰者の誰, 読み再びはハッ, 読み切実でそうして, 読み初めをいたします, 読み初めようとしてさて, 読み創業を銘記せり, 読みふる所, 読み加留多のうん, 読みれると, 読み北斎の, 読み十一時すぎ読了る, 読み十三歳にし, 読み十五歳には, 読み十時半頃寝台へ入っ, 読み十月号の分, 読みた, 読み半分ほど読んだ, 読みを作っ, 読み去る間に, 読み友だちも毎日, 読み双方ともにその, 読みつて下書の, 読み反古の始末, 読み古く本朝無, 読み句切毎にはほほ, 読みを一つ, 読み合つた時は流石, 読み同君の新, 読み同情の涙, 読み同時に自分も, 読み名望をもっ, 読みに読後感, 読み読まされシルレル, 読みって見れ, 読み味つてもらへれば, 読み哲理を究めた, 読みとなり, 読み商人はしきりに, 読み商売をさし, 読みると, 読み土口気泥臭味の語, 読み土産物の陳列場, 読み坂本さんにも会える, 読み坐禅をする, 読みへて見, 読みへ出, 読み多大の感銘, 読み夜中一睡もせず, 読み大いに得るところ, 読み大勢集まりて, 読み大志を養い, 読み天下の人, 読み天竺の書, 読み如何に博学多才, 読み始むるほどに曇りし, 読み子規に傾倒, 読み字引を繰り, 読み学校へ通つたの, 読み孫子呉子の神髄, 読み宗教的気分ではなく, 読み官吏も読み, 読み実に慨嘆に, 読み実地の観察, 読み実業家も読み, 読み宮地翁の講義, 読み家庭欄を読み, 読み寄宿舎の送別会, 読み寓話であるべきもの, 読み尊氏は親房, 読み小説や歌, 読み少なく考えるという, 読み屋根裏で読み, 読み工場では一時間, 読みの語, 読み巧者のさすが, 読み巨福と関係, 読み幼時から共に, 読み幾多の事物, 読み幾島の合図, 読み度いものだと, 読み弟子を教えた, 読み弟宗太も西筑摩郡書記, 読み彼女はトランプ, 読み往年の感歎, 読み後に近藤氏に, 読み後世に武士, 読み徳富蘆花の, 読み心地がよい, 読み念仏をし, 読み念仏三万五千遍を唱え, 読み思わず哄笑した, 読み思索にも耽った, 読みを受けた, 読み悪いか存じませぬ, 読み悪魔のいた, 読み愛読といふ言葉, 読み愛郷精神といふ言葉, 読み感じ考えたとしても, 読み感心したり, 読み感涙にむせばず, 読み憎いぞ, 読み我鬼先生の愚, 読み或いは未熟の, 読み所司代がお, 読み批評家鴎外先生の当時, 読みして, 読み挿入されて, 読み描写された自然, 読み支那の地図, 読み故意と手, 読みの弱点, 読みを綴った, 読み文学夫人といふやう, 読み新しい器具の, 読み日本の歴史, 読み日本語の発音, 読み日記をつけた, 読み旨き料理を, 読み早く数えて, 読み明めむとする, 読みを思い出し, 読みこそが大将, 読み昼下りに香, 読み時局を論じ, 読み暫く読書する, 読み書きばかりでなく, 読み曽我兄弟がその, 読み最後にこんな, 読みおくれの, 読み月人に近づく, 読みには詩, 読み期待するといふ, 読み未知のわかい, 読み松浦武四郎を読み, 読み枢密院の話, 読み次第わすれて, 読み次第電話をかけ, 読みの特徴, 読み正しく理解した, 読み歩りく名も悲しけれ, 読み歴史をも読み, 読み殊に私は, 読み江戸趣味に感染せり, 読み決して厭きること, 読み治乱興廃の事跡, 読みを見, 読みをこぼした, 読み深い真の, 読み深く味わったこと, 読みを遊ばせる, 読み渉猟っても満足, 読み渋茶をすすり, 読み溜息をもらした, 読み無意識に入歯, 読み芋を, 読み燈火を共に, 読み父親も小僧, 読み片耳にラヂオ, 読み牧塲維持の困難, 読み独りで考え, 読み狭斜の巷, 読み現今の針木岳スバリ岳等, 読み現代人の心理, 読み現場に手袋, 読みを講じ, 読み理性は誰, 読み理義を解する, 読みを耕し, 読みの講演, 読み画筆も弄び, 読みに出で, 読み畢つてこれを宜山, 読みる, 読み真情そのままの, 読み真面目に不思議, 読みを開い, 読み眼鏡かけて, 読み研究したであろうが, 読み祈祷を捧げ, 読み禅学を修め哲理, 読み秋日に画筆, 読み空襲と遊ん, 読みしようじゃ, 読み笑殺するが, 読みを投じ, 読み筆写さえした, 読み米川さん変な日本文学, 読み精力衆に踰, 読み細根大根といわば, 読み終つたあとで決してそれほど, 読み終つた分が代, 読み終つた手紙を膝, 読み終つた自分は決して, 読み終つて黙つて, 読み終つて井出康子は妙, 読み終つて京野等志はその, 読み終つて昂然となつ, 読み終つて雑誌をペラペラ, 読み終つて雑談して, 読みを誦する, 読み絵画を見, 読み緊張して, 読み編物小さい縫物, 読みなくし, 読みふのに, 読み習つて兄よりも能, 読みへ漸く, 読み考え捜しながら, 読み聖賢や英雄, 読み脚本などを書い, 読み自ら取りて, 読み自分一個の考え, 読み自分一身の見解, 読み自国の過去, 読み至つて何の感慨, 読み深し, 読み良いように, 読み良くはない, 読み苦くって弱りました, 読み苦しいのを, 読み英国労働組合内に友人, 読み苹果を喰め, 読みを煮る, 読み荷風を読みし, 読み菅江真澄を読んだ, 読み蒲団に入っ, 読み蝋燭をつけ, 読みの飛沫, 読み街鼓に及ぶ, 読み装置の打ち合せ, 読みを正す, 読み西洋の事, 読み西洋諸国の書, 読み観察をした, 読み言葉を聞く, 読みえられたこと, 読み訖んぬ, 読みで読んだ, 読み詩作にふけり, 読み詩文集のよう, 読みでは聞い, 読み誠に気強く感じ, 読み誰一人いない風呂場, 読み論戦に勇, 読み論語をさえ講義, 読み講義を聞く, 読みってからは一変, 読みを覚える, 読みと豚, 読み賛同のあまり, 読みを作る, 読みに学問, 読み辛ろうがした, 読みれて, 読み近くの教会, 読みぎでないことはおわかりでしょう, 読み違ひでせうが, 読み選評速記を熟読, 読み鄭吉炳は箒, 読み配役を考へる, 読みの少い, 読み鉄槌でがん, 読みり解するかも, 読み鍛冶町も鍛冶町, 読み開闢の時, 読み間違い一つの式, 読みに陽, 読み隆ちゃんやその他先日来, 読み隣家の伊之助, 読み離騒を読み, 読みかつた, 読み難文をも翻訳, 読み電気を消す, 読み電車の中, 読み面白かったり面白く, 読み頼子は恐らく, 読みから火, 読み顕微鏡的心眼であるが, 読み馬琴や京伝三馬, 読み高村氏の訳された, 読みをあげ, 読みを神様