青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「筆者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~笑つた ~笑顔 笑顔~ ~笛 笛~ ~笠 笠~ 笹~ ~筆 筆~
筆者~
~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筋肉~ 筒~ ~答 答~ ~答え

「筆者~」 1117, 10ppm, 10323位

▼ 筆者~ (332, 29.7%)

3 ここで, その時, それが, 書いて

2 [12件] この辺, これを, その天正十二年三月二十二日, 他の, 何の, 曰く, 次の, 自分が, 誰な, 諸君と, 長慶太神宮御, 頭を

1 [296件] あの時以来, いい気味みたい, いつも同じ, いづれも, いまここに, いわゆる転向, おそろしく神妙, かかる住民, きわめて最近電車, こういっ, こう主張, こう書く, この, このいたましい, このほど瑞蓮寺に, このほど瑞蓮寺を, この一句, この世に, この事情, この国家的事件, この地, この日, この機会, この点, この種類, この閑却, これでも, さう, さうは, さきに, さぞかし意外, さっさとそれ, さらに千里眼, しなかった, しばしば極めて強い, じつに苛酷, じつは此, すこぶる注意, そう書いた, そこまで, その, そのも, その出所, その実践, その後の, その思いの外, その折, その日, その時分, その時十二歳, その現象, その科白, その達筆, それを, ただ自分, たっぷりいい, たまたま郷里博多, だんだんと, ちょっとむっとし, つい聞かず, つねにその, とくに護衛者, なお英蘭, なんにも, はげしい実行力, また思った, また義仲, まだこれ程の, まだ決してその, まるでこれら, むしろそういった, もうすに, やはり人間, わざと黙っ, わる丁寧な, イカサマ者である, イヨイヨ全く, イヨイヨ驚いた, クリストフの, スゴスゴと, ソヴェト同盟の, タカ子で, タカ子以外に, ニイチェの, ビスマルクよりも, ビラを, ホッと, マダム・ド・サブレ評論された, マルクスが, ライプチヒで, ララ夫人を, レムブラントだ, 一つの, 一つ紙面に, 一九〇一年から, 一月元旦に, 一言半句も, 三歳ぐらいから, 上り框へ, 不幸に, 不明だ, 不満を, 主として, 之等の, 九歳から, 九歳の, 事件を, 二の橋に, 云う, 五リン刈の, 今なお, 今日でも, 何となくアラビアン・ナイト, 何故こんな, 佛教の, 先生と, 先生に, 先生の, 先生を, 全く痛み入っ, 全然その, 公娼存置にも, 典型的の, 判らない, 別の, 前に, 力説し, 動物学者でも, 勿論それ, 十代の, 十四五の, 十四五歳であったろう, 卒然として, 南伊豆の, 単に事実, 却って旧幕時代, 原城籠城は, 原稿の, 原著者たる, 又油断, 右の, 同情的な, 同感され, 嘗て鉄道事故, 四人の, 在京中であった, 地震研究所で, 地震研究所長石本, 堅山氏と, 墨蹟を, 壜を, 大地震, 大田南岳で, 大石投魚を, 大脇信興と, 大部分, 天狗に, 奥田元, 妙な, 小謡とか, 山の手の, 山村市井の, 峰丹波, 希望し, 年結婚数は, 幸ひ, 幼少から, 幼少であった, 幾度か, 弱った, 当時屋部先生の, 形容し, 彼から, 彼の, 後見座に, 微笑もて, 思いがけなく到, 思った, 思はずハロー, 思わず問返した, 思わず頭, 恐ろしく小器用, 恩人ジーキル博士から, 恩師六平太師を, 情感を, 愕然と, 懐中から, 成城の, 或る, 手習ひ, 打ち見やる態度, 批評の, 承服しかねる, 推測する, 敢えて云う, 敢て, 数寄屋橋の, 文章の, 文章を, 斯う, 新泉宗十郎, 既に中老, 既に当時それら, 日本における, 日本帝国の, 星暦の, 昨年末に, 是非とも, 更に以前, 書かねば, 書き洩らして, 曾て, 最初から, 木村秀雄とて, 末広博士の, 本文へは, 東京から, 東京音楽学校の, 松月尼と, 格別驚きも, 検屍を, 極めて想像, 極めて適切, 次に短い, 正月三日後に, 正直の, 此の, 残念に, 気が, 江戸川乱歩アラン, 決してこの, 法水の, 浅野翁から, 炬燵から, 無憂樹, 無視し, 物心付い, 率直である, 甚考へた, 生活に, 病中やう, 直ぐに, 省いた, 知らない, 知ること, 確信し, 私たちの, 私でなく, 稽古が, 突差の, 立派に, 簡単に, 精神の, 結論として, 繰返し説得し, 翁の, 老大納言, 考えて, 聊か意外, 胸が, 自分である, 自分と, 興味深く感じ, 茲に, 茶道第, 蔵書その他の, 薄幸なりし, 行くなとは, 見た, 覚え違い, 言葉の, 記して, 評判の, 詩人が, 話の, 詳しく知らない, 語って, 警視庁の, 貧しい一教員, 貧弱に, 賤民が, 足早に, 逸したの, 過日ある, 遠慮し, 遺憾ながら, 遺憾に, 酒が, 重大な, 長い道中の間, 静に, 非常に, 頭が, 頭の, 首を, 驚いた

▼ 筆者~ (288, 25.8%)

3 ような, 知る限り, 祖父は

2 [11件] 主觀, 名が, 感情が, 手を, 旧著, 真意の, 私と, 筆を, 耳に, 親友, 記憶に

1 [257件] ありよう, いる家, いわく, いわゆる, うけた正直, お眼, こと, ことだ, ごときは, その企て, ために, ところへは, なみなみならず, はなはだ気違い, ひが, ほうを, ぼくにも, もとに, わたくしには, わたしばかり, クロドミールも, テンダーハートだ, トゥルン・ウント・タクジス公爵夫人といふ, ノートと, フランス語の, モンタージュが, ヤケに, 一存の, 一組だけ, 上田秋成も, 主将組が, 主観と, 主観など, 主観や, 乞いに, 予想しなかった, 二歳か, 人格なり, 人間及び, 今いった, 付属する, 任でも, 伯には, 何人なる, 作品として, 作心の, 作為は, 価値を, 俗情には, 信ずるところ, 個性と, 個性の, 偏屈から, 側から, 儘に, 先に, 全生活, 写真とが, 写真を, 前に, 勉強は, 友だちが, 友人で, 友境賛吉は, 口から, 同一なる, 同一人, 同知, 名です, 名と, 名は, 名も, 名を, 周囲に, 哲學を, 嘆声であった, 器量の, 坊主頭に, 変化に, 多少の, 好む花, 如き最も, 姿は, 実姉にあたり, 寡聞の, 小さなチンポコ, 小島, 居住する, 岡村元春から, 岡村元春は, 希望を, 常に經驗, 常識よりは, 幸福これに, 幸福のみに, 幼少の, 心からの, 心持から, 思い違いかも, 思うほどに, 思想を, 思想的立場が, 怠慢を, 性別は, 性格も, 想像を, 意企を, 意見が, 意見に, 意識いかんに, 愚痴な, 愛惜の, 感情の, 感情や, 感情偏執その他について, 感想も, 感謝に, 態度が, 態度といふ, 懐中に, 所有する, 所謂, 所謂積極消極両様の, 所謂蹌踉状態に, 手が, 手に, 手の甲や, 手許に, 手許には, 抱いて, 推定に, 故人に, 文学を, 文藻不足の, 方から, 方は, 旧宅すなわち, 書を, 望外の, 本名は, 本心は, 本懐は, 本音は, 母校若, 母親で, 母親の, 気が, 氣轉が, 海藻學者たる, 無為を, 父は, 父や, 父茂丸が, 牧谿その, 特長について, 琴線が, 生地福岡市住吉に, 産れた, 用意が, 発見した, 目的と, 目的地と, 真実少なくも, 眼に, 矢田喜美子という, 知つてゐる, 知らぬところ, 知れぬところ, 知れる限り, 社会観には, 祖先は, 祖父を, 祖父灌園なぞも, 祖父灌園以外に, 神経衰弱を, 神聖を, 私の, 私は, 私も, 私見など, 空想で, 窮極の, 答えとして, 精一杯の, 紫式部が, 経験した, 経験する, 署名は, 翻訳でも, 考え, 考は, 耳の, 耳へも, 聞きそこねが, 聞きも, 聞き誤り, 聞き違い, 聞き違えである, 聴いた古代哲学史, 肖像を, 肥前守が, 肩を, 肯定も, 背丈が, 背中を, 脚色力は, 臆測というしか, 自己批判並び批判の, 興奮が, 舌など, 良心が, 芸術性を, 芸術的感情の, 苦心が, 苦衷を, 落款が, 蒐集した, 行って, 表情を, 装束を, 襟元から, 襟首を, 見解を, 覚束ない, 観念の, 言を, 言葉は, 記した所, 記憶の, 註釈や, 誤と, 誤解に, 誰なる, 調子の, 調査した, 調査に, 調査研究に, 論調は, 講義を, 輪廓さえ, 閲歴などについて, 集めた材料, 面目を, 頬に, 頭に, 頭を, 頸筋を, 顔ぶれから, 顔へ, 顔や, 風, 食感を, 養母であった, 馬琴は, 高名に, 鴨長明は, 鼻の

▼ 筆者~ (128, 11.5%)

3 知って 2 地震の, 書いて, 調子づいて

1 [119件] ある, ある場面, いうと, およそな, お見舞い, かつて評論, ここに, この処女地, この山中, この数万語, この方法, この稿, した, しっかりし, そういう間違った, その勉学ぶり, ためらって, だれである, なかなかに, ひとしおいとしく, ぼくでなく, まだ郷里, みな鎌倉期に, もう一重事実, もし自己満足, もし虚偽, シキリに, ドンナ話を, プラーゲ旋風を, 一番の, 万朝報の, 三陸地方へ, 不精で, 九州日報の, 五十三人の, 五遍ぐらい, 仮に添えた, 仮りに, 何かの, 先生の, 入れた, 写して, 判るの, 北沢その, 十二三歳の, 十二歳に, 十四五歳の, 参照し, 同じ論文, 同地を, 同藩, 和文に, 嘆じ, 圏点を, 大名小学校の, 女である, 姿を, 子供ながら, 學窓に, 完結させない, 客観的な, 小倉遊亀論を, 尼に, 山女魚と, 岡田良造で, 岡田良造であった, 幼少の, 幾分か, 座ったまま翁, 弱り上げ奉ったこと一通り, 強調したい, 強調する, 彼に, 想像する, 批評する, 批評の, 採録申し上げ, 故奈良原翁, 日曜日に, 書きかけの, 最も憤り, 最初に, 最近入手した, 最近逢遭した, 末孫たる, 本心から, 橋の, 歴史の, 申したいの, 画壇事情に, 発表した, 直接本人川村氏の, 直接翁から, 相川良之介を, 相当の, 真心を, 福地桜痴居士である, 福田豊四郎氏と, 立派な, 義仲を, 翁の, 自ら調査に, 自身に, 見た内侍たち, 記事差し止めの, 評論だけを, 語ったそう, 誰であっ, 誰であり, 調査推測想像した, 講談俗話の, 謡い終って, 近代の, 通った旨, 逢った時, 過去二年の, 鐘巻自, 頭を, 鳥渡解説を

▼ 筆者~ (66, 5.9%)

3 知らない, 翁の 2 こころみたこと, この衆口, そのこと

1 [54件] ある, いささかながら, おおかたその, おそらく燭, この問題, さう, そこで一風呂, その後怠り勝ちに, その比, その男, その行動, それに, それ以上書く, ちょっとだまされた, とにかく初枝女史, また夢, めでたく筆, シーボルトと, ノウノウと, 一度貼り, 七八枚持っ, 今年初夏頃の, 佛教の, 信念する, 先生の, 古来の, 嘗て現代哲學, 太だ, 少々困る, 彼の, 彼女の, 思想史の, 或いは, 押し返しては, 持たれて, 持って, 文句なし, 昨年この, 更に知らなかった, 次の, 無残な, 目撃し, 真似て, 知らないこと, 稽古が, 筆を, 老人である, 聞き得なかった, 色々調べ, 訪れたこと, 詳しくは, 詳しく知らない, 選ばれて, 酔が

▼ 筆者~ (51, 4.6%)

2 かく語った, よると, コンナ話を, 寄せた, 述懐した, 送って

1 [39件] あたま, あって, あてて, いわせれば, じゅんじゅんと, その際, よれば, 一脈の, 傾注し, 向って, 命じて, 問えば, 天分が, 寄せられた手紙, 尋ねる人, 尻を, 憂えて, 指摘し, 描かれまた, 斯く語った, 書いて, 書きとらせた, 激動を, 照れたので, 突然徴兵令, 言った事, 言は, 言わせると, 試みたか, 話した人, 語った, 語って, 語りて, 語るの, 謝罪を, 返して, 迷惑である, 追懐し, 遠近法の

▼ 筆者~ (30, 2.7%)

5 して

1 [25件] こめての, たずねて, 一睨し, 今一度見上げ見下した, 俟たれず, 偲んで, 出すこと, 叱った言葉, 如何にも気の毒, 引合わせて, 引摺って, 引立てて, 当てようと, 待たなければ, 振り返って, 振返った, 攻撃しない, 机の, 皆し, 突飛ばしたので, 背中に, 舞台へ, 見上げ見下して, 見上げ見下すと, 除いた九名

▼ 筆者自身~ (25, 2.2%)

1 [25件] いい氣持, がいつも, がいわば, がかかる, がこの, がぽろぽろ, が大いに, が生活, が自発的, が酔うた, このよ, じゃない, にとって曖昧, の事, の円通, の希望, の感動, の推測, の身辺, はいっこうに, はとにかく, へ感じられ, もほっと, も意識, も自分

▼ 筆者~ (14, 1.3%)

2 同一である

1 [12件] なった, 一緒に, 三人歴行し, 云う順序, 同列に, 同様の, 同郷の, 大衆とを, 春団治研究に, 時を, 東組与力渡辺良左衛門同, 画題とを

▼ 筆者には~ (14, 1.3%)

1 [14件] いちいち書けない, これを, さつぱりわからんのである, そこまでは, その特技, そんな事, とうてい出来ない, ほとんど一語, 今以, 分からない, 怒られるし, 殆ん, 自由であり, 軽々しく云え

▼ 筆者である~ (13, 1.2%)

2 私が

1 [11件] ことを, ということ, というよう, わたくしとしては, わたくしには, グスタアフ・アッシェンバッハは, ノックスが, 僕という, 彼で, 白井自身な, 石田重吉という

▼ 筆者たち~ (7, 0.6%)

1 がみな一様, が時代的, が現代, の苦痛, の論文執筆, はみな渦中, は論文執筆

▼ 筆者~ (7, 0.6%)

1 が傍, が翁, が見, に謀った, の予算計画, の子方連, は少なから

▼ 筆者~ (6, 0.5%)

2 出演者の 1 出版社の, 圖柄や, 後の, 話者の

▼ 筆者にとって~ (5, 0.4%)

1 せめてもの, まだ解き, 何らの, 忍びがたい, 最も古い

▼ 筆者にも~ (4, 0.4%)

1 この点, こんな追懐談, わかりません, ハッキリと

▼ 筆者への~ (4, 0.4%)

1 便りで, 展開も, 書翰の, 理解を

▼ 筆者たる~ (3, 0.3%)

1 を問わず, 人間が, 日本人も

▼ 筆者として~ (3, 0.3%)

1 まず世, 働いて, 悲しいこと

▼ 筆者との~ (3, 0.3%)

1 ことである, ことについて, 監修で

▼ 筆者などの~ (3, 0.3%)

1 及びも, 少年の, 諸論中

▼ 筆者~ (3, 0.3%)

1 が一人, はイエス, は福沢諭吉

▼ 筆者から~ (2, 0.2%)

1 見れば, 質問した

▼ 筆者でも~ (2, 0.2%)

1 ありまた, 隠岐は

▼ 筆者としては~ (2, 0.2%)

1 再び探り出す, 及ばずながら

▼ 筆者としても~ (2, 0.2%)

1 いったいどっち, 到底忍び得ない

▼ 筆者とは~ (2, 0.2%)

1 まるで違う, ラ

▼ 筆者とも~ (2, 0.2%)

1 かなり心安かっ, 同名である

▼ 筆者によって~ (2, 0.2%)

1 発表された, 肯定された

▼ 筆者みずから銀公~ (2, 0.2%)

2 の才能

▼ 筆者みたい~ (2, 0.2%)

1 なさ, な人物

▼ 筆者不明~ (2, 0.2%)

2 の大書

▼ 筆者又は~ (2, 0.2%)

1 寄書家に, 寫生的に

▼ 筆者安積源太夫~ (2, 0.2%)

1 なる人, は四十年前

▼ 筆者源太夫~ (2, 0.2%)

1 が嵯峨, は尼

▼1* [82件]

筆者あたりの年, 筆者からのお願い, 筆者この小卓, 筆者さえも予想しなかった, 筆者たち林房雄山田清三郎亀井勝一郎その他の著作, 筆者と信じられ, 筆者だけには分るが, 筆者だけの勝手な, 筆者すらもその, 筆者であってかねてから, 筆者でありこの短い, 筆者であり抱き締めていた, 筆者でさえも大人の, 筆者ですね, 筆者とが蒐集した, 筆者とくらいであった, 筆者としての僕の, 筆者とに期待し, 筆者と共に翁も, 筆者なぞは全然顔, 筆者などと一緒に, 筆者なら刀剣類は, 筆者なりが文章を, 筆者なりの人格或は, 筆者においてあらわれるこの, 筆者においても最初から, 筆者にとっては正直の, 筆者にとってもじつは一つ, 筆者に対して多くの, 筆者に対する一種の, 筆者はもいちどすげなく, 筆者ばかりでは, 筆者ばかりでせうか, 筆者ひとりではあるまい, 筆者話した人, 筆者づ知り, 筆者よりよく知っ, 筆者よりも数十層倍深刻な, 筆者が少年時代, 筆者トルストイの卓抜鮮明, 筆者一人では, 筆者中條が, 筆者丹治瑩斎というの, 筆者九条兼実をちょっと, 筆者九郎右衛門の身囲, 筆者以上の理解, 筆者以外に外部世界, 筆者保高徳蔵さんの嘆いた, 筆者其の他には, 筆者其人がそれ, 筆者北畠親房はこの, 筆者区々になっ, 筆者卑怯千万の芸術家, 筆者来て, 筆者樣, 筆者呉青秀は黛夫人, 筆者唖然たらざる, 筆者太田牛一もまた, 筆者宗吉の身分, 筆者家時などはつい, 筆者小瀬甫庵はあらゆる, 筆者幻庵は北条早雲, 筆者当人はさしたる, 筆者斎藤茂吉氏は覊旅蕨, 筆者松本清張氏が見え, 筆者武田君は明治三十八年七月, 筆者の惡皮肉, 筆者独自の公平, 筆者獅子文六が同時に, 筆者獨自のいろいろ, 筆者等数名の不調法, 筆者紀暁嵐は曾, 筆者經光に悲憤, 筆者自身これを目撃, 筆者自身後段の, 筆者自身自己批判するところ, 筆者葉山嘉樹君にいわし, 筆者註アッコオバチャンは口, 筆者貫之朝臣の一行, 筆者逸見氏は自分, 筆者里村欣三が何たる, 筆者阿部彰氏から鄭寧