青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「説話~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

誤解~ ~説 説~ ~説い 説い~ ~説く 説く~ 説教~ ~説明 説明~
説話~
~読み 読み~ ~読む 読む~ ~読ん 読ん~ ~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者

「説話~」 1088, 12ppm, 9302位

▼ 説話~ (251, 23.1%)

7 中に 4 場合に, 最初の 3 如きは

2 [22件] はじめの, 一, 一つで, 一つである, 一として, 一に, 一種と, 三個の, 中にて, 中にも, 伝播の, 伝播は, 内容は, 分子を, 形式に, 形式を, 性質は, 舞台を, 英雄の, 裏面に, 骨子と, 骨子なり

1 [189件] あるの, うちには, かく分布せし, ごときも, できたの, イカルスは, 一つに, 一つ朝鮮系統の, 一例としても, 一例に, 一例は, 一個に, 一個の, 一形式に, 一方の, 一種に, 一般の, 一般性質と, 上に, 上にも, 不忍池, 中にても, 中には, 中日本神話に, 中最も, 中第, 主人公たる, 主人公として, 主人公の, 主要なる, 主題が, 亀は, 二言三言を, 交叉点にも, 代表者たる, 伝って, 伝つてゐる, 伝承, 伝承は, 伝播, 伝播に, 伝播性と, 位置を, 兎は, 共同起原説を, 典型的な, 動物とは, 単一起原説の, 印度起原を, 叙述法が, 名称を, 命令通りに, 固有の, 圏内に, 基礎に, 変遷転化し, 外には, 外観を, 多いの, 多く存ずる, 大圏内, 大要かくの, 大要なり, 大躰, 天女は, 天少女も, 好んで, 如きその, 如きタイロル, 如きバーリング, 如き何れ, 如き或, 如く具體的形容, 如く或は, 如く求婚説話, 存するは, 存ずるは, 存在の, 存在を, 宝庫を, 島々の, 常型, 年齢, 年齢或, 度に, 形を, 形式の, 影響を, 性質の, 性質を, 愚なる, 或伝承, 或者, 拡布を, 拡布上頗る, 採集は, 摸倣なり, 散見する, 普通の, 最も有りふれた, 最も著しき, 最初からの, 最原始, 最古の, 末段と, 末段に, 末節は, 本原なり, 本源たる, 本源地も, 条に, 枝葉の, 根元は, 根原地としての, 根本思想たる, 根本的ならざる, 根源なり, 根源を以て, 構成, 構成に, 構成に関して, 模倣なり, 模倣なりと, 比較, 漢文書きなどを, 無関係的別生説, 片言隻語を, 物語らるるに, 物語らるるは, 物語らるるを, 物語られし, 特徴に, 特徴の, 特有に, 特生を, 特色より, 独生説を, 狼熊或は, 猿と, 猿に, 玉匣は, 生ずるに, 発生する, 発生の, 発端吾三保の松原に, 発達, 研究には, 研究に際して, 示せる無数, 神女が, 神女を以て, 童話に, 簡単なる, 結尾なる, 結尾は, 結構に, 結構上自然の, 續きで, 義に, 英雄なり, 英雄は, 英雄ウフラカニヤナは, 英雄禹を以て, 表現法の, 要旨と, 要素の, 解釈, 解釈たる, 解釈としては, 解釈なり, 解釈に, 解釈は, 記録な, 記録なる, 語る如き此種, 語法なき, 説明としては, 起源や, 輪廓を, 通り名の, 達人の, 間に, 集録とも, 面目を, 領域から, 類は, 類似あり, 骨子に, 骨子は

▼ 説話~ (148, 13.6%)

19 於て 17 して 15 於ては 6 その例 5 就ては 3 至りては 2 よれば, 其例多し, 従えば, 於ても, 普遍的な, 見えず, 見ゆるかの

1 [69件] すぎないと, なる, もとづいて, 不可分の, 似たり, 傾いて, 出て, 出るきまつ, 参与し, 及ばんと, 及び此種, 及ぶもの, 同じ, 同様の, 基づいた物語, 変ずるもの, 多趣多様, 存せしもの, 就て, 就ても, 属するもの, 島は, 当って, 後世の, 悪魔と, 於けると, 於ける数, 於ける青年英雄, 曰く, 曰くはじめ鶴と, 曰く勲爵士即ち, 曰く昔或, 曰く昔獣を, 曰く火は, 最もよく類似, 此動物の, 比して, 比較し, 無関係らしい, 甚類似し, 符合す, 繋るよう, 至っては, 至るは, 見えたる一例, 見えたる女, 見えたる離別, 見ゆること, 見ゆる兎, 見ゆる動物, 見ゆる天津少女, 見ゆる如きその, 見ゆる如き神人, 見ゆる熊, 見ゆる蓬莱仙女, 見るも, 触れざるもの, 變化が, 近きもの, 過ぎざるや, 過ぎずと, 過ぎずとせば, 道徳的趣味の, 附属す, 附帯し, 題材を, 類し一方, 類似の, 鰐の

▼ 説話~ (117, 10.8%)

3 其性質に 2 一個の, 之を, 即ち之, 必しも, 或点, 此の, 此点に, 種々の, 第二

1 [96件] この節, この説話, ずいぶん廣, その例証, その内容, その半途, その数, その最古, まだその, イソップ以来既に, 一方に, 之に, 人間と, 今日までの, 以上の, 伝えて, 信仰より, 兎の, 全く一, 全く印度欧羅巴動物説話, 全く同じ, 全く同一, 全然仮構, 共に同じ, 共に蛇神, 共に釣魚, 其一なり, 其前半に, 其数に, 其発達の, 其結構に, 凡そ下の, 凡て或, 出雲神話の, 到る処, 前に, 南洋説話と, 単独の, 印度日耳曼民族の, 唯かの, 唯其人, 唯此樹, 多くの, 多く英雄, 大抵神明, 如何に, 姑く, 孔子よりも, 孔子以後戦国時代の, 少し余事, 希臘神話中にて, 幾つも, 必ずしも弘, 恐らく前者, 悉くその, 所謂世界大, 所謂世界的洪水説話の, 所謂天地分離の, 採薬民, 支那国民の, 支那太古の, 支那神仙説と, 支那説話に, 智力の, 曰く一個の, 曰く太陽より, 最も古く, 未開時代に, 果して純粋, 次に挙ぐる五個, 此を, 此信仰を, 歴史的體系の, 殆ん, 漢文の, 漸くに, 獅子と, 甚だ理解, 生ぜしや, 略, 疑なく欧羅巴動物説話, 盖し, 盤古の, 盲人から, 睡眠其ものの, 硬固勃率, 第一式, 肉躰を, 英雄神話の, 解釈せられ, 諸の, 謡曲文学に, 遂にその, 頗る此種, 魯頌以後に, 鰐に

▼ 説話~ (99, 9.1%)

4 有す 2 外に, 挙げん, 物語るもの, 生ずるに, 発見し, 発見する, 記す, 説明せん

1 [79件] すること, その研究, その説話界, つくりそれ, のみ生ず可, ひとつ, まとめ上げたもの, われわれの, 互に比較, 伝うるは, 伝えたり, 伴うて, 作り出し時として, 作為し, 作為する, 傳えて, 其の儘, 其はじめの, 其ま, 其経典に, 分類すれ, 包有する, 十分に, 名つけ, 含む, 含有する, 听て, 変形せし, 多く発見, 天然現象に, 得可し, 持つて, 掲ぐ, 掲ぐるもの, 文字の, 新たに, 既に知る, 日本書紀においては, 書いて, 有するも, 有せざる, 根拠と, 殺して, 比較し, 比較せん, 物語るにさえも, 生じたり, 生じたりと, 生じ之, 生じ得べければ, 生ず, 生ずるが, 生ずるも, 直ちに自然現象, 直写し, 示すは, 称して, 結合する, 聞く恰も, 聴聞する, 聽聞する, 自分の, 蒐集し, 蒐集し得た, 見るに, 親聴する, 観察し, 観察する, 解釈す, 解釈せん, 記する, 記憶し, 試みた, 詳かに, 誠にふさわしき, 説話なりには, 述べん, 通観する, 運ぶ人々

▼ 説話~ (91, 8.4%)

4 云う, 名づく, 比較す, 称す可 3 殆ん, 比較する 2 云う可, 同じ, 異る, 称するを, 稍や

1 [59件] いう, いうに, かかわる所, この信仰, この希臘説話, す, なったの, なりて, なる, なれり, タンホイゼル説話とを, ラングが, 一致する, 云い童話, 云わず口碑伝説, 他の, 伝説とは, 偶然の, 全くその, 全く同一, 共通の, 其趣に, 十五, 同じく世人, 同じく容易, 同じである, 同一なり, 同一に, 同様なり, 同様なる, 名づけ北欧日耳曼神話, 変ずるが, 大に, 妻争いの, 希臘説話とを, 彦火, 挿絵に, 摺振, 支那国民の, 未開民族の, 根本的に, 此の, 此ものとの, 民間の, 浦島説話と, 猶太説話, 相結合, 神話とは, 称し得可, 稍異る, 第一式, 結合する, 自称する, 見ゆること, 見んに, 規則正しい連繋, 註解とが, 述作神話との, 驚く可

▼ 説話~ (54, 5.0%)

2 ある, 縁りて

1 [50件] あったらしいが, あつて, あり神話, あるので, あれども, こういう名, この説話, そうで, その性質, その枝葉, それぞれの, ない, ヘラクレスが, 世界の, 久しく一人称形式, 之を, 些し, 伝わって, 全く無, 其或一面に, 凡ての, 印度支那神仙説の, 取りあげられたもの, 各種の, 同様の, 国民信仰たる, 多く採, 天地分離説話として, 孔子より, 存外乏しい, 後の, 成長し, 我国の, 或る, 数多く残っ, 日, 日月の, 普通の, 東周の, 果して純粋, 比較的に, 海の, 独りこの, 甚だ多く, 発達しない, 示すよう, 神婚説話の, 行はれ, 詩人の, 道徳的趣味を

▼ 説話~ (24, 2.2%)

10 亦た

1 [14件] あるが, その源, また一種, また或, また鷺, 人間と, 全然出, 其一形式に, 殆ん, 比較説話学上より, 睡眠を以て, 結合され, 茅輪の, 言語の

▼ 説話として~ (20, 1.8%)

2 之を, 解釈す

1 [16件] その分布, 一般神話学の, 傳播し, 別に研究, 口頭対話式をと, 捨てるべきもの, 書いたもの, 残つてゐます, 毫もその, 理解し, 研究す, 神婚説話の, 観察する, 解釈せざる, 説明し, 論ぜら

▼ 説話にも~ (12, 1.1%)

3 その例 2 亦た 1 あらずして, この一条, また等しく, 之あり, 褶振峰の, 見る事, 非ず

▼ 説話~ (12, 1.1%)

2 はいささか, は第 1 か, が博覧, が品名, だとは, にすぎない, に別れた, の一人, の言語情調

▼ 説話より~ (10, 0.9%)

2 出でたり 1 その材料, はじめん, 凡ての, 出でし, 取りたること明, 哲学的分子を, 来りしこと, 甚だ新しく

▼ 説話~ (10, 0.9%)

2 というもの 1 であり石坂洋次郎, で書かれた, になり, の手法, はその, は簡明, をこね上げたらし, 或は描写体

▼ 説話とは~ (9, 0.8%)

1 かの一点, その一点, 全く別個, 共に説話界, 大に, 明かに, 民間説話中種々の, 異なつて, 直接に

▼ 説話構成~ (9, 0.8%)

5 の契機 2 の一契機 1 の上, の際

▼ 説話とを~ (8, 0.7%)

4 比較する 1 互に比較, 併せ兼ねたる者, 挙げん, 示さん

▼ 説話との~ (7, 0.6%)

2 間に 1 一致は, 境目が, 間にも, 関係は, 関係を

▼ 説話には~ (7, 0.6%)

1 之なき, 向かぬ天質, 島々の, 相違なき, 知られざるなり, 稍や, 結髪の

▼ 説話~ (7, 0.6%)

1 には説明説話義, にもまた, に動物, に於, に混入, に発見, の天女

▼ 説話~ (7, 0.6%)

1 にその, に於, に比較, に求む, に発見, より少しく, 殊に日本

▼ 説話的分子~ (7, 0.6%)

1 あり一々, とは純然, により, の此英雄, の混入, を混入, を除去

▼ 説話~ (6, 0.6%)

2 あつて 1 いかにこの, けだし後世海岸, ただこの, 置いたらまだしも

▼ 説話なる~ (6, 0.6%)

1 か, も前, や或は, 可く, 可し, 小説には

▼ 説話を以て~ (5, 0.5%)

1 イミル説話の, 単に其最後, 支那説話の, 直ちに樹木説話, 純粋なる

▼ 説話~ (5, 0.5%)

1 されたの, されて, したの, したもの, して

▼ 説話即ち~ (5, 0.5%)

1 タンホイゼル説話と, 之なり, 低級神話に, 勇者譚に, 高級神話は

▼ 説話~ (5, 0.5%)

1 では, な執念, の分子, の言語, 異成分

▼ 説話~ (5, 0.5%)

1 にいづ, の最大最古, の比, は文明年間, 即

▼ 説話という~ (4, 0.4%)

1 のは, 名を, 小説を, 方法を

▼ 説話なりと~ (4, 0.4%)

1 すれば, せば, 解するも, 説明する

▼ 説話もの~ (4, 0.4%)

1 については聊か, はたいてい, を書くだろう, を止めよう

▼ 説話~ (4, 0.4%)

2 の智識 1 と云う, は之

▼ 説話或は~ (4, 0.4%)

1 之と, 伝説の, 尚分類, 尚精密

▼ 説話発生~ (4, 0.4%)

3 の動機 1 の基礎

▼ 説話たる~ (3, 0.3%)

1 ことを, の差, ものあり

▼ 説話であっ~ (3, 0.3%)

1 て, て或, て順慶

▼ 説話である~ (3, 0.3%)

1 がその, が前, 長者伝説を

▼ 説話では~ (3, 0.3%)

1 あっても, その質, 人が

▼ 説話としての~ (3, 0.3%)

1 其分布も, 形式によつ, 神婚説話の

▼ 説話としては~ (3, 0.3%)

1 大に, 稍や, 誠に興味

▼ 説話とに~ (3, 0.3%)

1 其例甚多し, 於て, 於ても

▼ 説話とも~ (3, 0.3%)

2 云う 1 称す可

▼ 説話については~ (3, 0.3%)

1 これを, そのおも, 猶さら

▼ 説話~ (3, 0.3%)

1 または上代史, 創世説話を, 歌謡の

▼ 説話学上~ (3, 0.3%)

1 の一個, より観察, 別に之

▼ 説話と共に~ (2, 0.2%)

1 一対の, 出雲系統の

▼ 説話~ (2, 0.2%)

2 のである

▼ 説話なり~ (2, 0.2%)

1 と云う, と観察

▼ 説話によ~ (2, 0.2%)

1 つて其由来の, つて説明した

▼ 説話に関して~ (2, 0.2%)

1 後章, 言語学派の

▼ 説話に関しては~ (2, 0.2%)

1 別に云う, 数百の

▼ 説話に関する~ (2, 0.2%)

1 後世の, 智識を

▼ 説話学者~ (2, 0.2%)

1 が単一起源説, は寧ろ

▼ 説話形成~ (2, 0.2%)

2 の一個

▼ 説話的記事~ (2, 0.2%)

1 と観察, の神話中

▼ 説話~ (2, 0.2%)

1 にし, を比較

▼ 説話詩化~ (2, 0.2%)

2 せられたる教訓

▼1* [61件]

説話あり名づけて山岳, 説話から威力を, 説話からの影響を, 説話ことに兒童の, 説話ても真実, 説話するとその, 説話そのものにおいても神代, 説話であったのを, 説話でなく其を, 説話とが並び行, 説話とでも云うべくその, 説話など多方面で, 説話などにも既に東北地方, 説話などはそういう上代, 説話なりには聞いては, 説話なりや或はまた一個, 説話において二大, 説話においては我々の, 説話によって生きて, 説話に関しても他の, 説話のみ独りこの, 説話のみに非ざること, 説話のみには非ず, 説話ばかりあつて, 説話もしくは信仰等の, 説話をも此説明法によりて, 説話両者の動機, 説話中種々の形式, 説話亜米利加説話南太平洋の説話等, 説話伝承でなかつたとまで, 説話伝説の一例, 説話作為せられ大, 説話其ものの本, 説話千有餘に上り, 説話南太平洋の説話等, 説話及びウルヴシと, 説話口碑其の他, 説話同時に神人配遇説話即ち, 説話の名称, 説話に当る, 説話大抵下界への通路, 説話と地, 説話宝庫を飾る, 説話小説の部類, 説話と違つて舞臺文學, 説話既にこの人格化, 説話本来の性質, 説話民間説話など多方面, 説話のやう, 説話であり後, 説話界中に人間, 説話界中興味あるもの, 説話発達の研究, 説話的伝説的に物語, 説話的英雄を中心, 説話研究者がその, 説話系統の形式, 説話あり民間地名学, 説話とは見られ, 説話の哲学, 説話に存する