青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

與~ ~興 興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~ 興行~ ~舌 舌~
舍~
舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~

「舍~」 1178, 12ppm, 9308位

▼ 舍~ (397, 33.7%)

5 前に 4 小學校, 方へ, 自然から, 鐘の 3 ことで, 人は

2 [32件] さか, やうに, 一室に, 中で, 中に, 事で, 人が, 人の, 別莊, 前へ, 壁, 女學校を, 子供は, 實家へ, 小學教師, 屋根に, 庭に, 庭には, 方で, 時計, 村, 生活に, 生活の, 生活は, 生活を, 病院に, 白つ, 百姓の, 豪士の, 門を, 鷄, 鷄です

1 [306件] あたりには, ある新, あんない, うす暗い廊下, うち憐むべし, おやぢ, お婆さんが, お祖母さんがね, お醫師, かどにす, くらしは, ことだ, ことです, ことを, こと東京の, こわれたの, ごちそうで, ごと修理めたまはば, さびしさが, すぐ背, そばに, たたずまひ, だるま屋た, つめたき床, どこへ, どん百姓でも, みじめな, ものが, ステーシヨン前の, セヴィニエ夫人, ボスに, 一つな, 一室で, 一軒家の, 一部を, 丘, 丘の, 中へ, 中學, 中學教師, 主に, 主人が, 事だ, 事なれ, 二棟の, 人たちの, 人と, 人生は, 人達は, 伯母の, 停車場は, 停車場前もさう, 傍を, 先生は, 内に, 内儀, 初午は, 別墅に, 前で, 前の, 前を, 區裁判所判事の, 印, 印は, 受付には, 名護屋行燈淺草で, 味氣ない, 商人らしい, 商家の, 國有種馬牧場を, 土くれ, 土でない, 土の, 土地を, 地主が, 城より, 夏を, 外に, 夜にでも, 夜の, 夜半の, 夜更けと, 夜路を, 大きさ, 大きな柿, 大盡, 大竈, 天窓と, 奧へ, 奪掠に, 女で, 女な, 女の, 女房に, 女房子供たちまでも, 女教員, 如く板塀, 妻の, 妻子お, 姑の, 娘と, 娘には, 娘の, 娘らしく, 婆さんでも, 婆さんなんかの, 子は, 子供が, 子供たちへも, 子供でも, 子供といふ, 字は, 學校の, 家と, 家に, 家の, 家へ, 家を, 家中町で, 宿の, 寂しい畔道, 寂しい街道, 寢藁の, 寺, 小さな森, 小ひ, 小家族, 小村の, 小正月に, 小都會同樣, 小都邑, 小驛, 少年の, 少年活版工小間物行商人税關の, 屋根へ, 山猿に, 工場で, 座敷から, 庭が, 廢園, 後に, 從妹とか, 忘られた, 思ひ出, 惡童の, 愛人から, 憂鬱は, 或る, 戸を, 投書家に, 擔當も, 改善等未だ, 教へ, 教區の, 教師抔といふ, 整ふも, 敷地に, 新居へ, 新聞に, 新聞は, 新聞へ, 方から, 方が, 方には, 方の, 景色が, 暗い田圃道, 月は, 村役場の, 村長じみた, 村長で, 村長の, 村長臭い, 棟續きの北湖先生を, 樣だ, 樣子も, 横には, 横を, 樵や, 檐朽ち, 正月が, 正月は, 正月料理の, 正面には, 武士が, 段の, 殺氣, 氣を, 水車, 泥濘路を, 洗ひ, 流しを, 漬物の, 火に, 無聊は, 爺婆は, 牧場で, 物持ちの, 生れにて, 生徒で, 生活において, 町である, 町などは, 町に, 町へ, 町や, 町家の, 留置場は, 番を, 疎らな, 疎林を, 病室に, 病院で, 病院の, 百姓で, 百姓である, 百姓家な, 百姓家の, 百姓家を, 盆といふ, 監督と, 直ぐ背後, 眺めを, 眼界を, 研究から, 社中も, 神棚にも, 空氣が, 窓から, 窓に, 窓の, 粗野な, 素封家などには, 素朴さうな, 結構頗る見る, 習慣で, 老人が, 老女なぞに, 老婆が, 老爺は, 老牧師, 者が, 者だけ, 者などは, 者始め, 自分達の, 臺所ほどの, 興行物を, 舊家といふ, 舊家の, 花園の, 若者には, 草深い中, 華麗を, 蓆戸に, 藪の, 藪醫者みたいにな, 虎杖に, 街を, 街道に, 裏から, 裏に, 規模に, 規模によ, 言葉で, 言語である, 設ある, 誰彼の, 談話室ね, 警察は, 讀者は, 貧しい人, 貧しい農家, 賄方と, 賄方の, 赤屋根寺院の, 軒に, 近く迄, 遊び事や, 道は, 道者魂消た, 道路は, 郡長を, 部屋で, 郵便箱の, 醫者は, 野原の, 鐘のねも, 鐘われがね, 鐘を, 長い廊下, 門に, 開業醫づれの, 陋屋に, 陰から, 隣の, 雜誌から, 雪の, 電車に, 露に, 青年には, 青年學校へ, 靜かなと, 風景は, 風景を, 風流氣ある

▼ 舍~ (183, 15.5%)

5 住んで, 於ては 4 歸り 3 ゐても, 收容された 2 して, ゐて, ゐら, ゐると, 住む事以外, 居る時, 目白押の, 置いて

1 [147件] あつて, あてられた頃, あらはると, ありさうな, ある古い, ある堂宇, ある間, こを, した小, すくまれば, ほど近い狂人監房, ゆけばわ, よくある, よく見る, ゐたくは, ゐたやう, ゐた久右衞門さん, ゐた當時着古し, ゐた間, ゐての, ゐなければ, ゐること, ゐる男, ゐる高橋, ジェミイ・フリールという, チブスを, 一生壜や, 人を, 似せて, 似たる, 似合ず, 似合は, 住まつて, 住みにくい, 住む老人, 來て, 來てから, 來れる, 信吾之, 入って, 入つた, 入つた頃, 入つて, 入らむことを, 入り訓練, 入るの, 入れた, 入れられて, 去りました, 同棲させた, 咳嗽の, 在ては, 埋もれさせるの, 多いの, 妻と, 妻子を, 學校の, 安んぜざる悵, 寄宿し, 寢泊りを, 就て, 居た頃, 居つて, 居りし時, 居る分, 居る身内, 居辛く, 引つ籠つて, 引籠つて一見, 引込んだもの, 往くには, 惜しい, 戻ること, 投げ込んで, 投ずれば, 收容され, 杉村氏を, 李堂が, 李堂の, 案内された, 歸つて來た, 歸つて身を, 歸りたく, 歸る, 歸れ, 残って, 泊ること, 泊るの, 流れ込んで, 演説す, 潜居, 生ひ育つた, 生れたから, 生れたもの, 生れて, 生れ貧乏, 留まつて, 留るを, 病人が, 着くと, 破れぬ, 私が, 秋は, 移つた, 移つてからの, 稀なる, 粉, 繋がれるなど, 置くの, 置くは, 育たれた事, 腰を, 自分の, 至るそれ, 落ち着くん, 蝋燭を, 蟄居し, 行かうと, 行きしが, 行くこと, 行くといふ, 行く決心, 行つ, 行つてる, 行つて見ます, 行つて見よう, 設け僧, 許り居た, 詰めて, 變り果てた, 起臥を, 近い木戸口, 近い郊外電車, 返りて, 退隱, 逃げ出すん, 速かに, 遊びに, 運ばれた, 過したもの, 遠からず, 遺って, 開業し, 靜養に, 飯屋なんて, 養ひ, 駈込

▼ 舍~ (66, 5.6%)

4 歸る 3 やつて 2 嫁入, 引取られ, 歸つて來た, 行くやう

1 [51件] こもりて, ひとりでは, ひろめた, やつた, やつたら, 伴なはれ, 來た, 來て, 來る, 入りこんで, 出て, 向つて出發, 尋ね行事, 引籠り遣ひ, 引込で, 引込むやう, 引込んだの, 復る, 新しく足場, 歸し, 歸しも, 歸す, 歸つてから, 歸つて彼は, 歸つて百姓する, 歸つて肥桶を, 歸つて行かう, 歸つて行つたから, 歸らぬ, 歸り, 歸れません, 田舍へと, 發たせなけれ, 落ちて, 行きては, 行くこと, 行けば, 行つて, 行つても, 行つて一人の, 行つて若い, 買出に, 資金調達にか, 赤ん坊を, 返つて, 追歸さん, 逃げ出したり, 這入りますと, 通つて作文問題の, 通ふ, 遣はさんとて

▼ 舍~ (62, 5.3%)

2 私は, 育つて

1 [58件] あつた, あつて, いふ屋根裏, おいしい鮮魚料理, かうした樂器, くらすが, せうその, その森, 一日を, 一氣に, 人々が, 他に, 代用教員などを, 休んで, 使ふ, 出遇つた露西亞人, 勉強し, 勉強しよう, 北に, 同室だつた, 妻を, 妾といふ, 必死と, 成長した, 日本全, 暮したの, 暮らした老人, 書いたといふ, 書いた詩稿, 月給四十圓の, 歌を, 泊つたことの, 泊めて, 溜めた大金, 生れて, 田も, 番太郎と, 癩病患者および, 百姓を, 百姓相手に, 私の, 老先生, 育ちました, 育つた, 育つたもの, 育つた者, 荒く育つた, 見た事, 見た風景, 語學を, 過ごさして, 過したクリスマス, 郡司の, 銀行業を, 開かれた, 食ふために, 食べるほど, 食事を

▼ 舍から~ (42, 3.6%)

9 出て

1 [33件] きふに, その春, つ, はじめて新橋, ポツと, 來る, 内證, 出たて, 出たばかりの, 千葉の, 呼んだ娘ぢ, 呼寄せました, 女の, 姪が, 姿を, 帽子も, 引き出して, 引取られ, 村の, 村落に, 歸つ, 歸つた澄子さんが, 歸つて行く, 田舍へ, 百姓の, 着て, 私の, 自分の, 親類でも, 遠縁の, 雇入れた, 離れた獨立, 食事を

▼ 舍~ (41, 3.5%)

3 すぎ 2 ひろげ住侶, 出た, 出て, 出てから

1 [30件] おとづれる樣に, おもふ, そつくりそのまま, のぞいて, のぞきました, ば好し, めぐらした紅白, 出たいと, 出たもの, 守らない, 建てた方, 建てシーボルト講學, 建て暫し, 建築する, 廻つて歩く, 手頼りに, 拔けて, 教へて, 曲馬師の, 歩いて, 祓うて, 窓の, 背お, 訪ねて, 訪ひ, 連ね美しく強い, 避ける外, 避る, 開いて, 開かれた時

▼ 舍~ (32, 2.7%)

2 大官大寺に, 田舍らしい

1 [28件] あたかも蜂の巣, きまつた, ふんとにや, ぽつんと荒地, まちの, 二三年前の, 人冠に, 今巡拜者の, 信濃の, 基督紀元, 大根ぬきで, 後ろの, 新築であり, 日本語の, 木曾街道の, 木造二階建で, 水に, 氷屋でございます, 物固く, 狹隘を, 田植の, 空にな, 美濃の, 老朽し, 聖なる鳥, 見るからに, 誰が, 高い山の端

▼ 舍には~ (26, 2.2%)

1 [26件] いる規則, そんな夢, ぢつ, とても居られる, ない, ひつた, ロマンチックが, 不相應, 兩親も, 別に面會所, 女の子が, 妻も, 尚一層, 帝國女子專門學校と, 床上更に, 息吹く年の瀬, 極めて少ない, 此の, 殘つてゐるであらう, 珍らしく, 稀な, 老の, 花の, 誰も, 降りつもる年, 食事時間の

▼ 舍では~ (24, 2.0%)

2 今でも, 大抵の

1 [20件] なかつた, ゐろりの, 三年越し, 不斷, 今も, 住吉神社といふ, 何十年も, 何處の, 其樣な, 夕方に, 寒くなる, 想像も, 毎日大人に, 毒婦と, 珍らしい, 私は, 種々な, 空には, 聞かれた事, 近所に

▼ 舍~ (19, 1.6%)

2 あつて

1 [17件] いい樣, こひしい, こひしう, すぐ目, そばに, ちょっと騷, どんどん優秀, ない, ひどく低く小さく見える, 其奧に, 尤もい, 建てられこの, 建てられて, 持つ魅惑, 流れの, 近いから, 隣に

▼ 舍~ (19, 1.6%)

2 同樣

1 [17件] あり, このへん, そのコンブレエ, ない, 今の, 惡徒の, 戀ひしいだらう, 支那の, 有る, 柏原へ, 江戸も, 無用の, 爲めに, 田舍たいへん, 苦しくて, 貧しくて, 近くなつた

▼ 舍もの~ (13, 1.1%)

2 もあらざりき

1 [11件] じみて, だ, だと, と笑, なら田舍もの, にし, になれる, の温か, の癖, 扱ひ, 田舍ものと

▼ 舍~ (10, 0.8%)

1 いへば, アカイアの, 云ふ, 園庭と, 寄宿舍に, 山羊の, 私の, 稱した, 綿の, 聞ある

▼ 舍言葉~ (10, 0.8%)

1 が引き立つまい, でやつ, で密, で掛合, で瀬川さん, と言, と言つて, などはかぶつ, のこと, を懷

▼ 舍廻り~ (6, 0.5%)

1 から江戸, では良い, でも二枚目, の役者, の撃劍遣, をさんざん

▼ 舍にも~ (5, 0.4%)

1 あるやう, ゐたの, 客が, 行つて見たい, 食料にも

▼ 舍じみた~ (4, 0.3%)

1 ハイカラ風を, 傾向ある, 容子できよ, 樣子の

▼ 舍~ (4, 0.3%)

1 つて相當氣が, とてそれくら, と駿介, ツた

▼ 舍でも~ (4, 0.3%)

1 御泊り, 神社でも, 秋は, 種紙といふ

▼ 舍といふ~ (4, 0.3%)

1 ものに, 名が, 氣が, 漢學塾を

▼ 舍へは~ (4, 0.3%)

2 歸らね 1 ひつた, 行かないの

▼ 舍より~ (4, 0.3%)

1 來れる, 出でし初め, 大勢客が, 引き出されて

▼ 舍らしい~ (4, 0.3%)

2 閨の 1 佗びしい感じを, 穩かな

▼ 舍~ (4, 0.3%)

1 の禮, を願はん, 給ふ, 給へ

▼ 舍暮し~ (4, 0.3%)

2 の時分 1 のせゐか, を餘儀

▼ 舍暮らし~ (4, 0.3%)

1 などで一夏ぢ, にもうすこし, に恍惚, はどんなに

▼ 舍生活~ (4, 0.3%)

2 をし 1 とはその, のなか

▼ 舍芝居~ (4, 0.3%)

2 の一座 1 の韮畑, を見

▼ 舍くさい~ (3, 0.3%)

1 人間で, 職人くさい, 顏立ちとは

▼ 舍~ (3, 0.3%)

1 てゐた, て下げられた, て了ツ

▼ 舍だけに~ (3, 0.3%)

1 のんびりし, 盆とか, 都會人の

▼ 舍との~ (3, 0.3%)

1 よい文化交流, 對立といふ, 間は

▼ 舍において~ (3, 0.3%)

1 人と, 恆例の, 見かけます物

▼ 舍まで~ (3, 0.3%)

1 出來, 出張らせること, 訪ねて

▼ 舍れる~ (3, 0.3%)

1 ことなど, といひき, 善き神

▼ 舍新築移轉案~ (3, 0.3%)

1 が議題, といふもの, は四

▼ 舍新聞~ (3, 0.3%)

1 でも維持, のもぐり記者其他, は彼

▼ 舍染みた~ (3, 0.3%)

1 建物に, 所です, 髪で

▼ 舍臭い~ (3, 0.3%)

1 一寸聞きとれぬ, 蕪雜な, 親爺が

▼ 舍訛り~ (3, 0.3%)

1 とそれ, の可笑し, の高

▼ 舍~ (2, 0.2%)

1 てはこの, 内を

▼ 舍じみ~ (2, 0.2%)

1 てゐ, てゐる

▼ 舍~ (2, 0.2%)

1 や, や全貌

▼ 舍づくり~ (2, 0.2%)

1 のかご花活, の籠花活

▼ 舍での~ (2, 0.2%)

1 器量好である, 話である

▼ 舍とて~ (2, 0.2%)

2 私立なれ

▼ 舍とは~ (2, 0.2%)

1 云ひ, 言へ

▼ 舍などは~ (2, 0.2%)

1 まるで花, 書屋の

▼ 舍なり去りし~ (2, 0.2%)

2 四月の

▼ 舍にばかり~ (2, 0.2%)

1 居て, 引つ込んで

▼ 舍へも~ (2, 0.2%)

1 どつて, 水が

▼ 舍~ (2, 0.2%)

1 はりに, はりの

▼ 舍みち~ (2, 0.2%)

1 をあるい, を龜さん

▼ 舍よりも~ (2, 0.2%)

1 まだ酷い, 七十哩も

▼ 舍ツぺい~ (2, 0.2%)

1 が被布, だ

▼ 舍~ (2, 0.2%)

1 作ラムト欲スルガ如シ, 直チニ使用スベキコトヲ明示シタリ

▼ 舍少女~ (2, 0.2%)

1 ではあれ, の風俗

▼ 舍新築~ (2, 0.2%)

1 の工事, の鉋初め

▼ 舍育ち~ (2, 0.2%)

1 だから, には似

▼1* [101件]

ありや, 舍むろ二葉亭四迷の, 舍おぼろ嵯峨之舍, 舍がけのなか, 舍ぎらひ温泉ぎらひまた自然生活ぎらひで, 舍くさくなつてる, 舍するや, 舍さして歸る, 舍さするやと尋ねられけれ, 舍さ來てゐた, 舍しかない, 舍したる我心を, 舍しなければならない, 舍まひは, 舍せし事故甚だ, 舍せられ度々の, 舍たいへんな田舍, 舍だの空だの, 舍つてゐたと, 舍であるがでも, 舍ですねえ, 舍というたが, 舍としてあてが, 舍とを見, 舍のでそれ, 舍ながら大構, 舍なぞでは, 舍などに行くと, 舍ならば判り, 舍なら仕かねまいと, 舍なるボルゲビィ・ガアルといふ, 舍なれども當分, 舍にかへりぬ, 舍にかへつて行つたとて, 舍にだけ見られるやう, 舍にだけはどうした, 舍にて見覺, 舍にでもありさ, 舍にまで毒を, 舍ばかりに居たもの, 舍びた感じです, 舍びた滿枝の花, 舍びた答をした, 舍びた而して, 舍びて好い路, 舍びとであります, 舍へかへり家族, 舍へかへり, 舍へと行く一人, 舍へなんか行きたがらなかつた, 舍までは長い道のり, 舍めいた白い旗, 舍めき他の, 舍ず君子, 舍と世, 舍わたらひをした, 舍をこそたのめるに, 舍をでも思ひ出して, 舍をもその富, 舍這入テセ, 舍シュウリン家への奇妙, 舍ツ兒のやう, 舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, 舍ニ巨費ヲ投ズルハ, 舍或ハ此レ, 舍ハ其前期ヲ各, 舍中島の師, 舍丸出しの率直さ, 舍二先生の筆蹟なほ新, 舍住みの學, 舍佐川といふ小さい, 舍僧侶と一人, 舍先生と共にいでたつ, 舍初段近くの伎倆, 舍利こつぱい御坊は, 舍劇しき嵐の中, 舍即ち居り處, 舍名主らしく何ん, 舍大人落合直文先生の歌碑, 舍女らしいけばけばしい首飾りを, 舍好みの生々しい, 舍屋處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 舍巴戟天舍二先生の筆蹟なほ新, 舍座頭にせん, 舍廢屋のかたかげ, 舍悉く存じて, 舍時代に歸, 舍武士かと言, 舍相撲の土俵, 舍細工のつまらぬ, 舍臭くて不愉快, 舍臭くせせこましく出來, 舍芝居小屋で怪我, 舍荻原濱子が乘, 舍菓子あの大きな饅頭, 舍落ちして, 舍行きをとり決めた, 舍訛り有けれど容貌, 舍青葉山に對, 舍饅頭が一つ, 舍YWCAを訪ね