青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「袴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴
袴~
袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏 裏~ 裏口~ ~裡 裡~

「袴~」 2903, 30ppm, 3902位

▼ 袴~ (1091, 37.6%)

138 はいて 95 穿いて 51 着けて 45 つけて 17 脱いで 7 はくの, 出して, 持って, 着けた男, 着て, 穿いた男 6 ぬいで 4 つけたまま, はいたり, 取って, 着けたまま, 胸高に

3 [18件] つけた, つけた男, つけた老, つけた若い, とって, はいた, はいたの, はいたまま, はいた女学生, はいた男, はき脚絆, 仕立て上げまするお召, 畳んで, 穿いた女, 穿いた官女, 穿いた若い, 穿く, 著け

2 [35件] お召し, さばいて, して, つけた世話人, つけた侍, つけた美少年, はいた帯, はいた若い, はかせて, はきて, ひつぱられる腹立たし, まくって, 乾かした, 借りて, 取り帯, 態, 掴んで, 着けずに, 着けた一人, 着けるの, 着け籐椅子, 穿いたの, 穿いた二人, 穿いた姿, 穿いた役場, 穿いた時, 穿いても, 穿きながら, 穿き帯, 穿き髪, 裾短かに, 裾長に, 裾長には, 逆には, 靡かせ乍ら

1 [553件 抜粋] あらためて, いじくって, いつでも, いつもし, うがちなにか, おぬぎなさったら, お取りなさい, お穿きだ, お預けします, お預けする, かけたが, かけ短, からげ片, きちっと着けた, きちんとつけ, くくし上げ, くくりあげ襷, くくり上げて, くくり上げ下, ぐっと下, ここに, こしらえて, さかさに, しきりにこすり, しどけなく引き上げ, ずっくり, たくしあげはだし, たたくと, だ, ちょいと, ちらッ, ついたお, つかんだ儘, つかんで, つけさせて, つけその, つけそれ, つけたよう, つけたり, つけたりりしい, つけた三十五六, つけた中学位, つけた六十人, つけた十四, つけた反り, つけた吉本, つけた囚徒, つけた大きな, つけた女学生, つけた寫眞, つけた巫女, つけた彼, つけた抱月さん, つけた接待役, つけた榊原, つけた海軍軍楽隊, つけた深水, つけた清三, つけた砂場嘉訓, つけた私, つけた老人, つけた若, つけちょこ, つけてから, つけてるの, つけてるものの, つけられしと, つけると, つけるの, つけるまでは, つけ一, つけ刀, つけ小刀, つけ扇子, つけ扇子を, つけ月代, つけ朱, つけ槍を, つけ片肌, つけ用人, つけ白足袋, つけ羽織, つけ肩衣, つけ袂, つけ貼柾, つけ足駄, つけ鉢巻, つけ風采, つけ鳥打帽を, つけ黒, つっ込んで, つまんで, といて, とつた, とりだした, とりて, とり出した, どうなさいます, どうなさる, ぬいだだけで, ぬぎながら, ぬぐと, ぬぐや, ぬらして, はいたお, はいたきれい, はいただけの, はいたって, はいたと, はいたもの, はいたゆき子, はいたよう, はいた一下級雇員, はいた九つ, はいた九太, はいた事務員姿, はいた二人, はいた交換手, はいた十四歳, はいた四人, はいた大きな, はいた女, はいた女の子, はいた女事務員, はいた女学生ふう, はいた女官, はいた学生, はいた官女, はいた小作り, はいた彼, はいた書生, はいた書生さん, はいた気, はいた清子, はいた瀬川安子, はいた烏天狗, はいた父, はいた病弱, はいた美しい, はいた色, はいた跣足, はいた軽装, はいた鼻, はいてね, はいては, はかせこれを, はかせたの, はかなくちゃ, はかれました, はきうしろ鉢, はききれい, はきしょんぼり, はきそう, はきそれぞれ両刀, はきたかったの, はきながら, はきサムライ階級, はきニコニコ, はき上, はき他, はき付けぬ人, はき出した, はき前髪, はき半ば灰色, はき単, はき右手, はき太宰, はき得るので, はき手代, はき朝, はき朱鞘, はき水色, はき深い, はき烏帽子, はき無反, はき独り, はき用具, はき短刀, はき紋附羽織, はき素足, はき股立ち, はき脇差, はき腰, はき足, はき頭, はき風呂, はく, はくが, はく手助け, はく時, はく規則, はく風俗, はけとは, はたいて, はっきりと, はなしたこと, ばさばさとは, ひきずりながら, ひきずるよう, ひき出して, ひとり部屋, ひもで, ほころばして, まとは, むきながら, むぎかつ, ゆらりと踏, りりしくうがち, キユー, ギュッと, シヤンと, シュッシュッ言わせ, バサバサ言わせ, 一着に, 七重を, 下して, 世話し, 二本ぬっと, 二重に, 五十年この, 仕立てること, 仕立て直した衣服, 低くはいた, 作りなれたせい, 借りなければ, 借りる事, 出した, 出しながら, 出しなさい, 出し新, 出せ, 切り取った, 列しく割いた, 割って, 割ると, 十二長く, 取っただけの, 取ったばかり, 取ってから, 取りながら, 取り上げながら, 取り出した, 取り別けて, 取ると, 召させられた百人一首, 召されて, 召した和服, 召した姉さん方, 召して, 命じに, 小さく裂い, 履き細く, 左手で, 廊下に, 引いた, 引いたもの, 引きあげしつかと, 引きずって, 引きずりさほど, 引きずり顔, 引きながら, 引こうと, 引ずつて, 引っかけて, 引摺って, 引摺る, 後から, 後ろ前も, 御脱ぎなさらない, 忘れずに, 急いで, 手で, 投り出し, 折目高く, 折目高につけ, 押えて, 拝領仰, 括り上げる, 括り上げ物々し, 捕えた手, 捲くり上げて, 捲って, 掻いた, 新調し, 染めて, 歩みしだいて, 毛布の, 沈めた白山, 添えて, 渡して, 濡らした, 火に, 畳みながら, 疊んで, 眺めてすら, 着く, 着けさせて, 着けず隣家, 着けたひで子, 着けたるこの, 着けたる男, 着けたハイカラ, 着けた三十余り, 着けた例, 着けた取り次ぎ, 着けた太助, 着けた娘, 着けた小, 着けた彼, 着けた御, 着けた百姓, 着けた神官, 着けた美人, 着けた蒼白い, 着けた青年, 着けては, 着けてるのよ, 着けない着流し姿, 着けニッケル, 着け別に, 着け威勢, 着け小刀, 着け扇, 着け村夫子, 着け杖, 着け欧羅巴式, 着け甲斐, 着け白足袋, 着け筆, 着け紳士風, 着け紺がすり, 着け詰合, 着け長い, 着け雪駄, 着し, 着し羽織, 着すれ, 着た, 着たるに, 着た人たち, 着で, 着候, 着用する, 短くからげ, 祝って, 穿いたあなた, 穿いたが, 穿いたさっき, 穿いたなり, 穿いたふと, 穿いたま, 穿いたまま, 穿いたり, 穿いたる男, 穿いた丁, 穿いた丈, 穿いた三五屋, 穿いた上, 穿いた二十二三, 穿いた人, 穿いた例, 穿いた倔強, 穿いた儘, 穿いた先生, 穿いた半身, 穿いた壮士風, 穿いた女の子, 穿いた婆さん, 穿いた学生, 穿いた宮奴, 穿いた小, 穿いた少女, 穿いた尤も, 穿いた持主, 穿いた書生, 穿いた書生さん, 穿いた村役場, 穿いた様子, 穿いた殿様, 穿いた温和, 穿いた父, 穿いた爺さん, 穿いた眼, 穿いた美しい, 穿いた背, 穿いた脚, 穿いた自分, 穿いた見知越, 穿いた足, 穿いた逞しい, 穿いてるが, 穿いてる教師, 穿かずけれども, 穿かせたこと, 穿かせて, 穿かせること, 穿かせるほど, 穿かせる仕向, 穿かないの, 穿かなかった, 穿かぬ, 穿かれない, 穿きかえたと, 穿ききらびやか, 穿きさうに, 穿きしたたる, 穿きその, 穿きそれ, 穿きそれに, 穿きついで, 穿きつつ, 穿きなり, 穿きに, 穿きレジヨン・ドノオル, 穿き中, 穿き出した時, 穿き同じ, 穿き四分一拵え, 穿き四辺, 穿き大きな, 穿き太刀, 穿き布頭巾, 穿き打, 穿き掛けたので, 穿き獣皮, 穿き白足袋, 穿き目かつら, 穿き筒袖, 穿き緒, 穿き羽織, 穿き袂, 穿き袖無し, 穿き袴, 穿き負, 穿き赤毛布, 穿き足, 穿き鉄扇, 穿くこと, 穿くと, 穿くので, 穿く深い, 穿けば, 穿た三十二三, 穿ち中, 穿ち奥歯, 穿つた身, 突っかける, 突張らか, 結ぶ紐, 締めな, 置いて, 股立高く, 胸高く, 脱いだ半蔵, 脱いだ時, 脱がされた, 脱がして, 脱がず下, 脱がせ衣, 脱ぎすぐ, 脱ぎすてた日本左衛門, 脱ぎ捨てると, 脱ぎ捨て海, 脱ぐ如く暢気, 脱して, 脱せた, 脱捨てる直に, 腰に, 膝の, 著乗馬し, 裃を, 裾みじか, 裾短かには, 裾短に, 見た, 見ただけ, 見てから, 解かない, 解きすて色, 誇り顔に, 調えて, 買って, 趙太太の, 蹈んで, 返しに, 避けた着流し, 附けた世話人, 除って, 除りなさい, 露で, 風に, 風呂敷づつみにして持ち, 風呂敷の, 高くくくり上げ, 高くたくしあげ, 高くひっ, 高く膝頭, 鳩尾の, 鳴らして, 黒色に

▼ 袴~ (640, 22.0%)

42 裾を 28 紐を, 股立ちを 24 股立を 17 膝を 10 膝に 9 裾に 7 すそを, 下から, 襞を 6 ように, 上に, 紐に, 裾が 5 ひだを, ももだち, ポケットへ, 膝の, 裾は, 隠しに 4 ままで, 上から, 下に, 腰に, 膝へ, 隠しから, 隠袋 3 下へ, 中へ, 仕立まで, 姿で, 紐の, 腰板を, 色の, 襞の

2 [43件] うしろに, すそが, たたみ方, もも立ちとった, もも立ちを, やうな, ような, チリを, 事は, 人が, 侍が, 前に, 前を, 塵を, 太いの, 姿が, 姿を, 少女に, 無い若い職業婦人, 男が, 男を, 白扇を, 立派な, 糸を, 紐も, 紐や, 綻びを, 緋の, 股だち, 股を, 股立ち取っ, 股立とり, 股立高く, 腰を, 腿立ちを, 膝で, 裳を, 裾から, 裾の, 間から, 間に, 間へ, 隠しへ

1 [269件] うしろを, おつきあ, お取, お嬢さんが, お尻, お巫子, くくりを, すそで, すその, すはだしであった, その男, そよぎが, そろいで, たしなみは, つぎとは, なかから, なかに, は外套, ひざに, ひざを, ひだからも, ひだの, ひだへ, ひだ垂れ, ひと組です, ひもが, ひもの, ひもも, ひもを, ぶんを以て, ま, まちから, まちが, まちへ, ままそこに, まま其処に, まま坐りこん, まま父の, まま経机を, まま羽織を, まんま玄関の, もも立ちりりしい, もも立を, やうに, カルサンという, キュー, ゴワゴワする, ヒダも, ヒダを, ヒモまで, ポケットから, ポケットに, マチの, ミコが, モモ立ちを, 一団が, 一方に, 一方へ, 上で, 上と, 上にかけて, 上へ, 上半だつた, 下には, 下は, 世話焼が, 両わき, 両モモダチ, 両岨, 両脇, 両膝, 中から, 中が, 中で, 中に, 中にも, 中年紳士で, 事, 二三と, 二人の, 二倍も, 交際だけ, 人々が, 人に, 人も, 人達に, 代書人といった, 伝統を, 侍だ, 侍は, 侍も, 侍風で, 兩端を, 出物は, 前で, 前まで, 割股で, 勇ましい稚兒姿, 叔父だの, 右わきに, 啓吉は, 土を, 地が, 地などが, 地の, 外から, 大勢の, 如くにて, 如く下は, 姫が, 姿であった, 姿である, 子弟さ, 子弟では, 子弟趙括, 宝の, 尋常なる, 小侍共, 少女が, 巫女やら, 巫女を, 市場連中が, 平服にな, 幸吉さんが, 式が, 影で, 役人衆の, 御仁, 御立派, 所から, 所作の, 扮装の, 折目が, 折目世は, 折目正しい, 括りは, 捌ける音, 揃つて粗雑な, 摺れる音, 改まった顔つき, 新しいの, 新らしき, 斷片では, 方に, 旅の, 服装の, 朝鮮の, 村長などが, 枯れ松葉, 様子よく, 武士それに, 武士を, 殘り, 気取りもか, 泥を, 為めに, 焼海苔, 父が, 父と, 父は, 爺どもが, 物入れには, 狂いが, 生えた中, 用意なぞを, 男, 男あり, 男の, 男装を, 町の, 番士は, 皺ばかり, 皺を, 盛装に, 真赤な, 短いこの, 短いの, 砂を, 礼装を, 神様に, 穿やうから, 立派なる, 端を, 竹林武丸が, 箍骨を, 紅とが, 紐が, 紐には, 紐下に, 紺足袋で, 結び紐の, 綻を, 緋を, 股立ちとっ, 股立ち取り, 股立取り上げた, 股立高, 脇から, 脚を, 腰いと, 腰板が, 腰板に, 腰板の, 腰結の, 腿立ちとった, 膝が, 膝も, 膝頭を, 舞童女二人に, 色が, 色だ, 色について, 色も, 花聟姿では, 若い武士, 若い男, 萎えたるを, 藩士たちが, 血を, 衣ずれが, 衣ずれへ, 衣兜へ, 衣嚢から, 袴腰に, 裙が, 裳が, 裾さばきも, 裾だけ, 裾で, 裾でも, 裾とは, 裾などを, 裾にも, 裾ばかりか, 裾へ, 裾まで, 裾や, 裾取っ, 襞, 襞が, 襞と, 襞は, 襞も, 覆面の, 見えるほどに, 角ばった感じの, 赤いの, 足を, 身分あるらしい, 軽装身に, 連中が, 運動会, 部分から, 釦を, 鈴ふり女も, 銀縫いの, 長い裾, 門下たちが, 雛の, 青年, 青年に, 音, 音が, 頭山さんが, 類から, 類に, 風が, 鮮明な, 黒髪などが

▼ 袴~ (135, 4.7%)

4 威儀を 2 手を, 眼を, 編みあげの, 草履ば, 草鞋ば, 袖無を, 透綾の, 靴という

1 [115件] かかって, くるまれて, くるまれ足, さし込んで, しましょう, し千鶴子の, すぎない, すべきかという, つぎあるものときめよと差, つぎが, なさるなぞ, なすりつけ洋袴, なったばかりの, なつた, なりやがて, はまった脚, ぴたりと, ステッキという, ハンティングで, マントを, ワラ草履を, 一刀を, 一本の, 上布の, 下駄を, 両手を, 二ヶ所鉤裂きの出來てる, 二重廻し, 人斬, 似て, 入れて, 刀を, 別れたる高級, 前髪を, 包まれた脚, 取付き, 同居の, 唐の, 土間へ, 夜目にも, 大小で, 大小という, 大小を, 大振袖, 学校用の, 小波寄, 帽子を, 態と綻び, 改めて茅場町, 日和を, 時ならぬ, 朱革の, 朱鞘に, 朱鞘を, 柳裏の, 桔梗色の, 横継ぎが, 水干立烏帽子ものめずらしい, 洋服よ, 滲み出る鮮血, 火が, 烏帽子を, 爪先きのふくらんだ, 玉の, 用いられました, 男山八幡の, 白い上衣, 白い衣, 白の, 白綾の, 白袖の, 直して, 着かえさせ内膳課, 着更, 稽古着一枚これが, 立派な, 筒袖の, 糀いろ, 紋付の, 紋羽二重を, 紋附を, 細身の, 紺足袋で, 紺足袋である, 紺足袋を, 絣を, 継ぎの, 縋り, 縹色の, 羅紗の, 肩から, 脚半, 舶来パナマ帽の, 草履という, 草鞋がけという, 蔓巻の, 薩摩下駄といふ, 藍木綿の, 足を, 躓かうと, 身を, 釣上げられた裾, 鋏んだまま, 長刀を, 長靴を, 雪駄ば, 雪駄穿き, 零しながら, 革足袋の, 麻上下黒繻子前帯の, 黄金づくりの, 黒の, 黒木綿の, 黒羽二重の, 黒足袋という

▼ 袴~ (114, 3.9%)

2 あつた, この方, 位牌を

1 [108件] い, いかめしく座っ, うち連れて, おとなしい品位, お屠蘇, かしこまって, かしこまつた, こすった, こつ, しかも膝, すぐお茶の水, すっと翳す, せにゃ, その供給地, ただうろうろ, ついて, つつんで, つり革の, なかなかよく似合いました, なぶられるの, のしの, はた洋服, やあよい, やってきや, やって来た, やつて, キチンと, 一杯だってよ, 三宝に, 両刀を, 並んだ処, 久留米らしい, 乗り込んで, 二三度も, 代書代言伊作氏が, 伸掛っ, 冗談を, 出かけて, 出迎, 出迎へた陳列所, 千歳の, 博士が, 右の, 唯月給, 坐って, 坐を, 姿を, 小刀も, 少しきまり過ぎた, 居るよう, 年始の, 怒号した, 恭しく出迎える, 慇懃に, 慇懃を, 我慢し, 戸の, 扇を, 扇子を, 手もち無, 拭いながら, 拭きながら, 控えて, 新聞社へ, 杖を, 汗に, 波形に, 渡った朱欄, 準備の, 燈台の, 父と, 玉藻の, 畏った, 畏つて, 登場し, 着席する, 私の, 立ち現れた, 立派な, 端座し, 細いしない, 練衣の, 腰に, 自転車に, 若主人, 菖蒲を, 萌黄色の, 行くの, 行儀よく, 袙は, 裾を, 親類や, 読む事, 謹厳そのものといった, 赤い陣羽織, 足の, 踊る少女, 酒の, 間に, 間違ひ, 阪へ, 陣取った, 隆として, 面会に, 革鞄を, 靴を, 高足駄, 黒い手カバン

▼ 袴~ (97, 3.3%)

6 いて 3 着けて 2 一段階に, 一重のが

1 [84件] あらゆる点, いかにも野暮, いけないよと, いたり, いた閑, いとるぞに, うすい紅, うまくかくして, おあつらえ, お館, かなり汚れ, きたる女生徒, きたる座頭, きて, ここへ, そう右, そこです, そのまま, そのままで, つけて, ところどころ裂け, どうやらお, なおピシャリピシャリ, ぬいで, はかず座敷, はかなければ, みな下が, もう帰った, やぶれ膝, わざと穿かず, キチンと, ポロ, 今の, 以前葉子が, 何か, 元来スソボソと, 入口の, 十年来着古し, 古いには, 唐桟いつも, 小倉である, 工合の, 平生わたくしの, 必ずこの, 捨てて, 普通の, 最もよくこれ等, 最前ほどに, 木綿じゃ, 未だ穿い, 死んだ父親, 毎日の, 毎日泥だらけに, 水と, 泥だらけだ, 無論ちょっとした, 特に私たち, 白とも, 白桟の, 皺一つなかつた, 着けずに, 着けず黒い, 破れて, 硬派の, 礼儀の, 神楽を, 穿かず羽織, 穿かず鉄扇, 穿けないで, 精好, 精巧平か, 絶対に, 脱いで, 脱ぎすてて, 膝を, 薄茶色に, 血に, 西の, 要らぬと, 誰かから, 霧に, 風ぐらいに, 風にや, 黒に

▼ 袴~ (88, 3.0%)

4 脱がずに 3 はいて, 春の 2 取らずに, 白の, 着けたまま, 羽織も

1 [70件] あとかたなく, あること, あれば, いかめしい番兵, かさねも, きちんと着け, ことごとく棚, この通り, さんざんに, しお, しどろに, たしかにそこ, つけず着流し, つけず薄, つけて, とらずに, なまぐさい血潮, はかず編笠, はかせましょうね, はかないと, はかない細い足, はかれるし, また腹部, みなお, みんなお, 七つ下りです, 中畑さんが, 入って, 取らないで, 召されぬ儘, 同然, 唐桟木綿食事も, 唐織りらしい, 始めて, 居間に, 惜しげなく, 持ち合せなかった, 持って, 昨日の, 普通の, 檜皮色の, 永らくは, 汚れて, 泥まみれだった, 洗いざらしの, 涼絹であった, 無い, 無しに, 燃えたり, 皺だらけで, 相応しい京弥, 着けずそれ, 着けなかつた, 破れに, 穿かずに, 継ぎが, 義姉さんに, 股引も, 脇差も, 脱がされて, 脱がず控えて, 脱がず縁側, 脱がぬ外出姿, 裾が, 質素な, 赤に, 身について, 長刀も, 除けてさ, 青黒い木綿

▼ 袴~ (72, 2.5%)

3 はいった, はすて 2 の眼, はその, はそれ

1 [60件] がこれ, が刃, が聞い, すて姫, すらも手, と小者ら, と貝, どのあたし, どのおれ, にいった, にもすらすら, に乞うた, に十三, に拾われなかったらすて, のいい, のし, の一行, の下著, の他出, の小方, の小方十人, の帰る, の怒った, の物, の顔, の驚き, の驚異以上, はいたたまらなく, はいまさら, はいや, はこういう, はこれ, はすぐ, はにわかに, はやけくそ, はボロ, は一人, は一生懸命, は何時, は偶然, は凜乎, は勿論, は呶, は失敗, は媼, は彼女, は手めがね, は気, は父, は生れ, は皆, は自分, は言下, は貝, は財, は赤ん坊, は都はずれ, は野装束, を思う, を見返った

▼ 袴~ (54, 1.9%)

2 その周匝, 水の

1 [50件] あらはれる, ある, ある期間流行, あんまり汚れ, おお麻上下, かかった, さやさやと, すこしぐらゐ, せっせと折目, そのまま赤い, つくねて, でて, なかつた為, ぬいである, のぞいて, よく似合っ, 一人真中に, 一枚ずつ, 一着だけ, 二た, 人間よりもかへ, 入って, 入用でありましょう, 入用に, 切れて, 動くん, 商品に, 多少邪魔, 嫌いで, 寸断, 少し変, 引立て役を, 曝して, 欲しい小前, 泥だらけに, 流行ったり, 無い時, 用意され, 目に, 眼に, 短かかった, 私の, 脱いで, 艶に, 血に, 要るから, 見えて, 遠くなる, 長いので, 雨に

▼ 袴~ (43, 1.5%)

2 いつた服装, 一所に, 時計に, 羽織を, 黒い沓下

1 [33件] ある処, いいそして, いうよりも, いって, いはれる手, きめて, きめられて, それから別に, はきかえ足袋, もとは, ズボンとの, リボンで, 云ったの, 唐桟の, 尻はしょり, 帯を, 擦れ擦れに, 晴着と, 書くも, 盛景を, 立派な, 絹の, 羽織くらゐ, 背中に, 腰の物を, 草履を, 袖とを, 襦袢袴下を, 角帯長襦袢白足袋全部そろえ, 違って, 靴から, 靴を, 黒か

▼ 袴羽織~ (37, 1.3%)

2 に紫

1 [35件] で, であがっ, でお, でなかなかよく, でやっ, でわざわざ, で上座, で坐っ, で山高, で庭石, で応接, で挨拶, で演, で自身鏡家, という扮装, とも凡て兄の, にて奧, には初めて, にチャント脇差, に小袖, のお, の下, の人々, の出席, の召使い, の家人, の男, の連れ, は袖, や背広, を折り目, を着た, を脱ぎ棄て, を貸し, 思ひ

▼ 袴~ (36, 1.2%)

2 の若衆す

1 [34件] がすこし, がもっと, が解けかけ, という処, とか王ヶ鼻, と云つて, にくくり付け, にシッカリ, に両, に似, に左手, に巻い, に帯び, に細身, のある, のこういう, のつい, のふち, の名, の場, の所, の方, の趣味, へ武者修行風呂敷, も御, よと手, をうしろ, をつかん, をも脱した, を前, を当てた, を捻返し, を通り, を避け

▼ 袴~ (23, 0.8%)

2 袿が, 靴足袋を

1 [19件] ええ着物, 何気ない風采, 刀の, 小袖は, 帯は, 帯脇差と, 擦りへった山桐, 旅人風に, 洋服などを, 肩を, 脚絆も, 草履が, 袂の, 袂を, 裃の, 装飾を, 裳に, 裾模様の, 銀の

▼ 袴という~ (21, 0.7%)

4 姿で 3 いでたち

1 [14件] いでたちながら, こしらえで, ものも, 古風な, 名は, 報告であった, 姿も, 扮装で, 清三の, 物を, 継, 維新風俗で, 譬えじゃ, 身なりは

▼ 袴~ (14, 0.5%)

2 を同じ

1 [12件] から袖, さえ穿い, にしめました, は傷, は穿い, をつまん, を出し, を匍伏, を着替え, を著, 髪に, 髮に

▼ 袴姿~ (14, 0.5%)

1 [14件] であったが, で一夜, で坐らせ, で弁当, で金五郎, にて出, のまま, の三十前後, の巨漢, の彼女, の武士, をじろじろ, をジロジロ, 青白い顔

▼ 袴など~ (13, 0.4%)

1 [13件] ア穿く, ボロボロである, 一抱えも, 取り出でて, 持って, 死に, 滅多に, 着たやつ, 穿いて, 穿かせられ三島県令, 穿きむかふに, 高く穿く, 黙然として

▼ 袴でも~ (11, 0.4%)

2 穿かして 1 お取り, つけると, 取って, 取ろうかと, 着けるかい, 着用に, 穿いた巫女, 穿いた日, 穿いて

▼ 袴といふ~ (8, 0.3%)

1 いでたち, ことだ, 形が, 御立派, 恰好で, 維新風俗で, 衣裝今は, 見慣れぬ風体

▼ 袴なし~ (8, 0.3%)

3 の着流し 1 で, の細そり, の羽織姿, の鳥打, 蓑も

▼ 袴~ (8, 0.3%)

2 かけて 1 もつれるよう, コレ此の, 手を, 片足入れた, 目を, 落ちたまあだ

▼ 袴から~ (7, 0.2%)

1 ひざに, 余った脛, 変な, 外套まで, 火を, 破り取った布片, 背まで

▼ 袴とを~ (7, 0.2%)

1 使に, 入れた大きい, 包んで, 手ばしこく衣紋竹, 持って, 着たなり, 見せて

▼ 袴~ (5, 0.2%)

1 がその, とは思っ, と拘泥, ね, よ

▼ 袴だけ~ (5, 0.2%)

2 穿いた 1 つけて, です, 脱がして

▼ 袴にも~ (5, 0.2%)

1 その人, ちらちらと, わらじの, 尻端折つた千代松の, 折目が

▼ 袴~ (5, 0.2%)

1 で名, としては最も, として作られ, には見るべき, を並べ

▼ 袴~ (4, 0.1%)

3 て輪 1 て渡殿

▼ 袴それ~ (4, 0.1%)

1 に縫紋, はまだ, へ交ぜ, も幾年女

▼ 袴などが~ (4, 0.1%)

1 ある, この荒, ひとまとめに, 出された纏頭

▼ 袴にて~ (4, 0.1%)

1 出で, 奥より, 従い来る, 足袋を

▼ 袴まで~ (4, 0.1%)

2 穿いて 1 みな白地だった, 穿きましたん

▼ 袴だの~ (3, 0.1%)

1 三尺帯だ, 扇子だ, 洋服だ

▼ 袴づれ~ (3, 0.1%)

2 に挨拶 1 が真鯉競り

▼ 袴では~ (3, 0.1%)

1 いって, ないの, ないばか

▼ 袴どころ~ (3, 0.1%)

1 でなくこれ, では, の話

▼ 袴などを~ (3, 0.1%)

1 すぐ見, 添えて, 袂になど

▼ 袴には~ (3, 0.1%)

1 きか, 泥の, 銀モールの

▼ 袴~ (3, 0.1%)

2 きの 1 きに

▼ 袴垂れ~ (3, 0.1%)

2 の徒党 1 の保輔

▼ 袴~ (3, 0.1%)

1 が富, の赤い, をし

▼ 袴さばき~ (2, 0.1%)

1 して, も見事

▼ 袴それで~ (2, 0.1%)

1 大小を, 足袋が

▼ 袴だけが~ (2, 0.1%)

1 何やら特殊, 白いのみ

▼ 袴だけに~ (2, 0.1%)

1 して, なって

▼ 袴だけは~ (2, 0.1%)

2 つけて

▼ 袴ちらちら~ (2, 0.1%)

2 と瓔珞

▼ 袴との~ (2, 0.1%)

1 下で, 衣嚢を

▼ 袴とは~ (2, 0.1%)

1 ちゃんと二つ, よく糊

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 ので同じ, のよ

▼ 袴ながら~ (2, 0.1%)

1 台所へ, 憔悴した

▼ 袴なんぞ~ (2, 0.1%)

1 履きゃア, 穿くんだい

▼ 袴にまで~ (2, 0.1%)

1 かかったの, ザザクサに

▼ 袴より~ (2, 0.1%)

1 ほかには, 赤き紅葉

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 穿いて, 穿かして

▼ 袴一人~ (2, 0.1%)

2 は詰襟

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 ありそう, を着る

▼ 袴垂保輔~ (2, 0.1%)

1 だ, の霊魂

▼ 袴太い~ (2, 0.1%)

2 丸打の

▼ 袴忍ぶ~ (2, 0.1%)

2 身には

▼ 袴折目高~ (2, 0.1%)

1 に穿いた, の羽織

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 から是, に変っ

▼ 袴時代~ (2, 0.1%)

1 の次ぎ, はすでに

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 をつけ, を穿いた

▼ 袴朱鞘~ (2, 0.1%)

2 の大小

▼ 袴無し~ (2, 0.1%)

2 の着流し

▼ 袴白衣~ (2, 0.1%)

1 の官女, の若い

▼ 袴着けたる~ (2, 0.1%)

1 が一人, 童の

▼ 袴穿い~ (2, 0.1%)

1 てよるやろ, て行たこ

▼ 袴練衣烏帽子狩衣白拍子~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 袴者流~ (2, 0.1%)

2 と同じ

▼ 袴足駄~ (2, 0.1%)

1 を穿いた, 穿き武芸

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 をはい, をはいた

▼ 袴~ (2, 0.1%)

1 には山高, は真中

▼1* [229件]

あの立つけ, 袴てレース, 袴いずれも釣しんぼう, 袴いたってむぞうさ, 袴いと物々しくお寺, 袴かみしもなどの用, 袴がと吃驚する, 袴くらいどうでも, 袴くらいのものであった, 袴くらいはと思う, 袴ぐらい風呂敷包みに, 袴ぐらいの仕立が, 袴ぐらいは着けた, 袴へ控鈕脱, 袴しか用いないほど, 袴した媒人は, 袴すべて朝まだきの人通り, 袴その一つ, 袴それから彼女の, 袴だけでもお改めが, 袴だけの下役が, 袴だけをデンタツという, 袴だつたのでそれ, 袴つきで罷出た, 袴つぎ合したやう, 袴つけたる男我らを, 袴であろうとも着こなし, 袴といふりゆうと, 袴とかを着用した, 袴とが水へ, 袴ときまつた福田徳三博士, 袴とても彼等が, 袴とでもいうの, 袴とに変に, 袴とばかりでは, 袴とも言ふべきである, 袴と共に可憐にも, 袴どりして, 袴なぞ取出して, 袴などで流行型の, 袴などの化身の, 袴などはもちろんなかっ, 袴ならば緋, 袴なんかはいて, 袴なんかもつけない方, 袴なんぞはきこんで, 袴なんどじゃだめ, 袴についてゐた大きな, 袴にでも連想された, 袴のみけばけばしくて, 袴はくのを, 袴ばかりでなく紋付, 袴ふみしだき柳裏の, 袴へもかかって, 袴ほど今の, 袴まくれ猿股まで, 袴まさしく武士の, 袴ましら大御衣, 袴まじりに鵯, 袴また綾錦振袖の, 袴または洋服であった, 袴もしくはフロックコートで, 袴やらがあります, 袴笠よ, 袴ようなもの, 袴よりもヅボンの, 袴らしい風呂敷包を, 袴をどふっとは, 袴をはいたる男, 袴をばはかなかつた, 袴をも着せず一書生, 袴を通してべっとりと, 袴コール天の足袋, 袴ステッキついてね, 袴ト白足袋ト一揃イ御新調, 袴ニュッと伸ばした, 袴フロックで押寄せたろう, 袴ポケット上衣伯爵は身体, 袴メリヤスの股引, 袴リュウとした, 袴ヲハイテ座敷ヘ通シ, 袴一つなるが, 袴一具紫が白け, 袴一尺ばかりの脇差し, 袴一枚の姿, 袴一着夏期用取りそろ, 袴一群を張り, 袴七八冊のノート, 袴三尺一寸の赤樫, 袴三田君は学生服, 袴三百の童児, 袴も下, 袴上下をあわて, 袴下げ髪で踊る, 袴下靴靴下までもぬがし, 袴甲, 袴袖を, 袴五歳六歳の御遊, 袴以上の尊敬, 袴仲間の通人, 袴六十一歳の翁, 袴として座っ, 袴にはさん, 袴医者の不養生, 袴印籠脇差と羽織, 袴同じく靴, 袴地一つ唐更紗御布団地一つ, 袴垂なんどいずれも聖人君子, 袴垂保輔使用の宝器, 袴垂保輔源平時代には熊坂長範, 袴垂鬼童茨木一条戻橋, 袴外套の衣嚢, 袴多分まだ両刀を, 袴大小のこしらえ, 袴大紋つきの男, 袴奥さんは絽, 袴は幾代, 袴は紋服, 袴婚礼の晴着, 袴宮中へ参内, 袴袿にて, 袴小さな白足袋が, 袴小袖まですべて, 袴小袖それも傷ましく綻び果て, 袴へ袴, 袴左手に一刀, 袴帯腰の物までそれ, 袴帶腰の物までそれ, 袴の頃, 袴寸法通り御, 袴こそは縫, 袴或いは半素袍角頭巾, 袴扇子ひとつを身, 袴には普請場, 袴として半分, 袴新しい草履ゆったり, 袴新婦も裙, 袴である, 袴朱色の胴, 袴武家の若党風, 袴武者草鞋右の肩, 袴死んだような, 袴殿といわれる, 袴気品すぐれた少年, 袴洗い晒しの白足袋, 袴浅黄色の襦袢, 袴琉球立縞帶黄八丈脚半紺足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 袴申し合せたような, 袴と並ん, 袴白山小桜, 袴白布を縒, 袴白柄朱鞘の大小, 袴白絹をまとい, 袴白袍は深々, 袴白襟紋着迎いの人数, 袴白足袋のまごう, 袴皆發育好き身形に適, 袴ばかり光らした, 袴直垂衣である, 袴つ白, 袴てゆかし, 袴着た殿い, 袴着物脚絆海草の乾びた, 袴着用大刀がわりの杖, 袴着用殿様の御, 袴かいのを, 袴短いのを, 袴短く裾や, 袴祝いがある, 袴稚児輪を俯, 袴穿きたるいでたちの, 袴穿きで大玄関, 袴立ちをとっ, 袴立付けに縫った, 袴等一組新調の物同封, 袴の羽織, 袴がかった羽織, 袴紫袴であつ, 袴の羽織, 袴細く長い脚を, 袴細身の大小, 袴紺足袋の仲間, 袴はそれ, 袴の衣服, 袴つて着しよ, 袴繻子のうち, 袴い脚, 袴羽織袷を出し, 袴には槌, 袴肩衣で其肩衣, 袴肩衣威儀堂々たる身, 袴胴服といった姿, 袴脚絆腰帯水衣に包まれ, 袴脱がして細う, 袴腰ト云山形ノ似, 袴腰峠黒部山の原始林, 袴腰帶脚絆で見, 袴腰横幅廣く結, 袴臘鞘の大小, 袴色白の好男子, 袴草履も笠, 袴草鞋鉄扇の拵え, 袴や銀杏, 袴薄化粧のあでやか, 袴だ, 袴角隠しも綿帽子, 袴に白く, 袴足半という古式, 袴足袋跣で居た, 袴踏ん込みなどとも, 袴身扮も隙, 袴身軽にした, 袴連中は今更, 袴の衣, 袴長刀の講武所す, 袴長引き小さ刀素襖, 袴雅楽頭忠清は白, 袴青じろい顔を, 袴靴中折帽派手をする, 袴靴凜とした, 袴靴茶の中折帽, 袴の生えた, 袴や言葉つき, 袴鷺菅などがあり, 袴黒い長靴の, 袴黒手の黄八丈, 袴黒紋付羽織の姿, 袴黒縮緬の紋附羽織, 袴黒羽二重の紋附