青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「説~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~語る 語る~ 誠~ ~誠に 誠に~ ~誤り 誤り~ ~誤解 誤解~ ~説
説~
~説い 説い~ ~説く 説く~ 説教~ ~説明 説明~ 説話~ ~読み 読み~

「説~」 7905, 85ppm, 1302位

▼ 説~ (1546, 19.6%)

23 主張し 16 聞いて 15 なすもの 13 信じて 12 なす者 11 主張する, 唱えて 10 立てて 9 主張した, 唱へ, 支持し 8 なして, 述べて 7 引いて, 持し 6 もって, 持つて, 祖述し, 聞くと, 駁して 5 もつて, 否定する, 発表し 4 たてて, 利用し, 否定し, 排して, 採って, 敷衍し, 読んで

3 [32件] きいて, ここで, なすこと, 伝えて, 公に, 出した, 反駁する, 取って, 取り扱, 受けて, 唱ふる, 唱へて, 固執する, 固持し, 引用し, 引用する, 批評する, 抱いて, 抱く者, 採ること, 攻撃する, 爲した, 爲す, 異にし, 紹介する, 繰り返すこと, 耳に, 聞いたこと, 聞いても, 証明する, 説いて, 述べた

2 [101件] あげて, おも, して, たてました, とって, どこまでも, なす, なすの, なす人, なす人々, のべて, はなれては, 一笑に, 不法と, 主唱した, 作すもの, 信じては, 信ずるもの, 信ずる人, 傳説として, 出したが, 出した人, 出して, 出すもの, 加味し, 反駁し, 反駁した, 口に, 吐いた, 否認し, 唱えたるもの, 唱える人, 土台に, 外に, 奉じて, 定めて, 建てたが, 応用した, 愛するもの, 打破し, 持ち出した, 持って, 指したもの, 挙げて, 捏造した, 排す, 排撃する, 排斥し, 排斥する, 採った, 採つて, 採る, 採用し, 提出し, 提出した, 支持する, 是認する, 極めて居る, 流布し, 流布する, 為すもの, 為す者, 熱心に, 爲し, 理想と, 理解し, 用いて, 異にしたれ, 発表した, 真理と, 確かめるの, 確言したる, 立つること, 立つるもの, 立つるを, 立て, 立てた, 立てたの, 立てたもの, 立てたり, 立てねば, 立てる人, 立証する, 簡単に, 綜合し, 繼承し, 考へると, 聞いた事, 聞く, 聞くに, 聴いて, 聴いても, 聴けば, 背景に, 裏書きする, 裏書し, 誤解する, 述べたり, 進むるを以て, 適用する, 離さぬ人

1 [1007件 抜粋] あきらかに, あざけるよう, あまり狭く, あれが, いつのまにか横取り, いれた, うかがいましたが, うち消した, おもしろげ, お用いなら, お話しいたしましょう, かけば, かつぐ者, きいたが, きいたこと, きき込んで, くつがえしこの, くつがえすため, くり返しながら, こう訂正, ことごとく抹殺, ご聴取, さらけ出して, すてて, そのまま信ずる, そのまま拝借, その歴史的, たたかわせて, たてた, たてるもの, たてる者, だした, ちよつと, つけ結局, でッ, となえる人, とるならわし, とるの, とるもの, とる者, どうしても容れない, なした, なしたるもの, なし世人, なす人たち, なす誘因, なす類, なせるもの, のべた, はいた, はや刈り, ふりまわして, ほめて, ほんの一部, まことし, まだ聴い, みとめずいま地中海, もう一ぺん, もちだした, もち十七, ゆるされたい, セントー・ハヤオなる, デッチあげた, 一人ぎめにでッちあげ, 一寸でも, 一応尤も, 一応述べた, 一掃し, 一瞥しよう, 一転し, 不可能ならしめ, 不当の, 不都合と, 両立させた, 主唱せられし, 主張さる, 主張す, 主張せん, 予想する, 事可笑しく, 事實粉碎した, 云ひ出した, 交換し合っ, 人民の, 付けたこと, 仮にその, 仮定しよう, 伝えまた, 伝えるでなく, 伝えるほか, 伝へること, 伺いましたら自然分別, 余りにも, 作ったの, 作て, 作りあげ信じたふり, 作り出さねば, 作り西洋文明, 併べ, 俟つまでも, 信じたの, 信じないと, 信じるより, 信ずべし, 信ずること, 信ずるとして, 信ずる組, 信ぜりゆえに, 信用され, 信頼し, 修正すれ, 假に, 傳へたと, 傳へる, 傾聴し, 僕は, 入れ吉利支丹宗門, 八木沢博士が, 公表し, 其儘に, 写し取り日夜, 出される三輪田, 出したです, 出したの, 出した所, 出しました, 出し量子力学的, 出すの, 分類し, 初めから, 剽窃し, 加えて, 半ば承認され, 厭うて, 参照しなけれ, 参酌し, 反駁します, 取て, 取らんと, 取りまとめた真相, 取り但, 取るという, 取る場合, 取れり, 取入れたれば, 受け入れること, 受売りし, 受納れ, 叩いた, 同うせず, 同じくし, 吐いて, 吐きかけるので, 吐くと, 吐くもの, 吐く時, 吐けば, 向けること, 吟味し, 否定された, 否定しはじめた, 否認しつづけた, 吹きこまれてから, 吹込ん, 味は, 唯一の, 唱うるもの屈指, 唱うる者, 唱えこれ, 唱えその, 唱えた, 唱えたとき, 唱えたもん, 唱えた二人, 唱えだしたという, 唱えながらも, 唱えましたそう, 唱えまして, 唱えるの, 唱える者, 唱え出した学者, 唱え又, 唱え男尊女卑思想, 喜びながら, 嗤います, 四分の一承認し, 困難ならしめる, 固執した, 固守した, 土臺として, 執ります, 基として, 堅持し, 変えた人々, 変えなかった, 変へて, 大体支持した, 大體, 奉じた樣, 好み方士巫覡, 始めたが, 学んだこと, 守つて生に, 守り続けるため, 完から, 完成しよう, 宗祇が, 定めた, 宜しと, 実行し, 宣伝し, 宮内は, 容れざるには, 容れとうとう, 容れねば, 容れられるが, 實際に, 尊重する, 少しも, 尤も分明, 展開させ, 崩そうと, 常に説得, 建てた, 建てた老人, 弁じ出した, 弁護し, 引いただけの, 引き居る, 引っ込めようと, 引用したい, 弟子の, 張つて居る, 当嵌める, 形づくつたと, 得々と, 得ずついに, 心から信じ, 思い出し, 思い出しました, 思ひ出さずには, 思わせる事, 想いついて, 惹き起し遂に, 感ず, 慥かに, 應用し, 成し上古, 成す人, 成す者, 手ぬるいと, 打壞, 打消すべき材料, 批判せ, 承たまわろう是非, 承って, 承認し, 承認する, 抄出し, 披露しまし, 抹殺する, 押し通すこと, 拝聴する, 拝見します, 持した, 持だす, 持ち出したこれ, 持ち出したので, 持ち出して, 持つた種族, 持出す時, 指すもの, 振りまわして, 振り舞わすと, 捨てて, 捨てる, 捻出し来った, 排除し, 採らずに, 採りユスチニアーヌス帝, 採り上げ様, 採ると, 採る以上, 採れり詳しく, 採用した, 採用すべきである, 採用せざる, 推し立てて, 掲げては, 提出させ, 援い, 援けたが, 撞着する, 擧げて, 擴めて, 支持した, 支持するだろう, 改めたるに, 改めるよう, 故なく, 敢えて圧しつけ, 敷衍させ, 新しくし, 既に作っ, 是認されなかった, 是認し, 時々耳, 曲げず君命, 曲げないと, 曲解し, 書いたもの, 書いた人, 書きつけて, 最初公表した, 有して, 有する山, 有り得べからざること, 有力な, 来す動機, 棄つるまでの, 棄てること, 極めてた, 極めて思う, 樹てた, 欠けり, 正しいもの, 正当に, 正論と, 永久に, 求めし雜誌, 流布しはじめた, 涅, 混えた, 為したがった, 為し我が, 無視する, 爲す者は, 猛烈に, 理解する, 生じた, 生ずるに, 産んだ, 産んだの, 用ひ, 異にす, 疑いこれ, 疑い世間, 疑ったという, 疑ふ人, 發表された, 益々流行, 看破し, 真にうける, 真面目に, 知つた子規は, 知らないの, 知らぬながらに, 研究しなく, 破つて, 破るだけの, 破壊し得る, 破棄し去り, 確かめるもの, 確めね, 確立せん, 祖述せし, 私は, 称えたと, 称えて, 積み上げなければ, 空想した, 窃み, 立せず, 立つ, 立つるに, 立つるものの, 立てあわせて, 立てしかして, 立てたること, 立てた人, 立てた西洋人, 立てながらも, 立てもって, 立てられた, 立てられたる非, 立てられんこと, 立てること, 立てるもの, 立てる事, 立てる学者, 立てん, 立て得可, 立て置く可, 筆受した, 納れ, 細大洩らさず, 紹介しよう, 組みあわせたかを, 組み立てようと, 組織したる, 結びたいと, 絶対的と, 継承した, 縦横の, 繰り返せるに, 翻して, 考えだせるはず, 考え出したの, 聞いたが, 聞いたは, 聞いたらまだ, 聞いてから, 聞かせて, 聞きもって, 聞き政府, 聞き西人, 聞くが, 聞くべし, 聞く細君, 聞け, 聞て, 聞給へ, 聴いた, 聴かなければ, 聴きおさおさ, 聴き敬慕, 聴くを, 聽かざるべからず, 肯定し, 肯定する, 自分で, 自意識への, 至極と, 蔑視し, 虚大に, 融通し, 行智法印という, 裏付けて, 裏切つて, 要しないであろう, 覆えしこの, 覆すこと, 見いだした時, 見た目には, 見るの, 見出そうと, 言ひ, 訊いたり, 記しつけて, 許すや, 証明せん, 試みたの, 詮じつめれ, 詳しくきいた, 誇張した, 認めて, 誘うた, 語る此, 誤れば, 説いた蘇秦, 説くソコ, 読み違, 読むに, 請う, 論難攻撃し, 謹聴いたし, 變じ, 賛成し, 贊成した, 超えて, 踏襲する, 載せた, 輕ん, 述ぶる, 述べなければ, 述べられ予, 述べるに, 述べる傾き, 述べる浪人, 述べ明治維新, 述る, 送つたの, 逆証すべく, 逞しうせる, 連想せしむ, 進めるの, 適用し, 邪説の, 闘わさずに, 附会し, 附添へて, 除いた以外, 集めて, 難じ, 非認, 面白しと, 飜譯出版し, 駁せり, 駁撃し, 黙然と聞い

▼ 説~ (1144, 14.5%)

173 よると 76 よれば 19 従えば 16 して 12 依ると 10 從ひ, 拠ると, 賛成し 9 依れば, 從へば 8 耳を, 賛成した 7 よりて, よれり, 賛成する 6 傾いて, 對し, 従へば, 曰く 5 反対し 4 よれるなり, 反対した, 同意し, 拠れば, 於ては, 曰, 服して, 私は, 至りては

3 [14件] なって, よりますと, 就て, 帰着する, 従うと, 従うとき, 從へ, 從へる, 據る, 據れり, 於ても, 比ぶれ, 賛意を, 近い

2 [55件] ありては, うなずいた, これは, したがえば, したがって, その根拠, なつて, ほかならず, よらば, 一つの, 一致し, 不服で, 以為らく, 似て, 依って, 依りますと, 傾きながら, 共鳴し, 共鳴した, 刺激され, 反対する, 反対の, 反對, 反駁を, 合する, 同じ, 同意した, 同意する, 同感し, 基づきて, 堕ちる, 大賛成, 對する, 就いて, 就いては, 就きて, 従うこと, 従った, 感服する, 手を, 折合ひ, 據り, 於て, 最も近く, 有利な, 根拠を, 興味を, 落ちつくほか, 賛成しました, 賛成だ, 賛成です, 過ぎず, 重きを, 降参しました, 雷同し

1 [546件 抜粋] あきたとか, あったし, あらずと, あらはる, あること, あるの, あわせ考, いうべくして, いう人皇十二代景行天皇六十年十月, いわくこの, いわく人民無, いわく楷書は, うごかされて, うなずく, お耳, かかる, かたどり水中, かなって, かなり大なる, かぶれかかって, くみすること, こっくりと, この鬼, こは, これを, これ電気の, さんせいした, したがい手勢, しろ畢竟, しろ神経説, すぎない, すぎないこと, すこぶる広く, せよ兄, その狡智狐, そんな話, ちが, つきて, つくりあげた, つごうの, つながって, なった, なにほどの, ならぬとも, なると, なるの, なるべく同意, なる物子, はさんせい, びじゅるは海神だ, ほかならぬこと, ほとんどが, ほとんど狂的, ほぼ確実, ぼくは, まちがいは, まったく賛成, もつと, もとづきこれ, もとづきキリスト教藝術, もとづき日, もとづくもの, ゆかねば, よったもの, よほど共鳴, よらずそれから, よらねば, よりてし, よりても, よれは, よればかの, よれるもの, りっぱに, わかれたため, わかれて, わかれては, わかれどちら, わかれました, わかれ一方, アララット山の, エキゾティシズムか, クボ人は, ジプス・アンタラツスで, スコットランドと, スコットランドの, セマン人は, ソレは, チベットの, チャンズールの, ツチは, トランスカウカシア辺で, トルク島人闘う, ドウダ吾, ベレロフォン始め, マレー半島の, ロネス島の, 一も, 一八六九年アルゼリアの, 一致した, 三つあった, 三女あり, 三河で, 上古は, 上古此地に, 不利な, 不服だった, 不満な, 与せば, 乳洋中に, 亀の, 予が, 云う景気, 云ふ, 五代目か, 亥子餅七種の, 今の, 今度は, 今若し, 他の, 代るべき適当, 伏した, 伏したどころか, 伏して, 似たの, 似たり, 何でも, 依るも, 促されたるのみ, 信を, 借りるに, 倣うという, 傾いたが, 傾きいわゆる, 傾きかかった, 傾きがち, 傾きましたが, 傾聴する, 傾聴を, 優るあるところ, 全然同感, 共感し, 共鳴する, 出逢っても, 分かれたるが, 分れたま, 分れて, 分れ会議, 到達した, 加担を, 加擔したい, 劣らず常識的, 動かされた, 動かされて, 北京辺で, 医学医術等には, 十全の, 半信半疑であった, 即ち模写説, 及ばざるは, 反し, 反して, 反対します, 反対すべき, 反対だ, 反対を, 反対意見を, 反對説, 反抗いたし定めし, 古アリア人, 古ローマ人, 古昔宇佐八幡の, 可なりの, 史蹟に, 右京水の, 合して, 合は, 同ずるもの, 同和し, 同感する, 同感せられる, 同感であった, 同感です, 向って, 吾, 善人の, 囚はれ, 囚はれない, 囚われて, 四十フィートに, 因い, 因みて, 国貞の, 地球の, 基づいて, 基づきスタティウス, 基づける, 基を, 変わって, 変化し, 変節した, 外ならない, 外ならぬ, 多く傾い, 多少の, 多計代, 始めて, 子女ようやく, 存した, 存するに, 宋儒が, 官立の, 実に本邦無類, 対って, 対応する, 導かれたの, 導かれて, 少しも, 就いても, 就き今日吾, 就ては, 山神海神と, 岐れ, 左袒する, 帰せず万有, 帰せず鬼神説, 帰依せし, 帰依せしめた, 帰入, 帰着した, 帰着しなけれ, 帰着するであらう, 常陸筑波郡今鹿島は, 平安を, 序を, 彭姓の, 往昔西宮に, 従うに, 従うべきでしょう, 従うべしと, 従うより, 従う可, 従えばかい, 従ったが, 従ったこと, 従ったのに, 従つて妻といふ, 従つて置く, 従て, 従ひ居るなり, 従ふ, 従ふと, 従へ, 従わずんば, 従わば, 従わんでも, 得たもの, 從はんと, 從ふ, 從ふこ, 從ふと, 從ふなら, 御異議, 御賛成, 徴するも, 徹頭徹尾賛成, 心から承服, 心ならずも服従, 心服し, 応援し, 恐らく異議, 惑ひ, 惑溺する, 想像説を, 愈れる, 愚鈍で, 感じ, 感じて, 感じ文章, 感化され, 感心し, 感服せざりき, 感歎し, 慊ざる, 慊らない, 手長猿は, 承服しなかった, 抗し, 拘泥し, 拘泥する, 拠って, 拠り, 拠り彼, 接するに, 撞着する, 據れ, 支那日本にのみ, 敬意と, 文飾を, 於いては, 於ける根本的, 於てかの, 於ての, 明かなれば, 明応七年兵燹に, 昔, 昔エトルリアの, 昔マヨルカと, 昔創世の, 是れ, 時代が, 曰くさ, 曰くその, 曰くベアトリーチェは, 曰く世界の, 曰く凡ての, 曰く將棊の, 曰く昔からの, 曰く試驗任用法なる, 曰ふ, 曰アキレウスの, 曰コンスタンティヌスは, 曰テセウスの, 曰トロイア戰役の, 曰フーリエは, 曰天地の, 更に尾鰭, 月女神ルチナは, 有利であっ, 有利なる, 服さなかった, 服し圓朝氏, 服すしか, 服せまいと, 服従し, 服従する, 服従せし, 未練が, 本づい, 本づいた, 本づき, 本づく, 本づける, 本邦古, 松雪院は, 根拠あらしめ, 梵天王の, 椿油か, 権を, 次いで折衷説, 欧州に, 此より, 歴史上特定な, 歸着した, 比して, 比べると, 比較し, 水蛇と, 決定した, 泥部を, 深い敬意, 深い疑惑, 満足出来る, 溺れたもの, 無條件, 照らして, 熱中した, 牽かされて, 犬は, 狐が, 猟人黐と, 猫甚く, 猴類の, 瓦, 甘心する, 甚しく, 生ず二師, 田中善立氏は, 由つて知られる, 由ると, 由来し, 異存は, 異常な, 異論を, 異議を, 疑いを, 皆是封内の, 盲従し, 相は, 相当する, 相当の, 示唆され, 神秘主義的な, 私淑する, 移らう, 移りまた, 穴太部間人王と, 空氣を, 立脚し, 立脚した, 端啓を, 等已彌居加斯支移比, 米国の, 終りがち, 終始し, 結びつけて, 結びつける他, 結び付き勝ちである, 結合し, 老年に, 考うるも, 聖武帝の, 聴くこと十余年, 肩を, 背くこと, 脅かされて, 自分も, 至っては, 至り新聞, 至るまで, 葉の, 蒙古人, 虫類の, 蛇が, 見えたる埃及王, 見えたる天女, 見えて, 見ゆ, 見出し得ると, 触れなければ, 觸れた, 誤謬多し, 説くよう, 談理は, 論入, 諸国で, 警保局長に, 讃岐国高松で, 變じ, 賛同した, 賛同する, 賛成したい, 賛成するしない, 賛成せず, 賛成せられる, 賛成だけは, 賛成である, 賛成できない, 賛成と, 賛成なさる, 贊成を, 踏み止まること, 迎合せよ, 近く立っ, 迫害を, 述べられました, 迷って, 迷は, 追従する, 追随し, 逆行し, 這入つて, 過ぎざるも, 過ぎずと, 過ぎないもの, 過ぎないよう, 過ぎないらしかった, 過ぎぬ, 過ぎません, 達したの, 違わずこの, 遭遇し, 配すれば, 野狐の, 鐺は, 長い詳細, 関係し, 関係する, 関連し, 附會し, 降伏し, 陥る他, 陥落する, 陸前の, 随って, 隠然反対し, 雉と, 雪舟は, 露国の, 露國の, 非ずして, 非道交会, 韓語で, 頷いたが, 類似し, 風狸, 馬や, 驢は, 鬼交は, 鵺ベレロフォンに, 鸚鵡すら

▼ 説~ (834, 10.6%)

5 一般に 4 これを, 山中不二峰において 3 とるに, 一個の, 一種の, 余の, 前に, 当時の, 正しいと, 犯人が, 誤りである

2 [37件] あるが, かくて, それから, た, ない, わるい, インドの, 一つの, 一応尤も, 事実に, 云うまでも, 人に, 人間の, 今日では, 他の, 余が, 信ずる事, 傳説としての, 全物質界, 决し, 到底成立, 多くの, 少しも, 廢し, 心の, 想像力の, 抽象的な, 机上の, 正しい, 真理とは, 神の, 私に, 自分の, 言うべくして, 認め難い, 誤りだ, 超越的真理概念を

1 [720件 抜粋] あっても, あつて, あながち嘘, あぶない, あまりに取越し, あまりに明瞭, ありますまいか, あり土地, ある点, ある程度まで, あれども, あろうけれど, あろうけれども, いずれその, いずれも, いつでも, いまだ定説, いまでこそ, いよいよ附け加わる, うかうか賛成, うんと儲かる, おそらくこの, お説, かなりに, かなり真実そう, かなり知られ, かの改進党, かようである, かように, こ, こうであります, ここから, ことごとく妄想, このよう, この事態, この厨子, この場合成立, この故, この点, この理由, この調停, これで, これらの, ごもつ, さておきまことにおのずから, しばらくは, しばらく問題外, すぐに, すこし牽強附会, すでに鎌倉時代, ぜひその, ぜんぜん根拠, そこでぐっ, そこに, そのままにて, そのよう, その一, その二, その時限り, その社, その空位, その郡, その隠れたる, それは, たいへん面白い, ただこれ学説上, ただちに粉砕, ただ後者, たとえ一時世間, だいたい首肯, ついに実現, ともかくとして, ともかくベニス, ともすれば人間, どうあ, どうあらう, どうあろう, どうしても印度, どうだろう, どうな, どうもはなはだ疑わしく, どうも腑, どこが, どこまでも, どれも, なかった, なかなかの, なかなか進歩, なんだか彼女, なんの, はじめて地動説, はじめ教理より, はなはだご, はなはだ錯雑, ひとりシナに, ほとんど西洋人, ほんとうだ, まことに正しい, まことに面白い, またウプザラ, まだよい, まだ十分, まだ悲痛, まだ相当, まだ見た, まだ証拠, まち, まちがいで, まったく信憑, まったく問題, まっ正直, むしろ常識的, もって, もっともと, もとより五行, もと知覺説, もはや他, もはや異論, やや平凡, よからず, よく分らない, よく解った, よろしい, アメリカ辺の, カントに, キリスト教の, コロンブス以前の, ナンセンスに, ニーチエ程, ビュッフォン, ヘシオドのと, マゾヒストサディストの, マッハや, ローマ人によって, ヰタリスムである, 一々尤も, 一切眉唾物である, 一向駒井, 一応もっとも, 一応もっともで, 一方の, 一時は, 一番多かっ, 一般科学者が, 一見甚だ適切, 一顧の, 下火にな, 不朽の, 不満足に, 世界に, 世界の, 世紀児的だ, 世間では, 世間一般に, 並べて, 主としてマンチェスター派, 主観主義個人主義であっ, 久しい論争, 事柄が, 事物の, 二説で, 人の, 人形と, 今では, 今の, 今天下, 今採る, 今日でも, 仏教の, 他から, 以前の, 伝わって, 何だか非常識, 何に, 何れの, 何んと, 何分にも, 何處まで, 余り有力, 依代, 俄かに, 信ずべからずと, 個々の, 倒れたが, 傀儡子を以て, 傾聴する, 僕の, 僕も, 僕自身の, 儒學六藝を, 元来マッハ的, 元来特別, 先ず斯, 全く事実, 全く信憑, 全く成立, 全く無根, 全然成り立たない, 全然誤謬, 全部是認する, 全長老, 六月二十四日の, 共に葉, 其最も, 再吟味, 再転し, 初めて聞く, 別論し, 到底証明, 刹那主義に, 前から, 前漢時代の, 前者を, 勇壮これに, 動かぬ, 勘定が, 勿論単に仮名序, 區, 単に偶然現実性, 単に学説, 単に長生不老, 博士とは, 却って大衆, 厳粛な, 取らず又, 取りませんでした, 取るに, 受け取れない, 受取り兼ねるので, 古代論理を, 古書に, 同感し得ず, 君が, 和漢三才図会の, 和漢共に, 哲学概論に, 哲学的基礎の, 唯同系, 商の, 問題に, 啻に政教, 嘘な, 四次元世界を, 国民固有の, 國民の, 変えない何, 多いが, 多くアラブ人から, 多く学界から, 多分インテリゲンチャ層, 多大の, 多数の, 大きなパラドツクス, 大海溟渤に, 大胆極まる, 大部分一種, 如何, 如何にも巧智, 妄談である, 妥当で, 姑く, 孔子以前の, 孔子以前より, 存在を, 完全とは, 宗教の, 宗教家が, 実にヨイ加減, 実に驚くべき, 実は一種, 実は必ずしも, 実は認識そのもの, 実際大, 家庭を, 實に, 實は, 寧ろ評論雑誌, 尊王と, 小人の, 少し穿, 少し考え過ぎた, 少なくともこの, 少数で, 屡々耳, 山岸中尉にとって, 巧みである, 帝室および, 常識であった, 平凡だ, 幼少の, 当って, 当らない, 当然倒れ, 彼に, 彼自らが, 後に, 後まで, 徒らに, 従来から, 御祭礼略記, 徳川時代の, 徹底し, 徹頭徹尾誤謬, 心が, 必しも, 必ずしも矛盾, 必らずしも, 忘れない, 恐らく詩人, 意味が, 憲法からは, 成り立たないの, 成り立ち難い, 成程, 成立する, 或は日神奉送, 或は英雄聖賢, 或点, 手を, 承認したい, 探偵小説本, 措きて, 支那で, 支那洪水説話の, 政治上の, 敦厚悦ぶ, 敬の, 新説だ, 既に二十歳, 既に故紙, 既に荷田春満, 日本と, 日本人の, 旧くから, 旧時代, 明かに, 明白説自身によって, 昔から, 時代た, 時代遅れと, 普通の, 暫く一個, 暴論と, 書を, 最も信用, 最初から, 有力であり得ない, 有用な, 朝鮮人の, 未だ証據, 本当である, 本当らしくない, 果して成立つ, 栄三郎の, 根據なき, 根據極めて, 極めてあり, 極めて明快, 極端だ, 概して保守主義, 模写の, 橘諸兄勅を, 機械的必然性の, 正しいであろう, 正しいでしょう, 正しい様, 正しかった, 正当ならず, 此に, 此処に, 此場合に, 此意義に, 此等の, 此自然的現象に, 歩三万をもって, 歴史に, 歴史の, 殆ど東洋の, 殆ど金科玉條として, 比較神話学の, 氏に, 消滅すべき, 淫乱に, 湯が, 演劇論的に, 漢の, 漢書藝文志の, 無いか, 無理だ, 無用と, 物理学者気象学者の, 特にウィーン學園, 牽強附会一笑に, 狂信的な, 独の, 独特で, 獨特な, 現に今日, 現在金堂安置の, 理科学者の, 理論として, 環境が, 甚だ危険, 生気説と, 畢竟小説, 疑は, 疑問で, 疾に, 白鳥博士と, 的を, 皆怪しい, 直ちには, 直ちに採用, 眉ツバモノだ, 眞理である, 真理をば, 真理認識に, 知らないもの, 知識が, 研究の, 確かに, 確に, 磯氏も, 社会に, 禁令の, 福沢先生が, 禹に, 私には, 私は, 程なく我邦, 空しいもの, 穿ち過ぎたけれども, 穿って, 立派に, 立消えに, 第二版, 箇樣である, 納得できない, 経済学史上抛棄された, 経験論と, 結局人間の, 結局我国における, 絶対に, 緯書に, 繊細な, 考へ, 耳には, 聊か之, 聖書の, 聞かないそこで, 聞くと, 自然界の, 興味の, 興味深い, 蓋し正鵠, 蔵原勝本説を, 虚談ならず, 行き過ぎであった, 行われた, 衝突する, 要するにこの, 要するに真理模倣説, 覆すこと, 解り難, 訛伝だ, 認識は, 語原説として, 誠に巧, 誤, 誤であ, 誤りという, 誤れり, 説話, 誰が, 論拠を, 謬つて居る, 貴いもの, 足利氏の, 転じて, 近代初期に, 速度や, 過日だいたいの, 過日大略, 道徳的意識の, 違うが, 適用せらる, 釋尊以前盛に, 鎌倉の, 間違つてゐる, 関東の, 雷電を, 非マルクス主義的, 非人情の, 非情人, 面白いが, 頗る印度的色彩, 頗る變化, 題詞に, 飛んでも, 驕兵の

▼ 説~ (807, 10.2%)

80 ある 27 あるが 19 あります 17 あって 16 出て 10 あった 7 ありますが, あるの, 正しいと 6 あつた, 一般に 5 有力である 4 あつて, あるから, あるよう, あるん, 多い, 多かった, 多数を, 正しいか, 行はれ 3 あったが, あったの, あるそう, あると, そのまま何人, 出た, 勝を, 有力に

2 [36件] あったと, ありまして, ありますけれども, ありますと, あるけれども, あるに, ある位, ある由, この議場, どうの, ない, 一部の, 世間に, 之である, 伝えられた, 出たり, 出ました, 出る, 出現し, 勝利を, 唱えられて, 多いの, 最も有力, 有力だった, 有力であった, 正しいという, 流行し, 生れて, 矛盾する, 行なわれて, 起た, 起って, 起らずには, 述べられて, 通って, 違ふ

1 [468件] あたったとき, あったこと, あったという, あったので, あったもの, あったん, あてはまるとしても, あまりにも, あらわれた, ありその, ありどの, ありましたが, ありますけれど, ありますし, ありますぜ, ありまた, ありわが国, あり一方, あり三人, あり五人, あり古事記, あり四人, あり四部, あり婆羅門信徒, あり岸本由豆流, あり徒ら, あり戀愛, あり特別, あり自分, あるか, あるかね, あるくらい, あること, あるさ, あるし, あるでしょう, あるといふ, あるね, あるので, あるまた, あるらしいが, ある人, ある又, ある果して, ある様, ある程度事実, あんなに爽やか, いかにし, いかに不当, いろいろある, いろいろに, うけたまわれないので, おこった, かすかな, かなり有力, かなり行なわれ, ききたくて, こういう考, ここに, このごろに, この死, これに, これまで, ございまして, しばしば称えられた, すこぶる要領, すたれてから, すっかり気に入った, すでに文書, そこはかとなく胸, そこをめぐって, その当代, その根本, その頃大分ひろまっ, その頃大分ひろまつ, それで, それである, それほどの, たちまち勢力, たった, だんだん広がる, だんだん有力, ちょっと気, つみたされて, でる, とび警視庁, どうであろう, どうも本当にさう, どこからとも, どこの, どちらも, どれだけ, どんな風, ないか, なくては, なされて, なり立つと, のこって, ひろ子を, ほんとうで, またかよう, また盛り返し, まだ一致, まちがって, まちまちである, まづ, もっぱら行なわれ, もとで, よい様, ようやく日本, よく分った, カムツァン中で, クリティシズムと, チラホラと, デカルトのと, ブルジョアジーの, プロレタリヤと, ホンの, マルクス主義的だ, 一つの, 一ぱい詰つてゐる, 一向マルクス主義, 一定し, 一時傳つてゐた, 一時史界を, 一番實際に, 一番正しい, 一致し, 一般には, 一般の, 一部に, 一面の, 不完全で, 不道理, 世の, 世界的に, 両極端の, 中心と, 中津に, 主張され, 主張せられ, 二つに, 人々の, 人心を, 人文地理學者中に, 今まで, 仏教にも, 伝えられたが, 伝えられたの, 伝えられて, 伝わって, 何かで, 何程加はつて, 余輩の, 係官の, 俄かに, 俗人社会に, 保守主義者たる, 信じられたの, 信じられて, 信ず可, 信用出来ない, 優勢であった, 元に, 先づ, 児玉院長の, 全く面目, 全盛の, 其の價値, 円満に, 出たかと, 出たぐらゐで, 出たこと, 出たの, 出たもの, 出たよ, 出ましたが, 出ようとは, 出るかと, 出るかも, 出ること, 出るの, 出來, 出来たの, 出発し, 分れるの, 初めて巴里, 劃一に, 動揺する, 勝ちある, 勝ち一勝一敗, 勝った, 勢いを, 勢力を, 十分根拠の, 単にかりそめ葺き, 却つて違つた印象を, 参考に, 又種々, 古くから, 古典的な, 叩きたいもの, 可能である, 史家の, 右の, 合うて, 吐けるもの, 唱えられるに, 唱えられ一九〇五年, 唱へ, 問題に, 嘲りの, 国体と, 国体の, 国民の, 圧倒的だった, 圧倒的に, 増加した, 墨子の, 変るわけ, 変れば, 多いから, 多いじゃ, 多いと, 多いので, 多きを, 多くため, 多くなりました, 多くまた, 多く博士, 多く語原, 多分當つて, 多少変化, 大いに関係, 大して影響, 大そう, 大部分, 太古から, 夭折者の, 如何に, 妥当の, 妥当らしい, 学界に, 完全に, 完成しなけれ, 官学の, 客観主義である, 實現される, 實行された, 實際には, 實驗的基礎を, 対立した, 対立する, 専らであった, 少し怪しく, 尾鰭を, 屡々應用, 巧みで, 希臘に, 常識的世界観に, 平凡だ, 幾分か, 強い, 当り居るよう, 当る, 形を, 形而上學へと, 影の, 往々に, 後から, 後にケルヴィン, 後代の, 後進少年生の, 復活され, 復活する, 心臓麻痺に, 必ずしも確信, 必要な, 思い起されまして, 悉く正鵠, 愈尤, 成り立たぬもの, 成り立ち得るが, 成り立つ, 成り立つか, 成立する, 我々三名の, 或は眞相, 持ちあ, 持ち上って, 持囃された, 排撃され得る, 採用され, 提出せられた, 支那固有の, 政府当局によって, 政府部内に, 政治的の, 教へる, 数年来相からんで, 文部省を, 新聞に, 日本に, 日本の, 明に, 明らかに, 明治四十年の, 普及し, 曾て, 最も明瞭, 最も確実, 有ったけれど, 有つて, 有りそして, 有りませんけれど, 有力だ, 有力で, 有力の, 本に, 本当なら, 本当に物凄い, 本邦に, 来るの, 極くわづか, 極まって, 概ね史学者, 模写説の, 横行し, 次第に高まり, 歌の, 歓迎さる, 歡迎される, 正しいなら, 正しいもの, 正しいやう, 正しいらしい, 正しい事, 正しきや, 正しくて, 死や, 殊に深く, 殘つ, 段々確か, 気に, 決した計り, 決しない, 流布せられた, 浸み, 混線し, 滑稽でない, 漸次に, 無いで, 無い上, 爆撃直後伝えられた, 爽やかで, 現はれ, 現はれる, 現れ来ること, 現われて, 理論上正しい, 甚だ少い, 生じて, 生ぜら, 生み出された, 生れたかを, 生れたと, 生れたの, 生物學に, 異う, 異ふ, 疑わしくしかも, 発狂説に, 発表される, 発表せられる, 発表に, 發表され, 發達し, 盛んだ, 盛んに, 直接間接に, 相矛盾, 眞を, 眞理である, 眞面目に, 真に正しい, 真反対, 真理諸説の, 確かである, 確定した, 確立される, 祖, 神仙の, 私の, 秦の, 種々ある, 種々に, 種々傳, 穏当と, 立派に, 立脚する, 立証され, 紛々として, 結びつきながら, 結局は, 織り込まれて, 臆測に, 自由主義乃至, 色々と, 草木を, 莫迦, 菊千代には, 薄弱だ, 行なはれ, 行なわれた, 行れる, 行われた, 行われて, 表面に, 西洋の, 解説を, 解題の, 詰らないとして, 語根名詞説よりも, 誤だと, 誤つて, 論議せられ, 議論の, 變つて來る, 豫想する, 起つ能, 起てその, 起らぬ前, 起りその後, 起りました, 起りやすい, 起るかも, 載つて, 轉じ, 近年まで, 迫, 述べて, 逆に, 這入つて, 造作せられ, 進歩し, 過去の, 道理らしく, 違う, 違う場合, 違ったとき, 違って, 違て, 遵奉され, 長い間, 長城を, 間もなく彼, 阻止される, 陥ったと, 随分と, 隨て, 隨分と, 霊魂不滅説に, 非乃至, 面目を, 頗る多い, 飛び出したり, 飛躍し, 餘程たしかな

▼ 説~ (714, 9.0%)

23 方が 14 ように 12 通りです 10 如きは 7 やうに 6 上に 5 中に, 当否は, 影響を, 通りだ 4 根拠は, 正しいこと 3 ごときは, ようだ, ような, 一部を, 中には, 分子を, 真偽を, 第二期, 通りである, 通りに

2 [42件] うちに, ために, でるの, とおり, とおりです, 中で, 事実に, 出來た, 反駁に, 味は, 大要に, 大要は, 如きに, 如きも, 如きもの, 如き或, 如く, 如くに, 実例を, 実行を, 寂靜への, 形を, 我国に, 方に, 方は, 方へ, 時に, 根拠を, 流れを, 特色も, 盛んに, 眞精神を, 破綻と, 背後に, 行はれた, 証明せられざる, 誤りを, 誤謬を, 謬れる, 起る由來, 通りで, 通りであろう

1 [500件] あった事, あまりにいつも病人, あらう筈, ありしは, あるうち, あること, あるところ, あるの, あるもの, ある堂, いつわりなるべきは, いづれと, いまだ尽くさざる, うちの, おこるの, おも, お姫樣, ことが, ことも, この帰結, ごときも, ごとく, ごとくやはり, ごとく世界じゅう, ごとく今, ごとく天平風, ごとく芸術, ごとく行欲, ごとしと, ごとしまして, すべての, た, たしかな, たどった歴史, とおりだ, とおり拇指から, とおり文人にも, どれが, ほうが, ほうには, ほうを, ほか口で, まち, まま記載し, もので, やうで, やうであります, やうである, ようです, ゴリラ定期鬱狂説を, ファッショ, ブルジョア社会に, 一つと, 一つには, 一つの, 一例なり, 一問題も, 一因であろう, 一変形である, 一方の, 一点にのみ, 一番最初の, 下に, 不備を, 不完全な, 不明白, 世界が, 両方とも, 中にも, 中にを, 中の, 中程を, 中第, 中間に, 主張である, 主張の, 主張者たる, 主張者でした, 主張者なりき, 主旨は, 主要な, 主要部は, 事, 事なり, 二説とは, 人は, 人心を, 人物材料を, 人魚の, 他に, 他人に, 仙郷淹留説話の, 代りに, 代償としての, 伝播宣伝を, 何處から, 価値は, 価値を, 信ぜられて, 信奉者であった, 信奉者であり, 信奉者と, 信奉者に, 信拠すべき, 信者と, 偏つた處を, 傍証たらし, 傳説たる, 傾向である, 傾向を, 價値, 元祖で, 元祖とも, 元祖に, 先駆者とも, 全部では, 全部に, 内には, 内容だけ, 内容について, 内容推移に, 出ずるは, 出たこと, 出たという, 出て, 出でし, 出るの, 出所と, 分布状態は, 初集二集, 前半の, 前半は, 割りこむ, 創設者等の, 創説者の, 力だった, 勃興する, 區, 半分は, 単なる反対物, 単なる排撃, 原だった, 反対者が, 反対者であった, 反対者は, 反対論者によりて, 古く伝えられ, 可能を, 右に, 名で, 名人だ, 否認し, 哲学的の, 唯一の, 問題と, 問題に, 問題は, 因を, 困難が, 土の, 基礎である, 基礎と, 基礎には, 基礎の, 基礎を, 場合と, 場合には, 外に, 外輪だけ, 多い地, 多少政論, 大いに道理, 大なる, 大反対者, 大家として, 大意を, 大成とともに, 大日如來の, 大綱は, 大要を, 大躰, 大集成, 夫自身に, 奇矯であり, 如き, 如き之, 如き其日本, 如き凄い, 如くこの, 如くであっ, 如くである, 如くでは, 如くなら, 如くなるを, 如くのりとき言, 如くクク, 如く三國史記, 如く人, 如く子女, 如く家庭, 如く新劇, 如く極めて当然, 如く貝塚, 如く貴族, 如し, 妄は, 妙旨を, 妥當な, 姫君黄玉色の, 安彦氏以外の, 定本と, 実現に, 実証的根拠として, 実際に, 宣伝に, 宣伝用特別版の, 寸法を, 将来は, 少なからざる, 巨木, 帰結, 常套なり, 常識性と, 幾分でも, 底が, 弘まり方も, 弱点という, 弱点を, 弱點, 当れる, 当時に, 当非, 影響による, 影響の, 往々偏癖, 後の, 徒是なり, 必然の, 性質として, 恰好な, 悪達者や, 想像し, 意味や, 感化から, 態度も, 成りたつ足場, 成立する, 成立せざる, 成立とに, 成立によって, 才能知能などが, 批判も, 批判を以て, 批難が, 承認を, 排撃に, 排撃者は, 採用する, 提出を, 提唱者として, 擁護, 支持者で, 支持者は, 支配する, 救はれざる, 教うる, 敷衍として, 斉しく言う, 新奇に, 方あるいは, 方から, 方であった, 方です, 方を, 方真に, 旁証には, 是認者であった, 是非は, 是非も, 是非豈, 時代, 時代で, 時弊に, 普及を, 最も合理的, 最も著しい, 最も重大, 最よい, 最初の, 有力な, 有力なる, 朝鮮二一二頁, 末を, 末文等を, 本づく, 本家と, 本態である, 材料と, 核心と, 根底たる, 根拠が, 根拠なき, 根拠に, 根拠について, 根拠にまで, 根拠の, 根本と, 根本を, 根本史料を, 根本思想に, 根本概念と, 根本的特色に, 根本的誤謬に, 根本要求から, 根源を, 極深い, 極端な, 概念材料に, 標語としても, 欠点および, 欠陷にも, 次に本地垂迹説, 歓迎せられたる, 歡迎せられたる, 正しさ, 正否などは, 正否は, 正当ならぬ, 正確を, 正邪を, 歴史, 歸結である, 法医学者は, 注である, 注に, 注脚, 流行と共に, 流行を, 混淆地で, 淹留説話に, 源を, 無意識な, 無感情, 無条件な, 無稽なる, 焼き直しだろ, 熱心なる, 爲に, 特徴の, 特色は, 独断説に, 現はれる, 理解と, 生々的威力發展主義が, 生じたるが, 生ずる間隙, 生れた理由, 由, 由つて出づるところである, 由来は, 異同を, 當否を, 発生する, 発生を, 発表が, 発表された, 発達変化について, 發明者たちも, 發達は, 白衣の, 百般の, 目標と, 相違が, 相違及び, 眞精神に, 真なる, 真の, 真理説に, 瞬間が, 矛盾だけを, 矛盾を, 研究東久雄を, 確かなる, 確實を, 確立せざる, 確立に, 示唆によって, 祖述で, 神, 科学的核心は, 科学的研究, 秘密を, 程に, 究極の, 立ち場から, 立ち難き, 立て得られしが, 立場から, 立場より, 立脚地に, 第一, 第一期, 第二, 第十九世紀的存在状態, 範圍を, 範疇は, 精神と, 精神を, 系統の, 紙が, 素地を, 紹介である, 終りを, 終るを, 縄目よりも, 缺陷である, 羅刹鬼女, 美, 美人に, 耶馬臺の, 聡明さも, 臣である, 自家撞着である, 自殺でなけれ, 興味少く, 良いところ, 良心に, 苗代だ, 行は, 行わるる希望, 行われたのに, 被保人等, 裏書きであり, 要点は, 要領は, 見えるの, 見方に, 解決促進方が, 訂正せられたる, 記事と, 記憶を, 設定しよう, 話が, 誤りである, 誤を, 誤聞である, 誤解され, 誤解せられん, 説明に, 読み加, 論拠と, 論理的皈結を, 諦めとが, 證明に, 譯述を, 變つて居る, 起る頃, 起源と, 起源は, 超越的含蓄的なる, 越後は, 足らぬところ, 軍も, 迷妄を, 通であろう, 通り, 通りおれは, 通りさ, 通りちぐはぐに, 通りであり, 通りでございます, 通りと, 通りわいは, 通りゲスな, 通り三喜は, 通り今度の, 通り地球は, 通り我々の, 通り映画女優の, 通り歌舞伎に, 通り私の, 通り程や, 道理とも, 違う事実, 那方の, 部分, 部分と, 重要な, 重要なる, 間違いである, 関係せざる, 闖入すべき, 陋を, 難きは, 難点と, 非を, 非理無実なる, 非科学的, 香を, 齟齬を

▼ 説~ (517, 6.5%)

64 ある 52 あるが 17 あった 15 あります 13 あったが 11 ありますが 10 あって 6 出た 5 あれば, 出たが, 出て 4 あつた, あるし 3 あったそう, ありました, ありましたが, あるから, あるには, あれども, 出ました, 有るが

2 [21件] あったよう, ありますし, ありまた, あるくら, あるそう, あるの, あるよう, あるらしい, あるん, ある様, いいけれども, なるほどと, 一応は, 一応首肯, 出る, 成立たない, 或る, 畢竟は, 略, 耳に, 起ったの

1 [240件] あったかも, あったの, あらば, あらわれた, あらん, あらんなれども, あり, ありその後, ありなお, ありまして, ありましょうが, ありますこの, ありまたは, あり二千三四百年, あり何, あり佯狂, あり又, あり外国, あり多く, あり或いは, あり或は, あり殊に, あり絵, あり行方不明, あり隨分面倒, あるかも, あるくらい, あるけれど, あること, あることゆゑ, あるこれ, あるであろう, あるので, あるべし, あるやう, あるらしいが, ある事, ある位, あろうから, あろうが, いかがに, いろ, うなづける, おそらくその同じ, かなりある, かなりへん, かなり有力, けっして穏当, この三派, この点, この際確か, ございますが, ございますので, ごもっとも, すべてそこから, する小, その中, その常胤, その根本思想, それを, だんだん盛, だんだん進み, でる, どうする, ない, ないで, ない様, なからう, なくは, なく單, なければ, なにも, なり立ちさ, のって, ひとしくまた, またラボアジェー, また俄, また多く, また彼, また必ずしも, また捨て兼ねます, まだ, まんざら誤で, みなインドの, よく分りました, フィヒテを, 一つの, 一應尤なりと, 一方には, 一概に否定, 一部に, 一部分は, 万物創造説も, 丸啌でないらしい, 主義も, 之に, 之を, 予の, 二人の, 云って, 亦ピタゴラス, 亦衰え始めなけれ, 人類の, 今では, 今の, 以前あった, 伝えられたが, 伺はして, 伺わして, 俄かに, 信ずるに, 備中と, 傳來を, 具体普遍説も, 决し, 出たであろう, 出たの, 出たり, 出で, 出でしが, 出でたが, 出ようが, 出るでありましょう, 出來, 分れて, 加わって, 印度から, 參考に, 反駁し, 古くから, 可能であった, 可能と, 同じだ, 多かったでしょう, 多数に, 大分苦しい, 学問の, 少々怪しく, 少くは, 少なからず, 少なくない, 尚合理, 平凡で, 度々褒め, 弁証法的に, 当らず, 往往此, 後立山という, 御坐, 徹底しない, 必ずしも寓言, 恐らく真実, 成り立たないこと, 成り立つの, 成立たぬこと, 成立ちます, 成立つだらう, 或は眞, 技術楽天説, 推測せられる, 提出せられた, 新らしい, 日本では, 早く試みられ, 昔から, 書けない, 有り雲梯等, 有力に, 木っ, 未だ一定, 本当である, 根拠を, 根柢から, 根源的に, 極々徹底, 極端だ, 概念的には, 標山には, 欠伸の, 正気の, 此意味に, 此短歌の, 死んだもの, 段々研究, 海洋学から, 混入した, 無意味で, 爽かに, 理窟は, 甚だ尤も, 生じた, 生じただろう, 生じたであろう, 生じ当局, 生れて, 用いられて, 略それ, 異論も, 當時には, 相当に, 相当有力, 相当根強く, 眞に, 礼物の, 神経説も, 私には, 立ちうるが, 立ち法律, 立て得られるという, 笑いの, 考えられない事, 考えられるわけ, 聞いたが, 聞きましたけれども, 聴いた, 自然に, 茲に, 葺草壁代の, 行なわれた, 行はれ, 行われて, 衰へて, 見えて, 親子の, 言語疾病説も, 認めない, 認めなければ, 諸書, 起こった, 起こったが, 起つて, 近時田中勘兵衞氏の, 道具説も, 道理には, 陽根本位論も, 随分独断的, 隠然の, 隨分種類が, 霊魂不滅論の, 頗恠しい

▼ 説~ (254, 3.2%)

5 云う 4 なって, なるの 3 呼ばれて, 異なり

2 [20件] あるが, いう, いって, その先人, それに, なつた, なつて, なる, 云ふも, 似て, 全く関係, 同様に, 名づく, 呼ばれるもの, 比較し, 私の, 粒子説との, 結び附く, 障子の, 雖も

1 [195件] ああいふ, あった, ある度, いい気ちがい, いうほどの, いつたあまり世間, いふべし, いふよりも, いや其様, いや彼, いろ, いわざるを, いわねば, この模写説, これに対して, これも, し頗る, する, するも, する所, す可, そうで, その反対, その実行運動, その根拠, それから今, それほどまでに, だつた, であった, である, どっちが, ないと, なす世に, なったり, ならざるを, なりやがて, なりわが, なるもの, なれり, まったく同一, ウェルギリウスの, オーストリア學派の, サヴァイイへの, ジユピターの, スミス警部の, ソーンダイクの, タンホイゼル説話とを, トルコ系と, ハンチントン流の, プルウストの, ラプラスの, 一つに, 一人ぎめにしてそれに文句を, 一夜は, 一種の, 一致し, 一致する, 三保と, 九州説との, 事實との, 二つあります, 二つある, 二つに, 二人の, 二説あります, 云々, 云うわけ, 云う坊さん, 云って, 云つたぐあひですな, 云つても, 云ふ, 他人の, 他殺説が, 伝播説との, 例の, 偶然一致した, 働きなるもの, 兄さんの, 全く同じ, 全体説との, 全然符合, 其の後, 冒険主義とから, 印度思想との, 又清洲すみ子, 反對, 史伝の, 合致し, 合致する, 同じであった, 同じに, 同じ条件, 同種たるに, 名付けようと, 吠檀多, 呼ばれる考え方, 呼ぶこと, 呼んだ, 呼んで, 呼んでも, 咽喉部を, 唱えて, 嘲り目するに, 四巻説とが, 大いに差, 夫に, 女子説とが, 女達の, 定めがたい, 容疑者とは, 密接に, 實相, 實相とは, 少しくその, 少しもち, 峠を, 形式主義の, 思う, 思われたと, 思われる, 思われるかも, 恐縮する, 摂津という, 故意説との, 救恤貧民の, 斯う, 日高君の, 昔よその, 木乃伊とを, 本来の, 棉, 楽観説という, 模写説との, 橋立傳説と, 機械説とは, 機械論との, 機械論とを, 歴史とは, 段階的発展説とは, 比治山の, 洋學年表説の, 海底進化説, 深く結び付けられ, 混じて, 無関係に, 無関係説との, 現象主義とに, 生気説とは, 略一致する, 異なり奔馬, 異なれば, 異なれり, 異らず, 相容れず, 私は, 称して, 称する哲学的説明, 称す可, 空想との, 符合する, 符節を, 第四説, 粒子説, 粒子説エーテル概念に, 精神が, 終末思想とに, 結び付いた存在論的基礎, 結び付けて, 結び合せ, 考て, 自然その, 萌芽汎在, 見られるかも, 見られるだらう, 見做, 記号説との, 記憶し, 認められたので, 語根名詞説とが, 誤つて研究, 調和し, 近時の, 逆さ子で, 通ずるところ, 連関させ, 過程説との, 違つて來まし, 違ふ, 違へ, 金属と, 開國後日本から, 離すこと, 題したる草稿一冊, 飽くまで伝説通り

▼ 説には~ (118, 1.5%)

3 私も 2 何らの, 倒れかける棒, 僕は, 僕も, 反対する, 私は, 絶対に

1 [101件] あえて反対, あらずこの, ある種, いうに, いろいろ反対, かつて本当に物, かなり驚かされた, くみしがたい, しばらく疑, その地, ちと服しかねる, なお次, なにか人間らしい, なんら確たる, はっきりと, まだまだ克服, もう飽きはてた, わたしも, エジプト派の, エタは, 一日に, 一致すれ, 一致は, 一言も, 一面の, 不易の, 五代に, 人格的な, 以前から, 仲, 何か, 信を, 信用出来ぬ, 充分に, 先祖が, 全然不, 全然反対, 前から, 反対した, 反対説が, 取り合わず医師, 同意する, 同意は, 同意を, 同意出来ない, 塔頂に, 多く首肯, 寛文の, 幾分佛教, 往年インドで, 従来確かに, 必ずしも賛成, 慕何と, 憑付説と, 或る, 承服し, 敢て, 既に唐, 春琴女の, 暴風雨どころか, 暴風雨に, 最も効力, 有名な, 服し兼ねました, 本能的にも, 此婚嫁が, 海軍こぞって, 漁火である, 無条件で, 無論反対, 異論なし, 疑いを, 発明極て, 皆交渉の, 相当共鳴, 相当多数, 相通ずる, 確乎たる, 穴太部間人王と, 紀ノ, 絶対反対だ, 經書は, 胸を, 蔽ふべからざる, 虚無因應を, 行かないの, 見逃し難き, 賛同し, 賛意を, 賛成しない, 賛成する, 賛成である, 賛成です, 賛成な, 賛成出来ない, 鑿, 隨分詩的な, 非ず, 首肯し兼ねる, 高句麗の, 鼬の

▼ 説では~ (91, 1.2%)

5 ない 3 ないが 2 あれど, ないの

1 [79件] あったが, ありますが, ありますまい, ありませぬか, あり得ない, ある, かえって人, このあたり, この日, この頃, その産小屋, どうしてもその, なあに異人だって, ないか, ないかと, ないじゃ, ないと, ないので, なかった, なかつたの, なかろうと, なくて, なく少年, なく昔, ひろ子が, もしそうであった, ギリシアから, トサは, 一緒に, 二本しか, 人間の, 佛家の, 儒教は, 兄は, 初生の, 到底夫婦さし向かい, 前者が, 可愛いと, 右の, 君真者は, 唯天日神命, 地心の, 堯でも, 大ヤマズミノミコト, 大國主命である, 大島は, 大陸と, 天火明命だ, 天火明命に, 太陽の, 太陽系のみ, 女の, 妻君という, 幽霊塔を, 支那へ, 明らかに, 是は, 最初から, 此の, 殺青, 炭水素連鎖の, 無い, 無いけれども, 皆其の, 石見娘子依, 神功皇后が, 私は, 符命を, 織は, 羊が, 自分の, 芝には, 藤原冬嗣の, 蛇である, 行基は, 解釋されなく, 革命軍引きあげ, 鹽湯は, 齊の

▼ 説~ (79, 1.0%)

5 あつた, あつて

1 [69件] あつたの, あらうとも, あらねば, いい加減燃える, いう全員, お前の, これは, すなわちウ, そうなれ, それも, だから彼, とうとうあの, どうしよう, どこからが, もしまじめ, やはり紀, わずかに, イギリスの, クラーク女史が, ソレ計りは, ドイツでも, 一層信憑, 五味左衛門と, 人麿が, 他の, 何うし, 余は, 佛教も, 信用する, 其以前から, 其原話は, 凡てどこでも, 古今藝術圖の, 夫れ, 宣長が, 小早川隆景と, 尤も別に, 左様な, 巧みに, 帝王の, 弁天娘の, 恐らく大工仲間, 悪人生き, 撃退は, 支那での, 更に笑うべき, 有る既に, 極めてオオプン, 榮西によ, 此人が, 氷見町と, 汝の, 注意しなけれ, 満足できる, 理窟は, 稲の, 第一, 羊が, 茶の湯こそは, 葬式を, 被うには, 西洋人などは, 見ても, 親子の, 解釋する, 軽娘子, 輿論の, 迂闊極まる, 面白く説かれた

▼ 説~ (68, 0.9%)

42 から今後お前達, というの, と思う, な, のと, よ

1 [52件] からいよいよ, からである, から去年, から惡, から當, か今, があの, がここ, がこの, がずいぶん, がそれ, がそんな, がね, がまだ, が一人, が土方娘子, が末端動脈, が石見娘子, が蛆, けれども私, ということ, といふ, とおもう, とお前, とかいうもの, とか異端, とか積極説, ところで何ん, としてよろこん, として伯耆, とて信ずる, との意見, と云った, と云われ, と偽書, と唱え出す, と大きな, と存じます, と心得, と思ふ, と明代, と書い, と申す, と考えます, と言え, と謂つて, と足利高氏, ねその, のは, 事実とは, 忠君愛国だって, 愈よ

▼ 説として~ (49, 0.6%)

2 軽々に

1 [47件] その二つ, その偏僻, ちょっと述べ, やはりひめた, 一般に, 之に対して, 之を, 人に, 今日戦争という, 伝えられたもの, 僅少の, 創造すべき, 印度起源説を, 取り扱つた上田秋成, 古來, 固より, 大黒というは, 好く取り, 将来の, 引用する, 採用す, 採用する, 支那起原説の, 斯う, 更に他, 書いて, 棄て, 棄ておかず, 次の, 正しいか, 殆ど満場一致的支持, 洋医は, 特色づけられる, 現われて, 現われ暫時, 纏められた事実, 美濃では, 考へぬ樣, 聞かないで, 脚本の, 見るべきもの, 記して, 述べた言葉, 通って, 面白いもの, 顧みざること, 風習説によりて

▼ 説~ (42, 0.5%)

2 環境説などの, 異説も

1 [38件] そういうもの, もって, エンゲルスの, グウテンベルグの, ヒレ酒の, 創世記默示録の, 功利主義などは, 古蹟は, 大は, 宗教的信条からも, 小説的な, 思想によ, 慣習に, 或いは実験, 教訓やに, 明白説が, 最近ジョリーの, 模写説それから, 此の世界は, 歴史の, 波動説熱に関する, 熱量説等々, 牢屋の, 珍説に, 直覺説, 石塀の, 社会ダーウィン主義が, 神秘観を, 秘教や, 筆録者の, 罵倒を, 義経ジンギスカン説などは, 見当違いに, 見馴れた材料, 邦人説の, 金胎両部の, 開闢説でも, 附會が

▼ 説である~ (36, 0.5%)

3

1 [33件] かなお, かのよう, かも知れぬ, からいちいち, がそれ, がまた, が一つ, が今日, が兎, が動詞, が扨, が私, が秦, ことに, ことには, ことは, ことを, し今, そうだ, という, という説明, といふ, としても聯想, とする, と私, と糸巻き, と言つて, に反し, のか, ゆえこれは, ように, 先日も, 所の

▼ 説にも~ (34, 0.4%)

1 [34件] あります, あるよう, じつはいろいろ根拠, その例, なお疑わしき, やはり根ざす, 一抹の, 一理は, 一顧の, 不都合は, 之に, 何やら服しかねまする, 偉人の, 其例無き, 反対した, 悪結果, 拘らず歴史, 根の, 比丘有て, 比較的よく接近, 氏は, 爪鷹に, 爲よ, 確固たる信念, 耳を, 色々の, 菊池氏の, 触れて, 賛成する, 賛成できない, 通じて, 遠い血縁, 部分的には, 非ず

▼ 説~ (32, 0.4%)

2 のことば

1 [30件] であろう, ではない, というやつ, という職能, といふ, としてこの, としてつかわした, としてまず, としてやった, として何度, として参った, として参る, として行った, と見, などがまま, ならずやと, ならん, におもむいた, にまで選ばれた, に動かされ, に参った, に来, に見えた, の不破河内守, の如く, の意気, の決意, はないだろう, は一定, を向け

▼ 説から~ (30, 0.4%)

2 すれば, それと

1 [26件] いうと, したがってまたその, して, アッサリ切りは, ドイツの, 乙の, 乙御前と, 互いに討議, 亡き魂, 來て, 先に, 全く自由, 出たもの, 堯舜と, 外存的に, 始まって, 安全に, 導かれた結論, 抜けて, 社会的快楽説に, 純化する, 考えると, 蝉脱し, 見れば, 訛出したであろう, 貴重な

▼ 説との~ (30, 0.4%)

2 間に, 間には

1 [26件] あいだに, かの二律背反, 二つの, 二個の, 二様の, 二種あり, 兩端に, 区別を, 対照, 対立が, 対立に, 折合を, 折衷によって, 比較調査を, 相違が, 経験的事実による, 結合によって, 統一であり, 総合であった, 総合を, 融和の, 論争であった, 論爭が, 論爭も, 関係は, 関係を

▼ 説でも~ (29, 0.4%)

1 [29件] さう, ない, ないから, ないの, ないゆえ, ない事, なくて, なく又, なに違ってる, もうさだ子, やはり別, ニュートンが, 一応は, 一時全く, 主観価値説でも, 人間の, 保守的観念に, 假定説でも, 兎に, 受けつぐ様, 古い形而上学者, 君は, 成り立ち得る, 成立ち得るが, 承ろうと, 有り善い, 私は, 經濟學説でも, 鵜のみに

▼ 説とは~ (29, 0.4%)

1 [29件] ちが, どうしたら活き返, どうやっ, なにか, よほど密接, インテリゲンチャの, 一見矛盾する, 一長一短では, 交互に, 人間の, 似ても, 併し, 例を, 信じますが, 切り離して, 即ち唯今, 反対であった, 反対に, 反對, 大昔から, 少し距, 恐らく正反対, 曾て, 正反対な, 歴史的原理の, 衝突を, 要するに僧殘罪, 言へ, 非常に

▼ 説~ (25, 0.3%)

6 のです 5 のだ 3 のである, んです 2 んだ 1 のか, のであった, のであります, のでいっさい相手, のでございます, 言葉で

▼ 説~ (23, 0.3%)

2 に対して在る, へ対せしめ

1 [19件] がサワアザミ, がマアザミ, といふ本, と云, と称する, に, には筮易卦用蓍也, にも貢獻功也, によつて, に事, に拠れ, に樗, の古, の話, の頃, をも出し, を岡本况斎, を引いた, を見なけれ

▼ 説あり~ (22, 0.3%)

1 [22件] この説, されど殊更, て中, て人, て個々中心, て殆, て頗る, と, といへ, また出版自由, ダンテは, 一臂長く, 僕の, 兄の, 全く自家, 古代の, 吾等の, 父母の, 短きは, 西洋ギリシアにも, 言頗繁に, 請ふ

▼ 説~ (17, 0.2%)

3 てみたい

1 [14件] それを, て, ていう, ていた, ている, てきた, てはならない, てもとより, てゐた, て云っ, て別れた, て差支, て祝辞, て連れ

▼ 説によって~ (17, 0.2%)

1 [17件] でなく正に, 使ったこと, 加治さんの, 単に超越的, 完全に, 星雲から, 極めて容易, 現在, 理解された, 生命の, 目的論とか, 薬師如来に, 試みに, 説明されね, 説明する, 責任の, 鉄砲倉や

▼ 説~ (16, 0.2%)

2 居るが, 曰く, 曰く足下は, 頗る詳悉 1 その心, 之を, 宇宙の, 居るけれども, 曰く政党に, 曰く政黨に, 見たの, 迦葉佛の

▼ 説に対して~ (16, 0.2%)

1 [16件] かくの, それら衝突によって, コロンバス時代の, 予全く, 云つたのと, 前に, 反対の, 反駁を, 呶罵を, 如何なる意見, 少許, 構成説と, 正反対の, 毛利先生は, 疑惑が, 知識は

▼ 説をも~ (15, 0.2%)

2 建てた

1 [13件] そのままに, 参考と, 容れざるべからず, 少し押し広め, 弁明せね, 持出して, 排斥する, 採否する, 案じ出して, 略弁する, 紹介した, 聞いて, 道

▼ 説排撃~ (15, 0.2%)

1 [15件] が突発, という消極的, と国防, にありたる, の, のパイオニーヤ, の方針, の決意, の決議文, の運動, の驥尾, は軍人, を唯一, 乃至国体明徴運動, 即ち又

▼ 説~ (15, 0.2%)

1 [15件] だ, であって, であるの, なり, な形容, な想像, な氣分, な社会分析, な範疇, な話さ, にそして, になる, に出, に解釈, の歴史

▼ 説ある~ (14, 0.2%)

2 によれり, もこれ 1 がこれ, ことなし, ことは, にもかかわらず, によれる, に及ん, も信ずる, やうだ, を見れ, 由を

▼ 説です~ (14, 0.2%)

2 か, ね 1 からあて, からやるなら, から御, から拙者, がしかし, がまあ, けれども宣長翁, けれど僕, なあ, 誰が

▼ 説とが~ (14, 0.2%)

3 ある 2 対立し, 相違し 1 あつて, これである, わかれて, 双方に, 同樣, 如何なる關係, 行われて

▼ 説より~ (14, 0.2%)

1 [14件] いでて, して, 一歩進みたる, 以て, 内地雑居の, 割出したるこそ, 取り来って, 始まること, 数年若く, 発足し, 融通された, 見れば, 起こると, 転じ来るもの

▼ 説よりも~ (14, 0.2%)

1 [14件] ずっと実際的, それは, まさつて, 一層太甚, 一層威権, 傑出し, 後に, 或は一層, 更に甚, 正しいもの, 直截簡明な, 私の, 肌赤説の, 遲れ

▼ 説~ (14, 0.2%)

2 したもの, に当 1 があり, した, したい, して, しようと, し来るは, せられこれ, で自然, と二者, の次第おの

▼ 説する~ (13, 0.2%)

1 [13件] こと大切なるべし, こと能わざる, なりと, にあり, に至った, のである, のも, ほかに, を要せず, 主観的精神と, 余裕は, 所ありき, 無學者

▼ 説に対する~ (13, 0.2%)

1 [13件] シェーラーの, 一二の, 俗難中に, 反作用が, 奴隷的黙, 政府の, 構成説の, 様々な, 疑問, 科学者としての, 評論について, 評論についてと, 非難は

▼ 説服する~ (13, 0.2%)

3 ことが 2 ように 1 ことは, ために, ためには, だけの準備, ということ, には論争, のが, は愛

▼ 説~ (13, 0.2%)

2 の名

1 [11件] が自己, として有名, なり思惟, においてすでに, によって実際, に尋ねる, のいいます, の一人, はうやうやしく, は初, は恐らく

▼ 説~ (12, 0.2%)

3 しようという 2 しようと 1 しようとは, にかかった, に出掛けた, に努め, に及ん, の末, を始める

▼ 説という~ (11, 0.1%)

2 のは 1 この対立, のが, ので, もので, ものは, 妄説が, 妙に, 本の, 註釈が

▼ 説を以て~ (11, 0.1%)

1 [11件] これを, はじまり其間, まう一度吟味, 動すべから, 名高し, 多くの, 情に, 我々婦人に, 満足す, 考ふれ, 頻りに人民

▼ 説~ (11, 0.1%)

1 [11件] サヘ吐カレツヽアル, 作テ其人ニ献ズ, 作ルモ亦, 信ジテ以テ悉ク己ノ, 喋々スルハ甚ダ煩ハシケレバ考証ハ固, 奉シテ對抗シ, 奉ジテ殺到シ來ルベキト, 得タリ, 戴キテ非議セント試ムル者アラバ其ハ疑問ナク, 為ス者曰フ, 理想トシテ植民セル者ノ

▼ 説服し~ (11, 0.1%)

1 [11件] てしまった, てその, て味方, て岩出銀行, て憂慮, て權要, て澁, て神, やうと, ようといふ, 初め彼等の

▼ 説とを~ (10, 0.1%)

1 うたつた二十九の, 作つたこと, 側面から, 巧に, 検討する, 混同し, 結び合せて, 見つめて, 説明し, 適宜に

▼ 説など~ (10, 0.1%)

1 あります, いふもの, いろいろある, はしなくも二十年後, 之によって, 出て, 区々です, 念頭に, 気に, 申し立て候儀

▼ 説なる~ (10, 0.1%)

2 ものを 1 がごとき, が故に, ものあり, ものが, ものに, ものは, 物を, 至微

▼ 説とも~ (9, 0.1%)

1 いうべきもの, いわるべきカール, なり一種, に一個, 同樣, 異なる墨子, 至極道理, 見るべき考証, 覚えられぬ

▼ 説に対しては~ (9, 0.1%)

1 そう信じ, べつだんの, みな反対論者なら, もうしあげよう, 些かの, 何人も, 我々が, 歴史上何等の, 無論反対

▼ 説した~ (8, 0.1%)

1 がわたくし, が幕府側, ことだけを, のであった, ものである, 圓覺經を, 所である, 譯では

▼ 説たる~ (8, 0.1%)

2 に過ぎざるべき 1 ことは, こと明なり, やさらに, や頗る, 事を, 所以に

▼ 説であった~ (8, 0.1%)

1 から英人, が一寸法師, が要するに, そうだ, という点, と覚え, のを, ものが

▼ 説でない~ (8, 0.1%)

1 ことは, ということ, といつた, といふ釋迦, とて大乗経, ととなえた, と聞い, ものを

▼ 説などの~ (8, 0.1%)

2 口出しを, 合理化を, 成立つ余裕 1 今日勢いを, 如く三代に

▼ 説などは~ (8, 0.1%)

1 そのど, 以前その, 僻地の, 其の一例, 到底要領, 口から, 拠りどころ, 殆ど佛教と

▼ 説なども~ (8, 0.1%)

1 ある, あること, ございまして, よくうけいれる, 有って, 流行し, 畢竟耳, 當時俄かに

▼ 説などを~ (8, 0.1%)

1 入れるもの, 古いもの, 外に, 妙な, 提出する, 攷え, 教えて, 生噛りに

▼ 説に従い~ (8, 0.1%)

1 お帰り, しに, すぐに, 国へ, 島を, 私は, 精神は, 身命を

▼ 説に従って~ (8, 0.1%)

1 その夜三更, 初子を, 味う, 味って, 置く, 自然主義を, 見ますと, 話しを

▼ 説或は~ (8, 0.1%)

1 ピタゴラス團體の, 伝播説は, 共同起原説もしくは, 単に風俗, 演劇芸術は, 舞台装置の, 進化論の, 驟雨神話説は

▼ 説であっ~ (7, 0.1%)

1 てそれ, てともかく, てはならぬ, てふたたび, てもよい, ても実際, て氏

▼ 説としては~ (7, 0.1%)

1 寧ろ滑稽, 山人の, 根拠も, 殆ん, 現在を, 西比利亜に, 面白い

▼ 説なれ~ (7, 0.1%)

1 どもだんだん, ども一方, ども今日, ども僕, ども田舎, ばとにかく, ば大いに

▼ 説によりて~ (7, 0.1%)

2 之を 1 善悪の, 幽に, 明證せられざる, 此一条を, 解釈せらる

▼ 説まで~ (7, 0.1%)

1 ある, つたえられて, 出來, 叫んだが, 溯り得る, 生じたの, 耳に

▼ 説~ (7, 0.1%)

2 や雜卦 1 が主として, が爾, と關係, に, の説き

▼ 説あれ~ (6, 0.1%)

1 どもいぶかし, どもこれ, どもただ説, どもたとい, どもなほ, ども狐

▼ 説さえ~ (6, 0.1%)

1 ありますが, ある, ある位, つたわるに, 出て, 未だ容易

▼ 説としての~ (6, 0.1%)

2 意味は 1 リアリズムを, 剖判説は, 懐疑論に, 懷疑論に

▼ 説においては~ (6, 0.1%)

1 我々の, 直観が, 眞理の, 真理は, 総労賃, 自由は

▼ 説によ~ (6, 0.1%)

1 つて幸ひ, つて新しい, つて書い, つて語られる, つて語序の, つて誤りない

▼ 説により~ (6, 0.1%)

1 てこの, わしは, 中古かの, 多く共鳴する, 相手を, 秦は

▼ 説はなはだ~ (6, 0.1%)

1 あたるが, 有力と, 理あり, 疑わざるを, 繁くかつ, 道理ある

▼ 説即ち~ (6, 0.1%)

1 原子構造論は, 唯物論だ, 年月の, 戯曲家と, 日本で, 是なり

▼ 説~ (6, 0.1%)

5 がある 1 であるが

▼ 説~ (6, 0.1%)

1 一, 三, 二, 二に, 二の, 五説を

▼ 説~ (6, 0.1%)

1 がある, であった, によりて鎌倉以來, に対する唯物論的, に結びつけ, を研究

▼ 説~ (5, 0.1%)

2 しき 1 また智者自身, 否か, 支那説か

▼ 説かも~ (5, 0.1%)

1 しれない, しれぬ, 知らんが, 知れない, 知れないが

▼ 説などが~ (5, 0.1%)

1 つぎつぎに, 伝わり左近倉平, 其である, 彼の, 行われて

▼ 説なら~ (5, 0.1%)

1 という, なおさら言う, ば真, んからに, 僕も

▼ 説なり~ (5, 0.1%)

1 その傳記, 他を, 古くからの, 和を, 行動なりを

▼ 説にては~ (5, 0.1%)

1 このさき, これを, なきか, 先方より, 夫婦は

▼ 説による~ (5, 0.1%)

1 ものでございます, ヒューマニズムという, ヒューマニズムも, 政府攻撃とか, 真理の

▼ 説ばかり~ (5, 0.1%)

1 である, で出來, 主張させたら, 多いん, 書いて

▼ 説~ (5, 0.1%)

1 たの, 引付けられる, 片贔屓, 転向した, 達せねば

▼ 説をば~ (5, 0.1%)

2 一個の 1 一説として, 主観説から, 其ままに

▼ 説~ (5, 0.1%)

1 にも種々, に養, のニムフ, の朴野, の蓬莱山

▼ 説~ (5, 0.1%)

2 文生と, 文生として 1 文元年生として

▼ 説卦傳~ (5, 0.1%)

1 では, と爾, と關係, には兌, に乾爲駁馬

▼ 説問題~ (5, 0.1%)

1 というよう, などがやかましかっ, にし, に就い, に限らず

▼ 説~ (5, 0.1%)

1 でさ, といふ大, と学海類篇, はその, を抄

▼ 説かむ~ (4, 0.1%)

21 ことは, と試みし

▼ 説であり~ (4, 0.1%)

1 そしてそこ, 主観主義であり, 妾だ, 進化論であり

▼ 説といふ~ (4, 0.1%)

2 やうな 1 ことを, 者を以て

▼ 説とか~ (4, 0.1%)

1 云われて, 何とか色々ある, 文法とか, 粒子説とかの

▼ 説なき~ (4, 0.1%)

2 にあらず 1 にあらざれ, をかく言わば

▼ 説において~ (4, 0.1%)

1 アウグスティヌスペトルス・ロムバルドゥス及び, ニーチェの, 時代に対する, 見ること

▼ 説について~ (4, 0.1%)

1 思はず談義, 有力の, 考えて, 述べたつもり

▼ 説によるに~ (4, 0.1%)

1 あるいは数百年前, すでにもて, 神は, 親戚に

▼ 説のみ~ (4, 0.1%)

1 でことごとく, では, ならず一般, 信用致し

▼ 説乃至~ (4, 0.1%)

1 オーストリア経済学, デカルトの, 目的論が, 素朴実在論は

▼ 説時代~ (4, 0.1%)

3 の事 1 の歴史

▼ 説~ (4, 0.1%)

1 がいつしか, が美しい, を採っ, 伝えて

▼ 説通り~ (4, 0.1%)

1 だ, だろう, の訳, わずかに

▼ 説えた~ (3, 0.0%)

1 ことなどから, のだ, のである

▼ 説さえも~ (3, 0.0%)

1 ある, あるほど, 耳に

▼ 説その~ (3, 0.0%)

1 ような, 極端に, 言行は

▼ 説そのもの~ (3, 0.0%)

1 が非常, は善き, をも卑むようになる

▼ 説だけの~ (3, 0.0%)

2 話では 1 ものが

▼ 説だの~ (3, 0.0%)

1 やれ神経説, 基督教の, 私慾なども

▼ 説であります~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が今日, が要するに

▼ 説とに~ (3, 0.0%)

1 すっかり感心, 依ると, 相當

▼ 説どころ~ (3, 0.0%)

1 でない重大危険, では, のもの

▼ 説なりとて~ (3, 0.0%)

2 掲げたるを 1 必ずなずみ守るべき

▼ 説における~ (3, 0.0%)

1 エネルギー観念の, 指導的な, 誤謬

▼ 説についての~ (3, 0.0%)

1 やや詳細, 訊問では, 論証は

▼ 説にな~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて作り話化し, つて居りまし

▼ 説に対しても~ (3, 0.0%)

1 その後種々の, 彼特有の, 断然たる否定

▼ 説に関しては~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, これだけで, 天然神話説ある

▼ 説に関する~ (3, 0.0%)

1 一個の, 数個の, 臨時ニュース放送を

▼ 説のみを~ (3, 0.0%)

1 信じて, 信用すべきである, 蒐集すべし

▼ 説へる~ (3, 0.0%)

1 ことは, 筋は, 者は

▼ 説までが~ (3, 0.0%)

1 しばしば再, 半蔵の, 書いて

▼ 説ようやく~ (3, 0.0%)

1 世上に, 発達し, 行なわれて

▼ 説~ (3, 0.0%)

1 与シ時ニ, 依ルト, 依ルト颯子ハアレデナカ

▼ 説~ (3, 0.0%)

2 ならず 1 ならざれは

▼ 説~ (3, 0.0%)

1 委陀や, 粗ボ右ト, 粗与

▼ 説~ (3, 0.0%)

1 の果, は虚構, 之果夙之因也

▼ 説勧め~ (3, 0.0%)

1 てくれた, てこの, ても来ない

▼ 説大いに~ (3, 0.0%)

1 当ってる, 明らかなる, 行われ食物

▼ 説排撃運動~ (3, 0.0%)

1 の行く, へと戦線統一, や之

▼ 説文解字~ (3, 0.0%)

1 とか釋名, に, には

▼ 説書生~ (3, 0.0%)

1 と同じ, に英雄伝, の影響

▼ 説~ (3, 0.0%)

1 といふもの, なんといふ書, のよう

▼ 説甚だ~ (3, 0.0%)

1 是れ, 永く候え, 詳なり

▼ 説~ (3, 0.0%)

1 古に, 是である, 然らざる

▼ 説あるいは~ (2, 0.0%)

1 僧侶や, 然らん

▼ 説いろいろ~ (2, 0.0%)

1 あるよう, と申

▼ 説かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 思ふ

▼ 説からの~ (2, 0.0%)

1 引喩の, 引喩は

▼ 説かるべき~ (2, 0.0%)

1 功徳では, 問題で

▼ 説けり~ (2, 0.0%)

1 真如と, 釈氏説けり

▼ 説こそ~ (2, 0.0%)

1 大計という, 実に国家

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 もっともじゃ, もっともと

▼ 説しか~ (2, 0.0%)

1 分かって, 通用されまい

▼ 説したる~ (2, 0.0%)

1 ものあり, 假造の

▼ 説じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないよと

▼ 説すなわち~ (2, 0.0%)

1 伊勢では, 伊達正男秋川さだ子共犯説には

▼ 説すら~ (2, 0.0%)

1 これを, 可能と

▼ 説それから~ (2, 0.0%)

1 凡ての, 批判主義や

▼ 説~ (2, 0.0%)

2 余の

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 だけの程度, 所が

▼ 説だけは~ (2, 0.0%)

1 いまだにリッパア事件, 相変らず信じ

▼ 説だった~ (2, 0.0%)

1 のである, んだ

▼ 説だって~ (2, 0.0%)

1 その実, 私たちは

▼ 説ては~ (2, 0.0%)

2 曰く凡そ

▼ 説というか~ (2, 0.0%)

1 あれに, 公の

▼ 説とかの~ (2, 0.0%)

1 中の, 基礎と

▼ 説とて~ (2, 0.0%)

1 日本で, 皆悪い

▼ 説とても~ (2, 0.0%)

1 確かな, 解釈の

▼ 説なく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 説などに~ (2, 0.0%)

1 親しみを, 重きを

▼ 説なりとも~ (2, 0.0%)

1 之に対して, 又如何なる

▼ 説なるべき~ (2, 0.0%)

2 も筮者

▼ 説においても~ (2, 0.0%)

1 ロックの, 我々の

▼ 説にしか~ (2, 0.0%)

2 過ぎないだろう

▼ 説にたいして~ (2, 0.0%)

1 やかましい攻撃, わたくしは

▼ 説については~ (2, 0.0%)

1 スカルタッツィニ註第四卷, ワグナーマクドウガル等の

▼ 説についても~ (2, 0.0%)

1 つい是非分別, 車輪説は

▼ 説にとっては~ (2, 0.0%)

1 不可能でなけれ, 刹那主義が

▼ 説にのみ~ (2, 0.0%)

1 拘泥する, 耳を

▼ 説にまで~ (2, 0.0%)

1 及びましたが, 進むこと

▼ 説によっても~ (2, 0.0%)

1 そうなるらしい, 天津神系統の

▼ 説への~ (2, 0.0%)

1 傾向を, 理論的根拠に

▼ 説また~ (2, 0.0%)

1 この同類, 理なき

▼ 説もしくは~ (2, 0.0%)

1 一元的神話伝播説も, 部分的採用説を

▼ 説よりは~ (2, 0.0%)

1 お手討説, 確に

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 註ニ説明シタル所ヲ, 躍進的進歩ヲ

▼ 説一つ~ (2, 0.0%)

1 の藝術, も学理

▼ 説一致~ (2, 0.0%)

1 し互いに, せざるの

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 の人物, の英雄

▼ 説不可思議~ (2, 0.0%)

2

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 に知らる, の風潮

▼ 説出した~ (2, 0.0%)

1 のである, 嫂は

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 された人物, した物語

▼ 説区々~ (2, 0.0%)

1 で中, なるも

▼ 説及び~ (2, 0.0%)

1 其藝術的感情とは, 富士谷御杖の

▼ 説多く~ (2, 0.0%)

1 の點, 見えたり

▼ 説專ら旺盛~ (2, 0.0%)

2 を極め

▼ 説尽し~ (2, 0.0%)

1 がたし, てございまする

▼ 説屡々~ (2, 0.0%)

2 起りたれども

▼ 説幾度~ (2, 0.0%)

1 か自由党, か自由黨

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 する所, にも草臥

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 尤も, 説全く

▼ 説恐らくは~ (2, 0.0%)

2 揣摩臆測に

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 があった, だと

▼ 説戒会~ (2, 0.0%)

1 といい, も行われた

▼ 説採るべき~ (2, 0.0%)

2 に似

▼ 説文会~ (2, 0.0%)

1 には島田篁村, を催し

▼ 説昔話物語~ (2, 0.0%)

1 というよう, の類

▼ 説服され~ (2, 0.0%)

1 ていた, 忠実な

▼ 説服した~ (2, 0.0%)

1 のである, 時でなく

▼ 説服せん~ (2, 0.0%)

1 とす, とする

▼ 説横説~ (2, 0.0%)

1 した, 甚だ是

▼ 説正しき~ (2, 0.0%)

1 も而, を得たる

▼ 説殊に~ (2, 0.0%)

1 イデアの, 十三の

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 と稗海, の説略

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 などと云つて, の安い

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 あり驢, あるに

▼ 説盛ん~ (2, 0.0%)

1 に後世雑多, に欧州

▼ 説立て~ (2, 0.0%)

1 てから言, 漸くの

▼ 説紛々~ (2, 0.0%)

1 として生じ, の折柄

▼ 説色々~ (2, 0.0%)

2 と説

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 と共に絶え, を書いた

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 に載せられし, を読む

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 はれたるによる, はれ候

▼ 説起り~ (2, 0.0%)

1 マルコポーロに, 新たに

▼ 説~ (2, 0.0%)

1 は文學上不朽, 諸篇すべて五十餘篇

▼1* [418件]

あったはずだ, 説あらば即刻, 説ありしを知る, 説ありしかれども実に, 説ありますが, 説あれ共殆ど今日, 説いちいちご尤も, 説いづれにし, 説いや初めから, 説うごとくこの人形, 説うるわしかりける次第, 説て武田, 説おうとするの, 説および四十三年説の, 説かえって仏教を, 説かくのごとく異なり, 説かは知らぬが, 説ききたりて卜筮, 説きたるものなる, 説けど先刻より, 説こうであったと, 説ここに生じ, 説こそがいわゆる労賃基金説, 説こと甚詳なり, 説これも調べる, 説これ一説なり, 説へ混亂, 説さえがその最も, 説さらに第四説, 説された自分は, 説しうる場処は, 説しかと定り, 説したいと思う, 説したれども偶, 説なは, 説すこぶる高尚に, 説すでに他の, 説すれば, 説せぬのが, 説せられ新義, 説せられなくともみな一様, 説その他例多し, 説その他演劇より文学, 説それが今日, 説それぞれの客観的根拠, 説それらのいろいろ, 説そんな馬鹿な, 説たまたま谷蟆の, 説だけでは, 説だけにかなりの, 説だけには新知故, 説だけを比較し, 説やなく, 説つけ是非和議へ, 説つけられてその, 説つまり現実肯定の, 説ても解らない癖, 説であるらしく甲部の, 説であろうが家康, 説でございます森林の, 説でしかない, 説でなかろうか, 説でなくってただ, 説というは漣が, 説とかを扱った家庭劇, 説ときたら十年前学校に, 説とさえいえば, 説とでも言うべき説, 説とともに彼の, 説とのみ考えること, 説と共に傳は, 説どおりに犯人, 説ないしは怪談説である, 説なかりしものなるべし, 説ながら服しがたい, 説なし然れ, 説なぞが余ほど, 説なぞはなかなか傑作, 説などで有名と, 説などと名づくべき, 説などという気ちがいじみた, 説などにも關係を, 説などより独立に, 説などをも生じたり, 説なりと論斥せられ, 説なりに於ては, 説にさえつきものであった, 説にたいする独身終焉説と, 説についてばかりでは, 説にてもまたたまたま, 説にとり憑かれ悪疫, 説にななづみそ, 説によりては説明す, 説によるの外は, 説によるもすでに古, 説に従いまして鵞鳥を, 説に従うも両個の, 説に関し自身の, 説のみにつり入れられるごときこと, 説はとに角, 説ず, 説勿れ, 説ふものあり, 説と云つて, 説ほど説得力に, 説まくりて御, 説まことに爽か, 説まさに当れりである, 説または全体説は, 説までには到つて, 説むしろ退歩し, 説めいてさ, 説めいたものが, 説めくほど微少, 説もしかと事実, 説もとより大に, 説やは機械論の, 説らしい材料を, 説らしく夫人も, 説をすらも持ち出すこと, 説をとなへ井伏鱒二は, 説とす, 説イト巧ニハ辨ゼラレタレドモ想像ニ成レル事多クテ, 説イヤハヤ女子と小人養, 説エーテル概念に就い, 説カント欲シテ先ズ涙下ルナオ恐ル児孫, 説キ明シテ塗板ヘ書シ, 説キ法律ヲ論ズルモ其源ハ人性マデ溯, 説キ示シ生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, 説クノ時期到來セズ, 説クベカラズという句, 説クベカラズ達人ノ前, 説クモ益無ク終日聴クモ利, 説ク如ク日本ハ最モ, 説ク形状ハ高野ノ万年グサ物理小識, 説ク所人ヲ感動シテ忽チ笑ヒ忽チ泣クニ至ラシムルモノ其レ, 説チャンス乃至偶然性, 説ト社會及人性ノ理解, 説ト薄弱ナル意志ト衆愚ノ喝采, 説ナリト疑フ者アレドモ, 説ニヨリテ麝香草ヲ当, 説ニ對シテ最高限度ノ活動權域, 説ニ附会シテ敢テ其理ヲ討セザレバナリ, 説ハッキリして, 説ハ穏カナラズジヤカウサウハ生ノ時苗葉, 説ファンになる, 説一たび出でて, 説一人の口, 説一切有部律に關, 説一切有部毘奈耶雜事九に惡生王, 説一理なきにも, 説一般の士君子, 説一門の生死, 説三つの説, 説三命の占, 説並びに啓示説, 説並びに歌謠, 説中古一般に信ぜられき, 説中妾の子, 説士, 説の, 説了すと答, 説を得ん, 説元祿七年十一月廿三日, 説云々は, 説云景気の句世間容易, 説互いに多少の相違, 説五年全部説各学級代表説, 説人間仙都之別, 説今一つはその, 説仏説の染みつきたる, 説仏説蘭説などをも, 説以上數篇は明治四十三年, 説以來物質といふもの, 説以前の捜査, 説以外の諸説, 説以来物質というもの, 説には記し, 説に於ける, 説何れにも難, 説作者は天地人三才, 説り説, 説例えば守部の, 説俗説の並び, 説保護せんと, 説修學の四標的, 説候人有之候, 説傀儡または広大, 説儒宗にある, 説先年は心付き, 説全く御説, 説共に捨て難い, 説内容の上, 説でしなりと, 説出すを貫一, 説出でてより, 説分る處正しく, 説利用は価値, 説乾却不爲龍といつて説卦の, 説を占め, 説勢力ヲ失ヒタルモ是ニ附隨セル名稱ハ, 説勧めたる事ありしならん, 説勧められたが彼, 説化藝術化すること, 説十人十色の拠り, 説驕奢趣味の, 説卦文言を序, 説去り説来った, 説去るところ悉く, 説曰く欧米各国今日の, 説又一は不, 説及比較神話学附言語の形式, 説した本, 説を覚え, 説申上候, 説史的逸話戀愛談怪異談その他諸種の傳説巷談, 説学級代表説などが, 説吐くとせ, 説定説の, 説否定の声明, 説因果説とはよほど, 説団一行は大, 説よりわれら, 説地獄極楽説をも略弁, 説子之, 説の真理諸説, 説外丹説いろいろある, 説外国奉行であり乍ら, 説からむ, 説多々あるべしと, 説多きは既に, 説孔雀王呪經や, 説大不相, 説天地茫茫知己無今対遺影感, 説太極図説先天図などの幽玄思想, 説奇談をその, 説女御が通じ, 説妄言入りみだれて, 説妥当ならずと, 説始めあらん限り, 説孔子を素王, 説學者は研究, 説學説に迷, 説せたる面色, 説実に旧時の, 説客策士の往来, 説客辯士の有害無益, 説容れられずいよいよ御, 説に基き, 説岡田三郎氏の二元論, 説の如し, 説左伝戦国策老子荘子と云う, 説巷談及び古代, 説幽霊の研究, 説当時大問題, 説必ず起らむ, 説樂論的意識の, 説思いあたることすく, 説思想などにおいても同, 説怪説雲の如く, 説の補足, 説愛花吾似子, 説戊午を蔀首, 説をそ, 説ひは, 説批判の時局講演会, 説承けるところが, 説拔除罪障呪王經などは云, 説排斥声明のみを以て満足, 説排斥派の一味, 説撲滅に不, 説擁護者にされ, 説支那思想の易理, 説文学者吉田學軒氏は五七日, 説文学説だから, 説文校録にも亦, 説文義証には, 説文長箋には泉, 説新しい説を, 説明らめた揚句遊ぶなら, 説更にカントや, 説と云, 説書生弾き語りする蛇皮線, 説モ確実ナルニ似, 説最も精密に, 説有らば則, 説有る盖し, 説服させるイエス, 説服されまいと自負, 説服されるのは, 説服しまして庭全体, 説服し得ないようで, 説服せむと試みたる, 説服せしめんと, 説服的な口調, 説畢, 説未だ一致する, 説来ったが聞き終った, 説松村説も耳, 説樣式を離れた, 説歎服いたし候, 説正しからむ, 説に輒, 説や趙正平氏, 説氣山下語は此, 説注李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 説海國兵談等を著し, 説消極説に次いで, 説けむ, 説無きにあらざる, 説無くんば, 説に関する熱素説, 説特に元子に, 説理論となる, 説生死輪廻説地獄極楽説をも略弁, 説甫侯自侈其家世, 説などを用いた, 説略学海類篇の集余四記述, 説にし, 説異説も稀, 説を得, 説療痔病經や佛説, 説発展の途中, 説発表の事実, 説百年毎に人壽一年, 説的世界観の基礎, 説的分子を除去, 説的原理とかが物理学, 説的概念もやはり, 説的理性の代り, 説的立場に立っ, 説的譬喩を借りるなら, 説皆是であるかも, 説盤古氏夫妻陰陽之始也, 説目視心忘る, 説相分かるる, 説相衝突するに, 説なるべしと, 説確かに拝聴, 説確定して, 説礦業或美術, 説社會の公衆, 説祕密相經下に, 説神州の神州, 説種々の主義, 説種族の父, 説稱讃如來功徳神呪經や佛説拔除罪障呪王經, 説童蒙のため, 説第八, 説符合するところ, 説符篇に同, 説に, 説簡単にし, 説絹布団という話, 説經家が古, 説義我國冢田虎も全く, 説者ヨブを某国, 説者弁護士演説家のごとき, 説聊か一方に, 説聞かして此殺身爲仁, 説は刑, 説見集, 説自体や, 説自分の考へた, 説自身によって邪魔, 説至つて究屈にし, 説奉使篇, 説若しくは記録に, 説あるべきなり窮尽, 説蠣崎公子在病蓐, 説を加味, 説西天の仏教, 説解せんとす, 説というかも, 説誠に區, 説の生ずる, 説論衡に其の, 説論議などが之, 説論阿部知二氏の純文学, 説謬妄哲理に優りたる, 説の娘, 説賛成者六十七でとうとう, 説賛成者六十二でこれ, 説賛成者百七で延期法案, 説賛成者百五十二に対する断行説賛成者百七, 説賛成者百八十九に対する断行説賛成者六十七, 説賛成者百四に対する断行説賛成者六十二, 説起し平安朝の四六文, 説又は京都, 説述そのものが主題, 説述シタ吾ガ田内整形手術ガ全世界ニ普及セラレタル暁ニハ, 説述体の形式, 説通ぜずという, 説進まずば汝, 説進むに従, 説逸事史譚怪談巷説の類, 説遂に行なわれず, 説運動は東京, 説する事, 説遺骨を小包郵便, 説郛以下の叢書, 説郛巻二十九古今説海の説略, 説郛本は鄭景壁, 説阿彌陀經聲は松風, 説附けて到頭, 説附けたと致し, 説附けまして丹治, 説附けました事は, 説附ける腕は, 説して, 説に載す, 説の如く, 説電子説の立場, 説で我國, 説類同するのみ, 説高しいやはや, 説は東方, 説龍至説到乾