青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「誤り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~語っ 語っ~ ~語った 語り~ ~語る 語る~ 誠~ ~誠に 誠に~ ~誤り
誤り~
~誤解 誤解~ ~説 説~ ~説い 説い~ ~説く 説く~ 説教~ ~説明

「誤り~」 1388, 15ppm, 7473位

▼ 誤り~ (213, 15.3%)

8 犯して 4 して 3 あえてし, 指摘し, 指摘する, 正して, 犯すこと, 訂正し

2 [15件] おかしたと, おかして, しながら, 冒して, 含むこと, 含んで, 咎むること勿れ, 正した, 犯したもの, 犯す危険, 納得させる, 見出さずそれから, 覚らないの, 語るに, 負い込んでも

1 [153件] あげるならそれ, おかさないのみ, おかした, おかそうと, きたしただ, きたしやすい, けっして二度と繰返さない, こ, さきに, さとらずに, したからこそ, したの, したり, しやすまいかを, すること, するので, せずに, なし易い, なすからと, はっきり理解, ふくむこと, まぬかれなかつた, みとめき, みとめつつ, みること, り候, 一つも, 七カ条まで, 三木清氏も, 乙丙丁の, 二三指摘し, 二三指摘した, 今仮に, 仕勝, 他に, 他の, 伝えるの, 伝え世, 修正し, 僞りならざる, 公平に, 具体的に, 再びくり返さず, 再び繰り返し, 冒すから, 冒すこと, 前提として, 匡す, 匡正した, 受け継ぐ事, 導き入れるだろう, 引き入れずに, 引き継ぎ今日, 引起す, 後世に, 徹底的に, 思いおこせば, 思い知らされたこと, 思い知らされるの, 悔い悲しみ, 悟って, 打ち消して, 招いたの, 指摘された, 指摘した, 指摘し鞭打っ, 指摘し鞭打った, 摘発し, 改めなん, 改め更に, 攻撃する, 教えて, 敢て, 日本から, 明白に, 暗示する, 正さうと, 正しおる, 正しかつ, 正しくし, 正したといふ, 正したに, 正したり, 正した場合, 正し新た, 正すこと, 正すべし, 正すよう, 正て, 氣づいた, 混入させた, 清算し, 無数に, 犯さないで, 犯さぬため, 犯されようと, 犯したよう, 犯しつつ, 犯しは, 犯し易い, 犯すであろう, 犯す原因, 理解する, 理論的に, 甚だ犯し, 生じやすい, 生じる, 生ずる, 生ずるの, 生ずる事, 生ぜしめ易い, 発見し, 直さねば, 知るため, 短気に, 矯正し, 笑うもの, 等しくし, 経験した, 繰返して, 自認する, 見いだすこと, 見たの, 見つけ出されなくて, 見て, 見て取ると, 見付けますから, 見分けて, 覚って, 覚らしめるもの, 解け, 訂し, 訂した, 訂正する, 証明され, 証明する, 認証した, 誤ったところ, 誤りと, 説いて, 説き又, 説明する, 説明つけ, 論じた, 論じたので, 賭しても, 踏襲し, 避けるため, 避けるよう, 重ねたもの, 重ねて, 重ねまい為, 除きたいと

▼ 誤り~ (149, 10.7%)

11 なければ 9 ある, あるの 5 あっても, あつた, あつて 4 あった, あるかも, あると, ないと, 含まれて 3 あったの, あるよう 2 あって, あらば, あるはず, あるん, ないなら, なかった

1 [67件] あったし, あったとしても, あったらしいの, あったら私, あつたなら, あつて攻撃, あらうと, あり, あります, ありまた, あり缺けた本, あるであろうと, あるとしても, あるとは, あるまい, いっそう恐ろしく, この絵, ない, ないかといふ, ないこと, ないだらう, ないとは, ないに, ないよう, ないらしい, なかつたならば, なからう, なくなるの, なくも, はいり込むと, ぼくには, わかったか, ザラに, 一つ, 一つ消し, 不足に, 他にも, 入道殿の, 再び現れ, 出て, 多い, 多いかと, 多いので, 少ない, 少ないか, 幾つか, 恥ずかしいしかさせた, 明瞭に, 是正せられた, 有るよう, 根本に, 混ずるを, 無いと, 無いとしても, 無かった, 無意識である, 現代にまで, 生じて, 生じ得ること, 生ずる, 発見された, 眼に, 行われること, 見い出された, 許されると, 起らない, 起るとも

▼ 誤り~ (114, 8.2%)

8 ない, ないと 3 あるまい, あるまいと, ないが, なかった, 社会の 2 ありません, しないかと, ないか, ないだろう, 脱漏の

1 [73件] あやまりの, あると, あるとも, あるにも, あるの, あるめ, いかにも本, これを, しないかとさえ, しなかつた, すでにプロレタリア文学運動, すでに述べた, すなわち公明正大, その歴史, その活動, それだけか, ただされて, ないぞ, ないだろうと, ないつもり, ないで, ないでありましょう, ないの, ないはず, ないまた, ない山本, ない様, なかつたと, なかつたの, なかろうと, なく机竜, なく洩れは, なさそう, なんでも, まじめな, まだほか, 一字も, 二重に, 今日でも, 全く当時, 全く致命的, 初めは, 善鬼に, 在るの, 小程度の, 少しも, 少ないが, 市民社会に, 延い, 後で解, 愈々特徴, 探索を, 旧表, 有るまじ一生, 本質的に, 東京に, 次の, 殆ん, 無かった, 理性が, 理窟で, 生ぜざるべきも, 生ぜぬ, 皮膚だけ, 私が, 素人だけに, 結局に, 自然に, 萬朝報に, 要するに古典的範疇, 逃げ恐れ, 逆に, 遂に俳優

▼ 誤り~ (90, 6.5%)

9 あつた 6 これは 5 あつて 4 あらう, あらうか 2 それは, 実は国造

1 [58件] あつたらう, あらうと, あらう一つ, いかなる社会, かれは, この二つ, この草, この菜豆, これも, せうよ, そのま, その結晶, でも, なるほど頭, また菅, まだ他, よくよく見る, イチハツは, グミは, 之を, 享保以前に, 今日に, 他方が, 例えばチェホフ, 同時に感情, 和名抄に, 唐橘と, 国香の, 実は同じ, 実は王羲之, 小葉麦門冬, 当然この, 後世祈, 御座り, 憶良が, 我ホトトギスの, 戯曲の, 打つたの, 昔人も, 智識は, 最初驚かされた, 欄間には, 次にある, 欺瞞者どもの, 済めば, 済んでよ, 物事の, 結局五十パーセントに, 肩で, 胡桃の, 脱げば, 自分が, 茂太郎には, 薬師岳は, 論より, 諸氏から, 銭を, 鵠沼を

▼ 誤り~ (61, 4.4%)

7 陥って 2 気がついて, 陥つて, 陥り易い

1 [48件] あるらしい, おちいって, おちいらぬが, おちいりやすい, おちいりやすく, おちいり種々, おちいるを, した所, して, はまりこんで, よりて, よりても, 一度も, 主として由来, 今でもは, 導くかも, 導くであろう, 導く虞, 心づいて, 気がついたが, 気がつく, 気づいた点, 気づくこと, 気づくという, 気附いた, 気附く, 満ちて, 立脚し, 立脚する, 落ちること, 落ちるの, 落入っては, 近いもの, 逆手を, 過ぎない, 違いない, 陥った, 陥ったの, 陥ったもの, 陥っては, 陥らざるを, 陥りかの, 陥りやすい, 陥る, 陥ること, 陥るの, 陥るべきこと, 驚いて

▼ 誤り~ (59, 4.3%)

2 ないもの, ない事, 上に, 字面が

1 [51件] あること, きずを, ことなし, ために, ため天正十年から, ないこと, ないやう, ない事實, ない典拠, ない所, ない様, ない物, ない精確さ, ない自尊, ない設計, ない診断, なき事, ままで, もとである, 一つが, 一つだ, 一つである, 一方は, 中からも, 個所を, 傍に, 入りきたらぬ, 入りきたる, 因らしい, 因を, 基でございます, 多いもの, 大きなもの, 少い安全, 少ない見透し, 有無公平を, 根元の, 極めて多い, 源泉は, 滑り入るべき, 無いやう, 無限の, 爲に, 甚しい, 裏, 裏をかへ, 言葉を, 証拠に, 連りであった, 道よ, 量は

▼ 誤りである~ (57, 4.1%)

11 ことが 3 ことを, というの 2 ことは

1 [38件] か, かどう, から, から画かき, から私, が, ことそれが, こととを, ことに, こと極めて, この人, と, といふ議論, とした, として論ずる, とともに生命, とどうして, とはいはない, と主張, と云う, と何人, と信ずる, と共に生命, と共に身, と唱え, と思う, と思っ, と思ふ, と思われる, と指摘, と注意, と考える, と考へます, なんて正々堂々, にかかわらず, に拘はらず, 心の, 斯う

▼ 誤りなく~ (50, 3.6%)

6 んば 2

1 [42件] それと, それに, つかみそして, は汝, ばいかなる, ば今, ば汝, よく母上, 云い現, 伝えること, 傳へる, 判断する, 午前の, 又私, 味ひ尽した, 広大な, 彼も, 想像出来る, 感ずること, 手を, 捉えうる境地, 探ること, 推測し得るであらう, 教へる, 敵将の, 柳田が, 生きうる人, 行は, 見とどけその, 見ようと, 解きほぐす, 記述する, 評価する, 読み傑, 読むこと, 調べ上げる, 識別する, 讀むこと, 進んで, 遂には, 運行する, 頭の

▼ 誤りでは~ (49, 3.5%)

8 なかった 7 ない 6 ないの 4 ないであろう 3 あるまい 2 ありません, あるまいか, ないが

1 [15件] ありませんその, ありませんでした, あり得ない可能性, あるまいむしろ, ないか, ないかと, ないかという, ないで, ないと, ないに, ないので, なからう, なかろう, なくて, なさそう

▼ 誤り~ (43, 3.1%)

2 これを, 不覊粗放, 他の

1 [37件] あらぬ人, あるいは保護, かなたに, アヴェルロエス靜智を, 七の, 世に, 人に, 其槍敵をは, 其頭に, 処刑の, 剣銃にて, 四國に, 妖怪に, 幕府に, 幸を, 幽霊と, 我が手, 戦敗の, 戰や, 東南と, 槍は, 海中に, 溺れしを, 漢土の, 疑ひを, 痛と, 矢を, 空く床上, 肋骨一本折りたれ, 自尊自重の, 見失ふこと, 計るを, 貧富強弱の, 閉ぢおく, 開くとも, 陷れ, 鰐淵直行と

▼ 誤り~ (31, 2.2%)

1 [31件] から俗称, が, がまた, が少なくとも, ぞ, つたと, といい, ということ, という解釈, といふ, といふ意味, といふ批評家, といわなけれ, といわれる, とさも, としたがらなかった, としてゐる, として来た, と云う, と云わね, と判った, と吾, と屡, と思, と思う, と推察, と知っ, と考える, よ, ッた, 工業は

▼ 誤り~ (19, 1.4%)

1 [19件] あらう, あらう聞き誤り, ある, あるが, あるまい, ない, ない規則ずくめ, なかった, なく次第に, なく筆記, なさ, はっきりし, ますますその, 一生此村の, 少なかった, 明白に, 甚しい, 生々と, 自覚し

▼ 誤り~ (17, 1.2%)

2 見た方

1 [15件] いうか, すること, なって, ならないよう, なり終わるお, 危険について, 思われる箇所, 悪意とを, 申すやつ, 矛盾とが, 知らず覚らずに, 考えるもの, 言ふ, 言わねば, 誤りでない

▼ 誤りなき~ (15, 1.1%)

2 ことを

1 [13件] かと信じ, ものと, を得る, を明, を期する, を知るなら, を證, 化学作用は, 存在を, 帰納を, 批評家と, 正義が, 認識すなわち

▼ 誤りなる~ (15, 1.1%)

6 ことを 2 ことが, ことは 1 ことに, こと先輩既に, のみであろう, をさとれる, を見し

▼ 誤りであっ~ (14, 1.0%)

42 てこの 1 てササユリ, て元来, て孔子, て明らか, て武田君, て現実, て近頃, て階級性

▼ 誤りであった~ (14, 1.0%)

2 ことを

1 [12件] か, が夫, ことが, このお, ということ, とは考えませぬ, と同様, と後悔, と思う, のだ, のです, ようだ

▼ 誤りでない~ (10, 0.7%)

1 かと思われる, ことは, ということ, とすれ, とは私, ばかりで, までも一種, ものと, やうな, 以上大衆の

▼ 誤りない~ (10, 0.7%)

2 と思われる 1 が房総半島, とすれ, ものである, 事実である, 実状だった, 想像と, 支那民衆が, 用法に

▼ 誤りから~ (9, 0.6%)

1 あのお, さういふ結果, その命脈, 出発し, 国際的痙攣に, 来たこと, 老人を, 起る理性, 錯覚を

▼ 誤りであり~ (9, 0.6%)

1 そのこと自身, その日, どうかその, ない境界, はしまい, 之に, 単なる白昼夢, 次には, 鵯越えとは

▼ 誤りなし~ (9, 0.6%)

3 と信じ 1 じゃ, だ, としてもそれ, とするなら, とは断言, に能

▼ 誤り~ (9, 0.6%)

1 そういう人間, その他の, 単に山中, 思い違いは, 愚かさに, 知識の, 過ちを, 醜さ, 間違いでは

▼ 誤りだった~ (8, 0.6%)

1 ことが, としても今, とでもいわね, と彼, と誰, のだ, ような, ように

▼ 誤り~ (8, 0.6%)

3 のである 1 からし, からしむ, からしめし, のだ, ので国家

▼ 誤りでなけれ~ (7, 0.5%)

1 ばこの, ばならない, ばならぬ, ばなりませぬ, ばヨアヒム, ば彼, ば彼奴

▼ 誤りだろう~ (6, 0.4%)

41 か実, と思う

▼ 誤りという~ (6, 0.4%)

2 ことに 1 カドによって, 不可思議な, 仮定を, 場合が

▼ 誤りやすい~ (6, 0.4%)

1 から思慮, すなわちわれわれ, のは, ほど日本古来, 一般化, 一般化という

▼ 誤りある~ (5, 0.4%)

1 ことを, は宗教家, は第, を知るべし, 原理を

▼ 誤り~ (5, 0.4%)

1 それとも何, 或ひ, 特に, 真しや, 記憶違いかも

▼ 誤りたる~ (5, 0.4%)

1 ところある, ところなく, にや, を措い, 理想を

▼ 誤りをも~ (5, 0.4%)

1 一緒に, 含みつつ, 恐るるならば, 許さない方法, 辯じた

▼ 誤りかも~ (4, 0.3%)

1 しれぬと, 知れない, 知れないと, 知れぬが

▼ 誤りであろう~ (4, 0.3%)

2 と思い 1 ことは, と思われる

▼ 誤りでも~ (4, 0.3%)

1 あっては, あるまい, ないこと, 計算の

▼ 誤りとして~ (4, 0.3%)

1 ゐるけれども, 云われて, 其儘これを, 却ってはっきり見える

▼ 誤りなから~ (4, 0.3%)

3 んこと 1 んか

▼ 誤りなり~ (4, 0.3%)

1 お龍氏, ける, そを, 汝の

▼ 誤りやすき~ (4, 0.3%)

2 字左に 1 字に, 字を

▼ 誤り易い~ (4, 0.3%)

1 と言, は色情, 困難な, 岩石の

▼ 誤り無く~ (4, 0.3%)

2 んば 1 ばあなた, ば實際頭巾

▼ 誤りそれ~ (3, 0.2%)

1 がため, の処理法, も銀座

▼ 誤りなら~ (3, 0.2%)

1 む, む歴代下, ん

▼ 誤りなりと~ (3, 0.2%)

1 すれば, 喝破せられ, 考えしに

▼ 誤りなれ~ (3, 0.2%)

1 ども近頃, ばなり, ば頓

▼ 誤り伝えられ~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, て或は

▼ 誤り~ (3, 0.2%)

1 へた, へて妖怪, へられてから

▼ 誤り認め~ (3, 0.2%)

1 てまさに, て毛虫, て白雪

▼ 誤りあれ~ (2, 0.1%)

1 ばこれ, ば面

▼ 誤りかと~ (2, 0.1%)

1 思ったが, 思ふ

▼ 誤りこれ~ (2, 0.1%)

1 は萱, を追記

▼ 誤りじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないでしょうね, ないのよ

▼ 誤りその~ (2, 0.1%)

1 ために, 嗜好は

▼ 誤りたりと~ (2, 0.1%)

1 槍押取床机の, 責むれ

▼ 誤りだらう~ (2, 0.1%)

1 か, と云

▼ 誤り~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 誤りであれ~ (2, 0.1%)

2 かし

▼ 誤りでなかった~ (2, 0.1%)

1 ことを, とすれ

▼ 誤りでなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, ば女

▼ 誤りといふ~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 譯には

▼ 誤りとしての~ (2, 0.1%)

1 この種類, 虚偽は

▼ 誤りとも~ (2, 0.1%)

1 いわれない, 知らずに

▼ 誤りなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば他, ば天神

▼ 誤りなるべし~ (2, 0.1%)

1 とある, 歴山大帝の

▼ 誤りなんか~ (2, 0.1%)

1 ありやしない, しませんです

▼ 誤りにおいて~ (2, 0.1%)

1 便宜よく, 証明され

▼ 誤りまたは~ (2, 0.1%)

1 少くとも, 臍曲りの

▼ 誤りより~ (2, 0.1%)

1 オウィディウスの, 遥かに

▼ 誤り又は~ (2, 0.1%)

1 僞に, 無関心

▼ 誤り呼ん~ (2, 0.1%)

2 でいる

▼ 誤り多き~ (2, 0.1%)

1 下界にては, 推理ぞや

▼ 誤り~ (2, 0.1%)

1 を亡ぼし, を破る

▼ 誤り政府~ (2, 0.1%)

1 の権, の約束

▼ 誤り易き~ (2, 0.1%)

1 ところから, はさる

▼ 誤り自分~ (2, 0.1%)

1 の小, の黄色

▼ 誤り~ (2, 0.1%)

1 て眞, て美し

▼ 誤り読む~ (2, 0.1%)

1 ときは, のであらう

▼1* [146件]

誤りあくまで罪を, 誤りありきとも將又技巧, 誤りあんまり皆さんの, 誤りからはただ秀, 誤りがちなの, 誤りこそ一二回あった, 誤りへすれ, 誤りさうだつた, 誤りしるせる事も, 誤りそこへ匿え, 誤りそのもののなか, 誤りたり取餅桶, 誤りたるならんか, 誤りたるなれば姫, 誤りたる者は手, 誤りたる論を立つる, 誤りだつたかと思つて僕, 誤りだつたらうと思はれる, 誤りだらけだと, 誤りだろう隠すのだろう, 誤りつたえられている, 誤りつつある時, 誤りであったなら其誤は, 誤りでありますから今日此, 誤りであるらしく召類篇には, 誤りでないらしいことを, 誤りといへるは, 誤りとかいうわけで, 誤りとが率直に, 誤りとしても有りさえ, 誤りとの相互的な, 誤りとは言はれない, 誤りどこぞから世間, 誤りなかった, 誤りなす一条の如き, 誤りなぞでは, 誤りなども大變, 誤りなどを数えると, 誤りなにとぞご勘弁, 誤りなりしことを, 誤りなりとは言えぬ, 誤りについては漢書藝文志以後唐書藝文志, 誤りにつき非常に, 誤りにて思はぬ外, 誤りにはプロレタリア文学を, 誤りにもせよ確か, 誤りに対して何んの, 誤りのみを人々に, 誤りばかりして, 誤りばかりに充ちて, 誤りほどしばしば行われる, 誤りまた人を, 誤りまでいちいちこまかく, 誤りまでがその無器用さ, 誤りもう是からは, 誤りもなどかなからん, 誤りよりもおそらく少い, 誤りらしく思はれる事である, 誤りわずかに齟齬, 誤りわれら民族の狭量苛酷, 誤りをなほして, 誤りアントニウスの方, 誤りガムシャラに斬っ, 誤りダンテは實物, 誤りチロオヌと不名誉, 誤り一家を破る, 誤り上手の手, 誤り世間にも笑われ, 誤りこそ朝家, 誤りへはしない, 誤り伝えたのだ, 誤り伝えられた円覚の, 誤り伝えられないようにと, 誤り伝えられるがその, 誤り伝へられたので, 誤りはかの, 誤り信じてほとんど, 誤り信じられていた, 誤りのみか大事, 誤り兵数兵器の相違, 誤り初代の大津絵, 誤り制度の不, 誤り勿体なき光輪まで, 誤り十数丈の崖上, 誤りに国境尾根, 誤り呼ばれる事が, 誤り国体を損失, 誤り國體を損失, 誤り地上の物, 誤り垂幕越しに刺殺, 誤り場所を誤る, 誤りに悪い, 誤り多く体裁の, 誤り嫉妬の焔, 誤り彼らの不安, 誤りへるを, 誤り思いあがるの, 誤り感じても他, 誤り既にこの世には, 誤り日本紀の記事, 誤り旧臘押しつまりて, 誤り易く情また, 誤りに後れ, 誤り朝敵になります, 誤り東沢に派出, 誤り正直もまた, 誤り殺すと云, 誤り消え砕けた口碑という, 誤り混じたるによる, 誤りの微熱, 誤り無いものである, 誤り無からんか, 誤り無き事を, 誤り無理を通そう, 誤り無用にし, 誤り現在の得失, 誤り甚しきは手相家相九星八卦等, 誤り用いたところを, 誤り知ってるばかりだった, 誤りをエシ, 誤り一国内で, 誤りを訂正, 誤りうること, 誤りひしには, 誤り給わぬように, 誤りも之, 誤り聞こゆるは, 誤り自縄自縛遂に神, 誤り航行をつづけるなら, 誤り良夫と見, 誤り虐げられて来た, 誤り血液は血液, 誤り解したるにはあらずや, 誤り解せられてそのかみ, 誤り記してゐる, 誤り訛伝真を蔽, 誤り詩形即字句, 誤り認めた事を, 誤りきたるもの, 誤りはれ, 誤り転じたものでない, 誤りぶること勿, 誤り遂に人を, 誤りを好む, 誤り電車は自分, 誤り餓鬼の如き