青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「語る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

認識~ ~誘惑 誘惑~ ~語 語~ ~語っ 語っ~ ~語った 語り~ ~語る
語る~
誠~ ~誠に 誠に~ ~誤り 誤り~ ~誤解 誤解~ ~説 説~ ~説い

「語る~」 3303, 36ppm, 3274位

▼ 語ること~ (419, 12.7%)

13 が出来る 10 は出来ない 8 ができる, にしよう 6 ができない 5 になる, は極めて 4 では, のできる, の出来ない, はできない, を許し

3 [15件] が出来た, が出来ない, にしたい, にする, になった, のできない, の出来る, は不可能, もある, もできない, もできる, も出来ない, を欲, を避け, を避ける

2 [22件] あり, がある, がすでに, ができた, ができなかった, が出, が出来, が最も, だ, としよう, はあなた, はすでに, はそれ, はできぬ, はむずかしい, はむつかしく, は決して, も稀, を許されない, を遠慮がち, 少なく其, 考えること

1 [255件] あたかも舞, あらば, いかに難い, からその, が, があっ, があらう, がうまい, がそのまま, ができ, ができたであろう, ができぬ, ができよう, ができるだろう, ができるでしょう, がない, がなかつた, がもはや, が今, が出来ず, が出来なかった, が出来なかったろう, が出来ました, が出来よう, が出来るだろう, が可能, が娯しみ, が少く, が彼ら, が盛ん, が直に, が真, が私, が繁く, が避けられないでしょう, が限り, こそ自然, さえもあった, さえ出来ない, さえ恥, さえ犯罪行為, さえ謂わ, すらいかに, そして感服, だが, だけがすべて, だった, だと, であった, であったそして, であって, である, である限り, でさえも, でないの, でも, で悲しみ, で私, と空想, と致しまし, なきは, なくただ, などを考へ, なの, なんか出来やしない, に, にうそ, について, について書い, になっ, になつ, になつたの, になります, になるだらう, にはあまり, にはならないだらう, にはなるまい, には最も, にほかならない, にまで近づき得た, にもならない, によってのみ, によってクリストフ, によって彼等, によって我々, によって消え去った, によって男, によって自分, によって責任, によつて先づ読者, によつて絶對者自ら, によりそれ, によりてあきらか, に依っ, に即し, に尽きる, に慣れしめ, に於, に激しく, に特別, に確信, に私, に自信, に致しましょう, に致します, に興味, のできぬ, のなくなった, のほとんど, のむずかし, のよう, の一切, の僣越, の出, の嬉し, の少ない, の無意味さ, の病, の自由, は, はいかなる, はいかにも, はかなり, はただちに, はできないであろう, はできなかった, はできなかったであろう, はできません, はなかっ, はひと, はほとんど, はまた, はむつかしい, はもう, はわたくし, はわたし, はソビヱット, は事柄, は人性, は人生, は今日, は何, は何一つ, は全く, は出, は出来, は危険, は向う, は多い, は好ましい, は差控, は当然, は形式, は彼, は恐らく, は悪い, は憚ら, は或, は控えたい, は時間, は望ましく, は滑稽, は無意味, は生憎, は由来, は益々, は相似, は相成らぬ, は私, は稀, は自己, は苦痛, は読者, は議論, は避, は避けなけれ, は非常, もあった, もあまり, もあろう, もすこし, もできなかった, もなく, も一場, も人, も出来ず, も出来る, も奇妙, も好まない, も尽きてた, も文化, も要るまい, をかなり, をどうやら, をば我, をひどく, をやめ, をやめよう, を促した, を問題, を団長達, を好まない, を好まないらしく成りた, を好まなかった, を好まなかつた, を好み, を好む, を好んだ, を学ばなけれ, を学ん, を希望, を当分, を彼, を得, を得ざるならん, を得た, を得ない, を得べき, を得ん, を得意, を怖, を恐れ, を恐れない, を恥, を意味, を慎まなけれ, を憚り, を指す, を断念, を最も, を本能的, を目的, を知っ, を禁ぜられる, を稽古, を聞いた, を聞きつ, を自分, を要しない, を言明, を許さなかった, を許され, を許されるであらう, を許すであろう, を語り得ぬ, を躊躇, を避けたがっ, 多くし, 少く殺害, 屡々でありました, 必ずしも異端, 無し, 甚だ多し, 程手軽, 親しくこれ

▼ 語る~ (381, 11.5%)

28 である 25 であった 19 だった 15 です, では 10 でした, を聞い 7 を聞く 6 だつた 4 だ, だが, を聞いた

2 [23件] だか, だから, だと, だという, だろうか, であったが, であるか, であるから, であろう, であろうか, ですから, に好い, も聞く, を好まない, を好まなかった, を好みません, を甥, を聞き, を聞け, を許し, を詮方, を読む, 願ひ

1 [188件] あまりにこれ, いたずらなりし, かそれら, かと思え, かと耳, か明らか, がいかにも, がいちばん, がくせ, がこの, がつらい, がなお, が上手, が下手, が何より, が作者, が僕, が元, が只, が困難, が好き, が嫌, が嬉し, が廊下, が強, が彼, が得意, が心, が恐ろしかっ, が文学, が本来, が本筋, が正直, が気, が目的, が私, が聞こえ, が通例, が順序, さえ今, だそう, だったが, だらう, だろうかと, であって, でありましょう, であります, であるが, であるそれ, であると, であるならば, であれば, でございました, でしょうか, でしょうが, ですよ, でなくて, でなく明治時代, でなく自分, には, には幾晩, には酔わなく, に一生懸命, に微笑ん, に非常, は, はあえて, はあくまで, はあまり, はいつ, はいま, はいや, はお, はことわる, はさらに, はせいぜい, はた, はなかなか, はまことに, はまだ, はむつかしい, はめずらしい, はもはや, はよさう, はをかしい, はツレナイこと, は世俗, は人々, は今, は今後, は何時も, は俳優, は六日, は叫ぶ, は好みません, は實, は少く, は少し, は幼子, は彼, は後者, は恐らく, は明らか, は極めて, は気, は沼南, は無益, は無駄, は物笑い, は独語, は男, は知識, は私達二人, は花圃, は覚めた, は言葉, は誰, は趣, は間違い, もこの, もただ, もまことに, も奇怪, も感興, も憂わし, も教祖二代目, も無意義, も物憂, も見つ, やらその, やらまたは, をお, をお互い, をこの, をさけた, をさし控えた, をただ, をつつまし, をはばかる, をもって満足, をもつ, をやめ, をゆくりなく, をわれわれ, を催促, を厭う, を嘘, を幸徳, を待ちました, を待ち構えた, を忘れ, を忘れた, を恥じ, を恥ぢ, を悦ん, を止そう, を沢庵, を皆, を知っ, を耳, を聞きました, を聴け, を聽, を許されません, を躊躇, を遠慮, を避け, を避けた, を院, 予言者なれ, 余裕を, 便ある, 塲所なり, 外は, 常なりし, 意ある, 意を, 愚を, 所たるに, 折も, 故を以て, 時を, 機会を, 記, 許を, 豫言者なれ, 頁を, 風流を

▼ 語るもの~ (285, 8.6%)

42 である 23 では 12 であらう 9 であろう 8 だ, でなければ 7 はない 6 がある 5 であると, です 3 があった, だと, であった, であつ

2 [17件] かさ, だから, だろう, であって, でありますが, であるが, であること, でした, でも, とすれ, なの, なり, にし, に外, はもはや, もある, 多し

1 [114件] か, かと思う, かと思ふ, か裕佐, がなかっ, がまつたくない, が口, が文学, が自ら, だった, だったらしい, だとしか, だろうか, であります, でありミケランジェロ, であり併せて, であり彼, であり所謂, であり荷田春満あたり, であるか, であるだけに, であるとともに, であるに, であるの, であるひたむき, である事, であれば, であろうなどと, でしか, でしょうか, でしょうが, でその, でないが, でないと, でなかったとは, でなくて, でなくまして, でもあった, で今, で個人的, で別して, で曾我物語, で無く, で邪念, としてあらわれ, としては三条, としては少し, として感慨無量, として持つよろこび, として採, として注目, として生き残っ, として私, として解すべき, として解釋, とする, とぞ思わるる, となっ, となる, とは思はれぬ, と思っ, と思つた, と思われ, と私, と見, と見られ, と見られよう, と見れ, と解し, と解せられる, と言, なければ, なし, などはいつか, にこそまこと, にすぎず, にて其根據, にとっては聖武天皇, になり, になろう, には最も, に文政, に相違, に違, に長篇, のよう, の感嘆, は, はこの, はなかつた, はわがこの, はアペニン山系, は一人, は何, は地獄, は必, は必ずしもこう, は江戸, は祭文, は遂に, もあった, もあり, もあれ, もない, もなかつた, も聞く, も聴く, らしい, をすべて素直, を聞き取る, 即ち純粋神話, 特にヤッツケ, 知らしめるもの, 笑うもの

▼ 語る~ (219, 6.6%)

5 足らず 4 当って 3 しても, 忍びない, 落ちるとは, 落ちるもの, 足らない, 足らないと, 足ると, 足るもの, 過ぎない

2 [17件] たらん, ちがいない, ふさは, 及びて, 当つて, 擬したり, 於て, 約一時間余, 落ちたの, 落つ, 足らぬとすら, 足る人, 連れて, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 過ぎません, 適当な

1 [149件] あった, あらず, いたれるも, おちるから, おつと, こういう言葉, さる事, しては, しのびざる残忍, すぎずその, すぎないが, その古, その実況, たりない, たる親交の, つけても, とどまって, ふさわしいいくつ, ふさわしいもの, ふさわしい周囲, もっと急, ものも, よいケーブル, よると, アヌンチヤタと, 三十九年掛る, 上座を, 予が, 他ならない, 任した, 似て, 価する, 価も, 信ぜずして, 僕の, 充分な, 先だち先づ木曾, 先だつて, 先って, 先立って, 六丁六甲の, 冷厳である, 前人未発の, 十分だ, 十分である, 友なき, 友なき淋しい, 友なし, 反して, 困難な, 堪えるだけの, 大通りの, 女不審げに, 妙を, 従つて現在の, 必ず, 忍びん, 忙しくて, 急な, 急に, 惑ふ, 文学の, 斉しい, 於てを, 最もふさ, 最も強い, 最も適し, 最も適した, 止むべし, 止めたもの, 止めなければ, 此事を以て, 殊ならずし, 沒理想の, 泣くは, 王微, 疲れなかった, 等しいと, 聲の, 臨み心後, 自足し, 至ると, 落ち, 落ちた, 落ちたか, 落ちたぜ, 落ちたやう, 落ちたよう, 落ちた形, 落ちた次第, 落ちて, 落ちぬ絵入り, 落ちました, 落ちます, 落ちるが, 落ちるでは, 落ちるという, 落ちるやう, 落ちる今, 落ちる賽ころ, 落つるもの, 親切聡明なる, 言葉なく, 言葉も, 誰が, 足らざるなり, 足らずと, 足らずという, 足らず語るも, 足らないさ, 足らないわ, 足らない道づれ, 足らない鬼女, 足らぬと, 足らむと, 足らん, 足りない, 足りないくらいの, 足りないこと, 足りないと, 足りない人, 足りない壮絶, 足りない自明, 足りません, 足りるか, 足る, 足るだけの, 足るべき人, 足るべき者, 足るべし, 足る人々, 足る人物, 足る好漢, 足る対手, 足る相手, 足る者, 躊躇し, 過ぎず, 過ぎないこと, 過ぎないとは, 過ぎないので, 過ぎなかった, 過ぎなくなるから, 違いない, 適せぬ, 適わしい顔貌, 都合の, 音吐鐘の, 高興

▼ 語るところ~ (174, 5.3%)

39 による 31 によれ 6 のもの 5 を聞く 4 に依れ 3 は彼 2 がない, によります, に依る, に據, はこう, は何, を紹介, を見れ

1 [70件] があつ, がさ, がほとんど, が実に, であった, である, であるから, では, ではこれ, ではない, では一種, では少女, では結婚, では颯子, で彼ら, となった, と合せ, にいっそう, にうま, にし, にはなに, によるにポジティビスト, によるに近来米国, に如何なる, に心, に拠る, に深く, に見れ, のある, のこと, のひとつ, の一節, の叙事詩, の唯一, の因縁物語, の多く, の江水, の無言, の第, の行為, の言葉, の重大事件, は, はこの, はこれ, はつぶさだ, はまた, は以上, は凡そ下, は婢, は少く, は左, は帆村たち, は幼い, は海, は現代, は筆, また一つ, もあっ, もない, も私, よりもミルトン, をもっ, をよく, を傍聴, を対比, を次に, を聴かう, 信ずべきふし, 頗る異同

▼ 語る~ (101, 3.1%)

4 すれば 2 すると, なると, 婆さんは, 彼は

1 [89件] あらはに, いう, いうが, いうよりも, いえば, いかにも寄手, いずれか, いふんで, これは, さして大きな, したらどうして, しよう, せば, その人, その人我, その席, そんな身の上, たちまち見えぬ, なれば, トンチンカンで, ムネ・シユリイは, ルクリュ翁は, 一同は, 云うこと, 云う一幕, 云って, 云ふこ, 今に, 何思った, 僧しばし, 僧も, 僧都は, 先達も, 兵馬は, 博士は, 号し或, 同時に其場, 墨汁師は, 変が, 大佐は, 大分参っ, 大蜥蜴, 大造悦ん, 夫人は, 夫人も, 女は, 奴輩を, 妻白鼠や, 姉の, 孔明は, 孔明も, 少年も, 山崎の, 彼等は, 従兄は, 思う, 思つた, 急に, 愛子という, 我も, 手布で, 改めて新しい, 敬ひ, 日本にも, 時政の, 曹操は, 本当の, 棧敷の, 正直な, 武村兵曹は, 法然は, 清浄の, 渠も, 白鼠白蛇は, 秀吉も, 私は, 老母は, 聽く, 花子は, 衆婦みな泣い, 見て, 規定し, 言っても, 言つても, 言ふ, 誠に感慨無量, 輝子は, 雜文家と, 黙するとに

▼ 語る~ (78, 2.4%)

8 聞くに 7 聞けば 5 聞きて 4 聞いて 3 見て 2 好まず

1 [49件] えて身, おそる, さし控えよう, さへ, はばかるよう, や, やめんこれ益, やめ給え, われも, 値しないので, 厭い工業, 咎め玉, 好まないか, 好まないよう, 好まなかった, 好まなかったの, 好み向上心, 好み永遠, 嫌う種族, 希ふ, 常と, 待てり, 得べし, 得むや根問い葉問いする, 得むや根問ひ, 得るは, 快しと, 恐れて, 慙ずるの, 我聞かず, 望むに, 欲しない, 欲せない, 求むるさまなりし魂に, 空恐ろしく思った, 聞いた, 聞かむ, 聞きし事, 聞きつ, 聞きわたし, 聴いて, 聴き入って, 聽け, 許さず, 許されぬこと, 読んで, 追いて, 避けた, 避けて

▼ 語る~ (76, 2.3%)

8 によれ 7 による 6 に拠れ 3 に依れ 2 である, では奉答文, なり, に従, に耳, の哲学, はかうである, は大抵, を玩味

1 [34件] あらむとす, がある, が猶, であるが, で榛軒等, で渡辺修二郎さん, と甚, なり今, に先刻, に従つて, に徴, に拠らう, に拠る, に於, の智慧そのもの, の毎々, の目安, の相違, の茶番, の誣いざる, はざっとこう, はざつと斯, は下, は恁, は斯, をきけ, を下, を聞い, を聞いた, を聞き, を聞き終っ, を聴い, 未だ全く松陰手録, 直ちにこれ

▼ 語るよう~ (64, 1.9%)

5 なもの 3 になった 2 な思い, な調子, に, になっ

1 [48件] だが, である, な, なこと, なその, なそれ, なもろもろ, なギャップ, な傾き, な博, な好, な恋物語, な感じ, な残忍, な甘い, な蓮葉, な食料品, にいう, にうちとけ, にし, になりました, になる, にも聞き, にも見えた, にペラペラ, に云った, に以前, に余燼, に名残, に声, に平和, に年月, に幾重, に思う, に打解けた, に時代, に書く, に焼け爛れた, に留置場入口, に睦まじく, に私, に聞こえ, に自分ら, に見せかけ, に言う, に言った, に語っ, 極めて豊富

▼ 語る~ (57, 1.7%)

4 の性格 3 がある, の態度 2 もお, もない

1 [43件] があっ, があった, がいる, がおのずから, がどんな, がなかっ, が出るであらう, その人, だから, である, でも同じ, で明治, としてなら, とてはない, と聴く, には一種, に向っ, に悪口, のあでやか, の口元, の目, の真, の親愛感, の言, はあっ, はあまり, はある, は一, は今, は先, は多い, は最も, は殆, は頭, ますます多, までなんとなく, もあった, もある, も浅, も聞く, も阪地, も魂, を促せり

▼ 語る言葉~ (44, 1.3%)

2 にならない, の端々

1 [40件] から彼, が互, が自分, さえ少なく, だが, である, で簀巻き, としてはどうしても, としては慎み, として用い, とは常に, なら耳, にはなり得ない, にふれ, にも力, によつて成就, に一夫數婦, の一つ一つ, の中, の内容, の影, の裏, はいかに, はすべて, はない, はもはや, は到る, は日本語, は淋しくうら悲しい, は英語, は銀, もない, もなかつた, をきい, を借りれ, を科学者, を聴く, を聽, を語る, を音楽

▼ 語る~ (40, 1.2%)

1 [40件] がいつか, ではない, でも不幸, どうして一応は, なみなみでない, に, においてすらあくまでも, にしか喝采, にはいつも, にはほとんど常に然, には先ず, には常に, には彼, には毎, には特別, には納得, には言外, にもあなた, に又, に尼, に成つて, に既に, に曰く, に譲りましょう, のほか, のよう, のルナアル, の今, の合言葉, の彼, の極めて, の青年, はその, は皆笑つて揶揄, は私, ほとんど誰, 初阪, 多く水墨画, 常に先ずそれ, 長煙管

▼ 語るには~ (38, 1.2%)

2 酒の

1 [36件] あまりに事件, ありのままを, いっそう心, すこし以前, その階級, どうしてもこの, どうしてもそれ, ふさわしいな, まず地理, まだまだ子供, まだ時期, よくよくその, ハナシ家が, 二人の, 仏と, 仮を, 充分であった, 兼輔などの, 勿体ないやう, 千載に, 如何に, 尊敬の, 当たらないであろうと, 当るまい, 彼の, 思想を, 時代の, 暗い方, 此処までで, 自ら順序が, 茶室が, 言長けれ, 語る機会, 誰も, 都合が, 非常な

▼ 語るやう~ (31, 0.9%)

2 だ, である, なこと

1 [25件] ないひ方, なかなり, なもの, な友達, な声, な悲惨, な惚, な感じ, な春, な暮, な種類, な親し, な銀白, にこの, にどんより, になつ, にもとより, にギロリ, に思へます, に時間, に暗く, に書く, に私, に聲, に話し

▼ 語る~ (31, 0.9%)

2 が出, が出来ない, 多き大

1 [25件] あるの, がある, ができる, が出来ないだろう, が直に, が至難, が見え, ですが, になつて, になるらしい, によつて, に力, に讃歎, はしなかったらしい, は出来ない, は努め, は避けなけれ, も容易, を, を好まなかった, を好まなかつた, を承知, を欲, を躊躇, 少く他

▼ 語るという~ (30, 0.9%)

6 ことは 3 ような

1 [21件] ことで, ことに, ことには, ことも, ところで, ところまで, ところまでは, のだろう, のは, のも, 事が, 事は, 会に, 口実の, 古い信仰, 意味が, 意味で, 普遍的な, 本質から, 業が, 至難の

▼ 語る~ (30, 0.9%)

2 に非ずし

1 [28件] がある, がいない, がただ, が凡庸, が民藝, が誰一人, でなくまた, では, としての期待, とては一人, なり然, に対して否定, に対して聴く, に至っ, のない, の有りうべからざる, の面, はこれら, はみずから苦悶, は他, は単に, は彼, もいた, もない, もない淋し, もなかっ, も聞く, よ汝

▼ 語るとき~ (27, 0.8%)

2 のねたみ

1 [25件] いつもボオドレエル, いわゆる科学的態度, この特徴的, その夢, その感想, でも相手, にはいささか, にはいつも, にはこの, には微笑, には生き生き, には画家, にもそれら, に多く, に現す, はすでに, は主観的, は小姓部屋, は斯樣, は私, は自然, まさにこれ, 何とはなし, 大多数, 見落すこと

▼ 語る~ (27, 0.8%)

1 [27件] あり, あり樂, おどろおどろしや, お恥, この上, この事, 其罪に, 又よから, 善し, 妖しき猟奇, 容易に, 尽きぬ富, 恐ろしいこと, 恥かしと, 恥かしや, 恥ずかしいこと, 悲しいこと, 悲惨な, 愚かである, 本意なし, 無念で, 無益なり, 畏れありと, 耳には, 耳を, 苦き處, 黙するも

▼ 語る~ (26, 0.8%)

3 よい 2 如く, 故に余

1 [19件] いいぞ, ごとくに, ごとし, ものも, 信長が, 如くかかる, 如くに, 如く力いっぱい, 如く岸, 如く祈るが, 如く耳, 如く身慄, 実は斯, 必定である, 故である, 正式には, 渓流魚釣りの, 耳に, 話の

▼ 語るため~ (26, 0.8%)

1 [26件] だ, ではなく, なの, に, にこんな, にはそれだけ, にはちょっと, には人間, には凡そ, には君, にもまず, にも無駄, にわれわれ, にハムレット, に徒ら, に批評, に沙翁, に私, に置き残され, に表現, に言葉, に詩人, に誂, に語っ, の仲介物, の相互阿諛

▼ 語るので~ (26, 0.8%)

22 あつた 2 おかげで 1 予備的な, 娘達は

▼ 語る場合~ (23, 0.7%)

2 に於い

1 [21件] がない, が多い, これから文学, その無, にあわせ, にそういう, にどうやら少し, には又, には日本画, には自分, には誰, にもその, にも見落されない, に来ました, のよう, の特徴, は引合, は必ずしもそう, は本気, も少し, 漏らすこと

▼ 語る必要~ (19, 0.6%)

9 はない 1 あり, がある, があるまい, がない, が生じ, はあるまい, はさらさら, はなかっ, もない, を有

▼ 語る資格~ (19, 0.6%)

5 はない 3 がない 2 は無い 1 があらう, がある, ができる, が無い, が考へられ, はなささうである, はま, は自分, を持っ

▼ 語る~ (18, 0.5%)

1 [18件] この生, ダントンであり, 何卒朝日, 俳優に, 児島惟謙氏なり, 多くは, 寧ろ湯屋, 憚れ, 敵の, 旨からぬ, 歌か, 汝は, 江戸の, 自己を, 英国人リット少将と, 面白い著者, 面白し, 風紀の

▼ 語るにも~ (16, 0.5%)

2 語られない夢幻

1 [14件] さりげない, その態度, 一種の, 今は, 似た凄惨, 及ばぬこと, 友も, 叫ぶにも, 堪えないよう, 暗い方, 浅ましくて, 淡々として, 秀吉の, 足りぬ有様

▼ 語るのに~ (14, 0.4%)

2 赤ん坊の

1 [12件] あれは, いくら私, その祖父, なんの, ヒマが, 使徒の, 単に一人, 少しく優越, 弟は, 怖れなかった, 耳を, 詩人は

▼ 語る~ (14, 0.4%)

2 である, による 1 ではない, では此所, に因れ, の自ら, へ突然, へ胸当, をにこつい, をもう, を聞い, 偽りならねば

▼ 語るといふ~ (11, 0.3%)

4 ことは 1 ことに, のは, 中谷博の, 手懸りは, 理由は, 親切さを, 趣向で

▼ 語るとも~ (11, 0.3%)

2 なくだれ, 心は 1 つかずひとり, なく伝えられ, もし愛, 必ず咎むるものはあらじなど, 深い美, 耳には, 聲聞ゆべく

▼ 語る人々~ (11, 0.3%)

2 をぎつしりと 1 と弥勒, のため, の内的, の話, はこれら, は科学, もあった, もいつの間に, 語られる人

▼ 語る~ (11, 0.3%)

1 [11件] がする, が友ら, が私, が聞え, が聞えた, す, になる, はそんな, はやまなかった, は云, を聞き

▼ 語るまでも~ (10, 0.3%)

3 ないこと 2 ありません 1 ない, ないが, ないであろう, なく妻, なく御

▼ 語る機会~ (10, 0.3%)

1 があるであろう, と云っ, はもう再び, は恐らく, もなく, を多く, を得, を得た, を持たなかった, を迎えた

▼ 語る~ (10, 0.3%)

1 がある, が手ごろ, が手頃, と清三, によって本家, に深い, のこと, は数々, もそのまま, をきいた

▼ 語るうち~ (9, 0.3%)

1 にも病苦, に外記, に幾久雄, に意識, に朝, に自然, もあまた, よきストーリー, 或る

▼ 語る~ (9, 0.3%)

1 その言葉, それは, つまり真, また謙遜, 僕は, 分らない, 又は窃, 寿詞を, 私の

▼ 語るかの~ (9, 0.3%)

4 ように 2 ような 1 やうに, ようでも, 消極的理由です

▼ 語るつもり~ (9, 0.3%)

1 かも知れない, だが, だつた, だろうから, でありますが, である, であるが, なの, はない

▼ 語るほどの~ (9, 0.3%)

1 ことも, 事も, 余裕が, 価値も, 業績は, 経歴は, 美なる, 者で, 閲歴も

▼ 語る~ (9, 0.3%)

1 に, には数正, にま, にまず, に例, に先ず, に更に, に聞い, に順序

▼ 語る~ (9, 0.3%)

2 を求め 1 と思, に笑まひ, の無い, は偉い, もあれ, もなく侘しい, も友

▼ 語るだけの~ (8, 0.2%)

1 ことである, ことを, ものだ, 余裕を, 値打ちが, 弁才を, 紙面は, 興味すら

▼ 語るより~ (8, 0.2%)

1 なほはるかに, ほかに, ほか仕方が, 以上に, 以前からの, 外に, 外は, 歩む

▼ 語るよりも~ (8, 0.2%)

1 むしろ彼等, むしろ歩む, 云は, 更にむずかしい, 更に楽しい, 歩むという, 聴き上手, 遊び興ずる

▼ 語るこの~ (7, 0.2%)

1 唇で, 女後まさに, 子供が, 文章の, 松を, 自然物の, 苦痛の

▼ 語るごと~ (7, 0.2%)

1 にいつも先ず, にその, にもの, に世間, に東昌, に涙, に眼

▼ 語るその~ (7, 0.2%)

1 ことに, 十万円貯める, 情景を, 数年間の, 痛烈な, 老いた母, 語り方の

▼ 語るほど~ (7, 0.2%)

1 おめでたい話, な事蹟, な資格, ウヌボレも, 一同との, 見入れば, 雄弁な

▼ 語るだけ~ (6, 0.2%)

2 では 1 だのに, であった, です, なの

▼ 語ると共に~ (6, 0.2%)

1 そう云う, だんだん成長, 其詞章ど, 宮廷の, 我々が, 満つればか

▼ 語る二人~ (6, 0.2%)

1 とも変, とも心地よく, の将校, の言葉, は傍若無人, も今日

▼ 語る~ (6, 0.2%)

1 からずだ, きもっと, き何物, き口, しとて, し皆

▼ 語る可ら~ (6, 0.2%)

2 ざれば 1 ずとは, ず云々, ず何, ず如何なる

▼ 語る~ (6, 0.2%)

1 になった, になれ, にはならなかった, にはなれない, にもなれない, はなかっ

▼ 語るから~ (5, 0.2%)

2 であった 1 それが, それは, 人を

▼ 語るとは~ (5, 0.2%)

1 まるで一度, 不似合, 不思議な, 仏を, 此事ならん

▼ 語るのみ~ (5, 0.2%)

1 であります, でなくまた, では, で到底, 訴ふる

▼ 語る~ (5, 0.2%)

2 大抵過去帳 1 すでにもはや魂, 即ち自家嚢中, 愚者の

▼ 語るわけ~ (5, 0.2%)

2 には行かない 1 だし, に参りません, もなかっ

▼ 語る一つ~ (5, 0.2%)

1 の材料, の素描風, の詩情, の話, の重大

▼ 語る~ (5, 0.2%)

1 にあっ, にそろそろ, に早く, に色々, ややもすれば句切り

▼ 語る哲学~ (5, 0.2%)

2 であ, ではない 1 の学徒

▼ 語る相手~ (5, 0.2%)

1 ではない, としてはつねに, はたれ, はなく, 欲しい時

▼ 語るすべ~ (4, 0.1%)

1 なし, もない, もなく, を知らず

▼ 語る~ (4, 0.1%)

1 からしめた, 名を, 語るとき盾, 軍機だ

▼ 語るなどは~ (4, 0.1%)

1 おこがましい, もってのほかである, 噴飯ものである, 考えただけでも

▼ 語るに際して~ (4, 0.1%)

1 その云い表わし, 僕の, 吾, 多くの

▼ 語るばかり~ (4, 0.1%)

1 だろうか, でその, でなくその, では

▼ 語る~ (4, 0.1%)

1 からは当然, にはきわめて, には曲節, にも決して

▼ 語る以外~ (4, 0.1%)

1 にいささか, に法, に無い, の興味

▼ 語る勇気~ (4, 0.1%)

2 も持ち合せない 1 と理性, も落ちつき

▼ 語る物語~ (4, 0.1%)

2 の性質 1 となつ, の当麻

▼ 語る調子~ (4, 0.1%)

1 で書かれ, にも何ん, はふけた, を外れ

▼ 語る~ (4, 0.1%)

1 その描ける, に道, もなき, も我等

▼ 語るかに~ (3, 0.1%)

1 おぼつかなく建っ, 天竺もめんの, 見えた

▼ 語るに当たって~ (3, 0.1%)

1 我を, 最初に, 示した比類

▼ 語るはず~ (3, 0.1%)

1 がない, のない, の薫

▼ 語るひと~ (3, 0.1%)

1 が宜, に私, はない

▼ 語る以上~ (3, 0.1%)

1 できるだけおもしろおかしく, の釋明, は既にもう

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 で小山, にて前, にて大原

▼ 語る先生~ (3, 0.1%)

1 と青年, のお, はそれ

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 が無い, となっ, は日本

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 にも人, に道, はない

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 に秀才, の秋, は明け

▼ 語る意味~ (3, 0.1%)

1 の言葉, は様々, や心持

▼ 語る文章~ (3, 0.1%)

1 の中, は勿論, をかいた

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 がある, もがな, もなく

▼ 語る日本~ (3, 0.1%)

1 でただ二人, の知識人, らしいもの

▼ 語る~ (3, 0.1%)

2 になる 1 なこと

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 であったが, であつ, の表情

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 では, において他, に於

▼ 語る~ (3, 0.1%)

2 に急用 1 のもの

▼ 語る~ (3, 0.1%)

2 であつ 1 になった

▼ 語る~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 の言葉

▼ 語る若い~ (3, 0.1%)

1 人々が, 女性を, 方々の

▼ 語る~ (3, 0.1%)

2 によれ 1 による

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 ではない, もなかつた, を心得

▼ 語る通り~ (3, 0.1%)

1 だ, である, のよう

▼ 語る~ (3, 0.1%)

1 にこれ, には吾, には子路

▼ 語る順序~ (3, 0.1%)

1 として葉子, となった, になつたの

▼ 語るあいだ~ (2, 0.1%)

1 しばらく耳, 黙って

▼ 語るあたり~ (2, 0.1%)

1 の戦慄, は何とも

▼ 語るかを~ (2, 0.1%)

1 全身を, 聞いて

▼ 語るけれども~ (2, 0.1%)

1 われわれの, 恰も當然

▼ 語るたび~ (2, 0.1%)

1 につねに, に蕗子

▼ 語るだけでも~ (2, 0.1%)

1 半蔵には, 語らないよりは

▼ 語るとか~ (2, 0.1%)

1 何から, 憂いを

▼ 語るとき彼~ (2, 0.1%)

1 と彼女, はその

▼ 語るとして~ (2, 0.1%)

1 今は, 童話について

▼ 語るなと~ (2, 0.1%)

1 命令した, 言いすてて

▼ 語るにつけ~ (2, 0.1%)

1 一歩を, 日本の

▼ 語るの自由~ (2, 0.1%)

1 なき日本, を持たない

▼ 語るよい~ (2, 0.1%)

1 しるしである, 例と

▼ 語るらく~ (2, 0.1%)

1 とある光, 高き城樓

▼ 語る一言一句~ (2, 0.1%)

1 が遠い, は私

▼ 語る不思議~ (2, 0.1%)

1 に聞, に聞入つて

▼ 語る事実~ (2, 0.1%)

1 であるだろう, には普通

▼ 語る何もの~ (2, 0.1%)

1 もない, もなかっ

▼ 語る何物~ (2, 0.1%)

1 かを滲ませ, もなく

▼ 語る余裕~ (2, 0.1%)

1 をもたなかった, を持たない

▼ 語る作品~ (2, 0.1%)

1 は少し, 何らかの気

▼ 語る作者~ (2, 0.1%)

1 であるといふ, の情熱

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 としてこの間, はけだし

▼ 語る値打~ (2, 0.1%)

2 もなかつた

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 に肉声, に見出されずし

▼ 語る名残り~ (2, 0.1%)

2 が歴然と

▼ 語る呼吸~ (2, 0.1%)

1 の響き, の響き幽か

▼ 語る大きい~ (2, 0.1%)

1 手先とが, 橋が

▼ 語る大切~ (2, 0.1%)

1 なこと, な詩

▼ 語る天神寿詞~ (2, 0.1%)

2 が代々

▼ 語る奇妙~ (2, 0.1%)

1 なしかし, な話

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 なるが, の言葉

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 宣伝である, 箇の

▼ 語る幾多~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 語る広い~ (2, 0.1%)

1 玄関先から, 背景として

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 に代

▼ 語る座頭~ (2, 0.1%)

1 がいた, も同様

▼ 語る悲しい~ (2, 0.1%)

1 滑稽の, 言葉を

▼ 語る所以~ (2, 0.1%)

1 となるであろう, をさとら

▼ 語る文句~ (2, 0.1%)

2 と三味線

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 の真似, をいっそう

▼ 語る時期~ (2, 0.1%)

1 ではない, は彼

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, はない

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 で女, としてあれ

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 などひどく, を読む

▼ 語る根本~ (2, 0.1%)

1 の問題, の資格

▼ 語る様子~ (2, 0.1%)

1 は何ん, を眺め

▼ 語る権利~ (2, 0.1%)

1 を人々, を受け取る

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 をば溢ら

▼ 語る清二~ (2, 0.1%)

2

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 も道行きぶり, を説経

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 のかげだ

▼ 語る現象~ (2, 0.1%)

1 でさえある, ではなかっ

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 もない, を聞きし

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 がまつたくゐない, の地声

▼ 語る目的~ (2, 0.1%)

1 であつ, より語る

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 の意味

▼ 語る程度~ (2, 0.1%)

1 によるもの, のもの

▼ 語る義務~ (2, 0.1%)

1 を感じました, を負っ

▼ 語る自分~ (2, 0.1%)

1 に泣かれ, の経歴

▼ 語る自由~ (2, 0.1%)

1 をもつ, を持たない

▼ 語る興味~ (2, 0.1%)

1 がある, が生ぜず

▼ 語る~ (2, 0.1%)

1 として読むべき, は銀

▼ 語る詩人~ (2, 0.1%)

1 であること, の報知

▼ 語る證左~ (2, 0.1%)

1 であるといふ, でなくて

▼ 語る~ (2, 0.1%)

2 を得た

▼ 語る霊界~ (2, 0.1%)

2 の座談会

▼1* [422件]

語るとして次, 語るあの他力宗の, 語るうち車の列, 語る秀それを, 語るかたへに深く, 語るかということを, 語るかによつて新たに, 語るかは別問題, 語るかもしれぬほど, 語るかわりに女心, 語るくだりを読んだ, 語るくらい京吉は, 語るけれどそういうこと, 語ること前記の如く, 語ること勿れ, 語ること嶄新奇抜な, 語ること数刻引揚げた, 語ること自己に関心, 語るこれらの人々, 語るさえ余り気の毒, 語るさして興味ある, 語るさまなりき, 語る義太夫を, 語るしかなく思われ, 語るしかくを持ちません, 語るすっぽんの割烹譚, 語るすべての思想, 語るそういう連中に, 語るそれらの便り, 語るそんな気持には, 語るため虚僞を使用, 語るだけで何の, 語るだけにとどまっては, 語るだけを語り尽くすと, 語るついでにわれ, 語るきたばかりの, 語るといへばい, 語るというかとにかく小説, 語るといつても個人的接触, 語るとおりに解釈, 語るとかいふ甚だ神秘的, 語るときお前はその, 語るときそこには所謂階級的, 語るときそれが三人, 語るときフロイド流に性意識, 語るとき一種の圧迫的, 語るとき人のこと, 語るとき作者のヒューマニティー, 語るとき党について語る, 語るとき冷静である著述家, 語るとき君がかざし, 語るとき小林多喜二を語る, 語るとき日本文化の中, 語るとき権力の側, 語るとき父の実感そのもの, 語るとき直接現実の摩擦, 語るとき相方とも健康, 語るとき盾の霊, 語るとき蕃族の青年, 語るとき誰がそんな, 語るところ我に明かならざる, 語るとしても自分を, 語るとともにまた統一, 語るとばかり思はれて, 語るとまで云へる, 語るとよ子のあどけない, 語るどころの騒ぎ, 語るなかで, 語るなという戒めは, 語るなどとは大いに良く, 語るなんの典拠, 語るなんざあ趣向が出来すぎ, 語るなんてことは, 語るについては何よりも, 語るについてもけっして無関係, 語るにつれて情が, 語るに従って現在の, 語るに際してはこうした観念的技術, 語るの一画を掛, 語るの声によって現前, 語るの必要がなく, 語るはかひもの, 語るひとりよがり, 語るひと大衆の生活, 語るひまがなかっ, 語るほうは楽し, 語るほかには今, 語るほどに両々の, 語るもそれ, 語るまでおとなしく待つ, 語るまでに彼が, 語るままに令嬢, 語るものさまざまに発揮, 語るもをしきこと, 語るもんだろうして, 語るやう日頃註文致をり, 語るやう此処を去る, 語るやと子を, 語る小狐聲, 語るよう汝眼を閉じよ, 語るよしもない, 語るよりは薄暗いランプ, 語るらくわれ昔願あり千身, 語るらく一週内に砂, 語るらく余の都門, 語るらく虎汝暫く待て, 語るらんやうに語りぬ, 語るわが悦びを, 語るわたしの上, 語るわれ今汝, 語るわれわれよりもいっそうそう, 語るだがなあ, 語るカルチュアの人, 語るコンモリした松木立, 語るセンスがぼく, 語るダンス教師のよう, 語るツワモノどもの夢, 語るハンスの調子, 語るマチルデの姿, 語るモメントとして作者, 語るロマンスを紹介, 語る一実証と見るべきだつた, 語る一語一語を私, 語る一貫性の一内容, 語る一部始終を耳, 語る一面のごく, 語る中原君は酔う, 語る主意ではない, 語る事實を見る, 語る二時近し, 語る京都へいっ, 語る人たちはよほど, 語る人光悦の面, 語る人物の生活, 語る人生もなく, 語る人間の口調, 語る今宵の様子, 語る今日の歴史家, 語る代表作と見る, 語る以上僕は疑う, 語る以前に次, 語る会話のやりとり, 語る伴侶なく, 語るならば, 語る佐々の調子, 語る佐々成政がその, 語る何らの発見物, 語る何処を見, 語る作品内容の社会的相貌, 語る価値がある, 語る信仰があ, 語る信念をもち得るだろう, 語る個所から右, 語る元気もなく, 語る先生自身の喜び, 語るの立場, 語る八五郎でした, 語る其のうちに, 語る其昔の神授, 語る其詞は眞情, 語るに今, 語る初更のさ, 語る労働として見る, 語る勲章がさげられ, 語るれ合掌, 語るの国, 語る印度藍色の山, 語る原因でもあります, 語る叙事詩がほか, 語る口ぶりからだけで充分, 語る口吻が冷静, 語る口火とさえなる, 語る美術品は, 語る古代にはまだ, 語る古城のほとり, 語る只圓翁の逸事, 語る氏族の, 語る同志もない, 語る吸殻がむせ, 語る呂竹さんはいかにも, 語る呪言が最初, 語る呪言以外に附加, 語る唯一の相手, 語る喜びをもつ, 語る嘉門次がいなく, 語るを偶然小耳, 語るが美しく正しい, 語る因子となっ, 語る國際的の港, 語る場合平野氏が軌道性, 語る場合自分たちの運命, 語る壇浦合戦などに無心, 語る声斎藤の耳, 語るを精神分析的, 語る太夫や長唄, 語る女房たちの部屋, 語る好個の一枚, 語る如くに思われた, 語るから伝え聞いた, 語る始終を周瑜, 語る姿を考える, 語る孤蝶子との中, 語る安らかな言葉, 語る安宅の顔付, 語る官撰国史の記事, 語る実に意味ふかい, 語る室内の調度, 語る宮殿や寺院, 語るがあった, 語る容子があ, 語る寄り合ひ世帶, 語る尊い記録である, 語る小鳥のこと, 語るくとも, 語る尼僧の優しい, 語るのあこがれ, 語る山里の物珍, 語る工藝の美, 語る希望に燃えた, 語る平家なるもの, 語る平曲の熊野, 語る平田大人を見た, 語る年老が二, 語る幾歳月の生活感情, 語る序文が付い, 語る座談会記事がある, 語る強烈な言葉, 語る当人のおそろしく, 語る形式が壊れた, 語るとに任, 語る役割が己自身, 語る彼女の口吻, 語る彼等去りて後詩人等, 語る後方に若者, 語る御身の声, 語る応対ぶりは一見信頼, 語る味も, 語る性格の代り, 語る性質のもの, 語ると法, 語る恐ろしさが, 語る恐怖の魅力, 語る意見を鵜呑み, 語る慇懃の姿, 語る態度で私, 語る憂鬱で北国的, 語る懐疑は疲れ, 語る懺悔物語がある, 語る我身すらおりおり, 語る戦争批判日本の絶対主義的支配, 語る所也本文挿絵は道柳子図, 語る所区々にし, 語る所謂莫逆の友, 語る手段として他人, 語る支配階級の社会観, 語る故に其言自ら快, 語る教訓を聴かね, 語る文学はうまれない, 語る文学作品として寧ろ, 語る文調に内輪, 語る文豪の言葉, 語る新進芸術家として描かれ, 語る方法を可能, 語るもあがっ, 語る昔話による, 語るは, 語る時それは, 語る時分にはかえって比較的, 語る時十有数日の間, 語る時多田君はかう, 語る時機ではありません, 語る時濠端の草, 語る時牧野さんの生き生き, 語る時私も共に, 語る時私達はこの, 語る時銀座通を新居格, 語る時間を許せ, 語る時順徳帝のこと, 語るも御, 語る月夜かな, 語る資格者な, 語る有力な代弁者, 語る有様で, 語る材料なん, 語る村長たちの訴え, 語る枝女子という若い, 語るの由来, 語るの彼, 語る正直さ信頼をもち得ない, 語るの本, 語る此人の芸術批評, 語る武将はご, 語る母親もある, 語る民主の文学, 語る民衆と共にいつか, 語る気分である, 語る気持もなくなり, 語る気魄もない, 語るのふさがる, 語る氣持にはなれない, 語る流言浮説と真相, 語る浄瑠璃でなじみ, 語る浄瑠璃語りのよう, 語る涼しい避暑の, 語る清助の話, 語る準備として, 語る演劇との中間, 語る演説と心, 語る焦けの, 語る炬燵に相宿, 語る為めに全集, 語る照吉の身の上, 語る熊野唱導及び念仏芸, 語る熱情をその, 語る特徴だと, 語る犯罪と女, 語る状態である, 語る率直悲痛な堕落, 語る珍しい一致である, 語る現実の悲劇, 語る理想である, 語る理由もわかる, 語る理論に到達, 語る琉装を纏う, 語る琵琶法師等もはるばる, 語るはいたつ, 語るがある, 語る白雲の豪快, 語るから互い互い, 語る目新しいものとして, 語る目算なの, 語る盲目の大入道, 語る真実と美し, 語る真犯人をきき終り, 語るがすこし, 語るのなか, 語る石見人は吾, 語る碑文の平仮名, 語る神代の物語, 語る神話に似, 語る私自身は何, 語る程私は映画, 語る積りらしい権田時介, 語る積極的理由を私, 語るである, 語るでなければ, 語る節廻と合, 語る範囲では現在ファシスト, 語る糸口見つけましたぞ, 語る結論なの, 語るができた, 語るの上, 語る義太夫にも力瘤, 語る習慣がない, 語る者さも無念, 語る者皆正玄氏, 語るかしさ手古奈, 語る聲我耳に入りし, 語る胆識は秀吉, 語るのうち, 語る自他幻想癖をもっ, 語る色彩的手段のより現実的, 語るが籠っ, 語る花見かな, 語る芸術の方法, 語る苦しさを, 語る茶屋男と禰宜さん, 語る莫莫やキータ, 語る著者の言葉, 語るの育ちし, 語るの言葉, 語る要はないであろう, 語るなるかな, 語る親心の問わず語り, 語る証拠物のよう, 語る評価を, 語る詳細の報告, 語る語りかたの独特, 語る語り手の人柄, 語る説教師になりたい, 語る説経は琵琶, 語る談サールディニアの事, 語る論理においてで, 語る論理的なもの, 語る形式について, 語るの言葉, 語る貴人の間, 語る貴重な資料, 語る趣味をまったく, 語る身の上ばなしをきく, 語る軍談を説書, 語るをさがす, 語るが女々しく, 語る辛苦物語から出, 語る通り彼の一生, 語る通行も終わり, 語る速度や密度, 語る遍路は職業, 語る過去の物語, 語る道徳に何, 語る適任者だからさ, 語る部分に次, 語る金五郎の顔, 語る長い分析を, 語る長夜の炉, 語る間一語も聞きもらすまい, 語る間二のたふとき, 語る阮東の言葉, 語る隊長大月大佐の言葉, 語る離婚の理由, 語る霊廟をそのまま, 語る青年の満足さ, 語るがまわっ, 語る顔つきや言葉, 語る風情ひとりを二人, 語る風物なの, 語る風貌だけが記憶, 語る馬市の話, 語る高座ができ, 語る高貴な人間記録, 語るよ汝, 語る鶴賀なにがしよりも過去