青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「語り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

認める~ ~認識 認識~ ~誘惑 誘惑~ ~語 語~ ~語っ 語っ~ ~語った
語り~
~語る 語る~ 誠~ ~誠に 誠に~ ~誤り 誤り~ ~誤解 誤解~ ~説

「語り~」 1846, 20ppm, 5765位

▼ 語り~ (126, 6.8%)

13 曰く 3 曰はく 2 我に, 曰く大隈伯は, 曰く我れ, 曰く我家の, 曰く松隈内閣は, 曰ふ, 燧石切る, 疑を

1 [94件] あらむ, いふやう, いわく博士なにがしは, いわく汝ただ, お話し上手と, ここへ, この人, これも, これを, さて精進日, しかも人, すゝみ, その尊, その承諾, その斡旋, ちとこなた, つぶさにその, であるからこそ, である知識人, の今日現実の, まづかくいひ, らう, わが大いなる斷食, 且つ戯れ, 之に, 互いにその, 些少なる, 人々の, 人の, 人を, 他日の, 休まざるは, 余りあり, 修羅の, 助力を, 口々に, 口を, 吾助が, 唇角の, 地下の, 寝たり, 尽くすべからざる心底, 己が, 帰る, 帰るとき, 平和の, 平地人を, 弛なく, 彼に, 徐ろに, 憚る, 我は, 我を, 我汝に, 我等の, 我等は, 教草に, 時としては, 智力の, 曰くわれ聞く, 曰く吾は, 曰く日本の, 曰く日本人中その, 曰く日本国の, 曰く此子の, 曰く水藩に, 曰く老, 曰く英国教宗の, 曰ひける, 朝より, 樂しめる, 止むべきの, 永井さんの, 汝が, 生田は, 白さく, 竭さんと, 絶對の, 而し, 自分を, 見む, 解する者, 言うもし, 言う大徳我, 言う某, 言う進みて内, 諫むべ, 議会は, 議會は, 過ぐ, 飽かなくに, 骸骨は, 高くアヌンチヤタ, 黎明近く

▼ 語り~ (103, 5.6%)

17 つた 7 ひながら, ふの 5 ふこと 4 つたが, ふ 3 つたこと, つたり, つて, ふので 2 つたので, ひ, ふことも, ふ時, ふ話

1 [37件] つたもの, つた程, つてる, て更に, はう, はれること, はれ候, ひしが, ひしは, ひたいもの, ひは, ひましたが, ひ凄き, ひ思ひ描くこと, ひ抱月自身, ひ識つて, ひ遊戲, ふことは, ふそして, ふて其方, ふといふ, ふとき, ふも亦, ふ事, ふ人々, ふ形, ふ折, ふ時に, ふ樣, ふ聲, へなく, へば互, へば共鳴, へり, へるくら, へるところ, へる機會

▼ 語りながら~ (85, 4.6%)

3 歩いて 2 たえず相手, ハンカチーフを

1 [78件] あっちこっちと, ある日, しかしこれら, その絵, その過敏, それと, そんな意味, であつ, なお船楼, ひつくりかへ, ひとごとの, ふと気づいた, ふと箸, また駒, まだ何, やって来るの, やはりとことん, カテリーナは, ジョンドレットは, スリーキャッスルの, ブラ, ポロ, 一夕会したい, 一心に手, 一方の, 下って, 今も, 今向方の, 他所ながら, 他所ながらも, 休まず急がず麦, 先に, 入って, 共に南郡, 出て, 原へ, 去って, 呉清源は, 唇を, 少年は, 幸村の, 幼年の, 彼らと, 彼女は, 徐かに, 心の, 急速力, 恥ずかしげ, 懐かしさ, 懐旧の, 指さして, 文学のみを, 春子が, 曹操と, 本丸の, 桔梗ヶ原も, 正儀が, 歩るいて, 火除地の, 然し彼, 父や, 珈琲茶碗へ, 私たちへ, 私たち女二人の, 私は, 義雄は, 自ら其の, 自分の, 薄野の, 蛮旗の, 衆人は, 行くと, 言う徹底, 遂にその, 間もなく私ども, 陣外へ, 馬を, 高原に

▼ 語り~ (75, 4.1%)

7 して 4 する姥, 奏上せい 3 語つたあの, 語らさうとも 2 しながら, 職と, 語り得るもの

1 [48件] あまり面白く, かいたあの, くみたてるため, こす夜, ご馳走しよう, させること, その年賀, はつて, はりました, はれるため, はれる時, やんれ節, 三たび四たびつむじ風の, 主と, 主に, 交えたいの, 伝へた曾根崎新地, 何と, 信ずるの, 先生に, 出されたもの, 創作した, 参考に, 口に, 告白する, 始めやう, 始め其他の, 宣べ, 得た事, 忘却した, 意味する, 書いたマルガリータ, 書いた戯曲, 書いて, 炉ばた, 爐ばた, 直接に, 笑った, 続けて, 聞きながら, 聞きに, 藤枝は, 見てるよう, 話し出した, 語ったあの, 語らそう, 軽く見, 運んで

▼ 語り~ (74, 4.0%)

4 ような, 物語りなどに 3 ある田ぢ 2 どろんと, 口頭では, 夫婦が, 様な

1 [55件] あの絃, あるべきを, ある田, おなごが, こされて, それを, ために, ならぬ者, やうな, ように, デロレン坊主但し, 一節一節が, 下っ端な, 中に, 中にすら, 中の, 事を, 位置は, 保護者と, 修羅などが, 前座だ, 古い観念, 名を, 名人達の, 声は, 声段々, 太夫さんの, 太夫も, 奇怪な, 如く壮士役者, 姥の, 姿を, 家である, 文句も, 新内を, 方は, 書評, 物語などに, 盛衰記や, 筋は, 細君が, 細君で, 終りに, 終局, 義から, 義が, 興とも, 良風美徳に, 色男に, 術譲りの, 言葉は, 話を, 調子に, 雑談が, 顔などを

▼ 語り~ (70, 3.8%)

5 になっ 4 となっ 3 になつ, になる 2 となった, となつ, になった, になります

1 [47件] がもてはやされた, さ, さえ残っ, じゃこれ, だ, だった, だねえ, つくづくと, であった, であります, であるが, でございましょう, でございますからね, とし, としてよろこん, として世, となる, となるであらう, とはなれるなり, とも残された, と大, と様々, なりけり, なるべし, なんかちっとも, にいう, にした, にせ, にせい, にとこれ, になされる, になったらしい, になりました, になるじゃろう, にはなる, にひとつ, にもいわれた, にもと, にもなっ, にもなった, にもならなくなった, にも日, に存じ奉ります, に晩, の一つ, はならぶる, ばかりで

▼ 語り~ (56, 3.0%)

4 なった, なるの 2 なること, 依て, 拾ひ上げられ

1 [42件] いう, いたしましょう, いふので, さる仁, した地蔵尊, して, その日, ちがいない, なったが, なったの, なって, ならう, ならなかったの, なり敬意, なる, なるべきこと, なるよう, なる相手, よく家, 人や, 何やら少しずつ, 打ち込むの, 時間を, 曲舞の, 来たに, 東国訛りが, 毒を, 津村と, 耽りやれ, 聞かせて, 自分の, 色々な, 言つて居りました, 訊いたところ, 訊いて, 話し出した, 語り続けた青年, 身の上話も, 近いもの, 近い声, 隆吉は, 驚いた

▼ 語り合つて~ (51, 2.8%)

10 ゐた 5 ゐるの 4 ゐる二人 2 は無遠慮, ゐたが, ゐる, ゐること, ゐる人, 居た, 居る

1 [18件] この小, しんみりアトフキ, そして提灯, などゐる, は秘か, ほど, ゐて, ゐると, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしい男女, ゐるらしかつ, ゐる人々, 居りました, 居ります, 居るでは, 居るの

▼ 語り~ (40, 2.2%)

2 続けられて, 續けられ

1 [36件] きいた, これただ, したものの, しない, しないで, しなかった, しなかったでしょう, しなかつた, しません, ぢめて, つづけた, にやりとや, はじめぬ, ひきつったよう, またもや薄気味, まるで親友, やまとの, 伝わって, 低い声, 全く新聞中, 其誕生から, 唄を, 女の, 始めぬ, 始末に, 怒る, 急に, 或る, 次の, 次第に教訓, 武家の, 眼を, 聞いて, 自分を, 非常に, 首を

▼ 語り~ (35, 1.9%)

5 して 3 した 2 あへず, あるくら

1 [23件] あえず歩み去りぬ, あり父, あれば, したいので, したい思い, したき事, したと, しなかった, しましょう, しません, し相談, し相談相手, し竜, すること, するの, せじ閼伽, せずに, せず気兼ね, よし小, 出來, 出来ず, 眼に, 考へも

▼ 語りつつ~ (31, 1.7%)

2 あるか, あるの

1 [27件] ありしこと, あるかを, あるこの, あるもの, やがて一巡, 一人は, 人を, 城下の, 庭に, 弄びます, 彼の, 彼は, 明日へ, 時の, 時代の, 枝より, 歩みたる事, 煙草を, 相川良之介を, 翌朝さらに, 自身の, 艦橋の, 花茨こぼるる, 藤房は, 行くも, 行くを, 飲食する

▼ 語り終っ~ (31, 1.7%)

32 てホッ, て煙草

1 [24件] てからあらたか, てから問題, てから暫らく, てしんそこ, てぴょこりと頭, てもう一度ぴょこんと, ても彼, てドクトル, て克子, て前, て口辺, て後, て微笑, て手巾, て新, て曹操, て海舟先生, て溜息, て男装, て盃, て眼, て莨, て酔い, て額

▼ 語り~ (24, 1.3%)

5 囈語の 2 店の

1 [17件] あつたらしい, いうこと, やはり巡遊伶人, ニューヨークで, 三味線を, 人を, 何やら語りはじめた, 信吉を, 大きな印象, 好きで, 家内六人連れで, 座敷へ, 必ず役者, 持場で, 本人の, 果実を, 長い連環

▼ 語りまた~ (23, 1.2%)

2 よく読書

1 [21件] ある時, いきおいこんで, この城, この野邊, そぞろ歩きなどを, その翌日私, 今の, 供に, 宮が, 己が, 打てよ, 文芸復興期の, 歌舞せざる, 此度の, 漢中の, 産を, 碁に, 策を, 絶望を, 翌日秀勝とともに, 聞いて

▼ 語り~ (23, 1.2%)

2 がなけれ, が変れ, ではなく, による

1 [15件] がそれぞれ, が巧, で声, で大, との間, にはいろいろ, によつて, に公式, に真実, に耳, のなか, のひたむき, の下手, の色合, は出

▼ 語り~ (19, 1.0%)

8 でました 2 だせり, でし 1 でけれ, でたき, でたり, でながら, でなむ, でましたが, で給

▼ 語り明し~ (18, 1.0%)

32 たこと

1 [13件] たかった, たが, たく討死, たことさ, たところ, たの, て, ている, てもいい, て居らっしゃった, て帰った, て明朝, て相談

▼ 語り~ (17, 0.9%)

2 へさせる, へる子, へる子ども

1 [11件] ふれども, へた, へたそうです, へたりした, へて居る, へなどには何, へに聽, への八百屋お七, への山莊太夫, へられて, へられ恐怖

▼ 語りあつ~ (16, 0.9%)

4 てゐる 32 て居る 1 たこと, たところ, たの, たのに, た天下, た愉しい, て又

▼ 語りもの~ (15, 0.8%)

2 にした

1 [13件] が女性, である, としてこそ知られ, として伝わり, には都合, の, のなか, の一段, の中, の経, を持っ, を改ため, を通して一種

▼ 語りその~ (14, 0.8%)

1 [14件] ために, とき始め, 全身の, 原因について, 取立ての, 夜の, 存廃に, 弱点を, 晩は, 歴史を, 生死毎に, 語る所, 負けたこと, 髑髏盃の

▼ 語り~ (14, 0.8%)

4 けました, けるの 1 けてゐた, ける, けるうち, けるので, ける音松老人, けん

▼ 語り終った~ (13, 0.7%)

2 父は

1 [11件] その僧, のだった, のであった, 三右衛門は, 彦兵衛珍しく, 後に, 支配人を, 時セエラは, 時丁度, 芝山は, 頃には

▼ 語り~ (13, 0.7%)

2 ふ, へ 1 ひしなり, ひしに, ひしを, ひぬ, ふとこそ, ふに, へここ, へと, へば五右衛門首尾

▼ 語りかつ~ (12, 0.7%)

2 これに 1 その豫言, はまた, 今の, 叫ぶ, 叫ぶという, 大いにフィレンツェ, 書いた, 泣くを, 聴く者, 食う

▼ 語りごと~ (12, 0.7%)

71 であった, である, に代, の数々, はまだ

▼ 語りそれ~ (10, 0.5%)

1 から二人, がえ, がもつ, と全く, について行動, によれ, に記され, より回り路, を宣伝, を生かそう

▼ 語りかた~ (9, 0.5%)

1 が分らない, だったので, となっ, にその, に影響, の条件, の独特, は歴史, を始終にこにこ

▼ 語りそして~ (9, 0.5%)

1 この日, これを, さびしいおもいを, 個人が, 句を, 彼の, 燈籠屋の, 真実を, 過去を

▼ 語り~ (9, 0.5%)

4 あらうと 3 あつた 1 もう四十七, 誰でも

▼ 語り~ (9, 0.5%)

1 なつた, なり江都, 出来た事, 別れて, 合宿も, 奈落で, 聖, 聞いて, 言ふ

▼ 語り~ (9, 0.5%)

3 へさせる 1 うるもの, へがあつ, へけむ, へけむ人, へよ, へ謡

▼ 語り伝え~ (9, 0.5%)

1 があった, が果して, て下さりませ, のある, の内容, は無論さながら, をうけ, をねえ, を残さなけれ

▼ 語り~ (8, 0.4%)

5 を絶え 3

▼ 語り~ (7, 0.4%)

1 つては, つてゐ, つてゐた, ふつて, ふといふで, ふところから, へり

▼ 語りたま~ (7, 0.4%)

1 ひて, ひぬ, ふな, へば信長, わく汝老成忠信, わく燕王, わく誠に

▼ 語り~ (7, 0.4%)

1 せる終止形, ったわが, った主人, ってまた, って主人, りました, ると

▼ 語り傳え~ (7, 0.4%)

7 はかようでございます

▼ 語り~ (7, 0.4%)

1 かさむ, されたこと, すこと, す事, す夜, せば, そうとも

▼ 語り自分~ (7, 0.4%)

2 のあけすけ 1 でも固く, の国, の村, の苦しい, もふかく

▼ 語り~ (7, 0.4%)

2 なの 1 だつた, にチラチラ, に並ん, に床, に彼

▼ 語りにも~ (6, 0.3%)

5 申します 1 色々ある

▼ 語り且つ~ (6, 0.3%)

1 取り入れ直接, 呑んで, 喰うて, 笑ひ居りし, 考えて, 遊ぶの

▼ 語り~ (6, 0.3%)

1 のため, をか夢見ん, を意味, を為し, を隠すべきであらう, を隠すべきであろう

▼ 語り~ (6, 0.3%)

1 いという, いと思う, い忘れ得ない愛, がるの, くない, く願い候

▼ 語り~ (6, 0.3%)

1 が命, に助力, の心, は東京, より出来る, 答えつつ

▼ 語り難い~ (6, 0.3%)

1 お袖, が要するに, しまた, のか, ものである, ものでございます

▼ 語りこの~ (5, 0.3%)

1 件を, 国の, 夏中百日を, 海底に, 牧場の

▼ 語りそう~ (5, 0.3%)

1 して, な弟, な微笑, な意味, な錯覚

▼ 語りながらも~ (5, 0.3%)

1 ときどき自分, ムシロを, 中将は, 彼の, 明石は

▼ 語りなどを~ (5, 0.3%)

5 して

▼ 語り~ (5, 0.3%)

3 る時 2 りて

▼ 語り~ (5, 0.3%)

1 つた, つたお嘉代, つたる今, へた, へられた

▼ 語り終る~ (5, 0.3%)

2 のを 1 とすぐ, と多田君, やそれ

▼ 語り聞かせる~ (5, 0.3%)

1 ことには, のが, のだった, のも, ような

▼ 語り進ん~ (5, 0.3%)

5 では途切れ

▼ 語りから~ (4, 0.2%)

1 得る実感, 怪事続出遂に, 知つた, 綜合される

▼ 語りさて~ (4, 0.2%)

1 そちらの, 両人の, 大声で, 帰るさ

▼ 語り~ (4, 0.2%)

2 疲る 1 には昔, によれる

▼ 語りぶり~ (4, 0.2%)

1 がはしなくも, は通り一遍, も初め, を与八

▼ 語り~ (4, 0.2%)

3 唐詩のを 1 唐詩の

▼ 語りよく~ (4, 0.2%)

1 喰べたが, 見れば, 詫びかつ, 運動する

▼ 語り~ (4, 0.2%)

1 の神格化, はせめて, は得生, も介し

▼ 語り或は~ (4, 0.2%)

1 勿体ぶつ, 演説に, 考へる, 近家の

▼ 語り~ (4, 0.2%)

2 をし 1 に対して自己, を頌えるであろう

▼ 語り終り~ (4, 0.2%)

2 て座 1 て默, 其の枕許

▼ 語り聞かせた~ (4, 0.2%)

1 くせに, ことが, のです, 後で

▼ 語りする~ (3, 0.2%)

2 語部や 1 鰐鮫思ふ

▼ 語りたり~ (3, 0.2%)

2 し軍夫 1 しが

▼ 語りても~ (3, 0.2%)

1 なお母, みん, 聞いても

▼ 語りとは~ (3, 0.2%)

1 出来なかったかも, 初代重松門下で, 思われざるなり

▼ 語りには~ (3, 0.2%)

1 なりませんでしたけれど, 不老, 限らないもの

▼ 語りまたは~ (3, 0.2%)

1 これに, 何かの, 彼等に

▼ 語りよう~ (3, 0.2%)

1 は他, もなく, も書き

▼ 語り~ (3, 0.2%)

1 の世, の貧窮, は世

▼ 語り合つた~ (3, 0.2%)

1 だけである, であらう, まもなく

▼ 語り合つたの~ (3, 0.2%)

1 だ, であらう, である

▼ 語り如何~ (3, 0.2%)

2 にし 1 に動く

▼ 語り我が~ (3, 0.2%)

2 欲せざる 1 一たび絶望の

▼ 語り~ (3, 0.2%)

1 つて急に, つて感慨に, つて石本は

▼ 語り来っ~ (3, 0.2%)

1 て, て語り飽きない, て駒井

▼ 語り来った~ (3, 0.2%)

1 ままに, 新兵衛, 時分にも

▼ 語り~ (3, 0.2%)

1 ふな, ふ小さき, へ昔

▼ 語り生活~ (3, 0.2%)

1 とも幸福, を語り, を語る

▼ 語り終わる~ (3, 0.2%)

1 かおわらない, とおずおず, と女

▼ 語り~ (3, 0.2%)

1 く, く字, く政宗

▼ 語り自ら~ (3, 0.2%)

1 の大げさ, も固く, も悟る

▼ 語り~ (3, 0.2%)

1 と物語, の一人, の零落

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 君の, 小遣を

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 うして, へすれ

▼ 語りしかも~ (2, 0.1%)

1 ある程度まで, 饒舌でない

▼ 語りしも~ (2, 0.1%)

1 ありき, 可笑し

▼ 語りそれから~ (2, 0.1%)

1 私自身の, 約二ヵ月ソ連邦

▼ 語りそ人~ (2, 0.1%)

2 の世

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 と自, な

▼ 語りついで~ (2, 0.1%)

1 にお, に語り出せ

▼ 語りである~ (2, 0.1%)

1 だけに急き込む, 以上のどに

▼ 語りとかいふ~ (2, 0.1%)

1 芸人の, 藝人の

▼ 語りなど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 語りまで~ (2, 0.1%)

1 伸びて, 私たちも

▼ 語り~ (2, 0.1%)

2 らしも

▼ 語りゐたる~ (2, 0.1%)

1 間かの, 間に

▼ 語りプラアゲ~ (2, 0.1%)

2 は偉い

▼ 語り三味線~ (2, 0.1%)

1 の音, をひいた

▼ 語り中年過ぎ~ (2, 0.1%)

1 になっ, の

▼ 語り乍ら~ (2, 0.1%)

1 歩いて, 遊ばせたの

▼ 語り了つて~ (2, 0.1%)

1 から二人, 再び雑煮

▼ 語り伝えられる~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 語り公衆~ (2, 0.1%)

2 と倶

▼ 語り共に~ (2, 0.1%)

1 はげまし合う事, 画策する

▼ 語り出し~ (2, 0.1%)

1 は今, は淋しかっ

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 考へるもの, 錦橋並に

▼ 語り又は~ (2, 0.1%)

2 働く時

▼ 語り合つた事~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 語り合つて夜~ (2, 0.1%)

1 が白, の更

▼ 語り合つて枕~ (2, 0.1%)

2 に就いた

▼ 語り壬生狂言~ (2, 0.1%)

1 のわざ, の歌舞伎子

▼ 語り大事~ (2, 0.1%)

2 を謀り

▼ 語り徳操~ (2, 0.1%)

2 を寫さ

▼ 語り手紙~ (2, 0.1%)

1 にはいちいち, をくださる

▼ 語り方私~ (2, 0.1%)

2 が見

▼ 語り易い~ (2, 0.1%)

1 ものである, 方法である

▼ 語り次に~ (2, 0.1%)

2 ステーンストラップが

▼ 語り相手~ (2, 0.1%)

1 に不快, を見出し

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 が折角, の覚悟

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 と遊子, に実る

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 となっ, になった

▼ 語り笑つて~ (2, 0.1%)

1 ゐる, ゐるの

▼ 語り終つて~ (2, 0.1%)

1 からかう, から二人

▼ 語り聞かせ~ (2, 0.1%)

1 てゼッテルベルグ老人, む

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 かせた, きて

▼ 語り興奮~ (2, 0.1%)

1 を覚えた, を覺

▼ 語り~ (2, 0.1%)

1 として見, の中

▼ 語り議論~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 語り進む~ (2, 0.1%)

1 につれて目, に従って訴え

▼ 語り郷土~ (2, 0.1%)

1 に馴染ん, を誇る

▼ 語り頗る~ (2, 0.1%)

2 時事に

▼ 語り~ (2, 0.1%)

2 であつ

▼ 語り飲食~ (2, 0.1%)

2 を語る

▼1* [425件]

語りあえないのだろう, 語りあかさな, 語りあかさずやと云, 語りあかして出, 語りあの香蔵が, 語りあふ声や, 語りあまたの不思議, 語りあるいた事を, 語りあるいた物語で, 語りあるいは道の, 語りいかに自分が, 語りいたずらに他, 語りおわって船室, 語りおわったとき, 語り下座でも, 語りかたそのものにあらわれ, 語りかたっている, 語りくちの中, 語りらく, 語りけれど娘は, 語りたびは, 語りこの世がまだ, 語りこれを試むる, 語りさらに会員の, 語りしまいには熱い暗い, 語りじゃないか, 語りじゃがわしも, 語りすきなよう, 語りすすむうちに, 語りそうしてその縊死, 語りそこから必然, 語りそれでこいさんから, 語りたまはく愛しき我那邇妹命, 語りちびちびと飲ん, 語りちょっとした走り書きの, 語りついもらい泣きし, 語りつくせぬものが, 語りつたへてゐる, 語りつたえにものころう, 語りつつも長途に, 語りてかの父の, 語りてでもあった, 語りてとなって, 語りてといふ立脚地を, 語りてとしてあらわれた壺井栄, 語りてとしての婦人作家が, 語りてはそういう愛すべき, 語りてをぢなる, 語りであろうとまぜ返す, 語りでもあるの, 語りという風情である, 語りとしての文学は, 語りとの融合した, 語りともに苦しみ, 語りなさいましたが何, 語りなにを説い, 語りなほ貴牧師, 語りなんの屈托, 語りにまで身を, 語りにをかし味が, 語りはじむるや彼ただ耳, 語りはじめとでは其昔, 語りひがめもあった, 語りふたりして, 語りふるして来た, 語りゐら, 語りますますその美し, 語りまず当分の, 語りむやみに傭っ, 語りもう一度アメリカに, 語りもし又世に, 語りもぞ行く主, 語りやうをば太夫, 語りやがて帰らじ, 語りよりてもっ, 語りわが疑ひを, 語りわたしの心づくし, 語りをも宣命をも, 語りアウステルリッツは既に, 語りアキリュウスの死, 語りアダリンのん, 語りクリストフの作曲, 語りコツの中, 語りフェルウォルンを尊敬, 語りモンテーヌを紹介, 語り一つは捕虜, 語り一同これはきっと, 語り一場の笑い, 語り一夜に聴かん, 語り一方で書きあげ, 語り一般人民が伐木, 語り一面にはまた, 語り七年九月に駿河国, 語り万端の打合せ, 語り三島に着いたらしめた, 語り三日ほどの間, 語り下さるまいか, 語り不安を語り, 語りのともし, 語り中村光夫はいくら, 語り久々で面白, 語りを論ずる, 語り乍ら一一飛行機の特色, 語り乍ら江戸へ入りました, 語り九時頃寝ました, 語り了つてホツと息, 語りを信ずる, 語り事代主の神, 語り事情を明し, 語り事柄の意味, 語り事物に就い, 語り二人にもたずね, 語り二等賞を貰った, 語り人相に誇張, 語り介抱せられて, 語りその因縁, 語り伝えさせる筈の, 語り住所姓名を告げ, 語り何とか決断の, 語り何事をか笑い, 語り來つた時にやや, 語り來つて石本は痩せた, 語り個人的作は第, 語りふべき, 語り偉大なわし鼻, 語り優しい思い出を, 語り先刻そちらから男, 語り先頃よりの礼, 語り全国三千余人の門人, 語り全身の力がくづれてゐた, 語り六部の爺様, 語りに論ずる, 語り共感されたい慾望, 語りれから, 語り其一部分として歌, 語り再び彼女を, 語り写真を掲げ, 語り出さんとする, 語り出だしぬ, 語り出づるよう御身に別れ, 語り出づる大方の筋, 語り出むと思へ, 語り分けに過ぎない, 語り切めてはあはれ, 語りめしが, 語り初めます, 語り初めていた, 語り判読し得る, 語り動作を行つて, 語り十一月下旬カルカッタの方, 語り十二時すぎに帰る, 語り去り語り来った, 語り双方大笑いで機嫌, 語りされた故事, 語りを語る, 語り各々歌ひ, 語り合つたザポロージェ人が答, 語り合つた仲でもない, 語り合つた寄宿舎の窓, 語り合つた時は加藤, 語り合つた當時の興奮, 語り合つた関係でその, 語り合つて倶に進まん, 語り合つて時間の都合, 語り合つて身動きも出, 語り合ふかのやう, 語り合ふための便宜, 語り同じ声で, 語り同時に吾, 語りの社, 語りの質, 語り地形と相, 語りとなる, 語り場所と申す, 語り多くの意味, 語りはブース大将, 語り大佐よ濱島君, 語り大笑いして, 語り大臣は儒教主義, 語り天氣のい, 語り奈良朝以後に唐土, 語り奎吾がいや, 語りの結婚問題, 語り女共にも絶対, 語り女房に都見物, 語りは舞, 語りの罪, 語り子供たちに与へる, 語り子持ち山の由来, 語り孔子を伝える, 語り存在並びに出, 語り宇治の山荘, 語り完らない事, 語り実例がない, 語り宮廷を語り, 語り宿りを重ね, 語り宿直に招かれ, 語り将門と共に府, 語り小鳥を眺めました, 語り尽きない残り惜しさ, 語り尽した雑談の, 語り尽すほど, 語り居りしも此夜, 語りを愛した, 語り山小屋の哲人, 語り已後かかる事, 語り希望に就い, 語り席順がどう, 語り幕府の悪政, 語り平和のため, 語り平服に替え, 語り床の間に見える, 語りのいちじく, 語り弄庖の快, 語りひて, 語り弾劾文の写し, 語り当時ここは黒川, 語り彼女はよく, 語りの者, 語り後半たちまち, 語り後輩の現在, 語り得らるべき性質, 語り御一新の成就, 語り復古が復古, 語りかした, 語り怪物逮捕の手伝い, 語りのはか, 語り悩ましげに, 語り悪魔の声, 語り悲嘆にくれる, 語り愉む作者の長閑さ, 語りが吹ける, 語り内容を, 語り手帳に控, 語りこそ珠運, 語り振りはといへ, 語り援助を求めた, 語り摘発し解決, 語りの人物, 語り放言し脚炉足, 語り故郷の生活, 語り数々の教訓, 語り数日の猶予, 語り文学に遊び得る, 語り文学上に変化, 語り文学以外のこと, 語りの牧場, 語り十郎は, 語り旅費を与え, 語り既成教団をせめ, 語りを期し, 語り日本文をも立派, 語り日本語の前途, 語りを思っ, 語り旧来の罪, 語り易からず, 語り易し御身の, 語り映画の効果, 語り昭夫の気分, 語り時にはひそひそ, 語り普請にとりかかる, 語り暮らしておりました, 語り更に人間の, 語り書きして, 語り書評をという重ね, 語り最後にこれ, 語りは早く, 語りが一部, 語り本陣へ帰るやい, 語り来りて彼, 語り東中洲の水野旅館, 語りは深く, 語り植民地駐屯の副官, 語り検討しあう責任, 語り次いで写本なんかは, 語り次第に滋味も, 語りくと, 語り歪めではあるまい, 語り殊に死の, 語りにもお, 語り毫も不思議らしくなかった, 語りは大いに, 語りの浮葉, 語り流涕ししかも, 語り流行の哲学書, 語り浮世に出, 語りを以て説きました, 語り済ましている, 語りるの, 語り無為にし, 語り熟考の末, 語りの子, 語りの王様, 語り牧師は憐憫, 語り特に若い漁師, 語り玉川の磧, 語り現代の社会機構, 語りのいかなる, 語り用ゆと, 語り由子と共にお茶, 語りそう聞き, 語り申さん聞き玉, 語り疲れてしばし, 語り疲れたやうです, 語りの行け, 語りすと, 語りの先, 語り直ぐ腕強の, 語り直ちにその冤, 語り助けよく, 語りを語った, 語り短いきれぎれ, 語りについてる, 語り祇園藤次が髷, 語りについて論じた, 語りを会笑, 語り福仙と相, 語り秀吉の人となり, 語り私立学校の入学, 語り筆紙を以て尽すべから, 語りへ意見, 語り約束は其の, 語り紛糾の深味, 語り終つた凱旋的な好, 語り終つた幸徳の両, 語り終つた彼は一段と, 語り終つた時孤独な異国人, 語り終つた時櫻木海軍大佐は靜, 語り終つてホツと溜息, 語り終つて一歩退いた, 語り終つて令兄なる大佐, 語り終つて兒玉は一呼吸, 語り終つて助役は茶碗, 語り終つて吐息を吐きました, 語り終つて大佐は决心, 語り終つて彼は靜, 語り終つて彼女はほんとう, 語り終つて春枝夫人は明眸一轉, 語り終つて癖になつ, 語り終つて目を伏せた, 語り終つて私は烈しく, 語り終りますと今度, 語り終ればやがて, 語りく, 語りぐ声も, 語り綴られてきた, 語り縉紳の家, 語りがれ, 語り繼ぎたる史實なりとも, 語り繼ぐべき朽ちぬ名, 語り續けたあの詞, 語り續けたんだ, 語り罵りながら方向転換, 語り義雄の燒, 語り荘と, 語り老年の, 語り考え希い愛する意志, 語り考え推測するの, 語りつてゐた, 語り耽っていた, 語り聞かせよとわれ, 語り聴かそう, 語り聴衆に大きな, 語り自分らの藩, 語り自己を残したい, 語り自然を説いた, 語り興酣にし, 語り舎利弗眠る日永, 語りを以て仕事, 語り英雄を論じ, 語り茂太郎少年が歌い過ぎる, 語りに倦め, 語り落している, 語り藤原の家, 語り藩用と詐称, 語り虫屋のこと, 語りに懇請, 語り蟋蟀の鳴く, 語りふ事柄, 語り裝飾された文樣, 語りれども, 語りへよ神, 語り証拠の書状二通, 語り詞也此ば, 語りすところ, 語り認識を持つ, 語り説明すること, 語り読書し議論, 語り読者は聞き, 語りも, 語りじ合, 語り談笑妨げなけれども, 語り天の, 語りだった葉子, 語り足らなさ空腹さを, 語り農林省の下級官吏たち, 語り近所近辺の同情, 語り遂にジーグフリードの, 語り運命の吉凶, 語り遠藤が相, 語りを語り, 語り部屋の中, 語り郷里の恥, 語り酒宴する, 語りふ, 語り臭を, 語り野枝は子供, 語り鎮守の神主, 語り長唄の師匠, 語り関が原の戦, 語り阿久は清心, 語りの祖父李広, 語り随意放任の楽, 語り難き事をも, 語り雪子ちゃんの縁, 語り露地の風趣, 語りについての感想, 語り頭蓋からへぎ, 語り頷いて且つ, 語り風景を敍, 語り飛行機の強敵, 語り飛鳥奈良朝あたりの仏教美術, 語り高く笑い拳もて, 語り高揚する望み, 語り龍之介はおそれおののい